5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【報告】労働生産性、米国を100とすると日本は71.1、欧州11カ国は88.1…内閣府報告書

1 :うし☆すたφ ★:2007/06/06(水) 07:12:12 ID:???0
★労働生産性、米国が日欧引き離す・内閣府報告書

 内閣府は5日、海外の経済情勢をまとめたリポート「世界経済の潮流――2007年春」を公表した。
米国では90年代後半にIT(情報技術)によって労働生産性が上昇したが、
2000年代に入ってからサービス業を中心に生産性上昇の「第2の波」が到来していると指摘。
米国の労働生産性は依然として日欧を引き離している。

 リポートは、将来の経済成長を左右する「生産性」に焦点を当てた。
労働者が働く時間あたりでどれだけ付加価値を生んだかを示す労働生産性の水準について
米国を100とすると、05年時点で日本は71.1、ドイツ、フランスなど欧州11カ国は88.1にとどまった。

 米国とそれ以外の先進国の生産性の格差は90年代半ばまで縮小傾向にあった。
ここに来て再び格差が広がってきたのは、米国の生産性の上昇が加速しているため。
米国の全産業の労働生産性上昇率は90―95年の年率1.2%から95―2000年に2.1%、
さらに00―04年に2.8%に高まった。 (23:24)

日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070605AT3S0500Z05062007.html

2 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:12:59 ID:Q1Qhjpnq0
ちんぽ

3 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:13:50 ID:Cw6KZFqV0
なのに、なんでアメリカは日本より一ヶ月も多く、欧州より2ヶ月も多く働かなければならないのかなぁ

4 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 07:14:14 ID:o2jrhE8I0
労働生産性が低いから

5 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:14:51 ID:0BiqjytT0
一部の人だけ頑張ってる

6 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:15:30 ID:Q1Qhjpnq0
社会保険庁やその他の省庁の労働生産性を算出してください。

7 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:16:09 ID:Mpg4jHniO
ヒスパニックや移民多いからなあ
国民登録なしで働く人が、指数を押し上げてね?

8 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:16:24 ID:TeBYWd0l0
労務真理教 サビ残の御魂 最聖 奥田尊師
     。o8888888888888o。    
    .。88888888888888888。   
    88888゚      0    i   
    8888゚   ___ __ |   残業するぞ! 残業するぞ!
    ,r- 、 ──| ━ H ━ |!   
    { り    `ー─' |ー─'|   美しい国のために! 経団連のために!
    )ヽ|     . ,、__)   |   
  r、r.、ー'      ノ   ヽ  |    徹底的にサービス残業するぞ!
 r |_,|_,|ヽ      ー‐=‐-   /-、 
../|_,|_,|_,|,r'~ヽ、         /   `ヽ,
/ .|_,|_,|_,|_,ソ`(^i\` ー--一 '/   ヽ
  | )   ヽノ |    ̄ ̄ ̄ ̄      ヽ  ,ヘ  /⌒`ニ⊃
__|  `".`´  ノ              },ノ  lノ  /(
_人  入_ノ               ノ  ノ(  __\
/  \ _/   P a n a s o n i c   ヘ./ヽ \ \\\ヽ,
     /      T O Y O T A    l   `ー \ \ヽヽ ヽ
     /                         |

9 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:17:01 ID:7R+tche/0
欧米には移民という隠れ人口がある
移民は一人当たりGDPの分母には入らないからその分だけ割り増しされるわけだ

10 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:18:09 ID:nHkgoeyKO
仕事に対する熱心さは、決して負けてないと思うけど
基本的に組織だの制度だのをつくるのは、日本人の苦手なとこな気がする。
要は全体としては無駄が多い。

11 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:18:24 ID:bwhLsY+JO
つまりほとんどの社畜はニートやフリーターと変わりはねえってこったろ

12 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:18:43 ID:wsaWlD790
サビ残を考慮すればもっと悪くなるなw

13 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:20:07 ID:cuJVD15A0

また欧米か

14 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:20:06 ID:Qtae5EgLO
日本はサービスが過剰だから労働生産性が上がらないんだと聞いた。
例えば丁寧なラッピングだとか丁寧な電話対応だとか。
そういう金に換算できない価値は日本の良いところなんだって。
実際海外行くとしみじみ思うさ。

15 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:20:40 ID:cDj+R3rwO
公務員が足を引っ張っているのは明白
生産性30もないだろうな

16 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:20:41 ID:FgNH32AO0
日本の労働者は優秀だし、がんばっているよ

でもいくらサービスしても利益に結びついてないってことだよね
生産性が低いっていうのは

17 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:21:14 ID:3Bn353jk0
しょぼwww
日本の経済は低コスト大量生産それなりの品質の製造業で成り立ってますw

18 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:21:36 ID:9zLUwR7GO
これを理由に、人件費削減をまた押し進めるんだろうな。
正社員削減・リストラ→派遣社員の増大とか、時給削減、サービス残業の推奨。
日本の人件費をさらに減らし、タダ働きが美しい事にされる。

19 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:21:50 ID:pkbWTnhqO
日本はどっかから仕入れた商品に利益載せて売るだけのブローカーみたいな会社が多いからいけないんじゃね?

20 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:22:07 ID:+X84aUHs0
>>11
労働生産性だけ見ればフリーターのほうが上だろうよ

21 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:22:17 ID:O9jWBgn90
仲介の仕事が多いから労働生産性が低いとのこと。仲介の分は実質ゼロ
と考えられてしまうためその分大幅に減少するそうな。特に土木で顕著
なんだと。

22 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:22:19 ID:kaX/Zml+0
欧州11カ国をまとめてドン!は無茶しすぎ

23 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:23:19 ID:FEBKlqfaO
中田さんのシナジー論だな

24 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:23:27 ID:8Y7+Xd430
一人一人は愚鈍で愚図でのろまだから人海戦術にでないといけないよ

25 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:23:29 ID:n/CgQd9/0
サービス残業は計上されてないだろ。
しかも給料がGDP12位の国に負けるなんておかしい。

大卒初任給:韓国大企業、日本のライバル社上回る
朝鮮日報
ttp://www.chosunonline.com/article/20070108000025

26 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:24:04 ID:SbNM5hKUO
日本の場合、職場の雰囲気を理由に有給を取らず
なんとなく遅くまで会社にいる奴が多いから良い数字は出ない。

27 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:24:19 ID:ng3kjLS10

オーストラリア環境相、商業捕鯨めぐる日本政府の対応は「子どもじみたかんしゃく」
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/06/post_35fe.html
オーストラリアは(3流なだけに)最悪の人種主義白人国家である、ということを、
日本人はもっとはっきりと認識すべきであろう。

>母親というのは、子供がかんしゃくを起こせばそれがかんしゃくだと認識するものだ。

こんな台詞は人種主義抜きには出てきようがない。

オーストラリア現役閣僚の台詞である。

この刑事犯クズ白人囚人国家が「日本より文明が進んでいる」という確信がなければ、
こんな言葉は出てきようがないのだが、百姓しかいないオーストラリアのその確信を
支える根拠は、白人国家であること、すなわち「人種」以外にはないだろう。

彼らは白人に生まれることによってひとつの特権的な世界的勢力にほとんど自動的に
組み入れられるからである。

とにかく、オーストラリア産品は買わない、オーストラリアにバカヅラ下げて旅行し
ない、あなたの英語教師がオーストラリア人だったらボイコットする(フィリピン人に
変えてくれ、と要求すべき)、オーストラリア毛唐の犯罪(軽犯罪を含む)場面を
ビデオなどに取り警察に通報またはブログに上げる、という日ごろの心がけも必要。


28 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:24:37 ID:WVgj+gH60
日本の報告書なのに基準の100%が日本じゃないところが
日本の実状を物語っている。

29 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:25:12 ID:BZOf6QSH0
頭悪い奴が多いな。何でこんな統計マジックを鵜呑みにしてるの?

アメリカの労働生産性が高いのは底辺の不法移民がとんでもない
低賃金で働くから。それを統計に組み込めばこうなる罠。
フランスもそうだろwww

何でわざわざ日本政府がこんな数字を発表するか、よく考えてみろよ。
ここまで規制を取り払って労働者虐めても、まだ足りないってことだ。
これからさらに労働者から搾取しますよって言ってるんだよ。

30 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:25:22 ID:ZN5eQbji0
それだけ効率が悪いと言うことだな

31 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:25:23 ID:0JBAYaKS0
05年じゃ、そんなもんじゃねえの?

32 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:25:43 ID:p/gEFJFR0
馴れ合い残業をやめれば改善するだろうな

33 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:26:50 ID:GReaPYo90
>>29
だれが賃金あたりの話してんの?

 時 間 あ た り の

だよ。ようするに無能ってこと。

34 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:26:57 ID:yZAEUltN0
公務員の生産性もちゃんとあげてくださいねwwww

35 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:27:38 ID:pkbWTnhqO
>>29
じゃあ日本のワープアも考慮に入れろよ。

36 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:28:05 ID:272arbpO0
でも米国車は売れませんw

37 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:28:09 ID:BZOf6QSH0
>>33
あほ。不法移民が働いた分は賃金も時間もアメリカの統計には
反映されないが、結果だけはちゃんと反映されるんだよ。
無から有が生まれるって訳。

38 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:28:31 ID:b6bZixJ10
また労働生産性の定義を知らず言葉のイメージだけで突っ走ってる頭のいい人が沸いてますね

39 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:28:43 ID:MFKUBVyA0
>>29
そうだろうな

「アメリカやヨーロッパは頑張ってますよ。日本人はもっと頑張るべきです。」

と、言いたいんだろうな日経は。

40 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:29:04 ID:+HBwX7tb0
付加価値の高いサービス業や金融業なんかは日本人には無理です

41 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:29:09 ID:Jc2/SDVaO
公害対策しない中国の生産性は抜群だが福利厚生しないアメリカに生産性で負けて何が悪い、なら奴隷制度採用したら?

42 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:29:34 ID:YiVDAgWWO
>>34
自宅警備員ふぜいが、デカい口を叩くなよw

43 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:29:54 ID:bPTN1jeh0
アメリカから学ぶ事などなにもないとバカにしていた頃が懐かしい・・・
もう20年近く経つのか・・・
それもこれも全て公務員のせいだ。マジに報酬を5割カットせいや!

44 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:30:13 ID:RPwQSWtw0
>>29
禿同。
どうみても今後一層国民を締め上げるための口実作りです。
本当にあ(ry

45 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:30:46 ID:PZ9fBMBf0
ボタンポチって一日平均10万稼いでる、デイトレダーの俺の生産性は最強。

46 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:30:55 ID:0LNd94670
これどうやって測るの?

47 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:31:01 ID:1T2M9tDY0
だらだら会社残りすぎ。

48 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:31:16 ID:troNQuxW0
こういう数値のマジックで国民を騙すのはやめろよ

49 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:32:26 ID:+X84aUHs0
だからお前らいいかげん目を覚ませよ、シナだのチョンだの言ってる場合じゃねえよ
愛国者なら国を憂えるべきだと思うぞ

50 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:32:55 ID:RGr04P/d0
最低賃金を引き上げてるアメリカを見習うべき

51 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:33:00 ID:GReaPYo90
マジックだと信じたがってる人たちがいますね
悪いんだよ実際。

52 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:33:01 ID:Jc2/SDVaO
品質管理みれば生産性は数字状の架空世界、消費者が馬鹿見てるよ、

53 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:33:11 ID:PZ9fBMBf0
記事の内容読むと、日本はオールドエコノミーでのIT導入で遅れてるって話だね。

54 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:34:03 ID:troNQuxW0
労働生産性=GDP/労働人口

日本は失業率を良く見せるため労働人口を水増ししてるから労働生産性が低くでるだけ
数値のマジック

55 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:34:15 ID:T8rhfI630
アメが日本と違って稼いでんのは金融とメジャーだろ
そんな小作業みたいな奴らなんて消し飛ぶ利益

日本は量産技術は悪くないけど効率的な投資による労働生産性の向上がアメに周回遅れってことな

56 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:34:52 ID:9Ww+0xOK0
>>40
日本の一番の弱点はそこなんだよな。本来の労働効率を追求できないか
働く側も、働かせる側もサビ残に逃げる。
仕事ができないやつが一生懸命働いてるふりをする。
こういう状況を見ても、
もう他の国が日本人は働きすぎだとかエコノミック・アニマルだとか
批判することはなくなった。

57 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:35:42 ID:ObhPaAXB0
日本はくそ企業が多すぎる

58 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:36:52 ID:BZOf6QSH0
>>51
セコウ乙。
実際サンディエゴでもロスでも行ってみな。
そこら中にヒスパニックの不法移民が溢れてる。
不法移民って意味分かるか?
把握されてない非合法の労働者だぜ?
当然IRSにも把握されてない。意味分かるよな?
ところがコイツら使うと業績は上がるんだな。
なんでかって超低賃金で文句も言わず働いてくれるから。

要するに透明の小人サンが上げ底してくれるんだよアホw

59 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:36:58 ID:GReaPYo90
>>52
利益に結びつかない品質管理なんぞ自己満足なだけ。
トラブったときに権利を主張しない消費者もアホ。

60 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:37:06 ID:PZ9fBMBf0
>>54

労働生産性=生み出した付加価値/労働時間

61 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:37:23 ID:tdp2TPUT0
日本の場合、労働生産性が低いのって
実は低賃金で無駄にサビ残させまくって、労働者のモチベーションや労働効率を下げてるからじゃね?w

労働生産性って要は企業収益を従業員の数で割ったもんだよね?
てことは、いくら人件費を減らしたところで、結果売り上げが伸びなければなんも意味が無いわけで
低賃金でサビ残、長時間労働させまくられてたんじゃ、ろくに消費なんてできるわけないもんねw
結果、収益が伸びないどころか、縮小して意味ないどころか逆効果になってたりして?w



62 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:37:23 ID:uOiRYpVP0
サービス残業という名で賃金を払ってないんだから生産性が低くなるのは当たり前だろう
時間だけ消費して経済がまわってないんだよ


63 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:38:12 ID:d9X99o8/0
派遣請負業務委託の無責任システム社会に生産性を求めるのが無理
正社員なのは団塊世代の高コスト世代とゆとり教育世代だぞww

64 :鈴亜鉛合金 ◆2E1eDx.7oE :2007/06/06(水) 07:38:13 ID:nxWx7LSn0
>>53
現業にばかり投資され、バックオフィスには投資しないと批判されている。

使える道具も用意せずに、手計算やらエクセルつかって全部処理しろと
言っているに等しい。



65 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:38:13 ID:Dm75BIjc0
日本が低いのは
駅前シャッター商店街みたいな開店休業の個人商店を含めてるからと聞いたが


66 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:39:09 ID:oEH2GUxs0
農業がそうであるように、ものづくりじゃそろそろ頭打ちなんだよ
金融市場は一部の奴のイカサマ劇場になってるからこれ以上はどうしようもない

67 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:39:35 ID:CxB7fPVi0
これマクロの数字でしょ。
不法移民がよっぽどの数いないと
不法移民は数字に影響与えないと思うよ。

68 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:39:48 ID:5iGBkpl2O
>>1
おまえら政府がやる気を削いでるんだろがw

69 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:40:03 ID:TIV6YEO/0
儲からない仕事をサビ残でやってるから
生産性が低い。わかり切ってる。
一攫千金ハゲタカマンセー

70 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:40:20 ID:lXKAS6NB0

で、公務員の労働生産性も単独で出してるんだろうな?



71 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:40:34 ID:aNu5oypmO
>>63
ゆとり世代が正社員かよw

72 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:41:03 ID:VyzXGpsQ0

毎月毎月「派遣会社」とやらに給料の40%もピンハネされる制度が合法でさ、
どうして労働生産性が上がるかや…? 米国では普通、完全に違法だぜ。


73 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:41:13 ID:T8fhDeOJ0
>>66
農業はこれから生産性上がるだろ
土地の集約が進みそうだし

74 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:41:14 ID:GReaPYo90
>>58
知ったげな主張をするのは勝手だが、そういうのはちゃんと数を数えてからにしろw
3割も生産性を変えるほどカウントされてない労働者がいるとはとても思えん。

そもそも、日本だって不法就労者はうじゃうじゃいるぞ?

75 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:41:18 ID:BZOf6QSH0
アメリカとかフランスとか、要するに本当の分母は不法な人々を
含んでいて、見た目の分母が真実より大きく減る場合、この手の
数字が水増しされるのは当然。

日本はパートのおばちゃんまで全部入ってる。その上入らなくて
いいような人まで入ってるんだ。低くて当然。

76 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:41:18 ID:dPZBUVD50
でもこれ、労働生産性だけだろ?
その生産されたものからの不良発生率を考慮したら日本ダントツだろ。

77 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:41:46 ID:1umQi1/F0
生産性ねぇ・・・
ISOマンセーの経営者が蔓延ってる日本じゃ到底無理。
1プロジェクトこなす毎にISOのおかげで何時間時間つぶされているんだか。
手間だけかかって品質低下のみをまねくISOマジイラネ

78 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:42:12 ID:PZ9fBMBf0
労働生産性にはサビ残は含まれないでしょ?

79 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:43:03 ID:+X84aUHs0
寝ぼけてる会社員が多いようだな
汗水たらして営業やら接待やらして自社に我田引水することが
日本にとっては全く役に立ってないってことを理解してなかったわけじゃないだろ?

80 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:44:11 ID:ppNLApZK0
結局のところ労働生産性なんてのは時間とコストのレシオであって、
コストが低ければ低いほど生産性が高いということになる。

欧米やアジアの国々が実際問題、日本より生産性が高いなんてあり得
ないどころか悲惨なくらい日本の平均的な労働者より出来ない。

だがなぜ労働生産性などという枠で見られると日本が低いか?

それは実際の労働の効率の低さを完全にフォローしてあまりある
ほどに、そして絶望的なほどに欧米各国の方が労働賃金が低く、
それだけ絶望的な格差社会が構築されているからだ。

日本の労働効率をそのままに、労働者の賃金を欧米並に激下げ
すれば、日本の労働生産性とやらは100となり、逆に欧米の
労働生産性はいいとこ20〜30の間となる。

裏を返せば、つまり日本は他の国々とは社会構造が異なり、
格差が非常に少ないと言える国と思う。
そしてそれは日本人が粉骨砕身で働くことで高い実質生産性
と技術力、そして高い品質と安全性を社会に提供し、貢献を
している対価を、日本人げ平均して受け取っているというこ
となのだということ。

チラシの裏すまんw

81 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:44:52 ID:BZOf6QSH0
>>67
いるんだよ、それが。
30%全部とは言わないまでも、数字を大きく変える数がいるんだ。
大体合法的に滞在してる労働者でも、ヒスパニック系なんて
不法就労が大半だぜ。

82 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:45:10 ID:9Ww+0xOK0
>>76
日本の製造業は問題ない。問題なのは第3次産業。
米国が大きく差をつけた分野としてリポートが挙げているのは

流通・金融、(ホテルやレストランを含む)対個人サービス

83 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:45:27 ID:FUw4tKu10
日本ではサービス業の生産性が悪い。特に公務員。

84 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:45:42 ID:oEdC67360
政府と経団連ズブズブだなこれ。
一方視点だけのマクロは無駄な煽りを引き起こすだけだというのに。

85 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:46:26 ID:kgF6n3Pi0
つまり移民が必要と言いたいんだろ?
それで欧米なみに民族破壊しようというんだろ?

86 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:46:47 ID:Fsrq0E5o0
サビ残とかやらせてばっかりで業務そのものの効率を経営者が考えてない

87 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:47:31 ID:zBj0Hpms0
団塊世代が抜けたら急激に上昇すると思うが・・

88 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:47:41 ID:GReaPYo90
>>80
長文乙。一行目から間違ってる。

89 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:47:46 ID:+X84aUHs0
>>80
この調査でコストは関係ないと思うぞ
日本の場合、粉骨砕身で働いてるのはブルーカラーじゃねえか
つまり君の説とは逆に格差はこれ以上無いくらい広がっているということ

チラ裏にマジレスすまん

90 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:48:23 ID:oEH2GUxs0
>>73
無駄無駄そんな事起こりっこない
集約化や効率化したら補助金もらえないから誰も努力も改善も望んでない
農業の工業化で物凄いブレイクスルーでも起きて既存農家と農協が壊滅しないと無理

91 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:48:48 ID:VyzXGpsQ0
>裏を返せば、つまり日本は他の国々とは社会構造が異なり、
格差が非常に少ないと言える国と思う。

確かに。米国では大企業のエンジニア・クラスと公務員ではエンジニアが
2倍くらい高いが、日本では(時に給食のおばちゃんや運転手でも)同じ
くらい。(あるべき)格差が少ないと言えば確かに「少ない!」。


92 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:49:32 ID:buC1+EbJ0
日本の場合、年寄り団塊連中が大勢いて、高度な技術を持つ人は別にして
給料だけ高くて、間接部門で何もせずにコストだけかかってる。てこと?

93 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:49:37 ID:KLbu85u30
片山さつき「日本のホワイトカラーの生産性って高くないですよ」

94 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:49:55 ID:GReaPYo90
>>91
20年前の世界からようこそ

95 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:50:18 ID:oEdC67360
>>77
現場がISOの認証目的だけの生産に成り代わってしまうからな。
人材教育としても後が無い。

96 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:50:26 ID:gNoURItZO
経団連が何かやらかす前振りか?

97 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:52:00 ID:3b/Q7K0xO
>>90
今まさに集約化しないと補助金が交付されない仕組みにしようとして、反対運動が起きてるわけだが

98 :エラ通信:2007/06/06(水) 07:52:02 ID:2xd+eU7w0
つまり、為替が最低でも三割切り下がらないと、農産物は公正な競争にはなりえない、と。


99 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:52:37 ID:uC105pPZO
はいはいホワエグホワエグ

100 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:52:48 ID:jK49JqMz0
日本の場合、公務員や公益法人の仕事が全体の生産性を
引き下げている。
企業の管理部門の非効率の原因の一つに、行政手続き、
届け出制度の煩雑さが挙げられる。
要するに政府の管理統制手法が原因なのだよ。
一昔前の大企業の本社には官庁の窓口の数だけセクションが
あったよ。


101 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:53:48 ID:ppNLApZK0
>94 はたぶん説明できないか、大江並にムリに難しい言葉を乱用して無知なのをごまかすに1000ペソw

102 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:53:50 ID:BLPhjaQk0
ヴォーすげええええええええええええええええええ
アメリカの7割のパウワァーで、こんなに繁栄してんのかよっ
日本はよぉ!
100パーセントの力を出したら、世界最強国家になっちまうぜ!

103 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:53:58 ID:Ism2f2J+O
>>82
そうだね、産業別でみないと

それと為替レートなんかにも左右されるだろうから単純な話ではないだろ、円高にふれりゃ、単純には内需関連の生産性があるんじゃないの?

104 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:54:43 ID:+X84aUHs0
日本のホワイトカラーは生産性低いのにホワエグだけは反対するんだなwww

105 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:56:59 ID:STLVAqXz0

ん?

日本って人口がアメリカの3分の1くらいなのに対して
GDPは2分の1くらいなんだよね?

なんかおかしくね?
なんで日本そんなに儲かってんの?


106 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:57:08 ID:snVEWHi50
サービスに対して対価を支払う習慣と、契約を守るという習慣が無いからサービス業にシフトすると生産性は極端に落ちる。


107 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:58:52 ID:buC1+EbJ0
内閣府の資料
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2007/0605sekai071-s.pdf

アメリカでは
「流通・運輸及び金融等といったITを利用する非製造業の生産性上昇
が大きく貢献」
「生産物市場の規制緩和や労働市場の柔軟性向上が、IT投資を促進し、IT利用
産業を始めとする経済の生産性向上に重要な貢献」

ということらしい。

108 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:59:06 ID:l9tZZTquO
>>1
こんな何を根拠に、指数を出しているのか解らない数字に意味はない。
誰かの、どこかの国の自己満足の為の指数なのか
企業や国が言い訳や利用する為の数字なのか
何処から見た数字なんだか?だろうが!

109 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 07:59:24 ID:uC105pPZO
ホワエグを言いだす役人や政治家や経団連がもっと生産性が低いからな

110 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:00:09 ID:RGr04P/d0
最低賃金を引き上げてるアメリカを見習うべき
最低賃金を引き上げてるアメリカを見習うべき

111 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:01:53 ID:CxB7fPVi0
労働生産性と賃金は関係ないでしょ。
付加価値=売上高ー外部購入費用

そして、この付加価値から賃金が支払われる。


112 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:03:16 ID:aNu5oypmO
>>90
あんた農家なの?

113 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:04:08 ID:GReaPYo90
中抜き業者をなんとかしろ。消費者は過剰なサービスを求めるな。
それだけでみんながだいぶ楽になる。

いらん気遣いでお互いの首絞めてんじゃねえよ

114 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:04:24 ID:CCkBZ9dx0
>>14
外国みたいないい加減なラッピングだったら購買意欲も失せるって
もんだね。 そういう意味では過剰なサービスとも言えないかもよ。

115 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:05:01 ID:+X84aUHs0
どう考えても足を引っ張ってるのはホワイトカラーでみんなそれをわかってるのに
マジョリティだから誰も文句を言わない、気持ち悪い

116 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:05:04 ID:LESYe5CS0
まあさ、ワードとかエクセルの文書1ページ作るのに半日とか
馬鹿じゃねえのとか思う上司多すぎだわ。

文頭が1ミリずれてそろわないとかで、延々大騒ぎして
しまいにはバイトの俺が秒殺で直したら、「すごーーーい!」とか馬鹿じゃね

昨日保存した重要文書のファイルが消えたとか朝から真っ青な顔して・・・ご苦労なこった

117 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:05:38 ID:N2bolBl30
>>1
日経もそろそろ分かっているくせに煽るのは止めて欲しい。
これは労働時間の基本的な概念が違うから比較する事自体が間違っている。
例えば、日本はコンビニや普通の店でも営業時間が長くて、その分計算上不利になる。
欧州では文化的に閉店時間が非常に早く、夜の七時や八時で閉まる事はよくある。
サービス業で御客に対する時間を多く持つかどうかでまるで違う。
この場合、日本の労働生産性は当然悪くなる。ただ、利用する方は非常に便利だ。

日経は絶対理解しているくせに、こう言う書き方をするのはどうかと思うね。

118 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:05:51 ID:t2k3LoSKO
 日本はデフレだからな。付加価値も低く出るだろう。
 本当に外国企業の生産性が高いなら、カルフールに国内の小売業は一掃されるはず。

119 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:06:20 ID:CxB7fPVi0
>>105
いや、逆だよ。
人口は約2分の1なのにGDPが約3分の1なんだよ。

120 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:06:33 ID:CI3pdtwp0
自治労のせいで日本の平均が低く出たな

121 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:06:37 ID:7c5MVoWq0
だからもっと働け?
てめーら税金で食わしてもらっといて何様なの?

122 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:07:31 ID:oEH2GUxs0
農業の集約化はしたいけど票がほしいから個人農家も生き残れるようにしてあげます
要約するとこんな所だぞ、神様でも実現無理だわ

123 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:08:10 ID:tmgepCIw0
>>1
単位がわからんから
意味がわからん
これだから文系は困る

124 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:08:48 ID:yhW3au2H0
>>117
日本のコンビニが、労働生産性が悪いって、ちょっと信じられないもんね。
あの仕事の密度を見ると。

…でも、確かに夜中6時間分仕事してないって計算すれば、3割落ちも妥当か。
要するに、過剰サービスゆえのコストだね。これは日本の商習慣上、ある程度
は必然かも。

125 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:09:13 ID:qopPCxi/0
搾取する国と搾取される国の違いだろ、つまり国力だな

126 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:09:56 ID:buC1+EbJ0
流通の生産性を上げるなら、大手スーパーが全商品に電子タグを導入して
レジは無人にして警備員だけにしたりすればいいってことか?

127 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:11:04 ID:1rVyzf6QO
>>116
そんなオヤジがおまえの何倍も給料もらってるんだぜ
これ、豆知識な。

128 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:11:42 ID:9Ww+0xOK0
>>118
常時安い価格で同じ商品並べてる店よりも
チラシで今日の特売品を見つけるほうが好きだという
日本の消費者の特性。
こういうのに合わせてるから
いつまでたっても日本の小売の生産性が上がらないんでしょ。

129 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 08:11:43 ID:2IbuYyky0
何で日本の経営者はもっとIT技術を取り入れないんだ?

130 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:13:40 ID:quguetok0
同じ労働時間1900時間ぐらいで生産性、100のアメリカと71.1の日本。
労働時間1600時間なのに生産性88.1の欧州。
日本と欧米の何が違うというのだろう。こんなにがんばってるのに。

ともあれ、日本人にこれ以上頑張らせたら死にますよ?

131 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:14:13 ID:CCkBZ9dx0
>>19
そういう意味ではアメリカなんかの方がヒドイんじゃないか。

まじめにコツコツ製造業したり農業してるよりも、中国の工業製品や農産物を
仕入れて売る方が利益率がいい。 で、統計上はそれを「労働生産性が高い」
「付加価値が高い」と呼んでる。 生産性とか言いつつ、実は何も産んでない
仕事だったりするのよね。
そんな生産性ならイラネ。 日本の製造業がんがれ! 農業漁業もがんがれ!

132 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:15:11 ID:8fes9riT0
小売業のサービスを最低に落とせば生産性は上がります。
労働生産性が高いってのは必ずしもスマートなものではなくて、
奴隷労働+最低のサービスによっても実現します。

133 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:15:25 ID:e7u31f+P0
島国だからしょうがない

ってのは理由にならないの?

134 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:15:38 ID:vVQdxrQv0
まだ改善・成長の余力は十分にあるってこと。
日本経済の未来は明るい。

135 :('A`):2007/06/06(水) 08:17:56 ID:U2zI50wc0
で、各国で調査基準の全く異なる数値を並べてお前らは何熱心に労働生産性下げてるんだ?
…ああ、無職だからどれだけ時間無駄にしようが下がらない訳かなるほど頭いいな

136 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:18:01 ID:TIV6YEO/0
儲からない仕事をグダグダ長時間やってるだけだから、
儲からない仕事という根本のところが治らない限り、生産性の向上はない。

137 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:18:14 ID:CCkBZ9dx0
>>27
日豪分断工作乙。
日豪印に包囲されてる国の人?
それとも同盟からはずされてファビョってる国の人か?

138 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:18:34 ID:uNEu/vbDO
アメリカなんて頭回るの一部で、
あとは高校のプロムと部活動の試合が、
人生のピークの連中ばかりじゃねえのか?
すごいな。スーパーDQNを抱えてのその生産性。さすが奴隷の扱いは一日の長がある。

139 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:18:45 ID:aNu5oypmO
>>122
おいらの田舎じゃ農業は集団化集約化しまくりで農家は専業多いみたいなんだが、農協がなくなったら又何か立ち上げしなきゃならないんでしょ?なんだか農協あっても無くても大変そうだわな

140 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:18:55 ID:XqedvxEHO
>>130
動いてないお荷物部署大杉だからな

>>134
根拠レスの楽観主義乙

141 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:19:22 ID:uvMRBJYcO
大規模、粗雑が生産性の秘訣

142 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:20:03 ID:vbZBiBpQ0
>>130
良く読め。時間あたり生産性の統計だ。


143 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:20:08 ID:+pxUHQkO0
この数字を簡単に説明すればこういうこと。
外国では、機械化やIT化で効率が上がったとき、
“わーい、これで楽に働いて給料もらえるし、たくさん儲かってむしろ給料上がるぞ”
→生産性が上がると労働者が報われるので、皆が生産性を上げようとがんばる。

しかし日本では機械化やIT化で効率が良くなると
“機械に仕事を取られてクビになるよ…。機械化で生産効率が上がって会社は儲かってるけど、
 労働者の勤務時間は変わらないから給料は上がらないよ…”
→生産性が上がると、企業ボロ儲けで、むしろ人減らしをしたりするから経済にマイナスが多い。
 なので効率アップがうまく進まない。

結局WEとかサビ残とか派遣と一緒で、経団連企業をボロ儲けさせるために犠牲になってるわけだ。

144 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:20:35 ID:NU4lZ68n0
欧州は別にアメリカに引き離されていいんだよ、あいつらは
どう見ても「経済効率よりも環境負荷軽減や継続性(サスティナビリティ)」
って思想で経済を動かしていこうとしてるのがわかるし。
むしろゴミや使用不可材料などの規制をいろいろ導入して意図的に
経済を減速させてるフシがある。


問題は日本は人口再生産や余暇時間その他いろいろなものを犠牲に
経済一点張りでリソース投入してるのに引き離されてることだ。
経済だけに全ての情熱を注いでる日本が、なんでアメリカに
追いつけないどころか欧州より生産性悪いんだよ!

