5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【論説】沖縄戦の記憶=「軍隊は住民を守らない」という教訓は、今の日本には邪魔? 「集団自決」を語る住民の言葉は重い

1 :丑幕φ ★:2007/03/31(土) 15:18:42 ID:???0
★真実の歪曲許せず 600人死亡の惨劇消えぬ

 二〇〇五年六月、日本軍「慰安婦」問題を教科書から削除させる運動を続けてきた
自由主義史観研究会が、次なる標的として、沖縄の「集団自決」に関する記述を
あらゆる教科書や出版物から削除させる運動に着手した。その後、元軍人らによる
「集団自決」訴訟、また家永教科書訴訟で国側証人だった作家曽野綾子氏が書いた
「ある神話の背景」が再出版された。そして今年、高校歴史教科書検定は、
「集団自決」における日本軍の関与を消し去ってしまうという新基準を示した。

 米軍上陸前から、日本軍は、住民に対して「女性は強姦され、男は戦車でひき殺される」
というデマを流し、捕虜になる恐怖をたたき込み、厳重に保管していた手りゅう弾を
「いざとなったら死ぬように」と配った。慶良間諸島の各地で住民が、口にする事実は
まぎれもなく日本軍の関与を示している。
 沖縄戦の実相を象徴する「集団自決」。
軍関与を否定する動きは、今後、沖縄戦全体を否定する動きにつながっている。
 有事の際の国民協力を定めた国民保護法の成立、防衛庁の省への格上げ。
有事への備えは着々と整いつつある。その時に、銃後も前線もなくなり、当時の県民
人口四分の一に当たる十二万人を失った沖縄戦の記憶、「軍隊は住民を守らない」という
教訓は、今の日本には邪魔なだけだということを一連の動きは示している。

 「集団自決」を語る住民の言葉は重い。ある男性は、目撃した光景を、あたかも
六十二年前に戻ったように語る。カミソリを持つしぐさ、首筋からの血しぶきが
サーッと降りかかり、全身真っ赤になったこと。「目の前にその場面があるんです」。
鼓動が乱れる、息をのみ、目には涙があふれている。身を削るように語り続けるのは、
証言後は同じようにぐったりしていた母親が「生き残った者の使命だよ」という
言葉があったからだ。

 慶良間諸島の「集団自決」では約六百人が亡くなった。死者の沈黙、家族を手にかけた
ゆえの沈黙、犠牲となった人数の数倍も数十倍も沈黙がある。その沈黙を利用して
「集団自決」の真実をねじ曲げようとする動きを許すことはできない。(編集委員・謝花直美)

沖縄タイムス http://www.okinawatimes.co.jp/day/200703311300_03.html

2 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:19:30 ID:Idw3d+E10
2なら沖縄が中国に

3 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:20:25 ID:2AUtnXVz0
#沖縄戦で、日本兵はこんな残酷なことをやっていました。
これが日本軍の真実です。

「洞窟の外で泣いている女の子を見たことがある。背中に爆薬が仕掛けてあった。
数十メートルほど後方に、日本兵の姿が見えた。日本軍は、このように子供を
ブービートラップ(仕掛け爆弾)として使うことが多かったという。
米兵は子供を見ると、必ず駆けていって助ける。日本軍はそれを知っていて、
敵をおびき寄せる手段として子供を利用したのだという。マックの記憶では、
その子供は無事救出された」

フランク・マック(イリノイ州シートン在住)
第六海兵師団第二二連隊衛生兵

「沖縄戦 米兵は何を見たか 50年後の証言」吉田健正 彩流社 P164

4 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:20:47 ID:TGzsn6JO0
じゃあ沖縄県民が日本を守ってくれよ。

5 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:21:51 ID:5EiiHZQM0
中国に移住して人民解放軍に守ってもらえばいいんじゃないかな。

6 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:22:18 ID:AOujUsGF0
>>4
Hey, Ur sick

7 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:22:33 ID:2AUtnXVz0
■戦前の日本

〇 学校では毎日全体朝会がもたれ、君が代斉唱のもとに「宮城遥拝」が行われました。
  東に向きをかえ、はるか宮城(天皇がいる所)に向って、君が代の曲の終るまで
  黙とうをささげました。

〇 平日には「御真影」(当時の天皇・皇后の写真)は、校舎から独立して安全で
  人目のつく所に丈夫に作られた「奉安殿」に安置されていました。
  この「奉安殿」は、登下校の児童生徒や学校に来る一般人の礼拝の的でした。

〇 祭日や記念日には、これに国旗掲場や教育勅語の朗読が加わわりました。
  これらの儀式には町村長その他地域の知名士も参加していました。
  黙とう始めの号令で黙とうが始まると、燕尾服に身をつつみ、白い手袋をつけた校長が、
  「奉安殿」の扉を開け、教育勅語を取り出して朗読する間、ほとんど頭を下げたままの連続でした。

〇 1933年(昭和八年)頃、沖縄本島南部の第一大里小学校長が、御真影の件で責任をとり、
  割腹自殺をはかった事件があったくらい、校長にとっては責任の重いものでした。

〇 学校は、「国体の本義」と「臣民の道を一人ひとりの子どもに徹底させることが最高の目標でした。
〇 国体の本義を簡潔にいうと「万世一系」「忠君愛国」「義勇奉公」の3つになり、
  教育勅語の精神をいかに徹底させ得たかが、教師の指導力のバロメーターでもありました。

〇 天皇制教育は食事の面にまでも及んでいて、
 「薯とらば天地御代(あめつちみよ)の御恵み君と親との御恩味わえ」
 (これからいただくものは天皇陛下のお恵であるから、
  天皇陛下と親に感謝していただきます)の歌を歌いました。

知れば知るほど、北朝鮮にそっくりだな。

8 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:22:47 ID:QFWwURMQ0
>>3
鬼畜日本という言葉がピッタリだな
今からでも滅びるべきだな日本は

9 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:23:16 ID:1urCvwip0
>>3
吉田健正www

10 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:24:36 ID:yUSPNBcN0
そもそも国民を守るのは軍隊の仕事じゃない
護民官たる警察の仕事だ

11 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:24:56 ID:AOujUsGF0
when Ur in the war, there are all mad
not only japan,
all the people
thx

12 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:25:00 ID:0A21i1EA0
>女性は強姦され、男は戦車でひき殺されるというデマを流し

進駐軍に女性は強姦されまくりましたが何か?

