5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医療】救急外来で受診した男性、腹膜炎なのに便秘症と誤診され翌日に死亡…遺族に2000万賠償へ[11/26]

1 :たんぽぽ乗せ名人φ ★:2007/11/26(月) 21:49:14 ID:???0
大津市民病院で昨年2月、救急外来で受診した同市内の男性(当時71歳)が、
消化管に穴が開いたことによる腹膜炎だったにもかかわらず、便秘症と誤診され、
出血性ショックで翌日死亡していたことがわかった。
市は診断ミスとして、遺族に約2000万円を支払うとする損害賠償の議案を12月市議会に提案する。

病院によると、男性は昨年2月18日、腹部のレントゲン検査とコンピューター断層撮影法(CT)検査を受けたが、
当直医だった消化器科の男性医師(38)が「便秘症による腹痛」と診断。薬を処方して男性を帰宅させた。

医師は2日後、画像を確認した放射線科から「診断ミスではないか」と指摘され、
男性宅に連絡し、死亡を知ったが、病院には報告しなかった。
同年8月、男性の妻から抗議があり、病院が調査していた。

三沢信一院長は「診断と死亡との因果関係は明らかではないが、入院していれば救命の可能性があった。
同様の事故を繰り返さないよう、万全を期する」とのコメントを出した。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071126i515.htm

2 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:49:22 ID:VqNDMYz60
2なら明日朋子先生に告白される

3 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:50:23 ID:rVZSgMbm0
           ,, -──- 、._
        .-"´         \.
        :/   _ノ    ヽ、_ ヽ.:
        :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:
      :|       (__人__)    |:  >>3 プギャー!!!
      :l        )  (      l:
      :` 、       `ー'     /:
       :, -‐ (_).        /
       :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´
          :ヽ   :i |:
             :/  :⊂ノ|:

4 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:50:29 ID:2rtPJO9cO
1 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/07/18(火) 12:57:39 ID:c/Q1bnU60 ?#
てめーら俺が小学生だからってナメてると泣かすぞコラ?

25 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/07/18(火) 13:07:26 ID:Uba2BM3y0
>>1
お前ここの連中にそんなこと言っていいのか?
ここの連中は30超えてるのに母ちゃん泣かしてんだぞ

5 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:50:45 ID:3I4Ho2L00
>診断と死亡との因果関係は明らかではないが

ねーよwwwwwwwwwwww

6 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:51:41 ID:GrT0La1G0
>三沢信一院長は「診断と死亡との因果関係は明らかではないが、入院していれば救命の可能性があった。

医者こえー

7 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:52:44 ID:osYwbFq70
71歳が死んだくらいなのに2000万は要求しすぎじゃないか
そんな価値ないでしょ

8 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:53:03 ID:obg7p6YQ0
バブリー世代(笑)

9 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:53:18 ID:+/t8+bQJ0
ヤブ医者はホントにヤブだからなー

10 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:53:46 ID:su299gvJ0
さすがにこれは誤診もいいとこだろ……

11 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:53:52 ID:W4w85P3B0
こういういい加減な医者が居る限り、医療訴訟は無くならないし、
訴訟を避けるため、急患を受け付けない病院が増えるんだろうな。

12 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:53:52 ID:nSSATCZX0
消化器科が気付かず放射線科が気付いたのか

13 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:53:56 ID:aEWV1OBN0
>>2
朋子先生?朋先生?

14 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:56:26 ID:l29sp37Z0
>>12
放科は読影のプロだよ。
消化器科医がわからんかった所見を読影できてもおかしくない。

15 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:56:39 ID:K3N/DkoOP
俺も同じようなケースあるなぁ。
腹痛で深夜に救急へ駆け込んだら食あたりの診断
翌日出張へ出かけ食あたりだって言うから何も食わずにいたのに
また同じような腹痛
なんとか帰ってきて違う病院にとりあえず駆け込んだら急性胆嚢炎で
破裂寸前。そのまま緊急入院させられて数時間後には手術台の上に
乗せられてたw
医者曰くあと半日我慢してたら頭の上に天使のわっかが出来ていたと
聞いて冷や汗。


16 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:56:49 ID:ND7RqL7Y0
返してしまえば、
あらゆる場合に於いても
    
    明らかではーー無い。

17 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:57:07 ID:hHhCzrwv0
ミスした上に気付いていたのを報告しなかったって
そんな奴実名晒して医師会から抹殺しろ。

18 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:57:13 ID:iEqthhD50
>診断と死亡との因果関係は明らかではないが
             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ   <またまたご冗談を
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙


19 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:57:41 ID:cSYTZjEe0
>>3の何が面白いんだ?

20 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:57:43 ID:kS6/fd5cO
拒否はダメ、誤診もダメ、金払わなくても追い出しちゃいけない、何かあったら賠償
病院って大変だね

21 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:58:31 ID:1y2mPbKf0
問診や触診でミスするんなら分かるけど、CT検査して誤診って何よ?
医師の護身のまちがいだろ。


22 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:58:46 ID:osYwbFq70
誤診は悪いことだけれどもある程度仕方がない事と納得すべき
症状はケースバイケースだし、医者だって人間、ミスくらいする。

23 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:59:49 ID:0I1FcKG/0

このヤブ医者の実名マダー?

24 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:59:50 ID:6SThyGeJ0
>>20
社会に出て責任ある仕事してるなら
大体どの職種でもそんなモンだと思うけど。
医者だけが特別か?

25 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:01:22 ID:ND7RqL7Y0
生きていようが、

死んでいようが、

何がなんでも      明らかでは ー − nai。 ー  -

26 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:01:48 ID:nqFtoGt7O
>>5,>>6
医療ミスが原因の死ではなく
今回の死の原因は腹膜炎
ってこったろ

27 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:02:37 ID:RmDShfX70
>>20
遺族に伝えていれば、何ともなかったかも知れないが……


>>21
CTで腹膜炎が分かるとも思えないんだが
ただ、この当直医って消化器医なんだよな。
便秘と腹膜炎ってそんなに症状が似ているものかね

ま、救急外来というのはそんなものか


>>22
半年間も遺族や病院に伝えていなかったことは完全にミスだと思う

28 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:03:38 ID:Cpx6W7L+0
大津市民病院 消化器内科医師一覧表

消化器内科
1診 B2-5 午前 再診 益澤 高田 宮田 趙 高谷
2診 B2-6 午前 再診 高見 山岡 高見 高田 山岡
3診 B1-4 午前 初診 趙 宮田 高谷 山岡(第1,3,5週) 益澤
高見(第2,4週)


29 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:04:06 ID:C623k0XQO
自分もその日に便通があったって言ってるのに便秘だって言われて、下剤と浣腸渡されて帰ったことがある。言われた通りにしたら、家で七転八倒したよ。腸閉塞だった。

30 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:04:12 ID:56eL4Fm+O
お医者さんって大変だね
みんな仕事でミスした事ぐらいあると思う
人が死ぬような仕事じゃないというだけ
第3者というか、グループでの確認がのぞましいけど

31 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:04:23 ID:osYwbFq70
>>24
故意にお金を横領したとかではありませんよ
誤診、医療ミス最善を尽くしても結果残念な事になんてこともあります
それで裁判沙汰、刑事訴訟となるわけですが。
ミスをして、または最善を尽くしたが結果的に見てだめだったときに
辞職だけでなく裁判沙汰、刑事訴訟に発展する職がそうたくさんあると思えないが。

32 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:04:57 ID:iMr4EFIl0
また糞医者どもが擁護にワラワラ湧いてくるなwwwwwww

33 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:05:02 ID:Y/kEOxEI0
腹膜炎って地獄の痛みらしいな…

34 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:05:09 ID:2NEEPOa90
>>24
ミスがダイレクトに人の死に繋がるという意味では特別かな

35 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:05:18 ID:ND7RqL7Y0
偶数 医師

奇数 患者

36 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:06:13 ID:v88ulLx90
>>15 俺は逆に3連休初日だったんで病院に電話したら、
来てもいいと言われ、気軽に病院に行ったら腹膜炎で入院した。
逆に医者に救急車で来なかったことにびっくりされた。
あんまり痛いときは救急車呼んだほうがいいといわれたけど、
自分で判断しにくいよな...

37 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:06:14 ID:JvAqoqhp0
診断ミスでは内科

38 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:06:51 ID:LpjqInI40
>>29
診断に疑問を持ったら違う病院で見てもらえ

39 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:07:25 ID:iMr4EFIl0
なんで税金で払うんだよ。医者が自分で払えよ。医者の高給はミスったときの賠償リスクも込みの値段だろうボケ!!!

40 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:08:14 ID:W2YUPPp6O
整理すればいいだけ
まず、緊急性には疑いようがない
次に対応だか、レントゲンとスキャン、消化器科の医師
これには問題がない
次に診断、ここで間違えたことがどれぐらいの過失か、問診の内容がカルテにあるはず、写真もある
これはほかの専門家に聞くしかないが「気付かなくてもしょうがない」水準の可能性もある

ただ、もしあからさまなのに放置なら医師免許停止してほしいな

41 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:08:56 ID:SaciTWfDO
>>29
生きてて何より。
時間が経つと死んじゃうんだから。
危なかったね。
手術後の癒着には気をつけようね。

42 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:09:09 ID:Y8z2HiPk0
便秘の腹痛って本当に痛いんだよ。
下痢の腹痛とは違う。大腸が便秘のガスで異常に膨らみ
内臓を押し上げる、ってだけなんだけど、マジ痛い。長いし。
と救急車で運ばれた私が言ってみる。

43 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:09:26 ID:iMr4EFIl0
最近は糞医者どもが非医師の一般人を装って擁護するから悪質だ。
>>30とかその典型。

44 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:09:35 ID:2NEEPOa90
>>26
誤診も医療ミスじゃないのか?

45 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:10:31 ID:OyJsYwFQ0
>>20
確かにモンスターペイシェント問題もあるけれど
過失の程度が大きい問題ならば適正に処罰なり賠償なりをするのが常識でしょ?大丈夫?

その辺の棲み分けをしっかりしなきゃ、ってダブルライセンスの弁護士が言ってたよ。

46 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:10:57 ID:ITsPPVIw0
>>5
いや、死因は腹膜炎だろうから、そりゃ診断は関係ないだろう。

47 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:11:26 ID:osYwbFq70
>>43
時給換算で薄給、激務、高リスクの医者叩いて何のメリットがあるんだよwwwww
今叩くなら高給取り、楽なお仕事の公務員だろ

48 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:11:26 ID:pVnEONf70
結局、人の心なんて永遠に分からないんだからお金で解決するしかない。
保険屋も病院向けに新しい商品作ればいいんじゃないかな。

49 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:11:33 ID:vilBRqK/0
放射線科が改めて確認するものなの?

50 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:11:35 ID:KGnaq/9e0
71歳に2000万も、因果関係はあきらかでないが、も
訴訟上の表現じゃんか。

51 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:11:46 ID:69vmFoOt0
そりゃ緊急外来でまともな診療受けれるわきゃない。

52 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:12:08 ID:6SThyGeJ0
>>31
重過失なら大体裁判沙汰になると思うけど。

53 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:12:22 ID:uH54UKup0
>>47
公立病院の医者を叩けってことかーw

54 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:12:40 ID:ITsPPVIw0
まぁ、賠償くらいは仕方ないだろう。
これが刑事告発とかになると、流石にどうかと思うが。

55 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:13:48 ID:69vmFoOt0
>>24
プロならだいたいそんなもんだが、リーマンが言うセリフじゃないな。

56 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:13:57 ID:0RSy8oLT0
胃潰瘍で通院してればミス
そうでなければ、ぎりぎりセーフとしてもいいだろ

57 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:13:59 ID:YUMXo0VV0
ttp://www.municipal-hospital.otsu.shiga.jp/shoukaki.html
医 長: M.M. 1994年卒
医 長: M.A. 1994年卒
医 長: T.H. 1995年卒

どいつだw

58 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:14:01 ID:gwD+QSMe0
医者も人間、時には誤診も有る

59 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:14:12 ID:I3jkRGEA0
下痢が1ヶ月以上続くので病院に行ったら、夏の間に冷たい物を食べ過ぎたからだろうといわれた。
食ってねえよと反論したが聞き入れてくれず。
納得いかず、しばらく下痢のまま辛抱していたが、或る日駅でぶっ倒れて救急車に運ばれて入院。
検査を受けた結果クローン病と診断された。
お前らも、納得いかない場合は複数の病院で診てもらえよ。
どうしょうもない藪医者っているからな。

60 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:14:31 ID:48rMIs6Z0
71歳に2000万て・・・


61 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:14:34 ID:ND7RqL7Y0
さすがに、
放射線科だからといって、だまってはおれなかったか?
この場合は、さすがに、だまっては。

62 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:14:44 ID:osYwbFq70
>>52
おまえ仕事なにしてる?
お前の会社でミスしたり、または最善を尽くしたが結果的に見てだめだったやつはどうなってる?
2000万請求されたり刑事訴訟になったりするの?

63 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:14:46 ID:iMr4EFIl0
腹膜炎と便秘の区別が付かないような医者を身内で擁護する糞医者どもは
何を考えて居るんだ?

人が死んでるんだぞ。

64 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:17:20 ID:L7dvAGOJ0
救急って新人とか他科の医者が診るわけだから・・・

ローテーション的には、内部でも今日はご愁傷様とかあるって
医者板で言ってた

65 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:17:51 ID:uH54UKup0
>>62
そういう職場あるよ。しかも公務員で。
で、>>62みたいな発言をすると、身内を庇っていると批判される。
しかも息子娘が教師にいじめられる、救いようのない職場が。

66 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:18:03 ID:ND7RqL7Y0
ほんとうか?

67 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:19:02 ID:EGVQJvQr0
ベテラン医師でもこういうのは普通にあるよ
だからそれぞれの先生の腕を知ってる病院内部の人間は
自分とこで治療を受けたがらないw

うちの病院で絶対お世話になりたくない科No1は歯科口腔外科
抜くんだったら非常に上手いそうだが手術等は絶対したくない

68 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:19:02 ID:fZqtgxs/0
専門医レベルの医療が提供できないのに、救急をやる馬鹿がまだいるとは・・・


救急で診た時点でアウト。断らないと。

69 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:19:10 ID:osYwbFq70
>>65
でもそういうのは少ない。特別だから

70 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:19:24 ID:iHQfkgS20
この医者は確かにヤブなのかもわからんが、
そもそも救急自体が勤務医の労働基準法違反のご奉仕で成り立っているんで、
訴訟なんかが増えてくると、こんな異常な勤務は拒否します、って話に
だんだんなってくる。
そしてイギリスみたいに貧乏人は医者にかかるのに何日も場合によっては数ヶ月も
待たされるような社会に。




71 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:19:31 ID:a1CXqaKR0
男はあまり便秘にならんけどな
生活習慣などを問診すればわかるはずだけれどw

72 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:20:03 ID:xdHerBGh0
あんまり医者(勤務医)は高給取りではないのよね。
高い賠償金をポンと払えるほど頂いてない。

消化器内科医だから言い訳は難しいとは思うけど、ある程度の事情はあるかも。
消化管穿孔してたという事だから腹腔内遊離ガス(Free air)がCTであったんでしょうけど
少しCTの見え方(いわゆるWindow Levelを変えて見てやる。濃淡の条件を変えてみてやる。)を
色々にしなければFree Airを見逃すことがある。
Free Air以外にも見とくべきところがあるけど、例えばDQN来襲(DQN患者多い、最近)でヘロヘロだったとかの
汲んであげるべき状況もあったのかも。

後、後医ほど名医。
後になるほど典型的な症状が強く出てくる。

かばうとしたらそんなところ。。。

73 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:20:44 ID:X7gcKENC0
夜間救急で急性腹症の腹部CTを撮る時、俺は空気が見える条件を必ず作ってもらう。
俺には、普通のプレーン条件で、free airを確実に診断する自身がない。
この消化器科医もそうしてもらっていれば、もしかしたら防げたかもしれない。

74 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:20:46 ID:F1DR/lfK0
とりあえず、救急やってる病院から逃げてよかったと思っている
仕事は楽になったのに給料は以前より上がった
ハイリスクノーリターンなことなんて負け組の医者がすること

75 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:21:00 ID:KGnaq/9e0
>>62

これが誤診なのは同僚の指摘からも明らかなんだと思うけど、
誤診のひどさのレベルがわからないよ、教えてほしい。

76 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:21:21 ID:mhG46Vqi0
これは酷い・・

とにかく夜間に急病になると悲惨だ。
知り合いの医者がそう言ってた。

77 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:21:22 ID:iMr4EFIl0
>>70
また出たよwwwwwwww



辞め辞め詐欺がwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

78 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:21:26 ID:SaciTWfDO
>>59
クローン病は難病だし、診断に多少時間がかかるからね。
薮には解らないから下痢としか言えないんだよ。

闘病、頑張って。

79 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:22:10 ID:ND7RqL7Y0
さすがに、
放射線科だからといって、だまってはおれなかったか?
この場合は、さすがに、だまっては。

80 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:23:57 ID:69vmFoOt0
>>70
> そしてイギリスみたいに貧乏人は医者にかかるのに何日も場合によっては数ヶ月も
> 待たされるような社会に。

日本の世論がそれを望んでるんだから、別にいいじゃん。

81 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:24:07 ID:1wdnaBwMO
71歳って共済から死亡で100万円とかしか出なくない?
体力不足も死亡の原因だと思うし

82 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:24:33 ID:uH54UKup0
>>69
特別だから甘くしろっていうことですか。
甘くするんじゃなくて、過失があったかどうかを精査してしかるべき処分を下さないと、ユルユルになっちゃうと思うんだけど。
免責するとか、罪を軽くするとか、そういうのは根本的な解決策じゃない。
医療行政全体の問題だと思うよ。

83 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:24:54 ID:9J5kbEGC0
>>71
お年寄りになるともう体中あちこち悪いし便秘にもなるよ

84 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:25:29 ID:5lTLWRuS0
便秘患者のなかの腹膜炎ってどのくらいの割合?100人に1人?
だとしたら100回のうち99回は無駄な検査や入院をするんだね。
医療費がかさんでしょうがないぞ。

85 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:25:35 ID:iMr4EFIl0
救急だからとか論点違いなこと書いてるバカは>>1も読めないのか?

>当直医だった消化器科の男性医師(38)



    消  化  器  科  の男性医師(38)

    消  化  器  科  の男性医師(38)

    消  化  器  科  の男性医師(38)

    消  化  器  科  の男性医師(38)

    消  化  器  科  の男性医師(38)

    消  化  器  科  の男性医師(38)

    消  化  器  科  の男性医師(38)




消化器科が消化管に穴が開いたことによる腹膜炎の診断をするのが専門外なのかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

86 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:25:51 ID:4xrUmrgK0
ま、誤診なんだからきっちり賠償しろよ。
俺は医師の刑事罰には反対だが、民事で賠償負わせるのは大賛成。
働いて家族に賠償せい。

87 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:26:19 ID:g4D6+T9e0
ちょっと失敗したら人が死んじゃう仕事はしたくないよーママー

88 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:26:22 ID:SVKdMFxw0
>>42
家庭の怖い医学だっけ?あれでやってたな
全然出ないと、便の体臭がしてきて、しまいには便が溜まりすぎて腸が破裂するってさ
ここまでならなくて良かったねぇ

89 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:26:36 ID:yaa0wcmI0
wが沢山つけばつくほど白痴指数が高いね

まあ77はアメリカ型医療を目指せよ。
イギリス型でもいいぞ


どういうのかは自分で勉強しろな。
お前は医師の言うことは信用しそうにないし

90 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:27:43 ID:fZqtgxs/0
消化器科でも専門はさらに分かれてますがな。

91 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:28:29 ID:vKVGhEMZO
>>81

ちょっとラッキーだよね。



92 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:28:44 ID:iMr4EFIl0
>>89
アメリカの保険に入ってない日本人の旅行者がアメリカで盲腸の手術したら
300万円かかるっていうあたりまえの話を持ち出して「アメリカの医療は貧乏人切り捨て」
と吠えてるバカか?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


アメリカの平均寿命調べてから言えやバーーーーーーーーーカwwwwwwwwww

93 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:29:09 ID:jwLBat1K0
老人とか重病の患者が死んだときにの訴訟では、慰謝料と、介護費用を
相殺して、介護費用が上回れば、訴えた側がその差額を払うべきだ!

94 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:30:04 ID:OyJsYwFQ0
>>89
ちょっと短絡的じゃない?

95 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:30:09 ID:9J5kbEGC0
>>88
便秘スレで便秘で死んだ人の話見たけどあれは怖かった

96 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:30:29 ID:4xrUmrgK0
>>92
マジレスしとくと、アメリカにも貧乏人相手の医者はいる。
つまるところ、金持ち相手の医者になれなかった医者。
典型は映画にもなったパッチアダムス。

97 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:30:46 ID:fZqtgxs/0
>>92
旅行者ならもっとかかるんじゃね?

98 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:30:50 ID:hKs9cFSQ0
これはひどいわ
妊婦とは比較にならん訴訟起こされても仕方ないレベル

99 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:30:58 ID:iMr4EFIl0
>>90
はああ?? そこまで狭い専門ってさwwwwwwww


おまえは東大医学部の研究者かっつーのwwwwww

大津くんだりの市民病院にそんな細かい専門ごとに1人ずつ専門の医者がいるのかよwwwwwwwwwww



100 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:31:57 ID:KGnaq/9e0
>>99
ねえ、そんなにひどい誤診なの?
わからないんだよ、あなたは知ってるみたいだから、教えてよ。

101 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:32:07 ID:hKs9cFSQ0
>>95
おお、肛門近くには爪で掻きだそうとした跡が
あったってやつか
死後解剖したら腸のほぼすべてがコンクリなみに
硬化した便に埋め尽くされていたという

102 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:32:45 ID:9J5kbEGC0
>>101
そう、それそれ!やっぱ怖いわ

103 :名無し:2007/11/26(月) 22:32:54 ID:JpA34ONnO
虚血性腸炎による続発性穿孔性腹膜炎は初期は診断が難しい。触診で軽い抵抗があり最初は白血球も上がらない。CTで腸間膜の浮腫があるかもしれない。フリーエアは初期はでない。診断も予後も厳しい症例だと思います。

104 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:33:17 ID:8f3c1tEF0
71歳の死亡に2000万円も払わないといけないのか
日本で医者になるやつは馬鹿だな

105 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:33:39 ID:kYFw9MBt0
この年になったらもう家族はこれはこれでいいやって感じだろ。
こんな年で2000万もらえる保険なんて何十年も終身保険かていれば
別だけどなかなかないよ。
それにしても最近の医者は人殺しが多いから何とかしてほしい。

106 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:33:45 ID:RIha5Evp0
レントゲンとCT撮って、消化器科の医者が診たのに便秘ってか・・・

107 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:34:06 ID:5lTLWRuS0
腹膜炎で板状硬じゃないこともあるのかな?
あと、老人ってやたらに腹が硬い人っているよね。そういうときは困るだろうな。

108 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:34:15 ID:VBrskbNF0
いちいち誤診で賠償してたらますます診療拒否が起こると思うんだが
もうアメリカ型の医療制度にしたら?

109 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:34:26 ID:hKs9cFSQ0
>>103
でも放射線科は気づいて指摘してたんじゃね?
2日後だけど。

110 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:34:28 ID:g4D6+T9e0
>>103
かっこいい

111 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:34:36 ID:IBN4Me1EO
>>62
度し難いほど酷い過失で人を死なせて不問にされる職場とかあるの?

112 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:34:41 ID:fZqtgxs/0
>>99


実際どこもそうだよ。日本は専門家に、一般内科を無理矢理させてる。

全ての専門家をそろえ、穴を埋めるには、医者の数がまるで足りない。


だから救急医でもないのに、救急やる医者は馬鹿。わかるかな?

113 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:35:34 ID:RmDShfX70
>>103
>病院によると、男性は06年2月18日午後2時半ごろ、妻に付き添われて救急外来を受診。
>レントゲン検査の結果、腸内にガスが充満したことによる腹痛と診断された。
>医師は便秘薬を処方しただけで男性を帰宅させたという。男性は翌19日も症状が治まらず、
>市内のほかの病院を受診したが、同日夜、上部消化管(胃)出血性ショックで死亡した。

114 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:36:04 ID:2dcOF4240
こないだ恍惚の人を読んだばっかりなんだが
男性(当時71歳)は呆けもせず急病で亡くなって良かったんじゃないかと
思った。 読んだ本に影響されすぎなのは分かってるんだが。

115 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:36:11 ID:yaa0wcmI0
あれま、本当の痴呆なのにネットできるんだ

アメリカの普通の人の破産理由とか調べてみたら?
イギリスのNHSがどういう風になってるかしらべてみたら?

冬休みの自由研究な、ボクチャン。
いつか社会人になれるといいね。

116 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:37:00 ID:X+l7APxs0
たんぽぽ乗せ名人ってもしかして

今日もまた刺身の上にタンポポをのせる仕事がはじまるぉ。

の人?

117 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:37:35 ID:RmDShfX70
>腸内にガスが充満したことによる腹痛

上で言っているfree airとは違うのかな?

118 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:38:28 ID:+/t8+bQJ0
レントゲンだろうとCTだろうと患者が訴える症状を理解しないで見るからなーんにもわかんないんだよヤブちゃんは
俺の診て見らったヤブちゃんは尿管結石がわかりませんでしたよw
せめて尿検査しろと

119 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:38:38 ID:61RGdwui0
医者も人間だからねえ・・・
スーパーマンじゃないんだよ。
ただ人の生死に関する仕事ってだけで。

120 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:38:46 ID:hKs9cFSQ0
>>116
やる夫のこと?

121 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:38:51 ID:Y5QqTsSKO
>>105
それ以上に人を救っている医者の方が多いはずなんだがね

122 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:39:28 ID:g4D6+T9e0
>>105
>この年になったらもう家族はこれはこれでいいやって感じだろ。
そうでもないんじゃない?
福田総理とか

123 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:39:36 ID:EHlhEYCr0
正直、内科医とか消化器科医とかじゃなくて、検査は全て放射線科医に読影してもらいたい
やっぱ高いのかな

124 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:39:42 ID:jwLBat1K0
>>117
フリーエアって、腸の外にある空気のことだよ。腸管に穴開いたら出てくる。

125 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:39:43 ID:RmDShfX70
>>112
消化器科って消化器の専門家じゃないの?

126 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:39:56 ID:NE1Um4G+0
便秘で死んだ若いねーちゃん(日本人)が解剖され医学解説書に目線付き顔写真が載って問題になった事件あったな。


127 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:40:39 ID:du4H56pb0
この後2000万円の分配を巡って骨肉の争いがあるんだろうな。
どのように分配しても不満は残るんだよな。

128 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:41:00 ID:Dj39x8aE0
町医者はおっかないよね
盲腸を急性胃腸炎と診断されて一週間放置されて腹膜炎寸前になったことあるからわかるわ

129 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:41:02 ID:fZqtgxs/0
>>118
尿検査での感度、特異度くらい知ってて言ってるんだろうな。
尿検査で、なんてどこのヤブだよ。



高齢者の腹痛は診ない。これで二度とこういう不幸な事件は起こらない。
一番お勧めw

130 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:41:16 ID:X+l7APxs0
>>120
やる夫って 知らないけど、最近タンポポのせからカニの足を縛る仕事に
変わったらしいが。

131 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:41:48 ID:RmDShfX70
>>124
ありがと

132 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:42:07 ID:N7H9o9jp0
>>104
市民病院だから市が払ってくれるし医者はなんの痛手もない

133 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:42:16 ID:u89AJfMc0
71歳のジジイが2000万なら
ヒッキー30歳のおれならいくらもらえるかな

134 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:42:43 ID:Ugbq/jAy0
>>62
注意義務を尽くしていれば、特別法でもない限り
民事責任や刑事責任は問われないからご安心を。

135 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:42:55 ID:yaa0wcmI0
free airとは腸管が破れて腹腔内にもれたガスのこと
腸内にガスがあるのは当たり前(量の多寡はおいといて)
腹腔内は正常なら絶対にガスは無い

ぶっちゃけ高齢者は所見が出づらいからな。
状況はその場におらん限りわからんな。

136 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:43:07 ID:fZqtgxs/0
>>125
消化器科のなかでもいろいろあるんだよ。


肝臓班とか、管班とか。雰囲気まで違う。

137 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:44:51 ID:+/t8+bQJ0
>>129
そんなん患者はしらねーよ
別のトコ行ったら尿検査してエコーして診断付いたから別にいいよ
背中痛いって言ってるのに胃薬出すなよヤブ
レントゲンまで撮りやがって

138 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:45:12 ID:X+l7APxs0
北洋の朝田先生の意見が聞きたい。
オペ中なら伊集院でもいい。

139 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:45:50 ID:hcmpsF2o0
知り合いのひとにも腹膜炎を見逃されて危なかった人がいた。
割と多いのかな。

140 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:46:18 ID:fZqtgxs/0
>>137
時間置いて診た医者のほうが、所見とかとりやすくてわかるに決まってるだろ。

後医は名医、なんて当たり前。

141 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:46:35 ID:5lTLWRuS0
>>134
嘘コケ。医者は最善を尽くしても逮捕される。

142 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:46:45 ID:xdHerBGh0
今回は破格の(失礼)2000万を提示してるのだからMissがあったのは
明らかなんでしょう。
初回時のCTなどでFree airなどの明らかな所見があった。

でも当直医が置かれた状況も考え合わせなくては。
また基本的に当直は管理当直で院内の患者さんの処置に当たる。
外来はVolunteerで本当は(?)見る必要はない。
勿論、救急医を抱え、本格的に救急外来を時間外にやってるところは違う。
でもこういった市民病院などは、救急を標榜してても先ほどの管理当直に相当する
ところがほとんどなのでは。
まあ、こんなこと言っても、こういった病院が救急を引き受けないと地域医療が
崩壊しかねない。
なるべくDQNはくんな、、、やる気が出なくなるわ。



143 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:47:05 ID:rNz7jkj4O
この診断って難しいの?
便秘と間違いやすいの?