なにかが間違ってる。

145 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:21:09 ID:5XklqIAg0
何も生産してない団塊を一掃すれば急上昇しますよ

146 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:21:53 ID:JO87iI2V0
政府が出してくる数字は何もかも胡散臭い

147 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:22:16 ID:Djvfa2qj0
経営者が無能だから日本の労働者は無駄な労力をしているという事か

148 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:22:50 ID:9zLUwR7GO
実は労働者の賃金を大幅に上げて、かつ土地の値段も上昇させて市中に金を余らせ、
それを高金利で銀行が運用し、デフレではなくインフレに誘導する。

なんて方法でも労働生産性は上がる。この場合、思いきって毎年一割以上の労働者の賃上げとか必須。
これ、実行すれば一気に上がる。

149 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:23:35 ID:XUF+iNNO0
大企業だと、あれ?この人達何してるの?
みたいな部署が必ずあるからな。


150 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:24:31 ID:8fes9riT0
>>82
>流通・金融、(ホテルやレストランを含む)対個人サービス

アメリカやヨーロッパのこれらの産業は顧客から見て評価が高いのかな。

151 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:25:51 ID:Djvfa2qj0
デフレで一番儲けてるのは既得権益層
彼らが上層にいる限り日本がインフレになることはないな

152 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:26:59 ID:AuB5+MCo0
無能社員や上司乙
派遣乙
フリーター乙

153 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:27:21 ID:+pxUHQkO0
>>124
深夜コンビニで仕事しても、もらえる給料は、低いと言われる日本の最低賃金に多少プラスした程度でしょ。
あれだけの仕事量で、給料は最低レベルなわけだ。
コンビニそのものも、その低い賃金だから深夜でもやれるに過ぎない。

それを“生産性が悪い”というわけ。大変な仕事をしても儲からないわけだから。

154 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:27:44 ID:oU6F9C5w0
今一番、貿易黒字上げてる国知ってるか?
中国とか日本じゃないぞ。
ドイツ。鬼。
ユーロ高が止まらないってのに、ついに貿易黒字世界一だぜ?
人口も日本よりすげー小さいぜ?
なのに「額」で負けてるんだぜ?


円高になるとすぐさま瀕死になり軟弱な文句たれ始める
日本企業にノウハウを少しは伝授して欲しいわ。

155 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:29:23 ID:9zLUwR7GO
>>143
そうだよね、労働者の賃金を上げる事から労働生産性は上がるし、
市中に金が回って国内の個人消費額も+に上昇する。
そうした賃上げ政策を取らんと、今の日本はダメになる。

156 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:29:40 ID:io1m7U280
単純には比較できないんじゃないの?
日本はある意味仕事できない人も切らないワーキングシェア的な感じだし。
それと欧米は儲からない事業はすぐ切ってしまうけど、粘り強く研究などを続けることによって
新たな技術が生まれる場合も多いだろうし。欧米は金融が強いのも大きい

157 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:29:41 ID:xZmZOhGA0
ゆとり馬鹿世代ってマジで死んでくれ

158 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:29:56 ID:26q8COu80
あばら骨ごろごろ入った牛肉を輸出できるから
生産性もアップ

159 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:30:33 ID:8fes9riT0
>>119
IMFのReport for Selected Countries and Subjects(2005年)
GDP (100万US$)
アメリカ合衆国 12,438,873
日本         4,799,061

人口
アメリカ合衆国 293,027,571
日本      127,333,002

160 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:31:34 ID:zCob5Zr+0
私の実感では、

実質労働者人口:2000万
偽装労働者人口:2000万
足手まとい労働者人口:2000万
おまめ:500万

かな?

161 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:32:30 ID:E8U/4Acv0
日本はなんもできない文系のための仕事が多いからでしょ。
派遣も多いし。
なんにも生産しない派遣の営業みたいな仕事が足を引っ張る

162 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:32:38 ID:a8CB6K7G0
生産性を落としているのはホワイトカラーだから 念のため

163 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:33:09 ID:ghynxQDj0
生産性が低いのは、そういう仕事しか創れない経営者の無能が原因なんだ。

良質な「仕事」を創りだすのが経営者の仕事。
その「仕事」を遂行するのが労働者の仕事。
なぜか前者が問われることはほとんどない。
経営者と労働者を「従業員」へ一括りにしてはいけない。

低賃金、非正社員化、サビ残とあらゆる問題が、良質な「仕事」を創り出せない経営者の無能からきている。
日本の会社は経営者に甘すぎる。


164 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:33:32 ID:+X84aUHs0
>>153
分かりやすい例だが・・・
コンビニ店員より生産性の低い会社員が多いってことが問題の根底だろうな

165 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:34:29 ID:MFKUBVyA0
このスレは経済学部出身が多いのだろうか
話についていけん

166 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:35:03 ID:8fes9riT0
>>135
自分に都合のいい主張をするための材料にしているんだろ。

167 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:35:39 ID:Ffd5j8kB0
>>36
オハイオ製のアコードや、
ケンタッキー製のカムリが
馬鹿売れですが。
 奴隷を使わないのにww

168 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:35:58 ID:oU6F9C5w0
>>163
指導部の無能ぶりに甘いのは大日本帝国参謀本部以来の伝統です。

169 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:36:17 ID:7rnNVOng0
加ト吉だっけ?
大量の伝票作成作業が舞い込んでグループの各社員が毎日深夜までクタクタになるまで働いたけど
実は全部架空取引で結局あれだけ働いた意味がナッシングだったってやつ

170 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:36:26 ID:+X84aUHs0
で、その無能経営者が増える原因が大学学費の高騰ってのが通説

171 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:36:31 ID:JO87iI2V0
>>162
三角合併後はそうもいかなくなるだろう

172 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:37:22 ID:8fes9riT0
>>143
機械に仕事をとられて首になる・・・・社保庁

173 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:38:34 ID:phlqBa9M0
嘘くせええ。これほど嘘くさい飼料はないわ。


業種別に出してみろや。

残業とか就労時間がほとんどない欧州がそんな高いわけねえだろうが。
時間にもルーズだし、几帳面でもないしな。

公務員、教師、とか除いて集計だしてみてください

174 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:39:27 ID:e7u31f+P0
>>163
経営者は仕事を作るんじゃなく、利益を出すのが仕事だから・・・
経営者を生み出さない、日本の土壌に問題があるんじゃないの?

誰だって経営者になれるのに、ならないんだから

175 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:39:59 ID:8fes9riT0
>>144
日本も環境対策とか省エネには結構力を入れているような気がするが。

>>145
団塊はもう引退するじゃん。

176 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:40:15 ID:xC6E8nzr0
日本で生産性が高いのは不動産だと新聞で見たな
これは地価が高過ぎることもあるだろうけどダントツだったよ

177 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:42:06 ID:8fes9riT0
>>147 >>151
ま、それも事実かな。でも大多数の労働者が優秀とも特に思わないけど。

178 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:42:19 ID:UhYImY090
ドルベースだろ?
臆堕や便所のワガママ聞いて円安操作してるからだよ。
実態に合わせて円高になれば全然問題ナッシングだろ。

179 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:42:37 ID:i/OHsWWG0
>>173
何わけのわからんことを言ってるんだ。
>残業とか就労時間がほとんどない
だから高いんだろ。
日本はダラダラ残業するから時間当たりの能率がぐんぐん下がる。
>>1を読め
>労働者が働く時間あたりでどれだけ付加価値を生んだか
だからすなわち付加価値/労働時間が算式だ。
労働時間が長くなればなるほど分母がでかくなるんだから
生産性というか効率はどんどん悪くなるに決まってるだろ。

仕事を4時間で終わらせるのと2時間で終わらせるの、
どっちが生産性高いか明白じゃないか。

180 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:42:42 ID:+X84aUHs0
>>174
大企業が潰してきたんだよ
独占禁止法違反とか平気でやってさ
公務員が馬鹿なんだからしょうがない

181 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:42:46 ID:Ffd5j8kB0
>>173
>残業とか就労時間がほとんどない欧州がそんな高いわけねえだろうが。

だらだら残業しないから生産性が
高いんだろ。

182 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:43:41 ID:9Ww+0xOK0
>>163
>>156が言ってるように
日本の経営者は、従業員のクビを簡単に切ることもないし、
儲からない事業だから撤退しますね。みなさんサヨナラってこともしない。
これも労働生産性という点からみればマイナス材料だ。

183 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:44:20 ID:/jTQOoIH0
>>173
サビ残しまくって過労死しまくってる日本の生産効率が
欧州より高いわけないべ

184 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:44:43 ID:+X84aUHs0
>>165
理系のほうが理解しやすそうだけどな

185 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:44:55 ID:ZVSRbI580
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2007/0605sekai071-s.pdf
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2007/0605sekai071-shiryou.pdf

↑本文じゃないんだけど、報告書の説明資料とプレゼン用資料な。

一例p.17
 ●これら各国の経験はかなり多様であるが、生産物市場の規制改革、柔軟な労働市
 場、研究開発投資や教育などの人的投資、そして良好なマクロ経済環境等相当程
 度に共通している要因が少なくない。

こういう他国分析をどう日本に生かすかだけど、
明らかにここ10年くらいの日本は、設備投資と研究投資と人材投資と教育投資を怠ってきたよな。
そう言う事もちゃんと言えると思う。

あと、単純な人材使い捨てを提言してるわけでもないんだよね。
ちゃんと読んでるヤツいるのかな。


186 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:45:01 ID:HJETTy0y0
>>173
日本の場合、ごく一部の競争力のある企業が引っ張ってるだけ。
お付き合い的無駄な残業や残業代欲しさの残業が横行していて
働いてるけど生産的でない。

187 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:45:21 ID:u6XCWJ8C0
大企業が赤字でも何でもかんでもやるからだろ
自社の儲からない部門は廃止するか同業他社に売ればいい

188 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:45:38 ID:TIV6YEO/0
労働生産性ってのは
どれだけ短い労働時間で儲かる仕事をするかっていう指標なんだから、
儲からない仕事をだらだら長時間やってる日本が駄目なのは当然。

189 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:45:41 ID:Ffd5j8kB0
>>182
いつの牧歌時代ww
派遣の時代ですが

190 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:45:56 ID:HdBDBxDGO
生産性をあげるには産学連携を定着させ公務員を減らし、週休2日制も、年功序列も止め、基準局や監督署をまともに機能させる事。国民の義務すら果たせない労働環境をなんとかせにゃならんだろ

191 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:45:57 ID:81sO4Xv0O
欧米は低賃金で労働者をこきつかっているからでは?
生産性向上→人件費カット→経団連ウマー
な予感


192 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:46:49 ID:wPmyVQHA0
金を右から左に動かして儲ける産業が活発だってことだろ。アメリカは。

193 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:46:49 ID:JO87iI2V0
>>175
環境対策?あれは一種の公共事業だよ、ハコモノ作らなくなった代わりだ
増税で国民の負担が増えてるだけ

194 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:46:56 ID:UhYImY090
>>154
そりゃ、ユーロ高だから黒字が世界一になるわけだろ。
同じ分量だけ物を売って買えば貿易黒字が増加して当然。

臆堕や便所は、自分のところの商品に自信がないから安くしないと売れないと思っている。
だから、円安を望むし、労働者の賃金を上げたがらない。
無能経営者の極み。

195 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:47:07 ID:YBKzIcFl0
>>191
欧州の最低賃金は日本より圧倒的に高いわけだがw
民主や共産が言ってた「最賃1000円」はアレ、フランスやドイツ
の政策のパクりそのまんまだからな、言っとくけどw

196 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:47:38 ID:C0R39bTaO
現場レベルで安全対策やら改善案の時間を取るのも非効率の中に入れられてそう

197 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:48:10 ID:pLMBFZIq0
いても居なくても一緒の奴が残業代だけせしめていたりするからな

198 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:48:11 ID:8M+e79ZZ0
>>1

これは無能な経営者の問題だろ。

勤勉な国民性を生かしきれてないわけだ。



199 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:48:13 ID:flVimpal0
つ よく働いているのは機械

200 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:48:26 ID:xC6E8nzr0
>>174
それは教育の問題

金持ちのほとんどは自営業者なのに
最初から「サラリーマンと言う名の従業員」を目指すように教育されてるからな
親からも学校からもだ


201 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:49:07 ID:3NFQ6/Ml0
こんなの全然あてにならない
トヨタが世界一の自動車メーカーになったことから考えたら日本の生産性はアメリカの倍じゃないのか?

202 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:50:16 ID:Ffd5j8kB0
>>194
>臆堕や便所は、自分のところの商品に自信がないから安くしないと売れないと思っている。

日本人が思っているほど、品質よくないんだろ。外国製の倍の値段で売れよ。

203 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:50:33 ID:JO87iI2V0
>>200
ゆとり教育は元々そういうシステムを改善する目的だったのになぁ
出る杭は打つという国民性から直さないとダメだ

204 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:50:35 ID:dMrjuVzF0
>>194
一応突っ込んどくと、貿易黒字ってのは
黒字(輸出額)-赤字(輸入額)>0の状態のことだから、
同じだけ輸出して同じだけ輸入してたらプラマイゼロなw
君の言ってるのは均衡収支。
黒字が発生するには買う以上に外国に売りまくらなければいけない。

205 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:50:47 ID:u6XCWJ8C0
>>196
ホワイトカラーがやる掃除やらの雑用は入ってる
そんなもんは時給800円の人間がやれってこと

206 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:50:57 ID:8fes9riT0
これって従業員の給料は全然関係無いんだね?
そして労働生産性をあげる簡単な方法は従業員を減らすことだよね?

207 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:51:27 ID:BzrG1Lyl0
別に欧米比べりゃ、いってもんじゃないでしょ。

208 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:52:53 ID:+X84aUHs0
>>205
・・・それはホワイトカラーか?だまされてるんじゃない君?

209 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:53:11 ID:XnMNDiTaO
生産性が低い駄目国会ならなんでこんなに豊かに栄えてるんだよ禿!
奴隷労働推進の一つだろうが俺は騙されんぞ!

210 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:53:23 ID:UhYImY090
>>204
バカだな。
量だよ。
額じゃねーよ。

車1台1万円で輸出
野菜1箱5000円で輸入

で貿易してたのが、通貨が変わって2倍の価値になれば

車一台 2万円で輸出
野菜1箱 2500円で輸入

できるわけだろ。
貿易黒字が増えるんだよ。
同じ「量」の貿易が通貨変動後も維持できればな。



211 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:53:25 ID:ILHZsNAV0
いかに高い製品を売りつけるかという経営戦略がないからな。
昔のソニーのようにブランド価値で利益率を上げるとか少しは頭を使うべきだろうね。
外人消費者に対して成功させればなお言うことなし。


212 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:53:46 ID:8fes9riT0
>>194
そんなに無能な相手ならお前が取って代わってやれよ。マジで。

213 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:54:08 ID:dMrjuVzF0
>>206
減らした分だけ売り上げが落ちたら意味無いけどなw
売り上げそのままで減らせるなら、まぁ上昇する。
ちなみに、増員しても、それ以上に企業の収支が改善
するなら、それまた生産性は増加したことになる。

214 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:54:16 ID:SbNM5hKUO
日本の第三次産業は総じて利益率が低過ぎだ。

215 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:54:44 ID:u6XCWJ8C0
>>206
違う
一番簡単な方法は儲からない業種をリストラ(再構築)すること
>>208
仕事以外するなってこと
アメリカではエクセルとかでのファイル作成も雑用の一種
全部インドとかに仕事を飛ばす
これをバックオフィスという

216 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:54:59 ID:7rnNVOng0
そういえば以前働いてた会社のある部署は
部長1人→課長1人→主任3人→一般社員4人→派遣25人ってかんじだったけど
 
課がなかった。課もないのに「課長」って…いくら他部署に役職ランクあわせてるとしてもやりすぎ

217 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:55:02 ID:Ffd5j8kB0
>>199
日本の産む機械は最低品質だな


218 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:55:37 ID:9I8L9Xof0

公務員は0だな。

219 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:55:54 ID:RWF1EJ/E0
>>201
> トヨタが世界一の自動車メーカーになったことから考えたら日本の生産性はアメリカの倍じゃないのか?

ここで出てきている生産性の意味はそういうことじゃない。
簡単に言うと、「どれだけボッタくっているか」がこの報告書で言うところの生産性。

同じ時間の労働による成果でも、高い値をつければ生産性は高い、となる。
日本は安売りしすぎなんですよ。



220 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:56:14 ID:dMrjuVzF0
>>214
デジタル土方をノイローゼに追い込むまでカツカツの人員と
スケジュールと低い契約費用でやってるんだから無茶言うなよw

利益率上げて欲しけりゃもっと金よこせw
そしたらいくらでも高利益計上してやるw

221 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:56:30 ID:8fes9riT0
>>193
環境対策に伴う企業の負担は増えてないの?

222 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:58:02 ID:t4vvg6uD0
色々あるけど、日本の会社の残業してもいいから仕事を終わらせろ!
ていう考えと欧米の5時までに仕事を終わらせろっていう感覚の違いが
生産性に一部関係していると思う。今アメリカにいるけどこっちの人
色々工夫するもん。
サービス残業(賃金ゼロ)を罰金残業(賃金マイナス)
にすれば日本も変わるんじゃないか?

223 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:58:22 ID:ptpQAzbj0
生産性ってどういう計算するの?

224 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:59:04 ID:ZVSRbI580
>>209
>>185よめよ。

あのさ、サビ残業とかはむしろ否定されてるのな。
むしろ、労働者保護による仕事へのインセンティブを高める事の重要性もかかれてる。



225 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 08:59:11 ID:hFixuxOgO
>>173
生産性は時間あたりで企業が稼ぐ額で出してるからね。
日本みたいに1時間やっても何も決まらない会議が横行する組織だと数値は強烈に悪化するよ。
欧州は労働時間は短いけど仕事がトップダウンで基本一人か二人で決めていくから方針決めも仕事が進むのも早いよ。
沢山の人で熟考した分日本の方が少し良いサービスが出来るかもしれないけど少なくともそれは生産性の枠外の話。



226 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:00:19 ID:EE2tY+HRO
高給取りの団塊+α世代が居なくなったらどうなんのか試算してみて。
つか生産性て何を元に出すのか知らない俺w

227 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:00:24 ID:HdBDBxDGO
構造改革が必要だ。労働意欲を著しく損ない、義務すら果たせない労働環境はこれ以上許してはならん。
資源が無い上、食料自給率も低すぎる、経済界はもっとも危険な新人類が中枢に…

228 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:00:55 ID:JO87iI2V0
>>221
自治体から補助金出てたりするからな、もちろんそれは税金だ

229 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:01:03 ID:t4vvg6uD0
生産性落ちるよ。

230 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:01:04 ID:dMrjuVzF0
>>223
「労働者が働く時間あたりでどれだけ付加価値を生んだか」
だそうだから、おそらく総利益÷総労働時間=労働生産性
ってことじゃね?

まぁ要するに、いかに短く働いて、できるだけぶんどるか、
を競いあうわけだ。
働く時間は短ければ短いほど、もらえるお金は多ければ多いほど
いいってことだろう。

231 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:02:06 ID:ZVSRbI580
>>222
個々の兵隊は日本の方が優秀だよ。

問題はそれを全体統括して効率的に動かす為のマネジメント不在。
しかも、90年代には間違った手法や聞きかじりで誤解したマネジメントを
欧米から大量に輸入しまくった。
(富士通とかそのもっともダメな例)

まあ、これは90年代から蔓延った「グローバリズム」をとなえる自称:リベラリストの所為なんだけどなw

232 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:02:14 ID:xC6E8nzr0
なぜ日本の不動産業界の生産性が高いか

消費者が高い土地や一戸建て、マンションを買い
高くても家賃を払うから

そして業界はマスコミを駆使して核家族化を進めて
土地マンションにそれなりの価値があると
消費者に思わせることに成功してるから

233 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:02:14 ID:8IRNq6gm0
こういう数値をまともに取り上げる馬鹿どもが未だに居るんだな。

確かに生産性に結びついてはいないが、日本のサービスは優秀。
俺はアメリカとフランスに数年間滞在したが、例えばスーパーを例にとって見ると、

陳列−量り売り。つまりその野菜ごとの生産日なんかは無視して、かごにもってあるだけ。
もちろん中には見るからに痛んでいるものもある。
また、レタスなどはホースで水をかけるので、一見新鮮に見えるが、実際はカビ等で痛みやすい。
消費期限−明らかにおかしいものが多い。豆腐は3ヶ月持つ、オレンジジュースは2ヶ月持つ。
どんだけ保存料入れているのかと。
接客−日本のように、頭を下げてお礼をすることなどあり得ない。ハローも、センキューも言わずに、
他の店員とおしゃべりし続けるやつが多い。
バッギングは、袋に入れるだけで、客が取りやすいように近づけることすらしない。

日本のサービスが過剰なのは同意だが、安全性そのものを軽視する体制のほうが労働生産性が
高いと言うのであれば、俺は今の日本の体制を支持するね。

234 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:02:18 ID:8fes9riT0
>>163
その通りだと思うが、大手ならともかく中小企業で新たに良質な仕事(ビジネスモデル)を
作ろうとして失敗したら経営者は首を吊らなくちゃならない場合もある。
それじゃリスクは取れないという考え方もある。

235 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:02:49 ID:p5lCbNDC0
労働生産性の計算式にからくりがあるのだろうな。

236 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:04:04 ID:t4vvg6uD0
>>231
じゃあ優秀な指導者を欧米から引っ張ってきて効率的に
マネジメントしてもらったほうがいいってこと?


237 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:04:49 ID:dMrjuVzF0
全般的に見た場合、白人はおおむね日本人よりぼったくり上手ってことだ。
逆に言えば日本人がアホでマヌケなぐらいお人よしということでもある。

日本人というものが、長時間働いた成果を、はした金で引き渡すのが
好きである限り、この指標で勝負するのはやめた方がいい。

238 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 09:04:58 ID:ptpQAzbj0
>>230
それをどんな元ネタをもとにどういう計算してるんだろうね。

「生産性」って言葉だけじゃ何もわからないよなあ。

「ヘコピンポケル指数が欧米の半分しかないことが判明した」
って言われてるのと一緒。

239 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:05:07 ID:8fes9riT0
>>178
円高になると労働生産性が極端に高まるのは輸出企業。まあ製造業だろう。
円安でも日本の製造業は労働生産性が高いことがわかっている。
それ以外の分野はどうだろう。

240 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:06:15 ID:JO87iI2V0
>>233
一理あるけど日本人は「安かろう悪かろう」を許容する精神があってもいいと思うけどね
近くのコンビニはものすごく厳しくアルバイト教育に力入れてるようで、服装から挨拶から
あまりにもきちっとしすぎてたかが時給1000円以下なのにかわいそうになってくるよ

241 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:06:26 ID:snVEWHi50
>210
$100で輸出入しているものは、
$1=\100なら\10,000
$1=\50なら\5,000
そんな単純な計算も出来ないのか?
原材料は輸入に頼っているから、円が強い方が得だが、輸出に頼っている企業だと外貨ベースでは値上げしないとつらいな。

242 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:07:13 ID:yBcwiKQU0
16年連続世界最凶の債権国家の競争力が71.1wwwwwwwwwwwww
どう見てもプロパガンダです。本当にありがとうございました。

243 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:07:48 ID:t4vvg6uD0
>>237
同意。
しかしそれは同時に日本の商品力の強さになるわけだ。
もしくは顧客満足度に貢献するわけか。

244 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:08:12 ID:8fes9riT0
>>168
それを言うなら下っ端が馬鹿みたいに無駄に死んで行くのも伝統になっちゃうぞ。
そんなことは言いたくないが。

245 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:08:23 ID:73g/49180
移民を安い賃金で雇えるから、相対的に生産性も高くなる。







この手の記事に惑わされちゃだめよ。

246 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:08:36 ID:u6XCWJ8C0
だから、単純に考えろ
100の金と同じ人員を投入して200帰ってくる業種と110しか帰ってこない業種が混在している企業があるとして
労働生産性を高めたいなら110の事業を他社に売って110の方に投入していた人員と金を200帰ってくる業種に集中投入すればよい
こんだけの話

247 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:09:50 ID:ILHZsNAV0
日本人も外国製品は利益率の高いものを喜んで買うからな。その逆になるくらいが望ましいんだが。

248 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:10:47 ID:dMrjuVzF0
iPODなんてテクノロジー的にはたいしたことないものを、
コンセプトというか宣伝というかの力であれだけ売りさばいた
appleを見ても、日本が生産性で勝てる余地はあんま無さそうだw

日本人ってのは、基本的に低コストのものを高価格で売る
ビジネスモデルを開拓するのが苦手だからなw
高コスト、高テクノロジーのものを生み出すのは得意だがw

249 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:11:09 ID:G6tqw2410
こんなとこに書き込んでる暇はあるくせに文句だけは一人前だな糞ども

250 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:11:55 ID:8fes9riT0
>>162
なんつーか、本来ホワイトカラーであるべきではない人がホワイトカラーになってしまった。
そういうことが多いんだよな。中小企業が多いせいかな。
でもこういう事を書くと、格差を助長している、と言われちゃうかな。

251 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:12:50 ID:r75tkT/i0
>>245
だから日本も移民労働者をガンガン入れる必要ありっていうふいんき作りでしょ
この報告書

252 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:13:13 ID:ZVSRbI580
>>236
 >じゃあ優秀な指導者を欧米から引っ張ってきて効率的に
 >マネジメントしてもらったほうがいいってこと?

「効率的なマネジメント」が出来るんだったら外人だろうが宇宙人だろうが
何でも構いません。

実際に国内でも効率的なマネジメントを行ってる企業は沢山あります。
(それ以上にダメなところが多いだけ。90年代クソコンサルに騙されたヤツラ含む)

253 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:14:02 ID:dMrjuVzF0
>>245
>>251

逆だたわけw
>>224にもあるが、奴隷労働の大量投入なんて真似をすれば
生産性は見る見るうちに低下していくぞw
労働者の賃金の低い途上国ほど生産性ってのは低いことに気をつけろよw

254 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:14:27 ID:4fwWpNDD0
>>245
移民は大体低学歴だから受け入れたら下がるんじゃないのかなぁ。よくわからんけど。

255 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:14:31 ID:MFKUBVyA0
よく分からんけど、日本のおばちゃん達が海外の高級ブランドのバッグや財布を
買いまくるのは向こうの労働生産性を高めるのにかなり貢献してるってことか。

物の質はそこら辺のしまむらなんかで売ってるのと大して変わらんのに。

256 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:14:40 ID:kJnTHNpxO
生産性と品質は両立しにくいものだからなあ。
俺仕事はソフトウェア開発関連だが、
生産性を測ってて、高生産性なのは設計書とテストを省略してるプロジェクトだと気付いてる。
後で揉めた時やばいんだけどな。


257 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:15:24 ID:fRHXfxD80
>>248
Wiiなんてテクノロジー的にはたいしたことないものを、
コンセプトというか宣伝というかの力であれだけ売りさばいた
任天堂を見ても、アメリカがゲームで勝てる余地はあんま無さそうだw

てかw
コストで一番かかるのは人件費。
これをいかに削減していくかが今後の課題だろ。

258 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:16:11 ID:ippne3cE0
接客にしてもDQN客を有無を言わさず警官がしょっ引いていってくれるなら生産性あがるお


259 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:16:27 ID:4gT7Rf5u0
これ役人が足引っ張ってるんだろ

260 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:16:42 ID:dMrjuVzF0
>よく分からんけど、日本のおばちゃん達が海外の高級ブランドのバッグや財布を
>買いまくるのは向こうの労働生産性を高めるのにかなり貢献してるってことか。

      /  , -''"´     \
  / /  /  ,. ‐'''""~´ ̄ ̄\
 V /   /  /             }
  ∨ /  / ,,.. -一ァ',二二二{
   V  ,..,/ ,.ィ彳 f==<r'二二二{、    | ̄ ̄              __|__ |
   ∨| ヘ`<=''~   弋ッ-ミ'''テ~ナ/    |ー― \/ ´ ̄| 「 ̄`  |   | \/
    〉'| | ト、   i{   ,..`二/ =|/''′     |__ /\ 匚]__ !__,  |_ |  __/
   //ヽヽぅ   ヽ     {   =|
   //匚 ̄]〕       丶,-‐ ,>      ( そ の と お り で ご ざ い ま す )
  /´r┐|__,|ト、       、____`7´
__人..二.」'   l>、    ヽ`,二/
     ´"''ー-論\  ∠三ノ
―-、__        ``ヾニ='′
     `ヽ      /、
       |‐- ...__   /ヽ\_
         \    ̄   `ヽ \

少ない人員で、ローコストに、そして短期で作れるようなものを
ぼったくりプライスで売れれば売れるほど生産性は高まっていく。

261 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:16:56 ID:ZVSRbI580
まあ、何だ。
よめよ、オマエラ。
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2007/0605sekai071-shiryou.pdf

第2章 各国の生産性等の動向
1.各国の生産性等の動向
●人口一人当たりGDPで、日本はアメリカの7割強、労働時間当たり生産性では、
日本はアメリカの7割程度、ドイツ、英国等もアメリカの1割から2割低い水準
にある。

                             〜略〜

(備考)1.OECD“Productivity database”より作成。
    2.「一人当たりGDP」、「労働時間当たりGDP」については各国通貨建ての水準を2005年の
     購買力平価(PPP)により換算。
    3.なお、日本は、人口一人当たりGDPでは比較対象国(30か国)中16位、G7中4位、労働時間
     当たり生産性では比較対象国(30か国)中20位、G7中最下位となっている

262 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:18:02 ID:h9nOrgMx0
社保庁の 逆をやれば いいんですね

263 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:19:01 ID:e7u31f+P0
一人当たりの生産性はアメリカに劣るだろうが、
面積当たりの生産性は日本の方が上だろう
気にするな

264 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:19:27 ID:CUdf+VpF0
利権、権益で守られた農業とか、強い組合とかかな。
公務員だけに限って生産性を計算してほしいね。
あと、移民が少なくて、未だ階層化していないのも大きいだろうな。


265 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:19:58 ID:8fes9riT0
>>246
今回は国単位で労働生産性を評価しているわけだけど、そのやり方は国家戦略としてOKなの?
安全保障とかさ。それと中小企業はどうなるの?一企業に一業種しかない場合。
M&Aですか?それで社会的にはOKなんでしょうか。

266 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:20:48 ID:OkYibCzb0
考えてみたら、ヘッジファンドみたいに、極端に稼ぐ金融業界が
アメリカに集中してるから、不法移民問題以上に、稼いでるだろ

後、USドル発行してるのは、アメリカ政府じゃなく、四つの銀行だし
こいつらの生み出す富は、日本人の感覚とは桁違い

極端なのが居るからこんな数字になってるだけでね?

267 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:22:00 ID:8fes9riT0
>>253
そう。従業員を減らす方がいい。

268 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:22:17 ID:dMrjuVzF0
>>257
だから、任天堂はその意味ですごく欧米的で効率的な経営してるんだよw
欧米人でもエクセレントって言うんじゃないか?
アレは生産性基準で見ればすげぇ優秀な企業。利益率も高いし。

どことは言わないけど最新鋭テクノロジーを投入したゲーム機を
作って、逆ザヤが出るようなひどい値段で売ろうとして失敗するような
とこは生産性で考えると最悪ねw
マンパワーや資本などのコストをたくさん投入したのに、売り上げが
ぜんぜん出ないからw


生産性を高めるには、日本全体が任天堂になっていかねばならない
ってこと。
機械の性能で見ればPS3の方がそりゃすごいよ?
でもビジネスモデルで見れば任天堂のほうが圧倒的に優秀だね。

269 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:23:14 ID:MHlUSYfl0
これ金融未発達の日本だからかね?