13 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:27:31 ID:EdOndIkG0
>米兵は子供を見ると、必ず駆けていって助ける

罪もない一般市民に向かって空襲したり原爆落としたりした奴らがよく言うよw

14 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:31:19 ID:YYLGMx7/0
ご心配なく、今の自衛隊は根性無しが多いので
集団自決はおろか自分の命が最優先で
危なくなったら普通に逃げだします

15 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:32:21 ID:Idw3d+E10
>>14

プッ

ひきこもりのお前には自衛隊の何が分かるの?


16 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:33:23 ID:IcXyZh9m0
世界史上、軍隊が住民を守った例なんてあるのか、人民解放軍でも連想しているのか
 「軍隊は住民を守るためのものじゃない」が常識だろ
 

17 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:33:41 ID:fvOx7RSu0
うぜ。
沖縄人ってチョンと一緒だな。

18 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:34:57 ID:qumX/a4y0
敵戦艦による沖縄への砲撃を食い止めるために出撃した特攻隊のことは
記憶の彼方ですか、そうですか。

19 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:35:29 ID:H0JIATQi0
>14
なら必死になって迎撃ミサイルの配備に反対しなくたっていいじゃんw
どうせ撃たないんだから

20 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:35:51 ID:bmyVYtcc0
「戦争はなくならない」という教訓は

21 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:36:00 ID:uIoY8Tpb0
今の頭で昔を語られてもなんだかな〜

22 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:36:21 ID:BaX/h1N10
>>19
馬鹿な部落は黙ってろよ!つまんねーんだから!

23 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:38:51 ID:qumX/a4y0
教訓は、自分の住む所に敵の迫るのを許してはならない、じゃないのかと。

24 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:39:03 ID:OcT6b1KV0
×守らない
○守れない

戦場になったらどこの軍隊だろうが無理。

25 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:39:30 ID:j26B+uihO
軍隊は住民を守らないけど日本には軍隊がない

26 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:40:47 ID:ARCFjkFk0
>>7
>君が代斉唱のもとに

>君が代の曲の終るまで黙とうをささげました。

黙祷中は静かにしてなきゃいけないんだけど、どうやって斉唱するの?

27 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:43:33 ID:oWi77CjA0
>>3
イラクでも似たような事件が起きたね。ついこないだ。
アメリカ軍と戦う時には、そういうことがよくあるらしいな。

28 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:43:50 ID:SGIVwKm70
じゃあ守れる軍隊にしようね〜

29 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:44:53 ID:Vvqf6kI10
軍隊はそも住民を守ったりはしない。あくまで天皇とか将軍様とか抽象的な形
での国とかを守ろうとするだけで、逆に自国民の敵になる場合が多々あること
は歴史が教えるとおり。

30 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:46:57 ID:qumX/a4y0
ていうか、無差別爆撃を本土に対して行っていた連中の庇護が
あると思えるほうが摩訶不思議なんだよ、俺には。
沖縄戦で亡くなった方々には哀悼の意を持つし、二度と地上での争いを
起こさせてはならないと思うけど、それは本土の空襲で亡くなった方々に対しても同じだし
沖縄のために特攻に行って、亡くなった隊員に対しても同じです。

日本は海での完全なる防御体制を整えて制空権を守り
二度と悲劇の起こらぬようにして欲しい。
自衛隊員の方々に、そうお願いしたい気持ちです。
で、自衛隊員自身の防護もちゃんと万全に出来るように。
兵士であろうと一般人であろうと、誰にも、人の手にかかって死んで欲しくないから。

31 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:47:14 ID:LQDecU2n0
去年靖国神社に行ったとき、ビラを配っている人がいた。
その人たちや、そこにいた「実際に戦争に行った人」たちに聞いた。

当時の沖縄県の非戦闘員や女たちは、軍人に対して
「アメリカが攻めてくるとき、兵隊さんたちの足手まといにならないように
 自分たちは先に死にます。手榴弾をください」と言ったそうだ。
軍人たちは、もちろん「そんなことは止めろ」と言ったのだが
それでも自ら自決した人たちがいたのだと。

これが、集団自決の真相なのだと聞かされた。

32 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:52:02 ID:cQZk3C6U0
>>1
朝鮮半島では危惧が現実のものとなったですがな。沖縄がデマで済んだのは
あくまでも結果論です。実際、島から本土に疎開する民間人が乗った船は次々と
魚雷攻撃を受けて沈められていますし、焼夷弾の絨毯爆撃による民間人皆殺し
作戦とかも行われていることは、守備隊にも伝えられていますから。

33 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:54:13 ID:X9uh+6dy0
>>7
金豚が模倣したんだろ。これはいいニダってね。
日帝のマネをして、いまだにこんなことやってる金豚北朝鮮は極悪非道だね。
滅ぼして、解放しなきゃいけないね。

34 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:54:37 ID:rW5459JC0
民間人を殺す軍隊

35 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:56:36 ID:X+dx0qhA0
>>女性は強姦され、男は戦車でひき殺されるというデマを流し
そもそも沖縄人は今でも米軍にレイプされてるだろーが

36 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:57:07 ID:67czlJAT0
軍隊を、国際救助隊か何かと勘違いしてるやつが居るな。
日本人には軍事音痴が多い、というが本当かもな。

37 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:58:23 ID:thvQZFO90
軍隊が何を守ってるのかはともかく、
軍隊を利用することでしか住民は守られないんだろう?

軍隊で守れないものは他の何を以ってしても守れない。

38 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 15:59:09 ID:evEtL3Ft0
最近けちがつきすぎて犬も食わなくなったような集団自決とか従軍慰安婦といった
旧日本軍の蛮行とやらを持ち出してきて囃し立てるのが流行っているようだが
どっかから指令でも出ているのかね。

39 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:00:27 ID:nanGJ80m0
今でも戦争で飯食ってる被害者面した嘘つきがいる沖縄人、沖縄戦時も米軍に加担し、
日本軍が立て篭もる洞窟を教え殺せ殺せと米軍をあおった沖縄人。恥を知れ!!

40 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:00:37 ID:GkKyI4G60
>>14
まぁ、自衛隊を邪魔に思うのは自由だが脳内ソースのために現実をゆがめるのはやめよう。
強弱はともかくとして志願兵が最新の装備とカリキュラムで整えられた自衛隊は
世界有数の軍隊だとおもうぞ?

