5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【歴史】日米開戦直前…「瀬島龍三が、ルーズベルト大統領から天皇陛下への親電配達を遅らせた」

1 :諸君、帰ってきたで?φ ★:2007/11/24(土) 09:26:44 ID:???0
 昭和16年の日米開戦で最後通告の手渡しが遅れた原因の一端を示すとみられる史料が、
防衛省防衛研究所に保管されていることが分かった。史料は、米・ハワイの真珠湾攻撃成功
を目指す旧日本軍が開戦直前、ルーズベルト米大統領から天皇あての親電の伝達を遅らせた
ことを明確に裏付ける内容で、旧陸軍参謀本部作戦課の瀬島龍三少佐(当時)の関与を示唆
した文書が見つかったのは初めて。親電の一時差し止めが最後通告の遅れにつながった可能性
を指摘する専門家もおり、通告の遅れをめぐる論議に一石を投じることになりそうだ。

 史料は、昭和11年8月から20年までの軍関係の動きについて、戦後、防衛庁(現防衛省)
が関係者から聴取した「防諜(ぼうちよう)に関する回想聴取録」。

 それによると、昭和16年12月の開戦前、陸軍参謀本部通信課員だった戸村盛雄少佐
(当時)が昭和37年3月、防衛庁の事情聴取に対し、大統領の親電をめぐる経緯について
「7日午前11時ごろ、参本(陸軍参謀本部)の廊下で瀬島(少佐)とバッタリ会った」と証言。

 続けて戸村少佐は「瀬島から『南方軍の船団が飛行機に発見されてこれをおとした』と
聞いて、これが開戦の第一発であると思って、瀬島とも一緒に考えて親電を遅らせた」と
証言していた。

 これは、日本の船団がマレー半島沖で英軍の哨戒飛行艇に発見されたため、護衛して
いた旧日本軍の戦闘機が撃墜した事実を指す。この証言が事実なら、瀬島氏は旧日本軍
がすでに、米国と同盟関係にあった英国と開戦したという事実誤認から陸軍の規定に従い、
親電の配達を遅らせたことに関与していた可能性がでてくる。当時、参謀本部が海外情報
の統制のため、外国からの電報を10〜15時間程度遅配するよう決めていたが、大統領
親電のような特別重大な電報については例外とする余地があったようだ。

(以下略、全文はソース元でどうぞ)
ソース(MSN産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071124/edc0711240021000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071124/edc0711240021000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071124/edc0711240021000-n3.htm

2 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:27:18 ID:DG9zRnuN0
      (´・ω・)
      ハ¶ し¶
..    / ̄ ̄ ̄\   
   //       \
  /   ●      ●\   _ 
  |      (__人__)  .| ≡_)_    ボコボコにしてやんよ
  \          ./=_) ≡_)     
   /_        _ =_) ≡_)∧_∧  
  (___)        ≡_) =_)   ( ・ω・)=つ≡つ 
   |        ノ            (っ ≡つ=つ
   /  ___  (      ババババ /   ) ババババ
http://paint.s13.dxbeat.com/up/src/paint_1042.jpg

3 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:27:20 ID:H8I3zcMK0
          ____
        /      \
       / ─    ─ \
     /   (●)  (●)  \ >>3さん。2GETできなかった気分はどう?
     |  :::::: (__人__)  :::::: |
      \.    `ー'´    /ヽ
      (ヽ、      / ̄)  |
       | ``ー――‐''|  ヽ、. |
       ゝ ノ      ヽ  ノ  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

4 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:28:11 ID:PcxUz8cQO
糞スレ立てんなクズ

5 :諸君、帰ってきたで?φ ★:2007/11/24(土) 09:28:29 ID:???0
これを国賊と言わずして、何を国賊と言うのだろうか。
やはり、こいつが絡んでいたのか。

死んでから「新資料」が出てくるってのはうそ臭い。
公表できなかったんだろ?

6 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:31:01 ID:lz4/zJvF0
少佐クラスがそんなこと出来る権利もってんのか?

7 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:34:19 ID:M9egABgJ0
親電の中身も公開しなきゃわからん

8 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:35:09 ID:aYqoI0Gc0
これは傑作だ!防衛省叩きが加速www

9 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:36:46 ID:DZUgSDXf0
瀬島はクズだが、
まぁ、船団が出発したらもう戦争は止められんよ。天皇や大統領でもね。
戦争が大規模になればなるほど、物事は官僚的に粛々と進む。


10 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:37:05 ID:6bZ0yvEbO
>>6 独断専行、越権行為は日本軍将校の専売特許。

11 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:37:39 ID:kDAFyEwo0
瀬島は戦前は戦争屋、戦後は武器商人&フィクサー

本当の売国奴

12 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:37:52 ID:TXYbVzRo0
あれだけ持ち上げていた世間も、反省してほしい

13 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:37:59 ID:l7hn/ijFO
こういう事情聴取を戦後やってたという事は、
すでに相当真実まで行き着いてるんだな。
だけど永久に明かされないのか。。

14 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:38:49 ID:In2Fvq/w0
日本人は朝鮮半島で侵略のかぎりをつくしたんだからね。
何を言われても文句は言えないと思うよ。


15 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:39:03 ID:OPpoPYa90
>>6
それが陸軍参謀本部クオリティ
ちなみに、参謀本部のDNAは陸自にも受け継がれているw

16 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:41:14 ID:ljfCD5tq0
で、日本との開戦を熱望して止まなかったルーズベルト大統領の親電が届いたら、
戦争が避けられていたの?これも単なる時間稼ぎの電報でしょ

17 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:42:13 ID:ED+3jW500
もし
ヒロヒト日王が
大統領の親電を見ていたら、軍部を抑えるため
頭を丸めて仁和寺に出家したであろう

これで真珠湾攻撃はなくなった筈
瀬島が悪い

 

18 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:42:29 ID:1JF2AKbj0
>>14
侵略ねぇ・・・
援助の限りを尽くした憶えはあるけどな。
とりあえず、釣り乙。

19 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:44:13 ID:5RjJ7gpL0
やる気満々のローズベルト相手にどうすればよかったと言うのか・・・

20 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:45:13 ID:YyZUPVNi0
少佐て

21 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:45:53 ID:6tRyLYn5O
>>17
嘘こけ。朝日が煽りまくって始まった戦争だろ。

22 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:46:09 ID:BS0sJ3Eu0
>>1
だから今さら言っても遅えよ、馬鹿。

23 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:46:11 ID:OPpoPYa90
>>16
それ以前に一介の少佐風情が他国の国家元首が自国の国家元首に宛てた親書を
握りつぶちゃダメだろ…常考……

24 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:46:27 ID:xWKX3t4a0
>>14
朝鮮とは戦争してないから、侵略とかいわれても困っちゃうよ。
でも、2ちゃん右派みたいに、中国や東南アジアへの攻撃も侵略じゃない!
とはさすがにいえないけどw

25 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:47:08 ID:hlldeT6t0
参謀本部のわけのわからん規定が悪いだけで
瀬島は悪くないよな。この件だけは。

26 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:48:24 ID:X5VkBsjY0
>>1
生きて居るときは、
陸軍参謀とか、
政財界のフィクサーとか、
中曽根さんの後ろ盾とか、
昭和天皇を守った英雄とか、
天皇制を守った国士とか、
マスコミも世間もべたほめだったんだが。

27 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:48:41 ID:+3fr2qYQ0
日本の左翼って有色人種がずっと白人の支配下にあればよかった
という主張をしている人たちなんでしょ
ただのレイシストじゃないか

28 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:49:02 ID:5L9Fx2veO
アメリカが戦争したくてたまらなかったんだから、こんなの開戦と関係ない

29 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:50:05 ID:k/g0idoV0

これが事実なら万死に値する。
事実はおめおめと生き延びてきたわけだが。
シベリアの件といいこいつは実は日本国民の敵では?

30 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:50:07 ID:zNBK6Lu40
>>5
キャップを使って雑談すんな

31 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:50:26 ID:ThsVS3FJ0
今でも米は敵性国家だよ

早々に核武装して、再度米を沈めよう!



32 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:50:34 ID:pZSEZH4o0
>>14
朝鮮は日本に併合してくださいと泣きついたんだろ・・・・・
借金まみれで首が回らなくて、ロシアか日本に併合してもらうしか
選択肢がなかっただろ?

33 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:50:36 ID:GF9DzX1v0
瀬島龍三の子孫の実名と住所まだー?

34 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:50:55 ID:RhZ2KDgW0
ま、瀬島の爺さんが胡散臭かったのだけはガチ。
本当のことは何も語らず逝っちまったからなぁ。

35 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:52:26 ID:pk9V1lXv0
瀬島と児玉って、どっちがより悪質なんだろ?

36 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:57:15 ID:jo2uo3d70
>>24
昔の東南アジアは欧米の土地になってたから
とらえ方によってはどうとでもとれるんだけど
中国もとらえ方によっちゃあ国民党との戦争だし
右派とかタカ派とか差別化するんじゃなくていろんな見方をしないと悪用され続けるぞ

37 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:58:10 ID:QyrKyX7s0
軍人が……って思うけど、結局のところ彼らは公務員なんだよね。
戦前戦後を通して、ダメなのは公務員。公務員が日本をダメにし続けている。


38 : :2007/11/24(土) 09:58:59 ID:oGudBX9v0
朝日新聞は、昭和6年9月の満州事変開始から

航空機を購入して、満州から内地までの独自の記事

輸送システムを導入して速報体制を整え、

翌年4月までの半年に132回の「戦勝号外」を出して

他社を圧倒、この半年だけで20万部の販売拡大となった。

その後も従軍記者、カメラマンの派遣数などで他社を圧倒し

満州事変開始時165万部だったのが、日米開戦時には350万部と

なる。 朝日新聞は戦争報道で政調してきた新聞社と言える。


39 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 09:59:23 ID:ZrOdRHvY0
>>19
ルーズベルトはやる気満々だったが、
アメリカ世論は日本との戦争なんかマンドクセだったから、
ルーズベルトはいらだっていた。
そこへ真珠湾ですよ。
アメリカ世論は一変した。
ルーズベルトの思う壺。
思う壺を仕掛けるほうが悪いのか、
思う壺にまんまとはまるのが馬鹿なのか。

40 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:00:13 ID:YPfR8xoU0
まさに、Merchant of Death(死の商人)

41 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:01:35 ID:ljfCD5tq0
>>23
別に握りつぶしたわけじゃなくて遅らせたんだろ。
情報遅配方針は参本がそう決めていたらしいし。

しかも文脈上は遅配は戸村少佐が主で瀬島が従の関係だったと読み取れる。
戸村は陸士40期、瀬島は44期。戸村は通信科の参謀だし。

この件に関しては主犯戸村、瀬島従犯であり戸村こそを批判すべき

42 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:03:08 ID:jo2uo3d70
>>39
はて、NHKの歴史が動いたでは米国は真珠湾も察知していたと言ってたが
中国国民党やチャーチルの煽りとかもあって会戦と見たがなあ

43 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:04:24 ID:xWKX3t4a0
>>36
東南アジアは居座ってた侵略者の列強国の代わりに、占領統治、中国の
租借地に満州国なんてつくって、自作自演の爆破事故・要人暗殺まで
やって、あれは侵略じゃない!とかいえるなら、この世から侵略戦争なんて
概念はなくなるわw

44 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:05:32 ID:qEcS8Ds/0
>>36
欧米の植民地になってた東南アジア侵攻は
スペイン領だったフィリピン奪ったアメリカと同じパターンだろ。
どうとでも取れない。
あれは侵略。

45 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:06:29 ID:SRXfgTt+0
死人にくちなしか・・・

シベリア抑留の背景も瀬島は最後まで語らず死んでいったんだよな

46 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:06:50 ID:ZrOdRHvY0
>>42
政府は察知はしてたでしょ。
だから、そのまま思う壺をしかけた。
世論のマンドクセを変えるためにね。

47 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:07:25 ID:k1+ceEN10
>>9
その艦隊は、攻撃の最終命令受けて攻撃しているわけで。
「ニイタカヤマノボレ1208」の電文が来るまでは何日に攻撃するのかも、艦隊側には
知らされていなかったし、帰れと言われれば帰るに決まってるでしょ。

「止められない」というのは、艦隊側ではなく本部側の要因でしょ。

というか、前線で暴発しちゃうヤンチャ下級兵みたいなのが、本部で防諜なんて重要な
職をしていることが異常だと思う。

48 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:07:46 ID:qEcS8Ds/0
>>42
真珠湾を察知していた?
開戦日時は把握していたがハワイで無く、フィリピンだと思ってた、の間違いじゃないか。

49 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:07:49 ID:12SjpJvi0
失敗したから侵略と言われればそれまで
ただアジア解放のための戦いだったのが事実
実際日本が攻めなきゃ永遠に植民地だったわけだし>東南アジア

50 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:08:16 ID:Ye8HxseC0
>親電の一時差し止めが最後通告の遅れにつながった可能性を指摘する専門家もおり
どういう理屈だ?

51 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:08:50 ID:jo2uo3d70
>>43
「あれは侵略でした東南アジアの方ごめんなさい」
なんて欧米はしたかい?
中国だって中越戦争の謝罪なんてしてないし、中印戦争だってインドからみれば侵略戦争だが
昔の戦争価値観を今の価値観でとらえることのほうがナンセンスでしょうに

52 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:09:47 ID:qEcS8Ds/0
>>49
アジア開放でなく、資源獲得のための植民地確保。
それにアジアが戦後次々独立した要因は日本の戦争でなく、米ソの政策。

53 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:09:53 ID:S/6Ekc190
また陸海軍間のスッタモンダか…(´・ω・`)

54 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:11:28 ID:ljfCD5tq0
検索していたら、二年も前のブログにこの証言に関する記事があった。
http://wave.ap.teacup.com/applet/showmyn/20050713/archive

今になって「新発見」として報道する真意は?瀬島死去を受けてのことか

55 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:11:53 ID:CVjX+QYL0
スウェーデン公使館付武官・小野寺信からの機密情報も、コイツが握り潰していたんじゃないの?

56 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:12:02 ID:rY6qi4wd0
>>1
瀬島を叩くような内容だとは思わない。
これはこういうものだろう。

57 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:13:05 ID:S/6Ekc190
>>56
大事な所で、瀬島が「陸軍の規定」を持ち出したのが気になる。

58 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:13:10 ID:CX5dkgnE0
ソ連に日本人を売った瀬島
自分だけは帰ってきてソ連ルートで成功

ほんと最悪です

59 :   :2007/11/24(土) 10:13:27 ID:oGudBX9v0
冷戦下の1982年、大型トラック2台分のKGB極秘文書を
手土産にイギリスに亡命した、ソ連KGB文書課長の
ミトローヒン大佐の資料集第二巻、日本関連の部分。

戦後に社会党委員長になった勝間田清一に関して、
彼は戦前からコミュンテルン工作員であり、日米開戦前
近衛内閣の企画院資源課員のときに、コミュンテルンの
指令を受けて、日米開戦工作を実施。

南方資源に関する調査報告文書にて、インドネシアスマトラ産
の原油から、年間200万トンの航空燃料が生産できると
政府に報告した。 実際には、スマトラ産原油では航空燃料が
精製できず、中東から輸入した原油で精製していることを
知っていながら。

この勝間田清一の虚偽報告が日本の南方進出を後押しした。
戦後、社会党幹部になったあとも、毎年5百万円の工作費
をKGBから受け取っていた


60 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:14:00 ID:qEcS8Ds/0
>>51
侵略かどうかは侵略当事国が謝るかどうかで決定されるのか?
んなわけないだろ。
その理屈なら中国共産党のチベット侵攻は侵略じゃなくなるぞ。

61 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:14:16 ID:jo2uo3d70
>>56
俺もそう思う立憲君主制なのに昭和天皇に手紙渡してもどうこうなるものじゃないし


62 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:15:11 ID:K2t5yRh40
>>18
そりゃ当時は自分たちの国だったんだから当たり前だろう、
併合ってのはそういうことwww

63 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:15:37 ID:VwvJyxg40
>>51
侵略と謝罪を反射的に結びつける人発見

64 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:15:41 ID:3MUiqHgy0
>>5
これほとんど同じ話が「昭和天皇独白録」p93にも載ってる。元は戦史叢書から。
新発見…は微妙。
それから

>作家の半藤一利氏は「瀬島少佐が戸村少佐と会って親電の扱いを話したのは事実で、
>結果としてこれが最後通告の遅れにつながったという推論はあり得べき話だ」と語る。
>その一方で、「瀬島氏に親電を握りつぶす力があったかどうかは材料不足で判然とせず、
>瀬島氏個人の判断が通告遅れにつながったと断定するのは無理があるのではないか」としている。
ともあるな。


65 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:15:55 ID:ZrOdRHvY0
>>49
アフリカに今植民地あるっけ(カナリヤ諸島とかは別として)?
ちなみにアフリカの発展が遅れた理由は、
植民地だったことじゃなくて、奴隷貿易で人が激減したことの方が大きい。

66 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:16:14 ID:HnYUTjkK0
ようするに戦争とは軍部の暴走であり、皇室のせいではないって事で。
今は与党が暴走しているけど。


67 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:16:29 ID:CVjX+QYL0
ミトローヒン文書はイギリスで出版されてるけど、肝心の部分は非公開なんだよな。
(英国情報部がストップをかけてる)

68 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:16:54 ID:Z6tDuGXS0
日本は中国を侵略してたんだからしょうがないよ。
自分達で鉄道に爆弾しかけてそれを口実に戦争を仕掛けたり
無茶苦茶やってたんだから。

69 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:17:10 ID:V/sw5wk/0
ウヨ涙目wwwwwwwwwww

70 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:17:19 ID:lz4/zJvF0
>>43
だったら侵略戦争なんてないんじゃねーの?
要は欧米列強に二枚舌は許さないって言ってるだけで、
アメリカは侵略によって建国された。んなら日本のも侵略で良いしって話なだけだろ。

教科書のは別な。アレはアサヒ自身も誤報と認めてる。
「フランスの進駐するインドシナに日本が進出」←正しいだろ。

71 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:17:19 ID:+3fr2qYQ0
日本の左翼って有色人種がずっと白人の支配下にあればよかった
という主張をしている人たちなんでしょ
完全にレイシストじゃないか

72 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:17:39 ID:Uqke6ZJl0
これでも瀬島が死んだとき、ネトウヨは賛辞の言葉ばかり。


バカだねぇww

73 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:17:50 ID:fij4zAL70
>>51
侵略という事実は認めてるわけだw

74 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:18:26 ID:jo2uo3d70
>>60
悪用されてるから学術的なことじゃなければ無視したほうがいい言ってる
ダブルスタンダードとかいう人いるけど、結局どこの国もそうなんだから
今の日本だと侵略とか下手に言えば金払わされるのが落ちだし

75 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:19:29 ID:L3UBzia30
>>6 名無しさん@八周年 sage New! 2007/11/24(土) 09:31:01 ID:lz4/zJvF0
>少佐クラスがそんなこと出来る権利もってんのか?

できるんだよ。
この頃の軍人は政治のコントロールを受けないばかりか、大臣の選任権利を軍部が
握っているため、軍人に逆らうと政権が吹っ飛ぶぐらい強大な影響力を行使できた。

日本軍の司令部、高官、佐官以上の権限は強大。
しかもこいつは駐在武官。外交官にやるな! と命令できただろうことは想像に難くない。

国賊とはこういう連中の事。

結果、卑怯な国日本を叩き潰せ! とアメリカ世論を盛り上げてしまい、日本の大都市が
のきなみ焼け野原になるという決定的敗北を喫することになる。

76 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:19:49 ID:S/6Ekc190
陸軍のマレー沖作戦(対グレートブリテン)と、
海軍のハワイ作戦(対合衆国)との、
完全に二つ頭の戦争を平行して行ったわけですよ。
日本は同盟を杓子定規に捉え過ぎだよね。

77 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:19:58 ID:+3fr2qYQ0
>>72
瀬島氏は長生きだったんだね

78 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:20:06 ID:qEcS8Ds/0
>>74
今は国の政策や外交に関係の無いこの2chという場所で
日本の戦争が侵略であったか否かを評価してるんだろう。
詭弁を弄すな。

79 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:20:42 ID:eW/XHBF60
我々コリアンは世界一醜く劣等な民族だ orz
韓国人なんかに生まれてきて本当に悔しい つДT>
劣等感で火病りそうだ

80 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:22:28 ID:vxsfoRBH0
やっぱ氏んとこういう話が出てくるんだな
小泉と竹中もとっとと氏ね

81 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:22:29 ID:nKJwTi+60
えっ、瀬島さん! そんなこと聞いてないよ! 戦後日本の英雄だと思っていたのに・・・・マジかよ・・・南無

82 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:22:29 ID:ljfCD5tq0
>>75
駐在武官??

83 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:23:24 ID:ap4JVtMZO
>>14
大清帝国の奴隷だったのを日本が奴隷解放してあげたじゃありませんか。
日本に感謝しなさい。

84 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:24:44 ID:jo2uo3d70
>>78
こうゆのって政治や外交にも含まれて悪用されてるんじゃん
>日本の戦争が侵略であったか否かを評価してるんだろう
なぜ日本の戦争がになるの?
戦争とは?にならなければ意味ないでしょ
今現在でも米国や他の国も侵略戦争してるのに日本だけが侵略戦争の定義語っても無意味じゃん


85 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:25:41 ID:LcW02/HSO
この人昭和のフィクサーだよね

86 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:27:40 ID:Jq0ga+DIO
>>71
左翼だけじゃなくて、東京裁判史観の小泉信者
親米ポチピックルたちもそうだよ。


87 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:27:53 ID:aWQ+AeGM0

国家予算を食い潰す
大義がなければ予算が減る
国民に大義を振りかざし
戦争へと突入させる
戦争こそ究極の消費活動
戦争することで大儲けできる輩がいる
そーいう輩に組み従う連中
扇動され
国民の大半が考えることを放棄したとき
戦争は起こる
右、左関係なく 混乱によって成り上がる
一か八かの大ばくち 勝っても負けても

88 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:29:12 ID:qEcS8Ds/0
>>84
定義など語ってはいない。
侵略の定義は既にある。
「ある国家・武装勢力が別の国家・武装勢力に対して、自衛ではなく、一方的にその主権・領土や独立を侵すこと。」

それに日本の戦争が当てはまるかどうかという事。
アメリカの例えばイラク戦争が侵略か否かを語りたいなら
スレの話題を大幅に逸脱する。
他所でやれ。

89 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:29:25 ID:qtvkaENtO
台湾沖航空戦の戦果誤認を現地士官が忠告した電報。
これを握りつぶしたのも世辞魔らしい(NHKスペ『台湾沖航空戦』)

おかげでレイテ戦発動。沈めたはずの米空母艦載機に襲われ
海軍艦艇多数・レイテ島へ移送中の陸軍守備隊、壊滅。

未来から送りこまれたスパイと考えざるをえない

90 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:31:15 ID:nKJwTi+60
フジテレビが持ち上げていたせいで、生前に真実を語れなかったと考えたい・・・・南無

91 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:31:55 ID:4U7BLw4E0
このオヤジ、電報遅らせたり、戦果報告の虚偽を見破った参謀の
電報を握り潰したり、越権行為が過ぎる

92 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:32:54 ID:sB3Two8W0
>>91
正体は小和田の一味

93 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:33:38 ID:3MUiqHgy0
「昭和天皇独白録」該当箇所
参謀本部中佐の戸村中佐はこういっている。
「・・・・・・作戦課の瀬島少佐から、前日マレー上陸船団に接触してきた敵機を友軍機が邀撃し、
すでに戦闘が開始された事、そしてそのことは杉山参謀総長から陛下に上奏済みであることを
聞いた。いまさら米国大統領から親電が来てもどうなるものではない。かえって混乱の因となると
思って、右親電をおさえる措置を取った」(戦史室「戦史叢書」)

94 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:33:48 ID:Iw0jAbmw0
ウヨ脂肪wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww





95 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:34:50 ID:jo2uo3d70
>>88
それは戦後の国連総会によってきまった定義じゃないか
現在の価値観で過去の戦争を語っても無意味だろうに


96 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:35:27 ID:0rljnZrn0
>>92
アホか

97 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:36:40 ID:qEcS8Ds/0
>>95
法として明文化されたのが戦後なだけで、それ以前侵略とはこういう意味だ。

98 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:39:16 ID:071i2nwJO
>>97
当時無かった価値観でどう語れとw

99 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:41:10 ID:jo2uo3d70
>>97
戦前だろうと戦後だろうと法として明文化されてなきゃ無意味だろうに
法治国家の時代で戦前だって国際連盟があったのにさあ
完全に現在の価値観で語ってるじゃん

100 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:41:57 ID:qEcS8Ds/0
>>98
何度も言うけど、当時から「あった」価値観なんですが。
法としての明文化は戦後でも。

101 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:42:25 ID:FKdUIVcM0
烏賊と書いてイカと読む

102 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:42:31 ID:dIYqWqX50
だから責任とって、竹田宮の後を急遽ひきついでソ連抑留で良かった良かった

103 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:43:29 ID:071i2nwJO
>>100
明文化されてない物をあったと言うのはギャグのつもりか?

104 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:43:46 ID:wi0RoXGV0

やっぱ瀬島氏が死んだから出てきたって感じ?

テポドンが日本上空を横切った時も米軍からの第一報を防衛庁の背広組が握りつぶして小渕首相まで伝わったのが着弾してから数時間後だったのと同じだね。

何も変わってない官僚主義国家日本。



105 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:46:13 ID:zlJqRL3A0
瀬島って天皇に名指しで批判されてたやつだっけ?

106 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:47:18 ID:ap4JVtMZO
伝統的な東洋の中華思想によれば、
一時的であるにせよ、日本軍は当時中原(中華の真ん中)を支配したわけですから、東洋を支配する大義名分はあったわけです。
侵略ではなく征伐としても問題ありません。

107 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:47:53 ID:GZhgACku0
いずれにしても、日本は戦争するつもりが無かったわけだ
とアホウヨ論

108 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:48:17 ID:ZrOdRHvY0
>>103
明文化されてないと「ない」ことになるのか?
じゃ、奴隷解放宣言の前に、奴隷解放のために戦った白人って、
何を根拠に戦ったのか?
明文化されてない「明文化すべきこと」があるから、
法律ができてきたのではないのかな?

109 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:49:10 ID:qEcS8Ds/0
>>98
それとも何か。
戦前には侵略は一つたりとも存在しないと言いたいのか。
>>103
法として明文化されてなくとも、存在する価値観てのは世の中にいくらでもあるんだが。

110 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:53:11 ID:071i2nwJO
>>108-109
無いとも言っては無かろうに。
でも、その時点では法になってはいないんだからあったと言う解釈はどうかと。


111 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:53:27 ID:jo2uo3d70
>>108
「明文化すべきこと」があるから、法律ができてきたのではないのかな
当時の価値観から言えば侵略が当たり前の行為だったから法律化されてなかったんでしょうに
普通は価値観を元に法律が作られるのにさあ

112 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:55:53 ID:qEcS8Ds/0
>>110-111
当時から「侵略」は相手国の戦争を非難するのに使われてきた言葉だ。
(それが当を得ているかどうかはともかく)
侵略は悪いという価値観は確かに戦前からありました。

113 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:56:25 ID:h5eWbt530
戦争がなければ、敗戦も、農地改革もなかった。

大敗北を喫する戦争をおっぱじめやがったアホどもは、末代まで呪われろ。

114 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:57:43 ID:CEDzewbe0
大東亜戦争が侵略てw

115 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:57:51 ID:jo2uo3d70
>>112
その見方ならどうとでも日本側からとれるんだけど
あとソースは?

116 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:58:10 ID:071i2nwJO
>>112
だ か ら 、法として設備される前の事に何を言っても無意味なんだよ。
グレーゾーンで何とも言えない訳だ。

117 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:59:14 ID:ap4JVtMZO
侵略は新しい概念です。
中華の伝統的な支配形態は、中原を支配したものが東洋を支配する大義名分を得る華夷思想ですから、日本軍が中原を支配した時点で東洋の国々を従える主導権を得た事になります。
ですから、日本軍に他の東洋の国々が従はない場合は征伐してよい理屈になります。
中華の歴代王朝が伝統的に取ってきた理屈ですから。
また、漢民族の王朝は宋、明、漢くらいであり、元は蒙古、清は満州族、隋は鮮卑、唐も鮮卑ですから、日本民族が中華を支配しても問題ありません。

118 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:59:28 ID:wZ1cfKGy0
歴史なんて御伽噺だよ
あんまり考えすぎないように

119 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 10:59:45 ID:ZrOdRHvY0
>>111
>侵略が当たり前の行為

そろそろそれが当たり前ではなくなってきていたんだよね。
植民地支配は現地の抵抗が大きくなり 、道義的にも経済的にも
限界だったんだけど、日本は古い考えのまま帝国主義的な拡張政策を続けた。
最後にババを引いたのは当然と言える。

帝国主義に乗り遅れた日本、ドイツ、イタリアは、
あせりのあまり、その流れに気付かなかったんだよね。

もちろん戦後のオランダの様子をみても部分的なゆり戻しはあるが、
大きな流れは「植民地はイクナイ」だった。



120 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:02:48 ID:3M/4dqoqO
>>114
大東亜戦争が侵略戦争じゃないと言えるのはネットの中だけです。

121 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:02:59 ID:jo2uo3d70
>>119
だからそれは戦後生まれた価値観でしょうに
ID:qEcS8Ds/0とかはあなたは戦後の価値観で判断してるから無意味だと指摘されてる
責めるとこが負ける戦争をしたバカモノどもがと言うならわかるが

122 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:03:01 ID:qEcS8Ds/0
>>115
どうとでも取れない。
侵略は悪いという意識があったから、
日本も大東亜共栄圏という大義名分をぶち上げた。
満州では五族の自決を謳った。
欧州でも「その領土が欲しいから」ではなく、
多くの場合、「虐げられている民衆を救うため」等と称して戦争をやっていた。
侵略が悪くないなら黙ってぶん取れば良い。

123 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:03:34 ID:wi0RoXGV0
>>72

それは在日エセ右翼だけじゃね?

戦前のクソ官僚どもを崇めるような右翼は反日エセ右翼だけでしょ。

あの戦争は誰がどうみたってクソ官僚が勝手に暴走してマスゴミを扇動手段に使ってやった戦争だ。

皇室も国民もとんでもない被害者だ。

だから今の新生日本政府に謝罪などを求めるバカ民族どもは無視すべきだと言うことだ。


124 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:03:35 ID:1dnjYi9z0
十七条の憲法現代語訳

第1条 お前ら仲良くしる
第2条 仏様とお経と坊さんは大切にしろよ
第3条 天皇陛下の詔勅は謹んで受けろ
第4条 役人は礼儀と身分をわきまえろ
第5条 人を裁く奴は賄賂とかに惑わされんなよ
第6条 DQNは叩け。いいことしろ
第7条 役人はちゃんと自分の仕事をしろ
第8条 役人は朝早く出勤して夜遅く帰れ。きっちり定時なんかに帰るなよ
第9条 信用は大切だぞ
第10条 他人が何か間違ったことしてもあんまり怒るな
第11条 功績や過ちはハッキリさせて、賞罰とかその辺きっちりさせろよ
第12条 役人は住民から搾取しちゃダメだろ
第13条 役人ども、おまいらは同僚が何やってるかはきっちり知っておけよ
第14条 役人は他の市とかの方が給料高いからって妬んだりすんな
第15条 役人どもはてめー財布のことばっかり考えてないで国のために働け
第16条 国民に何か課すときは、必ず時期とか空気読んでやれよ
第17条 重要事項は会議して決めろ。ひとりでコソコソやんなよ


125 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:04:46 ID:CEDzewbe0
>>120
言うとまたボコられるわなwww

126 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:05:00 ID:/hrxnxQc0
瀬島龍三はアメリカのスパイでしょ

127 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:05:09 ID:DM5s6v900
時間稼ぎとアリバイ作りの親電だろ。
読んでも読まなくても変わらないよ。

128 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:05:25 ID:zlJqRL3A0
>>126
ソ連のスパイだろ

129 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:05:30 ID:LXLK/iv7O
道義的な抵抗ってより白人さんたち同士で殺し合いになるからなんとかしましょってとこだろ。

130 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:07:56 ID:jo2uo3d70
>>122
それは国威高揚のためじゃないか
当時の価値観で人種差別はいいのに侵略は悪いことなんてことにはならないだろうに
人種を隔てるのが国家でその国家を侵略してはいけないって矛盾してるぞ

131 :CHINKEY MONKEY FUCKIN:2007/11/24(土) 11:07:59 ID:mibJ8ptR0
ID:qEcS8Ds/0←筋金入りの馬鹿ニート!社会のゴミだ!
さっさとハロワに行けよ!命令だ!
ゴミ虫!生きる価値のない引きこもりが!
顔が真っ赤だぞ!バーカ!ケケケケケケケ!
糞チョンGOOKCHINKEYMONKEY!


132 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:08:13 ID:FKdUIVcM0
>>124
今の時代でも通用しそうだなw

つーか、人類って進歩しねぇな

133 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:08:46 ID:mhK7LfuT0
瀬島 龍三(せじま りゅうぞう、1911年12月9日 - 2007年9月4日)は、
大日本帝国大本営作戦参謀、陸士44期卒。陸大51期首席。実業家。号は「立峰」。
戦後は伊藤忠商事会長。岳父は、岡田啓介政権で内閣総理大臣筆頭秘書官を務めた
松尾伝蔵(陸軍大佐)である(松尾の長女が妻)。

本人いないからもれちゃったのか

134 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:09:56 ID:qEcS8Ds/0
それは遥か昔、中世の十字軍でもそうだ。
あれは単なる侵略行為だが、「侵略の為」では兵士諸侯も納得しないから、
「キリスト教徒を救うため」「悪魔から聖地を取り返す為」と称し、
信仰心を煽って戦争をやっていたんだよ。
侵略=悪ってのは昔からデフォ。

135 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:11:01 ID:d/U9/X/wO
>119
オランダだけじゃなく、イギリスやフランスも戦後に再植民地化をもくろんでたお。
第二次中東戦争とかインドシナ戦争とか。
別に合わなくなってたんじゃなく、単に戦争に敗けたから植民地がなくなっただけ。

136 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:11:29 ID:lz4/zJvF0
>>134
それでいくと>>122で言ってる通り、大義があるんだから東亜戦争は侵略じゃないな。

137 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:12:43 ID:qEcS8Ds/0
>>130
それは、
「有色人種は近代国家を保有していない。だから他国の主権を奪う侵略行為には当たらない」
という詭弁を使ってたんだろうに。
それが詭弁であれ、確かにそこには侵略=悪という思想が存在する。

138 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 11:13:22 ID:Aum59gH30
今日の物差しで、過去を何もかも非難しようとするのは、
じつに子供くさい、世にもバカげた話である。
バカと無知なものだけが、固定したもの、つまり動かないものを、
動きやすいものではかるからである。
――エドゥアルト・フックス

139 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:14:34 ID:jo2uo3d70
>>134
だからそれは現代の価値観じゃないか
当時では宗教的な物が法律を形成したりもしてたのにさあ

140 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:17:38 ID:qEcS8Ds/0
>>136
嘘の大義など存在しないも同然だ。

141 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:18:23 ID:0C8lGq9n0
典型的大阪企業の伊藤忠商事の会長と同一人物ですか、それらしい行為かもね

142 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:18:27 ID:CEDzewbe0
侵略に対する抵抗を自衛と言います

143 :安崎上葉 ◆giKoK4gH6I :2007/11/24(土) 11:19:03 ID:I8Uu+WkF0 ?2BP(190)
客観的に思想を以て見ないで評価するとすれば、歴史の歯車が回り始めたということか。

144 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:19:19 ID:YxghzbvY0
>>133
つい最近大往生w
ここでもスレ立ってたはずだけど
まあ
水俣病公害責任企業元社長(元会長)終身相談役の大々葬儀
に比べると盛り上がらなかった
参列者の面子がシブいから

145 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:19:50 ID:jo2uo3d70
>>137
日本は当時国際連盟で常任理事国だから
有色人種云々は通じなくなるだろうに
言ってることが詭弁になってるじゃないか


146 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:20:05 ID:q/5k0EJm0
スパイが参謀に入ってたんじゃあ勝ち目は最初から無かったな

多くの英霊が無為に失われてしまったな、残念なことだ

147 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:21:28 ID:Vo7XiP/70
瀬島龍三って要するにリアルな藤堂兵衛っていう理解でいいですか?

