5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【調査】 “出版界、衝撃!” 素人の書いた「ケータイ小説」、ベスト3独占…07年ベストセラー文芸部門

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばく太☆φ ★:2007/12/04(火) 16:13:34 ID:???0
★「ケータイ小説」がベスト3独占、07年文芸部門

・2007年の書籍の年間ベストセラー(トーハン調べ)が4日発表され、女子中高生に
 愛読されている「ケータイ小説」が文芸部門のベスト3を独占、ベスト10では5作が
 ランクインした。

 文芸書が売れない中、“素人”が書いた小説が次々とミリオンセラーになる現状は、
 出版界に大きな衝撃を与えている。

 集計期間は昨年12月から今年11月。1位は上下巻で累計200万部の美嘉著
 「恋空」(スターツ出版)。この作品は映画化され、公開1か月で240万人を動員する
 大ヒットとなっている。2位、3位には上下巻で計100万部のメイ著「赤い糸」
 (ゴマブックス)、美嘉著「君空」(スターツ出版)だった。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071204-00000009-yom-soci

※関連スレ
・【調査】 “ベストセラー” 年間1位は「女性の品格」、2位「ホームレス中学生」…ケータイ小説も目立つ結果に
 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196735165/
・【調査】 女子中高生の各学年、“読んだ本トップ10”のほとんどが「ケータイ小説」…読書のきっかけに★2
 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1193724574/
・【文化】 「向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた」 ベストセラー小説“リアル鬼ごっこ”映画化…ネットでは心配の声★2
 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1193359900/
・【ネット】 「セックス」「リストカット」「レイプ」…女子中高生に大人気のケータイ小説、体験もとに刺激的場面も
 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1183519999/

2 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:15:10 ID:kJQbBVB9O
日本オワタ

3 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:15:57 ID:Nx/FVSUF0
確かに日本終わったなw

4 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:16:09 ID:bD6adZid0
μπαγκουταμαζιντεσινε

5 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:16:23 ID:XIhYDxIN0
もう終わってるよ。知らなかったの?

6 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:16:30 ID:RVyBVsQh0
ゆとり教育のおかげで漢字読めない奴多いしね

7 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:16:46 ID:sSjER7330
ケータイ小説(笑)

8 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:17:11 ID:dxuOsxqyO
日本文学終了のお知らせ

9 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:17:26 ID:jv3el1UP0
ケータイ小説(笑)

10 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:17:27 ID:0aZHyVM10
NTT西日本のデオタ社員市ね

11 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:17:44 ID:7we+0B9L0
流行歌なんかもこの手の手法でお願いします

12 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:17:51 ID:grqtz1ZZ0
そりゃ文芸春秋なんかが
タレント売り出すみたいに
大作家に頼んで無理やり評価してもらう
芥川賞や直木賞作家に比べてよっぽど現実感覚があるもんな
文章力はさておいて

13 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:17:59 ID:7x29Y4SZ0
日本文学\(^o^)/オワタ

14 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:18:03 ID:r+D6Cu6L0
個人発信の方が重視される世の中になってきたんだね

15 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:18:05 ID:OL5rZQCq0
走れキムチ

キムチは激怒した。必ず、かの邪智暴虐(じゃちぼうぎゃく)の日帝を除かなければならぬと決意した。
キムチには政治がわからぬ。
キムチは、朝鮮の牧人である。
笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。
けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。
「この短刀で何をするつもりであったか。言え!」暴君日帝は静かに、けれども威厳を以(もっ)て問いつめた。
その日帝軍人の顔は蒼白(そうはく)で、眉間(みけん)の皺(しわ)は、刻み込まれたように深かった。
「朝鮮を日帝の手から救うのだ。」とキムチは悪びれずに答えた。
「ガッシ!ボカッ!」キムチは死んだ。スイーツ(笑)

16 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:18:08 ID:8bv+ug5g0
「ガッシ!ボカッ!」 日本は死んだ。スイーツ(笑)

17 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:18:09 ID:KcSlti9A0
しかたねーだろ
親や先生が本も読まない低脳なんだから
こどもに面白い本なんて読ませられない

18 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:18:27 ID:iuvCVrgO0
ケータイ小説呼んで感動してるとか真顔で言うてる奴
・・・・もうね、ほんとに・・・・・orz

19 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:18:39 ID:WQqMOEYS0
ケータイ小説(笑)

だがそんなものに負けてしまう日本文学(笑)

20 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:18:49 ID:slNJU4R10
売れてるものを持ってるのがステータスになる時代

21 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:19:10 ID:7/R9yGUT0
>>6
現在の識字率は何%なんだろう
そのうち、日本人なのに日本語をしゃべれない奴も出てくるのだろうか

22 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:19:13 ID:GZ9RE5udP
スレタイ見た瞬間分かった。

ここにはあのコピペが貼られる。

23 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:19:25 ID:/IY8Yyz00
太宰が好きな2ちゃんヒキが言ってもね〜



24 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:19:37 ID:75vYIxtb0
バロスwwwwwwwwww


まさにスイーツ(笑)

25 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:19:43 ID:kvzJZTNc0
せめてまともな文章を書いてもらいたい

26 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:19:54 ID:ujMfMmEfO
スターツ出版がスイーツ出版に見えた

27 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:19:55 ID:rvG8ly5oO
やったー携帯小説できたよー(^o^)ノ

 ───アタシの名前はアイ。心に傷を負った女子高生。モテカワスリムで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は援助交際をやってるミキ、学校にナイショで
キャバクラで働いてるユウカ。訳あって不良グループの一員になってるアキナ。
 友達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もミキとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいキャッチを軽くあしらう。
「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
キャッチの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
 「すいません・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとキャッチの男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男はホストだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。スイーツ(笑)

28 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:20:00 ID:T4pJbjjM0
日本終了のお知らせか

29 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:20:09 ID:r8e8/QULO
出版社にモラルが無い。

30 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:20:10 ID:6Y8b4PoY0
ケータイ小説って何?

31 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:20:16 ID:pQduVnqI0
にちゃんのコピペで十分

32 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:20:21 ID:gyMxrLJr0
「ガッシ!ボカッ!」 日本は死んだ。スイーツ(笑)

スイーツってwww


33 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:20:28 ID:p3mdLS9Y0
団塊が支配するようになって有能な若手が育たなくなった結果じゃね?

34 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:20:31 ID:WCZbsBcdO
よもまつですな

すいーつ

35 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:20:38 ID:g33YzkGc0
>>18
日本ドラマや映画の劣化は確実に受け手のレベルも反映してるよな。
視聴者の目が厳しければクオリティも上がる…筈

36 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:21:04 ID:UX2yw1WJ0
ドグラマグラをケータイ小説(笑)で出してくれ

37 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:21:09 ID:jBCviFRSO
釣られるドキュン層が厚いだけだべ

38 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:21:26 ID:rUpal6Cw0
おまえら、馬鹿にしてないで書け
売れれば印税生活だぞ

39 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:21:40 ID:eGg/cOnE0
援交・中絶・リスカ
この三つを適当に混ぜ合わせてポン!

40 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:21:47 ID:grqtz1ZZ0
>>33
正統派が評価されない
なんかみんな一発狙いでやな感じだよな
資本主義だからしょうがないけどさ

41 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:21:56 ID:v7Z75SmP0
私女だけどちょっと言わせて。
女はバカって決め付ける男って最低だと思う。
女だって読書するし、知性と感性は男とは比べ物にならないぐらい輝いてる。
今の愛読書は恋空とディープラブとリラックマの絵本とNANAと、あとキャンキャン。
恋空とディープラブは切なくて泣けちゃう。つい自分と重ねちゃうんだよね。
昔の元カレのこととか、すごく思い出して悲しくなる。やっぱりYOSHIは天才だよね。
リラックマの絵本は超癒されるよね。疲れた心を癒してくれるマイサプリ、みたいな。
そういえば、2個前の元カレがちょっとリラックマに似てたカナ?慶應生だったけど、
チェリーだったからちょっとね・・・(苦笑)会話もつまらなかった。
NANAは私のバイブル!夢を追うナナも本当の愛を探すハチも私を見てるみたいで、
NANA読んでて本気で感情移入しちゃった。あ、そうそう。NANAの影響でタバコ吸い始めました。
キャンキャンは女の子の基本ブックでしょ!これ読んでない女の子ってこの世にいるのって思っちゃう?
お手本はもちろんエビちゃん。身も心もエビちゃんのようなデキる愛されガール目指して毎日頑張ってます!
っていうかさ、女の子は恋も仕事もファッションも自分磨きも完璧に頑張ってるけど、男は貢ぐ機械だよね(苦笑)
貢いでくれない男と、話のつまらない男には殺意を感じちゃうよね(苦笑)

42 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:22:41 ID:HxQE4eFa0
編集者が無能なんだろうな。

43 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:22:58 ID:/w2OSYGz0
読んだことないから
なんともいえんな。

44 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:23:04 ID:1jnnvtpMO
あんなのを中高の時に読んだらアホ量産で日本沈没やないの

45 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:23:05 ID:RRpI1dBu0
少女マンガの方がまだいい。

46 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:23:08 ID:+KBl0U+R0
>>42
編集者は有能だろ。
これだけ売れてんだからwwww

47 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:23:24 ID:pQduVnqI0
(前略)イジメられて(中略)鬱になり(略)自殺(後略)完

48 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:23:34 ID:p3mdLS9Y0
>>35
そうか?
無理やり韓国ドラマをやりまくったりして
それを各テレビ局が全力で持ち上げたり
視聴者を洗脳しようとしてる奴らのレベルが
上がるとは思えん。
テレビの視聴率が下がって終わりだろう。

49 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:23:36 ID:G+EIMCRM0
>>42
まぁ、他人の作品ぱくってもばれないくらいだからな


50 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:24:02 ID:lAQLSyCHO
百姓の文化程度なんてこんなものだろ。
出版社だって「宣伝すれば売れる」を繰り返して
きたんだから、贈る言葉は「ザマア」しかない。

51 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:24:20 ID:H+R6cyxn0
>>1
>スターツ出版

スイーツ(笑)出版にみえた

52 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:24:25 ID:Fvjfl2HA0
一部の女馬鹿にするけど
男にもヤングマガジンかゲンダイ読んでる人が少なからずいるわけでw

53 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:24:43 ID:nfQnkA840
こりゃ一発当てようとする輩も増えるわな。

なんせ 暴力・セックス・ドラッグ・レイプ・妊娠・病死 をテーマに
妄想を書けばいいんだからな。

54 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:24:46 ID:yX8xca0v0
ケータイ小説(笑)

8 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/12/04(火) 16:17:11 ID:dxuOsxqyO
日本文学終了のお知らせ

9 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/12/04(火) 16:17:26 ID:jv3el1UP0
ケータイ小説(笑)

55 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:24:48 ID:GyfuVLaD0
こういうのって携帯サイトが著作権奪って出版したりするのかね?

56 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:25:02 ID:6VHElOZ8O
なんでも二極化なんですよ。一部の知識人が純粋な文学を守るだけ。

57 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:25:06 ID:tbxdtDU30
おまいら優秀な2ちゃんねらが正しいケータイ小説を書けばいいんだよっ!!

58 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:25:08 ID:GOOmu6C10
小説は読者のレベルの1.5倍くらいのものが売れる
それ以上のものは異次元物質
ここは読者のレベルに合わせて商品のクオリティを落としてみせた
素晴らしいマーケティングと褒めるところ

59 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:25:13 ID:FAgbwOuM0
>>44
最後の砦に男がいる

60 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:25:14 ID:vUY2nh0n0
>>52
電車男に感動する馬鹿とかねww

61 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:25:20 ID:r+D6Cu6L0
ていうかこれは、本当の意味で「言文一致運動」がやっと完了した小説とも言える。

62 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:25:28 ID:GZ9RE5udP
>>27
なんという速攻

63 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:25:39 ID:H9jY3nGj0
「セリヌンティウス。」メロスは眼に涙を浮べて言った。
「私を殴れ。ちから一ぱいに頬を殴れ。私は、途中で一度、悪い夢を見た。
君がもし私を殴ってくれなかったら、私は君と交尾する資格さえ無いのだ。殴れ。」
セリヌンティウスは、すべてを察した様子でうなずき、刑場一ぱいに鳴り響くほど
音高くメロスの右頬を殴った。殴ってから優しく微笑(ほほえ)み、
「メロス、私を殴れ。同じくらい音高く私の頬を殴れ。私はこの三日の間、たった一度だけ、
ちらと君を疑った。生まれて、はじめて君を疑った。君が私を殴ってくれなければ、私は君と交尾できない。」
メロスは腕に唸(うな)りをつけてセリヌンティウスの頬を殴った。
「ありがとう、友よ。」二人同時に言い、ひしと抱き合い、それから嬉し泣きにヴォーヴォー声を放って掘った。
群衆の中からも、歔欷(きょき)の声が聞えた。暴君ディオニスは、
群衆の背後から二人の様をまじまじと見つめていたが、やがて静かに二人に近づき、顔をあからめてこう言った。
「すげーやらしい交尾してんじゃん。俺リバだから3人でやろうぜ!」
俺も掘られながら奴のチンポしゃぶったらこいつのもでかいのなんの。
セリヌンティウスの奴の程ではないけど、18くらいあって超硬い。そうこうしてたら、ディオニスの兄貴が俺のチンポ
にオイルをぬりたくって「三連結やろうぜ」って言う。俺ここ走って来る前に三便飲んできたから掘られててもチンポビンビン
なんだよね。俺のチンポがディオニスのケツマンコに生で入った瞬間すげーやばいくらい感じた。ラッシュガンガンに吸って
「すげーすげー!」1時間くらい三人つながったままで盛り合ってたら、俺を掘ってるセリヌンティウスの奴が「やべーイキそう」
って言って俺のケツマンコにドクドク種付けした。そしたら俺もやばくなってディオニスのケツマンコん中にぶっぱなした。
ディオニスの奴はトコロテンしやがって「こんどは俺が真ん中やるよ」て言って交代で交尾し合った。またこういう交尾してー!

64 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:25:50 ID:eGg/cOnE0
そもそも日本語で横書きは文芸ではない。

65 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:26:33 ID:iOcbM6e4O
ケータイ小説って

読み手も書き手も
「ブームにのってる」ってだけで
価値なんか無いも同然だし・・・

ビリーみたいに次が出ればすぐ消えるでしょヽ(´ー`)ノ

66 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:26:36 ID:YigH6Uak0
これが正しい姿だろう。
出版なんて当たる当たらない売れる売れないの山師みたいなもんでしょ。
一部の本以外再販制度なくせ。

67 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:26:37 ID:vLW//kJO0
電車内で暇してるだけでしょ。
かといって、本を持ち歩くのはジャマ。
メールしまくるほど、友人はいない。
携帯はそんな世代にちょうどいい。

68 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:27:16 ID:yxLNRQES0
ほう
お前らも書け書け

69 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:27:17 ID:3EbJWN9q0
>>56
でも最近の文学って読めたもんじゃねーよ。
明治期のヤツのが読んでて面白い。
でも最近のはツマンネ。ケータイ小説のがマシじゃね
って思う。

70 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:27:39 ID:EGYObQVy0
ゆとり教育そのもの、馬鹿とかアホとか言う言葉は虚しい。

「ゆとり」それ以上でもそれ以下でもない。

71 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:27:41 ID:GyfuVLaD0
小説って言うより妄想の落書きだなw

72 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:27:45 ID:TqkVvHUW0
で矛盾点だらけの小説をまだ実話としてる美嘉はいつ謝罪すんの?

73 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:27:58 ID:njxtTvtq0
内容というよりは、インターフェースの問題の方が大きいだろうね。

74 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:28:14 ID:rBpZOcFA0
<100万部売れたリアル鬼ごっこの珍文章>

・二人が向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた。
・そう遠くなく、近いようだ。
・ランニング状態で足を止めた
・いざ、着地してみるとそこは森の様な草むらに二人は降り立っていた
・うっすらと人影がかすかに現れた
・遠く離れると横浜の巨大な遊園地ができた

 だが、驚くのはまだ早い。
 この物語の舞台設定は西暦3000年なのだ。食べ物が2007年現在の価格のままだったり、
 鬼同士がトランシーバーで連絡を取り合ったりと、どう考えても1000年先の話とは思えない。

 また、作者自身(山田悠介氏)が小説内で突っ込みを入れるのが話題にもなっている。

・今度は違うウエイトレスだった。別にどうでもよいが…
・これなら百メートル、九秒、いや、八秒で駆け抜けてやるぜ。これは言い過ぎたか…
 と、上記のセリフをそのまま再現するかどうか、見ものである。

75 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:28:31 ID:h2fb9W200
日本版文化大革命の成果が今ここに!!!

76 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:28:33 ID:yKJm2vQB0
ケータイ小説・・・文章いいかげん・語彙力なし・中身なし・感動なし
あんなもんに共感してる女子高生・女子大生ってアホかと。

ライトノベルズ読んでる奴らの方がまだまともだ
腐女子が好きなBL小説だって文章力・語彙力・話の構成力はまだまともだ。

77 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:28:59 ID:1bhFFmPb0
くだらない私小説を「文学」として持ち上げたあたりからおかしくなった。
戦前の文学の方が圧倒的に面白く、含蓄もある。

78 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:29:37 ID:T4pJbjjM0
美嘉=筒井康隆

79 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:29:39 ID:skwcwTk90
一言でスイーツ(笑)

80 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:29:47 ID:PvocrcJW0
読者層を知って、上手く宣伝すれば売れるって事。
今の世相を批判していても甘い汁は吸えない。
嫌でも迎合せざるを得ない、数は力だ。

81 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:29:50 ID:2TO/NxSV0
最近の「ちゃんとした小説」って作ってる側がこねくり回しすぎてるのが多いんだよね
そのくせ、実は別にたいしたこといってないじゃんw、って感じ
社会批評や批判もろくに出来ないのに、無駄に難しくしてるだけ
まー、社会的な事をちゃんとかける奴を芥川賞とか直木賞に選出するとも思えないけどw
どうでもいいような問題提起本ならいっぱいあるけど(笑

82 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:30:10 ID:lq7d3WdM0
ケータイ小説に上下巻があるのに驚いた

83 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:30:21 ID:0dvOLfqR0
?逆に始まってるんじゃねーの?
ケータイ小説でもなんでもいいじゃん
ただ、ラノベが一度も脚光を浴びる事無くケータイ小説に負けたってのが悲しいね

84 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:30:25 ID:OTvUuRq2O
バキッ!グシャッ!

アタシは死んだ。

85 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:30:30 ID:6A7JNo3r0
これ、歴代のトップも大したこと無いような気がするんだけどなあ・・・。

「日本死んだ」とか言ってるヤツって、何か勘違いしてないか?

86 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:30:33 ID:oE4AWYwbO
>>27
惜しい。頑張った自分へのご褒美は30前後のOLの思考。
女子高生はそんな事思わん。

87 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:30:45 ID:7OFwyfA90

2ちゃんが「便所の落書き」なら、ケータイ小説は「通勤通学電車内の妄想」。

88 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:30:48 ID:FEHKGPeDO
恋愛モノ
カップル不細工なら感動できない、させられない

89 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:30:54 ID:Y+lilJr30
>>74
>・ランニング状態で足を止めた
吹いたww
どんな状態だよwww

90 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:31:03 ID:w6YaWE370
ケータイに向いている表現の方法なのかもね。
他人や友人の日常をつづったブログを読むような感覚でしょ。

91 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:31:08 ID:md8Gy0hq0
小説好きならとても読めた代物じゃない携帯小説だが、購入層が必ずしも小説好きとは限らないという盲点
読書力の足りない人は、その違いが解らないのだ


例えていうなら、化学調味料に慣れ親しんだ庶民が、三つ星日本料理店に行ってもその美味しさが理解できないみたいなもんだ
庶民には吉牛で十分である

92 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:31:39 ID:nCPROG8BO
エロゲ、ラノベ≧ケータイ小説
てこと?

93 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:31:39 ID:rUpal6Cw0
魔法のiらんどはどの位持っていくんだろね

94 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:31:41 ID:2hnHAcsiO
金になれば何でも良いんじゃない?
馬鹿が増えれば増えるほど略取しやすいじゃん。

95 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:31:54 ID:YigH6Uak0
買っても読まないヤツが多そう。
買うだけで流行って言うか雰囲気を共有できた気になる。
本棚に岩波文庫があるだけで「おれ賢い」って陶酔するのに似てる。

96 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:32:06 ID:+KBl0U+R0
むしろ文章がヘタクソで語彙が貧弱だからこそ
アホ学生の共感を得られるんじゃないのか。

97 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:32:10 ID:SraC0UfF0
日本オワタ

98 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:32:20 ID:k8LC56vz0
>>92
平均レベルで言うなら、そうなる。
エロゲは質の違いが多すぎるけど。

99 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:32:23 ID:r+D6Cu6L0
>>69,77
それは同感やね。

文学と考えるなら、発言を発言するままに書く様子は、中途半端に終わっていた
言文一致運動がやっと完了したとも言えるが、何にしても語彙力が低すぎるのが問題。



100 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:32:30 ID:JKLfDUnC0
>>21
愛知とか増えてそうだなw

101 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:32:33 ID:yX8xca0v0
>>27
ベストセラーの予感

102 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:32:46 ID:rvG8ly5oO
FATEは文学(笑)

103 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:33:00 ID:GZ9RE5udP
>>74
リアルチョンだから日本語は苦手なんですよ。
生暖かく見守ってあげてください。

104 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:33:00 ID:0dvOLfqR0
>>27
ごめん、なんか普通におもしろい文章だなぁって思ったんだが

>>53
それなんてエロゲ?
結局文学もラノベもエロゲもケータイ小説も題材はかわらんのな
筆者と文体と切り口が違うだけさ

105 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:33:05 ID:eGg/cOnE0
>>77
あの〜私小説ってのは戦前よりもっと昔・・・まあいいや

106 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:33:13 ID:p9b1WA+o0
いよいよ自己陶酔ポエム「レーシングラグーン」の時代が来たか?

107 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:33:21 ID:3pS0UkPKO
石田衣良(笑)

って言ってた頃が懐かしい…

108 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:33:45 ID:6tFEeGC80
愚民の時代、日本。

109 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:34:04 ID:yxLNRQES0
なんか書こうぜ

110 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:34:08 ID:DCqHF5Rt0
なんつーか金儲けたければ、なりふりかまわずバカを相手にすればいいんだな
いやな世の中だわ

111 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:34:26 ID:Y+lilJr30
>>106
あれは画期的だった
レースげーと見せかけてポエムがメインという

112 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:34:36 ID:UoTlGm/Q0
>>6
ゆとりもあるかもしれんが、携帯の普及も大きく関わってると思う
メール打つのに変換してくれるからね・・・

113 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:34:49 ID:3EbJWN9q0
>>81
それ以前にタイトルや題材のインパクトだけで、読む価値ないのが多い。
戦前の作品とかは、情景が浮かんできたり当時の世相を反映していたりと
読んでいて飽きないし、何より作者の訴えたい事が明確。

この辺はマンガにも言えるけどね

114 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:35:02 ID:DLVRLBSrO
作家先生の限りなくオナニーに近い作品なんか興味ないんだろ

115 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:35:04 ID:GyfuVLaD0
ゆとり怖すぎw

116 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:35:13 ID:Os1QC31d0
レーシングラグーンか。
あれってRPG・・・、だったっけ?

117 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:35:15 ID:pQduVnqI0
読者ってのは金払ってまで素人の小説読んでるってこと??

118 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:35:25 ID:/omFGupGO
こうゆう意味の分からん意味不明な文学が台頭してきたことが日本文学の終わり



こんな感じ?

119 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:35:26 ID:SToTCLCCO
Japan is over\(^o^)/

120 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:35:38 ID:IkVao8E8O
あらー
日本終わったな
若い子が面白いと思って読めるような文章を
書けるのは若い子だけってことかね

121 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:35:39 ID:vN0WBlqE0
TV業界がにこにこに喰われる前に出版業界がスイーツ(笑)に喰われるのか?

122 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:35:41 ID:p9b1WA+o0
蹴りたい背中(笑)から素人の流れじゃん。

123 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:35:41 ID:zo/PrzpqO
読み手のレベルは上がるもんだよ

124 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:35:49 ID:6A7JNo3r0
‥つまりさ、既存の小説の購買層は減ってた訳だ。
で、今まで買うはずもなかった層を開拓したのがこれらの「ケータイ小説」なわけだろ?
マーケティングとか、新しいタイプのユーザー発掘こそが話題のキモなんじゃん?
ここでバカにしてるような今までのハードブックなヤツラは、
この手の本を買ってないし立ち読みしてるワケなんだから。

もっといえば、社会的啓蒙現象と行った方が正しい。

125 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:36:03 ID:0dvOLfqR0
くだらない話を硬い文章で書くか、スイーツ文章で書くかの違いだろ?
その技術がうまいかへたか、時代にあってるかで評価が決まるんじゃん

126 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:36:07 ID:6odca9Dh0
とりあえずC†Cは文学って事でよろしいか?

127 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:36:33 ID:9YudIDub0
(おわり)

128 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:36:33 ID:YJX3DioJ0
作家は女流で若い方が受けるんだよ。大昔からそうじゃん。
頭いいオッサンが書いた小難しい作品なんて庶民にゃ無縁だよ。

129 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:36:50 ID:zvuHTcgB0
ケータイ小説・・・。
読んだことないから分からないし、そもそも
読む気もおこらん。というか、読みづらいし、
なんとなく知ってる内容も、気持ち悪いし。

最近の書き手の文章って、体験に基づいた
感覚みたいなもんが、決定的に欠けている
気がする。

130 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:37:09 ID:grqtz1ZZ0
>>114
>>オナニーに近い

確かに自己満足で読者に奉仕しようという精神が感じられないかもwww
一発狙ってるからしょうがないんだが

131 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:37:16 ID:Dou2cGOy0
プロ小説家 涙目w

132 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:37:38 ID:WCZbsBcdO
『忍空』おもしろいよなw

133 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:37:48 ID:jBCviFRSO
馬鹿が多いと嘆くより利用すればいい

134 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:37:52 ID:+KBl0U+R0
まあ俺の中ではケータイ小説読んでるアホ学生も
アニメ見て喜んでるアキバ系も同類なんだけどな。
当人は違うと思ってるだろうけどw

135 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:37:57 ID:KpYJCfll0
>>123
こういう期待は往々にして裏切られるもんだ。
理性的な結末が訪れるのは小説の中だけさ。

136 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:38:01 ID:H577+uZvO
中原昌也最高!