41 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:01:51 ID:t0NhND4J0
米軍が上陸したときに、沖縄のとある村でおこった小さな出来事。

ガマの中に隠れていたある一家族の赤ちゃんが泣きやまなかった。
いっしょに潜んでいた軍属のおじさんは
「敵に見つかると皆殺しだし、近くの友軍に知れたらたりでもしたら大変、殺せ」
と母親に鎌を渡した。

母親は泣きながら我が子を手にかけようとしたが、そのとき一族の長が
「ならんど。戦世はやがて終わる。わらび(子ども)は宝ど」と軍属のおじさんをたしなめ、
その赤ちゃんは一命を取りとめた。

その後、この家族は軍属のおじさんの反対をおしきり、長老の意見に従って米軍に投降した。

その赤ちゃんこそ、俺の親父。そしてその長老は俺の曾祖父。
俺が今あるのは、戦の世にあっても、人の心を捨てなかった曾祖父のお陰。
遠い過去のように思えるが、今も沖縄戦の辛い記憶は、家族それぞれに伝わっていると思う。

たんめーよー、にふぇーでーびたん、ウートート、ウートート…

42 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:02:00 ID:9wGXHI5v0
そもそも集団自決した連中って、集団疎開の指示にすぐに従わず残って戦うとか抜かしたやつらじゃなかったか?

43 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:02:53 ID:mIG7o3WP0
軍隊は住民を守らなかったって、沖縄は無防備都市宣言でもしてたのか?

44 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:02:58 ID:y7Lm4fA90
 日本軍は残虐で国民を守らず住民を殺したってデマを流し続けた結果、とうとう、
沖縄戦の真実と苦しみそのものが消え去ろうとしてる。
 その事を真摯に反省して事実を調べ、発表してくれ。
 さもないと本当の悲劇が2度と日の目を見る事が無くなる。
 お前ら捏造の神話の担い手が一番の問題なんだよ。

45 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:03:26 ID:1kxSomvV0
自国の軍隊でさえ住民を守らないんだから
外国の軍隊なんかもっとひどいぜ。

46 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:03:45 ID:2GoWkXTy0
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡))))       _/
  ))ミ彡゙.   卍     ミミ彡(((      | !       /
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡.    /       /
 ((ミミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ)))))   / ̄      /
 ((ミ彡  ' ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡ミ))  /        /
((ミミ彡|      | | `    |ミ彡ミ))   /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
((ミミ彡|      | |  `   |ミ彡ミ))  / <  ハイル・純一郎!
 ((ミ彡.|    ´-し`)\  ||ミミミ  | ̄〉  | 日本国民は優秀な民族であり、世界の支配者たるべき立場にある!
    ゞ|     i■!  」  |ソ  /| /  \_______
.     ヽ  '´ ̄ ̄ ̄ ノ ./    /           /
     ,.|\、  ~ '  /|、 \_/            /
     ,/ / ゝ─‐‐" _::/|  | |        /
   /   /   /  ̄   /  | |       /
        |   ●    /   |

47 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:06:35 ID:l8xN0x8/O
醜い
鏡見ろ

48 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:07:57 ID:nanGJ80m0
島の北側に逃げろ、ついて来るなと言ったのに軍と行動を共にして、今更
それは無いんじゃないの。」

49 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:07:58 ID:vCMLcll90
>>41
東京に広島で大虐殺を行ったのはどこの国の軍隊だ?
沖縄でも雨アラレと砲弾を落としていった。
アメの司令官が戦死した時の報復攻撃は凄まじかったと聞く。
アナタの曾爺さんが殺されなかったのは殺す必要が無かっただけだ。

50 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:09:29 ID:81LqfB8l0
日本人は、お互いを責め合うのが習性だから、戦争でも助け合うってことは
ないだろう。
朝鮮人のほうが団結力は高い。

51 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:10:19 ID:c+wOoh5Z0
火付け役の沖縄タイムスが必死な件について

52 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:11:42 ID:3yRm0Oej0
日本もアメリカほどの戦力と物量があったらアメ本土を無差別爆撃したかなあ?

53 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:13:00 ID:a9WHHZQr0
>>52
そもそも戦争を起こさずに済んだ。

54 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:16:08 ID:nanGJ80m0
東京でも空襲で一晩に10万人近くが殺されました、でもその被害を語って
生活しているものは一人もいません、嘘つき沖縄人よ恥を知れ!

55 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:18:51 ID:6upT5zII0
工作員必死すぎw

56 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:19:05 ID:mIG7o3WP0
>>42
集団疎開?
沖縄近海は米軍の潜水艦がウヨウヨしてて
民間船だろうと攻撃されたんだぞ。
どうやって疎開するんだ?

57 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:19:16 ID:d6zik3F90
>>7
キミは北朝鮮に詳しいの?

58 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:20:10 ID:TuyKYA4f0
>>50

韓国では北朝鮮の人、在日の人はは口汚く罵倒されるんだよ
その逆の事も起こっている。互いにうらみ合って生きているんだよ
そんな奴らがいざって時に団結すると思う?


59 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:20:56 ID:Ck1o6h8k0
政治利用したいのはコイツラだよな。

60 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:21:02 ID:Vr1hZkjC0
そういや米軍は投降しないと火炎放射器で焼き殺してたらしいな

61 :エラ通信:2007/03/31(土) 16:21:33 ID:wAFG9Br50
>>52
日本が太平洋戦争で無差別虐殺した例はないんだよ。

 だからこそ、アメリカは、南京で民間人が被害にあった件を虐殺に捏造し、
 それを中国が大虐殺に作り上げた。


62 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:22:09 ID:3yRm0Oej0
>>53
じゃあもし1945年の段階で日本の超天才科学者がICBM開発したらアメ本土に向けてはなったかな?
・・・そりゃ放つよな当然。

しかし、日本がアメリカに勝てる可能性があった時代があったなんてなあ。
なんか不思議な感じだ。

63 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:23:04 ID:a9WHHZQr0
>>56
疎開出来なかったの米軍のせいじゃんw
疎開→移動中に米軍に殺される
投降→米軍に殺される(↑からの連想)
→いっそ集団自決
てこと?

64 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:23:49 ID:haJFNG7+0
>>3
フランク・マックなんて名前のやついるんだろうか・・・

65 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:25:46 ID:OSR2JwU/O
いまさら生活保障を受けるために自決は軍命令だと嘘ついたのを認める馬鹿県民はいないよな

66 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:26:40 ID:VReY565c0
実際にあった集団自決と無かった日本軍の関与を意図的に混同させる典型的な手口。

67 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:28:51 ID:VReY565c0
>>65
ちゃんと居ますよ。

渡嘉敷島集団自決、軍命令を否定する証言 元琉球政府の照屋昇雄さん
http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0608/web-news0827-1.html

一部マスコミの往生際が悪いだけ。

68 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:29:13 ID:VEqMWmEe0
日本軍は鬼畜

69 :ガムはロッテ チョコもロッテ:2007/03/31(土) 16:29:57 ID:zaJijSTZ0
戦争の悲惨さを後世に伝えたい人と
それを政治的に利用しようとする左翼と
扇動される一般国民と

70 :エラ通信:2007/03/31(土) 16:30:21 ID:wAFG9Br50
ちなみに東大名誉教授として反日活動に従事している有名な二人が、
日本国籍朝鮮人だと判明しました。
http://www.tanteifile.com/diary/2006/11/04_02/index.html
http://megalodon.jp/?url=http://www.tanteifile.com/diary/2006/11/04_02/index.html&date=20061105123752
●更新日 11/04●
積水ハウス問題で発覚した意外な事実 東大名誉教授 高橋哲哉 和田春樹が日本国籍朝鮮人だと判明!