148 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:21:55 ID:ptaMc4YVO
つか歴史を善悪で判断すると過程や意図が個人的なものに矮小されるからよくないんだよ

149 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:22:22 ID:0LkqT3uE0
というか、この話自体は既に保坂正康さんとかが指摘していたよね。

150 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:22:38 ID:OPpoPYa90
>>127
だからと言って勝手に差し押さえちゃいかんだろ
息子のプライバシーに興味津々の過干渉のママンじゃないんだからさw

つか、この件に関して言えば大東亜戦争が侵略戦争であったか否かって
のは問題の焦点ではない稀ガスよ

151 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:23:09 ID:CRptL5au0
「憂国忌」まであと一日!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『三島由紀夫の総合研究』 (三島由紀夫研究会 メルマガ会報)平成19(2007)年11月24日(土曜日)通巻第196号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 明日、憂国忌へ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
三島由紀夫氏追悼 没後37周年「憂国忌」 どなたでも予約なくご自由に参加できます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
三島由紀夫氏が憂国の諫死を遂げる直前、池袋の東武デパートで開催された「三島由紀夫展」は
「書物の河」「演劇の河」「肉体の河」「行動の河」と四つに展示が分けられました。
恒例の「憂国忌」でも、一昨年は肉体をテーマに細江英公氏の「薔薇刑」を、昨年は「演劇」で
村松英子さんに「薔薇と海賊」の予告上演をしていただいた。ことしは「行動の河」に焦点をあてて次の要領で開催します。
        記
と き     11月25日  午後二時(一時開場。一時前のおいでになっても入場できません)
ところ     豊島公会堂 (池袋東口、三越うら。池袋駅から徒歩5分)
       ことしのテーマは、『行動の河』です!会場分担金  おひとり千円(学生500円)
((( プログラム )))
第一部   (総合司会 藤井厳喜)開会の辞(富岡幸一郎)
シンポジウム「あれは楯の会事件ではなかったのか」パネリスト 堤 堯(元文藝春秋編集長)中村彰彦 (直木賞作家)
       司会   花田紀凱(WILL編集長)
第二部 檄文朗読(日本保守主義研究会) 漆原亮太、渡辺慧裕、福本哲
講演 「武士道の悲しみ  最後の特攻としての三島由紀夫」井尻千男(拓殖大学日本文化研究所所長)
閉会の辞 西尾幹二(評論家)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
三島由紀夫研究会 HP URL http://mishima.xii.jp/
      メール  yukokuki@hotmail.com  (C)三島由紀夫研究会 2006―2007 ◎転送自由



152 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:23:58 ID:jo2uo3d70
>>148
それをさっきからID:qEcS8Ds/0に言ってるんだが
どうしても善悪で判断したいらしい当時の法で語るならわかるんだが

153 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:24:21 ID:qEcS8Ds/0
>>139
いいえ、当時の価値観です。
十字軍の実態が知れるにつけ、十字軍に協力する連中も減りました。
イスラム教徒に対する酷い扱いは心あるキリスト教徒を悲しませた。
そしてそれは
「キリスト教徒を救うための戦いの筈が、これでは単なる侵略ではないか」
という思いがあったればこそ。

昔から侵略=悪なんだよ。
法で明文化していなくとも。

154 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:25:26 ID:Iw0jAbmw0
1929年のパリ不戦条約ですでに侵略は否定されてるだろ
ウヨはアホだなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww






155 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:26:00 ID:1gaT6l3N0
>>153
そのわりに200年も続いたんだな<十字軍

156 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 11:26:18 ID:Aum59gH30
>>134
中世ヨーロッパに侵略=悪などという思想は存在しないぞ。
騎士道物語のほとんどが侵略と略奪を理想化した筋書きになっていることを見ても明らか。

戦争とは「決闘」であり、略奪とは勝者に与えられる恩賞だった。
われわれが国家をかけて戦うことに正義を見出すように、
名誉をかけた戦いは、たとえ残酷であっても、当時の人たちには正義だったわけだね。

ホイジンガは中世人のこの戦争観について、次のように評している。
「中世の激しい精神は、理想をいや高きに掲げることによってのみ、
ようやくその血みどろの劇場を制御しえたかに見えるのだ」
(ホイジンガ(堀越孝一訳)『中世の秋』)

157 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:26:52 ID:X4xujNo4O
勝てもしない戦争はじめて最後は原爆落とされるまでまともなネゴもできなかった政府と軍部
財政赤字一千兆で国を破綻させた現在の自民党と官僚と同じ

158 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:27:05 ID:Xv5EMcCG0
日米開戦っていうけど、一番最初に日本軍が戦闘しかけたのはイギリスだし、イギリスとは
まったく外交交渉もしてなかったんだよな

それを考えるとイギリスは寛大だな

159 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:27:45 ID:wi0RoXGV0

だから侵略か侵略じゃないかなんて俺達日本国民の知ったことじゃねーんだよ。

特に戦後生まれの俺達には何の責任も無い。

クソ官僚が勝手に暴走して始めた戦争だ。

日本国民は地獄の戦渦に巻き込まれた被害者なんだよ。

そしてその無謀な戦争をやらかした日本は滅亡した。

今あるのは8月にアメリカによって革命された申請日本だ。

責任追及するならあの当時のクソ官僚どもに絞れっつーの。

子々孫々栄えて今も日本に一族が巣食ってるからよwww



160 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:29:03 ID:YxghzbvY0
>>147
スターリンの追求から逃れるために
日本の将兵を
戦争奴隷として売り渡した
という疑惑があるので
違うんじゃない?
普通の教科書では「シベリア抑留」と教える事件

161 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:29:26 ID:4U7BLw4E0
所詮は、露探

162 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:29:43 ID:qEcS8Ds/0
>>145
日本や中国等を一部例外として近代国家と認めたんだよ。
>>156
理想化の裏にあるのは
「ありのまま、侵略の様子を描いては世間様を納得させられない」
という事情。

163 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:30:03 ID:LfvNvKv50
>>155
200年しか続かなかったというべきだな

なにしろ、ペスト(黒死病)を持ち帰って
人口の3分の1あぼ〜んという因果応報に遭ったからw

そのときなぜか被害が無くて、一挙に中央を制覇したのがポーランド

164 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:31:23 ID:YxghzbvY0
>>162
中世ヨーロッパの「世間様」
てなに?
具体的wに言うと

165 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:32:13 ID:jo2uo3d70
>>153
当時の言葉でいえば遠征や征伐なんだが
あと教皇逝去まで十回も続けられたんだが
倫理価値観が高ければ数回で終わるだろうに

166 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:32:43 ID:0C8lGq9n0
>147
巧い!座布団一枚やろう

167 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:33:19 ID:opd9en1m0
台湾沖航空戦の戦果に疑問をもった
堀情報参謀がその旨を大本営に電報を打ったが
それを握り潰したのも瀬島参謀だった
そのため誤断にもとずいた「レイテ」作戦の悲劇につながった。
辻正信もそうだがメチャクチャな連中ばかり多くちゃ
負けるのもあたりまえだわな。

168 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:33:25 ID:qEcS8Ds/0
>>164
諸侯、教会その他諸々。
また、兵士のやる気を鼓舞する為には
「侵略」ではなんとも具合が悪かった。

169 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:35:19 ID:jo2uo3d70
>>162
日露戦争で勝ったからランクが上がったんだろうに
しかも価値観ではなく条約などの一方的不都合を解消したプロセスがあるのに
いけないことなら条約など結ばんだろうが

170 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:35:59 ID:Xv5EMcCG0
>>167
>辻正信もそうだがメチャクチャな連中ばかり多くちゃ
>負けるのもあたりまえだわな。

辻政信も服部卓四郎も瀬島隆三も、この類の連中が戦後日本社会でも
為政者として残りつづけたことこそ興味深い問題だけどね

171 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 11:36:26 ID:Aum59gH30
>>153
>十字軍の実態が知れるにつけ、十字軍に協力する連中も減りました。

減ったのは実態が知れたからではなく、何度も十字軍を宣言しながら、
実際にはほとんど行われなかったため。再びホイジンガから引用しよう。

「人々は、せっせと用意をしていた。
ところが、けっきょく遠征は行われないのだろうという漠然とした予感が、一般に広まっていたのである。
……
念入りに準備され、鳴り物入りで宣伝されながら、そのくせぜんぜん実行されず、
されてもほんのかたちだけ、というような遠征計画が、この時代、しばしば見られたが、
十字軍理想のことはともかくとして、これらはもう、政治的はったりの大法螺として流行したのだ、
としか思えないのである。」

しかしその一方で、
「この時代、なお、王にして、イエルサレムの開放を生涯の仕事と考えぬものはいなかった」
というのも事実だった。

実際、十字軍における略奪や暴行はもっぱら道徳的なものと考えられていた。
「異教徒を一人殺せば、十の罪が償われる」と考えられ、
ジャック・ル・ゴフによれば、女性の略奪もまったく正当な行為として認められており、
「十字軍兵士の多くが、ガールハントを目的として参加していたのです」
(ジャック・ル・ゴフ、アラン・コルバンほか『世界でもっとも美しい愛の歴史』)

172 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:36:38 ID:GcXbLLQh0
開戦の命令が下った以上、大統領親書位では止まらない
作戦中止命令は米国のハルノート取り下げ以外に無い
ただの時間稼ぎの陰謀だ

173 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:37:05 ID:ZrOdRHvY0
バチカンは十字軍やガリレオに対して、
「今の価値観」で謝罪してるよ。

174 :大東亞百年戰爭だ!:2007/11/24(土) 11:37:39 ID:awzA+sErO
戦争は何時まで継続する乎と、屡々訊ふ人がある。
予は毎度先づ今後一百年と見当を附くれば大なる間違ひあるまいと答へた。
これは決して空言ではない。全く根拠ありての返答だ。
予は正しく斯く信じてゐる。それには確乎たる理由がある。

…我等は遺産として子孫にまで此の大戦争を残すを心外千万とする。
然も国運発展の為めには、我等の子孫も、我等の祖先、及び我等と共に、
与に斉しく其の責に任ずるが当然の順序である。
借金を残すではない。大事業を残すのだ。

何は兎もあれ大東亞戦争は、極めて永続性のものだ。
その一段階の完遂は、必ずしも遼遠ならざるも、
歴史的意義に於ける完遂には、少なくとも百年を期さねばならぬ。
前進又前進、確保又確保。我等は此に於ていよいよ屯田持久の長策たるを知る。
|│ /
|●\
|^∀^)― 百年戦争は終ってないのだお。
|_/
| \

●徳冨蘇峯翁萬歳

175 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:38:01 ID:Iw0jAbmw0
侵略を否定したありがた〜いパリ不戦条約(1929)
>今後戰爭ニ訴ヘテ國家ノ利益ヲ増進セントスル署名國ハ本條約ノ供与スル利益ヲ拒否セラルベキモノナルコト

ウヨ脂肪wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww






176 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:38:33 ID:wi0RoXGV0
>>170

情報が無いからな。

焼け野原の日本を必死になって復興する国民を尻目にこういう悪人は生き延びまた国家に寄生するんだ。

まあ辻に関しては東南アジアに残留した旧日本軍兵士によってベトナムにおびき寄せられ殺されたけどね。



177 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:38:54 ID:qEcS8Ds/0
>>169
日本はね。
他の有色人種の国は
「近代国家として認められないから奪っても問題ない」
という論理で植民地化した。
つまり、当時に於いても「侵略」という名分は避けているんだよ。
それは悪い事だったから。

178 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:40:57 ID:jxf4MW6S0
>>176
辻って本当に死んだのかな?
経歴が芝居掛かってるせいで、死んだって情報自体が胡散臭く感じるのが辻参謀クオリティ・・・

179 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:41:20 ID:LfvNvKv50
瀬島龍三・・・世界侵略・・・敗戦(捕虜はシベリアで働いてね、わたしは先に帰るわ、うふw)

ローマ教皇・・・中東侵略・・・敗戦(黒死病でみんな死んでね、わたしはポーランドに逃げます、うふw アーッツ何をするやめてぎゃあ(ry←バビロン捕囚)

戦争煽るやつは瀬島も教皇も朝日も最低だな・・・

180 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:41:31 ID:jo2uo3d70
>>177
だからその文だと当時の価値観では正当な行為を行っただけじゃないか
法律化されてなければ無意味だろうに法治国家群だったんから

181 :標準家庭 ◆FFZdn0FUM6 :2007/11/24(土) 11:42:10 ID:dGC7qfyM0
あ〜あ。
参謀本部脳か。

日本のよふけで見てから、傾倒しがちだったけど、
満州や半島の人脈で醒めた。

結局、インチキ野郎ってことか。


182 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:43:14 ID:0LkqT3uE0
>>178
未確認だが、この前結婚したという情報もある。

183 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 11:43:17 ID:Aum59gH30
>>162
>「ありのまま、侵略の様子を描いては世間様を納得させられない」

ありのままの侵略の様子が騎士道物語として語られた事実を思い起こしてもらいたい。
諸侯や教会にとって、侵略は悪どころか、勇ましい理想のひとつだったし、
(理想化が必要なのではなく、侵略「こそが」理想なのだ)
庶民のキリスト教道徳のなかにも侵略を悪であると考えるものは含まれてなかった。

マタイ福音書の一節を思い出そう。
「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためであると思うな。
わたしが来たのは、平和をもたらすためではなく、剣を投げ込むためである。」

184 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:44:42 ID:71jInT6+0
>>153

だったら新大陸に対する侵略はどうして起こったのか?



185 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:45:25 ID:qEcS8Ds/0
>>180
満州は当時、かろうじてでも近代主権国家として認められていた
中華民国の主権下にあったんだから満州建国は正当とは言えないわな。


186 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 11:46:06 ID:Aum59gH30
>>168
異教徒を殺しまくって天国へ行こうぜ→やる気満々
……というのが当時の倫理観ですが、何か?
もういちど例の文章を引用しよう。

今日の物差しで、過去を何もかも非難しようとするのは、
じつに子供くさい、世にもバカげた話である。
バカと無知なものだけが、固定したもの、つまり動かないものを、
動きやすいものではかるからである。
――エドゥアルト・フックス

187 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:48:19 ID:qEcS8Ds/0
>>184
侵略という悪を「文明を広める為」という詭弁で覆い隠していたから。

188 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:48:25 ID:wi0RoXGV0
>>178
ベトナム戦争に参加してベトナム独立に寄与してた旧日本軍の残留兵士が辻の功名心を利用して「ベトナム軍の幹部に会わせてやる」と打診したらしい。

アメリカも泥沼に足を突っ込んで苦しんでた時だったので辻は飛びついた。

そしてジャングルから二度と生きて出てこなかった。

まあどちらにしろもう死んでるのは確かでしょうw



189 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:49:09 ID:ZrOdRHvY0
当時がどうあれ、とにかくバチカンは今の価値観にあわせ謝ってる。

190 :標準家庭 ◆FFZdn0FUM6 :2007/11/24(土) 11:50:11 ID:dGC7qfyM0
十字軍の話はスレ違い

191 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:50:55 ID:Iw0jAbmw0
>【フランス-アフリカ】 サルコジ大統領、「植民地政策は過ち」 でも謝罪は拒否 アフリカ訪問で [070729]

現在の価値観で過去の過ちを認めてウヨ脂肪wwwwwwwwwwwwwwwwwww
ウヨはほんと馬鹿だなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww






192 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:52:11 ID:jxf4MW6S0
>>182 >>188
まぁ結婚して悠々と残りの人生過ごしました。よりも旧日本軍軍人に成敗されました。
の方が話のオチとしては綺麗なので>>188を信じておくwでも本当は東南アジアで生きてたら華僑に偽装して生きているのかも・・・

193 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 11:52:15 ID:Aum59gH30
>>187
だから、侵略という悪が普遍的だなんてのは幻想だって。
当時の文献を読めば明らかだが、キリスト教徒の血を流すことは罪悪でも、
侵略それ自体が悪だなんて記述は存在しない。

名誉と信仰心こそが重要な価値であって、
今のような人権だの平和だのは価値観のなかに含まれていなかった時代なんだよ。

時間と空間を超越した――つまり「人類の天性に宿っている」
――いわゆる「一般にあてはまる道徳の物差し」を振り回すお方は、
ある事柄やある人物を、ほめたり、くさしたりすることだけはできるが、
その中に押し入って、それを歴史的に理解することはできない。
――エドゥアルト・フックス

194 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:52:21 ID:LfvNvKv50
>>186
>>異教徒を殺しまくって天国へ行こうぜ→やる気満々……というのが当時の倫理観ですが

そういうやつもいたということ
実際に異教徒と戦って、立派だということがわかったときに(たとえばアイユーブ朝のクルド王サラディンに対して)
キリスト教徒の将兵たちは畏怖というよりは熱烈な憧れをいだいた

中南米侵略のときもそう。「異教徒を殺しまくって天国へ行こうぜ」←こういうやつらの犯罪行為を
徹底的にあばき、非難した聖職者も多い(ラス・カサスなど)

いい加減なことを言うなよ、このシッタカ野郎

195 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:52:30 ID:71jInT6+0
本当に「侵略=悪」という倫理観があったなら、
そんな詭弁にはだまされないと思うんだが。



196 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:53:03 ID:jo2uo3d70
>>185
>近代主権国家として認められていた
>中華民国の主権下にあったんだから満州建国は正当とは言えないわな
文が矛盾してるぞ、主権国家なら中華民国の主権下ではなく独立国扱いだろうに
>>189
ソースは?

197 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:55:18 ID:ZrOdRHvY0
>>196
大きなニュースになったじゃん。
それも知らんなら、目の前にある機械使って調べてみ。

198 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:55:35 ID:qEcS8Ds/0
>>195
自分に都合の良い論理を信じてしまうのが人間の常。
>>196
改行しただけで句読点は打ってないはずだが?
もっかい読み直せ。

199 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:55:52 ID:71jInT6+0
>>187
本当に「侵略=悪」という倫理観があったなら、
そんな詭弁にはだまされないと思うんだが。


200 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:56:05 ID:0I6+Tb9K0
宣戦布告なんて、東京で駐日アメリカ大使に通告すれば済む話なんだが

201 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:56:26 ID:0LkqT3uE0
>>188
ベトナム戦争はまだ泥沼でもなんでもなかったよ。
辻はラオスに向かった消息があるというのが参議院の委員会で議論されている。
ちなみに、宮沢喜一がその委員会の委員長だった。

202 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:56:37 ID:Iw0jAbmw0
人種差別撤廃会議、ようやく最終宣言を採択
2001.09. 9 南アフリカ・ダーバン(CNN
>奴隷制と奴隷貿易については、「人道に対する罪であり、会議全体が心より遺憾の意を表明する」との表現を最終宣言文書を盛り込むことで、欧州とアフリカの各国が同意。


ウヨ涙をふけよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww






203 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 11:56:42 ID:vkBjONM50
ウヨにはスケールのでかい売国奴がそろってて羨ましいよw

204 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:00:49 ID:jo2uo3d70
>>197
失礼、当時の人間が現代の価値観で謝罪したと勘違い
>>198
主権国家なら中華民国の主権下におかんだろう

205 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:01:58 ID:16zjGrTU0
>>202
何が言いたいのか知らんが、日本は人種差別ばりばりの1919年のパリ講和会議時点ですでに、人種差別撤廃条項を提案しているヲ 

人種差別撤廃条項案
「主権の平等は国際連盟の設立において必須の要綱であり、国際連盟の締結国は一切の
外国人に対して権利の平等と差別の撤廃を法律上、事実上共に設けることを約束する」

「この条項を拒否することは、すなわち連盟各国の平等が認められないことを示す」

206 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:02:38 ID:71jInT6+0
>>198
>自分に都合の良い論理を信じてしまうのが人間の常。

富を持ち去ることが「文明を広めること」だと、その当時の人は
単純に思っていたということですかw

当時の人は一攫千金を目指して新大陸に渡っていったと思っていましたがw







207 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:06:46 ID:qEcS8Ds/0
>>204

わかった、書き直してやる。

満州は当時、「かろうじてでも近代主権国家として認められていた中華民国」の主権下にあったんだから、満州建国は正当とは言えないわな。

>>206
富を持ち去る代わりに欧州式の法律、社会制度、文化等を置いていく事が
高度な文明の伝播に繋がる、つー論理を信じてたんだよ。
これを当時の言葉で「道徳的植民地主義」という。
勿論、詭弁だが。

208 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 12:10:21 ID:Aum59gH30
>>194
>そういうやつもいたということ

特殊ケースではなく、これは一般的なことだった。
十字軍それじたいが、その殺戮行為も含めて、名誉で道徳的なことだと当時は考えられていた。
「異教徒を一人殺せば、十の罪が浄化される」
というのは当時の贖罪規定書の記述なんだが、
ちょっと今手元に資料がなくて文章は正確じゃないかもしれない。

サラディンの例は有名だが、兵士たちのもった感情が畏怖と尊敬であって、
慈愛や和解でないことは重要だ。
キリスト教と並んで中世の倫理観を構成する規律、つまり騎士道精神が敵への尊敬を生んだわけだ。
戦争や殺戮を批判の対象としない倫理観、ホイジンガが「血みどろの激情」と呼んだものが、
敵とのあいだにある種の共感を惹起したということ。

中南米の例についてはもっと簡単で、キリスト教精神のなかから、
プリミティブな人権意識を見出す人がいくらかいたというだけのことだ。
実際、ラス・カサスの批判は異端的な考えであり、当時の人々からはほとんど無視された。
開拓と冒険という名誉、伝道という信仰のほうが、
当時ははるかに価値観の中で重要な地位を占めていた。
今と同じ物差しではかることはできない。

209 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:11:38 ID:RnYITtBYO
何で今頃こんな事を出すんだ?
死人に口無しで罪を被ってもらうためか?
本人が生きてる時に出せばいいのに・・・

210 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:13:26 ID:ZrOdRHvY0
>>204
とにかく、あんな人権なんて概念もなかった
(名目上)神を中心に回っていた時代の出来事を、
あの権威が謝った。
そのことは逆にカソリック外でのカソリックの
信用を高めることになったんだよ。

211 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:13:39 ID:d/U9/X/wO
>170
服部は実戦指揮官としては神レベルの男だぜ。
瀬島なんぞと同列にしちゃいかんよ。

212 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:14:48 ID:LfvNvKv50
>>207
>>富を持ち去る代わりに欧州式の法律、社会制度、文化等を置いていく事が

帝国主義を正しく理解すればこういう書き方になる

A地域を侵略し、次にB地域を侵略し、B地域から富を持ち去る代わりにA地域から奪った富で法律、社会制度、文化等をつくり、置いていく事が・・・

北海道、千島、樺太、朝鮮、台湾、満州、ミクロネシアは経営的には大赤字。
明治維新で征服された300余藩人民の血税が、これらの地域に注ぎ込まれ
北海道以外はぜんぶ敗戦であぼ〜ん

詭弁というより、道徳的植民地主義はもし実施すれば大愚行、口だけならペテン。

213 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:16:49 ID:+F1vycDT0
この人はいろいろいわれるよな。謎の多い人物だ

214 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:17:07 ID:IZokE6NV0
瀬島は信用できん
晩年、釣瓶と南原の番組出てたけどどうも胡散臭かった

215 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:18:24 ID:F6cq8j0v0
そういや昭和天皇も瀬島の事は嫌ってたな。

216 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:19:15 ID:qEcS8Ds/0
勿論、移民の直接の動機は一攫千金であったろう。
しかし、一攫千金の為でもやはり「侵略(=悪)」は避けたいのが当時でも人情。
その罪悪感が、道徳的植民地主義という詭弁となって現れた。

217 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:19:19 ID:pQOAGmNH0
ここのちっちゃい人間が歴史のこと語ってもどうもなんないでしようにww
ttp://mochistuki.blog34.fc2.com/

218 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:19:42 ID:jo2uo3d70
>>207
日本の庇護の満洲国はだろうに
中華民国の満州国はokと欧米が認めてるが
漢民族を自称してる国家が満州族の土地を主権下に置くこと侵略だろうに
>>210
だから現代の価値観で当時を謝っても歴史的に見れば無意味だろうに
心情的にはいいだろうが、日本だって当時の行為を何回も謝ってるし

219 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:22:09 ID:Cn4ITDRF0
なお、アメリカ合衆国に対する宣戦布告が遅れ、国際的非難を浴びた事について、斎藤充功によると、
来栖三郎特命全権大使らの新庄健吉の葬儀出席が原因と言う。葬儀はワシントン市内のバプテスト
派教会で執り行われたが、この葬儀に磯田三郎駐米陸軍武官以下陸軍将校はもとより、複数の大使
館職員や来栖三郎・野村吉三郎両大使が参加しており、その葬儀は現地時間で午後から行われ、来栖・
野村大使らは葬儀が終ってから国務省に向ったと言う。

220 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:22:27 ID:bkEpXXRl0
>>49
>実際日本が攻めなきゃ永遠に植民地だったわけだし>東南アジア
落ちこぼれが読む右翼雑誌に洗脳されてるのか?
「永遠に植民地」と言える根拠がどこにある?
日本と関係ない中米もアフリカ諸国も戦後、次々に独立しているだろ。

221 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:23:29 ID:qEcS8Ds/0
>>218
中華民国という多民族国家の一構成員として、満州族があるという事であり、
満州族自身の独立を含めた思惑はどうあれ、日本がそこに傀儡国家を造っていいという話にはならない。

222 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:24:15 ID:HQx6RqnP0
当時、参謀本部が海外情報の統制のため、外国からの電報を10〜15時間程度遅配するよう決めていた

バカか。

223 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:25:29 ID:f2iTkLLv0
ハルノートは最後通牒などではなかった
http://ww1.m78.com/question/hall%20note.html

224 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:26:19 ID:jo2uo3d70
>>221
詭弁じゃないか、お前さんの言をとれば
満州族の思惑を中華民国が考慮しないなら
満州族からみれば侵略だろうに

225 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:26:25 ID:Xv5EMcCG0
>>49
>実際日本が攻めなきゃ永遠に植民地だったわけだし>東南アジア

アメリカは1935年にフィリピン独立に向けたコモンウェルス(独立準備政府)を樹立した。
10年の準備期間を経て独立まであと数年というフィリピンに攻め込んで占領地支配を
行ったのは、誰あろう日本
日本はフィリピンの独立を妨害した張本人

あと、フランス領インドシナをそのままフランスの植民地にしつづけたことも、大東亜戦争=
植民地解放論を否定する日本自身の行為

226 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:27:48 ID:qEcS8Ds/0
>>224
だからと言って日本が侵略していいという事にはならない。

227 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:27:52 ID:omP7OQhN0
「防諜(ぼうちよう)に関する回想聴取録」。

むしろこの文書の存在の方が知りたい。
これはいつまで秘密扱いだったのか、いつから公開文書になったのか、
誰が秘密扱いにして今まで隠していたのか。
誰が公開したのか、誰がマスコミ向けに紹介したのか。
そのあたりの経緯がない。

瀬島が死んだので公開することになったのかな。
国賊は現在の防衛庁だろうな。いままで秘匿していたんだから。



228 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:28:56 ID:Bn09lv5X0
アボリジニーとかインディアンの独立はいつだよ?

自分に害のない程度の地域を限定して独立保証したってしょうがない。
日本が戦ったせいで、本来確保しておくはずだった植民地の独立割合は多少増えただろう。

229 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:29:01 ID:jo2uo3d70
>>226
だからお前さんの言う侵略=悪という定義が崩れてるじゃないか

230 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:31:22 ID:F6cq8j0v0
フィリピンは哀れだなー
日本とアメの戦闘に巻き込まれて死にまくり


231 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:31:31 ID:OPpoPYa90
>>211
服部卓四郎って人はヤンウェンリーの遥かに凌ぐ名将だからね
そんな名将をしてもgdgdな結果しか残せなくしてしまう参謀本部
の恐ろしさは最狂レベルだと言えよう

232 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:32:08 ID:XrTACKB00

瀬島参謀の3大罪 → 1.米大統領親電ネグレクト 2.ガ島争奪戦続行 3.シベリア不正連行容認


233 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:32:33 ID:ZrOdRHvY0
>>220
そうそう。
19世紀末から20世紀の初頭のラテンアメリカの独立の方が、
日本の影響より大きい思われ。

234 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:33:09 ID:S5qZunC50
>>17
死ねよ朝鮮人

235 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:34:10 ID:qEcS8Ds/0
>>229
侵略=悪だったから中華民国も
「満州族は中華民国を構成する一民族であり、
彼らとは互いに交渉を経て満州は中華民国の主権下という事で話が付いている」
と主張したんだよ。
蒋介石がな。
中華民国は満州族の自主性も尊重してる、とな。
実態がどうあれ。

そして満州地域は中華民国の主権下となり、9カ国条約で
「中華民国の主権の及ぶ領土を侵してはならない」という取り決めがなされ、
しかし日本がそれを破った。

236 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 12:35:25 ID:Aum59gH30
>>216
>その罪悪感が、道徳的植民地主義という詭弁となって現れた。

道徳的植民地主義という言葉があるのか?
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%22%E9%81%93%E5%BE%B3%E7%9A%84%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E4%B8%BB%E7%BE%A9%22&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

社会ダーウィニズムについては、スペンサーら19世紀の社会科学者によって議論されたが、
いずれにしても、名誉と信仰が最高の価値であった中世から、
人権と民族主義が支配する近代へ移り変わる過渡期の中で、折衷案的に出現した思想だった。

近代主義、つまり人種的平等や民族自決や自由主義の考え方が完全に根付くのは、
かなり最近のことであって、その視点から過去を裁くのは独断に陥る危険をはらむ。
そういった危険性は、すでにポスト構造主義が明らかにしたことだから、
いまさらくどくどと述べたりはしないけど。

常に普遍的に侵略やら何やらが普遍的な道徳として君臨していたという考え方は、危険だ。
そうした「普遍」による支配こそが、植民地主義を生んだわけだからね……。

237 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:35:50 ID:rDzS4DSO0
アメリカがルーズベルトの親書を日本に打電(日本時間7日午前11時)

(正午に日本着)

アメリカのマスコミがルーズベルトが天皇に親書を発送したことを公表

駐日大使グルーがアメリカのラジオ放送を通じて親書の件を知る

(約10時間の空白)

グルーが親書の電報を受け取る(午後11時)

東郷外相と会見し天皇との拝謁要求

真珠湾攻撃部隊が発進(午前1時半)

天皇に拝謁しルーズベルトの親書を読み上げる(午前2時半)

後に東条英機は、親書があと1、2日早く着いていたなら、
戦争ははじまらなかっただろうと述べている。

238 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:36:12 ID:Dedad1lA0
瀬島・大勲位中曽根・前野徹(東急エージェンシー中興の祖)・文藝春秋某編集長はいつも、
会津武士道を見習って国粋主義を復活させろ、とか政界で言い散らしていた。

売国奴に限って会津武士道を謳うのは、何故なのだろう。

239 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:37:43 ID:9aDH0wja0
旧宗主国がさせたかった独立がどんなものであるかはわからないからなw
宗主国の影響力を減退させたって意味ならヒットラーこそ神だろ

240 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:37:47 ID:jo2uo3d70
>>235
侵略=悪でしか語れないのかよ
中華民国も利権があったから主張したんだろうが


241 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:39:14 ID:qEcS8Ds/0
>>240
侵略=悪というのが世間的な一般認識だ。
戦前であってもな。
それを無かった事にしようとする君のような輩に賛同できないんだよ。

242 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:39:33 ID:Xv5EMcCG0
>>227
防研や防大の連中は、この資料の存在なんかとっくの昔から知ってたろ
資料検索システムもわざと不便にして、公開非公開も彼らの胸先三寸だ

243 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:39:45 ID:BhuYqaFTO
悪いやつほど長生きする

244 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:40:41 ID:rDzS4DSO0
>>238
対米関係が悪化し戦争にまで至ったのは、
すべて売国奴の長州人(松岡洋右)の責任なんだけどね。
太平洋戦争は、長州人の満州利権を守るために、
日本は米英との全面戦争に巻き込まれた構図でしょ。

245 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:42:39 ID:Dedad1lA0
>>244
君は瀬島の責任を追及すべきではない、と主張するの?

246 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:42:51 ID:7cNgGvpH0
瀬島はガチな売国奴。
こないだ死んだが、もう50年早く死ねばよかったのに。

247 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:44:06 ID:Bn09lv5X0
>>241
侵略=つまみ食いと同程度の悪。
少なくとも白人の実際の行動を見てるとこんな感じだな。

とりあえず理由があればやってもいい。後で反省すれば、土地を返す必要もない。

248 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:44:20 ID:ptyVkBw70
大韓帝国9000年の悠久なる歴史

249 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:44:35 ID:KUtxb8db0
>ルーズベルト米大統領から天皇あての親電

これを勝手に握りつぶすって・・・
さすが超国賊w

こんなのが戦後も一番の愛国者みたいな顔して
つい最近までのさばっていたんだから日本はまるで変わっていない。

例えば、こいつが顧問を務めてた日本会議なんてウヨ組織が、
いま現実に政財界に大きな力を持って、元気いっぱい、
2chでも工作活動実施中だろw

250 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:45:56 ID:qEcS8Ds/0
>>247
俺は君の脳内にある白人ではないから、侵略は徹底的に糾弾するよ。
それが日本の行為であってもな。

251 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:46:20 ID:ptyVkBw70
北韓では金正哲同志が次期後継者のようだ
出来損ないの金正男は日本でJリーグカレーでも食ってろ

252 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:46:31 ID:nXec9PMp0
瀬島といい、源田といい、なんで要所要所で致命的ミスを犯した奴に限って
のうのうと生き残り続けたのか・・・

253 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:47:17 ID:f85xHKGQ0
>>245
どう考えても悪いのは、宴会をやっていたアメリカ大使館の人間。

外務省の責任逃れを許すな!

254 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:47:50 ID:6rPFUex90
>>252
悪党ほど長生きするとはよくいったもの。

255 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:48:18 ID:QNd1hXBV0
>>241
ふーん、侵略は良くないな。

但しソビエトロシアや中共のような核大国が建前だけ思想がらみで
近隣諸国を暴力で併合して犬豚のように奴隷化しても
お前的には無問題なんだろ。w 基地外。


256 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 12:48:32 ID:Aum59gH30
>>241
当然それはそのとおりだろうね。
侵略の普遍的な定義は実質的になく、
相互に相手のことを侵略だと非難しあっていただけだとしても、
近代において侵略を防ぐ、侵略と戦うというのは一般的に正義だった。

ただ、民族主義以前の時代に、侵略=悪という認識があったかは非常に微妙。
中世において、確かに教皇庁が侵略を禁ずる教書を発したりしているが、
今日で言うところの侵略とはまったく異なるもの。
端的にいえば、キリスト教的なルールの中で殺し合い、略奪をせよというような内容のもので、
しかも誰一人としてまじめに守ろうとはしなかったらしい。
(たとえば、何曜日に戦争をしてはいけないとか、どこそこで戦ってはだめだとか)

中世以前においては言うまでもないしね。
ザビーネ女の略奪がローマの建国神話になっているぐらいだから。

257 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/11/24(土) 12:48:48 ID:DF2Dob8x0
だからといって野村と栗栖の責任が消えた訳じゃないが。

258 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:49:00 ID:ptyVkBw70
三菱重工小牧南工場で北韓の工作活動が上手くいっているようだ
F-2支援戦闘機が炎上
まあ欠陥航空機のF-2は工作せずともまともに機能しないのだが・・・・

259 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:49:10 ID:qEcS8Ds/0
>>255
無問題なわけあるかアホ。
それも確実に侵略だ。

260 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:49:19 ID:XrTACKB00
>>248
大日本帝国にとって朝鮮半島は日本領土そのものでしたから、戦場という認識はゼロでしたwwwww


261 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:49:53 ID:wZ1cfKGy0
日本が腑抜けだったら中国は今頃10個ぐらいに分割されていたよ

262 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:49:59 ID:opd9en1m0
服部卓四朗はノモンハンで辻とコンビで
作戦指導をしてたが結果は大惨敗
太平洋戦争でも作戦課長、班長のコンビで突っ込み
敗戦の責任者であった、服部が名将というのは
アメリカ軍のみかたであって、敵兵よりも日本の将兵を
大量に殺したからであろう、へたな作戦指導で。

263 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:50:35 ID:0ewaJTT+0
しかし何処にでもID:ptyVkBw70こういう朝鮮人が沸いて出るというのが不愉快極まりないな。

264 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:51:00 ID:ptyVkBw70
浜松基地のE-767も謎の機体炎上が起こるかもしれない

265 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:52:08 ID:F6cq8j0v0
>>261
いや日本が中国をほっとけば
何時までも国民党と共産党が戦い続け
その間に列強が中国を切り分けたかも知れん


266 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:52:50 ID:EjKURyix0
瀬島はうさんくさい。というかソ連のスパイくさい
しかしこの時点ではもう日本軍の動員が終わって移動中だから
戦争は止められないだろ

267 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:53:50 ID:aA3aFmDN0
昔だったら家族郎党打ち首獄門島流しだろうな。

268 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:54:16 ID:pZxR/4vK0
>>265
おそらくそうなっただろうね。
それで半島も侵略の危機に・・・やっぱり日本は同じ轍を踏むわけだw

269 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:54:24 ID:qEcS8Ds/0
>>265
>何時までも国民党と共産党が戦い続け
ほぼ国民党の勝ちで終わりかけてたのに、
ちょっかい出して共産党に勢いつけてしまったのが日本だろ。
中国の赤化の一因は日本にあるとも言える。

270 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:55:03 ID:F6cq8j0v0
開戦直前じゃもう天皇一人では止められんよ
何言っても軍部はそれを無視して戦争を始め
天皇に事後承諾を求めるだろうからな
ノモンハンや満州でもそうだったように

271 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:55:28 ID:X5VkBsjY0
>>266
太平洋戦争の前から、
ソ連と関わっていたのか?
一説によると、瀬島氏は、
天皇を弁護したので、
そのために政財界に影響力を持ったとか?

272 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 12:57:09 ID:Aum59gH30
>>250
僕は侵略行為それ自体を非難する気にはなれないけどね。

民族主義の考え方が生まれ、民族自決、Nationalityの概念が生まれて以降、
確かに他国への侵略を悪であるとする考え方は定着した。
アヘン戦争前に、グラッドストンが公然と開戦を批判したようにね。

けれども一方で、自国の国境を画定することがすべての民族にとって至上命題であった時代に、
満足できる国境線をいち早く確立できた幸福ないくつかの国家が
不幸な後発国を弾劾したからといって、それに追随して祖国を批判するのが正しいのだろうか?

