5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【論説】『失うこと』が「幸せ感」を生み「逞しく生き抜く力」の原動力になる…豊かな日本で多い自殺者に思う/宋文洲

1 :どろろ丸φ ★:2007/06/25(月) 19:16:54 ID:???0
神が人々を幸せにするために、天界から降りてきました。失明した人は神に「私は、愛する家族
の顔も綺麗な夕日も見たことがありません」と訴えました。神が彼に視力を与えると、彼は幸せ
になりました。
「私は凍土の上でも炎天下でも労働を厭いませんが、働くための土地は洪水に流されました」と
訴えた農民には神は農地を与えました。農民は幸せになりました。

貧乏な青年がやって来て言いました。「神様、私にはお金がなく家族も持てません」と。神は彼
にお金と美しい妻、可愛い子供を与えましたが、青年は暗い顔で「神様、私には才能もありませ
ん」とさらに訴えました。すると神は彼に才能も与えました。数日後、青年はまたやってきてとう
とう言いました。「神様、私には幸せがありません。ください」と。

神は少々躊躇された後、「(幸せを)与えよう」と言って、これまでに与えたすべてのものを取り
消しました。その結果、青年は一人ぼっちのホームレスになり、飢餓と悲しみと孤独に暮れる
日々を送ることになりました。
2年後、神は青年に家族だけを返しました。すると青年は「私は幸せだ!」と号泣しながら妻と
子供を抱きしめました。

◆失って幸福を得る
小さい頃、大人からこの言い伝えを聞いた時は、単純に青年の貪欲さに憤慨を覚えました。
しかし、今は考えが変わりました。彼は失うことを経験していないから、幸せになれなかったの
です。

事故や重病から生還した人の話を聞くと、明確な共通点を感じます。それは生への喜びです。
ただ生きているだけで、幸せなのです。生きていること自体が感謝すべき出来事なのです。
些細なことで自殺する今日の日本には、十分に幸せなはずなのに幸せになれない人々が、
大勢います。理由は簡単です。失う経験がないからです。得ることは当然であり、足りないこと
を不幸と考えるのです。その足りないことは、他人との比較によって常に作り出しているのです。
だから常に不幸なのです。    (>>2-10に続く=3分割)

日経ビジネス:http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20070618/127677/?P=1

2 :どろろ丸φ ★:2007/06/25(月) 19:17:21 ID:???0
(続き=2/3)

これだけ快適な社会に進化してきたのに、自殺者がかえって増えたのは政治や教育のせいだ
という論調がありますが、僕はこれに同意できません。外部にどんな素晴らしい環境があっても
人の内側に幸せな心を与えることはできません。
「幸せを与える」という表現があるものの、その言葉の本来の意味は、幸せを感じる力のある人
に対して、その条件を与えるという意味です。幸せ自体は本人の心で感じ取り、そして解釈する
ものです。

パン1つで幸せになれる人には、パンを与えることで幸せを与えることになります。冒頭の青年
に家族も才能も金銭も与えても幸せになれない理由は彼には幸せになる心がないからです。
神が彼にその心を持たせるために、彼に失う経験を与えたのです。

◆失って生存力が強くなる
心理学者の研究によると、同じ程度の損得に対しては、得る時の快感よりも、失う時の不快感
の方がはるかに高いそうです。つまり、我々の本能は失うことに対して、過剰に反応するのです。
本能のままで生きると、我々は基本的に何も失わないように細々自己中心に生きることになります。「失うことを恐れない」とよく言いますが、恐れないことは不可能です。

恐れながらもチャレンジする人は、必ず何かを失うのです。失う淋しさと悔やしさが、その人を
強くしていくのです。生存力が強く、心が豊かな人生は、間違いなく多くの失う経験を積んだ
人生です。 富を失う時に人間は心と向き合い、地位を失う時に人間は弱者の立場に気づき、
プライドを失う時に人間は謙虚になります。
10を失うことを経験した人は5を失った時、動揺しないのです。動揺しないから冷静に学習でき、
失う確率を下げながらチャレンジの回数を増やせるのです。これに時間を掛け算すれば大変な
蓄積になります。

国家や組織もまた同様です。日本は戦争で主権までを失ったから抜本的な社会改革が実現し
今の日本になったのです。トヨタ自動車が強いのは一度潰れそうになった経験をしたからだと、
よく経営層の方々から聞きます。  (更に>>3-10に続く)

3 :どろろ丸φ ★:2007/06/25(月) 19:18:09 ID:???0
(続き=3/3)

アメリカは祖国を失った人々によって建設された国家だ、と言っても過言ではありません。中国
はアヘン戦争や文化大革命で多くを失ったからこそ、封建の陳腐から目が覚めたのでしょう。
日本ではよくバブル崩壊後の10年は、「失われた10年」だと言います。確かにそうかもしれませ
んが、しかし、それは必要だったと思います。多くの人々が同意しないかもしれませんが、この
10年間で日本の社会は透明性を高め、環境に目覚め、国際化が進み、経済指標では表現
できない社会の高度化を成し遂げたのです。
失うことの効用はその最中と直後に分かるものではなく、その痛みが落ち着いた時にやっと
かすかに見えてくるものです。

◆失うことへの予防接種
小さな我が子と外出した時の出来事を思い出しました。子供が大事にしていた折り紙が少し
破れたため、「セロテープで直したい」とぐずりました。
何回か「帰ったらすぐセロテープを探してあげる」と慰めても泣きやまないため、僕は最後の
方法を使いました。その折り紙を破って紙屑を我が子に渡しました。子供はしばらく大泣きしま
したが、その後は落ち着き「セロテープ」と言わなくなりました。

このやり方に多くの読者が賛成しないと思います。僕も自信がある訳ではありません。ただ、
心が痛むのを我慢して折り紙を破ったのは、確かです。
子供の人生において、やがて頻繁に何かが失われるのです。友人の信頼や最愛の家族や
大事な財産まで。僕が神になり、我が子が一生、「失うこと」を経験せずに済ませられるのなら
いいのですが、できるはずもありません。

失っても早く立ち直る強さ、失ってもほかで何とかする柔軟性を早く身につけてもらうしかない
のです。僕のやり方は自己流の予防接種でした。 (以上)

※ニュースでもなく、また長文論文ですが、紹介する価値ありと思い、敢えてスレ立てしました。
                                    (どろろ丸)

4 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:18:30 ID:sTnkcsnt0
長文乙

5 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:19:49 ID:XnMbEc3V0
>豊かな日本で多い自殺者

豊かな日本は幻想だと気づけ

6 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:19:52 ID:kR52x5t00
そうかそうか

7 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:21:44 ID:+a6riwLs0
だから国に金を納めろと言う事か?>>1

国民に喧嘩売っとんのかー ゴルァ

8 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:22:59 ID:TD3SAMwx0
バカじゃねーの?

9 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:23:02 ID:gV+sHjh10
>この10年間で日本の社会は透明性を高め、

それは無い。


10 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:23:53 ID:B8+vgoZB0
わかるようなわからないような。
幸せだと感じるごとに申し訳ないような気がして
幸せになるほど死にたくなるんですが。。。

11 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:23:54 ID:qfY5YpUr0
生きるのが大変すぎる国になれば、
自分から死にたいと考えるような人間は、
そこまで追いつめられる前に、
殺されるか死ぬかしている、そういう事でしょうか?

12 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:24:00 ID:0JLezVKL0
>慰めても泣きやまないため、僕は最後の方法を使いました。
>その折り紙を破って紙屑を我が子に渡しました。

ここか?
>>1

13 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:24:05 ID:XYg40pv60

どうあがいても税金泥棒は正当化できません。ww

14 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:24:12 ID:2QfArd/i0
抽象的なこと言って煙に巻きたいのか

15 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:24:41 ID:3tmQypDC0
最終面でオプション4個とレーザーとダブルボム失ったノーマル状態
になっちゃって、絶望して電源切ろうかと思ったけど、
やってみたら明らかに敵が手加減してくれてる。

現実ではは容赦なく殺すんだよ。

16 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:25:24 ID:m89BNBfC0
長すぎて読む気もおきねーよ。
お国の言葉でいいからなんか諺探してきてまとめてくれw

17 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:25:30 ID:FWTdQzuh0
社保庁の人たちに、財産を失うことで幸せ感を生み出せるか試してほしいな。

18 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:26:03 ID:FGNhFH960
1文化革命やればいいということかな。

19 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:26:48 ID:gV+sHjh10
>>12
言葉で諭すのではなく、行動を持って示すのが(ry

いくら小さい子供だって、話せばわかるもんだがw

20 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:27:01 ID:brrJo6m20
神様、私もお金がなく家族も持てません。

21 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:27:43 ID:tcBS9EcD0
役人どもにも失う事の幸せ感をたっぷりと味あわせてやろうよ

22 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:27:56 ID:/1VUyDqY0
まとめると命を失うことで幸せになれるってこと?

23 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:29:03 ID:G/L5XkOUO
氷河期世代は未だ
失われた10年以上だが・・・

24 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:29:34 ID:B8+vgoZB0
>>16
喜捨推奨

25 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:29:55 ID:i5rS3q4w0
なにかを失っても、その後にそれを補うなにかを与えてくれる神様は居ないんだよ

失って得られるのは喪失感だけ、そこから這い上がれないような世の中なのに
なにが生きてるだけで幸せだボケ!
この生こそ地獄だ

26 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:31:56 ID:4mzlLVMZ0
支那国賓館宿泊社長部下の日経記者か

27 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:33:00 ID:EzG/SQOa0
中国じゃ、法輪功に参加しただけで拷問受けて殺害される。中国に開設
されてたキリスト教の教会の尼さんも惨殺。他の「共産党系の」尼さんに
入れ替えられちゃったw チベットでは民族根絶活動。東トルキスタンでは
核実験による死亡者多数。デモでも発砲される。

>宋文洲(そう ぶんしゅう、男性、1963年 - )は、ソフトブレーン
>株式会社創業者であり、現在は同社マネージメント・アドバイザー。
>1963年生まれ。中国山東省栄成県出身。

他人の国に偉そうに言える立場か。中国の民主化運動やってから言え。
中国も自殺者は多い。日本の数倍はある。共産党が隠ぺいしてるだけ。
「中国は素晴らしい共産国家だから売春婦はいない」「なぜなら食料
は十分供給されてるし、売春婦は厳しく処罰(最悪死刑)されるからだ」

って誰が信じるんだよw 売春婦だらけだろうが。惨殺や飢え死にが
多く、共産党が隠ぺいするから「日本より自殺者が少ない」かのように
錯覚してるだけだ。

28 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:33:02 ID:H3pFHt+IO
まぁ書いてある内容は至極まともだと思うよ。

29 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:33:29 ID:FnEBwu1RO
大切なものは失ってから気付く、とかさ、良く言われる当たり前の事だけども
自殺を考えてる人には通じないよな。
自殺を考える更に一歩手前で冷静にならんと。
もう死のう、って達観した風なアレは冷静さじゃなくパニック症状だし。

30 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:34:39 ID:hJ6inONL0
一流企業の社員、政治家、官僚、公務員が、
まず、手本となって、実行してみてくれ。

31 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:35:20 ID:R4GsUWGZ0
国民一人当たりに換算すると
先進国に比べて中国人はまだまだ幸せではない
もっと日本は貢ぐアル

32 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:36:54 ID:2ONXszhk0
働く幸せを神が与えてくれるために、オレはニートになったんだな。
なんとなくスッキリしたぜ。

33 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:38:24 ID:2QfArd/i0
失って得られた喪失感は俺のエネルギーになるよ

34 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:38:26 ID:j5CEjeyb0
ま、韓国は終わりだけどな。

35 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:39:28 ID:M6RPFuwR0
>中国はアヘン戦争や文化大革命で多くを失ったからこそ、封建の陳腐から目が覚めたのでしょう。

なんだ 釣りかよ

36 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:40:13 ID:8GJ/Dpui0
。・゚・(ノД`)・゚・。  オマイラは真面目に生きて家庭を持つんだぜ…俺はもうだめだ…

37 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:40:46 ID:jomRTqTd0
ようするにいつまでも賠償と謝罪を要求する、隣の国を滅ぼしてしまえということが言いたいのか?

38 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:40:49 ID:j5CEjeyb0
           . //\\ .\   総      \
            /. \/\.\ .\   連     . \ 総連\<`∀´ >/オワタニダ
          . //\ \/  \  \   中     ..\
          /. \/\  /\ \  \   央      \
         . //\ \/  \/\ \  \   本      \
         / .\/\  /\  \/  .\  \   部      \
        .//\ .\/  \/\   /\ \ .\         \
       / .\/\  /\ \/   \/\ \ \        //
      .//\ .\/  \/\  /\  \/  \ \     /:::/
     ../ .\/\  /\ .\/  \/\    /\ .\ \ /:::::::/
     //\ .\/ . \/\   /\ \/    \/\ .\/::::::::::::/
    ./ \/\  /\ \/   \/\   /\ .\/ /::::::::::::::::/
    //\ .\/  \/\  /\  \/   \/\  /::::::::::::::::/
  . / \/\   /\. \/  \/\   /\  \/ /::::::::::::::::/
  //\ \/   \/\  /\ \/   \/\  /:::::::::::::::::/
  / \/\   /\. \/  \/\  /\  \/ /:::::::::::::::::/
. //\ .\/   \/\  /\ \/  \/\   /:::::::::::::::::/
/ \/\   /\ .\/  \/\  /\ \/  /:::::::::::::::::/
   (⌒ヽ、_,ノ⌒Y´ ⌒) ノ''"⌒ヽ,_ノ⌒ゝ'⌒ヘノ⌒)  /
:::(⌒::::::::::::(⌒ヽー゙ ....::(  ..::....... __人.....::::::::::::::::::::.⌒)、
:::_ノ⌒ヽ::::`Y⌒ヽ;;:::::"':::::::::::::::::::::::::::::(::⌒::⌒::)::::::::::::::::::`⌒)⌒つ
(´   ....:::.....:::::::::::::Y"´⌒ゝ、ノ⌒)::::::::::::::::,ノ⌒:::ヘ:::::::::::く::⌒´:::`)::::::`)
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ....  γ⌒ヽ::::::::::::::::::::::(⌒)::::::::彡⌒::::ミ::`)::::::::`):::::::::`つ、 ,,,,,
:::::::::::::人::::::::::::::::`Y´::::::::::::::::::::r'⌒⌒Y´::::⌒::`ヽ、:::::人:::::::(´`)::::::ィ´:::::⌒:::::`゙:::::`)

39 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:40:56 ID:jGo7DyXw0
>>中国はアヘン戦争や文化大革命で多くを失ったからこそ、封建の陳腐から目が覚めたのでしょう

??!

40 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:41:04 ID:dWCaIqde0
涙の数だけ強くなれるの?

41 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:41:20 ID:KKV98DsU0
失ったから自殺するんじゃないの

42 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:42:12 ID:QP52ajYX0
>>28
そうか?典型的な知の欺瞞だと思うが。

美しく飾るには醜い物を滅ぼさなければならない。
今回の場合はまとも感を出すために何を語っていないのか、とか、
行間を読む事はとても大切。

43 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:42:23 ID:dmVDNL7P0
なら、中国共産党もそろそろ「失う」ことを覚えた方が良さそうだな。

44 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:43:15 ID:K08zY9WMO
考え方の柔軟性って事?

45 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:44:59 ID:cwYWiTrd0
なるほど、自分の命を失えば最高の幸福感が味わえると言うことか。

46 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:45:03 ID:PQ2/eMaHO
庶民に言うより、権力者に言え

47 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:46:12 ID:puUUIJPw0
国家を奪われ失ったチベットやウイグル・内モンゴル。
この先奪われるであろう、日本や台湾へのエールですか?

48 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:46:51 ID:2QfArd/i0
これぞまさにニーチェの言うところの転倒ではないか

49 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:47:00 ID:vHTSjfUb0
>>5
オレオレの被害額が数百億を超えそうなんだけどな。
日本は豊かだよ。人の心が貧しいだけで。

文系を駆除しないから日本は下品な奴の世界になってるだけ。

50 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:47:11 ID:qfY5YpUr0
大事にされすぎて肥大した子供の全能感ってのは、
どっかで折っとかないと、
他人の気持ちがわからんで犯罪者になりがちだが、
文全体であれこれ国家とか社会とかに言ってる事はなんか違ってるような。

51 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:47:40 ID:uikiDgq80
たまにはいい事言うじゃねえか

52 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:48:31 ID:PDZv/VHv0
人生と投げっぱなしジャーマンとの違いは、


53 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:49:02 ID:XP5iLvUK0
要約すると自己責任てことか?

54 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:49:04 ID:j5CEjeyb0
共産主義
 ↓
旧ソ連、中国
 ↓
傀儡国家、北朝鮮 → 傀儡政権、金日成              ★朝鮮総連
 ↓                 ↓                       ↓共闘関係
★朝鮮総連          主体思想                 ★日本共産党
 ↓                 ↓ 洗脳                   ↓
■日本人拉致    ←  ★よど号グループ  ← 赤軍派 ← 共産主義者同盟(ブント)
 ↓                 ↑            ↓(日本共産党からも合流)
対日有害工作         過激派 → 連合赤軍あさま山荘事件、ダッカ空港ハイジャック事件
偽ドル札製造           ↑               テルアビブ空港銃乱射事件
                バカ左翼学生、左翼 → 安保闘争 → 反日運動
                    ↑
             世界同時革命、暴力革命理論
                    ↑
                 共産主義思想

朝鮮総連、日本共産党・・ こうしてみるとやっぱり危険な組織ですねー

55 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:50:20 ID:Wma0WZPJO
>>1の話は人間扱いされてない妻や子供が可哀想だ。
家族は物じゃねえんだよ。

56 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:50:23 ID:adXqxFA50
名前を見ただけで、読む価値がないと分かるな。
>>1はいい仕事をしている。

57 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:50:50 ID:OLCHzLjR0
実際は病気の要素が強いんだけどな。
異常なまでの権力嫌い、陰謀論好きも多分病気の一種だぜ。
オレの観察では年齢、性別、家庭環境、社会的地位、学歴まったく関係ない。
だから病気。
そのくせ平気で権力に近づく。公務員だったりする。
本物の権力警戒論者はそんなことしない。山奥にいたりする。
要人暗殺説や皇室の非人間性を語るときの輝いた顔のほかは不適応起こさないので
研究されないだけ。

58 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:51:03 ID:1LyK1Tzf0
>>5
豊かじゃないのに幸せでもないってこと?

59 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:51:16 ID:rgxs/t0K0
このおっさんはあんまり好きじゃないが>>1は正しい。

60 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:52:07 ID:ZB3t/tD20
もし仮に失ったものを回復するのには
それに向かって行動を起こせる確たる裏付け、
即ち歴史や誇りというものがなければ不可能であろう。

それを平気で踏み躙り奪い嘲笑う連中に綺麗事など言って欲しくないな。

61 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:53:01 ID:vHTSjfUb0
>>42 >>47
これ書いてる人はお父さんが資産家で文化大革命で中国中を逃げ回り
台湾経由で日本に渡って来た人だよ。

強烈な共産党嫌いってのは信じてあげても良いと思うけど。
君の目には違って映るんだと思う。

彼は祖国と家族を失って日本来た人。

62 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:53:47 ID:PVIENBGrO
視力も悪く土地もなく、嫁も子もいなく、金も才能もない俺はどうしたらいい?

63 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:54:01 ID:eQ2IN4WM0
破滅した人が自殺しているのに……

64 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:55:59 ID:NVW+9dGA0
『失うこと』が「幸せ感」を生み「逞しく生き抜く力」の原動力になる…

↑寄付を間接的に要求してる宗教団体みたいなセリフだね

65 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:56:18 ID:KL72Kz0+0
幸せは主観的なもの、自分がどう感じるかだから
客観的にどうであるかはぐだぐだ考えてはいけない

意図にもよるが、基本的にこれは奴隷根性だと思うよ
主観面はともかく、客観的に存在する不公平を批判し社会をよくするのがマスメディアの使命だろ

一体どういう意図で書いてるのか疑問だよ

66 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:56:43 ID:OeK2Xp1i0
お前ら、書いてるのが中国人だからって条件反射で攻撃するのは違うと思うぞ。
中国人だって良い人はいるよ。中国政府はダメダメだけどね。
>>1はまっとうなこと書いてると思うよ。

67 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:57:24 ID:1FqUglVF0
村上に会社あげるバカか(w

68 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:57:38 ID:kR52x5t00
宗教家と政治家が良く使うわけの分からん理論

69 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:57:39 ID:dmVDNL7P0
豊かさに慣れて打たれ弱くなった人間が自殺しやすいんじゃないか、
って書いてるだけの文だろ。

自殺の動機なんか他人が勝手に推測してどうにもなるものでも無いと思うが。

70 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 19:58:54 ID:vHTSjfUb0
>>62
その程度なら、どうすれば良いか答えを見つけることを始めてみればいい。

>>63
破滅ってそんなに簡単に出来ない。自殺が破滅かな?
破滅したから自殺ってあり得ない。自殺が破滅なのに。
自殺したから自殺しなきゃって言うほど無理な話。
文系は糞。

>>64
宗教団体もこの手の言説を駆使するけどそれは文系だから。
この人は失って来た人だからちょっと違う。というか、かなり違う。
手放す事すら出来る人。

文系が悪いんだよね。言葉を軽く汚くするのは文系。

71 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:00:07 ID:2QfArd/i0
文系理系に分断してレッテル張りして話す奴ってゴミ系だよね

72 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:00:42 ID:E8hAzHdW0
死にかけて回復した時、生きていることへの幸せを感じるのは本当。
実際俺もそう思った。
でも、そんなのは長く続かない。
2,3ヶ月くらいか、他の人からも良かったと言ってもらえている間と同じくらいの期間だけだよ。
失うことが幸せ感を産むなんてのはすげーレベルの低い話で、
今現在不定期に起こる偏頭痛と四肢の麻痺で働けない自分を
それでも幸せなんて思うことははっきり言って難しい。

一度死にかけて欲しい、この中国人。


73 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:02:35 ID:ofS7xL9ZO
まあ、あわよくば起業が失敗或いは生活に余裕が出来る程儲かってなかったらこういうの公言は出来ないわなWWWWWコイツの仕事官庁ズブズブっぽいな

74 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:02:40 ID:HpGcl3FM0
正論だけどなかなか理解できないだろうな。
漏れのような脳出血で半身麻痺の身になった人間には
実に良く理解できるが健常者には無理な話だ。
右手と右足しか動かん。

75 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:03:13 ID:4e0YGgZs0
自衛隊員の自殺を身近に知りました。
1の「失うことで幸福を知る」より以前に、理不尽な暴力や搾取が
日本の至るところに存在する。
現実は「失わされてそれっきり」です。


76 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:03:22 ID:rgm9ghTj0
>>文化大革命で多くを失ったからこそ、封建の陳腐から目が覚めたのでしょう。
これがなければそう破綻したコラムでもないと思うけど。
しかしベンチャーの経営者がこゆこと書くのは違和感
なんか宗教やってんのかね。

77 :_:2007/06/25(月) 20:03:22 ID:sCuYmDVwO
「モノやお金、気持ちにゆとりが豊なのではなく
、夢や希望に充ち溢れている事が豊なのだ。」
と、取引先の大金持ちが言っていた。
「意味がわかるか?」
と問われたので、
「゛金持ちになれば、全てにゆとりが出る゛と言
う事でしょうか?」と僕は答えた。
相手は「その通だ!!よく解っているじゃないか。」と笑いな
がら更に沢山の契約をしてくれた。

僕は営業成績が断トツのトップとなった。

しかし、そう答えてしまった僕の心は何故か










嬉しくて堪らなかったwww

78 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:05:08 ID:lLPgqQnIO
前半はよかったけど、実例に当て嵌め出してから何だかなあと思った。

79 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:06:11 ID:XnMbEc3V0
中国は日本人を怠け者にしたいのよ

2chでも「働いたら負けかな」をよく書き込んでるでしょ

80 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:06:22 ID:C2ziU+T10
スレタイだけでネトウヨが湧いている事が俺には判る。
この人は文化大革命で酷い目にあってて、本来ならむしろ中国政府の事を憎んでさえ居ると思うのだが。

81 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:06:37 ID:HpGcl3FM0
まああれだ金と健康と愛の三重奏が一番幸せなんだろな。

82 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:08:55 ID:vHTSjfUb0
>>75
あっ良い指摘。
この中国人の間違いは実はその点。
日本人の自殺が多いのは、失うからと言うより、
奪われるからなんだよね。奪われるために生きるのか?
と思うとき、生きるのが辛くなる。

文系を駆除してしまえ、何人も奪われない世界になるんだけどね。
奪う事しか出来ない文系が文系の駆除を邪魔するし、そういう価値観が形成されないように世の中を歪める。

文系を駆除すれば世界は平和で豊かになるんだけどね。

83 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:10:27 ID:C2ziU+T10
>>76
むしろベンチャーの社長だからそういう事言うんだよ。
松下幸之助なんかそれが高じて会社の金でPHP出版社作っちゃったしw

84 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:10:48 ID:7yZ35gG70
もう遅い
日本は失ってはいけないモノをすでに失っている

85 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:12:57 ID:dmVDNL7P0
基本的には「失うことで見えてくる何かがある」という文章だと思う。

>>80
まだ生きてるだけ良い。
命を失った数千万の人間には何が見える?

86 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:14:00 ID:6boIf1vg0
長い3行にまとめろ

87 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:15:10 ID:1PDALH4W0
>僕は最後の方法を使いました。その折り紙を破って紙屑を我が子に渡しました。
単なるヒステリー

88 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:16:14 ID:2QfArd/i0
底辺は 失う→幸せ→たくましく生きる→失う→以下ループ
上層は 奪う→幸せ→以下ループ
アホか

89 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:16:46 ID:dmVDNL7P0
>>86
失うことで見えてくる幸せもある
失う経験を重ねれば打たれ強くなる
失われた10年といっても全くの無駄ではない

90 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:17:54 ID:Rn265ZGV0
>>9
確かにそれはないなw

91 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:19:29 ID:C2ziU+T10
>>85
要約としては納得。

でも、今の中国の状況を見ていると生きているだけで良いとはとても思えない。
農村部とかの状況を見聞きしているとそれこそ死んだほうがマシとさえ思える。

92 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:22:16 ID:C2ziU+T10
>>90
むしろ、そう言い切れることは透明性が高まった何よりの証拠だと思うぞ。
透明性が無かったらそれは無いと言い切ることすら不可能だと思うんだが。
少なくとも、気づかず終わってる話がネットとかで騒がれるようになったって事を考えると充分透明性が高まったって言える。

93 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:22:17 ID:dmVDNL7P0
>>91
ふむ、その点は同意。

だから、この記述が腹立たしく感じる。
>封建の陳腐から目が覚めたのでしょう。

「目が覚めた」からといって、「幸せ」には繋がりそうに無いし。
国外に脱出できたなら客観的に見られるんだろうけど。

94 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:22:36 ID:vHTSjfUb0
>>89
かなり無駄というか団塊を逃がすための10年だったからなぁ・・・・・

文系を駆除しなきゃ駄目だと思う。

95 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:27:01 ID:588nAET50
俺が一念発起して、エロ動画満載の300GBのHDD3台を物理フォーマットした上、p2pソフトを削除、
"ジハード"(性戦)を宣言しオナ禁を開始、エロは"見ない買わない持ち込ませない"の三原則を徹底し、
妄想やエロの反芻も極力しないように心がけ、仕事とジョギングや筋トレに励むという生活をしてたら、
五ヵ月後に彼女が出来て、その彼女の裸を見ただけで極度に興奮し、挿れる前に暴発したようなものか。
…神様ありがとう_ト ̄|○ 反動で彼女に無茶苦茶してる気がするけど。

そいえば、イスラムの人って基本的に禁欲だし女性の露出も少ないから、なんか普通に日本の
街を歩いてるだけで、射精しそうだなw 禁欲の恐ろしさを思い知った。

96 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:27:50 ID:HamFWuD00
折り紙をもりもり食ってしまえばよかったのに

97 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:28:21 ID:C2ziU+T10
>>93
目が覚めたら余計不幸になる事もあるような気がするんだよな。
てか、本来なら目が覚めたら不幸になるのがデフォルト。
封建の陳腐から目覚めて好き勝手やってるアフォ共が無茶苦茶やってるんだよ。
共産革命・文化大革命とかはむしろ封建の陳腐から目覚めたと勘違いしたアフォ共が煽った感じもするし。

98 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:31:42 ID:kR52x5t00
失う事を恐れるからこそ生き抜く力を得る場合もある事をこの人は知っているはず
なぜならこの人は今豊かな生活をしてそれを守っているのだから
にも関わらず「自分は貧しさをしってる!えっへん!」みたいな事だけ書くのは傲慢だと思うが

99 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:31:55 ID:dmVDNL7P0
>>97
共産革命って、「旧弊の打破」を旗印にして、
自分の好きなように暴れまわるだけの代物だから。

それによって失われたものは、もう戻ってこない。

100 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:32:49 ID:2Resihug0
健康や最低限の生活費を失ったら、失った分かる幸せなんて悠長なことは
言ってられないぞ。目の前には死あるのみの状態になるよ。
失ったら分かる幸せなんて言える人は少数の恵まれた人だと思う。

101 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:36:33 ID:2Resihug0
大体、日経ビジネスなんて読んでるだけで勝ち組でそ。

102 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:37:13 ID:C2ziU+T10
>>99
文化大革命が無ければ中国はもっと進んでいたとか言われているからな…。
>>100
ただ、一度失ったから言える台詞でもある。
どっかのボンボンの息子にはそんな台詞吐けるわけあるまい?

103 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:38:35 ID:BKP4bINv0
だから年金が消えたんですね!!

104 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:40:33 ID:dmVDNL7P0
一つ気になるのは・・・

>>3に書かれている自分の子供が、自分より先に亡くなったら
この人はそれを原動力にしてどういう幸せを掴むのだろうか。

105 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:40:41 ID:vHTSjfUb0
>>100
農耕民族なんだからカモなんだけど、得られない事や奪われることに関しては
異常に寛容なのに、失うことに関しては異常に駄目だよね。

奪われるに寛容なのに失う事には耐えられないっていうのが、合理的で健全な精神を持つ俺としては
理解しがたいんだけど、何故かそんな行動原則が有るような感じがする。

文系が悪いんだと思う。

106 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:40:43 ID:KL72Kz0+0
生きていればいいことあるなんてよくある台詞で説得力を持ってるが
生きているだけでは何らの意味がないことを確信していて
とにかく金を追い求める「経営者」が言うことではない


107 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:40:57 ID:9R6fUMTQ0
>>55 おまいさんの意見にマジで感動した

108 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:42:52 ID:2QfArd/i0
生きていればいいことあるなんて無責任なセリフよく言えるよな

109 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:43:13 ID:r6zDvsm00
売国奴とか反日チョンとか愛国心や良心を捨てた奴は逞しいよな。

110 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:43:25 ID:kR52x5t00
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E7%B3%BB%E3%81%A8%E7%90%86%E7%B3%BB
>>政界における文系と理系
>>日本の政党では自民党と公明党に文系出身者が多く、民主党と共産党と社民党に理系出身者が多い。また、中国共産党の執行部は理系出身者で占められている

だってさ>>105

111 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:44:25 ID:cd6pKZCw0
これは働くより首でも括った方がまだ人生楽しめるということか・・・

112 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:44:53 ID:k9X3V08N0
お話だから失った物がたかだか二年で戻ってくるが
現実はそんなに甘くないだろ

113 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:45:51 ID:TRcKKmMv0
今の日本は豊かでは無いだろ。

かつての日本は豊かだったと思う。
誰もこんな未来を想像してなかったからな。



114 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:46:59 ID:3vUtnxNP0
失って幸せになれるのは、保険を掛けてた人....

115 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:47:04 ID:C2ziU+T10
>>110
そもそも、海外に文系・理系なんかあるのか?
そもそも経済学・経営学だと分析の際に数学的素養が必要だし、社会学でも統計の知識位は不可欠だろうに。

116 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:49:15 ID:kR52x5t00
>>115
日本のその文系・理系の枠に当てはめるならそりゃどの国だってあるだろうけど
海外でそういう分け方をするのかは俺は知らない

117 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:52:05 ID:dmVDNL7P0
>>112
現実には、失ったら「それっきり」だからな。
その後の展開にも色々なパターンがある。(下のは、部分的に重複しているが)

1:失ったものが大したものではなかったと思い込む
2:失ったものが実は大したものではないと気付く
3:既に持っているものの中から価値のあるものを再発見する
4:失ったものの代わりに新たな何かを求めるようになる
5:これをキッカケとして、もう失うことの無いように努力する

118 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:52:38 ID:r6zDvsm00
つか失うことで自殺が多いんだろ。守るものが必要なんだよ。それが幸せにつながり逞しくする。気がする。

119 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:52:58 ID:2HZucE2g0
死にたいヤツは、勝手に死ね。生きたいヤツは、這いつくばってでも生きろ。そのどっちか、腹決めないと。

120 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:54:07 ID:C2ziU+T10
>>116
それと、海外だと社会人でも会社やめて大学院に研究に行く事も簡単にできるという背景もあるし。
ただ、日本の大学がその分野を学ぶにあたって最低限の数学的素養も叩き込まないんだったら問題だが。

121 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 20:54:14 ID:vHTSjfUb0
>>113
88年にはこんな未来を予想してたけど?
まさかまんまその通りになるとは思ってなかったが。


122 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:00:24 ID:zJaeO8pU0
失う前に得られてない人の方が多い気が・・・

123 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:01:04 ID:kR52x5t00
物質的な豊かさだとか精神的な豊かさだとか、色々あるが
よく日本で言われるのは物質的な面で豊かになって精神的な面で貧しくなって、って
そしてそういう精神的に貧しい人が宗教だとか極端な方向に走ったり、って
どうなのかね、そんなに昔の人は豊かだったのか?今の人は貧しいのか?
俺はそんな事もないと思うがね

124 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:03:14 ID:C2ziU+T10
>>123
何だかんだでトントンじゃないのか?
昔だってそんなに良い時代だったわけじゃあるまい。

ただ、二極化は目立ちつつあるような気はするが。

125 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:05:51 ID:dmVDNL7P0
>>123
いつも思うのだが、「精神的に貧しい」って表現は意味がよく分からない。

例えば・・・楽観的に未来を信じ、様々なものから妄想を羽ばたかせるのが
「精神的に豊か」なのだろうか。

退屈や憂鬱から逃れたい、という気持ちは分かるとしても。

126 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:06:26 ID:ofS7xL9ZO
これなんて皮肉?なんだかんだ浮かれて莫大な経済的精神的ツケ残し既得権益にしがみつく団塊に対する恨み節か?

127 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:06:32 ID:rgxs/t0K0
2chは人間のネガティブな面が集約されるな、とこのスレをみて思いました。

128 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:06:43 ID:YFNJLv1j0
希望がなくなると死にやすくなるんだろ

129 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:09:08 ID:10acCPe+0
今度の選挙
民主に投票したら”失われた10年”を
取り戻せますか?