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1144057133/l50
高橋哲哉【社会】 「愛国心で、国民が戦争に動員される」「許せますか」 "靖国問題"高橋教授、講演…京都

【1:116】【靖国】追悼施設考える会講演「追悼施設造っても首相靖国参拝では解決せず、靖国参拝中止を」
1 名前:文五右衛門φ ★ 2006/01/27(金) 11:17:09 ID:???公明新聞:2006年1月27日付

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1173607279
【在日】 日本右翼の在日朝鮮人攻撃/高橋哲哉東大教授〜日比谷公園集会と枝川朝鮮学校[03/11]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1155663149/l50
【靖国】「靖国の歴史や役割を厳密に知らないまま、首相の参拝をたたえる若者が目立つ」高橋哲哉・東大教授〔08/16〕
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1141185868/l50
】【日朝】「経済協力に個人補償添えるのは自然」 和田春樹東大名誉教授〔03/01〕
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1154097223/l50
【日韓】和田春樹東大教授「独島問題で焦る必要はない」[7/28]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1166680835/l50
村山富市 李鍾元 木宮正史 和田春樹 高崎宗司【日朝】日朝国民協会(村山富一会長)の講演会−「対話で問題解決を」「拉致より経済協力を」「朝鮮に謝罪を」… [06 12/21]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1152808823/l50
吉田康彦 和田春樹 村山富市【東京】 北朝鮮への「制裁」ストップで、シンポジウム 各地の日本市民、NGO、労組がエール 村山元首相らも参加 ★2[07/13]




71 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:31:34 ID:LEfGTTXHO
52よ
誇り高い皇軍が無抵抗な民間人を殺すわけがないだろう。
便衣兵は別だがな。
軍事拠点や工場は爆撃する必要がある。
それ以上はしないよ。
我々は文化の無い野蛮人とは違うのだよ。


72 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:34:04 ID:VRgmFvxL0
>>41
そういう話を聞くと、本当戦争って巨大な悲劇の塊だなと思う。

その教訓を胸に、戦後60年、日本はそれこそ耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、
被害国の近隣諸国に可能な限りの手打ちや補償を行ってきた。

その先人の努力や苦悩を歪めずに伝える事を、日本のマスコミはやってきたのかね?

事実を誇張し、歪め、何が何でも日本政府および軍人のせいにして済ませてきたツケが、
今ここに来て矛盾をきたし、自分達に対する国民の辛辣な批判という形でかえってきたのだ。

真実を歪め伝えることの罪深さを、>>1は少しでも自覚するが良い。

73 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:34:17 ID:LkNgZwOB0
>>62
あの時代にそんなもん作れる技術がありゃ通常兵器で勝てるよ。 

74 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:34:24 ID:mIG7o3WP0
>>63
あのなぁ、居住地に無差別爆撃してる連中に投降なんてしようと思うか?
民間人だからって、一切身の安全は保障されないんだぞ

75 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:34:32 ID:1pcSUQOtO
福岡だったか大戦後、敵に犯された腐女子の為の脱胎所があったという
結果論で言うなら米軍は比較的紳士だっただけ
戦直後の朝鮮人のやりたい放題があったのも、虐げた過去も事実…

76 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:35:15 ID:ibHGdIV70
まず、沖縄タイムスは自分たちが酷いことをした赤松隊長の墓に行って
手を合わせることが先じゃないのか。確かに赤松隊長自身が罪をかぶる
つもりだったが、そのひどい個人攻撃や結論ありきのいい加減な取材が
正当化されるものではないよ。その上で日本軍関与について言いたいこ
とがあれば言うべきだ。

>家永教科書訴訟で国側証人だった作家曽野綾子氏が書いた
何とか国側とか上からとかのイメージ操作をしたいようだが、曽野綾子は
ことこの件に関しては、モンペ姿になり何度も渡嘉敷島に滞在し、体験者か
ら聞き取り調査をしたんだよ。あなたたちの好きな草の根からの取材だよ。
沖縄タイムスは曽野綾子の投げかけた疑問に答えるべきじゃないのか。
自分たちが新聞社であると思うなら。

77 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:36:01 ID:oBPnSjTc0
沖縄タイムスって良い商売だな。
こんな餓鬼みたいな文章で給料貰えるんだから。

78 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:36:45 ID:vRcNsdFY0
牛島将軍が勝てば、軍隊は国民を守った英雄になってた。

79 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:37:28 ID:h9U/vXXf0
南京、慰安婦も同じだけど、

「実際にあった事件(特に倫理に関わる問題)に尾ひれを付けて、解釈を変更して非難する。」

というこの方法は、非常に有効ですね。何とか防いだり、暴いたりできないものか・・・

80 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:38:30 ID:3yRm0Oej0
>>73
実際は風船爆弾だもんなあ


81 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:40:36 ID:geW58/ad0
二等国民の癖に、日本国民にしてあげただけでも感謝しろ

82 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:40:51 ID:lw+Ligz60
今のイラクでさえ14歳少女強姦家族皆殺しやってるからな米は。
そう考えると投降しても掘られて殺されるだけ、だから自決するってのはごく普通の選択肢と思えるが。


83 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:41:38 ID:Wz1jLfpL0

基地外マスゴミの寝言乙

84 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:42:32 ID:a9WHHZQr0
>>74
うん、だからさ、
悲劇的結末ではあるけど、
だからといって日本政府だけ責めればいいって話じゃないよねって事。

85 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:43:56 ID:LkNgZwOB0
>>80
悲しいこった。
まー風船爆弾とミサイルじゃ目的は違うだろうが・・・

86 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:44:25 ID:MQ4Xh4Es0
>>53
そうとも言い切れん。
日米の中枢や軍部が共産主義に汚染されていたのも、両国にとって益のない戦争に
突入した一因だから……。