273 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:58:39 ID:ptyVkBw70
岩国基地、小松基地、舞鶴基地は必ず機能不全になる
F-15J preMSIP機はKF-16編隊によるAIM-120斉射の餌食になる
そしてF-15Kの対地攻撃で日本の都市を焦土と化す

274 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 12:58:51 ID:Xv5EMcCG0
>>270
昭和天皇独白録だけでも、上海事変や張鼓峰事件で、派遣軍にこれこれしろ、
戦線はここまでにしろと、昭和天皇自身が細かく指示を出して軍を動かしていた
ことはわかるけどね

275 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:03:03 ID:ptyVkBw70
何日か、F-2とF-15Jが飛行禁止になった
その間に守っていたのはポンコツF-4EJだ
日本の空を突破することなど造作もないことだ

276 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:05:48 ID:YxghzbvY0
>>271
日本軍将兵を
戦争奴隷としてスターリンに引き渡した
そのために政財界に影響力を持った
の方が真相に近い
と思う

277 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 13:07:08 ID:Aum59gH30
まあ、しょせんは侵略なんて想像上の概念だからね。
民族だの恋愛だのと同じ。
社会的には、みんなの都合のよいように作りかえればいいし、
個人レベルでは自分の思いたいように思えばいい。

278 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:08:36 ID:cVwkOYAm0
瀬島が、つうか少佐が開戦時に、そんな力があったとは思えんけどな。w
どうせ規定に従ったつもりだろ。まっ、その他にも色々あるから、責任追求はすれば良いと思うが。
ただ日米開戦に関しては海軍と外務省により大きな問題があったと思うが。。陸軍は大陸対応が中心だし。

それと、例の東京裁判でも、日米開戦に関しては「騙し討ち」を非難したんじゃなくて、
基本的に「先制攻撃戦争(侵攻戦争)」を非難してたわけで、遅れた事に関しては日本の恥という意味が大きく、
どちらかと言うと、東條などが言ってたように、「もう少し早ければ、日米戦争回避出来たかも」の部分だろうな。

ただ「侵攻戦争」非難にしても、所謂「支那事変(日華事変)」は日本が正当に取得してた権益に対し、
逆に、上海で蒋介石がドイツ支援の下、先制攻撃したと見えるから、現に東京裁判でも支那事変勃発の話は放置され、
既に協定など結んでる満洲の件まで遡って持って来たんだよな。無茶な褄合わせとしか思えん。

279 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:08:57 ID:cpdfPb8/O


【米国】ケネディ暗殺、シカゴでも別の未遂計画 事件から44年、元警護官が証言[11/24]
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1195870257/


280 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:11:58 ID:ptyVkBw70
1年前の今頃、日本反動右翼どもはF-22購入を夢見ていた
おろかな連中だ

281 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:14:14 ID:sLZsecQL0
>>250
過去の時点での侵略を糾弾したって仕方ないだろう。


282 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:19:02 ID:13hIdxmG0
>>280
反動って言い方が極左なんだよ
アホ

283 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:20:57 ID:d/U9/X/wO
>262
お前、本当に何も知らないんだな。
服部の支那戦線での指揮は、まさに神レベルだったよ。
少しは調べたらどうだ?

284 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:21:10 ID:rDzS4DSO0
>>278
問題は外務省でしょ。
ハルノートについても、アメリカは協議継続と戦争回避を望んでいたのに、
外務省は最後通牒と読み違えてる。
さらに日米間の全面戦争を影で煽ってたイギリスに仲介を依頼するなど、
外交的には幼稚な子供同然で、簡単に手玉に取られてしまった。
ちなみに、こうなったのは松岡洋右が外務省で大粛清を行い、
それまで築いてきた人脈や情報網をぶち壊したことが原因。
開戦時の日本はドイツのフィルタを通した情報のみを信じてた。

285 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:24:52 ID:ORuY/5LI0
>>271
瀬島は昭和天皇を死刑にするためにソ連から送られた男だろ。
知ってるくせにボケたことを書くな。


286 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/11/24(土) 13:27:02 ID:DF2Dob8x0
>>283
ちょっと笑えるHP
http://www.daitouryu.com/iyashi/shinizama/shinizama29.html

287 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:29:16 ID:Izg1ZBtY0
>>278
帝国の場合、佐官クラスの人間が声の大きさだけで陸軍を動かし、
政治を壟断していたことが本当に存在したんだよ。
つか、満州帝国県立に至る話も、大日本帝国というよりか帝国陸軍の一部将兵が
勝手にやったことがことの始まりという頭が痛くなるようなことが・・・。

まぁ、こんなだからまともな国家戦略が建てられなくて、無意味に列強と対立なんてことになったんだけどな。


288 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:29:54 ID:wi0RoXGV0
>>283
インパール作戦は?

289 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:34:54 ID:UWSihALZ0
( ‘д‘)y-~~<国賊瀬島はとっととしね!

290 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:38:51 ID:iXj4PsxY0
トラ・トラ・トラのまんまだな

291 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:39:14 ID:KUtxb8db0
日本の組織にありがちというか、キャリア官僚を見るまでもなく、一昔前の大企業でも、
課長が一番権限もっていて、部長さんともなると、とっても暇でハンコ押すのが仕事みたいな、
そして組織の中で暇な部門が縄張り争いで勝利して、直接部門に無理難題を押しつけるみたいな・・・

292 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:39:56 ID:Woi2I9PW0
『日本をダメにした九人の政治家』 浜田幸一 1993年 講談社

P38
 ソ連崩壊後、自民党は調査団をモスクワに派遣して、約千五百点の資料を入手した。そして、
約五百点だけを世に公開して多くの波紋を投げた。しかし、残りの千点の資料はまだ明らかに
していない。その中には、世の中がひっくり返るような証拠がある。

P81
 中曽根さんのブレーンの一人として知られ、臨調や民間活力導入(民活)でも知恵者として
辣腕をふるった瀬島竜三(伊藤忠相談役)という男は、元関東軍の参謀として、諜報活動に
当たっていたというが、その実体は、ソ連の二重スパイであったという説がある。
 終戦後、ソ連に残り、帰国したのは昭和三十一年(1956年)である。経歴では捕虜として
シベリアに抑留されたことになっているが、何万人もの日本人捕虜が強制労働によって死んで
いった中で生き残って帰ってくるには、それなりの理由があったはずだ。
 彼が、シベリアでなにをしていたかを示す資料が、最近の自民党の調査によって明らかに
されつつある。化けの皮がはがされるのも、時間の問題だろう。
 しかも、シベリアで彼が教育した日本人は三、四千人にのぼると言われている。つまり、
二重スパイとしての彼と同じ思考法をする数千の人たちが、日本中にばら撒かれ、あちこちの
要職についているのだ。

瀬島龍三
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1165594399/

293 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:42:53 ID:cN9E12yM0
ゴミウリ新聞が土光臨調で大活躍したとか紙面で絶賛してたのが気になった

294 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:51:24 ID:d/U9/X/wO
>283
インパール作戦のとき、服部は東京にいた。

295 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:55:50 ID:Kz88DdF/0
まぁやはり中国を一つにするきっかけを与えたということで、
日本軍の罪は重いなw
島国根性で植民地経営なんぞできんってこった。

296 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 13:57:11 ID:XrTACKB00

瀬島参謀は大事なこと話さずに死んだ・・・・・終戦時の真相をもっと聞きたかったな。


297 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:05:24 ID:Byr+/JSf0
                  ▲
                ▲▼▲
               ▲▼ ▼▲
              ▲▼   ▼▲
             ▲▼     ▼▲
            ▲▼       ▼▲
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
 ▼▲       ▲▼           ▼▲       ▲▼
  ▼▲     ▲▼  瀬島を使って     ▼▲     ▲▼
   ▼▲   ▲▼   自作自演なんか ▼▲   ▲▼
    ▼▲ ▲▼                 ▼▲ ▲▼
     ▼▲▼        統一        ▼▲▼
     ▲▼▲        教会        ▲▼▲
    ▲▼ ▼▲                 ▲▼ ▼▲
   ▲▼   ▼▲   やってないユダ  ▲▼   ▼▲
  ▲▼     ▼▲             ▲▼     ▼▲
 ▲▼       ▼▲           ▲▼       ▼▲
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
            ▼▲       ▲▼
             ▼▲     ▲▼
              ▼▲   ▲▼
               ▼▲ ▲▼
                ▼▲▼
                  ▼


298 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:06:22 ID:4U7BLw4E0
北岡伸一が先ごろ書いていたが
日中戦争は中国沿岸部における資本主義の発展を破壊してしまった
その結果、共産革命を導いた。もし、この戦争が起きていなかったら
あの時点で国民党は共産党を制圧していた


299 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:08:41 ID:HxZSwp+Q0
本来の意味とか言われても、わからない。
一般的なイメージで語ってもらわなければ。
個人の定義で語られても相手の定義と異なっていれば話が食い違う。

右翼はテロを起こす。
左翼はテロを起こさない。

こう定義すれば、テロが起きても右翼だで済み、右翼左翼定義論争など起こらない。
まず専門的な定義ではなく、一般的に
右翼は戦争屋、左翼は平和というイメージがあるのだから、
その定義を共通認識として語るべきだ。

300 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:08:54 ID:+F1vycDT0
>>298
その前に日本軍が国民党軍をかなり弱体化させていたわけで
いずれにせよ中国共産化の一因としてはあるだろうね

301 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:18:50 ID:m4l46PdZ0
瀬島龍三 売国奴 の検索結果 約 1,640 件中 1 - 20 件目 (0.44 秒)

302 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:38:31 ID:rp876BIm0
な〜にが『幾山河』だ、旧悪を吐き出さないまま死にやがって。
シベリア抑留から帰還した後は自分の責任の隠蔽に終始。
こいつほど英霊を愚弄した人間はいない。
以下、参考文献。

『沈黙のファイル』新潮文庫
『拝啓 瀬島少佐殿』徳間文庫

303 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:41:41 ID:tropnsuB0
>>299
過去の歴史から考えると多くの戦争やテロは革新を望む左翼が起こしてるよ。
オウム真理教も連合赤軍も右翼左翼で分類すれば左翼だしね。

だから

右翼は外国でテロを起こす。
左翼は自国でテロを起こす。

右翼は外国で戦争する。
左翼は国内で戦争する。

が正しい。

304 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:45:45 ID:vuX5yFcCO
>>299
左翼が平和のイメージですか?

日本赤軍は間違いなく左翼のテロリストですがw

戦後は間違いなく左翼の方が、テロ活動は盛んでしたね。



305 :暴支膺懲 ◆CeoD2zuluY :2007/11/24(土) 14:50:14 ID:uvfEO92d0
親電の一時差し止めが最後通告の遅れにつながった可能性はないだろ。
話が全く別だし。
 瀬島といえば台湾沖航空戦の戦果発表が間違いであると指摘する堀の
電文を握りつぶした事例があるゆえの邪推だろうな。

306 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:52:19 ID:omP7OQhN0
>>272
いや日本の場合、家光が鎖国した時点で国境は確定していたでしょ。
諸藩に号令を発して海外との交流を禁じた。
この範囲が日本の領土だよ。

307 :暴支膺懲 ◆CeoD2zuluY :2007/11/24(土) 14:55:09 ID:uvfEO92d0
>>302
 これも追加してくれ

日本参謀論 図書出版社 半藤一利著
大本営参謀の情報戦記 文春文庫 堀栄三

 瀬島(とその上司?)が事実を握りつぶし、山下大将に現実
無視の無理難題を大本営と南方総軍で押しつけた件の記述あり。


308 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:55:49 ID:i1/eIn3S0
震電!
 震 電 ! !



……なんだ親電か

309 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:56:25 ID:XrTACKB00

戦地の陸海軍中将以上と大本営部長(少将)以上は敗戦責任とって自決して欲しかった。


310 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:56:56 ID:vA1ujYKK0
>>299
何か誤解しているようですが、戦後日本での大きなテロ活動は全て左翼。
左翼=テロ集団

左翼マスコミが左翼のテロ活動を擁護しているから誤解しているのかな。

311 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:57:32 ID:3PNPFYbO0
>>308
人が親電ねんで!!




 すまん、俺が悪かった・・・

312 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:58:08 ID:omP7OQhN0
>>310
自衛隊をのっとった、三島由紀夫なんて右翼のテロリストじゃないの?

313 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:58:54 ID:f2iTkLLv0
>>305
それは事実じゃないぞ>堀の電文を握りつぶした
瀬島は台湾沖航空戦の時期は病気療養中で握り潰せる地位にいなかった。

「幻の大戦果 大本営発表の真相」(日本放送出版協会)を参照のこと

314 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 14:59:11 ID:vA1ujYKK0
>>299
ソ連も中国も左翼革命。
20世紀最大の虐殺者は毛沢東、スターリンでヒットラーより桁違いに自国民をたくさん虐殺している。

315 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:02:29 ID:xT/aV2M/0
>>13
関係者が全員死んでからだね、真実がすべて晒されるのは。

その間は、ウヨサヨの憶測、妄想、虚言、捏造が入り交じった情報ばかりだな。

316 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:02:30 ID:i1/eIn3S0
>>311
早くスミソニアンの震電復元して貰いたいわ

317 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:02:42 ID:SCD0MxOP0
今も昔も変わらんな日本は…

318 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:03:03 ID:BlK+j1Eb0
サヨクって自分の気に入らない思想の持ち主は虐殺してしまうイメージがある。

319 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:03:29 ID:vA1ujYKK0
>>312
三島由紀夫は自衛隊庁舎で自殺した偉大な作家。

320 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:04:24 ID:3PNPFYbO0
>>316
酢味噌に餡?



 スマン、本当にこれ以上はやらないから勘弁してくれ・・・

321 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:04:39 ID:7GWPEtnh0
2ちゃん脳=反日国家(の中でもシナ朝鮮)を叩けばあとは何でも良い。

旧日本軍だったらとりあえず陸軍でも海軍でもマンセーするような奴ら多すぎ。
暴走に走った東条こそ最大の戦犯なんだが。

322 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:06:19 ID:xT/aV2M/0
>>320
しかしこれが以外と旨い、酢味噌煮餡

323 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:06:19 ID:pp/sj+g40
あ、防研から資料がでてきたか。
まあ、瀬島だったらそれぐらいやってるだろうな。
大本営の参謀が国を滅ぼしたようなものだからな。

324 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:06:53 ID:omP7OQhN0
>>319
どう見ても犯罪者でしょ。
不法侵入だし。
銃刀法違反だし。
防衛庁や自衛隊の業務を妨害しているし。
明確なテロリストだよ。

325 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:06:55 ID:VVrs1eDm0
松岡洋右の評判はウナギ下がりで野壺レベルまで行っちゃったが
次は瀬島龍三か?

326 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:07:34 ID:ZZUbJTCo0
>>321
さすがに陸軍と海軍とを一緒にする奴は居らんだろ。

327 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:11:10 ID:QDviD5Ug0
当時のアメリカは蒋介石のロビイ活動で対日開戦決めていたから無理だったって
その結果としてハルノートの内容も最後の最後で当時の日本には無理難題書き込まれたんだし

開戦しないとすれば、天皇が満州権益全て放棄する宣言する事しないと駄目だったろ
当然第二の2/26起きたろうけど

ただ考えると、満州権益放棄して、大陸列強が中国を分割統治していた方が
結局日本にとって良かったんだろうけどね

328 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:11:41 ID:Nu2AtwO70
>>1
産経新聞って死ぬ直前まで瀬島とべったりだったんだけどねー

329 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:12:25 ID:AszBZOuG0
マンセーである。大日本皇国マンセーである。

今の価値観で語ることの愚かしさよ...

皇国臣民の最上の名誉は竹槍をもってB29に突撃することである。

アジア解放の聖戦を始められた瀬島閣下こそ昭和の偉人であろう。


330 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:15:19 ID:XrTACKB00
>>321
当時の陸海軍の敗戦責任(開戦責任ではない)は追求しておりますが何か(真正右翼)


331 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:15:27 ID:d/U9/X/wO
>321
東条は別に暴走なぞしとらんぞ?
確かに陸軍の一部が暴走したのは事実だが。
で、その原因を作ったのは、某民主党幹部のジイさん。
統師権を無限に拡大解釈した、こいつの罪は重い。

332 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:16:27 ID:KTMTdonQO
で、誰?
このスレタイの人。




アメリカのベースルースとかいう野球選手?

333 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:16:31 ID:cKmBkH/7O
>>321
最大の戦争犯罪人ちゅーても

東条が首相になる前に開戦はほぼ決定してたしなぁ……

334 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:17:09 ID:pwya9AOU0
>>331
鳩山一郎は鳩山由紀夫とか鳩山法務大臣とかの祖父じゃねぇぞ

335 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:17:27 ID:ZPCQHzFD0
>>331
誰?

336 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:21:02 ID:Mi8DbyE40
真珠湾以前に、英領マレー攻撃やタイ攻撃が無通告のだまし討ちだし

宣戦布告の通告が、真珠湾攻撃以前にアメリカになされていても
イギリスやタイに攻撃を通告してなければ、だまし討ちの事実が消えるわけではない

太平洋戦争の開始は、日本軍による英領マレー、タイ領侵略からはじまったわけだし
十分な空軍、海軍による支援のないマレー半島上陸作戦で、
上陸作戦をわざわざ困難にするような宣戦布告してから開戦するわけないよ

日本軍によるだまし討ちは、計画的なものだろ

337 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:24:07 ID:Os/6KZCa0
難しくてよく解らないから
その時歴史が動いたで放送してくれ

338 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:24:45 ID:QDviD5Ug0
東条はある意味仕事に真面目だったから
陸軍大臣の時は開戦派だったけど、首相になったとたん大局的にモノを見て非戦派に転向
でも予想以上に開戦への動きが加速しすぎていて、さすがの東条も御しきれなかった

だから、短期決戦で決着付けようと、開戦直後から和平活動を日本はしていたんだけど
実力見透かされていた米英は和平相手にしなかった

339 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:27:34 ID:VSRAn8570
こんな国賊が理事長やってた大学に勤めて南京虐殺を否定する東中野センセ

340 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:28:41 ID:25mCfheO0
>>334
ん? 祖父じゃねーの?
ttp://www.hatoyamakaikan.com/family/index.html

341 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:30:29 ID:qEcS8Ds/0
>>333
東条が首相になる前に陸軍将校、陸軍大臣として開戦煽りまくったのが原因の一つじゃないか。
首相時に開戦が避けられない状況だったのは東条の自業自得。

342 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:31:48 ID:XrTACKB00

いずれにしても米国の謀略で戦争に引きずり込まれた結果責任は厳しく追及すべきですね。


343 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:32:29 ID:SCD0MxOP0
実力が無いのに開戦する方がアホだわな。
それが現代のツケとして残っている訳で。

344 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:32:32 ID:Mi8DbyE40
攻撃艦隊や上陸部隊が、すでに目的地に向かって出航しているのに
いまさら米国大統領からの最後通牒が、おくれたのどうのしていてもはじまらない

大統領からの親書電文読んで、真珠湾は延期可能かもしれないが
マレー上陸作戦は、延期不可能。上陸作戦は、実施時期がかなり限定されるし

攻撃部隊が出航した時点で、日本にとってはすでに戦時だったんだし
いまさら親書がとどいたところで、意味なし
戦時規定にそって、外交電文を処理した瀬島に罪はないだろ

345 :暴支膺懲 ◆CeoD2zuluY :2007/11/24(土) 15:32:42 ID:uvfEO92d0
>>341
 特に関東軍参謀長として戦火を拡大させた責任は重い。
しかも参謀長自ら兵団を率いて陽高虐殺までやらかしているし。

346 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:32:48 ID:ORuY/5LI0
>>340
バカは相手にするな。

347 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:33:37 ID:Fkn0KsfM0
【歴史】日米開戦直前…「瀬島龍三が、ルーズベルト大統領から天皇陛下への親電配達を遅らせた」
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1195864004/
昭和16年の日米開戦で最後通告の手渡しが遅れた原因の一端を示すとみられる史料が、
防衛省防衛研究所に保管されていることが分かった。史料は、米・ハワイの真珠湾攻撃成功
を目指す旧日本軍が開戦直前、ルーズベルト米大統領から天皇あての親電の伝達を遅らせた
ことを明確に裏付ける内容で、旧陸軍参謀本部作戦課の瀬島龍三少佐(当時)の関与を示唆
した文書が見つかったのは初めて。親電の一時差し止めが最後通告の遅れにつながった可能性
を指摘する専門家もおり、通告の遅れをめぐる論議に一石を投じることになりそうだ。
史料は、昭和11年8月から20年までの軍関係の動きについて、戦後、防衛庁(現防衛省)
が関係者から聴取した「防諜(ぼうちよう)に関する回想聴取録」。
それによると、昭和16年12月の開戦前、陸軍参謀本部通信課員だった戸村盛雄少佐
(当時)が昭和37年3月、防衛庁の事情聴取に対し、大統領の親電をめぐる経緯について
「7日午前11時ごろ、参本(陸軍参謀本部)の廊下で瀬島(少佐)とバッタリ会った」と証言。
続けて戸村少佐は「瀬島から『南方軍の船団が飛行機に発見されてこれをおとした』と
聞いて、これが開戦の第一発であると思って、瀬島とも一緒に考えて親電を遅らせた」と
証言していた。



348 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:35:18 ID:4qgLKlOv0

アメリカが計画した日本本土奇襲攻撃
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1506935

349 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:35:54 ID:vA1ujYKK0
>>1
ソ連や米国の機密文書を見れば、既に彼等は日米開戦を決めていた。
当時の米国政府、民主党はソ連のコミンテルンに工作されていた。
日ソ不可侵条約を信じていたのはお人よしの日本だけ。
日米開戦直前、日本は中国、ソ連の米国におけるプロパガンダ戦略、工作員活動に完全に負けていた。

当時は白人が世界を支配し、人種差別国家米国は、全人種の平等を唱える有色人種国日本を憎悪していた。

350 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:39:59 ID:rp876BIm0
>>321
そこまで物事を単純化して考えられるとはおめでたい。アニメ脳か?
自分で資料を当たって調べてみろ。
東条は確かに戦犯に相応しいが、その実像は小心な普通の日本人。
ではその「普通の国民」のスキは? 彼らを惑わしたのは? 当時の社会構造の欠陥は?
…と自分で考えないと、スローガンに踊らされる連中と同じだよ。
右も左も正直どうでもいい。

351 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:40:24 ID:0uedaGy90
おいっす^^(笑)

親電の内容が↑とかだったら開戦確実だろ。

352 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:42:01 ID:pwya9AOU0
>>340
すまん、何か勘違いしていたようだ

353 :丸川珠代/まるたま:2007/11/24(土) 15:45:40 ID:3+3/M+Da0
  ./.:.:.:.:.:.:!:.:.:.>、_\_ノ} ヽ:.:.:.:.:i:ト、  晒されるパンチラ
 /イ:.:.|:.i:.:|,イ}' _,弐´}ハ |:.:.:.:|:ト、\  国会議員・丸 川 珠 代(ま る た ま)さんのパンティー(白)
 /イ:.:.|:.ト{ヽj' 代じ'′ } /:.:.,⊥L ヽ 」  http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1184093317/90
  {i|:.:ル1、!,__   ''''  j {/   ` ̄77≧=- __  http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1184094492/90
  ヽ二/ ム´,, .;.  ,vっ ! |   _,.   //´      `ヽ  
   .//´T|ヘ、 く/ .ハ ヽ '    ! | |    i     |  
   //  !|:.:.:.`T! ‐イヽ Y、_   ! i├─-,}     !  
   }   !|:.:.:.:.:.|i  /:.:|  ::::.`ヽ | | |::::::::...j     |
      .!|:.:.:.:.:.|j  i:.:.:!  :.: ..:.:::.\j_L_,/ !      ト- 、
      i !:.:.:.:./  !:.:.|    .. ..::.::....`ヽ;、 |    /   \
       | !:.:../.   ト、:|       ::::.:.:: ....\;、i     /   /´≧=、
      ヽY    ヽ          :.. .. Y    /..   ///   ヽ
        \     Y        ... /   '::.. ...//ム      {
                i         /   /`\/// ハ.    i
                |  __,. -‐- /    !   `ヽ′ |    |
                レ1 /   /    ノヽ_,       i    !
              ヽく ,.イ / 4 i ! rイzーュx`ー、    |   |
                  〉Y j ケ Lj_,ムァ┴--≠二__ヽ  |    |  小泉チルドレンの佐藤ゆかりのパンチラはない?
               { i { i  __,. --‐   ̄ ̄` ー-=江_  |
                  \ j ヽrト´ ̄ ̄ ` <         `ヽ!
                 Yハ  j|〉〉       \  ヽ.     Yj
                 ! 〉 j|/          \ , i __     ハ
                  j ! /            Y j  `   /!パンチラ規制厨涙目w

354 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:50:18 ID:rp876BIm0
>>343
アホはお前だろ。
開戦直前の調査では国力に20倍程度の差があったにも関わらずなぜ開戦に至ったか、も調べようともせず、
小学生レベルの書き込みをして恥じない。
開戦時の当事者だって、誰一人お前より劣った人物はいない。
だからこそ、調べる必要があるんだろうが。

355 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:51:03 ID:25mCfheO0
日本は外交を失敗した。
中国のチベット侵略は成功。
軍部の暴走より、外交だろ?

356 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:52:35 ID:WBJQiUsD0
いまも外務省は大失敗をしてるわけで。

竹島の問題なんかも皇太子妃の実父が韓国のために大活躍してまっせ。

357 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:53:43 ID:A1sNYXgw0
>>354
>国力に20倍程度の差があったにも関わらずなぜ開戦に至ったか

当時の参謀連中が筋金入りのバカだったからでしょ。

358 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:53:45 ID:9q2R1Lfw0
>>355
アメリカの戦略が日本に戦争させることで、中国共産党も国民党もアメリカと日本を戦わせること
だとしたら、外交は日本の責任なのか?

359 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:53:59 ID:d/U9/X/wO
俺的には、東条よりも、鳩山、近衛、廣田の方がずっと責任は重いと考えている。

360 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:57:18 ID:rp876BIm0
>>357
だから、筋金入りの馬鹿はお前だっつーのw

361 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:57:30 ID:DeJ1LUAH0
日本は無策だったということだな

362 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 15:58:55 ID:pwya9AOU0
>>357
だったら、その筋金入りの馬鹿がなんで参謀になれたのかとか考えないと歴史から何も学べないぜ
と、さっき間違えた俺が言ってみる

363 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:00:16 ID:DgS2uIy90
天皇に手紙渡しても渡さなくても戦争止められないような状況だったのだから、天皇の戦争責任も関係ない

364 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:01:35 ID:cWZgropHO
今も昔も日本は恥さらしな行動ばかりしてたんだな

365 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:03:00 ID:rp876BIm0

無知に関わってもなにもメリットがないので、そろそろ本題に戻して、瀬島の旧悪を暴いた書籍でも紹介してくれ。

>>359
『猪木正道著作集(第4巻)』でも借りて読んでみたら? 昭和天皇も各総理についての著述には共感してたそうな。
広田を題材にした城山三郎の『落日燃ゆ』は資料的価値ゼロ。

366 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:03:30 ID:/oRVsUDI0
>>362
うーんおれもそう思う。

コミュニケーション能力だけの参謀とか、
自分のことしか考えない参謀はいらないだろうねw

今も歴史は繰り返しているような気がする。
リコールだらけだしw

367 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:04:04 ID:XrTACKB00

当時としては開戦以外の選択肢は日本になかったよ。オレが問題にしてるのは終戦(和平)のやり方なんだよ。


368 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:05:24 ID:q02dQJCH0
会戦せざるを得なかった理由、もしくは会戦させられた経緯を解明することは必要。
それもせずに「日本は無能、無策の集団だったwww」とかいってる奴はキチガイ。
というか、20倍の国力の相手に何も考えずに戦争を仕掛けるはずが無いだろ。
それに理由が無いとか考える理由の方が考えにくいと思うんだがw

369 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:05:36 ID:Y37nc2Jy0
>>363
じゃあ、誰に戦争責任があるの?
誰かが指揮したのだから、必ず責任は取らねばならんでしょ。
日本特有のなあなあで済ませていいものかね・・・

370 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:05:40 ID:/oRVsUDI0
>>367
結局うまく乗せられただけだろう。

当時の日本はアメリカやイギリスに、中国侵略の先兵として派遣されて、
金も渡された。

が、アメリカやイギリスは、日本がうまい思いをしているのを見て、
気に食わなかっただけだろ。

うまくはめられたんだよ。

371 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:05:52 ID:rp876BIm0
>>364
どこかのお笑い半島だかキムチーランドよりは100倍マシだろ。
なにしろやつらときたら闘うべき時に闘わないで、すっかり平和になった今になって国民意識に目覚めてるんだからw

372 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:06:02 ID:f2iTkLLv0
北部仏印なんかに進駐するからだ
少なくとも国際的に顰蹙をかったら直ちに撤退すべきだった

援蒋ルートなんて他にもあったし
仏印に進駐して日中戦の戦局がどうにかなるもんでもなかっただろ

373 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:06:14 ID:ORuY/5LI0
>>365
昭和天皇の感想は、誰から聞いたんだ?

374 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:06:27 ID:DeJ1LUAH0
今で言えば森屋みたいなやつがもっと権力もってたってことだろ?
どうにもなんねーじゃん。
変わんねーよな。

375 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:06:37 ID:qleNayM0O
日本国と日本国民を不幸のドン底に陥れた瀬島龍三は日本史上で最低最悪な日本人!

責任をとれ。


376 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:07:40 ID:CiODcnZO0
もっと早く死んでればよかったのに

377 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:08:02 ID:uTDv4gCV0
右翼が日本の戦争を肯定しようとしても、実際に腐り切った日本の軍隊は肯定しようがない。

新しい資料が出てくれば出てくるほど、日本の過ちが実証されることになる。


378 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:09:08 ID:rp876BIm0
>>373
この前100円で買った『天皇陛下のご質問』(文春文庫、90's)から。

379 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:09:14 ID:InkQ8SCR0
戦争なんてやってみなければ解からん。アメリカは今のような超大国ではなかったし、
日本は東亜の覇者だったわけだから全く状況が違う。
負けたからと言って後知恵でモノを言っても始まらん。

380 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:09:26 ID:jTgF+tCWO
アジアを阿鼻叫喚の渦にまきこんだグズ国家日本は韓国に賠償してからこの世から消え失せろ!

381 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:09:30 ID:Tw5xZIYG0
上海機関トップが戦後、総理大臣になっているから・・・・何でもあり。

382 :ココ電球  _/::o・ν   ◆tIS/.aX84. :2007/11/24(土) 16:10:46 ID:F1KzyWpG0
親電の遅れと開戦通告の遅れの間に因果関係が見出せません。


383 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:12:49 ID:DgS2uIy90
>>377
そうなれば右翼の話はまったくの作り話ということになってしまうわけだが
しかし、ないことをあるように話すのは脳障害かね

384 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:12:58 ID:rp876BIm0
>>380
やっぱりチョンだったかw
DNAレベルの劣等民族は祖国に帰って伝統の嘗糞遊びでもやってれば?

385 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:14:32 ID:f2iTkLLv0
>>379
当時のアメリカの国力はダントツぶっちぎり世界一ですよ
日米開戦の前年(1940年)のアメリカのGDPは
ドイツとイギリスと日本とイタリア(或いはフランス)をぜんぶ足した数字より上

386 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:15:21 ID:ORuY/5LI0
>>373
あ、そう。

387 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:16:58 ID:ekY6gB0A0
後知恵とかそういうレベルじゃないよ旧軍のアホさ加減は。人類史上まれにみる能なしぶり。ほんとだから。

388 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:19:53 ID:uTDv4gCV0
>>379
>戦争なんてやってみなければ解からん。

こういう「根拠の無い自信」はすごいね。同じ「敗戦国の人民」として恥ずかしいよ。

389 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:20:46 ID:VtszFF4U0
ってか
最初からアメリカのスパイだったんだろ?

390 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:22:02 ID:qMsVZacM0
>>379
東亜の覇者?プッ

例え、アメリカが参戦しなくても、中国一つ無条件降伏させることは出来なかったと思うよ。


391 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:22:09 ID:iyLgYzbW0
>>388
人民w

392 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:24:31 ID:f2iTkLLv0
>>390
首都南京の陥落時に適当な条件で停戦してればなぁ・・・
本当に外交下手

393 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:26:50 ID:VoVd2L+B0
日本人は普段温厚で謙虚なだけに、一度調子に乗るととことん調子に乗るからな。
軍も国民も。

394 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:26:54 ID:25mCfheO0
>>358
もともと日本とアメリカは対立してたわけじゃないし。
日露戦争の時はポーツマス条約で仲介をやってたわけで、ロシアと一緒に戦う側ではなかった。
ワシントン体制を日本の封じ込めと見るかどうかで変わって来るんだろうけど、
国際連盟の常任理事国だった日本はまあ、それなりの地位を持ってたわけで。 

だいたい謀略も外交の一部だろ。
善悪は別にして、騙された方が負け、はめられた方が負け。

395 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:27:13 ID:OUuOx3HZ0
>>358
アメリカ政府は欧州戦線に参戦してドイツを叩く決意は早くから固めてたけど、
国民の厭戦ムードが強くなかなか踏み切れなかった。
日本との関係では満州をめぐって軋轢はあったものの、
これは外交レベルの問題で、日本との戦争は望んでいなかった。

しかし、その状況で日本はドイツと三国同盟を結び、ほぼ同時に独ソ戦が勃発する。
英ソ中は日米を戦わせることが自分の利益になるため、その方向で工作を開始。
アメリカは二方面で戦線をもつことはリスクが大きいため、交渉で決着を図ろうとしたけど、
松岡洋右の妨害ですべて不調に終わり、相互不信が深まり、対日戦やむなしに傾く。

結局、三国同盟を結んだことがすべての元凶。昭和天皇の反対を無視して、
日本をナチスに売り渡した当時の外相・松岡洋右が、後の破滅的な敗北を招いたともいえる。
政治・外交が完全に行き詰まり、その尻拭いを押し付けられた軍部はいい迷惑だね。

396 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:30:24 ID:uTDv4gCV0
右翼が、常に言い訳がましいのは何故だろう? 日本人ではないからかな?
「演歌」と「右翼」はイメージにおいて、外来性の感じがする。

397 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:30:32 ID:eSPPLhGU0
なぜか、昔も今も
日本オワタ\(^0^)/


なぜだろう?

398 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:31:08 ID:HxJgdMYe0
みんな、自分の信ずるところに従って
戦争するのが好きなんだね

反戦論者も論戦では勇敢な兵士だよ

399 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:31:11 ID:/ON30OpsO
>>379
確かに戦争でどちらが勝つかはやってみなければわからない。
しかし、やってみなければわからない争いを巻き起こしている時点で負けなのだよ。
戦争とは国に莫大な負担を懸けるが故にみだりに行なってはならない。いろんな情報から100%勝てると踏んだ時に行なうべきなのだよ。

400 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:31:30 ID:IKq3EFR70
で、30歳かそこらの若造が事務仕事をテキトーにやって日米を開戦に導いたと。
悪いのはすべてそいつで、おれたちじゃないと。そういうことですかな?

401 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:31:37 ID:nZoMDTvP0
>三国同盟を結び、ほぼ同時に独ソ戦が勃発する
それは違うぞ。四〇年年九月同盟締結。独ソ戦勃発は四一年六月だ

402 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:31:41 ID:pp/sj+g40
天皇陛下は、日露戦争の時は、伊藤、山縣、山本といった優れた臣下がいたから勝てたが、
今回は臣下がバカばっかりだったから勝てなかったと仰せでありました。

403 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:32:06 ID:SwU3ePfp0
日本軍人はクズ

404 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:33:34 ID:XrTACKB00
>>390
支那には負けなかったと思うよ。支那大陸の日本軍はよく頑張ったと思う。


405 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:33:40 ID:nZoMDTvP0
>>403
人の事をどうこう評価する前に
自分を省みたら?品性が卑しく思えるなw

406 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:33:45 ID:d/U9/X/wO
>392
トラウトマン工作を潰したのは陸軍じゃないんだけどね。
文官の近衛と廣田、そして海軍の米内。
陸軍ばかり非難している奴は、なぜかこれについてはいつもスルー。

407 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:33:48 ID:Fkn0KsfM0
>>399
つまり白色帝国は弱いものいじめしてる連中ということだな。
日本はいってみれば正義の戦士だよ。
アジアの自由と平和の為に戦ったとみとめたくない朝鮮人が
この国の歴史をゆがめている。

408 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:36:22 ID:OUuOx3HZ0
>>401
たしかに数ヶ月後だけど、ほぼ同時と言ってもいい。
日本が三国同盟締結交渉をしてた時には、
ヒトラーはすでに独ソ戦を決意しその準備を始めてた。
英米は独ソ戦不可避の情報をつかみ世界戦略を練ってたのに、
日本のみが独ソ戦の情報を知らず妄想に浸ってた。

409 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:36:50 ID:f2iTkLLv0
>>406
陸軍が悪いとは言ってない
結局、縦割り行政が悪い

410 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:37:49 ID:MB0R1IeOO
19-20世紀にかけて米英が
世界中でどれだけ極悪非道の限りを尽くしたか
知っている人間がこのスレにどれだけいるのだろう。
戦争は単純には語れないわな。

411 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:37:50 ID:bVRYdWKy0
>393
つか極端すぎるんだよな、、、
中庸って言葉がこれほどに合わない国も他にないな

412 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:38:29 ID:nZoMDTvP0
>>408
おいおい、半年以上を「ほぼ同時」とするのは
詭弁にも程があるぞ?

まぁ残念ながら日本は今も昔も外交下手ではあるが
何とかならんもんかな・・・?

413 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:39:38 ID:bG44UwAz0
こういうネタはソースが産経でも何も言わないんだなw

414 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:40:52 ID:wi0RoXGV0
>>407

そういう一面も確かにあるが、それがすべてではない。

国民を犠牲にしながら戦争によって私利私欲をむさぼるクソ官僚が多かったのは確かだ。



415 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:41:21 ID:uTDv4gCV0
要は、日本は戦争慣れしていない、と。謀略に簡単に引っ掛かる、と。
世界平和のために、もう一度、世界中の国と戦争するのも悪くないかも知れない。
そうしないと、「右翼の妄想」がうるさいからね。韓国に負けたらどうしよう?

