5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】英国機密文書に昭和天皇の「肉声」や性格分析見つかる [05/24]

1 :ククリφ ★:2007/05/24(木) 09:13:32 ID:???0 ?DIA(113093)
 太平洋戦争開戦前から戦後にかけて、昭和天皇の肉声などを記録した英国政府の機密文書が、ロンドンの
公文書館に残っていることが分かった。天皇の性格分析や日中の衝突を避けるため天皇が駐日英国大使に
依頼する生々しいやり取りなども記されている。文書は、当時の英国が皇室をどう見ていたかを示す貴重な
資料でもある。

 文書は、主に駐日大使が本国に打電したもの。「SECRET」「CONFIDENTIAL」などのスタンプが押され、
「極秘」扱いされていたことが分かる。一部は、ジャーナリスト、徳本栄一郎氏が書いた「英国機密ファイルの
昭和天皇」(新潮社、25日出版)に掲載される。

 文書には、日中戦争の引き金となった1937年7月の盧溝橋事件後に来日した英国大使が同年10月14日、
昭和天皇に皇居で会った際の会話が記されている。

 天皇は「日中事変で日英関係が急速に悪化していることに、私は深い懸念を持っている」「かつての良好な
日英関係に戻すのを心から願っている」などと明かしたうえで、「どうか、大使も力を貸してほしい」と要請。
大使が「良好な日英関係を築く唯一の基盤は、中国を敵ではなく友人とすることです」と応えると、天皇は
「その方向に、すべての努力を傾けなければならない」と語ったことが記されている。

 また、37年9月24日の英国外務省報告文書では、日本の政治システムを「天皇を取り巻くアドバイザーが
(略)日本の政策を決定していく」と分析。そのうえで、天皇の性格を「周囲の人間の操り人形とならないためには
強い個性が求められるが、今の天皇はそれを持ち合わせていない」「弟の秩父宮のように自由を与えられず、
自分の意見を形成する機会を持てなかった」と記している。

 ▽昭和史に詳しい作家の保阪正康さんの話 昭和天皇の戦前・戦後の言動は、側近たちの記録などに加え、
これまでは占領政策の中核を担った米国の資料に主に依拠して解明が進められてきた。今回の資料は、ドイツや
中国を含めた他の国々の資料からみる必要性があることを浮き彫りにした。

毎日新聞 2007年5月24日 7時03分

ソース:
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070524k0000e040001000c.html

2 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:14:04 ID:YLwIR43N0
肉越え

3 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:16:14 ID:ZDpaZ+e10
だからなんだって話だよ
シナは未来永劫日本の敵です

4 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:16:26 ID:W6huMYkD0
天皇を取り巻くアドバイザーって、富田さん?

5 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:23:02 ID:Q/eq57yU0
本音と建前をどこで見分けるかだな

6 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:24:58 ID:zBGZDOuH0
つまり田中義一が諸悪の根源ということだな

7 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:31:51 ID:5BmetTs40
やっぱ天皇陛下であろうとも修羅場をくぐってきたドスのきいた軍人が怖かったんだよ。
だからなかなか止められなかった。

8 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:32:33 ID:a52iqB7u0
本日のウヨ必死スレ。

9 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:36:59 ID:9+GRQNHj0
その中国が日本に攻撃を仕掛けてきたんだから日本としては反撃するしかないわな

10 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:37:28 ID:6ZOI4Z/r0
その点、今の皇太子は自由奔放に生きているとすら言えるな。

11 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:38:40 ID:U+aSa9VT0
天皇陛下万歳!!

12 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:40:23 ID:y37jRgFr0
つうか、日中戦争はじまた頃って
40歳くらいだったろ。  周りの意見は聞くよな。
陸海軍の海千陸千のやつらばっかだし。

13 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:41:33 ID:lKR8JQ7r0
天皇なんてくだらない制度を最初に作った奴が悪いww
血が神聖とかw
はっきり言って池沼並みw

14 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:42:29 ID:cPConiSY0
はい、残虐ヒロヒト像はこれで木っ端みじん。サヨクのみなさん、残念でしたw

15 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:44:25 ID:PYASq6Nm0
>>7
天皇は単にお飾りでありシンボルであり、隠れ蓑であって、なんだったらその
辺をうろついてる犬だって大義名分があれば交代可能な存在にすぎなかったの
だろうから、そもそも軍部の進む方向を追認することはできても、その方向を
変えたり、ましてや暴挙を食い止めることなどできなかったんだわ。もちろん
だからといって天皇に最終かつ最大の責任があることを免除するわけにはいか
ないが。でもたぶんそうだったんだと思うな。そして好むと好まざるとかかわ
らず、渦中に置かれた天皇自身のお気持ちも右往左往しただろうから、肉声と
はいっても、様々な形の肉声がきっと存在し、どれか一つを持ってそれが真実
天皇のお気持ちだなどと断定することも難しいと思うね、ポキは。

16 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:44:46 ID:nybpBvp80
>>13
熊にレイプされた奴の子孫が言いそうなことだな

17 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:46:42 ID:fLPkYMdPO
>天皇の性格を「周囲の人間の操り人形とならないためには
>強い個性が求められるが、今の天皇はそれを持ち合わせていない」「弟の秩父宮のように自由を与えられず、
>自分の意見を形成する機会を持てなかった」と記している。

誰もそんな事求めてなかったろう。
周りの人間からしたら顔役兼伝書鳩みたいなもん。

18 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:47:27 ID:/FXc+kKE0
>>7
つーか満州国建設から南京進行から、政府すら軍を止められない状態で
軍のやりたい放題だから。
政府さえお飾りで天皇なんてさらに遠い遠い。

19 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:48:09 ID:wtiPLC6a0
てか魯鈍じゃん。

20 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:48:17 ID:MmHGc+PQ0
>>9
あれが侵略戦争じゃなければ戦争は全部自衛戦争

>>15
陛下の代わりは犬でもできたと?