130 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:10:11 ID:TZJxBXv40
失うことから全ては始まる
武士道はシグルイなり

131 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:12:33 ID:kR52x5t00
昔は今の何倍も犯罪が多く、自殺が少なかった
それを豊かさだと言うなら本末転倒

132 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:14:06 ID:sQz3xRXCO
>>1
至言なり。この感覚は重要だ。何かを失い代わりに自由を獲得するのですな。

133 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:17:39 ID:JldQnDZ90
中国でもなかなかのものだぞ

【中国】“格差・自殺大国”中国…年25万人、若者の精神疾患も増加 [02/27]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172649198/

134 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:18:36 ID:kR52x5t00
人口十倍の国より自殺者多いってのは・・・本気で笑えない状態だな・・・

135 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:20:46 ID:swfaA98E0
うしなってはじめてわかるありがたみ
どうにも、繰り返しちまうんだよな・・・

136 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:22:04 ID:dmVDNL7P0
ふむ・・・この表が分かりやすいな。
ttp://www.t-pec.co.jp/mental/2002-08-4.htm

(特に無職の)自殺者が98年にいきなり跳ね上がったのは何故か、
その説明が欲しいところだ。

137 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:22:52 ID:vHTSjfUb0
>>125
文系酷すぎ(w

138 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:23:31 ID:kR52x5t00
殉死

139 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:25:34 ID:HamFWuD00
幸せと感じることが幸せなのか
それともそれとわからないくらいあたりまえになってしまうのがほんとの幸せなのか
どうだろうね

140 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:26:58 ID:B8Lm0tKB0
日系は中国とインテルが大好きw 中国とインテルの広報機関ww
まあ株持ってんだろうな
ソフトブレーンの株も持ってんだろうw

141 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:27:16 ID:oxP8soLq0
>>134
こりゃ本当に笑えないね・・・・・・・・・・・・・

142 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:28:45 ID:C2ziU+T10
>>136
不況による社会不安が爆発したからだと思う。
97年度後半に山一・拓銀・三洋証券が潰れ、年末には長銀・日債銀が実質倒産になった。
正社員でも自殺するところだが、無職にとっては絶望のどん底に突き落とされる位のショックだと思うぞ。

143 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:32:12 ID:dmVDNL7P0
>>142
うん、そういう分析の方が分かりやすいんだ。
それを>>2みたいに書かれると、急増する理由がどうにも理解できないから。

そりゃ日本人の精神構造も自殺数が多い「原因の一つ」だとは思うけど。

144 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:33:10 ID:kR52x5t00
だから>>1はただの成金の俺の人生自慢なんだって

145 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:38:32 ID:SlLAVweV0
自殺を止めたかったら、まず元となっている「痛み」を取り除かなければいけない。
こういう幸せ感がどうのというのはその後にいくらでもやればいい。

146 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:45:17 ID:C2ziU+T10
>>143
如何せん精神論に偏ってる気は否めないな。
自殺問題は精神論じゃない抜本的な解決策こそ重要だし。

ちなみに、この作者に労働環境とかそういう事語らせたら素晴らしいのだがw

147 :こんにゃくエックス:2007/06/25(月) 21:45:55 ID:ef3DZ0Jg0
マジレス

運良く、すいすいと来た人の中でも頭の悪い人間は
それが「実力」だと思い込み、利益を貪る。楽しみたいことを
さんざん楽しんだりね。思いたいことを思い、口に出したいことを
出しまくる。※※昨今、そういう人間がかなり増えている。豊かだから。※※

俺のまわりがそんなのばっかりだったらどうなるか?まず
挫折したときに突付かれる。レッテルを貼られる。
そういうことで、自殺者の背中を押している。※※これ(環境)は大きい※※

でも、上述した馬鹿の中でも単純馬鹿は自殺しない。なぜなら
自分を責めないから。

貪る人間で且つ自分を責める人間が自殺する。
これはドンピシャやり手タイプかもしれんね。ニンジンを追いかけ
自分を改革していく人だから。そういう人が自殺する。

148 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:45:56 ID:Etqik1Jp0
程度の問題だろ?
じゃあ、子供と奥さんが強盗にナイフで刺殺され、自分は重症、
で、障害が残り首から下の身体機能が全廃。会社も倒産。
て、なっても、そんな呑気なこといえるのかね?
「反証可能性」のある事象は「真理」ではない。金持ちになって
成功したからつうて、調子こいちゃいかんね。おバカ!

149 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:54:44 ID:Of5Lgw500
>>61
>これ書いてる人はお父さんが資産家で文化大革命で中国中を逃げ回り
>台湾経由で日本に渡って来た人だよ。

お父さんが資産家?共産主義国で?
逃げ回ったのに、なんで中国の奨学金で日本の大学に通えたの?

>強烈な共産党嫌いってのは信じてあげても良いと思うけど。
>君の目には違って映るんだと思う。

>彼は祖国と家族を失って日本来た人。

北京に自宅があり帰ってるのに、祖国を捨てたのか?

怪しすぎるから、まあスパイだと思って間違い無い。

150 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:55:08 ID:vHTSjfUb0
>>148
そこまで酷い目に有ってるところを持ち出さなきゃ反論できないほど
しっかりした正論だと思ってるわけでしょ。

真理を探すのは面白いけど、反証可能とか息巻いてるけどその反証に再反証
するのも簡単だし(w

文系はなんでこんなにゲスなんだろ?

151 :こんにゃくエックス:2007/06/25(月) 21:55:40 ID:ef3DZ0Jg0
続き

というのは、心がけの問題であって、病気に至るまでの過程。
だから、痴呆に似ているという自殺という病気になってしまったら
誰もが似ているんだろうな。

至るまでの過程では、社会の理不尽、貧乏、回りの無理解、
そいつが馬鹿、体の病気等、様々なものが重なり合っていると思う。

特に日本のような窮屈な社会では、それに適応した人間は
自殺にすぐ陥りやすい。

俺が提案する大きな改善策としては。
・共産党等、反社会の心を持つことを是とする。(自分を助けてくれない環境は切るってこと)
・外国に逃げる。

この二つだな。

これを実行するなら、窮屈さから解放されて生きることが出来る。特に
追い詰められた人に効くと思う。

152 :こんにゃくエックス:2007/06/25(月) 21:58:58 ID:ef3DZ0Jg0
続き

日本社会の性質が原因の半分以上を占めていて
それに影響されて、個人が自殺してるってことが多々あると思う。

単なる病苦の自殺なら外国でも同じだろう。でも、
日本だけが&若者なのに自殺する人が多いってことは
日本社会に問題がある。

それを切り離し、無視し、逃げるってことが今、絶対に
必要なんだと思う。特に追い詰められている人にとっては。

助け合いの精神なんかほっといて、金持ってる老人は
無視して是非、外国に逃げて欲しい、若者には。

153 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:01:20 ID:dmVDNL7P0
>>152
日本が特殊と言うなら、宗教や思想の問題もあるんだろうがな。

とりあえず>>136の表は見てもらいたい。年齢別とか理由別とか。

154 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:02:42 ID:vs7hUfCk0
>>1
素直に読ませていただいた。
なるほどなと思いました。

155 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:06:12 ID:qaIs9MYe0
>>1
そうか、そうやって日本のものを盗んだ挙げ句
「失うこと」が「幸せ感」を生み・・・という屁理屈に繋がるわけだな

さすが国策留学生=中国共産党のスパイだけはある




盗人猛々しいとはこのことだな


156 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:06:33 ID:C2ziU+T10
>>149
そんなあからさまな奴をスパイにするような国なんかないんじゃね?
スパイって奴は突っ込み所の欠片もないもっともらしい経歴を持つんじゃない?

157 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:06:52 ID:qoqCoNj80
失言でブログ炎上させて「人種シャベチュニダ!」ってほざいた宋文洲か
相変わらず無駄に長ったらしい文章書いてるんだな

158 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:08:15 ID:s4+g7oiR0
イイハナシダナー

159 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:11:48 ID:BQzkexsH0
この人が会長の時
株価伸びなかったなあ・・・

160 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:14:20 ID:LfHQWJDq0
仏教にも似た話があるっちゃあるが、

>2年後、神は青年に家族だけを返しました。すると青年は「私は幸せだ!」と号泣しながら妻と
子供を抱きしめました。

この青年はすぐにその環境にも慣れてしまい、家族にも不満だらけになる。
なぜなら人間の欲望には際限がないから。
だから悟りを開きましょー。

ってオチになるな。

161 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:15:05 ID:dmVDNL7P0
>>1の昔話を読んで、問題を一つ。

2年後に神様から家族すら返されなかったら、
飢餓と悲しみと孤独に暮れた主人公には
幸せを見つける機会があったと思いますか?

この上に、事故に遭うか大病を患えば・・・見つけられるかな?

162 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:16:32 ID:jvBlDkEF0
感動した
この人の会社空売ってくる

163 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:19:32 ID:npZyif6r0
>>162
もうアドバイザーだから痛くもないよ

164 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:19:42 ID:Etqik1Jp0
それを国民解放軍に殺された120万人のチベット人遺族に
言ってやれ。

165 :こんにゃくエックス:2007/06/25(月) 22:20:37 ID:ef3DZ0Jg0
理屈では人は救われないわな。

これをやろう、と小さな目標を立てて実行して楽しんで
そういう小さなことが生きる力をくれるわな。

出世とか、ある人にとっては簡単な目標でも
ある人にとっては命を取られる目標ってあるんだから
比較は意味ねーな。

けど、やっぱり比較した幸せってダメージあるから
貧乏はダメージあるわな。もっとみんなが「貧乏は
酷いかわいそう」という同情を持つべきだわな。
平等感は毒だわな。

欲望を選ぶことだわな。自分に合ってる欲望かどうか?と。
それを見る目を作るには、自分を磨くことだな。
自然を見るとか。イケイケのままじゃ自分を殺すわな。

166 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:23:24 ID:q+VMQNE6O
アイテムや金が突然失われるネトゲが流行るわけねーだろ

着実な成長とほめ言葉こそがやる気の原動力

167 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:23:57 ID:LfHQWJDq0
>>161
ヨブ記思い出した。

168 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:23:57 ID:XT3VWojK0
失った後取り戻す事ができた人は幸せになれるのは分かるが
失ったままの人は失わない人より不幸だという観点が欠落してる

169 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:25:19 ID:vHTSjfUb0
>>166
文系を駆除しなきゃ駄目だけど、文系はしぶといぞ。

170 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:33:05 ID:/O5yNCns0
この人の言いたいことは理解できるけど、現実にはもう一段階踏まなきゃだよな
それは失った物を取り戻すこと
最初の青年の例でも全てを失った後取り戻してるから幸せになったんだと思うんだがね

171 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:38:38 ID:1LyK1Tzf0
>>167
はもうちょっと評価されていい。俺はわかった気がする。
もう一度旧約聖書を読んでみる。

172 :名無しさん@七周年:2007/06/25(月) 22:39:30 ID:O7xeG0A30
>生還した人の話を聞くと、明確な共通点を感じます。それは生への喜びです。

この人たちは地獄にでも逝って来たのかね?

173 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 22:49:33 ID:gmpO9Hob0
いや北欧なんかは社会福祉が行き届いていて自殺率が高いわけだがな。
「心配ごとがあって、それを解決できる希望がある」
世の中は自殺が少ないだろう。
満ち足りてしまうとかえって生きる意味を実感できないということもある。

しかし!!今の自殺の多さは
「心配ごとがあって、それを解決できる希望がない」
ことの結果だろうに。

174 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 23:19:45 ID:BO3FU0nB0
>>169
お前、どこのスレでも同じこと言ってるが、誰もレス返さないからって
自分の言ってることが受け入れられてると思ってんじゃねーのか?
キチガイのお前が駆除されちまえ。文理関係ないスレでギャーギャー騒ぐな

175 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 23:24:11 ID:zSOQ4adB0
◆失って幸福を得る 

最後に得られれば幸福だろ。
最後まで得られない現実で、何が幸福だ。

176 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 23:31:28 ID:ldRBRIP10
「失うこと」が「幸せ感」を生み「逞しく生き抜く力」の原動力になる。
そういえば、昔の年寄りは今よりずっと早死にだったな。

177 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 23:35:38 ID:vHTSjfUb0
>>174
貶すことしか出来ないのは理解してる。

文系は屑なんだよ。

178 :名無しさん@七周年:2007/06/25(月) 23:35:56 ID:O7xeG0A30
人は裸で生まれてきた、また裸で死んで逝く
その途中の服や装飾品などの持ち物に素直に感謝出来れば幸せだな

179 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 23:43:14 ID:9VP95+jc0
>>1-2
泣きそうになった。

180 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 23:46:21 ID:MLcTzljg0
酷い文章だと思ったら…



                  ま   た   宋   文   洲   か



もう死ねようっとうしい。

181 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 23:46:36 ID:9VP95+jc0
まだ何も持っていない俺はこれからちょっとした事でも幸せに感じられるのだな。
どんどん挑戦するべきなんだな。

182 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 23:48:28 ID:cu/sxHAM0
俺はこの文章好きだな。
今の日本人には必要だと思う

183 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 00:05:13 ID:UBWrRCx60
>『失うこと』が「幸せ感」を生み「逞しく生き抜く力」の原動力になる
俺の周りの餓鬼共だけを観て判断すると『得る喜びを知らない』せいだと思う

184 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 00:16:07 ID:dI0X0gSZ0
まぁ間違いではないがこういう事を書かれると豊かになってはいけないというような事を言われてるような・・・。

185 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 00:45:44 ID:6reHD6ML0
>>184
なんつーか、何かれ変な文章書くよ、このおっさん。
推敲が悪いのか、読み手がどう受け止めるか理解できていないか、
日本語を自分ではきちんと使えているつもりでいるのか知らないが。

詭弁のガイドラインにちょこちょこ引っ掛かるような文章を書く。


186 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 00:50:17 ID:DRBL/1YvO
しかしまあ超級釣師だよな、このおっさん。

187 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 00:51:30 ID:qNZxe1BT0
良いこと言ってると思うけどなあ

188 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 00:56:14 ID:esG3i/EC0
お布施の心理だね
うさんくせーw

189 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 00:58:59 ID:okElRDns0
どろろ○は、日経の記者がボコボコにされるのを見て、たのしいでつか?

190 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:00:23 ID:TJgfDWJL0
中国人は最初から何も無いけどたくましいよな。
日本人は人見知り疾患があるらしいが、民族的な違いは有るだろ。

191 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:01:49 ID:Mrat6/ad0
要約すると、奴隷は貧乏を嘆く暇あるなら働けってことだろ

192 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:03:08 ID:KdJREXoB0
中国人は絶滅推奨種

193 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:04:51 ID:xp+Qmnav0
アメリカで幸せになれる薬が
売り出されたとニュースで見た。

飲むと金でももうかるのかと思ったら
「自分は幸せだ」と思うようになる薬だった。

実はうつ病の治療薬らしいが、
幸せかどうかは自分がどう感じるかだけの話って
ことらしい。

194 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:05:13 ID:okElRDns0
くだらないスレ立てる暇があったら、ペッパーランチの記事でもさがしてきてくれ。

195 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:05:56 ID:4VYAc/N70
何だこのくだらないクソ作文は!
こんなのでクソスレ立てるな

196 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:06:11 ID:KMuzr4JU0
経済が豊かだからこそ、それ以外のことに苦しみを見出してしまうんだよ

197 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:07:53 ID:6bBroeJF0
批判するのは簡単だが、では、と持論を出すのは難しいね。
ちなみに一度も出てきてないし。
幸福論は千差万別だけに誰しもが納得できる解はないよな。

ここで茶化しているやつは、自分がその状況に陥ったとき
間違いなく立ち向かうことなく逃げるだろう。
逃げるということが最大の保身策になるからね。

198 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:09:47 ID:0WhAI+mU0
何でこんなのでスレ立てるかわからない
自殺する権利を尊重してほしい

199 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:11:01 ID:ezm/rptz0
>>1
この文章は、いったいなんなんだ?
まず、お前が失明した上で、今の収入と地位を失ってから
幸福感に包まれた上で書けよ。アホらしい。

200 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:11:23 ID:Fx/TB/fh0
カネしか頭にない>>1のような中国人には、自殺する日本人がアホに見えるんだよ

なんでカネにもならないのにわざわざ自殺するのかってね。自殺するくらいなら人殺して
カネ奪ったほうがいい。それが中国人=守銭奴

201 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:12:49 ID:iJoSwrFq0
生まれたときにすでに豊かな社会にいるってのは、実は不幸なことなのかもな。
あとは下り調子になる一方だし。

そう考えると、団塊の世代がうらやましい。

202 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:14:59 ID:0T8gMeQo0
「日本が手放したものを中国が横取り」作戦発動中

203 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:23:41 ID:izgRgD3G0
>中国 はアヘン戦争や文化大革命で多くを失ったからこそ、
>封建の陳腐から目が覚めたのでしょう。


寝言は寝て言え。
封建の陳腐から目が覚めてるなら、共産党の独裁政権はないはずだ。
どっちかというと、目覚めた幸せとかよりも、
古来文化を失ったことを嘆くべきだなw

204 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:24:38 ID:6reHD6ML0
>>197
君も一度死にかけてみるといいよ。
「今のトラック危なかった」なんてちゃちなモノじゃなくて、
危篤状態まで行って帰ってくるくらいの。

失うことが幸せ感を生むなんてのは本当に一時的。
取り戻せる程度の損失では済まないことだって在る。


205 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:28:32 ID:gz+MKrtp0
人間は何事にも慣れてしまう。
ずっと手に入らなかったものを手に入れた感動は長くは続かない。
やがてやって来るのは、
手に入れたものを手放したくないという恐怖、
さらなるものを手に入れたいという欲望。

206 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:28:57 ID:aJi7Bucn0
>>1
この人の言うことは結構面白い。

中国人だからといって侮るなよ。

207 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:33:14 ID:KKBd67QBO
前半の一般論部分は
なんとなく同意できる部分もあるがしかし、
後半があまりにお花畑すぎてワロタ



偉そうな事いうなら
尚更現実をもっと直視しろや



ガキの折り紙つぶして自己満足してんぢゃねーよ

208 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:36:20 ID:I6VOBl8m0
いきなり >>1を揶揄するレスが多いのに驚いた

日本はもう駄目なんじゃなかろうか
偏狭な民族主義のほうが2chでは圧倒的に多くなってるし、ニヒリズムがバブル当時より蔓延してる気がする
まじかよ、、、

209 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:36:59 ID:uJGlvVTTO
失った信用は中々、戻ってきません…もし戻ってきても、幸せとは限りません
失わない方が幸せです…ところで、オイラの信用してた時の幸せは何時返ってきますか?

210 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:38:14 ID:Lber72Iy0
幸せになるために主権放棄しよう。

211 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:38:32 ID:ly7/sjrg0
来るべき死を思えば今ここに生のあることだけで幸せなのになぁ。


なんて言ってると低賃金労働者で終わるぞ。
本人は幸せそうだが妻子もいないし、人間としては終わってる。

212 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:40:50 ID:nYuenTiy0
幸福など不要だ。それより大事なのは、いま幸福な奴をどう不幸にするかだ。経団連ビルや六本木ヒルズにいるような連中が
不幸になるなら、自分がそれ以上に不幸になってもかまわん。

213 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:41:41 ID:+J++Nx7gO
詭弁だな

214 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:42:47 ID:Lber72Iy0
211 名無しさん@八周年 sage 2007/06/26(火) 01:38:32 ID:ly7/sjrg0
来るべき死を思えば今ここに生のあることだけで幸せなのになぁ。


なんて言ってると低賃金労働者で終わるぞ。
本人は幸せそうだが妻子もいないし、人間としては終わってる。


215 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:45:33 ID:gz+MKrtp0
>>208
本当の意味でのニヒリストなんてどれだけいるのだらう。
ニヒリストぽい自分が大好きなナルシストかもしれんし。

216 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:46:19 ID:QexPcpMfO
>>208
同意。
何かを失ったことがあればわかることだが
多分、自分の人生事なかれ主義のくせに
文句だけ多い輩が増えたのだと思う。

217 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:46:47 ID:6reHD6ML0
>>208
書いた本人の文章が稚拙なんだよ。
それなりに苦労人かも知れないし、国籍的に多少危険な橋も渡ったかも知れない。
仮にそうならそれ書けば良いわけで、
子供の折り紙はこれっぽっちも具体性のある例ではない。


218 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:49:43 ID:dr3x1DbH0
いや、まあ、失っても取り戻すことができる類のものなら良いんだけど。
そうでなければ、失ったまま人生オワタの場合も多いわけで。
(失ったことで自殺する人も多いと思う。)

219 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:52:41 ID:Uu7WZp3c0
>>208
レス自体が少ないじゃんw
人格無視して特アだけで論ずるのは2chの最下層

220 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 01:55:28 ID:yx0o3dpc0
そりゃ、あんた個人の見解であって、公の場で偉そうに説教するような
ことじゃないでしょう。

221 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:01:06 ID:x07ljGzv0
>>1の説だとホームレスは殆ど自殺することになるな。
自殺の原因や不幸を感じるのは富など関係なく人間関係や不信だと思うがな。

222 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:01:17 ID:/BWIGhLB0
中華思想を捨てない限り中国はどうしようもない。

223 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:02:33 ID:anjXMXvFO
30年前にはファミコンなんて無かった
20年前には携帯電話はデカい箱だった
10年前には家庭のPCでライブ動画なんてとてもとても




自殺するのはもったいない
生きてれば未来を知ることが出来るからね〜

コンパクトで安価な家庭用体感バーチャルリアリティエロゲームなんかが50年後には出るかもしんないしな

224 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:05:18 ID:H0VAbvCTO
失ってわかる幸せとは、失って幸せだったと気付くことなのでは
遅いじゃまいか

225 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:08:23 ID:Lber72Iy0
なんどでも読みたい名レス

211 名無しさん@八周年 sage 2007/06/26(火) 01:38:32 ID:ly7/sjrg0
来るべき死を思えば今ここに生のあることだけで幸せなのになぁ。


なんて言ってると低賃金労働者で終わるぞ。
本人は幸せそうだが妻子もいないし、人間としては終わってる。


226 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:09:02 ID:I6VOBl8m0
>>223
30年前のことを語るということは、今は30歳以上だと仮定する

>コンパクトで安価な家庭用体感バーチャルリアリティエロゲームなんかが50年後には出るかもしんないしな

80歳以上になっても、バーチャルリアリティエロゲームを望むあなたに自殺は無縁の話題でしょう、そうでしょう
人生の勝ち組を表現しつくしましたねw

227 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:13:36 ID:MqFUKiy/0
大変だ、宋文洲が初めてまともなことを言った!!

いやマジで。

228 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:16:02 ID:0pt/1kIb0
>>216
同じく。

文句だけは一丁前っての増えたからねえ
自殺にしたって結局は、己に甘ったれてんのよ・・

229 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:18:25 ID:esG3i/EC0
楽観的に完璧に損失取り戻せたときを想定するけど
1万円損した時の感情は1万円儲けた時より2、3倍ショックを受けるんだっけ?
2歩下がって1歩進むのが幸せってか?wおめでてーなwwww


230 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:21:46 ID:aPSeE6Sy0
失うことから全ては始まる

231 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:29:16 ID:MqFUKiy/0
例えば突然リストラされてみたり、株で死ぬほど大損ぶっこいてみたり、
急に妻が死に掛けてみたり、自分が病気で動けなくなったり、交通事故を
起こしてみたり、そういう体験をすると意味不明に生きてるだけでありがたいと思うことがあるね。

なんていうのだろう、常に飽食、大食してれば何食ってもうまくないし、
餓死寸前に食べるものならなんでもうまく感じるのと同じか?

個人的な趣味なんだけど、物はなければないほど幸せを感じる気がするので、
ゲーム機とか無駄に何台もあったPCや家電品なんか全部捨てて、ほとんど何もない
状態だ。カネにもあまり執着しないで、損しても気にしないし、儲かったら寄付するように
してる。

232 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:30:02 ID:dgLrj1fX0
失うことへの予防接種といっても、折り紙破るのは最低のやり方だな。
なぜなら、理不尽に奪ったから。
子供はさぞかし無力を感じたろうね。
結局、子供から自信を奪うようなことをしても、
失わないために闘わなければならない時、すぐ諦めてしまうよ?

233 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:32:21 ID:JvdqRUQo0
ちょこっと成功して金持ちになったらこういう安っぽい人生論語り出す奴は反吐が出るな、
しかもチャンコロかよ。

宋 文洲(そう・ぶんしゅう)
ソフトブレーン
マネージメント・アドバイザー


1963年6月中国山東省生まれ。84年中国・東北大学を卒業後、日本に国費留学する。
90年北海道大学大学院工学研究科を修了。天安門事件で帰国を断念し、日本で就職
したが、勤務先が倒産。92年ソフト販売会社のソフトブレーンを創業し、代表取締役社
長に就任、99年2月代表取締役会長に。2000年12月に東証マザーズ上場、2005年6月
に東証1部上場を果たす。2006年1月代表権を返上し取締役会長に、同年8月31日、「も
う1人の社長」「陰の実力者にならない」として、取締役会長を辞任し、マネージメント・ア
ドバイザーに就任する。

234 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:33:53 ID:MqFUKiy/0
あーでも失った時に間違った被害者意識みたいなの持つと
一生を棒に振るね、何回もアンラッキーな体験を繰り返すと思うよ。
自分を変えるチャンスと受け止められるかどうかだね。

235 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:36:02 ID:xaWyDEo70
>>199
この人は一度どん底を味わってる。
文革で迫害を受けたあと北海道大学に留学して日本で起業したんだよ。
同じコラムの別の回より宋文洲の背景を引用するぞ。


僕の家族は文化大革命で酷いいじめに遭ったため、国境の無人区を目指して夜逃げしました。
住民が少なく政治闘争がないからです。
遠い親戚が、そこに住む三叔(サンスウ)の一家を紹介してくれました。

(中略)

そして住民一人ひとりの身元調査が始まりました。
山東省からの情報により、僕らの家族は「人民を搾取した」過去を持っていることが分かりました。
また叔父が海外にいることもネックとなりました。

「即時退去」との命令を受け、また山東省に戻ることになりました。

山東省に戻った僕の家族たちは予想通り、酷いいじめに遭いました。
友達と遊べないだけではなく、無意味に石を投げられたり、叩かれたりしていました。
姉はそれに耐え切れずにカザフスタンとの国境に近い新彊の砂漠に逃げました。
2年後、僕も姉に連れられ新彊に行きました。兄たちはシベリアに近い黒竜江省に逃げました。

僕にとって唯一、家族が団欒し、平和に暮らした場所は北朝鮮との国境でした。

236 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:37:10 ID:jYknWK+BO
失って、初めて気付くなんて虚しい。

得ては、失い、得ては、失いの繰り返し。
馬鹿げてると思いつつも、心の内では、たくさんのものを得ては失っていく事は、当然だと感じてる。
最近、いや、人生で失ったときの虚無感なんて感じたことない。単に忘れてることだと信じたい。
失うことは当然、いつかは滅びる人、心、もの、永劫続くなんてものは、存在しない。
失ったとしても、何も変わらない。
失うことに意味はない。

意味付けの人生止めようと思う。
漸次、是正して、繰り返し、繰り返し生きてみよう。

237 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:37:13 ID:esG3i/EC0
なんつーかオナ禁と同レベルなんだよな

238 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:38:23 ID:0pt/1kIb0
オレには失うモノがありません

239 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:39:58 ID:ltdaSgwh0
>>1-3
なかなかええことを言う支那人じゃ。
取り返しのつかぬ生を引受けて生き切ろうではないか、皆の衆。

240 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:40:08 ID:RMMwc9DSO
価値観を創造する意欲が逞しさになる。

明日を創造することが希望になる。

241 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:40:15 ID:dr3x1DbH0
>>238
目は見えないのか?
口は利けないのか?
耳は聞こえないのか?
歩けないのか?


242 :ココ電球(∩T∀T)y-~~~~   ◆tIS/.aX84. :2007/06/26(火) 02:40:45 ID:Bg7XxNM10
例:

10年後にはアメリカを追い抜き世界最強国になるニダホルホル

243 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:42:21 ID:DPsIzMsG0
結局行き着くところは精神論ですかw
また「清貧」とか言い出すのではあるまいな

244 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:43:10 ID:MqFUKiy/0
最近、おれの見るスレとココ電が見るスレが妙に一致して嫌だ。
おまえは入金投資法でもやってろよwwwwwwwwwwwwwwwwwww

245 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:45:15 ID:v43gOcSY0
こういう論説には必ずと言っていいが、当てはまらない事例などを挙げて、
「違うだろ!屁理屈言うな!」みたいな批判をする者が現れる。

どんな理論であれ常に具体事例では当てはまらない例が存在する(科学除く)。
要は、「或る本質」とでも理解すべき論説というのが、しばしば展開される。
それは、常に、とか全てにおいて、とかを言っているわけではないが、かくかく
しかじかの論理を認識し、或いは理解することが意義あることだ、と言いたいのだ。

そういう読み方をすべき。
この中国人の認識はかなりのものだと思うし、加えてこれだけの日本語の論文が書ける
頭の良さに感心する。


246 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 02:46:29 ID:qpC4crhA0
ID:vHTSjfUb0

247 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:01:19 ID:dgLrj1fX0
>>245
でも、一般化して「失って生存力が強くなる」ってのは強引だと思わないか?
失って自信を無くした人の場合は悪い意味で見切りが速くなり、
やる前から「結局駄目だろう(失うことになるだろう)」ってなるんじゃない?
で、現実に失っている所を見たくないから自殺する、という人もいるんじゃないかと思うのだが。
こういう人の場合は生存力が強くなってるのか?

248 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:04:13 ID:Au4O4/4G0
失うものは何も無くなったから迷いがなくなることもあるじゃん
人生なんて違う切り口で攻められれば矛盾だらけなんだし
これを一つの活力となる話として受け止めるべきだな

249 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:05:43 ID:esG3i/EC0
>>245
違うね。浅くて稚拙な上に正義漢ぶって無責任なことを日経に乗せてるのがばかばかしいだけだ

250 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:07:47 ID:Au4O4/4G0
最近は物質的欲にまみれたやつばかりになってしまったから
分からないだろうな

251 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:09:06 ID:Wm0xuoyv0
哲学者の病気だ、幸せの概念が崩壊してるなw

興奮と弛緩しか理解できない魂の抜けたおばけの発想だ

252 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:11:31 ID:lQ7z0t/I0
また反日の支那公か
でも>>1は結構良いこと言ってるかも

253 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:13:01 ID:Mw2izkq90
どうみても餓鬼相手にきれてかっこつけているだけだな。
こいつはただたんにむかついたから破いただけなのに
教育だと正当化するところが虐待親そっくり

254 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:15:11 ID:dgLrj1fX0
>>245
例外的に、失って自信を無くして生存力が弱くなる人もいるのに、
子供をそのような人にするようなやり方をわざわざ選択しているのはおかしくないか?

255 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:16:51 ID:mlJodTu20
ちょっとばかしものを失って自信がなくなるような奴は
始めから生きる力がないんだよ
死ねばいい

256 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:18:01 ID:GWwMSVIS0
失って気付いてどうにか出来るのは先への展望の要素がある時くらいで
ただでさえ感覚麻痺であれ何であれ、幸福感も無い中んな真似されても
虚脱感から余計気力失せるわ

257 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:23:31 ID:dgLrj1fX0
>>255
自分の力を信じた結果の「挫折」っていう形ならほぼ同意なんだけど、
この人の場合はトライさせずに無理矢理奪っちゃってるからなぁ。

258 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:23:46 ID:xjAWNTGw0
中国人ほど拝金主義者もいないと思うけどね
命より金だろ?

259 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:24:08 ID:QGLeQhcM0
逆に言えば、まず失うものを手に入れなければ幸せは得られないって事だな。

260 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:25:22 ID:egdzeDF1O
長文は正常な思考力を失うから利口に見えるんだな何もかも失った方が生きる希望を失うと思うがなだから最強の自殺を選ぶんだろまあ支那にガス田を失って武力を失って強くな略

261 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:27:51 ID:MqFUKiy/0
>>259
いや始めから幸せだったんだよ、それがあまりにも唯物主義、拝金主義に
傾いてしまい、世の中の仕組みもそうなってしまったから幸せを感じなくなったんだよ。

262 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:28:12 ID:9sdZPy9o0
>些細なことで自殺する今日の日本には、十分に幸せなはずなのに幸せになれない人々が、
>大勢います。理由は簡単です。失う経験がないからです。

ねーよwwwwwwww

十分、人生の時間を失ってるっつーのwwwwwwww


263 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:28:56 ID:GWwMSVIS0
>>259
幸せ感って、物云々で無く人生への希望があるか否かだから、無い上で
どんどん失ったら再スタートの気力も無く首くくる罠

264 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:30:55 ID:B1eZxyCc0
>>1
要約って学校で習わなかったか?

265 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:34:00 ID:3nhmL9GjO
デタラメばっかり

266 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:34:18 ID:ly7/sjrg0
幸せなんてのは幸せだなぁとにやけながらつぶやけば感じることができる単なる感情に過ぎない。
人生においてもっと重要なのは充実感だと思うのだがなぁ。

267 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:38:50 ID:b7p5Ne6lO
お前ら苦労してきたんだなー(涙)

268 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:39:09 ID:dgLrj1fX0
俺も幸せは単なる感情ていうか一種の欲みたいなものだと思ってる。

269 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:40:14 ID:MqFUKiy/0
武田邦彦(中部大学)
ttp://takedanet.com/

人生の鱗 第六話-貯金をはたいて-
ttp://takedanet.com/2007/04/post_7616.html

たかじんで最近インチキリサイクル暴露本で有名になったから知ってる人多いと思うけど、
この人のHPおもしろいよ。正直、環境うんぬんよりも人生観、お金の話のほうが面白い。
シナアレルギーの人はこっち見てみるといいかもしれない。ちょっとごちゃごちゃしてるけど。

270 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:41:17 ID:aF2l3WPw0
日経が言うとすべてしらじらしく聞こえる

271 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:42:32 ID:k/WojrjB0
つまりは ダイハード ということですね

272 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:44:32 ID:XEbR7lIp0
強者の理論

273 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:45:11 ID:GHlFpa5Q0
殺伐と癒しの無い国
日本!

274 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:51:41 ID:jwIXl4sc0
なにこの調教

275 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:52:55 ID:WQF+e6Ku0
貧しいから、破産したから、体が不自由だからで自殺する人がそんなにいるだろうか?
しかし裕福であっても虐待や裏切り、捨てられて自殺する。
失うだの得るだのは表層の出来事でしかないんじゃないか?


276 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:53:50 ID:B+RkgLR2O
ここまでざっとレス読んだけど、お前らほんとに重症なんだな。。。
今まで、ν速+の連中は単に煽り好きなだけでわかっててやってると思ってたけど、

本気でアホだったんだな。

失ったら立ち直れないような世の中なのが悪い、とか
幸せに感じるわけねぇだろ、とか

このコラム読んでそんな感想が出てくるなんて、信じられんよ。

こいつが言ってんのは、
幸せは自分の心次第、周りに惑わされないように。
惑わされない強さを持つためには、幸せと感じてなかった些細な事を失う経験があれば、
その時わかる、って事だろーが。

あぁ。。。今日は本気でショックだ。。。ネラがここまで酷いとは思わなかった。

277 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:53:56 ID:8kuRe/5s0
一時失っても戻ってくるならいいが、失ったままの人生が普通だろ。
前提が違う気がするんだぜ?

278 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:54:54 ID:AL/uypro0
何この奇麗事
こんなの何とでもいえるでしょ、
生きてる時点で幸せとか言い出すンだろ。わけわかんねえ

279 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:55:33 ID:Au4O4/4G0
>>276
重症患者だから苛烈にレスするんでしょ
仕方がないさ

280 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:56:05 ID:rhVbGi3S0
>>1
これは同感。

281 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:56:42 ID:I0IuVKyXO
トヨタのハイブリッド車批判してたよなこいつ
日本で左翼教育是正が始まるのが嫌でしょうがないらしいな
確かに失って初めて分かるよな、祖国を愛する価値観とか

282 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:57:58 ID:6Fp2bHXO0
失うばかりなんですが・・・
そろそろ何かクレ

283 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 03:58:11 ID:xOSNA+Xo0
→× 逞しく生き抜く力
→○ 厚顔無恥に図太く生き抜く力

284 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:00:15 ID:BrKklqHr0
痛い
http://taipa.tea-nifty.com/blog/2006/12/post_7b67.html


285 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:02:11 ID:yF+PznXC0
日本はもうだめかも知れんね。経済紙が喪失を良いものと思えだなんてね、欲しがりません勝つまではかよ。
低賃金労働者欲しいのだろうなぁ。

失うことがなんて阪神大震災の2重ローンの人の前で言ってみればよい。ほかの災害の被害者にもいってみればよい。

筆者から今の財産寄付してうしなってみれば?
カルトの手法だろ?