416 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:43:05 ID:bVRYdWKy0
>410
負けたから俺たちがすべて悪い
それ以上でもそれ以下でもない

先の戦争の道義的問題とかどうこうじゃなくて
次はどうすればあんな目に遭わなくて済むのか、
もっとうまく立ち回れるのかって考えなきゃ始まらん


417 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:45:55 ID:Gr9n/gpl0
正直さぁ、第二次大戦を特別な戦争にするの止めないか?
これにこだわるから、日本は思い切ったことが出来ないでいるんだよ。


418 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:46:35 ID:M+IQXW7/0
先の戦時中に一番儲かった財閥はどこだ?

419 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:47:35 ID:IRwQwCZA0
瀬島氏ねってもう死んだか。
こいつがのうのうと生き永らえて往生したのは許せんな。

420 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:47:39 ID:OFIpG5Y50
>>416
それには同意だが、英米の悪辣さを知ってそれを外交戦術に生かす意味で喧伝する事は重要。



421 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:47:45 ID:3m+s4pn60
死んでから出すな屑は生きてるうちに処分

わーおれやばい

422 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:48:08 ID:0Sr/UIEW0
434 :日本@名無史さん:2007/09/29(土) 23:22:35
松重楊江「日本史のタブーに挑んだ男」よりおもしろかったので引用。

「捏造の日本史」を明らかにする広橋興光氏の八証言

 鹿島が三〇年来親しくしていた広橋興光氏とは、筆者も一度面識がある。この広橋家は藤原
氏名家の一族で、幕末には武家伝奏、明治以後は伯爵家であった。父君はもと内務省のエリー
ト官僚で、東条内閣の秘書官。のちに千葉県最後の官選知事を勤めた広橋眞光氏である。母方
の祖父は中川宮の孫、もと梨本宮守正殿下(陸軍元帥・伊勢神宮祭主)であり、母君は李方子さんの
妹に当たるから、彼自身も昭和天皇の従弟に当たる。
 鹿島は、広橋氏から伝来口伝の日本史をいろいろと教えてもらった。それを要約すると、以
下のようになる。

1、天皇家は北支(華北)から満州、朝鮮を経て日本にやって来た。
2、藤原氏は中国系と朝鮮系に分かれていて、中国系のほうが威張っていた。
3、南朝とか北朝といっても、われわれの祖先はどちらにも行ったから、いま明治天皇が南朝
  といってもまごついたりしない。
4、日本が戦争によっておかれた惨状は、家康の鎖国がもたらしたものである。
5、孝明天皇は伊藤と岩倉が殺した(但しこのことは興光氏ではなく、その父君・眞光氏の言で
  ある)。
6、鳥羽伏見の戦い以後の明治天皇は睦仁ではない。すり替えられた天皇である。
7、伊藤の爵位ばらまきは、天皇すり替えの口止め料という性格があった。
8、シンガポール陥落のとき、ルーズベルトが特使をもって講和を申し入れて来た。東条はこ
  れを受けようとしたが、天皇ヒロヒトは二・二六事件の体験から、軍の叛乱を恐れて継戦
  を命じた。このとき、天皇に継戦を迫った親独派の将校グループがあった。

423 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:48:11 ID:5yr+aHde0
当時29歳?
そんな若造がそんな力を持ってたなら勝てる訳もないな。

424 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:49:04 ID:DgS2uIy90
>>405
下っ端なんかとことん使い走りにされるらしい

425 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:49:56 ID:PdTCNUiS0
>ルーズベルト米大統領から天皇あての親電の伝達

参謀本部が影響力を行使できるのはせいぜい陸軍大臣まで。

こういった電文は駐日米国大使が天皇陛下に直接お目にかかって
受け渡すのが基本中の基本。じゃなきゃ大使の仕事が半分無くなる。

426 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:50:17 ID:sGJqHzAp0
瀬島龍三29歳の頃のはなし。

どうせなら、瀬島龍三が死んでから出すような卑怯者を晒してほしい。

427 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:51:02 ID:E8Op1eP30
勝ち負けと良い悪いは別だよ。
例え勝った者が良い悪いを勝ってに定めるにしろ
負けた側は最後の最後まで自分の信ずる正義を主張すべき。

428 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:51:48 ID:Gr9n/gpl0
瀬島龍三は、ガンダムで例えるとシャアみたいな感じだったんだな。

429 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:52:29 ID:wi0RoXGV0
>>426

靖国神社に戦犯を潜り込ませたのも軍事官僚が戦後逃げ延びて厚生省の役人としてやったこと。

戦後もこういう連中がはびこってるわけで。

それが怖いよね。

俺達の世代で清算しないと。

今からでも過去を暴くのは意義があるよ。


430 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:53:01 ID:rQb+Md/A0
天皇が神の時代に、そんなこと許されるのか。

431 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:53:32 ID:OUuOx3HZ0
>>425
その駐日大使に親電を渡すのが一時差し止められて遅れたんだよ。
駐日米国大使が天皇陛下に直接お目にかかった時には、
すでに攻撃部隊がパールハーバーに向かってた。

432 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:54:00 ID:HchnCECB0
>参謀本部が海外情報 の統制のため、外国からの電報を10〜15時間程度遅配するよう決めていた

意味が解らん。

433 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:55:02 ID:wi0RoXGV0
>>430

天皇陛下を軟禁してないがしろにするような連中だクソ官僚はwww

天皇陛下を神として崇めてたのは純粋な心の国民だけ。

戦後は民主主義や法治主義を金科玉条のように国民に刷り込んでるが一番民と法をないがしろにしてるのはクソ官僚www

何も変わっちゃいないw



434 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:55:23 ID:uoioAmMY0
そもそも無線封鎖した艦隊を敵根拠地へ送り出して「作戦」中の日本に、
「開戦通告の遅れ」もクソもない。

435 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:56:03 ID:OFIpG5Y50
>>418
ロックフェラー 正確には戦後のIMF支配体制を築き上げてからが本領発揮だけど。

436 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:57:16 ID:ku7uD2p40
敵のスパイだったんだな。

国家反逆罪か?

大日本帝国憲法では、外患罪とかあるのか?

437 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 16:59:04 ID:JqyZTQVdO
>>430日本の一番長い日って映画見てみな。
史実を元にした映画だが陸軍の一部若手将校の暗躍がえがかれてて、陛下への礼を失っした態度がえがかれてる。

438 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:00:41 ID:UIWt1pKm0
電文作成が遅れただの親電配達を遅らせただの
個人を矢面に立たせて日本国に貼られた卑怯者のレッテルを拭い去りたいだけに見える

439 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:00:52 ID:WUOVrPkY0
このヒト今年の9月まで生きてたんだよな


440 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 17:01:29 ID:Aum59gH30
>>306
実はかなり難しい問題なんだよね、それ。

神聖ローマ帝国と現実のドイツの領土は一致しなかったし、
逆にアメリカは独立直後の十三州から数倍に膨れ上がっている。
歴史的正当性が必ずしもNationarityと一致するわけじゃないんだね。
(Manifest Destinyが歴史的正当性だというのなら別だけど、
それなら日本の大東亜共栄圏だって一種の正当性となってしまう)

マルクス主義者たちの言うように、
資本主義はある段階から膨張した供給の吐き出し先として、植民地を求める。
このいわゆる帝国主義段階はどの国にも存在した。
先発の国は有利な国境を画定し、国内の生産力を十分に発展させ、
最終的には植民地に頼らずとも内需によって経済をまわせるようになるわけだが、
後発の国々はそうはいかない。必然的に、衝突が生じる。

たとえばネロの宗教弾圧や、フビライ・ハンの征服戦争などと同じで、
現代の物差しではかればなるほど悪かもしれないが、
当時の世界背景を考えれば、ある種の必然性をもった事件はたくさん存在する。
現在起こったことに対して、現在を生きる僕らは裁き、改善する責任がある。
しかし、過去に起こったことに対して、現在を生きる僕らが裁くことはできるのだろうか?

441 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:02:36 ID:B05p0Qwp0
 これは、日本の船団がマレー半島沖で英軍の哨戒飛行艇に発見されたため、護衛していた旧日本軍の
戦闘機が撃墜した事実を指す。この証言が事実なら、瀬島氏は旧日本軍がすでに、米国と同盟関係に
あった英国と開戦したという事実誤認から陸軍の規定に従い、親電の配達を遅らせたことに関与していた
可能性がでてくる。当時、参謀本部が海外情報の統制のため、外国からの電報を10〜15時間程度遅配
するよう決めていたが、大統領親電のような特別重大な電報については例外とする余地があったようだ。

↑ここ、よく分かんないんだけど、瀬島が事実誤認しなかったら親電は遅らせなかったってこと?
あと、「参謀本部が海外情報の統制のため、外国からの電報を10〜15時間程度遅配するよう決めていた」
って書いてあるけど、情報統制のために遅らせるってことの意味が分かんねーよ。

442 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:03:13 ID:CR8n0ZBY0
日本人に想像を絶する苦衷を与え
国家の破壊という最悪の結果を招いた太平洋戦争
その原因の一端を作った極悪人瀬島は今年大往生したな
やはりこの世には神も仏もいやしない

443 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:03:21 ID:uTDv4gCV0
>438
そういうこと。だから右翼は言い訳がましいんだよ。これを理由にするよ。

謀略だとしても、「騙された方の間抜けさ」を追求すべき。

444 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:04:59 ID:nZoMDTvP0
>>443
正直そういう偽善者面もどうかと思う
自分だけ無謬だ、という奴

445 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:06:12 ID:CR8n0ZBY0
牟田口とか辻とか瀬島とかホント陸軍ってのはろくな奴がいない

446 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:07:03 ID:UXupql3B0
>>423
今の29歳の感覚で見るのはどうかと思うぞ。
成人式で泥酔するなんてとんでもない時代だから。

本人が死んでからこんな話が出てくるってのが
いかにも隠匿されてましたって感じ。
事実なら、あの世で数万の日本兵からフルボッコだな。

ケネディ大統領暗殺に関する機密文書も、後2、30年しないと
公開されないんだよな。当時の関係者が皆あの世に
逝った後でないと公開できないような事実が‥。



447 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:07:38 ID:VZQlM/BB0
うはぁああああ
いいときに死んだな
伊藤忠の中興の祖wwwwwwwwwwwwwww

448 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:08:39 ID:bG44UwAz0
>.>1
なんかソースが中途半端に切られてる気がするので続きを転載


>大統領親電の内容は日本側に一見、和平を呼びかけながら
>日本軍の仏印からの全面撤退を要求する強硬な内容だった。

> 学識者の中には、軍部が親電の配達を遅らせている間に
>外務省本省がこれを解読、翻訳し、最後通告の内容に反映させようとしたため
>結果的に最後通告の遅れにつながった−との見方がある。

> 作家の半藤一利氏は「瀬島少佐が戸村少佐と会って親電の扱いを話したのは事実で
>結果としてこれが最後通告の遅れにつながったという推論はあり得べき話だ」と語る。
>その一方で、「瀬島氏に親電を握りつぶす力があったかどうかは材料不足で判然とせず
>瀬島氏個人の判断が通告遅れにつながったと断定するのは無理があるのではないか」としている。

449 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:09:35 ID:uTDv4gCV0
>>444
「権力批判」に対して、「自分はどうなの」って聞くわけ???
「全員で闘う戦争」なんてないよ。

450 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:09:52 ID:FbLojrpx0
ヨーロッパで行われるイルカ漁の風景
http://jp.youtube.com/watch?v=Z2ml1oTdBHw

これをどんどん見せて日本だけじゃなく白人もやってると
どんどん宣伝するのがいいよ

451 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:10:05 ID:Za2FvAR80
失敗した人間の子孫が今も政治関係やってるから今も三流なんだよなあ。
政治家と官僚だけイギリス人と入れ替えてほしいわ。

452 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:11:53 ID:nKJwTi+60
瀬島氏に新書を託したルーズベルトも無能だったわけだろ?

453 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:12:12 ID:9CYPBbVLO
>>434
出発前に艦隊の指揮官(南雲忠一)と山本五十六がこんなこと言ってたらしい。
南雲「攻撃前に日米交渉が決裂しなかったらどーします?」
山本「引き返せよ」
南雲「無理でしょ?ハワイの近くまでわざわざ出かけてんだから」
山本「グダグダ言わねーで帰れったら帰れ!」
無電封鎖しても受信は出来るでしょ?


454 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:12:22 ID:nZoMDTvP0
>>449
度の過ぎた「権力批判」は
只の自慰行為に等しいと。で、そういう輩が
何かしらの権力になってる件

「権力に批判できる俺かっこいい!」じゃ駄目だと思うんだ

455 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:16:06 ID:xjVUzubr0
>>438
まあ構造的欠陥であることも含め、
上司や、最終的には一番ウエの奴、つまり天皇が事態を把握できる能力も仕組みもつくらなかったんだから、
その通りだわな。
ウエに行くほど無責任を正当化できて、シタの奴に責任転嫁するってのは
天皇が戦争責任を免れた構造ともまるで変わらないわな。
最終的にはそれを放置して消極的に支持した国民の責任もあるわけだしな。
そういうのをひっくるめて、国家と国民は戦後を始めたのに、けっきょく産経がファビョることといえば。

456 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:17:09 ID:uTDv4gCV0
>>454
それは分かる。それをここで言っても・・・
今、政権を狙っている政党にでも、それを言ってあげてくれ。

>>452
「新書本」以外も読めよ。

457 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:18:15 ID:bVRYdWKy0
>454
悪い異星人が日本を無理矢理占領して
言うこと聞かせてるわけではないんだよなあ
自分らで権力者を選んでるんだよな

458 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:20:20 ID:kqSyFtop0
案の定、ウヨの大好きな旧日本軍の仕業

459 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:20:35 ID:Up8ibEWhO
昔の人はバカだからなあ

460 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:20:45 ID:nZoMDTvP0
>>456
結局そこに集約されるのかもね。個人的に
国民と国歌の生命財産、名誉すら守れない現政党にはうんざりだよ

とりあえずまじめに選挙行かんといけないかも・・・

461 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:24:46 ID:nZoMDTvP0
ナンテコッタorz
国歌×国家○ですた

462 :357:2007/11/24(土) 17:27:15 ID:A1sNYXgw0
>>362
うん。うん。激しく同意。

>360
あーたに言われなくてもあたしバカってわかってるわよ。

463 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:30:52 ID:uTDv4gCV0
>>462
今現在、額賀福志郎が置かれている状況を見れば、理解出来るかもしれない。

464 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:31:02 ID:TlfGwXvj0
>>454
ルサンチマンという事だね

君がなにを読んでいるかすぐ分かるね

465 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:33:04 ID:iLma6R+e0
戦後も生き延びて財も名声も手に入れてるんだから馬鹿じゃないよ
馬鹿はこの類のヤツの扇動にあっさりのって
とんでもない目にあってる国民

466 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:36:40 ID:rp876BIm0
>>437
「日本のいちばん長い日」は最近角川文庫で復刊されたよ。
ビデオはまずレンタルしてるところがない。

467 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:39:08 ID:uTDv4gCV0
今だって、宮内庁の連中は、皇族に対して礼を失しているかもしれないぞ。
役人恐るべし。

468 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:41:18 ID:qtvkaENtO
ソ連抑留(瀬島自身は強制労働にもつかず)から帰ってきたら伊藤忠。

ニートが引きこもり状態から初めてハロワ行ったら
一部上場企業の職が用意されてましたってくらいありえねえ

469 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:45:04 ID:E5nysQRZ0
支那の天国
地獄のマニラ
死んでも帰れぬインパール

470 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:45:17 ID:AJFPy2y80
瀬島って、どこまでも悪だな。

471 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:47:36 ID:PV1AZVhyO
ニートと瀬島を一緒にする時点でお前はなにも理解してない。

472 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:49:05 ID:i8neCRkzO
昔も今もアメリカより日本人の方が「個人シュギ」だよね。国を守るという1番基本的な目的すら他者と共有できない。物事を他者と「共有」する事ができるのは
「大人」だけだからね、ちなみに

473 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:53:06 ID:43MQRf6p0
本人が死なないとこういうのが出てこないのが問題だな
防衛省はどこみて仕事してんだ、さっさと資料出せ、くずが

474 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:54:25 ID:uTDv4gCV0
>>472
「愛国者」に対するこの人の定義ってどうなの?戦争するしかないってこと?
一元的な価値の押し付けだね。

475 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:54:32 ID:KdgneLs10
西山陣地に潜った日本皇軍大尉は、住民の所有する食料の五〇パーセントを強制供出を命じ、
違反者は厳罰に処した。
そして、伊江島出身の女性五名と男子一名が、米軍の命令によって降伏勧告状を届けに
赴いたところ、売国奴と罵られて一人一人自らの穴を掘らされ、後手に縛されて斬首された。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/nankin01.htm

沖縄における日本皇軍の横暴は末端の兵隊だけのものではなかった。
将校の中には「中国大陸や南方の占領地とでも錯覚したのか、軍政をしくなどと、
とんでもない放言をする」者もいた(浦崎純『消えた沖縄県』四五頁)。 

また皇軍将校たちが那覇の「辻遊郭で日夜飲み騒ぐのを見せつけられた住民は……
この郷土沖縄がまるで外地同様植民地であって、あたかも外国軍隊が駐留しているのではないかと
の錯覚さえ感じ」た者もいた(『沖縄作戦における沖縄島民の行動に関する史実資料』24頁)。

また日本軍の将校は、監督した沖縄地域の有力者に対して、女学生などの若い女性を
自分の愛人にするために差し出すよう要求し、実際に多くの女性が皇軍将校専属の
慰安婦にされた(藤原編著前掲書、二二頁、川名紀美『女も戦争を担った』二一三頁)。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/data/nangjin/yousukou.htm

476 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:55:24 ID:Q4uU0jJK0
瀬島死んどいてよかったな

まだ生きてたら愛国義士にぶっころされるところだったぜw

477 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:57:52 ID:i8neCRkzO
日本を戦争に向わせたのはイケイケで国民を煽った朝日新聞と国際協調路線で当時の感覚では弱腰で間抜けな外交を続けた政治家連中によってフラストレーションを溜めていた国民。農耕民族+島国特有の危機意識の無い軟弱な大正文化

478 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:58:32 ID:kLbqh2w60
親書が遅配せずに天皇に届いたとしても結局はなにも決断せずに終わっただけ。
統帥権を持っていながら行使することができない天皇では戦争回避は無理だろう。

479 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 17:59:22 ID:ETAwony+O
同盟国に荷担するための戦線布告とは違って、
国境を接する国の場合、戦闘が始まってから戦線布告が常識だろ?
「これから戦争しますよ」じゃなくて
「戦争したくなかったのに戦争になっちゃった。
 アンタが悪いんだからね!」って。

日本はアメリカと太平洋の真ん中で国境を接しているつもりで、
ハワイ沖で偵察艇が沈められた!って主張して、
アメリカは日本がドイツとの同盟のためにアメリカを攻撃したと解釈してる。

まぁ日本とハワイとの距離を考えれば、日本側の言い分の方が無理があるんだけどな。
せめて台湾とフィリピンの間で戦端を開いていれば
この問題で揚げ足を取られなくて済んだのに、
先にハワイを叩いてアメリカを後退させる方を優先したから。

480 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:00:54 ID:M6Esdn/H0
太平洋戦争を戦った吾が父及び英霊に代わって
罵倒してやる!この売国奴は地獄から上がって来るな!汚らわしい。

481 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:02:24 ID:gXjslH2H0
>>1
なんか結構昔から言われてたネタだったような…

482 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/24(土) 18:10:59 ID:lC/wvHZX0

  ∧∧
 ( =゚-゚)<ああ 一時間送れてなけりゃ・・・


( ^▽^)<けど大統領の親電も 結局ハル国務長官の要求とたいして
       変わらん内容だったような・・・



483 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:17:31 ID:InkQ8SCR0
瀬島を責めるのも酷いな。
奇襲攻撃なんだから出来るだけ宣戦布告を延ばすのが常識だ。
でないと奇襲の意味が無いからな。

484 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/24(土) 18:18:38 ID:lC/wvHZX0

  ∧∧
 ( =゚-゚)<開戦の通告が攻撃より一時間遅れたのも
       暗号化して分割して送った電文
       解読して翻訳するのに手間取ったからでしょ?

      アメリカの大使館に暗号電文送る時間が一緒なら
      結局 同じだったような・・・


( ^▽^)<暗号電文送る時間は一緒だと思うが・・・

       直前

485 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:19:11 ID:6t3PD7Vx0
戦前および戦後の軍人や官僚は、ソ連方式の国家社会主義、計画経済こそが
日本の工業や社会の水準を持ち上げる最良の方法だと信じたし、その通りに
動いた。国家社会主義とか計画経済は、官僚が民間産業を指導しコントロール
するものであって、官僚の権限が強大になるという点から云っても、都合の
よい青写真であったといえるだろう。
 そういうわけだから、先進的にソ連シンパが居ても全然不思議ではないし、
終戦時のことを思ってみても、なぜアレほどまでにソ連に頼ろうとしたのか、
日露やノモンハンでの戦闘を忘れたのか、関東軍は何のために満州に
もともと配置されてたのかなどと大変に不思議に思える。
ソ連の巧妙なスパイ網工作によって、アメリカも中国もソ連に都合よく
振舞って、日本もソ連を攻撃しに向かわずに、ナチスと歩調をあわせずに
ソ連の命脈を断とうとせずに南進したのも、ソ連スパイによる政官工作に
よるものだった。

486 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:24:41 ID:Zh68DP8A0
昭和天皇が東条英機に大命降下した時点で終わってるんだよ。


487 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:24:47 ID:woIwA7EC0
>>468
いや、ハロワにも行かず引きこもりの部屋に迎えに来たようなもんだ

こいつはシベリアで日本兵を見殺しにしただけじゃないだろうとは思ってたが

488 :(´-`).。oO ◆abcDBRIxrA :2007/11/24(土) 18:26:16 ID:g3f9N+uq0

┐(´ー`)┌  ルーズベルトの親書がなんの役に立ったのか、さっぱりわからん。

489 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/24(土) 18:29:54 ID:lC/wvHZX0
>>486

  ∧∧
 ( =゚-゚)<陸軍おさえる為だったのにね・・・

490 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:30:00 ID:wSjlQmVq0
>>1
おい、産経。「最後通告」じゃねえ、「最終覚書」だって。
交渉打ち切りを述べただけの文書だ。

491 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:31:47 ID:YoCvsiPG0
今も昔も何もかも軍人のせいにする悪い癖 イクナイ

492 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:38:31 ID:8RBY/ZCZ0
I商事がなぜ○銀行の001扱いになっているのかの疑問
I商事がなぜ旧道路公団の社長に慣れたかの疑問
I商事がなぜ石油利権に首を出すかの疑問
いまだに・・・

493 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:41:16 ID:tfJrFGDY0
勲一等ってどんな人がもらうのかと思ってたらこんなんか。

494 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/24(土) 18:42:37 ID:lC/wvHZX0

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日本軍のベトナム進駐が   7月28日

      それを受けて アメリカの対日石油輸出禁止が、 8月1日

      御前会議で対米開戦を決定したのが 9月6日


( ^▽^)<東條内閣成立が    10月18日

       ハルさんのノート貰ったのが、 11月26日


  ∧∧
 ( =゚-゚)<で、12月8日 AM03:25   ハワイ真珠湾攻撃


495 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:46:47 ID:DppfKzKN0
スペイン領だったキューバで独立運動

アメリカのメディアはスペインが独立派を虐殺していると報道

アメリカは自国民保護を理由に戦艦メイン号を派遣

スペインの反対を無視してハバナ港に入港

メイン号、停泊中に謎の爆発で沈没

アメリカのメディアは「スペインのしわざ」と書き立てる

スペインは両国合同の事故調査を提案するがアメリカは拒否

「リメンバー・メイン」を合言葉に、スペインに宣戦布告
この時、すでに戦闘は始まっていたので、アメリカ議会は布告日時を5日さかのぼらせた

アメリカが勝利し、キューバ独立。実質、アメリカの支配下に

ついでにスペイン領だったフィリピン、グアム、プエルトリコもアメリカのものになった


496 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:46:54 ID:FZ0piftB0
ttp://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1017.html

ググったらこんなページ見つけた
もう何がなんだかわからねーよ
とりあえず色んな奴らが全力で俺をだまそうとしてることだけわかった

497 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:51:58 ID:tLyPslIK0
今更感あふれる記事wwwww

498 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 18:54:48 ID:4eFC136j0
>>472
そんな事はないと思う。
阪神大震災や新潟など、いざという時の人々の行動がそれを決めると思う。


499 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2007/11/24(土) 19:03:58 ID:Aum59gH30
反省はするが、裁きたくはないな。
過去を「裁く」権限など誰にもない。

500 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/24(土) 19:04:05 ID:lC/wvHZX0

  ∧∧
 ( =゚-゚)<当初 ハルさんノートにはだいぶ日本に譲歩した案もあったらしいが・・・


( ^▽^)<蒋介石が望んでいた日米戦争回避を恐れ
      「わが国をいけにえにして日本に譲歩するのか」と 
       イギリスに泣きつき、
        チャーチルはルーズベルトに、
       もし中国が崩壊したならば、われわれの共通の危険は非常に大きくなる」と警告

  ∧∧
 ( =゚-゚)<で ノートは厳しい内容で一発目を日本に撃たせ・・・・

501 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 19:13:02 ID:wAHViNhM0
これだと英米の策略で開戦させられたっていう説が成り立たなくなるか?
確かルーズベルトは南方船団の偵察機を撃墜されたから
ハルノートに同意したとも聞いたが。
それまでは決しかねていたとかどうとか。

502 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 19:15:48 ID:l2zfIvhP0
恩賜の軍刀もらった奴が、国を売れるわけがない

503 :501:2007/11/24(土) 19:16:30 ID:wAHViNhM0
すまんなにか勘違いしていたようだ
>>501のレスはこのスレには存在しなかったということでヨロw

504 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 19:19:15 ID:9o5XhCMS0
こんなクソゴミを支持していた戦後右翼の程度が知れる。

505 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/24(土) 19:19:35 ID:lC/wvHZX0
>>501

  ∧∧
 ( =゚-゚)<ナチスに最新の兵器供与されて
       調子こいて日本を攻撃してきた蒋介石のせいだよw

      返り討ちにあって首都南京占領されたら 今度はイギリスに泣きつき
      アメリカで日本の悪行をでっちあげ宣伝工作w

      日米開戦させるためにw

506 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 19:31:01 ID:d/U9/X/wO
>475
これは米軍が一番悪いな。
民間人を軍務に使役するのは、戦時国際法違反だ。
そして、それに荷担したこいつらも同罪。
つーか、どうも眉唾っぽいんだが。
普通なら、自軍の中から軍使を立てるか、もしくは捕虜の中からそれなりの階級の者を軍使にする。

507 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 19:32:20 ID:WQupqF750
だれか>>422の↓の部分説明してください
>母君は李方子さんの
妹に当たるから、彼自身も昭和天皇の従弟に当たる。



508 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 19:38:53 ID:bIYPYSu40
>>14
逆に、チョンを一匹残らず駆除しておいてくれたら間違いなく今頃は ネ申 だったよなwwwww

509 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 19:54:28 ID:u8beG6EI0
日本人に侵略の限りを尽くされたと言い張るのに、何故か勇猛果敢で優秀な民族だとも言い張る朝鮮人って・・・阿呆?

510 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 19:57:33 ID:nVeFDDh60
この件がどうかは知らんが

瀬島はどの点から見ても胡散臭い人間であったな
死後こうやってニュースになるのも微妙

511 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 20:01:59 ID:nex1b4Yv0
>>433
全くその通りだ。官僚を何とかしない限り、日本はどうにもならん。

512 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 20:02:11 ID:nVeFDDh60
>>293
土光も果たして何者なのやら…
瀬島以上にきめぇ持ち上げられ方してたよね

513 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 20:12:51 ID:nVeFDDh60
>>358みたいな奴に限って
「戦争にいいも悪いもない、勝った方が正義」とか言ってのけるんだよな

514 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 20:18:47 ID:VoVd2L+B0
>>512
少なくとも土光には、瀬島ほどの疑惑はない。

515 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 20:26:54 ID:d2y8zLeG0
侵略=悪
かわいがり=善

516 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 20:28:03 ID:TsBbS/EI0
瀬島は日本人捕虜をソ連に売り渡した責任を
とうとう取らずにクタバったな。

517 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 20:29:44 ID:ORuY/5LI0
>>512
土光は単なる石川島播磨と東芝の社長さんだよ。
裏があるなら石坂泰三のほうだろ。

518 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 20:46:34 ID:nvwdERLv0
日本海軍の復活を一貫して支持し、「海軍再建計画」を推進しようとする野村吉三郎
元海軍大将を中心とする海軍良識派の力になったのは、米国のアーレイ・バーク提督
だったのです。このアーレイ・バーク提督については実は感動的な話があるのです。
 アーレイ・バーク提督については阿川尚之氏の著書に非常に詳しく書かれています。
ちなみに、阿川尚之氏は、作家阿川弘之氏のご子息です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
           阿川尚之著
           『海の友情/米国海軍と海上自衛隊』
           中公新書 1574
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 実は、このアーレイ・バーク提督は「31ノットのバーク」といわれる太平洋戦争の
勇者であり、日本海軍は彼によって痛い目にあわされているのです。
 後に「あれほどまでに日本海軍を痛めつけたあなたが、なぜ日本海軍の復活に手を貸
すのか」と問われたアーレイ・バーク氏は次のように答えています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
       オーシャン・ネイビー(外洋艦隊)を建設するには1世紀と
      いう長い時間がかかるものなのですよ。あそこまで建設された
      日本の海軍が滅びてしまうのは、海軍の軍人として、あまりに
      ももったいないという気持ちがあるのです。
                        ――アーレイ・バーク氏
http://intec-j.seesaa.net/category/3242697-1.html


519 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 20:49:16 ID:JGsX7j8Y0
>>509
一方的にボコボコにされて、「これで勘弁してやるわ」
ていう芸人がいるだろう?
せっかくボケてくれてるのだから、全員でズッコケてあげないと
礼儀に反するぞw


520 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 20:55:38 ID:HkMEX+Jc0
瀬島をはじめとして、大本営の作戦課にいた陸軍の参謀
の独善性や越権行為は有名で、身内であるはずの旧陸軍
の将校からも批判されてたけど、こんなこと
までやってたのか。


521 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 20:57:33 ID:xfVyhSU90
【慰安婦問題】 慰安婦被害者、カナダ連邦議会証言のためトロント到着[11/22]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195902488/

【慰安婦問題】 米下院決議案通過の主役ホンダ議員、訪韓して元慰安婦と会う[11/22]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195900845/


522 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 21:21:08 ID:uoioAmMY0
>>479
単冠湾に集結させた機動部隊を用意周到にハワイ軍港へ送りこむのは
国境警備隊の交戦とかとはわけが違う。
ハワイ奇襲は「作戦」として計画され実行された。紛争拡大じゃないんだよ。

523 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 21:51:52 ID:YxghzbvY0
こら!
文○春○社
いつまでも呆け老人に巻頭随筆書かせるんじゃない!!!
恥を知れ!

524 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 23:20:57 ID:Xv5EMcCG0
>>523
児島→半藤ときて、次は伊藤隆?

525 :名無しさん@八周年:2007/11/24(土) 23:44:15 ID:8pUV7GsR0
>>6
日本軍の特殊な事情みたいにレスしてる奴が多いが
軍部でクーデター的勢力を得るのは将クラスでないのは世界的な事

526 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 00:19:11 ID:fBVu/WgZ0
>>525
どこがクーデターだか
だからゆとりは


527 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 00:46:15 ID:XcEPtHJd0
>>68
張作霖爆殺事件ならGRUの工作員がやったんだって
マオが崩壊後に公開されたソ連機密文書を引用して書いてるじゃん。

528 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 01:14:24 ID:XcEPtHJd0
No.110418:対米宣戦布告は不要だった
1.サンケイの暴論
産経新聞がルーズベルトの親書の受信と伝達にあたり、瀬島龍三氏(当時少佐クラス)が関与して
遅くなったので、宣戦布告が遅れそれが卑怯といわれる原因となったのではないかと報道している。
しかしこれは時代も軍隊の指揮命令系統も知らない暴論である。サンケイは応援しているので
しっかりして欲しい。

2.宣戦布告事態不要だった。
1)ルーズベルトの日本敵視:
まず当時の日米関係を見ると、1937年に始まった支那事変で日本は苦しみ、講和の仲介を
ルーズベルトに依頼したが、米国は日露戦争のときとは異なり断った。それどころか1938年から
蒋介石に莫大な軍事援助を開始した。蒋介石は米国の援助がなければ一日も戦争はできなかったから、
支那事変はソ連がはじめ米国が続けさせた第一次対日戦争だったのである。

2)国際法違反の米国:
日本が南部援蒋ルートを破壊すると、ルーズベルトは1941年米国空軍の大部隊を支那に送り込み、
蒋介石軍に偽装して日本軍への攻撃を始めた。これシェンノートのフライイングタイガー部隊である。
米国の制式戦闘機百機、パイロット、整備兵ほか250名という大部隊である。多数の日本人が殺された。
これは明白に宣戦布告していない。米国は国際法違反であることを知っていた。

3)対日圧迫政策:
そして1941年には対日圧迫政策を強化し、日本の海外資産を凍結強奪した。日本が米国に対して
何もしないのにである。犯罪である。
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=3166&forum=8

続く

529 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 01:17:36 ID:XcEPtHJd0
>>528
続き


4)反撃には宣戦布告は必要ない
したがって日本の真珠湾反撃は、米国の対日強硬政策の緩和を求めた自衛の反撃だった。反撃だから
宣戦布告は不要だった。だから交付が遅れようと関係ないのである。もともと不要であったからである。

5)米国も宣戦布告していない
米国の歴史を見ると義和団事件の出兵でも、戦後の朝鮮戦争でも、ベトナム戦争でも宣戦布告していない。
朝鮮戦争ではマッカーサーは宣戦布告を断っているほどである。

3.日本人は目を覚ます
ルーズベルトは真珠湾の反撃を予想していたが、被害が予想以上だったので、知らなかったふりをして
ごまかした。それが日本卑怯論である。しかし日本の暗号は一年前に解読されており、暗号官
フリードマン夫人は真珠湾の被害の報道を聞いた夫が「何故だ、政府は知っていたのに」といって
部屋をグルグル歩き回っていたという挿話を残している。

4.サンケイは不勉強
太平洋戦争は突然始まったわけではない。それは4年前の支那事変からつながっているのである。
そしてその源には米国の支那満洲進出欲と邪魔な日本への敵視政策があったのである。
こうした広い歴史の視野がないと小さな史実も正しく理解できないのである。
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=3166&forum=8


530 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 01:20:30 ID:iMwRwzHx0
こいつのせいで日本人が何人犠牲になってんだ?こいつの墓を暴かれるぞ

531 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 01:34:51 ID:hY65Ho9Y0
>>528-529
コピペに反論もなんだが

>2−2)国際法違反の米国
フライングタイガースの初陣は12月20日の昆明迎撃戦。
どうみても開戦後です。本当にありがとうございました。

>2−3)対日圧迫政策
海外資産の凍結は別に違法でも犯罪でもなんでもない

>2−5)米国も宣戦布告していない
・義和団事件はどこの国も宣戦布告をしていない
・朝鮮戦争・・・開戦後の宣戦布告は国際法的にも意味がない
・ベトナム戦争・・・これも正式に戦争状態に突入したのは北ベトナムの攻撃(第一次トンキン湾事件)後
           そのためやっぱり宣戦布告は必要ない

というより、大日本帝国も宣戦布告前の攻撃はやってるよね。日清戦争とか日露戦争とか。

532 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 02:13:12 ID:gCQE8Lh80
>>76

>陸軍のマレー沖作戦(対グレートブリテン)と、
>海軍のハワイ作戦(対合衆国)との、

グレートブリテン、って。w

「イギリス」とか「連合王国」っていうならわかるけど、
グレートブリテンって、いわゆる「イギリス」の一部にしかすぎない概念だぞ。

Japanの代わりに「Hon-do」とか「Hon-shu」とか呼ばれるような感じだ。

533 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 03:01:04 ID:+d76TfYI0
昭和の軍部って乃木を神格化したくせに
肝心の乃木の人格は受け継がなかったよな・・・

534 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 03:43:46 ID:8YHcXDzn0
>>531
>日清戦争とか日露戦争とか
いずれも、条件と期限を示した最後通牒は出してる。
その後、日本は動員先制開戦を禁止したベルサイユ条約と戦争抛棄ニ関スル条約を
批准してるから、交渉打ち切り通告や最後通牒が間に合っても真珠湾攻撃は条約違反

535 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 03:46:34 ID:HPMgkPJE0
通告が遅れた?
そういうのを奇襲攻撃というのです。


536 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 03:50:18 ID:Khzd8b5V0

学校での日本近代史は、くそ馬鹿サヨにボロボロにされてるから
日本近代史を理解するために
岡崎久彦元大使の「・・・と、その時代」5部作と
その座談会収録の日本外交・失敗の本質と21世紀の国家戦略
を読んでみることをお勧めする
最初の出発点として良い著書だと思う


537 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 03:50:39 ID:IBXxAKmd0
こんな後ろめたい過去があるジジイほど
戦争を美化する傾向にある

538 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 03:55:59 ID:uyz1uFsyO
アメリカだって、世界大戦に参加したかったくせに
まずハルノート
イギリスが負けたら借金が戻らない可能性
真珠湾攻撃前に戦艦を何故か帰港させたり
戦艦を作るなとか言い出したり

539 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 04:12:45 ID:azc1TDMe0
結局アメリカのスパイだったんじゃないの?