>>18
お飾りに堕ちた内閣には責任あり

21 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:49:43 ID:qhWRMEyuO
陸軍が悪い

22 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:51:48 ID:9+GRQNHj0
>>20
>あれが侵略戦争じゃなければ戦争は全部自衛戦争
「あれ」とは何を指して言ってんの?
俺は第二次上海事変から開始された支那事変の話をしてるんだが

23 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:53:09 ID:lKR8JQ7r0
まるで戦争を経験したかのように語るって素敵やん

24 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:53:27 ID:CrtMvbPR0
別に独裁国家じゃないから個性発揮して自分の意見を
通す必要は無いんだけど。

25 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:53:30 ID:pDi7uy9UO
統帥権が無いから初めてから分かってた事。

26 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:54:53 ID:Kmmjzqx/O
>>22 
ばりばり侵略じゃん 
今のイラクのアメリカ軍並み。

27 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:56:23 ID:19zMfFp30
性癖かと思った

28 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:56:26 ID:1vB4s+2I0
イギリスもとことん馬鹿だな。中国なんぞに肩入れしやがってこの有り様。日本の正しさを思い知るがいいさ。

29 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:58:35 ID:TFHrXZacO
>>20
侵略戦争とは先のイラク戦争のような事を指すんだ
日中戦争は、中国が我が国の権益と国民を銃弾をもって攻撃し、これに日本が反撃をしただけ
日中戦争が防衛戦争でなければ全ての戦争が侵略戦争だ

極論を言えば、然るべき伝統と権威があれば、陛下の代わりは犬でも出来たな

そもそも軍部を支持したのは国民であり、政府と議会が公僕である以上、国民の支持する軍部が独走するのは当然であり、政府が飾り物となった原因は国民にある

30 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:59:42 ID:N/mr2Gll0
戦争が始まってしまったら攻めるのは当然だろう。
向こうはやる気満々で攻めてきているのに一歩も進まないで
守っているだけだったらジリ貧ではないか。

31 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 09:59:55 ID:eKHXaUu20
>>2
か・・・漢だ・・・。

32 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:01:26 ID:0ahlBgEf0
田中義一を叱責したことや、2.26事件では確固たる態度を示している。
それを意志薄弱とは、
イギリス人は日本の天皇の存在をKINGと同じと思っているようだ。

33 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:01:38 ID:TFHrXZacO
>>26
日中戦争とイラク戦争とでは全く類似性が見当たらないが

34 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:03:32 ID:9+GRQNHj0
>>26
>ばりばり侵略じゃん
ほー第二次上海事変が日本の中国に対する侵略行為である理由を言ってごらん


35 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:04:19 ID:Kmmjzqx/O
>>29 
選挙で選ばれたわけ出もない軍部が国民の支持?
自由な報道が無いくせに国民の支持? 
頭悪!

36 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:06:03 ID:lKR8JQ7r0
血が神聖とか言ってるのを肯定してる時点で
論理的な思考は無理だろ
話し合うのはやめた方が良い

37 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:06:40 ID:2ACEvIwR0
>>28
違うって、自分たちだけの鵜飼いの鵜が他に盗られたくなかったんだよ。
日本がいいとこ取りしようとしたから。


38 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:06:52 ID:104BgPzXO
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1175832060/

39 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:08:31 ID:8WVEdlhx0
「日本はどの時点で道を外したのか」

昭和3年の張作霖爆殺事件のその後の経緯と
昭和6年の柳条湖事件のその後の経緯を比較すれば解る

張作霖爆殺事件の時は昭和天皇が激怒し田中内閣総辞職となり、
メディア(世論)も軍部を叩き、軍部も責任者の処断を余儀なくされ
辛うじて軍部台頭とはならなかった

ところが柳条湖事件の時は、うって変わってメディアは挙って軍部にエールを送り、
政府が不拡大方針をとっていたにもかかわらず、メディア(世論)の後押しを受けて
昭和7年1月までにほぼ東三省を占領、3月1日満州国の建国の至った(満州事変)

では昭和3年と昭和6年の間に何が起こったのか?

昭和5年4月25日
政友会の犬養毅と鳩山一郎、ロンドン軍縮条約は統帥権干犯と、衆院で浜口雄幸首相を糾弾
党利党略のまま、政敵浜口首相を追い落す為に、軍縮条約批准を妨害。
浜口雄幸の構想した日英米大同盟も儚く潰えたばかりか、
最終的には犬養毅本人の暗殺を以て、萌芽の兆しのあった戦前の政党政治も崩壊した・・・

最初に議会へ統帥権干犯を持ち込んだのは軍部ではなく犬養毅と鳩山一郎
帝国議会を機能不全に陥らせた憲法問題(統帥権問題)を持ち込んだ張本人
昭和5年4月25日以降、軍部は統帥権干犯の名の下、
帝国議会のコントロールを離れる口実を得てしまった

犬養が憲政のかみさまあ?プ、なワケだが・・・犬養がマスゴミ出身であることも付け加えとく

40 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:08:35 ID:PO+c88bR0
>>35
「国民はみんな戦争に反対してたけど指導者層が無理やり戦争始めたんです」とでも思っているのか?

41 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:09:30 ID:0ahlBgEf0
>>35
国民の支持なくしては、
満州建国も支那との戦争も継続不可能であったろう。
そもそも政党も予算を通していた訳だし。


42 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:11:03 ID:lcowfJ8I0
阪神大震災のときに、決断力不足から事態を座視してしまい、
被害規模を拡大させてしまった村山首相と、昭和天皇のイメージが重なる。
悪いことをする<^イプではないのだが、
その人にだけできる仕事をしない≠アとで事態を悪化させるという。

43 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:12:39 ID:jl4qMaJb0
>>42
へぇ〜、君長生きなんだねぇ〜 ^^

44 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:13:45 ID:0ahlBgEf0
>>42
つ 2.26事件

立憲君主と専制君主の狭間で苦悩していた訳。
そのような悩みがない村山と同じにするな。

45 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:14:09 ID:DNsSVINU0
支配者としては無能ってことだろ

46 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:14:27 ID:cYl10UI10
>>35
自由な報道がなかったどころか、当時はマスコミが一番好戦的だったじゃん

47 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:14:28 ID:Kmmjzqx/O
>>33 34
協約のもとに軍隊入れ込んだわけでもなく自国民を保護のもと連れ戻すわけでもなく戦争続けたよね?