87 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:44:47 ID:eiP1IoSFO
それを言うなら、ロスケが満ソ国境に集結し越境侵攻を予見していたにも関わらず、満州開拓居留民を置き去りにして自分達だけが撤退した関東軍を例に出すべきだろう

88 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:45:29 ID:0OePi3MMO
軍隊は住民を守らない〉〉〉〉自衛隊は軍隊じゃないので災害時に助けてもらえるって事ですね。


89 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:46:06 ID:4SX1UyfI0
まるで見てきたかのような物言い

90 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:46:27 ID:wfpgDc2Y0
>>1

>「集団自決」を語る住民の言葉〜の段落

文章が下手すぎて状況がよくわかりません。

91 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:46:45 ID:3yRm0Oej0
>>82
それ考えると、
当時の人権意識が低かった時代では
阿呆なアメリカ人が絶対今より沢山いただろうなあ。

>>85
しかし風船爆弾もある意味大陸間兵器なんだよなあ。
やりようによってはけっこう怖いかも。

92 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:47:41 ID:vRcNsdFY0
>>87
関東軍「ソ連の侵攻がこんな早いとは思いませんでした^^
だから主力だけ引かせたけど、守備部隊残してきちゃった^^」

93 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:50:28 ID:atDSwFyk0
なんでもいいけど証拠を出して語れよ。軍関与を示す証拠が必要だよ。


94 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:50:58 ID:V7oiWeGO0
国民の命と財産を守ることが第一目的の統治機構が沖縄戦でやったことは、
米軍に投降させないためにデマを流し、手榴弾を配布することだった。

一部で軍が自決を命令していないケースがあったからといって、全ての自決事件で
命令がなかったわけではないし、「投降すれば殺される」という類の嘘で情報操作をし、
軍が管理していた手榴弾を民間人に配布したことから考えれば、
民間人が自発的に死を選んだという解釈はフィクションでしかない。

日本や契約社会・文書社会ではない。
記録に残らない・残さない強要など今の日本社会にも無数にある。
「自粛」「空気読め」というワードがその典型だ。
それが事実上の強制ではないという論理は机上の空論に過ぎない。

強要する側と全く同一の意見を持つ人間が居たとしたら、
「強要・同調させられている」という意識は持たないかもしれないが。

95 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:52:55 ID:lw+Ligz60
>>94
長文で釣りとはいまどき珍しい

96 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:54:59 ID:EpfgCOIg0
>>1
http://www.google.com/search?client=opera&rls=ja&q=GHQ+%E6%A4%9C%E9%96%B2&sourceid=opera&ie=utf-8&oe=utf-8

◆GHQによる検閲の対象(WGIP)

 日本人一般の手紙の開封(月に400万通)・電話の盗聴(4年間で80万件の会話)
 各マスコミ及び書籍、等

◆GHQが行った検閲の内容(抜粋)

 (2) 極東軍事裁判批判

 (5) 合衆国に対する批判

 (8) 朝鮮人に対する批判

 (9) 中国に対する批判

 (12) 満州における日本人取扱についての批判

 (13) 連合国の戦前の政策に対する批判

 (16) 戦争擁護の宣伝

 (25) 占領軍軍隊に対する批判
 

97 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:55:09 ID:3yRm0Oej0
>>87
司馬遼太郎が戦車兵として内地にいた頃、
敵が上陸して来て避難民で街道があふれたら戦車の走行に支障がでるが、
そんな時はどうすればよいのかって上官に尋ねたら、
そんなもん轢き殺せって答えだったらしいな。
まあ、実際には流石に自国民を守るべき軍隊がそんな事できんだろうが。


98 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:55:22 ID:4BLPmYv60
守らないと守れなかったを一緒にするなよ
だったら条約でベルギーやルクセンブルグが守られましたか?
憲法9条が拉致被害者を守ってくれましたか?
自決や多大な被害が出たのは悲しいことだが日本軍を悪にした所で
安全には繋がらない。 真実が分かる訳ではない。 
サヨはいい加減歴史を歪曲し悪用するのはヤメレ!

99 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:55:25 ID:0WCAbwLd0
そうだな。1945年8月まで日本の外交筋は停戦の仲介を依頼してる。
そこから条約破られたあと、各地に散在する数百万といわれる日本人を一瞬で
本土に戻せるだけの輸送力ねぇ・・。

憮順にいたうちの母親ですら帰れなかったから奥地の人間なんてとても無理だろうな。

100 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:56:50 ID:9hSyGkXS0
沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200508271300_09.html

「集団自決」の真実探る/渡嘉敷などで証言聞く

> 金城さんは「自決を命令する言葉があったかなかったではなく、軍隊によって住民が
>                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>追い詰められていったことが問題だ。上陸一週間前に自決用の手りゅう弾を渡すなど、
>                                 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>日本軍は巧妙に住民を追い詰めていった」と説明。           ↑これもウソ

>「集団自決」は、直接、手を下さなかったが日本軍による「虐殺」だと指摘した。
           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

広義の虐殺キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─ !!

つーか2005年の記事なんだねコレw
2005年の時点で逃げに入ってるじゃん。
もうヤバイって完全に自覚してるよコレm9(^Д^)プギャーーーッ

101 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 16:57:59 ID:YQn1tpQg0
「洞窟の外で泣いている女の子を見たことがある。背中に爆薬が仕掛けてあった。
数十メートルほど後方に、日本兵の姿が見えた。日本軍は、このように子供を
ブービートラップ(仕掛け爆弾)として使うことが多かったという。
米兵は子供を見ると、必ず駆けていって助ける。日本軍はそれを知っていて、
敵をおびき寄せる手段として子供を利用したのだという。マックの記憶では、
その子供は無事救出された」

フランク・マック(イリノイ州シートン在住)
第六海兵師団第二二連隊衛生兵

「沖縄戦 米兵は何を見たか 50年後の証言」吉田健正 彩流社 P164

102 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:00:37 ID:eiP1IoSFO
鬼蓄米兵に捕まったら男は皆殺し、女は凌辱と兵隊から国民まで信じてたから、命より操が大切だったから、武器弾薬の乏しいなか兵隊は、置き去りにせざるを得ない住民に、せめてもの情けで虎の子の手榴弾を渡して撤退したんだよ。

103 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:02:27 ID:sUKxJij60
自決強制云々は遺族補償目当ての口裏あわせが事実というのは内緒ニカ?