540 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 04:30:45 ID:3QU2cLIl0
>>539
ソ連のスパイ説は昔からありますが、アメリカ説はありません。

541 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 04:50:55 ID:5KLt/OF00
>>536
岡崎自体が出来損ないの外務官僚。
大体糞馬鹿サヨとやらに蹂躙される前に、アメリカに蹂躙されただろアホw

542 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 04:59:17 ID:DRKwIaWP0
真珠湾より前に雨は日本の潜水艇を轟沈してたんじゃないの。
第一宣戦布告がある戦争は近代あるの?
中国がチベット侵攻したのだって戦線布告なかったでしょ。
朝鮮戦争は?ベトナム侵攻は?


543 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 05:02:51 ID:7GACfZ8p0
死んだらやっぱいろいろと出てくるもんだなぁ
てか戦後史って実はまともに研究されてなかったりするんだよね
それで陰謀論的な尾ひればかりが強調されて

544 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 05:12:17 ID:NSI/pZhA0
>>531


支那大陸におけるアメリカの対日戦争協力。
というか、対日参戦:

昭和 16(1941)年
2月 米、P-40B戦闘機、100機の対支援助を決定。その不足する装備武器と弾薬150万発については、
大統領命令で米陸軍基地から直接補給された。
4月15日 パウリー米インターコンチネント社社長が中国との間で航空機パイロットの米国義勇団に
関する条約を結び、259名のパイロット(通称フライングタイガース、実は米国の正規兵)を中国に派遣する
こととなった。
4月22日 米国陸軍省、中国に引渡し得る軍需品リスト(4千510万ドル相当)を提示。
5月6日 ルーズベルト大統領、中国向けのトラック300台の2週間以内のビルマ・ラングーン向け出荷
を承認。また4934万ドル相当の軍需物資の中国供与を決定。
7月23日 米国統合委員会、軍事使節団派遣と米志願兵による中国からの日本軍爆撃を目的としてB-17、
500機の対支派遣を決定。この統合委員会での確認事項は次のようなものであった。
イ、中国及びその周辺地域又は海域で作戦中の日本軍に有効な反撃を加えるため、第一陣として
269機の戦闘機と66機の爆撃機を装備すること。
ロ、米国は中国人の飛行及び航空機整備の訓練のための手段を提供すること。
ハ、米国によって与えられた大量の兵器の適切な使用について助言を与えるため、米国は、軍事使節団
を中国に派遣すべきこと。



545 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 05:18:14 ID:QwK0dOtF0
>>544
これを「宣戦布告なき戦争」と呼ばずして何と呼ぶかな。

546 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 05:23:48 ID:4UorityEO
>>542
その潜水艇がなぜハワイにいたんでしょうかの

547 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 05:26:17 ID:nWPnD0tL0
>>546
公海上での撃沈だから国際法違反だとかどっかで見た

てかその反論はねーわw

548 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 05:31:51 ID:QwK0dOtF0
ハワイて当時アメリカの領土じゃないじゃない。
植民地じゃない。

549 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 05:39:04 ID:khfEW58Y0
日本が「戦後レジームからの脱却」を成し遂げ

日本が政治大国になるのを何が何でも阻止したいのは誰?
日本の政治大国化を一番恐れているのは誰?
日本の政治大国化をなぜ恐れる?



550 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 05:40:00 ID:sKMpaDkN0
真性の売国奴じゃねぇか。

551 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 05:40:41 ID:iGmBseBZ0
特殊潜航艇の撃沈なら,真珠湾口ではなかったかな?

552 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 05:43:18 ID:1h1JElf/0
>>544
B-17、 500機は一桁違うでしょ

553 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 05:56:06 ID:QwK0dOtF0
昭和 2(1927)年
7月25日  張作霖、米国資本を背景に満鉄併行線の1つ打通線を満鉄併行線
敷設禁止協定(対華21箇条の1つ)を無視して完成。
9月  満鉄併行線の1つ、奉海線が、米国からレール、英国から車両を輸入して完成する。
昭和 6(1931)年
 米国は、張学良軍の対日軍備充実のための、年間戦車100台、飛行機数10台、
弾丸100万発の生産能力のある兵器工場建設を援助。
 更に米国は、総額2千600万ドルに及ぶ資金援助を3年間で行うことを決定。
昭和 8(1933)年
8月 米国農務省が8千万ドルの小麦と綿花借款を南京の国民政府に与える。
昭和 9(1934)年
2月17日 中国広東空軍司令部と米航空機器公司との間で、米国の援助による空軍
3年計画契約交渉が行われていることが明らかになる。
2月20日 米国の借款により、米軍用機購入と米海軍予備将校の指導を条件として、
福州およびアモイに飛行場を建設。
昭和 14(1939)年
9月 米国輸出入銀行が中国国際貿易委員会に対して4千500万ドルの資金援助を行う。
昭和 15(1940)年
3月30日 米国は、蒋政権に対する2千万ドルの資金援助を発表。
9月25日 米国、中国への追加の資金援助として2千500万ドル供与を発表。
11月30日 ルーズベルト大統領は、蒋介石に1億ドルの資金援助と50機の新式戦闘機を
送ることを約束。1億ドルのうち2500万ドルは、中国の航空計画及び地上兵器部品の購入のために使用された。


554 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 06:00:14 ID:QwK0dOtF0
昭和 16(1941)年
2月 米、P-40B戦闘機、100機の対支援助を決定。その不足する装備武器と弾薬150万発
については、大統領命令で米陸軍基地から直接補給された。
4月15日 パウリー米インターコンチネント社社長が中国との間で航空機パイロットの
米国義勇団に関する条約を結び、259名のパイロットを中国に派遣することとなった。
4月22日 米国陸軍省、中国に引渡し得る軍需品リスト(4千510万ドル相当)を提示。
5月6日 ルーズベルト大統領、中国向けのトラック300台の2週間以内のビルマ・ラングーン向け
出荷を承認。また4934万ドル相当の軍需物資の中国供与を決定。
7月23日 米国統合委員会、軍事使節団派遣と米志願兵による中国からの日本軍爆撃を
目的としてB-17、500機の対支派遣を決定。この統合委員会での確認事項は次のようなものであった。
イ、中国及びその周辺地域又は海域で作戦中の日本軍に有効な反撃を加えるため、
第一陣として269機の戦闘機と66機の爆撃機を装備すること。
ロ、米国は中国人の飛行及び航空機整備の訓練のための手段を提供すること。
ハ、米国によって与えられた大量の兵器の適切な使用について助言を与えるため、米国は、
軍事使節団を中国に派遣すべきこと
 開戦後には、17億2330万ドルという莫大な援助を行い、日米戦争と日中戦争の両方を戦わざるを得ない局面に
日本を追い込んだのである。

http://www1.toptower.ne.jp/~katumata/sub485.htm

555 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 06:06:04 ID:5dMgxNCz0
>>554
そうやって、米国は日本をシナから追い出したけど、
最大の目的の満州は得られなかった。

その代わり、米国は、朝鮮とベトナムで戦うことになった。
まったく、余計な戦いである。

556 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 06:12:48 ID:epRS7b+s0
>>547
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E5%8F%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6
公海じゃなく、領海内だよ。
北朝鮮の不審船と同様の事件。
この件に限るならアメリカ側に非は無い。

557 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 06:18:30 ID:JxRIHUws0
>>556

日本が宣戦布告していないことが問題になるのなら、
アメリカ宣戦布告なきの潜水艇轟沈も問題になるでしょ。
二重基準はダメじゃないの!メッ

558 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 06:23:35 ID:ZWs4aTQM0
情報を握りつぶして開戦にもって行かせた売国奴
東條もヴァカだったが首相になった後は陛下の開戦阻止の意を汲んでた分まだマシ。
革新官僚って奴ア情報統制して扇動させて操ろうとするのが好きなのか
それが正道だとでも思い込んでたのかね。
こともあろうに陛下への親電まで統制下に置くって何事かね。

559 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 06:27:45 ID:JxRIHUws0
革新なんてキレイな与えるなんて勿体ない。
アカ官僚でたくさん。

560 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 06:28:44 ID:4VhWrBWW0
今じゃ中曽根とナベツネが瀬島気取りですよ

561 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 06:30:15 ID:oVnu4lCwO
>>557
性質の全く違う2つの件をごっちゃにすんな阿呆

562 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 06:32:19 ID:JxRIHUws0
>>561
どう違うのか説明することね。

563 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 06:35:23 ID:waQ+pvFPO
目的のためには手段は正当化されるとか
真顔で話すタイプだな

564 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 06:44:30 ID:oVnu4lCwO
>>562
ウォード号事件は不審船撃沈と同じ。領海に入り込んだ正体不明鑑の排除。
宣戦布告の必要の無い事例。
奇襲非難のアメリカのダブスタとは全く関係無い。

565 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 07:01:51 ID:ltGaFfQt0
生きている間に問い詰めれば良かったのに。

566 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 07:02:50 ID:uPYCkkV50
当時の軍部はかなりの隠蔽体質で首相、天皇らも彼らの後を追うしかなかったのだろ
これが直接的に開戦に関与したかは置いといて、対外的に大日本帝国を悪とする新たな資料が世に出されたってことだな

567 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 07:52:12 ID:5da1gwAj0
田中義一内閣のときに、『田中上奏文』という上奏文が作られて、
日本がアジアから世界を征服するらしいという情報が出た。
英訳された『田中上奏文』は、米国で強い反発を呼び起こしました。
「日本が世界制覇を達成するためには、まずシナ・蒙古を征服し、
その過程で米国を倒さなければならない」という内容があり、
米国との戦争が明確に打ち出されていたからです。
それを読んだルーズベルトは、これで日本を絶対につぶさなくてはならないと
覚悟を決めたといわれています。


568 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 07:55:13 ID:/EpIz64b0
しかし本当にアメリカに勝てると思ったのかな
そうとうアホだな

569 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 07:55:27 ID:5da1gwAj0
ハルノートは最後通牒じゃなかった(吉田茂)これから始まる話し合いの叩き台だった。
吉田は同ノートの全文を入手して、欄外にTentative and without commitment(暫定無拘束)とある
のを捉えて東郷茂徳外相に、これは「試案」であり決して最後通牒ではないと訴えている。
このTentativeの部分を意図的に翻訳しなかったのが東郷外相と東条首相だと言われています。
なぜ東条首相らはこんな情報操作までして日米開戦を欲したのだろうか?
やはり陸軍の内乱が怖かったのだろう。


570 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 08:01:33 ID:0lBdBHcHO
>>568
負けない戦いなら可能だっただろうし、それで十分
飛び石戦略は両刃の剣だし、それを防ぐ手もあった
日本軍の準備が弱かっただけ。あと艦隊決戦での空母損失が無ければ良かった

571 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 08:06:19 ID:2Wx5Yjf00
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195778250/l50

572 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 08:17:46 ID:ldoHvcJ30
2ちゃんでいつも吠えてるだけの糞ウヨ連中って
なんで自衛隊に入隊したりしないの?
自宅のPCで見えない敵と情報戦争とかしてる暇あったら
自衛隊にでも行って腐った体と根性叩きなおしてもらえばいいのに。


573 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 08:24:01 ID:5da1gwAj0
結局、真珠湾攻撃は「話し合いの最中の騙まし討ち」だ。


574 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 08:26:11 ID:rDwL2eOk0
産経新聞が報じているということで、信憑性はゼロですね。

575 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 08:27:03 ID:LKNSWjcNO
>>569
情報操作していたのは吉田の方だろ。
白人達が世界中で何してたか考えてみろ!日本だけは特別と思ってんのか?
大西洋憲章にABCDラインに石油・鉄鉱の禁輸。更にはフライングタイガースや日系人に限って土地取得に制限かけたりとヤリタイ放題やられておいて何寝ぼけたこと言ってる?これらの措置は宣戦布告以上の物だぞ!
日本人が白人の奴隷になる事を防ぐために起こしたのが明治維新なんだよ。日本軍は維新の魂を善く護った。
そして今、奴隷に成り下がった日本人が的外れな批判を繰り返している。

576 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 08:27:58 ID:0lBdBHcHO
>>573
それも戦略だよ。騙される方が悪い
まあ、騙すつもりは無かったんだが、手違いでな
それに、アメリカは騙された訳じゃない
真珠湾を攻撃されるのは事前に知ってたからな
アメリカの誤算は、日本軍が太平洋艦隊を壊滅させられるほどの攻撃が出来るとは思ってなかった事

577 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 08:41:37 ID:DiO6DUFzO
>>43
それなら要人暗殺・脅迫至れり尽くせりの
朝鮮併合も立派な侵略に違いないだろw

578 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 08:45:40 ID:hY65Ho9Y0
>>575
>大西洋憲章にABCDラインに石油・鉄鉱の禁輸。更にはフライングタイガース
大西洋憲章のどこに問題があるんだ?
ABCD包囲陣や石油・鉄鋼の禁輸についてなら、それらは何に対する報復措置かってことも抑えておかないとね。
フライングタイガースは義勇兵。別になんら問題は無い


579 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 08:52:24 ID:SKCABIhT0
ただ、昭和天皇は、なにかのパーティのとき、瀬島を呼んで
「苦労をかけた」
とか直々に労わったこともあるし、伊藤忠と宮内庁の蜜月は有名な話。

ヒロヒトのバカで無能っぷりはどうしようもないんだよ。
今上も自分たちのルーツが朝鮮にあるとか戯けたこといいはじめるし。
あのキノコ一族が大震災のときにでも死んで、秩父宮が即位なされていればなあ。


580 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 08:55:10 ID:5dMgxNCz0
>>578
>フライングタイガースは義勇兵。別になんら問題は無い
でも、戦後に恩賞もらっているから、義勇兵ではなく、正規兵になってしまうが。

アメリカ合衆国義勇軍(American Volunteer Group,AVG)
1942年7月3日、軍はAVGに対して正式に解散命令を出した。
解散命令を受託したシェンノートは部隊を解散し残存戦力を中国・ビルマ方面に展開する
アメリカ軍第10空軍の部隊で編成された中国空軍起動部隊(CATF)に編入させた。
この7ヶ月間に生き残ったAVGパイロットのうち僅か5名はシェンノートと共にアメリカ空軍に復帰、
そして残りのメンバーは報奨金を受け取り祖国アメリカに帰るものもいれば、
現地に残り輸送機パイロットとして働く者もいた。

581 :おやいた:2007/11/25(日) 09:21:53 ID:cYY2HUyk0
>瀬島龍三

死んでから公表かいw

582 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:21:58 ID:pfE/qlA50

( ^▽^)<長崎清国水兵暴行事件

      1886年8月1日,北洋艦隊の巨大新鋭戦艦「定遠」「鎮遠」と巡洋艦「済遠」「威遠」の4隻が,
      なめたことに日本政府に予告なく,無許可で突然,長崎に入港

  ∧∧
 ( =゚-゚)<艦名の「遠」は日本を意味し,「定遠」「鎮遠」は日本を鎮定するという意味w


( ^▽^)<8月13日には500人以上の清国水兵が勝手に上陸開始
      長崎市内をのし回り,商店に押し入って金品を強奪・・・酒に酔い女性を追いかけるなど,散々に暴れまくる・・・

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日本の警察が鎮圧に向かい 双方抜刀して市街戦に発展・・・
       斬り合いの結果,双方とも八十数人の死傷者を出す・・・


( ^▽^)<翌日 上陸した清国兵の一部は骨董店などで古刀や古武器を購入
      その翌日 300人の清国兵が3人の警官に暴行 一人死亡・・・
      さらに警察署を襲撃・・・・


  ∧∧
 ( =゚-゚)<近所の住人が警察に加勢
       投石で水兵たちを攻撃!
      住人の攻撃に水兵たちは総崩れとなり、追い散らされて、一部は捕縛される・・・・

( ^▽^)<・・・・

  ∧∧
 ( =゚-゚)<まあコノ長崎の事件が、日本の大陸進出のそもそもの原因なんだよね・・・・

583 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:24:55 ID:pfE/qlA50

( ^▽^)<黄海海戦 (日清戦争)
     史上初めて近代装甲艦同士が戦った歴史的な海戦


  ∧∧
 ( =゚-゚)<横 vs 縦
      7ノット vs 14ノット



( ^▽^)<世界でも最大級のでかい戦艦を横にならべる 清国北洋艦隊を相手に
      高速巡洋艦で敵の背後に回り、さらに高速な遊撃隊が逆方向から
      十字砲火を浴びせ勝利♪



  ∧∧
 ( =゚-゚)<清国の属国だった朝鮮は、独立国となり!
       日本は台湾を手に入れた♪



( ^▽^)<めでたしめでたし

584 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:26:26 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<「日清戦争」♪

      朝鮮は、独立国だと主張する日本と,朝鮮を属国とみなす清の戦い
      朝鮮国内では,清よりの勢力と日本とくんで近代化しようする勢力が対立

      農民の反乱がもとで日清両軍の戦争が勃発、圧倒的な兵力で
      日本は満州まで攻め込む。 清は降伏

      下関条約で朝鮮の独立を,台湾・遼東半島の割譲をみとめさせる

      日本は国際的地位が向上し,大陸進出の足場をきずいた


( ^▽^)<当時朝鮮は清の「植民地」だったよね?

      李朝の腐敗で農民の暴動が多発してた
      そのままでいいと言う清と
      改革が必要だとする日本の対決!

      それが日清戦争♪

  ∧∧
 ( =゚-゚)<ちなみに、日清天津条約により 日本・清国いずれかが朝鮮国に派兵する場合は、もう一方も派兵してよい
       という取り決めがあった

       日清戦争は条約を履行したにすぎないw

       また、日清戦争終結後、日本軍は速やかに撤兵し、朝鮮国の主権は維持されております

585 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:27:27 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日露せんそう♪

      日清戦争に勝利し、清から日本が手に入れた遼東半島を
      ロシア・フランス・ドイツの三国干渉によって返還させられる・・・・

      けどロシアがそこを租借して、旅順艦隊を配備 日本ピンチ

      ロシアはさらに清朝が列強の植民地化に対抗して起こした「義和団事変」
      「義和団事変」(教会の焼毀,宣教師の殺害,鉄道の破壊,各国大公使館を包囲攻撃)
      の鎮圧を名目に満州へ侵攻、全土を占領下に置いた。
      ロシアの満州の植民地化にたいして、日英米が抗議するもロシアは無視。
      イギリスはこれに危機感を感じ、日本との同盟を選択する(日英同盟)
      さらに朝鮮半島北部(39度以北)を支配下に置きたいロシアと
      半島にロシアが入ってくるのは防衛上不利と考える日本が対立
      日本は対露開戦を決断し、ロシア公使に国交断絶を言い渡した。 開戦♪

      イギリスは、日本支援
      フランスは、ロシア支援
      アメリカは様子見(仲介)で漁夫の利を狙うが、何も得られず
      日本との関係が悪化w  のちの太平洋戦争の原因に  

 

( ^▽^)<ちなみに、日本は朝鮮国にこれからロシアとやるから場所貸せ っと
       戦場を借りますた

586 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:28:12 ID:pfE/qlA50
( ^▽^)<日露戦争  今から100年前

       ヨーロッパからバルチック艦隊が極東に到着する前に、
       旅順港に引きこもるロシア旅順艦隊を陸上からの砲撃で撃破する為
       旅順攻囲戦で旅順港がすべて見渡せる203高地が攻略される

  ∧∧
 ( =゚-゚)<バルチック艦隊が到着しちゃうと、日本艦隊はロシア旅順艦隊との挟み撃ちで壊滅しちゃう・・・
      すると制海権を奪われ、大陸への補給路が絶たれ陸軍も壊滅
      ・・・日露戦争敗北になっちゃう


( ^▽^)<203高地攻略戦は悲惨な被害を出すが、勝利♪ 旅順艦隊を壊滅状態にする

  ∧∧
 ( =゚-゚)<旅順港の周りには、203高地と同じような要塞化された陣地が100箇所以上あった・・・

587 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:28:38 ID:pfE/qlA50

( ^▽^)<ちなみに、大日本帝国陸軍25万人、ロシア帝国軍37万人が激突した 奉天会戦は
       世界陸戦史上最大規模の戦闘♪      

      http://www.youtube.com/watch?v=BPBURiP_Hso
      http://www.youtube.com/watch?v=5rPd-2S4iDE
      http://www.youtube.com/watch?v=k-hrpWvyCQk

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日露戦争によって、

       欧米列強の仲間入りした日本

       世界中の植民地支配にあえぐ人々に夢と希望を与えた日本


( ^▽^)<なんだか矛盾する二つの評価を得た日本

       なんだかな〜

588 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:33:07 ID:0Ye3e/Yx0
当事者が亡くならなきゃ公表できないような事って結構あるよね
あと100年ぐらいして文献や記録をまとめてやっと分かるんじゃないかな

589 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:35:26 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日露戦争で勝利した日本は、日露講和条約により清国政府の承諾の下
      南満州鉄道 いわゆる満鉄を創立、沿線警備を行うため関東軍を送るとともに
      満州の統治者であった張作霖に対して軍事支援を行う

( ^▽^)<もともとアヘンの密売とかやってた非合法組織(いわゆる馬賊)の頭目だった張作霖は、
       ロシアのスパイもやってたが、ひっ捕らえて日本軍のスパイにしたw

  ∧∧
 ( =゚-゚)<清朝は東三省の統治体制を引き締めるために、馬賊を軍隊に任用
       このため張作霖は一大勢力にw
      さらに辛亥革命→清朝崩壊→中華民国が成立の中で巧く立ち回り
      東三省全域を勢力圏に置き、張作霖は満州の覇者に スゲー


( ^▽^)<さらに張作霖は中華民国分裂によって起きた安直戦争のどさくさで北京を占拠
       国共合作を成し遂げた国民革命軍がこれを攻撃
      ソビエトを嫌う欧米は張作霖を支援、国共合作は崩壊w  

      張作霖は北京で大元帥に就任し、自らが中華民国の主権者であることを宣言
       欧米への人気取りの為に共産党員を弾圧
  ∧∧
 ( =゚-゚)<が、欧米は蒋介石を再び支援w  張作霖は再び攻撃を受ける ピンチw

590 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:35:41 ID:XTf/uz6L0
アメリカは、簡単に日本を倒す事が出来ると考えてたんだろ
実際は、原爆まで落とす所まで日本が抵抗した訳なんだがな

日本国の歴史上、最も多くの
日本人が死んだ戦争がアメリカ戦なんだし

591 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:36:08 ID:pfE/qlA50

( ^▽^)<当時日本は、第一次世界大戦に参戦   勝利♪

      ドイツ帝国の権益であった山東省と租借地の青島・植民地である南洋群島を攻略
      ベルサイユ条約によって、ドイツの権益を全て日本が引き継ぐこととなったが、
      これを不満思った反日運動が中国全土に広まる
   (;T▽T) <これがドイツ恨みをかい 後の日中戦争の原因に・・・

  ∧∧
 ( =゚-゚)<当時は田中義一内閣 
      日本経済は第一次世界大戦時の好況から一転して不況となり、
      さらに関東大震災の処理のための震災手形が膨大な不良債権化していた・・・・・

       日本全国で銀行が潰れると取り付け騒ぎが頻発し、事態を打開する為
       高橋是清を蔵相に任命して、金融恐慌の解決を図る♪

( ^▽^)<高橋是清が何やったかと言うと 裏が白い急造の200円札を大量に刷らせ
       見せ金として店頭に大量積み上げ国民を安心させたw  あははw

  ∧∧
 ( =゚-゚)<明治から参政権は一定の納税額以上の男子に限られていたが
      田中義一内閣で、「満25歳以上の男子」と定められた記念すべき第1回 ”普通選挙” が実施された♪       

( ^▽^)<それまでは 税金15円払ってたお金持ちだけ

  ∧∧
 ( =゚-゚)<外交ではいわゆる 積極外交・・・
      ・ 日本の権益が侵される恐れが生じたときは、断固たる措置を採る!
      ・ 満蒙の平和のために日本が責任をもって支配下に置く
      ・ 万が一中国の内乱が激化した場合には中国国民党と結んで、
        中国共産党による中国の共産化を阻止する

592 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:36:35 ID:ZNZmlbJo0
>>526
クーデター「的」と書いてるだろうが
読解力の無いバカは俺に絡んでくるなよ面倒くさいから

593 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:37:15 ID:pfE/qlA50
  ∧∧
 ( =゚-゚)<張作霖と知り合いで、軍閥による間接統治にさらに利用しようとする田中内閣 と
       傀儡政権による満州国の建国を目指す関東軍で、方針が食い違う・・・田中も陸軍出身だけどね       

( ^▽^)<で、張作霖は・・・関東軍 のじゃまになる・・・っと
       
      

           ∧∧     リンゴくれ
          (゚-゚ =)/|\
          O',,Oノ ⌒⌒
                 )))


      メモメモ
∋oノハヽo∈ 
  ( ^▽^)   張作霖は乗ってる列車が爆発して脂肪 っと ♪
  ノ つ__φ))
 ̄ ̄\   \
       ̄ ̄ ̄

  ∧∧
 ( =゚-゚)<で、満州へ引き上げる途上にいた張作霖の乗る特別列車が
       奉天付近を通りかかろうとした時、
       線路際に仕掛けられていた爆弾が爆発 ・・・・・いわゆる 張作霖爆殺事件

594 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:37:49 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<そして田中内閣は、張作霖爆殺事件を天皇に怒られ総辞職w


( ^▽^)<天皇の意向により内閣が総辞職した唯一の事例


  ∧∧
 ( =゚-゚)<で、国際協調を掲げてる はまぐち おさち内閣が誕生♪  
      これ以降 関東軍と日本政府はますます方針が大きく異なることになる・・・・


( ^▽^)<まあこんなもんか 満州事変前の一九二〇年代後半の空気とやらはw

595 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:39:40 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<「満州事変」

      関東軍は張作霖が乗る列車を爆破殺害した・・・
      その為 張作霖の息子「張学良」は、日本に敵対的な行動を取るようになる

( ^▽^)<満鉄のすぐ横に新たな鉄道を建設し、ダンピング競争をしかけたり
       居住権や営業権を侵害したりした 
       (多数の関所を設け、日本の商品に多額の関税掛けたり・通行税とったり)
  ∧∧
 ( =゚-゚)<さらに、日本人に土地を貸すことを禁止する法律を作った
       いわゆる排日運動w

( ^▽^)<まあ、日本の日露戦争勝利から世界各地でわき起こった
      「自分たちの国を外国の思うがままにされていることへの不満」
      は、中国でも満州でも例外でなかったw
  ∧∧
 ( =゚-゚)<こうした雰囲気のなか、「南京事件」・・・日1人、英2人、米1人、伊1人、仏1人の死者
       (反帝国主義を叫ぶ軍人や民衆の一部が外国の領事館や居留地などを襲撃して暴行・掠奪・破壊)
      「済南事件」・・・(中国軍により日本人居留民12名が殺害、反撃した日本軍が外交官16名殺害)

       、がおき 日本では弱腰の政府への非難 中国では反日機運のいっそうの高まりw

( ^▽^)<今からみれば すぐさま武力行使にはしる田中外交が、弱腰とはとても思えんがw
       目的を達したらスグ撤兵し、国際的な非難をかわす手腕はなかなかだと思うw
  ∧∧
 ( =゚-゚)<中国民衆の外国人憎しの感情をあおり、過激な国権回復運動を操る
      ソ連コミンテルンの影を見抜き、必要以上の蒋介石への攻撃は
      逆に共産勢力を利すると判断したわけだが

( ^▽^)<国民は知るよしもなかったw   今も同じw

596 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:40:05 ID:pfE/qlA50
  ∧∧
 ( =゚-゚)<濱口内閣が暗殺? され 東大始まって以来の秀才 若槻内閣が誕生♪

( ^▽^)<しかし閣議で決定した「不拡大方針」を関東軍につたえると、「統帥権干犯だ」といわれ突っぱねられてしまう

       軍の統帥権は憲法上天皇にあったが、天皇は軍部に対して直接指令することなどなく
       それまでは、内閣が方針を軍部につたえていた
  ∧∧
 ( =゚-゚)<事実上のシビリアンコントロールの崩壊・・・(実は天皇も不拡大方針だった・・・)

  ∧∧
 ( =゚-゚)<んで、石原莞爾と板垣征四郎のコンビによる「満蒙領有の構想」が実行されることになる


( ^▽^)<関東軍は、奉天北部の柳条湖において南満州鉄道の線路を自ら爆破し(自作自演)
      これを中国軍の仕業として攻撃を開始♪  あははw  ヒデー

  ∧∧
 ( =゚-゚)<兵力は、中国軍は45万に対し 関東軍1万人・・・・ エー


( ^▽^)<しかし独断越境した朝鮮軍の増援を得て、
      たった5ヵ月で満州全域を占領、翌年3月1日には「満州国」を建国♪
  ∧∧
 ( =゚-゚)<その戦果は、ドイツの電撃作戦の成功以上の快挙らしい

( ^▽^)<石原莞爾が「戦争の天才」ともてはやされるきっかけに

597 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:40:33 ID:pfE/qlA50
  ∧∧
 ( =゚-゚)<清朝復興を条件に、満州民族である清朝の廃帝 愛新覚羅溥儀を満州国の執政とする

( ^▽^)<ラスト・エンペラー

  ∧∧
 ( =゚-゚)<しかしこの完璧な勝利もたらした結果が 後に日本陸軍を長く苦しめることになる

     ・ 中国軍の実力を極端に軽視し、日本軍を過大評価するようになった
     ・ 命令違反で独断専行しても、結果さえ良ければ褒章を受けることはあっても
        処罰されることはない、という風潮が広まる


( ^▽^)<日本が満州にこだわった理由は、貿易に過度に依存する
       日本の経済的な自立や ソ連から日本を守る緩衝地帯にするため

  ∧∧
 ( =゚-゚)<大陸脳


( ^▽^)<各新聞は関東軍の行動をこぞって絶賛し、世論は満州事変賛成へと動いてゆく

  ∧∧
 ( =゚-゚)<若槻内閣の不拡大方針は国民、軍部に見放され、安達内相が「挙国一致」を訴えたため、

      閣内不一致で総辞職となる・・・・

598 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:40:50 ID:5da1gwAj0
>>576
>真珠湾を攻撃されるのは事前に知ってたからな

知らなかった証拠のほうが多い。
ノンフィクション作家上野郷利昭氏が「徹底検証 ルーズベルトは真珠湾攻撃を知っていたか?」と
題する論文を寄せ、客観的な立場から検証し、「真珠湾攻撃をルーズベルトは知らなかった」と結論
づけています。半籐一利著「真珠湾の日」と一致します。


599 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:41:08 ID:pfE/qlA50
( ^▽^)<で、犬養内閣の誕生  犬養は満州国の承認を迫る軍部の要求は拒否!
       満州を領有でなく経済支配下に置くと言う政策をとろうとする

       が、五・一五事件で暗殺される・・・
       軍を刺激するとヤバイっつー うすらさむい時代の始まりに・・・・

  ∧∧
 ( =゚-゚)<事件の翌日に内閣は総辞職し、昭和天皇の「ファッショに近い者は絶対に不可」との
       強い意向に応え、次の首相には海軍出身の 斎藤実が総理に就任

       海軍の条約派に属する良識人で、英語も堪能な国際派

( ^▽^)<しかし軍部の要求通り、満州国を承認せざるおえなかった

  ∧∧
 ( =゚-゚)<さらにリベラル臭を嫌う軍部の 倒閣を目的にしたでっち上げの株をめぐる「帝人事件」で斎藤内閣総辞職w


( ^▽^)<ライブドアと違って 起訴された全員が無罪w 

  ∧∧
 ( =゚-゚)<斎藤は何とか同じ ロンドン海軍軍縮会議の日本代表の一員で、
      「軍拡による米英との戦争は避け、国力の充実に努めるべし」という主張を持っていた
      岡田啓介に後継をゆずる

(;T▽T) <しかし政治力がよわく ロンドン・ワシントン両海軍軍縮条約離脱に追い込まれた
       さらに 二・二六事件が起きる・・・  前任の斉藤、高橋是清蔵相、義弟の松尾が身代わりに殺害される

       岡田内閣はなぜか二・二六事件の責任をとり総辞職した

600 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:42:06 ID:pfE/qlA50
  ∧∧
 ( =゚-゚)<満州をリットン調査団が調査して報告書をまとめる

  (1)満州事変は、日本と中国が戦争をしたとか、日本が中国を侵略したとかいう簡単な事件ではない。
  (2)日本軍は過去の条約で認められている範囲内に引き上げよ。
  (3)満州における名目的な主権は中国に残すが、大幅な自治権を満州に与えよ。
  (4)自治政府は、外国人顧問を任命すること。顧問として日本人が十分な割合を占めるようにせよ。
  (5)治安は、外国人教官の協力を得た特別憲兵によって守られること。
  (6)事件解決後、中国は反日政策をやめること。


( ^▽^)<しかし国際連盟委員会は次の勧告案

  (1)満州の主権は中国に属する。
  (2)現在の満州国を承認しない。満州は国際管理のもとにおく。


  ∧∧
 ( =゚-゚)<軍部はマスコミをあおって 「満州国を承認しないような国際連盟など日本は脱退すべきである」
      という世論をつくり

( ^▽^)<軍部や世論の圧力をうけた日本政府は、
       「満州国の承認という日本の主張が認められないのならは国際連盟の脱退もやむをえない」

          と決断 ・・・・・  国際連盟を脱退

601 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:42:49 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<田中内閣で ”普通選挙” が実施された結果
      多数の人が選挙に参加出来るようになった

      それにより 新聞による世論誘導で政権に揺さぶりがかけられるようになり
      それを軍部・右翼・民族主義を偽装する共産勢力に利用され
      最終的に国際的に孤立する


( ^▽^)<満州に関しては 満州が中国に属するものなのか、独立したものなのか
      非常にあいまいだった

      それにより 交渉相手が国民党なのか? 満州なのか?非常にややこしかったw


  ∧∧
 ( =゚-゚)<日本の場合 外国との条約がたとえ江戸時代に結ばれたものだとしても
      それを守り、ねばりづよく交渉で改定を求めたが

      中国は、政権が変われば無効だと 日本の怒りをさそうような行為を平気でやった・・・



( T▽T) <夢のあった満州建国は、第二次大戦のソビエト参戦により・・・地獄に変わり
       無残な結末でその物語を終える・・・・

602 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:43:22 ID:YZ3ELvlO0

先日レディオのDJの英国人が
Rooseveltをロースヴェルトと発音をしたものの
結局正しい発音が分からずに
調整室に確認をしていました
たしかに妙な名前ではありますが
しかしかの大統領も時に流れとともに忘れられていくんですね

603 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:46:39 ID:pfE/qlA50


   ∧∧
  ( =゚-゚)y-~~
 〜( _ u'

604 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:48:08 ID:80c4zZ7g0
>>7
困ったことに佐官クラスの独断専行や謀略が横行していた時代ですた

605 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:49:08 ID:5da1gwAj0
真珠湾で無線使わず 旧日本軍の「戦時日誌」 米で発見
2007年06月08日09時58分
 旧日本海軍が真珠湾を攻撃する際、米国に艦隊の位置を知られないようにするため、
直前まで無線を一切使わない「無線封止」をしていたことを裏付ける「戦時日誌」が
米国で見つかった。

 中略

 無線封止の実施はこれまでも多数説として扱われてきたが、ルーズベルト大統領が事前に
攻撃の日時、場所を察知していたとする「陰謀説」を唱える研究者が日米双方に一部おり、
「南雲中将が無線封止を破って頻繁に電波を発信した」と主張していた。今回の文書は
この主張を覆す材料になりそうだ。

やっぱりルーズベルトは知らなかった。


606 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:49:14 ID:ZNvkOZzp0
>>604
私物命令とか横行してたんだよな。

607 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:49:17 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<かつて七つの海を支配し
        「大英帝国には永遠の友も永遠の敵もない。
               存在するのは永遠の国益だけである」  とか言ってたイギリスが、
       伝統的な「光栄ある孤立」政策を一大転換させ、同盟を結んだ相手が 日本♪

( ^▽^)<当時日本は、対ロシア戦略は、「日露協商」 か? 「日英同盟」 か?
      日中友好か?日米同盟か?とか言ってる昔も今もかわらねーw 

  ∧∧
 ( =゚-゚)<「日露協商」が上手くいかなかったから「日英同盟」を結んで
       日露戦争をやるはめになっただけで、どっちか選べっつー話でもなかったがw
       両方上手くやるのが一番だけど、「実力」見せねえと交渉も上手くいかなかったのも事実w

( ^▽^)<日英同盟を結んでたとかいっても、日露戦争にイギリスが参戦してくれたわけじゃなく
         ・軍事情報の提供
         ・極東へ向かうバルチック艦隊の航海の妨害
         ・戦費の調達
         ・ドイツやフランスに対する中立維持の外交的圧力
         ・日本への同情を高める国際世論の醸成など     の協力
  ∧∧
 ( =゚-゚)<第一次日英同盟における内容は、締結国が他の1国と交戦した場合は同盟国は中立を守り
      他国の参戦を防止すること、2国以上との交戦となった場合には同盟国は締結国を助けて
       参戦することを義務づけたものだったから
     
      日本の同盟国イギリスと、ロシアの同盟国フランスは、
      フランスが日露戦争に参戦した場合、イギリスはフランス・ロシアと戦わなければならなくなるが
      イギリスはヨーロッパで開戦する意思はなかったw

608 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:49:53 ID:pfE/qlA50

( ^▽^)<日露戦争で日本優勢の世界的認識が広まると
       日本は日英同盟の強化・継続を希望し、イギリスもそれを受け入れた♪

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日露戦争で勝利♪ アメリカの仲介で、ポーツマスでの講和会議がおこなわれ

      ・韓国における日本の特殊地位の承認
      ・旅順・大連の租借権と南満州鉄道の日本への譲渡
      ・樺太南半の日本への割譲
      ・賠償金なし


( ^▽^)<極東にがっちり利権を確保する日英同盟を、機会均等・門戸開放を要求するアメリカは好ましく思っておらず
       あとで、日英同盟の第四次更新を妨げようと画策する・・・ 