48 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:14:34 ID:8WVEdlhx0
>>42
田中義一を叱り飛ばしたぐらいで昭和天皇に政治実権はないって
これも反省して敗戦間際の御前会議まで口を出さなかった

49 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:14:46 ID:kg+zkmXj0
なーんか最近漏れてくる昭和天皇の話は宮内庁のイメージ戦略にしか思えんな
繋ぎ合わせると昭和天皇のイメージが出来上がるだろ?

50 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:15:54 ID:m7OT+ji50
皇室には陛下や殿下の尊称をつけよう。

51 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:16:40 ID:O2dLheY60
要するに オレは無力だから 外圧をかけてくれ と頼んだわけか
小さいなあ

52 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:18:48 ID:Kmmjzqx/O
>>40 41 
選挙で選ばれるわけでもない軍部が暴走した時点で国民が食い物にされたわけだよ? 
おまえらはだまされて喜ぶ信者かよ。

53 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:19:12 ID:TFHrXZacO
>>35
軍閥から多数の政治家を輩出していたのだから、軍部は支持されていたよ
当時の新聞の記事や投書欄を読んでごらん
自由な報道はなされていたよ。新聞が社説で堂々と政府批判をしているからね

君は知能以前に知識が足りないようだ

54 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:21:03 ID:y37jRgFr0
>>50
逆に、今上の時はつけない。

55 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:21:41 ID:8WVEdlhx0
>>52
選挙で選ばれた連中が党利党略で軍部と結託
政府与党を攻撃した事がキッカケなんだが?



56 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:22:19 ID:MmHGc+PQ0
>>53
知識不足はオマエ。1940年頃からは報道の自由なんかあるわけない
これがわからなきゃ知能不足

57 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:23:03 ID:OnGOZfHPO
これで昭和天皇に権力があったら独裁だから日本は悪かったってなるんだろ?マスゴミシネよ。

58 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:23:05 ID:9+GRQNHj0
>>47
は?中国に日本軍が駐留していたのは上海停戦協定に基づいてだけど?
それから合法的に駐留する自国の軍隊が計画的組織的に攻撃され窮地に陥ったら軍隊派遣して救援に向かうのは
当たり前

それから今問題にしてるのはどちらが侵略戦争を開始したかだから話を論点を摩り替えないように




59 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:23:57 ID:TFHrXZacO
>>47
本当に無知らしいな
上海租界に日本軍がいた事と、自国の権利保護のために軍を派遣する事は日本と中国の協約によって保障されていた
協約はあったんだよ
自国民の保護のために軍を送ったまでだ。どこに侵略の要素があるのかね?

60 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:24:06 ID:5Gr4hmSw0
当時の国の仕組みを理解しないで
浅はかな知識で簡単にものを言うと
あとで自分が恥ずかしくなる。
まあ、一生そのことにも気づかず人生を終えるのもいるわけだが。

61 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:24:16 ID:8WVEdlhx0
>>56
1940年かよ、
軍部台頭のキッカケは1930年ごろの話なんだが





62 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:27:13 ID:TFHrXZacO
>>56
はて?日中戦争は1937年7月7日からだが?
1940年代の大政翼賛会体制と何の関係があるんだね?

63 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:28:10 ID:MmHGc+PQ0
>>58
盧溝橋事件で最初に撃ったのは多分中国だが
停戦協定成立後に部隊送り込んだのは日本軍部


64 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:28:16 ID:OnGOZfHPO
支那事変の泥沼化に伴って報道の自由がなくなっていったのは事実だが、国民もマスゴミも戦争を望んでいたのも事実。

65 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:29:55 ID:TFHrXZacO
>>63
戦闘によって失われた部隊の補完と、いざという時に更なる戦力を備えただけだが、それがどうかしたかね?

66 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:30:00 ID:PH2rp3Of0
>>50
うむ。皇「族」だね。

67 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:30:44 ID:7E9NH9a/0
>>54
天皇陛下って間違いなん?

68 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:32:22 ID:MmHGc+PQ0
>>65
そもそも外国を戦場として殺し合いをしておきながら
何も落ち度がなかったとかほざく低能
非難されると中国人と同列の醜い言い訳を繰り返す腐れ外道

69 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:32:52 ID:0ahlBgEf0
>>56
報道を操作すれば、国民を無制限に操作できるなんて
大衆の口コミ、分析能力を軽視しすぎ。
極秘にしていた筈の戦艦大和の存在を大衆レベルで知れ渉っていたり、
大本営発表など国民は信じていなかったことは有名だ。

報道統制だけで国民の耳目を防げれるのなら、
文化大革命批判やら東側の崩壊も無かったろう。
今の北朝鮮でも同じ。
官製デモに参加している人々の顔を見てみ、
彼らから熱狂が感じられない。

70 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:35:23 ID:8WVEdlhx0
>>68
よくわからん詭弁だな
国内だろうと国外だろうと駄目だろう

71 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:38:06 ID:9+GRQNHj0
>>63
は?盧溝橋事件なんか問題にしてないけど?
盧溝橋事件自体は日中ともに何ら計画性のない偶発的な事件に過ぎない
それに対して第二次上海事変は明らかに中国側の事前計画に基づく組織的な攻撃=侵略だ
だから中国側が侵略戦争を開始したと言ってんの

72 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:39:19 ID:TFHrXZacO
>>68
我が国軍は我が国を守護するために存在する
故に、自国に被害が出る国土での戦争は恥であり、逆に敵国で戦争が出来た事は誉である
落ち度などどこにも存在しないね
自衛戦争は国土以外ではしてはいけないという法があるのかね?

