5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【青森】イカ釣り漁船火災で乗組員3人焼死 船長謝罪

1 :ねじφ ★:2007/07/31(火) 17:18:13
 北海道・天売島西方の日本海で起きた青森県むつ市のイカ釣り漁船「第31宝昌丸」
(大畑町漁協所属、岡本義宏船長ら七人乗り組み)火災で、焼死した甲板長長津敏昭さん(57)
と機関員野中昌幸さん(28)、甲板員杉本勝利さん(35)の遺体が三十日午前十一時半ごろ、
前日(二十九日)仮通夜が行われた留萌市から親族とともに同市大畑町にあるそれぞれの
自宅に戻った。最愛の家族の“無言の帰宅”に、遺族は深い悲しみに包まれた。

 最悪の結末に遺族は、言葉もなくただただ泣き尽くしていた。ある親族の女性からは
なんでこの子が…。私が代わりになればよかったのに」という悲痛な叫びが漏れた。

 救助され無事だった岡本船長ら乗組員や、田高利美組合長もむつ市へ戻り、亡くなった三人の
自宅を弔問した。岡本船長は涙ながらに「申し訳ない。その言葉しかない」と謝罪を繰り返していたという。

 取材に応じた同漁協の成田幸雄総務部長によると、二十七日午前五時ごろ、夜間操業を終えた
乗組員は朝食を済ませ、亡くなった三人と、やけどで重傷を負った清水啓一さん(53)が船員室で
休憩に入った。残る三人が操業を続けていたが、機械の不具合を直そうとした一人が、船尾の方から
煙が出ているのを発見。

 全員を起こしているうちに清水さんが船室から飛び出し、岡本船長は最後まで船に残って三人を
助け出そうとしたが、急行した第一管区海上保安本部(小樽)の救助隊の指示でやむなく避難したという。
現在、留萌海上保安部が火災原因を調べている。

 成田総務部長は「船長は重く責任を感じており、悔いのないような今後の対応を考えている。組合としても、
遺族の方には最大限の対応をしていきたい」と話している。

 船主側は遺族の意向を踏まえた上で、遺族との合同葬を検討したいとしている。

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2007/07/31/new0707311101.htm

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 17:19:18
イカはちゃんと美味しく焼けたか?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 18:00:08
いかんなぁ

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)