144 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:47:17 ID:uH54UKup0
患者に「腹膜炎じゃないんですか?」って聞かれて、あからさまに嫌な顔をする医者の顔が目に浮かぶ。

145 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:47:24 ID:eFJYnvca0
痛かったろうなぁ・・・

146 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:48:32 ID:HaMBnpMK0
>診断と死亡との因果関係は明らかではないが

お前は何を言ってるんだ

>>7
こういうのは年齢の問題ではない


147 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:51:27 ID:+/t8+bQJ0
>>140
結石で痛くなってすぐ行ったワケじゃねー
夜痛くなって、翌朝1件目行ったが胃薬貰ったがおかしーだろってすぐ2件目行ったよ
症状は変わらず、こっちの言ってる事は同じだしな
まあ医者が前者が比較的若いの、後者がベテランだけどさ

148 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:51:32 ID:u89AJfMc0
働き盛りと寝たきり老人の値段は違うだろ
ブサヨは命の価値は同じとかいいそうだが

149 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:51:35 ID:jwLBat1K0
>>146
イヤ、損害賠償額は年齢で大いに違うよ。生きていれば稼ぐはずだったお金とかさ。

150 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:51:50 ID:bgmaAPXJ0
歩けないほどの腹痛で救急車で夜中に搬入
研修医みたいなのに痛み止めの注射2本打たれて
帰れと言われた事がある

尋常ではない鈍痛だったので拒否
翌日検査で腹膜炎と判明してすぐ手術して助かりました。

みんなも医者の誤審には気をつけて


151 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:51:51 ID:X+l7APxs0
俺は一昨年急に頭のてっぺんが痛くなり
山梨の大○中央○院に行ったら虫刺されと診断されて帰った。
次の日東京に帰り、あまりの痛さに我慢できず 違う病院に
行ったら 帯状疱疹と診断された。
3週間入院した。

152 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:52:36 ID:N7H9o9jp0
この間ここで見たスレで
プールの排水溝で女の子が死んだ事件では6000万の示談金と
市の課長と係長2人の刑事告訴っていうのがあったし
ミスで死人を出しておいて刑事告訴されない方がおかしい。

153 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:52:58 ID:Uo56z59X0
> 画像を確認した放射線科から「診断ミスではないか」と指摘され

へぇ・・方や優秀なんだな

154 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:53:17 ID:KrZ9KvsO0
まっ、そのCTとか理学所見はしらんが
この場合は言い訳はきかないな。

色々とこんな事が想定できるなど並べても


155 :1000レスを目指す男:2007/11/26(月) 22:54:06 ID:ynAGz7v+0
まあ、このように是々非々でやってもらえば、医療への信頼も増すだろう。

156 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:54:20 ID:J7HNTolh0
なんというヤブ医者

157 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:54:47 ID:u89AJfMc0
半年たってから妻が訴えたってことは
親戚の誰かがむしり取れ入れ知恵をしたな
71歳に2000万の価値はねーだろ

158 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:55:46 ID:jZcdIWg0O
画像を確認した放射線科から指摘されたってことは,
画像からちゃんとした判断ができたわけだ。
担当医の完璧な診断ミスによる死じゃないか。
業務上過失致死で立件。

159 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:56:16 ID:jwLBat1K0
んー、でもお医者の扱う対象は、放っておけば死ぬ者なんだから、
なにもしなければ死なない者対象の訴訟とは、一線を画するべきだろ?
お医者は訴訟から免責にしないと、医療はマジ崩壊する。
患者死ぬたび一々訴えられるようなリスクの高い仕事、誰も引き受けない。

160 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:57:27 ID:KGnaq/9e0
>>157
かわいそうに・・・

161 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:58:27 ID:6OcZRdkd0
>>21
支那チョンが入院するとこれまた大変らしいよ
病棟の雰囲気は悪くなるし、金払いも悪いんだろうね

162 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:58:29 ID:oZvT458oO
>>151
ヒドいな。
で、大丈夫だったか?

163 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:58:32 ID:5lTLWRuS0
どんなテストでも100点満点とれる俺は救急医。
診断は100%だよ。人生で一度たりとも間違えたことはない。
東大の入試も学内の試験もすべて満点だった。国試ももちろん満点。
これが救急医のあるべき姿だよ。

164 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:58:34 ID:Ugbq/jAy0
>>141
うーん。
たとえば?
ほんとにあるんですか?そんなこと?

良く聞きますけど、具体的に摘示していただけます?

165 :窓際政策秘書改め窓際被告 ◆XJHikokuWU :2007/11/26(月) 22:58:58 ID:nYHutYHH0
( ´D`)ノ<これは久々にむごい誤診。

166 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 22:59:46 ID:X+l7APxs0
>>159

財前・・・・・おまいは。

167 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:00:04 ID:17GyoyD6O
医者もピンキリですな。
近所のおじいさん医師は、普段は腰曲げてヨボヨボしているけど、白衣を羽織った途端、神が降りたようにシャンと若返ってびっくりした。
なんだか不思議なオーラがあるんだよ。

168 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:00:31 ID:3ijBtige0
>>139
雨が降るまでに雨雲を発見できるか みたいな。
一片の白雲からはじまって
雨が降る直前の暗雲になるほど診断は容易。
(後医は名医というやつ)
その過程で100人中99人がこれは雨を降らす雲だという診断で一致することもあるし
雨雲だといったのは100人中1人しかいなかったのに24時間後は雨だったということもある。

このケースの場合はフリーエアかなんかの所見を見落としていたような雰囲気だけど
フリーエアでも有意なものかどうか専門家(放射線読影専門)でも
迷うようなものもある。
ミスや見落としは当事者に責められるのは仕方ないけど
医者同士では軽々しい非難はできないよ。
マスコミは医者同士で原因究明よりも
責任追及と非難攻撃をすべきだと思っているらしいけど。

どんな名医でも100%はない。
本当におかしいと思ったら再受診。

169 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:00:44 ID:a7JUknQI0
>>166
財前も何も、諸外国では刑事免責は普通だが?

170 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:00:56 ID:H4ex0p010
>>158
放射線科医はその道のスペシャリストだからな

ただ、この医者のだめなところは、たとえそれが自分の専門科であったとしても
「翌日必ず外来受診しろ」っていわなかったとこだ

ERってのはその場しのぎなんだよ

171 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:01:09 ID:sOc+74i40
なあ、腹膜炎の腹痛って半端ないくらい痛いんじゃないの?

172 :名無しさん@八周年::2007/11/26(月) 23:01:14 ID:O2wqI4Dk0
71のジジイが死んだのは老衰や
金払うなボケ


173 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:01:23 ID:mc7f6grbO
俺も昔誤診されたことがある。
腹部に蕁麻疹が出来て外来に行ったら夕べ何食べました?と聞かれて、
自家製カレーを食べたと言ったら、それが原因といわれ、薬を処方された。
次の日蕁麻疹は更にひどくなり、二日後には全身に出た。
仕方なく別の病院に行ったらすぐに血液検査をして肝炎とわかり、食事療法を
指示され、薬もくれた。
入院寸前の状態だと言われた。
後から聞いたが、最初に行った病院では以前にも虫垂炎を風邪と診断して
患者を殺しかけたそうだ。
医師免許も定期更新制にしてああいう糞医者からは剥奪してほしい。

174 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:01:47 ID:RWPxndMoO
当直医の過半数は研修医で
できています

175 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:01:47 ID:epIph3RyO
>>158
どんなCT所見があったのか知らんが
一般の医者のとこに運ばれてくるCTと放射線科医だけがみれるCTは画質も枚数も全然違う
一般の医者のとこにやってくるCTはだいぶ省かれてとびとび

176 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:01:50 ID:fA7yLO8+0
2000万は高いな
話でかくしないで、もらえるものもらっとけばいいのに

177 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:01:51 ID:X7gcKENC0
>>123
今後、通信で24時間態勢で読影してくれる放射線科が流行ると思う。
信頼出来る放射線科医は正直、非常に頼りになる。

178 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:02:12 ID:5lTLWRuS0
>>164
医者なら知らない者はいないといわれる大野事件。産科医が逮捕。

179 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:02:23 ID:X+l7APxs0
>>162

うん 大丈夫だった。
東京の病院でその事を言ったら医者も看護士も大笑いしてた。



180 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:02:43 ID:ZSiy6sWY0
診断ミスも出来ない時代か
医者は神様じゃないだろ

181 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:02:45 ID:N7H9o9jp0
>>157
交通事故の場合は71歳でも慰謝料2000万以上プラス平均余命までに得られる年金額を考慮した額で
これの1.5倍くらいの賠償額になるよ

182 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:02:59 ID:/j3xmJ8X0
>>151
俺も今年の春に同じ目に遭ったよ。

後頭部があり得ないくらい痛かったんで、最初の総合病院行ったんだけど
3時間待たされたあげくが、分からんだとさ。

翌日も痛みがひかず、3カ所病院行くも、原因不明。

3日目に、後頭部にブツブツの感触があったので、もしや帯状疱疹?
と思って、皮膚科へ。

皮膚科の医師が、ちょいとあわててたな。

ま、入院はしなかったけどね。みんなも、鋭い痛みには気をつけてね。


183 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:03:50 ID:u89AJfMc0
年金生活者が減るのは日本のためにいいことだろ


184 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:04:10 ID:VqYkMJLjO
受診したのに放置したなら病院に責任と保障の義務はあると思う。
でも医者を悪人扱いはしてやるな。

185 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:04:39 ID:IBPF1S6u0
>診断と死亡との因果関係は明らかではないが
>診断と死亡との因果関係は明らかではないが
>診断と死亡との因果関係は明らかではないが

おいおい。。。(トホホ)

186 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:04:47 ID:a7JUknQI0
>>173
悪いけど、それ肝炎が原因で皮疹が出たのではないと思うぞ
それと重症でない肝炎に食事療法など不要

187 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:05:04 ID:YF4Yi1cW0
>>171
71の老人にもなってたら、糖尿病とかもあるし
痛みの神経がおじゃんになってる事も多い。
だからほとんど症状もないし、診断しようがない。

だから便秘と誤診したのも無理はないといえばないが
それを見抜くのが医者の役目だと言われればなんとも。。

188 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:05:30 ID:X+l7APxs0
>>169

マジにとらないでくださいぉ。

189 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:05:47 ID:H4ex0p010
>>164
たとえば・・・

某裁判なんだが、ある薬を使わなかったからといって敗訴した
「なんでこの薬使わなかったんだ」と言われての敗訴
でも使えなかったんだ。添付文書に「〜発症後〜時間経過した場合は投薬禁忌」になってたから

でも裁判所は「投薬禁忌はあくまで製薬会社の基準であって、医師が判断すべきもの」との判決骨子
でも別の裁判だと「禁忌なのに投与した云々」で敗訴・・・

どないせーと

他にもトンデモ裁判は今月の日系メディカルの「トンデモ裁判特集」にある
末期癌でも、たとえばCVCで気胸起こして3週間後に肺炎で死亡したとする
そしたら「CVCでの気胸との因果関係を 否定 できない」つーて
なんらかの賠償が出るよ、今の時代じゃ

だから、皆救急・産婦・メジャーなんていかなくなってるの
判決骨子には

190 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:05:56 ID:RWPxndMoO
科で孤立していて
相談相手がいない場合でも
「ま、いっ科」で済ませてはならない

191 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:07:02 ID:N7H9o9jp0
>>184
無能扱いはしても悪人扱いはしないでしょ

192 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:07:06 ID:jyzEY3tb0
>>185
誤診しなくても死んだ可能性がある。
って意味だと思う。

193 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:07:55 ID:1LDSpXKQO
うちの病院は1人当直で皮膚科、眼科、耳鼻科でも1人。検査技師と薬剤師は夜8時には帰る。正直ヤバいと思う。しかも救急車は断らない方針。せめて外科直と内科直の二人にしてくれないと怖い。

194 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:08:08 ID:H4ex0p010
>>177
でも、放射線科も「1年後に見直して見たら、これは胆管肥厚の所見がある」
つって訴えられたらしいから
今後は可能性が低くても「R/O 〜」って羅列するようになるよ

今後はER受診者は全員入院でいいよ

195 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:08:12 ID:epIph3RyO
>>171
そうとも限らない場合があるから難しい

196 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:08:42 ID:/gIgyF530

 「診断と死亡との因果関係は明らかではないが」!!

197 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:08:49 ID:ndizFCHI0
ミスは仕方ない、だが死んだの分かってから病院に報告しなかったのはひどいな。病院の因果関係が、って責任逃れコメントもマイナスだ。

198 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:10:51 ID:jwLBat1K0
やっぱり、おバカな文系が解りもしないことに判決下す今のやり方では
遺憾ね。そのくせ自分たちは冤罪で人が死刑になったり、更正の余地有
りって判断下したのが出所後いきなり人殺ししても、何の責任も取らな
いんだから、たち悪い。
俺は医療の恩恵を受けたい立場の人間なんで、お医者に対する訴訟に関
しては、なんとかしてくれと切に願う。

199 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:10:59 ID:Mh4Vz64O0
いくらなんでも2000万は高杉で税金の無駄
市民オンブズマンは文句言うべき


200 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:12:12 ID:H4ex0p010
>>171
漏れが「誤診」した例を

7×歳男性。認知症あり。
心窩部通(上腹部痛)にて他科より紹介。
CTにて特記すべき異常なし
胃カメラにて胃潰瘍認めて幽門輪(胃から出るところ)をカメラで通過できず
穿孔が怖かったからそこでカメラ中止。絶食PPIで経過観察
も一回レントゲン取るも穿孔の所見なし

2日後の採血で炎症・白血球がバカ高(具体的にはCRP20,WBC15000)
でも本人痛くもかゆくもなくてニコニコ。
お腹押しても痛くない。
レントゲン撮る⇒フリーエア(穿孔の所見)
緊急手術

こーゆーふーに、年よりはわからないんだよ・・・ほんと

201 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:13:01 ID:5lTLWRuS0
>>198
医者の俺は医療崩壊待望論。
早くぶっ壊れてくれ!そういう意味ではこのニュースはグッドニュース。

202 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:13:01 ID:X+l7APxs0
おまいは俺をそこまで責めるのか・・・・・里見

203 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:14:18 ID:kztTdW9f0
いろいろな基礎疾患のある認知症の爺さんとかだと
腹膜炎に特徴的な理学所見がわかりにくかったりするけど
消化器科の医者に見落とされると寂しいなぁ。

204 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:14:19 ID:H4ex0p010
>>201
この国は、壊れても壊れてないふりして医者こき使うからかわらんよ
漏れはアメリカでもいくわ

205 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:14:43 ID:ffQt9F9v0
便秘で大腸に穴が開いたんだろ。 年寄りにはよくあること


206 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:15:01 ID:5lTLWRuS0
>>200
年寄りって、医学の教科書が通用しないよね。
ニコニコしているけど、聴診するとバリバリ。SAT60%とか。
で、その日に人工呼吸器とかね。

207 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:16:38 ID:X+l7APxs0
>>200
あなたは医者ですか?
質問があります。
私の帯状疱疹を 虫刺されと診断した山梨の大○中央○院の医者を
どう思われますか?

208 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:16:54 ID:1lMX9rq00
便秘って何でなるんだ
無知な俺に教えてくれよー先生

209 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:18:13 ID:5lTLWRuS0
>>207
殺してもいいくらいヤブだから、殺してこい。

210 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:18:28 ID:H4ex0p010
>>207
知らんがな
内科に聞くな、マヂで

どうしても聞きたいなら写真うpしてくらはい

211 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:18:57 ID:a7JUknQI0
>>207
その何とか病院を受診した時点での皮疹の出現状況が分からないと
答えようがないだろ

212 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:19:16 ID:Ugbq/jAy0
>>178
まだ判決出てませんね。
どうなるんでしょうね。
ただ、届け出義務違反って・・。何で届け出なかったのか・・・。

>>189
「某裁判」なんて,ネス湖のネッシーみたいな話をされても・・・w


213 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:19:55 ID:26hn2DQU0
放射線科の技師は専門医に比べて先入観が少ないからね
医者は写真以外のデータから判断するから。

214 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:20:35 ID:iMr4EFIl0
このスレ見てても医者の倫理観のなさが目立つ。

71歳だからいいだろとか

専門外だから仕方ないとか

診断し損なうときはあるとか


人間の命は一つしかないのだ。医者には毎日の仕事の一つで失敗して責任取るのはかなわない、
と思えても、患者から見ればそれで一生が終わるのだ。民事責任刑事責任の追及はあたりまえだろう。

215 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:20:59 ID:5lTLWRuS0
>>212
医者板で調べればいくらでもわかるよ。
でも、もっと具体的に言うべきだろうね。
確かに、どういう判決があって、誰が判決を下したかの事実を把握すべですね。

216 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:21:55 ID:X+l7APxs0
>>211
ちょうどつむじのあたりが赤くなって水疱瘡ができていたでやんす。

217 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:22:05 ID:wHQ6Iu3YO
ストレスと過労が大敵なんだからかりかりしなさんな

と思う素人の俺

218 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:22:05 ID:H4ex0p010
>>212
ごめんなさい
覚えてないんやわ、名前

んじゃ、先月の日経メディカル読んでくれ、ほんと

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/info/mag/nm/index_bn0710.html

219 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:22:15 ID:ogbcmnFR0
>>193
医者って大変だな。がんがれよ。こう書くとなんか戦場に軍人を送り出すみたいだな・・・・・・・

>>200
おれはしがない経理部だから医者のことはよく和下欄のだが、2日入院させたって事は
安全マージンに収まってよかったんじゃね?

220 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:23:05 ID:5lTLWRuS0
>>214
荷が重いしごとだよね。
若手がやりたがらないのも当然だね。
あなたが医者になって頑張ってよ。

221 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:23:38 ID:ETcARxC6O
おまいら、便秘と腹膜炎の鑑別診断はすげー難しいんだぞ。
初期だと血液データが動かない腹膜炎もあるし、特に高齢者は所見に乏しい。

今でも当直する度にガクガクブルブルしながら入院させるかどうか決断しているわけさ。
当事者じゃなかった他科の医師が後からデータだけみてどうこう言うのは余りにも簡単な事だ。

まあ、あまり虐めてやるな。

222 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:23:55 ID:1l2OQ9yV0
うちの妹に「お腹が痛い?オシッコが溜まってんですよ」と診断下した
近所の医者みたいなヤツだな。(よそで診察したら、盲腸ですぐ手術になった)

223 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:24:29 ID:26hn2DQU0
妹(*´Д`)ハァハァ

224 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:24:39 ID:a7JUknQI0
>>216
水疱が一個だけなら、皮膚科医以外には診断はなかなか難しいだろうね

225 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:24:40 ID:u1YV/p9aO
レントゲン技師カッコヨス

226 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:25:20 ID:WBJlrhy20
>>173
それは、蕁麻疹と蕁麻疹の薬による薬剤性肝障害では?
肝炎という診断のほうが怪しいなあ。
肝炎ならその原因も言うはずだけどなあ。
>>虫垂炎を風邪と診断して
それも違うなあ。
ウイルス性腸炎(おなかの風邪)が悪化して虫垂炎に進行って普通にあるぞ。
風邪は万病の元っていうだろ。

227 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:25:48 ID:H4ex0p010
>>214
だったらそれに見合うだけの代償を払うべきではないでしょうか?
この国の医療費っていくらぐらいでしょうか?
民事というなら、やはり価格自由化すべきではないでしょうか?
大した医療費という代償さえ払わず、損害賠償のみ請求するのですか?
一般の裁判では、投資金額が安い場合、その点も勘案されると思うのですが?

>>219
幽門狭窄のある患者を帰したらそれこそ消化器じゃねっすわ


んで、あと一つ言いたい事
救急外来受診してるくせに(言い方悪いが)
「入院が望ましいです」って言ったら
「ええ?!」
とかゆーリアクションやめてくれんかな・・・
だったら救急くる必要ないんじゃないか?

228 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:27:37 ID:u89AJfMc0
ID:iMr4EFIl0は夜毎医者スレに出入りしてる嵐
相手にするだけ無駄

229 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:27:51 ID:5lTLWRuS0
>>227
そんなヨゴレ芸人みたいな仕事をまだやってるのかい?
救急中毒になると人生を棒に振るよ。

230 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:28:46 ID:X+l7APxs0
>>224
なるほど ありがとです。
そう考えると医者もたいへんですなぁ。
医者は何でもわかるんだと思っちゃってるからな。

231 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:29:00 ID:H4ex0p010
>>229
若い頃は理想があったんでねぇ

後、当直っつーのがあってね
まぁ、来年でおさらばの予定ですが
この地域も救急病院なくなるなぁ。御愁傷様

232 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:29:18 ID:ub6PlAja0
>>207
横レスですが、皮膚科の医者の私が答えましょう。
帯状疱疹の場合、初め数日間は痛みだけで、何ら発疹は出ません。
その時期に、いろいろな検査をしても所見はありません。
頭が痛い⇒CT,MRI 胸が痛い⇒レントゲン・心電図・採血など行われ、
発疹が出てきてから「ああ、帯状疱疹か」と皮膚科に紹介される方、
沢山居ます。
その山梨の何とか病院、問題ないですよ、悔しいでしょうけど。

233 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:29:21 ID:yXjf1NmU0
誤診したのが風邪とか便秘症とかありふれたものだと、
なぜかことさらに薮医者認定したがる奴いるよな。
ありふれた軽症疾患に似た重症疾患ってのが一番間違いやすいし、
救急を診る上でも一番注意が必要な恐ろしいものだって、
理論立てて考えりゃ素人でも分かりそうなものだが。

234 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:29:44 ID:6H4qIrCF0
あはは、逆はよくやったな。
研修医時代の、良い思い出だ。

235 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:30:26 ID:epIph3RyO
>>222
盲腸の診断はベテラン医師でも相当難しいんだよ
頭の中では盲腸ではないと思っても盲腸だったり、盲腸だと思って開けたら盲腸じゃなくてただの腸炎だったり

236 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:30:35 ID:iMr4EFIl0
>>228
俺は医者スレなんて俺行ったことねえけど。
おまえは医者スレの住人のくせにこんなニュース板まで来て一般人を装って医者を擁護してるんだな。

237 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:30:45 ID:ZiHYpB2g0
医者って何が楽しいんだろう

238 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:32:02 ID:5lTLWRuS0
>>231
おめ。
アドレナリン過剰放出の快感に酔いしれて家庭をぶっ壊したあげく、地雷踏んで人生破滅したりしないでくださいね。

239 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:33:09 ID:a7JUknQI0
>>232
ところが典型的な皮疹が出た後でも診断をつけられない先生がいるのも事実で
要は痛いところを自分の目で見ていない

240 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:33:35 ID:H4ex0p010
>>238
他人のために尽くすなんて馬鹿らしいからね。
尽くした挙句の判決がアレじゃ、やる気にもならんわ
産婦なんてもっとひどいしな。どことはいわんが

241 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:33:50 ID:CXbpG+KvO
私もがまんできない痛みに自分で救急車呼んで搬送されたが、
血液検査とエコーとCTで盲腸見逃され
三日三晩痛みと戦いほとんど眠れず
転院先でとうとう破裂で緊急手術。
死ぬとこだったかも。

許されるなら外科部長のSを今でもぶん殴ってやりたい。

242 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:34:04 ID:KGnaq/9e0
>>214
いや、それは病気が商品のひと達に訴えるのは無益だと思う。
思うけど、今回の誤診のレベルについて判断したうえで、それを口にしてほしいな。
君にも・・・

243 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:34:50 ID:X+l7APxs0
>>232
皮膚科の先生ですか。
べつに悔しくはないんですが
そうですな 東京で診察受けたらレントゲンや採血はたしかにやりました。

そーですか問題ないんですね、まあ私自身もそのとき
虫に刺されたみたいなんですがなんて言っちゃったもんだから。

244 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:35:20 ID:QExHQ9o8O
>>236
医者板×
医者スレ〇

医者板に縁のある奴が間違いそうなミスだな

245 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:37:42 ID:N7H9o9jp0
>>237
社会的地位が高い。
合コンとか行ったらモテモテ。
2ちゃんねるでは時給換算したらとかバカなこと言ってるが
なんだかんだで勤務医でも年収1500万以上。

246 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:37:56 ID:26hn2DQU0
虫垂ではなくその辺の盲腸や大腸に憩室なんかができて炎症起こしてたら
やっぱ判別なんてできないよね?

その場合、「開いてみたら虫垂炎じゃなくて大腸憩室炎でした」→
「誤診だ!」→「なにこの糞患者(;^ω^)」なんてこともあるわけですか?

247 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:38:10 ID:Mz7/PYcP0
まあ、医者板の連中はニュー速を見張ってるのか、
医療系のスレが立つとすぐに突撃してきては、
煽られて、すぐ切れて、
崩壊だ逃散だ愚民だと騒いでるわな。

248 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:38:49 ID:HmMJVWY00
「事実認定とは」でググるといかに裁判所というものは無責任なのかよくわかる。
最近の冤罪も検察偽造の事実をすんなり事実認定する糞裁判官が全て悪い。
自分の出世にしか頭がなく、真実に目が向いてない裁判官が多すぎる。

249 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:39:53 ID:YF4Yi1cW0
>>243
ご愁傷様ですな^^;

高い金払ってるんだから、正確な診断を一発で答えてもらえないと
患者としては怒りたくもなりますよね、そりゃ。

250 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:40:50 ID:/j3xmJ8X0
>>232

そうでしたか。しかしまぁ、あんときゃ痛かった。(T_T)

皮膚科に行く前に、最後に行った総合病院の先生のクリアな診断が
なかなかイケてました。

 うちでは分からん

だそうで、でも、当然だよなぁ。。。
今となっては納得できる名診断だと思っています。

251 :???:2007/11/26(月) 23:41:04 ID:pmjhulVT0
不用意に医学部の定員を増やすと誤診続出は間違いなしだよな。ただでさえ、巷では、
人間の劣化が著しいんだから。(w


252 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:41:50 ID:1oEJA/8S0
>画像を確認した放射線科から「診断ミスではないか」と指摘され

フリーエアを見落としたか? なら誤診と言われてもしかたないな。
院長も担当医も素直に謝れよ。 これは初音ミクも弁護しないだろ。

253 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:42:00 ID:ogbcmnFR0
医者はやっぱり大変な仕事だな。
「今」「すぐに」「正確な判断」「完璧に」なんて無理だよ。
しかも失敗すれば個人責任か。すげーな。

>>233
>ありふれた軽症疾患に似た重症疾患ってのが一番間違いやすいし、
>救急を診る上でも一番注意が必要な恐ろしいものだって
これは他の分野にも当てはまると思う。
目立たない方が恐ろしい。気がついたらもう手遅れってやつ。

254 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:42:02 ID:0+L/hwBC0
まあ税金で払うからな

255 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:43:57 ID:XY1Nv8bh0
病院側から積極的に調査し誤診があったと認めた事に意義がある。
昔、俺の知合いも田舎の20ほどベット数がある内科の病院に
3日ほど入院していたが何時までももがき苦しみいっこうに改善
しないので医者に病状を聞こうと診察室に訪ねたら、院長不在で
代りの若い先生がいた…症状を聞こうとしたら、先生の方から「
今、レントゲン診たんですけど〜腹膜炎起こしてて不味いですね
救急車で外科の病院に移します」と、命に関るほど状態が悪いら
しく外科に着くと検査も何も無く、本人曰くいきなり心臓の辺り
から切開しだしてヘソを回って盲腸辺りまで切った。麻酔は?後で
外科の医者が都合悪そうに何事も無かった様に虫垂炎でしたと…プッ!


256 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:44:16 ID:5lTLWRuS0
>>241
是非殴ってください。万に一つでも誤診してはならないのだと体に叩き込んでください。
医者をやっている以上は何万人診察しようとも一人たりとも誤診は許されないのです。
因みには私はどの試験も100点満点です。

257 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:46:55 ID:uJFmpaq+O
擁護わらわらwww


で、これってそんなに見落としやすいことなん?

258 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:47:01 ID:a7JUknQI0
>>256
つまんないからそれぐらいで止めとけ

259 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:48:07 ID:57Mtwp+EO
腹膜炎は致死率高いし
病院の責任は重い

260 : :2007/11/26(月) 23:48:44 ID:WhkxKW3K0
>>182
>もしや帯状疱疹?
 帯状疱疹は死なないからどうでもいいんだよ、入院の必要はないし通院で十分。誤診の比較に出すな。
 

261 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:50:15 ID:5lTLWRuS0
>>258
冷静な人ですね。

262 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:52:46 ID:iMr4EFIl0
71歳のおじいさん、孫の成人式とか、盆栽の世話とか、買っている犬とか
まだまだ心残りがあっただろうな……

無責任な医者のせいでこんなことに……

263 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:55:04 ID:a7JUknQI0
>>262
えーと、穿孔したのは医者のせいじゃないけど?

しかし、穿孔するまで無症状だったんだろうか?
症状が有ったのに放置していたのなら、本人の責任は大きい

264 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:55:48 ID:5lTLWRuS0
>>262
腹膜炎になった当の本人の責任だよ。と俺も冷静に返してみた。

265 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:57:03 ID:+tTMdMKJO
>>260
その誤診と治療遅れで半身麻痺になった私だが?

266 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:58:33 ID:KGnaq/9e0
>>261
あなたになら、かかってみたいなと思います。

267 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:59:32 ID:a7JUknQI0
>>265
それは帯状疱疹じゃ無くて、ヘルペス脳炎なのでは?