73 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:41:35 ID:Fo7e/DHs0
牟田口廉也、辻政信に代表される陸軍の暴発組の存在が、
国家の癌になっていた。こういう連中をやりたい放題にさせていた陸軍上層部は、
厳しくその責任を追及されなければならんね。



74 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:41:41 ID:OnGOZfHPO
軍事的準備を調えて上海の日本人居留区を攻めて日本軍本隊を迎撃・殲滅しようとしたのは中国なんだがなあ。あまりに弱くて返り討ちにされて降伏も交渉もせずに重慶まで逃げるし。

75 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:42:25 ID:zpwK0k7z0
侵略戦争だったかどうかを今風の価値観で判断するのも何だな、、、
あの時代なんて、強い方が適当な理由を掲げて切り取り自由が
国際社会の暗黙の了解だったからな〜
今でも、それが非常に見えにくくなっただけなんだけどな、、、


76 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:44:54 ID:MmHGc+PQ0
>>71 >>74
盧溝橋の結果、上海事変が生じたことも理解できないのか

>>72
その結果、敗戦で焦土と死体の山を築いた当時の政府が好きだと?

77 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:48:03 ID:PH2rp3Of0
>>67
いえ。

「今上」の時は「上」とつけた時点で敬っているから
そのうえ更に「陛下」とつけずともよいという意味かな?
違っていたらごめん

78 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:48:48 ID:0ahlBgEf0
>>76
焦土と死体の山を作ったのはアメリカでは?
関係ないけど、そのアメリカもは大日本帝国と差して変わらない外交政策を展開している
イスラエルには無条件に支持しているのなぁ。

79 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:50:32 ID:9+GRQNHj0
>>76
はあ?第二次上海事変が起きたのは盧溝橋事件の結果じゃないけど?
中国側が起こした第二次上海事変の計画やその為の準備は盧溝橋事件が発生する前から開始してたんだが
もう一度いうがここでの問題は侵略戦争を開始したのはどちらかだからな間違えるなよ

80 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:50:51 ID:8VQvFLlx0


萱生事件 (1936.7.10)海共同租界内狄思威路・楊家浜路の角で邦人がピストルで殺害された。死骸は直ちに福民病院に運ばれ、検死をうけた。
                  海軍上海特別陸戦隊は狄思威路一帯を直ちに警備に出動した。だが、機銃車が外人自動車と正面衝突し、水兵二人が重傷を負った。

成都事件 (1936.8.24)領事館の設置を聞きつけ事前報道を狙った、大阪毎日新聞記者2名と雇員2名が集団暴行をうけ、うち2名が死亡。2名が重傷を負った。

北海事件 (1936.9.3) 広東省北海・珠海中路の日本人商店の店主が殺害された。海軍は北海に艦隊を派遣し、武力行使を視野に入れた調査を開始した。実力で抵抗するとした第19路軍は抗しえずとして撤退した。

漢口事件 (1936.9.19) 漢口の日本領事館付き巡査(吉岡庭二郎)が、日本租界の日信埠頭で中国人に後頭部を撃たれ即死した。海軍は陸戦隊を上陸させた。

出雲事件 (1936.9.23) 上海の路上で「出雲」乗り組みの水兵が襲撃され、一名死亡、二名重傷を負った。海軍は「対支時局処理方針」を決定し、武力行使・居留民の引き上げなどを考慮した。


81 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:54:04 ID:TFHrXZacO
>>76
廬溝橋の結果が上海事変に繋がろうと、それは中国が勝手に判断し勝手に行った事で、そこに日本の侵略は見られない
米国に敗北した事はまた異なる問題だ。日中戦争は中国の侵略戦争である事を何一つ否定する要素にはならん

82 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:54:36 ID:uhqFK+nNO
>>71
まっとうな思考能力を持ってれば、何故か他国に自国の軍隊を堂々と進駐させておいて攻撃を受けたから侵略だ、とは口が裂けても恥ずかしくて言えないと思うんだが

83 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:56:25 ID:w14fw8T40
各事件、事変とも我八路軍が漁夫の利を得ようと画策してた事も
忘れないでね^^ by毛

84 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:57:35 ID:CsooMBIz0
軍部がアホすぎた
そして思考停止してそれを支持しつづけた国民はもっとアホ

85 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 10:58:28 ID:OnGOZfHPO
>>82
在韓米軍を韓国軍が攻撃したら韓国による侵略だろ。基地はアメリカ領なんだから。
中国がやったのはそういうこと。

86 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:00:18 ID:TFHrXZacO
>>82
両国の合意の下、軍を派遣しているのであるから、恥じるべき何物も無い。常識的な思考とは私のような意見を指すのだ。お前の主張は非常識だね

87 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:00:41 ID:gQg0jLm70
>>1
>天皇の性格を「周囲の人間の操り人形とならないためには
> 強い個性が求められるが、今の天皇はそれを持ち合わせていない

操り人形になる弱い個性だからこそ、2000年近く続いたのですよ。


88 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:01:18 ID:0ahlBgEf0
軍部の中の人はコロコロ変わっていたからなぁ。
山縣みたいな人がいればよかったんだが。

89 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:13:52 ID:MmHGc+PQ0
>>86
軍人の独走で目的のない戦争にズルズルと日本を引きずり込み
挙句の果てには敗戦で引き上げもままならず自国民をレイプや略奪の危機に晒し
焦土となった日本に帰って涙目で「もう二度と戦争はしません」と誓ったのに
戦争体験者が減るとオマエのようなバカどもが低級な理屈をこねて正当化し
愚民の国に逆戻り

90 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:14:36 ID:9+GRQNHj0
>>82
はあ?だからあ中国に日本軍が駐留していたのは上海停戦協定に基づく合法的な駐留だって言ってるだろ
お前もし自衛隊が在日米軍を事前計画に基づいて攻撃したとしたら日本と米国のどっちが侵略者だと思う?
この場合は日本が侵略者になるんだよ。
こんなことも理解できんのか?