137 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:38:03 ID:HUECIcYxO
ケータイ小説だろうが勝ちは勝ち。

138 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:38:09 ID:yxLNRQES0
これがウケてるんならこれが主流なんだろ

139 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:38:14 ID:YHK6RCPi0
プロの小説家が低いレベルの人間に合わせた小説書ければ問題ないだろ

140 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:38:17 ID:6odca9Dh0
桜井亜美プロフィール&作品紹介
ttp://webmagazine.gentosha.co.jp/ami/eternalwind_works.html

注:プロです

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

141 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:38:19 ID:QBHma2rS0
ただのジェネレーションギャップだろ


142 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:38:24 ID:Pi12sTlfO
暴力・セックス・レイプ・妊娠中絶を入れれば馬鹿な女子高生が「すごいよね」と読む気になるのか

143 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:38:31 ID:yQkHOHgr0
ブームを煽って一儲け

144 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:38:37 ID:yX8xca0v0
>>134
同意

145 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:38:40 ID:6Jy3qrji0
ここにケータイ小説読んだことあるやつ何人いるんだかな

146 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:39:40 ID:Rj/0olZX0
もう東野圭吾や宮部みゆきで良いから頑張ってもらいたい

147 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:40:01 ID:xlvIk4DQ0
素朴な疑問だが、紙じゃないと読み戻しがしにくいのでは・・
まさか読んだ部分忘れてても読み続けられるクオリティなのか

148 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:40:12 ID:fbrk+n3xO
>>89
グリコ。それ以上言い様のないほどグリコだった。

149 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:40:26 ID:x2p8fNdqO
何で無理にストーリーを劇的にしようとするのかよくわからん。
「細雪」なんかストーリーは三女が結婚出来ないオワタってだけ、だけど面白いじゃん。

150 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:40:31 ID:zZ+omBsLO
一過性のものっぽいけど
ここでケータイ小説にウェイトをかけすぎて在庫多数涙目なことになってほしくないな

151 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:40:33 ID:SZ9Wd9fF0
購買層って、すでに携帯やネットで読んだ人達?
ネットで話題という触れ込みに乗せられた人達?

152 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:40:38 ID:r+D6Cu6L0
>>129
おそらく、自分が起こした行動について「他人がどう見るのか」みたいな
他人の存在感や反作用の感覚が希薄なんだと思う。

自分が思う事ばかりで、他人からの反証みたいなのが予測できないというかなんというか

153 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:40:49 ID:vacE8xh90
三島を読むんだ
これさえ読んでおけば間違いない

154 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:41:09 ID:3EbJWN9q0
>>145
でも最近の新刊とか読む価値あるか?
図書館行ってどっちゃり借りてくるほうがよっぽど有意義なんだが

155 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:41:27 ID:GyfuVLaD0
精神病 援助交際 近親相姦
これが人気を呼ぶキーワードのようだw

156 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:41:36 ID:L0NBi/aGO
本気で小説家目指してる人が不憫でならない

157 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:41:46 ID:Mon9mrEK0
ミステリー小説とかも今は無駄に分厚くして
薀蓄詰め込んで博識ぶってるイメージ

ケータイ小説と対極に見えて実際似たようなものかもしれない

158 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:42:26 ID:/w2OSYGz0
青空文庫があるからいいよ、もう。

159 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:42:32 ID:MFZ362Hz0
>>149
劇的でも面白いものは面白い
トルストイの『アンナ・カレーニナ』なんて滅茶苦茶ベタだが基本がしっかりしてるから玄人でも読める

160 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:42:39 ID:6Jy3qrji0
>>154
いや、オレも読む気起きないから読んだことないよ
でも読まずに批判するのもどうかってだけさ

161 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:42:39 ID:YUcX3YX9O
でも、何遍も読みたいのは買うわ…

162 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:42:45 ID:o5bZ+jeIO
本人が満足ならそれでいいが、合間にちゃんとした小説や評論も読んでおいてほしい。

163 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:42:58 ID:YVyZL0vE0
今年の夏「〜文庫の夏の百冊」フェアが殆どやってなかったもんな。
やっていても選定図書がかなり軽めだし。
だと思うと「されど我らが日々」の文庫版が復刊したりしてわけわかめ。

164 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:42:58 ID:vnDS2e7zO
>>156
謝れ!! 小説家に謝れ!!




たしかに、本当に不敏なんだけどさ。

165 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:43:04 ID:zvuHTcgB0
>>142

そう。それがメインテーマなのが嫌なんだよ。
しかも、ゲームみたいな感覚の暴力とかレイプ。

ぶっちゃけ、ケータイ小説って女子高生向けの
エロゲーだろ。


166 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:43:28 ID:AZ3e+wyt0
こいつらのアホ小説を文芸書として処理せにゃならん俺の身にもなれ。

167 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:43:37 ID:PdapVgKE0
>>128
別に難しいの書いている人ばっかじゃないんだけどね。
ただ、やっぱ作家も30-40前半くらいでないと力作書けないって
ところはあるんだよね。体力がついてこないらしくって。
旬を過ぎるとどうしても、技術だけで書くようになるんだが、
こうなると、やっぱね。
携帯小説家は技術の養成してないんで、すぐ消えちゃうんではな
いかと他人事ながら心配にはなるが、まぁ、一つも当たらないで
消えてくのが大部分なこと考えると、幸せな部類であることはた
しかではあるが。

168 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:44:10 ID:OnFeJoR60
日本の文学\(^o^)/オワタ

169 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:44:22 ID:Rj/0olZX0
>>145
恋空携帯版30ページまで頑張りました
これで許してください

170 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:44:23 ID:3my41TJZ0
まともに本読んだ事ないヤツが書いた本が売れるのか
音楽であれ文学であれバックボーンの無いのが多過ぎだなぁ

171 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:44:51 ID:YVyZL0vE0
>>64
最近は判決文も横書きだよ。

172 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:44:52 ID:JjVheUfrO
(失)笑撃

173 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:44:56 ID:umX0DUw1O
ためしに「魔法のiらんど」 というサイトのランキング1位の作品を読んでみた。
この作品は書籍化されましたとあったから期待半分で読み出したが最初の2ページで断念した。
俺としては国家の存亡に関わるレベルの衝撃だった。普通台詞に「♪」とか使うか?
寒気を感じたい奴は読んでみるべし。

174 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:45:11 ID:6Jy3qrji0
>>169
その精神は立派です、大事にしてください

175 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:45:28 ID:JrK5NhoC0
今の社会人が本読んでないってことじゃないの?

176 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:45:44 ID:GyfuVLaD0
日本の音楽なんて終わりまくってるだろ
冷静に歌詞見てみろ馬鹿かと思うぞ
しかも意味不明な英語のような謎の言語が多様されてるしw

177 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:45:48 ID:rP1N+gFz0
三文小説なんて昔からあるし別にいいだろ
何か良い方向に変わるかもしれんし
女主体のこの種のものは大抵適当に消えていくが

178 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:46:01 ID:oXs08DYEO
どうでもいいけど本買う意味あんの?
無駄(´Д`)

179 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:46:03 ID:MFZ362Hz0
>>145
YOSHIのDEEP LOVEを1ページでギブアップ
ちなみに俺は難解と呼ばれているヘンリー・ジェイムズやフォークナーの作品を読んでいるんだがw

180 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:46:07 ID:89kHqOOS0




なんか展開全部同じじゃね?
ホストに惚れた貢いだ捨てられた自殺未遂した無かった事にした幸せだ


こればっかじゃね?




181 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:46:09 ID:md8Gy0hq0
       :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ●) (●)。\:   恋空(笑)
  :/:::::: r(__人__) 、::::\:  恋人が死ぬ死ぬネタはもうあきたおw
  :|    { l/⌒ヽ    |:  こんなので感動出来る単純な馬鹿女がうらやましいおw
  :\   /   /   /:
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   恋人が死ぬなんて悲しいお 泣けるお・・・
  |     (__人__)    |   大切なものがなんなのか教えられたお・・・
  \     ` ⌒´     /    CLANNADは人生だお・・

182 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:46:22 ID:6odca9Dh0
>>170
ゲーム業界とは真逆の問題を抱えてるな

ゲームばっかりやってた奴が作ったゲームはつまらない
ろくに本を読まない奴が書いた文章はつまらない

183 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:46:25 ID:3Pl2cKEK0
「ら」抜き言葉が間違いだと指摘しても
皆逆ギレするくらい低脳だしな

184 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:46:32 ID:jws9VmxW0
とりあえずお前らの kakikomi.txt 晒してみろ

185 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:46:43 ID:YUcX3YX9O
いや、瞬間風速だろ、来年はね…


ノーベル賞とか出れば大衆は普通の小説にはしる、そんな感じの流れだろ。

186 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:46:46 ID:ZL0SmW4t0
ケータイ小説は読んだ事はないが、哲学書や専門書以外の 
殆どの小説なんて暇つぶし+安いから電車なので読んでいるだけじゃないの?
漫画でも良いのだが高校生にもなって電車で読むのも恥ずかしいし
すぐ読み終わってしまって金も掛かるからね〜

187 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:47:06 ID:yxLNRQES0
携帯ゲームみたいなもんでしょ
暇つぶしにちょうどいいんだよ

188 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:47:12 ID:e9Z9Oluf0
>>74
想像以上でした…。

189 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:47:13 ID:SZ9Wd9fF0
恋空より、アマゾンの恋空レビューの方がおもしろいよ。


190 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:47:22 ID:atlX5FEAO
敢えて流れ読まずに書いてやるぜ


スイーツ(笑)

191 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:47:29 ID:ovAcQPfv0
>>181
確かに泣きゲーとか言って喜んでるのと同じだな

192 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:47:36 ID:K67CcYYs0
日本終了w
この子達が産む子供ってどうなるんだろ・・・

193 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:47:53 ID:Ch06VxAB0
>>151
おまえらが酷いって言ってるから気になって読んでみた。
ボッタクリ携帯キャリアのパケットは使いたくない。

194 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:48:02 ID:T4pJbjjM0
アニメは学問(笑)
fateは文学(笑)
Airは芸術(笑)
CLANNADは人生(笑)
SchoolDaysは神話(笑)
君が望む永遠は哲学(笑)

195 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:48:11 ID:YJX3DioJ0
>>167
ケータイ小説読む人は1回読めば脳内から読んだ記憶が消えても十分だと思ってるはずw
作家自身はどう思ってるか知らないが。
そうやって他のエンターテイメントと同列で楽しんでるからこそ読むのかもな。

196 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:48:13 ID:6A7JNo3r0
>>165
まさにそう。
男だったらエロゲーとか官能文庫買ってるようなのがココに流れ込んでるだけ。
で、その数が増えてるから既存の読者層が愚民化したように錯覚される。

「フツーだったら本なんか読まない」と言うヤツラが、活字書籍を読んでいるという現象なのに。

197 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:48:20 ID:zvuHTcgB0
>>152

そう。そんな感じ。自分中心の、あくまで
自分の中だけで自己完結した世界観というか・・・。
多重人格人間が、それぞれの人格同士で
語り合っただけみたいなのがケータイ小説。

198 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:48:31 ID:8bv+ug5g0
ケータイ小説書いてるヤツって携帯で文章打ってるのか?
そうだとしたらアレだけ酷い文章と構成が出来上がるのも頷けるが
趨向なんてロクにしてないような物ばかりだし

199 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:48:30 ID:tgUv7antO
ナンテコッタイ/(^o^)\

200 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:48:52 ID:fJuh37I80
>>179
本当には読んでないだろ
難解なのは、ヘンリーじゃなくて、ジェームス・ジョイスだよ

201 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:48:52 ID:FEHKGPeDO
売れてるようなのでオトギリソウ、かまいたちの夜を買ってやったが
内容が突っ込み所満載だったのを覚えている
あんなのがミリオンだろ。いかに大衆が馬鹿かって事だな。
優れた作家が売れる小説を書くにはレベルを下げなければいけないという事か。

202 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:48:58 ID:GZ9RE5udP
平和で便利な時代の人間の薄さ。

203 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:49:06 ID:N8xxpAM/0
つよきす面白い

204 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:49:13 ID:DLVRLBSrO
>>178みたいに、本に期待してないってのもあるんだろな。
思ったより楽しめるって程度なのかもしれん。

205 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:49:16 ID:yMsgUarz0
どーせ叩いてるのもラノベ、エロゲで感動したとか何とか言ってるんだろうから目くそ鼻くそ。

206 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:49:40 ID:zl85Z+/B0
青空文庫でおk。

207 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:49:44 ID:G1vpjLFa0
別に文句付ける事もないと思うけどね。
ケータイ小説が出る前から「文学(笑)」だった訳だし、
昔から文学なんて読んでる奴ってそんなに多かったっけ?

208 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:50:26 ID:md8Gy0hq0
>>180
池沼のヒロインと恋仲になって、紆余曲折あって最後セックスするエロゲと同じなのです
オナニーが目的の消費者に、難しい理屈は必要ないのです

可哀相なヒロインが、最後に王子様に救われるって黄金パターンを抑えてれば問題ないのです

209 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:50:31 ID:89kHqOOS0
ゲームみたいに、手抜きが横行したりレベル低いのが蔓延すると全体的なレベルが落ちて
競争力が無くなっていくからなあ

210 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:50:31 ID:d/o6D0R00
ケータイ小説に挑戦してみた。
読んだことないけど、こんなんでいいのかな?

ワタシの名前はユイ。16才。

いちばんの友達はユメ。
50才のオヤジの愛人になって月50万もらっている。
お金は全部ブランドの服と小物に消えているようだ。

学校の帰りユメが突然「ねえ、ユイもやってみない?」と言った。
なんのこと?「愛人契約だよ」 はあ? いやだよ、そんなの
「パパが友達を紹介しろって言ってるの。
ユイならたぶんパパも気に入ってくれるから」
ふーん、とうなずいた。
「でもね、パパと約束したから・・・お願い、断っていいから来てよ」
ワタシはふっとため息をついた。まあいいか。
「いいよ」と答えるとユメは笑顔を向けた。

でも、これが大きな間違いだと気づいたのは
ユメのパパを見た瞬間。この男はどこかへんだ。
おそらくサラリーマンとか中小企業の社長とかじゃなくて
もっとヤバイ仕事をしているはずだ。
不自然にクチビルをゆがめる笑い方にそんなにおいがする。
ユメはなんで気がつかないのだろう。
でも、もう手遅れだった、ユメにとっても。そしてワタシにとっても・・・・。

続きが読みたい人いる?

211 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:50:43 ID:MFZ362Hz0
>>200
ジェームズ・ジョイスの方が難解だと思うが、ヘンリー・ジェイムズも充分過ぎるぐらい難解だぞ

212 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:50:57 ID:nCPROG8BO
>>90
そういう表現法に需要があるのかもね
電車男だって日記とそれに対するレスだけだし
>>74みたいのは表現法以前の問題だけど

213 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:51:16 ID:T4pJbjjM0
>>210
ワッフルワッフル

214 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:51:49 ID:vnDS2e7zO
>>179
一方、俺はフッサールを読んだ。
数学出身だとむしろ読みやすいのか?

215 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:51:58 ID:9kM5CMBOO
萌え絵で売れてるへたれラノベ作家がまぎれている

216 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:51:59 ID:X1MYTMhV0
あー、これはもう日本オワタだよ 
そろそろ \(^o^)/オワタ じゃなく (;o;)オワタ…
になるべきだと思うんだがどうよ?

217 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:52:06 ID:cEoJEi+z0
俺の周りも何人か文学少年・少女がいて
さらにその中の何人かが濃い空呼んだらしいけど
面白いって感想は一度も聞かなかった

218 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:52:12 ID:yxLNRQES0
自殺物に恋愛絡めばメンヘル層から金はとれそうだな

219 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:52:17 ID:AJkltfxJ0
セックス、レイプ、リストカット、薬中、妊娠、中絶、不治の病・・・辺りの言葉を
適当に織り込んで、俺も小説書いてみるかなー

もちろんノンフィクションで(笑)

220 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:52:27 ID:SZ9Wd9fF0
>>198
テレビで紹介されてた主婦の携帯小説作家は
携帯に直接打ち込んでた。
メールする感覚で、空いた時間に少しずつ更新するんだって。
大学講師しながら携帯小説書いてるというおっさんは
下書きしたのを打ち込んでたよ。


221 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:52:31 ID:54U2aWhuO
あー女向け官能小説か。なるほどな。


222 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:52:59 ID:9I7t8cJD0
恋空、漫画版がコンビニにあったからちょっと立ち読みしてみたけど普通の性コミだった…。


223 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:53:02 ID:MFZ362Hz0
個人的には清水義範先生にお得意のパスティーシュで一発腐してもらいたいものですな

224 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:53:19 ID:s2oq8TJk0
>>211
まあ、税務署にある「納税の手引き」が一番難解だけどな。

225 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:53:25 ID:Rj/0olZX0
でもラノベ黎明期もこんな感じだったんじゃないか?
この分野が10年も続くような事がればラノベぐらいには並ぶかも知れん

226 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:53:30 ID:OTvUuRq2O
7つ年上の彼女が、まんじゅうの事までも
スイーツ
って言うんだけどどうすればいい?

ちなみに正社員経験皆無、派遣は契約延長されたことなし
口臭、ワキガあり
性格は浮き沈みが激しい

227 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:53:30 ID:SToTCLCCO
―死の薬―
始まりの朝

朝が来た。
いつもと変わらない朝。
「凜(リン)、早く起きなさい。学校遅れるわよ」
リビングの方から母の声が響く。
「そうだぞっ、俺も遅刻しちゃう」
目が覚めた。
弟の雷(ライ)がまた勝手に私のヘアワックスを使っていた。
「それ、高いよ」
しれっとした目で雷を見る。
「これ、美容院でもよく使ってるヤツだろ?りんごっぽい、いいニオイなんだよね」
呆れた。
『…また犠牲者が出てしまいました。連続殺人事件です。今朝未明、新宿区の路地で女性の遺体が…』
物騒な世の中だな。シャワーを終えた私は制服に着替えて、
テーブルの上に置いてある食べ物を適当につまんで、急いで家を出た。
後ろから雷が自転車で追い掛けてくる。
「乗ってく??」
「原付じゃないなら、乗ってく。指導室には行きたくないからねっ」
自転車の後ろに乗る。
雷は一つ下の高校一年生。とても仲がよくて、こんなふうに朝一緒に登校して、度々彼氏と間違われた。
「止めてっ!!」
突然、叫んだ私に雷は驚いた。
でもすぐに気付いた。

(続きは本サイトでね!)

228 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:53:47 ID:+mY/RUBy0
小説かじり虫
かじってナンボの商売

229 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:53:50 ID:md8Gy0hq0
>>210
3行で射精しないとかめんどくさいので読みません

230 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:53:59 ID:huY4GJcv0
まぁ本読むキッカケになりゃそれはそれで・・・な
ただ劣化コピーの大量生産でより品質が落ちていく可能性大だが

231 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:54:09 ID:sqRHkh2b0
        , − 、
     . Y Y´ \
       l  \  \      ο
        \  \  .>、
         \  `'´  .`;      _
          \    /`ヽ  ./ l      _
            ` ー´ヾ__.人 ,./   ゝ- .,_/ l
                l  lヽソ、-,i   /   〈
                  l  !/ヾ、 .`ー-ラ 0   ',    , -、
         。      l   l *ζ ./  *   .}   /   j
              l.   ヽ.  '´      _ ノ _/   ./
              l              ̄    ノ
               !            ____,. ´
             о  ;           ̄l
                 l            l
                l            l


232 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:54:16 ID:Sfsqfhqz0
「ガッシ!ボカッ!」キムチは死んだ。スイーツ(笑)

233 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:54:18 ID:+2l9ELFoO
内容はさておき多数の人の目に止まる工夫の結果じゃねえの。

234 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:54:23 ID:GZ9RE5udP
>>201
ああ、それは思ったw
あれは酷かったなあ。苦痛だった。
何度も楽しめる奴が羨ましいと思った。


>>210
おまい天才

235 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:54:45 ID:yxLNRQES0
>>225
もうラノベはとうに超えてしまってるような

236 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:55:05 ID:Fu1LLZkl0
>>207

そうだな・・この10年有名賞の小説なんてみんな安っぽかった。

ホントに文学終わってると思う。いまビジネス書籍ブームというけれど、
ほんと小説くだらねぇもの。活字好きこそ、小説を見放してる。
そりゃケータイ小説みたいなものが消去法で残っちまうわけだ。

237 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:55:21 ID:s9jtIbyA0
日本の小説は型に嵌りすぎってのもあるんじゃね?
会話文が多すぎてはダメとか、小難しい表現がないと認めないとか。
内容を楽しむのではなく、国語の勉強になっている節がある。
所詮は売れたもん勝ちの世界なわけで、これはこれでありだろ?

238 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:55:29 ID:1FLFo198O
どんなに内容がいい文芸書だろうが、人に読まれないならケツを拭く紙以下の価値しかないわけで。


つまりあれだ。おまえらラノベ読め。

239 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:55:34 ID:mZ9sqjSA0
娯楽なんだから素人が作ったものでもいいよ、別に。
小説が高尚だなんて勘違いしてる連中からすれば面白くないかもしれないけど、
低俗でも表現力不足でも受け入れられたもののほうがその時代においては優秀だわさ。

ただ単なるCM効果が一般のものと比べて上位にあっただけというのが、
ここまで受け入れられた理由な気がするのはどうかなって思うけど。
それでも今まで小説(笑)だった活字嫌いが少しでも文章に触れたならいいことだと思うがね。

240 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:55:53 ID:6A7JNo3r0
>>210
まともなヤツがムリして悪ぶってる感があって見苦しい。
しかも半端なテレが隠し切れてない。
「釣り」とか言って喜んでる厨房レベル。

>>27の方がぶち抜けているだけ好感が持てる。

241 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:55:58 ID:zZ+omBsLO
214
現象学面白いよな

242 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:56:25 ID:u5PCLDAK0
薄っぺらで流行的でも、若い世代の書いたり読んだりする層が増えるのはいいんでは?
人気のある書き手が触発された
ことばや文章の源流に自然と辿り着く読み手も増えるだろうし。


243 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:56:33 ID:PdapVgKE0
>>195
いやあ、他の小説だって基本的に暇つぶしの娯楽でしかないよ。
二度読む作品なんて、ごく一部でしかないしね。
ただ、普通の出版社経由だと、ある程度売れないと赤字がでかい
んで、最低の技術がないと出してくれないんだよね。携帯小説の
場合は、ディスク喰うだけなんで、そこらへんの敷居が低いんだろ。
実際には、何が受けるかなんて、出してみないと判らんらしいし。

244 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:56:42 ID:SToTCLCCO
>>236
問いただしたい。小一時間問いただしたい。ホントにお前全部読んどるのか、と。


245 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:56:42 ID:g4JprBTsO
感情的になって批判するのは楽だが
新しいものが出現すると叩かれるのは世の常
そして新しいものは業界の中心から離れたところで生まれるわけで。

今後どうなるのかな。
新本格みたいに定着するのかそれとも一過性のものか

246 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:57:06 ID:WQqMOEYS0
>>238
ラノベもなぁ
どっかで見たようなストーリー、登場人物、トリックばっかりなんだよな

247 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:57:07 ID:G1vpjLFa0
>>230
ここから先がなくても、過去の名作が腐るほどあるんだから、
1人の人間が一生読む分に不足はないだろうw

248 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:57:22 ID:md8Gy0hq0
>>225
最近のラノベ読んだこと無いだろ
頭の悪さはケータイ小説と同レベルだぞ・・・

249 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:57:35 ID:zvuHTcgB0
>>225
いや、それはいくらなんでもラノベに失礼。
セックスや暴力が、メインテーマじゃなかったし。

どうやったら文章が、軽く読みやすくできる
かで、ラノベは相当工夫されてるし、計算されている。
要するに、読者のことを考えtる。

ケータイ小説は・・・・。

250 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:57:55 ID:hidIgUm90
純文学を読んだところ人格品性が向上するわけでもないし
ケータイ小説つーても別に良いんでないの、漫画よりマシのような
希ガス

251 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:57:56 ID:FQpGdciZ0
とりあえず、山田は死ね

252 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:58:16 ID:KpRxQNukO
>>237
型に嵌りすぎって…
日本語としておかしいのにどうやって情景を浮かべるんだ?
マラソン状態でストップなんて言われても意味不明すぎる
なにが面白いんだよ

253 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:58:21 ID:P6kFxFJf0
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000033-rbb-sci

これへの布石か

254 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:58:35 ID:JO/k4GS50
>>225
ラノベ黎明期、ファンタジーがメインとは言え、今のゴミと比べるのは失礼

255 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:59:01 ID:dRtieJ0I0
次はニコニコとかの動画共有サイトに上がった素人の歌がミリオンとったりするのかな

256 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:59:20 ID:SToTCLCCO
>>250
漫画よりケータイ小説の方が段違いにひどいんじゃないかと(ry

257 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:59:26 ID:6A7JNo3r0
>>239
超絶同意。
活字嫌いで、小説とか読まない層が数字カサ上げしてるだけ。

258 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:59:44 ID:sOdepfs/0
名曲でもそうそう売り上げは伸びないが、
どうでもいい薄っぺらい歌がドラマに採用されただけで
バカ売れするようなもの。

気にすることはない。



259 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 16:59:58 ID:EyvVatuKo
>>210
まぁいいんじゃない?
ツボを押さえてるのではw

必要なテーマはバイオレンスと真実の愛だよw

260 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:00:01 ID:GZ9RE5udP
>>240
マジレス勇気あるなw

261 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:00:06 ID:JFwAkQIx0
おっさんが書いた小説なのに

262 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:00:07 ID:K67CcYYs0
まぁ授業中読んでたりするんだけどなw

263 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:00:07 ID:cEoJEi+z0
ほんとに泣けるのは恋空でも赤い糸でも君空でもなく
この文学界の現状だった、と

264 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:00:14 ID:55sE2RB80
書籍よりダウンロード式のほうが儲かるかもな
いろんな手間が省けるし
ただまともな人間は読めないだろうが

265 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:00:47 ID:MluZ6pkA0
土壌の違いが現れた

例えば漫画。
底辺は同人誌、週刊、月刊、発表する場はなんでもある。
この背景には、誰もが気軽に漫画を描ける、投稿出来るという土壌があるから。

小説の場合、未だに重鎮が腰をおろしているし
プロになるための道も細い。しかも、目指してくれる人口も少ない
受け入れ皿も少ない。同人小説も少ない。
底辺が少なければ、上も先細りになるのは当たり前。
ちょっとマシなのはラノベだけど、似たようなもの。

だけど携帯小説は違う
誰でも気軽に投稿できるし、読んでもらえる。
この部分は、同人漫画に近いものがある。
「小説はこうだろう」という先入観を持った人が大多数の読者ではなくなったのも大きい

形や質はどうであれ、小説家が増えてくれないとこの業界は自然淘汰を受けるだけ。
どんどん受け皿広げていって、本物のプロが生き残る業界にならないと死ぬよ
つまんねぇ小説しか書かないのに、名前だけで売れている作家とかいっぱいいるだろ
そいつら蹴落とさないとね

266 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:01:00 ID:MFZ362Hz0
>>245
新本格派の立役者は昔の英米ミステリーを読み倒した連中が中心だからな
そういう点で言えば基礎ががっちり固まってるわけで、安定性があるから
生き残ってるわけなんだが、ケータイ小説の場合はそこら辺がgdgdだから
一過性で終わるだろう、と俺は思う

267 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:01:05 ID:p9b1WA+o0
こうしてみると、
「文化」と「サブカルチャー」の垣根が崩れてるはずなのに

なぜかケータイ小説よりマシなはずの
ラノベやエロゲ原作がサブカルチャーの位置にとどまってる、という
マスコミ主導の現象と考えればいいわけだな。

少し前は、エロゲのシナリオそのままの韓国ドラマを持ち上げたりしてたし。

268 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:01:09 ID:PZ8yTAOD0
ケータイ小説の絶望の世界は面白かった

でも小説、映画、漫画、ラノベやエロゲ、脱出ゲームの方が面白いな

面白いケータイ小説キボン

269 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:01:19 ID:UEMCstRf0
>>225
10年も続くわけがない。
本に限らず、女主導のブームは次の段階に進まない。デッドエンド。

270 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:01:34 ID:5E9rS/eG0
ケータイ小説(笑)
ケータイ電話(笑)
ケータイ灰皿(笑)
ケータイスイーツ(笑)

271 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:02:02 ID:vkHtR4SIO
ケータイ小説と小説は全くの別物だろ

272 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:02:16 ID:fbrk+n3xO
>>223
パスティーシュ(パロディ)は、モトネタにある程度の権威や一般性が必要で、
特に清水さんはそういうところをきちんとされているから、
やるとすれば、古今の名作や、民話などの携帯小説化だと思う。

273 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:02:26 ID:fJuh37I80
>>210
ちょっと駄目、
最初の三行がわかんない、それじゃ。

ワタシの名前はユイ。16才。

いちばん友達のユメわぁ、

50才のオヤジと援交して、月50万もらってる。

こんくらいお馬鹿な文章にしないと。


274 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:02:33 ID:3EbJWN9q0
「我輩は猫である」のラストは泣けた

275 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:02:53 ID:8kNMiiKc0
悪貨は良貨を駆逐する
って、何にでも当てはまるんだな

276 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:03:02 ID:4q7FCRqq0
ケータイ小説(爆)

277 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:03:04 ID:eKQbz2sK0
ラノベはちゃんと最終回を迎えない作品があるのが欠点
携帯小説は知らないがw

278 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:03:11 ID:FEHKGPeDO
フランス文庫のが1000倍優れてる

279 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:03:19 ID:vnDS2e7zO
>>269
出版不況が続くうちはということかな?
その出版不況がいつ終わるのかはわからんが。

280 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:03:20 ID:3Pl2cKEK0
ボッカ!!ガシ!!