268 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 23:59:42 ID:YEMn+dGR0
合併症があると診断も難しい部分もある。
正確な診断を期待するなら、救急外来では、全例手術というのも選択肢だな。
腹痛で合併症があるなら一人でも死なさないために、、。
ただし一人死なさないための損出も考慮しないと、、。
難しいことだね。

269 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:00:08 ID:KiiBzAFv0
>>263-264
でも同じ病院の放射線科の医者がこの写真なら穿孔だって言ったんだよ。
放射線科でもわかることを消化器内科が見落として責任がないと言えるのかい?
消化器内科がちゃんと見つけてればおじいちゃんはまだ生きて俳句の会とか
紅葉見物とかにいそしんでいたんだよ。

270 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:00:40 ID:MtP9LzNx0
自分も見逃したことがあるからこの医師を悪くはいえない
やぶれてても、CT上はほんとにわからんときってあるし
頭が回らないときもある品
本当は自分の実力を悟って救急なんかやめるべきなんだろうけど
人がいないからって今田舎で週1で当直してる。正直不安だ
まあ、夜中も放射線科が読影してくれるようなすごい病院だったら俺でも大丈夫かな

271 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:02:20 ID:63Rul8Ac0
>22
能力が無いのだったら
複数の医者に診てもらうシステムを作るべき。

272 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:02:35 ID:quuyMS660
>>269
放射線科は専門だからなー。この医者は身体所見から腹膜炎を想像していなかったんだろうな

273 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:03:04 ID:JJh7xEkv0
>>269
>消化器内科がちゃんと見つけてればおじいちゃんはまだ生きて
それは解らんと思う
見つけてても翌日やっぱり亡くなったかも知らん

274 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:03:43 ID:8ocCUww80
>>271
一人用意するのも大変になってきてるのに、どうやって複数そろえるんだよw

275 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:03:54 ID:bvnzT/1l0
昨年の2月18日は土曜日。
週明けの月曜日に出勤した放射線科の医師が休日のフィルムを確認して主治医に報告、
主治医が自宅に電話したって、それなりにちゃんとやってると思うのだが。
年寄りの腹膜炎は症状出にくいって聞いたことがあるけど・・・ご愁傷様です。

276 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:06:27 ID:8Z8JCxNgO
70過ぎのじいさんで二千万は高すぎじゃないか?
一千万位が妥当だろう。

277 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:07:39 ID:S62kA9Lm0
色んな理由を並べて言い訳するだけで医者には責任ありませんってか。
わざわざ病院まで行って受診した結果、腹膜炎見落とされて処置もされず
苦しんで死ぬなんてかわいそ。
当たるも八卦当たらぬも八卦が医者の仕事じゃねーだろ。言い訳すんな。

278 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:07:41 ID:KiiBzAFv0
>>272
それはおかしいだろ。CTとレントゲンはおじいさんが受診した2月18日に撮られているのだから、
内科医師も当然それを見た上で診断をしたはずじゃないか。

279 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:09:40 ID:wWMe1eXBO
>>267
そっからラムゼイハント症が便乗して進行して手遅れ

280 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:10:27 ID:3kg1J8610
>>214
人間の命なんて吹けば飛ぶように軽いのです。
砂漠の国では一杯の水より人間の命の方が軽い。
だからと言っていい加減な医療を行ったり、命を軽んずるべきでは
無いですが、医療はもともとそのような不安定で不確かなもの
を対象としている事を知って下さい。
このケースでもその時点で診断がついても救命できなかったかもしれませんよ。


281 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:13:17 ID:quuyMS660
>>278
身体所見から腹膜炎だと筋緊張とかあったらきちんとX線を確認したと思うけど、
最初から便秘症と考えてしまったんだろうなってこと。まあ結局ミスはミスだけどね。
おじいちゃんは症状がでにくいんだよなー


282 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:14:17 ID:QFVuFmyi0
胃潰瘍で入院中の患者が寒いとうったえてたのに大出血してることに気付かず
失血死させたケースを知ってるけどこれは医療ミスに問われなかった。
ちゃんと診断出来てもっともらしいこと言ってればたとえミスっぽい感じで死んでもごまかせる。

283 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:14:21 ID:Nwu+mUGjO
>>278
だから放射線科医だけが見れる画像と他の医者のとこに運ばれてくる画像は殆どの場合画質も枚数も違うんだって
しかも放射線科はたいていパソコン上で設定をこねくり回してあれやこれやと所見をとれる

284 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:14:58 ID:ovLSmwrG0
>>7
2000万円は要求されたんじゃなく、病院側から提案したんだろ。
訴訟起こされて、後手後手になるよりは遥かに良い手だと思う。

285 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:15:27 ID:KiiBzAFv0
>>281
身体所見の方を重く見過ぎたってことか。ありがとう。

286 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:22:24 ID:VaUGU/Me0
医療ミスを減らすためには
1人の患者に3時間くらいかけて診察すればだいぶ違う

病院は採算とれずにつぶれまくるし、受診できない患者であふれかえるだろうけどな
でも、一旦そこまでやらんと理解できないだろ

建設不況がまもなく明らかになるが、建築業界のやつらを見習うべきだ
会社がつぶれようが建物がぜんぜん建たなかろうが、法律遵守。そこまでやるべきだ

287 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:23:18 ID:miBlc+0j0
>>277
別に言い訳してはいないが、夜中に頭が痛いのか腹がいたいのかよくわかんなくなってきた。
調子が悪いんで調べてくださいとか言ってる人を10人くらい見て、
そのあとも一日普通に仕事して、帰ると何か知らんが夜呼ばれてとか
仕事続けてると見落としとか出ると思うよ。


288 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:25:37 ID:AvjmVqGe0
なんでCTなんだ?MRじゃないの?CTは骨を見るのに適してるとか勝手に思ってるオレ素人

289 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:27:57 ID:Y/QWsp3d0
怖いな
俺なんて基本的にネットや本で調べてから病院いくことにしてるよ
あとは話しやすい女性の医者を選んでるな 

290 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:28:14 ID:/rN+s/gn0
放射線科画像診断専門医の俺が通りますよ。

この症例の場合写真を見ていないからあれだけれども、「急性腹症」の所見は非常に難しいよ。
うちらの業界でどんな高名な先生でも、間違えます。それくらい難しい。

ここからは自分の考え。
自分の同業者に(放射線科の読影医)多いのだが、変な正義感でこういった不幸な症例に対し、誤診だと騒ぐのがいます。
少なくともその場に居なくて診断に参加していなかったのだから、放射線科医は出てくる場面ではないと考えています。
一緒に当直して、腹膜炎の所見を進言していてもなお、それを臨床医に無視されていたのなら別だと思いますけどね。

所見を臨床医に言えない状況で、後になってああだこうだと言うのは患者さんにとっても臨床医にとっても甚だ迷惑な話です。
自分の正義感や能力をひけらかす前に、臨床や救急の現場に役に立っていないと言うことをこの放射線科医は認識すべき。
同業者の率直な意見です。

291 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:32:12 ID:9aPtu84a0
腹膜炎の苦しみは異常
二度となりたくない

この方も苦しかったろうに・・・。

292 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:32:44 ID:w9VcDocE0
>>290
どうして?どうして患者さんにとって迷惑なの?
死んでたから?もう、その時には死んでたから?

293 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:34:00 ID:z6tsW62i0
だから救急やってるのが馬鹿なんだって。
俺なら腹痛なんて100%断るね。

294 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:34:16 ID:yqhRVXk+0
71歳で死んで2000万か・・・
ニートな俺は、死んで100万くらいかな?

295 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:34:44 ID:q6RMq4et0
>>290
でも今回の場合実際結果的に所見は誤りだったのだから、
病院に報告する義務はあるでしょうよ。

病院内での住み分けや権限の範囲の問題は患者には関係ない話。
真実が発覚して報告する義務が生じるのと、
担当医師が正当な注意を払って業務をまっとうした結果の不幸であることの判断は別問題。

296 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:35:20 ID:VaUGU/Me0
PCの修理頼んだとき、HDの音がいつもと違うからHDが悪いんじゃないかと言ってるのに
マザボ交換されて修理費請求された
2日後にHDがイカレて再修理、また修理費請求された

PCですらこんなんだから、人間じゃもっと難しいだろ

297 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:38:41 ID:w9VcDocE0
堂々と隠しちまえなんて書き込みが出来てしまう。
日本の医療を憂いますなあ。

298 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:38:44 ID:z6tsW62i0
>>291
症状なんてピンキリ。
自分が苦しいから他人も苦しいとは限らない。その逆も然り。


>>292
後からならいくらでも言えるってこと。
「この10年間節制していれば、こんな病気にならなかったのにね」って言われて楽しいか?

299 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:39:18 ID:9Prncw8n0
こんな病院は、即刻救急医療から撤退すべきです!
病院はいっぱい他にもあるんですから。

300 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:39:49 ID:KiiBzAFv0
>>290
何を見当違いなことを。>>1をよく読めってバカ。

この件の放射線科医は、患者の死亡など知る由もなく、内科医の診断の2日後に
写真を見て穿孔による腹膜炎が疑われると進言しただけだ。

患者の方から再度病院に来る可能性も高いし、そうでなくとも病院側から連絡を取った方が
いい状況だからそうしただけだろう。

患者が死んだ後に正義面して他科医の責任を問うたわけではなく、患者の救命可能性を
高めるという医師の本来の仕事をしたに過ぎないではないか。

301 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:40:41 ID:JNLqz5ns0
>>7
お前の値段は、10円位だけどな。
早く死ねよ。

302 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:40:49 ID:bvnzT/1l0
>>299
そうだね。道路もどんどん作られてるし安心だよね。

303 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:41:16 ID:w9VcDocE0
率直な意見だってさw

304 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:41:37 ID:z6tsW62i0
>>300
救急を本来やるべきでない、単なる消化器科医に救急をやらせた体制に文句を言え。


単なる消化器科医に救急をやらせるなよ。まるで別物だ。

305 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:42:34 ID:FdjA2yuC0
はあ。命にかかわる誤診はよろしくない。
残された家族も誤診が原因で亡くなったと知ったらつらいだろう。

306 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:43:42 ID:nP5fF14e0
俺も薬院の佐○病院ってとこで腹痛だと誤診された事ある
次の日浜○町病院行ったら胸膜炎だったよ

307 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:43:47 ID:KiiBzAFv0
>>304
関係ねえレスを付けんなぼけ。
放射線科医が内科医に画像所見を伝えたのは正当だというレスをしてんのに、
当直の体制がどうだとか知るかハゲ。

308 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:44:07 ID:bvnzT/1l0
>>306
どこが痛かったの?

309 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:44:18 ID:UMGiV4VmO
医者なんて診断正解率70%くらいに考えた方がよいね

310 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:44:31 ID:z6tsW62i0
>>306
お前の主訴は胸痛だったのか?

311 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:45:07 ID:/WLwgBqU0
これでモンスター患者10万人は増えたな。おわたおわた 保険おわた 日本おわた

312 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:45:24 ID:KelU+GxD0
交通事故なら加害者2,3割の過失でも
この歳ですら死亡したら2000万ぐらいくよ

313 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:45:35 ID:9ktg6ihGO
今回のは血液検査すれば異常数値が出てすぐわかったんじゃないか?

俺は虫垂炎なのに最初に急性胃腸炎と診断されて2日も苦しんだし
最初から血液検査しろって言いたい

314 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:45:38 ID:/rN+s/gn0
>>292
読んで欲しい時でなく、全て終わった後の緊急CTの読影に何の意味があるの?
double checkの意味合いを含めて放射線科読影医が存在するのに、死後に読影してどうするの? と思うわけ。

>>295
結果的な誤りに対しての損害賠償に自分は納得しない立場。
放射線科医として、臨床医を守る方を優先すると思う。
まるでこの当事者の放射線科医は、臨床医を背中から撃ってるようにしか見えません。
読影している上では誤診率は圧倒的に放射線科医のほうが多いですよ。


>>300
死んだ後だったわけでしょ。結果的にはw
その体制自体が根本的に間違ってるわけで
自分ももちろん同じ立場だったらそうするし、今まで同じような経験はそれこそ、山のようにあるよ。
ただ、こんな風に表沙汰には絶対にしないよ。

315 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:46:08 ID:Kewdx+T40
>>309
ある意味ではその通り。
医学の世界は100%とか0%とかいう数字は絶対にありえない。
それゆえに通常の知識や技術では診察でき切れない面も出てくる。

316 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:46:25 ID:VaUGU/Me0
医師っていうからいけない
これからは医療予報士と言うことにしよう

317 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:46:51 ID:z6tsW62i0
>>307
くそボケ。だからその消化器科医は急性期医療を分かってねぇんだよ。
そんな能力もない医者を当直させる現体制が問題だろうが。死ね。


>>309
初診時は30%以下だとお考えください。

318 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:47:44 ID:kBfrzum90
STも逸脱酵素も何にも上がってないボケ老人のAMIとか診断できるか?
血便も間歇的蹄泣もない軽度嘔吐の乳児のピロステわかるか?
俺にゃミリ

319 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:48:04 ID:bvnzT/1l0
>>316
いいね、それ ww

320 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:48:09 ID:ERzRGbeC0
白血球値見りゃすぐに判るものを・・・


321 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:48:10 ID:nsFpcPztO
院長コメントむかつく

322 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:48:14 ID:miBlc+0j0
>>299
いやな患者になりそう。
病院今急速になくなってるしね。割りばし両親みたい。

323 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:48:26 ID:Kewdx+T40
>>313
残念ながら血液検査だけでは診断できかねる。
例えばWBC11000ならどう考える?
基準値というのはあくまで標準±2SDの範囲であって、5.6%の患者は正常でもそれから外れるんだ。

324 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:50:26 ID:9aPtu84a0
>>317
何科のお医者さん?

325 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:50:29 ID:9Prncw8n0
>>322
医者の言い訳なんて聞きたくありません。
こんなミスした医師は即刻医師免許停止にすべきなんです。
医師余りのこのご時世、どんどん厳しく取り締まるべきなんです。

326 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:51:07 ID:KiiBzAFv0
>>314
病院側が患者の死を知ったのは放射線科医から画像の件を言われたあとでなされた
内科医の電話によってです。

それで放射線科医に不幸な事例を正義感で追及するなどという気があるわけない。
むしろ「あんたこれ放っておくと面倒なことになるから電話して確認しておけよ」って
いう同僚への忠告だろう。

「臨床医を背中から撃っている」なんて発想が出てくるのは被害妄想が過ぎるのでは?

そりゃなんか自分は大した臨床経験もないのに医療裁判で患者側に立ってみたりするような
変な医者が居るのは知ってるけど。

327 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:51:24 ID:r4kROSPdO
>>1
金は命より重い


歳とはいえ人が一人死んで2000万円。


328 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:52:00 ID:z6tsW62i0
>>324
現NEET。
出身はなんちゃって循環器。今日もFFがんばってました。

329 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:52:48 ID:Kewdx+T40
>>325
ミスと断定することは不可能。

医師あまりとか、ご冗談はよしたまえ。

330 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:52:51 ID:DknYAoUl0
とりあえず病院につれていけば安心。なにかあれば金がもらえる。

331 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:53:07 ID:/WLwgBqU0
世界一安い治療費なんだから、賠償も世界一安くしろ 10万くらいが妥当

332 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:54:34 ID:KiiBzAFv0
>>331
そりゃ賠償額も取り込んで価格決定してないのがアホなだけじゃん。
安物を買ってる患者に責任ねえよ。

333 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:54:56 ID:9ktg6ihGO
>>323
難しいことはわかんないが大体の場合は異常が出るんでしょ?

今回のは血液検査したように思えないし

334 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:55:13 ID:LaNBI9YBO
>>325
ちょwwwそれ育たない!

335 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:55:13 ID:z6tsW62i0
>>324
実際心筋梗塞でさええ、歯が痛い、喉の調子がおかしい、だるい、めまいがする、なんて主訴は千差万別。

まあ人によるな。これを仕方なく救急をやってる医者にわかれ、なんて無理。

336 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:55:58 ID:9Prncw8n0
>>329
ミスしたから、賠償すると決めたのでは?
そもそも、2000万円は安すぎます。
このようなミスをした医師を雇用していた市の責任も含め、廃院にすべきなんです。

医師余りは事実でしょう。国がそう報告している訳ですし。



337 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:56:30 ID:9aPtu84a0
>>328
明日も頑張って下さいw

338 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:56:36 ID:cRugHAfS0
>>296
自分と反対だw

PCの動作がおかしいんで修理に出したらHDが交換された。
修理費もとられた。
1週間後、うんともすんとも言わなくなってしまい
再修理でマザボ交換されて修理費もまた請求されたwww

文句言う気力もなくてスルーしてしまったのが、今さらながら悔やまれる。
器械ですらこうだから、人間相手は難しいだろうな、とは思うね。
人間相手は生死に直結するからミスするなと言いたいところだが…

339 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:56:41 ID:kBfrzum90
廃院いいな
どんどんなくそうぜ

340 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:56:43 ID:Kewdx+T40
業界人にはわかるだろうけど、救急診療では非典型例が怖いんだよな‥

341 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:58:04 ID:z6tsW62i0
>>333
全員に異常値が出たらよゆうなんだけどな。
高齢者だと正常値がむしろ異常のサインだったりするので、難しいのが実際。


>>337
アルタナがまだ登録できないorz

342 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:58:07 ID:p+bo8vZ/0
2000万円もうかった。

343 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:58:52 ID:/WLwgBqU0
病院潰してどうなる。たった一度の偶発的に地雷を踏んじまったら倒産では、困るのはだぁれでしょうw

344 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 00:59:20 ID:/rN+s/gn0
>>326
自分だったら、もちろん内科医に早急に連絡を取るようにいうよ。
ただし、不幸な転機になっていた場合

「腹膜炎を疑わせる所見もあったが、それが全てじゃない」との趣旨で臨床医のカバーにまわります。

画像診断医は所詮画像屋。
臨床症状や血液dataなんかの予備知識無く画像のみで診断するわけ。
だから、本当に患者さんの状態を把握している臨床医の意見を尊重するのが当然。実際に患者さんを診ているわけだから。


画像診断をやっていればわかるけど、100%の腹膜炎がが存在する所見なんてそうそうあるもんじゃない。
あったら、それこそ見逃さないよ。
前から話題になっているfree airだって、特発的に誘因無く見られることも稀じゃないよ。
ただ、もちろん可能性が高いので早急な確認は必要だよ。

345 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:00:04 ID:KiiBzAFv0
>>342
こういう心ないことを言う医者が多いけど、世の中は金で解決するしかないだろ。
医者は患者や地域住民のカボチャやら米やら肉やらの施しで生きてんのかよバカ。

346 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:00:32 ID:Kewdx+T40
>>333
>>難しいことはわかんないが大体の場合は異常が出るんでしょ?

その通りおっしゃるとおり。
だけど医師は年間に数千人の診療をする。
この医者を攻める人たちは、彼ら患者全員に完璧な診断をしろと?
「大体の場合」じゃだめなんだよ「大体の場合」じゃ。
99%が典型例と仮定しても年間数十人の非典型例が存在する

347 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:01:14 ID:Nwu+mUGjO
>>333
血液は症状出現の後から上がってきたりするし白血球は重症な場合逆に正常値になることもある

348 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:01:53 ID:z6tsW62i0
>>345
金で解決できることなんてラッキーだぜ。

349 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:02:12 ID:9ktg6ihGO
>>341
そうなのか
なんとなく勉強になったよ。
ありがとう  


とりあえずFFがんがってくれw

350 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:03:05 ID:e21A5cBG0
レントゲンやCTの前に血液検査だろ
消化器科の医師? 研修医か?

351 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:04:05 ID:9Prncw8n0
>>343
病院が潰れてこまるのは、医者くらいじゃないんですか?
国は病床数が多すぎて医療費が高騰しているので、なくなって国民は大助かりです。
もっと社会に目を向けたらどうですか?

352 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:04:40 ID:kBfrzum90
でさ血液検査して何みるの?
白血球の左方移動?
CRPとかCKの上昇?

353 :これはひどいw:2007/11/27(火) 01:05:29 ID:JTPpqMPh0
2006年 2月 18日
救急外来で受診した同市内の男性(当時71歳)が
消化管に穴が開いたことによる腹膜炎だったにもかかわらず便秘症と誤診
薬を処方され男性は帰宅

2006年 2月 19日
男性(当時71歳)出血性ショックで死亡

2006年 2月 21日
誤診をした、消化器科の男性医師(38)が、画像を確認した放射線科から
「診断ミスではないか」と指摘
男性宅に連絡し、死亡を知る

 し か し 、 病 院 に は 報 告 せ ず
 し か し 、 病 院 に は 報 告 せ ず

2006年 8月
男性の妻から抗議があり、病院が調査
 つまり、遺族が抗議しなければ、誤診自体が闇に葬られていた
 つまり、遺族が抗議しなければ、誤診自体が闇に葬られていた

2007年 11月
マスコミに事実が漏れる

2007年 12月
市は診断ミスとして、遺族に約2000万円を支払うとする損害賠償の議案を
12月市議会に提案する予定?

 なんで医療事故の保険では無く、誤診とは無関係な市民の血税から払うの?
 なんで医療事故の保険では無く、誤診とは無関係な市民の血税から払うの?

354 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:06:18 ID:18V5KsC0O
腹膜炎ってしぬ病気だったんだ…gkbl
なったことあるけど、病院に行ってよかった。
おトイレに行きたくなるけど、うんちでないんだよなあれ。

355 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:06:38 ID:z6tsW62i0
>>349
普段の検査値が大事なんだ。
いつも白血球が3000の人が、8000だったら異常かもしれない。その逆もある。
1点だけでわかるといのは、よほどほかの症状がないと難しい。




まあ俺にはその辺ができないと思ったからなぁ。

FFでは既にLSから廃人とよばれるほどがんばっているが・・・・POLが混雑していますだってさ。

356 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:07:08 ID:e21A5cBG0
>>347
腹膜炎で感染おこしてたら、白血球は上がる
赤沈やCRPも上がってる筈だから、鑑別に血液検査は必須

357 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:07:56 ID:Ah/gIBjlO
心不全なのに胃炎と誤診されたオイラが来ましたよ(・ω・)ノ

訴えれば勝てたかな
ちなみにその二日後には総合病院の集中治療室送りでした
もーちょい遅かったら死んでたって言われたよw

358 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:08:20 ID:kBfrzum90
ゼプって白血球下がってるかもよ?

359 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:08:45 ID:IRyGgl1iO
医者を責めないのは無理w
仕方ない面もあるが責める事を否定してはいけない
まあ刑事事件にする必要はないけどな

360 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:09:25 ID:z6tsW62i0
>>353
病気で死んだだけだと思うんだけど、報告が必要なん?(笑)



>>356
これから上がってくる過程かもしれないし、SIRSの診断基準とか見てみろよ。
アホ?(笑)

赤沈?(笑) いつ上がっていつ消えるんだ?(笑)

361 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:09:27 ID:9aPtu84a0
>>357
すごいなw
痛過ぎてどこが痛いか分からなくなるの?

362 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:10:34 ID:zen8Udz60
>>296
均一に生産しているはずの量産品ですら、一定の割合で不良品が出る、これは避けられない。
ましてや、相手は生身の人間だから医者はメーカーですらない。
メーカーに該当するのは患者の親だから、製造者責任は親にある。
どこで製造されたかも解らない不良品の修理をいきなりやらされて、もし失敗したら賠償金を払うなんてあり得ない。

363 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:10:57 ID:hYSCKPxn0
今の20代〜30代の男の医者はロクな人間がいない。
威厳だけは一人前で口は達者、やっつけ仕事で金満体質。
口が達者なもんだから、ベテラン医師として患者に信頼されていると勘違い。

次の予約は「その日は学会に出席するからなあ・・」などと、モニタの予約カレンダーをスクロールしながら、
自分の医者としてのステータスを患者に、毎回毎回いちいちアピールする。
忙しい時間を割いて患者を診てやってるんだから、「申し訳ないと思わんかね」という妙な空気が渦巻く診察室。

患者の予定は2の次で、一緒に薬も出しますんでこの日にしましょうと半ば強引に決める。
「センセイ」に言われたからと、お年寄りの患者はその日の予定を空けなければならない。
結局「センセイ」のやることは、高い薬を処方するだけ。

364 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:11:02 ID:kBfrzum90
赤チンかw
今度からESRと書け

365 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:12:22 ID:18V5KsC0O
白血球15000くらいだったよ

366 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:12:58 ID:z6tsW62i0
>>363
薬代が高いのは、国が決めている薬価のせい。

病院収入は『処方箋代』(笑)

367 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:14:48 ID:Ah/gIBjlO
>>361
頭痛、腹痛(下痢)、発熱、動悸息切れ、食欲減退、微熱のフルコース
毎日(;´Д`)ハァハァしてた

風邪との誤診はよくあるらしいが
胃炎と間違うパターンはレアケースらしい

368 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:14:51 ID:9ktg6ihGO
>>346
その1%に当てはまったがしらんが
その1%がいるから検査しなかったじゃダメだろ?


それに何千人を診察しようがミスしないようにするのが仕事だし
たとえミスがあってもそれを忙しいからしょうがないでは済まないと思うんだが?



369 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:15:08 ID:z6tsW62i0
>>365
それくらいだったら、アドレナリンがでてれば好中球が誘導されるからなぁ。

吐くだけでそれくらいいくわ。むしろその辺を分かっていない医者が多いから困る。アホばっか。

370 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:15:55 ID:18V5KsC0O
>>357
心不全て躯よわいんか?。とにかく357生きててよかったなー!


371 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:17:45 ID:z6tsW62i0
>>367
それはアホだわ。ご愁傷様。それで体重増加とカがあれば完璧だったんだけどな。


>>368
ミスではなく、その時は診断不明なんだ。
100%の感度と特異度の検査なんて存在しない。

372 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:17:58 ID:9aPtu84a0
>>367
怖いなぁ・・・

生還出来て良かったねぇ

373 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:20:12 ID:z6tsW62i0
元医者の俺から見たら、こんなの十分起こることだと思うけどね。

当たり前じゃん、としか思わないんだけどw

374 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:20:17 ID:CFMqRr/S0
俺も同じようなことがあったぞ
コンビニでジャンプ買おうと思ったらシャンプー買ってた

375 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:20:42 ID:JoFoxjeA0
>>100%の感度と特異度の検査なんて存在しない。

こういうことを言うのは言語道断です。
100%を目指してください。出来ないなら辞めてください。

376 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:20:54 ID:Ah/gIBjlO
>>370
d
バリバリの健康体→ウイルスでアボン
みんなも保険だけはちゃんとかけとけよ
いつ何が起こるかわかんないよ

377 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:21:03 ID:ObRhrIHB0
どの世界にだっていわば出来損ないはいるから。
一部(?)の石の悪口を言ってるだけでは意味が薄い。

石余りというのは厚労省の誤算、嘘、政治的配慮。
実際は少しの偏在はあるかも試練けど、医師不足。
これは田舎だけでなく都市部でもそう。
今後ジョジョにあからさまになって良くと思われオラオラオラ

なんちゃって救急を強いられてる石はつらい。
私もヤブだけど、何とかその日は全身を研ぎ澄ませて乗り切ってる。
こいつはほんとに重篤かどうかを見極めようと。。。

378 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:21:34 ID:/y+tY84S0
>>357
ウイルス性心筋炎か?
生きてて運が良かったね

379 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:22:33 ID:p5RINkOVO
いくら症状出にくいとは言え、もしかして?って思える判断力がある人はすごいよね。


380 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:22:43 ID:JoFoxjeA0
ウィルス性心筋炎→心不全?
劇症型はその日に死ぬこともあるよ。

381 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:23:53 ID:z6tsW62i0
>>375
そんなの研究者に言ってくださいw

それが現実。馬鹿の理想論には付き合ってられん。

382 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:24:59 ID:7C+gvujV0
大津市民病院の夜間救急部門は閉鎖ということで終了。患者は次の日まで待つか大阪にでも行ってください。

383 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:25:57 ID:z6tsW62i0
>>375
それに俺は今年の4月から医者辞めてるよ(笑)


俺は医者に向いてなかったな。馬鹿な看護婦と話をするのもうんざりだったし、患者とも嫌だった。

384 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:26:10 ID:qRzpxAml0
>>375
お前がまず一片の瑕疵もない人間となって手本を見せてくれ。
と書こうと思ったが、その書き込みしちゃった時点で既にアウトだなw

385 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:27:55 ID:Ah/gIBjlO
>>378-380
ずばりウイルス性心筋炎でした
ノロかインフルと思って町医者行ったのが間違いだったのかな?

離れて暮らす一人娘が倒れて、人工心臓の説明まで受けて…
同じ日にママンまで倒れました(´・ω・`)ショボーン

386 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:30:18 ID:7C+gvujV0
>>383
医師免許も返納した?

387 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:31:08 ID:z6tsW62i0
女子医あたりが出来そうか。

ウィルス性心筋炎を町医者とかに分かれというのは酷やね。ぶっちゃけ。

388 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:32:59 ID:9ktg6ihGO
>>375は言い過ぎだと思うが100とはいかなくてもその場でできる範囲をし後日に検査をしてなるべく100に近付けて欲しいとは思う。


あと俺の虫垂炎の場合は間違えやすいとか医者が言ってたが病状を断定しないで前もって他の可能性も伝えるべきとは思ったな


まぁとりあえず俺は寝るw

389 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:33:09 ID:JoFoxjeA0
>>385
医学的常識で考えたら、最初に診断がつかないのは仕方がない。
凄まじいスピードで症状が変化するからね。もれなく診断するためには風邪症状全員にレントゲン、超音波の世界。
でも、裁判ではちゃんと患者側が勝っています。訴えたら勝てるんじゃないかな。

390 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:33:13 ID:z6tsW62i0
>>386
部屋のどっかにあるんじゃね?

この10年くらい見てない。どこにあることやらw

391 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:34:06 ID:yX69lD5/0
一回だけ救急使ったけど、ろくに見もしないからな。
まぁ、病院に行ってまともに治してもらった事ないから、
今はまったく行かないけど。

392 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:35:32 ID:lsxfSvgv0
71才かぁ・・・
一瞬「なんだ、ジジィじゃん」と思うけれども
最近の71歳は結構元気でピンシャンしてるのが多いから
やっぱり誤診が元でそれまで元気だった人が死んじゃったんだろうな。

393 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:35:54 ID:JoFoxjeA0
>>381
>>383
俺も100%の感度、特異度が無理だから医者を辞めるつもり。
いまは三次救急を辞めて、またーり仕事しています。楽ちんちんです。

394 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:36:07 ID:5eUj/CZ30
これは何重にもミスしてるから仕方ないと思うよ。
まず、読めもしないのにレントゲンとCTを撮ってる。
そして帰しちゃいけないのに帰しちゃってる。
さらに放射線科医から誤診を指摘されていて、患者が死んでいたのを確認したのに、院長に報告していない。
医長なら自分の科のベッドを空けて朝まで様子を見ることもできたでしょうに。
ここって確か臨床研修指定病院じゃなかった?
悪い見本になっちゃったね。


395 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:36:10 ID:z6tsW62i0
>>388
可能性なんて終わりがない。

虫垂炎で典型的な症状が出るのは、虫垂炎が破裂してから。

その前は虫垂がどこに向いてるかで様々。直腸に向いていれば直腸症状が出るしな。


初診時の虫垂炎は普通見逃すし、小児であれば2歳以下は100%見逃すというデータもあるほど。

396 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:36:38 ID:9aPtu84a0
>>385
今は元気なんだから、良かったっじゃん

397 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:37:11 ID:Ah/gIBjlO
>>387
そうなんですね〜…逆に町医者さんに悪い事したかなw

スレチなのに皆様ありがとでした〜
おやすみなさい(´∀`)ノ

398 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:38:21 ID:z6tsW62i0
>>394
受けたのが最大のミス。

マジで馬鹿。こういう医者は死ねばいいと思うよ。

399 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:38:49 ID:aj3vAMIF0
71歳で2000万・・・・・・、そろそろ介護だの入院だの出て行くかねのほうがおおいでしょ。

400 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:40:54 ID:ydfP6Ham0
セカンドオピニオンは重要だな。


401 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:41:21 ID:aHQRQVg40
そういえば俺も熱が出て頭痛が酷くてフラフラになりながら近所の病院いったら
インフルエンザじゃねーの?って診断されて薬で終了。
翌日更に具合悪くなって同じ病院に行きどうにか労災病院に紹介状書いてもらって行ったら
髄膜炎でもう少し遅かったら寝たきりとか後遺症残ってたよ!と言われた…。

その後2ヶ月入院。どうにか今では完治して普通に生活送ってるけど近所の病院を訴えたいくらいだ

402 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:42:05 ID:JoFoxjeA0
>>398
この馬鹿はもう二度と救急に出ないので俺たちの仲間ですね。
自分がボランティアをしているという自覚もないアホには笑っちまいます。
ボランティアして賠償金払うなんて、馬鹿すぎてウンコがもれそうですw

403 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:43:22 ID:/nx1xY7e0
71歳・・・大往生じゃないか。
人生50年だろ。
日本人はほんと、強欲になったなあ。

404 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:45:04 ID:z6tsW62i0
>>402
本当。こういう馬鹿は医者辞めるべきだよ。受けて見逃すとか、最悪。

こういう輩が医療をやりにくくする。刑事でいいくらい。マジで死んでほしい。

405 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:48:01 ID:JoFoxjeA0
3次救急なんて患者が来ると夜中でも医者が5人くらい集まるもんな。昼なら15人くらい集まる。
で、みんなで画像みながらチェックするし、それぞれの専門家が揃っているから安心だよな。
それが出来ない病院は救急を返上すべきと大阪高等裁判所も言っているしね。
辞めろ辞めろ!