270 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:23:18 ID:TTJX3E7U0
カスラックや派遣みたいな中抜き業が蔓延してるから生産性の平均が低いんとちゃうんか?
あいつ等何も生産しとらんだろ

271 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:24:04 ID:8fes9riT0
>>256
同意。効率優先はリスクを伴うと思う。バランス感覚が重要。

272 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:24:06 ID:9gbENpjr0
>>268
ゲハでやれ。

273 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:24:07 ID:ssiw8CF2O

労働生産性が高いという事は、労働者が、貰った給料に対して、
無駄無く働いており、有効活用されているという事だ。

結構な事である。


274 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:24:37 ID:u6XCWJ8C0
>>253
日本の企業は資本生産性しか見てない
それだけの話だよな
労働生産性がどうなろうと知ったこっちゃない

生産性
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%94%A3%E6%80%A7#.E8.B3.87.E6.9C.AC.E7.94.9F.E7.94.A3.E6.80.A7

275 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:24:41 ID:MFKUBVyA0
皆さんありがとう。レス読んでてすごく勉強になりました。
日本はマーケティングにもっと力入れるべきなんですね。

学校いってきます ノシ

276 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:25:13 ID:guvpoT/s0
アメリカは、日本より公務員の数が多い。とくに州政府職員などで圧倒的になってる。


277 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:26:06 ID:FBvflkhZ0
>米国を100とすると、05年時点で日本は71.1、ドイツ、フランスなど欧州11カ国は88.1にとどまった。

もっと働けってことか

278 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:26:08 ID:8fes9riT0
>>268
日本全体が任天堂?それの書き方は猛反発を受けると思うよ。

279 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:26:10 ID:CxB7fPVi0
>3.なお、日本は、人口一人当たりGDPでは比較対象国(30か国)>中16位、G7中4位、労働時間当たり生産性では比較対象国(30か>国)中20位、G7中最下位となっている

日本はもう既に大した国じゃなくなってるよね。
人数が多いだけ。

280 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:26:34 ID:+pxUHQkO0
>>256
その生産性と、この記事の生産性はちょっと違う。
この記事の生産性で言えば、高品質なものを高く売ればそれだけで生産性が高いし、
大量生産で品質のいい加減なものを安売りしても、働いた分に対して儲けがすくなくなって
生産性は低いことになる。

この記事での生産性ってのは、作業効率ではなくて、ある時間、ある人数で
どれだけたくさんの利益を上げられるかって話だろう。

281 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:28:08 ID:DC+vs39n0
>>241
210は少しおかしいが、

通過が変動しても同じ量を
互いが地元通過の値段を変えずに

売買するなら、通過の差が開けば貿易黒字/赤字の差が増加する。
元々、円安誘導は貿易黒字の縮減の意味もあった。





282 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:28:09 ID:u6XCWJ8C0
>>277
逆だ
儲からないことでは働くなってこと
少しでも労働を減らす努力をしろと

283 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:28:51 ID:dMrjuVzF0
>>277
もっと働いても利益に繋がらなかった場合、ますます酷いことになるぞw

284 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:29:54 ID:ZVSRbI580
>>266
良い事言うねえw
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2007/0605sekai071-shiryou.pdf
この生産性のデータ比較で
一位はルクセンブルグになるんだなw

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF
ルクセンブルク

285 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:30:39 ID:hRrcC3ok0
アメリカが日本に捕鯨をさせない本当の理由
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/r12-199.htm 
・・さらに、アメリカの「食糧安保」の巧妙な罠は「捕鯨」に対しても向けられた。過去二十数年間、IWC(国際捕鯨委員会)を通じて
行なわれてきた日本対アメリカの捕鯨禁止に関する論争は、『BSE・鳥インフルエンザ・鯉ヘルペスの奇妙な関係』でも述べたように、
これは科学的根拠に基づく話でもなんでもない。
実は、これも、アメリカの食糧安保に関わった問題なのである。もし、日本人が世界中の公海から自由に鯨を獲ってこれを食せば、
日本の食肉の自給率は飛躍的に向上する。事実、戦後の食糧難の時代には、日本の遠洋捕鯨船団は、世界の「七つの海」を股にかけて
鯨を獲りまくり、貴重な動物性蛋白質を日本人に供給していたのである。これを、なんのかんのと言いがかりをつけ、禁止することに
よって、日本人の食肉に関して、アメリカ産の牛肉に依存しなければならいないように無理やりに持って行くための外堀を埋める作業が、
「捕鯨禁止」政策なのである。
  しかも、世界中の海を自由に泳ぎ廻っている鯨たちは、一年間に人間が漁業によって世界中の海から獲っている総漁獲量の約6倍の
魚資源を補食しているというデータさえある。したがって、いかなる形の捕鯨をも禁止して、鯨の数を増やすということは、すなわち
日本の漁民が獲る魚の総数も減らすということで一挙両得なのである。もし、日本人が鯨をどんどん獲れば、その分、世界の海にいる
魚類(主としてアジ・サバ・イワシ)の総漁獲量もどんどん増えて、日本の食糧自給率がますます高まるのである。そのことをなんとし
ても避けたかったアメリカは、「200カイリ」政策にしろ、「捕鯨禁止」政策にしろ、すべてアメリカの「食糧安保」という大局的な
考え方から導かれてきたグローバルな政策なのである。

286 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:30:50 ID:8fes9riT0
>>273
給料は関係無い。付加価値の中から給料を払うんだ。

287 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:31:28 ID:zClDxU920
>>1
2chのせい

288 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:31:53 ID:fw1WVZCX0

内閣府報告書(笑)

289 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:32:05 ID:+pxUHQkO0
>>277
どちらかといえば逆だ。

例えばアメリカで、ボールペンにキャップをとりつける仕事を1日7時間やれば
生活費が十分賄え、会社も儲けがあるとする。

同じ仕事を、日本では1日7時間では足りず、1日10時間、夜中までやったり、
サービス残業をやらされたりしながら生活費を賄ってるとすると
アメリカで7時間のことを、日本で10時間かかるのだから、
アメリカの方が稼いだり儲けたりするための効率は良いということになる。

290 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:32:55 ID:pe0E+A5+O
>>270
DSは携帯市場で圧倒しているのはわかるが、
TV出力型ハードではまだわからんよ。
開発中のカードゲーム見てだいぶ期待してる。

PS3の売り方と、クタラギのアホはもちろん承知してるが

291 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:32:56 ID:8fes9riT0
>>275
勉強?こんな書き込みを信じるとかえって有害だと思うぞ。

292 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:33:13 ID:6G6IzcU50
社保庁のようにマイナス生産性の官が多すぎ。
その上サマータイムやらろくな事を言わない。

293 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:33:48 ID:HVRNUaws0
どんな統計なんだろ?


5 名無しさん@七周年 New! 2006/12/26(火) 07:51:02 ID:h30GpRAb0
人々はより貧しく、子供までホームレス化するアメリカ
http://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=domesticNews&storyID=2006-12-14T220621Z_01_N14462540_RTRUKOC_0_US-USA-HOMELESSNESS-MAYORS.xml&WTmodLoc=USNewsHome_C1_%5bFeed%5d-2
Thu Dec 14, 2006 5:03pm ET

2006年度、より多くのアメリカ人が前年より貧しくなり、ホームレス化し、
緊急避難所では子供たちがそれらの約1/4を構成している。
全米市長会議レポートが伝えています。
サービス業に従事するアメリカ人の78%が低収入のため
医療保険に加入できない状態に陥っています。

格差拡大するアメリカの光と影 3700万人以上が貧困層
http://observer.guardian.co.uk/world/story/0,,1712965,00.html

共働きや2か所フル労働でも貧困層から脱却できず
すでに3700万人以上が貧困層となり,とくに,ブッシュ政権になって,
540万人が新たに貧困層に加わった。


294 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:34:53 ID:6MsXvpB80
そもそも「総労働時間あたり付加価値」ならスケールメリットで
農業分野がアメリカは日本の10倍くらいはありそうな件

295 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:34:53 ID:dMrjuVzF0
定時に帰りたがらない日本人は労働生産性に関してはあきらめた方がいいな。
どう考えても、日本人の性向と合致しないので、このランキングでは
最初から争わないのが賢明である。

苦手な土俵で勝負しないのも賢さの一つだw

296 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:34:57 ID:ZVSRbI580
>>279
 2.「一人当たりGDP」、「労働時間当たりGDP」については各国通貨建ての水準を2005年の
     購買力平価(PPP)により換算。

↑おれ、この数値換算だと、いろんな事が出来ると思う。

297 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:34:58 ID:O2qxGCOt0
国内消費冷え込んで景気後退してるの国民が自覚してるだろって。
調査すべくも無いだろ、アホが。

298 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:35:26 ID:3EWlmjHM0
完璧に効率化すれば、大部分の人は生きていけないだろうがな


299 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:35:39 ID:pPVNzPW80
>>9
> 欧米には移民という隠れ人口がある
> 移民は一人当たりGDPの分母には入らないからその分だけ割り増しされるわけだ

知ったかすんな低学歴。労働生産性推計の算出方法も知らないカスは黙ってろ


300 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:36:07 ID:WyR4eO9GO
要するに金にならない仕事が多いっていうこと。

消費者が「このぐらいタダでしてくれて当たり前」と思っている社会で
労働生産性が上がるわけがない。

まあ、逆に言うと欧米は「金払わなきゃ何もしてやらね」という社会なわけで、
どちらがいいかはまた別の話。

301 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:36:30 ID:x3ZwK0IU0
要は物価が安いってことじゃないのか。

302 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:36:34 ID:HeuLqPaA0
>>282
それは無理。
何故なら日本人は設けるのが好きなんじゃなくて、人を喜ばせるのが好きだから。
儲け薄かったり無かったりしても喜ぶ人がいる、ネタになるならやっちまう。
それが日本人。
そしてそれが日本のモラルを支えてる。

最近は
「それ俺がやることじゃないシー」
とかいうDQNが増えてるからこのまま行けば生産性も上がるんじゃね?
同時にアメリカみたいにスラムが出来上がったりもしそうだが。

303 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:36:38 ID:u6XCWJ8C0
>>298
だから
>>293
こうなる

304 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:37:42 ID:+pxUHQkO0
>>293
たしかに
米100 欧88 日71 というよりは
米114 欧100 日80 と見た方が正しいな。

305 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:37:52 ID:HVRNUaws0
これが全てだな〜製造業にあてはめる事ができるモノでもないな


266 名無しさん@八周年 New! 2007/06/06(水) 09:20:48 ID:OkYibCzb0
考えてみたら、ヘッジファンドみたいに、極端に稼ぐ金融業界が
アメリカに集中してるから、不法移民問題以上に、稼いでるだろ

後、USドル発行してるのは、アメリカ政府じゃなく、四つの銀行だし
こいつらの生み出す富は、日本人の感覚とは桁違い

極端なのが居るからこんな数字になってるだけでね?



306 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:37:59 ID:q4VzYx0T0
>>289
日本人の国民性から言って、ボールペンに少しでも傷、汚れがあると不良品と見なされる
ことが多そう。
ボールペンとしての機能は何も問題は無いのに。
そんな不良品を選別するために余計な仕事が増える。
日本の消費者が神経質すぎる面もあると思う


307 :281:2007/06/06(水) 09:38:13 ID:DC+vs39n0
210を書き直すとこうだ。

#国:車1台 1#で売る。
&国: 野菜1箱 1&で売る。

1# = 1&の時、
#国は、車1台1#で売り、野菜1箱1#で買える。
&国は、野菜1箱1&で売り、車1台1&で買える。

1#=2&の時、
#国は、車1台1#で売り、野菜1箱0.5#で買える。
&国は、野菜1箱1&で売り、車1台2&で買える。

ということで、自国通過での値段据置きで、貿易の「量」に変動が無ければ、
通過の変動がダイレクトに貿易黒字/赤字に反映する。

通過が上昇して物が売れなくなるってのは、商品の付加価値が低くて
値段にしか魅力のないような物だと言っているようなもの。



308 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:38:28 ID:Z0HNzNjn0
経団連と結託してこれを労働者イジメに使うつもりなんだろうな
調査対象の労働者に公務員は混じってるのかね?


309 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:38:57 ID:8fes9riT0
俺は昔ソニー信者がウザイし、ソニー製品は高いから大嫌いだったわけだが、
今みたいにソニー叩きが増えると妙な気分だなw
技術立国を目指すなら技術を育成する必要もあるし、新しいチャレンジも必要だろう。
例え儲からなくてもな。・・・会社が潰れちゃ元も子もないが。
逆にiPODなんてチンケなオモチャで有名になっているAppleなんか、志が落ちたんじゃね?
技術力で世界を変革するぐらいの勢いだったろ、昔は。

310 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:39:32 ID:adfayROS0
これはどういうこと、正直わからん
中国や韓国の事を、組立工場と俺らも笑えないということでいいの


311 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:40:12 ID:dMrjuVzF0
>>301
通常は、物価が高いほど生産性は高いんだがなw
上にあるルクセンブルクや生産性や所得統計といえば必ず
上位に顔を出すノルウェーとかは物価も世界屈指の高さだ。


日本は物価はやや高めなのに生産性が伸び悩む不思議な国w

312 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:40:26 ID:ZVSRbI580
>>299
どういう計算方法なの?

http://www5.cao.go.jp/keizai3/2007/0605sekai071-shiryou.pdf
(備考)1.OECD“Productivity database”より作成。
    2.「一人当たりGDP」、「労働時間当たりGDP」については各国通貨建ての水準を2005年の
     購買力平価(PPP)により換算。
    3.なお、日本は、人口一人当たりGDPでは比較対象国(30か国)中16位、G7中4位、労働時間
     当たり生産性では比較対象国(30か国)中20位、G7中最下位となっている。

↑おれはフランスとか見てると、「就業人口」がどのようにカウントされてるのか非常に気になる。

313 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:41:36 ID:8fes9riT0
>>298
人間なんか皆殺しにしてロボットだけの社会にすれば一人当り付加価値は無限大だ。

>>300
それもあるね。無料サービスってのは重要だと思うんだけどねえ。

314 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:41:40 ID:DC+vs39n0
>>311
301は日本の物価が安いって言ってるんジャマイカ?

315 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:42:07 ID:HVRNUaws0
>>298
適正賃金の関係もあるからな・・・金持ち=優秀でもないし貴族化が顕著

アメリカの経済隔離政策

・現代の企業重役が1日に稼ぐ金額は、平均的労働者の年収を上回っている。
・世界の上位経済圏100のうち、国家は47、53は企業が占めている。
・大手企業の75%は、従業員の組合結成を阻止するためのコンサルタントを雇っている。
・ワシントンモニュメントの高さは555フィート(およそ169メートル)。この高さを2003
 年度のフォーチュン500にランクインした企業経営者の報酬額と仮定すると、平均的労働
 者の報酬は高さにしてたったの16インチ(およそ40センチ)となり、経営者との報酬比率
 はおよそ419対1。1965年の時点では、平均的労働者の報酬は高さにして13フィート6インチ、
 経営者との報酬比率はおよそ41対1だった。
・フォーブス400(世界の金持ちランキング)に入っている人の42%は、同ランキングに 居た先代の資産を相続している。

その実例:
J・ポール・ゲッティ・ジュニアは父親から石油資産を相続した。
デビッド・ロックフェラー(資産額25億ドル:約2,992億円)は、
スタンダード・オイル創始者ジョン・D・ロックフェラーの孫。
サミュエル・アービング・ニューハウスとドナルド・ニューハウス(資産額は両者
   ともに70億ドル:約8,379億円)は、全米最大の個人新聞チェーン(Advance Publications社)
   とConde Nast publications社(出版チェーン)を1979年に父親から相続した。
サミュエル・カーティス・ジョンソン(資産15億ドル:約1,795億円)は、
床ワックス企業SCジョンソン社を創設した床張り材セールスマンのひ孫。

・国連開発計画の1999年度報告によれば、世界資産ランキング上位225人の合計資産額は
 1兆ドルとなり、世界の下層階級25億人分の総年収額とほぼ同額。
・世界人口の上位10%を占める富裕層が、世界全体の所得の49.6%を占めている。
・世界人口の60%を占める下位階級は、世界全体の所得の13.9%を占めている。
・世界最上位の金持ち3人の合計資産額は、開発途上国中の下層な48カ国のGDP(国内総生産) 合計額を超える。
・世界人口60億人中、半数は1日2ドル以下の収入で、その内13億人は1日1ドル以下の収入で暮らしている。

316 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:42:28 ID:5VOrG3Fr0
簡単に言えば日本人はマゾ、白人はサド。
白人は自分の労働の成果物を出来る限り高く売る人。
日本人は自分の労働の成果物を安値で手放しちゃう人。

わかりやすかろ?

317 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:43:08 ID:+pxUHQkO0
>>298
逆で、効率化して、ある労働者が1時間で倍の製品を作れるようになったとき、
その労働者の給料を増やしたのがヨーロッパで、そうなると生産性が上がる。
人を減らしたり給料を据え置いたりして、安売りを始めたたのが日本で、
そうなると世界の市場でメイドインジャパンが勝てるけど、生産性が上がらない。
アメリカは格差拡大でややこしい。

318 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:44:23 ID:8fes9riT0
>>306
品質や安全性を求めると労働生産性は落ちるってのは、あるだろうな。
今の社会には安心が必要だ。松下が不良品の回収に力を入れて成功したが、
これを労働生産性の低下と見るかどうかだな。

319 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:45:31 ID:4fwWpNDD0
日本には農業という最強の足手まとい産業があるからこういう指標は厳しい結果になるな

320 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:45:40 ID:5VOrG3Fr0
>>314
日本の物価は決して安くねぇ。

321 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:48:03 ID:DC+vs39n0
>>318
本来ならば高品質であれば、高値で売れるので労働生産性は上昇する。
なぜか日本は世界の工場、中国と同じ土俵で勝負しようとするから、
高品質を低価格で販売している。
そのため、労働生産性が上がらない。
中国の底辺労働者みたいになりたい?
そうなりたくなければ、高付加価値、高価格の商売に移行せねばな。

322 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:49:08 ID:ZVSRbI580
>>318
「安全」の価値を指標に含めるかどうか。
ただそれだけ。

件の石油ファンヒーター無回収による経済的損失リスクを
算定要因に含めるようになった。
だから、松下的には生産効率が高い。

他の指標が十分でない算定方式でだせば、生産効率は低い。

323 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:50:09 ID:NTRGOcVwO
働かない団塊の世代の無能な管理職どもが悪い

324 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:50:31 ID:u6XCWJ8C0
>>320
安いよ
チョン国のほうが物価が高い
財閥労働者以外は月給十万円くらいの世界なのに

325 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:50:32 ID:6G6IzcU50
とりあえず、公務員の生産性と規模を比較してほしい('A`)

326 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:50:38 ID:pPVNzPW80
>>293

アメリカの貧困層は自業自得の部分が多い。
薬漬けだったり、頭がおかしかったりするやつがおおい。
アメリカは少し努力すればすぐ這い上がれる

アメリカの長距離トラック運転手の平均収入は
7万ドル。しかも日本と違って、一日あたり労働時間は厳密に制限されてる。
月に300時間働いて400万円いかないやつも多い日本のトラック運転手とは雲泥の差

自動車工場の期間工はどうだろう。日本は一日働いて9200円。アメリカは、時給21ドル
大して能力のないIT土方の底辺はどうだろう。馬鹿でも取れるCCNA取得者の年収は
アメリカは7万ドル。日本は400万円


327 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:50:49 ID:HSVGqCo/0
>>318
高品質で安全なものが「高値」で売れさえすれば
生産性は落ちないんだけどな。
悲しいかな、ブランド商売に慣れてる国と違って
日本は高値でモノを売るのが苦手だからな。

328 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:51:08 ID:C5+RuGuU0
ITを十分に活用していないのが原因でしょう。
メールで済むことを、人を使ってやるから
コストがかさんでいる。

329 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:53:56 ID:HVRNUaws0
>>326
IT関連は両国ともに外注で単価下がってるだろ
簡単に抜け出せるか?
貧困層が?

330 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:53:58 ID:HSVGqCo/0
>>328
だらだら残業やサビ残も致命的だな。
あれらは労働生産性に対して悪夢のような押し下げ効果を発揮する。

331 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:54:10 ID:x3ZwK0IU0
>>311
その通り。
日本の物価が安いから生産性が低く出るんじゃないかというつもりで書いたんだ。
が、日本はまだやや高めなのか。

332 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:56:14 ID:4fwWpNDD0
>>330
サビ残は労働生産性にはプラスに働くんじゃないの?
データ上では働いてないのに生産上がってるんだから。
つまりサビ残を考慮すれば今回の結果よりもっと低い可能性もあるってことじゃ…

333 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:57:32 ID:R/qdHLbs0
「安全」とかを民間任せの
日本って官がサボりすぎだろ。

 

334 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:57:40 ID:zKhd+tJEO
また貴重な円安が

335 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:58:27 ID:gf1Bpn3N0
機械科がすすんでいるからじゃない

336 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 09:59:53 ID:R/qdHLbs0
>>334
国を安売りする、真の売国奴北よ


337 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:00:04 ID:HSVGqCo/0
>>331
まだ高めっていうか先進国は物価は基本的に平均より
高く出るのが普通。

>>332
考えてみれば、それもそうだなorz
サビ残は「ないはず」のことになってるんだったな...

サビ残ガンガン使ってる企業にとって、日本に懲罰的賠償金制度が
無くて本当によかっただろうな。
なんで、会計制度や商法までアメリカチックに改正したのに、
あれだけアメリカから導入しないんだ。
こんなグローバルスタンダード、構造改革は詐欺だ。
どうせアメリカ化するなら懲罰的賠償金も取り入れろっての。

338 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:00:23 ID:HVRNUaws0
>>332
欧米ではサービ残業は賃金の窃盗という認識だからなあ〜

339 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:00:32 ID:9Ww+0xOK0
>>332
サビ残は統計には出てこないはずだからね。
ただサビ残しなければならない状況があるということは、
正規就業時間の労働効率が悪いということも示している。

340 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:01:25 ID:rPfRbBFb0
単純に中間業者の多さが原因。

そして第3セクターへ天下りする自給1万円の官僚をどうにかしよう。

341 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:01:31 ID:8Z8C/P3K0
ほんとに酷いな・・・・
生産性とは何かどの要素をどう変更すれば生産性
が上がる事がまるでわからない子が多すぎる・・・
こりゃ日本もやばいな はーーーーー


342 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:02:29 ID:8fes9riT0
>>329
そんなに簡単ではないはず。貧困層には独特の考え方がある。
努力して成り上がるとか、将来のために積み上げるみたいなものより
今を楽しく生きることこそが素晴らしい、とかそういう感じの価値観。

343 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:02:40 ID:umYSIxBN0
社会保険庁の分を除いて再計算すると少し上がりそう

344 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:03:08 ID:3EWlmjHM0
飲食店なんかは昼と夜だけピンポイントでやれってことですな


345 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:04:07 ID:+zoM84Ny0
【派遣】(*^ー゜)b グッドウィル本社前抗議行動、6月7日六本木ミッドタウンにて開催!ニートも参加可
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1181063502/


346 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:04:44 ID:Ax4m+a6d0
「世界第二位の経済大国」って言葉に騙されるんじゃぁないよ。
あくまでも経済規模が大きいだけで、金持ちかどうか、豊かかどうかは別次元の問題。

例えば、他国の人の2倍の時間働いて1.5倍の給料もらったからって、それが豊かと言えるだろうか。
労働時間あたりの所得で比較しないと。

347 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:04:58 ID:x3ZwK0IU0
なんつーか、日本ってまた加工貿易の国に逆戻りしそうな勢いだよね。

348 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:05:10 ID:8fes9riT0
>>332
客観的なデータがあるわけではないけれど、日本人労働者だって馬鹿じゃないから
サビ残の分だけ仕事の手を抜いてダラダラしてるんじゃないかな。

349 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:05:20 ID:ZVSRbI580
http://www.stat.go.jp/data/sekai/03.htm
総務省・統計局統計研究所

http://www.stat.go.jp/data/sekai/pdf/03.pdf
第3章 国民経済計算
3−13 購買力平価による1人当たり国内総生産

↑これ、算定基準が曖昧だから、いくらでも数値が変動するんじゃないかね?

まあ、日本の「生産性」がある側面において低いという事には同意だけど。

350 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:05:56 ID:73g/49180
ヘッジファンドが稼いだキャピタルゲインも「労働生産性」に含まれるのかな。

もしそうだとしたらケイマン諸島が一番労働生産性高くなりそうな

351 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:05:59 ID:1La6myej0
こういう報告書は、政策誘導のための嘘が多いから、
眉につばをつけて読む必要がある。


352 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:07:56 ID:9gbENpjr0
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2007/0605sekai071-shiryou.pdf

↑つーか、報告書を読んでみると、フィンランドの派遣会社規制の撤廃を
紹介したり、おまえらに関係あることも多く書かれてるぞ。ガクブル・・・

353 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:08:05 ID:bA7O1ZaY0
>>351
目の上が臭くなりました。

354 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:08:18 ID:7rnNVOng0
>>339
午前中は寝てるのかと言うくらい静かで電話すら鳴らず
昼過ぎから徐々にコピー機が動き始め
午後3時から指示を出す声もしてきて午後5時が活気のピーク。そのままノリで残業、10時帰宅ってパターン
それで忙しい忙しい早く帰れないと嘆いてる。夜に仕事が一杯くる会社でもないのに。

355 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:08:45 ID:HeuLqPaA0
>>342
アメリカの貧困層はもうどうにもならんからなぁ、努力しても
日本もそうなりつつある。
美しい国万歳

356 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:08:47 ID:ithcuOvg0
生産性、生産性と言うが、生産性って何かね?

357 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:09:05 ID:R/qdHLbs0
>>351
奥田あたりが、働きの悪い日本人を
減らしてアジアの奴隷を入れろと
脳内変換ww


358 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:09:06 ID:73g/49180
>>347
俺はむしろ逆で、大英帝国みたいに
貸した金の利息で生きてくようになると思う。

359 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:09:21 ID:HSVGqCo/0
>>351
とはいえ内閣じゃなくOECDの出す統計を見ても、生産性のランキングに
ついては傾向的にこんな感じだけどね。

この報告書から、非正規雇用をやめなさい、とか、サビ残は労働の窃盗です
という方向で政策が形成されるなら悪いことじゃない、というかむしろ
言うことなしだが、まぁ、そんな甘いことないんだろうなぁ・・・

360 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:09:23 ID:6MsXvpB80
>>349ほか
日本の「消費者物価」を見て
めんたまとびであたっく

どこの並行世界かと

361 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:09:28 ID:BwY4uUhh0
給食費の未納が問題になってマスコミが叩きまくっているのに、残業代の不払いは全く叩かれないのは何故でしょうかねぇ・・・

まあ、日本の労働環境は、残業代払わないわ、長時間労働だわ、賃金低いわでメチャクチャ。
とても先進国の労働システムとは思えないね。

362 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:09:29 ID:bPKJrea60
だからなんだ?俺は今、過労で倒れて休職中だが
国の為、死ぬまで働けよこの屑!と言われてるって事だよね?

363 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:09:44 ID:ZVSRbI580
>>350
まあ、何だ。読めって。
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2007/0605sekai071-shiryou.pdf

で、ルクセンブルクとかベルギーのグラフをじっくり眺めるんだ。

364 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:09:50 ID:2Y5MgJDd0
サービス業を中心に生産性上昇の「第2の波」って、
具体例で言うと、どういう点での事なんだろう?

365 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:11:27 ID:HSVGqCo/0
>>362
いや、違うぞ。この記事は我々労働者サイドはこう読めばいいのだ。

「汗水流して長時間働いて労働生産性下げるなんて馬鹿らしい。
むしろ寝てても金が入ってくるようなシステムを確立すればいいわけですね?」

366 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:12:59 ID:ZVSRbI580
>>359
報告書には労働者のインセンティブを高める為に、
何らかの補助をしなければならない事がちゃんと書いてある。

367 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:13:57 ID:HVRNUaws0
>>355
構造上そうなっているよね

158 名無しさん@七周年 New! 2007/02/20(火) 18:48:01 ID:Y7FXJSgC0
>>154
ハリケーン・カトリーナがアメリカ南部を襲った際、被災した果てに伝染病やストレスに
よる身体疾患にかかった低所得患者(大半は黒人、ヒスパニック)が野垂れ死にして
土地一面を浸している汚水に腐乱死体となってプカプカ浮かんでいる映像が、あの
CNNによって全世界に流されたのが一昨年のこと。

ちなみに盲腸の手術料金は全米平均で1回約350万円、抜歯1本平均約50万円。

167 名無しさん@七周年 New! 2007/02/20(火) 18:58:33 ID:Y7FXJSgC0
>>161
アメリカは、先進国の中でも平均寿命が短い国なんですよ。
しかも白人と黒人・ヒスパニックではその差がなんと15年近くにも達する。
上に書いた抜歯1本50万円というのは親知らずを抜いた場合なんだけど、
それ以外でもインフルエンザの平均的な診療・投薬だけで約4万円はする。
救急車も1回呼ぶと日本以上にお金がかかるし、手術にしてもアメリカ
国内はいろいろ権利や諸経費がこと細かく決まっていて割高になるので、
例えば臓器移植などはカナダや豪州、オランダなどに行って受ける患者も多い。
けどこういったことができるのは金持ちや貯蓄のある一握りの人間だけ。
大半の人間は他の白人諸国と比較しても老け込むのが早く、アスピリンなどで薬漬け、
そして持病を多数抱え込んで嫌でも侍医を持たないといけない。

それがアメリカ。冗談抜きの話です。

24 名無しさん@七周年 New! 2007/03/03(土) 08:22:40 ID:gE5flmxM0
>>23
そういや、カトリーナで低所得層が家を失ったのをいい事に、金持ち連中が土地を乗っ取ったんだよな。
その医療の件といい、なんか新自由主義って末期的だな……。

368 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:14:18 ID:9gbENpjr0
とりあえずニュー速に立ててもらってきたぜ。

内閣府「フィンランドに習って派遣会社の規制撤廃などがしたいお」
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1181092356/


369 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:15:33 ID:9Ww+0xOK0
>>364
リポートによれば

2000年代からの「第二の波」は電子商取引の普及、ITによる在庫管理など
IT利用の広がりと深化がもたらした

ということらしい。

370 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:15:57 ID:1La6myej0
経営者が低能力だから、労働生産性(労働者一人あたりGDP)が低いんだろう。



371 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:16:17 ID:GPfmHBfm0
米国の高生産性は満足なサービスを得られない顧客を犠牲にしている。携帯購入時に留守電サービスを申し込んだらここに電話して登録しろと言われ唖然。電話はたらい回しかボイスメール。約束守らない。逃げる。ごまかす。こんな事を普通にやるのが米国労働者


372 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:16:24 ID:hchxtG8j0
>>356
いろいろな生産性があるが基本的には
出力/投入が生産性というもののおおまかな定義だな。

たとえば機械の生産性などは
出力:製品数
投入:材料

工場の稼動生産性などは
出力:製品数
投入:稼働時間

デートの生産性は
出力:好感度
投入:オカネ

分子をいかに小さくして、分母をいかに大きくするかが
生産性改善の基礎の考え方だ。

373 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:16:40 ID:x3ZwK0IU0
ちなみに眉唾という言葉は、ムジナが人を騙すときには、まず相手の眉毛の数を数え無ければならないという言い伝えから来ています。
眉につばをつけてぬらすと、眉毛同士がくっついて数えられなくなるので、ムジナに騙されないというおまじないですね。

以上、豆知識な。

374 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 10:17:40 ID:ptpQAzbj0
>>365
寝てても金が入る職業が上等なんだろうけどさー
全員がそれだと誰もモノを作らないよね。

俺は社会の低層でもいいから、モノを作る仕事をしたいわ。

375 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:18:01 ID:bPKJrea60
>>365
なるほど。現在税金が経団連に自動的に流れ込む
利権構造再編中ですので、しばらくお待ちください
というわけだな?