281 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:03:26 ID:L2oryGT10
これについてはしかたないとしか言いようがない。
いわゆる一般小説が浮世離れしている以上、70年代の先鋭化してた新左翼と同じ。
大衆に支持されるわけがない。
平成の言文一致運動みたいなもんじゃないのか。
ケータイ小説から入ってしまった人間にとってはそれが自然なんだろう。

282 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:04:02 ID:6A7JNo3r0
>>260
「ケータイ小説」ってのをバカにして書いてるハズの文章が何の皮肉にもなっていないどころか、
本人の高慢さと文章力の低劣さを表してしまってる。

・・・偉そうな態度でバカにしてるんだったら、ちゃんとしろよと思ったんだよな。
腐してる対象にすら及んでない事に気付いてないのが見苦しいんだわ。

283 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:04:10 ID:p9b1WA+o0
>>275
もしくは、「スタージョンの法則」だな。

カスみたいなのが売れたところで別に嘆くことも無い。

284 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:04:13 ID:umX0DUw1O
ニコニコなんて他に面白いものがないから「ややうけ」要素の塊みたいなところでスナック感覚で受入れられてるだけだと思いたい。
あんなものを至高と崇めているような人間は総じて真性ゆとりだ。

285 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:04:18 ID:yxLNRQES0
もう紙媒体が古いのかも知れないしね

286 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:04:24 ID:EGYObQVy0
>>225
女がつくった文化はこの世にありません。
すぐに廃れてなくなります。

287 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:04:26 ID:7ZGuNSCC0
リアル鬼ごっこ()

288 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:04:35 ID:PdapVgKE0
>>266
勢い半分、目新しさ半分って感じだしねぇ。
ジャンルとして根付くほどの後続が出るかは、確かに疑問だし。

289 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:05:05 ID:eKQbz2sK0
>>286
紫式部は最古の腐女子では?

290 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:05:26 ID:md8Gy0hq0
>>269
しかし、女が消えて無くなるワケでも無いので、また違う方向性なブームに飛びつく、が繰り返される

291 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:05:27 ID:MluZ6pkA0
>>286
平仮名・・・

292 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:05:30 ID:cK68x6TM0
ちくしょう。あの腐れ文章のおもしろさが全然わからん。
わからんから儲けられない。

低学歴で漢字をあんまし知らず、ブームに乗り
やすい。それでいて、打ち合わせはちゃんとできる程度
の社会性を持ち合わせていて、スイーツどものお好み
に同調できる、ミニスカでエロいスイーツはどこで捕獲
できますか?

293 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:05:37 ID:8jMC8j3v0
>>176
正直、英語を入れたがるのが理解できん。
日本語で適当に詞を考えて、メロディー載せた方が楽じゃねえかな。
アメリカのバンドが英語の歌を歌うのは、英語で暮らしてて、それが一番使いやすいからだし。

294 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:05:44 ID:8bv+ug5g0
>>277
ラノベは売上やら大人の事情で中止
ケータイ小説は作家が飽きたら尻切れトンボ

295 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:05:51 ID:T1UiDCNu0
ラノベと比べちゃケータイが上だろ。
アニメでしか見たことないけど、
絶対少年>>>>ハルヒ、ポリフォニカ、リウイ


296 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:05:52 ID:0oYlcpRxO
女ってレイプされる話が大好きだよな。
女にはレイプ願望があると確信した。

297 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:06:02 ID:x+Nz6x9B0
んー、素人が書いたとかプロが書いたとかどうでもいいだろ。
読みたいものを読めばいいし、書いたいものを買えばいい。
むしろプロだから売れる、プロの方が売れるという勝手な思い込みをしている方が疑問。
確かにプロの方が技術とかは上だろうが、読むほうも素人なんだから技術とかはどうでもいいし。

298 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:06:20 ID:MFZ362Hz0
>>272
フィネガンズ・ウェイクの柳瀬訳とか丸谷才一・司馬遼太郎もやったわけなんだが、その一方で
なんだか訳の分からない機械(?)のマニュアルまでパスティーシュやってるからなぁ
まあ、そこら辺の切り込み方でやりそうな可能性はある
そもそも、この人、真面目に見えるし実際に真面目だと思うんだが、憧れの人が筒井康隆だからなぁw

299 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:06:34 ID:0wGOthqh0
まあ浮雲みたいなもんだろ。

300 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:06:34 ID:PZ8yTAOD0
>>281

>いわゆる一般小説が浮世離れしている以上、70年代の先鋭化してた新左翼と同じ。

ここがよくわからないです。
ゆとりですみません

301 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:06:40 ID:3EbJWN9q0
ケータイ小説がスゴイって言うより
最近の文学関連がダメってだけでしょ。
本当に面白い文章は時代を超えて読み継がれてる
いまの文壇にそれだけの書き手がいないだけ

302 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:06:43 ID:LN1G8oar0
そもそも文芸誌がクソつまらなさすぎる
つまらないから誰も買わない
編集者の脳が腐ってるんだろうな
ケータイ小説のほうが面白味では上になってしまっている

303 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:07:00 ID:qX8UmVel0
ケータイ小説は知らんが、
どっかの学校でハルヒを教材に使うというニュースがあった。
それでハルヒの一巻を読んでみた。ひどいね。駄文。
採用した奴は読んでないのか、それとも読んでもわからないのか?

あの読点なしでダラダラ続けるスタイルは、俺も使う場合もあるが、
アクセント以上の何者でもないでしょ。続けて使えば単調になる。
なんつーか、テクニックと素材の組み合わせって感じかな?
最近量産されてる、細かい設定とパロディだけで構成されたマンガに共通してるものがあるな。
そもそもライトな小説って卑屈すぎるんじゃね?

で、それ以下のケータイ小説って……


304 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:07:24 ID:3my41TJZ0
文学界の重鎮が覆面でケータイ小説界に殴り込み!とかないかな

305 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:07:29 ID:FnM5aTur0
女 オンナ 言うな!

やりたくなるだろーーー!!!

306 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:07:44 ID:MluZ6pkA0
>>300
小説にも、漫画同様にブームがあるってこと。
売れる傾向のことではなく、書く傾向ね

307 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:07:50 ID:Ne0dFZng0
売れた本って言われても思い浮かばないぐらい
本は売れないんだろうな

308 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:08:03 ID:k/08ffLk0
>>15
走れメロスとか読むといかにケータイ小説がゴミかよくわかるね。
童話なのに。

309 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:08:11 ID:wK/pwLkc0

楽曲公開配信サイト インディーズ(プロ、セミプロ、プロ志望、趣味人、素人、のど自慢)

○NEXT MUSIC
プロレベルから素人まで。
http://nextmusic.weez.mu/

○プレイヤーズ王国   BY YAMAHA
一般人もオリジナル曲だけでなく著作権のある コピー曲も
無料でインターネット公開出来る音楽公開、配信サイト。
http://players.music-eclub.com/players/

○Muzie
国内最大手。とにかく重い。プロレベルから素人まで。
http://www.muzie.co.jp/

○Artist-Debut.net BY ONKYO  http://artist-debut.net/
○kanaderu.jp      http://www.kanaderu.jp/
○POSH MUSIC     http://www.posh98.co.jp/poshmusic/
○BeSonic 海外    http://www.besonic.com/
○air beat.com      http://www.air-beat.com/index.php
○Internet Bandest   http://www.gaou.ne.jp/bandest/index.html
○MOP          http://www.mop.tv/
○Indies Collection   http://www.5town.com/incolle/
○musique-ミュージック  http://musique.tok2.com/
○FREE MUSIC     http://shun.japal.co.jp/bgm/


310 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:08:31 ID:yxLNRQES0
ミステリー作家なんかは携帯のほうがやりやすいんでないの
オチも先読みされないし

311 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:08:32 ID:G1vpjLFa0
他の新しい表現法については歓迎するねらーが、
なぜか文学(笑)だけは、ガッチガチの保守系頑固脳ってのが
おもしろいw

312 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:08:33 ID:nVUZpta0O
要するに中身は、1年経てばブックオフで105円叩き売りされてるような、スナックノベルの類だから、
資源保護の観点から言うなら、最初から紙媒体を使わないのは適切とも言えるケータイ小説。

313 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:08:35 ID:8jMC8j3v0
>>177
女は持続性がないからな。 パッと流行ってパッと廃れる。
マニアックに続けてるのは男だな。 執着心がある。

314 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:08:47 ID:MFZ362Hz0
>>304
ファウストに連載決定となった筒井康隆氏であればやりかねないw

315 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:08:59 ID:TkCTZqlz0
「赤い糸」とか言ってダッセーなw

いつの時代のセンスだよ 時代が逆行してるよな

マスゴミの 国民総アホゆとり化計画 大成功じゃん

316 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:09:49 ID:p9b1WA+o0
>>308
口述筆記の「駆込み訴え」が凄いぞ。

練り上げた文章でなくても、せめて
これくらいのレベルで無いとなw

317 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:09:53 ID:eOPvUKLx0
1番売れてるのがこれってことは絶望的にひどいのが他にいっぱいあるってことかい?

318 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:09:57 ID:PFMnKPog0
素人に負けるなよ

319 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:10:07 ID:G2rOlhTq0
この結果から中高年、年寄りの活字離れが懸念されますね

320 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:10:15 ID:IxLFxFAv0
でもさ、まともな小説出たってどうせおまえら読まないだろ?

321 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:10:27 ID:Q830froe0
しかし明治とかの日本の小説を見ても
エロ話が圧倒的に多い気がする。


322 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:10:28 ID:s52Yg2yE0
「ガッシ!ボカ!」は人生

323 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:10:52 ID:5QOSJUUuO
あまり熱くなるな。
全てはただのブームだ。
数ヶ月もすれば忘れ去られているだろう。

324 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:10:56 ID:6A7JNo3r0
>>304
ソレやって欲しい。
「ブンガクの力を見せてやんよ!」
「惰弱なモノカキは去るべし」
みたいな事言ってる文壇は、率先してその力を見せつけるべきだろ?

325 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:11:06 ID:SToTCLCCO
>>293
メロディは海外の真似なんだけど、日本語はそのメロには乗りにくいんだよ。
日本語と英語をチャンポンにして無理矢理歌ったのがサザン。そのスタイルが定着しちゃった。


>>298
筒井康隆は真面目だぞ。真面目にふざけてるだけ

326 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:11:17 ID:8yK1bJH30
大衆文化の世界初の形態は日本から始まる

327 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:11:19 ID:sZQPbhLnO
一過性のヒット本だけかよ
本当に文学も終わったな

328 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:11:39 ID:ah7fac/T0
ケータイ小説として発表されているものの質は確かにアレだが、
ケータイ小説というジャンル自体は結構良いかなと思う。

329 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:11:41 ID:MluZ6pkA0
>>317
そうだね


最近読んでいいと思ったのは、重松清の新刊「千年の夢」かな

330 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:11:51 ID:PZ8yTAOD0
>>306
なるほど、それで最近筒井さんがラノベ小説の仕事することになったのかな

普通の小説でも口語で書かれている本最近多い


331 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:12:01 ID:VIuO4oMr0
全体的に売れてないから話題性が多少ある携帯小説が少し出ただけのことじゃないか。
スイーツ(笑)みたいな文を好む層が本まで買うとは考えにくい。

332 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:12:04 ID:veKP+/At0
出版業界も歴史が一応それなりにあるんだろ?
だったら衝撃を受けるまでもないだろ。
長い年月の間に、そういうこともあるさ。それだけのこと。

333 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:12:06 ID:WF6ZVEqN0
携帯小説は……ねぇ?
上で挙げられているもの以外のテーマで面白いものってある?
どれも似たり寄ったりな印象+表現が酷いと思う。

後、文学作品と言えるものって最近ある?
文学作品って最近のものは読まないから詳しくないんだけど。

334 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:12:13 ID:G1vpjLFa0
>>314
やるって言って、この前スレ立ってたじゃないか。

335 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:12:32 ID:I455IdPLO
今年読んだ本だと北方謙三の水滸伝が面白かった

歴史小説って感じがうすくて読みやすいからライトノベル、ケータイ世代にもオススメ

全19巻あるけど

336 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:12:35 ID:3EbJWN9q0
>>324
でも青空文庫に負けると思うよ。
質の面でも量の面でも。
最近の新刊は立ち読みする価値もない。

337 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:12:40 ID:TqkVvHUW0
別に素人が書いた本が売れるのは良いけど、ちゃんとした日本語使ってくれよ
廊下の裏とかもちもる悪いとか不快な違和感とか意味わかんねーよ!

338 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:12:52 ID:yKJm2vQB0
>>163
>今年の夏「〜文庫の夏の百冊」フェアが殆どやってなかったもんな

いちおうやってたよ
角川の夏の100冊に「涼宮ハルヒ」とBLの「タクミくんシリーズ」が入ってて笑ったが。
本屋がフェア本をまともに並べたかどうかは知らんけどね



339 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:13:10 ID:FHTZekPd0
出版界が読み手を想定できなかっただけだな
最も、読み手を想定して文書を書くのは基礎中の基礎だけどな

340 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:13:13 ID:vnDS2e7zO
>>303
スタイルの問題とはちょっと違うんじゃないか?
ただ、日常性の問題でハルヒが重要な役割を果たしたという点では評価できるのかもしれん。


341 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:13:58 ID:KcSlti9A0
流行ってるんだったら、ひとつぐらい面白いのあってもいいのにな

ないの?

342 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:14:17 ID:G1vpjLFa0
あ、間違えた。
筒井がやるって言ってたのはラノベだった。

343 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:14:17 ID:MFZ362Hz0
>>325
まあ、筒井康隆の場合は真面目というか「真剣にふざける」という軸がありますな


344 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:14:21 ID:ah7fac/T0
一度、プロの作家全員に「ケータイ小説」を書かせてみよう

345 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:14:23 ID:liGcY8usO
ほんとうに日本オワタ感じだなあ…orz

ケータイ小説なんて、うわべだけの簡単な単語の羅列だろ?
だって、ケータイ小説だよ?ケータイ(笑)

346 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:14:35 ID:0wGOthqh0
       /\ /\
     / (ー) (ー)\  恋空とかスウィーツ(笑)すぎるだろww
     (  ⌒(_人_)⌒ )   クラナドは人生だけどな。
     ノ         \

347 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:14:36 ID:TkCTZqlz0
>>326 チョンみたいなこと言ってんなよw
ゲーム・映画・マンガ・アニメ アメリカ発祥

独自に進化させるのが日本

ケータイショーセツだってようは小説だろw何が世界初だw

348 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:14:50 ID:VIuO4oMr0
>>341
だって1位がDQN丸出しの恋空なんだぜ。
そりゃ探せばまともなのもあるかもしれんが。

349 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:15:09 ID:3GeB4XKd0
「お股のお役目」は? 入ってないの?

350 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:15:42 ID:ZiKIq5vV0
歳をとり流行に興味がなくなると批判したくなるのは、心の貧しい人間かも知れない

でも言わせてもらう、これはないだろ

351 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:16:09 ID:zl85Z+/B0
>>344
ケータイで文字入力から教える編集者が死ぬぞ。

352 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:16:12 ID:1g3R9TmTO
携帯電話を媒体にして読まれる小説自体にはなんら問題ないが、あのスクリーンサイズで表示できる文字数で、なぜ本と同じ表現が出来るのか理解不能。
文字を追えるが、文や段落を追えない奴らが増えてるのだろう。



353 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:16:14 ID:lGTEgKng0
出版界ってネットは苦手のかね。
それとも、対立しちゃっててもう滅び行くしくないのかね〜

354 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:16:15 ID:MluZ6pkA0
書き手の質を高めるためには、読者の層を広げないとどうにもならん
いまは、仲間内同士できゃいきゃい言い合ってるだけだろうから
それなのに一般書籍と比べて売れてるってことは、
本当に末期なんだろう

355 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:16:40 ID:u5PCLDAK0
>>321
かつて、こんなもの文学じゃない、ただの低俗痴情話だろうとか、
私情垂れ流しの露悪趣味だろうとか、批判されまくった小説でも、
今は立派な文学作品として読み継がれているものは枚挙に暇がないな。

356 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:17:07 ID:yxLNRQES0
大手が先に手を出しておかないからこうなる

357 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:17:22 ID:TkCTZqlz0


いや問題なのはさ、大ヒットしてるって所だよ

これが、萌えヲタアニメとかみたいな、一部にはブーム的に人気 だけだったら笑って過ごせるんだけど

テレビ上位視聴率アニメが独占! DVD売り上げ萌えアニメが独占! みたいなレベルなわけよ 

それってヤバイだろ?ww

358 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:17:37 ID:x+Nz6x9B0
>>351
別に作家本人にケータイで打ってもらわなくてもいいんじゃね。

359 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:17:54 ID:YVyZL0vE0
>>355
「太陽の季節」とかかw

360 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:17:58 ID:eKQbz2sK0
昔の小説には伝えたいテーマみたいなのがあったけど
最近のは受け狙いだけだから大したテーマあるとは思えない作品が多いのが敗因かなあ
設定だけで売ろうとするのはミリなのかも
紙媒体はめんどくさいから読まれもしないから買われることもない
携帯なら手軽に読めるし、人気が出たら紙媒体化して売り出すことも出来る

設定だけじゃない、日本人の突っ込みたい本音で書いた半島バッシングは売れた
嫌韓流みりゃ分かる

突っ込み無しの設定だけの紙媒体はもう読まれもしないから
売れないんじゃないかな

361 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:18:30 ID:8yK1bJH30
このとき、文学史に名を残す携帯作家が現れることを
誰も予想していなかった・・

362 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:18:34 ID:JO/k4GS50
で、有象無象がこの人気に便乗して、更に読み手・書き手の質が酷くなるのか

363 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:18:44 ID:Mon9mrEK0
結局どんな物語も暴力とセックスと恋愛に頼ってるんだよな

364 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:18:45 ID:y8+RCGpj0
それにしても凄い数売れてるね


365 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:18:47 ID:MFZ362Hz0
>>355
でも、ロレンスの『チャタレイ夫人の恋人』はとんでもないですよ
たかが浴場どろどろの不倫の話だというのに近代文明批判に突入しちゃうんだからw

366 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:18:49 ID:md8Gy0hq0
>>332
編集がボツを出してた駄文がストレートに読者に受け入れられてるトコは衝撃じゃね?
ケータイ小説はそーいうのすっとばしてるからな

367 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:18:57 ID:PFMnKPog0
>>353
作品をタダで流しちゃダメだろう

368 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:19:04 ID:Zyk9npUsO
>>347
ドイツが発明して
アメリカが商品化して
日本が高性能・多機能化して中国が価格破壊して
韓国が起源を主張する

369 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:19:34 ID:AxypH1eM0
ケータイ小説、ワンピース、亀田、ジャニーズ
流行ったり注目されるってこういうことだろ?

370 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:19:53 ID:MluZ6pkA0
>>357
じゃあ音楽業界終わったな
らき☆すたのOPが今年のトップテン上位だぜw
>>358
PCから打てば問題なかろう
これで閲覧できない携帯サイトなんて聞いたことがない

371 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:19:57 ID:vnDS2e7zO
>>347
映画はたしかフランスだった希ガス。
映写機はエジソンが発明したとおもたが。

372 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:20:27 ID:jws9VmxW0
星新一のショートショートくらいのボリュームなら携帯小説としては手頃なんだろうけど
ああいうアイディア持った人はもう出てこんかもね

373 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:20:38 ID:0wGOthqh0
映画はアニメが上位だろ。

374 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:20:56 ID:mMenvzX70
なんでみんな否定的なんだ。権威主義だな。
かつて清少納言もそういわれたんだよな。軽薄だって。

375 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:21:10 ID:PZ8yTAOD0
>>321
以前、森鴎外の魔睡読んだんだが、
付き合う女は処女でないと嫌だという心情と
「えーい、糞」で明治の人も考えることは皆一緒かと思った

376 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:21:11 ID:TkCTZqlz0
>>373 それはない




 でも、日本オワタ

 

377 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:21:26 ID:BzwcslMl0
携帯小説読むことが一種のアクセサリーなんだろ
ブームなんてすぐ消えるし危惧するほどでもねーよ

378 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:21:48 ID:0IcZAoAs0
>>341
まともな感覚の人間が読んで面白いと思う小説が、携帯メール中毒のスイーツの間で流行ると思うか?

379 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:22:16 ID:MluZ6pkA0
>>363
それらが一切ないのに売れた小説て、
お涙頂戴病状奮闘記くらいなもんだぞ

380 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:22:17 ID:8jMC8j3v0
>>250
ケータイ小説は文章が下手だし、安っぽいセックス話ばっかだし、
エロマンガと同レベルだろ。

文章だから漫画より偉いとか馬鹿じゃね?

381 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:22:19 ID:g33YzkGc0
一番怖いのは、破壊されまくった文章を読者層が抵抗なく受け入れ
本人達もブログで似たような文を書きまくっていることだ…
日本語変革の大きな曲がり角にきているのかもしれん

382 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:22:21 ID:T1UiDCNu0
別に何がヒットしようがいいじゃん。
人類は過去に面白い文学沢山残してるだろ。
一生かかっても読破できんだろ、それら読んでたら。
ドンキホーテとかカラマーゾフとか100年の孤独とかヨクナパトファサガとか
しこしこ読んでたら世間の潮流なんて全然気にならないだろ。

383 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:22:24 ID:63mXKDaL0
文芸書が売れない>元から読んでいた人も減っていった
であって、
文芸書の読者がケータイ小説に流れていった
じゃないんでしょ。

文芸書が売れないのはまったく別問題じゃん。

384 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:22:44 ID:FHTZekPd0
出版界は喜んで良いんじゃね?
活字離れしてたところに、ケータイ小説という活字への入口が出来たんだから
これを上手く利用すれば、普通の小説や文学へ誘導できるかもしれないんだから

385 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:22:53 ID:3EbJWN9q0
>>373
しかしゲド戦記は駄作だったな。
せめて「影との戦い」に絞ってハヤオがやればマシだったのに。

386 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:22:58 ID:ah7fac/T0
俺の携帯ってそこそこ新しいのにすぐ電池無くなっちゃうから
小説を読めるほどいじってられるバッテリー内蔵ってうらやましいよ。

387 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:23:19 ID:hAwMLc9GO
>>370
終わったのは音楽業界だけじゃなくアニメ業界もな。

388 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:23:54 ID:0wGOthqh0
>>376
歴代のベスト10に千と千尋・ハウル・もののけが入ってるんだが

389 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:24:12 ID:yxLNRQES0
てかこの流れを出版の人はうまくつかまんと不味いでしょうなあ
新興勢力も出てくるだろうし

390 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:24:14 ID:rogqDE990
言葉の世界はバカが支配しているからな

391 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:24:27 ID:VIuO4oMr0
>>382
でも携帯小説はバカにされつつも評価する人がいたラノベとは違うぞ。
人間の感情を感じさせない暴力やセックスの連打で、人間として賛同できない内容の話が多い。

392 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:24:42 ID:vnDS2e7zO
>>372
そういや、知り合いの作家が小話集をケータイ小説として出さないかと誘われたらしいが、断ったんだよな。
面白いといや面白いがウケるかどうかは別問題だな。

393 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:24:52 ID:g6kKD+6m0

真面目に頑張ってる売れない小説家涙目(笑)

いいか、大衆は変化を好むんだよwww

おまえらは一生古典文学でも書いてろwww


394 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:24:55 ID:JO/k4GS50
>>374
芸仕込まれた動物が落書きするのを、テレビでやっていたりするが、
それをすげええええええって言ってもしょうがないだろ?
それと同じさ。

395 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:25:33 ID:Yvo2IfkI0
携帯小説にボロ糞に負ける作品ばっかなのが終わってるな文芸
つまらん物ばっかなのか

396 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:25:35 ID:umX0DUw1O
とりあえずエヴァみたいな最低クズ作品を神格化するような廃人アニヲタとケータイ(笑)小説リーダーどもは全員死んでくれってこった。

397 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:25:37 ID:ah7fac/T0
アニメの世界を萌えが牛耳ってることに不満を持つようなものなのだろうね。

398 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:25:38 ID:w2aGwQtw0
バカ女が日本を潰す。スイーツバカは殺していいよ。

399 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:25:39 ID:gAZEDtcv0
>>26>>51同じく…
携帯なしじゃいられない女多いけど、正直引く

400 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:25:52 ID:x+Nz6x9B0
>>387
終わってない業界って今はなにがあるかな?

401 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:25:59 ID:qX8UmVel0
>>340
悪い、どういうことかわからん。煽りじゃないよ。
日常性ってのは、文庫本に目が行くようになったってことでいいのかな?
それはわからなくもない。

スタイルって言ったのは、ほら、よくギャグマンガとかでさ、
すげー笑えるって流行ったのに、リズムに変化がないせいで、
だんだん飽きられていって、結局尻すぼみで終わっちゃうのってあるじゃない?
剛速球にも目が慣れるってやつだよ。緩急つけなきゃテンションは保てない。
冒頭のつかみとしては悪くないと思うが、そのまま続けたらあまりにも単調。

402 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:26:22 ID:T1UiDCNu0
>>373
ドラマはアニメのが上位。
映画は実写のが上位。


403 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:26:24 ID:MluZ6pkA0
>>393
変化も好むけど、安定も好むんだよ
そのサジ加減が上手い作家が生き残るのさ

404 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:26:24 ID:3uttYmd3O
スイーツ(爆笑)

405 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:26:43 ID:5gGIw8cc0
スターツ(笑)

406 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:27:19 ID:PFMnKPog0
>>363 >>379
小説に限らずそれらを一切省いて面白い話ってあるか?
ギャグぐらいしか思いつかないぞ

407 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:27:25 ID:MFZ362Hz0
>>403
筒井康隆の作家としてのキャリアを振り返ったらそこら辺のさじ加減がありえないぐらいに上手い

408 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:27:30 ID:k/08ffLk0
ケータイ小説なのに評価されているってところがミソ。

ケータイという環境でちゃんと文章打って物語にして、
おーよくできまちた。よちよち。

って感じじゃね?