406 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:49:48 ID:FV/GhtjzO
腹膜炎と便秘間違えるって・・・
レントゲンみたらわかるだろ・・・

407 :名無しさん@お大事に:2007/11/27(火) 01:58:04 ID:ZZY6+Re/0
プロの消化器内科が見逃してしまったのだから
責任問われてもしょうがない

ただし超A級のプロでも正解にたどり着けない症例はたくさんあるし
重すぎる責任を負わせるべきではない

腕がいいと評判の指導医がSMAO見逃したことを知らされて
つらそうな顔をしていたことは今でも覚えている

408 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:59:18 ID:uby9U14y0
賠償は正当だと思うが2000万は金額がおかしいな。
平均寿命とそれまでの収入の期待値、それに慰謝料を加味してもどうやっても2000万にはならない

409 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:59:44 ID:cengSFUq0
>>406
消化器科はアナルの専門医なので、指をケツの中にいれるだけで全てを読み取ってしまいます。

410 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 01:59:59 ID:JoFoxjeA0
SMAOをちょっと難しいだろうな。
でもさ、そんなものを的確に診断出来てもいいことはなにも無い。辞めるが勝ち。

411 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:02:24 ID:HRc95VZB0
日本人は長生きすることが良いことみたいに言ってるが家畜みたいに生きてるだけじゃなんにもならないよ

412 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:02:33 ID:qRzpxAml0
>>406
どの辺で見分けるのか具体的に書いてくれよ。

413 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:04:10 ID:JoFoxjeA0
>>412
国試の臨床問題みたいのを考えているんだろうな。おめでたいな。
臨床の多様性ってのは現場で驚きつつ身につけて行くものだからな。

414 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:07:31 ID:mNY4mBwg0
テスト

415 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:11:00 ID:KbaD1NqE0
議員にいって、そいつの医師生命終わらせたことならある。
30代程度ででかい態度取るとこうなる。

416 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:12:07 ID:JoFoxjeA0
>>415
ほら話もたいがいにしろよ。

417 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:16:44 ID:kTaI+2uB0
正直これは仕方ない面もあったと思う。
気象予報士に予報してもらって明日の天気を100%
予測しろって無茶言うようなもん。
それで外したら逮捕なんてありえないよw

ま、過去の中国だったっけ?明日の天気外したら
死刑wなんて国もあったよなぁ。

418 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:19:45 ID:JoFoxjeA0
>>417
100%の感度、特異度が無理なら、そんな仕事辞めてしまえ!
俺は辞めた!

419 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:20:14 ID:KbaD1NqE0
ほらだと思うか?
大学ルートからいけば、見放すこともあるよ。
少なくともキャリアは完全に潰した。

医者は世間知らずだ。
社会的攻撃には弱い。

420 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:21:02 ID:5eUj/CZ30
>>404
いや、だからここ臨床研修病院なわけじゃない。
救急を受けなくちゃ「プライマリやりたいです」さんたちが集まらないわけでしょ?
この医師はその日の救急の指導医だったんじゃないのかね。
もちろん指導医に最終責任があるんだけどさ。
ただ、診断つけちゃったのと、院長に報告してないってのは弁護のしようがない。
院長、堪らないぜ、こんなことされたら。

421 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:23:08 ID:JoFoxjeA0
>>419
いまどき大学ですかw
俺は助教授が食い下がるのを振り切って辞めました。
家まで何度電話が来たことか。未だに同門会誌を送ってくるし。
俺も見放されたいな。

422 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:24:29 ID:kTaI+2uB0
>>418
じゃあ予報業務に就く人々は全員廃業しなければなりませんね。
気象予報士、証券アナリスト、占い師、色々ありそうですねw

423 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:25:17 ID:mMjSXwJ7O
画像診断もろくに出来ないのを救急やらせんなよ

424 :名無しさん@お大事に:2007/11/27(火) 02:26:07 ID:ZZY6+Re/0
高齢の便秘症例は全員入院
入院したくないといったら、死んでも責任を問わないという条件で帰宅可
ベッド埋まったら受け入れ不可能につき他院へ紹介

腕が悪いと一生言われるだろうがこれが一番安全
でも医者全員がこれやったら間違いなく日本の医療は終わる

425 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:27:10 ID:JoFoxjeA0
>>422
厳しいことを言ったようだが、実はいろいろあって、そっちのほうが美味しいんだよ。
だから、しょうもない救急なんて辞めて楽しい仕事で楽に稼いでみませんか?

426 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:28:07 ID:x+cThdKV0
>>415
医師生命を終わらせたって、ナンノコッチャw
単にうっとおしいから、働きやすいとこに移っただけだろうがw


427 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:29:14 ID:y6rgYbIc0
PACSで見てる放科医はair windowにしてすぐfree airを見つけたけど
フィルムでは脂肪とairの区別がつかなかった、
みたいな微妙な誤診だったら可哀相だな

428 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:30:42 ID:JoFoxjeA0
>>424
>>日本の医療が終わる
これでなんの問題があるの?ついでに言うと再生する必要もない。崩壊したまま。それでいい。

429 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:30:43 ID:Caxv/Sn7O
>>421
一方、姉は同人誌を作って大学病院に勤める襲われ受けの友人に送り付けた。
えらい迷惑してたな。

430 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:30:48 ID:KbaD1NqE0
おまえがどうこうではなくて、助教授の保身のためだと
いうことがなぜ理解できない?
おまえはどうでもいいんだよ。

431 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:31:13 ID:MWD2QyXM0
>>427
あれはずるいと思うよな。
あと、今居るところはちょっと遅れてからスライス幅の違う画像が送られてくるorz


432 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:34:03 ID:9aPtu84a0
>>430
中間管理職は辛いよねw

433 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:34:39 ID:JoFoxjeA0
>>430
馬鹿な奴だな。医者がいなくなると助教授の身が危ないくらい、魅力も権力もないんだよ。
そんなところにたれ込んだ馬鹿がいるとすると、これ幸いと辞める口実ができる。
お前はその30代医者が一番喜ぶことをしてあげたんだよ。粋な計らいってやつか?

434 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:36:40 ID:MFb134wp0
>>424
死んでも責任を問わない、という証明なんて何の役にも立たないはずでしょ。
結果が悪ければ責任は必ず問われる。

435 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:39:03 ID:PYz6gJTT0
>三沢信一院長は「診断と死亡との因果関係は明らかではないが、入院していれば救命の可能性があった。

このヤブ医者が!死ね!カス!

436 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:40:19 ID:x+cThdKV0
>>434
冤罪判決で死刑にした裁判官や横領公務員は責任問われないけどね

437 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:42:26 ID:MFb134wp0
>>436
代わりに贈賄した社長が逮捕されるんだからいいじゃん

438 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:00:48 ID:Xrl5r/HO0
最初から放射線科の医師と疎通ができていればこんなことにはならなかった
餅は餅屋

439 :名無しさん@お大事に:2007/11/27(火) 03:02:41 ID:ZZY6+Re/0
>>434
ないよりはマシだと思う。
でも実際に「重い」責任を認めた判例ってあるのだろうか

救外で帰宅不可と告げたのに勝手に帰って行方不明(当然会計なし)になった人がいた
psy患ではないことを付記しておく。後で責任を問われたらと思うと・・・

440 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:04:59 ID:2P8EE+A+0
診断と死亡の因果関係、誤診で治療が遅れたから死んだんじゃないの?

441 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:09:44 ID:pC6SEm530
ただの病死だろ。
市立病院はすぐ謝るんだよな。

442 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:10:42 ID:JoFoxjeA0
>>440
その時点で診断が正しくついても結果が変わらなかったとか?
でも、そういうときは必殺期待権で金取れるんだよ。
ちなみに期待権は医師に対してのみ使われる概念。法曹相手には使えない。

443 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:12:35 ID:09+IN6HfO
ヤブ医者死ね!ボケカスッ

444 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:15:04 ID:MFb134wp0
弁護した刑事犯が再犯した場合あるいは
求刑より軽い判決を下した刑事犯が再犯を犯した場合

弁護士や裁判官がお縄になる世の中になるといいのにな。

445 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:23:59 ID:pC6SEm530
老人は典型的な症状が出ないことがあるらしいね。
消化器科の医師が見落とすわけないだろう。
確かに言えることは、また救急受け入れ病院が減ること。

446 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:31:15 ID:V4bruUDdO
どんだけ性能悪いCTなんだよ。

447 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:32:33 ID:3ZJrNWu10
いいなあ

とりあえず死にそうだったら藪医者に駆け込んだらお得みたいだね
出産したいときも

448 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:32:38 ID:JoFoxjeA0
>>445
別にいいよ。医療崩壊大歓迎だ。焼け野原大歓迎だ。でも、医療再生は一切望まない。

449 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:34:57 ID:jq6TFufg0
医者に一度診てもらっとけばとりあえず安心て思っちゃうからなあ
そのあと多少病状悪化しても
医者も大丈夫だっていってたしって我慢しちゃう

医者だってミスはある
ヤブ医者もいる
診断は変わりうる
おかしかったら再受診する
患者側も意識を変えないとな

450 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:36:39 ID:MFb134wp0
>>446
医療機器は定期検査をクリアしなければ使用してはいけません

とこないだ習ったよ

451 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:47:22 ID:JoFoxjeA0
100%の診断を求める患者の相手なんてしてやる必要はない。

452 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:48:30 ID:TywOtSHQ0
>>1
>医師は2日後、画像を確認した放射線科から「診断ミスではないか」と指摘され

システムを整備する必要がありだな

453 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:53:58 ID:9JHBL0hw0
>>49
大きい病院でCTなどを撮ると検査料以外に読影料って請求されることないですか?
そう言うのは診察医とは別に放射線科の医師が確認しているんですよ。

>>63
今回の場合は同じ病院の放射線科から「ミスじゃねーの?」と指摘されて発覚したのだからまだましな予感がする。

454 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 04:13:36 ID:9JHBL0hw0
>>176
これは市が議会に議案を提出したというニュースなのだから,
裁判の結果か和解の結果が2000万円だったということなのでは?

裁判については触れられていないけれど,賠償というからには裁判を起こされたのだろうし。

>>1
>医師は2日後、画像を確認した放射線科から「診断ミスではないか」と指摘され、
>男性宅に連絡し、死亡を知ったが、病院には報告しなかった。

>病院には報告しなかった。
これって「患者が死亡していた」ことを?それとも「診断ミスじゃネーの?って放射線科から指摘されたこと?」
後者だとしたら放射線科が担当医師に個人的に報告したって事になるよね?

455 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 04:15:44 ID:JJh7xEkv0
素直に読んだら「死亡したことを報告しなかった」んじゃね

456 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 04:21:28 ID:m/W8TZZs0
>三沢信一院長は「診断と死亡との因果関係は明らかではないが

はぁ?診断ミスで診断だろうが!

457 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 04:37:31 ID:BOfkgAeX0
消化器科医がレントゲンとCTで見逃すってどんだけ無能なんだよ。
こういうやつからこそ医療免許取り上げるべきなんじゃ?

458 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 04:45:04 ID:xNrPgT5gO
>>456
こんなスレで何だが

誰馬

459 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 05:02:08 ID:YanKpvM20
腹膜炎と便秘って、間違えやすい症状なの?

460 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 05:10:30 ID:9JHBL0hw0
>>455
やっぱりそうですよね。

>死亡を知ったが、病院には報告しなかった。
>同年8月、男性の妻から抗議があり、病院が調査していた。

鵜飼学長の見過ぎで病院長は本当は知っていたけどそ知らぬふり。
遺族から指摘されたので仕方なく「報告が無かったので知らなかった」と言っている。

ように見えてしまう私はテレビ脳。

461 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 05:26:29 ID:aHukPVPkO
お医者さんは宝なんだから夜間救急なんてやってたら駄目ですよ。
少なくともこの国では絶対に駄目。

462 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 05:39:13 ID:YanKpvM20
>>461
そういうのを、「宝の持ち腐れ」という。

463 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 05:45:18 ID:aHukPVPkO
>>462
いやいや、お宝の使い方は他にいくらでもあるんだから、安売りは駄目。
night volunteerなんて言語道断。

464 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 05:50:17 ID:YanKpvM20
>>463
おまえが、病気や事故を昼に限定して起こせるなら
お前の言うお宝も正しく使えるだろうな。

465 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 05:57:50 ID:aHukPVPkO
>>464
あなたのおっしゃりたいこともよくわかるが、常識的に考えてこれ以上お医者さん達を犠牲にはできないな。
医師を法的保護もないままに奴隷労働させてる国はこの国くらいと聞いた。
はっきり言って世界的な恥だよ。

466 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:00:32 ID:Qk5K+0ZB0
夜間やめたらどう?

467 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:05:32 ID:YanKpvM20
>>465
なら、夜間救急やめろじゃなくて、法的整備をしろってことだろ?
お前の意見は、医者を守るために患者を殺せと言ってるに等しいわけだが。

468 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:09:23 ID:xz9KvqI1O
まぁ分からないなら入院させるべきだったな。
腹膜炎と便秘は間違いやすいことは無いと思うが、便秘に比べて腹膜炎なんてほとんど来ないし、患者自らの説明が便秘気味だったとか言ったかもしれない。大体救命は心配性なだけの人とかがうじゃうじゃ来るし。

気の毒だったが、こんな事で免許取り上げなんかしてたら医師いなくなるだろ。次に生かせ

469 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:14:15 ID:aHukPVPkO
>>467
そうそう。
殺すと言うと語弊があるが、要するに医師達が産科や夜間救急をどんどん辞めて、結果助からない妊婦や患者
がこれから増えてこなきゃ駄目。
それくらいにならないと世論が医療の崩壊を危惧しない。
土台無理な体制のくせに当のお医者さん達がなまじ頑張るから事態が変な方向に悪化するんだよ。
無理なものは無理ってはっきり言わないとね。

470 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:15:31 ID:YanKpvM20
>>469
なら、最初からそう言え。

471 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:20:06 ID:aHukPVPkO
( ´Д`) 最初から言っとるがな……。

472 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:21:02 ID:7Rflkx9X0
いくら老人でも2000万って安いよなー。
年収500万なら4年分か。

473 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:23:44 ID:YanKpvM20
>>471
言っとらんがな。

474 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:33:02 ID:UIHj8Hyg0
誤診→患者死亡→待遇が悪いからこうなる。薬価を上げろ!
何でこうなるんだ?
子供のいたずらじゃね〜んだからさ
訳の分からん論点のすり替えは止めて欲しいもんだ。
ただ医療関係者の待遇改善は是非お願いしたいもんだがね・・・・
でも悪い悪いと言いながら子供を業界人にしたがる医師親が
存在するかぎり業界が大変だとは周りは思わんだろうな
・・・己が苦労してる業界に親族を跡取りにはしないのが本当だからな

475 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:59:21 ID:UbPVywjg0
歯痛ぐらいで救急車呼ぶ奴らとか暇つぶしに病院に来るジジババとかにペナルティを課して
医者が念入りに診察できるようにすべき。

476 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:02:07 ID:Z0sCOf7w0
こういうニュースの積み重ねで,
過剰医療
萎縮医療
防衛医療
になり,救急の現場から医師が去っていくんだね.
医療破壊
医療崩壊
だなあ.馬鹿らしい.

477 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:03:16 ID:SKvGpCfG0
へそから上の体幹部+頭部の痛みで救急外来が来たら、とりあえず全例ECGやっとけと
内科の教授が言ってたな。

478 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:13:58 ID:N+Tf4uVC0
>>474
誤診→患者死亡の流れなんて医療において珍しいことでも何でもないでしょ。
既に何人かの医師(と思しき人)達からの指摘もあるけど、初期の正診率って実は相当低いものらしいしね。

まあ何を言ったところで、リスクとリターンにおいて割に合わない職場からは自然と人が逃げるもの。
リターンが皆無とも言える夜間救急を医師にやってもらうためには、国民が医療の不確実性というものをもっと
理解しないと話にならないだろうね。
まあ無理だと思うけど。

だから皆さんがおっしゃっているように夜間は閉鎖、急病になったら(−人−)という方向で進んで行くしかない。

479 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:19:32 ID:bPBklYXU0
対応早い?
医者も人間
ヒューマンエラーは付き物
早く医者用の賠償請求保険作ったほうがいいね

480 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:41:58 ID:Iddngi5e0
>>474
医者と人くくりに纏めてるとこに問題があるんだよ。
子供を医者にしたがる親はハイリスクな産科医になんてしようとしないだろ。
開業医や美容、眼科のようなローリスクミドルリターンなとこで稼いでほしいと思ってるだけ。

医師不足と言っても、医者の業界の中でハイリスクなところから、ローリスクなとこに人が
流れているだけ。医師が単なるサービス業となってしまった今の日本では仕方ないこと。

481 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:45:56 ID:C6dnsAWoO
素人は簡単にいうけどなレントゲンやCT

482 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:49:47 ID:j2wn/6II0
直腸穿孔の腹膜炎だと、最初はほんとに分からんね。
安全牌なら入院だったろうな。
でも、もう自治体病院とか他の基幹病院の救急のモチベーションは日本中で
下がり捲くりだから、どうにもならんだろう。

俺も同じ38歳の消化器内科医だが、ドロッポしたら、もう毎日が楽しくて。
こんなに医者が楽しい仕事だったとは思わなかった。
朝が来るのがまちどおしくなったよ。

自分も妻と子供をもつ父親だが、もっと早く家族と自分のためにリスクを考えるべきだった。

とにかく基幹病院で救急外来をまだやってる医者は人間として知能指数が低いから気をつけろ。

483 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:53:39 ID:C6dnsAWoO
素人は簡単にいうけどなレントゲンやCTとってフリーエアーがわからないような穿孔を診断するのは至難の業。夜中に放射線科医のいる病院にいけ、ほとんどないが

484 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:53:42 ID:TNoQ+VuyO
うちの糞祖母も誤診で死んでほしいな(^O^)/

485 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:59:47 ID:JJh7xEkv0
医者は大変だなあと思うが、同族叩きも激しいよな
辞めてない奴に対する物言いが異常

486 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:06:23 ID:tUQFrcciO
人殺し医師まだ生きてるわけ?

487 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:10:58 ID:rKYAAbWd0
救急やってる以上、ある程度の漏れは仕方ないだろ。
そのかわり、数倍の急患を救ってるならそれでよし。

488 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:14:36 ID:XaTF7qOe0
生き物はいずれ死ぬんだが、そのコト、知らない人多いよね。
それとも、人間様は違うと思ってンだろうか?

489 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:17:29 ID:5Hi+Vk68O
レントゲンやCTどうこうより筋性防御みろや

490 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:18:49 ID:i9YODvOv0
高齢者に筋性防御なんて出現しない。
それくらい常識だろうが。

491 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:18:54 ID:C6dnsAWoO
年寄りは症状それほど訴えないこと多いんだよ。お前学生だろ

492 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:19:11 ID:j2wn/6II0
>>485
そりゃ仕方ない。俺だってつい最近まで一晩で50人患者がくる病院で毎週救急外来当直していたから。
年末なんて、一晩で100人だぞ。一人の診察時間が4-5分。おまけに救急車は来るわ、
病棟の上の年寄り医者の診てる患者の急変も対応してだぞ。
発狂もんだ。

それで一晩3万円の安い給料。見落としすりゃ、このスレの他の連中の鴨にされる。
上の医者は、「市民のための病院ですから、頑張って下さい。」としか言わないし。

もう日本の医療はまともじゃねえよ。もう逝くとこまで逝けって感じ。

493 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:21:23 ID:UlwpH5gKO
ご冥福をお祈りします。

494 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:22:40 ID:/UMpyQ1M0
ハイリスクローリターンな上に、超過密労働と来たもんだ。
そりゃ医者が不足するわけだ。

495 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:25:36 ID:pH5IZi4O0
>>487
>医師は2日後、画像を確認した放射線科から「診断ミスではないか」と指摘され、
>男性宅に連絡し、死亡を知ったが、病院には報告しなかった。

単なるミスではなく隠蔽事件。

496 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:31:33 ID:2vbS9I5rO
この患者さんが可哀相なのは言うまでもない、苦しかったと思うよ。
それはそれできちんと賠償してあげて、ミスを犯した医者は研修しなおす制度とかあればいいんじゃないかな。
人間はミスすると思うし、激務はミスを呼ぶし…。
故意なら一発で免許取り消しでいいけど、一度のミスで全てを失うと医者が思えば医者自体が減るんじゃないか

497 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:31:43 ID:Shegw4UdO
信じられん…
ほんとに医者かよ。便秘とまちがうて

498 :487:2007/11/27(火) 08:34:23 ID:5Hi+Vk68O
ありがとうセンパイ。

499 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:35:57 ID:TL0hvDtB0
>>医師は2日後、画像を確認した放射線科から「診断ミスではないか」と指摘され、

放射線科って泊り込みしないよね。
何で、そっちに話は行かないんだろうか?
全くもって良い職場だなとうらやむ俺は脳外科医。

500 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:38:05 ID:Iddngi5e0
>>496
医者自体は減らない。
リスクのない部門に人がシフトしていくだけ。
例えば不妊クリニック。患者が死ぬリスクはほぼゼロ。10回に1回妊娠に成功すれば
それでOK。自由診療だから報酬も高い。

501 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:48:04 ID:ulmDGks80
>>496
ミスはミスだから謝れ、謝るのが当然だ、というのは完全に正しいと思われがちだが、
負の面ももってるということだな。

医者とて人間だから、ミスをするという問題以前に、ミスをしたくないと思うわけで、
ミスをしたら全人格を否定されるような責めを受けるくらいなら、ミスをしない職場へ移動するだけの話。

それで患者側が困る状態になっちゃったってこと。
儲かったのはミスされて訴えて金をたんまりもらった遺族と弁護士だろ。
そいつらのいい思いの分を関係ない普通の患者が迷惑こうむってるというだけで。

502 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:48:41 ID:Iddngi5e0
>>499
だったら、おまえも放射線科に転向すればいいじゃないか。
夜はよく寝れて、診断は2日後でよい、なんと言ってもローリスク。
このへんにも医者の業界内でのリスクの格差がもろ出し。

503 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:49:34 ID:jwXkZKcK0
パストラミサンドかやー

504 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:53:51 ID:/W4RFrE+O
まあ、便秘ごときで救急外来に行くか?って話だわな。

505 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 08:59:34 ID:HksZgK6x0
100%の医療が提供できないのに臨床医をやっている負け犬さん(笑)

506 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:02:55 ID:9LtX70P/0
>>6
医者は甘やかされすぎだな。
腹膜炎なんか普通誤診のしようがないのにこの言い訳。


507 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:05:29 ID:jlDPNF4i0
>>504
自分が爺ちゃんになれば解るよ

508 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:06:45 ID:ET6x/9d20
うちのおやじの名言
「良い医者は夜にちゃんと寝て気力と英気を養っている
 いい医者に見て貰いたかったら朝まで我慢しろ」
だそうだ

509 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:08:21 ID:noV/5lgF0
レントゲンとCT撮ったのだからこの先生もそれなりに怪しいと思ったんだよな?

それでいて消化器の専門の人が分からなかったんだから、これは医療「ミス」
ではないだろうに・・・

510 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:08:44 ID:SQ1d8MCTO
>>499
今時、放射線科なんかロートルしかいないぞ。

511 :一応開業:2007/11/27(火) 09:08:49 ID:btNU9FPLO
酷いな 俺ならこんなアホな誤診などしないっーか 大抵はやらんぞこんな凡ミス

512 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:12:22 ID:N+Tf4uVC0
>>509
無理な体制で夜間救急を続けていたことそれ自体がミス。

513 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:13:53 ID:94esPEqxO
滋賀の医療レベルは私立駅弁はもとより京都から派遣される奴も最底辺。恨むならそんな田舎に住むしかない自分自身

514 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:15:42 ID:kC2d/AGy0
今までの医療裁判と一緒だろ?

誤診の程度を過小に裁判所が判断する→医者が調子こく
誤診の程度を適切に裁判所が判断する→GJ
誤診の程度を過大に裁判所が判断する→医者逃げる→国民の受けられる医療レベル減

ただ、今までは"過大"な判決にいたるケースが超多かったからな。
多分今回もそうだろう。

個人的には医者へ与えられる俸給が少ない状態だから、
誤診は常に"過小"に評価されるくらいで、ちょうどバランスすると思うんだがね。

薄給でコキ使ってるんだから一定の割合でのミスなんて当然だろ?

515 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:16:08 ID:xPrivapiO
腹膜炎て誤診しにくい簡単な病気なの?

516 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:17:13 ID:rpfeOQjm0
老人の腹膜炎はわかりにくいよ
それに痴呆がはいってたら、本当に判断しにくい
いちいち訴えられてたらみんなやめていく


517 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:18:27 ID:/fzxRkA80
>>508
同じ救急でも、夜間は医療の質、量が落ちると言われるからな。

518 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:20:35 ID:iW8ZVJ00O
妻からの抗議がなかったら表沙汰にはならなかったんだな

こういうケースよくあるんだろうな

519 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:22:01 ID:JoFoxjeA0
>>516
辞めればいい。
もともと日本の医療体制は恵まれすぎ。患者の天国。
世界標準に近づくだけだ。なんの問題もない。

520 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:23:44 ID:jlDPNF4i0
>>517
たしかに、夜間日曜にはこの放射線科居なかったわけだしな

521 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:23:45 ID:Etz+uVj70
また医者の愚痴スレが立ってるしwwwwww
本当に2ちゃんねるも高学歴と低学歴の2極化が進んでるなあw

522 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:24:20 ID:noV/5lgF0
>>511
学生なので今後の勉強のために教えていただきたいのですが、
腹膜刺激症状の曖昧な高齢者で、Xpでfree air(-)、採血データで問題なく、
CTでも腹腔内出血等明らかでなかった場合、どうすれば穿孔って
分かりますか?もしくは疑えるんですか?

523 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:27:10 ID:xPrivapiO
うん、でもまぁ誤診かも知れないって本人に連絡した姿勢は正直でいいと思う。

524 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:27:20 ID:iW8ZVJ00O
俺の親父は盲腸の時腹こわしただけと正露丸飲んで我慢したらしいが
いっこう痛みがおさまらないので病院行って即入院・手術だったな

525 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:29:35 ID:z9mm0FG2O
>>480
まあその通りなんだよね
これはうちの話だが、最近人気があるのは緊急外来をやってくれない医院
そんなのは患者もよく来て流行ってるみたいだし医者からも人気があって
最近たけのこみたいにポンポン出来てる
で、市立の総合病院はというと外来は少なくて赤字経営だしそれによって
医者の数は減る一方、しかし時間外や緊急外来はそこに運ぶしかない
上に上げた医院は重篤者が出たらすぐ救急車呼びやがるしよ
医院→総合病院へ搬送ってのもなかなかシュールだよ
そうやって開業医の連中は責任逃れして甘い汁を吸ってるんだよ
市立病院の医者は激務で薄給な上に医療ミスで今も裁判沙汰の奴がいる
だからなり手もいない、これが現実。

526 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:29:44 ID:8usf9Vwz0
また、「治療したら治っていたかも」かよ。

白い巨塔の悪影響極まりない。



527 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:30:22 ID:jrZd8tkt0
まとめ

・医療ミスの隠蔽 -> 人間はミスを認めたくないものだからしかたない
・医療ミス -> 救った患者もいるのだから問題ない
・医療 -> いやなら受けなければいい
・医療ミスの患者死亡 -> 医療ミスが原因かどうかはわからない!
・医療ミスの開示 -> 医者がいなくなるぞ!
・医者の責任 -> 患者が困る事になるぞ!

結論:
・医療ミスを行うと患者が困る事になるので減らすようにしましょう。
・医療ミスの開示を行うと医療ミス隠蔽派が転職するのでぜひ開示しましょう。
・医療ミスの開示は評価して医療ミスの隠蔽を叩きましょう。

528 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:31:13 ID:/fzxRkA80
そもそも採血したのかどうかも怪しかったりして 腹膜炎なら白血球が上がるんでそ。
消化管穿孔って胃か腸かわからないけど、レントゲンでイレウスの所見が出るから
そこから疑うんでわ?

529 : :2007/11/27(火) 09:33:36 ID:WRMKK5AI0
>>522
>Xpでfree air(-)、採血データで問題なく、
>CTでも腹腔内出血等明らかでなかった
 これなら後から放射線科医に指摘されることはない。
 穿孔が診断できなくても無問題。

530 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:34:25 ID:pC6SEm530
夜間救急の質が劣る理由は、昼と同じ体勢が取れないから。
つまり、昼は病院にいるが、夜間いない職員が悪い。
簡単なことだ。特に公立病院だとこの手の職員の働きが悪い。
医者に文句言ってみてもしょうがない。

531 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:34:52 ID:noV/5lgF0
>>529
あぁ>>1ちゃんと読んでませんでした、放科に誤影を指摘されたってことは
ちゃんと異常出てたんですねorz

出直してきまs

532 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:36:11 ID:TzW/WPe60
>消化器科の男性医師

素人的には
これは抗議されてもしかたない感じがするな

533 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:36:23 ID:DANTKnI9O
私も昔腹膜炎一歩手前だったのに便秘と誤診された事があった。
激痛に耐えられなくなり別の病院に駆け込んだら肝周囲炎でした。

534 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:36:34 ID:cwYUqykA0
>>522
Xpでfree air(-)は、あてにならない。
腹部CTを脂肪と空気が区別できりょうに、肺野の条件で焼いてもらえ。
qqct.jpで勉強せい。

535 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:37:17 ID:IHMqgOl20
まあ、よくあることだ。気にするな。

とにかく、これが民事だけじゃなくて
刑事事件にならないことを祈る。
刑事になったら日本の医療はおわりだろ。

536 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:37:29 ID:euF0HLBl0
夜間の放射線科医呼び出しが出来ない病院は救急やる資格無しでおk?