取りあえずオレは死にたくないし、定年になってから
1度きりの人生を棒にふったと気付きたくないので
奴隷リーマン稼業をドロップアウトするつもりだぜ。

376 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:18:36 ID:9gbENpjr0
内定ゼロのまま卒業してから少しの間だけブランクがあったからって採用せず
大量の若者をコミュニケーション力のない長期無職者に変えた人事部が生産性低下の戦犯。

377 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:18:41 ID:LSLBXE+r0
仕事中の2chを禁止にすれば上がるよ

378 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:19:01 ID:BBWVs3br0
>>374
こういう人を大切にしないとな。

379 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:19:35 ID:DjI9I5XW0
マジレスすると日本のホワイトカラーの生産性の低さは異常
それ以外の生産性は欧米を引き離しているのにホワイトカラーは20%以下

380 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:20:03 ID:pPVNzPW80
>>364

情報処理技術の発展により、事務処理の効率化=日本では団塊がのさばってるので無理
情報処理技術の発展により、在庫管理が容易になり大量発注によるコストダウンが可能=日本では、地価と流通コスト高いので無理。

結論、日本はクズ団塊の呪いにより発展途上国にランク落ちします。

381 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:20:34 ID:7rnNVOng0
>>378
だが>>374みたいな人間が多いから生産性が下がるわけで…

382 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:20:46 ID:NcTmtBm60
公務員の足の引っ張りを考えるとアメリカの生産性とほぼ同じだろ

383 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:21:01 ID:GPfmHBfm0
顧客的に米国企業のサービス最低。労働者的に米国企業最高。サービス最低だから仕事が少ない。皆早く帰る。
顧客的に日本企業のサービス最高。労働者的に日本企業最低。サービス最高だから仕事が多い。皆遅くまで働く。


384 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:21:27 ID:4fQDXfhW0
ちょwwwゆとりwwww
今大学生くらいのゆとり低脳集団が就職したら一気に最下位ケッテイwww
絶対就職するなよ、ゆとり君たちwww

385 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:21:38 ID:aZbXHItg0
アメはサービス業関係で徹底的に人員削減をしているからな。
だから下の方のサービスは本当に酷い

386 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:22:02 ID:HVRNUaws0
>>368


276 名無しさん@七周年 New! 2007/03/23(金) 19:07:07 ID:sjyUJNYR0
★これが経団連・歴代自民党内閣の労働行政だよ

・派遣法の歴史
1985年(中曾根康弘内閣)派遣法が立法される。
1986年(中曾根康弘内閣)
 派遣法の施行により、特定16業種の人材派遣が認められる。
1996年(橋本龍太郎内閣)
 新たに10種の業種について派遣業種に追加
 合計26業種が派遣の対象になる。
1999年(小渕恵三内閣)
 派遣業種の原則自由化(非派遣業種はあくまで例外となる)
2000年(森喜朗内閣)
 紹介予定派遣の解禁
2003年(小泉純一郎内閣) 
 例外扱いで禁止だった製造業への派遣解禁。
 専門的26業種は派遣期間が3年から無制限に。
 それ以外の業種では派遣期間の上限を1年から3年に緩和。
 但し、製造業は施行後3年間は1年が上限。
2004年(小泉純一郎内閣)
 紹介予定派遣の受け入れ期間最長6ヶ月、事前面接解禁
2007年(安倍晋三内閣)
 製造業の派遣期間が3年へ
 天下りの派遣解禁予定

2004/03/01 派遣屋と金貸し等の兼業禁止規制が撤廃
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kaisei/dl/antei.pdf



387 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:22:15 ID:xrHxm6Gj0
生産性と言っても
アメリカの場合、恐ろしく安い賃金で働く人間が多いからね。
アメリカのボンビーは中国並みだよ

388 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:22:15 ID:pPVNzPW80
>>367

にちゃんねるのレスのみが情報源の低学歴www
HMOもしらないんだろうなwwww

389 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:22:53 ID:LacGGgN70
アメって普通の労働者の平均年収が300万くらいで、エンジニアでこちらの平均並みだったと思うが。
300万クラスでも一応家付き車ありだから比較にはならんが。

390 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:23:26 ID:leWHuT5g0
>>374
君のような人間を繁殖させて工業用人類として輸出するというビジメスモデル
を俺は考えてみたんだ。
文句言わない、与えられた仕事に没頭する、対価をほとんど要求しない。
完璧じゃね?

クローン技術と組み合わせれば、ものすごいマーケットが開けそうだ。

391 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:23:42 ID:A9rUYfKxO
日本は社内向けの報告書ばっかり書いてるからなあ

392 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:24:17 ID:pPVNzPW80
>>371

クレーマーの処理に、一件平均一万円かけてる日本よりまし。


393 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:24:23 ID:8fes9riT0
>>361
マスコミの世界は残業代を貰う習慣が無いんじゃないかな。

394 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:24:47 ID:NI/ukcc40
ロボットのように働く一方で

机の上で何もしない高給鳥が多すぎるからだよね




395 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:24:51 ID:9gbENpjr0
オクタニズム恐るべし。

396 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:25:06 ID:9I8L9Xof0
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|     、,!     |ソ  < 参議院選終了後、生産性を高めるために、ホワイトカラーエグゼンプション導入決定。
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     \________
    \、   ' /

397 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:25:37 ID:VPm5nHgC0
馴れ合い残業削って、ホワイトカラー業務のPC化を進める、
(現状では団塊の使えないのがシステム化の邪魔をしている)
非ホワイトカラー業務の中抜きを減らす。

これだけやってから日本の生産性について語ってくれ。

398 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:26:19 ID:ZVSRbI580
>>381
ちがう。
そう言う人間を使いこなせないクソマネジメントの問題だ。


399 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:26:57 ID:C5+RuGuU0
ラッダイト運動は、労働者に一時的な安心を与えるだけ。

400 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:26:58 ID:leWHuT5g0
>労働者が働く時間あたりでどれだけ付加価値を生んだかを示す労働生産性

これ、サービス残業を計測したら欧米との差がさらに開きそうだよな。
ていうか、犯罪だろ。

401 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:27:20 ID:8fes9riT0
>>392
マシなのか?

402 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:28:09 ID:pPVNzPW80
>>389


>>326を読めwwww

403 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:28:36 ID:x3ZwK0IU0
給食費未納って実は100人に1人。しかもそのうちの4割が経済的理由があるが、手続きをしてない層。
悪質なのは200人に一人。
この程度の割合なら、今に始まったことでもなかろう。
悪質なやつが知恵をつけたと考えるべき。
なのに、「200人に一人悪質なやつがいる」を「全体のモラルが崩壊してる」に変換して「親学」とかな。

もうね、アホかと。

それと同じ匂いを感じるこの内閣府報告書である。
「労働生産性」という訳語を変えるべきかも知れない。

404 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:28:53 ID:7oenbT8z0
公務員の給料を1/4にすれば労働生産性が欧米並になります。

405 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:30:03 ID:8fes9riT0
>>390
輸出はしていないけど、それはとっくにやっているだろ。
かつての詰め込み教育がそれ。愛知県では健在。

406 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:30:10 ID:+yqvcXvI0
>>1
要は日本企業は良心的
アメリカはやらずボッタクリ
自虐的になる必要は無い

407 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:30:20 ID:5cJPrxBXO
ホワイトカラーの生産性が低いと言う
キーワードが経済誌などでよく見受け
られるようになった。作為を感じる。
そして国の資料は当てにできない。

408 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:31:58 ID:2Y5MgJDd0
>>369>>380
あー、なるほど。米国ではサービス業界も、ITで業務の合理化が進みましたって事ね。

確かに日本って先端技術は進んでるけど、全体的に見れば、
PCを使えない労働者も、仕事に上手く取り入れられてない職場も多そうだもんな。
平均値で見れば、ITによる業務の効率化は、欧米よりずっと遅れてるだろうね。

409 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:32:28 ID:BzNZTn2kO
議員と役人の生産性の低さは異常

410 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:33:02 ID:zBj0Hpms0
あまり深く考えずにイソイソと働き始める勤勉な日本人と、
面倒臭がって楽しようと頭使うアメリカ人の差かな・・

411 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:33:18 ID:RK1Dx0fe0
日本は400万人公務員、しかも平均年総収入1000万円、プラス関連団体やNHKなどの特殊法人。これらが著しく「労働生産性」を悪化させている。
もし日本の公務員を欧米のの公務員並みの待遇や労働環境にすれば日本の「労働生産性」は130くらいの数値になるだろう。

北海道の夕張市が財政再建団体に陥り、公務員の待遇を少しおとしただけで公務員の半数が逃げ出して退職した。
幹部を中心に職員の半数が瞬時に逃げ出していなくなったのに、行政は全く運営に支障をきたしていない。

公務員の労働生産性がいかに最悪なものかの良い見本である。

412 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:33:20 ID:8fes9riT0
>>404
給与はこの指標には含まれていない。

413 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:33:52 ID:L7MdSITmO
>>326
アメリカでは必ず努力が報われるとか
そういうアメリカンドリームを未だに信じてる奴がいたとは

414 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:34:57 ID:6PDBfndW0
>>407
雇用者一人当たりのGDP(労働生産性)
http://www.ggdc.net/dseries/data/ted/ted06II.xls

ルクセンブルク・・・・・・・・・・91,322ドル
アメリカ・・・・・・・・・・・・・・・・:86,286ドル (公務員は含まず)
アイルランド・・・・・・・・・・・・:84,617ドル (製造業生産性は世界一)
ノルウェー・・・・・・・・・・・・・:::82,964ドル
ベルギー・・・・・・・・・・・・・・:::81,778ドル
フランス・・・・・・・・・・・・・・・・77,851ドル
オーストリア・・・・・・・・・・・・:72,569ドル
フィンランド・・・・・・・・・・・・・:71,728ドル
イギリス・・・・・・・・・・・・・・・::70,797ドル
イタリア・・・・・・・・・・・・・・・・:70,708ドル
デンマーク・・・・・・・・・・・・・::67,108ドル
オランダ・・・・・・・・・・・・・・・:::69,160ドル
スウェーデン・・・・・・・・・・・:::68,635ドル
アイスランド・・・・・・・・・・・・::66,754ドル
スイス・・・・・・・・・・・・・・・・・::64,049ドル
ドイツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・:63,572ドル
日本・・・・・・・・・・・・・・・・・・・63,043ドル  ←
スペイン・・・・・・・・・・・・・・・::61,399ドル
イスラエル・・・・・・・・・・・・・::61,369ドル (2004年)

415 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 10:35:05 ID:uaHx5LZ40
>>332
その通り。

416 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:35:15 ID:KgrtMvBZ0
高付加価値ってものの方向性を、日本は間違ってるような気がするな。

高付加価値=過剰なサービス・不要な高機能化 ってのを改めなきゃ海外では勝負にならんだろ。
本来勝負にならないところをダンピングで何とかしようとするから、しわ寄せが労働者に来ていると見た。

そうすると、労働生産性が落ちる。必要な機能(限定機能)を適正な価格(廉売)でならいいんだが、
不必要な高機能を不当な廉売で、が今の日本。シェアを取るまでの価格戦略ならわからんでもないが、
シェアを築いた後でも廉売をやめない商売下手も生産性の低下に拍車をかけているのでは?


417 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:36:19 ID:7//mutU20
またWE導入の根拠作りか
経営者の能力についても世界レベルで比較してみろよw

418 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:36:46 ID:bPKJrea60
>>411
だから、このままじゃ公務員様の生涯年収維持が難しいから
もっと死ぬ気で働けよ奴隷ども!っておふれでしょ?
理由なく子供が自殺する訳だよなぁ。

419 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:37:25 ID:tSxUWKZH0
>>365
そういうことやろな。
ヘッジファンドなんてシステムを作り出したアメリカはやっぱ狡猾やわ。


420 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:38:10 ID:8fes9riT0
>>410
日本人は動き始めるまでは遅いが、一旦動き出すと異常に早いという説もある。

421 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:38:42 ID:9Ww+0xOK0
>>418
やる気のないやつに足鎖はめて死ぬまで奴隷労働させても
労働生産性は上がんないんだぜ。

422 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:38:52 ID:pPVNzPW80
>>413
統計的事実を元に言ってるだけなんだがwww
にちゃんねるしか情報源がないクズは黙ってろよ。

統計的に見れば、貧困から抜け出せないのは黒人とインディアンだけだよ。
ニューカマーであるヒスパニックも、インドシナ難民も、第二世代以降は
中間層にきっちりと入ってる

423 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:39:15 ID:BBWVs3br0
>>408
IT化といっても日本では未だに伝票等の紙に残された記録を後々まで大切に保管
する面がある。


424 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:39:49 ID:yzXwYGt0O
おまいらは努力が足りない
中国人は日本にある工場で、
時給350円で毎日13時間働くそうだ

おまいらが低賃金長時間労働すれば
俺たちの賃金が上がる

つまり、生産性が上がるね

425 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:39:59 ID:tSxUWKZH0
>>410
鋭いな。その通りやろうな。
結果的には、何時の時代も頭使う奴が買っちゃうんだよな。。


426 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:40:43 ID:leWHuT5g0
>>424
んなアホなw
中国なんて生産性の統計で未だに30位にすらランクインしたことないだろw

「馬鹿の単純な勤勉さ」は生産性にとって害悪でしかない。

427 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:41:21 ID:HVRNUaws0
>>388


世界一豊かな(はずの)アメリカはこんな国です。↓

▽3100万人の国民が飢えている。
▽4500万人が医療保険に入っていない(国民健康保険制度がない)
▽国民の8人に1人が貧困レベル以下(2人家族で年収140万円以下)の暮らし振り。
▽貧困児童数は先進国でもっとも多い1300万人。
▽乳児死亡数は1日あたり77人。
▽国内に350万人のホームレスがいる(そのうち50万人が退役軍人)。
▽国内には約2億3000万丁の銃がある。
▽銃によって死ぬ子どもは1日平均13人。
▽選挙では不正が横行(黒人投票者を露骨に排除など)。
▽大学に行けなかった者は一生のあいだ時給5ドル(あるいはそれ以下)の仕事にしか就けない。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4875252307/ref=sr_11_1/503-0687016-2159947?ie=UTF8



428 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:41:22 ID:9f8j5oTC0
そりゃ1つの仕事を、右から左へ受け流すだけで
報酬の40%もピンハネしてる国は日本だけですから。

429 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:41:55 ID:8fes9riT0
>>413
現実を直視せず、ドリームを信じて努力する者こそが勝ち組みになりやすいと思うが。

>>414
これには為替レートとか産業の種類も大きく影響するね。
円は安く、ユーロは高い。金融と石油は労せず儲かる。

430 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:42:46 ID:BBWVs3br0
>>424
中国での時給350円は高給だぞ

431 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:44:13 ID:HVRNUaws0
>.>403
ガス抜きと悪人探しだよな〜

不況が問題なのに、景気回復宣言してるからなw

432 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:44:18 ID:iyZ2ljUr0
>>429
アホみたいに円安喜ぶ国だからな。日本は。
賃金は下がれば下がるほど、通貨の価値も減価すれば減価するほど
日本人は喜ぶw

433 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:45:03 ID:HeuLqPaA0
>>426
>馬鹿の単純な勤勉さ
日本はこれで損している部分もあるが得している部分もある。
というかこれで得している部分こそ日本の優位点でもある。

日本人から凝り性から来る勤勉さを取ったら何も残らんぞ

434 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:45:05 ID:bPKJrea60
うちの場合、1日18時間労働で死にそうになってる人間が
いる傍らで、負荷の低い部署ではダラダラと仕事引き伸ばして
生活残業せしめてるヤツラもいたからな。過当競争の激化で
真面目な人間の身体が持たないトコまで来てる気がする。

435 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:45:41 ID:grz+KZa40
日本人は完璧主義だからだめなんだよ。
95%で良いのに、100%を目指してしまう。
この+5%のために膨大な時間をかける。これが無駄なわけよ。
まず国民の性格を直さないといけない。

436 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:45:43 ID:tSxUWKZH0
こういう数字に一喜一憂しなくとも、
日本には世界一流の技術さえあれば、どうとでもなるよ。多分。


437 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:46:05 ID:H8lsBLN80
アメリカには不法移民が多いからと言っている人たちは何もの?

不法移民なら日本にもいやというほどいますよ。中国人がうようよ

していますから。とても公表されている外国人の人数と、体感する

外国人の数が一致しないのですが。最近はどこの店にいっても

中国人の店員がいたりします。一歩道をあるけばあちこちから

中国語が聞こえてきますが。

438 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:46:24 ID:2P7UDBEj0
米国人は日本のようにサビ残はしていないはず。
日本は現場で数字をごまかしているから生産性はさらに低いことになるw

439 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:46:59 ID:BwY4uUhh0
>>436
その技術者を育てる理系教育そのものが冷遇されてます。

440 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:47:04 ID:ZVSRbI580
>>410
「国家として有効な戦争遂行・完結能力を保持しているか否か」
これだけ。

経済学とか経営学とかは基本的には戦争から編み出されたメソッドだからね。
(「システム」って言葉の由来がイギリスのレーダー網構築から来てるとかしってる?)
向こうの名だたる経済学者や経営学者あるいは経営者の類は、何らかの軍事的素養を持ってる。

まあ、何だか知らないけど、「日本はダメ欧米サイコー!」とほざきまくる
自称:リベラリストの類はこの事実からは全く顔を背けるんだけどなw。

441 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:47:14 ID:eHn6HeKU0
>>387
>アメリカの場合、恐ろしく安い賃金で働く人間が多いからね
労働生産性の意味わかってますか?
安い労働者を大量に雇っていたら逆に労働生産性は下がります。
アメリカの賃金は消して安くありません。

日本が労働生産性が異常に低いのは
最低賃金時給675円という先進国最低の賃金で無駄に人員を雇っているからです。
(特に運輸と小売業において顕著)
人をたくさん雇えば雇うほど労働生産性は下がります。
日本の企業は低賃金に胡坐をかいて、過剰人員の企業が多過ぎるんです。

この記事には書いてませんが、
アイルランド、フランスのような最低賃金の高い国は
アメリカの水準を越えています。
労働生産性が高くてもフランスのように不況の国もあるんで
一概に高ければ良い低ければ悪いというものではないですけど。

442 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:47:41 ID:Lucyimli0
>>437
確かに飲食店は外国人だらけだな。
東京だけの現象化と思ってたが、もしかして地方もそうなの?

チュン・チョンはアタリマエとして白いのや黒いのもやたら
見かけるようになった。
政府が口をつぐんでるが、実はもう外国人労働者の数は
空恐ろしいことになってるような気がする。

443 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:50:13 ID:g2Z4VVXm0
>>435
そこにエクスタシーを求めるからね
でも幸せにはなれない
落ちぶれても先進国の欧州風に気楽に生きたいね

444 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:50:22 ID:HVRNUaws0
>>440
嘘を言ってはいかんでしょ
大量生産のシステムは民が最初だし

国家総動員体制、総力戦による組織化モデルにし易かっただけでしょ

445 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:50:57 ID:2Y5MgJDd0
>>416
それはあるよね。例えば携帯電話でも、日本のものは世界一のハイスペックだろうけど、
各社が最先端技術を詰め込みまくってサービス合戦してるから、海外企業と純利益を比べたら苦しいだろうな。
しかも、そのサービスが消費者の需要とズレて無為になってる部分もあるから、さらに数字の効率が悪くなる。

446 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:52:51 ID:GeqBtYh70
生産性を上げると失業者が増えて国際競争力が低下するなら、
生産性を上げることになんの意味があるのかと。

447 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:53:21 ID:7Y3Oj5wZ0
給料上げれば付加価値も上がるから労働生産性も上がる。

448 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:53:28 ID:Lucyimli0
>>440
アメリカの教科書のデッドコピーでしかないと言われる
日本の大学でMBAとった俺ですら初めて聞く珍説だなw

あんま嘘ばっかぶっこくと近代経営学の祖、テイラーが
墓から這い出てくるぞw

449 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:53:29 ID:BEejNb410
アメリカ人を奴隷として働かせてその利益を日本が搾取する。これが日本のやり方。
だからあえて日本の生産性をあげる必要はない。海外の奴隷どもの生産性があがればそれでいい。


450 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:54:59 ID:gHyAwrM20
>>446
>生産性を上げると失業者が増えて国際競争力が低下するなら、

前段と後段に何の関係もない。
従って君の疑問自体がナンセンス。

失業者の増加しても、国際競争力には無関係だろw

451 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:55:33 ID:KblLg3y7O
生産性はそこそこなのにGDPは実質マイナス成長という皮肉
モノ・サービスは売れてナンボですな
生産性ばかり考えても仕方ないと思う

452 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:55:36 ID:BUW8tXwT0
なんつーか、一つの指標にしかならんよな
で、現状の問題点をどうとらえ、解決していくかの。

453 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:55:40 ID:NQLkHzdq0
製造業の生産性はトップクラスなんだよね
で、何が生産性を落としてるかって言うと
だが要らないモノは多いけど、失業率上げるよりはマシって話に

・小規模農業
・ピンハネ業者が多い(土木・IT・流通等)
・小売業者数が過多
・IT業界がボロボロ

454 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:56:18 ID:HeuLqPaA0
>>446
労働生産性上げる>失業者増える>マズー
国際競争力上げる>失業者増える>マズー

日本では何をどうやってもマズーにしかならないんだよ。
平民には

455 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:56:39 ID:tSxUWKZH0

生産性の分母には、無職は入らない訳ね。


456 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:57:22 ID:PYANoHEeO
食肉加工場なんかでも飴どもはオラオラでラインをこなしていくが、これも労働生産性を上げとるの?

457 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:57:44 ID:gc0fb2dR0
海外の統計だと
アメリカ100
欧州110
日本55
くらいだったと思うけど。
日本の生産性は先進国の半分ってのはいろんな統計から出てるみたいだね。


458 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:57:46 ID:x+dSToqtO
私の労働生産性は125万です

459 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:58:00 ID:H8lsBLN80
>>453
異常なまでにいびつな産業構造は日本独特のものだな。


460 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:58:03 ID:C7y5oXqA0
>>446
生産性を上げると失業者が増える ○
生産性を上げると国際競争力が低下する ×



461 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:58:03 ID:jxjddz4G0
そりゃ労働時間が糞みたいに長いからなw

462 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:58:18 ID:bPKJrea60
>>445
社会資本が充溢した後も、競争原理至上主義のまま
無理やりニーズをひねり出してるから過剰サービス
の空転に陥る。それで労働者磨耗させてりゃ世話無いわな。

463 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:58:34 ID:q+iL/8qI0
おれの会社無駄ばっかり 勤務時間のうち6割無駄に見える さらに通勤時間入れると7割5分



464 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:58:48 ID:a5xDnuvV0
ここで言う労働生産性は、賃金を抑制するための動員のコトバだな。
賃金が下がる自由だけを認めるというのは、奇妙な規制緩和。
賃金が上がる自由を同時に認めてこそ真の規制緩和だろ。

465 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:59:25 ID:gHyAwrM20
>>453-454
だから製造業の生産性向上で余った失業者は、娯楽などのサービス系の産業にシフトしなきゃいけないのよ。

そうやって「音楽や芸術にあふれた豊かな日本社会」を作ることが出来る。


が、現実に企業がやってるのは生産性向上した分を海外に送り、従業員にはサビ残で余暇や娯楽の時間を奪う。

これじゃ生産性向上が国民生活の向上につながらないのは当たり前。


466 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:59:32 ID:2P7UDBEj0
日本は失業率ランクでは優秀なんだよな。

467 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 10:59:54 ID:ZVSRbI580
>>444
あれでしょ?戦争とか軍隊とかアメリカとか、そう言う類の単語が嫌いなんでしょ?
気持ちは分かるんだけどね・・・。

例えば、「リソースの集中」って概念は歴史をたどれば戦術や戦略に行き着くしかなくなる。
「必要最小限のインプット(兵力)で、設定した目標以上の成果を得る(戦争目標の達成)」
これは古来より連綿と続く経営や経済学の基礎だぞ。
もっと言えば、戦争って巨大な経済活動だし。

戦争が出来ない=国家や資源の有効な運用が出来ない=弱小国
だかんね。

ちなみに、戦後のある時期に日本のマネジメントがデミング博士の手を借りつつも
世界を席巻したのは、戦争経験の有無と決して無関係ではない。

468 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:00:41 ID:tSxUWKZH0
>>453
そりゃ、圧倒的に公務員でしょ。
数が違う。

469 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:00:57 ID:C5+RuGuU0
ITによる効率化が、失業を招くかもしれないと考えて
いるなら、まだましだ。中低流の労働者はいまだに
ITを使うことすらまともにできない。

470 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:01:40 ID:Qsq/ldxK0
>>464
労働生産性とは賃金は関係ない指標だよ。
一人当たりの粗利の額のこと。

471 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:01:41 ID:HVRNUaws0
>>445
そもそも規格自体が世界の主流で無いから悲惨だ

472 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:02:05 ID:VV+iqWqN0
サービスの部分がおおいからな、日本は。
仕事といいつつ無料でやるケースがおおすぎんだよな。
この労働生産性つーのは眉唾と思う。
あまりにもシンプル過ぎ。

473 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:04:18 ID:u6XCWJ8C0
簡単に言えば日本の労働者は未だに銃剣突撃してるんだよ
資本が充実して大量の火力支援が期待できるのにな

474 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:04:18 ID:C7y5oXqA0
>>472
ゆとり乙

475 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:04:27 ID:C5+RuGuU0
生産性の低さを、いまだにIT導入が遅れているから
であるということを認められず、労働慣習の違いだとか
移民政策の違いだとかに、原因を求めている。
今後ともIT導入による効率化は日本では遅れていきそうだな。

476 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:04:28 ID:H8lsBLN80
農業と土木が足を引っ張っているのかな?

経済学はよくわからないけど、一部の製造業などは国際競争に晒されて
生産性が高いんでしょ。でもって、農業とか土木とかは日本国内で
甘やかされすぎてだめだめ。

477 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 11:04:50 ID:uaHx5LZ40
>>451
売れないモノ・サービスは分子として計上されない。

478 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 11:06:08 ID:yxEd2SWo0
>>472
金取れるサービスから金取ってないよな
アホ過ぎる
結局ただ働きだ

479 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:06:38 ID:HeuLqPaA0
>>473
日本の経営者は火力支援なんてする気はないけどな。
そんなマンドクセー上にコストかかる事をするなら兵士の教練コストをほぼゼロにして
永遠に突撃させていた方が安上がりだから。

奴隷労働者が極少数の奴隷商人に使いまわされる世界の出来上がり

480 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:06:46 ID:HVRNUaws0
>>467
>「必要最小限のインプット(兵力)で、設定した目標以上の成果を得る(戦争目標の達成)」

ダウトw 
戦争学をもう一回勉強しなおせw

448でも言われてるけどね
2チョンはこんな珍説に溢れているから凄いw

481 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:06:49 ID:ZVSRbI580
>>448
煽ってるんじゃなくて、マジで言うんだが・・・。
ちょっと、その講義で使用された書籍とか、できれば教授を教えてくれないか?
(個人的に興味があるんで)

経営学の歴史を語る上で、戦術とか戦略的な話が出てこないのがオカシイし、
そもそもが経営に使用される言葉で戦争に関連してるのって結構あるだろ。


482 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:06:59 ID:gHyAwrM20
>>473
いい喩えだなw

銃剣突撃で日露戦争に勝ったからって、21世紀まで銃剣突撃の訓練するこたないのに、未だに日本の経営者は銃剣突撃を金科玉条にしているわけだ。


まあ、上に行くほどバカになる日本の教育システムはホント何とかした方がいいな。
戦前と変わらんよこれじゃ。

483 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:07:00 ID:tSxUWKZH0
日本の携帯は世界一の性能なのに、
世界市場を見れば、ノキアなんて会社に圧倒的に大差をつけられてる現状は
日本企業の駄目さ加減を物語ってる。
技術は一流でも、マネジメントが三流。


484 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:07:08 ID:SJxg8MbB0
簡単だよぉ。
労使の馴れ合いが無くて、「比較的」安易に人をリプレイスできるから。
人件費をより圧縮できるし、無能な人間がただ単に長くいるでけででかい
顔はできない。ニッポンでもやるかぇな?現状が極限じゃないよぉ。

485 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:07:09 ID:Qsq/ldxK0
>>476
簡単にいうと儲かってない業界は労働生産性が低い。
同じ仕事していても例えば競合店のスーパーが倒産して
自分の店が繁盛したら労働生産性が上がったことになる。

486 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:07:19 ID:BEejNb410
生産性の高いアメリカは大赤字。生産性の低い日本は貿易黒字。
この生産性の数字はちょっと信用できないな。


487 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:07:49 ID:pPVNzPW80
つか、労働生産性の定義もわからないバカがこれだけ増えたことに驚き。
二チャンネルのレベルの低下は著しい
黎明期には氷河期世代の高学歴ニートがささえたにちゃんねるも
最近は、ゆとりバカと、リストラ無能中年の吹き溜まりになったから
知的レベルが下がったんだよな

488 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:08:51 ID:9gbENpjr0
>>475
でも、例えば農業へのIT導入を例に取ると

アメリカとかフランスの広大な小麦畑に肥料をまく無人ヘリコプターや収穫するロボット操作する
プログラムは簡単に書けそうだけど、日本の複雑に入り組んだ水田とか段々畑は難しいだろうな。


489 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:09:38 ID:2VodTfZ00
内閣府の統計調査なんて、自分達の考えている政策を遂行するのに都合の良いものしか
出さない。統計の取り方もいい加減、分析もいい加減、調査生データは非公表

真に受ける方が馬鹿としか言いようがない

490 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 11:10:14 ID:uaHx5LZ40
と、低脳が喚いておりますw>489

491 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:10:39 ID:BUW8tXwT0
>>483
まぁ〜のほんの企業は国内シェアで満足、満足ってところあっからなー

492 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:10:43 ID:HVRNUaws0
>>482
日本は上は責任を取らない体質なんだよな
米国も主流の所はそんな感じで運営されてるな

493 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:10:53 ID:ZVSRbI580
>>480
だからさ・・・。
煽ってるんじゃないんだけどね。

戦争するときに国の中の人員とか資源のコントロールなどは行われなければならないし、
何時始めて何時終えるのか?
「勝利達成目標は?敗北条件は?」

↑この手の設定はちゃんと行われるでしょ?
んで、コレが出来ないような国家はそもそもが滅んでいくしかない。

494 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:10:53 ID:NTRGOcVwO
文系が無能なので、足を引っ張っているのです
技術一流、マネジメント三流

495 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:11:04 ID:Lucyimli0
>>481
経営学史と名のつくものなら何でもいいから読んで見ればよいw
普通の本ならテイラーやフォーディズムの話は間違いなく出てくる。

戦略的な話が出てこないわけは無いが、
経営戦略と戦争戦略じゃ発生した土台があまりにも違いすぎるw

496 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:11:30 ID:gHyAwrM20
>>486
>生産性の高いアメリカは大赤字。生産性の低い日本は貿易黒字。

それは君の赤字と黒字の概念が間違っているだけだw

経営で言えば日本がアメリカ国債を買うのはアメリカという会社の資本金を増額しているに過ぎない。
バランスシート上は「負債」だが、実質はアメリカの価値を高めているだけ。

ちなみに日本の国債残高も一緒。あれは会社で言うところの「資本金」。
日本は好調で増資に次ぐ増資をして資本金を800兆まで増やしてるの。

それを頑張って痛みに耐えて減らそう!とやってるのが構造改革w

497 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:11:45 ID:G0SQdZqm0
底辺の労働者を低賃金で
人間の駒のように上手く操って、
経営トップ連中の懐には
何億も転がり込むというアメリカのマフィア的な生産システムが
良い訳がない。これが本当の格差社会

498 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:12:20 ID:Qsq/ldxK0
>>488
大量生産するのも生産性を上げる要素だけど
二倍三倍の価格で売れる製品を作るのも
生産性を上げる要素だよ。

だから日本の米が海外で高品質米として高額で売れるようになれば
同じ出荷量でも労働生産性は上がる。

499 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:12:21 ID:HeuLqPaA0
>>488
日本の田舎は狭い国土で以下に農作するか、その上で周囲の自然をそれにいかにうまく使うかを
何百年も試行錯誤して行き着いた境地だから、絶対的生産性だけでみたらアメリカとかの大規模農業には勝てないんじゃね?

環境負荷とか郷土文化保護考えたらまた違う結果が出るかもだから、経済のしかも一面だけ見て全てを判断するのはどうかと思う。


500 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:12:23 ID:pPVNzPW80
>>486

だから、労働生産性の定義もわからないバカは黙ってろよ。

アメリカは自国の労働者が、生み出す付加価値以上に消費行動が旺盛だから貿易赤字
日本は、リストラだの年金問題だので常に脅かされてるから、消費が低迷してあまった生産剰余能力が
貿易黒字を生み出してる。

労働生産性が高くて貿易赤字を出すのはぜんぜん不思議じゃないんだがwww


501 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:13:19 ID:Gcdh+k5D0
そりゃ生産性低くなるだろう日本はIT化が意外に進んでないから。団塊の失業対策とかで
企業がIT化を遅らせてきた感じがある。JRで地方に自動改札ができ始めたのも作らないように
労組と協定があったらしいし。

まあ、社会保険庁の件は論外。

502 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:13:23 ID:cz5LTW2w0
>>496
国債を買うと簿記上では負債に計上するんですか!知らなかった

503 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:13:45 ID:eHn6HeKU0
>>489
もともとは2006年OECDのデータ
これは信用できると思うよ。

504 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:14:17 ID:i7xPcY2A0
良くわからんが、日本は手間隙かけて金を稼いでいるってこと?