障害者のパン屋みたいな。

409 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:27:45 ID:7FOFEFdz0
これを衝撃ととらえる文芸系の出版社はないだろ。
今まで小説を読んでいたのとは違う層に人気があるわけで、新たな購買層ができたってだけのこと。

売れないといわれていたCD業界も千の風がバカ売れしたように、本来のターゲットと違う層にも購買層があったというだけの話だよ。

410 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:28:00 ID:Yvo2IfkI0
で、最近のまともな文芸作品でヒットした物って何さ

411 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:28:04 ID:zNa1Mg7T0
先月だったか、特種で特集やってたな
ゲストからは批判的なコメばかりだったが、俺も同意だったわw

412 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:28:15 ID:mJfMlWmk0
所詮低俗なんだから別にいいじゃん
漫画だってアニメだってゲームだって低俗なんだから。。。
ヨーロッパの諺にもあるだろ?
人間ってのは低俗なものを好むんだよ

パチンコ、風俗、競馬、酒、タバコ、ギャンブル、格闘技、ゲーム、
漫画、アニメ、芸能界、ドラッグ、SEX、
低俗な週刊誌、スポーツ誌、女性ファッション誌、お笑い番組、イカれた音楽、日本のマスコミetc。。。

大多数の人間が好むものってのは全て低俗なんだよ
2chもそうだろ?なんでお前らが2chやってるかっつたらくだらなくて低俗だからだろ?
人間ってのは馬鹿な生き物だからな

413 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:28:19 ID:MluZ6pkA0
>>406
ギャグに色気とバイオレンスは必要だろ

414 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:28:59 ID:B5r2PIpB0
『「ガッシ!ボカッ!」キムチは死んだ。スイーツ(笑)』のガイドライン、どこー?


415 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:29:12 ID:O+I85kSL0
ケータイ小説はよんでる層は一般小説なんぞ読まんよ。

416 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:29:15 ID:yMsgUarz0
なにがなんでも認めたくないんだな。
なんで必死で扱き下ろそうとすんのかわからん。
読まない人間には関係ない話じゃん。

417 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:29:19 ID:p9b1WA+o0
>>402
邦画の実写でトップなのは83年の南極物語なんだが・・・

さすがに現在は貨幣価値が違うからな。
「もののけ姫」や「千と千尋」などとは比較にすらならん。

418 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:29:20 ID:H6/TeikSO
クローズドノートも恋空も読んだが
クローズドは、内容が薄過ぎて詰まらなくて
恋空は糞マンコにイライラしてきて読み終えたら
上下巻ともに駅のゴミ箱に棄ててきたよ

419 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:29:43 ID:kCxmbUUf0
>>383
スイーツ(笑)どもの知的レベルがあまりにも低くてまっとうな文芸書を読めないから
新たに文芸書の読者になる人が激減してるということでしょ。

420 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:29:48 ID:T1UiDCNu0
>>410
海辺のカフカとかへびにピアスとか。
俺は読んでないけど。

421 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:30:19 ID:WcsyexiA0
青空文庫読んだ方が万倍いい

422 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:30:21 ID:uFDqA5Ca0
マスゴミが日本人の趣向を悪い方向に変えてしまったな。
単純で共感さえできれば文学性が無くてもおkな屑作品を好む
ようになったな。日本オワタwwwwwww

423 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:30:27 ID:8jMC8j3v0
>>325
乗りにくいことはないと思うぞ。
無理矢理、一音に一文字載せるという手法がおかしいだけで。
なんで文部省唱歌みたいなやり方がポピュラー音楽で一般になったんだろう。

424 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:30:28 ID:2sbiedlL0
       :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ●) (●)。\:   恋空(笑)
  :/:::::: r(__人__) 、::::\:  恋人が死ぬ死ぬネタはもうあきたおw
  :|    { l/⌒ヽ    |:  こんなので感動出来る単純な馬鹿女がうらやましいおw
  :\   /   /   /:

425 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:30:56 ID:Yvo2IfkI0
てか昔からヒットする作品ってこんなもんだろ、と

426 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:30:57 ID:JiKCDnQ20
>>418
お前馬鹿だな。中古本屋に流せば、それを買ったやつは
著作者にお金がいかずに済むジャン。

427 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:31:09 ID:MFZ362Hz0
>>420
『海辺のカフカ』がヒットしたというのはにわかに信じられないんだが
いい作品だと思うが、思ったよりも読者に対するハードルは高いぞ、あれは

428 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:31:46 ID:mMenvzX70
ドラッグや援助交際やリストカットや近親相姦はおしゃれだからテーマになる。
だれかアナルやスカトロもの書いてくれないか。それだったら読んでみたい。

429 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:32:03 ID:WCyX+8KK0
>>418
一般小説とケータイ小説に差が無いということだな

430 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:32:14 ID:yxLNRQES0
どっちにしろ売れなきゃどうしようもなかんべ

431 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:32:14 ID:PZ8yTAOD0
>>415
街頭アンケートで初めて読んだ本がケータイ小説だって人もいたからな。
本や映画以外にも楽しいことがたくさんあるから悪くもいえないが

432 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:32:31 ID:s52Yg2yE0
宣伝さえすればリア鬼ですら売れる世の中だからなあ
出版界とやらはもうとっくに終わってるだろ

433 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:32:33 ID:G1vpjLFa0
スイーツ(笑)じゃない奴は何読んでんだ?
男女比はほぼ同じなんだから、男女ともスイーツ人口が多いって事か?

434 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:32:41 ID:umX0DUw1O
>>420
海辺はいいが、ピアスはゆとり。
両方読んだ

435 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:32:48 ID:ok98e3Fb0
ボルヘスがあれば俺は生きて行けるから、今の小説家がどうなろうと知ったこっちゃない。

436 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:32:53 ID:PhwmZBPA0
2chでネタ職人やってる連中も稼げるかも知れんの
恋愛系じゃなきゃいけないって事も無いだろうと思うし

437 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:33:11 ID:2bBHOVj/0
どうでも良いでファイナルアンサー

単にマスコミの販促力が強く、若年女性層がその影響を受け易いって話だろ。

438 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:33:23 ID:AxypH1eM0
>>412は何が高尚だと思うのだろう?

439 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:33:25 ID:MFZ362Hz0
>>435
平野啓一郎さんでいらっしゃいますかー

440 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:33:25 ID:PdapVgKE0
トモキの中指が浩のアナルで蠢いている。
クプッと粘液質の音がして、腸液の臭いが私のところに漂ってきた。
「いつまでも指でやってないで、さっさと犯してよ」
「なぁ、マユ許せよ」
「どっちも平気だっていってたじゃない」
「その場のノリだよ。今だって、鳥肌もんだぜ。男の尻に指なんぞ
つっこみたくねえよ」
「自分の彼女がレイプされたってのに、仇とらないわけ?」
「ぶん殴るってんなら、いくらでもやるけどよ」



ダメだな。テイストがでない。

441 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:33:30 ID:FAh9BDekO
書くほうも素人だが、読むほうはもっと素人だからなぁ…

きっと東野圭吾ですら難しすぎて読めないような人たちなんだろ?

442 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:33:36 ID:+URgaMUAO
本を読んでいた層が読まなくなり本を読んでいなかった層がケータイ小説を読んだだけ
相変わらず本を読んでいる層は相変わらず昔ながらの本を読んでる

ただそれだけ

443 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:33:48 ID:WcsyexiA0
安吾があれば俺は生きて行けるから、今の小説家(笑)がどうなろうと知ったこっちゃない。

444 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:34:13 ID:JiKCDnQ20
>>433
yom yomとかじゃね

445 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:34:16 ID:jH+FncoyO
惚れた男はホスト、呼び出されレイプされる、父親のわからない子供を妊娠する、辛くてリスカ

そのとき助けてくれた男に惚れる、俺がお前と子供と幸せにしてやるよ!、タカシ大好きだよ

その後男がやくざとトラブル、男が失踪、私また一人ぼっちだ、それでも頑張って生きていこう

パッピースイーツ(笑)

446 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:34:18 ID:IlMFRO6x0
ビッチ女を主人公にした小説書けば、女の共感得られる。
豆知識な。

447 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:34:23 ID:pzrXinN90
電通=携帯会社=出版社

の金のつながりが見えてなえる

448 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:34:26 ID:FHTZekPd0
>>430
結局そこなんだよね
売れると言うか、読んでもらわないと
評価もされないし埋もれるだけなんだからね

449 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:34:38 ID:7Fotbdua0
ケータイ刑事(笑)

450 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:35:03 ID:8jMC8j3v0
>>347
漫画ならアメコミ以前にヨーロッパの漫画が源流だろうが。
おまえみたいなアメリカ馬鹿はやきうと一緒に死ねよ。
自分が一番になれないと逃げるアメリカ豚はクズ。
アメフトなんてインチキフットボール作ってセンズリこいてんじゃねーよ。

451 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:35:13 ID:JO/k4GS50
リアル鬼ごっこがまともに見えるくらいなんでしょ?

452 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:35:27 ID:mMenvzX70
>>440
いいぞ!つづきをたのむ。

453 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:35:37 ID:VIuO4oMr0
>>448
恋愛至上主義のスイーツ脳がネラーの想像以上にいっぱいいるってことなんだろうな

454 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:35:56 ID:MFZ362Hz0
>>440
ケータイ小説の味が全然出ていないなぁ
普通の作家の文章だな


455 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:36:08 ID:p9b1WA+o0
>>438
クラシック音楽でも、多くのオペラの筋立ては低俗の極みだからな。
いわば「文章や演出が洗練されたケータイ小説」みたいなものだw

456 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:36:08 ID:mJfMlWmk0
>>438
高尚なものなんて人によって違うだろ
高尚なものも低俗な物も全て人が決めるんだから

457 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:36:11 ID:Nm7qAReJ0
>>198
藻前様も、推敲しような・・・

458 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:36:12 ID:7/R9yGUT0
このレベルならコンピューターに自動作成させられるのでは

459 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:36:20 ID:hl7zbvRu0
>>431
初めて読んだ本がケータイ小説て・・・。

人生の汚点だなw

460 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:36:25 ID:T1UiDCNu0
>>345
映画もフランスだな。エジソンのは動画でしょ。


461 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:36:24 ID:+URgaMUAO
もうじきケータイ小説バブルは終る
あくどい自費出版本も瀕死 
さて出版業界の次の手は何だろう


462 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:36:39 ID:WcsyexiA0
んじゃ腐り姫とForestは文学って事で

463 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:36:39 ID:vqJ5KY5e0
おまえら、5年後までに俺が衝撃与えてやるから楽しみにまってろ。

464 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:37:10 ID:YVyZL0vE0
>>400
放送業界

465 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:37:17 ID:H6/TeikSO
>>426
売っても数百円だし、手間を考えたら駅の雑誌用ゴミ箱のが楽

>>429
両方とも元は携帯小説

466 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:37:21 ID:vnDS2e7zO
>>401
スタイルというのは文体のことで、要は書き方。
村上春樹なんかが特徴的なんだが、それは人の好みによるんでスタイルが気にくわないというだけの話になる。
ちなみに、谷川流はミステリー出身なんで恐らく好みが別れやすいと思われる。


日常性の問題はおおざっぱにいうと我々が言う日常とは何かということ。
特に日常と非日常はいかにして区別されるかという問題も含まれるが、これにハルヒが関係している。
「非日常の扉は何でできているか?」という言葉で表されるように、日常から非日常に向かう場が日常か非日常かどちらであるかというのがわからない(デカルトの心身問題に似ている)。
ハルヒはこれに対してそもそも日常か非日常かを区別されないという解答を示している。
非日常の発見と呼ばれるように日常の中に見出だされるものとして現れるだけで、非日常も日常と同じと解釈される。
実はハイデガーと深い関わりがあって、最初に指摘したのはハイデガーの研究者だったりする。

467 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:37:47 ID:XZbOWraZ0
>「ケータイ小説」が文芸

わろすw

468 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:37:54 ID:YuqR6vOz0
スイーツ(笑)よ・・・・・もっとましなことに金使え・・・・

ケータイ小説100冊読むより夏目漱石1冊読んだほうがいいぞ・・・

469 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:38:21 ID:529IsSKp0
辞書を引き引き文庫本を読むなんて、いまのゆとりはしないんだろうな。
身近な言葉がよいとかいいながら、楽をする。
日本語の深みが失われていくんだろうな。

470 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:38:22 ID:MoWu9bjN0
日本オワタ

471 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:38:24 ID:0wGOthqh0
まあ携帯小説など自分と感性が合わないものを馬鹿にするのは典型的な2ch脳だから。

472 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:38:27 ID:a424Ev2r0
夏休みの初めのころ、家庭教師の教え子が「友達と勉強会を開きたい」って言ってきたんだ。
なんでも夏休みの宿題をみんなでさっさと片付けたいんだと。

親も大はりきりでさ、ぜひお願いしますって言うの。まあ、いい給料提示してくれたから俺も
まんざらじゃなかったんでOKしちゃったわけよ。女の子は計画性がありますねぇとか言って。

で、当日。暑い中、朝から出向いたら両親が旅支度しててさ、何かと思ったら「一泊二日で
旅行に行ってくるので、先生お願いします」だって。だまされたと思ったね。そりゃ、朝から晩
まで勉強会だなんてできるわけないと思ったけど、塾の合宿とかと同じノリだとてっきり思ってた。

そのうち、その子の友達がやってきたんだ。5人だったかな。暑いからみんな上がキャミかノー
スリーブで下がミニかホットパンツ。で、ビーサン。みんな5年生だから、そこそこかわいいし胸とか
一応膨らんでて、ロリ属性はないのにドキッとしちまった。

473 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:38:30 ID:zNa1Mg7T0
>>416
つか、どんなものにも賛否両論あって当然じゃね?

474 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:38:36 ID:8jMC8j3v0
>>387
欧米の5年遅れをやってる音楽業界より醜いものは無いだろ。

475 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:39:03 ID:ZxR0oTYwO
こいつらよりは遥かにまともで面白い作品を書いてるであろう全国の売れない作家さん達が気の毒になる

476 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:39:22 ID:i4QNbvce0
俺の中でケータイ小説ってラノベ以下のイメージなんだが

477 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:39:23 ID:FHTZekPd0
>>453
けど、確実に進歩してると思うよ
と言うのも、それが流行る前は携帯メールのやり取り(絵文字入り)なんだから

478 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:39:29 ID:OM0oN5Jf0
日本\(^o^)/オワタ

479 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:39:35 ID:lypV13WEO
確かに笑撃だw

480 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:39:38 ID:ViYD0usY0
売れてるのが事実なら、そういう時代と購読層が居るということの証左だな。

まだ 「xxxxが危ない」とか「xxxx崩壊」とかそういうタイトルだけで
アピールして中身は悲しいくらい何もない本を売ってるのと紙一重のような気はするけどね。


481 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:39:39 ID:lGTEgKng0
>>459
あり得そうだがな、
いまどきのケイタイとか下手な玩具より安いし
ガキでも誰でももってるしな。。

482 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:39:47 ID:md8Gy0hq0
>>475
そりゃ亀田家と同じだな
実力があっても稼げるとは限らない

483 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:40:07 ID:T1UiDCNu0
翻訳をちゃんとして欲しいよな。
ラーマーヤナとかアマディスデガウラとか。
ニコラスニクルビーも糞高い本で出しやがるし、
国枝史郎は小出しだし。

484 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:40:14 ID:hl7zbvRu0
>>472
ケッ・・・・くっだらねー文章。



ワッフルワッフル

485 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:40:15 ID:PdapVgKE0
>>454
やっぱ、時代小説で文章覚えた人間だから、あのテイストは
出せないわ。

486 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:40:19 ID:BNwNpgZk0
馬鹿が増えりゃいい大学行きやすくなるから俺は大歓迎。

487 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:40:26 ID:p9b1WA+o0
>>475
ま、売れることを至上命題にしてないなら
自分の納得の行った作品が「そこそこ売れてれば」救われるんだけどね。

488 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:40:49 ID:KcLPH1YFO
ケータイ小説100冊読むよりみつをの言葉1つの方がいい。

489 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:40:51 ID:yxLNRQES0
そんりゃまあどの世界にも実力あるのに売れない人はいるからしょうがあるまい

490 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:41:30 ID:X77IM9660
>>476
そりゃそうだ。
言っちゃ悪いが、ラノベと同じような内容で
その上ラノベと違って編集を通して無いから
文章がお粗末極まりない。

あれのなにが面白いのか俺には理解できんね

491 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:41:31 ID:qpLPbci30
新しいツールによる小説というだけじゃなく
ケータイ小説自体が小説の新しい分野なんだろうね
出版業界は自分とは別物として取り込みは諦めたほうがいいね

492 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:41:33 ID:IfED6e9G0
恋空は青空のパクリです
このことを広めましょう

493 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:41:33 ID:VIuO4oMr0
>>477
絵文字はよい文化だと思うよ。文に簡単に感情を付加できる。
一度プロ作家の絵文字入り小説を読んでみたい。

494 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:41:45 ID:JiKCDnQ20
時代を経て読み続けられて残ってるからこそ
人間にとって普遍的な要素を含む古典なのに
まじで古典可哀想。

495 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:41:51 ID:MFZ362Hz0
>>485
少ない地の文章がケータイ小説と比べて高尚だからな
もっと擬音丸出しでDQN臭をかもし出さないといけないw

496 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:41:57 ID:rLrNkIvyO
ゆとりのバカっ子には基礎的な知識がないからな
園児には絵本しか理解できないのと同じ
この現状に衝撃を受けるべきは出版界なんかじゃなく国であり国民だろ

497 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:42:08 ID:PFMnKPog0
>>459
本人は気付いてないと思うよ
比較する対象が無いから
ケータイ小説ではないけどこんな話に感動していたのかという黒歴史が私にもありました

498 :472:2007/12/04(火) 17:42:15 ID:a424Ev2r0
で、リビングでテーブル囲んで宿題はじめるんだけど、みんなそのうち床に寝転んだりとかしだして、
トイレ行こうと思ったら寝転んでる子が足を絡ませてきたりして、みんな妙にじゃれてくるんだ。
大体わからないところは共通してるから、一人が質問するとわらわら群がってきてさ、ひざの上に
乗ったり、俺の肩にあごを乗っけてきたりするから、嫌でも興奮してくるわけよ。
そのうち、肌のぬくもりが気持ちよく感じられるようになってあっ、やべぇなって。
で、ちょっと焦ってたのよ。トランクスの中が硬くなってきたし、このままだと確実にひざの
上の子にばれる。ばれたら確実に首が飛ぶ。下手したら裁判沙汰になって退学になるかも
とか、今思えば馬鹿としか思えないことばかり頭に浮かんでさ。

499 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:42:29 ID:BSfYe6i+0
ケータイ小説書いてる大半のやつって頭が悪いとかいうレベルじゃないな
なんでちゃんとした文章にならないんだよ

500 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:42:37 ID:uFDqA5Ca0
携帯小説が売れる最もたる理由がマスゴミの戦略に依るのが問題だな。マスゴミが面白いと煽れば恋空みたいな屑作品も売れる時代だ。


501 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:42:38 ID:JrK5NhoC0
ラノベだったら良かったの?

502 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:42:55 ID:cYUt40Df0
ケイタイ小説っていうよりはただのイタイ小説なんだろうな

503 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:43:01 ID:YbUsrCMM0
(ナルシシズム+乱交&堕胎+暴力+難病&夭折) × 生意気口調
    
            ↓

  メガヒット ケータイ小説 の完成!!

504 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:43:18 ID:u5PCLDAK0
>>436
ある種のマニアックなテーマでもいいから
少しばかりのセンセーションとスピード感があれば
何でもいけそうな気がするな。
含意の多い難解な言葉や読み手の想像力に任せるような抽象表現は避け、
感覚に直接訴えるような平易な言葉と文章でびゅんびゅん飛ばせば売れそう。

小学校時代に作文褒められたことがあるような人はがんばれw

505 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:43:54 ID:TqkVvHUW0
× ケータイ小説
○ 妄想日記   

506 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:43:58 ID:p9b1WA+o0
>>504
要するに、近代詩の対極に位置するわけだなw

507 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:44:19 ID:vxvLhuWk0
無能編集者のせいだな

508 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:44:30 ID:011VK3V60
>>331
> スイーツ(笑)みたいな文を好む層

そういう層向けの作家はいるんだけどな。
江国香織とか吉本ばななとか、
あの辺はスイーツ(笑)向けだと思う。

509 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:44:35 ID:mJqETFLRO
しかしこんなのを出版OKにするスターツ出版終わってるな…
イメージ良かったんだが

510 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:44:55 ID:BzwcslMl0
>>500
逆にマスコミが批判してても2chで煽れば売れる物もあるよw

511 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:45:03 ID:B5r2PIpB0
>>503
つまり、韓国ドラマのシナリオを書けばいいってことでFA?


512 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:45:06 ID:JiKCDnQ20
>>504
哲学書とか科学書じゃねーんだから…
比喩ってのが通じなくなる社会になるのだろうか…

513 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:45:06 ID:qX8UmVel0
>>466
内容についての評価をするつもりはないんだ。
それこそ好みであって、好きなものを書いて、好きなものを読めばいいと思う。
俺の言ったのは、

ちょっと待ってね

514 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:45:12 ID:X77IM9660
少しマジメに分析してみると、
「本」だと敬遠している層を「携帯」という媒体を通すことで釣ったということなんだろうなあ。
どんな人間でも、自分の体験だけで3冊は本を書けるというし

515 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:45:23 ID:vNh39C9X0
文学の世紀末だな。一般大衆のレベルが落ちたと同時に、文学も落ちるとこまで落ちたか…

516 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:45:26 ID:YYWHZExp0
>>1
あんな読むに耐えないもの失笑こそすれ愛読してないつーの
女子中高生のほとんどがアレを愛読してるみたいに書かれると迷惑なんですけどw

517 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:45:28 ID:yxLNRQES0
ニコ動で煽れば売れるようなもんさ

518 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:46:16 ID:wpSxpsld0
>>497
俺も小説ドラゴンクエスト2で感動したという黒歴史が…

519 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:46:20 ID:p9b1WA+o0
>>516
「本当の購買層」って、どうなんだろうかね?

CDの場合、宣伝のために業者が買い込んで水増ししたりもするんだが。

520 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:46:31 ID:uFDqA5Ca0
頭を使わない読み物が好まれるようになったな。
マスゴミも扇動し易いだろう。
純愛だと言っていれば作品を十分に評価できるのだからww

521 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:46:41 ID:SGEO8yNv0
堅苦しいってだけで敬遠される文学ってのも大変だな
ケータイ小説と銘打って今後の文学を発売していけばいいんじゃね?

ってもう遅いか
ケータイ小説というジャンル自体が劣悪レッテル化しちゃったし

522 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:47:21 ID:JrK5NhoC0
>>516
そのほうが嘆きやすいのです

523 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:47:34 ID:a424Ev2r0
ケータイエロ小説は意外と需要がなかったか……

ν速だからかな。

524 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:47:37 ID:T1UiDCNu0
まあ2chという駄文の集合体を愛読してる俺には
彼らを馬鹿にする権利も意思もない。

525 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:47:44 ID:MFZ362Hz0
>>497
んー、そういうのがよく分からん
何しろ読書の出だしが山岡荘八の『織田信長』なもんでw

526 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:47:57 ID:vnDS2e7zO
>>504
よーし、確率過程で小説かいちゃうぞ!!



絶対売れないorz
基礎論なら小説として面白いんだけどさ、解析はどうにもならん。

527 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:48:04 ID:mMenvzX70
青春なつかし団塊じじいのオナニー自費出版ものと、女子高生のスイーツ携帯小説と、どっちが上だろう。

528 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:48:25 ID:yxLNRQES0
2chの君らのレスのほうが俺にとっちゃ文学っぽいし

529 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:48:29 ID:011VK3V60
ラノベでも
十二国記みたいなよく出来ているのもあるし。

ケータイ小説でも、そのうち
まともな作品が出るかも知れないw


>>515
団塊が「失楽園」をもてはやした時点で
既に文学は終わってる。
脳味噌のレベルでは、ケータイ小説組と同レベルだぞ。

530 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:48:46 ID:jtkqhy9v0
最近の小説家ときたら
むかしゃよかったよ

531 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:49:06 ID:ah7fac/T0
>>524
まあケータイ小説とはいえ2chよりはまともだからな。

532 :名無しさん@八周年 :2007/12/04(火) 17:49:06 ID:QJ6VRLBd0
ケータイ小説はとても文芸とは呼べない珍奇なジャンル。
営利目的の出版社としては、この手のガキ相手の作文も本にして稼いで、
本格的な文化出版に回せばいいさ。
出版は営利目的だけではなく、文化事業でもあるから、上手な両立が必要だよ。
時代を超えて読まれる文芸作品を出していくことは、その出版社の社会的使命でもあるし。

533 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:49:44 ID:0wjDSHec0
コレってVIPが爆撃してたとこか?


534 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:49:46 ID:aKwxpff1O
受賞作品のストーリー
・高校生同士のカップル
・女が不治の病
・死ぬ前に二人で病院を抜け出す

読んでないけどこんな感じ?

535 :メディア:2007/12/04(火) 17:49:49 ID:R1pkCT4D0

携帯電話が、汎用の端末として使われたはじめたんだよ
マンガだって売れる

536 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:49:50 ID:x+Nz6x9B0
>>523
俺はちょっと楽しんでたぜ。
続きあるなら書いて。

537 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:50:02 ID:WcsyexiA0
あさ、眼をさますときの気持は、面白い。かくれんぼのとき、押入れの真っ暗い中に、じっと、しゃがんで隠れていて、
突然、でこちゃんに、がらっと襖をあけられ、日の光がどっと来て、でこちゃんに、「見つけた!」と大声で言われて、
まぶしさ、それから、へんな間の悪さ、それから、胸がどきどきして、着物のまえを合せたりして、ちょっと、てれくさく、
押入れから出て来て、急にむかむか腹立たしく、あの感じ、いや、ちがう、あの感じでもない、なんだか、もっとやりきれない。
箱をあけると、その中に、また小さい箱があって、その小さい箱をあけると、またその中に、もっと小さい箱があって、
そいつをあけると、また、また、小さい箱があって、その小さい箱をあけると、また箱があって、そうして、七つも、八つも、
あけていって、とうとうおしまいに、さいころくらいの小さい箱が出て来て、そいつをそっとあけてみて、何もない、
からっぽ、あの感じ、少し近い。パチッと眼がさめるなんて、あれは嘘だ。濁って濁って、そのうちに、
だんだん澱粉が下に沈み、少しずつ上澄が出来て、やっと疲れて眼がさめる。朝は、なんだか、しらじらしい。
悲しいことが、たくさんたくさん胸に浮かんで、やりきれない。いやだ。いやだ。朝の私は一ばん醜い。
両方の脚が、くたくたに疲れて、そうして、もう、何もしたくない。熟睡していないせいかしら。
朝は健康だなんて、あれは嘘。朝は灰色。いつもいつも同じ。一ばん虚無だ。朝の寝床の中で、私はいつも厭世的だ。
いやになる。いろいろ醜い後悔ばっかり、いちどに、どっとかたまって胸をふさぎ、身悶えしちゃう。
朝は、意地悪。
「お父さん」と小さい声で呼んでみる。へんに気恥ずかしく、うれしく、起きて、さっさと蒲団をたたむ。
蒲団を持ち上げるとき、よいしょ、と掛声して、はっと思った。私は、いままで、自分が、よいしょなんて、
げびた言葉を言い出す女だとは、思ってなかった。よいしょ、なんて、お婆さんの掛声みたいで、いやらしい。
どうして、こんな掛声を発したのだろう。私のからだの中に、どこかに、婆さんがひとつ居るようで、気持がわるい。
これからは、気をつけよう。ひとの下品な歩き恰好を顰蹙していながら、
ふと、自分も、そんな歩きかたしているのに気がついた時みたいに、すごく、しょげちゃった。

538 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:50:04 ID:mMenvzX70
>>526
主人公の名前はマルコフ、ロシア人。

539 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:50:25 ID:T1UiDCNu0
>>518
高屋敷って結構な脚本家だろいいんじゃね?
おにいさまへも感動した。ほとんど笑ったけど。

540 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:50:30 ID:5rdohzht0
これも時代の変化ってやつだろ。
堅苦しい本が時代遅れになって来たってなら、
認めない奴こそ終わってる。

541 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:50:30 ID:xXR1kvIZ0
>>27
携帯小説ってこんな感じなの?