91 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:16:51 ID:vRUpEkFE0
石原莞爾の計画通りにやればよかったんだよ

92 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:17:31 ID:EisvE8As0
石原莞爾の計画通りやっていても
最後は日本対アメリカのハルマゲドンだからな・・・・

93 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:20:02 ID:9+GRQNHj0
                     まとめ

盧溝橋事件で行われた行為は戦争行為か?      日中双方に計画性がなく偶発的な戦闘行為で戦争行為ではない
盧溝橋事件による日本軍増派は戦争行為か?     作戦計画に基づく攻撃を意図したものではなく防衛目的であり戦争行為とはいえない
第二次上海事変を起こした中国の行動は戦争行為か? 事前計画に基づく日本に対する組織的な先制攻撃であり戦争行為である

戦争とは動員計画によって軍隊を戦時編成にし中央政府が軍隊に対し軍事作戦計画の発動を承認することによって開始される
軍事作戦計画を発動して上海停戦協定を破棄し日本に対し先制攻撃をしたのは中国

よって「侵略戦争を開始」したのは中国

以上

94 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:20:51 ID:0ahlBgEf0
>>89
へぇー、知らなかった。
誰が誓ったの?

95 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:25:39 ID:CrtMvbPR0
>>89
自分が賢い。と思うならまだしも
周りが馬鹿だと思っているやつが一番危険だなあ。

世界の常識は一般常識から外れていても、それに従わざるを得ないだろうに。
日本はもともとさほど戦争が好きなわけではない。
江戸期に鎖国して戦争も避けていたのに、
わざわざペリーのせいで「世界の常識」の中に引きずり込まれてしまった。
戦後、今までもそのときと同じで必要性がなければ戦争しないよ。
日本は。

96 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:27:53 ID:GInphThVO
>>89
どこのファンタジーですか?

97 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:29:19 ID:fudTss3p0
日本陸軍の幹部にソ連の工作員がいて
中国国民党と戦争させて満洲弱体化を狙った
 というのが国民党(当時の幹部)の見解 現在証拠はないけど。

たしかに第二次世界大戦で勢力圏を大幅に増やしたしたのはソ連であった。


98 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:34:58 ID:F2bLEAZN0
友人? 自分らは香港を強制占拠したのにか?

やらなきゃやられる時代で平和のみを称えるほど、
日本はバカで低級な理屈をこねた上、平和ボケを勧める愚民国家ではなかったことは歴史で証明しているんだが。。。

ブサヨは氾濫は勝手だが、自分らの価値観を国民に押し付けてはならん!

99 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:38:15 ID:YIzXlC9cO
当時大英帝国は
中国を植民地にしてたの?
それともしようとしてた時期?
中国利権で日英関係は悪くなったんだよね
因みにイギリスはガチの反日国だよ

100 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 11:43:25 ID:qKkHnWF0O
>>99
してた。

101 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 12:01:04 ID:ZAqTOgIK0
盧溝橋事件を誰が起こしたのかについては国際的に決着が付いている。

東京裁判では盧溝橋事件を起こした罪で牟田口らが裁かれるはずだった。
ところが中国共産党の劉少奇が自分たちがやったと公表したために裁判は大混乱。
結局、東京裁判が終わってもいないのに牟田口らは釈放され、盧溝橋事件は扱わないことに決まった。

国際社会が「盧溝橋事件の犯人は中国共産党」と断定した瞬間だった。

102 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 12:05:56 ID:1OMGulfI0
> 大使が「良好な日英関係を築く唯一の基盤は、
> 中国を敵ではなく友人とすることです」と応えると

そりゃ当時草刈場だったシナ大陸に新参日本がやってきたら
「ロシアへの歯止め」が「ただのライバル」になっちまうからな。

この記事引用して喜んでる奴は、当時の情勢と外交というのが
わかってないんじゃないか?

103 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 12:18:33 ID:F2bLEAZN0
現代社会にある価値観を過の戦争を評価するのではなく、歴史を鑑によりよい選択肢を選び、
ヤマト、そして極東アジアの安定と繁栄を目指すべきなのでは?

戦争は好んでやるものではなく、国家存続の最終手段であって、醜い生物の殺し合いです!
が、絶対しないというはもっと醜いかと。


これを共有できる国家、民族、集団でしたら、我々は彼らを「友人」と称えよう。。。

104 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 12:36:14 ID:q8ljWUTJ0
戦犯だとかほざく奴等に読ませたいなあ

105 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 13:22:02 ID:tcRNrWT00
おーい、ソ連コミンテルンの影響をむしてるぞ。

日中、日米を戦争させるのがスターリンのアジア戦略だからな

106 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 15:15:48 ID:7uQqsUlJ0
>>1
> 大使が「良好な日英関係を築く唯一の基盤は、中国を敵ではなく友人とすることです」と応えると

イギリスよ、お前が言えた口かw

107 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 15:17:37 ID:/NgvOXGI0
こら!在日新聞!
天皇を政治利用するな!

108 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 18:46:19 ID:G5UR2ycp0
>>106
「おまえが言うな」だよねw
友人どころか奴隷扱いだったくせに>イギリス

109 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 20:07:54 ID:bXnQnZP60
中国を敵ではなくアヘンの客とすることです

110 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 20:23:58 ID:jfG2T78CO
>>104
遅レスだが





華麗にスルーか耳をふさいで聞こえないフリだな

111 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 20:40:18 ID:jRr6j3l20
>>89

>涙目で

いいこと言っても、こういうこと言うから説得力なくなるんだな。

112 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 20:46:57 ID:br1BsY/R0
癌は木戸か

113 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 20:48:38 ID:sJSu/jzY0
「満州事変は違法だが日本の満州利権は確保されるべきだ」といってくれたイギリス人、リットンの顔に泥を塗ってごねた日本が悪い
外交センスがないから世界から孤立して「自衛戦争」なんてのを始めなけりゃいけなくなる。

114 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 20:52:20 ID:t/iHqga80
昭和天皇に問題があった、無能だ、と唱える者は
あの当時自分が仮に天皇だったとして昭和天皇以上の事が出来たのかと仮定すればいいよ。


ぶっちゃけちゃうと、無理。

115 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 20:53:01 ID:ysE7GsT0O
つーか、南進政策は左翼の仕業wwww 

まじで昔も今も左翼は腐ってるな

116 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 20:57:49 ID:OcB08S7R0
>日本の政治システムを「天皇を取り巻くアドバイザーが
>(略)日本の政策を決定していく」と分析
多少違っても1000年くらい前からそんな感じだったのに・・・