286 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:05:44 ID:pR2H6n1oO
>>276
最近サヨク(朝鮮人)が活発にレスしてるだけだから気にするな

287 :UZA ◆W6MePCIZ/6 :2007/06/26(火) 04:06:33 ID:inPMpPAV0
失うことも悪いばかりではない
落ち込まずに地道な努力を続ければ
幸せの本質に気づく契機となる可能性があるし、
幸せの瞬間に遭遇する可能性もある

こう言ってるだけだろ。正論だぜ?



288 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:07:27 ID:0svlnJ770
言いたい事は分かるんだけど、失った物の大きさに絶望する人のほうが多いと思う。
実際、体の一部を失ったとして「幸せ感」に昇華させる自信はないや。

289 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:07:58 ID:vXCsM7Yj0
朝の6時に家出て、帰ってくるのは深夜0時
サビ残して働いて給料の1/3は税金として問答無用で持ってかれるこのご時世

この場を乗り切ったとしても、人として何かを失うに違いない感でいっぱいです。

290 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:09:55 ID:XBIKuEPM0
いいこと言ってるけど、
幸せを感じる心ってのは、遺伝で決まる部分が大きいと思う。
活動的でポジティブかどうかっていう部分。
鬱の形質を持って生まれたらいろんなことが
ネガティブなイメージで捉えられるわけで。

農耕民族の日本人の血筋だと思うぞ。
農業は、先をあれこれ心配して憂鬱になる人間のほうが
上手くこなす。製造業も同じだな。
逆に、狩猟民族はポジティブでない奴は生き残れない。


291 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:12:07 ID:7Em25C+h0
>>1
釈然としない。
俺は守りの姿勢で生きる。
失うリスクを抱え込む余裕は俺には無い。
それ以上の理由は無いが、理由はこれだけで十分だ。

292 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:13:40 ID:z7g8JvRNO
失ったものが返ってきた時に変質するというのは分かるが、プラス方面にしか語ってない時点でおとぎ話。
こいつの言う通りなら世の中に悪業はとっくにないだろーに。


293 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:15:13 ID:KJ2qCjWT0
いいこと言うなー
オレも働いたら負けかな?と思ってる

294 :UZA ◆W6MePCIZ/6 :2007/06/26(火) 04:15:34 ID:uOsSQXkC0
>>288
いや、その場合でも絶望せず生きろ、生きることが人生に価値を付与する
必要条件だと励ましているように思える
五体満足でも、しょせん100年で消えてしまう体と人生だぜ?

295 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:23:11 ID:e4NQzsmF0
これは失うことから復帰できた人の話なんですよ
世の中には失った事により何もかもなくなってしまう人も居る
浮かび上がることのない人はこのような発言はできません
発言できないまま消え去ってるだけなのです

296 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:24:10 ID:yF+PznXC0
所詮は安全地帯からの戯れ言、財産寄付させるカルトとと同じようないいぐさだしな。



297 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:25:38 ID:dO19snymO
>>1
全体主義
「欲しがりません勝までは」
を強要する
教条主義者だね。

今の日本で欠落しているのは「想像力」
相手と自分を思い巡らす事だよ。
折り紙を破って心を壊し、より過酷な現実を突きつけるのではなく
破れたままを受け入れ元の姿を想像しつつ現実を受け止める心を
育てることだ。

アンタのは破壊と再構築の名を借りた「北朝鮮化」に過ぎない。

298 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:27:18 ID:jwIXl4sc0
美しい国2.0

299 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:36:30 ID:WMoOx+bc0
腹が減ったほうがメシはうまい。
これは真理だ。
しかし、自分の意思にかかわらず、
食いたくても食えない時期・時間はいずれ訪れる。
食える時にたくさん食っとけというのもまた真理だろう。



300 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:40:07 ID:pNkWm3c40
アジア 3.0 はじまったな

301 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:41:53 ID:sK/PZaKk0
長文と美辞麗句は、書いた時点で糞文。

302 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:46:46 ID:RRyE8Weh0
中国人の言う事は信じられないよ。

それらしい事を書いてるとは思うけどね。残念賞。

モラルや倫理についてしっかり勉強してからいろんな事を言ってみることだね。

303 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:49:21 ID:RRyE8Weh0
日本人の自殺者について、偉そうに言及する前に、チベットやダルフールで虐殺されていく人々に
謝ってきなさい。

そして、命をかけて「中国共産党」と戦え。


304 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 04:49:33 ID:xZCyGRxe0
人間は産まれた瞬間に死が確定し骨になるしかない。
しかもどんな状況で骨になるのかは選べない。
ある意味死刑囚と同じという事実に人生の何時気づくかだ。

305 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:01:00 ID:rxLIxy5M0
>>304
だからさ、早い内にお金を貯めて引退して好きなことやろうと思うんだろ
そしてそのためにがんばる

年をとって天下りしまくる人は何がしたいのかわかりません

306 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:05:25 ID:C6Cn3MmU0
神様、美しくてエロい長澤まさみ似の妻をください。他には何もいりません

307 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:06:46 ID:k9J2YC+yO
自殺する人って
自分の持ってる理想と現実のギャップに絶望して死ぬのだろう。
ここのたとえは即ち「足るを知る=自殺しない」ってことが言いたいんだろうけど
現実は、神を呼んでも来なかったから絶望して自殺しちゃうわけで
絶望しないためにはそもそも神という希望を捨てて
ただ「生きるだけ」になる。


今の日本人にそれを受け入れるのは
無理。

308 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:07:02 ID:Grak1aPM0
中国人の話すいい話って、

限りなく胡散臭いな。なんでだろう。

309 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:10:19 ID:qtEC35+j0
そうだね。まず日中記者交換協定を失ってみることにするよ。

310 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:14:42 ID:6XjOB0CH0
キチガイがキジカイてるのか

311 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:14:53 ID:BKJuShwNO
国を失ったチベットや東トルキスタンの人達を幸せにしないとな

312 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:15:23 ID:yF+PznXC0
中国自体が現世的カルトだからだよ。

中国人の金への執着心みてりゃわかる

313 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:16:00 ID:k9x9Z8G30

自殺者数と失業者数が比例してる事すら知らないのかこの屑は

それとも知っていて態々世論誘導しようとしているのか?

日経ビジネスも所詮経団連の犬だな

314 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:17:02 ID:ah3IzL320
>>16
一言で言うと、「SMプレイ最高!」

315 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:17:12 ID:EbIaBk970
だから近隣の国の人を虐殺してもいいんです。と言うわけですよ

316 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:17:51 ID:c9iU5zs+0
中国から見れば、日本は夢の国
日本人が自殺するなんて、不思議
一度中国にきてみろ、自殺なんてする気がなくなる

317 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:18:43 ID:kZgRe/mT0
>>304
どんな状況で死ぬかは選択できるだろ

318 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:20:43 ID:ah3IzL320
>>1-3
>宋ナントカチョン

いいからテメエは国に帰れよ
人様の国に寄生して説教垂れてんじゃねーよ

さっさと中国に帰って失う体験でもして幸せになってろ。

319 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:22:11 ID:rxLIxy5M0
毎日祈って悪いことがあると「もっと寄付しないと、もっと拝まないと、修行が足りない」
良いことがあると「神のおかげ、寄付のおかげ」

こういうのを感動する人は宗教にはまる可能性あるよ

320 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:23:44 ID:xZCyGRxe0
>>317
甘いなw
五年間生存率どころか
24時間生存率100%の人間すらこの世には存在しない。

321 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:24:50 ID:kSjwcrH8O
こいつはバカか。



家族を養い、子供を育て、責任ある仕事をしても、苛酷な労働環境のためにうつ病で自殺する人


リストラや倒産で大きな借金を背負ったりして、その重圧で自殺する人


そんなのが多いんだぞ

322 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:25:29 ID:ah3IzL320
>>316
その割には毎年10万人ほど自殺してるけどな。

323 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:28:56 ID:kZgRe/mT0
>>320
5年以上生きる奴だっているし
その時どういう環境で生きて居たいかは選べるじゃん

324 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:29:38 ID:rxLIxy5M0
それと2ちゃんにもう書き込む気もしないしほっといてくれ

2ちゃんがなくなった方がコミュが分散されて工作員や業者が工作しにくくるから俺は賛成
2ちゃんで業者が世論誘導してそうなのがむかついてたから反論してただけ
普通の一般人もそうだよ、規制とか誘導は無理だよ
正論だけが勝つんだろうね、これからは
もう疲れたしお前らだけでやってくれ、俺はロムするだけです

325 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:31:08 ID:ZifhyRPS0
これ、こういう時こそソースに着目するといい。
経団連が>>1-3と喋ったと考えれば実に判り易いだろう?

326 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:32:35 ID:fj5Ka3V00
ほざけ!
自分を何様だと思ってやがる。
テメェ神様気取りか?

327 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:34:14 ID:HUG9MmtB0
雑談 お笑い頭脳バトル!
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/male/1182793883/892

ここから飛んできました!

328 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:37:19 ID:OorRqlPG0
宋さん、あなたの会社の株で大損しています。
まさに失ってしまいました。
これだけ業績が悪いと、会社の存続も難しい段階では?

倒産リスクすら感じている株主に「失って気づく」なんて
よく言えるね



329 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:40:45 ID:tPFlCvEF0
自民党は日本にひどいことしたよね。

330 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:43:05 ID:wFQLw+yT0
このおっさんに
日本には「ロード」って曲があるんだよって言ってやりたい。

331 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:43:19 ID:DvvScbfVO
わたし、自分の小さいからだに、大過ぎて溢れるくらいのみず(霊体)を入れてしまって、かなり参ってたんです。
それで、からだを大きくするためにと


332 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:43:19 ID:5wcUNS/e0
宋って何者?
さすがシナ人らしいお節介でお涙頂戴なお説教だ

333 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:43:41 ID:EUNSZlGR0
しかしながら、童貞を失うと人は横柄になります

334 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:46:24 ID:FNWT1wMS0
こいつの記事を読むたびにいつも思うのだけど、
「何も分かってない日本人に教えてやる」という態度が気に食わない。
えらそうなこと言える立場じゃないだろ、あんたの国見てりゃ。

335 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:46:25 ID:eRF9VcfU0
>>328
アホ銘柄に投資するような奴らは、失わないと金の大切さはわからんだろうよw

336 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:46:32 ID:lL7diEHoO
>>1
話がなげーよ。

337 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:49:32 ID:JIuRQegg0
逸話とそれを引き合いに出しての講釈がバラバラだな。

逸話は、「欠落、喪失している人が、その欠落を埋めて貰ったことで幸せになる」話、
講釈は、「いきなり何かを奪われて欠落、喪失することで苦痛を覚える人は幸せだ」っていう説教。

全く真逆になっている。

338 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:49:38 ID:ojrl8tKz0 ?2BP(904)
社会保険庁の連中に当てはめてくれれば理解できるんだけど?
私利私欲で横領ぶっこいたあげく、裏金回してでも立場を守ろうとしてる。
金の亡者にこそ>>1の文章が当て嵌まるんじゃないの?

339 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:50:36 ID:9sdZPy9o0
現実
 マスコミ:年収1000万超 職業安定 終身雇用
 一般人:年収200万前後 職業不安定 派遣 アルバイト

マスコミ:「失うことが*無い*から幸せを感じない。」(まぁ、俺様は十分幸せだけどね)

一般人(一同) 「 ね ー よ !!!」


340 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:52:07 ID:EC24iYB40


俺も気づきたいから
一回九条を失ってみよう



341 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:52:15 ID:r3pxQ6nn0
自分の家族があれば「幸せ感」を生み「逞しく生き抜く力」の原動力になる・・・は同意ですが

今やお金と社会的地位が無いと家族がもてないのが現実です。

したがって「幸せ感」も無く「逞しく生き抜く力」の原動力も無く
酷使され、時には無気力になり
また時には人生に絶望して死んでいくのです。

342 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:53:24 ID:9sdZPy9o0
            〜年収 TOP30社〜
    会社名       年収 年齢       会社名            年収 年齢
1位  フジテレビジョン    1529 39.8   16位 三井住友フィナンシャル 1118 38.6
2位  TBS          1486 43.1   17位 三菱東京フィナンシャル 1111 40.8
3位  日本テレビ放送網  1481 39.4   18位 エーザイ          1073 42.6
4位  スパークス・アセット 1478 35.2   19位 UFJホールディングス  1050 38.7
5位  朝日放送       1410 38.4   20位 丸紅             1039  41.0
6位  テレビ朝日      1357 41.3   21位 角川ホールディングス  1038 41.3
7位  電通          1315 39.6   22位 武田薬品工業       1033 42.9
8位  住友商事       1202 40.5   23位 JSAT            1026 37.4
9位  中部日本放送    1195 37.9   24位 東燃ゼネラル石油    1022 41.5
10位 RKB毎日放送    1176 40.7   25位 三井不動産        1012 40.2
11位 三菱商事       1174 41.8   26位 日本郵船         1004 40.1
12位 三井物産       1171 40.9   27位 三菱地所          999 41.7
13位 ニッポン放送     1164 39.4   28位 野村総合研究所      985 35.2
14位 キーエンス      1145 30.7   29位 川崎汽船          984 39.9
15位 野村ホールディン  1133 44.1   30位 平和不動産         979 36.0

      \    ププププギャプギャププギャプギャ/
         ♪  (^Д^) ♪
          _m9   )>_ キュッキュ♪
        /.◎。/◎。/|
  <(^ω^)> | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     ヽ(^ω^)ノ
    )三菱)             ノ電通ノ
((((  > ̄ > )))) <(^ω^)9m ((( < ̄< ))))
              )朝日)
         (((  > ̄ > ))))

君たちは〜♪ 失うことを経験していないから〜♪ 幸せになれなかったのさ〜♪


343 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:55:45 ID:Eb2fR+WJ0
339氏が言うような事実が、
国民に知れ渡っている以上、
宋のお説教は、もう通用しない。
両手に金銀財宝をしっかり抱えながら、
「失うことが幸せ感を生む」と人に言っても、
誰も聞く耳を持ちはしない。

344 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:58:59 ID:uqiiAYWC0
アタマが悪いヤツが賢く見せようとして長文になってる典型例だなww
しかも、「透明性を高め」って・・・
松岡に、沖縄のカプセルホテルに、ペッパーランチに、ケツ毛バーガーに、
まだ他にもいっぱいあるだろうが。

345 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 05:59:49 ID:c5Q0b+jY0
言ってることは正論。

ただし、右肩上がりでの時代である事が前提。


346 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:00:47 ID:Ca7h2vfS0
失うことから全ては始まる
人生とはシグルイなり

347 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:04:24 ID:09ZrKPBH0
書き込めない不幸

348 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:05:15 ID:vh1HYebS0
ドラクエ7か

349 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:06:01 ID:br4llom60
>>1
むちゃくちゃな感覚を持つ青年の話しからこんな馬鹿みたいな屁理屈をひねりだして
きて自殺者を責める・・・

自殺する人間は不幸ではなくて、もう全てを投げ出したい「絶望」という感情を抱いて
いるのに。

怖いぐらい馬鹿だ・・・

だいたい美人の妻を与えられたら幸せいっぱいだろ。その青年の感性を疑えよ・・

350 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:06:35 ID:TXsO4R8cO
玉置浩二のメロディーの一節を思い出した

あの頃はなにもなくて
それだって楽しくやったよ

351 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:08:51 ID:ul6mgaR8O
いやいや 右上がりの理論より右下がりの方が強くなれるよ

352 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:16:36 ID:br4llom60
失うことじゃなくて 「勝利より敗北から学ぶことの方が多い」で文章書けよ。

常識的に考えて・・

あと自殺者が増えたのは経済優先をし過ぎて、それによって人の心が崩壊していく
ってことだろ・・・

経済のことばかり考えるのではなく、人の幸福を阻害するまで経済を優先しすぎたら
意味がないってことだろ・・・

常識的に考えて



353 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:18:11 ID:jw5Wi2+s0
>>328 失って幸福を得る とは
損した株主に、幸福に脳内変換してくれって事か

354 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:21:02 ID:ul6mgaR8O
経済的に行き詰まったから 死ぬ必要は無いだろ
ホームレスでも生きて行ける日本は大丈夫だよ

北朝鮮に日本から借金かかえて逃げた人なんか
技術が何か無い限りかなり悲惨だよ
日本は天国に見えるらしいからな

まあ 日本人が過酷な状況に弱い証拠だろよ
傭兵にも成れないらしい位だからな

355 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:29:20 ID:FVjD64Ur0
ただ失うだけなら耐えられるかも知れないけどそばに支えてくれる人間がいるかどうか。
大病から生還できた喜びだって周りに家族がいなけりゃ半減だろうし。
家族が不仲だと喪失を耐える力もダウンする。


356 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:29:56 ID:19VqUGyx0
ゴキブリのように生きろ

357 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:31:05 ID:tdX2Orr+0


仏教じゃ全てを捨て去ることが全てを得ることになるなんて当たり前なんだけど


358 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:31:48 ID:br4llom60
>>354
その北朝鮮人が日本で大借金抱えて家族が路頭にまよったら自殺するだろうに・・・

359 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:32:38 ID:19VqUGyx0
>>357
さすが文系は言うことが違う

360 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:33:52 ID:c5Q0b+jY0
織田信長、坂本竜馬クラスのカリスマ性+実力のある政治家が現れるか、
革命でも起こって、腐り切った役人、マスコミ、教育者etc.を抹殺しない限り、
現状は打開できんだろ。



361 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:34:06 ID:SNzF7Oba0
>>1
中国人は全部失えばいいとおもうよ

362 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:36:42 ID:LmSU+DLZO
>>1を読んだら、風来のシレンをやりたくなった。

363 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:37:18 ID:jK+kNXxwO
今は金が有れば豊かな国かもしれんが

昔の方が物は無くても、何かにつけ豊かだっただろと…

364 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:37:44 ID:3sr+Wv4D0
>>中国はアヘン戦争や文化大革命で多くを失ったからこそ、封建の陳腐から目が覚めたのでしょう

現在も、紅い封建制、紅い貴族政治、紅いファシズム国家、紅い独裁政治、紅い恐怖政治が続いてるんじゃないの?




365 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:38:29 ID:br4llom60
>>363
幸福というのが、人とのコミュニケーションから発生するということだろ。

366 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:40:21 ID:FVjD64Ur0
この人には人間関係がすごく貧しい人間がいることは理解できないのかな。


367 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:40:26 ID:uwbhiMdb0
>外部にどんな素晴らしい環境があっても人の内側に幸せな心を与えることはできません。
このことが正当化されたとしても、「「外部」に「素晴らしい」環境がない場合のこと」、および「「外部」に「素晴らしい」環境があるいくつかの場合のこと」については何も言えていない。

なお、魔術士オーフェンは次のようにおっしゃいました。
「金があっても幸せとは限らないが、金がなければ確実に不幸だ」と。

368 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:44:23 ID:c5Q0b+jY0
幸せーって何だっけ、何だっけ、何だっけ
ポン酢醤油のあるうちさ〜

のフレーズを思い出して涙する、今日この頃。

369 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:51:52 ID:OuIUBvHY0
仕合わせなら手を叩こう(パンパン)

370 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:53:59 ID:br4llom60
>>1
の文章がメタメタな過ぎて批判するのも面倒なんだが・・・

最初の青年の話は、盲目の人間が目を開かれて幸せになった。
とあるように「感謝」ができない人間はなにをやっても幸福になれない。
という意味で「感謝する精神」の大事さを教えた寓話だろ。

それを「失うことによる幸福感」の大事さを教えた話だ。と解釈する意味がわからん。

次のトヨタが潰れそうになって復活した。の話は、勝利より敗北から学ぶことが
多いという話しで、今までのやり方では負けてしまうと思ったから組織体制を
改善したという話しだろ。

これも「失うことによる幸福感」とはなんら関係がない話しだ。

最後の子供の折り紙の話は、もはや精神異常者としか思えない。はっきり言って
病気だ。こいつ。

重病人が健康になって喜ぶのは、病気から回復したから喜んでいるのであって、
それも失ったから幸福になったという意味でもなんでもない。

371 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:54:31 ID:mhqd+4qz0
神がその頭上に輝く光輪を手に取り、高く掲げると、それは太陽になりました。
神が杖を一振りすると、無は二つに裂け、一つは空に、一つは大地になりました。

ところが手元が狂って、山と谷が生まれました。
神は「失敗したがそれもまたよし」と言われました。

神が大地に絵を描くと、次々と木や草が生え、鳥や動物が生まれました。
それから神は、自分の姿に似せた生き物を思い描かれました。

しかし、これは神とそっくりすぎて失敗でした。
そこで神は、羽根を灰色に塗り、光輪に穴を開け、灰羽と名づけ、それを頭の隅にしまいこみました。

神は改めて、羽根も光輪もない人間を作られました。
これは良いできでした。神はすっかり満足して、そのまま…

そのまま…
居眠りをしてしまいました。

消えてしまうはずだった灰羽は、こうして神のこうべの中から抜け出すことができました。
神が目を覚ますと、すでに灰羽は空に浮かんでいました。

でも神は、失敗には寛大でしたので、
そのちっぽけな世界と灰羽たちを残すことにしました。

こうしてグリの街は、大地でも海でもない場所に今もぽっかりと浮かんでいるのです。


372 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:58:12 ID:yYVg07BNO
とりあえず祖国に帰って環境問題をなんとかしろよ

373 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 06:59:34 ID:HQ+oguCX0
本文長すぎて全く読んでないがスレタイだけ読んで同意

374 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 07:02:22 ID:Eb2fR+WJ0
>>1
こういう事は、お釈迦様のような聖人が言うから、説得力があるんだよ。
ロレックスの時計はめて、高級外車に乗りながら、
こんなこと言ったって、クソほどの説得力もありゃしないわw

375 :名無しさん@七周年:2007/06/26(火) 07:20:43 ID:soER1Nsz0
失う事から全ては始まる

武士道はシグルイなり

376 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 07:29:51 ID:br4llom60
>>374
違うよ。この中国人は単に日本人が嫌いなんだよ。日本人が幸せになれないのは
心が卑しいからだ。って言いたいんだよ。

要するに前近代的な精神論でものを片付けようとしてるの。戦前の日本人が精神論
だけでものを進めたように、韓国人や中国人みたいな後進国の人間もその頃の日本人
が発想したと同じように、精神論で全てのものを片付けようとしているわけ。

遅れた国からでてきた人間の言うことなんて基本的になんの価値もないという良い
証明だよ。

377 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 07:33:27 ID:/AckbA600
正論だけど日経ビジネスお前が言うな

378 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 07:36:19 ID:c/sx8zCzO
昔は美味いもん喰う為に金つかったけど
今は安全なもん喰う為に金つかわざるをえん。
確実に不幸になった希ガス

379 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 07:42:46 ID:3sr+Wv4D0

これはあれか? 中国の山西省のレンガ工場で奴隷労働を強制的にさせられてた人らに対するコメントか?

自由とか人権とか失ってみて、初めて幸せが分かるし、生き抜く力が湧いてくるんやで〜、って言うてんの?

アホか・・?



380 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 07:47:10 ID:DiAo58AR0
この人のエッセイは面白かった。
でも中国人ということで一時期、コメント欄で集中攻撃受けてた。
今回やめることになったけど、そういう事もあって、嫌になっちゃったのかな?

381 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 07:52:14 ID:fQv/VNUD0
>今回やめることになったけど、そういう事もあって、嫌になっちゃったのかな?
イナゴの相手なんぞしたか無いだろうからな

382 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:13:10 ID:8t79ZwZY0
この人のコラムは思い違いが多々あって痛いところがあるのだがw
まあそれはそれで宋さんのコラムの味になっているw

今更メルマガなんかにしないで
コメント・TB受け付けないようにはできないのか日経は

あと、宋サン、文革で苦労したことを一般化しないようにwww
「みんなも文革みたいな破滅的な状況に落ちてからでないと成功できない」
そんな風に聞こえるぞw

383 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:25:20 ID:TFeO41gh0
宋さんの意図してることはわかるんだけど、
「家族を手放せ」というのは、おかしくありませんか?
家族と金儲けは、質の違う問題なんだけど。

384 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:30:44 ID:EEP/DVnz0
まずチャレンジによる挫折という意味合いでの「失う」例を挙げろよw
具体例が的外れだな

385 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:32:18 ID:4T5FNpHR0
この人を精神科に強制入院させて
今までのあなたの人生は全部妄想ですということにして
人生リセットしてやり直させてみたらいい。

 この方はいったいどうするのだろう?

386 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:32:21 ID:M1QyWYMQO
言ってることは一理あるしまともだ
日経ビジネス掲載=ビジネスマンへの警鐘だろう
喩え話だよ、あまり揚げ足とることもなかろう

387 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:32:21 ID:TaKmHX170
>青年は一人ぼっちのホームレスになり、飢餓と悲しみと孤独に暮れる日々を送ることになりました。
>2年後、神は青年に家族だけを返しました。

む・・・無職の甲斐性なしの貧乏人っっっ、なのでまず家族がいません
ゆえに失うものすらありません

388 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:32:53 ID:Fkao6o350
折り紙を福祉
セロテープを保護

正しいか?

389 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:34:51 ID:TFeO41gh0
俺も、読み直したら的外れだと思った。
ただ、それだけ。

390 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:34:51 ID:cojD6KJr0
まああれだ
国家に公然と戦車でひき殺されたり
放置されて毒の河で溺れ死ぬよりは
自殺の方がマシかもしれんな…

391 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:36:56 ID:4T5FNpHR0
人を精神病院に強制入院させてあなたの今までの人生は全部あなたの
妄想でしたよといって・・・
 
 退院させてすべて白紙に戻してから生活させてみたらいい???
このかたがどうなるのかは面白い心理実験になるね。
その後の経過を観察して実際に試してみたらいい?

 実験が重要

392 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:37:45 ID:TFeO41gh0
>>385
全てを否定すると、
どうしても、自動的にストッパーがはずれるから、
逆に自分の首を絞めるよな・・・・。

393 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:39:06 ID:E6i2HWy70
多分失う経験をした方がいいのは官僚公務員。

394 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:42:03 ID:twLiAGtD0
>>385
勝手に改蔵なつかしす

395 :氷河期世代:2007/06/26(火) 08:42:21 ID:M/+ci8aH0
まづ先に、得たいものです・・・

396 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:43:33 ID:DjZH41PwP

沖縄を失ってみましょう
それが幸せ感を生み
逞しく生き抜く力の原動力になります

by某国工作員

397 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:44:02 ID:4T5FNpHR0
精神病棟への強制入院のさせ方は
何人かのグループ数が多い方がいいがこの方の周囲で悪口を言いふらしたり
常に付きまとったりして精神的に追い詰めて・・・

 この方がついに逆上して突っかかってきたときに暴力を受けたとか
言ったらいい。
 数の多い集団の方の意見が通るから簡単に精神科に強制入院させることが
出来る。
 その上でこの方の人生はすべて妄想にして白紙の状態に戻したらいい。

これはおもしろい実験

398 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:45:07 ID:H4X+2uY+O
神様=日本
青年=特亜三馬鹿?

399 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:48:17 ID:rj8m3Vs00
>>1の文章は結構面白い。このスレのどの書き込みより面白いかも。
それと俺が可笑しいと思うのは「昔は良かった」って書いている奴が多いこと。
昔ってのは「臭い物にはフタ」、「めんどくさいことは放置」、「悪いことをしてもばれない」
最悪な世の中だった。
あんな時代に戻りたい奴ってのは、あの時代を生きた経験の無い奴だろう。

400 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:50:52 ID:fnUyMVRF0
>>399
それはそれで見方が一方的すぎ

401 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:51:57 ID:TaKmHX170
>>399
>昔ってのは「臭い物にはフタ」、「めんどくさいことは放置」、「悪いことをしてもばれない」
>最悪な世の中だった。

基本的に今もそういう慣行は変わらないじゃん
そこに風穴をあけようとすると、やれ非国民だ、プロ市民だと罵声が浴びせられるわけで

402 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:52:51 ID:/Z/WXkYB0
いつの時代も社会からはじき出される人間はいるわけで、どんな世の中になっても自殺者がいなくなることは無いだろう。

最近自殺者や精神疾患患者が増えたといわれているが、そもそもこれまでは『社会』によってそれら社会的弱者が闇に葬られてきたのが
医学と社会意識の改革によってやっと表にでてこられるようになっただけというのが実態なのではないかと思う。


403 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:53:40 ID:WssOjLrY0
>>399
>「臭い物にはフタ」、「めんどくさいことは放置」、「悪いことをしてもばれない」

当事者にとっては天国のような気が・・・。

404 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:55:44 ID:d6pfSTm20
他人が自殺すればすなわちそれが幸せ感を生みますかそうですか

と釣られてみる

405 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:55:54 ID:jXj4Hm6TO
封建の陳腐さから、一党独裁の陳腐さへ
子供の我が儘が許せなかったから、八つ当たりして正当化
自分に酔うのは構わないけれど、当たり前な哲学を御大層にw

406 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 08:59:02 ID:4T5FNpHR0
>>404

それは私がいいたかったこと

人生全部妄想なら中国の文化大革命のこともないしその後のこともなくて
楽じゃない
 一回やってみたら?

407 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:04:19 ID:TaKmHX170
日本人も、国を「失うこと」で「幸せ感」を生み「逞しく生き抜く力」が備わる、って言いたいってことだ

408 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:05:36 ID:Eb2fR+WJ0
>>399
いや、昔はな、まだ伝統的宗教観(宗教団体じゃないよ)が残ってたんだよ。
だから、たとえ社会にいろいろ問題があっても、
生きることに価値を見出せる、社会のコンセンサスがあった。
今の流行を見てみろよ。拝金主義の風潮の一方で、
スピリチュアルだとか、六星術だとか、
まるで帝政ロシアの末期にオカルト主義が流行ったのと、酷似した状況だよ。
まさにニヒリズムの世の中だわ。



409 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:12:21 ID:bEEEwJnq0
どうも>1の主張だと、日本の自殺者は、十分に幸福な環境にいながら
理由も無く自殺してしまうと考えているようだ。
そこからして間違っていないか。

410 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:12:24 ID:2wBPC9q40
何で、こんなちゃン子ろが日本に来るんだ?工作活動のため
か?もう日経は2度と買わないし見ないことにしよう

411 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:17:33 ID:4T5FNpHR0
論より証拠
こいつが今までの人生否定されて白紙に戻って
精神病患者にされて自分のいうことは全部妄想ということになって

はたしてどういう精神状態でいられるか。
その後の経過観察して記録に残しておけばいい。

412 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:23:10 ID:2wBPC9q40
そもそもちゃン子ろの自殺も多いぜ。さすが、日本を非難または
批判する口実を探している糞民族らしい文章と言えるが

413 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:25:01 ID:aHlmUDU10
>>1
なにこの駄文?
『人は果てしなく幸せを追求する権利がある』
中国人には理解できんだろう。

目の不自由な者に治療をほどこし、
土地を失った者に土地を与え、
男に妻と子と金を与える、

・・・・それぐらい北朝鮮の金正日でも出来るわ!!!!!!

神をなめるな。


414 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:26:37 ID:LwLiK34iO
自殺してどんどん死ねと。そしたら残った人間が楽になると。

415 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:27:24 ID:8lmQgyZn0
どうもバリ島が舐められているような気がするー

416 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:27:44 ID:rj8m3Vs00
>>408
それはその通り。
伝統的なものが気に食わなかったので壊してみたら困ったことになったわけだ。
この辺は試行錯誤しなければわからないと思うがな。

417 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:29:25 ID:OKxLM6Jx0
折り紙が典型的だけど、
単純にこの人の思考には「親」という存在に対する根元的な不信感があるんだろう。
自分が受けた仕打ちをまた子供に行う。
折り紙破かれた子供は普通に考えても、
「セロテープが欲しいと言ったら折り紙破かれた」という繋がりのない不安感しか残らないよ。
本人にとっては人生やら「幸せ感」やらいくら考えていたとしても、
理不尽な虐待を行っているのと大差ない。

DQN親子で行われる不幸のループが実によく現れている。
子供は親を選べない。
幸せ感どころか不幸の本質がそこにあるという薄ら寒さを感じる。

418 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:30:48 ID:aHlmUDU10
>>411
簡単だ、こいつ(宋文洲)を中国に送り返せばいい!(笑

たちまち当局に連行され、薬と拷問で廃人にして開放されるw


419 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:31:49 ID:YFg51JFCO
実験に貢献真紀子
>>すばらしい、詩ね。

420 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:32:14 ID:5TxFp5n60
10年間で日本の社会は透明性を高め、環境に目覚め、国際化が進み、経済指標では表現
できない社会の高度化を成し遂げたのです。


そのような「高度化」は別に要らなかったわけだが。



421 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:34:22 ID:1Wmsm2tB0
自殺で親友をうしなえってことか!!!

422 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:35:04 ID:4T5FNpHR0
 日経は気持ちわるいな
加藤茶とかの顔乗せてくるし

というか科等茶は当時の人間関係からすると奴隷身分で何の権限もなかった
と思いますがね・・・・誘導されただけでしょ。

423 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:35:06 ID:Pe1C015T0
この人の文章は考えさせられることが多い。別の視点で指摘してもらえるので
参考になる。 確かに、中国の自殺率は日本より、少し少ないくらいだけど、
このような人も中国人のなかにはおられるわけで、中国人の多様性を実感する。



424 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:37:30 ID:pbopzpog0
>>423
ガイジンの話なんか参考にならん。

425 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:40:00 ID:RERgqwf50
失うものが無い方がいいと思うよ

426 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:40:15 ID:KW08FraZ0
>1
一般論としてはとても正しいことを言っている。
健康のありがたみは病気になってはじめてわかるし、
親のありがたさも死んでみてはじめてわかる。
バブル崩壊の経験で日本人の社会意識は確実に向上した。
戦争を経験した国が強くなるのは歴史が証明するところでもある。

しかしだからといって政府の失策や財界の横暴によって
失うことを「よし」とするのは詭弁もはなはだしい。
ドロボウ国家を肯定する屁理屈でしかないだろう。
政府の失策は批判されなければならないし、選挙で民意をしめさねばならない。

427 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:41:21 ID:Qifj3PIr0
自殺でも保険金が下りるから追い込まれるんだろう

428 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:41:39 ID:YFg51JFCO
>>419
安価ミス
>>1->>3すばらしい、詩ね

429 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:42:22 ID:Pe1C015T0
>>424 ガイジンの話なんか参考にならん。
君も、人生経験を積めば、この文章の意味が分かるよ。


430 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:45:06 ID:LZ1+VJUj0
参考になる部分もあるけれど、精神的ストレスについては何も書いていない。
・とんでもない過労で鬱自殺した人
・やる気があったのに、不景気で就職できずフリーターor派遣の無限地獄
から逃れるために自殺した人
・不安障害のため、ひきこもりで自殺してしまった人
・たらいまわしや、組織内政治の犠牲で自殺した人

こういうのって、豊かさとは関係ないんだよな。むしろ豊かな国の
犠牲者だと思う。

431 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:45:56 ID:qNm5f1TV0
要約するとお前らゴミが日本でのうのうと暮らせてるだけ有難く思え
だからきっちり税金払って生活ギリギリまで消費して奴隷になれと言う事か

432 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:47:26 ID:+T66+Tqo0
おれ交通事故で死にそうになったけど、
あのとき死んどけばよかったと思うけどな。

433 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:47:38 ID:DaSp/dRy0
日本は年齢による制限が多いので自殺が多い
転職がしづらいから行き詰まるんだろ
実際には自殺者10万人超えてる異常国家らしいな

434 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:50:47 ID:DXtQpWWA0
>中国はアヘン戦争や文化大革命で多くを失ったからこそ、封建の陳腐から目が覚めたのでしょう
これはよく言ったな 中共に消されるぞ

>パン1つで幸せになれる人には、パンを与えることで幸せを与えることになります。
IT系の派遣屋でもやるつもりかw

435 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:51:11 ID:5QDzEM9dO
僕も毎日精子を失って幸せを感じています。

436 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:52:20 ID:TFeO41gh0
「家族を選ぶか、夢を選ぶか」っていうテーマは、
生きていく上で、ありうる選択肢だろう。
そこのところを詳しく書いてないから、なんとなく反感を覚えてしまう。
これじゃ、青年が夢を追ったほうが、家族運がいいように見えるじゃないか?