537 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:37:58 ID:pC6SEm530
>>533
男性から悪い病気をもらったんですか?

538 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:38:42 ID:S+eLlT1y0
我慢できずにのた打ち回ってるだろ。普通。

誤診と感じたんなら他の病院にかかればよかったのに。

539 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:39:13 ID:cwYUqykA0
>>533
クラジミジアによるFitz-Huh-Curtis??

540 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:39:26 ID:Iddngi5e0
>>536
呼び出し?はあ???????
放射線科医が夜間もずっと勤務してて日中となんら変わりない救急体制とってない
病院には救急やる資格ないよ。

541 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:43:03 ID:cwYUqykA0
>>540
救急はやったら負け。
救急指定病院で勤務している医者は負け犬=俺のことだけど。

542 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:45:20 ID:mc4LUQq50
開業医が楽しすぎって厚労省がメスいれるらしいけどどうなるの

543 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:46:10 ID:HM0qBY2YO
>可能性はあった。

ほぼ間違いなく助かったんだろ!責任を認める意思がないね。


>市が2000万の賠償金=税金

低レベルの医者は解雇しろ!税金も無駄にしたが、こんなヤブ医者に治療されるのは死と隣り合わせ

544 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:47:09 ID:cwYUqykA0
>>540
昼間でもいいが、放射線科医に読影してもらうのは
何かあったら責任を押しつけるためだよな。
「癌の再発がもっと早くわからなかったんですか?」と家族から詰問されたときに
「大学から来て貰っている専門の放射線科医でも診断できませんでしたから」と納得してもらうのだが、
最近は放射線科医も
「この病院の診断装置(旧式のCTとかMRIね)では、異常が指摘できません」とコメントしてきて
責任逃れをはかっているよ。

545 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:48:32 ID:0Jc3/xRKO
人殺し病院

546 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:51:44 ID:N+Tf4uVC0
>>525
貴方が責任逃れしていると評する医師達だが、彼らに責められる謂れはないと思うよ。
この国で自分の身を、そして家族の生活を守るためにはそうするしかない。 違うかな?

責められるべきは本来医療にかかる金さえ削りまくる政府役人筋であり、医療の不確実さを全く理解せずに
狂った遺族寄り報道を繰り返すマスゴミであり、同じく狂った遺族寄り判決を繰り返す司法ではないか?

それからなり手がいないという公立病院の医師だが、元々医者はそんな奴隷になんてならなくていいんだよ。
自己犠牲、清貧……確かに立派なことで俺にはとても真似できそうにない。
しかしそういうふうに必要以上に身を粉にする人がまだいるから国民も、“医者は奴隷のように扱き使って
やればいい、何かあったら訴えてやればいい”という認識になる。
結果、新しい医療体制の構築ができない。

547 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:53:15 ID:7IUr3Uuo0
いまどき放射線の写真は全部デジタルなんで
光が来ていれば病院で見る必要ないんです

「ヨーロッパーアメリカーアジア」の診断ネットワークを作り
時差を利用して即時診断できる体制も
諸外国では進んでいます

フィルムを現像して、手で運んで
2日後に結論を出すという
日本の放射線診断の仕組みは
時代錯誤です
最もデジタル化しやすい部門なのですから
もっと中央に集約すればいいと思います

548 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:56:47 ID:gV2a2jxY0
>>547
そういうのが下手なのは、日本人の宿命かもね。
システマチックな考え方っていうの?
先の大戦のときも、考え方の硬直性がいかんなく発揮されたようだしね。

549 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:58:13 ID:Apk7AFdB0
腹膜炎と言う危急を要する症状を便秘扱いするヤブ医者にかかったら最後だな
医療訴訟の困ったところは、こう言う無能な医者が紛れ込んでる為に
大義名分を与えてしまってるんだよな。

550 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 09:58:53 ID:G/1CXwZjO
土曜に喘息の発作、点滴したけど治らず日曜に喘息の微妙な発作。救急車呼ぶと大げさだから119に電話して日曜診察してる病院教えてもらった。
そしたら近所の評判の悪い病院だった。盲腸の抜糸を失敗された病院だが仕方なく電話。
病状をいうと『本日内科の先生がいらっしゃらないので・・』
またかけます、と電話きってたが、こんな病院も救急病院。外科もなくなってるのに。


551 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:00:02 ID:Iddngi5e0
>>546
>責められるべきは本来医療にかかる金さえ削りまくる政府役人筋であり、医療の不確実さを
>全く理解せずに狂った遺族寄り報道を繰り返すマスゴミであり、同じく狂った遺族寄り判決を
>繰り返す司法ではないか?

大はずれ〜

敢えて元凶を求めるならそれは日本国民の意識そのものにある。
選挙民が医療費値下げに反対したら、政府役人も削ることはできない。
医者叩きを視聴者が喜ばなかったら視聴率がとれずマスコミもそんな報道はできない。
遺族よりの判決を国民が批判したら司法もおいそれとそんなことはできない。

な!これで元凶がわかったろ。役人もマスコミも司法も実は国民の嗜好に迎合してる
だけなんだよ。国民は医者が叩かれたほうが気持ちよくて仕方がないの。
それでも貴方は国民のための医療を続けますか???

552 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:01:39 ID:gV2a2jxY0
>>546
国会議員は国民が選んでるんだし、
裁判官は内閣が選んでる。国民審査もあるしね。
つまり、形式的には、国民の自業自得。

とおもったら、>>551に先に書かれたわ

553 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:02:51 ID:jwXkZKcK0
手、だけは一時転換できますが?何か?

554 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:03:50 ID:5IzhLh/U0
腹膜炎を便秘症ってあるんかいな・・おれもひどい胆嚢炎だったがあまりの激痛
で救急車で運ばれてガス抜きの薬処方されて帰された。

数日我慢したが案の定大学病院に緊急入院しますた・・。

555 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:05:53 ID:N+Tf4uVC0
>>551-552
そんな使い古された反論は当然知った上での意見だよ。
馬鹿な衆愚が他ならぬ自分達の手で大切なものを破壊しているのは何も医療に限ったことではないしね。

556 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:06:13 ID:yMK7WZac0
>>528
腹膜炎なら白血球が上がるんでそ。
→急性期には上がらないこともあるし、かえって低下することもあります。

消化管穿孔って胃か腸かわからないけど、レントゲンでイレウスの所見が出るから
そこから疑うんでわ?
→初期にはイレウス像が出ることの方が稀と思って下さい。

つまり、時期によりあなたの言うような教科書的な所見を呈することもあれば
そうでないこともあります。


557 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:06:54 ID:+VTPh96MO
腸管穿孔の腹膜炎で71だろ
緊急手術で救命できたか微妙
適切な処置を行っても死亡は免れないという意味では誤診と死亡との因果関係不明だが
さすがこれは刑事罰ものの過失

558 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:08:36 ID:N+Tf4uVC0
>>551
でも、役人が国民に迎合というのはおそらく違う。
むしろ国民を騙して自分達の望む方向に誘導していると言った方が正しいでしょう。


559 :【初音ミク】僻地医療崩壊を歌う:2007/11/27(火) 10:09:42 ID:78fxCYZh0
ttp://www.youtube.com/watch?v=hmd7wCkjV3Q

赤字増やしと責められて
高給取りとなじられて
今日も事務・コメ・ナースのために
せっせと点数稼ぎます

三分診療と叩かれて
待つのが長いと愚痴られて
昼飯食うのが夕方で
コンビに行ったらちくられた

心の僻地のお医者さん
夜も寝ないでがんばって
体や家庭を壊しても
誰も認めちゃくれません


560 :【初音ミク】僻地医療崩壊を歌う:2007/11/27(火) 10:09:59 ID:78fxCYZh0
深夜の救急切れ間なし
腰痛・鼻かぜ・酔っ払い
やっと医局に戻ったら
内線電話が鳴ってます

救急断わりゃ投書され
院長室に呼び出され
受けたらナス・コメ愚痴だらけ
明日の会議でつるし上げ

点数上げなきゃ責められる
いろいろやったら削られる
(先生方にもう少しコスト意識をもっていただいてですね)
新築・改築・ヘリコプター
赤字はみんな医者のせい

無理な救急運ばれて
地雷を踏んだら地獄行き
救済判決理屈抜き
後だしじゃんけん勝ち目なし

病院さっさと謝罪する
医者を切り捨て和解する
どうせ税金人の金
医者は呼ばれる人殺し

心の僻地のお医者さん
逃散するなら今のうち

561 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:10:18 ID:aHukPVPkO
>>557
>さすがこれは刑事罰ものの過失

へ? その根拠は?

562 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:10:40 ID:Apk7AFdB0
医療行為中のミスは仕方ない神じゃないんだから
しかし医療行為に至ってもらえないミスはどうしようもない。

判断できない奴が判断するなって話は
患者だけじゃなくて医者にも当てはまる。

563 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:10:41 ID:U7meIh8a0
人の命に直に関わる職業の人って、本当に尊敬するよ。

564 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:11:36 ID:+VTPh96MO
>>556
そもそも時間外の急性腹症でCTまで撮っているんだから
かなりいたかったんだろさ

普通は入院させる



565 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:16:53 ID:Apk7AFdB0
腹膜炎の患者って余りの激痛に死を覚悟するらしいね
知り合いも遺書まで書いて、一時意識不明になったけど
数日後には病院のベッドに縛り付けられてたけど、ケロッとしてた

566 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:21:52 ID:yMK7WZac0
>>556
そもそも時間外の急性腹症でCTまで撮っているんだから
かなりいたかったんだろさ

普通は入院させる

確かに入院させた方が無難だったとは思う。
痛みの程度がどれくらいだったかは分からないけど、とりあえず腹部レントゲン
撮ってはみたもののこれといった所見も見当たらないし、一応CTも撮っとくか、
と考えたんだろうから、一概にこの医師が悪いとも思えない。上にも書いてる
人がいるけど、分かりにくいこともあるし。
経過観察入院とするかどうかはなかなか判断に迷うことも多い。例えば既に何人か
入院を受けていると病棟から相当なクレームがくることもあるし。もちろんそれで
患者の生命が脅かされるなんていうのは本末転倒だとのお叱りもあるだろう。
しかし正直言って時間外・救急なんてのはそもそも赤字覚悟でやる分野なのに
十分な人員が配置されていないことに問題があるのでは?結果だけ求められても・・・。


567 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:23:29 ID:8oi2iDVq0
医者は人の命を預かる責任のある仕事だから収入も多いし尊敬もされてると
教わったのだが、
何をやっても責任取らない、ミスは当たり前、なんてことになったらもう
報酬も地位も保障されなくてもいいじゃん。

568 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:25:28 ID:3xNUKmw90
これが、チョン医師のメディカルテロかw

569 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:28:24 ID:c5jkk6Xg0
CTでも撮っとかないと割に合わないから、一応撮っとくか。だが見ない。
って感じ?

570 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:29:15 ID:TIn4l0FhO
>>567
今は収入は少ないし尊敬もされてないよ。

571 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:30:46 ID:Apk7AFdB0
>>566
救急医療に金も人も配置されてないからね
道路は68兆使いたいらしいけど

572 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:33:21 ID:oZx8dTnW0
CTとる→フィルムに焼くとき黒すぎ→空気と脂肪の区別がつかない→穿孔見逃し
放射線医は画面で見て、条件変えられる→空気見分けつく→2日後に言いつける(いやがらせ)

573 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:34:10 ID:mc4LUQq50
ミスかミスではないかは医者でしかわからないよな 100人中80人が
これはおもいっきり腹膜炎だろこの医者ヤブ過ぎテラわろすと判断したらミス扱い。
でもその方法だと仮に心の中でヤブ過ぎぃぃぃぃと思っても、これはミスでありませんと
言うだろうしな。そうやって不信だけが高まっていく


574 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:34:52 ID:yMK7WZac0
>>569

そんなこと言うけど、腹部、特に腸関係をCTで読むのは実質臓器に比べてなかなか難しいのよね。
ましてや造影してなければ。一目で分かるほど明らかな所見があればともかく。
実際どうだったかは分からないけど、問診、診察、レントゲン、CT、そして説明、
というふうに、この患者さんのためにも結構な時間をかけてる訳だし、一概に
この医師を批判する気にはなれない。

575 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:35:10 ID:gV2a2jxY0
>>566
多少経験のある医者なら、すぐにわかる話でも、
患者様やマスゴミ様にはなかなかわかってもらえないよなー

576 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:37:31 ID:AGL2GUwo0
71歳に2千万も価値があるのか

577 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:40:07 ID:gV2a2jxY0
>>574
そうなんだよねー

578 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:42:46 ID:ZJwLLoLe0
うーん、市の予算から出すなら一応訴訟の形にしたほうがいいだろ。
それとも2000万支払うという規定が初めからあるのか?

579 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:43:57 ID:gjI7TOH40
穿孔・腹膜炎・敗血症で死んだのではなく
出血で死んだのだから予測不可能

いつもなら穿孔見逃しは
腹痛が治まらずにもう一度、救急に来る
それでも充分間に合う

当直医カワイソス

580 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:44:09 ID:RmdFY7q60
>>575
患者様はともかく、マスゴミ様はこういうのに触れる機会が多いんだから
少しは学習しててもいいはずなんだが、一向に学習する気配がないな。
医者に喩えれば、毎度毎度同じパターンの誤診をしてるようなもんだ。
もちろん、毎度毎度その誤診を指摘されていながらな。

581 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:44:52 ID:zmw1tqOtO
うわあ似た様な事あったなあ。
サークルの合宿行く前日にひどい腹痛があって、
遠出の前だし…と思って夜だったんで救急行ったら、
便秘でしょうねってなんかすげえバカにされた感じで帰された。
それからも腹痛が治らんかったので、
痛み止めのんで次の日合宿行ったら、
膀胱炎になってて倒れそうになって、行く途中で帰された。
膀胱炎になりかけの時って腹痛起こる事多いらしい。
同じ病院の同じ医師にフラフラになりながら行ったら、
先日の事なんて無かったかの様に振る舞われた。
看護婦さんが大変だったわね…って言ってくれたのがせめてもの救いだったな…。

582 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:45:14 ID:nddr8f+RO
>男性宅に連絡し、死亡を知ったが、病院には報告しなかった。

問題はココでは?
遺族も、診断が難しかった事を伝えれば納得したかも…

583 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:47:46 ID:+VTPh96MO
>>566

24時間以内にDICに移行してるし放射線からも所見の指摘があることから
穿孔があったのは間違いなさそう
ラボデータに出てないとしたら穿孔して直ぐで便秘って読んだんだからかなり便が溜まって見ずらかったんだろう

深夜救急で指導者の意見も聞けなかったねもわかる
CTったって外勤先で古いやつなら慣れてなくて余計見難かったこともわかる


でも腹症なら圧痛点みて画像とてらすよな
んでみられなくても怪しければ、余程のことがない限り深夜なら特に入院させる
便秘で返しちゃうのは軽率だろ


いや患者DQNの可能性もあるが

584 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:48:19 ID:Iddngi5e0
>>567
報酬も地位もとっくに保証されてませんが何か?
医師の今の日本での地位は単なるサービス業の一範疇。

585 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:52:24 ID:Apk7AFdB0
そう言うけど、診断されて薬まで渡されたらどうしようもないべ
それでも医者に文句言えば、モンスター患者だと言われ
言わないと死亡。

判断をミスしたんだから、責任を取るのは当然。
判断できなかったんなら、上記にもあるように入院させて経過見た方が
リスク管理出来てる訳よね
リスキーな対応して、リスクは負わないなんて不条理。

586 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:53:43 ID:+VTPh96MO
>>576


死亡慰謝料って350万円と聞いたことがある
交通事故だと

587 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:53:52 ID:yMK7WZac0
>>566
24時間以内にDICに移行してるし

ん?出血はDICのせいなの?
単に潰瘍かなんかで小穿孔→あとで大出血かと思ってたんだけど。
穿孔起こして腹膜炎→感染性DICによる大出血まで1日だとしたらそれはそれで・・・。

588 :救急隊員:2007/11/27(火) 10:56:26 ID:z9mm0FG2O
>>546
あれだけ稼いでよく言うぜ…
税金だけは納めろよ、俺の給料にも関わる
そしたら何も言わん

589 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:57:35 ID:RmdFY7q60
>>584
単なるサービス業ですらない。

都合に合わせてサービス業と生活基盤と聖職と嫉みの標的を
使い分けられて、尻の毛まで抜かれる職種だ。
要するに都合の悪いことを全部押し付けるためのスケープゴート。
某地域では裏金の責任まで押し付けたしなw

590 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:57:55 ID:nddr8f+RO
>>585
腹痛となる原因が二つだったとしたら?
便秘と腹膜炎が同時にあって、医者が便秘だけ確認したとか
まぁ、俺は医者じゃないけどw



591 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 10:59:09 ID:l99mZcS5O
放射線科の医者は、画像を見て「診断ミス」に気付いたのに、
消化器科の医者は何故、それに気付かなかったのだろう。

592 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:00:43 ID:euF0HLBl0
>>591
疲れたんじゃねーの.

593 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:02:35 ID:yMK7WZac0
>>585

怪しい患者をすべて入院とするのも問題がね。
ま、自分なら入院させないとしてもしつこいくらいに「なんかおかしいと思ったら
いつでも、今晩でもいいから来てね。電話でもいいし」って帰らせるけど。

判断ミスをして責任取るのは当然
→僕は言い方は悪いけど金で解決できるんだったらすればいいと思う。
ただしそれと刑事罰・行政処分とは分けるべきと思う。「注意義務違反」で
あるかないか、は判断しにくい。今回のは「それはやったらあかんやろー」的な
ミスではないような気がする。
それと、リスク管理するには先立つモノが必要(給料上げろとかではなく、あくまで体制の問題で)。

594 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:03:55 ID:Apk7AFdB0
>>590
俺も医者じゃないけど、
便秘の症状、かつ物凄い痛みを感じてると
思うならその便秘から、別の症状を発症してる可能性を考慮するけどなぁ・・
どうなんだろ?
腹膜炎は炎症だろ、炎症の原因はそのうんちが原因かもしれないのに
どうなんだろ?

595 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:04:16 ID:ASXISVXoO
>>581
うーん、、基礎疾患なしの男性の腹痛で膀胱炎か…

どんまいっ

596 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:06:21 ID:q8mr+mIv0
滋賀県なんてこんなもんだよ。
民度も低いが食い物ゲロまずで
よくあんなとこに住めるものだとwwww

597 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:07:38 ID:Apk7AFdB0
>>593
俺も刑事、行政責任は無いと思う
先立つ物も必要なのは同意

多分大方同じ考えだと思う。

598 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:10:55 ID:nddr8f+RO
>>594
人の痛みの程度って、他の人には解らんもんじゃないかな?
患者が「ちょっと痛いんだけどw」
ってノリで来たかもしれんし

確かに判断ミスなんだろうけど、この医者を責める気にはならんなぁ


599 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:11:11 ID:gQmoDqXvO
71才ってしかも税金から出すなよ

600 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:11:11 ID:Kmc+fx4VO
あれだ
緊急性がないのに救急にくる奴が多いからまたかとか思っちゃったんだろ

601 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:12:11 ID:pfYh5MKV0
夜間の救急外来は危ない。
助かりたかったら我慢せず昼間受診しろ。
これ教訓な。

602 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:14:09 ID:F0eDvWkp0
こういう患者が、よく
「便秘で救急車を呼んだ」
とバッシングされるんだが・・・・


603 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:15:08 ID:Hs8XCzYE0
【社会】【社会】「体調が悪い?だが、断る」…安易な119番通報は拒否 - 名古屋市、来年度から★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1195717198/

604 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:15:37 ID:yMK7WZac0
>>591
放射線科はそれが仕事だから。
その代り彼らは実際の体の仕組みはあまり知らないし、もちろん治療も特異的分野しか行えない。

それに放射線科の読みがいつも正しいわけではない。明らかにヘンな診断をつけることもあれば、
手術してみたら全く違う疾患だった、なんてこともザラにある。

だから待機的な場合はカンファレンスなどでお互いの意見を交換したりしてる。でも、
大病院でない限り夜間祝日には放射線科はもちろんいないし、中小のところでは昼間すらいないことが多い。
で、週1〜2回バイトに来てもらって数日間に撮ったフィルムにひたすら所見をつけてもらう、とか。

>>594
便秘でも倒れそうなほど痛がる人もいるから、一概には言えないかな。
診断と言っても、これならこれ、と考えられるものもあれば、これは違う、これは違う、ってな風に
していくしかない場合もあるし。
胸痛・腹痛・頭痛などの不定愁訴はほんとに難しい。

ちなみに上腹部痛の人はほとんどが「胃が痛い」って言うけど、ほとんどは腸の痛み。

605 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:18:34 ID:pfYh5MKV0
そういえば便秘で死んだ奴いたな

606 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:19:11 ID:nddr8f+RO
>>601
同意
だいたい専門医がいない時も多いんだから、夜間は応急処置程度、昼間に改めて受診する

当然だよな

607 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:22:07 ID:4IoNSeIG0
虫垂炎散らしたけどずっと痛い
医者は切らなかったお前が悪いんだよみたいな言い方で現在様子見
明日にはコロリと逝ってるかもなw


608 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:22:39 ID:faJB15/L0
この件がどうこうってのじゃなくて、
こういうミスをしても、これからも医者として
自信を持ってやっていける(いかなくちゃいけない)精神力ってすげーと思う。
人の命を預かる仕事してる人の頭の中ってどうなってるんだ
自分なんか洗い場でお皿割ったりしただけでその日は自信喪失なのに

609 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:22:41 ID:x+cThdKV0
>>604
裁判所の判断では救急の能力を求められているわけだよね?
それに従うなら、病院は放射線の医者を24時間常駐しないといけないはず
または、そのバイト医が完璧なその能力を満たしているか
どちらもなかったというなら、病院、医者は責任と問われても文句は言えないな

610 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:23:28 ID:wRrKeKQ70
つ 慢性虫垂炎 虫垂ガン

611 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:24:54 ID:8bkzttbaO
これを厄介払いができた上金がもらえたラッキーな家族の話に見えた私は

もしかして汚れちゃってる?

612 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:25:44 ID:1hMEbyrZO
腹膜炎で入院している山崎邦せい

613 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:26:29 ID:jGjah0rI0
>診断と死亡との因果関係は明らかではないが、
すぐこう言うんだよなw

614 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:26:30 ID:z1UscwR60
>>611
そういう家族の存在に気づいたときは
ボケ老人でも全力で助けることにしている

615 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:27:10 ID:bfnkTB3F0
背中が猛烈に痛くなって救急行ったことある。
ちょうどインフルエンザから回復したあたりの頃で、寝込んでる間から
時々背中がキューッと痛くなってはいたんだが、ある時キューッが治ら
ず悶絶。納まったけど只事じゃないと救急へ。
問診してレントゲン取って診察室戻ったら。。。

「腸にガスがたまってます」って。。。ガスっておならですよおなら。

「腎臓結石とか尿道結石じゃないでしょうか」って駆け込んだわたしの
立場は。。。

インフルエンザで抗生剤飲み続けてずっと便秘だったからさ、お腹に
ガスがたまりすぎて、体をひねった時に腸が風船みたいに膨らんじゃっ
て、それがよじれて激痛起こしてたっぽい。

おならって宣告された時、もう嫁にはいけないなと思った。
そして事実嫁に行けてない。

616 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:27:20 ID:7thvwwX+0
出血性ショック?

うーん・・・・

617 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:28:20 ID:yMK7WZac0
>>604
ま、そういうこと。
大学病院などは全科当直だから夜間でも一応専門医(但し研修医終わってすぐも含む)が
いるが、それ以外の病院はそこそこの規模でも公的・民間問わず多くても2〜3人程度の当直医師がいるのみ。
ほとんどは1人だけ(しかも皮膚科医や眼科医だったりもする)。
だから医師も逃げ出す、病院も救急指定返上する。


618 :617:2007/11/27(火) 11:31:49 ID:yMK7WZac0
ごめん、間違い。
>>609だった・・・。

>>615
気にしなくていいよ。そんな患者さん、いっぱいいるから。
と言うより、腹痛の原因のほとんどはガス貯留だから。

619 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:32:37 ID:rl2CBL8KO
(・∀・)ウンコー

620 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 11:55:08 ID:UvueRFmE0
>>615
尿路結石になると痛みで腸の運動が止まる場合があるから
ガスが貯まることがある
まっ、潜血反応があるか尿検査したと思うが

621 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:02:16 ID:gV2a2jxY0
>>580
責任とらなくて良い仕事だからねー
せめて、2chの中くらいでは責任追及したいよな。
マスゴミの補完のためにも2chは今後も必要だなー

622 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:03:54 ID:2ImDQPLqO
そういえば自分やばくなったことあるんだけど未だに原因不明だ。
体中が痺れて刺すような痛みと冷えたような感覚に悩まされて死ぬかと思った。
最初に地元の病院行ったが大学病院に回された。
受診のためにいろんなとこ触られるんだが痛い痛いと暴れてしまった。
結局原因不明でなんの役にも立たない精神安定剤出されて10日間のたうち回った末にやっと納まった。
大学病院の医師ですらわからなかったこれは一体何だったの?
寝ているだけでも痛くて240時間一時の休みもなく全身が痛いんだよ、死ぬかと思った。

623 :607:2007/11/27(火) 12:06:56 ID:4IoNSeIG0
>>610
内科医は虫垂に石があるけど血液検査が悪くないから切らなくていいと言い
外科医は手術しましょうと言い
どっちかわからないから散らしても、また痛いとかやってられないです
もう切って決着をつけたいんだけど外科医に駆け込んで相手にしてもらえるか心配


624 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:17:42 ID:+VTPh96MO
>>623

臨時症状と生活支障程度次第


625 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:18:52 ID:5DG2HZa40
安いな。

626 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:21:54 ID:XaTF7qOe0
>>623
全身の激痛が主訴で診断の付かない難病の話はどっかで聞いたことがあるぞ。
特効薬があってそれを使えば痛みが治まり日常生活に何ら支障はないのだが、
その診断が付くまで何年も、痛みにのたうち回っていたと言うことだったが……。
何だっけ……。

627 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:21:58 ID:HAh7vMza0
>>623
爆弾を抱えて暮らすのも心配だし
手術といえどもノーリスクじゃないし(入院必要だし)
難しいところだ・・・・・

でも俺なら切らないで、もうすこし粘ってみると思う

ただし痛みの原因が「虫垂」じゃない可能性もあるので
消化器科などで定期的にフォローしてもらったほうがいいかも

628 :626:2007/11/27(火) 12:24:10 ID:XaTF7qOe0
アンカーミスでした。>>626>>622へのレスです。スマン

629 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:24:47 ID:+VTPh96MO
>>587
DICとはソースにはなかった
勘違いサーセン


てかこれ
緩下薬投与が原因で急変したのかも?




630 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:29:15 ID:C6dnsAWoO
てか根本的に下部の腸管穿孔ならもともと助からなかった可能性のほうがはるかに高いけどね。多分穿孔の原因に大腸癌があったしほぼ寿命と考えるべきだと思うよ

631 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:32:06 ID:J5uWvReL0
まあ、なんだな。
やはり医療側として非は認めるべきだろう。
後から目線ではあるが、誤診であったことは確か。
だから、民事での損害賠償までは仕方がないよ。

とにかく、刑事事件にならなければよしとすべき症例でしょう。
先生方もこんな地雷で落ち込まないように。(民事ですめばだけどね)

632 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:41:42 ID:8OJk/9Ou0
下手にCTをとったことが
逆に当直医を不利にしたかも

633 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:45:13 ID:uYcHaO6d0
2010万円賠償、遺族と合意 大津市民病院 誤診の男性死亡
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007112700048&genre=C4&area=S10

 大津市民病院は26日、昨年2月に「入院の必要なし」と診察して帰宅させた市内の男性=当時(71)=が、
死亡していたことを明らかにした。病院は「腹膜炎を便秘と誤診した」と認め、「死因との直接的な関係は分からないが、
入院させるべき事案だった」として2010万円を損害賠償することで遺族と合意した。来月3日開会の定例市議会に報告される。
 病院によると、男性は昨年2月18日、腹痛を訴えて救急外来を訪れた。診察した消化器科の当直医(38)は、レントゲンなどをもとに
「便秘で腸内にガスがたまっている」と判断、そのまま帰宅させた。男性は翌19日夜に嘔吐(おうと)し、別の病院に搬送されたが、
「消化管出血性ショック」で死亡が確認された。
 当直医は20日になって、レントゲン担当医から「腹膜炎を起こしているのではないか」と、誤診の可能性を指摘され、
男性に連絡を取ったところ、遺族から死亡したことを告げられたという。当直医は、死因と診察結果に直接の因果関係はないと判断し、
病院に報告していなかった。
 しかし、8月になって遺族から「救急外来での対応が納得いかない」と申し入れを受けて事態が明らかになり、翌月、
三澤信一院長が遺族に謝罪した。再調査で「消化管が破れ、腹膜炎を起こしていた」と結論づけ、損害賠償について話を進め、
今月中旬に合意した。
 これまで事案を公表していなかったことについて「遺族との話し合いを優先していたので、公表する必要性を感じなかった」としている。
三澤院長は「入院すれば救命の可能性があったことも事実。同様の事故を繰り返さないよう、万全を期したい」とコメントした。

634 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:47:06 ID:aPmlgq7T0
2006年2月18日 土曜日
2月19日 日曜日

運が悪かった

635 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 12:57:55 ID:jlDPNF4i0
当直とかもナースの夜勤も一切やめてしまってさ
夜間日曜祝日は病院にいる人無しにしちゃって
もう患者自身の生きる力に任せてしまっちゃどうだろう?
医療費問題も年金問題も一気に解決しそうなんだけど

636 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 13:03:45 ID:+VTPh96MO
>>630

生命予後についでは同意だが
腫瘍性病変だとしたら便秘と説明して返しちゃうかね?
翌朝の再来を必ず指導するだろ

いや実際にどんなMTしたかはわからんが




637 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 13:10:28 ID:oQ1+uS9V0
なぁ財前。

638 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 13:31:30 ID:d4ZQSskZ0
これはしょうがないな。
診断ミス。
だが刑事事件に発展するなら国のミス。

639 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 13:32:48 ID:ASXISVXoO
出血自体はいつからあったのですかね?
診察時にはあったのか翌日夜に嘔吐した時なのか…

640 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 13:32:56 ID:uhiaNkuP0
先日、喘息で病院行ったら風邪薬しかくれなかった..
吸入薬が欲しかったのに。

641 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 13:37:29 ID:gV2a2jxY0
>>631
ほぼ同意。
ただ、民事であっても、不法行為があった、とされるのは
ちょっと納得いかない点は残るような。
法的には、特別な事情がなければ責任なしとして、
純医療的にどうだったかは、病理カンファの拡大版みたいな有識者の委員会で結論を出してもらい、
患者救済は保険でおこなう
ってのがいいんじゃないか、とおもっている、

642 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 13:44:18 ID:gV2a2jxY0
>>632
そうだとおもう。
ただ撮らなかった場合、なんで撮らなかった、と言ってくる可能性も。

643 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 13:47:20 ID:AGL2GUwo0
>>615
おならを馬鹿にしすぎだろ
出ないと死ぬぞ

644 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 15:21:00 ID:N4AX3U+L0
>>640
喘息に風邪薬はむしろ禁忌

645 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 15:21:51 ID:vJ3Dx0Hx0
すごく不遜なことを言わせて頂ければ、

故意の犯罪でないのなら、
死んだ人の為に生きている人を著しく苦しめる制度はよろしくない。
社会は生きている人を支えるためにあるのだ。

その日そのときその場にいた医者が判断できなかったのであれば、それが運命だ。

646 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 15:23:51 ID:ao3ooss40
人間が医療行為をすること自体がおかしいんだよ。

647 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 15:25:56 ID:RmdFY7q60
>>640
ちゃんと喘息の既往とか情報提供したかい?
「黙って座ればピタリとあたる」は医者じゃなくて占い師。
占いが本当に当たるかはさておき。

648 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 15:29:46 ID:qWIEIbT+0
翌日に死亡か。
その時正しい診断受けてたら助かったのかな?