104 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:04:44 ID:4BLPmYv60
>>100
平和を訴えたいなら、「戦火に追い詰められて多くの兵士と住民が自決しました。
その時の様子はこうでした。」
それだけ書いとけば同情も反省もするのに脚色するから胡散臭くてぶち壊しになるのよね。

簡単にソースが集められる時代で今までみたいなプロバガンダが通じると
信じているのかしら。

105 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:05:26 ID:ILzsDRz40
>>101
二次大戦当時の日本軍の技術力ではこんなことは無理だが?
子供の背中の爆薬を爆発させるのにどういう起爆装置を使うのか教えてくれw

106 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:07:38 ID:ww5t/8+XO
>>105
多分日本兵のいる処まである長い導火線がついてるんだよ

107 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:09:29 ID:hSddOc5n0
>米軍上陸前から、日本軍は、住民に対して「女性は強姦され、男は戦車でひき殺される」
というデマを流し、

デマじゃなくて信じてたんだろ、軍部も

108 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:10:58 ID:+/XAe5ah0
日本国に寄生し捏造で日本国を不当に貶める赤いマスコミこそ倒さなければならない真の敵。

109 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:11:47 ID:VReY565c0
>>107
実際はもっと醜かったからね・・・

米軍の残虐行為:リンドバーグの衝撃証言
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~ttakayam/beigunzangyaku.htm

110 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:12:02 ID:eiP1IoSFO
>>105 その子は兵隊さんに弾薬を届けに行く途中だったんだろう?

111 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:14:29 ID:DaNe+Fln0
>>105
 日本軍には電気式の起爆装置がなかったのか?

112 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:15:17 ID:VvdppGx80
>>109
君には、これもいいかも・・・

ロズヴェル事件の真実
ttp://www.fitweb.or.jp/〜entity/ufo/rozuweru.html

113 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:15:58 ID:ILzsDRz40
>>106
>>110
いや、この話はベトナム戦当時のベトコンの手口なんだってさ。

>>101は「ベトコン」を「日本兵」に変えた捏造だそうだ。

114 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:16:55 ID:cGKYzeb00
沖縄が唯一の地上戦てのもウソだしね。
硫黄島は? 北方領土は? どうなんだとw
氷雪の門を知らねーのかと。
米軍なんかより、ソ連軍の方が遙かに残虐非道だったからな。

そもそも東京だって無差別大空襲を受けたわけで、空襲より
地上戦が悲惨だなんて誰が言ったんだ?

沖縄はウソにまみれてる。
金目当てにやってんなら朝鮮人並みの所業だな。

115 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:18:07 ID:iu64Zl140
美談めいた事を言われれば何でも流されるのが日本人

いい加減気付け
もっともらしい事言ってるやつらこそが真の悪党であり
悪党はいつも優しいんだって事を

116 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:18:11 ID:oBPnSjTc0
>>107
GHQが進駐後、米軍兵士に日本人女性が相当数レイプされたんだけどね。
ネットで良いから調べてみ。当然当時のGHQはもみ消した。

117 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:19:44 ID:VWGKHyglO
>>107
当時日本が地上戦をやってた相手は中国だしな。残虐行為を予期したのも無理はない。生きて虜囚の恥ずかしめを受けずってのは当時の中国戦線では合理的だった。

118 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:19:49 ID:4BLPmYv60
>>101
何度も否定されてるのにしつこく捏造を繰り返しますね。
そんなだからサヨは相手にされないんですよ。

119 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:20:34 ID:ww5t/8+XO
>>111
当時の技術じゃ無線などの遠隔操作は無理っしょ。
ベトナム時ならラジコンやらあったけど

120 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:21:01 ID:r+b8HfyW0
>>116
強盗殺人も相当数おきたがGHQの検閲で外国人が犯人と報道ができなかったので
「大きな黒い男」が容疑者と報道したんだそうな。

121 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:22:12 ID:x29y6gZVO
>>113
>>101は「ベトコン」を「日本兵」に変えた捏造だそうだ。
ベトコン以外聞いたことないだろ

122 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:22:28 ID:kGHPrZtU0
部分を全体に拡大適用して「軍隊は住民を守らない」と言い切る沖縄人。

123 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:22:31 ID:5H47FKHG0
ちゅーか、満州で邦人がどんな目にあったかを考えりゃ
軍が居なかった方が酷い目にあったと考えるのが普通だろうに。

124 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:23:43 ID:VReY565c0
>>112
リンドバーグ第二次大戦日記は翻訳され出版されてますよ。
一度、探して見られては?

125 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:24:44 ID:M3l/ECZs0
自分達が中国で住民虐殺やってきたから米軍も虐殺すると短絡思考したんだろうなアタマワルイ

126 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:24:54 ID:ILzsDRz40
>>123
サヨクの論法では軍がいなけりゃ「日本軍は民間人を見捨てた」で軍がいれば
「日本軍がいたから戦闘に巻き込まれた」になるんだよw

最初っから「日本軍が何もかも全て悪い」という結論があって、そこに至るために
屁理屈を捏ねるのがサヨク脳なんだな。

127 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:25:49 ID:Py38xcoj0
>>126
民間人を守れない軍隊なら不要だ。

128 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:26:31 ID:LSVdnXXsO
沖縄戦で軍が守れなかった事例もあるだろう。だからと言って、全部を軍のせいとするのは明らかにおかしい

129 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:28:16 ID:x29y6gZVO
>>123
え?じゃあ軍隊がいたからソ連軍が攻めてきて酷い目にあったっていうの?
なんでも日本軍のせいか?

130 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:29:07 ID:ouWhLq5x0
「生きて虜囚の辱めを受けず」

これは中国との戦争での教訓から来たもの。
中国人の殺し方はまさしく残虐・鬼畜そのもので、その捕虜になるくらいなら
間違いなく自決した方がマシだった。
それを対米戦にも当てはめただけ。

中国人が残虐で鬼畜なのは現在のチベットを見ても分かることだ。

131 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:29:20 ID:VRgmFvxL0
>>127
自国の民間人を、戦車で轢き潰す軍隊もおりますが・・・

132 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:29:52 ID:mI0/botiO
占領されれば、
女=レイプ
男=虐殺
は想定しなければいけないこと。
必ずしもデマとは言えない。

133 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:30:26 ID:x29y6gZVO
>>129
スマン、このレス忘れて
ミスリードした

134 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:31:11 ID:YQn1tpQg0
>>113 >>121
ソースも明示せずに捏造だと言い張るのは止めませんか? 
自分の書いてる事を信用してもらいたいなら根拠を示しなさい。

旧日本軍の場合、地雷を背負って敵戦車の前に身投げしたり、穴を掘って爆弾
を抱えてうずくまり、敵の接近に合わせて信管を叩く「人間地雷」戦術を実行している。

135 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:32:32 ID:VvdppGx80
>>124
「UFO原理と宇宙文明」は出版されてますよ。
一度、探して見られては?