        (日英同盟を、日米英仏四国条約が結ばれたワシントン会議で破棄させる)

  ∧∧
 ( =゚-゚)<第二次日英同盟では、イギリスのインドにおける特権と日本の朝鮮に対する支配権を認めあうとともに、
        清国に対する両国の機会均等を定め、さらに締結国が他の国1国以上と交戦した場合は、
        同盟国はこれを助けて参戦するよう義務付けられた(攻守同盟)

609 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:50:47 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<第三次日英同盟では、アメリカが、交戦相手国の対象外に定められた。
      ただしこの条文は自動参戦規定との矛盾を抱えていたため、実質的な効力は期待できなかったが、
      これは日本、イギリス、ロシアの3国を強く警戒するアメリカの希望によるものであった。
      また、日本は第三次日英同盟に基づき、連合国の一員として第一次世界大戦に参戦した♪

( ^▽^)<日英同盟を理由に参戦し戦勝国の一員となった 日本に実質的損害はなく、
       戦火で被害を受け悲惨なヨーロッパの列強各国に代わり
       日本と米国は貿易を加速させ、空前の好景気となり日本は大きく経済を発展させた♪
       アメリカは19世紀末の鉄道ブーム時代から累積していた対外債務を一掃 世界最大の債権国へと転化
       世界経済の中心は、ヨーロッパからアメリカへと移った
  ∧∧
 ( =゚-゚)<同盟国イギリスから欧州への陸軍派遣を求められたが
       再三の派兵要請を断ったことで、日英同盟は崩れ、
       後に孤立した日本はドイツとの同盟という決定的なミスを犯す・・・・・

610 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:51:20 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日独伊三国軍事同盟

    アジアにおける日本の指導的地位及びヨーロッパにおける独伊の指導的地位の相互確認、
    調印国いずれか一ヵ国が米国から攻撃を受ける場合に相互に援助すると取り決めがなされた。
    実質上、対米軍事同盟と見なされ、日本の対英、対米関係は極端に悪化した。

       ・ドイツは対ソ攻略作戦遂行の為、アメリカの参戦をけん制するため
       ・イタリアは、戦後世界での発言力向上のため
       ・日本も対中で蒋介石を支援するアメリカを牽制するため アジアの権益の確認のため


( ^▽^)<英米協調派が多かった海軍は反発したが
       「 バスに乗り遅れるな 」 と条約締結が進められた・・・

       その後の日本の運命は、みんなの良く知ってるとおり・・・・・・合掌・・・

611 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:51:25 ID:4VhWrBWW0
>>531
アメリカに正義なんて無いよ。
たた、下に見てたジャップにやられたの悔しくて、卑劣な騙まし討ち攻撃と非難してるだけ。


612 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:52:13 ID:0lBdBHcHO
>>598
作家ってw
米政府が真珠湾攻撃を事前に把握していた一次資料は既にある訳だが

613 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:52:25 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<富国強兵政策で
      生めよ増やせよで増えすぎた人口を養うだけの土地が無く
      移民政策を進めたが、人種差別や奴隷的な扱いを受け・・・
      そこで満州を手に入れようと画策

( ^▽^)<今は土地を手に入れなくても、
       貿易で自由に食料や石油は手に入るしね♪


  ∧∧
 ( =゚-゚)<日米同盟強化で安定したシーレーンの確保♪


( ^▽^)<給油が大事


614 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:52:48 ID:99IyNgnRO
死人に口なし
瀬島を責めるのは俺の保守魂に反する

615 :ごめんなさい(´・ω・`) ◆GOMENn9sEU :2007/11/25(日) 09:53:17 ID:SMi92zjM0
瀬島龍三ってこないだ死んだばっかだろ。

616 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:54:15 ID:pfE/qlA50

  ∋oノハヽo∈
   ('(^▽^ )    ∧∧
    ヽ   つ   (゚-゚= ) 
     (_)'J    ゚○-J゚ ,,

617 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:54:45 ID:ZNvkOZzp0
>>612
そもそも真珠湾の陰謀云々言い出したのが作家だ罠。


>>一次資料は既にある訳だが
詳しく教えて。

618 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:55:21 ID:3j1knVRt0
        ∧__∧   ________ 
      <丶`Д´>/ ̄/ ̄/ 
      ( 二二二つ / と) 
      |    /  /  /  
       |      ̄| ̄ ̄   

619 :ごめんなさい(´・ω・`) ◆GOMENn9sEU :2007/11/25(日) 09:55:51 ID:SMi92zjM0
つうかルーズベルトが戦争したがってたって史実じゃないの。
何でいまさら死んだばかりの瀬島龍三が…
アメリカだなあ。そうやってインディアンの土地を奪っていったんだよな。

620 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:56:25 ID:zixLy/5G0
生きてるときに言えよ。二ヶ月前までご存命だったんだからよ。

621 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:57:43 ID:InazreWU0
北は日本の失敗に学んでいるなとつくづく思う。
独裁をあれだけ巧くやるんだからね。

622 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:57:50 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日中戦争つうか”支那事変”


( ^▽^)<1933年1月30日 ヒンデンブルク大統領は、アドルフ・ヒトラーを首相に任命した

      1934年8月2日にヒンデンブルク大統領が死去すると、
      首相であるアドルフ・ヒトラーは国家元首の大統領職を兼務した「総統」となり、独裁者として全権を担う

  ∧∧
 ( =゚-゚)<このころ ヴェルサイユ条約に違反して 毒ガスや戦車、航空機を秘密裏にロシア奥地で開発してた、
       ヒトラーに忠誠を誓う「ハンス・フォン・ゼークト」が中国に渡り蒋介石の軍事顧問を勤め
      上海周辺に " ゼークトライン " と呼ばれる強力な機関銃防御陣地を構築する

  ∧∧
 ( =゚-゚)<蒋介石の計画は ファルケンハウゼン軍事顧問団長が作成した

       上海に構築した鉄壁のゼークト・ラインに日本軍を引きずりこみ、
       そこで日本軍を殲滅すると言うもの
        当時、準備された防御陣地に対して攻撃に出た側は、
       ほとんどが失敗、大損害を出している(第1次大戦)


( ^▽^)<計画遂行の為には、一発目を日本軍に撃たせる必要があり
       蒋介石により数々のテロが実行される(成都事件・北海事件・漢口事件などイロイロ)

623 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 09:58:19 ID:pfE/qlA50

( ^▽^)<中国軍75万人 対する日本軍は20万人

       中国軍は、当時世界最新鋭のチェコ製ブルーノZB26軽機関銃を装備し
       ドイツからは装甲車や戦闘機などが大量に輸出されてた
       クリークと鉄条網で守られたトーチカが約6万

  ∧∧
 ( =゚-゚)<この時中国軍の指揮はドイツ国防軍軍人がとっていた


( ^▽^)<日本軍は肉弾突撃で突破♪


  ∧∧
 ( =゚-゚)<日中戦争つうか”支那事変”は日本に対する蒋介石の「侵略戦争」だなw


( ^▽^)<日本政府つうか 参謀本部の命令は上海居留民の保護で 、
      首都南京の攻略まではやりすぎだと思うけどね

624 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:59:26 ID:ihYQ1Wck0
開戦通告が遅れなくてもどの道騙し討ちだなんだ言われてたと思うがな

625 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 09:59:32 ID:pHmSu5kF0
パーティやって遅れたんじゃなかったっけ

626 :ごめんなさい(´・ω・`) ◆GOMENn9sEU :2007/11/25(日) 10:06:24 ID:SMi92zjM0
ミッドウェー海戦大勝利で戦局はどう変わったか 2 [軍事]
つうかこのスレもひでえな。仮定で勝ったと考えても途中から同じになるとか、
馬鹿じゃねえかwwwww 全然仮定じゃねえじゃねえか。

627 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:06:47 ID:TuXkJ9180
外務省の連中が宴会を・・。

でどこが瀬島と関係有るんだ。

工作員乙。

628 :ごめんなさい(´・ω・`) ◆GOMENn9sEU :2007/11/25(日) 10:09:45 ID:SMi92zjM0
つうかミッドウェイで勝っていたらって発想そのものが、日本が勝つか最低でも講和に持っていくって
前提なのに、その仮定の話の上でまで敗戦に持っていくってw どこまで馬鹿なんだwwww

629 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:10:05 ID:zixLy/5G0
でもさー、こんだけさー、いろんな憶測が出るって事はだよ?

日本は国家として 「なぜ負けたのか?」 をまったく分析できてねーってことだよね。

歴史学としてではなく、政治学、軍事学として分析すべきでしょう。
戦争の反省って、むしろこっちが重要だと思うがね。


630 :ごめんなさい(´・ω・`) ◆GOMENn9sEU :2007/11/25(日) 10:11:49 ID:SMi92zjM0
>>629
そらリットン調査団の勧告に従って、国際連盟で妥協するほか無かったんだろw

631 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:12:09 ID:8wlxhnAC0
つーか、日本人でルーズベルトが平和を求めていたなんて
思っている人っていないだろw



632 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:12:11 ID:/Onb2uWs0
ミッドウェイで勝っていたら=空母を失わずに済んだってことでおk?

そしたら、その後の作戦が180°変わるだろうに。

633 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:12:47 ID:pfE/qlA50
>>629

  ∧∧
 ( =゚-゚)<生産力差 それだけ


634 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:14:04 ID:lGnZm6cC0
すごい国賊だな


635 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:15:31 ID:Nxev9vmW0
親電の中身ってどうなんだ?

636 :ごめんなさい(´・ω・`) ◆GOMENn9sEU :2007/11/25(日) 10:16:00 ID:SMi92zjM0
日本が満州手放してたら国民党政府成立だし、朝鮮半島は保護国から独立の流れだろうし、
冷戦の歴史がなくなるだけで本質的には今と同じになりそうw

637 :ごめんなさい(´・ω・`) ◆GOMENn9sEU :2007/11/25(日) 10:20:14 ID:SMi92zjM0
まあ要するに交渉するよりは剣を交えることを国民が望んだんだろ。
戦ってはじめて仲良くなる関係ってのもある。

638 :ごめんなさい(´・ω・`) ◆GOMENn9sEU :2007/11/25(日) 10:32:04 ID:SMi92zjM0
まあ台湾くらいは保護領で香港みたいになったかもしれないが、
そんな甲斐性も無いだろ。赤化してない中国だったらすぐに取り返されそうだ。

639 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:33:40 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日本軍のベトナム進駐が   7月28日

      それを受けて アメリカの対日石油輸出禁止が、 8月1日

      御前会議で対米開戦を決定したのが 9月6日


( ^▽^)<東條内閣成立が    10月18日

       ハルさんのノート貰ったのが、 11月26日


  ∧∧
 ( =゚-゚)<で、12月8日 AM03:25   ハワイ真珠湾攻撃

640 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:34:42 ID:ZWs4aTQM0
>>582->>587>>589>>591>>593->>597>>599>>601
>>603
ネコちんおはよー。
ためになる歴史講談乙れすー
今日はまた長いねwすげー読み応えあって面白い。

641 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:35:19 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<当初 ハルさんノートにはだいぶ日本に譲歩した案もあったらしいが・・・


( ^▽^)<蒋介石が望んでいた日米戦争回避を恐れ
      「わが国をいけにえにして日本に譲歩するのか」と 
       イギリスに泣きつき、
        チャーチルはルーズベルトに、
       もし中国が崩壊したならば、われわれの共通の危険は非常に大きくなる」と警告

  ∧∧
 ( =゚-゚)<で ノートは厳しい内容で一発目を日本に撃たせ・・・・

642 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:35:29 ID:tF5YItbk0
周知の事実を「新発見」として騒ぎたて、
しかも戸村より瀬島が悪者になってるし

643 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:35:47 ID:XgrmA6Ck0
>>626 ミッドウェー海戦大勝利で戦局はどう変わったか 2 [軍事]

軍板はIDが無いので、1匹の白丁が延々一人芝居をしています。

そのため軍板は「白丁の湖」と呼ばれています(笑。

「初心者スレ」以外は見るのも無駄です。



644 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:36:16 ID:JwCa+VZA0
親書を天皇に渡してたって、状況は何も変わらなかったろ。
天皇は立憲君主的な立場を選ばれてたって言うんだから。
「作戦中止!」なんて言わんだろ。

645 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:36:24 ID:pfE/qlA50

>>640  やあ

  ∋oノハヽo∈
   ('(^▽^ )    ∧∧
    ヽ   つ   (゚-゚= ) 
     (_)'J    ゚○-J゚ ,,

646 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:38:25 ID:pfE/qlA50
  
  ∧∧
 ( =゚-゚)<インドネシアは日本が戦中に築いた行政機関を唯一そのまま引き継いで独立した  
       唯一の国♪

( ^▽^)<第二次世界大戦が勃発! オランダは「中立宣言」をしたのにかかわらず
       数ヵ月後ドイツに占領される・・・・・・

       日本のベトナム進駐に対しオランダの亡命政権(在ロンドン)は、
       「対日石油禁輸決議」という経済制裁をアメリカとともに実行
  
  ∧∧
 ( =゚-゚)<石油の7割をアメリカに頼ってた日本は困った・・・


( ^▽^)<そこで日本は産油国で唯一軍事侵攻可能なオランダの東インド植民地・・・インドネシア
       に目をつける
  
  ∧∧
 ( =゚-゚)<真珠湾攻撃から一ヵ月後 落下傘部隊の空挺降下をかわきりに
       日本軍のインドネシア侵攻が開始される♪


( ^▽^)<二ヵ月後 オランダ現地軍は降伏  インドネシアは日本の占領下に

647 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:38:47 ID:pfE/qlA50

( ^▽^)<インドネシアには
       「北方より来たる背の低い黄色い民が 我々を白人より開放する」
        という古い伝承があり・・・(ナウシカ?)
       
       インドネシア各地で「民族の解放者」として日本軍は熱烈に歓迎される♪
  ∧∧
 ( =゚-゚)<日本の軍政統治は、
       オランダ統治時代の差別的な統治をやめ
       県長や市長をインドネシア人から登用
       民間のオランダ人は、復旧工事などに雇用 生活の自由を保障する (捕虜となったオランダ軍の将兵にも)

( ^▽^)<白馬事件が国際的に広まる原因に・・・

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日本軍のおかげで スマトラの牢獄に入れられていた一人の独立活動家が開放された

( ^▽^)<後のインドネシア初代大統領♪ スカルノである

648 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:39:13 ID:XgrmA6Ck0
>>629 日本は国家として 「なぜ負けたのか?」 をまったく分析できてねーってことだよね。

結局、いくさとは時の運です。

いくら分析してもその分析した人がどうゆう結論(→対策)を立てたいかで
原因なんんていくらでも出てくるので大した意味がありません。

次にやれば今度は勝つかもしれないし負けるかもしれません。まあそんな
ものです。

649 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:39:20 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日本軍はスカルノに独立の確約なしに軍政統治への前面協力を要請  

      スカルノは、当時のインドネシアに近代国家の運営する能力がないことがわかっており
      当面は日本の統治に協力し、近代的な統治機関の構築・人材の育成をするということで
      日本と一致する 

( ^▽^)<日本政府の当初の対インドネシア政策は「独立不可」
       戦略物資を豊富に産出するインドネシアは「永久に帝国の領土とする」

  ∧∧
 ( =゚-゚)<スカルノは、日本軍が軍政を円滑に進める為に設立した「民衆総力結集運動」を利用し
      インドネシア各地の有力者との間に強力なパイプを築き
      のちの独立達成の原動力とする

( ^▽^)<日本の戦局が思わしくなくなると 突然東條首相が臨時国会で
       「インドネシア人の現地統治機構への参加を認める」と発言

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日本はインドネシア防衛を現地人に肩代わりさせるため
        「郷土防衛義勇軍」を設立 

       独立にそなえて独自の軍事組織を保有したいスカルノの希望と一致するw

650 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:39:54 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<相次ぐ大敗で日本軍の威信の低下  経済の低迷もありインドネシアの民心が日本から離れていく・・・・

( ^▽^)<日本でも東條内閣が総辞職
      後継の小磯総理が「インドネシアの将来の独立を認める」と発言♪

      日本人気ちょっと復活

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日本政府の態度の変更は、インドネシアの石油を本土へ輸送するルート
      いわゆるシーレーンを米海軍により断たれたのが大きい・・・・


( ^▽^)<つまり石油 石油資源の確保という当初の戦略目標が不可能になったため (国益)
      「アジア開放」へ・・・(大義)

  ∧∧
 ( =゚-゚)<これにより「独立準備委員会」が設立  国家体制や憲法が協議される


( ^▽^)<しかし 日本が降伏・・・・・ スカルノもまた独立への後ろ盾を失う・・・・・

651 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:40:16 ID:pfE/qlA50

  ∧∧
 ( =゚-゚)<連合国・・・オランダが戻ってくるのは時間の問題だった・・・・

( ^▽^)<スカルノは急いで 独立の既成事実を固めようと
       憲法を制定、主要な行政機構をスタートさせる

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日本の将兵は、連合国の進駐まで現状維持に努めよ という上層部からの命令と
       独立に努力するインドネシア人に協力したい感情の板ばさみになる・・・

( ^▽^)<インドネシアはもどってくるオランダ軍との戦いに備え 強力な武器を必要としていた

  ∧∧
 ( =゚-゚)<表向き インドネシア民衆の襲撃という形で 大量の武器が合意の下
       インドネシア側に引き渡されるw

( ^▽^)<二千人の日本兵も同時に義勇兵としてインドネシアに残る

652 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:40:37 ID:pfE/qlA50
  ∧∧
 ( =゚-゚)<オランダのインドネシア統治はもはや不可能だった

( ^▽^)<国連の創設とともに 国際社会の空気は、
       植民地時代の終焉にむかっていて
       インドネシアに固執するオランダへの風当たりは強まっていくw

  ∧∧
 ( =゚-゚)<ぶちきれたオランダはインドネシアへ軍事侵攻を開始!
        国連安保理の議題となるw

( ^▽^)<アメリカがオランダへ復興の資金援助停止すると脅しをかけ
        オランダは、しぶしぶインドネシア独立を認める♪

      1950年8月17日  スカルノは、「インドネシア共和国」の設立を宣言♪

653 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:44:08 ID:pfE/qlA50
>>629

  ∧∧
 ( =゚-゚)<瀬島龍三は戦前、大本営の命令で対米戦の分析して
       日本が負けるってレポートあげた本人だよ

654 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:44:33 ID:JwCa+VZA0
>>648
スポーツと同じみたいなもんだな。

655 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/11/25(日) 10:46:49 ID:pfE/qlA50

( ^▽^)<ミッドウェー海戦は 戦力じゃ日本側の圧勝だった・・・

       だけど結果は惨敗・・・・

656 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 10:51:56 ID:YkkHbXrDO
Indonesia、大好き♪
Indonesia、大好き♪
Indonesia、大好き♪
Indonesia、大好き♪
Indonesia、大好き♪
Indonesia、大好き♪
Indonesia、大好き♪

657 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:00:54 ID:j2+VYQfx0
☆みなさ〜ん、ユダヤ朝鮮の下僕、売国神社がユダヤ工作員の命令にきちんと従いましたよ〜っ☆
http://ime.nu/ime.nu/news.www.infoseek.co.jp/topics/world/korea/story/06mainichiF20061006p1500m040143/
<靖国神社遊就館>米が批判の記述修正 アジア関連は変えず (毎日新聞)
靖国神社の最高意思決定機関である崇敬者総代会が5日開かれ、「遊就館」の展示のうち、
米国から批判が出ていた第二次世界大戦の米国関係の記述を見直すことを決めた。
    凸┃┃ (/)     ┃┃凸
    Ш┃┃ (/)ィ'ミ,彡ミ .┃┃Ш 
    .|| ┃┃ (/)ミf 、 , ヾ;;┃┃.||
  ∧_∧   (/)ミ `L ´t彡 
  <ヽ`∀´>  (/) <ヽ一_>i  韓国は美しい神の国なんだな
  (つ  つミ (/)(⊃⊂ )  http://ime.nu/ime.nu/japan.arrow.jp/empire/log/eid300.html
  |_|_|_D(/)_|_|_|__
  /////ノ,,,,,,ヽ ////| 
////////////  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|  ニ ダ ヤ ス 国        |

        ∧_∧
      _<ヽ`∀´>__    <ヒント: A級戦犯の源田、岸、児玉、笹川は釈放後、在日朝鮮人を集めて 
      \ U ̄∪ /           勝共連合(統一教会)を造りました
       │   :::│
       │   :::│
  /⌒ヽ__// ‖\\__/⌒\   松岡のユダ鮮との裏取引は
  ( ◯ / /)  (\\ ○ )
  \ / ./● I  I ●\\/  それぞれの壷の中にある
   /  // │ │ \_ゝヽ    
   /     /│  │ヽ    :::ヽ  それが私の心だ
  /    ノ (___):::ヽ   :::|  

658 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:06:01 ID:ZWs4aTQM0
>>653
え!
・・・何故それで>1のような行動を・・・

659 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:08:28 ID:ZWs4aTQM0
あとで再読するための俺様用しおり
>>540
>>607->>610>>613
>>622>>523>>639

660 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:09:44 ID:vNC/wIVC0
>>18

死ね、コバ厨

正味、死ね

661 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:11:04 ID:ZWs4aTQM0
アゥ・・マチガタ・・・540は関係なし
>>640>>659
>>641>>646>>647
>>649->>652

662 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:11:26 ID:74hD1CYQ0
こいつのせいで、3人兄弟の祖母の、長男と次男が戦死したんだよ。
絶対にコイツを許すことはできない。

663 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:15:17 ID:1BSD9Jlh0

 ま た 陸 軍 か

664 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:17:29 ID:2lH2NfpF0
瀬島龍三って小泉なんかより遥かに売国奴だった。

シベリア抑留で日本兵が奴隷扱いになって死んでいったのも、瀬島とスターリンとの密約があったかららしい。


665 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:22:31 ID:Xx4wGRp50
サムライだな

666 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:30:54 ID:Vwob0LDm0
「ドラえもん、のび太と日本の一番長い日」
1945年3月 日本軍はついにのど元とも言える硫黄島を失う
       \ __┌i   /
      / \ |_|ヽ/
  __ /  (( ))| |( )) __   「おまえらだけか」
l⌒\  \ ̄ // ̄ヽ>、   /
\/⌒\ ヽ ̄ ゙==′\. /   「われわれアメリカ海兵隊を相手に よくぞ戦った!!」
 ヽ  ノヽノ          i/
  |⌒//  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ | |.   ._     _.   _   ._   _
  | | |        /\.  | |  _/i_ヽ_ __/i_ヽ__ /i_ヽ_/i_ヽ__/i_ヽ_
 __| | |      / ̄ ̄\ | | . ──  . ── . ──  ──  ──
 ヽ ̄ノ     | ̄ ̄ ̄ ̄| | | | = = | | = = | | = = | = = | = = |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           「だが、ついに最後の時がきたのだ。」

                _|_|    ___
..              .( ||_).  / vvvvvv ヽ
              h j( ) |_|  (・)''< |
\\      _____  ! __ノ | (  U ⊂⊃ ヽ       ____
 ||ヽ|     /_____ヽ|──| | ___l___. |..  o /  −、−、  \  __  |\∧∧∧/|
 (⊃0   | | ノ−、 −、| |   ヽ(\ ___ .ノ)\ .| |/ , - | ミ|・ |-、  ヽ/,─、ヽ| _____|
 | )\  |_|-| >|+ |.. |  / ` ──── ′ `.|_|./  ` -●-´  ヽ | |.. ..| | |U−、 −、 ||
 ヽ___/ \( u`− o ─ i). | /             (___)/^\三|三/^ヽ ヽ二´ノ(| | +|+ | |)
    \  ヽ( ̄ ̄ ̄ ノ  !/\/\/\/\/ヽ|  | |.    ̄ ̄   | /.\_<___^_u_>
     \ |  ▽▽ |\   |              |  | ヽ__(二二二)__/ /    \ 〜〜〜〜
       |      | \ |               |  ━━━(t)━━ \      ヽ ^▽▽^|^\
497 名前: 名無し三等兵 [sage

667 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:33:17 ID:Vwob0LDm0
前の月には14日、近衛文麿公爵は昭和天皇裕仁に「敗戦必至」
と上奏文で告げていた                  ↓裕仁 
                            , ─── 
          _______      /__     ヽ
          | ______ <      | −、ヽ |     |
     _   | | // ヽ/ ヽ! ̄       |・  |─|     | 「おおげさ
    (__)  |__|  |   ・|<  |       d −′||)    /   だなぁ」
     \ \ (ヽ  ` −o−´-、       ヽ、    \ ヘ/
       \ \| / ̄ ̄ ̄/ ̄          `-、┬─┤
   ,−、   \ ヽヽ───, _        /  i ⌒゙i. ̄ ̄ヽ
(( | | |____/   ▽▽ ̄ ̄(_ )┐ ))   /  /|l二l|     |  
  |.-| | |  | \   / ̄ ̄┴─┴┐    /  / .|  |     |
.  └−' ̄ ̄\  \ ./   |      | |  /ヽ/i─|__|____|
         \__|    |     | |  uu ´/       ノ
          |__|.      ̄ ̄ ̄ ^.    ├-┬┬-┐´   
          /_/_              |__| |__|     
         l___ )             __|__|_ |__|_
                         (____j __j
      ↑近衛文麿
「このままじゃあ、共産革命が起きるぞ!」
しかし、近衛はすでに昭和天皇の信任を失っていた。また、
最後の決戦に賭けたい思いもあった。

668 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:35:24 ID:Vwob0LDm0
4月 ついに沖縄に米軍が上陸。大本営の誤った判断により
第九師団を台湾に抽出されていた32軍は早々飛行場を放棄した
   ゝ/  ̄     ̄ \
   /_______ヽ  「エエッ、海軍にもう船は
\  | | , ─ _ヽ/_─ 、 | |     ないの!?」
   | |_|   / o|o ヽ  |_| |
─ (^| |  j/ | \|  j |^) ─
   (⌒ ` ─ ヘ ─ ´⌒)
   \_/ ̄ ̄\_/  \  
/   | |        | |  | |    >分かりました、では大和を
  | |  | |.       | |  | |  
  | | _|_|__(⌒v⌒)_.|_|_ | |. 
  | | ヽ、__ ̄ ̄ ̄_ノ    
      /▽▽\    
5日 小磯国昭内閣が重慶工作(中華民国との和平交渉)
の失敗の責任を取り倒壊
               /⌒/ //   \  ←ミョウ斌
     / ⌒ ⌒ \  i /   || U /⌒ヽ 「中国も連合国
    /   ノ \   ヽ| i 3 || 3   |  |  内で孤立してる
   i  ∠ U ー\  | ./ ̄⊂⊃ ̄ `ヽ|   |  んだ…」
   |_/ へ    へ\_| i         .|  |
   ( | | (゚|  |∠| | Vヽ、____ ノ\_ ! \
 (/  !  ー  、 ー  !/  / | l | `ヽ     ヽ
     \   _   ./ ─- 、ヽ__ノ   ヽ\    i
   (/  .>ー──イ( ___   ヽ       ∨   /
  ┌=/ l \/=\ノ   \(_,_,_ ノ      |   /
  │ / |      \  ヽ          ヽ、_,_,_)
  | / ─, − 、 , -< ノ          |  |
 ̄ ̄ヽ _(__i_)U (_、、_ノ'i ̄ ̄ ̄ ̄\    |  |
     ↑小磯国昭
   「中間内閣の僕に言われても…」  


669 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:39:00 ID:Vwob0LDm0
7日 鈴木貫太郎内閣が発足
      , ──- 、
    /          \
    /          ヽ ←鈴木貫太郎
   |                | 「もう、77歳の私に
.   !             !  何ができる…」
   \         /
    ○━━━━━l
     ( _       |
     _|_|        |
     (        ●ノ
戦争に反対していた東郷茂徳を入閣させるのにもっとも
苦労したが、無事組閣に漕ぎつける
                        ///∠_
                       /___   ヽ  ←東郷茂徳
                       | へ  ヽ    \ 「本気でやめさせる 
       ____           | ̄ ̄|_ |     ヽ 気があるのか?」  
    /    /⌒ヽ⌒ヽ、         ヽ・__/   ^ヽ    \
   /   , -|  ・|・  |-ヽ      (二)     ノ    _\
  /  /    `ー ●-_ ヽ     /vV\\  \ _ヽヽヽ
  |  /    ──  l___ |       !   ヽ //     \
  |  |   ──      _)       \ _//         ヽ
  ヽ ヽ    /     __)          (/ ⌒ヽ        ヽ
  ◯ヽ ヽ          /    ⊂二(\  /    i        i
  \ l━━━━━━━─◯    |二ヽ | ̄|    |          |
     |           /     ヽ)__|_|    |         |
   「もう、それしかないって」   

670 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:41:09 ID:Vwob0LDm0
小磯内閣が倒壊した日、ソ連は日ソ中立条約を延期しないことを通達
さらに5月 ドイツが降伏
         ____     
     ,.>‐'::::::::::, - ,;::::::,ニ、'‐-::、
   ,.;'"::::::::::::::::/‐- 、l/   ';:::::::::\    「…スターリンがそれほど
  /::::::::::::,;::::::/  .( ・)| |--- .|:::::::::::::\   信用できない人間には
/:::::::::::::::/:|-'へ、/⌒,.!、`ヽ ./ ̄\:::::::::l   思えないが」
:::::::::::/ し'    ' ‐-イ::::::::)‐'"    \:::|
:::::::::/    ̄  ̄ ' -  '‐r''" ' ̄ ̄ ̄  ',:!
:::::::/  ∧ー――-   .|   ――∧-  l|
:::::::|  し'     _    |   ー- し'_  l|
:::::::l  ―― '´  ,r ┬个┬-、     ./
::::::::l    -‐='"┴┴┴┴ ┴=:、   /
::::::::' 、                 ̄ /   ,
\::::::\___________/  / |
  >------------r―-:、------ゝ、  し'
/::::::::::::::::::;;-‐'"´ ̄ト‐┬‐l ̄\:::::::::::\
::::::::::::::::::::/      ヽ -‐'   `:,:::::::::::l
しかし、東郷茂徳ら外務省はソ連参戦が近いことを痛感する



671 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:43:15 ID:Vwob0LDm0
6月 昭和天皇は中国視察に出かけた梅津美治朗大将
から衝撃的な報告を受ける          ____
                         ゝ/ ___\ 「そんな!    
         __              /    | /−、|  本土の師団  
       / /ヽ\            |   _|─|   ミ|   の装備はそれ  
     ∠ 二二二 >          !   (  ` ー b  以下なんだぞ!」
     / ̄ノ ・ ・ ヽ          \  / /^\_っ 
    (   /(二二) ヽ.    .    、  ヽ| (__    
     |   : : : : : :  !      ⊂ ┘l ___ノ──<′   
    /ヽ ( ̄ ̄ ̄>ノ ヽ     ヽ  _|_| ̄ ̄(^\   
   /     ̄ ̄ ̄  |/ヽ       ̄   |    \ /\/)  
  /\ /          |、 ヽ         ├───|\  ヽ 
  |  /|      __|_(_)_____ .|____.|  \ミ  
  ( __ ) |____ |     |         |  |   |   |   
     (     ヽ|     |         |  |   | |   |     
    l二二)   |      |          |  |   | |   |     
      |_|. (二二 |___|._______|(二二)(二二)   
   ↑梅津美治朗
「中国、満州の100万の兵力を持ってしても
 アメリカの4個師団ほどの戦力しか…」
本土決戦派の一人だった梅津の報告であるだけに説得力があった



672 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:45:22 ID:Vwob0LDm0
6月22日 32軍の組織的な抵抗は終わり、沖縄は陥落した
この日、ついに昭和天皇は時局収拾(終戦)を初めて口に
した
    _____
   /   − 、 - 、 \「広田とマリクの会談に
  /  , −| /・|・\ |-、ヽ賭けましょう」
 / /   `− ●−′ ヽi      ___  ##
 i |    三 | 三   |   ゝ/______\#
 | |     /\    /    | |  ─ w− 、| 「このまま 
  ヽヽ   /   \  /    |__|-|  +|+  |  では米軍が
   ━━━━(t)━━     (   `− o ─ |  熱田神宮を
  /  /___\ \    /ヽ、 /\__/ノ   占領してしまう…」
  ◯ | ヽ__/ ノ |○   | uuu─,─ ´、   
  (ヽ `────′ )     |\___/─┬ ′
しかし、ソ連大使マリクは広田弘毅との会談を延ばし、時間を稼ぐ
\\\      /⌒\    , ─ 、
         /___ヽ /   ヽ\\\
      /  ̄      ̄ ヽ.    i
\\  /  ̄ ̄ ̄ ̄ \     \   |   
    / へ    /ヽ   ヽ     ヽノ    
   / /^ヽ    /^ヽ   ヽ     ヽ \\\
   |. | 0 |   | 0 |     |     i
\\|  `− 6   `−′    |.    |  ←マリク
   !               !    !   「講和の仲介なんて
    ヽ   /  ̄ ̄ ̄ \   /   /    する訳ないでしょ!」
     \ \_ (⌒ヽ丿  /  /
       ━━━6━━━━━ヽ、
     /| / ___ \   /⌒ヽ
    (⌒ | | ヽ    ノ  i  ` ┬′


673 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:47:30 ID:Vwob0LDm0
日本は知るよしもなかったが、さる2月、スターリンはヤルタにて
対日参戦をローズベルトに約していた
                         ___
     ____              /     \  ←ローズベルト
   /_____ヽ           ⊂二二>─ ┬i 「満州の権益は 
    |__|    ヽ  / |            | | /| |ヽ | |_|  譲るよ」
   (d     (・  (・ l、            |   。    6)
   !      )⌒  i  ∩__        ヽ   ノ  ノ
  /\   ノ(フ  ノ ( つ )        ` ┬ イ
 / ヽ  ` ─── ´ ヽ_| ̄ ̄|        /^▽▽ ^ヽ
 |   |         |    ノ        | |    |  |
     ↑スターリン
「国益のための戦いなら国民も納得する」
奇しくも、近衛は同じ月の上奏文でソ連の危険性を指摘していた。
その近衛が和平交渉依頼のためのソ連への特使に内定される                  
  _______
 |  ____<
 | | ノ- 、−、| ̄
 | _| | ・|・ ノl   「皮肉だ…。だが、条件次第では
 (  ` - o->   ひょっとすると…」 
  \    <  
  / ▽▽| ̄  



674 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:49:38 ID:Vwob0LDm0
7月26日 連合国はポツダムにおいて日本に降伏を要求
  ________
   ヽ, -─┴ ─ 、__/   
    / ノヽ___   |  |   ←トルーマン
   「 ̄ー| ー   |─|  |  「別に日本人の奴隷化はしないが、
  /ー 0 ー─ ´  ⌒ヽ   戦争犯罪人は裁かせてもらうよ」
 |   (\  ヽ    _丿
 l  (_     |    ノ、      
 \ _____ // \   
  /|/▽\/_ //^\   
/7 | / |/  >  l    ヽ    
l ヽ | /  /   \    l
|   O  ´      |   ノ
|              | /
28日 鈴木首相はポツダム宣言にそれほどの意味はないと
判断し、とりあえず無視するとコメントする
        ___
    /  ̄    ̄ \
    /          ヽ  「降伏しかないことは分かっている…。
  /              |    しかし、陛下への処置が分からない
  |     , -===- 、i   まま降伏はできない…」
   |   /         ヽ
   ヽ /          | |    
     |_|           |_|
     (.__.)        |_)
      │     -● |
      |     |   |
     ⊂二二⊃⊂二⊃


675 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:51:46 ID:Vwob0LDm0
ソ連の仲介に賭けた日本政府だったが、8月6日に広島、9日に
長崎に原子爆弾が投下される
           γ ⌒ ⌒ `ヘ
          イ ""  ⌒  ヾ ヾ    ドガァァァァァァァァン.....
        / (   ⌒    ヽ  )ヽ
        (      、 ,     ヾ )
 ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
  _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;〜−ヽ_ii_i=n_ [l h__
  /==H=ロロ-.γ ,〜ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
  :::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
  Π=_Π「Uヾ、 ⌒〜"""''''''⌒〜'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....
 Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--〜''""   :::Д日lT::::
さらに9日
                      , ────- 、
                    /.________ヽ.  .⌒ヽ  /)
                  ゝ/  |: : : :/^\,、/ヽ: |   |  |/  / )
        ____     /  |: : : / ⌒ ヽv ´⌒ ヽ  /  ヽ ´ /
      / /⌒ヽ⌒ヽ\   |   |: : : |     (0|0)   |/|       ̄ )
     /   |/(・|・)\| ヽ  |   |---|.       |     |_ ヽ、 __ ヽ ̄
   /  / ヽ_ ,●_ノ \ヽ  /⌒: : : ヽ、 ___ ノっ、_ ノ::)/   \_)
   |  /    ─ | ─   | | : : : : /⌒\: : : : : : : : : :/ 
  |  | /⌒\.二 |二/^ヽ | ,−、: :|     ̄ ̄| ̄ ̄     
  |  | |    \_.|/  | | /   |::| (⌒ヽ⌒) |    「ソ、ソ連が満州に!    
   |  | |          l /   /ヽ:\──´ |     中立条約は…」    
 /⌒\| ヽ、__/⌒\_ / /   /  \`─── つ    
 |   ヽ━━━━6━━/   /      ̄ ̄| ̄
 |    |  /       `/   /|          |


676 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 11:53:52 ID:Vwob0LDm0
同日 ポツダム宣言の受諾はやむをえなしと御前会議で
判断されるが、条件をつけるかどうかで紛糾。切羽詰った
鈴木首相はついに天皇の判断をあおぐ
       ,  ────- 、
    /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
   /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ   「この上は、まことに異例
  /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ   で畏れ多きことでござい
 l    /  ──   |   ─  |    まするがご聖断を…」
 |  /   ──   |   ─  |  
 |  l    ──   |   ─   l   
  l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /   
  ヽ ヽ   (_____ノ / _     
    >━━━━━ O━━─( _ )
   /   /       ヽ  /
これが天皇のご聖断である
            /        ヽ  /^ \   「戦争犯罪者
      _    /________  ヽ  (_/  ヽ  として臣を裁
           |ノ─ 、/─ 、ヽ |  ヽ (_\/  ) かれるのはつ
              ,|  \ |・   |  |   j   ヽ `−ノ   らい…しかし、
.            ||  二 |     | ̄ ⌒ヽ′ /   /    外務大臣の意見
       /   /ー C ` ─ \)   _ノ  /    /    に賛成である」
           ! ⊂──´⌒ヽ   ノ/(    / ノノ
             \ \_(⌒⌒_) /!  ヽ、/
              ` ,┬─_− ´/ ヽ /
               / |/ \/   く
           ((  /\ \        ヽ
             /, ─ 、/ \       /\
.             (  l l j  \ ___ /   ヽ
外務大臣の意見とは天皇の地位のみを条件にする、と言うもの。
当然、他の条件は望むべくもない

677 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 12:30:56 ID:ZWs4aTQM0
あれ?ソ連の北海道への侵攻を書かんのかい(w>ID:Vwob0LDm0


678 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 12:54:12 ID:ZWs4aTQM0
近衛も謎な奴だな。
自分もマルクスに傾倒してたし、英米との対立を煽ってた張本人の一人のくせに
いきなり上奏文が出てくんだもん。
そういや皇居占拠事件の主犯って誰だっけ?