649 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 15:50:51 ID:XaTF7qOe0
>>645
同意。
お医者にだけカンペキ求めてもそりゃムリだって。

650 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 16:25:35 ID:gV2a2jxY0
ただね、前に言ったことと相容れないかもしれないが、
「どこにももって行き場のない憤り」は、人ひとり死ぬとかあれば、
けっこう残るんだよ、生きてる人にね。そういうのは、逆に
医者だからよくわかるところはあるな。

その「もって行き場」を積極的につくって、そこにもってくことが
「正義」な世の中だよな。医療に限らず。
俺もふだんの生活で、「どっかに持ってってる」ことがあるかも
知れんな、省みると。

651 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 17:02:20 ID:uYcHaO6d0
医療ミス:内臓疾患を「便秘」と誤診、帰宅させ死亡−−大津市民病院 /滋賀
◇2010万円支払い、和解成立へ−−昨年2月
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20071127ddlk25040692000c.html

 大津市民病院で昨年2月、内臓疾患の男性患者を「便秘」と誤診して帰宅させるミスがあり、患者が翌日死亡したと26日、
同市が発表した。男性の当直医(38)は誤診の可能性があることや患者の死亡を直後に知ったが、上司に報告しなかった。
昨年8月、家族の抗議で発覚。同院は家族に謝罪し、2010万円の損害賠償を支払うことで和解した。12月議会に関連議案を提案する。
 市や同院によると、患者は同市内の無職男性(当時71歳)。昨年2月18日、腹痛を訴え、家族と同院の救急外来を受診。
家族は「入院させたい」と申し入れたが、担当した消化器科医は、レントゲンとCTスキャンで検査したが、「便秘」と診断、
薬を処方し、帰宅させた。男性は翌19日午後9時20分ごろ、おう吐し、救急車で大津赤十字病院に搬送されたが、死亡した。
赤十字病院は「消化管出血性ショックによる死」と診断した。
 翌20日、放射線科医がレントゲン写真を見て、「消化管の内容物が腹膜に漏れている」と担当医に指摘。担当医は
家族に電話で連絡し、男性の死を知ったが、誤診も男性の死も診療部長に報告しなかった。昨年8月、男性の妻が病院に抗議して
誤診が発覚。三澤院長は9月に家族に謝罪した。院内調査で12月、「内臓に穴が空いて内容物が漏れて腹膜炎を起こし、
入院は必要だった」と結論付けたが、死亡との因果関係は「不明」とした。
 三澤院長は「入院すれば救命の可能性があったのは事実。誠に申し訳ありません」などとコメントした。【鈴木健太郎】

652 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 17:19:41 ID:MFb134wp0
マスコミが誤報流しても、謝罪すればマシな方で普通スルー。
法曹は誤審しても、再犯出しても一切お咎めなし。

この二者が、医者叩きの急先鋒というところが面白いところですね。

653 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 17:43:42 ID:CF7yB8J70
>>652
実は法曹の誤審にも処罰が必要と言う意見もある
それに対する、法曹の反論は
「誤審を罰したら、誰も裁判官にならない」という内容らしい


654 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 17:50:13 ID:zen8Udz60
>>653
「誤診を罰したら、誰も医者にならない」、まさに今はそんな状態、ワロス。

昔は、優秀な学生でなければ医学部に入れなかった。
現在は、優秀な学生ほど医学部を避ける。


655 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 17:52:48 ID:gkxxr94H0
自動車事故も故意ではない場合が多い

656 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 17:54:39 ID:APpz0vco0
厚労省というか日本医療は医療を森としてみたいのか木としてみたいのかがさっぱり分からんのな。

医療の効率化、医療費の削減をしていくというのは、医療を森としてみていくのと同じで
最近の医療ミスに対する患者の要求の際限ない高度化は医療を木としてみていってるわけで。

問題は通常の世間の業務では訴訟を起こして罰則が強化されれば強化されるほど
その業種というのは効率化や安全性が増してくるものなのだが、医療に関しては
訴えれば訴えるほど、非効率化が進み、安全性が劣化して行ってるということだ。

いいかげん、愚民も気づいて欲しいんだがなあ。
無理か。

657 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 17:57:07 ID:eZJFVlny0
今の71歳ってまだまだ若いよ。
あと何十年か生きれる可能性があった人の命がなくなったんだから
家族にとっては2000万は安いと思う。
10万は救急外来を受診した時に払った治療費かな。

658 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:09:29 ID:gjI7TOH40
病院にいったのに死んだ、とか
病院にいったのに病気が治らない、とか
それでも「代金」だけはしっかりとる

病院、医者は直せない責任をとれ

659 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:10:51 ID:MFb134wp0
>>656
医者が(必要な部署から)いなくなり、受診行動が抑えられて医療費抑制。
年寄りが早く死ぬようになり、医療費抑制。
優秀な学生が医学部を目指さなくなり、他分野に回る。

国にとって悪いことはほとんどないんだけどね。
少子化を加速する以外は。

660 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:23:07 ID:xBLYbPQTO
センター試験みたいな簡単なテストでも常に満点なんてヤツいるかな
便秘や腹膜炎の診断は桁違いに難しい
一応正解があるマークシートの医師国家試験や専門医試験でも俺は満点とれなかった
生死という重大事象を扱うから高額訴訟やむなしというなら、成功報酬も莫大でなければ誰も手を出さない
自分と家族の生活を犠牲にして現場でふみとどまっている医師を訴訟と道徳的非難wで遇すればどうなるか
時間的物理的制約の大きな現場を後出しじゃんけんで感情的に責めるマスコミ様たちはセンター試験くらいは満点だったんだろうね

661 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:25:40 ID:Wt1VHBn00
>>660
トラックの運ちゃんや雲助だってそう言う罠
医者関係のスレではなにか勘違いした書き込みがものすごく目立つ

662 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:30:24 ID:XaTF7qOe0
>>658
人が死ぬのは仕様です。その責任は製造者に言え。造物主に。

663 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:30:25 ID:F4qA/9dh0
今後の日本の外科は商売と同程度だから偽装が食い物にあるように
医療にも誤診なんて当たり前の時代が来るって事だろ。さらに慎重に
選ばんと死ぬって事w



664 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:34:13 ID:F0eDvWkp0
もともと死ぬはずの日に死んだだけ

その人の寿命に一切関与しなかったのに
何の責任があろう

人間、病気で死ぬのがデフォルトの設定

死んだことをネチネチ恨むのではなく
助かったときだけ、喜ぶようにすべきだ


665 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:34:21 ID:bQ4LpbXL0
>>660
その判断は医者ではなく法曹の人間がする

666 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:37:31 ID:/rroRmwL0
腹膜炎じゃどのみちダメだったろうし、遺族は2000万丸儲けだな。

667 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:38:49 ID:ZZB4EHm6O
こりゃ完全にミスじゃん。

668 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:41:03 ID:gH7A/G+p0
俺もウイルス感染だったのに便秘で返されたことある。

669 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 18:43:18 ID:XaTF7qOe0
まずね、どんな病気もピタリと言い当てすべてを完治させるなんて夢の医
療は、おバカな文系の司法のお花畑な頭の中の幻想だって皆が知るべきだ。

670 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 19:19:31 ID:uYcHaO6d0
診断は文系が大好きな占い師にでもやってもらえばいい

671 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 19:20:45 ID:Yg8OTwv/0
スピリチュアル診療

672 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 19:30:38 ID:1w+xwxhj0
>>661
安全運転してるのに、急な飛び出しで人を轢いても前方不注意とかで罪になるのは
おかしいと思う
結論としては司法が馬鹿

673 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 19:33:13 ID:9FLUq3uN0
>>661
>>672
究極的には、運転しなければ死亡事故は起きない。
医療はやらなければ結局死ぬ。

前提が全く違うんだよ。

674 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 19:37:28 ID:ASXISVXoO
後からだったらいくらでも言えるからな
こーすれば事故は起こらなかった、あーすれば患者は死ななかった

675 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:11:07 ID:Be7XB2tz0
>673
業務上過失致死に問われず、医局に保護されて匿名報道、
検査方法も治療プロトコルも確立されてて、その手順をこなしていれば
結果の如何を問わずそれ以上の過失を問われない恵まれた身分でありながら
それすらできない奴は医師としての技量皆無。

職業人としての質は「たまたま人が居て」事故を起こして実名報道&起訴される雲助以下だな。

676 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:17:03 ID:OEdkUX4t0
大津市民病院ヒント
府:消内・循内・呼内・小・整・心外・呼外・皮・精・眼・耳・病理
京:神内・外・脳外・婦・泌・放・麻


677 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:17:47 ID:/WLwgBqU0
過失致死に問われず実名報道されないのは、真相をグレーにしたまま
民事で金を取ろうとする患者サイドの都合じゃないの?

678 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:26:28 ID:dMkwu3j60
71歳の患者に2000万は吹っかけすぎだなぁ・・

679 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:34:28 ID:y1A8yRbKO
確かに医者の過失だし、病院側が悪いけど
70に2000万は高すぎる。
10代3億
20代2億
30代1億
40代1000万
以下100万
が妥当だな

680 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:35:54 ID:lfd095bw0
死んだ人間には人権はないのですよね?弁護士さん?

681 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:36:03 ID:/eJBbTEN0
>>679
20万くらいでいいだろ

682 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:37:29 ID:y5IzEpTB0
図々しいな

683 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:39:19 ID:XaTF7qOe0
損害賠償じゃなくて、香典10マソくらいが妥当とオモ。

684 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:42:45 ID:hUxrqzhV0
>腹部のレントゲン検査とコンピューター断層撮影法(CT)検査を受けたが、
当直医だった消化器科の男性医師(38)が

消化器科でこれじゃなぁ。まるで素人じゃん。


685 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:43:09 ID:Be7XB2tz0
>677
病院は企業と同じで医師の過失があっても病院が賠償する訳で
実名でも匿名でも民事で取れる金額は変わらない。

自動車免許と違って医療事故が起こった時に強権的な立法府による過失認定がない。
被害者が医療裁判起こして過失を裁判官に認めさせない限り過失致死にはならない。

医道審議会は診療報酬の不正請求や他の刑事での実刑判決でしか
医師免許は停止・剥奪はしないから、ヤブが減らない。

686 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:46:24 ID:lCTc9hL10
裏口入学とか偏差値低い医学部やばくね?

687 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:49:13 ID:pfYh5MKV0
>>679
10代の3億は高すぎだな。
このまま成人しても社会のゴミにしかならないDQNの駆除に成功する場合もあるわけだし2000万でいい。
20代の2億も高すぎ。
ニートなんかもともと社会のゴミだから2000万でいい。
30代の1億も高すぎ。
氷河期世代で先も見えてるから2000万でいい。
以下同意。

688 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:50:42 ID:8ocCUww80
>>685
あれこれ突っ込みどころは有るけど、立法府って議会かよw
乏しい知識で書いてもボロが出るから、それ位にしといたら?

689 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:57:03 ID:o95Iki1PO
確か腹膜炎とか内臓系の重篤て筋性防御が出るよな?消化器科なら聴診に加えて腹診もするよな?

なんちゃって医学かじりだけど、こりゃ信じられんわ。過失があるかは定かじゃないじゃなくて、
明らかな過失だろう。腹膜炎や腸捻転は時間次第で死に直結する。こりゃ明らかな過失による死亡事故だ。

690 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:57:05 ID:gjI7TOH40
999999人助けても、1人見逃したら「ヤブ医者」ですか排除ですか
誤診0、ミス0の医者がいるとしたら
今日から働き出した研修医か、全部他人任せの「ペーパードライバー医師」だけ

「病気が治る、命が助かることのほうが
めったに無いことで、ありがたいこと」という基本がわかっていない

「病気が治って当たり前」というのは
傲慢な人間のおごりでしかない


691 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:58:21 ID:WDINfG9n0
お腹押してわかる・・・・わけがない


692 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 20:59:19 ID:61Qn/m/h0
>腹膜炎や腸捻転は時間次第で死に直結する。

何時間で死ぬのか、小一時間問い詰めたい

693 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:04:07 ID:Be7XB2tz0
>688
司法だな。それ以外の突っ込みも書いてから文句言えって。

694 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:06:56 ID:8ocCUww80
>>693
>被害者が医療裁判起こして過失を裁判官に認めさせない限り過失致死にはならない。

一般人が刑事裁判を起こせるのか?
馬鹿丸出しだな。

695 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:07:13 ID:XaTF7qOe0
自然科学ってさあ、知らない人から見たら何でも出来る魔法みたいなモ
ンと思っちゃうんだよね。
でも実際はそうじゃなくて、子供が機械式の時計を仕組みを知りたくて
バラバラにして元に戻せないみたいな、そんな試行錯誤の道のりのこと
なんだよ。
人の体も、まだまだ解らないコト一杯の不思議の世界なの。
応用生物学の一分野である医学に対して、カンペキを求めること自体が
バカげてるんだってば。

696 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:07:59 ID:o95Iki1PO
>>692

腹膜炎や腸捻転はショック症状を起こす。発見や処置が遅れれば死に直結する、
そういった意味だったが言葉足らずか...?実際、この2つは重篤疾患だし、
これを見逃したら医師としてはヤバすぎると思うが...

697 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:12:51 ID:8ocCUww80
>>693
もひとつ

>医道審議会は診療報酬の不正請求や他の刑事での実刑判決でしか
>医師免許は停止・剥奪はしないから、ヤブが減らない。

青戸病院事件って、知ってるか?
どう見ても「他の」刑事ではないよな〜

698 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:17:11 ID:sAM+oK7K0
こういうことよくありそう。取り合えず入院させたほうがよかったと思うよ。
そうできなかった理由を探るべきだ。赤字で看護婦の数が足りなかったとか
ベッドの空きがどこ探しても塞がってたとか。担当医が激務で注意散漫だったとか。

699 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:18:49 ID:mGacH+lVO
通常はすごく痛がるし、腹も固い。が、稀に全く触診しても普通な高齢者がいる。
わからない事はあるかも知れないが、CT撮ってあると言い訳できないね

700 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:18:56 ID:IsCgyGNY0
71歳の爺さんに2000万円の価値があるのか?

701 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:20:19 ID:xKqTOPdk0
便秘だってw
こわ

702 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:20:51 ID:d4ZQSskZ0
人一人の命が2000万円
それを助けても数万円の支払いですむ。
いってみればランボルギーニディアブロを5万円で売ってるようなもの。
そんな商売、先が見えてる。

703 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:22:02 ID:YS3lVc8s0
>>690
すごく正論なんだけどさ、自分が患者側だってことを想像しても
そういう風に言える?

704 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:25:56 ID:/WLwgBqU0
医者は新聞社のように、横並びで休業する日を作って休めばいいよ。
そしたら、多少はありがたみがを分かってくれる人が増えるよ。

705 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:28:22 ID:PFicZZUp0
難しいよね。
医者も人間だし、万能ではないんだし。
どの程度が、完全なミスで、医者の限界かを判断するのにも、
専門知識が必要だから、俺にはわからん

706 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:29:39 ID:voCEel8w0
捨てるしかなかったゴミが2000万で売れたらそりゃ最高だわなw

707 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:33:12 ID:o95Iki1PO
>>699

そうなのか...?信じられんが、そういう症例があるのは知らなかった。
まぁ、ほんの一握りにも入らない症例だろうけど、各種検査して見逃してたらダメだね。
医師としては終わったな。このヤブ医者さん(まぁ、詳細知らんからなんとも言えんけど)

708 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:35:03 ID:ahe/XlpA0
>>703
1回でも誤診したら医者をやめるべきだ。
日野原重明はあの年まで誤診をしたことがない。
俺は自信がなかったから救急をやめたよ。
誤診したら辞めるべきだと考えているからね。
誤診が怖くて救急依頼を全部断っていたしね。

709 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:36:19 ID:05cG8R3p0
人が死んじまえば過失は問われるよ。
どんな職業もそれは同じ。
JR西であった救急隊員が跳ねられた事件や
ビル現場の解体作業での死亡事故を思い出せばいい。

710 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:36:32 ID:Iddngi5e0
>>661
敢えて、治療行為は刑事免責にしたほうがいい理由を挙げるなら、運転手は捕まえても
代わりがいくらでもいるが、産科医や救急医は代わりがいない、尚且つ過失責任を
恐れて誰も救命行為に関わろうとしなくなってしまうこと。

だから日本以外の先進国では良きサマリア人法ということで救命行為の過失は医師で
あっても非医師であっても責任は問えないことになっている。

個人の復讐心より、社会全体の利益を優先させた結果だ。

711 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:37:33 ID:/WLwgBqU0
>>709
出所した元囚人が殺人を犯しても、裁判官の責任が問われることはないよ。

712 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:37:38 ID:aZDHWqzJ0
レントゲンも満足に見れないうちは医者にならなきゃいいんじゃね?

713 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:39:56 ID:05cG8R3p0
>>711
そりゃ責任がそこに無いからさ。


714 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:43:38 ID:6r14TGA60
>>710
民法698条

715 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:44:32 ID:2hL4CbcGO
X線、CTで見逃し…

言い訳すらできんな

716 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:50:00 ID:x+cThdKV0
あるべき救急技術を持たない医者が救急外来を担当していたのが問題
その体制が整えられないなら、救急の看板を掲げるべきではない
市民病院だろうが、即刻閉鎖すべきだろう

717 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:52:50 ID:Iddngi5e0
>>715
そうだね。
CTまで撮って見逃すような医者は救急なんかやっちゃいけないね。
そんな医者は、開業医・眼科・美容・放射線科でもやって絶対に救急の患者なんか
診ないでほしい。

718 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:53:21 ID:1w+xwxhj0
>>715
便が腸から漏れた状態をCTでみても、
正しく診断することが難しいことがある
慣れた人でないと解らないことが不思議とは思わんね

CTなんて影絵に過ぎんのだ。そこに誰でもわかる答えが写ってると思うとは最低のゲーム脳だな

719 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:54:26 ID:3kg1J8610
>>708
誤診を経験しない医者などいないよ。
救急を断る救急医なんぞ義務を果たしていないから
救急など辞めて正解だね。
そんなもん誤診が恐くてAMI疑いを診ない循環器と一緒だよ。
存在する意味ないですね。
ついでにさっさと医者も辞めたら?
一回でも誤診したら・・云々言うところで医者じゃ無いこと
解りますけど・・・まあ釣られてみました。


720 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:56:28 ID:Qc+6Xt6T0
反跳痛ぐらい確認しなかったのかね。

721 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:57:12 ID:Iddngi5e0
>>709 >>713
裁判官が無実の人間を有罪にしてその人間(とその家族)の人生を滅茶苦茶にした。
裁判官が犯罪者を無罪(or減刑)にして出所させ、結果、第2の犯罪がおきた。

こういうケースは裁判官の責任が問われなければいけないケース。
しかし裁判官、というか司法関係者は刑事はおろか、民事の賠償責任も問われないね。

722 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 21:59:48 ID:M/5IMcp/O
>>718
誰でも判る画像が…ってその影絵を見て判るのが医者だろw
ゲーム脳はてめえだアホw
いい加減2ちゃんの医者擁護馬鹿もウザ過ぎ。

723 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:02:28 ID:Mh8DHcxf0
717は医者じゃないだろう。
クレイマー患者予備軍だろう。

724 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:03:46 ID:aHukPVPkO
>>722
医者が万能の神だとでも思ってるのか?

725 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:06:09 ID:1w+xwxhj0
>>722
たった3行の文章の読解力が致命的に足らんな
そんなことじゃ高校に受からないぞ
さっさと国語の勉強にかえるんだ

726 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:06:30 ID:XaTF7qOe0
おバカな文系には、自然科学と、オカルトとか超能力とか魔法とか、
その類との区別がありません。

727 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:07:09 ID:lx4ZHAJR0
>>710
社会全体を合理的に見ることのできない、民度の低い日本には受け入れられない考え方なんだろうね。

728 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:10:44 ID:05cG8R3p0
>>721
踏み字事件の裁判やってんだろ今。

729 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:23:16 ID:zen8Udz60
>>703
じゃあ君が救急医療担えよw

730 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:27:26 ID:PFicZZUp0
ガチガチに議論していくと多分医者一人での診断は
ナンセンスなんだろうね。
ヒューマンエラーは必ずあるんだから、他の分野では
何らかのチェック機能は設けているのケースが多いと
思う。でもお医者さん少ないからなー、むずかしい。

731 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:31:31 ID:Devj4JR60
便秘でCT撮るってのもすごい話だな

732 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:31:47 ID:ahe/XlpA0
>>719
俺は高校生のときに定期テストで1問間違えたことがあった。
次の日に退学届けを出しましたよ。
それが責任感というものだ。

733 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:32:21 ID:cKjlEVhB0
何で他人が100%自分の都合どおりに動いてくれると思う人が居るのか理解できません。
お医者様は自分の都合どおりになんで動いてくれると思い込んでるの?
金払えば100%権限がこっち側にあるのか?その考えが低脳だよ。

734 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:33:51 ID:ahe/XlpA0
>>733
この世の中は全か無の法則で動いています。


735 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:37:41 ID:x+cThdKV0
>>730
そのとおりなんだが、とりあえずヤブ医者が救急してたら怖くないか?
救急の看板を掲げる病院は、担当医がその能力を満たしているかチェックする義務があるだろ
こっちの命は一つしかないんだから
もし、それができないなら救急はやるべきじゃないよ

736 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:54:12 ID:ahe/XlpA0
>>735
そのとおり。最近になって医者がその真実に目覚め始めた。
だから、救急病院が減少しているのというのは実はよいことなのです。

737 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:56:36 ID:t7MQd3qm0
保育園児だった娘がお腹が痛いというので病院へ連れて行って診てもらった。
胃腸炎と診断され、お薬を処方してもらい家に帰った。
とにかく安静にと言われたので布団に寝かせた。
次の日の朝、娘は顔面蒼白で布団の上に正座して
ぽろぽろ涙を流しながらお腹が痛いとか細い声で言う。
慌てて妻が病院に連れてった。
私は会社に出勤したんだけど、10時前に携帯に電話。
急いで病院に来てくれとの事。
小児科と思ったら外科だった。
病院に駆け付けたら医師から盲腸から腹膜炎を併発していると言われた。
ご主人の同意がないと手術が出来ないと言う。
一刻もで早く手術してくれと声を荒げてしまった。
手術の最中、誤診した小児科の医師を訴えてやると思った。
手術が終わりお腹に6本もの太いチューブを着けた娘を見た時
愕然として涙も出なかった。

その後の外科のチームの献身的な看護、小児科と喧嘩してまで
外科で面倒みてくれ、医師・看護師・入院している患者の皆さんまで
娘を元気付けていただき恨みが薄れてきた。
重い病気の末期の入院患者さんも車いすに乗って娘を見舞ってくれた。
あの患者さん達は夢や希望を娘に託そうとしたのかも知れない。
二ヶ月入院してたけど、ようやくふらふらとでも歩ける様になり
退院する時、外科の医師が経緯と病院側の事情を説明し
個人として謝罪してくれた。
血液検査すれば早く発見出来たけれど、小児科ではなかなかそこまで出来ない。
あと半日遅かったら命の危険まであったとの事だったけれども
すべて許せた。
妻も同じ考えだった。
誤診て難しい問題だけど、医療現場の姿勢が問われるんだと思った。


738 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 22:58:52 ID:N+Tf4uVC0
>>735
そうそう、やらんでよし。
ほとんど得る物もないのにわざわざ地雷の埋まってる広場で草野球なんかしなくていいんだよ。

739 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 23:55:35 ID:ObRhrIHB0
いつの時代でも、どんな状況でも人間関係は大事、月並みだけど。
でも救急の場ではそういった人間関係を構築できないままに医療行為が行われることも多い。

日々の医療、特に夜間救急では医療者側も患者側も疲労、あきらめ、怒りなどの負の
情動が優勢な傾向に。
前者の立場で言わせてもらうなら、日本は今なお医療費は格安。
欧州の金持ち患者(手術待ちListに乗ってる)が逃げ出すインド(医療水準高)と比べても
半分くらいとか。
加えて全般的な医師不足。
これでは十分な夜間救急を行えようはずはない。
人も金もないのね。
実際に24時間、崩壊や薬剤師、放射線技師を常駐させてる救急病院はむしろ少ない。
救急指定とか言っててもそんなレベル。
あほ院長の見栄などで救急を標榜してるだけで、しかもそれに見合う補助は国や地方から受け取って
ない。
年数百万程度。(300位?一発訴訟でパーどころではない)

破裂した大腸と糞便で拡張した大腸との区別は難しいことはあると思う。
ただ多分今回のCTではそれ以外にFrre airやその他強い腹膜炎を思わせる随伴所見が
あったのでは、と思う。(腹水や腹腔内脂肪density上昇などなど)
医療側の責任を言われても仕方はないかな。。。
当直内科医を責める気にはならないけどな。



740 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:01:17 ID:A46NRU7B0
>>737

盲腸は急性胃腸炎のような症状ではじまることがよくある。その時点での診断
は非常に難しい。
帰すときに盲腸の可能性について一言あればよかっただろうけど・・・

ほんと、盲腸は後医は名医だな。

741 :dondo:2007/11/28(水) 00:05:16 ID:QCk0VDJe0
井本動物病院で愛犬が医療ミスで殺されました。。。。皆さんきおつけて

742 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:06:26 ID:p++yBsZ/0
>>275
> 週明けの月曜日に出勤した放射線科の医師が休日のフィルムを確認して主治医に報告、
> 主治医が自宅に電話したって、それなりにちゃんとやってると思うのだが。

遺族に詳細に報告し、病院に報告すれば百点満点だったのにな

743 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:07:58 ID:8WVbS1qu0
>>741
kwsk

744 :なな:2007/11/28(水) 00:09:15 ID:QCk0VDJe0
井本動物病院は名前だけ、ヤブ医者、

745 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:10:31 ID:6V0Dc43N0
まあこんなケースを見ると医師法21条の改正はもっての他だな
死因不明な場合は全て司法解剖に回せば良いんだ

746 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:10:56 ID:Zn9A2DD00
>>742
いいえ。
今の日本では、患者が死んだ時点で他に何をしようと0点です。

747 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:11:58 ID:hFD4fu/N0
便秘症でもあったんなら誤診じゃないけどね

748 :百田:2007/11/28(水) 00:13:54 ID:QCk0VDJe0
井本動物病院でうちの猫も医療ミスで死にました。この医者はヤブです

749 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:13:59 ID:8WVbS1qu0
>>744
ゲイツに聞いたら複数ヒットしましたが、所在地はどちらで?

750 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:18:35 ID:6V0Dc43N0
下位でもいいんだが、残留争いはしたくないよな。
数年はチームを固める時間が欲しい

贅沢なんだろうが

751 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:18:44 ID:6W8leY/X0
大腸の中は便とガスでパンパンだったんだろう
わずかな隙にairがもれていて、気づかないなんてことは決してありえなくはない

ってか救急に色々期待しすぎだよ
全く緊急性のない「熱」「下痢」「風邪」「アル中」の合間に、こういう重症が
やってくるんだからさ
緊急性のない奴らのおかげで当直医は疲弊し、集中力が低下する
訴えるなら、この晩にくだらないことで受診した患者を訴えて欲しいよね

752 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:21:14 ID:hFD4fu/N0
今や、医者にとって、診察とはババ抜き。
ババを引かないように、また取ってしまったババは早々に大病院に押し付けるようにする。
と、診療所を開業してる俺の親父は言っとります。
ババを見分ける技術が問われると言っとりました。

753 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:26:22 ID:kJQvpztb0
>>735
そのそも、救急とは「放っとけば死ぬ」人間が「運が良ければ助かるかも知れない」レベルのモノだと
患者もそろそろ達観すべきだと思うよ。
医療現場には24時間超の連続勤務を強いられている医師も少なくない、むしろそういう医師の善意で
かろうじて成り立っている救急医療の現状が根本的に間違っている。

件の消化器科の男性医師は、毎日充分な休養と睡眠を取れていたんだろうか?