542 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:50:38 ID:vNh39C9X0
そもそも現代人は、涙腺がおかしいよね。世界の中心で愛を叫ぶ者なんて、本当にしょーもない話だよ。
泣かせることでお金を儲ける商法が流行り過ぎて、文学に泥を塗ってるという感じだな。くだらない三文小説を買って読む現代人もおかしいし、
それにのっかる守銭奴出版社もおかしい。まあ、世の中、金金金ってことだろう。金のためなら、くだらなくても人を泣かせりゃ儲かる

543 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:51:00 ID:/X0YZPBH0
まともな本書ける作家もいなくなったからな
プロも素人もナイ

544 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:51:00 ID:T81gznV30
ケータイ小説で儲けるビジネスモデルが完成したってことか?

545 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:51:01 ID:zzfPak2EO
長文を理解出来ない、ゆとり脳にお似合いですね。

546 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:51:16 ID:yxLNRQES0
まあ泣くって行為は気持ちいいですからなあ

547 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:51:34 ID:qJQNtMUxO
一番好きな小説がホーガンの
「プロテウス・オペレーション」な俺は
ケータイ小説を批判するのはやめとく…

548 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:51:45 ID:X77IM9660
>>516
だけど実際お前らの層が買ってるわけだからこれだけ
売れてるんだろ。
お前らの世代もなかなか大変だな・・・

549 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:52:07 ID:PdapVgKE0
>>527
底辺部分はなんでも読むのは拷問のレベルだよ。

550 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:52:10 ID:Yvo2IfkI0
まともな作品ってシリアスなミステリーとかハードSFしなきゃ認定されないのか?
薬とか援交じゃない恋愛物書いても糞認定されそうだな

551 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:52:13 ID:vnDS2e7zO
>>532
その点はおもいっきり否定されてるよ。
そもそも文化というのが成り立たなくなる。

552 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:52:25 ID:PjfgE+sp0
編集者(笑)って本売るのが仕事なのに
今までこういう稚拙な作品を失笑してボツにしてたんだろ
大衆の動向を読みきれないアホということが証明されたな

553 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:52:38 ID:011VK3V60
サイトのヒット数がそれなりにあれば、
「売れる」確率は非常に高い。
その分、出版社としても
危険な博打をする必要が無くなるわけで。

テレビドラマで、漫画原作ばかりやるのと同じ理由。

出版業界が、売れる新人を探す手間を省き始めただけだろ。
(芥川賞獲ったって全然売れない時代だからなぁ。
新人賞で新人を探すのももう不毛になってしまったし)

554 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:52:46 ID:eI9G6SAZ0
携帯小説もおかしいが、ジャンルが違うとは言え、石原裕次郎やら無国籍映画やらが流行った
昭和30年代〜40年代もまともとは思えんがw

555 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:53:02 ID:p9b1WA+o0
>>524
内容の薄さはともかくとして・・・
少なくとも「日本語でおk」という表現が残っている限り、救われてる。

今回の野球で「韓国は姑息だ」という発言があっても
「姑息って、卑怯とは意味が全然違うだろ」とツッコミが入るあたりは正常w

>>542
「恋愛至上主義」+「安易な感動」が既に宗教化してるからな。
金を稼ぐ側にとっては道具として使いやすい。

556 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:53:28 ID:VIuO4oMr0
ほとんどエロ本のノルウェイの森がバカ売れしたのもスイーツ層が勝ってたからだろうか。
あれはあれで良い作品だけどバカ売れするほどじゃないよね。

557 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:53:32 ID:2ez5VUnTO
古典文学〉〉現代文学〉〉〉〉ラノベ〉〉〉〉〉携帯小説
みんなが言ってるのはこういうこと?

558 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:53:34 ID:a424Ev2r0
>>427,498の続き
そしたら、とぉとぉひざの上の子が、麻美ちゃんって言うんだけど、もじもじしだしちゃって。
なんかほかの子もこっちをじろじろ見るし、脂汗がだらだら出てくる感じで。多分、10秒も
たってないけど、俺には10分くらいに感じられた。で、麻美ちゃんがいよいよ口を開いたのよ。
「先生、当たってる」って。もう、俺、頭が真っ白になっちゃって。
「ええっ!」って思わず叫んじゃった。いや、ええっも何も、現に硬くなってるし、
現にその子の尻にあたってるから、否定のしようもないんだけど、
それしか言いようがなかったんだ。
「そんなわけないよ、あはは、何かの間違いでしょ」

って、ようやく言えたんだ。

559 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:53:47 ID:4Sad1TGn0
けいたいはくちなんか放っておこう

560 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:53:49 ID:uFDqA5Ca0
>>532
失楽園もひどかったな。
女性器を花びらと表現している作家がまだいるのかと
生唾ものだったぜwwwwwwww

561 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:53:50 ID:4w0e8uOXO
村上龍を何作読んでもエロじじいの妄言という印象しか残らなかった
明治大正あたりの退廃的サイコーwwwって感じのやつもそう
昔からバカはバカってことなのかもね

562 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:54:08 ID:x+Nz6x9B0
>>546
泣いてスッキリするのはいいことだと思うよ。
ストレス発散にもなるだろうし。

563 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:54:19 ID:7lbitf/10
>>544
ま長持ちはしないだろうけどな
飽きっぽいし

564 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:54:26 ID:T1UiDCNu0
泣かせ、て笑わせと同じで単純な技術だからな。
泣ければ価値があるって限らないし。泣いたからレベルが低いわけでもない。
それとは別の感動の涙ってあるからな芸術には

565 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:54:42 ID:G60XCMGS0
「ギャ!グッワ!待ってくれ!待ってくれ!」
 その男は叫ぶ。
「許してくれよ!入れたかっただけなんだから」
 ケンにはそれが我慢ならぬのだ。
 ・・・この期に及んで、許しを請うなど。
 「ヒッー!助けてー!助けてー!」
男はおいおい泣き始めた。
だがケンは殴るのを止めない。
「まったく呆れた男だ。生かして置けぬ。」
 ケンは憤っていた。必ず、この国の将来のため、この男を除かねばならぬと決意していた。
 ケンは法律が解らぬ。ケンは、ミクの恋人である。親のすねをかじり、ゆとりを謳歌して育ってきた。
 けれど邪悪に対しては人一倍に敏感であった。中二病である。
「この粗末なもので何をするつもりであったか、言え!」
 ケンは叫びながら殴り続ける。
「ギャー」
  男の血があたりに飛び散った。ケンのコブシも血で染まっている。
「人の心は、あてにならない!人間は、もともと私慾のかたまりだ!」
ケンは、いまは、ほとんど全裸体であった。呼吸も出来ず、二度、三度、口から血が噴き出た。
「店長!それ以上やったら死んじゃう!」
ケンは、彼女の声に気が付かない。猛然一撃、たちまち、男を殴り倒した。
「キャー、やめて!」
ミクが叫んだ。
「あっ……はい」
従業員が後ろからケンを押さえた。
「ありがとう、友よ。」二人同時に言い、ひしと抱き合い、それから嬉し泣きにおいおい声を放って泣いた。

566 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:54:43 ID:FEHKGPeDO
こんな感じかな
友達の妊娠
友達は妊娠を喜ぶ
彼氏(ギタリスト)の態度急変
それを知り彼氏を怒鳴りつける主人公
友達「もういいから」
中絶

567 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:55:17 ID:cK68x6TM0
>>508
スイーツで売れた本はどれもこれも俺には
わけわからんかったけど、あの辺は読める。
ってことはスイーツには受けない。

568 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:55:38 ID:6y/D3oILO
これで誰かの財布はホカホカなんだろうなぁ
こういう下らないものもめざとくビジネスというか商売にすれば
ある程度の成功が得られるんだろうなぁ

569 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:56:16 ID:ewMsxFhf0
スイーツ出版

570 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:56:21 ID:IlMFRO6x0
>>565
中二病のくだりで吹いたw

571 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:56:27 ID:gD2yrwYn0
クロチャン盗作とか

572 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:56:49 ID:p9b1WA+o0
>>557
単に「内容」だけで比較するなら、あまり差が無い場合もあるな。
構成とか文章とかで大きな差が出来るが、それもモノによっては微妙w

>>564
感傷的な感動とは違う「打たれたようなショック」ってのは、
たとえ高い評価の芸術作品でもなかなか味わえないよな。

573 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:56:52 ID:8yK1bJH30
スイーツによるスイーツのための小説

574 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:56:52 ID:xAjc8i3pO
日本終わったな!

575 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:57:08 ID:011VK3V60
>>532
文章といえば漢文の時代に
「土佐日記」を書いた紀貫之も、
当時はそういう扱いだったのかも知れない。

そう考えると、ケータイ小説も
新たな1ジャンルかもしれないし、
数十年後には国語の教科書に載っている可能性も
否定できないと思う。

576 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:57:12 ID:KVoxMERjO
>>561
村上って作家というよりジャーナリストだと思う
然るに文学的なものを求めても仕方がない

577 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:57:24 ID:md8Gy0hq0
>>542
歌だって、千の風とか象の背中の主題歌とか、くだらねー歌詞のが売れてるしなぁ
自分が死んだらなんて仮定して詩を書くとか下の下だろw

578 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:57:45 ID:X77IM9660
>>529
十二国記はラノベに逆輸入されたけど
元の出版は講談社だぞ。
当然、挿絵はつててない

>>540
俺はラノベだって読んじゃう派だが、
携帯小説はなあ・・・。

ネットに転がってるドリーム小説と同程度の文章力はちょっと

579 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:57:51 ID:D4ntIaLSO
お前らは勘違いしている。
恋空(笑)の読者層とスイーツ(笑)はイコールではないぞ。

前者は「ウザい大人や社会にウンザリした退屈なアタシ」と言う中二病傾向が強い。
堕落した生き方や下品な行動をカッコいいと思い込んでいる。
だからスカートの下にジャージを履いたり電車のドア付近に座り込むのだ。

しかし後者は勝ち組願望が強く、気取っているふしもあるので、
内面はどうあれ外面的にはケガレは回避したがる傾向にある。

スイーツで恋空感動したとか言ってるのは慢性中二病バカが服装だけ
それっぽくしただけか、真性の低知能が大半だろう。

実際、リアルでスイーツとか言ってる女達と話してても、
「恋空?あぁ何か今映画やってるやつね」位の反応しかない。

580 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:58:14 ID:rLrNkIvyO
>>524
2ちゃん→無数の人間の手による玉石混淆
ケータイ小説→バカ一匹の頭から出た悲惨な日記
お前の頭はケータイ小説並みだな

581 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:58:26 ID:qQMwqQCGO
文芸が死んだ日

582 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:58:33 ID:T1UiDCNu0
十二国記はアニメが面白かった。
会川昇って奴文学知ってるなって思ったよ。
ハリポタはなんだwあれwwwwwww
ドラクエかよwwwwwwwwwww

583 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:58:36 ID:7lbitf/10
リア鬼やセカチューの次が当たらなかったのと同じで
一年後には「そういえば」あったねとか言ってそう

で代わりになんかの文学賞取ったいつぞやの蹴りたい背中みたいなアイドル作家の本か
文字通りの芸能人の本がヒットして一位に居ると思う

584 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:58:45 ID:kCxmbUUf0
昔は星新一みたいにさらっと読むこともできるし深読みもできる良質な小説が
手頃な文芸入門として機能していたんだがなあ…。
もちろん文章なんかものすごくしっかりしていたし、内容的にも一種の基礎教養としても機能していた。

今は書く側にも基礎教養がないからなあ…。

585 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:58:58 ID:Yvo2IfkI0
いつの時代も売れる作品って堅苦しくないもんじゃないのか?
大衆受けするのは

586 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:59:01 ID:fbrk+n3xO
>>314
筒井さんは、十年近く前に『インターネット小説』を書いてたよ。
「パソコンで長文など読まん」と、三行程度の作品もちゃんと量産していたんだから素晴らしい。

587 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:59:03 ID:MFZ362Hz0
>>556
その時点で純文学の方面では若手の中ではやり手として村上春樹は注目されていた
前作の『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』で谷崎潤一郎賞を獲ってるし
ちなみに、この谷崎潤一郎賞受賞作って言うのは結構良作多いですよ
最近はアレかも知れんけどもw

588 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 17:59:29 ID:48fl1a8+0
>>440
トモキが浩のアナルに指をつっこんだ。
クプッ・・音がリアルに生々しい。
「そろそろアンタのでかいのぶち込んでやりなよ」
「マユ・・やぱ俺できねえわ 許して」
股間はまったく勃ってない・・男って情けない
「アンタ両刀だって自慢してたじゃん?!」
「その場のノリだしー。ケツの穴にも性別は重要なんだよ!!」
ほんと頼りにならないギャル夫。
自分にペニスがあれば、こんなやつに頼まない
「自分の女が犯られたっていうのに・・」
大げさにため息をついてみた。
「チッ・・じゃいくぜ」
トモキは仕方なさそうに呟くと腰を落とした
「アッーーー!」
浩の断末魔の悲鳴を聞きながら、アタシは漠然と思った
「アッーーーてマジネタ?」
TDN(笑)


589 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:00:04 ID:vnDS2e7zO
>>572
>「打たれたようなショック」
渡辺信三先生の著作に出会ったのと同じショックを小説に求めるのは酷と判断して諦めている。

590 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:00:05 ID:clHccrIp0
こんな一発キメて妄想垂れ流して2億強か
案外簡単だな
300万の借金で自殺とか本当のことなのかね

591 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:00:11 ID:W2Egnrj40
出版業界にしてみれば衝撃っつーより胃痛・頭痛モノだろ

592 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:00:24 ID:P/sxEZ9d0
携帯小説はこれからじゃないかな
今の中高生向けエロ小説はネタが出尽くして
そのうち飽きられるよ
そのあと、質の高い小説が出てくると思う。

593 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:00:32 ID:ste/oZDE0
>>578
最初はX文庫ホワイトハートじゃなかった?

594 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:00:37 ID:011VK3V60
>>565
> 「まったく呆れた男だ。生かして置けぬ。」
>  ケンは憤っていた。必ず、この国の将来のため、この男を除かねばならぬと決意していた。
>  ケンは法律が解らぬ。ケンは、ミクの恋人である。親のすねをかじり、ゆとりを謳歌して育ってきた。
>  けれど邪悪に対しては人一倍に敏感であった。中二病である。

その辺の文体が、ちょっと漱石っぽいんだがw
それでは、ケータイ小説の読者には硬すぎると思われ。

595 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:00:42 ID:VIuO4oMr0
>>590
でもあんな文を長々と書くのはほとんどの人間に不可能なことだぜ

596 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:00:45 ID:p9b1WA+o0
>>579
うむ、面白い指摘だな。
このケータイ小説の読者が全員「楽しんでる」わけでもないし。

どんなものか確認したがった「男性」が
どれくらい居るのかもチェックしたいところだ。

597 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:00:47 ID:JrK5NhoC0
太宰思い出した
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1604_18107.html
小説と云うものは、本来、女子供の読むもので、いわゆる利口な大人が目の色を変えて読み、
しかもその読後感を卓を叩いて論じ合うと云うような性質のものではないのであります。
小説を読んで、襟(えり)を正しただの、頭を下げただのと云っている人は、
それが冗談ならばまた面白い話柄でもありましょうが、事実そのような振舞いを致したならば、
それは狂人の仕草と申さなければなりますまい。

598 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:00:55 ID:qpLPbci30
今までは編集者はリスクを回避する為に作品を選別してたけど
携帯なら出版のリスクが少ないから応募してきた小説をどんどん配信できる
これは面白い事だと思うね
出版社はもっと積極的にこの分野に参入すればいいのに

599 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:01:06 ID:XkbcHM1n0
古代から現代まで2000年以上の歴史がある文学作品だが、普通に理解出来る
しかし、携帯小説は全く理解不能だ
ある意味すげー
2000年以上前の人間が書いた物語を読み解くより困難とか、もはや宇宙人との接触並
人種が違うとしか言いようがない

600 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:01:54 ID:PdapVgKE0
>>588
俺よかおもろいわw

601 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:02:07 ID:cK68x6TM0
>>587
朝のガスパール?
あ、あれはパソ通か。
インターネット小説ってどれ?

602 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:02:09 ID:qX8UmVel0
>>466
ちょっとチェックしてみたけど、そうそう簡単にはわからんな。
まあ結局は単調ってことだよ。リズムがずっといっしょ。
書いた本人もわかってるんだろうが、修正しようとしていない。
推敲することを放棄しちゃった文章を、教材として使うのはどうかねって感じかな?

603 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:02:27 ID:MFZ362Hz0
ケータイ小説を読んだら「俺でも小説家になれるな(笑)」と一瞬思ってしまうんだが、
筒井康隆のはっちゃけたドタバタとか村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』を読んだら、
「俺には才能なんて糞ほどもねーよ_| ̄|○」と思ってしまう

604 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:02:30 ID:ERzxy82B0
「文芸」と構えるものにはケータイくらいしか読むものが無くなった。
活字の好きな人は、時代小説やミステリやSF、ファンタジー、ラノベと選択肢は一杯あるからね〜。

605 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:02:34 ID:qJQNtMUxO
池波正太郎先生の文章の、最小の文字数で描く
臨場感とスピード感は異常

606 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:02:37 ID:6CS7Qo0Z0
これは酷いニュースだ

607 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:02:46 ID:IlMFRO6x0
>>594
メロス

608 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:02:48 ID:QFqTzFK50
エロゲは9割5分クズだが5分は最高に面白いわけだ。ラノベは知らん
ケータイ小説同じ程度の割合かそれ以下で面白いのがあるんだろ
それを探すのが楽しくなってくるんじゃね

609 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:02:54 ID:FHTZekPd0
>>575
訳判らない文章でも、高尚な解説付きで紹介されてたりして
書き手の心情からこの文章はこうなってるのだ!っとかいう感じで

なんか、書き手が入試で出た自分の文章の問題で
書き手の答えが間違ってる事にされたエピソード思い出した

610 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:02:56 ID:p9b1WA+o0
>>598
そうなると「日本語チェック」だけで編集者の仕事が終わるw

いや、これからそういう仕事を作ればいいのか。

611 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:03:06 ID:a424Ev2r0
>>578
十二国記は新潮から外伝が先に出てるな、ホラーの形で。
で、ホワイトハート(講談社の少女向けラノベ部門)から出ていたのを
途中から講談社文庫に移したんだ。
だから表紙は講談社文庫と新潮文庫はお堅いイメージだけど、ホワイトハートはもろファンタジー

612 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:03:29 ID:lGTEgKng0
>>594
ちょっと待て、この文の元を知らんのか?

613 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:03:32 ID:kCxmbUUf0
>>508
そのへんはなかなか馬鹿にできないぞ。

614 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:03:40 ID:T41ah3RH0
文学なんかいらんだろ。
ぼかぁ、ライトノベルで充分だよ。

615 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:03:51 ID:0vzq+3hy0
>>603
「ねじまき鳥」をぜんぶケータイに打ち込んでみろ。
オレには才能があると思えるはず。

616 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:04:06 ID:PjfgE+sp0
>>558
さっさと続きをよこせゴルァァ

617 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:04:18 ID:JO/k4GS50
ケータイ小説翻訳家が儲かるな

618 ::2007/12/04(火) 18:04:19 ID:Sm5juEw30
衝撃のFirstスイーツ

619 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:04:51 ID:011VK3V60
>>576
ドラゴンの小説は、あくまで「風刺小説」の領域だよな。
芸術というよりジャーナリズムに近い。
普遍性に欠ける。
あと30年経ったら誰も読んでない気がするよ。


>>567
最近のスイーツは、既にその辺を超越しちまってるのかw

もう、ファション誌みたいに
挿絵代わりの写真いっぱいで文章は隅に数行、っていうのがいいのかも。
…最近の猫写真集ブームは、実はスイーツ用小説なのかも知れないw

620 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:04:58 ID:JOcGWLiN0
ケータイ小説をバカにしすぎじゃない?
じゃあ自分でお手本を書いてみろよ、売れてみろよってかんじ
ギャーギャーうるさいよどうみてもひがみばかり
理解できないのって年とり過ぎなんだと思う



621 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:05:02 ID:b6h/lMDc0
昨日ビリーズブートキャンプをやっと落とした。
紅白の出場者は半分以上わからなかった。
必死に世間の流れに乗ろうとしてるのに、いつも数周遅れ。切ない。

そんな私に今これだけは読んどけ的ケータイ小説を教えてください。
好きな日本人作家は谷崎潤一郎とか澁澤達彦とか森鴎外、坂口安吾あたりです。

622 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:05:08 ID:2ez5VUnTO
ミステリー、ホラー
恋愛
ファンタジー、SF
上のがラノベや携帯小説のような作品ができやすいジャンルとすると
ラノベや携帯小説で書きにくいジャンルって何だ?
純哲学とか宗教小説とか?
歴史とか?

623 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:05:19 ID:cK68x6TM0
>>610
それをやると絶対失敗する。
「まともな日本語」になったらケータイ小説の体をなさない。

624 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:05:27 ID:vnDS2e7zO
>>602
ミステリーを読まないとちょっとわかりにくいかもしれん。
まだ村上春樹のほうがましかもしれんが、読み方を変えれば多少ましになるかもしれん。
断言はできないが。

625 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:05:37 ID:kyRbsJ0vO
若者の活字離れにようやく歯止めがかかったんだな。良いニュースだ。
大人ももっと本を読むべきだな。最近の大人は精神的に未熟すぎる。

626 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:05:50 ID:MFZ362Hz0
>>588
グッドだ
ケータイ小説にありがちな文体のポイントは掴んでいるw

627 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:06:14 ID:7lbitf/10
>>621
別に流行ってないので読まなくていいです

628 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:06:23 ID:feGnWzWq0
スイーツ(笑)

629 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:06:59 ID:JO/k4GS50
>>620
あんたがそのケータイ小説とやらで売れているんなら、そのレスも納得できるけどね。
で、どうなん?

630 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:07:04 ID:Xs/4Q6c90
ケータイ小説って無料なの?