679 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 12:55:50 ID:8wlxhnAC0
>>678
近衛上奏文なんて敗戦後を睨んだ偽装だろ。


680 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 12:56:21 ID:F+jtKmPj0
結論
悪の枢軸 アメリカ・中国・ロシア
こいつら殺せば世界は平和になります

681 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 12:58:51 ID:ZWs4aTQM0
>>679
やっぱそう思えるよなー

682 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:02:23 ID:NZuLxObW0
日本会議・統一教会系右翼の弁明マダー?wwwwwwwwwwww

683 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:16:13 ID:jljaGd2C0
>>567
これもGRUと支那人合作で作られ
世界にばら撒かれた嘘情報の一つだと
判明している。田中上奏上文は
偽書だというのは既に常識。

684 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:17:57 ID:j0PGBzK50
戦後60年たっても陸軍と海軍の責任のなすり合いは続くのであった。

海上自衛隊と陸上・航空自衛隊の反目も旧軍の亡霊が元凶か?

685 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:27:46 ID:8wlxhnAC0
日米開戦は海軍主犯でしょ?

そもそも英米超大国と建艦競争だの仮想的敵国視とか
海軍アフォすぎ。


686 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:30:34 ID:6Hidnd0a0
>>49
よう、2ちゃん脳のボウヤw
右とか左とかじゃなくて、そこまで曲解してしまってはダメだろう、部屋から出よ!w

687 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:34:59 ID:hqeswUbVO
だからなんなんですか?戦争した事実は変わらないのですよ。
日本は戦争を正当化するのですか?本当に下劣な民族ですね。

688 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:40:07 ID:efCT4e82O
>671
昭和20年になって、日本陸軍史上最大の作戦、大陸打通作戦ができたのはなぜでせうか?

689 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:40:41 ID:7hHqVpsd0
日本の本質って良くも悪くも旧陸軍なんだよね。
戦後の、なんか海軍いい! みたいな見方はどうなのかと思う。

学徒動員でも、陸軍は学生も一般も新兵全員を殴り倒し、士官も兵士も一緒に突撃してみんな死んだ。
海軍では学生を真っ先に特攻要員にしていた。

690 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:40:46 ID:/h88fQEF0
>旧陸軍参謀本部作戦課の瀬島龍三少佐(当時)
陸軍省参謀本部とか海軍省軍令部といえば
中枢中の中枢、エリート中のエリートだな
階級こそ少佐でも実際には前線の軍の将軍以上の権限持ってたんだろうな

691 :通りすがり:2007/11/25(日) 13:46:26 ID:fQOsufLo0
ソ連に北海道侵略計画などはじめからネエよ。ヤルタ密約でも満州の利権と千島列島の所有が条件だったからな。スターリンだってアメリカ側の容認ナシでは強硬路線は採れんよ。

692 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:50:07 ID:WAJvDZILO
>>687
戦争なんざ日本に限らずやってるだろ。
隣の国じゃ未だに終戦どころか停戦もできずにグダグダと続けてるよな。

693 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:55:18 ID:u+tiqf190
陸軍も良くないが、海軍も別に良くない
そもそも第二次大戦で日本が負けたのは
艦隊決戦主義に凝り固まって対潜や掃海の技術が低く
シーレーンを維持できなかった海軍の無能のせいでもある

694 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 13:59:54 ID:8wlxhnAC0
>>693
まぁ、その糞海軍は艦隊決戦すらやらなかったからなw
温存第一で各個撃破w

695 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:06:23 ID:WAJvDZILO
こういう公僕が議会無視して国家権力を濫用する体制を改めないと同じ過ち繰り返すよな。

ウヨクウヨクと煩いのがいるけど軍部の統制派も国家社会主義とはいえいわゆる社会主義で
行動原理はサヨクと全く変わらないんだよね。
右翼も左翼もみんな元を辿ると同じ社会主義に行き着くからしょうがないんだけど。
大東亜共栄圏とか民族共和とか今のサヨクとまんま同じ事を言ってたんだからわかるだろ。

自由主義者の多い2ちゃんでウヨクとかサヨクとかレッテル貼って煽るのはホント意味ないと思うよ。

696 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:07:48 ID:Vwob0LDm0
一方、この会議中、阿南惟幾陸相は参謀次長からクーデター
計画を持ちかけられるが、動くことはなかった
                 , ──- 、
___ , - 、          (  (  (ヽ、 \
  , ─ 、)     \   iノ-、 −ヽ\ ヽ  /
 /ノ   |            |  ・|・  |-|___ノ
_/   (・|      /  (| ー、`−´(⌒i)  \
 U   ○         ヽ (⌒ヽ  | |ゝ
    ///)    _∩    ` ┬´ イノ∈ヽ
 (__/    ∈  )  /^l ̄ ̄(__ノ__/
\──´      ̄ヽノ\/ .|───-| \
  ヽ          \   /____ノヽ ノ
   i            `-´ |____|  ̄
   |              /     |
 ↑阿南惟幾
「まだ早まるな!陛下の御心は分からんのだ…」
結局、御前会議は天皇の地位について照会を求めることで
決着した


697 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:14:06 ID:Vwob0LDm0
11日 天皇制について、「降伏の時より、天皇および日本政府
の国家統治の権限は連合軍最高司令官に従属する(subject to)」
の返答を得る。これを巡ってまた一悶着起きる

      ___, - 、  「subject toは隷属する、と言う 
    /  ___)  意味です!このままでは危険すぎます!」           
   /   |   ノ  i                , ──- 、
.   i   __|     (・|                /____  ヽ
   |  (      ○             |ノ−、 −\ |  |
   ヽ/ /⌒ヽ   つ            |  ・|・  |─ |__/
    _|  |二⊃       (^ヽ、       | −o − ′  )
   | \ ヽ──、    (⊃`ヽ)       !└── ⌒ヽ /
  /   \ ̄j ̄\/\へ  ノ        ヽ、ヽ__ノ/
  |     `7       \`>           /|/\/\
しかし、天皇の意思は固かった。14日の御前会議にてポツダム宣言
受諾を最終決定する
     / ⌒` ─ 、
    /        \
     |          ヽ 「先方に悪意があるとは思えない…
    |          |   国体とは国民全体の信念と覚悟
    (\  , -── 、/ノ  の問題であると思う…」
     ` /⌒ヽ ̄ ̄`ヽ、  
      |  |       i     
       |  |       |     
       |  |        |      
        |__|, ──── 、)
      /_ノ        |
     /´ __|_,− 、___ ノ、
      ヽ、_|__    )_.ノ
この言葉を聞き、23人の出席者はすすり泣いたと言う



698 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:16:17 ID:Vwob0LDm0
そして、運命の15日
  〃/ / /  \ ヽ   >耐エ難キヲ耐エ
  ≪|__|  ( ・ ∠ |     忍ビ難キヲ忍ビ…
   (d u  ⊂⊃ |)   _,,,,,___
   __|  : : : : : : ヽ.,,∠,,,--(__)-ヽ、  
  ,,-\ヽ└<>-'丿=| // - 、-ヽi  「何を言ってるの?」
 /   \ ̄ ̄/ ̄.i.. |__| |   ・|・ ||
 |/(⌒ヽ/⌒)____|.. (d  ` - o-´ !
  ゙|\, ̄ ./ ̄ .ノ   ヽ、   3 ノ , つ
  .|   ̄   ̄ |     /゙\ ̄/ヽ /⊃)
余談だが、このラジオでの終戦の詔勅の放送は聞き取りにくかったようだ
阿南陸相は14日に自決。介錯を拒み、15日に絶命
     /⌒ ──- 、
    (           ヽ
     _|         |
     i |ヽ       !l   「俺が生きていても、陛下を
    /!ノ´\     /ノ    惑わせるだけだ…。死ねば
     >    \/ヽ/´     誰にも利用されない」 
    ヽ、 , ┴──┴┐     
     /        \
   /            ヽ
  /   /             i
  |   i             |
  ヽ、 |            !
   ( ヽ___,−、___ノ
  /⌒l───,  、──|
  |      く/\/    !
昭和天皇から下賜されたシャツを着ての割腹自殺である。遺書には「一死をも
って大罪を謝し奉る」とあった。終始本土決戦派だったとされるが、一方で和平
派の吉田茂に理解を示すなど、彼の本心は今もって不明である。
しかし、この自決により結果的にはクーデターは尻つぼみとなる


699 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:18:23 ID:Vwob0LDm0
一方、天皇は体を壊し床に臥せった。 
                __       
           ,―γ ___ヽー、     「終わった…何もかも」 
       | ̄ ̄|  | |(/),(ヽ)|    | ̄ ̄|      
      |   ヽ  (6  ー  )  ノ    |    
      -――  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄――- 
     |  ,―  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ― 、    |   
     |  |                |    | 
     |  |                 |    |  
こうしてアジア・太平洋戦争は終わった。いたずらに終戦を
引き伸ばし、本土空襲・沖縄戦・原爆投下の悲劇を招いた
ことについては批判も多い。また、天皇を含め彼らは万に一
つの可能性がないことに気づきつつ、あろうはずもないソ連
の好意と将来の戦果にすがろうとし続けた。
終戦までのこれらの動きは世界から孤立し、八方塞の状態で
はやむない部分もあるのだが、あまりにも喜劇的であった。
そして、その舞台には大量の死者と瓦礫が残された。


700 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:18:29 ID:qFuGBLz50
>>684
薩摩と長州の亡霊だろ。

701 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:20:31 ID:Vwob0LDm0
昭和20年8月14日、日本政府はポツダム宣言を受諾。翌15日、終戦の詔勅が放送された
多くの日本人にとって、この日が終戦の日である
     / ⌒` ─ 、
    /        \
     |          ヽ >耐エ難キヲ耐エ……
    |          |   >忍ビ難キヲ忍ビ……
    (\  , -── 、/ノ  
     ` /⌒ヽ ̄ ̄`ヽ、  
      |  |       i     
       |  |       |     
       |  |        |      
        |__|, ──── 、)
      /_ノ        |
     /´ __|_,− 、___ ノ、
      ヽ、_|__    )_.ノ

しかし、8月15日のこの時点では「戦争」は終わっていなかったのである……

702 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:22:40 ID:Vwob0LDm0
昭和20年2月、ソ連クリミア半島のヤルタで行われた会談においてルーズベルトは
千島列島をソ連に引き渡すことを条件に、日ソ中立条約の一方的破棄、
すなわちソ連の対日参戦を促した。ソ連軍はヨーロッパ方面においてドイツを破って勝利を収めつつあり
南下政策の一環として次の作戦目標を、満州国、朝鮮半島と決めていた
    
 「ソ連は領土を獲得したい」    「アメリカは太平洋での損害を減らしたい」       
           ___                _
       / ____ヽ           /  ̄   ̄ \
       |  | /, −、, -、l           /、          ヽ
       | _| -|  ・|< ||           |・ |―-、       |
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}         q -´ 二 ヽ      |
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ          ノ_ ー  |     |
    | ̄ ̄|/ (_ ∧ ̄ / 、 \        \. ̄`  |      /
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |         O===== |
      `− ´ |       | _|        /          |
         |       (t  )       /    /      |

        スターリン             ルーズベルト

ヤルタ会談の中で、ソ連は対日処理について、無条件降伏と徹底的な軍備撤廃、
ソ連軍による日本占領を主張した。しかし米国統合参謀本部は、ソ連が戦争の
決着がついた所に火事場泥棒的に便乗してくるとの見方を強めていた。この時点で、ソ連は日本
本土への野心があったといっても良いだろう


703 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:27:07 ID:Vwob0LDm0
モスクワ時間の8月8日深夜、ソ連は日本へ宣戦布告。翌9日零時に戦闘を開始した
期限が残っていた日ソ中立条約を一方的に破棄しての侵攻だった――

                _|_|    ___
               .( ||_).  / vvvvvv ヽ
              h j( ) |_|  (・)''< |
\\      _____  ! __ノ | (  U ⊂⊃ ヽ       ____
 ||ヽ|     /_____ヽ|──| | ___l___. |..  o /  −、−、  \  __  |\∧∧∧/|
 (⊃0   | | ノ−、 −、| |   ヽ(\ ___ .ノ)\ .| |/ , - | ミ|・ |-、  ヽ/,─、ヽ| _____|
 | )\  |_|-| >|+ |.. |  / ` ──── ′ `.|_|./  ` -●-´  ヽ | |.. ..| | |U−、 −、 ||
 ヽ___/ \( u`− o ─ i). | /             (___)/^\三|三/^ヽ ヽ二´ノ(| | +|+ | |)
    \  ヽ( ̄ ̄ ̄ ノ  !/\/\/\/\/ヽ|  | |.    ̄ ̄   | /.\_<___^_u_>
     \ |  ▽▽ |\   |              |  | ヽ__(二二二)__/ /    \ 〜〜〜〜
       |      | \ |               |  ━━━(t)━━ \      ヽ ^▽▽^|^



――――ドラえもん のび太のTHE LAST BATTLE――――


704 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:27:53 ID:4yMFG8ZZ0
>>695
日本陸軍が共産主義者の巣窟だった証拠は沢山ある。敗戦で解体された陸軍エリート将校は
大挙し日本共産党に入党した。志位正二(関東軍情報参謀、現在の日本共産党書記局長の
志位和夫の叔父)平沢道則(関東軍第三軍参謀長)種村佐孝(参謀本部戦争指導班長)など。

一般兵士はマルクス主義に取り憑かれた大本営の参謀(瀬島龍三など)に利用され死んだのが
事実で、戦前「神州不滅」「一億玉砕」「東亜新秩序」の言葉を駆使し戦争を煽ったのは朝日新聞
だった。戦時中のマスコミは軍部に強制され戦争を煽る報道をした反省から、戦後は反戦平和の
左翼になったという誤解が日本に蔓延するが、マスコミは戦中も戦後も一貫し共産主義者の巣窟
で、戦時中は自ら積極的に陸軍の為に戦争賛美し、敗戦すると同志だった陸軍を「軍国主義者」
と名付け、軍国主義は日本の伝統思想から生まれたとすり替える事で自分達の正体を隠すこと
に成功した。

705 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:30:08 ID:Vwob0LDm0
スターリンは北海道を領有することを欲していた。そのため日本降伏直後に占領の意志を示したが、
トルーマンに拒否されていた。しかし彼は諦めておらず、その野望を実現するためにも、
極めて短い期間で千島列島・樺太島を攻略し北海道の東部を実力で奪取する必要があった。
      __, - 、        
.    /, ─── 、)       
   //  /    ヽi   ←スターリン   
   |_|    ┃ ┃ |    「満州の関東軍はぶっ潰した       
   (     ⊂⊃ ヽ    次は千島・樺太に侵攻する」
   >、   \__ノ ノ  .nm     
  /  \─── ´ヽ、 /)- |    
 /    \--/ |  ̄|_丿      
 |      /   |  ||  


昭和20年8月18日、面積わずか230平方キロメートルの占守島は文字通りの激戦地と化していた
カムチャッカ半島の目と鼻の先にあるこの小島を巡り、日ソ軍が死闘を繰り広げていたのである
ソ連にとって占守島は北海道侵攻のための最初の一歩であり、日本にとっては最後の砦だった

706 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:32:16 ID:Vwob0LDm0
少しさかのぼってその前日、17日のこと…

第91師団長堤中将は、北海道・樺太・千島の防衛を統括する第5方面軍からの命令に基づき
終戦処理の指導に当たっていた
    _,,,......,,,
  ,,,''"    ゙''''丶
  i;;:::::ハ,:::::ハ、::::ハ ノ __
 !:::::ノ-lノ ノ'"- l/   / 一切の戦闘行動停止。止むを得ない自衛行動を妨げず。
 r、|  イ゚j`  'l゚j`l  < その完全徹底の時期を18日16時とする
 、_:  `  ' ` ノ   \________
  >、 丶フ /i:\   
  l /`i -'イ   W
  W /\/ /⌒ヽ   
   /l./\/    ヽ 
   l       \  
 ↑堤中将

第91師団を基幹とする北千島守備隊の兵力は、歩兵10個大隊、重軽火砲約200門を数え、
総兵力は23000名であった(占守島に配備されていたのは約半数)
北海道は取り立てて大きな戦闘がなかったため、当時としては弾薬や食料も比較的豊富に備蓄されていた。
その指揮下に入った戦車第11連隊は、独立戦車第2中隊を加え、戦車64両を保有していた。
この第11連隊こそが、占守島防衛戦の要石となるのであった
ちなみに、第11連隊は通称士魂部隊とも言うが、これは「11連隊の魂→十一の魂→士魂」と変化したものである


707 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:34:53 ID:Vwob0LDm0
一方その頃、ソ連側

          / ̄ ̄ ̄ ̄\
        l ∨∨∨∨∨ l  
        |   \()/   |    「8月17日夜に占守島北東部に奇襲上陸し
        (| ((・) (<) |)   主攻を小泊岬から片岡方向に指向、そして
        |    ⊂⊃   |    18日日没までに片岡海軍根拠および
       | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |   全占守島を占領する!
     / |. l + + + + ノ |\  日本守備隊は北海道へ通じる腐ったドアだ、そのドアは一蹴りで開く!」 
    /   \_____/  \ 
  /   _              \ 
 // ̄ ̄(_)               |
 |ししl_l  (            |    |
 |(_⊂、__)            |    |
 \____/              |    |

↑極東ソビエト軍総司令官アレクサンドル・ヴァシレフスキー元帥

17日深夜、ソ連はカムチャッカ半島ロパトカ岬の砲台より砲撃を開始し、艦砲の射撃の後に
占守島攻略部隊が強襲上陸を開始した。このときの戦力は第101狙撃師団(約8300人)
火砲218門、またそれらを揚陸するための艦艇38隻 揚陸艇16隻である。


708 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:35:22 ID:+wAUelZ20

ルーズベルトとルーズソックス

709 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:37:47 ID:Vwob0LDm0
つまり、ソ連軍は武装解除中の日本軍を強襲する形になったのである
しかしソ連軍の侵攻はその最初の段階で、既に思うように行かなくなった

本々、占守島の陣地構築の問題から砲兵は水際配備となっており、水際殲滅を方針にしていたため
上陸用船艇群に大打撃を与える事に成功したのだ。この予想外の抵抗にソ連軍は混乱してしまう

      /!/{  / ヾ--r
   _  /     ̄    <_
 _>`´    揚陸艦__<_
  >    r‐'" ̄ ̄ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
/ ,    |  `ヽ/ ´`ヽ _  三,:三ー二
 ̄/    |   ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
 / /⌒ヽ,|  ミ }  ...|  /!    速射砲・大隊砲・臼砲
 レ l d     _}`ー‐し'ゝL _
  | ヽ、_,   _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
  |/|  \   ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-
    ヽ/l/|` ー------r‐'"    ̄ ̄
      |└-- 、__/`\-:、
     __,ゝ,,_____/ \_」 \



710 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:47:47 ID:gVGJaOwp0
どっちみち、戦端切ったのは海軍だから瀬島が電文遅らせようと関係ねーよ

711 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:50:18 ID:nBKpmccU0
        ∧_∧
      _<ヽ`∀´>__    <ヒント: A級戦犯の源田、岸、児玉、笹川は釈放後、在日朝鮮人を集めて 
      \ U ̄∪ /           勝共連合(統一教会)を造りました
       │   :::│
       │   :::│
  /⌒ヽ__// ‖\\__/⌒\   松岡のユダ鮮との裏取引は
  ( ◯ / /)  (\\ ○ )
  \ / ./● I  I ●\\/  それぞれの壷の中にある
   /  // │ │ \_ゝヽ    
   /     /│  │ヽ    :::ヽ  それが私の心だ
  /    ノ (___):::ヽ   :::|  
【国内】瀬島龍三氏が死去、95歳 元大本営参謀・元伊藤忠会長 中曽根元首相電撃訪韓時に「密使」務める [09/04]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1188851075/
29 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2007/09/04(火) 07:14:01 ID:gOJ72AWR
昭和天皇はこう語る。
「先の大戦において私の命令だというので、戦線の第一線に立って戦った将兵たちを
咎めるわけにはいかない。
しかし許しがたいのは、この戦争を計画し、開戦を促し、全部に渡ってそれを行い、なおかつ
敗戦の後も引き続き日本の国家権力の有力な立場にあって、指導的役割を果たし
戦争責任の回避を行っている者である。瀬島のような者がそれだ」
これは入江(侍従長)さんから直接聞いたとして田中清玄が書き残している。



712 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:54:28 ID:Uk9z7tpp0
このじーさん、ゴルゴ13でもモデルになってたよね。
漫画の中では最初からソ連のスパイって扱いだったな(笑)


713 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 14:58:43 ID:4EtOhMoj0
マレー、仏印、ハワイ、いずれの船団も、哨戒機に発見された場合はその場で攻撃し、これをもって開戦とするで決めてたんだから、最後通牒の遅れなんて枝葉末節。

714 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:08:46 ID:E7RCP0IT0
今も昔もあそこは、害務小学校のごとくなり。

715 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:11:45 ID:H5NyfX410
戦前とか旧日本の話を聞くにつれ
あまりにものカルトぶりとか
戦後の日本から想像もつかない変な国だと思うんだけど。
これって戦前の日本をわざと変な国に仕立て上げて
日本人を洗脳しようとするチョーセン系のマスコミの仕業かと
思うんだけどどうなのかな?

日本軍がたった60年前にそんな特亜みたいな変な軍隊だった
とは思えないし・・・

716 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:17:48 ID:G7/z5wZx0
>>715
逆に考えるんだ。特亜の宗主国様だったんだぞ?(支那は違うけど)

717 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:18:09 ID:rf3PSaVq0
>>177
あなた何誰でも分かる嘘言ってるの?

718 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:20:34 ID:Ii84At5YO
>>708
想像して気持ち悪くなった…


仕返しだ!

ブッシュのお尻にブシュッ!

719 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:27:27 ID:5gjfq6xo0
日本の官僚は世界一優秀。ソースは朝日新聞。

720 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:28:40 ID:F9MA16mH0
アメリカはすでに通信を傍受していて、日本の宣戦布告を知っていた。だから、アメリカは外交官が宣戦布告の文書を持って来ても受け取らず開戦時刻が過ぎるまで相手を待たせた。


721 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:29:07 ID:fBVu/WgZ0
>>719
アサヒる

捏造して煽動するって意味?
戦前からやってたんだけどw

722 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:36:03 ID:Vwob0LDm0
それもそうだが情報統制や検閲があった事も忘れるなよ

723 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:42:10 ID:JQOPv4aoO
右翼の大学の先生が政治学の授業で、日本の官僚は世界で一番優秀だと教えてくれました。

724 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:47:35 ID:8bytp8cF0
情報統制や検閲云々なんて今の日中報道協定なんかでも同じ事じゃない
昔も今も朝日は変ってない

725 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:47:46 ID:fBVu/WgZ0
>>723
どこの国の右翼w
か知らないけど
旧ソ連の官僚の方が日本の官僚より遥かに優秀
だったって
教えておいてね


726 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 15:56:10 ID:3QU2cLIl0
>>723
フランスの官僚も優秀だよ。
日本と違って数学とか理系にも強い。


727 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:09:56 ID:ldoHvcJ30
>>715
そうだよ。
お前らネトウヨが童貞なのも無職なのも朝鮮系マスコミの陰謀w


728 :715:2007/11/25(日) 16:17:26 ID:H5NyfX410
>>727
何言ってんだ?

お前は永遠に日本は悪の国ですって
韓国中国に頭下げておけ。

今の価値観で日本断罪してればいいさ。
当時は世界の大部分が欧米の植民地で
日本人の危機感は今みたいな世界情勢とは違ったんだよ!
結果論からみればそれから30年程度で大部分は独立できたけど
そんなもん結果論だぜ。当時の日本はそりゃ必死で欧米の有色人種支配に
対抗しようとしてたんだぜ!
現在は欧米と中国韓国の歴史観押し付けられてよ
戦前日本は貶められてんだよ!


729 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:23:07 ID:epRS7b+s0
>>728
そーゆーバカウヨ思考に没頭できるのは学生のうちだけだからな。
今のうちに満喫しとくといいよ。
将来「若気の至り」を思い出して悶絶する事になるけどな。
それも貴重な人生経験だ。

730 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:23:24 ID:b4vb7J2a0
>>727
つーか特アの陰謀論を説く奴って
大体、国力スカウターがぶっ壊れてるよなw
奴らの脳内国力

シナチョン>欧米>OZ>>>>>日本

奴ら曰く
シナチョンは欧米を裏から操作して日本を迫害している!

731 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:27:04 ID:txEqDwBL0
やっぱり日本軍はクズだな

732 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:27:13 ID:fBVu/WgZ0
>>728
天下に名高き「日本ハンディキャップ論」
主張したのが誰かというと
ほとんど漫画の世界

733 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:29:52 ID:eoWaHgo10
日本人は未来永劫、戦後補償を給与から天引きし、税金として朝鮮の民に納めるべきである。


734 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:31:40 ID:fBVu/WgZ0
>>733
「日本ハンディキャップ論」
の提唱者に
損害賠償させたら?

735 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:35:20 ID:eoWaHgo10
・拉致問題などは 存在しません。
・従軍慰安婦の方々には、国として賠償いたします。(財源は新たに税徴収)
・在日韓国 朝鮮人の皆さんには 生活保護と年金を、漏れなく支給いたします。
・人権擁護法案を可決し、在日韓国 朝鮮人の皆さんへのあらゆる批判をすべて封じます。
・日本国籍がなくても公務員になれるようにします。
・韓国と北朝鮮には国として植民地支配を謝罪し、新たに補償金を払います。(財源は新たに税徴収)
・「日本海」表記を禁止し、すべて「東海」表記にさせます。
・対馬を韓国の領土に戻します。

736 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:38:50 ID:gHeAHeMoO
日本は政治家が外国企業から金もらってるような国だからなぁ

737 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:39:15 ID:WBYa9x4D0
瀬島龍三の名言を紹介しているブログ
http://kuwappa.livedoor.biz/

うーん・・・「ゆうこりん名言集」とかも書いてあるんで
批判的に捕らえながら書いているんだろうけど
中立派なんだろうか?判定頼む

738 :715:2007/11/25(日) 16:39:25 ID:H5NyfX410
>>729
ざっけんなや!

戦前の日本軍人は本気で白人との
最終戦争を想定してたんだよ。
馬鹿といえば馬鹿だけどさ
黒船で脅されてから開国して
日本人はずっと緊張状態あったんだろ。

欧米や中国韓国からは日本帝国だけが悪かったみたいに
いつも謝罪ばっかさせられて、その歴史観が拡大再生産されて
戦後の日本人の深層心理に植え込まれていってよ!

考えてみろよ、日本よりもあくどいことやっているアメリカやイギリスが
正義面してるけどよ、アフリカが貧困に喘いでいるのも
やつらが民族とか宗教とかに関係なく、植民地経営のために国境引いてよ
それが内戦とか混乱の原因になったりしてる。
それでもアメリカやイギリスは当時は植民地政策は国際法上有効だったとか
ぬかしてる。
ほんとアメリカイギリスは狡猾すぎるぜ

739 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:42:39 ID:Fel50o0k0
>>732
よく日本軍の「悪行」の動機がどうであったかを論ずる際に、
八紘一宇とかアジアの開放みたいな「理想」面と、
資源調達、植民支配とか「本音」とされる面と、
二つ並べると必ず「本音」の方が動機と決め付けられるんだけど、なんで?

国民は「理想」に燃え、軍部は「本音」で潤い・・・って二重構造なら
ちゃんと両方取り上げて欲しいし、
より責任のある方ってんなら陛下の御意志を確認すべき(するまでもないが)。

こんな議論はさあ、「次は勝て」って煽ってるようなもんだろ。

740 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:45:00 ID:Vwob0LDm0
>>738
アメリカやイギリス、ベルギーなどが狡猾残忍だとして
日本が清廉潔白な国となるわけじゃないんだよ

つーか戦は最終的に勝たんと

741 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:46:29 ID:VRTy0t/y0
>>740 ベルギーほどひどくはないと泣いて抗議してもいいですか

742 :715:2007/11/25(日) 16:52:15 ID:H5NyfX410
>>740
おまえは馬鹿か

別に日本が清廉潔白である必要はないんだよ。
ただ自国の国益に沿う形で行った戦前の政策なら
それは肯定的に教えるべきだろ。
歴史教育なんてどこの国でも自国を肯定するかたちで
かかれてる。300年間インドネシアを占拠して
農園だので安い賃金で酷使したオランダが
インドネシア人の抵抗運動を中心に自国の近代史を教えてると
言うのか?

植民地政策が合法だった時代に、韓国を併合した日本の政策が
なぜ今の歴史教科書では韓国を不当にだの韓国人の抵抗ばかりに
クローズアップすんだよ。ってな具合でな。
日本の教科書なんだから日本の当時の国益中心に書けばいいんだよ

743 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:55:19 ID:eoWaHgo10
・拉致問題などは 存在しません。
・従軍慰安婦の方々には、国として賠償いたします。(財源は新たに税徴収)
・在日韓国 朝鮮人の皆さんには 生活保護と年金を、漏れなく支給いたします。
・人権擁護法案を可決し、在日韓国 朝鮮人の皆さんへのあらゆる批判をすべて封じます。
・日本国籍がなくても公務員になれるようにします。
・韓国と北朝鮮には国として植民地支配を謝罪し、新たに補償金を払います。(財源は新たに税徴収)
・「日本海」表記を禁止し、すべて「東海」表記にさせます。
・対馬を韓国の領土に戻します。

744 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 16:56:50 ID:Vwob0LDm0
>>742
お前負けたっての判ってないだろ
負けちゃうと他所の国からいろいろ意見いわれて
それをバチッと断りにくくなるって事なんだよ

745 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:02:49 ID:fBVu/WgZ0
>>744
いつ負けたって?
国家創設以来
1万年負けっぱなしの
どこかの国の話かな?

746 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:04:44 ID:Vwob0LDm0
>>745
え〜・・・
だから他所の国の話してもしょうがないだろ

日本は二次大戦で負けちゃっただろ?

747 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:07:34 ID:fBVu/WgZ0
2667年も国家やってるとw
2回くらいは負ける

第1回 白村江の戦い (相手は唐だったらしい)
第2回 太平洋戦争 (いくらゆとりでも知ってるだろう)

748 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:11:09 ID:aBt971Jt0
なんか、チョンが湧いてるな。
凍傷になりにくいよう、瞼も鼻もチンコもしぼんだDNAレベルの劣等民族は
お笑い半島に帰って伝統の嘗糞遊びでもやってろっつーの。

749 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:12:43 ID:CjQo4Ry9O
天保銭組かつ恩賜組は、無天組からやっかみの対象とされ、
批判、誹謗中傷の的にされたほどだったが、
そんな軍人エリート達も、戦後は平凡な人生歩んだ人が大半だからね。
財界で名を成し、戦後一貫して政財界に絶大な影響力を発揮した瀬島の人生は、
良くも悪くもある意味特異だね。
瀬島が大本営に配属されなかったら?
満州に赴任しなかったら?抑留されなかったら?瀬島じゃなかったら?
結果はそう大して変わらなかったと思う。
瀬島が他の軍人エリート達と同じように、平凡な人生歩んでいたなら、
こんなクローズアップされることはなかっただろうしね。

750 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:14:52 ID:u+tiqf190
>>747
秀吉の朝鮮出兵、大正期のシベリア出兵、
昭和期のノモンハン事変はどうなんだろう、

751 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:14:55 ID:c2cWY3PX0
は・・はよ給油せえよ 猿ども  てめえら原爆落とされて虐殺されてもしょうがないクソ民族なんだよw
ニダヤ支配から独立だなんて寝言言ってないでオトナシク搾取されてろw
                  /\
                /U ⌒ \ <wikiよく削除してくれたな、ありがとう
              /  <●>  \     あやうくバレルとこだったぜwww
            /       U    \   ドイツをネオナチに 日本をチョンウヨに 世界をネオコンに支配させてたってことをwww
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ___________           まぁこれからが本物の虐殺の時代でつけどww
          //TTTTTTTTTTTTTTTTTT\
        /:::::/TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT\ お前ら小池・片山・石破・小泉・竹中でぬいてりゃいいんだよ
      /:::::::::/TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT\ <じゅ・・住宅不良債権株安なんかなんともないぜっ!!
    /:::::::::::::/TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT\
【安倍改悪】 外国人登録者数、過去最高208万人…1位は韓国・朝鮮、2位の中国は1位に迫る勢い
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1179285127/
小泉時代の朝銀系公的資金投入 「ハナ信組」に公的資金4400億円
http://ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/nyt.trycomp.com/nenpyo.html
▼ 統一教会に来られた岸信介元首相と文鮮明師(1973.11.23 統一教会本部)
http://ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/www.chojin.com/history/kishi.htm
【イラク駐留米軍】少女レイプ・射殺の米兵に死刑求刑へ[7/4]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1157784395/l50
【経済】世界同時株安で米FRBが異例の緊急声明、欧州中央銀行とあわせ2日間で32兆円を資金供給 [08/11]
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1186777222/

752 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:15:47 ID:eoWaHgo10
・拉致問題などは 存在しません。
・従軍慰安婦の方々には、国として賠償いたします。(財源は新たに税徴収)
・在日韓国 朝鮮人の皆さんには 生活保護と年金を、漏れなく支給いたします。
・人権擁護法案を可決し、在日韓国 朝鮮人の皆さんへのあらゆる批判をすべて封じます。
・日本国籍がなくても公務員になれるようにします。
・韓国と北朝鮮には国として植民地支配を謝罪し、新たに補償金を払います。(財源は新たに税徴収)
・「日本海」表記を禁止し、すべて「東海」表記にさせます。
・対馬を韓国の領土に戻します。

753 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:18:50 ID:aBt971Jt0
NGワード:eoWaHgo10、ね。
つくづくこいつは低脳だな。大脳新皮質の機能を亢進させる治療法ってないものかね?
「馬鹿のひとつ覚え」とは良く言ったものだ。他人を論破する努力もせず、知識で武装もせず、自分の利益しか頭に無い。
そんなんだから劣等民族って言われるんだよ、厨房w


754 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:20:09 ID:fBVu/WgZ0
>>750
・秀吉の朝鮮出兵
明が崩壊しちゃったから多分勝ちだと思うけど
悪いことしちゃったかな(・ω・`;)
・シベリア出兵
・ノモンハン事変
責任取れー!!!
参謀本部とイエロージャーナリズム
です

755 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:20:48 ID:RteHRErYO
>>747
今から毎日戦争しても、だいたい1500年先までは負けないなw

756 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:22:42 ID:KaDSqfUG0
>>755
地震じゃねーよw

757 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 17:24:20 ID:Vwob0LDm0
日本は同族戦争が主だったからなぁ
あんまり他所に行く事がなかったし

758 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 18:10:57 ID:ZWs4aTQM0
>>739
理想=大東亜共栄圏=東アジア共同体
だから。
あとマスゴミ=大本営発表だったってのが
ばれたらまずいから。
あと、シビリアンコントロールの本来の意味やら
情報の価値・淡々と伝える詳細な広報の必要性を知られると
記者クラブ制度がピンチになって困るから。

759 :ガムはリカルデント:2007/11/25(日) 18:14:09 ID:0jD8zLKI0
しかし共同の外交政策は必要だからなぁ

760 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 18:24:05 ID:epRS7b+s0
>>739
上は「本音」を行動原理にしてたんだから、
下が「理想」に燃えてたってあんま意味無いじゃない。
むしろ本音遂行の為の餌にされた哀れな一人相撲とも言える。
オウム真理教の末端信者が表向きの教義妄信していかな理想を持ったって、
本音はバカを集めて威張りたい、贅沢したいだけの麻原に帰依した時点で、理想は無効化される。

761 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 18:26:00 ID:FEOO5zsf0
おまえらがいくら喚いても、戦犯が残した莫大な負の遺産は少しも減らんぞ
むしろ、逆効果となり、国を大いに害するからやめろ。
まったく、戦犯の馬鹿がのうw 
日本は滅んだんだよ。いつまでもウジウジせず、未来に目を向けようぜ
俺らの税金が無意味に謝罪に使われてるのは我慢ならんから反乱起こしてもいいかな

762 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 18:32:22 ID:fBVu/WgZ0
>>761
戦犯て誰?
土下座大使だったらもうすぐ滅びると思うけど

763 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 18:39:04 ID:epRS7b+s0
>>762
満州事変の石原莞爾、板垣征四郎。
ドイツバカの松岡洋右。
蒋介石を相手にせずの近衛文麿。
対米開戦を煽り立てた東条英機。
数人挙げるとしたらこんなとこだろ。

そして忘れちゃならんのが連中に喝采を送り、
バカな無敵皇軍思想に狂っていた多くの日本人。

764 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 19:01:52 ID:LYDFYR/p0
>>763
で、満州国についての見解は?