117 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 21:00:19 ID:F5jci0q50
転膿屁以下w

118 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 21:12:50 ID:su52j4JP0
なんだよ。毎日新聞かよ
しかも英国w

119 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 21:49:16 ID:vbMhGZB30
 この蘆溝橋事件は日本軍の陰謀だというのが、現代の中国政
府の主張であるが、この点は東京裁判でも不問にされている。
突っ込めば、中国側にまずい事実が出てくるからであろう。近
年、現地の第29軍副参謀長・張克侠が共産党の秘密党員であっ
て、日本軍撃滅計画を立て、共産党北方局主任・劉少奇(後に
国家主席)から承認されていた事実が明らかになっている。ま
た、中共軍の『戦士政治読本』の中に、事件は「劉少奇の指揮
を受けた一隊が決死的に中国共産党中央の指令に基づいて実行
した」という記載があるそうである。[2,393]
 日本の陸軍は不拡大方針をとり、現地で11日に停戦協定を
成立させたが、13日、14日、20日、25日、26日と国
民政府軍からの不法射撃や襲撃が相次ぎ、日本軍の死者も少な
からず出た。日本軍は敵方に和平の意思なしと判断し、開戦を
通告、数日にして北京、天津から国民政府軍を駆逐した。

 しかし、7月29日、北京東方の通州において、260余名
もの日本人居留民が虐殺された「通州」事件が起きた。鼻に牛
の如く針金を通された子供、腹部を銃剣で刺された妊婦など、
凄惨な光景が報ぜられるや、日本の世論は激高した。[2,p401]
〜略〜
つづく

120 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 21:51:45 ID:WukxMdDF0
日本文化チャンネル桜

爆弾! #8
http://bb.ch-sakura.jp/search.php

★平成19年5月16日 初回放送★
日本のことを思うとき、粉砕すべきタブーに容赦なく仕掛けられる爆弾は、“重量級”司会者との
組み合わせ次第でよりどりみどり! 喫緊のテーマを中心にお送りする、爆弾発言テンコ盛りの
座談シリーズです!
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)

第8回:【170kg爆弾!】
ゲスト:菅沼光弘(アジア社会経済開発協力会会長)

元公安調査庁調査第二部長として情報戦略に精通しておられる氏に、情報機関不在の問題点や、
「お役所的」な透明性の弊害などについて、存分に語っていただきます。

121 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 21:52:15 ID:gDEKlazo0
 こうして戦火は華北で燃え上がったが、日本側はいまだ対中
全面戦争を望んではおらず、戦場を広げるつもりはなかった。
蒋介石も宣戦布告をしなかった。それが突然、千キロも離れた
上海に飛び火するのである。

 日本は1932年の休戦合意に従って、上海付近には海軍陸戦隊
をわずか3千人配置していただけであった。8月中旬までの日
本の方針は「進駐は華北のみとする」というものであり、「上
海出兵には及ばない」と明確に言明していた。『ニューヨーク
・タイムズ』の特派員H・アーベントは、のちにこう回想して
いる。

 一般には・・・日本が上海を攻撃したとされている。が、
これは日本の意図からも真実からも完全に外れている。日
本は長江流域における交戦を望まなかったし、予期もして
いなかった。8月13日の時点でさえ、日本は・・・この
地域に非常に少ない兵力しか配置しておらず・・・略
■6.冬眠していたスパイ■
http://www.melma.com/backnumber_152467_3199614/

122 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 21:55:02 ID:5QyQfFwR0
しかしこの戦争の結果、無防備サヨクオタク国家に日本が変化しそこで60年平和ボケお花畑状態で
生活してこれたのはある意味日本史上貴重な体験かもしれない。

いや改憲派なんだけどね。

123 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 22:01:16 ID:0ahlBgEf0
平安時代やら江戸時代もそうじゃない?周期的にある。

124 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 22:02:50 ID:wmTinYR5O
続きが気になる

125 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 22:09:57 ID:rbvSwIme0
>天皇の性格を「周囲の人間の操り人形とならないためには強い
>個性が求められるが、今の天皇はそれを持ち合わせていない」
>「弟の秩父宮のように自由を与えられず、自分の意見を形成する
>機会を持てなかった」と記している。

天皇が天皇としてのリーダーシップやカリスマ性が無かったってことか。
情けないお飾りのような人だったんだな天皇って。

126 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 22:12:41 ID:t/iHqga80
>>125
外国人にとっては天皇なんてどうでもいい存在だしね
日本にとって英国王がどうでもいい存在なのと一緒。

127 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 22:15:23 ID:vl+cOVET0
アメリカ人が見た日本人、イギリス人が見た日本人。

天皇はKATANAを持たずTYONMAGEもないぜハハハ、みたいな感じなのかなぁ。

128 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 22:21:52 ID:Mf80Jnmw0
A「先に手を出したのって中国じゃね?」
B「たくさん人が死んどるねんでこのクソウヨが!」

噛み合ってないよ

129 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 22:22:14 ID:B2xbch450
週刊新潮に関連記事が出てたが、カソリックとの関連(改宗説まで)興味深いよ。



130 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 22:23:00 ID:lAsc7fUg0
というかやはり英国人には何も解らなかっただろうな。
今でさえ何もわかっちゃいない。
解らないままに日本の文化を葬りさった訳だが。

それに比べると欧米の文化は確かに明快だ。
ま、解らない物が怖いのは当然か。

131 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 23:49:33 ID:xIyGTuBX0
>「周囲の人間の操り人形とならないためには強い個性が求められるが、今の天皇はそれを持ち合わせていない」
>「弟の秩父宮のように自由を与えられず、自分の意見を形成する機会を持てなかった」と記している。

失礼だな。
単にご自分の意見は「封印」なさってただけだよ。
自分が叱った事が原因で、田中内閣が総辞職しちゃったから。

132 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 23:51:14 ID:MmHGc+PQ0
>>128
低級な議論しかできないがバカウヨ