でも、宋さんの言いたいことはわかる。

437 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:54:00 ID:DXtQpWWA0
僕は三次元を失いましたが二次元を得たので幸せです

438 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:54:04 ID:KW08FraZ0
まとめると、
「人間は失うほうが成長できるし幸せも感じることができる。
 だから税金をどれだけ取られようが年金を溝に捨てられようが
 それで幸せを感じればいいんだよ」

マゾか

439 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:56:00 ID:Xd7hdAkU0
ウヨ脂肪wwwwwwwwwwwwww





440 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 09:57:06 ID:rxifodlmO
新しく折り紙よこせってんじゃなくて
直したいと言ってるだけなのになあ
直して大事にするのはいいことだし、愛着もあったかもね
今セロテープないから家帰ってから直そうね、と
ちゃんと説明したらそんなにいつまでもぐずつかないと思う
びりびりな破り捨てられたらそりゃセロテープ言わなくなるだろ
親にそんなことされたショックが大きくて
喪失の免疫は多少つくかもしれないけど、親への不信感みたいなものも芽生えそうだなあ

441 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:01:13 ID:Hsg6jWMK0
戸塚ヨットスクール効果だな。
ひどい目に遭うと物事の優先順位が生物として正常化するってヤツ。

442 :(´Д`)y━・~~~煙草ウマー ◆DwPN/l.o/6 :2007/06/26(火) 10:01:22 ID:T52ZT2yA0
>>1-3
> ※ニュースでもなく、また長文論文ですが、紹介する価値ありと思い、敢えてスレ立てしました。
                                    (どろろ丸)

(´Д`)y━・~~~GJ!、確かに一理有る話だ・・・

つーか、挫折だらけのワシには、共感できる事の多い論文ですたわい。

443 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:01:43 ID:Pe1C015T0
>>430 精神的ストレスについては何も書いていない
たしかに、「精神的ストレス」云々はあまり書かれていない。
日本社会は、コンセンサス社会、同じ価値観を共有する共同幻想社会。
常識的なコースから外れた人間の敗者復活が難しい仕組みがある。
アメリカのように、多種多様な価値観、多種多様な人生コースを歩む
素地はない。
しかし、インターネット時代になり、かなり社会も変容しつつある。
俺は、死ぬまで希望をもって前進する。自殺はしない。



444 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:02:22 ID:GUm+DTtN0
病気にならないと健康の有り難味がワカランのと一緒だろ。

>この
>10年間で日本の社会は透明性を高め、環境に目覚め、国際化が進み、経済指標では表現
>できない社会の高度化を成し遂げたのです。

社会の高度化?
教育は荒廃し、モラルハザードは全年代で進み、階層の固定化が進んだだけかと思ったが。

445 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:03:38 ID:B+VvDG3u0
自分が本当に欲しいものは何なのかがわからずに
手当たり次第何でも欲しがる奴に
望むがままに何でも与えたって、決してそいつは満足しない。

446 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:05:25 ID:vaoW4LpCO
何を言ってんのかさっぱりわからん

447 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:05:51 ID:KW08FraZ0
もっとボロクソに言われてるかと思ったが、
この手の坊主の説教みたいな詭弁に騙されるやつ、意外に多いな。
自民党はいくら国民いじめをやっても安泰なようですな。
このマゾで反省が大好きな国民性のおかげでw

448 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:08:47 ID:bbJlf9S20
>失うことの効用はその最中と直後に分かるものではなく、
>その痛みが落ち着いた時にやっと かすかに見えてくるものです。

まさに歴史だな
確かに平成日本を後世の歴史家が考える上でバブルの解明は重要といえる

449 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:08:52 ID:b7p5Ne6lO
ひねくれた奴多いなw

450 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:09:07 ID:TFeO41gh0
ちなみに、折り紙のたとえもいらないよね。

451 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:09:48 ID:60y+jQIwO
馬鹿馬鹿しい
ホームレスですら自殺する世の中で

452 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:10:13 ID:m4TTD+8D0
>>25
ハゲドウ


453 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:10:25 ID:TaKmHX170
50 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:14:26.71 i8UE+cve0
そういうのすごくよくわかる!寂しい一人暮らしだと、
会社や家族以外の人とのふれあいが結構うれしかったりするんだよね。
俺の場合は、その日一日は本当ついていなくて、会社で他人のミスが自分に
降りかかってきて上司にめちゃくちゃ怒られるわ、いつもの定食屋が混んでて
自分の注文忘れられ、担当のお客には怒られ(超理不尽な理由で!)、
ありえない量のサービス残業押し付けられてもうさんざんな状態で、帰るころには夜12時を回ってた......
こういうときは気分転換にいつもと違ったルートで帰るといいと思って
寄り道がてら見知らぬラーメン屋に立ち入ったら、
そこで偶然中学のときのクラスメート数人とばったり出会ったのよ。
特に盛り上がった会話はしなかったけど、一人暮らしの寂しい俺にとって
こういう偶然の旧友との出会いって、なんか元気でるんだよね。
おかげでどん底から抜け出せたよ。

52 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:19:42.96 jfiemV9s0
>>50
ラーメン屋にクラスメート数人って、何人くらいいたの?

56 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:28:11.46 i8UE+cve0
>>52
よくよく思い出してみると、結構な人数いたかも。
女子とかも、こんな子そういえばいたなーって子もいたな。 懐かしかった。

59 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:34:12.54 jfiemV9s0
>>56
OK それ同窓会だ

65 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:39:16.31 i8UE+cve0
>>59
ありがとう 今週中に死ぬ

454 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:11:01 ID:4R105voY0
>1-3

読むのがめんどくせー

455 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:11:18 ID:n+OqyHjL0
財産の多寡から人間としてのあり方まで
すべて肺と心臓が動いている健康な体というのが前提だからな

去年人生の絶頂期に胃がんで死んだ若いIT社長の闘病記を思い出した

456 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:15:16 ID:rj8m3Vs00
>>433
それって行方不明の人間の半数を自殺にカウントしているらしいけど、
外国って行方不明者が少ないのかな。

457 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:17:46 ID:60y+jQIwO
確かに国家からちゃねらーwまで日本人の年齢至上主義みたいのは異常だな

458 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:17:58 ID:TFeO41gh0
ここは、ニュース速報板だから、
人生板で、もうちっと話してみたいテーマだったりする。
テーマ性はいいよね。

459 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:21:27 ID:2GyBNDqc0
この人の言うことは納得できる部分も多いんだけどさ・・・

>些細なことで自殺する
とか、喧嘩売ってんのかと小一時間・・・。
これはこの人の国語力の無さなのか、日本語力の無さなのか、あえてこう言ってるのか・・・?

それに、どうしても上から目線で言われてる気がしてならない!!

460 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:21:53 ID:bj5o88QK0
そうだよな、あんな可愛い子と付き合いたいな〜って思ってる時が一番幸せ。

461 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:23:32 ID:Eb2fR+WJ0
>>447
日本人の素直さは異常だよ。
ちょっと間違えを指摘されると、指摘した方が吃驚するくらい反省し、
良いところも悪いところも、みんなまとめて捨ててしまう。
素直というか、バカ正直というか・・・

462 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:23:52 ID:N5MtTbS60
俺は十分失ったよ
神様いるんなら出てきて欲しい

463 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:24:00 ID:rj8m3Vs00
>>459
中国人の場合は些細なことで他殺するから何じゃないの?

464 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:24:48 ID:37M/XqTY0
>>1-3は読んでないんだけど、>>453のって有名なの?


465 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:24:53 ID:ZdYbtXvX0
>>1-3の論は、所有物と心の関係を言ってる。
貧困や社会的責任を追及されての自殺ならあてはまる。逃避行動だからね。
でも、日本の若者の自殺はこれとは対峙した自殺も多い。
生存に過酷な環境では生きようとする。本能が優先するから。
だが生存が保証された環境では文化が、すなわち知的能力が優先しはじめる。
死が現実世界からの逃避なのではなく、新たな美しい世界への旅になるんだ。
死を美化してしまうんだな。人間の精神力はたいしたものだよ。
現実よりも精神上の産物せある世界のほうに、自分の現実を移行してしまう。
こうなると、美の追求者は実社会から離脱して自分の精神世界に没頭する。
文化的自殺は裕福な国ほど多くなるのだ。
だからこれを讃えてよいとは言わないが、創造の世界に去ってしまった者を
家族や友人や社会が連れ戻すことは、困難なことなのだ。

466 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:24:56 ID:+HTVXEoAO
生きていくのがめんどくさいだけだろ

467 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:25:01 ID:GUm+DTtN0
>>456
アメリカあたりじゃアホほど多いって聞いたけど。
ほれ、売春婦殺しとかさ、行方不明になっても真剣に探されない場合が多いからほったらかしにされることが多いとかいう話とかさ。

468 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:25:34 ID:5/BY2V6A0
得てない人はそれだけで幸せなのだろうか?

469 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:25:58 ID:+VqWMWV20
【一般書籍】あいまいな日本の不平等50

数字で見る、日本の格差と不平等の現実。知っておかなければ、明日は自分がこの国から見捨てられるかもしれない!

▽1年で70人以上が餓死
▽約20万人が自己破産
▽文房具費や給食費を払えない小中学生は134万人
▽自殺者は、交通事故死者の約5倍
http://www.bookman.co.jp/details348.html


470 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:26:03 ID:rj8m3Vs00
>>447 >>461
まるで自分は日本人では無いみたいな書き込みだなあ。
それとも「この愚民どもめ!」って意味なのか。

471 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:27:10 ID:bEEEwJnq0
光があれば影がある。
光を感じれなくなったら、影を突き付けてやればいい。
幸福を感じる事ができなくなったら、不幸を与えてやれ。

なのか? 論者の意見では。

幸福を感じられない人は、不幸な状態を想像してごらんなさい、とかだったら
アフリカの飢えた人たちよりは、僕達は幸せじゃないか! とかの論と同列だし。

なんか詭弁を上手に飾っただけの文章に思える。

472 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:27:25 ID:jM+gdd580
エンタの神様を見て爆笑できる人になる

473 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:29:06 ID:+YQjYMGa0
日本で豊かなのは一部の人間だけです。
普通の人は暮らすのも大変で辛うじて借金しなくて住む案配です

474 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:31:29 ID:TlBQaial0
友達で、重度の胃炎&うつ&パニック障害&足の障害をもつ女性と、自傷行動
の激しい統失ぎみの男性の夫婦がいます。

ずっとずーっと死にたい,死にたいと時々狂ったように言います。

神様、この夫婦をなんとかしてあげてください。
私ではもう対処できません・・・。

475 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:32:18 ID:ah3IzL320
>>1-3
日本に文句があるのなら、全財産を失って中国にお帰りください。


>>456
行方不明じゃなくて変死。

日本は変死が年14万人いる。

476 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:34:39 ID:Bll0vQmW0
凄いこと言い出したな。日経。

477 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:35:38 ID:xdoqh9/40
自殺も自分という一人の人間を殺したと言うことで、
容疑者&被害者死亡のまま、きちんと立件するようにすれば、
安易に自殺する人は減ると思うのよ。

478 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:36:00 ID:jpmkfggj0
失って得る幸福
知って得る不幸
車が無いから不幸だとか、テレビが無いから不幸だとか、
車や、テレビが無い時代の人々にはそんな不幸はなかった。

479 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:37:18 ID:Eb2fR+WJ0
>>470
461です。後者です。


480 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:38:19 ID:zBTEFhE70
人生って失うことの連続だし、その過程で失うことで得ることもあるという古典的な真理を信じて
前向きに全力を尽くすってことが慣用ってことだろ。

481 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:38:38 ID:4T5FNpHR0
>>478
物質的なものじゃなくて記憶を破棄してみたらどうですか
日経が書いてあるように。
 
 あなたの今までの体験は全部妄想
精神病院に入院して直してもらえば・・・・

 全部妄想ではじめから人生やり直してはどう?
あなたが自分は正常だというのも妄想

482 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:39:19 ID:OKxLM6Jx0
>>476
このおっさんに関して言えば、前からだよ。
はっきり言って本人の得意分野だったりすると結構良いコラム書いたりするんだが、
駄目な時は何この詭弁としか思えないようなもの書く。


483 :(´Д`)y━・~~~煙草ウマー ◆DwPN/l.o/6 :2007/06/26(火) 10:40:55 ID:T52ZT2yA0
>>453

(´Д`)y━・~~~見事な起承転結にワロタw

484 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:41:46 ID:QcQww0Oq0
青年は自分で得てないからじゃないか?

485 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:42:11 ID:jDAt4iVA0
観念論に過ぎない。おわり

486 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:43:07 ID:8iMVtp5o0
  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < 戦争賛歌やるじゃん
|   ト‐=‐ァ'   .::::|    \__________________
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\


487 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:44:43 ID:JLhjKekg0
>350
玉置さん病んでましたから。

488 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:45:54 ID:rj8m3Vs00
>>475
なるほど。外国の変死件数は少ないのかな。

489 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:48:38 ID:rj8m3Vs00
>>479
理解した。大衆の敵め。
俺は愚民の一人として激しい敵意を感じざるを得ない。

490 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:52:16 ID:OKxLM6Jx0
>>488
アレじゃないか?
一概には言えないが、
外国の場合拳銃で死んだら確実に自殺か他殺に振り分けられるんじゃね?
結果的に変死の数は減るとか。


491 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:53:32 ID:Eb2fR+WJ0
>>489
オマエなぁ・・・

日本人の伝統を壊すことに、
どうしてそんなに躍起になれるんだ?

492 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:55:08 ID:jDAt4iVA0
つまり不満を言うな・・・ということでしような。

493 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:58:14 ID:TaKmHX170
年金を「失うこと」が結果的に「幸せ感」を生み「逞しく生き抜く力」の原動力となる

と言いたい訳で、つまり年金行政に不満をもつなということ

494 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:58:48 ID:Yl7NPu9u0
自殺が多いって事は「死合わせ」ではあるようだ。

495 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:58:50 ID:EarxT6Y40
我只足知ってことだろ。グダグダと長く書けばいいってもんでもない。

496 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 10:58:59 ID:RH4KFT/c0
これを中国で言うならいいけどさ
日本人には古臭くて今更なんだよな

497 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:04:14 ID:4T5FNpHR0
t教授とか加藤茶とか醜い嘘をつく人間など排除した方が
よっぽどいい社会になるだろ。

498 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:05:13 ID:Eb2fR+WJ0
>497
加藤茶?

499 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:05:31 ID:br4llom60
こんな頭悪い文章に納得する奴がいるのが日本の駄目なところだな・・・

500 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:10:06 ID:OKxLM6Jx0
工作員だろ?
こいつのブログには何書いてもべた褒めの連中が常時張り付いてるし。


501 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:13:11 ID:6Ro6TRtr0
神様は不細工で貧乏で何の才能も無い人に
パソコンとネットへの接続をくれました…

502 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:14:43 ID:H4J2M5DZ0
人々を幸せだと錯覚させるためには
まず全てを奪い、その後わずかなモノを返す
ってことか?

503 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:15:24 ID:qezA/gDS0
いい論文だと思う

でも、俺は今の日本じゃ自殺が救いになる場合も往々にあると思う

504 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:17:22 ID:TAiQniJC0
>>1
農民は幸せになりました。神は彼「神様、私には幸せがありません。
彼は失うことを経験していないから、幸せになれなかったの失う経験がないからです。
パン1つで幸せになれる人には、パンを与えることで幸せを与えることになります。
神が彼にその心を持たせるために、彼に失う経験を与えたのです。
◆失って生存力が強くなる失う淋しさと悔やしさが、その人を◆失うことへの予防接種

ワードで7%に要約してやったぜ

505 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:17:40 ID:rj8m3Vs00
>>491
大衆を見下すインテリとは迎合しない。当然だろ。
愚民どもに知識を授けてやろうってか?

506 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:19:19 ID:Eb2fR+WJ0
>>499
宋の話は、似非保守がよく云うことだよ。
日本人の伝統的な死生観や道徳観を捨てて、
モラルハザードを引き起こしたことが最大の原因なのに、
知って知らずか、そのことには全く触れず、
経済原理からのみ、現代社会の病理を語ろうとする。
こういう悪質リフォーム詐欺のような輩に、
簡単に騙されてしまう人が多いのは、悲しい限り。




507 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:20:11 ID:EESTEc8H0
2ちゃんねる脳って悲惨だな。

508 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:21:04 ID:xZCyGRxe0
マイセン陶器を世に送り出したザクセン公や信長がアートに走った事から
人間の幸せは最期はアートに行き着くと思うが。

509 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:23:04 ID:br4llom60
>>506
つうか、なんでも精神論で片付けるところがカルト宗教っぽいよな。

510 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:23:12 ID:TaKmHX170
とりあえず>>1の末文をルー語変換してみた

些細なことで自殺するトゥデイのジャパンには、十分にハピネスなはずなのにハピネスになれない
イーチパースンが、メニーいます。リーズンはシンプルです。ルーズするエクスペリエンスがないから
です。ゲットすることは当然であり、足りないことをアクシデントとシンクアバウトするのです。その
足りないことは、アナザーパースンとの比較によって常に作り出しているのです。だから常にアクシ
デントなのです。  

511 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:25:34 ID:oKWK0LwI0
>>1
何言ってんだw
害資の犬っころめw
国民のモチベーションは確実に下がってるだろうがw
生きる力を失ってるだろうが。
張り切ってるのは害人さんだけじゃねえかw
間違いなく政治のせいだろうが。
強者や害人を優遇して弱者や地方を切り捨ててるからだろうが。
言うに事欠いてそこまで言うか?
なんならマスゴミの害資規制撤廃しようか?
規制に守られて高禄食んでる奴の書く記事じゃねえ罠。
マスゴミもここまで劣化したか・・・

512 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:26:26 ID:20FbNumJ0
ろくなレスがない。
日本人も劣化が激しいな。
マジでやばいかも。

513 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:27:48 ID:KW08FraZ0
>476
日経はちょっと前から「物質的な幸福を追い求めてはいけない。
幸福は心の中にある。本人が幸福と感じれば幸福」
という宗教みたいなことを言い始めてる。
リアルで奴隷社会を具現化する気らしい。

514 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:27:59 ID:70zdorTT0
脳内麻薬で幸福感に浸った奴隷がたくさんいるのが望ましい国の姿 by経団連

515 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:28:05 ID:rj8m3Vs00
>>512
もとからレベルが低いですが?何夢見てるんだか。

516 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:28:33 ID:wUUeksAO0
おれも自殺志願者だけどな。

>>1のいうことはよくわからんよ。

ただなんとなく死んじゃいたい、この世から消えてなくなりたいという
気持ちはなかなか人には理解されないよ。

517 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:29:00 ID:xZCyGRxe0
人間50年からたかだか20年くらい延びたくらいだろ。
自殺なんかせんでも問答無用で骨と化すのになあ。
アホな奴らだとは思うわ。

518 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:29:43 ID:ZdYbtXvX0
>>512
ちゃう。やばいんじゃなくて、すでに手遅れ。

519 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:30:05 ID:fhYp1jWu0
>>1
なにからなにまでズレた記事だな

520 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:30:34 ID:oKWK0LwI0
今年一番、はらわたが煮えくり返る記事だ。
詭弁もイイとこだな。
なりすましどもはこの国を乗っ取る為ならどんな事も正当化する気だな。
遺族の前でその言葉を言ってみろ。
終いにゃ自殺者が減らない事まで正当化しやがったぞ。
氏ね、害資の犬なりすましどもは氏ね。
俺が必ず報いを受けさせてやるからな。

521 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:31:12 ID:15EE5mY/0
ヒロインが死ぬことによって主人公が強くなる、みたいなもんだ

522 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:31:48 ID:Eb2fR+WJ0
>>505
俺はな、オマエのように日本の大衆文化を
簡単に破壊しようとする輩に、激しい怒りを覚える。

523 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:31:49 ID:wL/a0zNU0
>>499
かなり大幅に減ったっぽいけどね。この人の狂信者。
これだけ連発されりゃ嫌でも中身を読んで考えるし、考えれば何かが変だってのは誰でも気づく。

変な宗教と一緒だもん。思考停止させずに考えれば、それっぽいこと言ってるだけって解る。

524 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:31:57 ID:70zdorTT0
>>512
ちゃんと>>1の文章を理解したか?
「まともな」とか「劣化」とかいうのは他者との比較によるものだ
だから常にあんたは不幸なんだよ


525 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:33:21 ID:KW08FraZ0
ペルシャかどっかの暗殺者(アサシン)の作り方思い出した。
貧乏な青年を連れてきて、贅沢な食べ物や女や家を与えて天国のような暮らしをさせる。
で、急に外に放り出し、「この生活に戻りたかったら暗殺して来い」と命令する。
どんな青年でも簡単に暗殺者になったそうです。

526 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:35:16 ID:SlHLHpTO0
>その折り紙を破って紙屑を我が子に渡しました。子供はしばらく大泣きしま
>したが、その後は落ち着き「セロテープ」と言わなくなりました。
ヒドス。。。w

527 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:36:31 ID:hC/Lbx2y0
日本が豊かと言ってる時点で、見る目の無い人間だということが分かる。

528 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:38:48 ID:R0U2xVDC0
だいたい日経なんてわけのわかんないとこしか書いてないから読んで
ないよ。

 一応親とかには読むように進めてるけどね、協力はしてますよ。

529 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:41:54 ID:EarxT6Y40
喪失感というのは時に不可逆的な悪影響を人の心に及ぼす。
最悪の場合は死ぬ。死というのは言うまでもなく生き物にとって最大のリスク。


一度骨折した骨はその部分が強くなる、だから骨折しろ。
この記事の言わんとする所はつまりそういうこと。
こんなアホな理屈はない。

530 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:42:11 ID:70zdorTT0
日経新聞のカテゴリ
真実   :日付、株価、為替相場の数値
たぶん真実:天気、新製品情報
上記以外 :上記以外の記事

531 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:42:53 ID:UZWgNQbjO
この文のキモは「神頼みでなんでも得られる。」

「こどもの折り紙やぶっちゃう」

だよな?

532 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:44:30 ID:AOC/KKyN0
失う事から全ては始まる

533 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:45:16 ID:br4llom60
>>531
自殺者は感謝の精神がないから死ぬんだ。一度重病になって死ぬかける体験を
しろ。

という意味がわからないことをほざいてる文章です。

534 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:46:58 ID:rj8m3Vs00
>>522
大衆文化は大衆が作るものでインテリ様はお呼びじゃないんだ。
和歌でも詠んでろ。

535 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:47:58 ID:x4u+jXID0
支那人に説教されるいわれは無い。

536 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:49:22 ID:wl6w8YVz0
豊かな社会なんかじゃなく、単に豊かだと思わされているだけ。
世界第二位の経済大国なんて言ってるけど、現実は長時間労働でちょっと他国より余計に稼いでいるだけ。
いくら他国より稼ぎが多くても、それ以上に働いて得たモノなら意味なくね?

少しくらい収入が減っても、それ以上に自由にできる時間がある社会こそ、豊かな社会と言えるのではないか。

537 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:50:15 ID:eFrpj/me0
向上心を持つ事は余計な物まで欲しがりかえって人の心を貧しくするのですよと神様が・・・
言う訳ねぇだろうがこのバカチンめ

「みんなで一緒にゴールラインをせーので踏みましょうね!」みたいでキモいわ!

538 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:50:22 ID:70zdorTT0
つまり自殺しようとしている奴には生爪をはがすとか
体に電流を流すとか口に水を注ぎ込むとか逆さ吊りなどで苦痛を与えると
生きる喜びを感じるという事か。

539 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:51:52 ID:br4llom60
>>538
そうだなw 

540 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:52:14 ID:Eb2fR+WJ0
>>534
オマエのように、日本の文化を理解せず、
宋のような似非野郎に心酔する輩には、
心の底から激しい敵意を覚える。




541 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:55:39 ID:RFlB6blP0
これはあれだな、漫画でよくある
「毎日毎日悪いことばかりやっている不良が、
たまにいいことするとめちゃくちゃいいやつに見える」
っていう例のお約束みたいなもんか。
もしくは
「毎日毎日ヒモ男に殴られてる女が、
たまにやさしくされるとうれしくてその男から離れられなくなる」
ってやつか。

542 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:57:08 ID:UI775FA70
なら、先ずお前から幸せになれ(=全て失え)とw



543 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 11:59:30 ID:KW08FraZ0
つまり消費税を7%に上げると不満が出るが、
10%に上げて苦痛を与えてから7%に下げると幸せを感じると言うわけだな。

544 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:01:04 ID:RH4KFT/c0
一方では「何かを得るためには何かを失うものだ」とか言っちゃってるんだろ。
結局失ってばかりじゃねーか!

545 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:01:47 ID:oKWK0LwI0
>>1
おまいら売国マスゴミにはこれを送ろう。
もっとも見誤ったんじゃあ無しに確信犯だよな〜。
安保の頃の反日左翼の転向組=なりすまし鮮人が多いんだよな。
猪瀬のように。
ご同胞は湯田屋資本の手下として儲かってしょうが無いようだしな。
なんなら俺が総理になってやろうか?
たちまち自殺者が減るぜ〜。
財政悪化させる事無しにな。
つうか日本人が一番生命力にあふれてたのは高度成長期だしな。
貧困や格差がモチベーションに繋がるんじゃ無しに希望がモチベーションを産むんだよ。
アフリカや南アジアの現状を見て見ろや。
希望の無い国ではああなるんだよ。
今、この国に希望はあるか?
企業利益は上がるけど給料は下がる、国内はデフレ不況だから
新規開業率と廃業率の差は開く一方、そもそも規制緩和、民営化つっても
身内=鮮人資本に我田引水してるだけじゃねえか。
つうか政治家が責任負わなくてどうすんだ?
マクロで起こる事(失業や貧困化)に責任を持たない政治家なんてどこの世界に居るよ?
国民に責任転嫁しようとしてるのが見え見えじゃん

従米政治家&従米官僚や敵を見誤ったマスコミによって益々日本のカネは外資に吸い取られていくのでしょう。
http://darsana.exblog.jp/5718710/
規制緩和による新たな政商の出現
http://oneandonly.livedoor.biz/archives/cat_50014921.html?p=2

546 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:02:10 ID:yfcXhoZSO
___
┌ ┌ | ミ
┌ ┌ | ζ  ヒャハー
┌ ┌ |
      ↓

┌ ┌ |   (´・ω・`) <プワーン
┌ ┌ |    \|/
┌ ┌ |     ζ
┌ ┌ |

547 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:04:56 ID:QsWQj19H0
>>1-3
当たり前のことかもしれんけど良いこと言うなこの人
関心してしまった

548 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:09:08 ID:oKWK0LwI0
>>1
ほう・・・・
米国に押し付けられた政治の責任=構造改革のせいじゃ無いとな?
じゃあ富裕層と法人の減税やめてその分を交付税や公共事業に回して見ようか?
身内=鮮人資本・カルト資本・害資に我田引水するのが目的で
個人商店や中小零細資本を立ち行かなくした原因である数々の規制緩和を元に戻してみようか?
従業員還元、下請け還元を阻んでる害人株主追い出して持ち合い復活させようか?
これだけで劇的に自殺者は減るぜ?
代わりにマスゴミに対する規制取っ払って完全自由化してやろうかw?
悪政は正さないとな〜。
開き直って擁護までやってんじゃねえよ。
人は希望をなくした時にやる気がなくなるんだ、この糞馬鹿が。
ふざけ過ぎだ、鮮人マスゴミ。

549 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:09:51 ID:4MbIskkK0

橋田壽賀子さんの『おしん』 の幼年期じゃなくて、中年期更年期もみるといいよ。


あの話しは、苦労話だけを書いたんじゃなくて、
人の範囲まで奪っても、自分に跳ね返ってくるって
息子の傍若無人を危惧して旅に出たおしんの人生を振り返る話しだから

全部見ると考えさせられるよ


今そういやCSファミリー劇場でやってるけど
もう中盤・・だけど




550 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:11:20 ID:C6VS+bd00
嫌中のあほが脊髄反射レスしてるけど
考えさせる内容ではあるな
この人、筋が通っててなんか好きだけどね
PC前でファビョってるネトウヨニートよりは言葉に芯があるから

551 :名無しさん@八周年 :2007/06/26(火) 12:13:36 ID:jv94eBWE0
外国語である日本語でこれだけの文章を書ければたいしたものではないか。

大体、彼は中国人の中では間違いなく知日派に入るんだから
邪険にする事もなかろう。

552 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:16:02 ID:br4llom60
単発IDが必死で怖いね・・・まじで工作員っているんだろうな

553 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:16:44 ID:Eb2fR+WJ0
>550
この人の本持ってるよ。
頷ける内容もあるけど、>1の文は頷けないね。
他人の話は、是々非々で評価することが大切だよ。

554 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:17:02 ID:vQxfGCXNO
じゃあ、命まで無くなってしまえば一番得る物が多いってことだな
まあ、俺の場合は早く死んだ方がいいな。世の為って奴だな

555 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:17:08 ID:R0U2xVDC0
精神病棟への強制入院のさせ方は
何人かのグループ数が多い方がいいがこの方の周囲で悪口を言いふらしたり
常に付きまとったりして精神的に追い詰めて・・・

 この方がついに逆上して突っかかってきたときに暴力を受けたとか
言ったらいい。
 数の多い集団の方の意見が通るから簡単に精神科に強制入院させることが
出来る。
 その上でこの方の人生はすべて妄想にして白紙の状態に戻したらいい。

これはおもしろい実験


要するに日経をたまにつまんで呼んでみるとこういうことをしている
みたいだけど、

 この行為でどうやって幸福になるのでしょうかね。
一回日経の人で試してみたらいいじゃない、簡単に実行できるでしょう。

556 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:18:53 ID:+MiUGi3g0
ここで脊髄反射してるやつらよりはよっぽど面白い人だ。

でも40でリタイアするくらい稼いでるんだから
やっぱグッドウィルと同じ穴の狢ではなかろうか。

557 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:19:28 ID:09+B+0NrO
外国人労働者が低賃金長時間労働するから

おまいら努力が足りない若者は要らないねw

選挙で決まったんだよ
逆らう奴は反日。

558 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:19:32 ID:WMoOx+bc0
いいこといってるが、結論が少しわかりにくいな。

>恐れながらもチャレンジする人は、必ず何かを失うのです。
>10を失うことを経験した人は5を失った時、動揺しないのです。
>動揺しないから冷静に学習でき、失う確率を下げながらチャレンジの回数を増やせるのです。

という部分を強調して締めに持ってくれば同意できるのに。

そうではなく、折り紙を破った話を最後に持ってくるから、
ただたんに失敗をどんどん経験しなさいという話に読めてしまう。


559 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:19:45 ID:KJ39d7rL0
     _______
      \      /
       │    │
       │    │
       │    │
       │    │ 
  /⌒ヽ__// ‖\\__/⌒\
  ( ◯ / /)  (\\ ○ )
  \ / ./● I  I ●\\/   
   /  // │ │ \_ゝヽ   よくやった。感動した。
   /     /│  │ヽ    ヽ  つーわけでオマエらも
  /    ノ (___) ヽ    |  また明日から文句言わずに
  │     I    I       |  死ぬまで税金収めろやクズwww
  │     ├── ┤     |
  \    /   ̄  ヽ    /
    \    __   '  /


560 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:19:59 ID:br4llom60
脊髄反射 脊髄反射 って同じ奴が書いてんのか?

上の方でもこの人の論理展開のおかしさなんて散々指摘されてるだろうに。馬鹿なのか?

561 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:20:50 ID:oKWK0LwI0
>>1

これからも弱者虐めの政策が目白押しじゃんw
新興鮮人資本=日帰り温泉だけ規制対象外にしちゃった
温泉排水規制とか更なる派遣業の規制緩和とかホワイトカラーエグゼとか。
完全に政治・行政のせいじゃねえかよ。
増えこそすれ減りはしないな。
森が総理になってから9年連続3万人超だもんな。
湯田屋と鮮人と半島カルトの傀儡政権はやっぱり違うね。
つうかそんな政治家全員落としちゃえば良いんだな。
「改革」や「規制緩和」や「小さな政府」なんて連呼してる奴はみんな日本人の敵と認識せよ。
それで良くならなかったら俺が首をくくってやるよ、日経さんよw
自殺者急増と高止まりは明らかに政治=米主導による新自由主義改革のせいだ。
俺は自分の未来を閉ざしたく無いんで奴らなんか絶対に支持しねえぞ。
宗教的精神論まで持ち出して擁護しまくってんじゃねえよ、糞日経が。
3万人以上も死んでるっつうのに。

562 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:21:36 ID:mMDPd8pK0
失職して実家の家業も廃業して、本当に無一文、借金だけ残ったけど
そこからの底辺程度への復活が面白かった。

新車も乗れなくなったけど、個人売買でタダで車検切れの車貰ってきて
DIYで整備してユーザー車検通して乗った。
「タダでこんなに綺麗な中古乗れるのか!」とかむしろ感動した。

ドライブ行くガソリン代がもったいないんで、天気のいい日は近所の自然公園まで
チャリンコでサイクリング。
外食も出来ないんで手製の弁当もって。

時間だけは腐るほどあるんで、なんかマッタリ伸び伸びできた。
空の青がこんなに綺麗だったとか、小川のせせらぎとか、道ばたの花の色や香りに
感動してみたり。

なんか、幸せって身近にあったんだねって気がついたよ。

563 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:23:11 ID:br4llom60
また単発IDか

564 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:23:30 ID:jv94eBWE0
>>558
まあいいんじゃない。

要するに、失う事を知らない人は、真の幸福を得られない、
といった程度の話しだろ。

565 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:23:45 ID:ul6mgaR8O
賃金と雇用の競争が これからは 始まる

566 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:25:48 ID:Eb2fR+WJ0
>>560
さきほどまで、妙な奴に粘着されたが、
あれも工作員の一味だったのかな?

567 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:26:52 ID:+jL6QNh60
>>1-3
これはなんていう宗教の経典なんですか?

568 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:28:47 ID:2UrUs9lR0
足るを知るってことだよね。
いい文章だと素直に思う。

569 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:29:03 ID:br4llom60
>>566
なんか反応がおかしいよな。まともじゃない。この擁護していくやつら。

570 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:29:41 ID:oKWK0LwI0
>>1
新自由主義の強力な推進者日経さんとしては、まずマスゴミの規制を緩和する事、
完全自由化する事が必要と思うが、そこのところどうよw?
おかしなカルト的精神論に逃げてねえでその辺答えてちょw
人間に取って希望が一番モチベーションになるって事も知ってるよな?
四百四病の中で最悪なのは貧困って事も。
それが固定化されるんなら尚更だな。
絶望した人間がどうなるのかも知ってるよな?
規制緩和と言っても諮問会議や政府委員会のメンバーが
自分に都合の良いようにルールを変えて
我田引水して暴利を貪ってる事も知ってるよな?