754 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:27:32 ID:6W8leY/X0
>>737
最初に受診した地点で重要な腹部所見が認められなかったのなら、普通血液検査までしない
症状から急性胃腸炎を疑い、投薬したのは決して問題ではない
腹痛の子供全員に血液検査・CTなどしていたら、いくら医療資源があっても
足りないということが分からないのか?
「様子をみる」というのも重要なことなのだが・・・

子供のappeはこわいこわい
おいらは小児全例門前払いさせていただいております

755 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:31:58 ID:qkTy6K2sO
受診時に腹部の触診所見もなかったのかなぁィ

756 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:33:06 ID:oTJsxucqO
>>751-754
責任逃れの自己保身乙。
全国で頻発する病院たらい回し……あなたたちのような医者がたくさんいると思うとゾッとするよ。

757 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:40:05 ID:2AC+sU3V0
>>740
>>737です。
おっしゃる通りの事を外科の医師から説明をうけました。
隠す事無く説明する姿勢が大事だと思いました。

退院した年の11月、七五三の着物を着た娘が
最後にお腹を直してくれた先生に会いに行くと言い出した。
休日なので諦めていましたら、救急の当直でおられ
看護師達と共に玄関で待つ私達に会いに出て来てくれました。
外科の医師の足に飛び付き泣いてる娘を見て
結果的にいい先生に診てもらえたんだと思いました。

今回の医師は事後の対応がまずかったのだろうと思う。
何かとても残念だと感じた。

758 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:43:51 ID:6W8leY/X0
はいはい
おいらも若いころは一生懸命救急してたけどね

くだらないことでわざわざ深夜にたたき起こすDQN、
救急なのに日勤帯どおりの検査と治療を要求するモンスターペイシェント、
「今すぐなおせ」とありえない事をいい、不可能というと人を藪呼ばわりするゆとり野郎、
酔って受診しては金がないと踏み倒して帰っていく未払い患者、

全部いやになったんだよね
もう少し日本の救急事情が改善したら、また一生懸命救急で働いてもいいけどね

759 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:45:30 ID:sQ1PWbDu0
>>756
ゾッとする、って言うのはバカでもできる
そういう医者の意識もふまえてどうすべきかという問題だろう?

760 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:50:03 ID:zeE7yMdp0
>>735

そんなことばかり言ってると、貧乏人は医師に診てもらえなくなるぞ。

761 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:51:29 ID:Gj+koXgU0
俺もほぼ同じ事があったよ。
腹痛と高熱が続いたため、町医者に診てもらったら便秘症と言われた。
浣腸された挙げ句、出ないしまだ腹痛いのに「出したら治るから」とかテキトーなこと言われ、
自宅に帰って風呂入ったら40度近い高熱になった。

あまりにヤバイ雰囲気だったらしく、心配した家族や親戚が深夜に救急者呼んでくれた。
一番目に行った病院では、おそらく盲腸だろうと言われたが、病院が次の日は休診で、
土日は入院している患者を一端家に帰すから、手術は月曜日以降になるとか言われた。
(ちなみにその日は金曜の深夜。)
その日は、空いてるベットに寝かされて点滴打たれ、次の日に一旦家に帰らされた。

家に帰って、倒れ込んで死にそうになってたみたいで、親がまたすぐに違う病院を探してくれて
二番目の病院に行ったら腹膜炎で破裂寸前との診断結果。。
駆け込んで1時間後には緊急で手術して貰えました。あと半日遅かったら命が危なかったとか。。
本当に助けてくれた病院と、そこの病院を探してくれた親に感謝したよ。

基本、救急車も医者も信用できなくなった。あれから病院行ってないかな。。
町医者はまぁ仕方ないとしても、一番目の病院なんてろくに検査してもないのに誤診の挙げ句
家に帰らせるなんてあり得ない。。

読みにくくてゴメン。。。何か似たような事あったから、書きたくなりました。

762 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:52:34 ID:zeE7yMdp0
>>739

院長だって、本当は現場に投資したいはず。
だけど、今の診療報酬じゃ、人件費を抑制するしかない。
院長を非難しても何にも解決しない。

763 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:55:38 ID:zeE7yMdp0
>>753
>そのそも、救急とは「放っとけば死ぬ」人間が「運が良ければ助かるかも知れない」レベルのモノだと
患者もそろそろ達観すべきだと思うよ。

↑これ、救急の本来の意味だよね?
つまり、救急を立ち上げた時は、↑に書いてあるような患者‘だけ’が来ることを
想定されてたんだよね?

764 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 00:59:30 ID:6+uwbjja0
>>737
生きてたから許せたんじゃない?
死んでたら許してないでしょ?

発見するのは難しいかもしれない。素人の俺にはわからない。
だがな、「ホントに大丈夫ですか?いつもの腹痛とは違うんですよ・・・。」
と真剣に訴えているのも関わらず、
「だから、ただの腹痛ですよ。しばらく安静にすれば直ります。」
と真剣に診ない医者は多い。
その結果、えらい目に遭ったとしたら堪ったもんじゃない。
だから、真剣に診てくれたなら誤診は許せる範囲で許してもいいが、
真剣に診なかったために誤診をしたならば死刑。

765 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:00:13 ID:jd+dO5D+0
医者には医者の事情があるのはわかったが、医者って他の奴らに対しては
ゴネるんだよな。時間がないから夜中にこいとかさ

766 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:01:55 ID:xDo/jce20
怖いな。訴訟リスク背負ってまで医者なんてやるもんじゃないなんて風潮になったらどうするんだ

767 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:04:59 ID:zeE7yMdp0
>>758献身的に働いていたんですね。お疲れ様です。

>くだらないことでわざわざ深夜にたたき起こすDQN
↑ありますね。「精神安定剤が切れたから処方してくれ」とか。
>救急なのに日勤帯どおりの検査と治療を要求するモンスターペイシェント
↑この前の日曜日、「胃潰瘍だと思うから検査できる病院を教えてくれ」
との電話アリ。
最近の患者は自分で診断を下す。
同じ患者として恥ずかしいわ。
だいたい、日曜日に大した症状もないのに検査できるわけがないだろ。
>「今すぐなおせ」とありえない事をいい、不可能というと人を藪呼ばわりするゆとり野郎
↑いるいる、こういう馬鹿w
うちによく電話があるパターンとしては、20時頃に
「今日の午前中受診して、薬を飲んでるんだが、なかなか症状がよくならない」
とほざく患者がいます。
医療を魔法か何かだと思っているみたいですな。


768 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:05:48 ID:sfREwDRn0
>>766
残念ながらもう既に……

769 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:06:32 ID:oTJsxucqO
>>758
敵前逃亡かよ。
いずれ医師は国家の名の下に強制的に勤務先を振り分けられることになるだろう。


>>759
強制させれば全て解決。

770 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:08:42 ID:LnwnNEtoO
病気は進行性だからね。
その時と次見る時で病名が違うのは仕方ない。

で、なんでこのスレこんなにのびてるの?

771 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:09:44 ID:Vl0We77n0
>>769
医者にとって患者は「敵」なのか。
良く分かってるじゃんw

772 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:13:15 ID:mEoMveFH0
誤診はなくならない最終的には金で解決するしかない。

773 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:13:18 ID:6W8leY/X0
>>763
そのとおり、救急とは本来そうあるべきなのだが。
コンビニの繁栄とともに、救急外来を気軽に受診する輩が増えた

>>768
どこもそんな感じですな
救急・時間外は全て自費・前払いになったら(生保含む)
くだらない受診がへり、ちょっとは違うだろうか

774 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:16:37 ID:EGqRse4f0
自分が当直だったらどうするかなー
まずX線;フリーエアーが明らかでない
CT;疑わしいところはあるかもしれないけど、穿孔とまでは…?
とりあえず烈しい腹痛を訴える患者なんだから採血はするだろう。
そんでWBC,LDH,CRPなどが上がってたら外科の待機の先生を起こす、かな。

775 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:17:27 ID:N3kWoZaI0
5千万円は誤診したやぶ医者に払わせろよ

776 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:18:04 ID:YnZuNAQ/0
>>739
>ただ多分今回のCTではそれ以外にFrre airやその他強い腹膜炎を思わせる随伴所見が
>あったのでは、と思う。(腹水や腹腔内脂肪density上昇などなど)
そりゃ放射線科医がおかしいと気づいたんだからあったかもしれんが、腹膜癒着があったりすると
腹水、airなどがその場に限局して解りにくいことはある。慣れてなけりゃぜんぜん解らんかも
実際のCT見てみないとなんとも言えんことではあるが、軽々に「よくみりゃ解っただろうに」とも
取れる感想をうpするのはいかがなものかと。

777 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:18:10 ID:AM/B9499O
ムカつくやつにはサジ投げりゃいい。たかが他人、勝手に市ね、シラネでOK。

丁寧な対応の客のみ相手しろ。おれはするからね。

778 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:18:55 ID:n3z6UU53O
>>761
助かってよかったね。
いいご両親だ。
うちは「(病院の)先生が言ったんだから、あんたの根性が
足りないだけ!」とか言われそう。
40度あっても30分かかる病院歩いて行かされたし。
未だに夢にみて泣きながら目が覚める…。

779 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:19:55 ID:edxK3KEE0
救急医療なんて,サイコロゲームで
・1〜5まで出たら何も無いが
・6が出たら殴られる
というルールで延々と遊んでいるようなもの。
「6が出たらどうしよう?」じゃなくて
「そんなゲームはしない」が正解。

780 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:25:15 ID:QPtP9iF+0
>>779
・1〜5まで出たら殴られる
・6が出たら殴られて、金取られる

781 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:27:18 ID:edxK3KEE0
>781
うぁ,それ何て拷問w

782 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:28:11 ID:qkTy6K2sO
救急外来なんかやるより、検診のバイト行った方がラクでいいよ。

783 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:29:17 ID:28q98O5P0
ちびまるこちゃんの巻末にあったな
こんな話

784 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:33:16 ID:oTJsxucqO
>>779-781
そういうの覚悟で医者になったんだろ?

医療は過酷で大変な労働環境と言われているのは確かにその通り。
しかし、うまくいって当たり前で一つ間違えれば叩かれる。
これを理不尽と考えてはいけない。
それはどんな職業でも当たり前のことなのだから。

785 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:40:36 ID:zeE7yMdp0
>>773

本来の救急の意味を啓蒙した方がいいんじゃないですかね?


だって、あまりにもコンビニ受診が増えすぎですよ。

786 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:41:59 ID:mPvv6GSP0
小泉「病気も自己責任!」

787 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:43:56 ID:Jse0kcay0
>>756

@裁判で1億円賠償、マスコミでの個人バッシング
Aあなたがゾッとする

のをどっちを選ぶかの選択ですね。
誰だってAを選ぶさ

788 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:45:10 ID:tNzzvOgZO
>>785
もう遅いだろ。
既にモラル崩壊してる。
その手合いにヘタに説教なんてしたら逆ギレされるのがオチ。

789 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/28(水) 01:46:17 ID:zwMQxL9z0
>>769
憲法違反。
その上医者の海外逃亡で終了。

790 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:46:28 ID:Jse0kcay0
>>756
ごめん。すまんかった。「し」を見落としていた。
高崎の文章の引用で気がついたよ。

791 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:47:08 ID:zeE7yMdp0
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1195497807/l50

関連スレ。こういう患者がいると、医療ミスも多くなる。

792 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:49:40 ID:Jse0kcay0
>>766
もうそうだよ。
俺が医学部に行く20年前に親に「小児科と産科だけは絶対に行くな」と言われた。
頭のいい人間は20年前から今の状況を予測していたんだよね。いまは、馬鹿でも分かる

793 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:51:08 ID:rzqERvnwO
うぁ同じだ...
俺の親父も最初搬送された病院で単なる胃潰瘍て診断されて飲み薬だけ与えられて入院したんだが、痛みがおさまらずに苦しみだしたんで止める医者を振り切って、その病院から119番して別の病院に行ったら腹膜炎で即手術
一命をとりとめたが、胃潰瘍と診断した病院が厚顔無恥にも入院費払えと請求してきたのは驚いた

794 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:51:21 ID:sfREwDRn0
>>784
ちょw それは伝説のwwww

795 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:53:03 ID:+fryjyAK0
まさに患者は医者の稼ぎのためにいるんだな。

796 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:53:56 ID:oTJsxucqO
>>793
>胃潰瘍と診断した病院が厚顔無恥にも入院費払えと請求してきたのは驚いた

医療契約は準委任契約。
これ豆知識な。

797 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 01:54:43 ID:w73fXqEC0
これは誤診しないだろ

798 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 02:04:41 ID:edxK3KEE0
>796
ひょっとして委員会の方ですか?
これは失礼致しました。
活動頑張って下さい。

799 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 02:05:13 ID:HD6Z59MC0
>>769
強制するなら強制でもいいよ。
その代り、それこそ全身管理出来ないようなマイナー系の医師に当たる確率も増えるから、
患者のriskも上昇。
ただし、強制であればなにかあっても強制した国が全部責任を持ってくれるようにする、
と一体化してくれないとね。

800 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 02:05:17 ID:HFzYYR8A0
これから弁護士が増えるから医療訴訟も増えるだろうな

801 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 02:10:27 ID:zeE7yMdp0
>>788

説教じゃなくて、啓蒙。


言葉を選びながら、ね。もちろん、医師だけではなく、行政もな。

802 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 02:13:02 ID:zeE7yMdp0
>>800

もう、増えてますよ。


アメリカ様が「訴訟社会にしろ」と言ってるから。
奥谷禮子様も「労基署は不要。不満があるなら裁判で」と言ってますから。

803 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 02:13:05 ID:3d2aYV200
このスレ見て急性虫垂炎で土日病院に行かないで我慢してた自分って偉いんだなと思った



804 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 02:15:50 ID:sfREwDRn0
>>803
我慢の男・一ノ倉乙。

805 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 02:18:53 ID:d3cD57ey0
アナフィラキシーショック(初めはそんなものも知らなかった)
でぶっ倒れて救急車で病院ついたらだいぶ治まってて
医者に仮病で救急車で来るのやめてくれと言われた



806 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 02:53:45 ID:5DfldJwD0
患者がDr.ショッピングをするのは医者の誤診が多いから。
納得すrサービスを提供できていないから。
それを押し掛け問答をする患者として責任転嫁にするのは
現代医療の怠慢だ罠。

807 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 02:57:57 ID:HD6Z59MC0
>>803
ごめん、でも破れる前に来てな・・・。
かえって手間も医療費もかかるから。

808 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 03:11:00 ID:it8CpjHS0
>>806
配給の飯に文句を言うような馬鹿野郎だな。配給の飯は行列してまずいと相場が決まっている。
文句があるなら、自分の金で医者にかかれよ。貧乏人がいくら文句言っても、高級レストランで食えないぞ
お前が受けている医療はお前の実力に相応しいんだ。配給頼みの貧乏人が生意気言うな。

809 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 03:48:26 ID:28q98O5P0
病院のメシのまずさは異常だ

早く退院しようという気持ちを持たせるために
わざとやっているとしか思えない

810 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 04:06:57 ID:Z5XS/fzy0
普段から減塩食食べてたら、まずく感じないと思うよ。

811 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 04:29:53 ID:it8CpjHS0
>>809
不満は厚生労働省へどうぞ。あいつらの決めたとおりにしか動けない統制経済だからな。
昔のソ連とか今の北朝鮮と同じだと思ってくれ。

812 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 05:36:56 ID:28q98O5P0
>>810
ご飯がまずくてどうしようもなかった
売店のお菓子とか、お見舞いの果物で食いつないでたから
栄養的によかったのかどうか

813 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 05:59:48 ID:wxcKYzTq0
>>774
年寄りだと、腹痛の程度がわかりにくいし、圧痛もあんまりないことあるんだよね…。
昔、歩いてきた腹痛患者がいて念のため腹単撮ったら穿孔だったことがある。
ものすごく痛がってくれたらわかりやすいのだが…、

814 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 08:32:33 ID:QcEq4eX00
市民病院だから賠償金は税金。カネで解決して、自分達の責任は問われない

815 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 08:37:44 ID:it8CpjHS0
>>814
医者個人の責任に帰するように改革すべきだね。
その結果を見たいw

816 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 08:49:54 ID:yps6WY4q0
>>802
光市事件弁護団を解任された号泣ピザ、今枝弁護士も医療訴訟に力を入れていくそうですw

ttp://beauty.geocities.yahoo.co.jp/gl/imajin28490/view/20071110/1194690834

>私は、医者になりたかったものの、大検から国立大医学部の壁が破れず、仕方なく私立の法学部に入り、
>今に至るわけで、医療には思い入れがあります。

>私は、これまでに、医療事件(患者側)を、10数件程度受任し、
>うち8件ほど訴訟提起や調停申立しましたが、今まで敗訴・獲得金ゼロ、ということが一度もありません。
>まあ、逆に勝訴判決も1つもないのですが。
>すなわち、全件、判決まで至らずに、和解で解決しているわけです。
>私のしつこくて細かい主張に嫌気がさし、和解してもらえるのかもしれません。
>しかし、患者側の勝訴率が2、3割で不利とされる医療事件で、
>和解金獲得も「勝ち」と考えれば、今のところ勝率10割、ということになります。

>もちろん、そんな状況がいつまでも続くわけもありませんが、医療事件や、交通事故被害事件は、
>得意分野として自覚し、誇れる程度にはなってきたような気がします。


817 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 09:01:07 ID:8WVbS1qu0
>私は、医者になりたかったものの、大検から国立大医学部の壁が破れず、仕方なく私立の法学部に入り、
>今に至るわけで、医療には思い入れがあります。

医者になれなかった個人的な妬み嫉み怨みを、ここぞとばかりに晴らしますって云う宣言?

818 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 09:03:42 ID:it8CpjHS0
>>816
医療訴訟は増えるだろう。そのツケを払うのは医者ではない。だから、医者は保険に入ってるだけでいい。
あとは弁護士の活躍の結果、何が起こるのかをニヤニヤ眺めていればいいだけ。
手術をする義務も、夜間救急をする義務もないんだよ。フリーターでもやりながら生温かく眺めていればいいんだよ。

819 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 09:40:08 ID:jUB8Jsg70
>>814
残念ながら、こういう場合に備えて病院は損保に加入している。
よって損するのは保険会社。
税金で支払われると思ってた>>814は世間知らずの馬鹿。

820 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 12:04:51 ID:EhtnNJi/0
内科医だが、腹痛は地雷の宝庫なので診たくないのが本音。
翌日重症となり誤診だと訴えられる例が後を絶たないが、
発症早期は内臓痛のみで、検査しても異常ないことも多く、
基本的に重症、軽症の区別は(完全には)無理だと思っている。
夜間は放射線科の医師はいないし、自分で完璧に読影する自信もない。
また、患者が並んで待っている状況で技師に細かい指示を出す時間もない。
この例も放射線科の医師が診断したエアーもプロが見ないと
わからないごくわずかなものであったかもしれないし、
それ以外は他も便秘症にコンパチな所見のみだったかもしれない。
だから軽症の腹痛患者にも全員に「持続する腹痛、発熱など
症状が改善しない場合は他の重大な病気の可能性もあるので
また再受診してください」というようにしている。
そうしないと医師免許がいくつあっても足りない。

821 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 12:53:19 ID:1nNJW6M/O
まず、簡単なマークシートテストで間違えるヤツが、不適切問題揃いの現実で突然無謬神になるわけないので、国試で満点とるまで医師免許を与えない
薄い高校教科書でカバーできるはずのセンター試験ごときで満点とれなければ医学部合格させないのは基本
専門医試験を100%正答できない内科医が救急現場に出るなんてとんでもない
24時間体制で麻酔科医がいない病院では手術不可という判決があったが、放射線科医も三交代制でつめるべきということかな
放射線技師や臨床検査技師が常駐していない病院がどれだけあるかも内緒だけど

822 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 13:11:19 ID:d17ojwIK0
ミスを認めてるんだからまだいい方

厄介なのはミスをミスと認めない医者

823 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 13:13:01 ID:BY1VxcjC0
>>822
では、まず医療ミスとは何か、あなたの定義を述べてください。
それから語りましょう。

824 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 13:15:02 ID:Un+pT+eL0
末期がんで70代の祖母が亡くなったときでさえ病院を恨んだな。



825 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 13:28:59 ID:tYLZl3CA0
馬鹿な一般人がわんさか出てきて、自分も誤診されたとか叫いてるなwww。
受信してすぐ一発で正しい診断を下してもらえるのが当然と思っていやがる。
金もろくに払わないくせにwww。

日本の医療崩壊の原因をここに垣間見ることができるな。

俺はMDだけど、臨床からは足洗った。
その判断は本当に正解だったと思うよ。



826 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 13:49:45 ID:yps6WY4q0
>>824
俺の叔母(一人暮らし)が倒れた時、なんとか一命は取り留めたものの植物状態に陥ってそのまま
病院で何年も過ごす事になってしまった。
ウチの親が言葉かけると涙流して反応したそうで、僅かでも意識はあったらしい。

叔母が亡くなったと聞いた時、正直ほっとしたよ。
体が全く動かない状態で何年も過ごすなんて、想像しただけでも気が狂いそうになる。
俺の妻には、俺に何かあったら延命治療だけはしないでくれと話してある。

827 :820:2007/11/28(水) 13:54:39 ID:EhtnNJi/0
>>825
>俺はMDだけど、臨床からは足洗った。
>その判断は本当に正解だったと思うよ。
同意。
奴隷公立勤務医からドロッポしてまったり私立病院勤務医に
なったけど、救急を診させられるのが癌。
ます添えは勤務医の待遇改善をするとしているが、
この国のこれまでを見てきて、
あと10年は十分な待遇改善は無理と見切った。
役人は20年後の医療需要減を見越して、
医療壊滅により国民の大多数が本当に困ることがなければ
診療報酬を上げることなくのらりくらりとかわそうとしているのだろう。
それまで耐え忍ぶことはもはや念頭になく、
診療報酬とは関係ない職種に転身する予定。


828 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 14:15:02 ID:d17ojwIK0
>>823
知ってて当たり前なこといちいち言ってから物を述べなければならないのか?
いじめ問題について語る時いちいちいじめの定義を言わないといけないのか?
マスコミを批判する時マスコミの定義を言わないと批判してはいけないのか?
意味のないこといちいち聞くな

829 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 14:21:24 ID:d17ojwIK0
>>825
そういうことは誤診をしなくなってから言え
つか人を馬鹿呼ばわりはよせ
自分が言われたら真っ先にムキになるくせにw

830 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 14:23:03 ID:OKPcYFFh0
救急で来た患者に対して、
「俺はあなたの病状に適した専門医じゃないから、明日の日中に再診を受けてくれ」、
(専門でも)「検査をしてからでないと診断を下せないし、検査技師とか検査結果を
読み取る専門医が不在なので、明日の日中に(ry」
で、初診料だけ取ってどんどん追い返しちゃえばいいんじゃね?

出来る限り専門家に振ったり、専門家と協議して、自分の責任を回避または軽減する
のが必要でしょ。

831 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 14:28:07 ID:d17ojwIK0
>>830
それより直ちに専門家に回せて診察を受けられるように「医療の」専門家が体制作りをしてくれ
よろしく

832 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 14:28:53 ID:A+8X5FqA0
>診断と死亡との因果関係は明らかではないが
明らかだろw

833 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 14:31:17 ID:BY1VxcjC0
>>828
虐められたと思えばイジメですか?
性的に汚らわしいといえばセクハラですか?
なんか分かんないけど医療ミスされたと思えば医療ミスですか?

立派な考え方だねえ・・・・・・(´▽`*)アハハ

ひょっとして、ゆとり?

834 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 14:35:31 ID:mzePMIZx0
>>1
「死にたくなければ救急外来には行くな。」


835 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 14:36:52 ID:OKPcYFFh0
>>831
「よろしく」が俺に言ってるなら無駄だよ。俺、ただのリーマンだし。
それにそういう体制は、都会で金持ってる相手には既にあるみたいだし、
金を稼いで都会に暮らせばいいんじゃね?

836 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 14:46:21 ID:d17ojwIK0
>>833
>虐められたと思えばイジメですか?
性的に汚らわしいといえばセクハラですか?

その通りだと思うが
でもそのあとに

>なんか分かんないけど医療ミスされたと思えば医療ミスですか?

が続くのかがさらに意味がわからん

わからないならヒントを教えてやろう
・医療ミス 定義
でググればよろしい


837 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 14:49:01 ID:d17ojwIK0
>>835
失礼
それならそれでいいと思うよ

さすがに専門外で診療義務はないしね

838 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 15:04:22 ID:BY1VxcjC0
>>836
>わからないならヒントを教えてやろう
>・医療ミス 定義
>でググればよろしい

ふっ、どこまでも自分の言葉・考えを語らないで、ググレか。
例え、言葉足らずといえど、己の言葉を語らず、他人の調べて作り上げたものをまるで
自分のもののように話そうとするその態度は、のび太以下だな。

逆に聞くが、ぐぐって出てきた医療ミスの定義をお前は一度でも読んだのか?
どこかの誰かが一生懸命考え、分類した定義を理解しようとしたのか?

ほんとに糞な奴だな。

そういうのを「他人のふんどしで相撲をとる」といって我が国では恥ずべき未熟な行為とされているのだ。
去れ!

839 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 15:24:17 ID:8pFLbTZH0

うんぴ」……下痢便。ほぼ水。
・「うんにょ」……マヨネーズのように出てくるヤツ。キレが悪い。
・「うんも」……繊維質を多く含んだボソボソうんこ。空気を多く含んで香ばしい。
・「うんち」……やわ目の快便。水に浮く。
・「うんこ」……かた目の快便。水に浮かない。
・「うんご」……ゴロゴロして硬い。時々キレる。


840 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 15:26:46 ID:Uz26x2Dr0
>>838
単に語らないのではない、語る必要性を感じないから語らない、それだけだ
でおまいは医療ミスの定義を知らないようだから親切に教えてやったまでだ

親切ついでにもう一つ教えてやろう
何故語る必要を感じないのか
それは定義に当たるミスがあったことを前提にして発言してるからだ
定義は個人の主観で変わるものではない
本人が不快に思えばセクハラになる、というのはセクハラの定義がそのように個人の主観によるとされているからに過ぎない
つまり俺個人が勝手に作った定義を前提にしているのではなく、すでに定着してる誰でも知ってる定義を前提にしているんだ
だからそんなこといちいち語る必要がない、と言ってるんだ
わかったか安脳

841 : ◆65537KeAAA :2007/11/28(水) 15:28:57 ID:hO3NsWEv0
緊急外来って何でも看なくちゃならないから大変そうだなぁ…

842 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 15:38:47 ID:gIIJg5/iO
この放射線医が読影したのは患者が死んだからか?
どうせ読影するなら翌日しろよな

843 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 15:48:35 ID:5oQmAqTC0
どの医員なんでしょう?
消化器科なのにF.A見落としで殺しちゃったのは。
http://www.municipal-hospital.otsu.shiga.jp/shoukaki2.html

844 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 15:59:56 ID:xTpHdEXS0
救急外来をやるからこんなことになる。

即刻この病院は救急指定を返上し、救急外来を閉じるべき。

845 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 16:25:41 ID:wgyFqoDM0
>>842
患者が最初に救急に来たのは土曜、死んだのは日曜
放射線科医が写真を見たのは月曜

846 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 16:29:04 ID:gIIJg5/iO
>>845
なるほど納得した

847 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 16:30:14 ID:FGeNkQ3z0
>>845
放射線科は完全週休2日制かよwww
医学生が外科や内科行かないで放射線科医になろうとするのも当然

848 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 16:40:22 ID:q6WeIzeBO
病院は24時間営業するべきだ。
医者を増やすには実は金が余ってる国が、頭の良い志望者に無料で医大に行かせる。
年金を横領するくらいなら、それくらい出せるはず

849 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 16:43:28 ID:ElsV2nZP0
>>847
放射線科医は、たいがい1人
24時間365日の労働は無理
土曜の午後とか土曜の夜から日曜の分は月曜の朝

850 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 16:48:13 ID:2E866/O50
休日腹痛で来た患者なんて
検査が必要っていって差額ベット5万ぐらいとって個室にぶちこんどけ


851 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 17:00:47 ID:Fn+J0VUq0
ネットで、簡易診断のデータベースつくっといて、自分で判断するのむずいなら、
全国で担当医が当直してるネットワークつくって、意見貰うようにすれば?
で、やばそうなら市内か県内の担当医に緊急かけてさ。

それより、歯医者と美容整形の総量規制でもすれば?頭数はすぐたりるんじゃね?

852 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 17:18:23 ID:QngzZhul0
 まぁ、一般の人がなんと言おうと、医者側からすると
    クレーム・DQN患者・訴訟⇒医療崩壊・国民皆保険崩壊・・・@
が成り立つわけだ。

 これを踏まえて、あなたが何十何百億という金を持っていて、なおかつ、
とある理由で今の医療を破綻させたいと強く思っている、と仮定しよう。

 するとあなたはどうする?
@に従って考えれば、できる限りたくさんの一般人をDQN化させたり
訴訟させるように持って行けばいいわけだ。
 そのために最も効率がいいのはマスコミに金を渡すことだ。
そして、「今の医者・医療は最悪ですよ。どんどん訴えましょう。」
と言わせりゃいいわけですよ。

 じゃあ誰がそんなことするのか?得をするのか?というと、
   1日本の保険業界に入り込み、金を吸い上げたい外資系保険会社
   2医療費下げの世論が欲しい財務省
   3メシの種の増える弁護士たち 
なんかがあるわけだ。


 もちろん、何の根拠も無いし、信じるも信じないもどうでもいい。
医者のレベルが高くても低くてもどっちでもいい。
ただ、現状として今の医療制度は崩壊しつつあり、もう止まらないと思う。
 自分も大きな病気をしたときに感じたが、
個人的には今までの日本の医療制度は世界に誇るものであったと思う。
自分たちの子供や孫の世代にこのシステムを残せないのは残念だ。

853 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 18:00:22 ID:5aeuGPi00
崩壊 崩壊 放科医

854 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 18:06:57 ID:3d2aYV200
なんか訴訟とか誤診とか恐れているのか知らないけど
医者は〜かもしれないしけど〜かもしれない、〜の保障はできないみたいな
当たり障りのないことしか言わないから
せいぜいネットか本の知識かじった程度の素人である患者からすると治療の選択肢が決めにくいんだよね
ある程度自信を持ってズバッと言ってもらいたい
自分の場合はだけど。。。


855 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 18:23:46 ID:PQ6yVDVz0
>>854
そういう時は、医者に向かって「あんたが自分ならどうする?」あるいは「あんたの家族だったらどうする?」
って聞くのがまあまあ有効的だ。
医者の立場からいうと、かなり現実的な治療選択をすることが多いと思う。

856 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 18:48:43 ID:mwBEA1OaO
来月逆子が治らないと帝王切開って言われたけど、今の医療は進歩してて有り難いなあ…。
ちょっと昔なら死んでたんだ私、と思って今生きてて良かったなとしみじみ思った。
先生にお任せするしかないんだし、手術で麻酔する前に何かあったら運だと思って諦めてねと家族には言うよ。
上の子に会えなくなるかもと思えば怖いけどさ、人間が人間を看る以上、絶対安全なんてないんだし仕方ないねえ。


857 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 18:58:35 ID:xQvRio+pO
人殺しといて2000万払うだけで済むのか
暗殺依頼より安いなこりゃ

858 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:05:57 ID:vTChYD9e0
>>857
手は下してないんだけどな。
手を出さなかったから死んじゃったケース。

859 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:08:07 ID:1nNJW6M/O
しかしま〜、消化管穿孔でたすかって当然と思える社会って、考えたらスゴス
フツーに致死的な病名だと思うがな、一般人の認識はどんなことになっているのか本当にオイラわからない‥


860 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:24:03 ID:PCXSjmCE0
>>852
医療崩壊の原因を訴訟と結び付けるDQN医者が増えたことも医療崩壊の原因に挙げといてくれ

861 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:27:27 ID:Dx8OVxwjO
どのみち死んでただろ
このジジイw

862 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:28:43 ID:5MVuTrFv0
>>860
現場にいれば分かるが、訴訟の増加は明らかに医療を萎縮させているけど?