133 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 23:51:51 ID:xIyGTuBX0
さて原文を探してくるか。

毎日の記事だからどーせ歪んでる。
保坂の解説なんザつけてる時点でもうダメポ

134 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 23:53:38 ID:r8Fu6JepO
自由の結果がチャールズとカミラ

135 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 23:54:52 ID:t/iHqga80
昭和天皇の広島行幸の映像をNHKの番組で見た時は鳥肌たったなぁ。
映像の世紀だったかな。あれもう一度やった方がいい。

136 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 23:57:09 ID:wv/GhHmU0
>>132

悲惨だな、藻前。
無知は犯罪ではないが、罪な場合も有るのかな。


137 :名無しさん@七周年:2007/05/24(木) 23:58:52 ID:MmHGc+PQ0
>>136
オマエは無知以上の名づけがたいおぞましい何か

138 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:03:24 ID:vRRSui+P0
>>137

ボキャボラルの貧困さが分かるレスデスタ。


139 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:05:51 ID:DiVp6ZrK0
>>94
身近なおじいちゃんにすら相手にされてない引きこもりニート
>>95
自分のバカっぷりに気づかない韓国人のような醜さ
>>96
自分の理解できないことは幻想で何とか片付けられないものかと考える精神病予備軍
>>138
単語のつづりとかよく間違えるカリフォルニアの青いバカのような低能

>>111

スマソ。改訂版

軍人が薄っぺらい功名心で日本全体を目的のない戦争にズルズルと引きずり込み
挙句の果てには敗戦で引き上げもままならず自国民をレイプや略奪の危機に晒し
焦土となった日本に帰って心から「もう二度と戦争はしません」と誓ったのに
戦争体験者が減るとオマエのようなバカどもが低級で醜い理屈をこねて正当化し
愚民の国に逆戻り


140 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:10:35 ID:vRRSui+P0
>>139

お前何で日本人じゃないのに日本に居るの?
祖国に帰って、同朋に苛められてれば良いじゃん。


141 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:14:10 ID:DiVp6ZrK0
>>140
在日という言葉で自分の出自までグラついてビクビクしまくる小心者

142 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:19:58 ID:vRRSui+P0
>>141
> >>140
> 在日という言葉で自分の出自までグラついてビクビクしまくる小心者
 ^^^^^^^^^^^^^
焦ったんだね、>>140にはその言葉何処にも無いのに敏感だね。

お前を白丁朝鮮土人とか、無知蒙昧の愚鈍者とか非難するのは簡単だけど、
それ以前に、祖国に帰れば?
と、思うのが正直此方の感想だね。
帰れよ。


143 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:26:43 ID:xHd4SNzJO
>>1
当時 天皇と、それに対し戦争遂行政治家、戦争遂行軍部の目的と思惑が如何に違っていたかを示す貴重な資料である。

戦争を何があろうと遂行したい政治家と軍部が、 天皇を利用したというのを裏付ける資料である。
また、国民を戦争遂行へ総動員するために天皇を利用したのである。


現在に置き換えても、 靖国を参拝しない天皇を横目に
雁首揃え喜々として参拝を続ける首相や閣僚、政治家の面々。


私は、昭和天皇 平成天皇と・・・
平和を真から愛する天皇を尊敬するが

昔も今も、天皇を利用していり政治家や言論人が大嫌いである。
なぜなら、利用している彼、彼女ら政治家・言論人たちは
反戦平和とは 対極に居る人たちだからだ!

144 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:26:51 ID:MweRNd+S0
陸軍と満州外交部が中国に深入りし過ぎたのがねぇ・・・
結局、大陸の利権争いの一端を担う事となり、
しかも諜報をおろそかにしたばかりに
嵌められやがったとさ。

害務省は今も変わらずクソだしな。
早いところスパイ防止法を制定してもらいたいもんだがな

145 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:29:24 ID:DiVp6ZrK0
>>142
せっかく義務教育を施してやったのに日本語を読めない知恵遅れ

146 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:34:47 ID:vRRSui+P0
>>145
帰れよ。

147 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:39:57 ID:DiVp6ZrK0
>>146
図星を刺されてだんだん言葉少なになる子供

148 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:41:03 ID:vRRSui+P0
>>147
>>146

149 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:42:25 ID:DiVp6ZrK0
>>148
もはや追い込まれて何も言えなくなったのに往生際だけは悪い醜さ

150 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:44:14 ID:vRRSui+P0
>>149
>>146

151 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:44:35 ID:vj7sx66C0
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
ビリーズ・ブートキャンプ 24日目 [ダイエット]

152 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:48:05 ID:QH0TRiYw0
日本が英米に宣戦布告をしたあとも、在日英国大使館は閉鎖せずに開館していました。
強制退去もされていません。

さて、なぜでしょう?

153 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:48:07 ID:ny6fWgVC0
無理な作戦たてて突っ走った挙句に敗戦。そんな歴史を背負わされた昭和天皇
が少し可哀想になった。

154 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:50:01 ID:R5QxceRj0
これ、Sapioで秦とか保坂にさらっと切り捨てられてたな
英国は情報の中枢に入れなかったので正確な情報が得られなかった証左だとか

155 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:51:53 ID:vRRSui+P0

ID:DiVp6ZrK0

お前の悲惨さは >>142 の以下のレスに対して、何一つ反論が出来ない部分に
ある。気の毒でこれ以上突っ込んだレス出来ないお。

> お前を白丁朝鮮土人とか、無知蒙昧の愚鈍者とか非難するのは簡単だけど、
> それ以前に、祖国に帰れば?
> と、思うのが正直此方の感想だね。
> 帰れよ。

嫌われている、祖国に帰れば。


156 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:53:15 ID:DiVp6ZrK0
>>152
自信がないから自分の意見を言わずに他人の出方を見守る腐れ根性
>>155
もはや死んでる自分に気づかない哀れなゾンビ

157 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:55:18 ID:vRRSui+P0
>>156

頭悪いんだから、無理してレスするな。


158 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:56:31 ID:QH0TRiYw0
>>156
余裕ねえなあ。

159 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:57:08 ID:DiVp6ZrK0
>>157
自分の頭の悪さを他人に転嫁する正真正銘の低能

160 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:58:48 ID:Pi7Hh3IM0
>>143
なるほど

161 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:58:51 ID:3N0UP5af0
>>143
平○天皇はまずい。
まだ崩御為されておられないから、「今上」。

162 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:59:07 ID:DiVp6ZrK0
>>158
核心をつかれてグーの音も出ないのに何とか声を振り絞ろうとする見苦しさ

163 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 00:59:24 ID:vRRSui+P0
>>159

オウム返し乙!
お前の脳みそは、オウム並みの知能だな。


164 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 01:02:07 ID:QH0TRiYw0
>>162
日本語読めてる?
俺は不特定多数にクイズ出しただけだぜ。


165 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 01:16:41 ID:xHd4SNzJO
>>161サンクス!