規制緩和という悪夢
>「規制緩和」を例えるなら、大変危険な劇薬を患者に副作用をまったく知らせずに投与しよう
>としたのとおなじことです。医療の場合であれば、薬効について作用も副作用も、一人の患
>者に限って現れるでしょう。一人の患者がプラスとマイナス効果を得ることが出来るのです。
>しかし「規制緩和」の場合、問題なのは、プラスとマイナスの副作用が現れる場所が違うと言
>うことです。つまり、権力の決定機構に近い投資家、大手企業グループ、都市生活者といっ
>た集団は当面プラスの作用を受けます。しかし中流層をなしていたサラリーマンを含む勤労
>者、中小企業、地方生活者、年金生活者といった集団は、激流の中に放り出され、多くの
>人々が辛酸をなめることになるでしょう。いやなりつつあります。今のところ、日本の規制緩
>和という治療法は、プラスの作用が働くと思われる人々の手によって、一方的に決められて
>います。
>「要するに規制緩和とは、これまで公平な《アンパイア》のいたゲームから《アンパイア》を除
>いてしまうということだったのです。ゲームは混乱し、何でもありの世界になりました。ところ
>が多くの人々は「規制緩和」と言う言葉を経済学者が振りまいたとき、ルールが変わると言う
>ことに対して無自覚でした。皆が何となく良くなるという錯覚を持ったのです。結局そうした
>人々はゲームからはじき飛ばされ、得をしたのは、権力の中枢にいて、ルールブックが変わ
>る事を良く自覚していた一握りの人々でした。」

571 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:29:54 ID:jv94eBWE0
>>561
弱者いじめの政策が目白押しだが、
そんな中でも自民党の支持は崩れないんだよな。

小泉・竹中・経団連路線はいい加減、方向転換してもらいたいもんだが。

572 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:30:03 ID:dQOiGcOA0
あぁ、戦争をしろということか

573 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:31:07 ID:HqT3HdXw0
「足るを知る」事は大事だと思う。
自らの環境を省みずに自分は不幸だといい続けるものには確かに永遠に幸せはやってこないだろう。

だが、だからといって強くするために積極的に痛みを強いて良い訳ではない。
スポーツや教育の世界では既にそのようなトレーニング方法は時代遅れだとされているし
国が国民に対してそのような事は行うのであればそれは社会福祉に反していると言えるだろう。
故に>>1の「幸福論」については同意しても、それ以外のすべての部分においては全く同意しない。
指示も出来ない。

まぁ俺はそれなりにハッピーだがな。

574 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:33:00 ID:gm2j52Mm0
PCと両親と命くらいしか失うものがないんですが・・・
色々失ってもうこれ以上無理。
1を得るのに10も失ったら意味がなくね?

575 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:34:04 ID:oKWK0LwI0
新自由主義・市場原理主義 フリードマン死去

> 市場原理主義の支配する世界というのは初めから結論ありき。「市場は完璧なんだ。ゴタ
>ゴタ言うな。問答無用!」です。「話し合い」などという「不効率」なステップは彼らの辞書には
>必要ないといえるでしょう。フリードマンの主著に『選択の自由』というのがありますが、市場
>原理主義が支配する世の中は実際には官僚と投機家たちの独断と専横がまかり通る世
>界。父母たちの意見を無視して強引に民営化されようとしている保育園のように、民意によ
>る選択の余地などないのです。

> 日本では今もフリードマンの遺産の猛威が吹き荒れているといえるのですが、フリードマン
>とその弟子たち(シカゴ・ボーイズ)が直接手塩にかけて市場原理主義改革を推進し、略奪
>と生活破壊の限りを尽くした南米諸国では、もはや「フリードマン」という名前は「ピノチェト」と
>並んで呪われた意味しか持たないようになっています。(私のブログのこの記事参照)
> 晩年のフリードマンは、自らの教説に従って市場原理主義を遂行したアルゼンチン経済が
>崩壊し、南米諸国がこぞって市場原理主義に「No」を突きつけ、次々に左派政権に代わっ
>いく様子をどんな思いで眺めていたのでしょうか?
> 願わくば、フリードマンにはもう少し長生きしてもらって、自分の理論が完全に博物館行き
>になるその日を目撃してもらいたかったようにも思えます。

> 今、アメリカの産業的、金融的資本が市場原理主義を武器として、世界の多くの国々の自
>然、社会、文化、そして人間を破壊しつつある。市場原理主義は、儲けることを人生最大の
>目的として、倫理的、社会的、人間的な営為を軽んじる生きざまを良しとする考え方である。
>宇井さんが、その生涯を通じてもっとも嫌悪し、闘ってきた、人間として最低の生きざまであ
>る。この市場原理主義が、小泉政権の下で、日本に全面的に輸入され、社会の非倫理化、
>社会的靱帯の解体、文化の俗悪化、そして人間関係自体の崩壊をもたらしつつある

576 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:34:09 ID:KW08FraZ0
日本人の自殺が多いのは自虐教育の成果だよ。
「収入が少ないのは自己責任です」と言われたら納得して死んでしまう。
共産党革命起こして政府ぶっつぶす!くらいの元気があればいいんだが、
左翼日教組が日本人に叩き込んだ自虐教育を自民党に逆利用されちゃったからねえ…

577 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:34:46 ID:jv94eBWE0
一般労働者が賃金下がっているのに
なぜか小泉に熱狂してしまったのが全ての元凶だろ。

安倍さんはこれを変えてくれるかと思ったら、大して変わってないみたいだし。

578 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:35:04 ID:QsWQj19H0
でも>>247>>295などの意見も同意したくなるな

このご時勢に宋氏の論説は理想論に近いものがあるかもしれない
生きる原動力を述べるなら、今の日本の異常なる自殺者の数も同時に説明してくれよ
4人に1人が鬱症状を呈していると言われる現状を説明してくれよ

生きる意味について語れるのは、そこから再び獲得することの出来た人間だけ
こういう意見が重視されて賞賛されるということは、再起不能な状態に陥った人間の意見が淘汰される恐れがある
失いっぱなしで物理的あるいは社会的に抹消された人間の意見にこそ耳を傾けてくれ
「失敗にこそ学べ」というのであれば敗者からの意見を拾い上げてくれ

579 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:36:16 ID:KW08FraZ0
>577
小泉は、痛みをともなう改革を、と言った。
安倍は、常に痛みがある状態に慣れてください、と言っている。
そして自殺は止まらない。

580 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:36:45 ID:Eb2fR+WJ0
>>576
>左翼日教組が日本人に叩き込んだ自虐教育を自民党に逆利用されちゃったからねえ…

その好例として、奥谷の「過労死は甘え」という暴言があるわけだな。

581 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:37:39 ID:+jL6QNh60
>>1-3
これなんて宗教の経典?

582 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:38:13 ID:br4llom60
>>1の寓話の教えは

「感謝の精神がないものは幸福を知らない」

という意味なんだが、これをこの人は「失って幸福を知った」という風に
変な解釈をしてるから、最後まで頓珍漢なまま驀進していってるのよ。

「感謝の精神がないと幸福になれませんよ。日本は恵まれているじ
ゃないですか。途上国を見てください。みんな貧乏にあえいでいます。
それに感謝しましょう。」

ですませば良いところを、失うことが幸福を知ることだ。と寓話の意味を
捉え間違えてるから、根本的な解釈の仕方を間違えてるから、最後の
結論まで意味が分からないことを言ってる。

で、この人の世界の解釈の仕方、人間の解釈の仕方は様々なところで
根本的に頓珍漢な捉え方をしていて、自殺する人間は日本人が感謝
の精神が足りないからだ。というとらえかたをしているわけだ。

人間がいくら物質的なものをもっていても、それで精神的に満たされる
わけではないことをこの人は全く理解していないという点でも、この人は
非常に頓珍漢な人であることが分かる。

583 :      :2007/06/26(火) 12:38:14 ID:NariIYo90
行為をすべてお金に換金しすぎたからなぁ
美人でスタイルが良くて
聡明じゃないと幸せになれません

は、嘘だろ!と大声でいえない日本

584 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:38:57 ID:oKWK0LwI0
>>1
明らかに政治のせいっす。
ありがとやんした。
某政治家と一緒で責任転嫁体質が骨の髄まで身に付いちゃてるなw
某政治家の親友みのは親友である政治家をかばうあまり年金問題を全部国民のせいにしちゃったしなw
おまいら日経も似た体質になっちゃったな。
もしかしてみんなあっちの血が入ってるw?ご同胞?

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C03180.HTML
   項 目         最近の統計(2005年)  小泉政権前(2000年)  変化率
 生活保護受給世帯数    1,041,508世帯     751,303世帯      39%増
生活保護受給高齢者世帯数  451,962世帯     341,196世帯      32%増
  母子・父子世帯数      4,105,000世帯    3,578,000世帯       15%増
 貯蓄なし世帯の比率       23.8%       12.4%          11%増
  非正規社員の割合      32.3%        26.0%           6%増
一般労働者の総実労働時間   169.0時間      153.8時間        10%増
   ホームレス数       25,296人       20,451人        24%増
   自己破産総数       184,422件      145,207件       27%増
  重要犯罪認知件数      20,388件        18,281件       12%増
   児童虐待件数        34,472件        17,725件       94%増
   全世帯年間収入       645万円        721万円      76万円減
    婚姻件数         714,265件       798,138件        11%減

585 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:40:12 ID:jv94eBWE0
>>579
自殺も増えてるし、
30代のメンヘルや鬱も増えているし、
少子化・晩婚化で子供も作られなくなっている。

いまの日本は、やばい状況にあるな。

586 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:42:32 ID:RH4KFT/c0
>>568
その一行で済むのにどこがいい文章だよ。
神に訴えたら無償で願いを叶えてくれて幸せになったとか冒頭からバカかと思ったよ。

587 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:43:56 ID:jv94eBWE0
>>586
エッセイなんてそんなものだろ。
テーマや結論は大抵一行で済む。

588 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:44:52 ID:TD9IgC96O
自殺者の遺族には見せたくないな、この理想論は。

589 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:46:06 ID:+vGTGCzDO
>>1の話を聞いて思うのは、
自殺に追い込まれる心理は体感したものではないと理解し難いという事

深く狭い穴の底にいて、それが世界のすべてなんだと
感じている感覚は向こう岸から見ていてはわからないのでしょう

590 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:46:25 ID:XFhJXl2J0
アメリカ在住。
妻の同僚が日本人の俺に質問を持ってきた。「日本では年間3万人も自殺者がいるというニュースを聞いたが、原因は?」と。
俺の答えは、
1、宗教観。逆にアメリカでそれ程の自殺者がいないのはキリスト教の倫理観に助けられてるが故では?
2、敗者復活のきかない社会。
3、家族、友人、仕事仲間以外のコミュニティーの欠如。

結構適切な答えかな?
だが、いったい日本に対してどんな疑問を持ったのかね・・

591 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:46:39 ID:KW08FraZ0
今日日本テレビで高島忠男の鬱闘病記があるな。必見。

592 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:47:15 ID:oKWK0LwI0
結局、日本の国益の為、日本人の為の改革じゃないしな。
湯田屋系害資とその子分=鮮人資本・カルト資本の為の改革だし。

>外資が日本でボロ儲けしているのは、ゴルフ場ビジネスに限らない。日本の「不良債権処理」を利
>用して、あらゆる業種で日本を食い尽くしている。
>米リップルウッドが、破綻処理した長銀を、わずか10億円の元手で買収し、4年後に再上場させて
>一夜にして2300億円の利益を手にしたのは有名な話だが、同じようなことがアチコチで起きている。
>「ハゲタカ外資は日本の至るところに星条旗≠掲げ、土地、ビル、企業、レジャ―施
>設・・・・・・・・・・と日本の富を次々に手に入れています。小泉首相と竹中大臣が改革≠ニ称して
>不良債権という屍≠市場に放出しているため、格好のエサ場になっているのです。都心の一
>等地は、凄まじい勢いで外資に買われている。外資が都心で物色した不動産は、ざっと4兆円規
>模。最近は名古屋、福岡という地方の中核都市にまで触手を伸ばし始めている。ハゲタカ外資に
>とって、不良債権ビジネスは本当においしい商売。不良債権サマサマでしょう」(経済ジャ―ナリスト・小泉深氏)
>一説に、米国にかすめ取られた日本の富は「400兆円」とされる。
>それにしても、この「不良債権ビジネス」の構図は犯罪的じゃないか。もともと不良債権をつくった
>のは銀行である。ハゲタカに大儲けさせた元凶は銀行にある。なのに、その銀行は「国民の税金」
>と「低金利政策」で救済され、空前の営業利益をあげている。
>「小泉・竹中コンビが進めている不良債権処理は疑問だらけです。日本人が築いた資産を、ひた
>すら外資に提供する結果になっている。実は、いまビジネスマンの間で『拒否できない日本』(文春
>新書)という本が引っ張りだこになっている。米国政府が毎年、日本政府に突き付けている『年次改
>革要望書』の存在を明らかにし、日本の変化を描いている。なんと『建築基準法』や『商法の改正』
>『公取委の規制強化』・・・・・・あらゆる改革≠ェ米国の要望どおりに進み、米国の国益につな
>がっているとリポ―トしているのです。小泉・竹中ラインは、最初から外資に儲けさせるつもりで不
>良債権処理を進めた疑いがあります」(民間シンクタンク研究員)

593 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:48:14 ID:vVoift8g0
自殺する人、自殺を考える人、みんな自分で選択しています。
瀬戸際の人は、相談ください。簡単な事です。

594 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:48:39 ID:N5MtTbS60
道理で金持ちが弱者の痛みを分からない訳だ
「金が無いのは努力が足りない、自己責任だから(プッ」しか言わないもんな

595 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:48:43 ID:KW08FraZ0
>590
アメリカは自殺する前に銃で殺人を犯すから、が抜けてるよ。
自分に対する攻撃衝動が自殺で、他者に向けられると殺人になるの。

596 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:52:02 ID:tS8aE0okO
子供がグレるぞ

597 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:52:40 ID:oKWK0LwI0
日経の本音w
シンスゴの「ようやく奴隷の地位から開放された」発言は意味深だよな。

在日エリートが語った日本侵略の裏話!
http://plaza.rakuten.co.jp/marinhpp/diary/200605230001/
>あのさ、おれも君たちの大嫌いな在日だが。在日3世。 別に嫌われようが何されようがこっちはど
>うでもいいよ 日本という国における楽して稼げる職業(パチンコ)は在日・帰化人が握ってるし(笑)
>金あるから在日でも日本人女とやりまくり。さらにはレイプしても全然バレない。
>あと数年で日本の参政権も取得できるし(爆) 俺達はもうお前達みたいに毎日毎日職業とか将来
>とか金の心配なんかしなくていいんだよ

>バックに総連や創価学会がついてるし、働かなくても行政から金入ってくるしねw今俺達が考えて
>るのはもっと大きいこと。 いかにしてこの日本という国をボコボコにいじめ抜いてやるか、ってこと。
>つまり、日本の中に、俺たち朝鮮人、韓国人の血を増やして在日を増やす。
>んで日本人を少数派にしてその日本人をいじめたおす。んでこの国を乗っ取る。 今はもうその最
>終段階に入ってるわけ。平和ボケした危機感ゼロのお間抜け日本人は気づいてないが例えば韓
>流ブーム。あれは在日が作ったって知ってる? あれだけ大規模なブームを作れるくらい、もう日本
>の中で在日の力は最強なんだよ。 自分達を地獄に導いてるとも知らずに毎日毎日テレビで韓国
>をヨイショしてくれる日本人 。
>韓流ブームのお陰で在日や韓国人へのマイナスイメージがプラスイメージになった。そして日本人
>が韓国人や在日と結婚する数も圧倒的に多くなった。 つまりもうあと30年で日本は完全に在日主
>体の社会になるよ。たった100万人に満たない在日に使われる1億人の日本人 
>お前ら糞日本人に一生地獄の生活を見せてやるよ!

598 :      :2007/06/26(火) 12:52:44 ID:NariIYo90
土建国家なのに社会ストックが
少ないのが痛いよなぁ。
昭和の時代は家業を継いだり
して都会以外でも質素な生活が出来たらしいが。

古いアパートはDQNと外国人の巣窟だしな。
社会ストックは
なんやかんやいっても欧州はうまくいっていると
おもう。成り立ちや風土が違うけどね。

599 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:53:04 ID:Bll0vQmW0
脚下の幸せ・・だな。
宗教じみてきて、なんか怖いよ。

さんざん景気回復を煽っておいて、いっぽうでこれか。
この提灯新聞は

600 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:53:21 ID:dGYIhKzQ0
つまり、お前達は幸せなんだから
これからも(俺達が搾取し続けても)
頑張って(納税やサビ残をして)くれ。

そして
世の中には、お前達よりも不幸せな人が
いっぱい いるのだから
(俺達、権力者の事は忘れて)
今の生活に満足するようにしなければならない

と言いたいわけだろ
寝言は寝てから言え

601 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:53:50 ID:KW08FraZ0
折り紙をちぎられたとき、この子供は
「大人になったらこいつ頃す」と決意しただろうな

602 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:53:57 ID:swHez16T0
最終的には精神論に持っていくわけだなw
ま、分かってたことだが。

603 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:55:41 ID:NsrQggPj0
失うのはいいが、失い続けると死ぬ

604 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:56:56 ID:Bll0vQmW0
>>602
冗談でそういう未来予想したことあるけど
なんか本気臭いよ。日経がこういう記事出してると

605 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:57:00 ID:dGYIhKzQ0

    三晋晋晋晋晋晋晋,
   晋晋晋晋晋晋晋晋晋晋三,  
   晋晋三 '晋晋晋晋晋晋晋晋i  
  晋晋晋   ' ̄ ̄三晋晋晋晋'  
  晋晋晋          三晋晋    
  晋晋 I   ◆  ‖ ◆   三晋   これだってみんな民主党が悪いからだ
  I晋   ◆ /)  (\◆   晋   みんなみんな民主党のせいなんです
  丶,I ◆/● I  I ●\◆ i'i     自民党に責任は無いんです
   I │  // │ │ \_ゝ │ I      つまり自民党は無責任なんです 
   ヽ I    /│  │ヽ    I/     
    │   ノ (___) ヽ  │    皆さんは住民税の金額に一喜一憂せず 
    │    I     I    │    「逞しく生き抜く力」を持ってください 
     I    │    I    I     
     i    ├── ┤   │
     \  /   ̄  ヽ  ,/       
       ヽ_      'ノ   
みなさ〜ん 悪いのは全部 民主党!民主党ですよ〜〜〜 自由民主党は全然悪くありませ〜〜ん

606 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 12:57:57 ID:oKWK0LwI0
最近の唐突なマスゴミによるゴルフ人気煽りはやっぱり関係してるんだろうかねw?
ま、サラリーマンは以前と違ってそんな余裕は無いだろうけどねw
オリックスが全国のスキー場を買い叩いてるそうだから今年の冬はマスゴミによるスキー人気煽りが見られそうだしw
ま、若年層も貧困化でスキーどころじゃ無いだろうけどな。
え、その為の鮮人のビザ免除?
あ、そうそうその前に7月の温泉排水規制で温泉旅館は軒並み奴らのものになっちゃうね〜。
で、マスゴミで煽って温泉ブームを起こすw
こんなにわかり易い改革をどうして馬鹿ウヨは支持してるんだろうか?
嫌韓なのにねw

【日韓】 日本に‘韓国ゴルフ場’続々と誕生〜日本のゴルフ場を買収して運営するケースが増加 [11/23]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164277759/
【韓国】「日本国債」買いに走る韓国の資産家たち[01/29]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1170041994/
【社会】 「神社を潰す」 宮司を強迫し、神社乗っ取り。韓国人3人が新役員になり鳥居も撤去→神社本庁が
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166582426/
日本の富豪40人 消費者金融・パチンコ関係者が3割近く…米誌発表
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1118368195/
高額納税者、"不況に強い" パチンコや消費者金融経営者が名を連ねる
ttp://news2.2ch.net/newsplus/kako/1053/10530/1053052813.html
北核実験後も、韓国系と朝鮮総連系が事実上掌握するパチンコ業界大繁盛
ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1165226873/

607 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:03:19 ID:ERJwrLN+0
>>587
「1行で済むなら1行で済ませろよ」ってのが最近の考え方だよ。
噛み砕いて何かを得ようなんて発想はなくて、何でもただ消費して捨てることしか知らない。
それは物質に限った話じゃないんだよね、こういう「情報」に関してもそう。
全員じゃないんだけど、何も考えない人が多くなった。
これも「格差」なんだろうね。
馬鹿は無条件で搾取される側へ。

608 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:10:28 ID:wen/drKK0
宋文洲 の言ってることは要するに。
俺のような成功者はいい暮らしをして当然だが
おまいらのような、奴隷階級の低所得で屑のような日本人は生きているだけで幸せだと思え
ということですね。


どうすればこいつと、ソフトブレーンつぶすこと出来ますか?

609 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:10:44 ID:Eyxovx6V0
宗教色の強い話しって最終的にハッピーエンドにはならない話が多いよね。


610 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:12:26 ID:oKWK0LwI0
代替案

> 本日の『毎日新聞』の朝刊トップの記事によれば、消費者金融大手5社は借り手全員に生
>命保険を賭け、借り手の死亡によって債権を回収した例は2005年の一年間でじつに3万
>9880件にのぼるそうです。死亡者の内、半分以上の2万855人が「死因不明」で、死因が分
>かっている1万9025人の方々の19.2%の死因は「自殺」なのだそうです。「死因不明」の2万
>件のうち、半ば強制的に強いられた自殺(=私の定義では「殺人」)によって亡くなった方々
>はどれだけいるのでしょうか? これらの方々の無念さを思うと、今の政治に対する心の底
>からの怒りを禁じえません。日本もとてつもなく野蛮な資本主義になり果てましたね。

611 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:13:04 ID:Eb2fR+WJ0
>609
宗教にもよるんでないの?

612 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:14:39 ID:Fem+g/NU0
>>5
そうなんだよなー

613 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:17:03 ID:oKWK0LwI0
痛快力作 「ラテン・アメリカは警告する」
http://www.janjan.jp/world/0505/0505086791/1.php

>ラテン・アメリカの一部の国では、1970年代に新自由主義改革を行いました。特にアルゼ
>ンチンは1990年代にも同じ事を繰り返しました。そして、投機的ブーム、通貨危機、金融危
>機、対外債務危機、雇用と社会保障の脆弱化を招きました。
> アルゼンチンでは、1976年から新自由主義的改革が行われました。1980年から82年
>にかけ、通貨危機・金融危機に見まわれました。

> そして、歴史は繰り返し、1989年から金融と資本の自由化、貿易の自由化が断行され民
>営化も行われました。そして、事実上のドル本位制が導入され、金融政策も裁量がなくなり
>ました。この改革も2001年、通貨危機が起きて崩壊したのです。
> 今、小泉政府が行っている構造改革は、まさにラテン・アメリカが行った新自由主義改革
>と、ほぼ同じです。それは、アメリカを頂点としたグローバリゼーションを無条件に受け入れ
>るということです。資本の自由を極大に認める一方で、市民の自由は削り取られるという按
>配です。

> 1998年頃に一騒動あったMAI(多国間投資協定)は、まさにそうでしたが、MAI自体はつ
>ぶれたが、日本の小泉政府はそれを国内でしていると「総論」の中で内橋さんは言います。
> 日本でも、「構造改革」がさらに構造問題を生んでいます。例えば、日本では景気回復とい
>われているが、実際には、家計には及んでいない。規制緩和で賃下げが進んでいることもあ
>ります。家計分野から企業への「所得移転」の構造は、改革どころか深刻化しています。

> 日本の場合、経済全体の貯蓄が大きいために対外債務危機にはなりませんが、その代わ
>り、デフレ不況が深刻化しています。また、不良債権処理を進めたからといって、銀行の貸
>出しは増えるどころか減り、国債の購入が増えているというのは、日本とラテン・アメリカ共
>通であることを確認し興味深く思いました。

614 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:17:24 ID:wen/drKK0
消費者金融のほとんどが、在日朝鮮人企業です。
もう、戦争は起こっています。 銃や大砲は使わないですが、大量の戦死者を出しています
。敵は在日消費者金融。パチンコ。街宣右翼、やくざ 、売国政治家
平和的にやつらを追い込んでいきましょう。日本から追い出すための政策を考えていかないと。

615 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:25:33 ID:vWtEANEJ0
>>607
そんなロボットみたいな思考方法で楽しいか?
「1行で済むなら1行で済ませろよ」なんて完全な合理主義ビジネス的発想。
ビジネスでは正解だけど、価値観を伝えるエッセイに関しては的外れな批判。

616 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:27:05 ID:TlBQaial0
痔を失うとそりゃあ幸せだぞ

617 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:29:56 ID:rkAITNuG0
あ な た た ち は

生 き て い る だ け で 幸 せ で す

だ か ら 税 金 を 納 め て く だ さ い

618 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:31:30 ID:oKWK0LwI0
デフレ不況時に新自由主義改革やるのはキチガイの所業だ罠。
自滅行為、自壊行為だ罠。
失ったものは取り返せませんよ。
奴ら=害人は絶対に利権を手放しませんから。
経済のパイが大きくなれば新しい需要が出来てそこで生きる事も可能でしょうがね。
縮小するパイを強者に貪らせれば取り分は減る。
減るどころか一つも残りませんね。
寡占と独占が進んで消費者にも選択の自由さえなくなります。
独占企業になれば当然価格は自由に決められますからデフレも最悪の形で終わりますw
人件費は究極まで削られた上にね。

619 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:33:24 ID:ERJwrLN+0
>>615
おまいも、最初の1行だけじゃなくて、ちゃんと読めw

620 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:35:24 ID:oxb7ZhCT0
幸せにしてくれとも頼んでないし不幸にしてくれとも頼んでもない

621 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:35:57 ID:2nCnB6tdO
大切なものは悲しいほど脆い
失えばなんだって美しい

泣いてやろうぜ この不確かさに
やられる前にやれ 実弾握り締めてちゃ撃てない

622 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:37:24 ID:oxb7ZhCT0
しつけではなくイジメなんだよ
耳が痛いし止めてくれ
書き込みたくないんだよ

623 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:41:36 ID:br95P+e90
嗟呼、燕雀安知鴻鵠之志哉。
中国人にはまだ分からない深い挫折が世の中にはあるってことが分かるようになるまでいったいどれだけの時間が要るのだろうか。

624 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:43:32 ID:hzn+PeFq0
これ書いた日経の論説委員が
退職金と職を投げ打ってホームレスになるというなら
少しは信じてやるよ。

自分に出来ないことを、えらそうに説教垂れるなよ

625 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:44:00 ID:N9CY52fC0
他人から奪うのが基本ルールのゴリゴリの資本主義が蔓延する世の中で何寝言ほざいてんだ?このバカは。

626 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:46:34 ID:DdDT/fvR0
役人が年金を捨て年金を失って幸せを感じろってかw
逞しく生きろってか、ざけんな

627 :名無しさん@七周年:2007/06/26(火) 13:46:47 ID:YnXrpOhx0
仕事、健康などを失って自殺するわけだが
仕事、健康などを取り戻せた奴らは自殺しないだろ・・・

628 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:50:30 ID:OKxLM6Jx0
>>624
まあ、新聞屋だからなぁ。
政治や社会ネタでは朝日毎日がやり玉に挙げられるけど、
経団連絡みや商業では日経がぶっちぎりで言いっぱなしの無責任だし。

成果主義から「お一人様」まで。


629 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:54:41 ID:oxb7ZhCT0
結局追いこんで自殺させたいんだろ
これだけ嫌がらせしてもまだ足りないのか
笑い者にしてもまだ足りないのか
耳が痛くて寝れもしないんだよ

630 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:58:15 ID:L8hPRgivO
「失う」んじゃなくて、「足りない」ところから「得る」事に因る「幸せ感」だと思うのだが・・・。

「失う」時点で「絶望感」に押し潰されて自殺する人多数だと思われ。


631 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:58:20 ID:OWSaVS5dO
これ、前半は納得できるんだが後半めちゃくちゃだたなw

632 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 13:59:14 ID:+jL6QNh60
なんか「書いてるお前が失えよ」みたいなこと書いてる香具師多いけど、違うだろ。
この人はこれまでの人生ですでに多くのものを失って現在新聞社で物書きが出来てるんだろ。
多かれ少なかれみんな何かを失いつつ生きてるわけだ。

633 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:02:08 ID:KW08FraZ0
「奪っている」人間がいることへの言及が無い時点でだめだこれ。
搾取構造なんだから共産主義革命が起こってもおかしくないのに、
「幸せを感じろ」ってか。P.K.ディックの世界観だなw

634 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:02:37 ID:oKWK0LwI0
>>1
つうか日本の経済システム自体を
一番健全で一番強かった85年のプラザ合意以前に戻せばイイじゃね?
ほぼ完全雇用を実現、経済苦・生活苦による自殺者なんて数える程しかいなかった時代に。
それで居て競争力は他を圧倒してたな。


635 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:06:21 ID:OPLH3PeQ0
>>634

大佐どの、人口比率が高齢層に傾きすぎております。
ハッ、成る程、役立たずの老人どもを粛正せよとのご命令でありますか?

636 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:07:32 ID:ERJwrLN+0
こんなこと書いても共感するのは「足るを知ってる」人だけなわけで、
そういう意味で物書きとして失格だな。
知らない人に知らしめるだけの文章書いてこそプロってもんだろよ。

まあ、そもそもねらーは対象外だろうけどさw

637 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:08:01 ID:dqgjsHHrO
上様。

638 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:10:15 ID:wen/drKK0
競争原理主義の欠点は、競争激化による、商品の質、安全、の低下と失業不安による
生産力とモラルの低下をどうするかだよなあ・・・。
全然、良くなってるように思わん。同郷人だが竹中は嫌いだ。

639 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:10:39 ID:nrbY2aH10
>>1
セロテープがもったいないので子供を泣かせて済ませた。

まで読んだ。

640 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:12:22 ID:e7RkRRwvO
>1
貧乏物書きの心のオペアンプ乙。勝手に幸せに浸ってろ。

641 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:12:56 ID:oxb7ZhCT0
ノイローゼになりそうなんだよ
コントロールされた不幸も幸せもほしくないんだよ
そんなのが一番つまらんよ
一般人はそこまで他人に頼ってないよ

>>636
「足るを知ってる」ではなく「感謝を知ってる」だろ
そして感謝を知らないのは日本の勝ち組と言われる人
自分の努力でなったと思っている
謙虚さがないんだろ、宗教的な人は神や幸運に感謝するから他人に分け与えるボランティアをする




642 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:16:04 ID:eJOJuRwH0
倒産、失業、病気とか経験して天涯孤独の境地に追い込まれたことの
ない奴がこんな記事かいても全然説得力ねえわ。
怪しい宗教やってる奴の方がまだ言葉がうまいぞ。

643 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:16:22 ID:iPkkPF3F0
>>1
よういうわ、中国も自殺者は多いんだが。
数字になってないがね。

644 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:20:48 ID:oKWK0LwI0
ま、メディアが生活苦による自殺者の高止まりを正当化し、
政府・行政を擁護するようになりゃもう終りかな〜。
そこまでして米国主導の新自由主義改革にこだわるのは何故だ?
ひたすら自己保身の為か?
ジャーナリストの誇りや矜持はどうした?
何か別の大きな意図・企みがあるのか?
到底理解できんねこの責任転嫁と正当化の為の論理は。
カルトかおまいら日経は?


645 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:22:24 ID:70zdorTT0
アフリカの難民キャンプの空き缶もって食料配給に並んでいる人たちに
「あなたがたは失うものがないから幸せだね」って語りかけるのはOK

646 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:22:48 ID:PsnD4jLe0
「まだ死んだ方がマシか?」
「いえ、生きている方が楽しいです」
「よし、訓練終り」

647 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:23:10 ID:OyZPYcKA0
ぶっちゃけ自分の国を捨てて外国でウハウハしている成金だ。
在日コリアンもそうだけど、自国が苦しいとき体制が厳しいときに
国を見捨てて日本でで「日本の戦争責任」を盾に取りながら、
好き勝手に生きているうえに日本を批判する奴って蛆虫以下だな。

>1963年6月中国山東省生まれ。84年中国・東北大学を卒業後、
>日本に国費留学する。90年北海道大学大学院工学研究科を修了。
>天安門事件で帰国を断念し、日本で就職したが、勤務先が倒産。
>92年ソフト販売会社のソフトブレーンを創業し、代表取締役社長に就任、
>99年2月代表取締役会長に。
>2000年12月に東証マザーズ上場、2005年6月に東証1部上場を果たす。
>2006年1月代表権を返上し取締役会長に、
>同年8月31日、「もう1人の社長」「陰の実力者にならない」として、
>取締役会長を辞任し、マネージメント・アドバイザーに就任する

648 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:23:13 ID:4ThwfF5B0
>>644
日経といえば

ドコモ2.0の広告を翼賛していた二日前

649 :マジにDQNだなこいつ:2007/06/26(火) 14:33:05 ID:x++bKtDa0
日本の自殺者はバブル崩壊と共に急増しているんだけど??
なにが日本の敗戦は必要だっただwwwwwwwwwwwwwwww
シナがアメリカと結託して原爆2発ぶちこんだくせに。
中国に帰りな。幸せを感じられる中国に帰らずなんで豊かな日本にいるんだ?

>バブル崩壊後の10年は、「失われた10年」だと言います。確かにそうかもしれませ
>んが、しかし、それは必要だったと思います。多くの人々が同意しないかもしれませんが、この
>10年間で日本の社会は透明性を高め、環境に目覚め、国際化が進み、経済指標では表現
>できない社会の高度化を成し遂げたのです。


650 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:35:10 ID:jDbG3KJb0
>>643
それじゃ反論にならない

651 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:39:17 ID:EXGnekOB0
つか、日本が環境にめざめた(?)とは別にバブル関係ないんだけど。
高度成長期の後の公害問題に取り組んだのはバブルよりずっと前だぞ。
あと、省エネ技術が完成したのも73年のオイルショックから。
国際化が進みってなに? 日本の海外進出は60年代からだけど。
この中国人のいう国際化ってのはアメリカ式の会計システムの取り入れのことか?
つか、殆どの大企業が国営の中国を避けて日本で中国との価格差、
つまり自分の国で農民戸籍で縛られている現代の奴隷を利用して、
企業を大きくしてきた人だよね。なんか言ってることとやってることが
はちゃめちゃだな。綺麗ごとほざいて乙。

652 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:39:30 ID:oxb7ZhCT0
今より良い生活を得るために一般人は努力している
その努力の方向が間違ってる場合もあるけど

別にアメリカ型でも良いんだよ
でもその場合は勝ち組こそ謙虚で社会に分け与えないといけないんだよ

>>1の文だと
金持ちが一般人に「身のほどをわきまえろ」と発言してるようにもとれるし

653 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:41:32 ID:+6zyCA+/0
嫌中厨が顔真っ赤でファイヤーしているスレですねwww

654 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:42:44 ID:EXGnekOB0
嫌中になるほど、中国を意識してないけどな。
毒入り風邪薬を輸出するような国は、日本と同じ土俵だと思ってないし。

655 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:42:44 ID:OPLH3PeQ0
まあニートがインターネットでクダを巻いていられるのは十分幸せな国で
はあろう。食えなくて犯罪者になるわけでも餓死するわけでもなし。

656 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:43:56 ID:amoUQ1730
地雷を踏まれて焦る中国人たちw

657 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:45:51 ID:oxb7ZhCT0
MSCBをして株価を17000ぐらいまで落として投資家に大損させ
「株主であることだけで感謝しなければいけない、お金ではない幸福に気付いただろ」と発言したい
冗談です

本当はもう書き込みしたくないんだよ
何をさせたいのかわからんしほっといてほしい


658 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:46:15 ID:ctXMzPUh0
44歳で引退するほど金持ちになったけど、
祖国に帰国する気は毛頭ないって文章だな。>>1

659 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 14:55:17 ID:VG/OJz5O0
1がちっとも幸せそうに見えない件について。

660 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:09:58 ID:C0I6rto00
>>1
大学生が書いた下手な論文みたいだな。
>その折り紙を破って紙屑を我が子に渡しました。
わが子を黙らすために大切なものを引き裂くなんて最低。
てめーが子供の人生判断してんじゃねーよ、って感じだ。

661 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:12:46 ID:1HCDZwSp0

むしろ日本はあの戦争で勝つべきだった。
日本はあまりにも多くの物を失いすぎてしまった。
そうするしかないから持ち前のバイタリティーでもう一度這い上がってきただけで、敗戦のお陰で日本がよい国になったなんて事はない。
例え完全勝利はなくとも、せめて引き分けてアメリカの暴走を止めることが出来る国になるべきだった。
そうすれば日本人のみならず、世界中がもっと幸せになれたはず。

662 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:17:30 ID:4MbIskkK0
>>652
>でもその場合は勝ち組こそ謙虚で社会に分け与えないといけないんだよ

だから、これはアメリカ型じゃない。
アメリカの寄付は、税金対策でやってるだけで、
世界中で一番の弱肉強食国だ


663 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:19:32 ID:/uCG/SVA0
北チョンの官僚>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>日本のワープア
これが実態

664 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:21:47 ID:77669S2r0
>>49
おお…いいこといってるなお前!