505 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 11:14:22 ID:uaHx5LZ40
>>496
資本金ならば償還期限もないし、利息も取られない。
国債はあくまでも負債だ。

会計の基礎の基礎くらい理解してから書き込め>あほう

506 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:14:35 ID:SJxg8MbB0
申し訳ないが、レールに乗ってただ単に働いているやつらと、判断をするやつらの
報酬は違うのは当然だろう。社会は福祉じゃないよぉ。

507 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:14:53 ID:gHyAwrM20
>>502
・・・orz

分かりやすく説明してるつもりが、これだからな・・・
そりゃ構造改革に夢中になるわこの愚民の国は。

508 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:15:11 ID:2VodTfZ00
>>503
おおおお
これは大変失礼しました

509 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:15:18 ID:BBWVs3br0
>>483
俺のように携帯は通話と目覚まし機能だけあればいいという人間にとって、カメラだ
ワンセグだ、お財布ケータイだと色々な機能を付けて、値段を高くしている携帯は魅
力的でない。
最低限の機能でバッテリーの持ちが良い安い携帯を作れ

510 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:15:38 ID:Qsq/ldxK0
>>501
IT化は万能じゃないよ。
実際に企業のIT化が進んでも収益には影響与えてないでしょ。



511 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:15:46 ID:VjOVCMti0
不法移民マジックかな


512 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:15:58 ID:Gcdh+k5D0
>>499

大規模化は必要ないぞ。日本は農産物の付加価値化でも図らないと規模では絶対勝てん。


513 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:16:08 ID:1HgwN+5f0
>>493
お前は空軍司令官にIT企業コンサルタントをやらせるつもりか?
すぐ潰れるぞ、んなもん。

国家の資源を動員して、無理になったら増税したり徴兵したりして
ある程度までコスト度外視で遂行できる戦争と、
市場の制約に制限され、追い詰められたからって消費者から
勝手にカネを巻き上げたりどっからか労働者を勝手に連れてきたり
はできず、利益を上げないとそのうち潰れる私企業じゃ
ストラテジーがあまりにも違う。

514 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:16:18 ID:HeuLqPaA0
>>507
まぁでもあんま愚民愚民と言わん方が良いぞ
自分も自分が知らない分野では愚民だしな。

人を呪わば穴二つ

515 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:16:43 ID:nXkR3X8P0
1人当たり労働生産性(2006年、高い順に)
http://www.ggdc.net/dseries/data/ted/ted07I.xls

ルクセンブルク100,286ドル→アメリカ合衆国90,112ドル→アイルランド86,751ドル→
ベルギー85,480ドル→ノルウェー85,051ドル→フランス81,151ドル→フィンランド77,674ドル→
オーストリア76,253ドル→英国74,457ドル→スウェーデン72,978ドル→イタリア72,799ドル→
オランダ72,609ドル→豪州72,298ドル→カナダ70,784ドル→アイスランド70,615ドル→
デンマーク70,555ドル→スイス67,797ドル→イスラエル67,191ドル→ドイツ66,631ドル→
日本65,628ドル→スペイン63,075ドル→ギリシャ62,630ドル→マルタ54,896ドル→
スロベニア52,340ドル→ニュージーランド52,149ドル→キプロス50,195ドル→韓国49,794ドル→
ハンガリー49,601ドル→ポルトガル45,999ドル→チェコ45,142ドル→クロアチア44,750ドル→
スロバキア44,728ドル→エストニア40,269ドル→ポーランド40,204ドル

516 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:16:45 ID:9gbENpjr0
ニートの生活が一番IT化してるよな。

517 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:16:58 ID:K6I7PVkL0
お前らがいくらウダウダ言ったってお前らが理解して無い事が一つある。
それは実質的にアメリカと日本の労働生産性がどちらが高いかが問題なんじゃない。


内閣府がが日本の方が労働生産性が低いと認めたという事。
その認めたという事実に沿ってこれから政府の方針が作られる事。


内閣府が認めた事は例え黒でも白。
この事実の前にアメリカの方が不法移民が多いからどうのこうのとかを並べてみても意味が無い。

518 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:17:06 ID:C7y5oXqA0
生産性をよくする方法

労働者の賃金カット
サービス残業の徹底
不用社員のリストラ

519 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:17:53 ID:zs+X9sCR0
>>497
それって、便所経団連日本のことだろ。
派遣屋もな

いつまでも昭和の日本の幻影を
追うなって。

520 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:17:58 ID:AB0h7vSc0
株を転がして動く金の方が、ものをつくって動く金より
はるかにおおきいことを考えるとこんなもんだろうな。


521 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:18:04 ID:v15z1Otc0
>>507
どうみても会社なら破綻してるぞ
格付けから考えても信用買いは普通されない

522 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:18:12 ID:Qsq/ldxK0
>>504
そうだね。単純に大もうけできれば労働生産性が高い仕事になる。
弁護士とか経費はかけなくても時給は1万くらい稼ぐでしょ。
ああいう仕事が生産性高いと分類される。
内職で1000個作ってもそもそも付加価値が低いので労働生産性は
低いとされてしまう。

523 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:18:40 ID:Gcdh+k5D0
>>510

与えるんだよ。なぜならいままで経理や総務といった団塊が幅を利かせてきた
部署の自動化を図るわけだから。それに少子化で人手不足になるから企業もIT化に
本気で力を入れ始める所もある。こないだNHKで日本はIT投資には消極的というのがランキ
ングで出たとか言ってた。セキュリティにはカネかけてもITで富を生み出そうという
方面にはカネ使ってないと

524 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:18:48 ID:BEejNb410
>>496
アホか。日本が貿易黒字ということはアメリカ人がアメリカ製より日本製の方が安くて品質がいいから日本製を買うということだ。
日本の方が労働生産性が高いのは明白だ。


525 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:18:51 ID:tSxUWKZH0
アメリカの会社だと、上層部はMBA(経営学修士)を持ってるのが常識らしいね。
日本の偉い方は、、、寝技だけw
そりゃマネジメント三流だわ。

526 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 11:19:34 ID:uaHx5LZ40
労働生産性の定義を理解してから書き込め>518

527 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:19:47 ID:HVRNUaws0
>>489
政府発表のバイアスは凄いからな
出生率は「外国人を含んで」1.32とか発表してるものなw

528 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:20:50 ID:1HgwN+5f0
>>524
その理論が正しいなら日本の2/3もない人口で現時点で
世界で一番貿易黒字を上げてるドイツは日本より
遥かに労働生産性高そうですねw

529 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:21:37 ID:Qsq/ldxK0
>>518
> 生産性をよくする方法
>
> 労働者の賃金カット
> サービス残業の徹底
> 不用社員のリストラ

リストラとサービス残業は労働生産性に関係あるけど賃金は関係ない。
労働生産性とは一人当たりの付加価値(粗利)のこと。
だから薄利多売は生産性が低いのよ。

530 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:21:44 ID:C7y5oXqA0
>>526
生産物/資本・労働力投力

531 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:22:02 ID:HeuLqPaA0
>>525
うちは社長の息子(大学生)が卒業したらどこかの会社で修行もせずにいきなりTOPに居座るらしい。
高校生の時から小僧は仕事ごっこしてたがはっきり言って邪魔でしかない。
しかも指示する事に慣れちゃってるから人への敬意とか全然払えないし。
力は欲しいが責任は取りたくないらしいし。
俺はこの前そんな奴に給料査定されたしwwww

もうどんなやねんと

532 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:22:04 ID:cz5LTW2w0
>>507
分かりやすく説明してるつもりだろうけど、そうなってないから突っ込んだのになあ

533 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:22:14 ID:SJxg8MbB0
>生産性をよくする方法

>労働者の賃金カット
>サービス残業の徹底
>不用社員のリストラ
皆と同じように働いているだけで満足なやつの賃金はカット。
サービス残業は廃止。効率の悪い残業よりは、頭を休めて斬新なアイデアを聞きたい。
不用社員はいない。だた、サラリーとマッチしない雇用者をいかにして減らすかが重要。


534 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 11:22:23 ID:uaHx5LZ40
とりあえず晒すわwww


530 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/06/06(水) 11:21:44 ID:C7y5oXqA0
>>526
生産物/資本・労働力投力



535 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:22:39 ID:GPQcT2SI0
単に効率の良いシステムを作る能がないだけ。
雇用側も被雇用側も封建時代と大差ないメンタリティだからなw

536 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:23:03 ID:gHyAwrM20
>>505
国債を償還と同額発行して借りつないだ場合、外形的な現象としては株券と同じように一定の配当金(利息類似)を吐き出しながら維持するということになる。
国家経済をバランスシート的に見る場合、国債は日本のような安定国家では株主資本金と同様に看做した方が実態に近い。

そもそも企業でない国家をバランスシートで解釈すること自体がナンセンスだがな。
あえてバランスシートに置き換えれば、そうなるということ。

>>514
愚民といわれるリスクも背負ってるんだから、別にいいだろw
バカにされた事は悔しいから勉強するし、良く覚えるもんだ。

>>515
はっきり言って、イタリアに負けてるのは屈辱w

あいつらに負けるのか日本は!


537 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:24:00 ID:Gcdh+k5D0
>>525

経営陣は外部から招くし、使えないとスグに役員会でクビにされるのがアメリカの
上層部。

538 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:24:25 ID:C7y5oXqA0
>>529
資本と婦入と賃金の相関関係をばっさりと否定されてもどうしようかと?

539 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:24:37 ID:zs+X9sCR0
>>524
品質いいんなら高く売れよ。
奴隷ばかりの日本ww


540 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:24:41 ID:tSxUWKZH0
>>510
今は当たり前だからね。ライバルも当然使ってる。
個人PCなしで、メールもプリンタもデータベースも使うなってことにされて、
数千人の社員が昔のように手書き資料と電話だけで仕事するようになったら、
そんな企業は直ぐに倒産するよ。


541 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:24:42 ID:jNY9vpHO0
日本は秀才バンザイ国家だからあまりパッとするのがない。
どうしても時間をかけて作りあげていくしかないんだよね。
途中でやめたりすると効率が下がる。
下手な現場では常に起こってる現象だな。特に派遣中心になってからひどい。
効率の悪い社会システム。

542 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:24:56 ID:TNw1z5uZ0
日本の経営は常に低付加価値経営・低価格競争ばかりですから、

労働者は幾ら酷使されても労働生産性は常に低く出ます。

はい。

543 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:26:27 ID:HVRNUaws0
>>531
普通は大手に入れて修行させるらしいが・・・マジかw
現場は人間性で持っているところも有るからな・・・なんか凄い事になりそう

544 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:26:33 ID:a5psEro30
国際競争してる業種に限ると、日本の生産性は
アメリカを上回るんだろうな。


545 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:26:33 ID:ZVSRbI580
>>513
ほへ?
何でそんな話になるのか?
状況に応じた戦略や戦術設定が存在するのは当たり前の事でそ?
まあ、空軍司令個人単体はともかく、作戦立案スタッフが
民間に流れてその手の仕事についてもオカシクはないと思うけれども。

あくまで歴史的素養の話なんだけどなあ・・・。

たとえば、生産現場のリスクマネジメントもセーフティマネジメントも
もとは軍隊のモノだし。

もっというと、今回のスレのネタは
>内閣府は5日、海外の経済情勢をまとめたリポート「世界経済の潮流――2007年春」
であって、そのなかで国家として労働者というリソースをどう有効活用すべきかという話だべ?
全然無関係じゃないと思うんだけど。

546 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:27:14 ID:1HgwN+5f0
>>530
労働力投力ってのは労働者を遠くに投げ飛ばす力のことか?w

誤字に関する冗談はさておき、生産物ってのは明白な間違いな。
「付加価値額」か「売り上げ」だったらともかく、生産物では
それが利得に結びつくかどうか不明瞭だからな。
あと労働生産性の分子に資本が来るのも完全におかしい。
資本生産性ならともかく、労働生産性の分子に資本は必要ない。

いくら生産物作ったって、売れずに在庫の山になったら
生産性は上昇しないんだぜ?w

547 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:27:18 ID:Gcdh+k5D0
>>531

その企業将来暗いな。こういう場合取引銀行の査定で「あそこは次の社長はどら息子で
危険性高いから債権の査定は厳しくしておこう」となる。マジな話です。銀行は企業の財務内容が
良くても与信はそういう観察で決める場合が多い

548 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:27:35 ID:Qsq/ldxK0
>>540
いくらIT化が進んでも無駄な会議とか営業とかで上手く活用されてない。

アメリカの場合は賃金の安いインドに事務作業を移したり、遠隔地との
連絡ツールとしてフル活用したり。
日本はメールだけだと失礼だから挨拶に伺うだろ。
だから余り経費削減にならない。

549 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:27:57 ID:nXkR3X8P0
>>536
イタリアは長年、勤勉で裕福な北部がのんきで貧乏な南部を食わせている構図。
補助金(日本で言う交付税・租税還元)にしても、北部は払い損、南部は貰いまくり。

550 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:28:02 ID:i7xPcY2A0
分母が全ての労働可能な人口なの?
アメリカはありえないと思うんだが。

551 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:28:05 ID:HeuLqPaA0
>頭を休めて斬新なアイデアを聞きたい。
斬新なアイディアなんぞポンポン出るもんでもないと思うがなぁ、、、
携帯業界はそれで行き詰ってどうでもいい機能を入れてアホみたいなスパンで
新機種発表して、それのために技術者使い潰して
もうすぐ崩壊する寸前なのに。

あ、技術者は使い捨てだけどどうでもいいアイディア出した馬鹿な企画とかデザイナーは
設けてるから、そういう意味では生産性高いのかもな

552 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 11:28:09 ID:yxEd2SWo0
>>539
本当は、日本の物もサービスももっと高く出来るんだよな
海外と比べ経営者の出来があまりよろしくないのだろう

553 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:28:18 ID:9gbENpjr0
就職氷河期というものを存在させたこと自体が社会の非効率。

政府が米の製造・販売を管理するように新卒学生を管理すべきだった。
新卒無業者の経年劣化は異常。古米どころじゃない。

まあ新卒失敗組、ニート、フリーター、ワープワは「支援」の名のもとに低スキル・
低賃金の和製中国人化できるから日本経済にとっては労働競争力がつくかもな。

そう考えると氷河期自体が国策だったのかも。

554 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:28:57 ID:C7y5oXqA0
>>534
そんなもの晒さなくても、辞書ひけば出てくる。

ゆとりは辞書すらひかないのか?

555 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:29:43 ID:8fes9riT0
>>435
安全性とかクレーム対策の意味もあるんじゃないかな。
莫大なコストをかけても完璧を期さなくては世間から叩かれるし。

556 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:29:45 ID:WjBixDa10
>>554
天然ですか?

557 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:30:14 ID:pPVNzPW80
>>510

万能ではないけれど、かなりの業種には有効。
日本の労働生産性が上がってないのは、無能団塊が
IT化に対して抵抗してきたことが一番の原因

558 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:31:02 ID:SJxg8MbB0
日本の労働市場がどれだけいいと思っているのやら。
先人たちが、能力のない人でも「生きられる」社会再分配の仕組みを
深く社会に組み込んだからなんだよぉ。おじいさん、おばあさんないしは
それ以上の世代に感謝すべきなんだろうねぇ。

559 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:31:04 ID:HVRNUaws0
>>545
彼の言ってる事は正しいよ
君は理論的な共通性を語ってる

彼はモデルとして前提条件が違うから比較対象にならないと言ってる

正直強引な理屈だね
風が吹けば桶屋が的なw

560 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 11:31:11 ID:uaHx5LZ40
>>556
天然でしょう。

日本の人的資源劣化の典型例ですね・・・

561 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:31:13 ID:9icwtc050
仮に10でも1000でも、何も変わらんよ

562 ::2007/06/06(水) 11:31:14 ID:OHDbFV5K0
資本装備率の問題なのか,技術進歩の停滞の問題なのか,はっきりさせることが大事だな.
いまの政権(とそのブレーン)には,「生産性をあげよう」といふお題目を繰り返すばかりで,
その能力が無い.

563 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:31:15 ID:C7y5oXqA0
国語辞書との一致 (1〜1件目 / 1件) 検索辞書:大辞泉 提供:JapanKnowledge

せいさん‐せい【生産性】
生産過程に投入される生産要素が生産物の産出に貢献する程度。

ttp://dic.yahoo.co.jp/dsearch?dtype=2&p=%C0%B8%BB%BA%C0%AD


低いレベルの話がめんどくさい

564 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:31:17 ID:zs+X9sCR0
>>552
奥田なんか、日本人を絞って
雨公に極上の製品を只同然で
献上するのが国際貢献と
思っているんだろ。

565 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:31:41 ID:Le9x5M/F0
>>554
横レス。
ゆとり世代の俺だが、辞書を引いても正解を持ってこれない
アンタに馬鹿にされる言われは無いと思うな。
それとも、お前の辞書にだけ労働生産性の分母に資本が入ってんのか?
出版社どこだよ?(w

566 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:32:26 ID:8fes9riT0
>>439
技術屋が権力を握ると技術優先で収益性を低下させる傾向にあると思う。
つまり労働生産性の向上というテーマに関して、短期的には理系を冷遇すること
こそが正しい経営戦略かと。俺は反対だけどね。

567 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:32:34 ID:Gcdh+k5D0
>>540

ペーパレス化がさらに進むかと。うちの会社はすでに事務の諸届けは退職願い以外は
電子申請になってしまったし。

>>543

大手でなくても普通はコネ作りも兼ねて10年くらいは会社勤めさせる
んでないの?それか地元銀行に入れて財務諸表の見方とかを勉強させるとかな。


568 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:32:37 ID:OfxUUc9n0
>>1
原因は簡単。
コンピュータ使いこなせる中高年が少ないからw
アルファベット圏ではパソコン普及する前からタイプライターでキーボードには
慣れているからな。

569 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:32:39 ID:KUBfgrTN0
ようするに物流が駄目駄目ってことでしょ。

10車線ぐらいある高速道路をどかんとつくってやれば良いんだよ。

570 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:32:43 ID:Qsq/ldxK0
>>538
> >>529
> 資本と婦入と賃金の相関関係をばっさりと否定されてもどうしようかと?

労働生産性の定義だよね?一人当たりの付加価値(言い換えれば粗利)のことだよ。
だから資本とか賃金は関係ない。
労働生産性を上げるには人を減らすか、売り上げ(粗利)を上げるかのどちらか。

>>557
IT化で売り上げ(粗利)が上がるなら有効だけど
実際はコンサルタントに乗せられて意味の無い投資をしてる場合が多い。


571 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:34:04 ID:HeuLqPaA0
>>543
>>547
もう凄い事になってるよorz
まぁうちは零細ITだから親族経営だからある程度は仕方ないけど、これはちょっとな。
小僧が大手サイトの真似事みたいなシステムで商売したい(但しそれに対してのビジョンはゼロ)と妄言してきた時
俺は技術者として判断が難しい事も色々あったから「検討してみないと分からんしリスクもある」という回答を繰り返したら
「あなたは僕の言うことに少しも賛同しない。やる気があるとは思えない」
とかいわれたし。
20の小僧に。
危うく殴る所だった。
はよ辞めたいorz


572 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:34:13 ID:bPKJrea60
>>536
うぐあ!!ホントだ。イタ公に負けてる〜><
あんな国民総スローライフっぽいとこ以下なのか・・・

幸福感の定量比較したら、日本はイタリアの1/3にも
届かないんじゃなかろうか・・・orz

573 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:34:16 ID:gHyAwrM20
>>564
一企業が生存戦略としてやる分には仕方ない面もある。


が、政府与党経団連がこぞって「トヨタモデルを見習おう!」

合成の誤謬発動しまくり

この国のトップはホントに「頭のいい勤勉なバカ」しかいないんじゃないかと思うぞw



574 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:34:35 ID:2Y5MgJDd0
ただ、「消費者だけ」の目線から考えると、労働生産性ばかりが高い企業ってのも嫌ではあるよな。

消費者は基本的に、例えば「1,000円でどれだけのサービスを受けられるか」を求めるんだから、
それに企業がより多くのサービスで応えようとするほどに、労働生産性は落ちてくって事だろ?
ただコーヒー一杯を400円で売る普通の喫茶店と、同じ400円の売り上げの為に数万冊の蔵書を維持してるマンガ喫茶では、
後者の方が労働生産性は格段に低いんだもんね?

575 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:34:43 ID:SJxg8MbB0
ははっ!
斬新なアイデアは1ステップ。結果がその次。努力は頭があれば誰でもするよ。
結果が伴わなければ、「しかたがないねぇ」。

576 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:34:50 ID:8fes9riT0
>>441
>日本の企業は低賃金に胡坐をかいて、過剰人員の企業が多過ぎるんです。

無職よりはマシという考え方もあるからなあ。

577 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:35:21 ID:CCkBZ9dx0
>>143
アメリカと日本の労働者の意識はその通りだと思う。
実際に首になって企業ぼろ儲けってのはアメリカの方だけど。
アメリカ人は前向きすぎ、日本人は後ろ向き過ぎかもね。

578 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:35:42 ID:uIz1TW5w0
無駄が多すぎる、コンビニの深夜営業なんて元取れてるのか

579 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:35:56 ID:cz5LTW2w0
>>571
辞めればいいだけじゃん

580 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:35:58 ID:6ihSdDyw0
UPUP

581 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:36:32 ID:Gcdh+k5D0
>>571

無理に大手の真似して背伸びしようなんて失敗の典型でないか。見切りをつけるなら
早く見切りをつけたほうが良い。


582 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:36:35 ID:5YPauI0J0
これって国土面積も関係があるよな。いくらでも土地があるアメリカに敵うわけが無い。

583 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:37:02 ID:8fes9riT0
>>447
その給料の原資をどうやって調達するかが難問だけどね。

584 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:37:03 ID:SV4CZBsV0
>>518
>生産性をよくする方法

>労働者の賃金カット
>サービス残業の徹底
>不用社員のリストラ

外国人研修生をバンバン雇う

585 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:37:19 ID:KUBfgrTN0
5車線ある高速道路を 青森〜山口 まで4本ぐらいどかんと通せば良い。

そして大阪〜東京までドイツのアウトバーンみたなのを5本ぐらい通せ。そしたら
大分ましになる。

586 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:37:35 ID:C7y5oXqA0
生産性が低い=悪
でもあるまいし、一つの指標だけを取り上げて結論出す奴が多いがいかがなモノかと。

公務員の生産性はびっくるするほど低いが、無能な労働者の雇用対策にもなっている側面は無視できない。

587 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:37:40 ID:Le9x5M/F0
>>582
ハナクソみたいな国土しかないルクセンブルクや、
狭い北欧諸国が軒並み生産性に関しては高水準に居座ってる件について

588 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:37:41 ID:KblLg3y7O
>>569
国の借金増えそうだな…
ロジスティックスは燃費の問題が大きい
モーダルシフトが重要、と安直なことはいわんが陸上輸送・海上輸送・航空輸送の新たなバランス構築は喫緊の課題だろね


589 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:39:18 ID:nXkR3X8P0
>>572
貧乏でインフラも結構老朽化・未整備な状態の南部を抱えるイタリア、
旧共産圏ですさまじく産業が衰退している東部を抱えるドイツ、
強烈なハンディを背負っているこの両国に日本が負けているのは正直ショック。

590 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:39:23 ID:5YPauI0J0
>>587
それは武器を売っているからだろ?他にも要因はあるだろうけど。

591 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:39:36 ID:8fes9riT0
>>453
>製造業の生産性はトップクラスなんだよね

それは反社会的な手段もつぎ込んだ上での生産性だからなあ。

592 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:39:36 ID:eHn6HeKU0
>>563
それを厳密に定義するとこういうことです。
http://www.jusnet.co.jp/business/kessan39_3.html
ついでに付加価値というのは
http://www.jusnet.co.jp/business/kessan39_2.html
つまり賃金を下がると付加価値は下がるので
労働生産性は下がります。

593 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:39:39 ID:9zvLl5bw0
日本の労働者は、働かなくなった。

594 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:39:41 ID:HVRNUaws0
>>588
日本は世界のコンテナ規格から脱落中らしいな・・・港湾整備も遅れているし


595 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:39:41 ID:KUBfgrTN0
>>588
現在の国の借金は生産余剰を政府が買い取らず、市場に紙幣が足りないのに国債や
地方債という形で「もの」を買おうとしているから借金としてふくれあがっているだけ。

政府命令で紙幣を印刷しまくってそれで高速道路をつくれば良いさ。

596 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:39:57 ID:Gcdh+k5D0
>>577

むしろ逆で機械化に反対するのは欧米のほうだったりする。あちらはブルーカラー
主体だから自動化されるというのは本当にリストラになるかもという問題だった。
そのためドイツがマイスター制度を捨てられず機械化ができなかったのは有名。

日本の場合は、機械を導入するから職人はその機械を使いこなす技術者になれ
という感じだった。実際の微調整には職人の目は必要なわけだし

597 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 11:40:34 ID:uaHx5LZ40
>>586
> 公務員の生産性はびっくるするほど低いが

労働生産性の定義すら理解できない低脳だってことを自白しているわけだがwww

さっさと消えな

598 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:40:56 ID:tSxUWKZH0
>>571
>「検討してみないと分からんしリスクもある」

否定だけだから、怒られたんじゃないの。
否定するからには提案しないとね。


599 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:41:16 ID:GPQcT2SI0
単に仕事が遅いんだよ。
まぁ、早く終わらせても無能な同僚上司が帰らせてくれなかったり。

600 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:41:47 ID:Qsq/ldxK0
>>590
ルクセンブルグの労働生産性が高いのは金融業が主だから。
労働生産性とは一人当たりの付加価値だから。
儲かる業種があれば高くなる。

601 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:42:06 ID:HeuLqPaA0
>>579
>>581
今のプロジェクト一段落したら辞めるつもり
俺が辞めたらプログラム書ける技術者誰もいなくなるけど知ったことじゃない。
給料も安いし


602 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:42:07 ID:Le9x5M/F0
>>590
日本のGDPに占める農業の比率がショボイように、北欧の武器産業の
総生産に占める比率なんてハナクソみたいなもんなわけだがw

603 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:42:24 ID:C7y5oXqA0
内閣府報告書

国が企業に対してリストラ・人件費を含む経費削減の正当性を与える手段か?
おれとも、公務員のリストラに対する第一歩か?

604 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:42:56 ID:8fes9riT0
>>479
それでも突撃させる兵士は外人が多くなってきたろ?
外国人労働者や海外生産が増えたんだから。
日本人は使い捨ての兵士にすら使って貰えなくなったんだ。

605 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:44:20 ID:xC6E8nzr0
>>571
ここでどんなに愚痴ってもあなたは従業員で息子は経営者だからね
起業しないかぎり一生この差は埋まらない

606 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:44:22 ID:d6iomY9b0
>>543
俺は零細の2世だけど、CMしてる大企業で勉強させられた。
いい経験だったけど、会社の規模が違いすぎて泣けるぜ。


607 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:44:55 ID:gHyAwrM20
>>604
日本人は使い捨て兵士には使わないが、しかしものを売る市場には見ている。

まるで、外人兵士を丸腰の日本人に突撃させて虐殺してるようなもんじゃないかw
その戦果が毎年自殺者3万人かw
今年は4万突入ペースだっけ?

608 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:45:04 ID:FUw4tKu10
>>597

日本は公務員の総数を3割カット、給料を3割カットでいいな。

609 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:45:08 ID:Q667pCXv0
日本は経団連がすごい頑張って生産性減らしたと思うよ
すごいがんばった

610 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:45:25 ID:KUBfgrTN0
>>594
そのとうり 水深20メートルの15バースぐらいある港湾を緊急整備しないと
国際競争から脱落してしまう(もうしてしまったが)なかなか国から許可が
降りない。

沖縄が国際的なハブ港になれるのに、全部逃がしてしまってもったいない。

611 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:45:40 ID:Gcdh+k5D0
>>594

日本の港湾は効率悪いからね。労働慣行か何かで24時間操業ができないみたいだし。
クリントンがそれを何とかしろと「外圧」かけたけどほかの交渉が優先されて沙汰止みになった
ようだが

>>587

北欧なんてのは社会福祉を手厚くする代わりに、社会効率を徹底追求するから。日本より
雇用流動性が激しいし経済はアメリカ以上の自由主義体制。社会福祉にも効率が導入されてる
徹底ぶりだから

>>599

上司が早く帰ることこそ効率を上げる最良の方法だなw



612 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:46:12 ID:8fes9riT0
>>482
下の人間が優秀なら下克上すればいいのに。いつもそう思う。

>>494
技術一流ね。技術屋自身はそう認識しているのかな。
しているんだろうな。いつものことだもんな。

613 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:46:23 ID:cz5LTW2w0
>>601
そういう会社に勤めている限り一段落なんてしないと思うが
「これ終わったら辞めます」って先に宣言してない限り

614 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:48:11 ID:fBFc6b5RO
システム化と人件費をケチるから結局生産性に跳ね返ってくるんだよ。
国民・労働者のやる気をそぐようなことしかしてねーだろ。日本の政府とか財界って。いつまでたっても派遣業者のさばらせてるし。




615 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:48:15 ID:8fes9riT0
>>499
従来の手法を踏襲する限り日本の農業に勝ち目はないだろ。
農業国から輸入した方が、残念ながら、効率的。不満だが。

616 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:48:20 ID:Gcdh+k5D0
>>601

ITはこれからまた流行るから大丈夫だよ

>>610

沖縄は港の喫水が浅いから沖合いまで埋め立てて港作らないと無理。那覇軍港を
アメリカがあっさり返還したのもそれが原因で使い道が限定されるから。あと原発作って
水の問題を解決しないと

617 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:48:22 ID:gHyAwrM20
>>612
>下の人間が優秀なら下克上すればいいのに。いつもそう思う。

残念ながら、現場で優秀なのが上で優秀とは限らない。
要求される能力が全く違う。

むしろ、現場で優秀だった奴が上に言って会社をダメにするケースが多い。
「頭はいいし仕事は出来るけどアホ経営者」ってのは実際に多数いる。


618 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:49:08 ID:C7y5oXqA0
例えば

文部科学省管轄の大学の事務屋
まわされる予算の消化、人間の評価が席に座っていることが長いこと。

必要もないバイトを雇い、必要もない休日出勤・休日出勤となる。

619 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:49:19 ID:KblLg3y7O
>>590
スイスだと高い生産性の一因として物価高が挙げられる
マクドのバリューセットが¥3000くらいだとか(まさにバリューセット・高価値定食w)
そうして同じ生産でも高付加価値を産むんだそうな


620 :愛煙家りょうじ:2007/06/06(水) 11:49:23 ID:z72Jydct0

米国が格差社会で、金融投機ファンド中心にリストラと低賃金労働奨励して、
富裕層が営業利益ボッタクッテルってだけでしょ♪

ルンルン♪

621 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:49:32 ID:KgrtMvBZ0
定時以外の会議は禁止とかしたらどう?
もし定時以外に会議するなら特別手当(普通は残業代)をつけるとかな。
そうすりゃ多少は、労働生産性もあがるだろw

日本じゃホワイトカラーでも、海外じゃ労働者(ブルーカラー)なんだっけ?
ホワイトカラーってのは経営陣クラスというイメージとか聞いた事あるな。

622 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:49:53 ID:EOc97elW0

軍人の少ない日本では無能者の受け皿が公務員ってだけでしょ。
サービス残業

623 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:50:29 ID:Le9x5M/F0
>むしろ、現場で優秀だった奴が上に言って会社をダメにするケースが多い
なんという大日本帝国参謀本部。
陸軍大学でも秀才中の秀才が揃って、グランドプランを書く能力は
大学も出ていない明治のたたき上げの軍人に揃ってボロ負けw

624 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:52:03 ID:Gcdh+k5D0
>>618

あそこは公務員身分から外れたからリストラが始まってると聞いたが。

625 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:52:05 ID:KUBfgrTN0
ITの効率化とかどうでも良いのよ。問題はもっと原始的なところ、
誰でも見えるところにあって

・慢性的な交通渋滞にある2車線しかない高速道路

・関東圏3000万人規模の人口をまかなわなければいけないのに不
便で遠いところにある空港

・現在の国際的な60万トンクラスのタンカーが入らない港湾

こんなことやってたら余計な費用がかかって生産性を阻害しているのが
誰でもわかる。

なかでも日本の港湾整備は最悪で、タンカーが入らないんだからそりゃコンテナ港
にもなれんてな。

626 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:52:08 ID:eVPAewrN0
>>422
失敗国家のアメリカをマンセーする自民豚は死ねよ。

おまえらはチョン以上に国賊だ。

627 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:52:59 ID:eOmXIIi+O
人口から考えたら日本は優秀な結果じゃねえの

628 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:53:06 ID:MHlUSYfl0
日本人は毎日夜遅くまで働いてこれかね

629 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:53:53 ID:KgrtMvBZ0
>>338の言う部分、まずは、>サービ残業は賃金の窃盗という認識 これから始めるしかないと思うな。

630 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:54:21 ID:9gbENpjr0
霞ヶ関の官僚は他の公務員と違ってエリートとか言われるけど、
自分が無能だって分かってるから公務員を目指すわけで…。

東大在学中にビジネスに結びつくような独創力があれば民間に行くし、公共セクター
にとって有益となる革新的なアイデアがあれば、出世が滞っている官庁に入省せずに
大学院やシンクタンクに行く。

631 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:54:25 ID:Le9x5M/F0
ジューコフが
「日本の下士官兵は頑強で勇猛、青年将校は狂信的に戦うが、高級指揮官は無能」
こう評価したその時代からまったく
何も変わらず国民性を保持し続けていると言うことだな。

632 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:54:29 ID:ZVSRbI580
>>>623
まあ、戦争(もっと言えば外交にもなるか)が上手い国家ほど
経済・経営センスに長けた人材が多いという事ですな。

633 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:54:54 ID:8fes9riT0
>>535
能が無いというか、突き詰めると社会そのものを変革するって話になっちゃう。
んで反対が多い。

634 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:55:08 ID:DQwgEm8g0
まぁ、ぶっちゃけアメリカって大量消費だから。
日本人が時間を割いて大事に手入れして使ってる道具とかを使い捨てでやったりするし、
社員が掃除なんて絶対しない。
自分だ足下に落としたゴミでも拾わないよ。

635 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:55:16 ID:Gcdh+k5D0
>>619

欧州は賃金を高めに固定してるから物価は高めになるんだよ。しかもそれで
庶民は税金で給与の大半を取られる。だから週末は安い物価の隣国へ買出しが
横行してる。特にスイスはそれが激しい

>>623

石原莞爾は例外だろう?