>>1
当時 天皇と、それに対し戦争遂行政治家、戦争遂行軍部の目的と思惑が如何に違っていたかを示す貴重な資料である。

戦争を何があろうと遂行したい政治家と軍部が、 天皇を利用したというのを裏付ける資料である。
また、国民を戦争遂行へ総動員するために天皇を利用したのである。


現在に置き換えても、 靖国を参拝しない天皇を横目に
雁首揃え喜々として参拝を続ける首相や閣僚、政治家の面々。


私は、昭和天皇 今上天皇と・・・
平和を真から愛する天皇を尊敬するが

昔も今も、天皇を利用している政治家や言論人が大嫌いである。
なぜなら、利用している彼、彼女ら政治家・言論人たちは
反戦平和とは 対極に居る人たちだからだ!


166 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 01:33:51 ID:Y9U/6eGR0
日本のナショナリズムが奇妙な紋になりがちなのは転膿ってのがいるからだろうねぇ〜

167 :やきにく:2007/05/25(金) 10:54:08 ID:sRHfwATZO
中身のない論戦ですねえ・・・

全国的に雨だと「俺様が一番賢いんだぜ」的な書き込みがやたら増えて
(たぶん雨で勝手に休む大学生)
結果レベルが下がりまくり常連が呆れて書き込まない・・・
まさにそんな状況ですね。

沈静化を待ちます。

168 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 11:05:04 ID:QH0TRiYw0
>>167
意味の無い明後日の解説して楽しかw

169 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 11:06:44 ID:VaW8IkIG0
>>1
回りの意見を聞かないとまさにブサヨの言う天皇の独裁制になっちゃうから、
問題ないんじゃないの?

170 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 11:21:32 ID:bRSOFRFO0
で? どれが肉声? 

東スポにマジレスかこわるい?

171 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 21:13:39 ID:i8aqNF0B0
>>1
これ、別に最近見つかったわけじゃないんでは?
なにを今さら風の気配。

172 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 23:46:32 ID:xHd4SNzJO
貴重な資料だ。

173 :名無しさん@七周年:2007/05/25(金) 23:53:42 ID:Fos3mvKO0
どうでもいいが、昭和天皇はこう望んでおられたとか持ち出す奴らは
右だろうが左だろうが、もはや昭和は遠くになりけり、実感したほうがいいべ。
平成生まれが来年には成人式

174 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 01:39:46 ID:tn8wsZyd0
>良好な日英関係を築く唯一の基盤は、中国を敵ではなく友人とすることです


やなこった

175 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 01:45:29 ID:OXP9TBFC0
子供のころ「今上天皇」って字を見たとき、


 『ひょっとして、天皇には「イマガミ」って苗字があったのか?』


と一瞬思ったのは俺だけ?

176 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 02:12:03 ID:KdwEEljv0
>>175
まあ社会に出るまでに「今上」の意味が判れば問題ないんじゃない?
天皇の事って悪い形でしか学校は教えないからこう言う基本的な事も学べない。
大人になって子供に"きんじょうってなに?"って聞かれて答えられるくらいの教養は欲しいね

177 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 02:12:34 ID:YbFIqTit0
なんか、超絶ホームラン級のバカって、ほんとにいるんだなw
ID:MmHGc+PQ0

酷いな


178 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 03:33:50 ID:cleZYbE10
転膿w

179 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 03:45:06 ID:/6z1dzJi0
>>174 イギリスは日本を敵にするという強い意思があるのだ。


180 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 06:36:36 ID:T5oRnEUK0
居留民が殺害されて、大陸の合法権益が中国の軍隊に脅かされるようになれば
戦争を受けて立つのは当たり前である。

181 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 06:39:22 ID:YTvLvA8Q0
平和とは、無知蒙昧や無能が悪徳とされない時代である。

182 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 07:23:30 ID:4YHzmymp0
>1を見る限りでは、そんなに重要な機密ではなかったのでは。
俺の少ない諜報の知識から言うと、本当に重要な機密情報は
無電で送られる事はほとんどないはず。
無線で送られるのは傍受・暗号解読を、ある程度前提とした
レベルの情報。
ついで、「SECRET」
最重要だと「TOP SECRET」ではないか。

まあどのみち、「英国の外交官にはこう見えた」という参考には
なろうが。

183 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 08:30:17 ID:NaWLQrf50
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1178931181/l50

184 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 09:05:08 ID:tW6i7WU70
>>139
どうして日本はあの戦争をしたのか教えてプリーズ。

185 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 09:29:34 ID:X72kbuJx0
戦前のイギリス人は同じ島国で自分達より遅れていた日本に対していい印象を持っていた人が多かったと言う。
あの残虐非道のイギリス人が不思議なもんだねぇ。

186 :名無しさん@七周年:2007/05/26(土) 13:56:41 ID:CdiT+lnS0
>>175
天皇陛下を子どもの頃見たとき、なんだこのへんな爺さんは?だった

187 :名無しさん@七周年:2007/05/27(日) 00:46:40 ID:fna5xJzK0
リトアニアの杉原千畝記念碑訪問ですって(笑)

188 :名無しさん@七周年:2007/05/27(日) 02:16:49 ID:O1FUCYc90
↑なんで笑うんだろ?

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)