631 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:07:10 ID:XkbcHM1n0
昔のエロゲの物書きが、3行に納まる文章を心がけるとか言ってた
文字だって視覚的に表す人もいる
章でページが飛ぶときに、必ず1ページ全部文字で埋める人とか
そんな感じで、携帯には携帯なりの見せ方も必要だから、
それに即した屑文になるのは必然なんじゃないのね

632 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:07:16 ID:Yu25fwZM0
馬鹿が馬鹿の書いたものを暇つぶしに読んでいるだけでしょ。

サラリーマンがスポーツ新聞のエロページを読んでいる感覚とまったく同じだと思う。
小説と呼ぶのはいかがなものか。

633 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:07:17 ID:o3Sugtej0
恋空(笑)

634 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:07:18 ID:p9b1WA+o0
>>623
まあ、ケータイ用の文章、ってのは確かにあるからな。
書籍化すると変なところが目に付きやすいだけで。

たとえばギャルゲーでも各場面を「3行ずつの文章」で
いかにまとめるかが焦点になってくるしw

635 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:07:38 ID:uFDqA5Ca0
>>584
ある程度の教養を散らばめておけば素人でも
それなりの小説に見え、運良く売れる可能性もあった。
今はもう内容の完成度に関係なく、
ほぼマスゴミの戦略だけが売り上げに影響している。

636 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:08:04 ID:X77IM9660
>>620
釣りとしてはレベルが低すぎるな。
もうちょっと推敲してから書き込め

637 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:08:26 ID:QfufL5EU0
ケイタはカオリを殴りつけた
ガス、ガスガスッ

638 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:08:42 ID:clHccrIp0
まぁハルヒとかきのことかもすげえ売れたみたいだしな
もう純正の「小説」じゃみんなついてこないのかも…

よく言えば幅が広がったとも言える言えないか

639 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:09:08 ID:011VK3V60
>>611
先に出た新潮の分をカウントしてなかったよ、スマソ。

まあ、ホワイトハートでも講談社文庫でもどっちでもいけるっていうのは、
なかなか面白い話だけどな。

(そういや、直木賞作家に、元コバルト作家が大量にいるわけで、
それを考えると少しも不思議ではないのかも知れない)

640 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:09:23 ID:sOZlFrSq0
出版界、衝撃!つか
いまの出版界がおれらにとって衝撃なんだよ。
アホな本むりくり売ろうとしてないで、ちゃんとやれ(笑)

641 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:09:26 ID:XkbcHM1n0
少なくともラノベやエロゲは日本語
携帯は判読不能

642 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:09:31 ID:JiKCDnQ20
>>620
売れたもの=質のいいもの

でない現実。

643 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:09:52 ID:X5yR68O00
こないだ本屋で「恋空」見かけたので、実際どんなもんかと開いてみたら、
横書きだったのでビックリしてパタンと閉じた。

644 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:10:10 ID:zNa1Mg7T0
>>590
類似した人生を歩んだケータイ作家が多すぎな希ガス

645 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:10:12 ID:7lbitf/10
>>638
そもそもハルヒの十年以上前にスレイヤーズとかがバカ売れした時代が有りましてね

646 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:10:20 ID:PFMnKPog0
>>630
そう
投稿サイト等が存在する

647 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:11:53 ID:vnDS2e7zO
>>620
ミステリー作家のつもりなのに数学の参考書が一番売れた俺涙目で恋空

648 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:11:57 ID:uFDqA5Ca0
筒井康隆は恋空のような恋愛を人間の狂気として面白く描いているが、
恋空はそれをカッコイイスイーツ(笑)として扱っている。
物凄く対極的な作品だなw

649 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:12:03 ID:jHV38Mp6O
>>1
一位が恋空で三位が君空ねぇ…。

この二冊、同じ人が書いたって事になってるけど、間違いなく別人だよw
ちょっと読み比べてみれば分かる。文章力に差があり過ぎ。
少なくとも続編にあたる「君空」のほうはゴーストが書いたと断言できる。

内容がゴミなのはどっちも変わりないけどw

650 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:12:32 ID:T1UiDCNu0
>>611
魔性の子がぽつねんと硬派の顔して新潮に並んでるなw

651 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:12:38 ID:fbrk+n3xO
>>393>>394は同じ紙の裏と表

652 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:12:50 ID:BIjK6zH90
恋空よんだけどあれ小説じゃなくてスイーツの詩だよね

653 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:12:51 ID:011VK3V60
>>635
> ほぼマスゴミの戦略だけが売り上げに影響している。

ぶっちゃけ、ナベジュンなんか
もうそれだけで売れてるよな、団塊にw
まともに読んでナベジュンの小説がいいという連中なんか
「みのもんた(笑)」って感じだ。

654 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:12:55 ID:7lbitf/10
>>647
面白い経歴だな

655 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:13:05 ID:ERzxy82B0
>>622
ケータイ小説とラノベはかなり違うと思う。
恋愛、メロドラマがケータイ小説。
ミステリーやファンタジーやSFがラノベ。
両方またいで栄えているのがホラーじゃ無いか?
歴史は歴史のエッセンスを取り入れたファンタジーや捕物帳風の奴はラノベには多い。

656 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:13:11 ID:qQMwqQCGO
>>620
何と言う低能っぷりw
あのな?商品として世の中に出した時点で、その評価は読者に委ねられるわけ。
したがって、じゃあ、書いてみろ!なんつーのは見当違いも甚だしい発言なわけだ。
まぁ、君凄く馬鹿そうだらこの発言も理解できないで斜め上の返答が来るんだろうなw

657 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:13:13 ID:a424Ev2r0
>>558 何だって編集者みたいなのがいるんだw

でも、麻美ちゃんが断言するんだ。「ううん。間違いなく当たってるよ」って。
「先生、すごいよ!正解だよ!」って言われて、はっと気づいたね。
俺は一人相撲をしてたんだなって。
なんか一気に緊張感が抜けちゃって、いつの間にか萎えてたな。
だから、そのすぐあとに麻美ちゃんが耳元でささやいた言葉がかなり効いたんだろうな。
「オチンチンもね」
息が止まったなぁ。

一人で固まってるのも気まずかったんで、とりあえずその場をごまかして昼飯にすることにしたんだ。
とりあえず人数が多いんで料理大会とかいってチャーハン作ることにした。
チャーハンの出来には問題はないのだが、問題はデザートにしたスイカだった。
みんな汁こぼしすぎ。
種飛ばしあったりとか、部屋の中でやることじゃないだろ。
あと、とんだ種が服の中に入ったからといって、俺の目の前で服をはだけるなって思った。
俺がどぎまぎしてる様子を見てニヤニヤしてるやつもいるし。もちろん麻美ちゃんのことだが。

658 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:13:14 ID:cK68x6TM0
>>642
それでいいのだと思う。
アフォで低俗でどうでもいいものも読めない奴が高度な文学
など読めるわけは無い。
今までは、その最低ラインのものすら売れない状態だった。
最低ラインのものが大量に売れてくれれば、なかから高度な
ものを好む層も生まれてこようというものだ。

筒井康隆の受け売りだけど(w。

659 :名無しさん@八周年 :2007/12/04(火) 18:13:22 ID:QJ6VRLBd0
世の中は馬鹿がほとんどなんだな、と割り切れば、商売はうまくいく。
しかし、どうしても馬鹿と同じレベルに立てない人もいるので、出版社はそこも考えろ。
知性と教養、芸術的興奮を求める人もいるのだからな。

660 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:13:49 ID:X77IM9660
>>639
上の方のレベルは扱う内容が違うだけで
文章力だけに関していえばそれほど差は無いからなあ。
これを言うとファンは憤激するかもしれんが、
おそらくライトノベルで最高峰は、司馬遼太郎だろう。

まあ、今のラノベのトップ層とは
エベレストと富士山ぐらいの差があるけど

661 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:14:16 ID:6r1umI5q0
内容すっかすか、文章は稚拙以前に日本語として問題
ありありな自称小説で億稼げるんだからな。
日本オワタ

662 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:14:52 ID:G1vpjLFa0
でもみんなすごいよ。
読むんだ、スイーツ小説w
例えソレが批判のためであってもw

663 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:14:55 ID:011VK3V60
>>647
家に鉄道模型を引くためにミステリー小説書いてる大学の先生ですか?

664 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:15:30 ID:p9b1WA+o0
>>663
ミステリィの先生は売れてるはずなんだが・・・

665 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:15:34 ID:sYH/+HU+O
校了は何をやっている?

666 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:15:49 ID:PFMnKPog0
>>647
全力で応援したくなった

667 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:16:03 ID:P4YAO9dCO
>>140
こいつぁあすげえや!

668 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:16:08 ID:JiKCDnQ20
>>658
まあ、簡単にいえば高尚なものを望みたいなら
大衆から離れよってことだよな。

669 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:16:21 ID:clHccrIp0
ID:a424Ev2r0
早くしないと落ちちゃうよ!
新人で連載落とすなんてまんが道みたいなことしちゃあかんよ!


670 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:16:29 ID:saGJu4s30
───アタシの名前はカズコ。心に傷を負った女子高生。モテカワスリムで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は柔道をやってるゴロー、ちょっと謎めいたカズオ。
 友達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もゴローとカズオと理科室の掃除をした。
女のコだとこんなことしてても気を失うことってあるよね☆それから変な能力が身についた。
超能力ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらトラックを軽くよける。
「テレポーテーションにタイムリープ?ちょっとおかしいんじゃねーの?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
福島先生に言われて過去に戻ることにした。昔のアタシを取り戻したい。
 「ごめん・・。」・・・まさか、とセレブなアタシは思った。チラっとカズオの顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までのカズオとはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
カズオは未来人のケン・ソゴルだった。連れていかれて話を聞いた。「キャーやめて!」ドラッグが効いた。
「ガッシ!ボカッ!」記憶は消えた。ラベンダー(笑)

671 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:16:47 ID:E7RMs/IL0
お、おれも携帯小説かくお・・( ^ω^ )

672 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:16:49 ID:JOcGWLiN0
>>629
あたしはケータイ小説バカにしてないよ?
頭大丈夫?

>>642
演歌とロックを並べて質を比べてるみたいなもんじゃん
意味無くない?上も下もないよ

>>656
理解できずにしてる評価はまとはずれになると思わない?
それをしてるあなたのほうが低脳だと思う

673 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:17:13 ID:7lbitf/10
ふと疑問に思ったんだけど、だいたいの筋書きも文体も文章力もほぼ同じなのに
名前を聞くくらい売れてるのって三つくらいだよな

何が違うんだろう

674 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:17:30 ID:ERzxy82B0
>>647
まあ嘆きなさんな。巨匠コナン・ドイルも歴史小説(研究?)作家のつもりだったのに
ミステリが売れて泣きを見た大先輩だ。

675 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:17:30 ID:KVoxMERjO
>>620
あえて釣られると、平野啓一郎の「日蝕」あたりチャレンジ購読をオススメする
読めない漢字も頑張って調べてみよう!

676 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:17:56 ID:ARjJnAMC0
物は考えようだ。
いいか、自分が小さい頃は絵本が楽しくて良く読んだもんだ。
大人になった今は読むことはない。
しかし絵本を読むという事が、俺の読書の始まりでだった。
つまり今は「絵本を読でいる」という事だ。
あと数十年すればちゃんと文学も評価されるようになる。


かもしれない…。

677 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:17:57 ID:a424Ev2r0
ま、やっちまったのはしょうがない。
このままだと部屋が汚れちまうので、全員風呂に入れることにした。
背格好は似たり寄ったりなので、絵里香、ってようは俺が正規に教えてる子な、の服を出してもらって、服は洗濯する。
夏だし、晴れてたし、外に干しとけば夕方までに乾くだろってな塩梅な。
このスレにとっては残念なことに、シャワーでトラブルはなかった。
俺はリビングの掃除をしてたし、5年生にもなれば自分で風呂には入れる。
みんな風呂から出たら、絵里香ちゃんの部屋で遊んでたし、そこは俺にとって不可侵の場所だったからな。
だが、洗濯物を干してる途中で重大な事実に気づいた。
汚れた服を洗濯機に入れろと、確かに俺は言った。人数分のシャツも用意してもらった。
だが、洗濯機の中にスカートやパンツまでまぎれてるのはどういうことだ?

678 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:18:31 ID:AJm2fVHd0
クロスチャンネルをパクったやつどうなった?

679 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:18:38 ID:9pPfNL5t0
これまで出版業界は本を読む知的レベルの高い人間に対して
商品を開発してきた
ゲームの難易度と同じで,面白い本に慣れた読者は
より面白いもの,より高難易度なものを求める
従って本を読まない人との乖離は激しくなる一方だった

しかしケータイ小説は,初めて「本を読まない人間」に対して
商品を開発した
難しい本を読めなかった人々はここぞとばかりに食いつく
本を読みたいけど難しくて読めなかった人のパイは思い切り大きかったわけだ

いずれケータイ小説は,小説の入門書というポジションで安定する
一部の人はケータイ小説に飽きてまた本を読まなくなるが,
一部の人は縦書きの小説にステップアップを果たすだろう
いずれにせよ出版業界のパイが大きくなるのはよいことだと
書店員の俺は考えるのである

680 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:18:46 ID:JHpWAGDQ0
>>670
読む気もおこらねー。こんな文体のが、えんえんと
続いてるのか。



681 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:18:50 ID:3skg6cE30
色んな小説読んでれば携帯小説なんて文章も内容も稚拙すぎて読めないだろ、常考

682 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:18:52 ID:zNa1Mg7T0
>>672
お前は>>629から何を読み取ったのだ?

683 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:18:59 ID:bpzl+tXI0
スイーツ出版(笑

684 :642:2007/12/04(火) 18:19:03 ID:JiKCDnQ20
>>672
>演歌とロックを並べて質を比べてるみたいなもんじゃん
> 意味無くない?上も下もないよ

>>642に対しての答のようだが
すまん、意味判らんのだが。

685 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:19:18 ID:VCjUX9440
無駄に分厚い小説傾向も良くない。上下巻でもうけるとか
芥川龍之介の小説なんて、短くて濃いだろう

686 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:19:21 ID:p9b1WA+o0
>>673
1:メディアにしても口コミにしても、宣伝されてないものは売れない
2:シリーズものは売れても、他人の「二番煎じ」は売れない

687 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:19:25 ID:T1UiDCNu0
>>655
ひぐらしは小便ちびるかと思った。
あれ実写だとあそこまで怖くならないんだよな。
表情だけ抽出するアニメだからびくっとなる。
ケータイもむきだしのエッセンスがクルのかもしれない。
近代小説って風景書き込みすぎで読んでて寝るし。

688 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:19:25 ID:MFZ362Hz0
>>658
まあ、筒井康隆って文芸方面ではあらゆるジャンルに首を突っ込んで何本もヒット作を
出した伝説のような人だからな
文学論を書かせたら物凄いロジカルなものを書けるし、タマ○ンが風呂の排水溝にはまって抜けない
とかいう馬鹿話も書くw

689 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:19:31 ID:ste/oZDE0
ライトノベルは平井和正にしろ元の下地は存在していたのでが
ケータイは突然出てきた新しいものだしな。
文体の書き方や内容が熟成するのは相当時間がかかるんじゃね

690 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:19:37 ID:vnDS2e7zO
>>663
森wwwwwwww


ひそかにライバル視していた無礼な俺ガイル(´・ω・`)

691 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:19:47 ID:W2Egnrj40
>>651
軽く悟りが啓けそうです><

692 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:19:50 ID:G1vpjLFa0
>>675
あれは結構スイーツ受けすると思うw
耽美系だしアレだしw

693 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:19:54 ID:FHTZekPd0
>>658
今の文芸とかって初心者置いてきぼりだからね

694 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:20:03 ID:53/4LqeEO
虚業で稼げるのは小説もITも一緒。ただITの方は過労死者をうむからまだ小説の方が良い。

695 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:20:22 ID:ERzxy82B0
>>653
俺も日経でアイルケ読んだ時に日本の「文芸」は死んだと思った。

まだまだ時代小説だのミステリーだのホラーだのファンタジーだのが栄えている
ので日本の「小説」は捨てたもんじゃないと、悲観はしていないが。

696 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:20:22 ID:kCxmbUUf0
>>670
時かけかよwww

697 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:20:38 ID:011VK3V60
>>675
なぜにパクリ疑惑のあるその小説を薦める?w
ttp://home.att.ne.jp/iota/aloysius/tamanoir/idata/iken13.htm

698 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:20:48 ID:7lbitf/10
>>678
問題になって怒られて受賞と賞金剥奪

699 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:21:32 ID:a424Ev2r0
風呂場には替えのシャツしか用意していなかった。だが、確かに洗濯機からはスカートとパンツが出てきた。
俺の推理が正しければだ、少なくとも誰か一人はスカートをはかずに風呂場を出ており、
少なくとも誰か一人はパンツをはかずに風呂場を出ていると言うことだ。
さすがに絵里香ちゃんの部屋に行けば、貸してもらえたはずだ。
うん。廊下を下着一丁やノーパンで歩く小学生を妄想するのはよそう。
干し終わって、家に入った俺を待ち受けていたのは、そういう楽観的な予想を突き崩す現実だった。


700 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:21:55 ID:03NukpjK0
純文書きが一般小説を叩き

一般小説書きがラノベ書きを叩き

ラノベ書きがケータイ小説書きを叩く

ケータイ小説書きは別に文学やってる気持ちは無いので

はあ、そうですか。くらいで終わり。

ケータイ小説書きが一番、人間ができている。

701 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:22:00 ID:G1vpjLFa0
>>688
垂水の商店街でナ○キン落とすような方ですからねw

702 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:22:29 ID:p9b1WA+o0
>>690
天城一はどう思う? 私は摩耶のシリーズが好きなんだが・・・

703 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:22:35 ID:VEvflLsf0
恋空とかいうケータイ小説読んでみたけど、あれ、素人を装ったプロがかいてんじゃないかな。
「実話」とうのは演出で。
展開が、昔の大映テレビみたいだと思った。
大映テレビの作品も、お約束の展開とスピードとわざとバカっぽく演じさせたのが受けた理由だったし。
あと、花田愛子とかの少女小説ブームにも似ているな。
あの頃の少女小説も、ページの半分が空白で、一見、白痴が書いた小説か?と思えるんだけど、
意外とプロットは練られている。
ま、いずれにしても、一過性のブームだとは思うよ。
悲惨なのは、ケータイ小説ブームに便乗して、これからケータイ小説っぽいのを出そうとしている大手出版社じゃないだろうか。
ブームは去ったのに、今更ながらに大量に出版して恥かきそう。

704 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:22:47 ID:JOcGWLiN0
>>675
ケータイで配信してくれたら読むかも
でも難しい漢字がいっぱいなら読まないかも
敷居高すぎる

>>682
じゃああたしの620も読み取れてないんじゃない?あなた

>>684
なんでわかんないの??すごく簡単な日本語なのに

みんなおかしいよ?どうしたの?
なんだか日本の将来が不安になる

705 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:23:09 ID:wrRDlO7n0
>>658
なるほどな一理あるな

実際2chで携帯小説馬鹿にされてるけど
そういった人はこれを読んで支持する層がどういった点で読者が感動
し共感するか分かった上で批判している。
その表現する文章や題材そして作者の意図するであろうメッセージなどの
稚拙さにあきれている
逆に携帯小説で感動できる層は高度な文学を読んでもそういった点を
自分なりにでも把握できるかは甚だ疑問だ

別に携帯小説批判してる奴全てが、高度な文学を理解しているという主張ではないが・・

706 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:23:15 ID:sOZlFrSq0
編集が総じて頭悪いんだよ。特に文学。
ちっぽけなプライドと、人間関係にもみくちゃにされて
読者層を実際以上に「愚かな人々」として想定する。
文系の学歴だけのやつは全員クビにしていいな(笑)

707 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:23:38 ID:YJX3DioJ0
今度は掲示板エロ小説かw

708 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:23:39 ID:T1UiDCNu0
>>674
白衣団とかナイジェル卿だなw
どっちかを途中まで読んでどっちか読み終わったのに、
どっちがどっちかわからねえから読み終えられねええええ。

709 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:23:41 ID:JiKCDnQ20
>>647
前に2ちゃんで同じような事書かなかった?
何か憶えてるような。

710 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:24:05 ID:011VK3V60
>>607>>612
あ〜、メロスのパクリだったかorz
(太宰嫌いなんで、頭の中から消去していた、スマソ)

711 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:24:07 ID:C3St4TnsO
やっぱり儲けるには女子供騙くらかすのが一番なんだな
昔から変わらん

712 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:24:09 ID:+pzWIb4b0
日本女っていつも塊で動くな

713 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:24:13 ID:arUpKqsa0
ケータイ小説で
中沢けいの時の衝撃みたいなのがあったら面白いな。

まあ、中高生も創作を楽しめるようになったら
書籍にも手を出すんじゃないかな。

714 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:24:42 ID:BIjK6zH90
やたらと三島三島と連呼する奴らもどうよ

715 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:24:46 ID:XLTMPo3c0
>>672
>理解できずにしてる評価はまとはずれになると思わない?

それじゃ本を批評する事自体出来ないな。
低評価=理解できていない、って事だろ?

716 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:24:53 ID:a424Ev2r0
しかし、漫画といい、小説といい、最近のものはパターンが確立しちゃってるから、
早いことブレイクスルーしないとどん詰まりになっちゃうよ。

斬新なものはすぐには生まれないけどね。

717 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:24:58 ID:ZXz2yVSNO
>>703
少し違うな。すべては実篤のパクリなのだよ。

718 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:25:43 ID:yHGdyZgR0
ゆとり(笑)

719 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:25:53 ID:p9b1WA+o0
>>717
なるほどw そういう着眼点もあったかw

720 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:26:09 ID:QFqTzFK50
>>710
そういう問題じゃないけどね
いかに本を読まない人間が増えたのかが分かったよ

721 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:26:31 ID:ztr6Yi5IO
終わったんですね、日本…

722 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:26:27 ID:xLiZ1555O
濃い空(笑)
スイーツ(笑)

723 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:26:32 ID:cK68x6TM0
>>706
だからスイーツを捕獲したいから、漁場を教えてください
と、ちょっと前に書いたのですよ。
かつて、女子高生を捕獲した人はケータイ着メロでボロ
儲けした。
おっさんの頭じゃ、考えるだけ無駄。
その時々のスイーツを捕獲した奴が儲ける。

724 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:26:40 ID:QrUFdf730
内容はどうでもいいが横書きにクラクラくる

725 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:26:49 ID:CxvIENqq0
>>714
じゃあ、ドストエフスキー
ドストエフスキー

726 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:26:56 ID:Yvo2IfkI0
思ったが内容がほぼ同じで文章は凄い良い
と、なるとどういう評価になるんだ?

727 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:27:07 ID:u5PCLDAK0
>>685
それは、暗に製本技術の限界に挑戦したような文庫本を出した京極を指しているのかw

728 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:27:15 ID:rnkkHXbx0
自分が中学生の頃には普通に松本清張(親父の所有物)読んでたけどなー。

729 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:27:20 ID:KVoxMERjO
>>692
うん、案外受けそうな気がしてw

>>697
いや、スイーツにはあれくらいが丁度いいかとw

730 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:27:23 ID:5nnwtC2B0
別にナニ小説でも漫画でもなんても読めばいいと思うけどね。エロでも耽美でも恋愛でも。
日本語読むに慣れてない人は、一ヶ月かけて文学書一冊よむより、一ヶ月で携帯小説100冊読んだほうがよっぽどためになると思う。

731 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:27:28 ID:kCxmbUUf0
ID:JOcGWLiN0がまったく相手の言っていることを理解できず
あさっての方向への返事を量産している件

732 :名無しさん@八周年 :2007/12/04(火) 18:27:37 ID:QJ6VRLBd0
老舗の大手出版社は、こういう泡みたいな落書きを出版しなくても社員を養えるからいいよな。
ま、出版社の中で、大手と呼べるのは10社くらいなものだもんな。
出版事業で持続的に儲けるには、数万部の本を数多く持つようにすること。
同じコンテンツを文庫にして増刷増刷で稼ぐこと。
ケータイ小説は瞬間的に熟れても、時代を超えて読み継がれるものではない。
こういうものを数点出して稼いでも、持続性がないよ。


733 :684:2007/12/04(火) 18:28:02 ID:JiKCDnQ20
>>704
>なんでわかんないの??すごく簡単な日本語なのに
いやそれ説明になって無いからw。

売れたものが必ずしも質のいいものでは無いということ
というのに、

>演歌とロックを並べて質を比べてるみたいなもんじゃん
>意味無くない?上も下もないよ

??

734 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:28:08 ID:YJX3DioJ0
>>723
時代に大股開きは流行歌手だけで十分だ

735 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:28:14 ID:qX8UmVel0
>>624
つきあってくれてありがとう。
ミステリーは昔のハヤカワ翻訳ものとかは多少読んだが。
でもそーゆーんじゃないミステリーなんでしょ? たぶん読んだことないな。
村上春樹は短編は面白いが長編はクソみたいなもんだ。
俺にとっては単調の代名詞(嘘だが)。
村上春樹の長編って単調でしょ? 短編をそのまま引き伸ばした感じ。
中身の量はいっしょなのに、文章の量だけ数倍に膨れ上がってる。だから飽きる。
短編は大好きだけどね。

ラノベ一般がおそらくそうなんだと思うけど、
最初に全体が見えてないストーリーってのは、結局みんな冗長になるんだよ。
なんつーか、「読ませよう」って気概が感じられん。
対照的に ID:a424Ev2r0 には強い意志を感じるね。
いったいどうやっておとすつもりなのか。ワクワクするぜ。

736 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:28:17 ID:MFZ362Hz0
>>732
国書刊行会は大変だなw

737 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:28:20 ID:7lbitf/10
>>726
宣伝が上手かった方の勝ち

738 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:28:55 ID:clHccrIp0
日本で一番最初にケータイ小説配信したのは大沢在昌の「未来形J」だと思う
俺は大沢在昌大好きだぞ
新宿鮫とか佐久間公とか
いちがいにケータイ小説悪いとは言わん

739 :699:2007/12/04(火) 18:28:55 ID:a424Ev2r0
「トラン……クス?」
そう、確かにその子がはいていたのは、男物のトランクスだったのだ。
「明日香ちゃん、それ、どしたの?」
一応聞いてみることにした。
よもや、絵里香ちゃんの父親が洗濯機に放り込んでおいたトランクスだったら、不潔すぎる。
「これ?絵里香に借りたの」
返事はあっけらかんとしたものだった。
事情が良く飲み込めなかった。これがエロゲやエロ漫画なら、
絵里香ちゃんがズリネタのために用意していたトランクスになるが、まさかそんなわけはないだろう。
「え、でもそれ、男の人がはくものだよね。なんで絵里香ちゃんがそんなもの持ってるの?」
「しらな〜い。絵里香に聞いたら?あたし、これ軽くて結構気に入ったんだけど」
いや、そういう問題では絶対にないのだが。

740 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:29:02 ID:XkbcHM1n0
ケータイから普通の小説へのステップアップとかありえねーよ
物の見方が本質的に違うのだから
19世紀以前の人間に命は地球より重いとか説くようなもの

741 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:29:41 ID:W/AV3pmo0
>>711
菊地寛も真珠夫人なんて書いた理由を聞かれて
一言「売れるから」で終わったそうな

742 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:30:12 ID:mMnD/5YKO
売れたもの=質のいいものに決まってるだろ。
それともなにか、文学はアートであるとでも言い出す気か。

文章としてクソであっても、内容が稚拙でも、支持されたものが正解なんだよ。
それ以外は残念ながらただのオナニー。

743 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:31:09 ID:TkCTZqlz0
むかし大沢在昌の「新宿鮫」読んでる女子高生がいたよ
かわいい子で

744 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:31:19 ID:XkbcHM1n0
スイーツ(笑)で幼少期10年過ごしてるのだから、もう手遅れ
環境が人を作るのだから

745 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:31:40 ID:a64Wmv090
今年の芥川賞は三丁目の茶川さんです。

746 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:31:44 ID:/bFdsMnM0
ガッシ!ボカッ!
エヌ氏は死んだ。

747 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:32:05 ID:vnDS2e7zO
>>715
> それじゃ本を批評する事自体出来ないな。
実は文学研究で長年ラノベの扱いに困っていた理由に近い。
どのように評価すべきかという基準(平たくいうと読み方)が示されないと何も語れなくなってしまう。
ハルヒは(恐らく)初めて評価の仕方が示された例として知られているが、未だ模索中なのが現状。

748 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:32:09 ID:JOcGWLiN0
>>715
たとえばケータイ小説を評価するなら、その他のケータイ小説と比べなきゃいけないでしょ
本屋さんに売ってる小説と比べてるのがおかしいと思う
ぜんぜん別のものだもん
そんなの比べても不毛
演歌とロックを比べてるみたいってのはそう言う意味
音楽論みたいなの?意味あるの?あるのかも知れないけど、
そんなのじゃおなかも心も膨れないよ

749 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:32:10 ID:FHTZekPd0
>>731
正にケータイ小説刷れに相応しい人物でわないか

750 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:32:13 ID:ZXz2yVSNO
そういやおまえらモバゲーって知ってるか?
夏の終わりに小説大賞なるものが発表されて、大賞受賞者は100万円獲得、さらに出版化されるそうだ。
内容はもちろんレイプ、妊娠、逃避行、主人公の死。

751 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:32:51 ID:a424Ev2r0
確かに、トランクスは軽いし通気性がいい。だが、問題はそれが男物の下着であるということだ。
このままじゃ埒が明かないので、絵里香ちゃんに問いただした。
もう、勉強会なんていってる場合じゃない。
だぶだぶのトランクスをはいてあぐらをかいてる小学生なんか見てたら、確実に俺の脳みそがおかしくなる。
「え、絵里香ちゃん、あのトランクスはどうしたの?」
「えー、お母さんが間違って買って、SSサイズじゃ入らないって捨てたのを拾ったの」
「なんで?」
「だって一度はいてみたかったんだもん。お父さんがはいてないのはきれいでしょ」
そういう問題じゃない。
「でも、下着だよ?」
「お父さん、いつもお風呂入ってからトランクスだけで野球の録画見てるから、大丈夫だよ」
どうも、原因はデリカシーのないこの子の親父さんらしい。

752 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:32:55 ID:011VK3V60
>>695
ナベジュンをもてはやす連中に腹が立って、
ナベジュンの記念館のスポンサーの某製紙会社の製品を、
個人的に不買運動している。
どんなに安売りしていても、その会社の製品だけは買わない。

まあ、一人でやっても無意味なのはわかってるけど、
気分的に買う気にならない。

753 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:33:10 ID:T1UiDCNu0
>>742
じゃあヒットラーは正解なのか?売れすぎてアメリカに攻め込まれ、
発禁処分くらったくらい大人気だったみたいだが?
そんな考えだからファシズムや衆愚や暴徒やリンチが生まれるんだよ。

754 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:33:39 ID:aKwxpff1O
>>742
文章としてクソな時点で質はよくないと思う


755 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:33:41 ID:TkCTZqlz0
>>742 でたーーーーー



売れたもの=質のいいものに決まってる病wwwwwwww



J=POPやオレンジレンジは質がいい音楽ですか? よっぽどセンスがないんだねwwww



756 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:33:56 ID:ERzxy82B0
よくよく考えると、漫画アニメも最初は低俗なスイーツ(笑)(か?)だったのに、
どんどん凄い人が参入して来て、今や世界に冠たるジャパンクールになった。
ケータイ小説もうまく行けば同じ流れに持ち込めるかもしれない。

そう言う意味じゃ「面白く無けりゃ、てめーが書け!」という>>620の言葉に大挙し
て従うのがケータイ小説の知的レベルをあげる早道のような気もする。

757 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:34:00 ID:Mon9mrEK0
谷崎の小説とか失楽園の人とか真珠夫人の人も
基本ケータイ小説と変わんない気がするが

758 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:34:02 ID:PdapVgKE0
>>645
まぁ、俺も秋津透が最初に出した時から新タイプ(当時の)ラノベは
結構はまった。面白いのは面白いよ。気楽に読めるし。


759 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:34:04 ID:4T4k/eKX0
早くサリン事件並みのテロが起こらないかなー

760 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:34:10 ID:P72g4T7p0
関連記事
【調査】 日本の子供(15歳児)、読解力・数学応用力などで順位落とす…OECD発表、国際学習到達度調査

http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196760167/-100

そりゃテキトーなもんしか売れないでしょ

761 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:34:14 ID:VEvflLsf0
ケータイ小説のブームは、もっと遡れば、「愛と死をみつめて」ブームとも似ている。
結局、こういうベタな話は、昔から受けるんだよ、女子たちには。
でも、ブンガク系の人たちは、ベタな話をバカにして書いてこなかったから、読者をどんどん逃がしていた。
ところで、ケータイ小説にはまった人は、ベタ天国のハーレクインとか、BLに行きそう。
これからは、ロマンス小説ブームがくると思うんだけど、どうだろう?

