5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【経済】市場調整に相応の時間、1%台半ばへ米成長減速は覚悟=日銀

1 :作り笑いおまコン(080110)φ ★:2007/12/03(月) 14:28:27 ID:???
 [名古屋 3日 ロイター] 日銀の福井俊彦総裁は3日午前、名古屋市で開かれた金融経済懇談会であいさつし、米サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題を背景とした国際金融市場の調整について、それなりの時間がかかるとの見通しを示すとともに、金融機関の相応の損失は避けられないとして、影響を深刻に受け止める認識を語った。

 その上で、米経済が1%台半ばまで減速することは覚悟しているが、それ以上の減速は現段階では不透明だとし、住宅価格下落により個人消費にも影響が広がれば下ぶれリスクが顕現化するとの見通しを示した。

 その場合には、日本経済に対して輸出入・企業収益・金融市況の変化を通じて影響するリスクに注意を払うと述べ、金融政策運営に関して上下両方のリスクを十分に点検して決定すると指摘した。

 <住宅調整深まれば世界経済に影響>

 福井総裁は日本経済の見通しについて「生産・所得・支出のメカニズムが維持されるもとで、息の長い成長を続ける、というのが最もがい然性の高いシナリオ」と指摘しながらも、「見通しは常に上振れ・下振れの要因を伴い、こうした要因にも十分注意を払う必要がある」と述べた。

 その要因として最初に海外経済動向を指摘。米国経済について「住宅投資は減少を続けており、在庫が高水準であることを踏まえると、住宅市場の調整は当分続く」との考えを示し、「サブプライムローン問題に端を発した金融面の調整が強く意識される中で、銀行の与信態度も慎重化している」と述べた。

 現段階では、個人消費や設備投資は減速しながらも緩やかな増加基調を維持しており、雇用も増加していることから、「米国経済は、目先は低成長が見込まれるが、その後、安定成長に向けて軟着陸していく可能性が高い」との見通し維持。ただ、住宅市場の調整が一段と厳しさを増し、金融資本市場の変動の影響が予想以上に広範なものとなれば、米国経済が一段と減速、「他地域の成長にもマイナスの影響を及ぼし、世界経済が全体として下振れる可能性がある」と警戒感を示した。 

 一方、「世界経済が全体として高い成長を続けていることを考えると、インフレ方向の動きにも注意が必要」と指摘。米国のインフレ動向について「労働や設備といった資源の稼動状況が高い状態が続いており、原油価格の動向などと相まって、基調的なインフレ圧力が減退したとは言い難い状況」と見方を示した。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-29161520071203

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)