136 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:33:32 ID:URv01R4c0


孤高の鷲〈上〉―リンドバーグ第二次大戦参戦記
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975518826

孤高の鷲〈下〉―リンドバーグ第二次大戦参戦記
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975518834

137 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:34:30 ID:3yRm0Oej0
>>132
まあ長い世界史の中では、
国同士の戦いでは敗れた側の悲惨な出来事はくさるほどあったろうな。

地中海周辺の興亡なんかめちゃくちゃ悲惨なの多そうだ。


138 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:35:25 ID:xM5Wy/nWO
軍隊が護るのは国民ではなく国家

大体にして防衛省って何を護るのか、その主語がないんだよね
国家の防衛を司る官庁ならば国防省と名乗るべき
自衛隊なんて実体は軍隊なのに軍隊ではないと偽装するより、きちっと国防軍と名乗るべき

139 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:36:00 ID:Z+G05DTU0
■映画「華氏911」。
内容的にはこんなかんじ。
戦争は富裕層の利益のために行われる。実際に戦場に赴くのは貧困層の若者。
富裕層の人間は勝利のあとの利益を美味しく頂くだけで戦争には興味がない。
富裕層は愛国心なんかなくて、ひたすら金だけ求める。
貧困層は富裕層の利益のために自らの命までも捧げる。愛国心の名の下に。

■“愛国心”とは、悪人どもの最後の避難所である
byサミュエル・ジョンソン(イギリスの文豪)
■“愛国心”とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ
byバートランド・ラッセル(哲学者、ノーベル賞受賞)


140 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:36:00 ID:S0VUxTEq0
植民地の住人なんて守りませんよ。

141 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:36:36 ID:bk4hlL4W0
「お前らがいたから奴らが攻めてきた」とか「人間爆弾」とか、……ザンボット3ご存知の方います?w

142 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:36:39 ID:8SzOLOhb0

  大義のない戦争に派兵しつづける安倍自民党

     道徳教育で評価すれば0点

   たぶん何とか還元水の飲みすぎだろう



143 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:36:57 ID:x29y6gZVO
>>134
第2次世界大戦当時には無線で起爆させる技術はなかった
子供が信管を作動させるように「強制させられていた」とでも言うのか?

144 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:38:42 ID:8BfJMzlv0

(´Д`)-y~~~ 最近のブサヨ、なりふり構わぬ論調が多いな・・・・

いよいよ追いつめられて、火病点火3分前って感じでワロス。
本格的なレッドパージも再開よろしこ。

145 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:39:24 ID:a9WHHZQr0
>>134
えーと、
>旧日本軍の場合、(略
だから何?

146 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:39:28 ID:VReY565c0
>>135
リンドバーグ日記は捏造された物だというお考えですか?
宜しければ根拠を教えて頂けませんか。

147 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:39:43 ID:o+BwK5w20
まあ、少なくとも当時の日本軍と自衛隊を同様に扱うのはおかしいよな。

148 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:40:33 ID:Fr1anAAn0
次の中国との戦争では 民間人は化粧品の具材だぞ
残った残渣も煮込まれて ニクコップン。

死んだ方がマシだが? その前に敵に突っ込んで自爆だろ

149 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:41:00 ID:8SzOLOhb0
大義が捏造された戦争に派兵しつづける安倍自民党  
戦争を始めた米国では撤退法が上院で可決されたが 
日本では誰も責任を取らず、なおかつイラク派兵特別措置法案を延長 
道徳教育で評価すれば0点  

何とか還元水の飲みすぎでオツムが右巻きになるとこんなに醜くなるわけだ 


平成無責任内閣 それが安倍自民党 


150 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:42:32 ID:LMN6O7Ix0
日本の敵って、在日韓国人と在日中国人なんだよな。

151 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:43:32 ID:YQn1tpQg0
>>143
そうかもしれませんし有線かもしれません。であなたが捏造だという根拠は?

152 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:43:57 ID:Ry428NAj0

マスコミが信頼されないワケ、御巣鷹山の事故追悼現場で
http://news.livedoor.com/article/detail/1336090/

12日早朝、日航ジャンボ機墜落事故関連の取材のため、群馬県上野村の御巣鷹(おすたか)の尾根に向かった。国道から折れ、
事故後に開通した道を十数キロ登ると、登山口に到着した。午前6時半。報道用の駐車場はテレビ中継車などで、すでに満車。
狭い山道の脇には500メートル以上にわたってマスコミの取材車両が列をなしていた。

 テレビ局のスタッフ用大型ワゴン車や、新聞社の大型四輪駆動車などさまざま。細い林道に大型四駆は無用の長物だろうと
思いながらも、その中で異様に写ったのが東京ナンバーの黒塗りハイヤー。人里離れた深い山あいにマスコミの高級車が
10台以上も待機しているのは、何とも形容しがたい光景であった。「どんな記者が乗ってきたのだろう」。こんな疑問も抱いた。

 御巣鷹の尾根での取材を終え、遺族の方々と一緒に下山途中、民放キー局の中継車の横を通り過ぎたとき、
その中継車の中から破天荒な笑い声が聞こえてきた。中をのぞいてみると、スタッフがいすにふんぞり返り、
電話で誰かと歓談していた。一緒に下山した遺族の方から「いやな感じですね。場違いです」と声が漏れた。

 登山口に到着したのが午前9時半過ぎ。その頃になると参拝に訪れた遺族らも増え、登山口付近は遺族を乗せたタクシーや
乗用車でごった返していた。山道に駐車する車両の列は1キロ以上に伸びていた。そして、登山口の一番近くに大手マスコミの
ハイヤーが記者の帰りを待っていた。しばらくすると、山登りには不釣り合いないでたちの記者が1人、帰ってきた。
日本航空社長の同行取材をしていた記者だった。

 その記者はハイヤーの後部座席に乗り込むと、車の窓を開け、パソコンを起動しながら、たばこを吹かした。そのすぐ横を、
ひしめくマスコミ車両を遠慮しながら通り過ぎるお年寄りの遺族がいる前でである。皮肉混じりに「いいご身分ですね」と声をかけたが、
その記者からは返事はなく、そのハイヤーは登山・下山している遺族らをかき分けるように出発した。




153 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:44:12 ID:x29y6gZVO
>>145
ノモンハンでたこつぼに潜んで火炎ビンを投げるあるが
人間地雷云々は怪しい点が多い
因みに>>134の話しを地雷犬に変えると独ソ戦時のソ連軍の戦法になるって事は秘密だぞ