665 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:22:13 ID:zBTEFhE70
まあ、社会が成熟したってのは事実だと思うよ。
明治や昭和初期ならどうにもならん農家の次男坊みたいなのは、
軍隊に行ってドンパチやって死んでたわけだし。

今の社会はそういう切捨て装置を社会として持ってないから、
全体が抱えて下がるしかなくなる。

今はまだ下層がきちんと教育を受けた世代だから秩序がまだあるけど、
そのうち政治経済、教育に暗い影を落として、
社会が切り捨てにかかるだろうな。

666 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:27:55 ID:DIwsOemC0
>1
>些細なことで自殺する今日の日本には

死ぬ原因は皆違います。
それを些細なことでひとくくりにしてしまうような人間は
記者としてモノを書く資格はありません。

自己満足に陥っていませんか?>1

667 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:28:22 ID:77669S2r0
しかしいい話だと思うけど、

その神様をいつ俺に会わせてくれるんだ?
できれば明日までに頼むわ。

668 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:30:06 ID:2gnOmxU20
3行で読む気無くした

669 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:33:35 ID:7LG85j4f0
>>650
なってるだろうがw 

670 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:39:02 ID:rLkP5Tgs0
なんつーかな…お前らってほんとしょーもない存在だな。
心底呆れさせてもらいました。意図的かどうか知らないけど驚くまでの読解力の低さと的外れ加減。
2chなんてもう見ててもしょうがないね。こんなアホの集団なんかお笑いにもならん。

671 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:39:32 ID:7LG85j4f0
単発IDっておんなじことしか書かないよね

672 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:43:12 ID:oKWK0LwI0
>>1
貧すれば鈍す
四百四病の中で最悪なのは貧困
人間のモチベーションは格差や貧困じゃ無しに将来に対する希望から産まれる。
完全に固定化されたら意味無いんだよ。
それに企業利益が上がっても国民にちっとも還元されないってのもおかしな話しで。
害人株主の顔色伺って膨大な配当金を支払ってるだけじゃん。
ソニーなんぞ次世代半導体の開発を断念せざるを得なかったしな。
大量に米国債抱えてるんだから持ち合い解消なんか延期すりゃよかったんだよ。
国民に還元され無い構造にしたのは日本政府。
そのせいで大勢自殺してる。
米のご機嫌より自国の国民の生活や生命を大事にしろや、売国奴どもめ。
それともおまいらも勝共や層化やなりすまし工作員か?
自国民が死んで喜んだり肯定したりしてんじゃねえよ。

673 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:46:37 ID:oKWK0LwI0
>>1
トヨタや北洋銀行がバブル崩壊の影響を受けなかったのは
そもそも何故かバブル政策に乗らなかったからだな。
多くの日本企業は負の遺産を背負わされたが。
何故、国策と言ってもイイバブル政策に乗らなかったのは謎だ。
北洋銀行と言えば、鮮人資本とも関係の深い金融機関だな。
こう書くと陰謀論臭くなるけどな。

674 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:49:09 ID:dgLrj1fX0
一番最初の例えの文章を
青年=自殺者、子供
神=政府、会社、宋文洲
に読み替えると面白くなる

まあ、現実には神は最後に何にもくれんどころか、さらに奪ってるがなw

675 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:51:03 ID:o+GoYLbh0
与えられる環境が当たり前だと思っていると
その環境を維持するのにどれだけの労力と資金が掛かっているかなんて
考えもしない
というわけで社会に出て初めて親の苦労を理解することができる
日本が住み辛いと言うのならば、海外で生活すればいい
当然現地で仕事を探して糧を得るんだ、そうすれば日本が理解できるかもな

676 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 15:51:15 ID:oKWK0LwI0
>>1
それからな、先の見えない不況が15年以上続いてるんだから
さすがの日本人も疲れてダメになって行く罠。
儲かってるのは輸出型大企業が殆どだしな。
国内企業の殆どが未だ赤字だ。
そりゃ〜これだけデフレ不況が長く続けば反発力も無くす罠。
国内景気を盛り上げて火を付ける政策が必要なんだが
ひたすら内需=個人消費軽視、外需頼みの政策だしな。
それじゃ元気も出ねえよ。
それに失ったものは全部害資の手に渡ってるしな。
名目GDP=経済のパイの大きさは変わらないから取り分は残ってねえし。
要するに害人と米国の為の改革でしたと言えよ。

677 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 16:09:23 ID:KW08FraZ0
>1
「もっと給料をくれ」というリーマンをクビにして失業者にしました。
派遣として再雇用したら涙を流して喜びました。
つうことだな。

678 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 16:15:43 ID:Jf7cJiNs0
不幸になるも幸せになるも全て本人の責任だな。
環境のせいで、あいつのせいで、俺は幸せになれないって言うんなら
一生文句垂れてろって話だわ。

679 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 16:17:40 ID:OKxLM6Jx0
>>677
不況を理由にたくさんの若者ははじめから職を与えられませんでした。
不憫に思ったケイダンレンという神様たちは、
「法律をいじってハケンという仕事に就きやすくした。
3年我慢すれば正社員にもなれるよ、ヒヒヒ」と言いました。



680 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 16:24:46 ID:hC5jeivHO
ソフトブレーンの会長だっけ

681 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 16:46:38 ID:xZCyGRxe0
日本人の場合は常に他人との相対的な位置関係を考えて空気読んで生きる様に
子供の頃から叩きこまれるからな。絶対値でなく常に相対値で他人と自分の
人生を比較して悩む。ある種の日本人特有の苦悩が生きる上で常に付き纏う。
これこそが自殺大国の原因ではないだろうか。

682 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 17:15:09 ID:sKx60Ejq0
空腹は最高のスパイスだから餓死しろ・・・じゃ駄目だろうがw
自殺するってのは、失うのレベルが試練レベルを超えてるって事だと思うのだが。

683 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 17:32:28 ID:OGO0Xxop0
これってニュース???

どろろ丸φ▲▲★

684 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 17:38:17 ID:vnceqcV10
>>666
思い込みで書いてるのは明白だから、読む価値はないよな。

685 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 18:21:17 ID:Niba/Tr70
でも神様なんて実際居ないから、失ったものは帰ってくるはずも無く
青年は老人になり孤独死

686 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 18:38:15 ID:RH4KFT/c0
何もかも毟り取っていく悪魔みたいな人間は溢れかえっているがな。

687 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 18:41:22 ID:lloHegoQ0
奴隷は搾取されても幸せだと思え、というお話でした

688 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 18:42:08 ID:Wddb6yUz0
これはさすがに気持ち悪いな

689 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 19:08:24 ID:WssOjLrY0
失うことによる「幸せ感」って『あの時はよかった』という類のものだから
事実と反して美化される傾向が強くて健全な指向じゃないんだよね。

690 :庶民だけに耐える心を植えつける:2007/06/26(火) 19:15:06 ID:olXephZ50
★首相 損得を超える価値教育を

・政府が最重要法案と位置づける教育再生関連法案は参議院の文教科学委員会で審議が始まり、
 安倍総理大臣は「道徳や公共の精神といった損得を超える価値を身に付けてもらえる教育を
 行いたい」と述べ、子どもたちに高い規範意識を身に付けさせたいという考えを示しました。
 http://www3.nhk.or.jp/knews/news/2007/05/22/t20070522000163.html

691 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 19:18:57 ID:S98+MZgJ0
神様、仏様が何か与えてくれたことなんてねぇだろw
お布施、財務、人間からむしりとってばかりw

692 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 19:43:19 ID:KoZDoOxAO
同じパンを食べても、マズいという人もいれば、美味しいという人もいる。

自分が今居ることは奇跡なんだよ。
両親、さらまた上の両親、さらにまた上の両親、一人でも欠けていたら自分は生まれてこなかった。
目が見えなくても足がなくても、現世に居られること。これ以上幸せなことはない。

自分は思う。人生は勉強だと。歳を重ねれば、精神的にも成熟し、穏やかになっていく。
そういう方向性を求めないでただ何も気づかないで生きているやつはアホだと。

693 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 19:46:55 ID:rD49rQoI0
>>692
それは生物なら虫でも
両親、さらまた上の両親、さらにまた上の両親、一匹でも欠けていたらその虫は生まれてこなかったんだから。

694 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 19:54:21 ID:Hhi/VWV20
このコラムを批判してる連中、お前ら本気ですか??

特に>>670みたいなレス
「単発IDって同じことしか書かないよね」

バカじゃねえの????お前らのあまりの酷さにあきれてんだよ。
読解力がないとか、知性が足りないとかそういうレベルじゃない。
「中国人」っていうだけで思考停止して、「失う」っていう言葉に
過剰反応して、「幸せ感」っていう言葉の揚げ足を取る。

このコラムはまさにお前らみたいな連中にあてて書いてあるって事がわからないのか??

2chってここまでひどかったっけ。最近特に劣化が激しい気がするんだが。

695 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 19:57:37 ID:fUUEa6aG0
>694
このコラムって評価に値するのか?
中国人関係なくダメコラムだろ

696 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 19:58:47 ID:Hhi/VWV20
>>693
虫どころか、ビルも道路も車も全てだよ。
存在している全てが色んな条件の中重なり合って、自分が存在している。
こんな奇跡ないね。自分を形作っているのは全て周りの環境のおかげ。

「幸せ」とか「豊か」っていうのはほんとに考え方次第でいくらでも
なれると思うんだけどな。

批判・陰謀・自己正当化が大好きな2chの多くの連中にもわかってほしいわ。まったく。

697 :名無しさん@七周年:2007/06/26(火) 19:59:26 ID:hGUpjGMl0
お前らも失った口か

698 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 20:02:59 ID:Hhi/VWV20
>>695
あのさ、もし、もしな、お前が「ダメコラム」とする理由が、
「文章が読みにくい」とか、「論点が明確ではない」とか
そういうテクニックのお話なら、あまりに悲しすぎるから勘弁してな。

そうじゃなくて、「幸せ」とは?という事に関して筆者が考えている事を
お前が「全然違う」と思っているなら、それはなぜなのか教えてほしい。
多分残念な受け止め方をしていると思うから。

699 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 20:05:47 ID:Hhi/VWV20
>>695
特にこの一節をよーく読んで理解したらいいと思うよ。現代文のテストだと思って(笑

「幸せを与える」という表現があるものの、その言葉の本来の意味は、幸せを感じる力のある人
に対して、その条件を与えるという意味です。幸せ自体は本人の心で感じ取り、そして解釈する
ものです。

パン1つで幸せになれる人には、パンを与えることで幸せを与えることになります。冒頭の青年
に家族も才能も金銭も与えても幸せになれない理由は彼には幸せになる心がないからです。
神が彼にその心を持たせるために、彼に失う経験を与えたのです。

何を言わんとしているのか、理解できるはずだから。

700 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 20:23:36 ID:GfQul+uy0
>>692
老人が人格的に熟成して穏やかになるものだ
というのは幼稚な思い込み

701 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 20:27:58 ID:CQlQGnFm0
>>695
みたいな脊髄反射でしかレスできない奴がいると思うと情けなくなるね。どちらかという
とありふれた「幸福論」の一つに過ぎず、叩くほどひどいコラムではない。積極的に子
供に喪失体験をさせるという点は新鮮かもしれないが。ただこれとて、「ペットの効用」として、「幼児に於ては子を守り、長じては子の友となり、死して命の有限性を
自覚させる」なんていう言のバリエーションと言えなくもない。



702 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 20:47:17 ID:CY9KB8kk0
>>692
句読点が気持ち悪い

人生だの勉強だの語る前に病気治せ

703 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:01:14 ID:+G8ob+MqO
>>1
「貴方に幸せをことさら説く人がいたら話よりもまずその人の格好や
持っている財を見なさい。それが貴方より貧しければその話には
一片の価値があるので慎んで拝聴するべきです。しかし、貴方より
富める者ならばその話を聞くふりだけにし、決して実行してはなりません
何故なら、その富める者の財は貴方みたいな方を騙して築いてきた物だからです」

704 :こんにゃくエックス:2007/06/26(火) 21:05:05 ID:VV7B9PwB0
要は日々マイナスを払うことだろ、意識的に。
そうしていれば、プラスの奢りを打ち消すことになるし
まわりに利益を与えるから見返りもある。

10貰った人は11も12もマイナスを払わないと
幸せを実感できないのに対し、1しか貰って無い
人は、2払えば幸せになれるが、やり方は同じ。
ただ、圧力が違うだけ。

だから、賢い人=乞食的な人は
最初からプラスを貰わない選択をする。
それとか、大金持ちでも賢い人は莫大な寄付を
する。これによって
自分が持っているプラスを打ち消してマイナスに
することで、プラスを呼び寄せる。

まぁ、美輪さんの本を読めってこった。

705 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:07:26 ID:lbfbtp+c0
>>25
> この生こそ地獄だ

だから「あの世」とやらを考えるんだね。
そして「あの世」を利用した商売(=宗教)も昔からありました。

706 :こんにゃくエックス:2007/06/26(火) 21:10:58 ID:VV7B9PwB0
例えば、かなり貧乏な人でも、運良く
家庭を持てたとする。そうして、その幸せを
心一杯に味わって他人にも見せつけて
いつもいつも心の中で転がしてまわって
味わいまくるとする。そうしたら他人に
それが伝わって、マイナスを呼び寄せる。
そうじゃなく、幸せをなるべくベロベロ味わわずに
自分の持っている余裕の部分を
恵まれない人に渡せば、今の生活を維持できるし
他人から助けてもらえる。

俺の身近な人に我が強い人がいる。
考えたいことをとことん考えて、味わいまくり
他人にも言いたいことを言う。そんな
利益利益の人からは他人も運もなにもかもが
遠ざかっていって死ぬ。

707 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:14:34 ID:jXJ1vvCB0
こんにゃくって、口汚くて粗暴な輩と思っていたが、案外まともな認識も
持っているとか。


708 :こんにゃくエックス:2007/06/26(火) 21:15:10 ID:VV7B9PwB0
今、生きているという事実はまぁ神様がしたこと。
それについて、あれこれと考えること自体、
利益を貰っていること。この世が天国だとか地獄だとか
そんなこと考えること自体が自分勝手で不遜だと
思わないかね。行為には必ずマイナスが付随してくる。
思考は大きな行為であり、それをただ自分の為だけに
幸せを嘗め尽くす為だけにするのであれば、
必ず不幸せになる。五体、貰っているのだから
体を動かして何か利益を生み出すなり、他人の為に
働くなり、出来るはず。ただ、自分の我の為だけに
考え事をしまくると、必ず、体を壊して死ぬ。
そりゃ助けたく無い他人は助けなくていいよ。
それが自然の流れだからね。でも、助けるべき
他人や自然があるから、それに対して頑張るべき。

709 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:15:20 ID:u9Sqn5i2O
思春期の少年が書いた恥ずかしいポエムみたい

710 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:18:33 ID:GzcvRE8A0
>紹介する価値ありと思い、敢えてスレ立てしました

ねーよw
どこらへんがN速なのか?
時事でもないし。
それにここにいるやつらは誰も説教は求めていない。
子育板(あるのか知らないがw)にでも立てたほうがよい。




711 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:19:03 ID:Me8yW80E0
シナ猪の上から目線が限りなくキモい。そういうことは、
同じ猪相手に言え。日本からはよ出てけ!

712 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:19:15 ID:/44xW6kPO
取り戻すことが前提な件

713 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:26:02 ID:hwVh+DHf0
ただの自慰文じゃね
アホラシ

714 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:27:24 ID:U8aQd9Q60
安月給で朝から晩までこき使われてくそ高い税金取られて
生活はぜんぜんよくなんねえ、どこが快適な社会だよ。

日経社員さまにはさぞ快適なんでしょうけどね!

715 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:31:08 ID:hwVh+DHf0
山の上からザー汁かけんじゃねぇよ

716 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:35:16 ID:Eb2fR+WJ0
>ID:Hhi/VWV20さん

君の言わんとすることは、よくわかる。
だが宋氏の言い方は、やはり稚拙と言わざるを得ない。
「失うことが生存力を高める」と一般化することには、かなりの無理がある。

昔の日本人も似たようなことを言っただろう。
だが昔と今では大きく異なる点がある。
それは伝統的な宗教観(道徳観)の喪失だ。
社会的なコンセンサスと言ってもよい。

当時の社会にも、様々な問題があったことは事実だが、
それが生きることそのものに、価値を与えていたんだ。

人は言葉の理屈だけでは納得しない。
いまや日本は片一方では拝金&享楽主義、
もう片方ではスピリチュアルだとか細木だとかの、オカルト主義。
つまり今の日本は、ニヒリズムが横行する世の中だ。
安易な言葉は、かえって逆効果になるだけだ。


717 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:40:23 ID:OKxLM6Jx0
>>1
これよく考えたら、若い時の失恋ぐらいなら、
スレタイ通りでもまあ納得できるかも知れない。
あくまでその程度というか。

風俗やらの豊かさにおぼれていないで、失恋も大事とかなら、意味分かる。


718 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:48:05 ID:1aRB9bmDO
>>713
そして主張も明確じゃない


で?具体的にどないせぇと?
分析と解説ならガキでもできる

719 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:50:43 ID:/JYLrg0dO
宋文洲さんはまず自分の国の人肉食という美しい習慣から考察して下さい。
本当にありがとうございました

720 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:53:52 ID:RH4KFT/c0
だから薄っぺらいってばよ、自殺と結び付けるには。


721 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:54:27 ID:iIpi63OdO
幸せって自分じゃなくて、誰かを喜ばせる事ができた時感じるんじゃないかな

722 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 21:55:59 ID:kFOUkh170
幸せを手に入れるんじゃない
幸せを感じ取ることのできる心を手に入れるんじゃ

723 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:02:38 ID:Mrat6/ad0
奴隷のような扱いを受けても、幸せを感じられるような心かな。


724 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:04:26 ID:OKxLM6Jx0
>>723
自由を失っても自分たちの鎖を自慢しあうような幸せ感か。

725 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:09:40 ID:y5gWBpb00
>>721
確かに。
漏れも、>>1の考えには賛同で、ささいなことにも幸せを感じることができる。
ただ、周りの奴からは、なんでそんなことで喜べるの?単純w幸せな奴wwwとバカにされる。
仕舞には、お前だけ幸せそうでムカつくとキれられたこともある。

自分だけ幸せを味わうことは自己中心的な考えなのだろう

726 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:18:23 ID:CZRQwUJS0
>>701
確かに701の文章力よりはましなコラムかとw
こんなコラムをありがたがってちゃ丸出駄目夫君だ

727 :ガムはグリコでチョコは明治です:2007/06/26(火) 22:19:42 ID:oqmWkNzs0
>>1

どっちに向いてのコラムかで、評価がガラリと変わる内容ですね。
自らや上に向けてのコラムならば、なるほどと思えます。
一般市民に向かってなら・・・ ( ゚д゚)、ペッ

728 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:38:34 ID:OUMfxYX70
日本に来るシナ人特有の表現だな。この説教調w

その前に、てめえの国の暴動を何とかしたらどうだ?

729 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:38:34 ID:CZRQwUJS0
コラムの翻訳は正確なん?
日本にちょっかいかける前にやることがあるだろうにw

730 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:39:23 ID:Lvet7T830
自殺者は圧倒的に貧乏人に多いわけだが

731 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:40:20 ID:nzwtYmfH0
拉致家族に同じことが言えるのか?

732 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:42:18 ID:OKxLM6Jx0
以前本人がブログで「見下しているようなことは全くない」って言ってた。
真偽は確かめようもないけど、まあそうかなとも思える。
ただ、同様に
「立場の違い(国籍など)を生かした書き方でないと意味がない」
「一瞬びっくりしたり腹が立つような内容で目に付かせる」
みたいなことも言ってた。
正直それを上回る稚拙さがあるような気がするけどな。

2chで批判的な反応が出るのはもっともなこと。
「レス乞食」の典型的手口だから。

733 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:46:31 ID:GvM8xtQt0
民間防衛  あらゆる危険から身をまもる
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4562036672.html

スイスの敵国が、スイスを攻撃する方法や策略 / 「民間防衛」より引用 P249
■あるいは、 分裂したスイスは降伏する。

 敵は、われわれの抵抗意思を挫く。
 敵は、国民と政府との間に意見の隔たりを生むような種をまく。
 敵は、攻撃準備ができている。
 敵は、われわれの息の根を止める。
 万事休す。

■あるいは、 団結したスイスは、敵を退け、自らの運命の主人としての地位を維持する。

 われわれの抵抗意思を挫かれないようにしよう。
 国民と政府は団結を保つ。
 われわれは防衛の準備が出来ている。
 攻撃には反撃で応ずる。
 われわれは、敵に乗じられないように戦う。
 われわれは他国に追随しない。
 スイスは自由と独立を維持する。

734 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:51:48 ID:kIbU8Yho0
>>694
前の方でヨブ記をあげている人がいたし、脊髄反射でコピペする連中ばっかりでも
ないのでは?
おれはまだ2ちゃんに希望を持っている。

735 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:52:23 ID:hIXTuZnF0
自殺云々いってるけどさ。
今まさに失っている状態で、
これから取り返せえる希望がない所か、
もっと酷くなるであろう人間が自殺するんじゃねーのかな。

これから得れば幸せを感じられますよって言っても
「ふざけるな!」としか言いようがないだろ。


取り返せるくらいの不幸にある人に言う分には良いが。

736 :こんにゃくエックス:2007/06/26(火) 22:53:58 ID:VV7B9PwB0
精髄反射の厨房にマジレスしてる馬鹿がいてワラタ

737 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:54:45 ID:Mt+d7BBb0
日本人は内に篭るからな。考えすぎるんだよ。


738 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 22:59:23 ID:CZRQwUJS0
>>736
http://stick.newsplus.jp/id.cgi?bbs=newsplus&word=%20ID:VV7B9PwB0
「前はニートしていましたが今は無職です」「飽食金持ち市ね」かー
 おまえ大変だなぁ

739 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:00:43 ID:Hhi/VWV20
>>716
理解してくれてありがとう。
>人は言葉の理屈だけでは納得しない。
いまや日本は片一方では拝金&享楽主義、
もう片方ではスピリチュアルだとか細木だとかの、オカルト主義。
つまり今の日本は、ニヒリズムが横行する世の中だ。
安易な言葉は、かえって逆効果になるだけだ。

俺もそう思うよ。でも人間は常に言葉で伝えていく事しかできない。
そしてその伝わり方は人によって幾通りにも変わらざるをえない。
少なくとも、このコラムの内容を曲解しようと思えばいくらでもできる。
特に>>726とか>>727のように
「これはあくまで他人事であって俺には関係ない」
「このコラムはこういうところがおかしい。表現はこうあるべき」
「こういう人が聞いたら(見たら)こう思うんじゃないか」
なんて考えてしまう、評論家的な人間が多い事が非常に悲しいよ。

どんな駄文だろうと、どんな子供だろうと、どんな大人だろうと、
伝えようとしている事を汲み取って理解して、自分の糧にしようと
する努力を怠っちゃいかんと思うんだけどな。
そういう中からよい批判も出てくるし、共感も生まれる。

批判精神が強いのは素晴らしいことだけど、その批判力さえも稚拙な
批判に終始している最近の2chはちょっと悲しすぎるね。



740 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:00:58 ID:GvM8xtQt0
民間防衛  あらゆる危険から身をまもる
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4562036672.html

スイスの敵国が、スイスを攻撃する方法や策略 / 「民間防衛」より引用 P254
■危機に瀕しているスイスに、人を惑わす女神の甘い誘いの声が届く (朝日新聞、毎日新聞、ゲンダイ、TBS、テロ朝、NHK・・)
 全体主義国の新聞、テレビ、ラジオは、毎日、われわれに、忠告や、激励や、脅迫を繰り返す。例えばもしも、われわれが全体主義国に
味方すれば、彼らは何の不自由もないようにわれわれを助けてくれるだろうと言ったり、またわれわれが同盟を結べば、その日からわれわ
れの状態は改善されるだろうと約束したり、そうかと思うと、もしも、われわれが先方の申し入れを黙殺すれば、最悪の災難が降りかかるだ
ろうと脅迫したりする。

■心理戦に対する抵抗 (産経新聞、読売新聞、チャンネル桜、安全保障チャンネル、ポリス・チャンネル、『諸君!』、『正論』・・)
国の各層を代表する者数十名の人々が、昨日あるところで集会を開き、集まった全ての者が持つあらゆる知識を総動員して、スイスの現状、
及び、これに対してスイス政府がとるべき対処策について、討論をたたかわした。
その結果、彼らは全会一致で、目下の種々の問題について注意を促すため、連邦内閣に書簡を送ることに決定した。これらの問題の中には、
スイス全国の種々の報道機関に関する問題も含まれている。この書簡に署名した50人の人々は、スイスの報道機関が、スイス国民に迫って
いる種々の危険に対してあまりに無関心であるとして、報道機関全体を批判している。全体主義国の構成にたいする報道機関の確固たる態度
こそ、われわれにとって大切なのであり、連邦内閣はこの問題について十分注意を払う必要がある。
スイス連邦法務警察長官は、直ちに記者会見を行い、大部分のスイス新聞の示している模範的な態度を賞賛するとともに、わが国民に対して、
スイスのあらゆる財産、価値あるものを、引き続き保護するため最大の努力を払う胸を約束した。さらに、長官は、スイスの全報道機関こそ、
スイスの独立と自由を守るための戦いの第一線に立つべきであると述べた。

741 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:02:28 ID:WMzLUJrg0
自民党の国策でしょ?
毎年3万人

742 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:03:46 ID:CZRQwUJS0
>>716
http://stick.newsplus.jp/id.cgi?bbs=newsplus&word=%20ID:Hhi/VWV20
これ見ると、ID:Hhi/VWV20は自分の馬鹿を自覚している
ほっといてやればいいっての

743 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:10:45 ID:Hhi/VWV20
>>742
天才現るだな。

コミュニケーション能力が低いと苦労するぞ^^
リアルもwebも変わんねえからな。

744 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:12:40 ID:BHaqpu180
> 何回か「帰ったらすぐセロテープを探してあげる」と慰めても泣きやまないため、僕は最後の
> 方法を使いました。その折り紙を破って紙屑を我が子に渡しました。子供はしばらく大泣きしま
> したが、その後は落ち着き「セロテープ」と言わなくなりました。

単にキレたのを後づけで理屈にしたとしか思えないwwwww

745 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:12:50 ID:QGLeQhcM0
>>1
話があまりに単純明快でワロタ。これは頓知話か?

746 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:14:59 ID:V74YCdh/0
>>1
ナイスギャグ

747 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:15:11 ID:GvM8xtQt0
民間防衛  あらゆる危険から身をまもる
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4562036672.html

スイスの敵国が、スイスを攻撃する方法や策略 / 「民間防衛」より引用 P258
■政府の権威を失墜させようとする策謀
・連邦警察によって押収された秘密報告書の抜萃:
われわれのグループは、いつでも行動に移れる態勢にある。この国の経済省長官に関する調査は、すでに完全なものとなった。
計画は次のように運ぶつもりである。われわれはもっともらしくみえるだろう。すなわち、連邦内閣のある有力な男はわれわれと共
謀していることにされるのだ。その結果、失業者を救済するためにこの男が用意した法案は、われわれが巻き起こす騒ぎの中で、
かならず否決されることになるだろう。
われわれは、われわれと同調する相当数の新聞記者を利用する。その記者の中には、われわれが作った文書を信ずる者も出てく
るだろう。われわれの組織の相当数の者は、最も重要な新聞社から二流新聞の編集局にまで入り込んでいる。
われわれの組織の一員が、わが陣営に引き入れた連邦議会議員の秘書と連絡をとることに成功した。われわれは、彼を事件に引
き込み、そして、スパイ行為を行ったとして、彼を非難することにする。
また、スキャンダルの材料も周到に用意した。このスキャンダルを、スイスのあらゆる地方に同時に知れ渡らせるつもりである。

敵国の攻撃に対する、スイスの回避策 / 「民間防衛」より引用 P259
■それにもかかわらず、国民と政府は一致団結している
 新聞、出版物、ラジオ及びテレビは、このような心理戦争の段階に於いては、まさに決定的な役割を果たすものである。そのため、
敵は、編集部門の主要な個所に食い込もうとする。われわれ国民はこれに警戒を怠ってはならない。敵を擁護する新聞、国外から
来た者を擁護する新聞は、相手にしてはならない。われわれは、われわれの防衛意識を害するあらゆる宣伝に対して抗議しよう。

 混乱と敗北主義の挑発者どもは逮捕すべきであり、敵側の宣伝のために身を売った新聞は発行を差し止めるべきである。
侵略者のために有利になることを行った者は、その程度の如何を問わず、裏切者として、裁判にかけなければならない。

748 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:15:57 ID:CZRQwUJS0
>>743
なんでネットでコミュニケーション能力の有無を決めつけられる?
気は確かか?

749 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:18:48 ID:3UcK4fqX0
この記者、本当に大切な物を失ったことがないんだろうね。

750 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:20:34 ID:hIXTuZnF0
>>743
確かにwwwwww

本当に意図としてそうだとしても、このやり方はマズイ気がする。
失う事を経験させるのは良いと思うが、
実の親に助けを求めてるのに、この仕打ちうけたら性格歪みかねんぞ。

751 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:21:20 ID:SVkRK1gg0
読むのめんどくさいから読んでません

752 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:22:28 ID:CZRQwUJS0
>>リアルもwebも変わんねえからな。

リアルとwebが一体化した生活してないと出ない台詞だわな


753 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:24:11 ID:GvM8xtQt0
民間防衛  あらゆる危険から身をまもる
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4562036672.html

■政府の権威を失墜させるための策謀: スイスの敵国が、スイスを攻撃する方法や策略/「民間防衛」より引用 P260

 その工作とそれに伴う事態の推移:

  1月15日  幾つかの新聞は、経済省長官の国家に対する忠誠心を問題として取り上げる。
  1月18日  今や政府の実権を握る経済省長官に反対する痛烈なキャンペーンが始まる。
  1月20日  経済省長官は辞任を拒否する。幾つかの新聞は、彼を攻撃する文書に疑いを抱く記事を発表する。
  1月25日  X長官への攻撃が続く。彼の国家に対する忠誠心が問題化される。
  3月15日  X氏事件は再び大きくなる。彼の秘書がスパイ容疑で非難される。
  4月29日  社会進歩党の執行部はゼネストについて語る。
  4月30日  X氏ついに辞任。

 国民は、もはや、だれの言うことが正しくて、誰の言うことが間違っているのか、わからなくなる。全ての裁判官は現在疑いの目で見られている。何が起こるのかわからない。

■国民と政府は動揺しない: 敵国の攻撃に対する、スイスの回避策/「民間防衛」より引用 P261

  1月15日  連邦内閣は、全権を与えられているおかげで、失業及び買占めに対する有効な対策を実行し、スイスの安全を確保するため努力する。
  2月02日  社会進歩党の執行部は、この全権の行使に反対するデモを組織したが、失敗に終わった。国民は、このような悪徳スイス人によつデモを無視する。
  3月20日  好ましからざる外国人は国外退去のため国境へつれていかれる。
  6月21日  スイスの各大学都市の学生が、国の独立を守るためのデモを行った。
  7月04日  社会進歩党の議員による議会での議事妨害は、うまくいかない。
  9月14日  X長官に対して企てられた陰謀の主犯が逮捕され、多くの文書が押収された。
  9月19日  愛国者の諸団体が公式に会合。

 国民の信頼は不動。スイスは健全であり、いかなる犠牲でも払う用意がある。

754 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:26:36 ID:Hhi/VWV20
>>748
わざわざ教えてやらねえとわかんねえのか。
お前のレス見りゃコミュニケーション成り立ってないのが一目瞭然だから笑

相手の言わんとしている事を読み取る力が足りないって言ってんだろ。
俺の言わんとしている事読み取ってるか??読み取って

>>716
http://stick.newsplus.jp/id.cgi?bbs=newsplus&word=%20ID:Hhi/VWV20
これ見ると、ID:Hhi/VWV20は自分の馬鹿を自覚している
ほっといてやればいいっての

このレスか。だとしたらやっぱコミュニケーション能力低いな。残念ですが。


755 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:28:49 ID:G/CGOseM0
要は中国並みの貧しい国になれば幸せになれるって事か

スラム街の人や中国人自身も否定するわな。

756 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:31:48 ID:GvM8xtQt0
民間防衛  あらゆる危険から身をまもる
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4562036672.html

■内部分裂への道: 「民間防衛」より引用 P262

スイスと同様に全体主義諸国によって脅迫されているわれわれの隣国では、ついにクーデターが起こり、
侵略者に協力する政党が政権を握った。
外国勢力は、時を移さず、彼らの立場からの「秩序維持」のために行動を開始した。その結果、この外国
勢力がスイスの国境に迫ったのである。国境には、スイスの弱小な部隊しか駐留していなかったので、
偶発的な衝突が幾つか起こって国境は突破されそうになり、政府は、脅迫に屈して陳謝するのみだった。
政府は外国勢力の圧力に屈し、国家安全保障のための態勢の解体さえ命じた。
社会進歩党は、この措置を歓迎するとともに、隣国の占領国と軍事同盟条約を結ぶように圧力を加える。
スイスは分裂した。

■自らを守る決意をもっていれば: 敵国の攻撃に対する、スイスの回避策 / 「民間防衛」より引用 P263

われわれの隣国に起きた事件やこれまでに述べてきたもろもろのことは、注意深いスイス国民にとって幸い
な結果をもたらすであろう。つまり、危険が目前に迫ったことによって、これまでどっちつかずの態度でいた者
は、はっきりとした態度をとらざるを得ないことになり、また、スイス国民の精神的連帯感は刻一刻と強まって
いくのである。 今隣国に起こっている悲劇、すなわち、その国を支配し、その国の自由と独立の伝統をすべ
て破壊しつくす外国の侵略軍を、みずから招きいれた国の悲劇を目の前にして、これまで最も盲目的であった
ものも今や事態に目覚めるのである。全スイス国民は、若干の裏切者を除いて固い団結を誇っており、共通の
理想のためには死をかけて戦う用意がある。
ただちに発動される総動員令は、あらゆる代償を払っても抵抗するという固い決意を示すものとなるであろう。
全体主義諸国の元首からの脅迫状は、そのまま突き返されるであろうし、扇動者どもは、直ちにその破壊活動
を阻止され、裁判所に送られるであろう。われわれ国民の固い決意はここにおいても、また、わが国を救う。

757 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:32:25 ID:Hhi/VWV20
>>752
リアルでwebのビジネスやってるから言えるんだよ笑
ほんとに視野が狭いな。情けない。


758 :名無しさん@八周年:2007/06/26(火) 23:40:27 ID:GvM8xtQt0
民間防衛  あらゆる危険から身をまもる
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4562036672.html

■滅亡への道………   スイスの敵国が、スイスを攻撃する方法や策略 / 「民間防衛」より引用 P264

・次のようなことが起こり得る。
衰えたスイスでは工場、弾薬庫、高圧線に対して至る所で破壊が行われる。前線は極度に緊張している……
汽車が脱線する / 殺人が行われる /  敵は至る所に出没する。 /★殺人犯も裁判にかけられない。 ←光市母子惨殺事件
スパイ行為がしきりに行われ、すべての国民が互いに疑惑を抱く。 / 警察はもはや市民を頼りにできない
市民はテロリストの仕返しを恐れ彼らの側に立つ。 /敵は堂々とその組織をスイスに送り込む
わが国に出没するテロリストたちは、このために特に任命された指揮官の下で行動している。彼らは社会のあらゆる層に浸透し、
驚くべき大胆さで暗躍する。彼らの”平和のための戦い”は、全国に、混乱、恐怖、無秩序をまき散らす。
わが国の経済事情はますます悪化し国外からの政治的圧力が高まる。
このような危険な環境のもとで、われわれ国民の抵抗精神は衰えていく。