762 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:34:17 ID:hRP0mfoiO
>>750
あぁ、エロゲの内容をパクったとか何とかっていうのがあったやつな
あれって結局どうなったんだ?

763 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:34:18 ID:JiKCDnQ20
>>742
あんたがいってるのは
売れたもの=金になるもの=資本主義には益
なだけだ。質の良し悪しなんて存在しない。
だから、中途半端な製品を世の中に出しても
どうも思わないんだよ。

764 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:34:23 ID:CV+FT2f20
携帯小説の類は、だめだ。つまらない。
かといって今の普通に出版される小説もつまらなく、
なぜか海外のものばかりになる。
村上春樹がむこうで人気っていわれても、あれも
大嫌いだけどさw

昔から、軽くてあっさり読める若年層女向けのものは
多かったし、それが手軽に読める携帯で読めるっていうことで
ヒットしてるだけだと思う。別に事情は昔から変わってないんじゃ???

765 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:34:42 ID:5nnwtC2B0
>>742
マスゴミ連中はリアルでそう思ってるよな

766 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:34:52 ID:CxvIENqq0
ガシ!ボカ!
フョードルは死んだ
グザ!ドカ!
死にながらミーチャはあの世に行った。
バキュン!
イワンは死んだが、死ななかった。
ドカン!!
アリョーシャは死ななかった。

だったらカラマーゾフの兄弟は売れていなかっただろうな・・・

767 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:34:55 ID:rBTWRSmT0
日本オワテルな

768 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:35:11 ID:p9b1WA+o0
>>742
そういうことではないんだが・・・
「売れないもの=低質」と解釈するのは良いとしてもw

769 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:35:20 ID:PQF3mnWG0
tes


770 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:35:24 ID:a424Ev2r0
普通の下着と服をはくよう強硬に言い張るのも、それはそれで怪しまれると思って、それ以上の追求はよしにした。
要は、俺が明日香ちゃんを見なければいいのだ。
見なければ。
そう、トランクスと足の間から何か見えないかとか期待しなけりゃいいんだ。
見なければ……

……正直に言おう。俺にとっては無理な相談だった。
5分ともたなかった。
最初は、横目でチラッと見るにとどまった。
だが、それだけでは良く見えなかった。
だんだん、見る時間が長くなって少しずつ体の向きを変えて……

771 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:35:38 ID:cK68x6TM0
>>734
時代に大股開きしないでどうする(w。

娯楽として大成したものの中から、時代をこえて
娯楽として成立するものを芸術と呼ぶのだ。
娯楽として成立し得ない芸術など、仕事として
やってはいけない。

新宿の裏本屋の元締めのありがたいお言葉。

772 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:35:42 ID:O5L2hlUf0
オレ様が
まもなくデビューするからケータイ小説が
ンコみたいなクソ文学とかいわずに
おまえらもうすこしまってろ

773 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:36:07 ID:umX0DUw1O
誰でも最初はただ単純に本を読んで、その内容を「言葉として」理解できたことに喜びを感じるもんだ。
ろくに読書経験を積んで来なかったケータイ小説世代はまだこの段階なんだよ。
ゆとり教育のせいでその平均年齢が高いだけで。
以前は敬遠していた小説と称されるものを、一冊すべて読み通せたことに対する充実感だけでもう満足しきりの状態なんだろう。
まあ初習外国語のようなもんだ、次元はかなり違うが。
ケータイ小説の場合、テキストの側に要求されるものは、愚民の理解力で十分に対応可能な程度の内容と文法他諸表現に過ぎない。

774 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:36:07 ID:ZXz2yVSNO
>>762
あれは作者がパクリ疑惑を否定しつつも賞を辞退で終結したらしい。

775 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:36:09 ID:JHpWAGDQ0
なんでケータイ小説がこんなに叩かれてるのかって
いうのは、かつてのマンガやラノベが叩かれたとい
うのとは、少し違う気がするんだよ。

十代の連中が、暴力や死やレイプや薬物を小道具にした物語に
心酔するのが、すごく不気味なんだよ。

776 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:36:19 ID:mMnD/5YKO
>>753
残念ながら詭弁以外の何物でもないな。
そこまでいうなら文明自体が争いを引き起こす遠因だから、
回線切って勝手に自給自足の生活に戻れ。

777 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:36:25 ID:011VK3V60
>>720
だって「メロス」読んだの
25年くらい前のリア小のときだしorz
(当時、太宰をまとめて10冊くらい読んでみたが、
全然好きになれなかったので脳内消去してしまった)

さすがに25年前に読んだ本まで覚えてられないよ。

778 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:36:30 ID:T8SBCr3M0
数百年後に見れば文学の歴史の一つの転換期なのかもしれない
憂う事でもないだろ売れなくなった作家以外は

779 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:36:55 ID:OWUGuRhy0
編集者はせめてもの意地というか矜持を見せてほしいな。ただ売れるってだけじゃ
やっぱだめだろ。

780 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:37:29 ID:TkCTZqlz0
>>768
でたーーーーー

「売れないもの=低質」と解釈する病wwwww よほど物事見抜く力が皆無なんだねw

内容は内容で判断できろよw 

781 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:37:29 ID:Yvo2IfkI0
「良い作品」の定義がないし
どれが良い物なのかわからんな正直

782 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:38:10 ID:8yK1bJH30
質が低いことにも価値がある。上手くなってはいけない

783 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:38:15 ID:u5PCLDAK0
>>775
形式論より本質論ってことだな

784 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:38:28 ID:XkbcHM1n0
ケンは 素手 でおどりかかった
ガシ!ボカ!
2回辺り重傷のダメージをあたえた

785 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:38:32 ID:WcsyexiA0
>687
ひぐらしの原作はディスク叩き割ったろうかと思った

786 :名無しさん@八周年 :2007/12/04(火) 18:38:43 ID:QJ6VRLBd0
この手のものが一時期はやっても、本当の文芸作品はすたれないよ。
マーケットがまったく違うので、同じカテゴリーの商品だと思わないほうがいい。

787 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:38:57 ID:Y+lilJr30
>>780
無駄な改行やめたほうがいいよ
アホの子に見えるから

788 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:39:06 ID:aKwxpff1O
よし、俺も携帯小説書くとするか

覚醒剤
自殺
レイプ
ホスト
妊娠
不治の病

……これ等を使わずにね


789 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:39:21 ID:Q/QeRjRs0
今度は音楽業界が衝撃を受ける番ですか?

790 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:39:26 ID:T1UiDCNu0
ここでの論争に混じって、さりげなくケータイ小説が生まれてるのが2chの面白いとこだなw


791 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:39:38 ID:mMnD/5YKO
あぁ釣れすぎてめんどくせぇw

文句あるやつは「質」の定義を語ってみろ。
それで納得できたらごめんしてやる。

んじゃまたあとで。

792 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:39:43 ID:TkCTZqlz0
そろそろ登場するかなw 「絶対基準なんかないんだ病」

絶対基準はないのは「絶対」なのかよw どんだけ神視点気取ってるの気づけてないんだよってなw

793 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:39:48 ID:ZXz2yVSNO
>782
ウィズみたいだw

794 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:39:57 ID:CV+FT2f20
>>775
それをいったら、ノルウェーの森なんて、自殺の人ばかり
いて、糞小説だと思った。あんな状態日常にあるか?
すぐみんな死ぬわけ。ありえねーと思った。それが純文学とか
いわれ名作とかいわれてる。ちゃんとした家庭の人々なら、まず
病院行けよと思った。生活苦の奴誰もいないしw

携帯小説の下らない話が売れても、同じように思えてしまうんだよなあ

795 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:40:02 ID:wrRDlO7n0
>>756
そうなったらある種のジャンルとして評価できるが
そうはならないと思うよ。
漫画やアニメにはその媒体としての強い特殊性があるが、
携帯小説はそれが弱い上に単純に作品としての完成度が低い
完成度が高い作品が出ればそれは携帯小説である意味もなくすし
ある意味、稚拙である事が携帯小説の定義の一つである以上難しいな

796 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:40:15 ID:p9b1WA+o0
>>780
いや、ここでいう「売れないもの」って、文字通り
「全く売れない本」のことだよ。

実はヒッカケなんだが、他の人が引っかかってどうするよw


797 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:40:20 ID:tEqyeEhR0
恋空(笑)書籍化マダー?(・∀・)っ/凵⌒☆チンチン

798 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:41:02 ID:XkbcHM1n0
所詮ラノベなんて、SF、FT、ジュヴナイルからの流れなんだが、
ケータイはあきらかにメールやBBSからの流れだろ
そもそもの生まれが小説じゃないんだから、同じに扱っても仕方ない
共通点は文字を使うことこしかない

799 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:41:09 ID:Y+lilJr30
恋空が忍空に見えて仕方がない

800 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:41:11 ID:9wigMbKYO
>>742
宗教創価893絡みの出版物ってよく売れるんだけど質がいいって事?
1箇所で数千数万売れたりしてるんだが
御目出度い理論だね

801 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:41:11 ID:tqUNs7xdO
ようやく日本人白痴化計画が実を結びましたね。

802 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:41:16 ID:lSIMKoth0
村上龍のなにがおもしろいのか
クソだあんなもの

803 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:41:50 ID:a424Ev2r0
……目が合った。
その瞬間を表現するには、目が合ったとしか言いようがない。
目が合ったのだ。
明日香ちゃんと。
大きな瞳がこちらを見ている。
今日はよく時間が止まる。なんだか、気まずい沈黙というのは、何度体験しても気まずい。
明日香ちゃんのほほがだんだん赤くなっていく。
きっと俺もそうなってるのだろう。
ぐっと明日香ちゃんが四つんばいになった。
いや、胸元なんか見せてくれなくていいって。心臓に悪い心臓に悪い。
こっちの気持ちなんか知らずに、彼女はこっちに這って来た。
目線を外せない。向こうもこっちも。

804 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:41:56 ID:ztr6Yi5IO
>>785
なんで?

805 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:42:13 ID:3NLEg+e1O
文学以外は価値無しと思ってる奴沸くよな
この手のスレ

806 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:42:14 ID:GZ9RE5udP
>>597
太宰見直した。

807 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:42:31 ID:TkCTZqlz0
>>796 本は読んでみないとわからないので
売れてる売れてないが内容の良し悪しにはまったく関係がない
そう言う形式に囚われないで 内容は内容で語れないの?と

808 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:42:34 ID:MFZ362Hz0
>>789
音楽業界は大昔に野球選手にまで歌わせるという暴挙をやってて、そういうものに関しては懲りてると思うw






落合博満の「サムライ街道」

809 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:42:47 ID:tEqyeEhR0
総合は犬作5位だったのか

810 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:43:02 ID:oWQx79G60
別に文学じゃないだろ
最近になって曖昧になってた大衆小説と純文学の境目が、またはっきりしてきたってことじゃねーの

811 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:43:02 ID:bgDDWCM30
本は素晴らしいぞ。電気は使わない、座って、寝転んで、自分の好きな格好で読める。
何より安い。つまらない作品に当っても、数百円ならあきらめられるだろ。
数千円もするゲームとか、わざわざ足を運んで店の時間に合わせて観なきゃならん映画で、
駄作に当ったら、やりきれない。本最強の娯楽説。


812 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:43:14 ID:kuTZzI4n0
オレンジレンジが200万枚売れたからって
20万枚しか売れてない人たちの音楽的価値が下がるわけではない

813 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:43:24 ID:ERzxy82B0
>>761
ベタな展開のロマンスは、時代老若男女問わず一定の需要があるんだよ。誰だって崇高
な哲学書で生きる事について考えたい気分のときばかりじゃないでしょ?
思いっきりベタな展開に浸りたい気分のときだってあるじゃない?
なのに、供給側が自分が売れ出すと低俗と言って切り捨てたり、独りよがりの作者大先生
の満足のためのものになったりして、このてのモノはなかなか良質のものが入手できない。

で、そのニーズ達はいままで、以下の流れで餓えをしのいでいる気がするが、どうだろう。
他になんか足すものあったかなあ。

文芸→映画→テレビドラマ→漫画→韓流→ケータイ小説

814 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:43:25 ID:XG61qkoc0
バカがバカを産む

815 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:43:26 ID:Q/QeRjRs0
>>808
ごめん。素人というか、キャラソン・アニソンが食い込む時代になっちゃったね
と言いたかった・・・ごめん・・・。

816 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:43:38 ID:zOF2G+a10
これまで小説に見向きもしなかった人たちの注目を集めたのは、ケータイ小説の功績だろうが
しかし私もどうして面白いかは理解出来ないな

817 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:43:57 ID:JO/k4GS50
>>672
あきれ果てて何も言えん。
どこでどうしたら、そこまで頭が悪くなるんだ?
簡単な文章すら理解できんのか?

818 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:44:04 ID:WcsyexiA0
>>804
アレを支持出来るならかなりのスイーツ(笑)脳

819 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:44:08 ID:pDFWrudX0
クラシックや日本文学好きは気取ったいけ好かない性格ひんまがったやつ多すぎ。
まだ携帯小説好きのほうが素直ないい子が多いよ。オフなんかに出てみ。よくわかるから。

820 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:44:20 ID:R0Pzdhe60
言葉遊びばかりの文学などいらんでしょ。

読むのが面倒くさいだけだろ。

面白ければいいんだよ。

821 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:44:25 ID:j5JCwciL0
ケータイ小説を読んでる奴自体が
漢字も読めない、言葉の意味も
わからない・・っていうバカばかり
だからな。出版界もオワタね。

822 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:44:37 ID:TkCTZqlz0

「リアル鬼ごっこ」はベストセラーになったので高品質な小説ですよねww


823 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:44:44 ID:0cS0bWaK0
彼氏のメールが変。スイーツ?? 質問者:madeline_1

初めて質問します。彼氏から来るメールのことです。

最近になって急に、メールがおかしくなりました。
文末に、メールの内容と何も関係ないのに、
「スイーツ」(←これが一番多いです)とか「ロハス」
「夏色コスメ」「パスタ」とかそんなようなのを毎回つけてきます。
私が買い物に行ったとか何を買ったとかってメールすると、
「がんばった自分へのご褒美(笑)」というのが必ず返信されてきたり。
意味がわかりません・・・。
意味わかんないからヤメテって言っても、
はやってるんだよ知らないの?って言うだけです。
ホントにはやってるのでしょうか?だんだんイライラしてきてしまいました。
小ばかにされてるみたいで。
もう、返信が面倒になりつつあります。
アドバイスお願いします。。。


824 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:44:45 ID:MFZ362Hz0
>>802
いや、今でこそアレだが、これでも大昔は傑作を書いてるんだ
あの、その、まあ、野球でいったら清原みたいに一気に劣化していったんだけど……

825 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:44:48 ID:tEqyeEhR0
池田大作大全集1位ワロタwww

826 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:45:00 ID:a424Ev2r0
面白ければいいというのは正しい。
でも、面白い小説の作り手は、小説化一人なのであって出版社やその周りではない。

文学に限らず、最近のエンタテイメントは「読者ではない外野」が面白くしようとして
勝手に味付けをしてぐずぐずにしているパターンが多すぎる。

827 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:45:01 ID:ECa5uelw0
>>819
むしろ日本文学の延長だと思うんだが。
もともと私小説ばっかだしな。

828 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:45:14 ID:vnDS2e7zO
>>794
少々マニアックだが、正木不如丘は文字通り病気の文学だな。
結核患者に読ませるべきなのか読ませてはいけないのか。

829 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:46:09 ID:zNa1Mg7T0
>>816
形態としては良いと思う

830 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:46:23 ID:lSGf+0Oz0


"素人"(笑)


文章ごとき書くのに素人もプロもありませんよ

ただあるのはセンスの問題のみ

衝撃って、あ〜た

出版界ってこれまで何やってたの






831 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:46:28 ID:WcsyexiA0
>>827
文章で酔わせる事も出来ないアルコールの抜けた安物酒みたいなものだな。

832 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:46:38 ID:5nnwtC2B0
>>597
たしかそれは、中国人の思想だったよな。
架空の物語に現を抜かすのは子供のやること、大人はリアルな世界で生きろと。だから小説ってよばれてる。
日本の場合は物語だから大人も読むんだな。

833 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:46:40 ID:kCxmbUUf0
>>748
いわゆる「ケータイ小説」は、そもそも文章が日本語の体をなしておらず、
描かれている内容も小学生の落書きレベルの稚拙さ、
要は金を取って読ませるレベルに達していないから叩かれている。

だいたい、ケータイだろうがPDAだろうが「小説」と名乗って発表された瞬間に
過去の数多の小説作品と比べられ、読者から容赦なく評価を下されることになる。
小説書きはこれを免れることはできない。

834 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:46:54 ID:XkbcHM1n0
ケータイって何が面白いの?
ストーリー?キャラクター?文章力?

835 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:46:56 ID:p9b1WA+o0
>>807
それは正しい姿勢だよ。

ただ、例えば1000部作った同人誌が10部しか売れなかったとしたら
それは質が低いと思っていいだろ。
それ以下の「まったく売れない=売り上げ0冊」っていうのは、
何らかの欠陥があると考えてしかるべき。

内容的に優れてる本なら「ある程度は売れる」と思っているのでね。
確かに、不遇の作家も多いんだが・・・

836 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:47:15 ID:HD5A7O8s0
>>53

> なんせ 暴力・セックス・ドラッグ・レイプ・妊娠・病死 をテーマに
> 妄想を書けばいいんだからな。

どれも縁がないし興味もないので妄想のし様ない。
おれは一生底辺なんだなぁ。

837 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:47:18 ID:/bFdsMnM0
>>813
その文章どっかで読んだと思ったら思い出した
100年ほど前にキャロルがチェーホフに同じようなこと言って喧嘩売ってた

838 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:47:39 ID:ZXz2yVSNO
>>826
その「面白さ」が画一的ではないから面白いよな。

ジーナかわいい

839 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:47:58 ID:Yvo2IfkI0
>>815
普通に前からエヴァのテーゼとかゆずれない〜が馬鹿売れしてたけどね

840 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:48:03 ID:QrUFdf730
カツジとは無縁な奴に読ませただけでも価値はあるんじゃないかな

841 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:48:03 ID:GZ9RE5udP
>>825
正直言ってそっちの方が日本オワタだな・・・

842 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:48:12 ID:ewMsxFhf0





まぁこの記事から分かることは

一大市場を形成するほど

スイーツ脳・DQNが増えたってことだ






843 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:48:18 ID:a424Ev2r0
そのまま這ってきた彼女は俺の太ももに手を突いた。
暖かく、柔らかい手で太ももをつかまれた俺は、少し体をこわばらせた。
俺の鼻の先に彼女の鼻がある。
息の音がする。石鹸の甘い香りがする。
「先生、さっきからじっと見てるね」
「あ、明日香ちゃんこそ」
「気になる?」
「……何が?」
にやっと彼女の瞳が笑う。最近の子は、どこまでませてるんだ。
「おっぱい?」
外れ。見えそうになった一瞬は興味を持ったが、それを持続させるためにはあと五年はがんばるんだ。
でも、明日香ちゃんの瞳は確信を持っていた。
俺が彼女に性的な興味、少なくとも小学生が言うところのエッチな興味を持っていると、彼女は確信している。
それは正しい。だが目標は違う。そして、目標が違う理由を、おそらく彼女は知らない。
その差を説明することは、俺には無理だ。

ちゅっ

……え?

844 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:48:33 ID:JO/k4GS50
>>821
でも、生き延びるためにはしょうがないのね(´・ω・`)
後何本足残っているかは分からないけど

845 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:48:34 ID:umX0DUw1O
>>794
自殺を装置として使用しているか否かで言えば、否だろう。
ケータイ小説の大半は始めから死や病気を安易に装置として設定している。
まあそれはケータイ小説に限らないが。
例えばバトルロワイアルの「殺し合うクラスメート」というのが安易にも程がある人工的設定なのは異論ないだろう。
そういうのを面白いと思う人がケータイ小説リーダーの大半を占めているから、皮肉的に「ホスト」「薬物」などとキーワードを抽出されるわけだ。

846 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:48:35 ID:EkEbl8KK0
こういう文化が軽い時代って何度もあったでしょ。
直木賞の直木三十五だって名前消えちゃったし、
ベートーベンの重さが嫌がられて登場した軽いオペレッタだってすでに名前もないし。

軽いのはすぐ忘れられて、歴史には残らないよ。
あぶくみたいなもの。
携帯小説家当人たちはそれで幸せだし、若いやつらに貢献してるし、
ただすぐ忘れられるってことだけは覚えておかないと。


847 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:48:42 ID:qX8UmVel0
純文学・古典文学ってもてはやされてるのだって、
書かれた当時はみんな安小説なんだよ。区別なんてできないの。
100年たっても読まれてるのが文学作品。あとはそれ以外。
質の基準はそれだけだな。
ラノベもケータイ小説も、100年後に残ってるのは文学だよ。
100年たたなきゃわかんねえけどな。

848 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:49:02 ID:tEqyeEhR0
ラブ☆ロテ

8股スイーツ女の、ラブローテション。



849 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:49:21 ID:dVO1dWXN0
たとえプロといばってても、読者在っての小説家。
たとえプロでも、くだらないパクリ文学が多いんだから(w
当然のシナリオ。

850 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:49:29 ID:clHccrIp0
量子論 時間軸と脳の宇宙



恋空(笑)

一般的ではない
ほどほどがいい

851 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:49:44 ID:T1UiDCNu0
アニソンは結構いいじゃん。
あのアクエリオンの歌とか日本語の使い方が上手くて驚いた。

852 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:49:51 ID:Q/QeRjRs0
>>839
それって、テーマ曲でしょ?キャラソンとはまた質が違うよ。
カウントダウンTV見てても結構入ってるんだよね・・・

シフトしてきてるんだなぁと思うよ。

853 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:49:52 ID:7naihENL0
まぁなんというか、腐りネタだなぁ。

854 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:50:07 ID:qBb3l93w0
>>833
それでも「無料」で垂れ流しているなら、ちょろっと読んで終了。
あとは勝手にやっていてくれという事だったんだがな。

書籍化され、そこらの小説と同じ値段を付けられ、同じように売られている。
どこの馬鹿だこれを売ったのは! と言いたい所だが、
恐ろしいことにこれが売れてしまっている。

855 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:50:07 ID:TkCTZqlz0
>>819 安っぽい物好きは 素直に嫌な奴とか多いよwwww

ちょっとでもこだわり主張すると、気に入らないみたいな潔癖な態度取りはじめる
「どっちがいいなんて、絶対なんて誰にもわからないんじゃないんですか?」みたいなw

性格ひんまがった奴は頑固でアクは強いけど
いったん認めたら素直でいい奴が多いし、自分がアク強いからか、人のアクにも寛容的

856 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:50:12 ID:4Pw17+DY0
考えてみれば、「源氏物語」だって立派なケータイ小説だよな

857 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:50:27 ID:GZ9RE5udP
面白ければいいなんてのでOKならTVと一緒だな。
あれにも全く持って理念などない。
で、それが人の為になったか?

858 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:50:28 ID:kSQ/LrlEO
ケータイ小説を文学だとほざく奴って9割が広告代理店絡みだろ?

あいつら本当カスやな。


んでカスのしたクソをバカが食って大喜びwww

859 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:50:33 ID:p9b1WA+o0
>>846
いわゆる「ビーダーマイヤー」あたりかな。

ま、10年後にも評価されるものと、
今だけ売れてればいいものは違うからな。

860 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:50:50 ID:WcsyexiA0
まぁ素人レベル、プロレベル云々で判断したら日本のクリエイター(笑)の9割は職を失うんだけどな

861 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:51:04 ID:tEqyeEhR0
>>850
恋空(笑)はいい話だお
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1605956

862 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:51:12 ID:v+U9xOlaO
>>815
キャラソンアニソンとjpopってなにが違うのだろう。
とりあえず、アニメタイトル連呼しているわけじゃ無いのなら、歌詞とか、どっちもどっちじゃね?
どーでもよくね?

863 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:51:15 ID:vnDS2e7zO
>>833
謝れ!! 紀貫之に謝れ!!