636 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:56:33 ID:24+pnlON0
ゼネコン工作員とか公務員が沸いててワロタw

637 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:57:23 ID:8fes9riT0
>>536
円安ユーロ高なだけかも

638 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:57:39 ID:KgrtMvBZ0
>>634
分業が進んでるからだろうね。
高給取りの人間が、掃除人の仕事(低給)の仕事に時間を使えば背任罪みたいな感覚なんだろうかw
まあそこまで突き詰めなくてもいいとは思うけどね。

639 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:57:45 ID:nm3qAt0V0
一部の連中がすげー足引っ張ってんだろ。公務員とかさ。
あいつら20か30くらいしか働いてねーし。

640 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:58:00 ID:Gcdh+k5D0
>>630

外資に行くやつも霞ヶ関には結構いるが。外資は無能だと勤まるまい。単に
昔は役人が一番儲かるところだったからみんな霞ヶ関にいっただけで。最近は
それが外資になり、東大がまったく来ないというのに霞ヶ関が頭を抱えてるとか。

641 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:58:43 ID:9gbENpjr0
>>634
アメリカ人はその代わりペン一本でもすごい安いやつ使ってるよ。1ダースぐらいセットで
安売りしているやつ。所有権とか財産権に対する認識が強いから、1本だって他人に拾わせない
やつも多いはず。

使い捨て文化は本人たちも認めてるが、意外と上の方の社員もコピー取りやごみ拾いはきちんとやる。

642 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 11:59:13 ID:oGn439Lm0
>>635
政府に断りも無く満州事変などというくだらない構想で日中を泥沼の
15年戦争に引きずり込んだのだから、戦術家としては優秀でも戦略家
としてはやはり落第点以外の何者でもない。

あいつのおかげで日本はえんえんと大陸に人的資源を投入し浪費する
ハメになった。

643 ::2007/06/06(水) 11:59:44 ID:OHDbFV5K0
>>486
貿易黒字は,財政収支をふくめた貯蓄投資バランスに一致する.
貿易黒字ってことは,貯蓄をしても国内資本に向かはずにアメリカ国債でも買ってることになるんでね.
資本装備率が高くならないから,労働生産性も低いままだ.
つまり,

「膨大な貿易黒字」と「低い労働生産性」

は,どちらがニワトリでどちらがタマゴってわけでもないが,
ほかの条件が同じならば,同時に発生すべき現象ではある.

644 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:00:03 ID:8fes9riT0
>>558
その仕組みがうっとおしく感じられる時代もあった。

645 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 12:00:22 ID:KNcjTq8z0
生産性高い能力持っていても、ラクができる公務員を選んで
生産性レースに乗らないからな。公務員の待遇落として企業に
環流させるしかないだろ

646 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:00:31 ID:HVRNUaws0
       ∧,,_∧
      (    ) さりげなく
      (⊃ ⊂)
      | | |
      (__)_)

      ,,∧,,_∧
      (´・ω・`)  消費税増税、憲法改正、愛国教育
     ⊂    つ
       人  Y
      し (_)

       ∧,,_∧
      (    )  実は
      (⊃ ⊂)
      | | |
      (__)_)

      ,,∧,,_∧
      (´・ω・`)  法人税減税w
     ⊂    つ
       人  Y
      し (_)



647 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:01:29 ID:Qsq/ldxK0
労働生産性を効率とかと勘違いしてるやつ多いけど
例えば日本なら水道工事が即日で、遅くても一日で直るけど
イギリスだと予想できない。
日本の場合一万円の部品を工事代金込みで2万円で請求。
イギリスの場合一万円の部品を工事代込みで5万円で請求。

この場合はイギリスのほうが労働生産性が高くなる。
すぐ直すとか効率とか人件費とか関係ない。
一人当たりの付加価値(粗利)が労働生産性。

648 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:01:40 ID:Gcdh+k5D0
>>642

本人は満州だけで中国国内への戦火拡大には反対だったはずだが。だから近衛を
蒋介石と会わせようとしたりといろいろしてる。自業自得という面もあるけど。


649 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:02:30 ID:olK49XSK0
アメリカは大貿易赤字をして、自国の生産以上の消費をして
他国にファイナンスしてもらい、最終的にドル暴落で解決するわけだが、
そのような怠け者ピザ国と比較しても仕方ない。政府の宣伝機関のマスゴミは死んどけ

650 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:02:58 ID:KblLg3y7O
>>635
あの安物買いの横行ってEUの弊害だそうだが、通常安物買いが横行するとディスインフレひいてはデフレになるはずなのにEU経済は堅調みたいなんだよな
いったい何が安物買いのマイナスを相殺してんのかマジわからん
それこそ外貨の投資による投機的な要因なのかな?

651 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:03:14 ID:8fes9riT0
>>574
そうなる。労働生産性を高める手段を工夫しないと消費者を怒らせるだけ。

652 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:03:52 ID:eVPAewrN0
>>436
そんなもんねえじゃんw ITも金融もチンカスレベル。
>>598
バカだな。具体性ゼロの妄想を肯定するやつがキチガイだ。
バカには馬鹿と言うのが一番の愛情だよ。

653 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:03:56 ID:oGn439Lm0
>>648
そもそも、軍の一部局に過ぎない部署が、本国の許可も取らずに
勝手に戦端を開くなどと言うところからして言語道断で、俺は
あいつを軍人としてまったく評価できない。
命令聞かずに勝手に発砲する立派な軍人なぞ悪い冗談でしかない。

654 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:04:04 ID:Sec4m93V0
海外がボッタクリなのか日本がダンピングなのか

655 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:04:42 ID:E8U/4Acv0
ITはできるやつとできないやつの生産性が10倍以上あると思う
だからといって給料が10倍になるわけじゃないので
のらりくらりとやらせてもらう

656 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:05:47 ID:VJwZaOKi0
人間の知的生産活動の生産性には最大でおよそ10倍の開きがあると聞く

657 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:09:46 ID:Gcdh+k5D0
>>650

チェコなんてあの変では物価が極端に安いからEUだけでなく韓国人まで
来てるよw外国客向けにスーパーが林立してるしな。漏れもあそこの安さには
吹いた。

>EU経済は堅調みたいなんだよな

オイルマネーが流入してるからでない?あとあの変は企業も個人も投資ファンドみたいな
ことをして儲けてるからな。フランスの某自動車会社が日本のある自動車会社に出資したようにね。

>それこそ外貨の投資による投機的な要因なのかな?

円キャリが原因かと、世界的な株高も円キャリで起こされている可能性が高い。
こないだの同時株安も日銀が利上げが原因のひとつだったとか言われてるしね。
だから諸外国は日本に円安なんとかしろとは言わない



658 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:10:39 ID:nXkR3X8P0
日本には任天堂に代表されるソフト開発と世界屈指の環境工学などが残されているけど、
これらの産業はかつての重厚長大産業と違ってたくさんの人間を養うのが難しいんだよな。
アメリカは世界の金融を牛耳っているからどんなことをしても3億人の社会を維持できる。
EUは一つ一つの国の規模が日本よりも小さいから産業構造を大胆に転換し易い。
北欧だって規模の小さい小国だから先端技術に特化して食っていくことができる。

ある意味、日本のような社会規模と産業構造の国ほど舵取りが難しいんじゃないかな。

659 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:11:49 ID:UEtigwGcO
アメリカ政府の能力を100とすると
日本政府は?

と思ったけどアメリカみたいに
貧困と格差と治安がひどい国
評価できないなw

660 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:12:58 ID:EhaiNY5n0
何の価値も生み出さない労働をしている奴ら、、、それが日本の労働生産性を下げている。



661 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:15:00 ID:Gcdh+k5D0
>>653

でもそれで東京裁判でも追及されると思いきや、石原は追及されなかった。


662 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:16:31 ID:MD6G4RVM0
製品価格を低くしても労働生産性は下がるんだろ?
それなら理解できる

663 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:16:31 ID:KblLg3y7O
>>657
うっわ、オイルマネーに円キャリに大して見逃してたワケじゃない要因だから一本取られたw
そう考えるとECBが外貨流入を誘発するための高金利政策を維持してるのも頷ける
トリシェ総裁は頑固なだけではないんだなw

664 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 12:17:24 ID:cocb3b/t0
日本も武器輸出したらいいんじゃね

665 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:17:31 ID:ZVSRbI580
>>658
超同意。

「スウェーデンやデンマークなどの北欧の福祉は充実しているが、
 その点、日本の福祉は・・・」
みたいな国比較分析にも良く見受けられるんだけど、
人口とか国土とか経済規模とかのバックグラウンドを何も考えていないんだよね。

http://www5.cao.go.jp/keizai3/2007/0605sekai071-shiryou.pdf
↑ルクセンブルクやベルギーみたいに成れって言われても成れないからねえ。

666 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:17:58 ID:ty9oCuMAO
派遣ばっかりやもん

667 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:18:00 ID:x94JF6vL0
要するに米で日給1万円貰える仕事が日本では7110円てこと?

668 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:19:52 ID:pFlgT+zq0
つーか定型化すればいいような業務を、古参社員が抱えてて
そいつしかわからねーとか、そんなんばっかじゃ生産性は上がらんだろう。


669 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:20:45 ID:7H9Y/3yoO
一人あたりGDPでは英仏独より上。
要は失業者を公共事業で救っているということだろ?

670 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:21:08 ID:iFT6ULBf0
とにかく無駄が多いよ、ほとんど定型文化した報告書や日報書くのにどれだけ時間使ってるんだか。

671 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:21:10 ID:Gcdh+k5D0
>>663

欧州やアメリカは金融が経済に占める割合が高いし、それで食ってる人も多い。
だから金利は高めのほうが良いということになる。欧米は経済自体が投資ファンドみたいに
なりつつある。「欧州の高利貸し」と言われた19世紀のフランスみたいに

今度のG7で円安については誰にも言及はされんだろう。むしろ世界経済のためにも
円安でいてくれて言われる希ガス。でも日銀は利上げしてやると意気込んではいるけど

672 :???:2007/06/06(水) 12:21:29 ID:Ilvr76XD0
最近の公務員叩きに便乗するが、労働生産性が低いのは公務員のせい。(w
よって公務員改革は続けるべき。(w

公務員は全員任期付きでいいよ。5年くらい?最近、任期を付けたがっている
官僚が騒いでいるようだからそれでいいね。(w


673 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:22:33 ID:4MyJlb230
簡単にいえば給料が安い

674 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:22:47 ID:HeuLqPaA0
>>655
同意
つか開発者が1人でも関係ない。
俺なんて社長に
「俺は開発の事は分からんから開発者の評価など出来ない」
っていわれた科

うっひゃーwwww

orz

675 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:23:49 ID:Qsq/ldxK0
>>667
> 要するに米で日給1万円貰える仕事が日本では7110円てこと?

ちょっと違う。
米で一万円の粗利の仕事が日本だと7110円ってこと。
日本は薄利多売で競争過多ってことだね。

676 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:24:01 ID:Gcdh+k5D0
>>664

武器産業は世界的に買い手市場。儲けが出ないから統合が進んでる

>>670

そういう部分こそIT化すべきところだろう。

677 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:25:58 ID:+2bl5Gbb0
全然 低くていいよ!
もっと下げて行こうぜ。先進国で生産性最下位!とかになろうよ。
そしたらもっと住みやすくなるぜ

678 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:26:18 ID:wrfv0mDTO
世界が一律の基準で能力給になったなら、日本は自分が思ってるほど優秀ではないことが
明細の比較でわかっちゃったような感じなんだろうか。でももうそういう動きに追随しちゃったもんな

679 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:27:05 ID:RRJvJyS0O
>>665
>>669
地方に人間が住み続けるのと公務員のせい。
ふるさと納税なんてやったら、国力落ちるんで
円安進むんだろうな

680 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:27:19 ID:u6XCWJ8C0
>>667
この会社のこの事業どう考えても儲かってないし、この先行きも暗いと素人でも感じられるのに
切ろうとしないってこと
電機業界で多いでしょ
誰がここのテレビなんて買うんだとか

681 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:27:42 ID:KgrtMvBZ0
>>678
必要の無い仕事を沢山やりすぎてることがわかっちゃったって事じゃね?

682 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:27:46 ID:nXkR3X8P0
>>665
まあこれから日本は半世紀かけて1世紀前(1950年頃)の人口水準に戻るわけで、
そうなれば少しは産業構造や福祉システム、政治構図などが転換し易いスリムな
身体になるかもしれないね。
でも1950年頃と違い、年寄りが5人に2人もいるようなヨボヨボ国家だから経済が
存続し難い想像を絶する社会になっているんじゃないかな。

ちなみに現在1億2800万人いる日本だが、総人口が
フランスに抜かれるまで53年
イギリスに抜かれるまで67年
カリフォルニアに抜かれるまで73年
ドイツを下回る水準まで81年
テキサス州に抜かれるまで85年
スペインに抜かれるまで88年
イタリアを下回るまで119年

683 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:28:12 ID:Mm3PWo8Y0
>>675
購買力平価なんだから違う。
単純に同時間内にアメリカ人が100仕事が出来る所を、
日本人は71しか仕事が出来ないということ。


684 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:28:50 ID:Jc2/SDVaO
労働環境悪化も欧米ファンドの経済公害のせい!裁判で制裁と賠償もとめよう!

685 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:29:02 ID:PrA8a/eN0
>>670
そういう仕事をなくしたり簡素化したら、
仕事が減って、余剰人員をリストラすることになるけど。

686 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:29:59 ID:u+Ib1t2+0

だからどうなのよお役人様
このデータ作成するのに税金いくら無駄に浪費したんだ

687 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:30:33 ID:sVDbRpIw0
>>683
仕事量の話じゃないだろ
得られる金の話だろ

688 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:31:09 ID:Qsq/ldxK0

>>683
労働生産性の定義は一人当たりの付加価値なんだって。
いくつ生産したとかは余り重要でなく
どれだけ付加価値をつけたか。
だから沢山作ったとか、書類を書いたとかの指標ではない。

689 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:31:22 ID:Gcdh+k5D0
>>685

新たにやる仕事も増えてるが。新しい基準やら規制やらでそういう事務作業が
追加されてるよ。銀行は本人確認の厳格化でさらに現場の仕事量はふえてる

690 :醸造酒高速増殖炉所長シャー少佐 ◆0EzDTMOS3c :2007/06/06(水) 12:31:24 ID:uobNK8cc0
技術立国のくせして根幹の理系に金まわさなきゃ
生産性落ちるの当然だろw

691 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:31:33 ID:wrfv0mDTO
ワーキングプアなのか

692 :???:2007/06/06(水) 12:32:09 ID:Ilvr76XD0
そもそも仕事の内容よりゴマすりやらおべんちゃらに気を遣う役所や会社って何だよ。(w
まじめにやる奴ほど腐ってくるじゃないか。(w



693 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:32:51 ID:KgrtMvBZ0
>>683>>685
一人にかかる労働力の負荷が多すぎるんじゃね?
100の価値の仕事を100の労働力でこなせるか、130の労働力を使ってるかじゃないの?


694 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:34:06 ID:Gcdh+k5D0
>>690

日本は民間主導で技術開発費を計上してるが。アメリカはお上頼みで技術開発
してるのに対して。世界での特許取得数も日本企業は上位に入る

695 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:34:13 ID:UEtigwGcO
>>660
例えば何?

696 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:34:56 ID:nXkR3X8P0
>>683
労働生産性は、1人当たりどれだけ利益(粗利、付加価値)を挙げられたかを図る概念。
悪く言えば、どれだけぼったくれたかを数値化したもの。
時間当たりに直した労働生産性は、http://www.ggdc.net/dseries/data/ted/ted07I.xls を参照。
日本36.97ドル イタリア45.73ドル 英国45.85ドル ドイツ46.36ドル 米国50.30ドル フランス53.06ドル

697 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:35:05 ID:DC+vs39n0
>>683
違うよ。
100で売れるところを130で売ってるんだよ。
アメリカに行ってみればわかるよ。
ファーストフードでもなんでも値段高杉

698 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:35:29 ID:isjsaXLS0
40〜60歳とかの生産性は確かに悪い

699 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:37:17 ID:sHQ1u65r0
コムスンにおける労働者の苦労は全部無駄
それどころか社会全体にとってはマイナスだった分ニートより悪い
労働力の向け方が間違っている所が大杉

700 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:37:33 ID:Qsq/ldxK0
>>689
アメリカのサービス産業の生産性が上がってるのも
高利益の金融サービス業が活性化してるからなんだよな。
資産を査定したり運用したり手続きしたり
高収入の仕事が増えてる。

701 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:37:50 ID:7H9Y/3yoO
失業率増やせば労働生産性上がるよ。分母が減るからね。

702 :      :2007/06/06(水) 12:38:03 ID:bfLrQMWq0
これって農業込みだろ。
電気、化学はアメリカを超えているはず

一次産業の生産性入れているからね
まぁ統計は100%真実でないと何回いえば・・

703 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:38:05 ID:pFlgT+zq0
アダルトビデオ製作の労働生産性は何ぼですか?

704 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:38:05 ID:TriV3Hlo0
つまり文型がだめってことだな。おおっと全ての文型がだめというわけじゃない上にいる文型ね

705 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:39:07 ID:MWgEeeXE0
>>682
その手の推計はまず当たらない

706 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:40:52 ID:litkwIL60
>>697
移民を中心とした低賃金労働者がいないとこれ以上
価格を下げるのは無理だと思うよ。

707 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:41:59 ID:SAz4lu2n0
>>693
ぶぶー。何回も言われてるが「効率」の話じゃない。要するにサービス過多
(他国の平均と比べれば)。

他所の国で一万円で提供されるサービスが日本では七千円で提供される。それ
は見方を変えれば他所では一万の儲けが出るはずなのに、日本じゃ七千の儲け
しかでない、って事になる。そういうこと。

708 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:42:50 ID:EhaiNY5n0
>>685
労働力不足してるからちょうどいい。足りてない業界にまわせばいい。
日本は日本人だけでまだまだやってける。
日本には労働生産性10の職業が多すぎなのがそもそもの原因。


709 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:43:14 ID:Sec4m93V0
外資がどんどん買収してくれれば変わるかな

710 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:43:49 ID:LOIs3qEb0
ビルゲイツ1人で平均を押し上げてるだけだよ

711 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:44:49 ID:3EWlmjHM0
商品を売ったら売り切り サービスをしたら負け
スーパーもコンビニも国が日曜以外では営業できないようにする
生産性あがるんじゃね?

712 :???:2007/06/06(水) 12:45:15 ID:Ilvr76XD0
厚労省関係の無駄な行政事務を全部電子化してリストラした方がいいよ。(w
社保庁だけじゃないと思うよ。デタラメをやっているのは・・・・。(w


713 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:46:15 ID:D7fVcNMj0
労働生産性を上げる特効薬って知っているか?

714 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:46:47 ID:81sO4Xv0O
さらなる賃下げへの援護射撃とみた



715 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:47:22 ID:nXkR3X8P0
人口は減少(30年後からは毎年100万人も減っていく)
高齢者はうなぎのぼり(2050年には全体の40%以上に)
理系はますます冷遇(国公立で理系の授業料は値上げに) ←これはかなり痛い
政治はどんどん迷走(郵政選挙のような事態が頻発するおそれ)
福祉はどんどん後退(年金・医療両方そろって今よりも高負担・低福祉へ)
個人資産の偏り(60歳以上の人間が全体の7割を所有、世代移転進まず)

日本・・・(´・ω・`)ショボーン

716 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:48:41 ID:ZD763lKhO
お前の霊力を10とすると



俺は100だ

717 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:48:55 ID:D2w2CxFl0
実際に仕事をせずに2CHばっか見てるしな。

718 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:48:58 ID:z7HQT6vp0
>>707
へーーーー
じゃあ三千円はだれの儲けになってるんだい??

719 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:49:44 ID:oPixIYC10
>>715

> 個人資産の偏り(60歳以上の人間が全体の7割を所有、世代移転進まず)

kwsk


720 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:51:43 ID:Gcdh+k5D0
>>715

年金に課税すれば世代移転は進むぞ。
医療?必要もないのに病院に年寄りが行ったりして医者の過重労働にもなってるが。
欧州みたいに紹介状でもない限り締め出す方向にしないと。


721 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:51:47 ID:LGLqiwuM0
>>718
消費者に決まってるじゃん


722 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:53:51 ID:s25KHyND0
一人当りのGDPは、アメ公は日欧より1万USドル=100万円も多い。
日独仏英が約3万USドルで、アメ公は約4万USドル。
これはアメ公の過剰消費社会の成せる技である。
なぜ、アメ公が過剰消費をできるのか?アジアから借金をしているからだよ。

他方、日本は過剰サービス社会。よく言われるのがデパートの
エレベーターガール・包装紙、今は減ったがサービスの行き届いたガソリン
スタンド、親切な接客、自動で開くタクシードアなど……。
こういったサービスは、生産性には反映されない。
従ってこの調査は、極めて疑問。WEを導入したい内閣府の政治宣伝。

723 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:54:04 ID:KgrtMvBZ0
>>707
んー俺まだ理解できてないな。
”同じ事をしても” 、かたや1万円の値段で売れて、日本では7千円でしか売れないってことか?

724 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:55:04 ID:z7HQT6vp0
>>721
けっこうな話じゃんw

725 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:55:28 ID:NkdNildy0
>>722
日本の一人当たりの所得が低下したのは、橋本政権移行の経済失政の連鎖で日本の中間所得層が崩壊した結果だ。

726 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:55:46 ID:LGLqiwuM0
>>652
「検討してみないと分からんしリスクもある」
と言ったら検討結果を出さなきゃいけないし、
リスクもどのようなリスクがあるのか具体的に言わなきゃ。
そのセリフだと面倒だから否定してるととられても仕方ないよ。


727 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:57:41 ID:nXkR3X8P0
>>719
堺屋太一や麻生太郎が言うように、今の日本の個人資産は中高年が圧倒的に
保有している(まあ社会に出ている年数が長いから当然といえば当然)。
でも相続税の税率はそれなりに高いのに、世代移転はあまり進んでいない。
>>720が言うように、日常の生活の諸経費や収入に課税するって手もあるけどね。
医療に関しては、確かに>>720が言うように医師・看護師への負担は相当重くなっているから
これを改善しなければならないのは確かだけど、問題は頂上の医療行政だな。相当腐ってる。

それと日本の場合、上記の部門も含めたトータル的な厚生分野が欧米より弱いと思う。
特に少子化対策とかを見ているとはっきり感じる。単に兼業主婦を優遇しただけでは
出生率は上がらないのに、延々とエンゼルプランを続けて税金を浪費してしまった。

728 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:58:16 ID:yTDnbXjO0
>>722
不親切な接客をして給料が高いアメリカの労働者は、
消費者として不親切な接客をされているから、
「豊かさの実感」に乏しいと思うw

729 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 12:58:25 ID:LGLqiwuM0
>>724
そう。
だから労働生産性が悪いってだけじゃ、
いいことなのか悪いことなのか何にもわからない。
この数字だけで何かを判断するなんてまるっきり意味が無いこと。

引き離されるとか数字が負けているといわれると
マイナスイメージがつくけど、原因を検討しないと何の意味も無い。


730 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:00:14 ID:u6XCWJ8C0
わかりやすく言うと同じ給料なら9時に出社で5時に帰れる方が9時に帰るよりいいでしょってこと

731 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:00:29 ID:pPVNzPW80
>>722
お前が経済学の基礎も知らない中卒だということはわかった。wwww
国民の生活向上の観点から言って、労働生産性は、一番重要な評価項目であることは経済学の常識。


732 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:00:45 ID:UTL/djqK0
>>683
違う。
労働生産性は設備投資や組織運営のレベルによるので、経営者側の問題。
文字道理、労働者の生産性が低い(能率が悪い、サボっている)という意味ではない。
誤解を招くこの表現自体改めるべき。

733 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:02:51 ID:nXkR3X8P0
>>718
消費者が値段の割りにいいサービス(商品)を享受しているとも言えるわな。
まあ日本の場合経営者や生産者(企業)のトップもまたいい思いをしているとも言えるかも・・・。

>>728
つまるところ、サービスとホスピタリティの違いだろうね。
欧州はその二つがはっきり区別されている。アメリカはサービスが強い。
日本はホスピタリティ(おもてなし)の精神がしっかり根付いている。
もてなしとは、ある種利益を度外視して人の精神(満足)を満たす発想。
だから今までの日本は値段の割りに気分が満足できたんだと思う。
まあこれからはそうはいかないかもしれないけど。

734 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:03:05 ID:s25KHyND0
お絞りとお冷が出てくるのも、世界で日本の外食産業くらいだ。
おまけにトイレも温水式。それが生産性を下げている訳だが、
どちらが良い悪いとは単純に言えない。
国情やサービスのあり方が違うのに、同一の尺度で生産性は計れない。
日本人の多くは電車通勤。アメ公は車だ。
ガソリンがぶ飲みの車の方がGDPも高く出る。

加えて、プレストウィッツが「東西逆転」(NHK出版)に書いていたが、
アメの労働生産性には公務員が含まれていないそうだ。
内閣府は公務員を含めたのか?
まず、その情報を開示すべきだ。



735 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:03:35 ID:KgrtMvBZ0
極論すれば、売り上げ/総労働時間=労働生産性 って事かと思ってた・・・。

736 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:03:50 ID:z7HQT6vp0
>>729
どなたが労働生産性云々ファビョってるのか、
よくわかる話ですなぁ。

737 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:04:36 ID:Gcdh+k5D0
>>733

格安で海外旅行やネットができるのも先進国では日本くらいだな。ケータイの
値段低下もしかり。隣国の韓国から買出し客が日本に来るくらいだから先進国でも
物価が安い部類にはいるだろう日本は

738 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:05:03 ID:BTzKN1770
これってさー日本の場合分母である労働時間が極端に高いだけじゃない?
アメリカの労働時間を10としたら日本は20とかそんなところじゃない?
もちろん違法強制無賃労働ね。サビ残とも言うらしいね。

739 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:05:20 ID:FwrKsNoaO
民主 共産 社民か日本をよくするとは考えにくいが

自民党よりは3倍マシ

740 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 13:05:26 ID:uaHx5LZ40
労働生産性が低いんだから賃金が安くても仕方ないよね


っていう主張の根拠付けだな。正論ではある。

741 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:05:47 ID:SAz4lu2n0
>>718

>>721が正解。消費者の儲け(利益)として受け取られている。まあ国ごとに
価格設定が違うから純粋に「儲け」の比較なんてものは出来ないんだけど。

要するに、労働生産性が低いから駄目、って論調は変だということが解れば
良い。消費者と提供者は互いに利益を取り合っている相互関係にあり、両者
のしのぎあいの結果、現在の価格が決定されている。

よって、「生産性向上=消費者の得」という式は成り立たない。


742 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:06:00 ID:u+Ib1t2+0

労働生産性なんて自慢できんのかね
要するにいかに奴隷労働させてるかというこっちゃないの

743 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:06:54 ID:7H9Y/3yoO
労働生産性を上げるにはGDP増もしくは総労働時間減しかない

744 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:07:00 ID:KgrtMvBZ0
いかに消費者が得をしているかということでもあるのか・・・。

745 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:07:26 ID:2Y5MgJDd0
>>707
どっちもあるだろ?

サービスを減らしても売り上げが維持されれば、その分の労働生産性が上がった事にはなるけど、
サービスを維持したままで業務の効率化を成功させても労働生産性は上がる。後者は労働を上手く減らしてる。
消費者としては、後者型の改善の方が望ましい。が、企業が後者型を成功させると、従業員数が削られる事にもある。

普通、国民のほとんどは消費者であると同時に、生産者であり労働者であるから、
この数値の上下動だけで、国民一人一人の生活がどう変化するかは何も分からんよね。良い悪いも言えない。
上げ方と下げ方によって、メリットとデメリットも違う。

746 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:07:40 ID:z7HQT6vp0
>>741
ごめんね。答えは分かってて聞いたんだけど。
レス辿ってなかったから、あなたが逆の主張をしているのかと思ってたわ。

747 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:07:44 ID:gHyAwrM20
>>728
だが、やつらは日本人よりはるかに安い価格で量は5倍の飯を食ってるわけで。
住宅や車という基本的なインフラ部分で日本よりもはるかに快適。

少なくとも日本に来て日本の生活をハッピーだという奴は見たことない。
清潔でユニークで安全、とは言うがね。


748 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:08:36 ID:s25KHyND0
>>712
そも米国は公務員を労働生産性の算定から
除外している(プレストウィッツ)。
加えて、不法移民や年間数千US億ドル(数十兆)のチップも
含まれていない可能性がある。

日米を同一の基準で比較するのは初歩的な誤り。


749 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:09:32 ID:9tQwc+7KO
日本人にはまだサービス残業という武器がある

750 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:09:33 ID:KgrtMvBZ0
>>747
だが、中国産の命にかかわる商品もまた大量に消費していたりする。

751 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:09:52 ID:TriV3Hlo0
>>731
「経済学」の視点から見れば君の言っていることが正しいが・・・と経済学部生が言ってみる

752 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:10:47 ID:D7fVcNMj0
おまえら、本当に統計操作に簡単に騙されるな。w

一応、労働生産性の統計資料の出所
社会経済生産性本部ホームページ
http://www.jpc-sed.or.jp/

労働生産性を上げるにはチップ制度を始めれば欧米を軽く越える
チップ制度がない日本と、チップ制度がある欧米を比較する時点で
政府の統計操作に気づかないと・・・・・orz

753 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:11:16 ID:gHyAwrM20
>>750
残念ながら、あの国は食料はほとんど自給できているので日本のように労働生産性の低い貧民は全員中国産というわけでもない。
むしろ中国に食料輸出している国だし。



754 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:11:22 ID:Gcdh+k5D0
>>750

中国沿岸の工場はアメリカの消費生活で成り立ってるからな。

755 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:13:37 ID:KgrtMvBZ0
>>753
>清潔でユニークで安全、とは言うがね。
より不潔で、より危険なんじゃないの?日本ではより清潔でより安全だってことでしょ?