■法と秩序が保たれれば: 敵国の攻撃に対する、スイスの回避策 / 「民間防衛」より引用 P265
(政府が適切な手を打てば――)
総動員令が手際よく発動された。扇動工作員どもが軍隊内で逮捕され、直ちに軍事裁判にかけられた。連邦及び州の警察は、
精力的かつ敏速に行動し、われわれを取り巻いていたスパイ網は、すでに解体された。スパイは軍刑法に基づいて裁判される。
社会進歩党の党首及びその主な協力者が逮捕された。驚くべき破壊工作用の物資が押収された。その中には、多数の通信機
器、武器、爆弾類、制服などが含まれている。
テロ活動の全貌は、すでに検察庁の手中に知られている。法は、スパイと裏切者の取締りのために適用され、国民は、犯罪人
に対する裁判を信頼の念をもって見守る。嫌疑をかけられた多数の外国人が国外に追放された。 ← ★朝鮮総連

759 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 00:10:02 ID:pU4RRKv50
>>742
なるほど。

>>757
ID:Hhi/VWV20さん

最後にひとこと。
人間は、言葉でしか伝えていくことしか出来ないのは、君の言うとおりだ。
だからこそ言い方には注意するし、文章は何度も推敲する。
表現や言い回し、さらにその言葉を発する社会的・文化的背景等を、
十分に考慮しなければならないものだ。
子供の作文ならいざ知らず、自分の文章を見知らぬ人達に、
買って読んでもらうものならば、なおさらだ。
そしてそれが稚拙な駄文ならば、批判されてしかるべきことだ。




760 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 05:00:22 ID:1h9rTi7U0
>1
子供の心を分かっていないと思う。
子供の折り紙を理不尽に紙くずにしたら、
子供が成長したときに刺されると思う。
まあ、本人がそのつもりなら、何も言わんが。

コメントに採用されなかった文章を要約して書いておきます。

失うだけでは、幸福にはなれないと思います。

戦後、日本は沖縄をアメリカに占領され、北方領土を旧ソ連に占領されました。
現在、沖縄はアメリカから日本に返還され、北方領土はロシアに占領されたままです。
沖縄に行って、現地の人から話を聞いたのですが、沖縄では現地の人とアメリカ兵とは
良好な関係を築いており、年に一度、軍艦の近くで現地の人とアメリカ兵との交流会
(パーティー)が催されるとのことです。

一方、ロシアに占領されたままの北方領土では、あまりいい話を聞きませんね。

内政干渉とかも言われているみたいですが、次回は、在日特権とか
日本の歴史教育と中国の歴史教育とを取り上げて欲しいと思いました。

とまあ、こんな感じです。

自分で書いてて気付きましたが、
領土を共産主義勢力に占領されると二度と戻ってこないようです。
中国に媚を売る民主党の動きには、十分注意されたい。

761 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 05:13:47 ID:i/rHHkuc0

長年日本にいても、上から目線の「中国の大人(たいじん)」的な厭らしさがにじみ出てる文章だね

シメは自己正当化と賛辞だし


762 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 05:27:12 ID:7JKONNRV0
よろしい、では解説してやろうハンス。私が言った未来に現われる
『永遠の未成年者集団』というのは、もちろん、死ぬまで大人になりきれない
人間たち、ということだ。そんなことは、厳しい正常な社会ではありえない。
だからそうなる背景には、甘やかされた異常な社会が当然ある。その中で、
同じように大人になりきれない親に、愛玩動物のように育てられるため、
子どもも成人しても真の大人になれないのだ。

しかもハンス、それは人間の発育状況だけじゃないのだ。人類と社会の
あらゆることが、未来には、そのように両極端に分かれてしまうのだ。
たとえばカネだ。一方には腐るほど大量のカネを持ち、広く高価な土地を持ち、
労せずして限りなく肥っていく階級が現われる。貴族とか新しい中産階級とか
言ったのはその意味だ。だが少数の彼らが現われる一方、他方の極には、
何をどうやっても絶対に浮かび上がれない連中も現われるのだ。
それはカネだけの問題でもない。より正確にいえば、精神の問題だ。
限りなく心が豊かになっていく精神の貴族、精神の新しい中産階級が現われる半面、
支配者が笑えと言えば笑い、戦えといえば戦う『無知の大衆』『新しい奴隷』
も増えていくのだ。」

「人間だけではない。国もそうだ。恐ろしく豊かな、労せずして肥っていく国が
現われる。他方、何百年かかっても絶対に払いきれないほどの借金をかかえ、
水一杯すら容易に飲めない国も現われる。気候もそうだ。とほうもない旱魃や
熱波におそわれる国と、寒波や洪水におそわれる国が出る。
災害におそわれつづける地域と、楽園のような地域、人っ子一人いなくなる荒地と、
無数の人間が鼻をくっつけ合って生きる都会とが分かれる。

愛もそうだ。特定の男女にだけ、愛と肉体の快楽が集中する。一方、
一生に一度の真の愛も快楽も得られない男女も増える。
要するに、土地や金や支配力を得る者は、ますますそれを得、支配される者は
ますます支配されるだけになる。そうだハンス、それが未来なのだ。
私の見た未来だ。未来はそうなるのだ……

ヒトラー

763 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 05:36:57 ID:wqvylD+V0
>> 681
> 絶対値でなく常に相対値で他人と自分の
> 人生を比較して悩む。
経済国って言われる国の人たちは大概そうなんじゃない?
じゃなきゃ無駄に豪華な車やロレックスが世界中で売れる理由がつかない
空気嫁は植民地なしかつ単一民族の宿命

764 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 05:45:43 ID:5P13jEW90
訳:中国の属国にして弾圧するけど生きてるだけで有り難いと思いなさい

765 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 05:48:19 ID:5PgMa9tVO
あーそのまえに聞きたいんだが
おまえら、失ったら生きていけないってほど
大切なモノって、パッと答えられる?
答えられたら、その時点でソイツは幸せだよな

766 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:01:33 ID:UtuKMvpp0
失うことから全てははじまる

767 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:03:21 ID:IPfacv6W0
日本の場合、社会認識のみならず、教育制度も「失えない」制度になっている。
はみ出すことを忌避し、レールに乗せて子供を走らせる。護送船団だ。
高度経済成長下で確立されたレールの拡充は、しかしながら数年前から実際には通用しないものになった。
大学を出ると、途端にその先がない。
先が無いにも関わらず、相変わらずそのレールに乗せることを、止めない。

失えないまま大人になって、突然喪失を経験する。

768 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:05:33 ID:IPfacv6W0
>>765
紙とえんぴつと消しゴム。

769 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:06:53 ID:Smevd5cc0
失わないように勉強して経験して積み上げたものをゴッソリ持って行かれる
腐敗した力が崩して行った場合はどうするのだ?

770 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:12:56 ID:IPfacv6W0
>>739
本質を捉えようとすることを忌避するのは
一種の自己防御のような気がしないでもない。
勿体無いことではあるのだけれど、モロに影響を受けるのが
怖い場合も人にはある。
でも一所懸命話す人にとって、こういう聞き手の態度は、悲しい空しさを残すだろうな。

771 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:13:04 ID:ya64XuJI0
>>1は良い事を言ってるが哲学的であって現実的じゃない
失って終わりなのが現実。
失って与えてくれる神はどこにいるんだ?
どうしようもなくなって諦めて自殺するんだろ

772 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:17:42 ID:IPfacv6W0
>>771
失った後にそのまま死んでしまう人は
失った時の衝撃というか負のエネルギーが、本能としての生への渇望を上回ってしまった人なんじゃないかな。

>心理学者の研究によると、同じ程度の損得に対しては、得る時の快感よりも、失う時の不快感
>の方がはるかに高いそうです。つまり、我々の本能は失うことに対して、過剰に反応するのです。

>10を失うことを経験した人は5を失った時、動揺しないのです。動揺しないから冷静に学習でき、
>失う確率を下げながらチャレンジの回数を増やせるのです。これに時間を掛け算すれば大変な
>蓄積になります。

俺は、これは納得できるよ。



773 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:21:40 ID:IPfacv6W0
>>769
もう一度積み木を積んでみる。
今度は違うアプローチで。

774 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:23:31 ID:dPKKCooc0
>中国はアヘン戦争や文化大革命で多くを失ったからこそ、
>封建の陳腐から目が覚めたのでしょう。

今でも封建主義じゃねーか!!!!!


775 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:24:58 ID:IPfacv6W0
カルトや拝金主義と言うのは、実は80年代ごろ、
いやもうちょっと前くらいからあった。
ミスターマリックだとかそーいうやつが流行った頃。その延長線上にオウムがあった。

もうそういうのは、今は古くなってきてると思う。

776 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:27:14 ID:IPfacv6W0
>>774
しかも中国人、今物凄い物欲大盛だしねw
エネルギーやら食料やら、色々掻っ攫ってっちゃう。
オマケにその弊害で公害がでまくってて、尚且つ反省は全くしない。

お手上げw

777 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 06:52:49 ID:XuwUqbjI0
昔はブサイクのしょぼいロリビデオでもありががって高い値段でも払ってくれたのに
今は簡単に世界中のロリペドものが集められちゃうから商売上がったり
だから規制してまたやくざの資金源にしよーぜということだな

778 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 07:00:57 ID:pU4RRKv50
>>775
>もうそういうのは、今は古くなってきてると思う。

「そういうのは」な。
だが残念ながら、マスメディアによる再生産は続く。
背骨を失った民族の哀しさだな。


779 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 07:04:05 ID:vT1RRPri0
多くの自殺者や自殺志願者がもう生き続けるより死んだ方がマシ状態だという
ことを理解できなければいくら詭弁を述べたところで自殺者を減らすことなど
できんよ。

780 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 07:04:30 ID:IPfacv6W0
>>778
反応しているのは、マリック世代だと思うよ。
「千の風」然り、「スピリチュアル」然り・・・・。

781 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 07:20:20 ID:uxA4w2Zv0
自殺との絡みは同意しかねるが、この人とても大事でいい事言ってる。
心に留めておこう。

782 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 07:26:30 ID:bKphCU/G0
本人の意図はどうか知らんが、この手の話は、
御手洗や派遣業の社長が好んで引用しそうな話なのは間違いないな。

783 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 07:28:26 ID:AbnzQEj9O
小津の映画思い出してしまった。
家族の誰かが欠ける事による喪失と再生の物語。
東京物語があれほど世界で評価されるのは
単純で共有されるテーマだからだね。

784 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 07:30:31 ID:iDvm5sYm0
>>136
これを見る限り、病気を苦にした老人の自殺が圧倒的に多いわけだが

・自分が長く病に伏せることで家族に負担を掛けたくない
・自分の「死」を病院等に委ねてしまいたくない
・闘病生活うぜえwwwwwwwwww

等々

785 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 07:31:11 ID:wSKO90EQO
この人が忘れてるのは、失う物すら無い人が、
人として生きる尊厳すら失って死んでるって事。

786 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 07:57:02 ID:pU4RRKv50
>>780
マリック世代って、どのくらいかな。
30代半ば〜40代くらい「だけ」と言いたいのかな?
だとするとそれは間違いだよ。








787 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:04:06 ID:IPfacv6W0
>>786
少なくとも、「若い世代」じゃないよね。
だから「古い」と。
カルトに走った人が沢山出たのは、学生運動直後あたりじゃないかな?
唯物主義の反動でカルトに逝っちゃった人は多いんじゃないかと思う。

788 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:07:27 ID:mtZF/MSM0
>>784
名誉も評価も財産も人としての上下も、まずは生物としての身体が健康であってこそだからね
症状の苦しみは変わらないし、1ヵ月後に死ぬならロックフェラーもビルゲイツも鬱になる

自分の墓や葬式を誇ってもしょうがないし

789 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:19:15 ID:pU4RRKv50
>>787
いや、そうでもないよ。
それから学生運動直後の人達は、意外に反応してないよ。
さすがにそういうのには、懲り懲りなのかもしれないね。
そして何より注意するべきはね、今の日本全体の傾向として
モラルハザードがあるよね。これも実はオカルト主義が流行る時代の一面なんだ。
オカルトが流行っていること自体を問題視しているのではなく、
そうなる社会的背景があるということなんだよ。

790 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:32:36 ID:IPfacv6W0
>>789
モラルハザードが起こったのは学生運動が最高潮だった。
それから無関心が横行して、今がある。
「今」にモラルハザードの源泉はないよ。

>それから学生運動直後の人達は、意外に反応してないよ
カルト組織の代表者って大体団塊かその少し下でしょ。
「若い人が率先しているの図」を見たことがないよ。

791 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:32:37 ID:m8IKwGpl0
喪失した後に復活すれば幸せ感が生まれるけど
実際は喪失したままなんだよな
事故や重病から生還できない人が多すぎる

792 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:33:41 ID:Y6mA7qf50
獣って自殺しないよね.

793 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:35:06 ID:IPfacv6W0
拝金主義といえばバブル世代だしね。
なんでもかんでも、「ゆとり」に押し付けるのはよくないねw

794 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:43:17 ID:5MIMu/s5O
マリック世代って何だよwww
何でも世代つけて論じた気になってんじゃねーよw
電波www

795 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:46:47 ID:GyWMV9bi0

要するに「逞しく生き抜く力」ってのは支那畜みたいに「他人から奪う」力なのか?

今の世の中にのさばってるのは他人を踏み台にして殺してでも生き残ろうとする下種野郎どもだぜ。

ミートホープの一家を見てみろよ。

自殺する人間の方が道徳観念でいえば上じゃないか?



796 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:47:09 ID:E02ccjdP0
136 :名無しさん@八周年:2007/06/25(月) 21:22:04 ID:dmVDNL7P0
ふむ・・・この表が分かりやすいな。
ttp://www.t-pec.co.jp/mental/2002-08-4.htm

(特に無職の)自殺者が98年にいきなり跳ね上がったのは何故か、
その説明が欲しいところだ。


>>136
あなたは、まだまだお若い方なんでしょうね。
或いは、地方にお住まいだからでしょうか・・・。
1997年〜2000年の金融危機について知らないなんて。

797 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:48:38 ID:5MIMu/s5O
>>793
また池沼がいるな
バブルなんて一部地域だけのことなんだからそれを世代別とするのはおかしいだろ
みんなマスゴミとか言いつつマスゴミに一番踊らされてるよな

798 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:50:00 ID:IPfacv6W0
>>794
>マリック世代って何だよwww
一言で言うと、「おっさん、おばさん」かな?

カルトちっくなマスコミの番組に嵌る人たちの話なんだけど
「そういうのはもう古い」ってのが俺の主張なの。
若い連中には見向きされてないでしょ。

799 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:53:14 ID:IPfacv6W0
>>797
バブル現象が一部地域だけの現象・・・。
新説を見た。
もと大蔵省の元官僚もびっくりだろうなw

800 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:53:56 ID:AbnzQEj9O
モラル崩壊の源泉なんて何時だって今生きてる総ての人達で己だろ。
世代や社会のせいにしたところで虚しいだけなのに。

801 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:57:44 ID:NvWfPuDd0
病気になると些細なものでも綺麗に見えたりするもんだが
だからといって万人病気になれというわけにもいかんしなあ

802 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 08:58:27 ID:IPfacv6W0
>>800
風潮と言うのは流れてくるものだよ。
歴史というのはそれと共に変化してきた。

感化というものを馬鹿にしてはいけない。
「知らないうちに影響を受ける」ということは必ずある。
そんで、それを無防備に行っていると、カルトの格好のカモになったりもするんだよ。

803 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:01:16 ID:V494fFdV0
自殺が減らない理由は
日本では生より尊ぶべき死という概念・文化がずっと以前から存在し既に定着しているから。
もし将来的に自殺者を減らしたかったら忠臣蔵も自爆テロの話として美談としないことだ。
それが無理なら日本はそういう死の概念がある文化として納得する以外無い。

804 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:03:19 ID:XxZIt5+c0
こういう文章がいい文章とか言ってる奴ってゆとり脳だろ。

805 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:04:23 ID:AJbvAuYB0
関係ないけどさ。記者が
 >※ニュースでもなく、また長文論文ですが
 >紹介する価値ありと思い、敢えてスレ立てしました。
こんなことしていいのかね。
バイクオタの記者が「昔好きだったバイク」とか
鉄オタ記者が「D51を見てきた」とかのスレをた立ててもいいって事?
私のニュースや社説板があるのに、人がいるプラスで
スレ立てしたって意図が見え見えだし。

806 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:07:45 ID:V494fFdV0
>>798
マリックをカルトとして見ていたなら、お前は
・幼い
・頭が悪い
・手品を超能力と曲解して信じていた
このうちのどれか。

807 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:09:14 ID:IPfacv6W0
>>806
マリックを超能力者としてみてた人がカルト脳。

あれはマジックだ。

808 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:11:55 ID:IPfacv6W0
で、番組構成はあくまでカルトちっくだったでしょ。
今のスピリチュアルなんちゃらと同じ。天国の手紙とか言うやつとかね。
見ている年齢層はどっちも被ってると思う。

スピリチュアルなんちゃらとか、若い奴は見てないよ。

809 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:13:51 ID:V5Aj647Z0
なんで支那で自殺が多いのか、このバカは考えたことあるのか?

810 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:14:15 ID:KWy/Nxc00
久しく昼の世界に生きてないからなあ…

昼の世界が懐かしいなあ…

811 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:17:07 ID:zOnVflbX0
>>792
するよ。

812 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:18:00 ID:5MIMu/s5O
>>799
実際そうだろ
バブルの恩恵があったのは都会とかだけ
ど田舎はバブルの恩恵なんかないまま、以前と相変わらず仕事も殆んどないまま
それを日本全国バブルの恩恵があったとするのは無茶だろ
自分たちの見てきた部分だけを取り上げて全体に当てはめバブル世代がとか言ってんじゃねーよカス

バブルの恩恵受けてない連中に謝れや

813 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:20:07 ID:pU4RRKv50
>>790 >>798
>「若い人が率先しているの図」を見たことがないよ。
>若い連中には見向きされてないでしょ

それ全部、君の主張というか主観だよね。
そして、率先して皆で騒いでやっていなければ、
見向きもされていないはずだというのは、ちょっと違うよね。





814 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:21:28 ID:zOnVflbX0
たいそうな御託並べても、実際自分の行動の例が最後の
「娘の大切なもを親の強権で壊す」
だもの、全体的に意図がぼけてしまっているのは仕方ない。

815 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:21:31 ID:bHmvdo1/0
>>1
何この出来の悪い絵本

816 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:22:33 ID:ebRloz/SO
みんなの幸せのために死んでくる
オレ程度じゃクソほども幸せにならんと思うが

817 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:23:05 ID:5MIMu/s5O
>>808
おまえはカルト言いたいだけちゃうんか?

818 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:27:13 ID:y3K62VMBO
何かが根本的に違うような…

819 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:27:17 ID:aJ7BsWrhO
いいから宋は自分の国の心配してろよwww

820 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:28:28 ID:WOu5yNjRO
本当は死にたくないのに、「死ぬしかないから死ね死ね死ね」と
もう一人の自分が言ってる
死にはしないが死ぬ事ばかり考えてる

821 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:29:20 ID:IPfacv6W0
>>812
恩恵??
投資の加熱の問題と地価の問題であるのに、何を言ってるのかさっぱり。
地方が東京ほど地価が上がらなかったことを言ってるのかな?
でもその後、大蔵省の政策で暴落させられたんだよ。

>>813
ううん、代表者を見てみなよ、って話。

>そして、率先して皆で騒いでやっていなければ、
>見向きもされていないはずだというのは、ちょっと違うよね。
若い人が関心を示しているという客観的な状況を顕すものが無いのに、
「ある」とするのはおかしいと思う。
そしてそれは、80年代と比べると顕著に現れて、
「若者のカルトへの関心」が低くなっていると言えるよーになる。

822 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:30:44 ID:V494fFdV0
>>807
それがあんたぐらいでしょ、って言ってたのが分からなかったのか。
マリックをカルトとかそんな風に解釈すること自体まず聞かない。

823 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:32:33 ID:IPfacv6W0
>>817
80年代から眺めていくと、現代はカルトの流行は下火になっている最中、
と云いたい。

源泉を辿る「旅」って楽しいよ。
思想の源泉はとくに、今まで見えなかった歴史の別の面が現れてくるから。

824 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:33:20 ID:FBhtbokI0
小さな我が子と外出した時の出来事を思い出しました。子供が大事にしていた折り紙が少し
破れたため、「セロテープで直したい」とぐずりました。
何回か「帰ったらすぐセロテープを探してあげる」と慰めても泣きやまないため、僕は最後の
方法を使いました。その折り紙を破って紙屑を我が子に渡しました。子供はしばらく大泣きしま
したが、その後は落ち着き「セロテープ」と言わなくなりました。



これは子供にとって間違いなくトラウマ
案外こういうことは大人になっても根に持つよ

825 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:35:05 ID:IPfacv6W0
>>822
ああいう構成のものがウケた時代ってことなんだけど・・・。
ほかにもギボ愛子だとか織田無道とか居たな。
だんだん関心が低くなって無視されてったけど。

なんでそんなに躍起になっちゃうのか不思議だ。

826 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:35:11 ID:pU4RRKv50
>>808
>で、番組構成はあくまでカルトちっくだったでしょ。

そうかな?マジックショーってあんな感じだよ。
「神秘的だ!」「何かある!」「マリックさんは見えないものが見える!」
なんて思ってた人は、さすがにいないんじゃないかと・・・

そうだな、いろいろ議論したい気持ちはわかるんだけど、
君の言ってることは、すべてが君の主張であり、主観なんだよね。
そうなると議論ではなくて、自分の意見をぶつけているだけになってしまうんだ。




827 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:41:42 ID:IPfacv6W0
なんなんだろうw
>>775を見てもらえば判ると思うけど
ああいう構成のものが受けた時代ってことでマリックを出してきたのに。

828 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:44:08 ID:AbnzQEj9O
戦時体制だったら社会のモラルも上がるし生きることも切実な問いてして現れるさ。
そんな時代は望まないし他国にとっては醜悪そのものにしか映らんのも民族というもの。

829 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:44:50 ID:IPfacv6W0
>「そういうのは」な。
>だが残念ながら、マスメディアによる再生産は続く。
>背骨を失った民族の哀しさだな。

結局、これに反応しているのは、>>775で反応していた世代くらいのものだって話なのに。
若い世代にも流行っていることにしないと、何かマズイ事でもあるのかなw


830 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:53:52 ID:ma7exyi20
>>1
あのさ、一度失った国富、国民の富はもう2度と取り戻せない構造になりつつあるんだけど。
冷戦が終わって豚は肥らせてから食えの格言通り、米国がこの国を貪り食ってる、
国民の生き血を啜ってると言う状況じゃんw
今度は終戦後のように中国の赤化、冷戦の劇化と言う、日本に取ってラッキーな出来事は期待出来ない。
共産主義の防波堤、西側のショーウィンドウと言う役割はもう回って来ない。
米国とすれば貪り食って自国の延命をはかるだけ。
食い尽くせば捨てるだけ。
今度は、共産主義の防波堤として肥らせる必要性は無い訳だ。
終戦直後より、遥かに状況としては厳しい。
日本経済に対する恐怖感、畏怖感もあるしね。
抑えつけないとやられるって80年代に身に染みただろうし。
今度は徹底的に破壊され植民地化されるのは間違い無い。

831 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:53:59 ID:1TpSCb9Y0
>事故や重病から生還した人の話を聞くと、明確な共通点を感じます。それは生への喜びです。
>ただ生きているだけで、幸せなのです。生きていること自体が感謝すべき出来事なのです。

それで中国人はチベット人を断種して正当化しているわけだな。
奴隷だろうがなんだろうが生かされているだけありがたいだろうと言って。
紛っている。

832 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:56:23 ID:Ih8HFSlK0
>>1だけ読んで、SAWの話かと思ったw

833 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 09:58:21 ID:pU4RRKv50
>>823 >>829
どうも君は、自分の主張が世間の事実と言いたいようだね。

まず君は、若い世代が支持していないブームは「古い」とした。
だがそれはおかしいね。若い人の流行というのならわかるけど、
若い人が支持していなければ、流行ではないというのは、的外れだね。

そして、若い人が代表をしていなければ、若い人には見向きもされないと
考えなければならないものなのかな?
言い換えると、同世代の人が代表をつとめていなければ、
その世代には流行っていないと定義することになるよね。
君が言ってることがおかしいことは、いくらなんでもわかるよね?

>結局、これに反応しているのは、>>775で反応していた世代くらいのものだって話なのに

当たり前のことだけど、若い人で反応している人もいるし、いない人もいるよ。
君が主張する団塊世代の人は、むしろ反応が少ない。そういうのに懲り懲りなんだろう。
もちろん、なかには反応している人もいるだろう。
流行ってのは、全体主義のようになることとは違うよ。わかるよね。


834 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:00:31 ID:1TpSCb9Y0
>中国はアヘン戦争や文化大革命で多くを失ったからこそ、封建の陳腐から目が覚めたのでしょう。

貧しい農民から強制的に搾取して、故意に安い労働力とし、
それをテコに一部の人間が富める国、中国様のご都合が垣間見えますね。


835 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:07:24 ID:IPfacv6W0
>>833
俺は「それはもう古くなってきている」と言ったんだよ。
それを君は、「再生産されている」と言っているんであって。

>まず君は、若い世代が支持していないブームは「古い」とした。
違うよ。80年代と比べて下火になっている、と言っているんだよ。

>若い人が代表をしていなければ、若い人には見向きもされないと
>考えなければならないものなのかな?
そうだね。オウムなんかは「当時の若い人たち」が作っているわけだし。
何かおかしい?

客観性を一切示さずに居るのはあなたの方だよ。
「再生産されている状況がある」というなら、示してくれないと。
それとも、もう一定以上の年齢層にしか受けていない、ということに賛同してくれるのかな?

836 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:15:42 ID:1TpSCb9Y0
>>775は釣りでしょ
自分の目の前にある光景を何だと思うのだろうか?
なぜこのような場所が盛んに利用されると思うのか。
自己の権益保護に執着するタイプの人が、このような形の匿名掲示板を好むわけで。
つまり、カルト・拝金主義というのは現代が最も進行している状態だと考えるべき。
そうではなければ、君たちはなぜその他大勢に紛れるのを好むのか。

837 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:16:36 ID:hkuJcliw0
職を失って幸せニートになろうよ!

838 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:17:25 ID:FBhtbokI0
最近の若者は失うもなにも、まず失うものすら得られてないじゃないか

839 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:18:20 ID:pU4RRKv50
>>835
>それを君は、「再生産されている」と言っているんであって。

いや、再生産されてるじゃないか。TVや雑誌、ネットなどのメディアは見ないの?

>違うよ。80年代と比べて下火になっている、と言っているんだよ

以前の自分の発言をよく見てみなよ。
君の言う「マリック世代」とやらが、支持しているから「古い」と。

>そうだね。オウムなんかは「当時の若い人たち」が作っているわけだし。
>何かおかしい?

オウムの代表は麻原だよ。修行してた人達より古い世代じゃないか。

自分の主張が世の現実でなければならないというのは、ちょっと危険な思想だよ。
ある意味、カルト主義に陥っていると言えるね。






840 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:19:41 ID:AbnzQEj9O
うん、ここで一個人の感想に中国という国家を
負わせるような輩が社会や世代や政治の責任にするんだろう。
政治などは経済の舵取りぐらいやってくれればいいものを


841 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:21:21 ID:783yL2ZD0
「神々が」まで呼んだ

842 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:24:02 ID:pU4RRKv50
>>836
あるいはスレ潰し目的の、宋氏の信者かも。


843 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:24:12 ID:1TpSCb9Y0
そもそも>>1はニュースでもないこんな三文記事をなぜスレ立てするのか?
失うことが幸せ感を生む?どういう方向性だ?じゃあキャッポを剥奪されて、まずおまいが幸せになりなさい。

844 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:36:42 ID:1TpSCb9Y0
うーん感覚的に壊れたスレだな…
カルトの流行?カルトの浸透が進んでいるのが現代だろう。
無自覚なのがその証拠。根づいて来ているということだ。
これは表面ではないから怖ろしい。
拝金主義?そのままじゃないか。
自分が何らかの形で不利益を被らぬよう大勢に紛れる習性。
まさにカルトの潜在化だ。

845 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:42:02 ID:1GfPGNuu0
まあ足るを知れってことだな。

確かに強欲が渦巻いてるからな。
悪いことは人のせいにして、
「もっともっと」と求めるばかりの人が多いこと多いこと。

846 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:45:24 ID:bKijteO30
>>1をわかりやすく言うと自民は政権を失った方が「幸せ感」を生み「逞しく生き抜く力」を持つようになるということか。

847 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:56:58 ID:1TpSCb9Y0
全体主義というのは実は怖ろしいのですよ。
集団の中にいて、自分は周りと同じだと安堵する、これが標準なのだと錯覚する。
本来あるべき状態から知らぬ間に遠ざかる、しかし集団の中では標準的…
まさにカルトが蔓延する典型だ。

848 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 10:57:16 ID:RYjp87Tk0
>>5
サウジのニートが凄すぎ。あれを見ると日本は大したことない。

849 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:02:40 ID:1TpSCb9Y0
まさにオウムだな、失ったほうが幸せだ、全部お布施しなさいと。
カルト教団ってみな似たようなもんだよな、態の良い共産収奪組織。
金正日将軍様に奉仕する喜び組。

850 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:03:51 ID:Ek7GMO6u0
宋文洲が何か言うと必ず誉めだすやつがどこからともなく現れる

851 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:07:07 ID:6bXdqWOX0
年金記録を失ったのも幸せになるためだったんですね

852 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:12:14 ID:D1bITmxg0
日常の細かい事で経験してればいいんであって、こういう人が言うのは
税金2倍とか徴兵で右腕がふっとんだとか、そういう他人に都合の良い
超クリティカルな喪失を正当化しようとしているんだろう。
大した苦労も知らずにおおらかに育った人間の方が、実際はあらゆる面で
デキが良いよ。「ハングリー」という言葉を使ったヤツで、そういった超ボンボン
より何かしらの面で勝てる要素を持ったヤツなど一人も居なかった。
なぜか、「どうみてもハングリー、よく今まで生き残ッタスネ」みたいなオッサンは
ハングリーとか言わないのが面白い。どうみてもハングリーな経歴なのに纏う空気は
大学の先生らのそれと良く似ているのがなんともw

853 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:19:10 ID:AbnzQEj9O
こんな文章からカルトやら政治やらの話なるのが
ようわからん。
生きていくのに政治も他国もかんけーないよ。
甘ったれにしか思えん。、

854 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:19:18 ID:hFkBM5Dy0
失うのも幸せを手にするにも、大事なのはそのプロセスであって
プロセスによって180度違ってくる。
そこを無視してるなこのコラムは。

855 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:21:11 ID:Ek7GMO6u0
おまえの脳みそは甘え

856 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:22:45 ID:agMcfz/w0
>>854
それは間違い、
貧乏を知っている人間が金のありがたみを判るという簡単な話だ。

857 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:24:20 ID:pU4RRKv50
>>1
改めて酷い文章だと思う。

自分は「失うこと」のない安全な場所に居て、
大上段から大衆に「失え。されば幸あり」などと
講釈を垂れるその行為は、まさにカルトの親玉だ。

日経も怪しい奴に、怖い事書かせているな。
経済カルトの片棒を担ぐ気か?

858 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:26:28 ID:1GfPGNuu0
>>857
別にどこから言ってもいいんじゃないか?
「誰がどこから言うか」より「何を言うか」が問題なのだから。

859 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:27:32 ID:af/lnkI30
大きな喪失感を味わっている人間にわずかばかりの希望を与えると、その人は必死になってそれにすがり付きます。
この原理はカルト宗教等で、最も基本的な洗脳の手法として用いられているものです。

860 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:27:46 ID:AbnzQEj9O
>>857
自己矛盾乙

861 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:32:25 ID:IPfacv6W0
>>839
>いや、再生産されてるじゃないか。TVや雑誌、ネットなどのメディアは見ないの?
ん?だからそれ、同じ世代が読んでるでしょと。
若い世代に伝播して初めて「再生産」になるでしょ。

>君の言う「マリック世代」とやらが、支持しているから「古い」と。
80年代の時代ってことでミスターマリックを出してきたんだけど。で、それに熱中していた世代をマリック世代と。
古いでしょ。まさか若いとか言わないよね・・・。

>オウムの代表は麻原だよ。修行してた人達より古い世代じゃないか。

当時は若かったでしょうよ。あれも80年代の産物だし。

>自分の主張が世の現実でなければならないというのは、ちょっと危険な思想だよ。
この言葉、そのままそっくりお返しするね?
なんら客観的状況を提示せずに反論されても困るし。

862 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:34:22 ID:hFkBM5Dy0
>>856
ありがたみがわかっても、モラルや良識は育ちません。
ミートホープ社長みたいなの。

863 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:35:36 ID:IPfacv6W0
>>836
バブル、オウム、ムー(w、戦士症候群・・・。

現代にカルトと拝金主義があるのは、その前の時代の残滓だよ。
ぶっちゃけ、ゆとり世代よりも70年代後半から80年代あたりの「若者」の方が
ずっとDQNだと思う。


864 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:36:05 ID:qKSgQpW50
>>859
正社員になれるかも詐欺の事か?

865 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:43:08 ID:5DqWXft70
>>1の話しに否定的な意見がここまで多いのは何でだろ?
内容はごく当たり前の話でその辺の坊主だってこんな説教するじゃん。

866 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:44:02 ID:IPfacv6W0
>>865
なんでなんだろうね。俺もそれが凄く不思議。

まあ、中国のくだりのところは「ん?w」って思ったけども。

867 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:44:43 ID:6bXdqWOX0
>856
・日本で自殺が多い点にからめている
・著者が中国人
・折り紙のエピソードがDQN

868 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:52:47 ID:96PZ+pEQ0
お前らみんな損出して幸せになってくれ
俺は不幸せ担当するから

869 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:54:04 ID:5DqWXft70
>>866
まぁ中国の例えは文化が違うからちょっとアレだけどなw
でもいい話だと思うよ。
お互いの粗探しに明け暮れてる夫婦にも就職ミスって絶望してるガキにも
仕事や浮気にに明け暮れてるお父さんにもこういう説教した方がいい。

870 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 11:57:18 ID:f9rOMv4QO
>>1
は、側面の一つとしては会ってると思うけど、
全てでは無いと思うね

単純な総体論では幸福を語る事は出来ない

871 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:00:03 ID:40q4311w0
どこが豊かなんだよ。
いかに日本人が一部のマスコミ、社会学者らによって騙されてるかよく分かる。

872 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:00:42 ID:IPfacv6W0
>>870
>単純な総体論では幸福を語る事は出来ない
いやまさにその事を書いているものだと思ったけど。

873 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:03:30 ID:IPfacv6W0
>>871
え・・・?
マスコミはむしろ、日本人は生活が大変だ、って年がら年中言ってるよね。
格差拡大がどーのこーの。
てか、>1を読んでないな・・・。

うーん面白い。
やっぱり自己防御のためにシャットダウンしてるのかすぃら。


874 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:05:59 ID:f9rOMv4QO
例えば、
友達を一度に5人亡くした人に、
友達を一度に10人亡くすよりは幸福だ、と言ってもしょうがない

生活水準がどんどん落ちてく日本で、
それでもアフリカよりはマシ、と言ってもしょうがない

どちらもそこに幸福は見つけがたい

所詮は基準値より上か下かなんだから、
最初から基準値を落とせと言うのは難しい話だ

875 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:06:46 ID:1GfPGNuu0
>>871
まさにそこなんだろうな。
豊かさなんて相対的なもので、
色々なモノがあるのに慣れてるとそういう反応になる。
どんどんモノを欲して際限が無い。

876 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:07:46 ID:1DQrQuMR0
豊かなのは一部だけ。発展途上国とくらべて、生活レベルを相対的な比較をした場合、
それほど豊かなわけではない。

877 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:09:48 ID:RVXLP6+cO
昔の中国の言い伝えは素晴らしいのに、何故末裔はこんなにもクズなんだ。

878 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:11:46 ID:yAONEHNqO
最後まで読ませただけでも、なかなかすごいな。


879 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:12:36 ID:5DqWXft70
>>874
>友達を一度に5人亡くした人に、
>友達を一度に10人亡くすよりは幸福だ、と言ってもしょうがない

失う前に気が付くように、古くから>>1の様な事を言うんだよ。
泣ける2chでも失くしてから後悔する話しが沢山載ってるだろ?