864 :名無しさん@八周年 :2007/12/04(火) 18:51:30 ID:QJ6VRLBd0
バカのための落書き。
世の中、バカのほうが多いんだからしょうがないさ。

865 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:51:58 ID:ZXz2yVSNO
>>836
そんなことはない。


866 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:52:06 ID:BUZ8vX1EO
バカが書きバカが買ったものでも集計には入る
人気アーティスト(笑)のリリカル(笑)な詞集(笑)を
ファンが大量購入すれば売れたから質が高い?
馬鹿を言え(笑)
岡山で買い占められた姫井記事の週刊誌は質が高いのかwwwwwwwwwwwwwwwwww

867 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:52:10 ID:0CPBRtQe0
>>835
そういうのは市場理論が関係するので長期的にみると正しく無い。
だから古典を読めばいいんだよ。
今ある小説は10年20年後に残っていれば読む価値はあると思われ。


868 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:52:15 ID:fjE05yho0
俺はこれからもこういうケータイ小説(笑)が出てくるのを願ってるよ
アマゾンのレビューが更に充実するしwwwww

869 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:52:34 ID:Yvo2IfkI0
そもそも泳げタイヤキ君が日本で一番売れたCD何だから
今も昔も変わらないと思うわw

870 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:52:52 ID:C8Fe/qHE0
ごめん、携帯小説買ったことないわ

871 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:53:00 ID:KVoxMERjO
>>819
クラシックは社会的営利、文学は反社会的営利という点で浅薄な表現衝動から来るものじゃない
ケータイ小説は単なる商業主義
比較するような話ではないと思う

872 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:53:02 ID:LF/u/xaD0
>>855
ひんまがったいい奴はその通りだし多数派なのは知っているが
自分がアク強いくせに他人のアクを認めないようなおかしな奴がたまに紛れ込んでて困る

873 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:53:14 ID:JHpWAGDQ0
>>842
その通り。あんなクレイジーな物語に感動する
連中が多いことが問題。

>>847
それは無い。古典は書かれた当時は、出版の技術も稚拙で
識字率も低く、文字を読める層がだいたいインテリ層
だったから、当時名作と言われるものは少なくとも10年
以内には名作という評価を受けた。例外はあったが。

874 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:53:15 ID:tEqyeEhR0
金出したら景気よくなるんだから、どんな手使ってでもDQNから搾り取ればいいじゃまいか

875 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:53:38 ID:yHGdyZgR0
携帯小説でも活字に触れるだけましと思うのは俺だけかな

876 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:53:43 ID:rhEB893KO
素人でもプロでも売れたもん勝ちか

877 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:54:26 ID:GZ9RE5udP
>>860
プロアマ分けで職を失うのはクリエーターではなく代理店だと思う。

878 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:54:40 ID:TkCTZqlz0
>>874
それのオタク版をやって、日本のアニメはどんどん低質化して偽装品レベルばかりになってますよねw

いいんですか?w

879 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:54:44 ID:WcsyexiA0
朝日新聞でも活字に触れるだけましと思うのは俺だけかな

880 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:54:55 ID:ztr6Yi5IO
>>818
いや、これからやろうと思ってたんでw

881 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:55:08 ID:qBb3l93w0
>>870
ちょろっと立ち読みしてみるんだ。
文字量も少なく内容も難解でないのに、1P読み進むのが苦痛という体験をお手軽に味わえる。

882 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:55:09 ID:a424Ev2r0
多分、イタリアオペラで言う、ロッシーニやベッリーニ、ドニゼッティの時代なんだろう、今は。

そのうちヴェルディやプッチーニが出てくる、と信じたい。

883 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:55:19 ID:aKwxpff1O
携帯小説だけに限らないけど先の展開を予想して、まったくその通りのストーリーでがっかりした事ない?

884 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:55:29 ID:CxvIENqq0
>>856
当時、超が付くほど貴重な「紙」を湯水のように使い
当時の最教養層がライフワークとしてつくったものと
一緒にしてはいかんだろ・・・

885 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:55:31 ID:XkbcHM1n0
実際問題、ケータイ読んでる奴いるのか?
俺はもうおっさんだが、会社じゃそんなの誰も読んでない
部下の若い娘も読んでない

886 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:55:40 ID:XzuowuRy0
ラノベは文学です

887 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:55:44 ID:tEqyeEhR0
恋空(笑)上
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1605956

恋空(笑)下
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1606080

888 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:56:02 ID:JOcGWLiN0
>>833
中身を読んでから反応してください
演歌好きなおじさんがロックを評価しても「うるさいだけ」とか
「こぶしがまわってない」とか「ピッチが不安定」とかそんなことしか言わないでしょ?
それになんの意味があるの?

889 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:56:08 ID:qX8UmVel0
>>873
10年以内に名作って評価を受けて、
そのまま消えちゃったものはいくらでもあるだろ?
だからとりあえず100年さ。
基本、生きてるうちはわかんねぇって感じでいいんじゃん?

890 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:56:36 ID:p9b1WA+o0
>>882
出てきても、あっという間に消費されてしまうからね・・・

ただ、根強いファンが付くような作家は現在でも居るわけだし、
それが「トップ」には来ないだけで、決して悲観すべき状況でも無いような。

891 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:56:36 ID:m1BErCu70
芥川の羅生門が教科書に載ってる理由がわかる奴いる?
あれリストラ食った下人がいらついて婆に意地悪しただけの話じゃん。

太宰の斜陽。スウィーツ脳全開の弟がドラッグ決めたり失恋したり親死んで金無くなったりして自殺。
スウィーツ脳全開のかず子が好きな男とセックルして妊娠して了。今の携帯小説と違うのは長ったらしい
思想語ってるだけ。

最近真の文学というのは児童書ではないかと思っている。

892 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:56:44 ID:v+U9xOlaO
>>830
センス(笑)
おまえの書く文章を読んでみたいな。
多分、読めないだろうけど。

893 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:57:00 ID:AxypH1eM0
>>742って釣りじゃなかったんだなww

894 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:57:01 ID:XLTMPo3c0
>>880
ミステリーと思わなければそれなり。
適度に主人公に感情移入しつつ成り行きを見守れば佳作だと思う。

895 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:57:12 ID:WcsyexiA0
>>880
そうかw
まぁ日常描写のウザさはともかくとして、ひぐらし解は爆笑物だから期待汁。
俺は後半ツッコミ疲れた。色々と。

896 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:57:24 ID:fjE05yho0
>>875
個人的な話だが、歴史小説なんか読んだあとでラノベを読むと、スラスラ読めるが、その逆はない。
むしろ読む速度が以前よりも落ちる。
ラノベを馬鹿にするわけじゃないけど、読み易すぎるのも意味がないと思う

897 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:57:45 ID:arUpKqsa0
そういえば中学生時代、
ノートに書いた自作の詩か小説を友達同士で見せ合ってる女子もいたな。
その読者の範囲が広がったようなものなのかな。

898 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:58:23 ID:nSeyAzgj0
みんな「恋空」みたいな陳腐なストーリーばっかりなのかな
あんなので感動するひとがたくさんいるのかと思うとめまいがする。

899 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:58:40 ID:UyrNMFd50
終わってるのは文学ではなく日本

900 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:58:51 ID:vnDS2e7zO
>>881
> 文字量も少なく内容も難解でないのに、1P読み進むのが苦痛という体験をお手軽に味わえる。
位相幾何のことかー!!


微妙に理解できるのが苦痛だよな、あれ。

901 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:58:59 ID:qBb3l93w0
>>897
それが、どこをどう間違ったのか書籍化され、
いっぱしの値段で売り出され、そして売れている。

902 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:59:14 ID:tEqyeEhR0
>>878
自分はどうでもいいw
本当に気になってるなら見極めぐらい出来るだろ

903 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:59:26 ID:XLTMPo3c0
>>897
・・・right。その通り、よく気付いたね

904 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:59:36 ID:CxvIENqq0
>>882
ワーグナーの時代は終わってしまったのですか? (´・ω・`)
トリスタンとイゾルデでも聴くかな・・・
>>888
ロックも優れたものは音楽としての理論はしっかりしているわな。
カラヤンなんかは天国への階段は名作と言ったりもしているし。
好みの世界と理論の世界は別物だろ。

905 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 18:59:53 ID:p9b1WA+o0
>>900
基礎論の本もいいよ。
決して内容は難解じゃないのに、なぜか言ってることが理解できない時があるw

906 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:00:36 ID:JlQgG2Zp0
要するに

「バカに合わせてバカな作者にバカな小説書かせたらバカな読者が大勢いてバカ売れした」

ってことだろ?
まぁ商業としては健全なんじゃねwww
文化の洗練度的にはクソだが、そんなもん文学(笑)に限ったことじゃないし
とりあえず俺は読まないだけだわ

907 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:00:40 ID:P5Q2OrIkO
なんにせよ、携帯って所が大事なんだろな。


908 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:00:55 ID:0CPBRtQe0
>>891
自分も太宰の人間失格とか全然良さが判らん
ただ、芥川も太宰もショーペンハウアーっていう
哲学のオッサンの影響をもろにうけてる。

909 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:01:22 ID:G1vpjLFa0
三島だって「よろめき」だもんなあw

910 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:01:37 ID:JHpWAGDQ0
>>889
それは、良作の中から、本物だけが残ったってこと。
というか、当時、ダントツの評価だったものは、
今でも評価が高い。古典ってのはそういうものなんだよ。
いつの時代でも名作だから、古典なんであって、
今評価が低いものが100年後評価が高いってのは、
古典の範疇には入らん。

911 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:01:40 ID:WcsyexiA0
ハイデガーの存在論とか黒死館殺人事件とか読んだ後でケータイ小説(笑)を読んだらもしかするとホッとするかもしれない。

912 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:01:42 ID:TkCTZqlz0
>>902
見極め?

低質なものしか供給されないのに、なにとなにをどうやって「見極め」るんだ?www


913 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:02:03 ID:ajF1J+AA0
貧困層がどうとかいうニュースより、こういうニュースの方が格差社会を痛感させる。
あとDQNネームとかも。
ぎりぎり字が読めるという程度の人間が増えていってるんだな。
収入格差なんて知識格差のおまけみたいなもの。

914 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:02:08 ID:dyE0SJSt0
新しい文化の誕生と言われたら確かにそんな気もするし
携帯にかじりついてるゆとりに何を期待するのって言われたら確かにそんな気もする。。

915 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:02:13 ID:JO/k4GS50
>>879
あれの読者投稿欄読むと、多分、ケータイしょーせつ読後と同様の気分になれるよ

916 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:02:24 ID:p9b1WA+o0
>>910
そうするとバッハの音楽が消えてしまうぞ・・・

917 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:02:26 ID:T1UiDCNu0
源氏物語ってラノベやケータイやポルノと同列に並べられて可哀想。
これだから庶民は。何でも自分と同じ次元に引き下げたがる

918 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:02:28 ID:IGyDnUKO0
ここまで4人しか”スターツ”に反応していないのはなぜだろう。
社名を犠牲にしてネタ提供してくれてるのに。

919 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:02:28 ID:vnDS2e7zO
>>897
俺が♀化してクラスの男子から輪姦される小説なら読んだ事ある。

920 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:02:38 ID:ERzxy82B0
>>774
確かにケータイ小説は、小説のカテゴリにいれるのがそもそも無理かもね。
どう考えても、元をたどれば「放課後のうわさ話」の延長なんだよね。売れるケータイ
小説が本当は実話なんて噂されるのも、都市伝説の定番「いとこの友達が実際に・・」
と極めて似通っているし、内容が恋話とホラーが極めて多く、話の展開がお決まりなの
もそれで全部納得がいく。
確かにこれって、小説の新しい分野というよりは、ケータイという新しいツール内で、民
話、伝承を初めとするそもそもの「お話」の誕生までさかのぼって再生産されているんじ
ゃないか、って事まで考えなきゃいけないのかもしれない。

でも、やっぱりそれが洗練されていく過程は、やはり同じだと思うんよ。
面白いものを書く人の大量参入。天才と呼ばれる書き手の登場と大改革。どうだろう、
そこまで期待するのはまだまだ先の話だろうか?

921 :ところでエロ小説の需要は残ってるのか:2007/12/04(火) 19:03:08 ID:a424Ev2r0
>>890
心配なのは、トップ作りに焦った出版社が青田買いをして
トップの座そのものを消費の輪の中に投げ込んではいないかってこと。

私らみたいに普通の人には権威そのものに魅力を感じないのだけど、
頂点を目指せる人には魅力があるらしい。
だから、権威を失墜させて魅力をなくしてしまったら、そこにはもうスターなど現れない。

922 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:03:18 ID:+vXr9veU0
普通は「今更こんな使い古されたネタありえねぇ」な考えにいたるが、
本を読まない層には新鮮なんだろう。
それにしても女は「不幸なアタシ」ってシチュが好きだな。

923 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:03:29 ID:sOZlFrSq0
ここにもアホな編集がいるようだな。
自分の価値観の非論理性を少しは客観視しろよ(笑)
言葉にやられてるだけなんだよ。ロジックでもなんでもない。
とりあえず調子こいて駄文打ってるひまあったら
実は理解できてない「文学」なんぞおいといて、
論理学の初歩とか哲学とか読んでみ(笑)

924 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:03:52 ID:WcsyexiA0
>>908
太宰は中期に限るだろ常考

925 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:04:09 ID:fOk1JPUJ0
>>813

付け加えれば、もともと大衆向けのベタな作品を扱っていたメディアには、必ず「アート」(笑)が侵略してくる。
アートが入ってくると、妙な方向に流れ出して、読者、聴衆が離れる。
で、またまた新しいメディアがベタ作品を携えて登場する。
その繰り返しのような気がする。
小説も、もともとは女子供が読む低俗なものだったし。
今のケータイ小説も、将来は変な権威づけがなされて、ベタ作品は他に流れると思うよ。

926 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:04:12 ID:QlnZoFfQO
太宰はダーザイン

927 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:04:19 ID:PjfgE+sp0
バカな小説をバカが読むってのも不思議だな。
バカでも文章をたくさん読みたいって欲求が存在するんだな
漏れはもうあらゆる小説を読みたくなくなってしまった。下手するとマンガも映画も・・・
こういう枯れた状態が一番ひどいとオモ



928 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:04:49 ID:G0aeB6BA0
芥川賞・直木賞をやっている文芸春秋社が、公募でコネ・出来レース受賞をやってきた結果ですよ
この流れは不思議ではありません

今、文学界で何が起こっているのか
http://blog.livedoor.jp/bunnngaku/

929 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:05:03 ID:s4G3x0qv0
クロスチャンネルがどうしたって?w

930 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:05:23 ID:T1UiDCNu0
>>910
じゃシェイクスピアは?

931 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:05:23 ID:JlQgG2Zp0
ってゆーか古典から近代まで名作は数多くあるし
死ぬまでかかっても全部読めないわけだし
ぶっちゃけ今この瞬間に世界中のすべての小説が永遠に発表されなくなっても
何の問題もない

932 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:05:56 ID:dBnXWjg90
地味に古典文学も売れてんだな
いわゆる二極化ですか

933 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:05:59 ID:p9b1WA+o0
>>921
エロは、とりあえずキリのいいところまで書けw

確かに、どんな世界でも「粗製濫造」の怖さはあるわな。
そのあたりは作家本人がどこまで抗しきれるかにありそう。

934 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:06:07 ID:JHpWAGDQ0
>>930
当時から大人気。

935 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:06:13 ID:BzgnujAD0
昔から日本のベストセラーなんてこんなもんだよ。
名作や本当の文学作品がトップになったことなんてないw

でも、まあ最近はひどすぎるけど。

936 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:06:23 ID:BUZ8vX1EO
援交で稼いだ金で援交ケータイ小説が買われよりリアル(笑)に描か
れたケータイ小説が援交で稼いだ金で買われよりリアル(笑)に描か
れたケータイ小説が援交で稼いだ金で買われよりリアル(笑)に描か
れたケータイ小説が援交で稼いだ金で買われよりリアル(笑)に作者
が書きながら死を遂げたけどいまいち売れず収束

937 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:06:38 ID:WcsyexiA0
「中国産うなぎ売り切れ続出!」とか「マクドナルド人気衰えず!」とかそんな感じ。

938 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:06:51 ID:UNboCpGc0
ラノベが出たときも同じような反応だったね。

939 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:06:51 ID:1X1amEje0
民主党は出てないだろ
国会中に中国に行く準備に忙しい
マスゴミはあいかわらず民主の行動にはスルーですか

940 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:06:56 ID:loFCWQQN0
>>21
既にいるだろ
日本語っぽいだけで意味の通じない言葉喋ってる奴が

941 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:07:02 ID:tEqyeEhR0
>>912
自分にとって良いか悪いかじゃね?
噛み付かないでよ><

942 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:07:03 ID:qnaOEhWP0
出版界も考えるべきだよ
「新人賞の取り方教えます」なんて本が出るぐらい
「定型的な書き方」をしないと賞の選考に残れない
だからケータイ小説を新人賞に応募しても落選だろう
しかし一般読者はもはや新人賞を通過したものになんか魅力を感じてない

943 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:07:54 ID:011VK3V60
>>873
江戸時代には貸本文化が花開いて
庶民が黄表紙なんかを楽しんでいたわけだが。

そういう庶民向けの本でも、
東海道中膝栗毛だの
南総里見八犬伝だのは今でも生き残っているわけで。

944 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:07:55 ID:x+Nz6x9B0
>>921
需要はあるよ。
どっかスレ移動してもいいから最後まで書いて。

945 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:08:00 ID:WGKEuOxO0
☆日本終了のお知らせ☆

946 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:08:11 ID:miud+FLv0
ラノベとどっちがマシ?>ケータイ小説(笑)

947 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:08:30 ID:3KlfxM0C0
レス一個も読んでないけどスイーツでスレ内検索すれば5個はHITする筈

948 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:09:09 ID:p9b1WA+o0
>>942
定型的っつーか、そもそも1ページ目読んだだけで落選するような
「日本語になってない」「視点が定まってない」「描写に魅力が無い」

ってのを最初に否定して自覚を促すのが、ああいった本の役目だろ。


949 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:09:09 ID:T1UiDCNu0
>>934
一度忘れられて後で100年以上たって再評価されて古典の地位得ただろ

950 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:09:23 ID:WcsyexiA0
>>946
ラノベの元祖は富野由悠季の「機動戦士ガンダム」

951 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:09:33 ID:umX0DUw1O
詩の甲子園Wとやらと同じだな。
純粋な詩歌などまるで解さない愚民どもが詩という言葉だけを借用してくだらない自己主張やら展開していくだけの不毛な協議。
単なる戦争被災者の叫びを原爆詩と称して教科書に掲載したせいもあるだろうが。
愚民化計画は強力だ。

952 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:09:49 ID:TkCTZqlz0

 

マクドナルドのメニューの中から、上質な旨いものを探せ って言われてもそりゃ無理だよwwwwwww


 

953 :エラ通信:2007/12/04(火) 19:10:22 ID:z8WCk36l0
ノーベル文学ショーのキチガイ育てた文芸界が見捨てられたんだよる・

954 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:10:23 ID:BzgnujAD0
ケータイ脳  恋空脳

955 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:10:24 ID:a424Ev2r0
生物学的に言えば彼女と俺の口唇が触れ合った。哲学的に言えば彼女は俺にキスをした。
文学的に言えば、彼女と俺の唇は一瞬の時の中で永遠の交わりを……って落ち着け、俺。
「キスした!」「やーぁん!先生のえっちぃ!」
お前らも落ち着け!ってかいつの間に沸いて出たんだこのマセガキども!
何はともあれ、どうも俺と明日香ちゃんのキスシーンは一同に目撃されたらしい。
「ま、まて!俺がエッチなのか?明日香ちゃんはエッチじゃないのか?」
「だって明日香ちゃんは毎日やってるもんねー」「ねー」
……いたずら常習犯ですか。
しかし、なめられたもんだ。何とかして逆転を狙わなければ俺の立場がない。
「お、お前らキスの意味、知ってるのか?」

956 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:11:08 ID:XkbcHM1n0
難しくはないけど、気の利いた修辞とか使っても、馬鹿は理解してくれないからな
馬鹿には馬鹿がお似合い

957 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:11:09 ID:B4ld/TPC0
村上春樹はラノベ。

958 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:11:38 ID:tEqyeEhR0
>>952
おまww試食も出来ないし製造も確かめられんから無理だよw
為になる本読みたいなら、少なくとも立ち読みなりレビュー読むなりしろ。

959 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:11:50 ID:Mon9mrEK0
発表されて100年も経つとリアル世代も居なくなるし
過大評価か完全忘却かどっちかに分かれるんだろうな

アニメだって100年後はガンダムとかエヴァしか残らなくて
それだけ見て「何が面白いの?」とか言われるんだろ

960 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:11:52 ID:JHpWAGDQ0
>>949
そうか・・・・・・・・・・・。「ドン・キホーテ」も
そのパターンだな。これは、作者のセルバンテスのほうが
面白いけど。

悪い。古典の定義は難しいっす。

961 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:11:52 ID:LfqvadjU0
学生のときにリアル鬼ごっこが人気だって聞いてなんとなく買ったなぁ
学校で呼んでたらクラスの女の子が「面白いでしょ?」て聞いてきた
その子のこと好きだったから「うん」て答えたよ
帰りにブックオフに行ったけど

962 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:12:09 ID:qnaOEhWP0
>>906
>バカに合わせてバカな作者にバカな小説書かせたら

べつになんてことないない人が趣味で小説書いたら

ってとこだろう

963 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:12:16 ID:oVqxVSHiO
よく編集者が使う「引き込まれる」って言葉
今の女子中高生はまさにそれだろ
自分らよりも不幸な恋愛してる→これが本物の恋愛なんだ!と思いこむ
モバゲ見てみろ。一番不幸な年代だよ、本当

ま、ビッチ大量生産で日本オワタってこった

964 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:12:43 ID:Ebg0Q4RR0
ネタとして楽しむならありなんじゃないか
マジになってたらCLANNADは人生とか言ってる奴と同レベル

965 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:12:44 ID:6J9hqX/20
文学は既に昭和30年代後半において、漫画に抜き去られていることを
忘れてはいまいか? また、読書はテレビに完全にお株を取られて
いるのもその頃である。
産業の規模うんぬんと中身の問題は関係しないのではあるがね。

966 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:12:46 ID:011VK3V60
>>891>>908
太宰って思いっきりボダだと思う。
読んでいて気分が悪くなる。

大人になってから再チャレンジしようとしたが、
余計に駄目だった。

967 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:12:57 ID:1gPz5/sLO
源氏物語はラノベ

968 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:13:37 ID:XLTMPo3c0
>>959
アニメよりテレビ局の安否が気になる

969 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:13:46 ID:WcsyexiA0
>>966
太宰はおもくそコメディの人間だよ。後期ばっか読んでんじゃねーよ。

970 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:13:50 ID:NMYf0OWs0
こういう売れ方した本の行く末は古本屋でごみ扱いなんだよな。


971 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:13:52 ID:T/35WVXv0
まあ、プロだと狙い過ぎてて、アレなんだろうなあ。

972 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:14:05 ID:qBb3l93w0
ラノベから描写をちょっと抜いて台詞を増やして、
横書きにして1Pの文章量を減らせばケータイ小説の出来上がり。

973 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:14:07 ID:T1UiDCNu0
>>950
ガンダムもオタクの間じゃ人気らしいけど、テーマ的に旧すぎるね。
シムーンの足下にも及ばない。

974 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:14:51 ID:i0KfelIRO
>>911
来年度『存在と時間』を講義で扱うから今からすぐに読んでおけよと言われた理由がわかった…
自分の理解力の乏しさをこれほど思い知らされたことはない…

975 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:14:52 ID:6UeLeR8S0
日本本格的に終わったな

976 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:15:10 ID:+kuCXfvb0
ベテラン作家が書いたケータイ小説を出せば気軽に読めていいんじゃないの?
ていうか、本で買うと高いんだよ。

977 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:15:21 ID:mxO1zVRc0
日本の文学界終わったねw
ドラマや映画もマンガやアニメの延長線上みたいな作品が多いしねw

978 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:15:41 ID:p9b1WA+o0
>>960
クラシック音楽でも「現時点における」流行り廃りはあるわけだし・・・

ただ、なんらかの評価をしてきた人が多いから
その点で安心して鑑賞できる、ってのが古典のいいところではないかと。

「レビューがやたらと多く、概して高評価」なゲームのようなもんだw

979 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:15:48 ID:8yK1bJH30
洗練された上手い奴が書いても面白くないんだよきっと

980 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:01 ID:WGKEuOxO0
スイーツ(笑)出版かとオモタwwwww

981 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:08 ID:Y7klvLRcO
累計200万部で一位になっちゃうんだ
年に数千万冊のコミックスを発行してる集英社が金持ってるわけだ・・・
今も千代田区のド真ん中に新築のビル建ててるし

982 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:15 ID:P5Q2OrIkO
まぁ、なんも読まんよりはいいんでないかい?
主人公が死ぬ話が流行ってて、それ読んでる大半がリスカ常習なのをを思えばさ………。

983 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:19 ID:qnaOEhWP0
>>948
そんな自覚なんかなくても書けるし
それが売れてるという現実。

「日本語になってない」「視点が定まってない」「描写に魅力が無い」
日本語になってない部分なんてリライトすりゃいいだけ。リア鬼はリライトなし+ツマンナイので叩かれたけど
視点も同じ。リライトすればいいだけ
細かい描写はさして求められてないという現実。パラサイトイブみたいに売れた作品でも細かい描写や情報がウザかったっけ。
もう必要最低限のことだけハードボイルドのように書いていくという手法もアリだと思う。

984 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:28 ID:T/35WVXv0
出版社にしても、よくわからん出版社だしな。
まあ、老舗やプロのうけない時代なんだろう。

985 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:35 ID:TkCTZqlz0
まあ、別に低質なケータイ小説は存在してもいいけどさ、

でもマクドナルドのように、永遠に「ゴミ餌ウンコの代名詞」として批判され続けるべきwww

986 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:36 ID:WcsyexiA0
>>973
福井晴敏は富野小説読んで育った売れっ子。「閃光のハサウェイ」を敬愛。

987 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:39 ID:vnDS2e7zO
>>974
ドイツ語でよめば理解しやすいと言われてドイツ語の辞書を用意して一行目で涙目になった。

988 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:42 ID:T1UiDCNu0
映画は結構いいだろ
アカルイミライとか。

989 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:16:56 ID:kCxmbUUf0
>>888
だからさあ…。
その比喩がもうおかしいわけ。
演歌は演歌だし、ロックはロックでまったく別物だけど
ケータイ小説は「小説」と銘打っている以上は小説として評価されるわけ。
また、意識的に他ジャンルの評価軸を持ってきて評価するということもあるし
ジャンルを超えた評価、というものも存在する。

ちなみに一応立ち読みでいくつか読んだ上で言っているので念のため。


990 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:17:05 ID:LfqvadjU0
ちょっと頑張ってコツ習得して俺らも書こう
ヒットするかもしれん

991 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:17:24 ID:Rhz/gabAO
エロトピア

992 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:17:39 ID:a424Ev2r0
「キスってのはなぁ、ただの挨拶なんだぞ」
衝撃の事実。即座にえーうっそーの嵐が続く。
「ホントだ。映画を見ろ。アメリカの映画なんかみんな普通にキスしてるだろ。ありゃただの挨拶代わりなんだ」
「えー恋人同士でするのがキスじゃないの?」
「そういうキスもある。だが、さっき明日香ちゃんがやったのは挨拶のキスだ」
小学生にいいように遊ばれてたまるか。
どうせおませなこいつらは、「恋人同士のキス」がどんなものか聞いてくるに違いない。
ついでだ、こいつらの唇、全部奪ってやろうか。
俺の中で何かが暴れていた。さっきから体がむずむずする。

んじゃ、続きはVIPでスレ立ててもらおうか。

993 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:17:40 ID:SikqS5eHO
携帯で書いてるわけじゃないでしょ?

994 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:17:44 ID:B4ld/TPC0
ひねくれ者が散々グレて放火に走っちゃうやつ。
あれ、文学界の名作とか言うけどただの中二病エロ小説じゃねえか。
挿絵入れればV系とかデスノが好きなDQNヲタに人気になるかもね。

995 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:17:56 ID:k0mEd9oT0
知力の平均値が下がったから
知力の低い小説がはやる
それだけ

996 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:18:17 ID:ewMsxFhf0
1000ならスイーツ出版に改名

997 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:18:19 ID:PjfgE+sp0
>>981
マンガは消費されてる感が強すぎる
焼き直しの繰り返しで小説よりも終わってると思う

998 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:18:22 ID:dVO1dWXN0
赤福や吉兆が、たたかれたし、こんなもんだろ昔かたぎのプロは、(w

999 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:18:26 ID:5rdohzht0
これも時代の流れか…
世間的には認められてるみたいだが、
頭が化石の爺世代には付いて行けないな

1000 :名無しさん@八周年:2007/12/04(火) 19:19:09 ID:ztr6Yi5IO
>>894-895
不安だぜw

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

243 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)