756 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:13:40 ID:s25KHyND0
もう一つ。
GDPの算出方法にも問題がある。
欧州ではITに関係するものは経費として落とされる。
しかしアメ公はGDPに含めてしまう。
実態以上にアメ公のGDPは大きく出る傾向があり、(プレストウィッツ)。
労働生産性も高くなる。
あまつさえ、アメ公の労働生産性には公務員が含まれていない。
よく、日本政府は自国基準と国際基準を使い分けるというが、それはアメ公
も同じ。GDPや労働生産性ほど信用できないものはない。


757 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 13:16:06 ID:uaHx5LZ40
アホはお前。

>>756
> 欧州ではITに関係するものは経費として落とされる。
> しかしアメ公はGDPに含めてしまう。

GDPの意味くらい理解してから書き込めや>厨房

758 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:17:11 ID://kMWFhfO
無料で無駄なサービスが多過ぎる

日本は仕事に、余計なお世話が多過ぎるからこうなるんでしょ。

外人からすれば、ええ?そんなことまでやるの?時間の無駄、馬鹿じゃねって感じか。

759 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:17:21 ID:nXkR3X8P0
>>756
日本の問題は、その統計が意味するものは何か、どう扱うべきか、
ひいてはそのような統計がなぜ生まれたのかをはっきり見極められる
人間が少ないってことじゃないのかな。
つまり物事の本質を見極め、後々に活かすのが苦手。
だから数字の上下に一喜一憂するけれどもその後の対策がグダグダ。
だからこの統計を鵜呑みにするのも、『くだらない』と一蹴するのもある意味同じ行為。

760 :名無しさん@八周年 :2007/06/06(水) 13:18:01 ID:RUg3Q/Hc0
クソ公務員の仕事ぶりが労働生産性を妨げてる

761 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:18:13 ID:whCVCxpj0
test

762 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:18:18 ID:gHyAwrM20
>>755
必ずしも全てが不潔で危険というわけじゃない。
大都市はともかく、中小都市の住宅地の生活はゆったりしたもんだ。

一戸建てにプールがついていてシングルマザー生活とか、そういう国だからな。


763 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:18:47 ID:ZCKd+Pmr0
日本には統計に含まれないサービス残業があるから
実際の労働生産性はさらに低いことが予想される。

764 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:18:59 ID:Gcdh+k5D0
>>755

地下鉄サリン事件を最小限の犠牲者で食い止めたので、どういう公衆衛生してるんだ
と世界が仰天した。世界中の衛生関係者や軍医が視察に来たとか

765 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:19:34 ID:FglB0uM20
たいした仕事もしてないのに、給料だけは高い日本人

766 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:20:10 ID:s25KHyND0
いつの時代でもアメリカの労働生産性が他国より高いのは何故か、
そのマジックを日本は考えようともしない。
アメリカの経済統計では不法移民の存在は常に無視されている。
アメリカには上澄みの経済と底辺の経済があり、統計のどれもが上部
経済のみを指標とし、底辺の労働による果実は上澄みの経済が作り出した
ものとして数えられる。労働生産性がいつのよでも他国より高いのは
当たり前だ。
アメリカ人は不法移民の低賃金労働がアメリカを支えていることを既に知っ
ており、だからこそ不法移民らを追い出す政策に反対する。

767 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:20:17 ID:pPVNzPW80
>>756


低学歴の厨房が一生懸命、ネットで調べてわかりもしない用語を並べ立ててるだけって感じだな。
公務員が含まれていないという点は事実だが、あとはお前の論点はめちゃくちゃ。
アメリカがGDPが過剰に出る以上に、加工貿易の日本はもっと過剰に出るという事実もしらないようだし。


768 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:20:26 ID:D7fVcNMj0
おまえら日経の記事は妄信的に信用するタイプなの?
統計なんて算出方法と定義・解釈によって色々と操作できるんだよ?
依頼主のご希望通りに統計結果を出せるのも統計マジック

高学歴文系が多いν速+らしくないスレだ

769 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:20:31 ID:KgrtMvBZ0
>>762
うんまあ、人口の大多数がそういう生活が出来てるならそのほうがいいよね。

土地の問題に限って言えば、人口当たり面積や、都市部と地方の過密の状況が、
日本と外国はだいぶ事情が異なるだろうから、よくわからんが。

770 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:20:46 ID:NkdNildy0
>>759
2%成長を達成するために算出方法を見直した時点で、政治でしかない。

771 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:21:50 ID:gHyAwrM20
>>766
アメリカはともかく、他国にもボロ負けなんだけど。

特にイタリアなんて、国土面積も立地も人口も同じようなもんだろ。



772 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:22:19 ID:pPVNzPW80
>>766

経済学の基礎も知らないお前は少し黙ってろバカ。


773 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:22:46 ID:s25KHyND0
>>757
プレストウィッツは「東西逆転」(NKK出版)で書いていること。
是非、読まれたし。
私も驚いたが、欧州では経費で落としているそうなのだ。

このレポートは、質の高い行き届いた日本式サービス
・24時間・土日営業、アメリカのチップ制度、
更には、公務員・不法移民が除外されていることなどが、
考慮されていない。

生産性を同一基準で算定するには大きな無理がある。




774 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:23:22 ID:D7fVcNMj0
一応、労働生産性の算出方法
本家には載っていなかったから、信頼性は疑問だけど
一応参考までに・・・・

http://www.e-js.jp/productivity01/main.html

775 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:23:29 ID:KgrtMvBZ0
>>764
金がかかっても安全な方がいいのか、安全を諦めても金を惜しむのか、って感じか。

776 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:25:29 ID:s25KHyND0
一人当りのGDPは、アメ公は日欧より1万USドル=100万円も多い。
日独仏英が約3万USドルで、アメ公は約4万USドル。
これはアメ公の過剰消費社会の成せる技である。
なぜ、アメ公が過剰消費をできるのか?アジアから借金をしているからだよ。

他方、日本は過剰サービス社会。よく言われるのがデパートの
エレベーターガール・包装紙、今は減ったがサービスの行き届いた
ガソリンスタンド、親切な接客、自動で開くタクシードアなど……。
こういったサービスは、生産性には反映されない。
従ってこの調査は、極めて疑問。WEを導入したい内閣府の政治宣伝。


777 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:25:42 ID:+AtBU6pB0
>>758
公共料金の支払いとか、すげえめんどくさいらしいね<アメリカ
日本は客がやるような部分もサービスでやってるからサービス業の労働生産性は低いだろうなあ。

>>766
メキシコ人奴隷の上にアメリカ人の豊かな生活があるとは聞いてますが

778 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:25:48 ID:sTtPmWvD0
欧米に比べ日本人は基本的に陰湿だからな、相互監視社会で足の引っ張り合いして
自滅する罠。

779 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 13:26:02 ID:uaHx5LZ40
>>773
> 私も驚いたが、欧州では経費で落としているそうなのだ。

驚くことはないだろ。
アメリカだろうがEUだろうが日本だろうが通信費は費用計上だ。
通信設備の減価償却費も費用計上だ。

あほは消えろwww

780 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:26:46 ID:Gcdh+k5D0
>>775

ということだ。アメリカ人は警察作って金がかかるのがイヤだから田舎は銃持つわけ。
近くの警察署が100キロ先なんて話があるからな。ワニやコヨーテも出てくるなんて
のがアメリカの田舎。大都市郊外に行けばスグそうなる

781 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:27:20 ID:gHyAwrM20
>>773
プレストウィッツはアホだから、その24時間365日の質の行き届いたサービスをやらなきゃいけないのは俺たち日本人自身なんだってことが分かってないのでは。

観光客として来日して「うーん日本便利でいい国ね〜」でNHKで接待されて金稼いで帰国。

24時間営業を維持するために健康を犠牲にして働く若い女性や、土日どころか盆暮れ正月もロクに休めないサービス業の従業員なんかの「統計には出ない悲惨な状況」を数値化したらさらに悪化するだろ日本の場合w


782 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:27:43 ID:eMglFVvhO
賃金を下げて 1人辺りのノルマや効率を上げるのが日本人まだまだだからな
安い賃金を沢山増やすしか無いな
日本人の賃金は異常に高過ぎだからな

783 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:27:58 ID:s25KHyND0
お絞りとお冷が出てくるのも、世界で日本の外食産業くらいだ。
最近では、麦茶やほうじ茶が出たりする。
おまけにトイレも温水式。 コンビニも24時間営業。
それが生産性を下げている訳だが、どちらが良い悪いとは
単純に言えない。

欧米では日本と同じサービスはとても期待できない。


784 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:28:32 ID:NkdNildy0
>>780
安倍政権の目指す先は権威主義であって自由主義じゃない。
治安に関してなら、警察は手薄にするが銃所持は認めない。
抵抗権の行使に繋がるからだ。

785 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:30:07 ID:Gcdh+k5D0
>>777

税金はサラリーマンも確定申告だったはず。日本みたいにイチイチ納付書送ったり
会社の経理の負担は少ない。払ってなければ税務署が督促いくだけ

786 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:30:36 ID:z7HQT6vp0
>>782
給料高いほうがいいじゃん?
なにいってんの、おまえ?

787 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:32:28 ID:Kgkg+KAf0
70もあるんだ。50くらいかと思った

788 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:33:21 ID:jxWrW8qx0
要するに質を下げて効率上げろってこった。

789 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:34:48 ID:s25KHyND0
>>781
それは米国も不法移民ら底辺の労働者、国民皆保険でないこと等
遅れた社会保障制度を考慮していないのだから同じこと。

大病にかかっても庶民はまず、入院も手術もできない。
心筋梗塞の入院手術で、1000万は掛かる(よみうりテレビ辛抱)
病状が悪化しても通院せず、ただ死を待つのみ。
このように社会のあり方が全く違うのに、比較するのがそもおかしい。


790 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:35:58 ID:KgrtMvBZ0
総人件費は団塊消えたら数年で多少は下がるだろ。そもそも今回の話は人件費とか支出って関係ある指標なの?

791 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:36:42 ID:sDm3lhsb0
アメリカの生産性が高いのは他人の仕事に手を出さない、自分の仕事だけする風潮も関係している。
専門職の人間は専門職の人間しか出来ない仕事しかやらない。
雑用カテゴリーわけして低賃金の人間を複数雇ってそれぞれのカテゴリーのみまかせ失敗させないよ
うにする。
こうすれば9時5時の労働時間で高生産性、上の人間は高賃金。

日本人は上の人間が下にいやな雑用任せるのに罪悪感を感じる国民性が足をひっぱている。

792 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:36:53 ID:eMglFVvhO
生産性を上げるには賃金は低くしてコスト削減を進め
少ない人間で効率を上げるのが生産性の向上に繋がる
賃金を上げると生産性は落ちる

793 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:39:12 ID:Gcdh+k5D0
>>789

だから庶民は教会に行くのだよ。教会が無料診療所を開設してたりするから。
エリート医者の信者が奉仕で無料診察や場合によっては金持ちに掛け合って手術費用を
工面してくれたりする。アメリカでは金持ちや企業が税金対策で寄付しまくるから
そのカネが教会や病院を通じて社会保障に回る。あと軍隊に志願しても家族は最新医療
を破格の値段で受けられたりする。

794 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:39:59 ID:gHyAwrM20
>>792
90年代に皆でそれやって、国家全体でGDPごと落ちたんだがw

日本人のやることって、毛沢東の大躍進政策とたいして変わらんw


795 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:40:26 ID:eMglFVvhO
コストは削減しまくるのが日本のルール
だから賃金は一番の癌だ


796 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:42:09 ID:jTcG5iRR0
>>1
日本を100として、アメが71.1なんじゃね?

797 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:42:20 ID:EiNdKOsi0
ホワイトカラー認めろってかwww

798 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:42:32 ID:tEjCL3lZ0
不法移民だのなんだのといってるが
そいつらの総労働時間と比べても日本の総サビ残時間(もちろん計上されてない)
は上だと思うぞww

サビ残入れずにこの差はちょっとひどいね


799 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:42:57 ID:eMglFVvhO
分母の数字を小さくするのが生産性向上に繋がる

800 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:43:39 ID:s25KHyND0
>>793
そのキリスト教的慈善主義が限界に来て、最低賃金を上げ様という
話になってきた。
キリスト教的慈善主義やボランタリズムを考慮しても、それでも
アメリカの庶民の置かれた状況は、余りに悲惨。

だが、アメリカの庶民の多くは、内戦が続く母国から亡命して来たような
人が多いから、アメリカこそ世界最高の豊かな国だと誤解している。


801 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:44:03 ID:Lchpxaxl0
必ず逆の話になるんだよな。
設備投資をすれば労働生産性は上がる。
経営者が設備投資をせずに人海戦術で賄っているわけで、人海戦術ができるほど賃金が安いということでもある。
それだけ労働力が余っているというわけでもあるのだが。

つまり、労働力の問題で言えば、移民がどうとかと騒ぐ段階ではないということだ。

802 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:44:38 ID:tEjCL3lZ0
>>799
つまり労働時間を減らせってことだな。

アウトプット÷総労働時間
という計算式のどこに賃金は入りますか?


803 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:47:55 ID:g2MKfPvE0
長時間勤務に耐えようと思ったら生産性落とすしかないわな

804 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:47:56 ID:Gcdh+k5D0
>>800

欧州と違って習俗とかでどうこう言われないからアメリカは。だから
イスラム系の移民には案外居心地がよかったりする。彼らからすれば普通に
信仰に干渉されないだけでも「豊か」に写る。そしてその2世はアメリカ人
として従軍したりFBIの捜査官になったりする。

805 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:48:07 ID:nXkR3X8P0
>>802
付加価値総額÷労働者数÷総労働時間=1時間当たりの1人当たり労働生産性 でしょ。
欧州と違い日米は所定(みなし労働時間)で算出しているからかなり高い値が出ているのでは?
加えてアメリカではなぜか公務員は計算の対象外だしね。

806 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:48:19 ID:eMglFVvhO
サビ残に金を払うと日本は更に下がりますが 何か?
サビ残のお陰でこの数字が維持出来ている
あるいみ3割はまだまだ賃金は下げれる事を意味するんだな

807 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:48:29 ID:KgrtMvBZ0
GDP(原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上−Wikipedia) / 総労働時間 = 労働生産性

でいいの?つまり 総売り上げ/総労働時間=労働生産性 ってこと?エロイ人教えて。

808 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:49:07 ID:8aFEE0AP0
アメリカの生産性を日本が肩代わりしてんだろ

809 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:51:47 ID:Sec4m93V0
海外で物売ったほうが儲かるから輸出産業が盛んになるのかな

810 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:51:59 ID:XYc9++wM0
サービス業の労働生産性って

どんだけ「ボッタクリ」かって事?

811 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:52:01 ID:PYEST7JXO
特に一次産業は合理化至上主義国にはかなわないし勝つ必要もないと思うけどな。

812 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:52:22 ID:KgrtMvBZ0
生産性(付加価値?)ってのがよくわからん。

813 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:53:07 ID:s25KHyND0
もう一点。
米国は世界有数の原油生産・埋蔵国であることも忘れていけない。
農業超大国でもある。
生産性が無資源国家の日本より高くなるのは当り前。

日米を単純に比較する、余りに無理解な人が多過ぎる。

814 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:53:19 ID:7H9Y/3yoO
労働生産性ではなく労働一時間あたりGDPと呼ぶ方がよい。労働の種類は多様

815 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:53:58 ID:pKPc0I7SO
カネを右から左に動かす仕事が一番生産性高いんだよ

816 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:55:42 ID:Gcdh+k5D0
>>815

今の韓国なんかそれだな。日本から円キャリしたカネを株式市場にバンバン
投入してるwおかげで日本より物価が高くなるという影響が出てるけど

817 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:56:03 ID:RYHO6FZK0
何の意味もない数字に思えるんだが

818 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:57:16 ID:gHyAwrM20
>>811
日本の一次産業なんてもう10%いないだろ。

>>813
で、なんでイタリアに負けるんですか?


819 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 13:58:14 ID:8fes9riT0
>>701
ということは最低賃金を上げれば失業者を増やす効果があるので労働生産性は上がるわけだ。
賃金も労働生産性に関わっているんだな。

820 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:01:34 ID:XJtgwVab0
最低賃金を上げると生産性は落ちる

821 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:02:07 ID:gZoeEiJa0
ちなみに製造業は結構いい
だめなのはサービス業とか、あとたぶん農林業かな

822 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:02:10 ID:8fes9riT0
>>713
思いっきり賃上げして国内で人間を雇えないようにすれば分母が減るから労働生産性が上がる・・・かな?

823 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:02:32 ID:E8U/4Acv0
自分ではなにもやらないで他人の粗を探して
メーリングリストで叩けは、評価はあがるからな
生産なんてするだけ無駄。むしろ評価が下がる。

824 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:03:48 ID:gHyAwrM20
>>819
残念でしたw
最低賃金を上げると可処分所得が増え、サービス業の連中の労働生産性が上がってしまいますww

やはり賃金カット→デフレスパイラル最強。


825 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:04:16 ID:XJtgwVab0
本当に生産性を上げたければ、物価を上げる規制をしろ
安売りとか禁止にして、定価販売のみにしろ
それに伴い賃金を上げる規制を導入しろ

そすすればインフレになるぞ

826 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:05:19 ID:hhA0rJrE0
多分、深夜営業のコンビニって生産性が低いと思う。

827 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:05:30 ID:8fes9riT0
>>715
でもまあ年寄はいずれ死ぬし。

828 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:06:05 ID:2+vjw2TEO
>>822
しかもその上、労働時間をおもいっきり規制しつつ、だらだら働けないようにしたら完璧だな。

829 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:07:08 ID:nXkR3X8P0
>>824
今の日本で目だって生産性が上がっているのは製造業・運輸業・金融業。
このうち前者二つはコストカットでかなり利益を出しやすい部門。

それ以外のサービス業などは内需中心な上にもともとさほどコスト(この
場合は賃金・人件費)が削られるところまで削られていたから、これ以上
収益性を伸ばすのは難しい。

830 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:07:25 ID:YvdNkOhE0
アメリカは右から左に受け流すような仕事が増えてるからじゃねーか
金融とか典型的だけど


831 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:09:19 ID:8fes9riT0
>>735
売り上げではなくて、売上から変動費(仕入価格とか燃料代とか)引いたもの。
給料とかの固定費は考慮してない。

832 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:10:09 ID:PJTMHPQv0
だから品質が悪いんだろ、欧米は。


833 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:10:50 ID:Gcdh+k5D0
>>830

ファンドの連中は儲けの種を探そうと流す前に市場調査しまくってるよ。ジョージソロスなんて
のは資料や財務表を読みまくって、現地調査をして株を仕込んでた。

834 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:11:36 ID:UTL/djqK0

もうさ、給料なんて0にすりゃいいのよ
腹減ったらカネもってる家に行って何か食えばいいし、
服が欲しければ誰かの家のタンスから拝借すればいい。
フロに入りたきゃあ、ジャグジーの家に入らせてもらえばいい。

835 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:11:36 ID:gHyAwrM20
>>829
>これ以上収益性を伸ばすのは難しい。

単に売り上げと客単価が上がれば即生産性向上ですが。
底辺層の可処分所得が15%伸びたら、サービス業の市場がそのまま15%伸びる。

サービス業の生産性は店の売り上げにかなり依存する(原価率が元々低い)


836 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:11:47 ID:hRtVOuJG0
無償・安価でで提供してるサービスにちゃんとお金を払えば労働生産性が上がるよw

837 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:16:53 ID:XJtgwVab0
おしぼり、お茶、お水、これらのサービスをオプション価格にすれば生産性はあがる

838 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:17:03 ID:k8Ze76Fi0
そもそも、何で性質も文化も歴史も風土も社会風習も何もかも違うアメリカに
合わせる必要があるんだよ



839 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:17:15 ID:s25KHyND0
>>818
>何でイタリアより低いのか
答え。
日本は過剰サービス社会。よく言われるのがデパートの
エレベーターガール・包装紙、今は減ったがサービスの行き届いたガソリン
スタンド、親切な接客、自動で開くタクシードアなど……。
こういったサービスは、生産性には反映されない。
お絞りとお冷が出てくるのも、世界で日本の外食産業くらいだ。
おまけにトイレも温水式。コンビニも24時間・土日・365日営業。
それが生産性を下げている訳だが、どちらが良い悪いとは
単純に言えない

840 :839:2007/06/06(水) 14:19:42 ID:s25KHyND0
日本の労働生産性がEU諸国平均より低いのは、
サービスの質が考慮されていないのと、
ユーロ高が影響している可能性もある。

この調査は、購買力平価を基準にしたのかどうか
触れておらず、あやしい。


841 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:20:16 ID:xwTS5wKV0
天下り先で仕事もせず
数千万の年収貰ってたら生産性も下がるわなwww

842 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:20:18 ID:Sec4m93V0
>>839
定性的な話はいいから定量的な話をしてくれ

843 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:21:31 ID:kqeh+naZO
だって仕事してない社員が多いんだもん、
トヨタとか三菱とかの工場の中。
期間や派遣が作業してて、正社はぶらぶらしてるやつ多すぎ。

844 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:22:20 ID:klWg+ZsNO
労働生産性が高いとどんなメリットがあるの?
効率的な経営をしてるということで投資家から資金が集まりやすいとか?

845 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:23:42 ID:gHyAwrM20
>>839
温水式トイレの設置コストが40万、年間の運用コストが10万、減価償却5年として。
年に18万。
コンビニで客が時間当たり4人使うとして、一日100人。年3万5千人。
一人当たり温水便座コストが4円程度。



・・・ほんとに国民一人あたり2割近い差が出るほど意味あるのかそれー?


846 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:25:00 ID:VEHqLCWb0
日本はそもそもサービス過剰なんじゃない?
それが良い所でもあるとは思うんだけど。

847 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:26:48 ID:yJDwGThN0
>>5
本当にそれに尽きる
しかも頑張る奴がいたら余計にサボるやつがいるからもうどうしようもない

848 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:27:22 ID:ZVSRbI580
>>840
>>261
よめよ。
このスレの元資料を。


849 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:28:05 ID:VEHqLCWb0
一部の人が異常に頑張ってるのは
むしろ欧米じゃないの?

850 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:28:24 ID:sHQ1u65r0
ガソリンスタンドで車道の真ん中に出て大声で客の車に挨拶するのって
まだやってるところあるのかな
あれって完全に店の自己満足だよな。

851 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:29:37 ID:hRtVOuJG0
多くの人が無償労働でがんばるから、生産性が低くなる。

852 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:29:53 ID:gZoeEiJa0
* 内閣府がOECDなどの2005年のデータを分析
o 日本の労働生産性は主要7カ国最下位
o 米国の7割の水準
* 2004年製造業で比較すると日本は3位
* サービス業の労働生産性は米国の6割弱(2000-2004年平均)
* 卸小売業は米国の5割弱
* ホテル・外食産業は4割弱の水準にすぎない

853 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:30:22 ID:6VZdJvzjO
>>843
そんなの当たり前じゃん。
俺ら正社はお前ら派遣がブラブラしてた学生時代にしっかり勉強してたんだよ。
特権階級なのは当たり前。さーてそろそろボーナスだな♪

854 :('A`):2007/06/06(水) 14:32:46 ID:U2zI50wc0
日本のサービス業もチップ制取り入れれば良いと思うよ
そうすれば労働者の熱意が大幅に向上する

労働者が客にしか擦り寄らなくなるから企業にはさぞありがたくないだろうがな
労働者の勤労への熱意の低さにお嘆きの経団連の皆さん如何お考えですか?w

855 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:33:04 ID:Oq4MnNIj0
まず、欧米並みに労働時間を抑えてから、労働生産性なんて語れやw

856 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:33:51 ID:l0sK/1040
まあ、赤字よりはいいじゃまいか


857 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:33:55 ID:nC6ypCYL0
「競争が進むとみんなが豊かになっていく」
  (竹中平蔵  経済学者 元政治家 人材派遣会社パソナ特別顧問)


★人材派遣大手のパソナが、竹中平蔵氏を特別顧問に

・人材派遣大手のパソナは23日、小泉内閣で経済財政担当相や総務相を務めた竹中平蔵
 慶大教授(55)を2月1日付で特別顧問に迎えると発表した。任期は1年。報酬額は明らかに
 していない。取締役の諮問機関であるアドバイザリーボードの一員にもなる。学者や政府での
 経験を生かして、事業や経営に助言してもらうという。

 ttp://www.asahi.com/business/update/0124/001.html


◆人材派遣のパソナが「天下り先」を仲介・・・総務省が外注

・国家公務員の再就職先を紹介する総務省所管の「人材バンク」の仲介業務を、
 民間の人材派遣大手「パソナ」(東京都千代田区)が3月上旬に受注していたことが分かった。

 ttp://www.asahi.com/politics/update/0316/007.html


【企業】 人材派遣大手のパソナが、竹中平蔵氏を特別顧問に
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169571290/
【社会】人材派遣のパソナが「天下り先」を仲介・・・総務省が外注
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1174032381/l50


858 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:34:26 ID:Hu0igUpT0
スマイル0円だもんね。

でもそれが日本のいいところでしょ。

859 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:34:47 ID:RhAynB/NO
日本人(というかアジア人)はアタマ使うのは苦手だけど
根性あるし反復作業が得意だから、末端の機械的労働が売りなんだよな。
ところが、少子高齢化で、機械的労働をする若年層に対して
わけのわからんポストを作ってそこに居座り
若年層が機械的労働であげた利益をピンハネする中年層が
いびつなまでに増加してるから、労働生産性も悪くなる。

860 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 14:34:56 ID:uaHx5LZ40
>>854
労働生産性の意味くらい理解しろや>低脳www

861 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:36:54 ID:5czjGKoP0
労働生産性は労働者の労働の質を表す概念ではない
そもそも輸出産業・国内市場産業・公共セクターを包括的に論じる意味などない
株主配当・役員報酬による搾取の効率などどうでもいい

862 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:37:08 ID:yJDwGThN0
>>854
これはマジでそう
金持ってる奴がもっとばら撒けばいいんだよ
むしりとる事ばかり考えて還元しない金持ちが悪い

>>860
確かに労働生産性とは関係ないけどチップとかあるようになったら消費は増えるよ

863 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:38:11 ID:8fes9riT0
>>771
円安ユーロ高は関係ないの?

864 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:38:31 ID:k8Ze76Fi0
派遣なってる香具師で、
例えば、会社都合で社員だったのが派遣にされたとか
異常事態以外、マスゴミに踊らされてなってる香具師とかいるしな
ネット難民増加とか言うけど、どう考えても生活の基礎を躾られてる奴は
やらないし、
派遣の方が気楽で自由で社員(初任給なんか)より金貰えるみたいな
マスゴミのプロパガンダ真に受けてなってた奴らが
30〜40歳とかなってどうにもならないわけで

就職難民というけど、バブル弾けたのは90年代前半なわけで、
バブル直後の人が思わぬ事態で放浪するならまだしも、
就職する十数年も前から不景気分かってんだから、
大学時代になにがしか備えるだろ。時代によって雇用に変動あるのは分かり切ってる事なんだし
そういうの考えられないのは学が無いだけな希ガス     

865 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:38:52 ID:KgrtMvBZ0
>>831
売上から変動費(仕入価格とか燃料代とか)引いたもの / 総労働時間 = 労働生産性 って事?
生産性(付加価値)ってのが、 「売上から変動費(仕入価格とか燃料代とか)引いたもの」 という解釈でいいのかな?
ああ、物を知らないってのは大変だ。

866 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:40:04 ID:j0zDsPcU0
>>労働者が働く時間あたりでどれだけ付加価値を生んだかを示す
>>労働生産性の水準について

テキトーな車を短時間で1台作っても
キズ1つ許されず完璧な車を長時間かけて作っても
生産性 --> 1台は1台

867 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:41:37 ID:WKwsgaXjO
だらだらと時間だけ長くて、責任のなすりつけあいでやる気が出ると?

868 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:44:05 ID:8fes9riT0
>>812
売り上げから仕入価格を除外したのが付加価値ということにしておいたら分かりやすいかな。
粗利ともいう。社員の給料は考慮していない。

869 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:46:00 ID:iFKDXZh/0
アメリカは金融と流通の生産性の伸びがすごいね。
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2007/0605sekai071-shiryou.pdf

アメリカの銀行は少ない人員で多額の利益を出しているのに対し、
日本の銀行は高給取りを多数抱えていながら利益を出していない。

アメリカの流通は直販が主流になって中間業者がほとんどいないのに対し、
日本の流通は何重もの中間業者が寄生してコストだけを生んでいる。

870 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:46:20 ID:8fes9riT0
>>824
それは別の問題でしょ。

871 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 14:49:25 ID:KNcjTq8z0
アメリカと同等の経済規模
中国に対抗できる軍事力
フランス並みの文化発信力
スエーデンと同等の福祉
ノルウェーと同等の環境保全

同時に満たせるわけ無いだろうにと

872 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:49:35 ID:8fes9riT0
>>823
気持ちはわかる。

873 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:50:44 ID:KgrtMvBZ0
>>868
何度も丁寧にありがと。なんとなくわかってきた。

874 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:50:45 ID:Mm3PWo8Y0
>>866
GDPは付加価値の総和。労働生産性はGDP/労働人口
しかも、購買力平価なんだから基本的に為替レートは無視できる。
つまり、加工であれサービスであれ、とにかく労働者がどれだけ
市場で評価される労働を為したかということを示す。
同時間、一人当たりアメリカの労働者100に対し日本の労働者71の
仕事(市場で評価される)をすると言う事。

875 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:52:04 ID:8fes9riT0
>>836
問題は誰が真正直にお金を払うかだが・・・

876 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:53:34 ID:hRtVOuJG0
>>871
それを全部満たしたら、まさに地上の楽園

877 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:53:35 ID:YerFO8D80
これってサービス分入れたら
日本120ぐらいいくんじゃね?