765 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 19:02:49 ID:fBVu/WgZ0
>>763
朝○新聞
毎○新聞
読○新聞
が抜けてるw

766 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 19:05:38 ID:GgMoeIcZ0
>>711
昭和天皇が怒るのは当然だったわけだ

767 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 19:06:44 ID:iKh01nTc0
負けることは決して悪くは無い。
ただし国が占領されるような負けはしないに限る。
日本は負け慣れて居なかった。
英国とか世界の大国は常に戦争しているから負け方も上手い。

768 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 19:08:06 ID:2Wx5Yjf00
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195778250/l50

769 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 19:16:03 ID:CjQo4Ry9O
>>766
瀬島を擁護するわけではないが、田中清玄はハッタリをかますほら吹きで有名だったからね。
彼の証言は全く信用出来ない。

770 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 19:19:02 ID:uFHentYT0
>>711
その部分って、まんまゴルゴ13解説の杉森タンが引用した箇所じゃないかw
孫引きするとか、君たちの言論は信憑性皆無ですねwwwwwwwwwww

771 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 19:27:54 ID:52mKyeDc0
>>739
有りがちだなぁ……


他にも「東アジア開放の実態」とか言って
やれアジアの人間を戦争に駆り立てただの、植民地支配しただの

戦時下なんだから……

772 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 19:37:37 ID:sf1ghdKx0
>>763
軍を私物化した陸軍幹部どももね。
とりあえず国の意見も聞かずに勝手に戦線広げるのはやめろと…
とてもじゃないけれど国家にとっての軍隊としても失格だと思うんだけれど、
N速+じゃそういう批判すら誰も言わない。

773 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 20:03:55 ID:epRS7b+s0
>>772
>とてもじゃないけれど国家にとっての軍隊としても失格だと思うんだけれど、
>N速+じゃそういう批判すら誰も言わない。
言うと多少賛意が挙がるよ。
逆に「追認されたから何も問題は無い」と開き直る奴も。
アホかと。

774 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 20:58:50 ID:CjQo4Ry9O
日本が軍国化に傾斜した一因。

大正デモクラシーで民主化、軍縮が一気に進んだが、
それとは裏腹に、二大政党である民政党と政友会の政治腐敗が酷くなった。
賄賂や買収が横行、冷害による凶作で、特に東北で大勢の餓死者が出ているにも拘わらず、
政治家どもは連日芸者あげてドンチャン騒ぎ、国民や軍部から相当反発買ったんだよ。
また、陸軍士官学校出身には、貧農出身が多かった。
2・26事件などは、主に東北の農村出身青年将校が起こした事件として有名。

775 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 21:09:38 ID:4yMFG8ZZ0
>>774
アジア人には西欧型民主主義は無理w

776 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 21:14:41 ID:iKh01nTc0
日本は軍を民間が統制するのに慣れていなかったと思う。
北なんかは色々問題はあるが、ミサイル発射も外交の一環としてやっている。
日本は軍事それ自体が目的化されて、軍の暴走を誰も抑えきれなくなった。

777 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 21:24:20 ID:fBVu/WgZ0
>>776
日本文化を舐めるんじゃねえ!!!
(`・д・´)モウオコッタ


778 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 21:25:35 ID:cxZwBOxQ0
>>711
昭和天皇が蛇蝎のごとく嫌い、怒ってたのは、
瀬島よりも松岡や白鳥でしょ。
松岡を祀ったことで靖国参拝もやめてしまった。
どう考えても太平洋戦争は外交で避けることのできた戦争。
袋小路に追い込まれて軍事的な打開策しかなくなった時点で、
日本はすでに戦う前に敗北していた。

779 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 21:37:53 ID:3QU2cLIl0
>>778
瀬島もだよ。

780 :同一民族戦争:2007/11/25(日) 22:17:30 ID:5dMgxNCz0
>>767
>日本は負け慣れて居なかった。
>英国とか世界の大国は常に戦争しているから負け方も上手い。
日本の戦争は、ほとんどが内戦であり、同一民族によって行なわれていた。
支配地域を別の大名に支配されても、城下町の人間が皆殺しになったり、
奴隷になって売られたりはしない。
負けても、たいてい上層部だけの人間が責任を取らされて、
他の武士は、新しい主人に従える。
※ だだし、信長は、血縁に連なる人間を多く殺しすぎだが、これは例外的。

日本の将棋は、敵の駒を取った後、自分の駒として使える。
これこそが、同一民族内での戦争を模した将棋のルールであり、
異民族間戦争ではありえない。
日本人は「異民族・異教徒戦争の負け」を知らなかった。

781 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 22:28:40 ID:CjQo4Ry9O
韓国も一緒なんだけどね。
米国の後押しで誕生した李承晩初代大統領の国民弾圧、虐殺、不正、農業の荒廃、経済の無策、
それはそれは酷く悲しいものだった。
韓国国民の怒りを買い、ヌケヌケと米国に亡命したが。
こういうことがあると、国民は軍部に期待するものなんだろうね。
数年後、クーデターで政権を掌握した朴正煕大統領は、国民に厳しい規律を求め、不正は厳罰、軍政を敷いた。
息苦しい時代だったが、今でも当時を懐かしむ国民は多いらしい。
朴正煕は日本の陸軍士官学校出身、瀬島の後輩だった。
韓国で要職を占めたのは、陸軍士官学校、満州国軍官学校など、日本の士官学校出身者だった。
陸大卒恩賜組だった瀬島は、韓国要人からも一目置かれてた存在だった。
とかく賠償交易で伊藤忠は大儲けしたと揶揄されるが、
国交正常化交渉、賠償交渉、無償援助、円借款などは、
韓国に太いパイプを持つ瀬島を通じて行われた。
良いか悪いかは別にして、瀬島の果たした役割(功績?)は確かに大きい。

782 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 22:31:59 ID:EZHF7BfSO
瀬島は国賊

783 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 22:49:30 ID:ruo5UvC1O
>>211>>231

関東軍作戦主任と、大本営作戦課長当時に↓

愚劣極まる作戦を立案して↓

大多数の将兵を☆、無駄死にさせた輩が↓

何故、名将なのか↓理解に苦しむだけだろ(´ヽゞ`)


784 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 22:51:18 ID:EJumHFFd0
>>739
その本音。

サヨクのHPでコメントは見る価値無いけど、
資料は一次資料だから目を通しておくといい。


http://tadanorih.hp.infoseek.co.jp/tond3index.htm

http://tadanorih.hp.infoseek.co.jp/weeklyindex.htm



785 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 22:53:23 ID:XG9MwOkw0
右であれ左であれわが祖国
http://kigu26288.exblog.jp/
<外部>と<内部>のフォーカスの問題  ― 「格差社会」を論じる視点 ―
《 補注 <公>としての<社会=国家> 》


786 :俺は闘魂だぞ!!! :2007/11/25(日) 22:59:24 ID:+apL1Vi40
真実の罪を受けて 検討して これは日本ですから。 

787 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 23:02:55 ID:ktudk7FI0
あのじいさんは結構色々言われたしな。
ただ、一少佐に権限なんて無い。
事実だとすればグループノ親分格の了承があったと見るべきだな。

なんにせよ彼に経営の才能はあっても
作戦立案の才があったとは思えないな。

788 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 23:14:52 ID:fBVu/WgZ0
そこで
昭和20年代から言われている
疑惑
ソ連のスパイではなかろうか?
シベリア生き残りのお祖父さんがおられたら聞いてご覧

789 :名無しさん@八周年:2007/11/25(日) 23:30:36 ID:ruo5UvC1O
>>379wハァ?

>戦争はやってみなければ解らん だと? 

キモヲタ童貞の貴様はw

岩波文庫『孫子』を☆

百万回読めw

790 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 02:10:31 ID:vVMLY9ex0
瀬島は偉い人として死んだけどね。
デビをスカルノに抱かせて、商社としても金儲けしたり・・・
ODAとかに絡んで、いろいろやってるんだろうな。
瀬島とか正力とか裏でいろいろやるのが富山県人体質か・・・


791 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 02:14:54 ID:vVMLY9ex0
>>787 おまはん少しは調べろ勉強しろ


792 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 02:32:53 ID:+pYJ1tmk0
>>790
瀬島のインドネシア賠償ビジネスと角栄の対中ODAビジネス。
裏ではいろいろあったけど、現在のインドネシアの反日度が
中国よりかなり低いことを考えれば瀬島のやり方が正しかったのかな。
もうおれには分からん。


793 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 03:50:59 ID:PMwJH0guO
>>790
あんた、恐らく富山近隣の、どこぞ有名な某偏執県民だねw
ホステスのデヴィをスカルノに送りこんだのは、
田中角栄御用人、児玉誉士夫だよ。
軍人の瀬島は、そういうことが大嫌いだった。

794 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 04:01:16 ID:jc4YXumv0
ぶっちゃけ天皇に親書が行ってもどうすることできなかったと思われ。
天皇自体、そんな権力があったわけじゃないし。

795 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 04:01:16 ID:Feld7CNf0
終戦がもうあと半年伸びていれば、日本は
態勢を立て直して鬼畜米英に勝利していた。
結果的に負けたといえるかもかも知れないが
勝ったのと同等のポテンシャルがあった、つまり
勝っていたと考えて差し支えないだろう。

796 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 04:26:48 ID:MgYOsRCt0
また日本が悪いキャンペーンか・・。
仮に日本に非難されるべき点があったとしても英米に言われる筋合いはないだろ。
小さい小魚を食う中くらいの魚が途中でデカイ魚に食われただけの話だ。
反省なんてする必要なんて何もない。

797 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 06:18:30 ID:4HAeTEKh0
アメリカは先に戦宣戦布告なしにドイツに軍艦を撃沈されてるのに、戦争準備が整って
いないからってスルーしてることを日本人はどうしてこうまで執拗に無視しつづけるのか。

茶番にも自虐にも程がある。

798 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 06:18:59 ID:u1Dp6IXh0
少佐の身分でもみ消す?
どこのシ○ア少佐だよwwwwwwww

799 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 06:20:25 ID:si/dt0kL0
もうね、歴史と言うものは何者かに操作されているような気がしてきたよ。
過去においても現在においても・・・

800 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 06:28:24 ID:F0wmR2qWO
歴史は勝者によって書き換えられて行くから当たり前

801 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 06:40:29 ID:9CfgZw6dO
キモヲタ童貞でwネカマの
>>357>>462

802 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 06:53:40 ID:NID1sPNN0
769 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 12:59:55 ID:5sdCMvR10
勇猛なトラの皮をかぶったクチ達者なキツネにすっかり騙される愚民

 何年か前の選挙を思い出さない?w
771 :ほら、こいつだよwオマエらが陶酔した詐欺師w:2007/06/25(月) 13:04:35 ID:5sdCMvR10
>>769 ↓
 彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡))
))ミ彡゙ドS統一詐欺師 ミミ彡(    おばあちゃん
))ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡  
((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミ))) オレ、オレだよ。 改革名宰相だよ。
((彡 '-=・=‐' 〈-=・=‐'.|ミ))  
ミ /     |       \彡  郵貯の350兆をニダヤ銀行に振り込んどいてね! 美しい国を子分の壷三が必ず渡すからw  
 \ \ ´-し`)  / /ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|     、,!     |ソ  <  日本を朝鮮に売り渡しました<丶`∀´>ニダ
   ヽ '´トエェェェェエイノ /     |http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1141079171/
    ,.|\、ヽニニニニソ /|、  グヒヒ   |【小泉改悪】日本に朝鮮人がやってくる【ビザ免除】
小泉時代の朝銀系公的資金投入 「ハナ信組」に公的資金4400億円
http://ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/nyt.trycomp.com/nenpyo.html
【朝鮮総連問題】 「朝鮮総連を助けるため」の緒方元長官、売買成立で1500万もらえる予定だった…自宅、家宅捜索も★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1181866397/l50
【BDA問題】北朝鮮関連資金の送金作業が14日中に行われる見通し、マカオ紙報ず[06/14]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1181795392/
安倍が機密費から50億円を北朝鮮に贈与
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1160985799/
【安倍ブーメラン】総連売却の黒幕・満井氏は清和会(現町村派)関係者!
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1182263914/


803 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 06:57:52 ID:6X0vWTwv0
>>774
「君達は未来を担う英雄だ」「君達がこの日本の腐敗を打開しなければ」
という思想家のおだてに乗った自称エリートたちね。>青年将校
本当にどうにかしたかったのなら自分が政治家になって出馬すればよかったのにな。

804 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 07:02:28 ID:8t8kSTRy0
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195778250/l50

805 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 07:07:43 ID:yfORPW9OO
既出だろうが新聞配達かと思った…

806 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 07:10:08 ID:/Qb9vOnzO
これが陛下を騙して始めた戦争の原因なんだよな。大尉、少佐あたりが都合の良いように工作するつー見本。

今な霞が関のキャリア官僚の課長補佐、課長たありがやりたい放題。

807 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 07:11:40 ID:4HAeTEKh0
>>803
だから、先に真崎をかつごうとしたじゃないか。
当時は、田中内閣が一次大戦でシベリアから略奪してきた資金を流用して台頭したように、
大正デモクラシーで混迷した政治家たちがこぞって軍人から裏金を受け取って政治家へと
押し上げようとしていた時代。

ウヨもサヨも都合の良い嘘の歴史しか教えんから、悪い影響受けんように気をつけてな。

808 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 07:44:13 ID:rZEydnLd0
こんなクズを崇めてきたおまいらネトウヨってwwwww

809 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 07:49:34 ID:6X0vWTwv0
>>807
何が「だから」なのか全く解らない。
シベリアから資金を略奪って何?
帝人事件ってでっちあげだったんでしょ。

810 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 07:51:48 ID:4HAeTEKh0
>>809
陸軍機密費横領事件

811 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 07:56:11 ID:0EGmeY1dO
 この人くわしく知らないけど、卑怯な人間だったんだね。

812 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 08:00:20 ID:zBA1G7hH0
瀬島龍三は不忠の臣

813 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 08:06:21 ID:lfmPLQWw0
>>811
最初っから、ソ連のスパイですからwwww


814 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 09:25:16 ID:9CfgZw6dO
既出なら、失礼m(__)m  

おい、キモヲタ童貞の>>690


貴様はw、陸軍省と陸軍参謀本部☆


海軍省と海軍軍令部の★、区別も付かない↓


大馬鹿者だなw

815 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 09:29:03 ID:5ZAAvnNI0
もっと早く死ねばもっと早く明らかになっていたはずの話題だな

816 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 09:51:03 ID:oeSV0zET0
昨日の「点と線」や防衛省事件でも見えてる。日本の官僚は、
「知ってて敢えてしない事」で責任回避する。その後の追求
で「尻ませんでした」で突っぱね、尻尾切り、時効で逃れる。
政治屋はそれを利用する。出て来る情報は「切られた蜥蜴」
の捏造証拠のみ。外務省佐藤事件、ライブドアでも同じ。

村内でこの先生きのこるには、敢えて罪を被って禊を済まし、
村内組織、政治屋と裏取り引きをして民間に天下る。一生
真実など言わないし、言えるはずがない。なぜなら「もう、
自分には罪はない、俺は彼等の為にやっただけ。」の思い
が強いから。禊という意味では893と同じだけどね。

>>790-792
ただの民間商人として正当に取り引きしただけだろ。洋行の
元専務と同じ、引きと繋がりがあれば儲け易い、利権と友情
だけの話だよ、戦後日本の利権と一致しただけ。元参謀とし
ての罪とは別だよ。

817 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 09:52:16 ID:sQAfkrXa0
昭和天皇の御孫君の結婚式に仲人買って出て
恐れ多くも労いのお言葉を賜ってるから
庶民には手が出せなかった
成り上がりの雇われ社長の分際(しかもスネに傷)
で仲人やるか?

818 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 09:55:58 ID:6X0vWTwv0
>>810
それについては知らない。
しかし相変わらず何が「だから」なのか解らんのだが。

819 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 09:56:51 ID:iJpi0i4W0
このようなスパイが国内に大量に存在したから
先の戦争は敗戦に終わった

今こそスパイ・外国人を日本国内から駆逐し
今度こそ必勝の態勢で世界覇権に望むべきである

820 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 10:04:23 ID:ydXVPLf/0
歴史にまるで関係ない老人の妄想。
火事に群がる野次馬。

故意に遅らせてたとしても米国のスパイでもなんでもない。
暗号無線を本来の日本軍より早く解読していたルーズベルトの勝ち。
解読したのはUCSFのアルバイト学生。
たまたま宿題の配列を当ててみたらなんか文章みたいになったという。
日本語わからないのでモンタレーの陸軍翻訳部に持っていったらそのまま日本語だったという。
モンタレーは日系の缶詰会社なんかがあって読めた。

額賀日本軍。小泉のズルまねをしてももう引っかかるやつはいない。


821 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 10:09:48 ID:zSFWocBf0
YOU LOSE

822 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 10:25:06 ID:nQys3Bqd0
確か1950年代1960年代1970年代1980年代1990年代では、
瀬島氏といえば、元陸軍参謀で、
伊藤忠商事社長か、何かで、
政財界に顔が利く一種の影のフィクサーじゃなかったかな?


823 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 10:29:10 ID:9CfgZw6dO
ハァ?キモヲタ童貞の>>795


アメリカ軍が、オリンピック作戦や、コロネット作戦を実施しても、


日本は、連合軍に勝てたと、言うのか?


貴様もw、大馬鹿者だなw

824 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 10:35:07 ID:qhxp/REZ0
>>739
開戦の詔勅にアジア開放なんて文言はないぞ。建前は自衛戦争。東亜開放は後付。

825 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 10:37:10 ID:s52Uxy1h0
ソースの文章、異常に読みにくいな
産経記者のレベル低すぎ

826 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 10:41:54 ID:sQAfkrXa0
ゆとりはお黙り
チャントホンヨメ!ライトノベルバカリガホンダトオモウナ..._〆(゜▽゜*)

827 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 10:48:55 ID:WCxqkHOs0
>>479
軍人エリート達も、戦後は平凡な人生歩んだ人が大半だからね

日本のエリート軍人には、本当のエリートが選ばれていなかったという証拠だね。

828 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 11:29:10 ID:dw0W1OZg0
たとえば今、
「日本は日米安保を始めあらゆる多国間協定を履きし、
在外資産をすべて放棄し、また戦後60年間に得たあらゆる経済的権利、資格を破棄せよ、
さもなくば、原油、鉄鋼、穀物、その他のあらゆる工業生活物資を禁輸とする」と、
どこかの国から通牒されたら、どうする?
さすがに平和ボケした今の日本だって、戦争するしかないだろうよ。

60年前のハルノートは、これより酷い内容だった。

829 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 11:37:07 ID:wiifPv760
そんな酷い内容でもないぞはるノート

830 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 11:38:27 ID:4HAeTEKh0
>>818
では、調べることだ。

831 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 11:44:32 ID:T+QkBVQz0
少佐の身分でもみ消すことができる組織だから負けるんだろw
>828
それはどこにポイント置くかで変わってくるんだよ。
日独伊三国同盟なんかしなきゃ、そんなことになってなかっただろうしな。
今は日本に資源がなくシーレーン確保も至難の業って悟ったから平和ボケ万歳路線歩んでるの。
当時よりは現実わかってる。

瀬島様は死んだ後からも、国賊ニュースが沸いてでてくるな。

832 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 11:46:34 ID:4HAeTEKh0
>>828-829
ハルノートについては、起草スタッフの一人ホワイトの顛末が機密解除される2041年まで、
うかつな断定はできんからなあ。

833 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 12:17:59 ID:sQAfkrXa0
沖縄の負け戦に巻き込まれた女子供(当時)
の証言聞くのはこの辺で措いといて
シベリア残留兵士の証言を聞け!
死ぬのを待ってるのか?
朝○新聞社
(ノ゚皿゚)ノ==========================≧n≦


834 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 12:18:50 ID:G5YQIgsY0
>>1
何で日本の官僚は上に判断仰がないんだ…

835 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 12:22:23 ID:gE2HoKFh0
この記事の穴はどのへん?
最近文章改変による印象操作が激しいから、全然信用できないんだよね。

836 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 12:22:33 ID:JeUzpJsxO
>>833
〇〇新聞が死ぬのは日本国民にとって喜ばしいことだろ?

837 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 12:26:57 ID:Tk0lB77x0
参謀本部の少佐って、今で言えば本省課長補佐レベル、つまり実務のトップだからなー。

838 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 12:33:57 ID:sQAfkrXa0
朝○新聞も
毎○新聞も
大本営発表を更に誇張して報道した責任取れ(怒)
読○新聞も同罪

839 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 12:36:13 ID:yuzfPZygO
どうでもいいじゃねーか


こんな過去のことに一生懸命なのはチョンといっしょだな。

840 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 14:09:53 ID:K71InAco0
昭和天皇「先の大戦において私の命令だというので、戦線の第一線に立って戦った将兵たちを咎める
わけにはいかない。しかし許しがたいのは、この戦争を計画し、開戦を促し、全部に渡ってそれを行い、
なおかつ敗戦の後も引き続き日本の国家権力の有力な立場にあって、指導的役割を果たし戦争責任の
回避を行っている者である。瀬島のような者がそれだ」

841 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 16:29:12 ID:UWo8CPbb0
沖縄タイムス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA
>朝日新聞(那覇支局が沖縄タイムス本社内)とは、米国による統治時代から友好関係。

朝日新聞東京本社         〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
東亜日報               〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2
ニューヨークタイムズ                東京都中央区築地5-3-2
ル・モンド                       東京都中央区築地5-3-2

842 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 17:19:05 ID:6X0vWTwv0
>>830
でっち上げの汚職事件で政治家を引き摺り下ろす風潮の中で
思想家の煽りに乗っかって舞い上がり、挙句にクーデタ未遂。
政治家になる気概もなしに世直し大明神気取り英雄気取りで、日本に何をするつもりだったのやら。

あんたの言う「だから」が何なのか全くわからんわけだが、説明できないのならもういいよ。

843 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 17:25:33 ID:sQAfkrXa0
>>842
史料が読めない頭なら
考えるのはおやめw
馬○がものを考えると頑固になって始末におえない

844 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 17:32:35 ID:KdlK2idW0
瀬島を持ち上げたフジテレビも反省してほしい・・・・・無理かw

845 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 18:16:23 ID:6X0vWTwv0
>>843
史料が読める読めないの問題ではないんだが。
飢饉に対する政治的解決を欲求しているのに、それが解決されないことを嘆くなら
政治家になればよい、昭和ではすでにそれが実行できる制度になっていた
これは汚職があろうとなかろうと関係ないことだ。にもかかわらず「だから」でつなげたのがアホなんだよ。
出馬を放棄しクーデタという武力行使で革命を起こそうとしたその安直さの中に錦糸の御旗を掲げようとした愚かさは
実に恐れ多くも議会主義であり民主主義を尊重なさった昭和天皇を愚弄するものだと私は思う。

貧しさは免罪符にはならない。

846 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 18:22:02 ID:sQAfkrXa0
>>845
そんなに理屈どおりにことが運ぶなら
誰も苦労はすまいw
半年働いてから出直しておいで(´・∀・`)

847 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 18:23:38 ID:PJCGfbaE0
さすが下克上日本軍

848 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 18:26:55 ID:5SKj8llx0
今はもう聞かれなくなったが、敗戦してちょっとの間は、
外務省も
「わが日本軍の奇襲作戦を完遂せしむるため敢えて宣戦布告を遅らせた」と
いけしゃあしゃあとほざいていたからな。

849 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 18:34:21 ID:K2kWwd420
日本も原爆を持っていればあの悲劇は無かったと思います。

850 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 18:57:29 ID:6X0vWTwv0
>>846
理屈通りに行かないことが解ってたなら汚職だの貧困だのの解消を大義名分に
クーデタなんて短慮は起こさなかっただろうな。
自称エリートを気取ってないで、世間に出て泥にまみれてみればよかったのにね。

851 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 19:00:37 ID:PnjYdCvq0
>>147
イエス。
あれのモデルは瀬島以外には無い。

852 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 19:04:50 ID:A8C04LNRO
846は働いてなさそう。

853 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 19:25:24 ID:Qhnaw3L3O
この人悪い意味でも良い意味でも歴史に与えた影響が大きいな。

854 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 19:28:52 ID:su+i1aS50
記事全文を読むと結局これが理由で
宣戦布告が遅れたのかどうかは解らないんだね。

855 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 20:23:24 ID:REEvbeOl0

陸海軍とも現場は必死に頑張ったよ。大本営の将官クラスは全員自決して欲しかったね。


856 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 20:29:55 ID:PYy+LQIQ0
>>855
> 大本営の将官クラスは全員自決して欲しかったね。

ほとんどが戦後も隠蔽して逃げまくって長寿で死んでるだろ?w

857 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:14:07 ID:PMwJH0guO
>>850
軍人勅諭を徹底的に叩き込まれた当時の軍人達には、
議会だの民主主義だの、そんな概念は全く無かっだだろ。
軍の統帥権は国民でも議会でもなく、天皇にあったしな。
もっとも当時、死者が出るほどの暴動や労働争議小作争議が頻発、
政治家や実業家を狙った暗殺、テロが珍しくもない時代だった。
役立たずの議会と代議士となれば、暗殺やクーデターに行き着くのは当時の常識だったんでねえかい?
テロリストの基本的な考え方は「一殺多生」いわゆる右翼の思想だがな。

858 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:32:55 ID:9EM42O3j0
>>854
関係ないだろ。
よく読めばわかると思うけど、大統領の親書なんて開戦直前の話だ。
日本は、1941.12.1に交渉のタイムリミットを設定し、12.8の開戦に向けて行動を
開始していた。ハルノートですら、機動艦隊が真珠湾に向けて出撃した後の話だ。
開戦が正式決定されたころには、宣戦布告(正確に言えば外交交渉打ち切り通告)を
出すことは決められていた。親書が送られてきたころには、すでに外務省が手続
きを進めていたはずだ。

859 :名無しさん@八周年:2007/11/26(月) 21:35:44 ID:+cpmiSd60
中川八洋教授の『大東亜戦争の「開戦責任」』に学ぶ
● 戦前の日本は左翼国家、反日国家だった

 近衛文麿らは、祖国のソ連を防衛するために、北支事変を日中戦争へと拡大させて、関東軍が
「北進」できないようにした。その日中戦争は、蒋介石の国民党軍に壊滅される寸前にあった
中国共産党を救出するとともに、国民党軍を弱体化させて、中国共産党が中国を支配できるよう
にするための戦争であった。また近衛らは、この戦争を利用して、日本に統制経済、計画経済を
導入し、(準)一党独裁体制、全体主義体制を導入していったのである。一九三八年の
国家総動員法、電力国家管理法、一九四0年の大政翼賛会である。統制経済と全体主義は、
国家社会主義も目標とするものだ。
 近衛は海軍と連携して、一九四一年七月二日の御前会議で、「南進」(対米英戦を辞せず)を
決定していった。近衛らはそれによって、国家社会主義勢力が同盟国ドイツに呼応して、「北進」を
主張し、祖国ソ連を挟撃する可能性を封じたのである。四一年七月下旬の南部仏印進駐の強行は、
左翼国家日本による、米英蘭に対する実質的な宣戦布告であった。近衛は、同年九月六日の
御前会議で、昭和天皇の反対との御意思を平然と無視して、「直ちに対米(英蘭)開戦を決意す」
を決定していった。
 近衛ら共産主義者がこれで狙ったことは、ひとつは、この戦争によって英仏蘭の自由主義勢力を
アジアから追放し、その後を共産主義勢力(ソ連やその子飼いの勢力)が支配することである。
もうひとつは、この戦争で国家社会主義体制の日本を敗北させ、日本を共産主義化することであった。
戦後統治はソ連主導でなされ、
東欧諸国のように、日本の共産主義化が実現する。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~anpoken/sub31.html

860 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:45:09 ID:Fcs2qcLY0
日中が停戦をしてくれては困る者たちには
  1:中共
  2:ソ連
  3:アメリカ
等がいた。他にもいたかもしれん。
近衛のブレインにはソ連のスパイが居た。
朝日系の某だけではなかった可能性が高い。

861 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:46:28 ID:g0yZgGQeO
確か瀬島はロシアのスパイって浜幸が言ってた様な

862 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 02:48:49 ID:g0yZgGQeO
訂正>>861
ソ連のスパイ

863 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:31:04 ID:ip+lKLzx0
松岡洋右もクレムリンに招かれた際に「私は共産主義者だ」と言ったとか

864 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 03:38:23 ID:W32OFn2/O
瀬島がソ連のスパイと言われるようになったのは、
ソ連のニュース紙「ノーボエ・ブレーミヤ」の対日特派員に扮し、
1979年に米国に亡命した、KGBの小物対日工作員、レフチェンコの証言からだね。
彼の日本の協力者やらのメモには、一度しか会ったことのない人物や、
日本の友人知人までソ連の協力者としてモスクワの上司に報告してるもんな。
如何に虚栄心の強い男だったってことか、ホンマ笑わせるわ。
レフチェンコ自身うだつが上がらなかったんだろうね。
レフチェンコの証言で名前を挙げられた政財官界の連中は、皆一様に否定したが。
そりゃ当然かw

865 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 04:04:25 ID:2zBwk24EO
もし戦争回避してたら 今頃2ちゃんねるやってないだろうな

866 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:11:27 ID:45Di4p8O0
  ┏━┓  ┏━┓ ┏━┓  ┏━┓ ┏━┓  ┏━ ¥¥¥¥¥¥¥¥
  ┃●┃  ┃韓┃ ┃●┃  ┃韓┃ ┃●┃  ┃韓|円円| 壺 |円円円|
  ┣━┛  ┣━┛ ┣━┛  ┣━┛ ┣━┛  ┣━|\ 統一狂会 / |
  ⌒⌒ヽ ∧_∧ .  ⌒⌒ヽ ∧_∧   ⌒⌒ヽ ∧_∧|≡≡≡≡≡≡≡◎|
 (ノハヘハ )<`∀´* > (ノハヘハ )<`∀´* > (ノハヘハ )<`∀´/ ノ    \  彡彡彡
 (゜。゜|l| ⊂ yと )  (゜。゜|l| ⊂ yと ) (゜。゜|l|⊂ yと |             彡彡
⊂斤Y U)  〉   ) ⊂斤Y⊂) 〉   )  斤Y|__)  〉   ( ー   ― <   彡彡| 
 / .| | ヽ || |  / .| | ヽ || | /U| | U || /  /  ヽ     / ̄|   
└-レレ-ゝ<__<__〉 └-レレ-ゝ<__<__〉└-レレ-ゝ<__<  |  / - -  ヽ       /  スパイとはブサヨのことです
    ┏━┓  ┏━┓ ┏━┓  ┏━┓ ┏━┓  | / ___  ヽ     / 
    ┃●┃  ┃韓┃ ┃●┃  ┃韓┃ ┃●┃   | /──u\_   _/     私達は反共の愛国者です
    ┣━┛  ┣━┛ ┣━┛  ┣━┛ ┣━┛   ヽ_ _ __ノノ  |     
    ⌒⌒ヽ ∧_∧ .  ⌒⌒ヽ ∧_∧    ⌒⌒ヽ ∧ ーー     //◎\
   (ノハヘハ )<`∀´* > (ノハヘハ )<`∀´* > (ノハヘハ )<`◎\\   // ◎  \
 ボー(゜。゜|l| ⊂ yと )  (゜。゜|l| ⊂ yと )  (゜。゜|l|/  ◎ \\// ◎     \
    斤Y|__)  〉   )  斤Y|__)  〉   )  斤Y/     ◎◎◎◎◎◎   (⌒) _ ' 、
   /U| | U || |  /U| | U || |  /∪ノ       ◎  ■  ◎    ノ ~.レ-r┐ヽヽ

867 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 06:19:43 ID:rJU50Fb90
アメも支那も敵だ

同盟国は他の国を模索した方がいい

868 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:02:45 ID:s2+46Q3B0
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1195778250/l50

869 :名無しさん@八周年:2007/11/27(火) 07:10:25 ID:ISUPaQvn0
>>842
ゆとり乙w
説明できない、と来たかw

政治家として真崎を担ごうとした流れがあったからこそ真崎が巻き添えで連座したのだよ。
更に言えば、思想家の煽りと言うのも謝り。
当日の西田と北の動きをちゃんと追えば、君がどれだけアホなことを言っているかわかる。

ゆとりくんはちゃんと勉強しなさいw

870 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 21:08:23 ID:zCbYqz7s0
 スレタイに戻って考えると,昭和天皇に電報を報せないというのは
「昭和天皇が将来巻き込まれない」ためにする彼の勝手な忠義心でないの?
企業などでとくにオーナー社長企業の場合,番頭的副社長や専務が違法行為
(汚職)やマイナスなこと(製品欠陥など)をわざと社長に報告せず,
問題になったときにオーナーを守ろうとするように.
(松本清朝の小説読みすぎた人は「本当は社長の指示」とか言い出すだろうが)

871 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 21:13:27 ID:x6DZSUV40
日本だと権力者本人が死なないとこういうのが出てこないんだよな
犬策とかも死んでからボロクソに出てくるんだろう
ほんと日本て甘いよな
韓国だと大統領が変わるたびに前職は逮捕されてるのにw

872 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 21:21:51 ID:moeuJ0SA0
天皇に親書を出すことをルーズベルトに働きかけたのは、
ウォーナーなどの知日派や当時エール大にいた朝河貫一など。
天皇の特殊な役割をアメリカ政府に正しく認識させたのは彼らの功績。
勅令によって軍部の暴走を抑えようとした賭けは失敗したけど、
この経験や知識は日本の戦後処理に役立ってる。

873 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 21:25:18 ID:q12CEhwe0
>>870
>彼の勝手な忠義心
はあ?
下っ端が勝手な忠義清でで行動するってw
松本清張
のノンフィクション読んで出直しておいで
ゆとりちゃん

874 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 21:40:26 ID:HwpP4Faz0
殿様がヘマしたら家老が腹切るようなもんだろ
周りの人間が教育係みたいなもんだから
天皇のヘマは周りの臣下の責任

875 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 22:20:05 ID:iflktLdK0
>>870
昭和天皇に戦争責任を押し付けたのが瀬島だよ。

876 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 22:24:28 ID:q12CEhwe0
あまり呆れたのでタイプミスしたw
ゆとりは勉強しなおしなさい!
二十歳過ぎてるなら
ものを考えるようには生まれついていない
のを自覚して
人の上に立つ職業には就かないように(´;ω;`)

877 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 22:27:41 ID:q12CEhwe0
>>870
みたいな○○○に権力を持たせると
戦争に負けるんだなあ
ナルホドナットクつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

878 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 22:36:41 ID:c7LuB7HN0
 

879 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 22:49:18 ID:DZRKuaJQ0
基本的なことだけど、宣戦布告ってしなきゃいけないもんなのか?

880 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 23:00:46 ID:PneYhawE0
>>879
日米戦に関してはいくらでも回避できた

881 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 23:01:13 ID:pJdC6QMV0
>>879
戦争は名乗りを上げて行うもの
試合開始前に殴っちゃいけません

それより、どこまで売国奴なんだ瀬島龍三・・・

882 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 23:05:34 ID:jwhu3XjB0
>>879
外交宣伝にどっちが有利か、という問題だ。
イラク戦争では布告はなかったのでは。先制攻撃するとは言っていたが。

883 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 23:24:19 ID:alLkC6Pd0
>>795
横浜や仙台にも原爆落とされるのがオチだわ、悪いけど。

884 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 02:02:27 ID:Gk0G1top0
>>881
そんなお行儀の良い戦争なんて、むしろごく少数の例外だろ。

885 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 07:06:15 ID:Z0HW8sfp0
>>879
自衛の場合以外は、しなきゃならない(開戦に関するハーグ条約←うろ覚えだが)。
イラク戦争の時には、最後通牒があったはずだ。

886 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 07:12:44 ID:vb7LWHF10
この前の瀬島の葬式には蒼々たるメンツが参列してたな

887 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 07:17:12 ID:PFzVdltk0
ルーズベルト、、、ズボンがずり落ちてきそうな、その名前が嫌い

888 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 07:36:48 ID:Aht0wSD50
軍部は、いった。
ルーズベルトは、開戦やむなしとなってから
親電を打つと。

つまり後になって、アメリカ側が戦争を
したかったのではなかったと云える形を作る
ためのアリバイ工作のようなもので。

そういっておきながら相手側から仕掛け
させるために、ハルノートのようなそれまでの
交渉を無にするような高飛車な要求書を
突きつける。(そうして、一応最後通牒
ではないと後世言い訳できるように、
試案にて拘束されずなどという但し書きを
添える。相手はそれでも相手の本心である
と当然思うし、実際そうなのである。)

アメリカの戦争の始め方は、歴史的にみても
多くの場合に、自国から離れた場所でアメリカの
船が沈められた・攻撃されたということをもって
戦争を始めるというワンパターンである。過去の
戦争のそれぞれについてこれを確かめてみると
面白いほどに、そうである。

889 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 07:49:08 ID:FdGGdcPX0
>>885
別に開戦前にしなきゃいけないわけでもなかったような?
最初に奇襲で大打撃を与え
その後にぬけぬけと宣戦布告をした例もいっぱいあったような。


890 :名無しさん@八周年:2007/11/29(木) 08:38:48 ID:aoPvFd7j0
アングロサクソンとユダヤは叩くべき存在なのは当時も今も変わってないな。
あと20年早く開戦してればな

317 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)