863 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:29:59 ID:oTJsxucqO
>>860
結び付かないの?(・∀・)

864 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:33:17 ID:PCXSjmCE0
>>862
それは医者に都合良く解釈しすぎ
医療ミスの隠ぺいからの救済がなされるようになったことは大いに評価してよい

865 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:36:52 ID:LxtnylvN0
うわあ、これ怖そう。夜間診療で腹痛で来る患者で便秘って人結構多いし。

便鮮血陰性で消化管出血の所見なくて、血液生化で炎症反応がなく、かつ反跳痛もなく、
腹部単純やCTで腹水やイレウスの所見がない状態での軽度な腹膜炎とかあり得るんじゃないか。
それでいて後日腹膜炎悪化で死亡とかなったら医師の罪になるのか

866 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:37:09 ID:PCXSjmCE0
>>863
結び付く、というより医者が結び付けている、と言った方が正確じゃないか

確かにクレーマーがいるのは事実だがそれに法的なマネジメントを怠って来た医療側の怠慢だ

867 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:38:02 ID:5MVuTrFv0
>>864
そういう側面がある事を否定はしないが、医療従事者側からみると明らかに理不尽と思われる
判決が有るからな。
刑事だとなおさら。割り箸事件とか。

飛行機に乗っているときに善意で診ても責任を問われる可能性があるとなると、名乗り出る
医者なんていないよ。寝たふりだなw

868 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:40:14 ID:5MVuTrFv0
>>866
法的なマネジメント、って具体的になんだよ。

言葉先行で中身が伴ってないな。
もしかして昨日のID: Be7XB2tz0かw

869 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:50:37 ID:zY34rYmm0
>>867
明らかに理不尽な判決は確かにある
しかし訴訟=医療崩壊と考えるその思考がなんとも短
医療崩壊の原因はもっと根本的なものだ


870 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:52:52 ID:67MtQDSH0
>>865
なるんだろうねぇ…
昨今の流れでは、結果論だからね。割り箸の頃から、「診断できたとして、救命できたか
どうかは関係ない」って言う事になったからね。

つまり、この場合は「CTでは明らかな異常が無いし、緊急手術を要する所見も無いが、
気持ち悪いので入院し経過観察」と指示を出して、入室後急変し、腹部所見に乏しいが
腹部病変であろうと考えられるため試験開腹し、消化管穿孔と診断。加療を行ったが
結果として死亡した。って言う場合だったとしてもNG出される可能性がある。

871 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:54:18 ID:zY34rYmm0
>>868
そんなこともわからないで医者やってるの?
だからDQN患者にすら負けちまうような失態をやらかすんだよ

872 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:56:04 ID:5MVuTrFv0
話はちと変わるが

ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/other/106414/

この記事を書いた馬鹿マスコミの構成員は、診療報酬というものが何かから
まず勉強した方が良いな。
医療関係の記事を書くのは10年早い。



873 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:56:40 ID:YTA8WeRiO
お医者さん向けの保険は無いのかな

874 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:03:13 ID:U3Nu2ai60
ほとんどの医師はそれに入ってるよ。
最近は病院だけでなく、担当の医師も併せて訴えられてるようだ。
どれくらい保証してくれるのか知らんけど、、、
お世話にはなりたくないな。


875 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:05:01 ID:5MVuTrFv0
>>871
で、何なのよ具体的に?

訴えられないように、ヤバい症例には手を出さないってことか?
確かにそれなら今まさに全国で浸透中だなw

876 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:10:53 ID:m0M/c2V40
救急など診たら負け
とっととやめればよい
ヘタに一般市民に期待させるな
恩は仇で返される

877 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:12:10 ID:9RpuhRDN0
>>868
ホント頼むよマジで

まあ親切だから書くけど、
顧問弁護士を置く
弁護士や医療法に詳しい大学教授なんかを招いて、どんなことをすればあるいはしなければ訴訟になりそうなのかを具体的に挙げた想定問答集のようなものを作る
紛争処理の機関ないし部署を院内に設ける
医者の側も常に証拠を残しておく、具体的には患者とのやりとりを録音しておくことなど
鑑定が必要になることが多いので正確な鑑定ができる人材を育てる
訴訟になったときには優秀な弁護士をつける
一番大事なことはDQN患者には毅然と対応するこ

といったところだ

878 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:14:11 ID:EjXh0z+x0
よく医者になれたな

879 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:16:31 ID:5MVuTrFv0
>>877
そんなことは別にどこの病院でもやってるし、理不尽な訴訟を防ぐ効果はないな。
やっぱりヤバそうなのは診ないのが一番、って結論になる。

880 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:19:22 ID:Jse0kcay0
>>856
これからはあなたみたいなまともな人が損をするんだよね。
すべてはマスコミと踊らされたDQNと法律屋と厚労省の責任。

881 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:20:13 ID:DgtXNmvA0
人を助けようと思ってなった医師が、ある日突然「人殺し」と呼ばれ
訴訟起こされたらそりゃ廃人になっちまうわな。

882 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:21:00 ID:jsuD1hx90
医者は一千万超える年収があるんだから建築士と同じように保険には入れるだろ
訴訟されるくらいで医者になる奴がいなくなるとか甘えるな
医者の給料は健康国民の保険料で賄われるから合法の範囲内の患者至上主義は当然

883 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:26:23 ID:9RpuhRDN0
>>879
それが
>顧問弁護士を置く
>弁護士や医療法に詳しい大学教授なんかを招いて、どんなことをすればあるいはしなければ訴訟になりそうなのかを具体的に挙げた想定問答集のようなものを作る

の2点は意外やってない医療機関が多い
まず訴訟の芽を摘む、つまり訴訟になりそうな事例をまず知って、それをしないようにすることだ

ただヤバそうなのは診ないのは逆に不作為責任を問われる可能性がある
したがって作為義務を履行しておくことも必要になる
要するに私たちは不必要なことには患者の身に危険が及ぶ可能性があるのでしていない、しかし必要なことはきちっとやった、
としておかなければいけない

884 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:29:55 ID:Jse0kcay0
>>882
なるようにしかならないからドンドンやってよ。
どうなるかを見てみたい気持ちも結構あるし。
対岸の火事という立場だと医療訴訟ドンドンやれ!と思うよね。

885 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:30:10 ID:08v6TcvL0
医療保険は、母校の団体扱いで
月掛け数千円。
保障は1年ごとに、1件の事故でトータル3億までとか4億まで保障されたたと思う。


886 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:30:12 ID:FGeNkQ3z0
>>882
ここに3つの投資信託があります。
1つ目は美容ファンド、訴訟リスクはちょっと高いですが、その分ハイリターンです。
2つ目は眼科ファンド、訴訟リスクは極めて低く、まずまずのリターンが見込めます。
3つ目は救急ファンド、訴訟リスクが非常に高いばかりか、リターンは3つの中で一番
低い、また他の2つにはない万が一の逮捕リスクというのが加わります。

さて、賢明な貴方はどの投資信託を買いますか?

887 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:35:04 ID:vTChYD9e0
>>882
民事だけならね。

888 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:48:26 ID:LxtnylvN0
高齢者の腹膜炎は臨床症状が小さい場合があって、血液所見の反応も弱い場合があるから難しいと思うけどなあ。
画像所見で診断って言われてもfree airやniveauがなく、腹水もないとなると診断の付けようがない気がするが。

そりゃ放科のドクターが既に腹膜炎って診断されてるのを知った上で読影すれば微妙に所見があるかもしれんが、
一般ドクターが診断するのは厳しそうだ。まあ今回の症例は誰の目にも見て明らかな症状を見過ごした例だと信じたいが。

889 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:49:44 ID:oTJsxucqO
>>882
最後の一行、典型的DQNの物言いだな。
俺達の負担で食わせてやってるんだっていうw
国民に充実した医療を提供するために彼らが負ってる金銭的負担は国民の負担なんかとは比べものにならないよ。

890 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:55:12 ID:IF7CenAv0
>>872
何、「論説副委員長」ってw
それだけの責任のあるお方が、匿名ですかw

あ、署名するのも恥ずかしい記事ってことですかねw
医者は毎日、名札をつけて外来担当表に名前をさらし
処方箋に署名し、記入した書類のほぼ全てに署名し
病院のHPで名前も(場合により顔写真も卒年も)
さらして仕事してるんですけどねw

匿名の時点で恥を知れやマスゴミw

891 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:56:00 ID:l1EB+nFj0
まあ、割り箸事件が刑事事件になるような国では、防衛医療の進行は益々進むわな。

関係ないけど、誤認逮捕をした警察・検事とか、誤判決を下した裁判官は逮捕されないのかね。
不平等だな。

892 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 21:49:35 ID:xTpHdEXS0
救急学会での裁判官の講演とか面白かったよな。

「裁判所は真実を明らかにするところではない」

と裁判官自身がそう言い切った。


それなのに専門外も診ざる得ない、救急内科系当直とか外科系当直するバカは逮捕されて当然。

893 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 21:50:04 ID:Ctx7kKiF0
防衛医療は国民が望む安全安価な医療に合致しています

894 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 22:06:33 ID:PQ6yVDVz0
>>883
一見まともに見えるが、それって、ただの弁護士の理屈だよね。

そんなの医者は弁護士になんも期待なんかしてないよ。

弁護士の仕事は、病院がミスしても、それを病院にミスがないということで勝たせるのが仕事であって
病院の医療ミスを減らすのが仕事じゃないってえの。

なんか勘違いしてない?
弁護士は顧問料をもらってる病院を勝たせるのが仕事。
それだけに力を注いでくれればいいし、それ以上する必要なんてないね。

895 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 22:09:16 ID:suWdgsOM0
当直医の中には、
看護婦といちゃついている奴がいて嫌だ。

親が死んだ時期に、
何度もそういう場面を見た。

896 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 22:21:05 ID:8qY9u82V0
放射線科に誤診を指摘される消化器科の専門医って・・・。



897 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 22:23:03 ID:JZAk9Y250
医者だって間違えるだろうから、普通は3つくらい病院行くよな?

898 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 22:44:39 ID:3d2aYV200
>>897
そんなに選択肢ないし
やばい状態ならドクターショッピングなんてしてられない

899 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 23:24:05 ID:zeE7yMdp0
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1195497807/l50x

↑こういう奴がいるから救急は疲弊する。

900 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 23:33:47 ID:dHyebOzRO
>>897
そんな馬鹿はお前だけだ

901 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 23:36:31 ID:KtWmZkg80
>>861
アホいうな
人間の死亡率は100%じゃい

902 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 23:44:27 ID:CW0nnIpJ0
医者だって人間、ミスするのは当然。
ましてその日のOPEで疲れ果てて、寝当直のはずが急患ktkr!なんて状態で
まともな診察なんて無理だよ。

はっきり言えば、救急に関してはほぼマニュアルがあるから、コンピュータシステム持ち込んでもいいと思う。
厚労省の認可したソフトでバイタルと所見打ち込んで「緊急性なし」と出た患者は放置、それで死んでも厚労省のせい、つまり国民のせい。

その上で当直医が「なんか変だな」と思って救命に成功したらいいぐらいのもので。

つか、医者の友達いないとこういう時こまるよ。
友達じゃダメ、親友レベルで信頼できる医者の友人がいるといないとでは大違い。
金持ちはそれを金で買う。

903 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 01:43:40 ID:QKjVpyAI0
>>866
訴訟の多発とバランスをとるためには、医者の増員もっといえば
必要な科に人員が回るようにする施策は必須。

それがないから、小児産科医救急から人が逃げてるんだが
国は医療費増大を恐れて何も手を打たない。
仕方ないから、訴訟の方も減らしてもらうしかないだろう。

904 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 02:31:27 ID:TKzQgjBx0
>>901
問)正しいものを選べ
@人間の死亡率は100%じゃい
A人間の死亡率は100%じゃない

最近の日本人はAを選ぶ奴が多そうだね。

905 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 12:36:11 ID:Jz7InjJf0
こわいよ!!

906 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 13:00:12 ID:nVJ5Cw500
70過ぎたら病気で死ぬのは寿命と思うべきだろ

907 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 13:04:35 ID:Ey+g58K30
>>852が真理だね。
皆保険にせよ、官僚制にせよ、
優秀なエリートを薄給で、しかも馬鹿共の言うことを聞かせつつコキ使うことができる、
なかなか良く出来たシステムだと思う。

その代価は、「薄給でコキ使ったエリートの責任を問わないこと」ということ。
当然被害者はでてくるが、日本みたいに、モラルが平均して高く
社会性の高い人間で構成された国の場合、これが非常に有効に機能する。

しかし、この制度は少数の被害者を許容したり、うまいこと圧殺できることが前提だから、
今みたいに、指導者が衆愚に迎合したりして、責任逃れをするようになったり、
ノイジーマイノリティのノイジー度がでかくなったりすると、維持できないよね。

大抵の社会制度ってのは、少数の犠牲を許容すると一気に効率がよくなるもんなんだが、
そのあたりのバランス感覚が、衆愚日本人には理解できんのだろね。

908 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 13:59:28 ID:WXXXPH6v0
>>907
>薄給でコキ使ったエリートの責任を問わないこと

これは官僚にしかあてはまらないね
というか、官僚といっしょにされたら医者も不愉快だろう

909 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 14:19:09 ID:M5rnVUzG0
俺の親父は腸閉塞を食中りかなんかと誤診されて手当てが遅れて死んじまった。
あのクソ医者ゆるさねえ。

910 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 14:21:32 ID:6UFQvVhA0
>>907
もともと司法がなぜ立法と別にあるかといえば、それは議会の多数決では力を持たない
少数者の擁護のためだ。司法が医療を攻撃するのを避けたければ、立法で医師の免責法
を通せばいい。

911 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 14:32:24 ID:q9Misy7c0
>>909
食あたりと紛らわしい腸閉塞だったんだろ。
「食あたりと思わずに腸閉塞を見逃さなければ生きてた可能性があった」
は事実だろうが、
「診断を怪しんで別の医者に見せていれば、腸閉塞を見逃さない医者に
 診てもらえた可能性があった」
もまた事実。日本の医療はフリーアクセスだぞ。

912 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 14:56:29 ID:8bmF811S0
みんな医師法の話とかで盛り上がってるみたいだけど、消化管に穴があいて
出血してるのに、下剤飲んで腸の働きを活発に・・・
すんごく苦しそうで血の気引く・・・

913 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:07:06 ID:xiBWOfA/0
>>912
下剤は出さんだろ流石に
しかし、これ年寄りだからミスったのかな…
普通は腹膜炎の症状と便秘の症状ってかなり違ったと思うんだが

914 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:11:16 ID:xiBWOfA/0
うわ…
ちゃんと読んだら出してた…
これは爺さんきつかっただろうなぁ

915 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:13:23 ID:iPgzkRwD0
>>909
ひよこの雄と雌を見分ける仕事ってあるよね。
1匹でも間違えたら殺されるんじゃ、誰もやりたがらないよね。
これからの救急医療がそうなるよ。
君たち、素人が気づいたときはもう手遅れだよw
産科と同じ。ザマー見ろwwwww

916 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:18:25 ID:PVT5u4aAO
>>915
馬鹿なのか?
報酬と責任がまるで違う職業を引き合いに出しても意味ないだろw
頭悪すぎwww

917 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:20:23 ID:xiBWOfA/0
>>916
端的に言えば、一般的な医者は給料もっと少なくてもいいから
責任と仕事量を減らして欲しいと思ってる
医師会連中はどうかしらんけど

918 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:23:26 ID:lkDxRRZp0
医療ミス皆無、それが国民の望んだ結果です。

それと引き替えに、いつでもどこでもだれでも受けられる医療を失いました。

919 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:31:25 ID:6UFQvVhA0
どっちにせよ職業選択の自由があるんだからハイリスクだと思ったらやらなきゃいいだけ。
アルコール依存症の人にはトラックの運ちゃんだってハイリスク職業だし、向き不向きがあるわな。

920 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:34:57 ID:8PvUKjPkO
>>919
だからどこの病院もハイリスクな産科・小児科・救急を
止めはじめてるんだよ
ま、病院の自由だわな

921 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:43:38 ID:d3Ce3XLtO
>>919
そういうことだわな。
リスクとリターンの見合わない職場からは必然的に人が逃げる。
医師にとってリターン皆無、まさにボランティア状態の夜間救急をやってもらうためにはリスクも
同じくゼロにする以外にあるまい。
それができないと言うなら日本が救急医療を自ら放棄したということ。
医師にはそんなものを続ける義務も義理もないし、俺達が強制する権利もまたない。

922 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:46:02 ID:ZZabhdj40
>>916
時給単価で考えると、あまり報酬の差はないかもしれんw

923 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:46:13 ID:lkDxRRZp0
ハイリスクな産科・小児科・救急に向いてる医師なんているんでしょうか?

924 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:49:29 ID:8qilWBTB0
やっぱり、お医者を刑事訴訟から免責にしないとダメなんじゃん。
あと、労働基準法遵守の労働環境?残業とかその辺の?

925 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 15:50:01 ID:xiBWOfA/0
>>923
産科・救急・小児科それぞれに向いてる人はいるよ
ただ、ハイリスクだからやらないだけ。
リターンは他と変わらないわけだし。

926 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 16:32:32 ID:WXXXPH6v0
>>923
睡眠を全然とらなくても平気な人
自分の命よりも他人の命を優先できる人が向いていると思う

927 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 16:50:57 ID:i0VLL3zm0
>>923
・ネットをみない人(世間知らず)
・家族親族友人を大切に思わない または天涯孤独な人
・幸せに興味がない人
・自殺志願者
はハイリスク科に向いている

928 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 16:58:31 ID:EBDlpN47O
救急医療費はブラックジャック並に数千万で引き受けます

929 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 17:03:40 ID:5HpXjfqY0
刑事免責は重要だと思うけど、それには医者(業界)自信の自浄能力が必須なんだよ。
確かに、些細なことで医者に責任を負わせて、ソレをマンセーするのはおろかだけど、
医者が薄給だからって、フリーハンドで何しても無責任ってのも、到底認められない。

以前、医師の刑事免責に関する議論は国会であったんだけど、
医師によるミス隠蔽が多発して挫折したんだ。

でも、医師ってのはエリートだし、選択の自由を持っているから、愚民に対しては
「ハっ、馬鹿共が。お前らが無茶言うんならこっちはみてやんねー」って産科小児科から逃げてよい。

医師を馬鹿な司法から守りつつも、それなりに監視する機構ってのは、
医師自身ではなく、我々庶民がなさなければいけないことなんだ。
他ならぬ自分たちのために。今みたいに医者を薄給でコキ使うために。

930 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 17:15:33 ID:20CbDBao0
腹膜炎は痛みが酷くなったり急に楽になったりするからなぁ。
俺も1回目の診断で見逃されて死にかけた事ある。
俺も楽になった時はもう大丈夫と思ったもの。

931 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 17:36:35 ID:iPgzkRwD0
>>929
日本以外の文明国では悪い待遇で働く医者はいない。
そういう意味では部分的に後進国水準だった医者の待遇が先進国並みになるんだろうな。
医局をぶっ壊してしまった以上、白い巨塔をぶっ壊してしまった以上、自然の理どおりに好待遇のところへ流れるだけ。
この流れはもう止まらない。ダムの決壊と同じだから、逆向きにすることは不可能。みんな、おまえらの責任。ザマー見ろ。

932 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 17:40:52 ID:Zd+NH4UN0
71で死なれたけど2000万ゲットりん☆

933 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 17:49:18 ID:pCZqSjnV0
>>890
この論説副委員長氏は、診療報酬削減を提言してる
財政制度等審議会のメンバーですよ。

明らかな虚偽(医師などの人件費=診療報酬)を自メディアで
書き立てて、(現に誤解した普通の読者のトラックバックが寄せられてる。
なんじゃこりゃ、という医者・医療関係者のトラバもあるけど少数)
印象操作をする。


934 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 17:52:27 ID:hZKK1ItoO
>>926
そんな聖人いるのかよ

935 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 18:03:57 ID:iPgzkRwD0
>>934
日野原重明
でも、自由診療30分2万円しかしない。

936 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 18:18:53 ID:CDPltG7e0
>>929
>以前、医師の刑事免責に関する議論は国会であったんだけど、
>医師によるミス隠蔽が多発して挫折したんだ。

違う、違う。
本当は厚生省も議員も刑事免責にしたほうがいいことはわかってんの。
免責にすれば逆にミスした医者がペラペラしゃべるから、隠蔽もされにくく
なることもね。実際、日本以外の先進国では医療行為は刑事免責になっている。
じゃあ、なんでしなかったかといったら、民意にそぐわないから、無理に法案
通せば選挙に負けるからって理由だけ。

この国の国民は救急医の数を確保するという社会的利益より、個人の嫉妬心・
復讐心を適えることのほうが大事なんだよね。
まさに衆愚政治の結果。

937 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 18:36:42 ID:03ILVPvH0
>>936
おい、嘘付くな。

>アメリカ
>重大な過失が明らかに認められる場合、または客観的な検証委員会が過失と判断した場合。
>医療過誤による医療行為記録の隠蔽、隠匿行為及び患者生命に危機的な状況を及ぼす、あるいは及ぼしたと判断される、
>また及ぶであろうと予知出来た物について、執刀医及び診察医は法的責任を負う。

>イギリス
>医療行為の過程において、診察医による重大な診察過誤、または過失があった場合、その責任を負う。
>医療行為の過程において、執刀医による重大な過誤による手術事故、または過失があった場合、その責任を負う。

>フランス
>患者に事実を秘匿したまま、重大な診察、医療過誤又は過失を継続し、
>その事態が予測出来た、予測できるであろう客観的状況を放置していた場合、
>その医療事業に従事する者は相応の責任を負う。
>なお、事実が判明した後も事実を秘匿した場合、その責任は増大する。
>重大な過誤、過失があった場合、契約不履行と判断され、医療行為前の免責事項同意書の免責事項は契約不履行による医療行為側の契約破棄とみなし、効果を持たない。

938 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 19:04:38 ID:pCZqSjnV0
>>937
あのー。法的責任を負う≠刑事責任を問われる、なんですが。

違うものを無理やり同じものとして扱って、印象操作するのは
某マスコミと同じやり方ですか?

フランスの例なんか
>患者に事実を秘匿したまま、重大な診察、医療過誤又は過失を継続し、

とかの過失を秘匿しようという「故意の存在」が「法的責任を問われる」ための
必要条件だ、と明記されている。

逆に、言えば過失があっても、放置せず対処し、過失の存在を秘匿しなければ
責任を問わない、ということなんで、日本の医師が求める理想像なんですが・・・。

939 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 19:23:08 ID:J6lDlycT0
>>938
その責任もあくまで、”刑事的”責任を問わないな。
民事の責任まで免責にしろなんて日本で言ってるのは司法関係者・警察関係者ぐらい。
日本の医者はそこまでは言ってない。あくまで医療過誤ってのは民事(金)で解決すべき
問題。アメリカでは医者が悪意の無い業務上過失致死で賠償数億ということはあっても
それで医者が逮捕収監なんてことはない。そもそもそんなことしても被害者は金銭的に
救済されない。

940 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 19:24:32 ID:z7Z2NePZ0
医療を崩壊させた小泉に賠償してもらおう

941 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 19:35:39 ID:d3Ce3XLtO
>>939
魔女狩り体質が拭い難く染み付いた日本の検察組織は刑事免責など絶対に認めないという立場を崩していないよ。
善意の過失犯に刑事罰を負わせることが社会の利益になるんだそうだ。
権力範囲を削がれるのが嫌なだけだと思うけどね。

942 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 20:50:58 ID:lkDxRRZp0
医療崩壊でいいでしょ
何か問題でも?

943 :名無しさん@八周年:2007/11/30(金) 09:09:35 ID:OgJC7rGf0
>>941
医療過誤は、警察・検察の利権になりつつあるわけよ。神奈川県警で不祥事が続いたとき、
例の手術患者取り違え事件が起こり、これ以降、警察や検察が介入を始めたわけ。

犯人は逃げないし、自供はさせやすいし、証拠は揃えやすいで、業務上過失致死等の重罪、
空き巣や万引きを相手にするより、ポイントを稼ぎ易いじゃない。

944 :名無しさん@八周年:2007/11/30(金) 10:58:04 ID:oBpDufVu0
 一般の人は
「ただの便秘と、(死ぬこともあるくらいひどいらしい)腹膜炎を間違うわけないんじゃないか?」
と思うのかもしれない。

 でも、みんなこのような経験は無いだろうか?
電源を入れたのにテレビが点かない。
なんでだろうと思い、テレビを叩いてみるもうんともすんともいわない。
「確かに最近映りが少し悪かったようなきもするしな。」
ついに壊れてしまったのかと思い、買い換えるかなんて考えが頭をかすめ、
ふと見やったところ、コンセントが抜けていた。

 何が言いたいかというと、
全く異なる原因でも全く同じ症状になることがあるわけだ。

 もちろん、そんななかでも重症な患者を見逃さないように教育を受けるわけだが、
とはいえ、そこは機械と違い、生身の人間。
同じ病気でも症状は本当に千差万別だったりする。
違う病気でも症状は全く同じこともある。
またこんな重症な病気でも、老人では症状がほとんどでないことさえある。

 腹痛は「ハライタ」ではなく、
「フクツウ」という最も診断が難しい症状の1つだったりする。

945 :名無しさん@八周年:2007/11/30(金) 11:00:35 ID:r6+/92iX0
たった2000万かよ

946 :名無しさん@八周年:2007/11/30(金) 23:00:14 ID:ucbr/7Jw0
(・∀・)

947 :名無しさん@八周年:2007/11/30(金) 23:09:57 ID:syCJTCAa0
(・A・)

948 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 00:43:00 ID:syjxmeKI0
>>544
その画像を他院で見てもらったら、一発で末期癌が判明とかいうのはよくある話。
田舎の老人専門病院の医者のレベルの低さは、ハッキリ言って異常。


949 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 00:44:51 ID:X62ORJYD0
>>948
出たw
自分なら診断できる&自分なら治せるw

950 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 02:55:09 ID:+7Aa0AL10
>>944
正論を言う馬鹿w 死ねよw

951 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 09:01:42 ID:S/HmpzPi0
(´・ω・`)

952 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 09:25:31 ID:z6NGfi2Y0
>>944
業界のものだが
「ただの便秘と、(死ぬこともあるくらいひどいらしい)腹膜炎を間違うわけないんじゃないか?」
と思うよ

953 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 10:09:14 ID:ay4QT4OB0
穿孔←なんて読むの?

954 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 13:09:34 ID:O6ycRO2c0
学校のセンコウにでも聞け厨房

955 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 13:21:16 ID:ay4QT4OB0
ラジカルに聞こうかと思った。
40過ぎのおっさんに厨房はねーだろ? 童貞君w

956 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 13:23:42 ID:sT1UbA3B0
>>954は教えてクンに答えを優しく教えてるだけだろw

957 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 13:26:16 ID:uIuKXja40
遺族、一儲けできて大喜びだろうなw

958 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 13:36:27 ID:+7Aa0AL10
軽症に見えて重症もある。
簡単な病気も診断が難しい時期がある。
医者としては救急に関わらないのが一番。

959 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 13:39:56 ID:/qbKgMSA0
と言う訳で、お医者のストライキはジワジワと粛々と始まりつつあります。
いっぺんにドカッとやっちゃって、早いトコけりつけてくれよ。と短気は俺
は思っちゃう。ま、そうも逝かないんだろうけれどもね。

960 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 13:40:27 ID:oAdBtgxZ0
診てくれるだけでもありがたいお
自分は夜中とか連休に病気になったり怪我したりするついてない人間だから


961 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 14:31:05 ID:P2miOddIO
もう無理なんだよなあ
日本の医者は多分ものすごくよくやってきたと思うんだけど、司法マスコミプロ市民いまだにあれだもんね
いい方向に舵をとる能力がある人々が本気で医療行政に取組む日がくるのかなあ
明日からまともな対策とったって奇跡のような日本の医療制度はもとどおりにはならない段階なんだけど
これからの何十年患者としても医者としても悲惨すぎる日本で暮らすしかないのかと思うとなあ‥
小児科や救急救命では問診なくても診療してまあどうにかなってるんだから、オイラの英語力でもなんとかならないかしらw

962 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 15:50:42 ID:ImOjNzLvO
患者はモルモット
その家族は金づる

末期患者には進行早める薬出してベッドを間引き
健康診断で偽の結果をでっちあげ、ベッドに押し込んだその患者を大量投与で薬殺

これがこの国の医療の現実じゃないの?(笑)
(医者の認識、やりたい事と言い換えても可)

963 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 15:55:39 ID:+7Aa0AL10
>>962
そのとおり。
そんな現実に嫌気がさして病院を離れる医者が続々。
いいことだと思うんだけど、なぜか住民が大騒ぎ。

964 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 16:55:30 ID:kxEpf18sO
下部の糞便穿孔のCTは難しいぞ。消化器より放射線科の方が読めて当たり前。


965 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 16:56:33 ID:9+12+heU0
明らかに業務上過失致死です
本当にありがとうございました。

966 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 17:15:43 ID:6CvySyVs0
うちの婆さんも医療ミスで死んで賠償金貰えないかな






と思ってる奴が1万人はいるだろうな

967 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 17:24:03 ID:iF5xH2P80
だったら>>966が医療ミスで死んだほうがいっぱい賠償金貰えるよw









とお前の家族は思ってるだろうよw

968 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 18:03:38 ID:to/fNbHS0
散々言われ尽くしているけど、
救急をやる医者は馬鹿。
医者から見ても馬鹿、患者から見ても誤診だらけの馬鹿。

969 :名無しさん@八周年:2007/12/01(土) 22:31:51 ID:v7WhIOnc0
普通の勤務医のほとんどが、なんちゃって救急を含み何らかの
形で時間外救急を担ってる。
これが現実で、それからいっせいに手を引くことはあり得ない。
968のように言われてもな〜、どうにもならんがな。


271 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)