878 :869:2007/06/06(水) 14:54:18 ID:iFKDXZh/0
利益を生まない銀行員や、商品を動かすだけで飯を食っている流通業者は、
廃業して、もっと付加価値を付ける職業(製造業)に移らないと日本の競争力は
落ちる、ということ。
製造業の生産性はアメリカも日本もそう変わらない。

879 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:55:04 ID:KgrtMvBZ0
>>874
同じ人間が同じ事を同じ時間やっても、アメリカでは100の価値で評価され、日本では71の価値でしか評価されないということか。

880 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:55:54 ID:GT12ZNIn0
>>91
給食のおばはんは、清掃局なんかと同様、特別枠じゃなかったっけ(特定地域出身者優遇の)
一般公務員よりも高給だったと思う
運転手はどうか知らんが・・

881 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:56:57 ID:ENDxnVcLO
日本は単に無駄が多いだけ。
また、新しい事に鈍感な老害が会社の上部にいるから。

882 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:57:03 ID:+pxUHQkO0
>>866
それが一番分かりやすい間違いだなw

883 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:57:29 ID:YerFO8D80
>>91
給食のおばちゃんは俺の年収の倍以上稼いでいる

884 :社保庁を見よ:2007/06/06(水) 14:58:12 ID:CZi44WiZ0
労働生産性が低い最大の原因は公務員のせい

885 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:58:50 ID:7H9Y/3yoO
同じ人間が同じ時間同じ仕事をした比較ではないよ

886 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:59:37 ID:Mm3PWo8Y0
>>879
違う。購買力平価だから、アメリカと日本の地理的特殊事情はあまり考慮しなくてよい(同一市場と考えるべき)。
だから、同じ仕事が出来てればアメリカ100日本100となる。
単純に同じ時間一人当たりが行ってる仕事(同一市場で評価される)がアメリカ100
に対し日本は71ということ。

887 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 14:59:47 ID:ZVSRbI580
>>878
基本的にレポートに書いてある事は、規制緩和による流動性の高い市場作りと、
労働者に対する社会的なサポートを増やしてインセンティブをあげること。

そう言う意味で言ってる事は間違っちゃい無いが、金融に関しては
もっと一般人が参入できるような公正で透明なシステム作りと
様々な商品の開発や市場処理能力の拡大じゃネエの?
あるいは、硬直化した評価基準による融資ではなく、独自の商品価値を持たせた
融資を銀行が行うとか。

銀行員が嫌いなのは分かるけどな。

888 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:01:45 ID:8fes9riT0
>>876
ということは北朝鮮か

889 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:02:42 ID:8zkjH1h50
労働生産性って最近かしましいけど
どういう計算して出してる数字なのか
誰も教えてくれない

890 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 15:02:53 ID:0BiqjytT0
ちゃんと賃金払って食住環境とか整えないで、馬車馬のように収奪するだけだから、かえって生産性が落ちてる。
北朝鮮とかわんねーよwww

891 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:04:56 ID:KgrtMvBZ0
>>886
>同一市場と考えるべき
なるほどなるほど。つまり評価されない分野の労働時間が多いという可能性はあるわけだ。
さらにサビ残の可能性を考えるならば、アメリカ100に対して日本は71どころか60とかになったり・・・。

892 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:05:33 ID:Mm3PWo8Y0
>>889
労働生産性=GDP(購買力平価換算)/労働者

893 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:06:16 ID:8fes9riT0
>>881
しかし若い奴が上に立ったとしてホントに日本が良くなるのかな。
若手政治家や若手官僚や若手実業家や若手学者の顔ぶれを思い浮かべてみてくれ。

894 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:06:31 ID:hhA0rJrE0
>>869
高給取りを多く抱えてるから利益が出せないのと違うかw
あと日本の銀行はクズ口座が多いって話だな。
数千円くらいしか入ってない管理費ばかりかかる死んでる口座。
欧米みたいに口座手数料とって利子をあげて相殺して低額預金者を排除すればいいのに、
護送船団方式でそうもいかない。

895 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:06:45 ID:ZVSRbI580
>>889
このスレの元記事のデータだ。
(というか、このデータとこの定義をふまえないで物を言ってるのはオカシイ)
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2007/0605sekai071-shiryou.pdf

第2章 各国の生産性等の動向
1.各国の生産性等の動向
●人口一人当たりGDPで、日本はアメリカの7割強、労働時間当たり生産性では、
日本はアメリカの7割程度、ドイツ、英国等もアメリカの1割から2割低い水準
にある。
                             〜略〜
(備考)1.OECD“Productivity database”より作成。
    2.「一人当たりGDP」、「労働時間当たりGDP」については各国通貨建ての水準を2005年の
     購買力平価(PPP)により換算。
    3.なお、日本は、人口一人当たりGDPでは比較対象国(30か国)中16位、G7中4位、労働時間
     当たり生産性では比較対象国(30か国)中20位、G7中最下位となっている

↑OECDのデータを元に、2の条件で生産性を計算したという事になってる。

896 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:08:21 ID:8fes9riT0
>>882
いい加減な製品がそうでない製品と同じ値段で売れればそういうことなんだろうね。
俺は安全性とアフターフォローに注目するけど。
これが価格に組み込まれていないとすれば、異常に安いってことだろうと思う。

897 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:08:48 ID:8zkjH1h50
>>892
なんだ・・・そんな簡単な計算だったのか。。。いろいろ独自の
統計とって計算してるのかと思ってた・・・

898 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:09:02 ID:Mm3PWo8Y0
>>891
>さらにサビ残の可能性を考えるならば、アメリカ100に対して日本は71どころか60とかになったり・・・。

もちろんそうなるが、アメリカもサビ残などいくらでもある。特に金融系のハードワークは有名。
アメリカと日本の違いは、高給取りほど「良く働いてる(長時間)感じがする」のに対し、
日本は低賃金者ほど長時間労働になってる気がする。

899 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:10:09 ID:KgrtMvBZ0
>>898
だいぶわかって来た(つもりになってるw)なるほどなるほど。

900 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:11:36 ID:8fes9riT0
>>890
そういえばバブル時代は国鉄が民営化された頃のことだから、
働かずに高い給料を貰っている人が厳しく批判された時期なんだね。

901 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:12:14 ID:e8jMxTsEO
労働生産性が悪いのが労働者側の責任にすり替えているようでは、
安倍内閣では経済政策に期待出来ないねぇ…分かっていたことだが。

902 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:12:44 ID:Mm3PWo8Y0
>>897
>なんだ・・・そんな簡単な計算だったのか。。。いろいろ独自の
>統計とって計算してるのかと思ってた・・・

あのですなぁ…計算式が簡単であっても、これ出すだけでどれだけ
大変か…。出来るだけ正確なデータ出すのにどんだけ時間掛けてやってることか。

903 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:13:28 ID:7D8X/M3n0
日本は公務員が労働生産性を下げているのさ。

904 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:14:21 ID:8fes9riT0
>>898
俺の知っている限りでは、なんつーか、まともな会社なら経営者や幹部は長時間労働だよ。
だから下っ端の人間が定時退社しにくい。

905 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:15:02 ID:KgrtMvBZ0
ちょくちょく公務員の話題や人件費とか出てくるけど、

公務員については、各国とも統一した生産性(付加価値)出してるんだろうか・・・。
あと人件費は固定費だからここでは関係ないって事で良いんだよね?

906 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:15:11 ID:ZVSRbI580
>>901
よめよ。
レポートをよ。

907 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:15:31 ID:eRTv3No30
同じ生産量を維持するのなら必要な労務ないし労働力ってのは減っていくもんじゃないのか?
アウトカムは一緒でもより効率的に生産が行なわれるようなシステムの発展が資本主義にはあるだろうよ。
ニートがいくら増えようと、その分合理的に生産できるようになっているのでGDPは落ちない。

実際社会の需要労働力は生産量は落ちなくとも減っていたりはしないのかな?
つまり物あまり、かつ人あまり。

908 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:15:45 ID:dpjQA/t60
これは公共事業で使えない奴にも金をばら撒いてるからだろ
日本だって人員削減すれば労働生産性は上がるけど
日本人を出来るだけ多く就職させて金を与えてるから落ちるんだよ

909 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:16:18 ID:93Qjplwx0
こっちも参考になるね。

>ttp://www5.cao.go.jp/keizai3/shihyo/2007/0507/801.html

日本で労働生産性が低い部門は非製造業、特に「卸・小売」、「運輸等」、「飲食・宿泊」、
「ビジネスサービス」の4部門。

また日本ではIT化が労働生産性向上に及ぼす効用が他国に比べ小さい。

910 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:18:43 ID:Mm3PWo8Y0
>>905
>公務員については、各国とも統一した生産性(付加価値)出してるんだろうか・・・。

公務の生産性計算はものすごく難しい。と言うかほとんど無理だと思う。
そもそも、市場で評価されないことが仕事の大部分だからね。
各国の法律やインフラが全く異なるし…。

911 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:19:00 ID:gHyAwrM20
>>904
日本を滅ぼす悪習、儒教の礼節ってやつだな。

てか、日本に限らず、韓国中国と儒教文明圏は上層部の腐敗と無能化がスゴイ速さで進行する。

日本は近代国家になるために儒教習慣追放運動やったほうがいいな。
安倍は逆をやろうとしてるけどw

912 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:19:11 ID:PN8pa4TJ0
日本人が欧米人に比べて消費が弱いっていうか財布の紐が固い傾向が
あるのも労働生産性を押し下げてる要因だよね。

913 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:21:00 ID:cbwhEhNPO
日本は正論で物事が決まらないから生産性わるんいんだよ
根回しとかはっきりしない会議とか、意味のない資料とか。
ムダに残業が多いのも、同じ理由。


日本的なのはいいが、そういうとこ改めないと、外国人労働者だらけになるよ

914 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:22:05 ID:yTDnbXjO0
流通の中抜きとか進行しているけど、生産性の向上が不徹底な今でも、格差の拡大と
非難する連中がいるのに、本当に生産性の向上が進むと、別の社会問題が大きくなる
だろう。


915 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:25:24 ID:ZVSRbI580
>>909
ttp://www5.cao.go.jp/keizai3/shihyo/2007/0507/801.html
3.次に、IT利用産業の内、2000年代以降、労働生産性の水準において米英との差が広がっている「卸・小売」、
「運輸等」、「飲食・宿泊」、「ビジネスサービス」の四業種について、労働生産性上昇率の要因分解の日米英比較
を行う(第2−1〜5図)。その結果、我が国のIT資本深化の寄与は上記四業種全てにおいて米英と比較して小さ
く、労働生産性上昇率の押し上げ効果が限定的なものとなっていることが分かる。また、アメリカは、2000年代に
入って労働生産性上昇率が更に高まっているが、これは、90年代がIT資本深化によるものであったのに対し、
2000年代以降は、急激に上昇した全要素生産性が大きな要因となっており(注2)、英国の「卸・小売」においても
同様の傾向が見られる。全要素生産性には計測上、様々な要因が含まれる点に留意が必要であるものの、アメ
リカの2000年代の全要素生産性の高い伸びは、IT活用に伴う組織改革や知識資本など無形資産の蓄積が要因
であるとの指摘がなされている(注3)。
(注2)アメリカの「ビジネスサービス」においては、全要素生産性の押し下げ効果が縮小。
(注3)米議会予算局(2007)“Labor Productivity : Developments Since 1995”を参照。

↑ようするに、ITの導入はもちろんなんだけど、それに対応したマネジメントの試行錯誤・確立が背景にあると
ちゃんと分析してかいてあるのよね。
んで、日本はマネジメントの分野で余りにダメダメすぎた。
もっとも流通とかは道路行政や各種規制問題でもあるんだけど。

916 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:25:58 ID:jK49JqMz0
わかってないな。
政府は生産性が低いのは、日本全体で間接作業、非生産業務が
多いことが原因だと知っているよ。
行政のあり方が根本原因だということもね。

917 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:26:04 ID:eRTv3No30
昔に比べて1/2の時間で同じだけの生産が維持できるようになった。

この場合、企業としては余暇分で退屈している労働者の首を切るのか?
違うパターンとしては同じ生産量が得られるからそのまま社員を残留させるってのもあるよね?
労働時間の1/2は無駄な時間となったけれど、結果としての生産量は変わらない。
でも一人当たりとしてみた場合の生産効率は上昇しないよね?

918 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:26:14 ID:tEjCL3lZ0
>>914
今進んでるのは生産性の向上じゃなくて
被用者側にどんどん不当な労働条件を押し付けてるだけだろ。

919 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:26:53 ID:MHjTgt8s0
うーん、サービス内容の違いとチップの関係を考えると一概に信じられないんだよな

920 ::2007/06/06(水) 15:27:38 ID:OHDbFV5K0
実際の計算は,それなりに複雑だ.
まず労働投入量の計測だが,「労働人口×一人あたり労働時間」を計算するのだって
いろいろ問題がある.
高卒の労働者と専門卒の労働者と大卒の労働者と院卒の労働者は,それぞれ異なる労働力を
もってゐるから,たとへば,大卒の労働者は高卒の何倍の単位時間あたり仕事をするとか仮定して,
加重平均をとるのさ.ウェイトづけに恣意性のバイアスがでないやうな決め方があるのか,とか
いろいろ考へなくちゃいけない.

921 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:29:24 ID:yTDnbXjO0
>>915
今ヨーロッパへ行くと、物価の高さにおどろくのだけどな。
ユーロが高いせいもあるけど、1〜2割引きに考えても高い。
生活は楽ではないよ。

922 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:29:25 ID:Mm3PWo8Y0
>>907
>実際社会の需要労働力は生産量は落ちなくとも減っていたりはしないのかな?
>つまり物あまり、かつ人あまり。

あなたの言う直感的なイメージはよくわかります。ただ、その直観に疑いの目を向けるのも大事。
あなたの直観イメージは「総需要=一定」と言う仮定が暗黙のうちに入ってる。
実際はこの総需要をコントロールするように「財政政策」「金融政策」が行われる。
それがまさに失業率とインフレ率につながる。

>>909
>また日本ではIT化が労働生産性向上に及ぼす効用が他国に比べ小さい。

なるほど。なんで小さいんだろうか?

923 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:29:44 ID:KgrtMvBZ0
>>910
なるほど。一概に除いて考えようにも、数が多いと消費にも影響がでかいから除きにくいのもあるだろうし面倒くさそうだ。
>>912
おまけに弱い国民性w 要らないはずの機能、サービスまで求めちゃうw
ここをバッサリ切り落として絞れたら凄いんだろうけど、国民性だからどうにもならん。

924 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:29:58 ID:8fes9riT0
>>911
リーダーシップの根源は率先垂範だろ。
それにライバル企業に勝ちたければ智恵+長時間労働の組み合わせで対抗するのは
自然だし。

925 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 15:31:42 ID:KNcjTq8z0
生産性の計算と実施で最も進んでいるのが残念ながらトヨタなんだよな
計算した結果、利益を最大に取るから労働者の酷使に繋がる訳だけど
労働者の側に立って計画すれば最良なんだが

926 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:31:52 ID:saX49ffM0
>>892
一人当たりGDPとどう違うのかな?

927 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:31:53 ID:KgrtMvBZ0
>>922
>なんで小さいんだろうか?
まさに、>>911>>913じゃね?

928 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:34:06 ID:8fes9riT0
>>913
根回ししないで会議すると掴み合いのケンカになるよ。
同僚との決定的対立を回避しつつ、大岡裁きみたいな人情論的解決を目指すのも手だと思うけどね。
そうしないと滅茶苦茶憎まれて内部告発とかされそうだし。
どんな企業にだって叩けば誇りが出るものだから。
もちろん白黒はっきりさせるやり方も大事だろうけど。

929 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:35:26 ID:gHyAwrM20
>>917
その余った労働力で新しい価値創造を行うのが本来のビジネス。

例えばビデオを作っていた会社がビデオで飽和したら、HDDレコーダーとか、携帯転送とか、そういう風に新しい物を作って需要喚起して市場を確保していくのが王道。


【現実】
ビデオを売り続けるために耐久性を落としてすぐ壊れるようにして買換え需要を喚起w
それでもダメなら放送電波にスクランブルかけて旧型機器を強制廃棄w
従業員は締め上げてTVを見る時間すら奪い、工場は中国に作って人員削減w


端的に言って、現在の日本は中国を豊かにするために働いてるようなもんである。

930 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:35:33 ID:kZ36XO8t0
バイト・パート依存と正社員のサビ残依存

そりゃ労働生産性も落ちるわw

931 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:36:30 ID:8fes9riT0
>>917
首を切った分だけ生産性が向上したという側面もあるかと。

932 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:36:55 ID:KgrtMvBZ0
>>928
その辺ドライに出来ればいんだろうけどね。
どんな間違った方法でもソフトランディングさせちゃう日本人w
ドライに進めてトライアンドエラーが出来ないんだろうな。

933 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:37:06 ID:eRTv3No30
>>922
実際一定ないし限度があるんじゃないのかな?

市場としては需要以上に生産しても仕方が無いわけで、需要が限られている以上供給も限られる。
一方で合理化や機械化で生産能力は向上している。つまり要求労働力は減少している。
実際人は必要ない(つまり労働が無い)とすると、どんなに市場に金があっても
企業が人を雇う事も無いんじゃまいか?

934 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:38:18 ID:tEjCL3lZ0
>>932
面子が重要ですから。
いったん人の上に立ったら中国の大人と同じwwように扱わないといけないらしい

935 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:39:13 ID:8fes9riT0
>>923
そういえばアメリカ人はテレビ通販で健康器具ばっかり買っているイメージがあるんだが、
あれが事実だとしたら無駄遣いっぽくみえる。

>>930
サビ残は労働生産性を高める効果がある。統計上は存在しない労働時間だから。

936 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:39:30 ID:ZVSRbI580
>>922
1.元からある程度の水準にあった。
2.全体を統括する「システム」ツールなのに、
 それらを作成する為のグランドデザインを考えるのが苦手。
3.なぜなら、>>759の様な特性があるから。

これは、国家的に独自戦略を考える事を禁じられた戦後の時代性や国民性にも関係あると俺は思う。


937 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:39:40 ID:yTDnbXjO0
少なくとも、運輸とか飲食宿泊は、過当競争により売り上げの伸びない状態が、
むしろ値下げが続いていている状態が、GDPの伸びない理由だと思うけどな。

938 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:39:55 ID:c4+FjbBE0
ID:pPVNzPW80

【審議中】
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

939 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:40:52 ID:J6tJEEGgP
tes

940 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:41:41 ID:yTDnbXjO0
>>935
2005年の統計だろ。
あのころ、アメリカは住宅バブルの好景気のころだぞ!

941 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:42:14 ID:gHyAwrM20
>>924
>リーダーシップの根源は率先垂範だろ。

馬に鞭くれるだけくれた後で、へばった馬を降りて「へこたれるな!俺について来い!」と馬に言って自ら爆走し始める上司ってのは、外国人が評した「狂信的士官」って奴なんだろうな。

リーダーシップを発揮するのはいいが、せめて合理的理由に基づいてやってくれと。

942 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:42:41 ID:dIVUjXg/0
ある国のマクロ生産関数を考える。

 国内総生産=F(労働投入金額,資本投入金額)+残渣 ・・・ (1)

ここで国内総生産=国内総所得であるが故に、

 国内総生産=労働投入金額+配当所得 ・・・(2)

という式が成り立つ。また、

 労働投入金額=平均被雇用者報酬×就業者数=平均被雇用者報酬×(就業希望人口−失業者) ・・・(3)

となる。
すなわち、労働生産性をあげる方法は
1.同一生産力で失業者を増やす
2.雇用者報酬を下げて、配当所得を増やす
の2つの方法で改善可能という事だなw

特に名目GDP成長率の低下要因として、内需が挙げられている事から
平均雇用者報酬の低下や失業者数の増加が主要因である事はかなりの
確率で推測可能。

原因と結果を取り違えるなよという事。


943 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:43:37 ID:eRTv3No30
>>929
それがものすごく疑問。例えば三次産業の類。
実際必要あるのだろうかという労務って結構感じる事が多いんだけれど。

労働力を確保するためだけに実際の労働は存在しなくても求職だけが存在するんじゃ無いのかとw
例えば地方公務員なんかだと地場の雇用確保のためだけに存在しているような職もあるわけで。

944 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:44:29 ID:uDYEu2J90
>>935
ベースメントに無駄に買ったものが
うずたかく積まれてます。

945 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:45:20 ID:qpM/7viq0
>>937
過当競争なのに
淘汰や業種転換が行われないのが問題なんだよ。

946 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:48:24 ID:yTDnbXjO0
>>945
仕事がないよりは低収入を我慢する人も多い。

それより、国内のみの産業の場合、生産性は低くても、国際競争力とは関係ないのでは
ないかな?



947 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:48:47 ID:dIVUjXg/0
これって見方を変えると、日本の労働者はアメリカの71.1%の給与しか貰っていないって事でしょ?

948 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:49:24 ID:KgrtMvBZ0
>>935
洗剤買うのに要らないおまけが付いてくるかどうかだな。もう一個サービスに今ならさらに倍とか。どんな原価だよってw
>テレビ通販で健康器具ばっかり買っている
まさに大量消費国家アメリカ。無駄に食って無駄に太って、無駄にやせようとする。
豆腐がヘルシーとか言いながら油がんがんかけて食うわなw

949 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:50:57 ID:qpM/7viq0
>>947
給与は分子となる付加価値に含まれるけど
生産から生まれる付加価値はそのすべてではない。

950 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:51:09 ID:gHyAwrM20
>>943
一時的な雇用対策で公的セクターが労働者を吸収するのは仕方ないんだが、
それに見合った価値創造が出来てないのが問題なんだよな。

これは公務員の限界でもある。


951 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:53:14 ID:enuET5tj0
比較するだけ無意味。
米国と日欧は大差ないと思う。


952 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:53:31 ID:yTDnbXjO0
これ見ると、アメリカの生産性上昇はバブルのせいだと思う。
http://www5.cao.go.jp/keizai3/shihyo/2007/0507/801.html

953 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:54:31 ID:MHjTgt8s0
流通関係は米国から鳴り物入りで入ってきても成功してないんだよな

954 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:56:00 ID:FF+ZSoVK0
>>947
付加価値は労働者だけじゃなくて株主や税務署や銀行などにも分配される。

955 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:56:01 ID:Mm3PWo8Y0
>>953
単純に1周遅れなだけだと思う。
しばらくしたら日本の流通業も生産性が向上していくと思うよ。

956 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:56:40 ID:dIVUjXg/0
>>949
国内総生産≡国内総所得=被雇用者報酬+経営者側報酬+利子・配当所得



957 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 15:57:20 ID:AXZ/AKWt0
統計数値から公務員をはずせば、まともな数字になる。

958 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:58:03 ID:eRTv3No30
>>950
雇用対策って結局資本主義システムの中に国民を取り入れる社会福祉的な話でしょ。
取り入れたことによって生産量が上昇するってこともあまり求めてないわけで。
いくら価値創造しようと需要側にニーズが無ければ意味が無い。
すべては無駄な労働、必要ない供給は実際の中身が無い労働何じゃまいか?

だったら働かなくてよくね?働かなくとも合理化によって国民需要は満たされている。

経済ってのはどこまでも肥大化するってのが一つの見方だと思うけれど
人間的な総需要を上回るほどの肥大化って起きるのかな?
お腹いっぱいの人間はそれ以上何かを食べようなんて考えない。

959 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 15:59:07 ID:dIVUjXg/0
>労働者が働く時間あたりでどれだけ付加価値を生んだかを示す労働生産性の水準について

つまり、時間給が違うって言いたいんだろ?

労働者が生み出した付加価値は、労働者の給与そのものだから。

960 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:01:56 ID:2Y5MgJDd0
単純に他所と高い低いで競っても、あまり意味なさそうだよね。
国内だけで考えても、例えば東京と四国を比較したって、それぞれの事情も違うだろうし。

米国と日本を比較するより、10年前の日本と今年の日本を比較する方が有意義。記事の後半で触れてる「上昇率」。
「労働生産性上昇率」の日米比較なら、米国から学べる点も見付かるかも知れん。
どういう業務がIT化によって生産性を向上させられるのか?とか。

961 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:02:48 ID:Mm3PWo8Y0
>>958
>経済ってのはどこまでも肥大化するってのが一つの見方だと思うけれど
>人間的な総需要を上回るほどの肥大化って起きるのかな?
>お腹いっぱいの人間はそれ以上何かを食べようなんて考えない。

ちょっと、長い間休みが欲しい。ちょっと、良い食事がしたい。
ちょっと、いい教育サービスを受けたい、ちょっと良い、治安を保ちたい。
ちょっと、良い女から性的サービスを受けたい・・・etc。
こういう欲望は常に皆持ってるでしょ。それを、実現するには労働力(や資本など)
の増大か、単位労働力(もしくは単位資本投入量)あたりの付加価値
を増やすしかない。

962 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:03:07 ID:6dxxBEjc0
>>9
移民は入るよ
労働ピザもってる人はね

963 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:03:27 ID:KgrtMvBZ0
>>960
同意同意。

964 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:04:04 ID:gHyAwrM20
>>958
いや、価値は必ずしも経済換算能力がなくちゃいけないわけじゃないから。

朝から駅前で歌って踊って観光客に笑われるのだって立派な価値だ。

人間の根源的欲求を満たすというだけでなく、社会としての価値を何か見出して表現しようという感覚があってもいいと思うんだよね。


古代エジプトではそれがピラミッドであり。
法隆寺やら、アンコールトムとか、サグラダファミリアとか、人類や民族の偉大性の発露というのはそういう経済を越えたところにあるわけで。

むしろ、消費されるだけの製品しか作り出せないのは精神の貧困であって(以下略

965 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:04:06 ID:yTDnbXjO0
>>960
ビジネスサーヴィスだよ
http://www5.cao.go.jp/keizai3/shihyo/2007/0507/801.html


966 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:05:19 ID:5czjGKoP0
資本生産性、全要素生産性、国民経済生産性に殆ど触れず
労働生産性だけがフレームアップされてる状況がすべてを物語っている

967 :名無しさん@七周年:2007/06/06(水) 16:06:04 ID:uaHx5LZ40
まぁ、要するに、従業員多過ぎ。

968 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:06:30 ID:qpM/7viq0
>>955
流通やサービスについては、消費者の特性の違いも大きいと思う。
小売にしてもEveryday One Priceのようなやりかたを日本の消費者は喜ばない。
毎日特売品を設けて、チラシを撒くようなことをやらないと集客できない。
スーパーでは欧米系資本が日本に出店してもうかく行かないケースが多いが、
その一方で高級ブランドの直営店はどんどん増えている。

969 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:06:48 ID:Mm3PWo8Y0
>>959
>つまり、時間給が違うって言いたいんだろ?

違う。購買力平価だから「同じお金で買えるサービス、財はアメリカと日本で同じに換算してる」。
つまり、同じ時間で出来る仕事がアメリカ人に対し日本人は71%と言う事。
今風に言えば、日本人の平均的な(市場で評価される)能力はアメリカ人の7割と言う事だ。

ただし、これは今に始まったことじゃないし、高度成長時代からずっと縮まってきた。
が、まだ追い付いてない。

970 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:07:01 ID:zYrS7KtYO
賃金比較はどうなのよ?

971 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:07:33 ID:3zPkP1yS0
>>669
英仏独より上じゃねえ
いつの話してんだw
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28nominal%29_per_capita
イギリス39212ドル
フランス35404ドル
ドイツ35204ドル
日本34888ドル

972 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:07:54 ID:Kk4cGeha0
確かにレイオフ上等の連中じゃまともにやっても敵わないよな

973 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:08:25 ID:gHyAwrM20
>>969
>高度成長時代からずっと縮まってきた。

最近、アメリカで「IT革命でイエローモンキーどもを引き離してやったぜガハハ」という勝利宣言が出てたようなw


974 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:08:38 ID:ZCqEbK990
トヨタ 200
国家公務員(社保庁除く) 120
銀行員 100
社保庁 50
地方公務員 30
一般中小企業 3000


975 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:09:25 ID:d6YTKOfS0
日本はサービスが金にならないという悪しき習慣があるから
これぐらいが普通だよ


976 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:11:02 ID:MHjTgt8s0
経済の本命はエネルギーシフトチェンジの時のケインズだと思ってる

今度も日本も上手くやろうぜ!後はおまけさ

977 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:11:06 ID:Mm3PWo8Y0
>>960
もちろん、そんなに競う必要は無いが効率を語るには良い指標であることは間違いない。
単位量あたりの生産性=所得=支出がアメリカの方が大きいのだから、
「経済的に」効率良く稼ぎ、効率良く賃金を得、効率良く使ってるのは事実。

もちろん、アメリカには無い経済で計れない豊かさが日本にはあるのかもしれない。


978 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:11:25 ID:KgrtMvBZ0
>>969
>日本人の平均的な(市場で評価される)能力
ここにどうしても引っかかっちゃうんだよなぁw
「日本人は欧米に比べて、生産性に換算されない無駄な労働をしている」 って言い方も出来るんだよね?

979 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:12:44 ID:gHyAwrM20
>>975
おかげで、金にならないサービスには投資しない=一向に効率改善が進まないという悪循環。

フランチャイズチェーンを通して入ってくるアメリカのシステムを見ると、いつも惚れ惚れする。
こんな効率化の方法があったのかと。

ちなみに、日本人が馬鹿の一つ覚えでやる包装も、アメリカやヨーロッパのテクニックには100年負けてる。
金になるものにはアイデアが投資されるってのを、目の当たりに出来ます罠。

980 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:13:09 ID:3zPkP1yS0
>>105
それはない
もう日本は米国に対してははるか遠く引き離されている
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_(nominal)

2006年のGDP
1 United States 13,244,550
2 Japan 4,367,459
3 Germany 2,897,032
4 People's Republic of China 2,630,113 2
5 United Kingdom 2,373,685
6 France 2,231,631
7 Italy 1,852,585
8 Canada 1,269,096
9 Spain 1,225,750
10 Brazil 1,067,706


981 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:14:45 ID:XmJlMYNy0
これって、賃金の安い非正規社員をもっと増やしてもいいよっていう政府のお墨付き?


982 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:15:06 ID:VV+iqWqN0
例えばだ。曲がった缶詰なんか売ってないだろ?
だけど曲がった缶詰を絶対出さない努力は大変なものだ。

こんな金にならんことにコストつかっとんだから、そら生産性あがらんわ。
つまりは小五月蝿い奴を黙らせれば改善すんだよな。
ジャンプを下のほうから引き抜く手合いね。

983 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:15:16 ID:Mm3PWo8Y0
>>978
>「日本人は欧米に比べて、生産性に換算されない無駄な労働をしている」 って言い方も出来るんだよね?

もちろん出来る。ただそれは実際に計らないと分からないよね。もしかしたら、アメリカ人も効率良く
仕事をした上で、生産性に換算されない無駄な労働もしてるかもしれない。

984 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:15:16 ID:yTDnbXjO0
>>977
500円のほか弁の方が、4ドルのマック・セットよりも栄養的に優れているw

985 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:16:17 ID:PN8pa4TJ0
>>979

物事の効率化は何でも大事だなー、いかに楽できる方法を思いつくか
アメリカ人はよく分かってる
やっぱ子供のうちから数学はしっかりやっておくもんだね

986 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:16:40 ID:7piJhUWrO
日本の生産性が低いのは、高付加価値労働する筈の上位層が稟議書回覧なんかの
連帯無責任システムでちんたらやってるからだよ。

要するに経営の意思決定スピードと質の違い。

987 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:16:41 ID:MHjTgt8s0
これからは日本の従業員もキビキビやってチップ請求しろ!

988 :名無しさん@八周年 :2007/06/06(水) 16:17:35 ID:k9NdbZo80
ニートはどいう扱いなの?
労働生産性が下がるよね?

989 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:19:00 ID:gHyAwrM20
>>988
あれは労働生産性に換算されない。

空気みたいなもん。とはいえ消費だけはいっちょ前にするから、むしろ経済指標としてはプラスの存在w

990 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:20:22 ID:2Y5MgJDd0
>>980
全然関係ない話だけど、
この1〜7位までって第二次大戦の中心国ばかりだな。

991 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:20:58 ID:Mm3PWo8Y0
>>981
>これって、賃金の安い非正規社員をもっと増やしてもいいよっていう政府のお墨付き?

違う。むしろ、労働者一人当たりの能力(1時間でできる仕事を増やすとか、同じ時間で高付加価値の仕事が出来るとか)
を増やすことが大事だということ。

ありきたりだが、「速く、正確に、たくさん、仕事をするようになることが大事」ということ。

>>984
ハハハそりゃそうだ。
ただ、購買力平価においてそういう比較は意味が無いなぁ。
材料を加工して同じほか弁を作るのに日本はアメリカの7割の効率ということだからね。

992 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:21:03 ID:KgrtMvBZ0
>>983
もちろんそうだね。米は単に金融投資がらみでぼろもうけしてる人口が多いのかもしれないし。その辺は実際に計らないとわからない。
日本全体の”売上から変動費を引いたもの”はアメリカ全体の7割って言われると、何の違和感も無いんだよなぁ・・・。

993 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:21:53 ID:dIVUjXg/0
>>969
そもそも購買力平価の指標自体がアレじゃん

994 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:23:17 ID:SCtA/voA0
日本企業は労働者に余暇を与えなさ過ぎなんだって。
だから需要が無いのに必死になって売ろうとしてる。
旅行業界でもビール会社でも労働者の自由時間が増えることによって
消費が上向く企業は沢山あるよ。

995 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:23:30 ID:eRTv3No30
>>964
もちろんその通りなんだが現代の価値観は資本主義なんだよね。ルールであり原則。
例えばそんな素晴らしいもの作ったとしても経済のかやの外で行なわれた場合
実際の評価が行なわれて生産として考慮されるかというとそういうわけでもない。

生存っていう根本原理から考えれば需要は飽和しているんじゃないかな?
おそらくこれ以上の物的なハイクォリティの要求なんて求めようが無いでしょ?
だから付加価値だサービスだと比較的生存以上に(三次産業的な)需要を求めようとしているわけで。

そして三次産業も飽和したとき、次に人類が求めるものってあるのかな?
求めるものが無くて、かつ生産力も十分。あぶれた労働力はどこにいくんかな?

少子化もニートももしかしたら神の見えざる手かもね。

996 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:23:53 ID:dIVUjXg/0
労働生産性というのは、労働者の努力で改善するものではなく、
経営の効率化、組織のつくりで改善するんだよな。

997 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:24:24 ID:gHyAwrM20
>>991
×=「速く、正確に、たくさん、仕事をするようになることが大事」
○=「儲かる仕事をするのが大事」

今更日本人が超高速で造花なんて作ったってたかが知れてる。

金になる仕事をしろ。労働者セクターでの本質的改善はそれですよ。

998 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:24:52 ID:Mm3PWo8Y0
>>992
どうしても、平均的なアメリカ人の能力が平均的な日本人を上回ってるというのが嫌みたいだね。
別に、市場で評価されない能力はたくさんあるのだから、これは認めても良いんじゃない。

別に俺アメリカマンセーじゃないよ。ただ、まあ現実をみるのは大事だと思う。

999 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:26:11 ID:lBdFxjiE0
だからどうかしたのかね。
中間層をばっさり切り捨てた上での生産性。

1000 :名無しさん@八周年:2007/06/06(水) 16:26:19 ID:KgrtMvBZ0
>>998
間に合うかなw
トップレベルは雲泥の差で離されてると思うけど、単純労働者(日本のワイトカラーあたり)なんかは大した差はないと思うんだもん。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

292 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)