>生活水準がどんどん落ちてく日本で、
>それでもアフリカよりはマシ、と言ってもしょうがない
視点を変えたらいまある幸せにも気がつくんじゃないかって事。

880 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:13:07 ID:hFkBM5Dy0
叩かれるのは普遍的な価値に基づいてないから。
脳内フィルター(失う、得るプロセス)が一様である前提の話だから
「奇麗事言ってんじゃねえよ」で済まされる。


881 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:13:53 ID:1GfPGNuu0
>>877
やっぱ同じ民族が歴史上二度輝くことは無いからじゃね?
ローマしかりペルシャしかりトルコしかり。
中国だけではないかと。
まあ、あそこは2000年間下りっぱなしなんだが。

882 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:14:00 ID:ZHyPawW10
そもそも自殺についての認識が甘いのではないか。
時代劇の切腹のように自殺をする人はまずいない。
悩んで、悩んで、心に病を患った状態で死を選ぶのだ。
それは豊かさとはなんの関係もない話だと思う。

883 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:16:52 ID:vF30YxRO0
父を失い母を失い彼女を失い職を失い
残ったのはぬこだけです

884 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:18:11 ID:ksCsS7bc0
とことん求めて欲しいもの全部手にして決して満たされないことを知ることも
大事だろうし、どうにもならない現実を前に絶望して完全な無力感与えられる
ことも大事なんだろうな。

885 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:21:45 ID:na6AFE8B0
>>879

それはまったくその通りだと思うが、
かといって言葉で片付く問題では無いと思うよ

自殺を考えた事のない人から見たら、
「簡単に自殺するなんて」って事になるんだろうけど、
>>882
見たいな事だと思う
幸せか不幸せか、ではなくて、不運(ショックな事)が起こりやすい状況なんだと思うんだよ今は


886 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:26:12 ID:hshiQu6w0
状況や環境の問題を、非常に個人的なレベルに矮小化して
誤魔化そうというのが行間から漏れちゃうんだよな。宗教とかでよく見るが

887 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:31:19 ID:C7cEBszL0
失うことと奪われることは違うだろ。
根本的に話のすりかえだ。

888 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:38:00 ID:5DqWXft70
>>885
後悔先に立たず
孝行したい時に親は無し
失う前に気が付けよってのは大事な事でしょ?
解決するかしないかは別にして伝えていかないといけないと思うよ。

結局メンヘラとか極端なマイナス思考な奴はどこまで行っても
不満を見つけてはブツブツ文句言ってるし
普通に回りを見渡して幸せに気付いたり感謝する心があれば
大抵の事は乗り越えられるしそれなりに幸せに生きられるって事だ。

別に不幸だの不満だのって言いながら生きるのが悪いとは言わないけど。

889 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:41:20 ID:1GfPGNuu0
>>888
まあ、そうなんだよな。
人生色々、生き方の価値観も色々なんだが、
「もし幸せを感じたければ、こんなのもありますよ」ってだけでしょ。

それを試してみてもいいし、嫌なら無視してもいい。
足るを知る人生でもいいし、
不平不満を言い続けながら死ぬ人生だっていい。
困難に立ち向かってもいいし、
ひたすら逃げ回ってもいい。

どれを選ぶかはその人次第ってことだ。

890 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:52:13 ID:1uRrDMow0
これなんてうつ病患者批判?
自殺者増やすつもりか

891 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:53:28 ID:pU4RRKv50
>>861
>若い世代に伝播して初めて「再生産」になるでしょ。

反応している人もいれば、していない人も勿論いる。
つまり「再生産」されているよね。

>古いでしょ。まさか若いとか言わないよね・・・。

現在、世に蔓延しているから、これを「古い」ブームというのは間違い。
そして君は「マリック世代」が、現在反応しているとは云いたいわけだから、
これも「古い」ということにはならない。
そしたら君は、マリック世代は「古い」と、また繰り返すのだろうけどねw

>当時は若かったでしょうよ。あれも80年代の産物だし。
>なんら客観的状況を提示せずに反論されても困るし。

わざと頓珍漢レスをするような奴に、反論などするつもりはありません。
ただ単に、君のちぐはぐな話を突っついているだけだよ。
やはりスレ潰しが目的の「工作員」さんなのかなw





892 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:58:42 ID:hshiQu6w0
これ下手すりゃ、貧困層の増加といった諸問題の肯定に繋がるからなぁ。
視点変えりゃ、逃げてんだけどね

893 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 12:59:07 ID:KdBrUbZP0
最初のぬるい物語の部分がないほうがいいな。
こういう風に心の問題について問題提起されるのを読むのは好きだけど。


894 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:04:23 ID:5DqWXft70
>>892
政府が書いてんじゃないんだからそれはひねくれ過ぎw

895 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:05:29 ID:OIAZDrvQ0
つまりこれだ

「生きてるだけで、丸儲け」
      明石家さんま

896 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:09:34 ID:hshiQu6w0
>>894
日経て、経済面では専ら大手の提灯持ちだからさ。
朝日フィルターみたいなもんで、邪推もしてしまうってもんだ。

>>3でのバブル後の解釈にせよ、とーてー納得できねー


897 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:10:51 ID:V494fFdV0
日本で自殺が多いのは
自殺を否定する文化より自殺を肯定する文化の時代が圧倒的に長かったから。
付随して自殺やそういう行為を美徳、美談として語ることが多々あり深く根付いている。
死んだら皆仏、死んだ人の悪口は言うものではないという道徳観もある。
これらのことから、端的に言えば日本には自殺しやすい土壌があると考える。

898 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:14:17 ID:HPibdVok0
良くも悪くも日本人は責任感が強くて、視野も考え方も偏狭なのが
自殺者が多い理由かな?
失ったら全てが終わりだって脅迫観念をいつも持っている
地位が高いほど持っている
885の言うように不運が起こりやすい状況なら
尚更、1の話も頭の片隅に置いとくべき

899 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:19:06 ID:5DqWXft70
>>896
考えすぎだろw
政治なんかと結びつけないで説教として読めば無問題。

900 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:20:10 ID:pU4RRKv50
宋氏は>2で、教育のせいでもないと述べている。
そして、幸せは心で感じ取るもの、とも書いている。
しかし上の二つは、大きな矛盾を孕んでいる。

さて教育とは、知識を与えることだけではない。
人間の知性を育てる。つまり心の教育も、教育の大事や役割である。
つまり、宋氏は気づかぬうちに、日本の教育が悪かったのだと述べているわけだ。
日本の教育は「幸せになる心」「幸せを感じ取れる心」を育てられなかったと。




901 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:20:58 ID:IPfacv6W0
>反応している人もいれば、していない人も勿論いる。
>つまり「再生産」されているよね。

は?
意味が全く分からん・・・・。

>現在、世に蔓延しているから
世のどこに蔓延してるの??
少なくとも80年代と比べてみると、全然盛り上がりがないよ。
若い世代が反応してるといいたいなら、その状況を示すものを出して、と言ってるのに出来ないんでしょ?
かつて反応していたのと同じ人たちが反応することを、「再生産」とは言わないんだよ。

反論するつもりがないのにレスをくれたのだね、それはありがとうw
でもちぐはぐなのは君の方だよ。現実認識が甘いのは危ない、というのなら
ゼヒ、歴史を追って見てみて欲しいね。ま、言ってもやらないのだろうけれど。

902 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:26:17 ID:na6AFE8B0
>>900
>日本の教育は「幸せになる心」「幸せを感じ取れる心」を育てられなかったと
これは事実そうなんじゃないかなーと思わなくもない

>>888-889
みたいなのは、多分「幸せになる心」「幸せを感じ取れる心」を持っているからの発言で、
>>1みたいなお説教では、それを持ってない人には通じない事だと思えるんだよな、
なんて言っていいか分からないけど。

903 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:34:18 ID:hFkBM5Dy0
>>1に妙に感心して、なぜ皆わからないんだ? とか言いつつ
理解を示さない人にボロカス暴言吐いてるのとか、見てるとやっぱクソコラムだと思う。

904 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:41:18 ID:hoaCHTjyO
折り紙のくだりはめんどくさかっただけだろw

905 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:47:14 ID:hshiQu6w0
>>899
居酒屋とかで、悩んでる奴は励ます分には
ああ、いいこといってはるとは思えど、こんな拒否感は出ないんだろうけどなぁ。




906 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 13:47:47 ID:E+qRG85dO
>何回か「帰ったらすぐセロテープを探してあげる」と慰めても泣きやまないため、僕は最後の
方法を使いました。その折り紙を破って紙屑を我が子に渡しました。子供はしばらく大泣きしま
したが、その後は落ち着き「セロテープ」と言わなくなりました。

『慰めても泣きやまないため、』
泣きやませる為に破った上に、子供の言論を封殺した愛の無い典型的な父親だね。
泣きやむまで抱き締めて慰めなさいよ。
>>1->>3陳腐な文章だわ。

907 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 14:21:33 ID:pU4RRKv50
>>901
また頓珍漢な釣りを続けるのか・・・

>は?
>意味が全く分からん・・・・。

意味が分からないのか。それは困ったなw
君の言う「若い世代」が何歳から何歳までなのか知らないが、
たとえば20代の人で反応してる人もいるし、いない人もいるよね。
「再生産」されてるじゃないか。

>若い世代が反応してるといいたいなら、その状況を示すものを出して

TVやネット、若い人向けの雑誌を読んだことがないのかな。もしくは知らないのかな?
君の言うように、若い人が全く見向きもしなければ、何度も特集組んだりしないよね。

>少なくとも80年代と比べてみると、全然盛り上がりがないよ

80年代か。まぁ、ミスターマリックやオバサンの霊能者がTVによく出ていたね。
もっとも、マリックに神秘性を感じたのは、君だけだと思うけどねw
今も同じように、TVや雑誌で「再生産」されてるじゃないかw
「盛り上がり」なら今はネットという大きな媒体が増えた分、大きいんじゃないかな。

>反論するつもりがないのにレスをくれたのだね、それはありがとうw

いえ、どういたしまして。





908 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 14:57:28 ID:1uRrDMow0
どうせ言うんだったら>>895のように言えばいいのに、責めてどうすんだろ

909 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 15:03:41 ID:pbNOaEYe0
折り紙の話は・・・。
ヒステリー状態の親のとる仕打ちとなんらかわらんわな。
子供は親の仕打ちに恐怖を覚え、以後、困ったことがあっても親に打ち明ける
ことのできない人間に育つだろう。

910 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 15:08:52 ID:pU4RRKv50
>>909
>以後、困ったことがあっても親に打ち明ける
>ことのできない人間に育つだろう。

誰にも相談することなく、自分ひとりで強く生きていけ!

という教育のつもりなのかもなw


911 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 15:23:33 ID:IPfacv6W0
>>907
>「再生産」されてるじゃないか
・・・あのね、「されて居る」と言う場合、それを示さないといけないんだよ。
で、同じ人が反応することを、再生産とは言わないの。

>TVやネット、若い人向けの雑誌を読んだことがないのかな
若い人向けの「ムー」のようなものは無いね。今はw
テレビメディアを見る限りでは中年向けだしね。
マリックや霊能者だけでなくて、オウムの活動も80年代からでしょ。
戦士症候群だのなんだのもね。

>もっとも、マリックに神秘性を感じたのは、君だけだと思うけどね
俺がマリックに神秘性を感じたなんてレスは一度も書いてないよ。
マリックを見ていた世代と言う意味で書いたんだもの。

>今も同じように、TVや雑誌で「再生産」されてるじゃないか
あなたの言うのは、メディアの企画の再生産なのか??
俺が言っているのは、国民の中での話であって、メディアじゃないよ。

どうしても80年代よりも「今」じゃないと困るみたいだねw
面白いな。

912 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 15:30:04 ID:IPfacv6W0
>>778と「今も同じように、TVや雑誌で「再生産」されてるじゃないか」から言うならば

民族としての背骨を失ったのは、メディアだね。
これは合っているかもしれないねw
特にテレビメディアは、どこの国の報道機関なのかわからないような
変な報道をすることが多いしさw


913 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 16:07:38 ID:pU4RRKv50
>>911>>912
君は、若い世代には、全く見向きもされていないと言ったよな?
では何故、雑誌で何度も特集が組まれるの?
全く見向きもされない特集を、何度も組むバカはないよね。

TVメディアは全世代向けだね。君の好きな80年代と同じ。
ネットではいろいろあるよ。見たことないなんて言わせないぞw

君はマリックのTVが、オカルト的なつくりをしてたと言ったよな?
ようするに、神秘的な演出してるなー、とは思ったということでしょ。
俺は全く思わなかったな。大掛かりなマジックショーだとは思ったけど。

そういえばスルーしてるけど、麻原はオウムの修行者たちより、
古い世代だったというのは認めるんだね?w

なんかわかってきたよ。君は、80年代のオカルトに凄い郷愁があるんだね。
なかなか面白い人だな、君は。



914 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 16:10:38 ID:ma7exyi20
>>1
新自由主義擁護、小泉改革擁護、年次改革要望書擁護もここまで来るとな〜w
9年連続3万人超だぜ?
経済的理由だと1万人超。
もっともこれにしろ家族が自殺と認めた数だからな。
本当はこの数倍は居るって話しだな。
ここまで悪政しておいて為政者が責任を問われ無いのは恐らく日本と独裁国家だけ。
マスゴミは政治家を非難するどころか擁護しまくってる。
つうかそんな改革の推進役を恥かしげもなくやってる。
売国日経氏ね。

915 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 16:13:16 ID:+pSI4Ab5O
>>895
危うく日航機墜落に巻き込まれる所だったらしいからな、さんま。
妙に重みのある言葉だな。

916 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 16:14:20 ID:VD+Lmv3y0
下層階級は無一文で満足して死ぬまで働けと
さすがは日経だ

917 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 16:53:38 ID:OILkuACR0
こんなこと紀元前のソクラテスですら気づいていた事。
何を今更。

918 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 16:56:18 ID:VnrKwp/F0
>>915
「巻き込まれた」なら同意だが「巻き込まれる所だったらしい」では重みは感じられない罠。

っていうか「被害妄想」?w

919 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 17:00:43 ID:QTr87w8A0
 これって、国がこれからますます国民から収奪して明日の食料さえ満足に得られないようになります
よ、そのために覚悟して下さいね、という予告?

920 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 17:03:50 ID:fqEKOsA10
要するに失うこと(自殺者の発生)に慣れろということだな
平時10人自殺者が出る組織では5人自殺者が出たくらいでは動じないということだろ

921 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 17:19:18 ID:tQmBYrIM0
くだらない
これじゃまるっきり戦前の精神論だ
中国人の癖に日帝賛美ですかぁ????ばあああああああああああかwwwwwwwwwwwwwww

最近では自殺者の多くは鬱など何らかの精神疾患を抱えているってのが有力
北欧なんかは精神疾患に対するケアに取り組んで自殺者を大幅に減らしたってのに

922 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 17:32:43 ID:8B5EyGmf0
失ってはじめて幸福を知るなんて、
現代のようなモノが溢れる時代にはなかなか実践できない。
むしろ、エコ活動にみられるような自分自身に不自由を課す
ような考え方のほうが時代にふさわしいと思う。
10あるものが8になって幸福を感じるならば
10あるものを8で良しといえる筈だ。

923 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 17:54:05 ID:kMmO/78E0
少し理解できる部分もあるけれど
折り紙はどうだろうね。
ついでに、あの頃よりはマシだなんて言い聞かせて生きるのもな

924 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 18:26:11 ID:robXJIgI0
>>1
「艱難汝ヲ玉ニス」というほどのことを噛砕いたもので、とくに噛付くような内容ではないんだがな。

925 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 19:24:25 ID:VD+Lmv3y0
他人のものを取り上げるのは大好きだけど
自分のものが取り上げられるのは大嫌い
というどこにでもある話だな

926 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 19:28:26 ID:twxnqW3E0
日経ビジネスはいつから宗教系になったんだ?
坊さんの説法みたいな話してんじゃねーよ

927 :名無しさん@八周年:2007/06/27(水) 19:45:28 ID:1uRrDMow0
>>909
同意。

他人を信用するな、誰にも相談するな、他人に助けを求めるなと教えたも同然。
子供は将来うつ病になりかねないと思うんだが

928 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 00:03:32 ID:eQ31L2sK0
>>909
やったことより態度のほうに左右されるんじゃない?
怒りを露わにしていればトラウマになるかもだけど。
普段から信頼関係があれば大丈夫だろう。

929 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 00:04:37 ID:YCl/Iv9N0
二二二二l ∧∧ 謝罪!賠償!ODA!ガス田!竹島!尖閣!理事国反対!
 | |     /中 \        .∧韓∧          .∧北∧
 | |    (`ハ´  )つ─◎    <`Д´  >つ─◎     <`Д´  >つ─◎
 | | /´ ̄し' ̄し' \ ///  /´ ̄し' ̄し' \ ///.   /´ ̄し' ̄し' \ ///
 ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎  ̄ |  、_人_ /  彡 ◎ ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎ ̄
    |  _)  ◎彡| | バン |  _)  ◎彡.| |   バン |  _)  ◎彡.| |   パン
    |  ´`Y´   | | バン  |  ´`Y´   .| |  バン | #`Y´   | |  パン
    t______t,,ノ     t_______t,ノ      t____#t,ノ
_______________________________

930 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 00:14:17 ID:kho82Zkk0
書きこまないと言ったらもう書き込みたくない訳よ

それとこんなの日本人ならみんな経験あるだろ

小学生の時に夕飯の前に妹とトランプしてて
親が「ごはんよー」と呼んでもトランプが終らないからちょっとやってたら
親父が何回か目に飛んできてトランプ取り上げて家の外に捨てて
「お前ら2度とトランプやるな」と言われてそれ以後禁止だったよ
良い思い出なのかトラウマなのかはお前らが想像してくれ

こんなこと似たような経験みんなあるだろ

931 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 00:18:07 ID:kho82Zkk0
>>1-3はスパルタ教育信者

日本は誉めて伸ばす教育が正しいと結論が出たはず

932 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 00:21:31 ID:eQ31L2sK0
>>930
ほとぼりが冷めたらまたトランプする。
っていうか、うちはそういうきちっとした家庭じゃないから、わりとすぐに忘れる。



933 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 00:26:39 ID:kho82Zkk0
>>932
だからこういうことで親に感謝はしないだろ

どっちかっていうと恐怖で押さえつけるというか

ちなみに花札も家の外に捨てられたことがある

親とキャッチボールしてて
小学生の俺がボールが捕れなくて顔面にボールが当たって泣いたら
「だから子供とキャッチボールは嫌なんだよ」とそれ以後、父親とのキャッチボールの経験はないw

934 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 00:36:16 ID:eQ31L2sK0
>>933の父親は腹を立ててそういう態度を取ったんだろうけど、
宋さんは考えた挙句の行動だし感情的じゃないから子どもも後で納得できるんじゃないか?
カッとなった親ってのは子どもに嫌な思い出を残すよね。
自分もふと思い出したw

935 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 00:46:40 ID:kho82Zkk0
それとメシは正座がルールでしたww

昔はみんなスパルタ教育でした
で、自分の子供にはあんな嫌な思いをさせたくないと今は過保護気味という流れだろ

なんかしたらオカンに
「帰ったら、とうちゃんに言うでー」っていう松っちゃんのオカンみたいな感じで育ちました
関西から西は全てそうです

936 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 01:25:22 ID:FitJRp9j0
正直、夢も希望も失った方が幸せな気がする。



937 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 01:59:57 ID:6Fu07CRU0
だいたい死ぬまで飯が食えたらそれでいいだろ


938 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 03:31:47 ID:5TUzSgmq0
>>913
書いてあることが全て、マトモな答えになってないなぁ・・・。
勝手に人の好みを規定したりして。会話になりゃしない。

やはり、「今がカルトの最盛期」じゃないと困るんだな。
「80年代からの流れがあり、今はもはや下火である」とすると
若い人がますます寄ってこなくなるからか。

カルトブームは学生運動の終焉からだよ。
俺たちの上(氷河期)の世代の、さらに上の世代と言うのは、拝金主義とカルトにまみれて
どうしようもない世代だったんだ罠。

939 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 03:57:05 ID:5TUzSgmq0
アイデンティティの喪失とカルトの浸入までは
いいところをついているのに、その先をいう事が出来ないなんて、哀れだね。

何故学生運動→カルトへの移行が起きたのかは容易に説明できるよ。
アカの「背骨」が砕けて、別の、日本や天皇に対抗するための背骨を捜したら、
それがカルトだった。

これは不思議なことは何も無くて、例えば戦前の国家社会主義だって
秘密宗教的なものを採り入れようと、北一輝は日蓮宗の教義・儀式に縋ったりしてる。
伝統と言うアイデンティティを喪失させようとするとき
そこにカルト的なモノが、「背骨」として必要になるんだわ。

今の若い世代には、反国家や反天皇と言った願望がないんだよ。
だからカルトは必要とされない。
「民族としての背骨が無い世代」は、まだ全く死に絶えるような年齢層ではないから
馬鹿な「おじさん、おばさん」は、未だ跋扈することになるだろうけれど
そこに「若い世代への再生産」はないね。だって、必要がなくなっちゃったんだもの。

940 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 04:45:14 ID:4/hb3h5UO
>>905
何かわかる
全体として論じられてはいないが、所々ソース元に都合のいい解釈が散りばめられてて白々しく感じてしまった。

941 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 12:46:58 ID:nXhn9/sD0
>>939
逆だろ
アカ潰しにカルト使ったんだよ
統一協会やら性徴の癒えやら

942 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 14:38:16 ID:Cp3atTrd0
>>1
>※ニュースでもなく、また長文論文ですが、紹介する価値ありと思い、敢えてスレ立てしました。
                                    (どろろ丸)
これが許されるなら、布教活動もおkだろ。アホか。

943 :名無しさん@八周年:2007/06/28(木) 23:29:58 ID:1AE14ha30
>1
こいつ金持ちだけと付き合ってるんじゃねーのか

944 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 00:26:27 ID:Y/vjdmvE0
>>938 >>939
やっぱり書いてたか・・・
しかも、自分の主観を、強引に一般化するやり口は相変わらずですなw

君の今までのやり方を振り返ってみると、
こちらが証拠を出して君の意見を否定したり、
こちらの意見を言ったりすると、それに対しては何も言わず無視する。
そして、あきれて物も言えずといった様子で、バカにした態度を取り、
自信たっぷりの口調で、自分の主張を繰り返すというものだね。

このやり方はね、昔イギリスで客観的基準の無い、
「善」に対する議論の際に用いられた古典的な手法なんだが、
まさかここで見られるとは思わなかったよ。




945 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 00:37:50 ID:LycPUCVe0
何でも与えられる

与えられないとキレる

また与えられる


この繰り返しの人は、ほぼ基地外になりやすいよな。


946 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 01:05:07 ID:Y/vjdmvE0
>>944の続きです。

現在も、カルト的なものが「再生産」される背景は、簡単なことだ。
それは奇しくも、君がレスしているように、社会に「願望がない」からだ。
よく言われるように、物は溢れ、飢える事がない豊かな社会で、
それらを手に入れることが当然とされ、それが出来ない物は落ちこぼれとされる。
ある意味、脅迫的なまでに、それらの情報が満ち溢れている。

さて、今の若い世代向けの、カルト的ブームの特徴を見て欲しい。
個人主義的なものが多いよな。風水しかり、スピリチュアルしかり。
そして内容も、お金だったり恋愛だったり、じつに生活密着型だ。
個人主義的なものなので、80年代の時のように、団体的になることはない。
自分の不安さえ解消されれば、ことは済むからだ。

超越的なものは求めないが、生活に対する漠然とした不安は何とかしたい。
昔なら新興宗教が解決したのだが、それらの弊害はもう周知のことだ。
だから、こういったものが必要になってくるわけだ。


947 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 01:07:11 ID:xLm2Qhch0
>1
分かる。昨日元カノが結婚したと聞かされた。泣いたし落ち込んだ......
でも踏ん切りも付いた。

948 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 14:57:40 ID:bRqjhMm80
自殺多いな。

949 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 15:14:58 ID:AE8NhhlLO
日本はきっちり整理しすぎた社会なんだろうなぁ

本来、自然なんてモノは不条理だらけで、有るものは有ると受け入れて行くのに
いつの間にか不条理に耐性を失っちゃった

頭の中と現実とのギャップが生まれると、自殺も増えるだろ
最も不条理の少ないこの社会では

950 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 15:17:11 ID:agFRm2sXO
子供の頃に親に大切なもの取り上げられ壊された経験って、成長しても感謝することは絶対ないと思う
親がだだこねる子供に困って怒る気持ちはわからんでもないけど

951 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 19:30:28 ID:Y/vjdmvE0
やはり、伝統的価値観の喪失が、大きいかもしれない。
それは日本の場合、ひとつには「共同体的温情主義」の崩壊かな。
他にもあるかもしれないが、あえてそれについて述べてみる。

人と人とは基本的に助け合い、困っている人がいたら手を差し伸べる。
(口出ししすぎることも間々あるので、多少うざったい側面はあったが・・・)
第二次敗戦後、日本は日本的なものを否定したが、まだ地域共同体的なものは残っていた。
ところが、「第二の敗戦」といわれた90年代の経済不況により、
日本人は、日本の伝統的価値観のさらなる否定を行った(行わされた)。
結果、完全に日本の「共同体」は崩壊し、伝統的な「助け合い」の精神は失われた。

昔は、家族だけでなく、近所の人や○○屋のオジサン、オバサン、会社の上司など、
悩みを相談できる人や、「人生に対するタカの括り方」を教えてくれる人達がいた。
とくに戦後、共同体の役割を果たしてきた企業も、競争主義の名の下に、
共同体的性格を失い、成果主義の中で競い合うだけの場となった。
最後の頼みの綱である家族もまた、男女平等・個人主義の美名のもとに、
夫婦間の繋がりは希薄化し、子供も「子供の人権」などと云って、「個人化」が進む。
結果、すべてを失った日本人は、個人だけですべてを解決しなければならなくなった。



952 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 19:32:43 ID:Y/vjdmvE0
>>951の続きです。

最終的に日本人は、「個人=孤人」しかいなくなってしまった。
こうなると、欧米型の教示的宗教が無い日本は脆い。
その結果、公の精神は奪われ、モラルハザードが進行し、社会は退廃する。
また絶望したときに、知恵を借りる相手が少ないから、精神を狂わす人が増え、
酷いときには簡単に自ら死を選ぶようになってしまった。

そして、一昔前なら、悩む程のことではなかったことに、人は悩むようになり、
また一昔前なら解決可能だったことも、解決不可能な状態に陥った。
それは昔の人から見れば、実に些細な事だったり、
困難でも解決不可能な事ではなかったような事柄が多い。
ちなみに946で述べられたような、生活密着型(生活指南型)カルトの登場も、
この辺りに下地があると思う。


953 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 19:40:43 ID:MxaXPlud0
宋文洲?チャンコロ?三国人が日本から消えれば日本は救われる。


954 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 19:50:58 ID:KozhP3zb0
日本人の判官贔屓だった精神が勝ち馬に乗ることを良しとする利己主義にとって代わった
真面目な日本人は損をするだけ

ヨーロッパではジェントルマンがサムライだった
イギリスはウィンブルドン化で没落し同じ事が日本でも起こってる
日本の勝ち組は外資に乗りしわ寄せは弱者に行き日本は衰退するばかり

955 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 19:54:12 ID:WuNGGgYX0
>>953
それ冗談じゃなくそう思うわ。
国籍差別するわけじゃないが、あの気質。
増殖してるんだよな〜特に都会は。

956 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 19:55:49 ID:KozhP3zb0
外資も公務員もある意味では日本人の敵でもあり敵を倒してくれる勢力でもあるんだよなあ
俺は別にそんなに外資は嫌いではなくて
外資を排除して勝ってもただの国体になるだけ
外資も入れて日本人がんばれ、オリンピックで日本がんばれと言ってただけなんだけどな

957 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 19:59:50 ID:KozhP3zb0
外資の方が人件費はケチらないからまだマシだけどね
この国はただで利用しようとする馬鹿が多いからな

958 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 20:10:16 ID:zZWj7FzF0
人生の勝ち組と負け組で
受け取り方がだいぶ変わりそうな記事だな

959 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 20:25:55 ID:4IivbVcr0
中国人と日本人は死生観が違うらしい。
中国では「死生観」と言わず「生死観」というそうだ。

具体的に違うのは、死んだ後の考え方。
日本人は強盗でも死んだ後には仏になれるが、
中国人は死んだときに属していたランクが死後にも引き継がれる。
小悪党として死んだら小悪党のままで次の世界もスタートする。

だから中国人はどん底の状態では決して死のうとはしない。
せめて今いる最悪の地点より少しでもましな所にたどり着いて死ねと
そういう考え方らしい。


960 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 20:43:01 ID:1lQRAGas0
アイツが俺を狙っている 死ぬまで愛してやるのに・・・

961 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 20:53:18 ID:dBHiKd9T0

シナ畜生のスパイの連載が終わったのは喜ぶべき事。

962 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 21:45:29 ID:bTzukmXx0
ソウブンスさん、ええなぁw

963 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 21:47:49 ID:3nr2HagR0
宋文洲、喜んでるの?

964 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 21:52:16 ID:3xV52gBx0
そうだ死のう。

965 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 21:52:19 ID:f2q9dCFo0
>>959
日本でもそうじゃないのか?
仏ってのは生きてる人が死んだ人間に使う言葉で
日本でも仏教では悪人は地獄だよ
仏教の幼稚園で地獄絵図の絵本見せられたぞ
死んだら悪人も善人も全てリセットって何処の教えだよ

966 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 22:00:26 ID:ldsMItkFO
自殺するとは…
もう全て要らない…
価値無し…
未練無い…
いつまでもバカ騒ぎやってろ…
ということだろ?
つまり…
我々が見捨てられたって事だな…

967 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 22:07:16 ID:JxlrjaVO0
背景(中国人&日経)なしで読んでもありふれた教訓話にしか思えないな


968 :南米院 ◆qZn4PpFR5Y :2007/06/29(金) 22:10:13 ID:uTFA81yw0
>>1
金払ってまで中国人の作文なんか読みたい奴いるの?qqqqqq

969 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 22:27:01 ID:j2eFAgqpO
俺ならその折り紙を一瞬でゴキブリ形に折り直して子供の頭をブン殴る

970 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 22:28:07 ID:ztTRMx4+0
説教したけりゃテメエがまず失ってみろよ、全てをw

971 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 23:22:54 ID:0MtMdnRg0
なるほど。道徳的には立派な意見だと思う。古代からの仏教や儒教の
精神にも通じる所があると思う。しかし、長年の経済的な豊かさだけ
が原因だとは思わない。その証拠に他の先進国と比べても数が多すぎ
るからだ。自殺数と社会との関係についての意見は別の機会にすると
して、その立派な思想を先ず初めに、日本人にではなく祖国の民に教
えるべきではないのか。日本1億2千700万人、中国13億人。
100歳から赤ん坊まで入れた日本人全員が崇高な思想を見に付ける
事がどれだけ大変な事か。それと同じ人数の中国人が宋文洲氏の言っ
ていることを理解したとししても、中国人民全体からすればそれでも
僅か10%ではないか。これでは中国人が理解出来たとは言えない。
確かに描いた餅は立派だか、真に求められているのはその餅をどうや
って国民の腹に収めるかだ。書かれている事は概ね評価する。しかし
日本語で書いている場合だろうか。そんな暇があるのなら歯磨き粉に
致死量の劇物を混入させて外国に売りつける民にこそ、この教えを
その民に読める文字で書き、送る、べきではないのか。



972 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 23:45:15 ID:CB5CpqKY0
>>965
善人なおもて往生を遂ぐ、いわんや悪人をや

でもそうかそうか、あんたの仏教は現世利益メインで敵は地獄行きだったっけ

973 :名無しさん@八周年:2007/06/29(金) 23:57:34 ID:WuNGGgYX0
>>966
おお!
俺の中でパラダイムシフトがおこた

974 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 01:12:49 ID:typC1Gge0
>>972
子供に教える仏教だからね
親より早く死ぬなとか、嘘をつくなとかそんな類

自分を悪人だと業の深さを悔い仏の慈悲にすがる人間が悪人だとは言ってない
どんな人間も生きてる限り完璧善人なんてありえない
善人悪人を決めるのは自分じゃない

975 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 04:27:50 ID:gpj+x9rK0
難しい説教かと思ったら、なんだこれ
1行目から噴いたじゃねーかw
日経はいつからこんな新聞になったんだ?

976 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 05:05:40 ID:/jCoK4Hl0
>>1
宋さん、ひとつだけ間違えてる。
国民は労働の対価もロクに与えられず、失いっぱなしなんだよ・・・。

977 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 05:17:27 ID:bpLrTrKo0
日経は段々香ばしい文章を掲載するようになったな。

978 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 05:30:48 ID:knHR75vh0
さすがハッタリだけで何も生産しない業種はアレコレ知恵が働くのぉ

979 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 05:32:57 ID:nQANz54t0
もっともらしくだらだら書いてあるが
要するに、国民の生活はこれからどんどん悪くなるが我慢しろよ
と言っているな

980 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 05:47:44 ID:lWJMMvVfO
公営安楽死施設をつくって
悪いことしそうで苦しんでるやつとか
絶望から立ち直るのがもうしんどいヤツらを死なせてやれば
治安だけは少し回復するんじゃないの

981 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 09:12:10 ID:kLgo+JaR0
しかしながら、童貞を失うと人は横柄になります

982 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 09:17:01 ID:NKHADxji0
だからといって、共産主義が、民主主義より良いとは思わない。

983 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 09:27:10 ID:Sc2rg7wwO
こんな文章に一々ツッコミ入れるんだもん
そりゃ学校の先生も迂濶に説教なんて垂れられないわな
わしの考え方に合わんセンコウ辞めろってか

984 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 09:28:28 ID:CnyReS7j0
いいから支那の暴動何とかしろよクズ

985 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 09:50:45 ID:PYec5Bx70
   

986 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 09:53:55 ID:5IzKV+uo0
  

987 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:28:29 ID:HhbzPUP00
  

988 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:29:55 ID:jDZ51Ael0
さすが共産テロリストの方々は言う事が違いますねぇ(笑)

989 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:31:22 ID:xQT0CXXx0
死にたい奴は死ねばいいじゃん

990 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:33:18 ID:8MJSrwzxO
国でも捨てるか
それなら旧日本国民はみんな幸せだ

991 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:34:35 ID:ahWwH+Sz0
よほど国がひどければ、そういう手段もあるにはある。

992 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:35:15 ID:IE9jO5I+0
最終的には国民の9割はびんちょうタンのようなライフスタイルになる。
それが美しい国のモデル。
宮沢賢治のイーハトーブだよ。

993 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:41:25 ID:IDflK8CZ0
日本人って、自殺しやすい性格だと思うんだよ
会社が倒産したとか、借金苦の自殺って、日本人らしい気がする
命で償うって、他の国でも多いのかな?

994 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:42:13 ID:IE9jO5I+0
まあ人間の屑が多いからな。日本人は世界的にも嫌われてるし。

995 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:43:25 ID:kYWJ69jj0
>>994
例え話でどうでもいいアニメの名前を出すアニオタは確かに人間の屑だな

996 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:44:32 ID:ZL0KZvUQ0
宗教がないから。ただこれだけだろ

997 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:48:11 ID:nKt2Jg5/0
  

998 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:49:15 ID:IE9jO5I+0
日本人の不幸体質って、もう呪われてるとしか思えないレベル。
しかも自業自得だからどうもならん。

999 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:49:54 ID:P+vYtpvW0
糸冬了

1000 :名無しさん@八周年:2007/06/30(土) 11:52:06 ID:IE9jO5I+0
ありり?1000!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

302 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)