5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【防衛省】化学兵器の検知器開発へ、民間から基礎研究公募[05/09]

1 :泣かないで枝毛(070514)φ ★:2007/05/09(水) 04:05:21 ID:???

防衛省は8日、生物・化学兵器による攻撃への対応能力を強化するため、生物剤や化学剤の
種類を迅速に特定できる次世代型検知器の開発に着手する方針を固めた。

新技術の開発にあたり、今回初めて大学や民間研究機関から基礎研究を公募する。
月内に同省のホームページなどで募集を始め、今年度中にも開発に乗り出す方針だ。

生物・化学兵器は、汚染地域の洗浄や、感染者の治療を一刻でも早く行う必要があり、使用物質の
特定の迅速化が不可欠だ。

サリンやVXガスなどの化学剤の場合、防護服を着用した陸上自衛隊の化学防護隊員らが
汚染現場に出動し、種類を特定する。この方式では、隊員に被害が及ぶ危険性があるうえ、
識別範囲が限定される。このため、次世代型検知器では、数キロ離れた場所から化学剤に
電磁波などを照射し、成分を特定できるようにする。

一方、炭疽(たんそ)菌などの生物剤に対しては、現在、検知装置を搭載した「生物偵察車」で
細菌やウイルスを特定している。大型で機動力が低いため、新たな研究では、携帯型検知器の
開発を目指す。

こうした電磁波やバイオセンサーの技術は、民間での研究が進んでいる。このため、防衛省は今回、
初めての試みとして、大学の工学部や学会、民間研究機関などと連携し、民生分野の基礎研究を
積極活用することにした。同省は、研究機関への委託費として数百万円の予算をあてる予定だ。

(2007年5月9日3時4分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070509i301.htm?from=main3

2 :名前をあたえないでください:2007/05/09(水) 04:08:29 ID:p9mht1O+
(-@∀@)731部隊の復活ではないか
近隣諸国への刺激になりかねない

3 :名前をあたえないでください:2007/05/09(水) 04:11:18 ID:cQzYRJNm
ソ連式の 「生物センサー」 だろ。
   
犬・サル・カナリア・文鳥・オウム

4 :名前をあたえないでください:2007/05/09(水) 04:13:09 ID:cQzYRJNm
「祟り教団麻光」の輪

5 :名前をあたえないでください:2007/05/09(水) 07:12:42 ID:cQOplGvu

タブーに挑戦〜週刊アカシックレコード070426
http://ameblo.jp/akashic-record/day-20070426.html 
いまから4世紀以上前、戦国時代、太閤・豊臣秀吉の息子とされる秀頼は、(秀吉
が数十人の妻妾を持ちながら、秀頼の母・淀殿以外だれも妊娠しなかったことか
ら見て)ほんとうは秀吉の実子ではないだろうと当時の戦国武将のだれもが思って
いたが、それは当時最大のタブーだった。そして、だれもそのタブーを破れない
まま、石田三成を初めとする「太閤殿下恩顧の諸大名」は恩人秀吉の血を一滴も
引かない息子を守るために関が原の合戦を戦い、敗れ、そして敗者の大半は滅び
去った。
_
もし事前にだれかが声高にタブーを破っていたら、関が原の合戦の様相は大きく
変わっていただろう。
_
第二次大戦後に東欧諸国に成立した社会主義諸国は「西欧の資本主義諸国では、
人民は資本家に搾取されているため、東欧の社会主義諸国の人民より貧しい暮ら
しをしており、われわれより不幸だ」というタテマエで成り立っていた。ところ
が、1980年代に西欧諸国で衛星放送が始まると、そのTV電波が国境を越えて東欧
諸国にも流れ込んで来たため、東欧諸国の人々は、衛星放送受信機を手に入れ、
それを受信してしまった。
_
すると、東欧諸国の茶の間のTVには、「われわれより不幸」なはずの西欧諸国の
人民がわれわれよりはるかに豊かな暮らしをしている実態が映し出された。
_
それまでも、東欧諸国では「西側に豊かで自由な暮らしがある」ことはうすうす
知っていたが、それを公然と語ることをタブーにすることで、東欧諸国の社会主
義独裁政権は成り立っていた。が、いくら政権がタブーにしようとしても、「だ
れでも知っていること」はタブーにできない。


6 :名前をあたえないでください:2007/05/09(水) 07:13:50 ID:1NTyZDqy
_
この帰結が、1980年代の一連の東欧諸国の社会主義体制の崩壊だった。このうち
、1989年に、東ドイツの社会主義政権がそれまで厳重に禁じていた西ドイツとの
往来を一部緩和するかのような発表をしたのは象徴的だった。
_
なぜなら、「緩和」が可能だったのは、西ドイツが「不幸でない」ことを東ドイ
ツの全国民が知っていると政権が認めたからだ。結果は、ご承知のとおり、「緩
和」の発表を拡大解釈した東ドイツ国民が「ベルリンの壁」などの東西ドイツ国
境に殺到し「緩和でなく、完全な自由往来」を求めたため、東ドイツの政権がそ
れに抗し切れなくなり、一気に「完全な自由往来」まで進み、結局翌1990年の東
西ドイツの統合まで実現してしまった。
_
筆者は、巨大なタブーが破られる瞬間を見てみたい。
いまや天皇制の問題点を語ることはタブーでもなんでもない。とくに天皇制に反
対する言論は、左翼思想の尻馬に乗りさえすれば、だれでも「気軽に」表明でき
る、安っぽい言葉の遊びに成り下がった。
_
他方、中朝戦争のタブーは、それが破られた瞬間に韓国経済が崩壊しかねないほ
どの「真正のタブー」であるがゆえに、「開戦」が数年後に迫った2007年現在で
さえ(小誌2007年3月8日「戦時統制権の謎〜シリーズ『中朝開戦』(3)」 <
http://www.akashic-record.com/y2007/wtctrl.html > )
依然として、日米中韓では最大のタブーであり、各国のマスコミにとっては当面
、報道できない状態が続く「予定」である。
_
しかし、そのタブーも、インターネットを通じて、拙著の発売を知った方々の、
紀伊國屋書店(新宿本店)でのご購入によって破れるかもしれないのだ。
_
それは、世界のメディア史上も、かなり珍しい「実験」となりうる。
_
まさか、韓国経済が崩壊するような問題で、軽々しく公的機関や新聞、TVがリア
クションをするとは思えないが、さりとて、「みんなが知っていること」は無視
できない。




7 :名前をあたえないでください:2007/05/09(水) 11:40:16 ID:ZBu4PB4a
ロボット飛行機を現場上空で飛ばして採取・検知

8 :名前をあたえないでください:2007/05/09(水) 11:50:57 ID:GrDN0+jH
現場って、総連や民団の建物のあるとこのことでしょ?

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)