154 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:44:52 ID:a9WHHZQr0
>>143
と言うか>>134の主張は矛盾してるなw
子供をリモコン爆弾にした→リモートで起爆する技術があった→人間地雷は必要無かった
人間地雷をやった→リモートで起爆する技術が無かった→子供をリモコン爆弾には出来なかった

155 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:44:53 ID:bvKCF0HT0
>>150
違うよ。

正確に言えばそいつらに金貰ったり飼いならされたりしてる一部の日本人だよ。

156 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:45:46 ID:fOuOeb7L0
「大平洋地域担当の従軍記者エドガー・ジョーンズが、四六年の『アトランティック・マンスリー』誌に書いている
『われわれは捕虜を容赦なく撃ち殺し、病院を破壊し、救命ボートを機関銃掃射し、敵の民間人を虐待、殺害し、
傷ついた敵兵を殺し、まだ息のある者を他の死体とともに穴に投げ入れ、死体を煮て頭蓋骨をとりわけ、それで置物を作るとか、
または他の骨でペーパーナイフを作るとかしてきたのだ』。
ジョーンズはさらに、標的の日本兵がすぐに死ぬことがないように、火炎放射機の炎を調整するというような行為にまで言及している」
「一九四二年の末に出版されベストセラーとなった『ガダルカナル日記』のなかで、
ジャーナリストのリチャード・トレガスキスは、日本軍との戦いを前にして武勇自慢をし合う若い兵士たちの会話を挿入している。
『ジャップは金歯をたくさん入れてるんだってな。それをいただいてネックレスでも作るかな』と一人がいう。
『おれは奴らの耳を持って帰るよ』ともう一人が宣言する」

「容赦なき戦争」ジョン・ダワー著 ISBN978-4-582-76419-2 より出典

157 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:48:41 ID:cgK83T8B0
北朝鮮や中華帝国等の「特亜」の軍隊は自国民を守らない「先軍政治」だよね?

つーことは安倍さんは「日本特亜化」を目指してるってことか。

158 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:49:37 ID:YQn1tpQg0
>>154
つまり人間を爆弾同様に扱っていた例を示したまでです。
技術があっても戦場い装備があるかは別のはなしです。
確実に殺すにはデコイが有効と考えたのかもしれませんし。

159 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:50:29 ID:2fGDY30w0
思い切って白旗上げて出て行って助かった集団もいる。
もちろん助からなかった集団もいる。
でもそのまま壕にいて抵抗し続けたら、絶対助からない。
殺されるか、自決するかしかない。
国際法上は降伏したものを殺してはならない。
もちろん殺される例もあった(てかその方が多いかも)ろうが、
降伏という手段が悪いことではない、1つの権利である、ということを、
日本人は全く知らなかった、知らされていなかった。
だから、沖縄に限らず本土決戦になっていたら、
日本中がこうなっていたと思うよ。



160 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:50:43 ID:VvdppGx80
>>153
>>人間地雷云々は怪しい点が多い

あやしいどころか、戦後の民話でしょ・・・・
実際の作戦指導や米軍の記録を見ると、
1)94式発煙筒と軽機関銃を持った囮チームと、99式磁気吸着地雷(無い場合は他の爆薬)を持った攻撃チームを編成。
2)先ず、囮チームが発煙筒で目くらましをして、戦車周辺歩兵を機銃にて釘付けにする。
3)攻撃チームが戦車に駆け寄り99式磁気吸着地雷を戦車側面に仕掛ける。
と、云う手順だし・・・

161 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:51:14 ID:x29y6gZVO
>>151
有線にしたらバレやすく近くにいなければなくトラップとしての意味はなくなるがなにか?

162 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:52:48 ID:0WCAbwLd0
>>143
1945年当時最前線に無線を携帯させ自由仕様変更でき、離れた爆薬にセットされた
信管に着火できる便利な機材が投入されてたようですわ。

自動小銃も当時の日本軍の装備として出てくるかもしれませんw

163 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:52:58 ID:YQn1tpQg0
>>160
都合の悪い話は全部神話にしたい気持ちはよく分かりませんが。
特攻隊も神話だと言うのでしょうか?

164 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:54:07 ID:a9WHHZQr0
>>158
>つまり人間を爆弾同様に扱っていた例を示したまでです。
例になってないよ。

165 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:54:24 ID:89sVO1WM0
敵だとか言ってる痛い奴がいるけどさw
そう思うんなら戦えよ糞日本人がw
口だけなら何とでも言えるんだよカスw
ここに居る奴ってそんなのばっかじゃねーかw
ネットの中だけ愛国心ぶるエセ日本人w
まあ、見ていて飽きないねホントw
頑張ってねw

166 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:54:41 ID:x29y6gZVO
>>158
> 確実に殺すにはデコイが有効と考えたのかもしれませんし。
じゃあ聞くがその囮の戦術的価値って一体なんなんだ?

167 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:54:42 ID:mI0/botiO
空襲時、執拗に米軍の戦闘機に追われ、もうダメかと身構えたがいつになっても攻撃されないので見上げると、日本の戦闘機が米軍機を追い払ってくれていた…という話を聞いたことがある。
確か石原真太郎もコレで助かったクチ。

よく分からないけど、これは「住民を助けた」ってことにはならないのかな?

168 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:54:44 ID:7+2c9MG60
>>158
ベトナムの例を書き換えてか?

169 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:55:35 ID:VvdppGx80
>>163
都合の良い話を全部信じたいという気持ちはよく分かりますよw

170 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:57:17 ID:a9WHHZQr0
>>163
誰が特攻隊の話してんだよw

171 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:57:19 ID:x29y6gZVO
>>163
大西瀧次郎中将関連の書物を読んでから来てくれ

172 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:57:30 ID:cgK83T8B0
桜花とかもろ人間爆弾だな、鳥肌実は別として・・・

とにかく何を守り何を犠牲にするかが問題で
その手段が人間爆弾でも構わんと思われ。

なんかマスゴミや中華の工作言ってるヤシ
本質から目がそれまくりな希ガス。

173 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:57:32 ID:0WCAbwLd0
>>158
だからさ、そんな子供が背負っていた爆薬ってどういう代物なのさ。
子供が背負えるものだからさぞかし小型で高性能なものだったのでしょうw

174 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:58:01 ID:ILzsDRz40
>>158
だから、この話に先行してベトナム戦のベトコンの話があるわけじゃん?
どちらかがどちらかのパクリだとしたらこの本の方がパクリだとしか思えないんだが?

175 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:58:22 ID:89sVO1WM0
都合の悪い事は一切認めない日本人程醜い生き物は居ないねw

176 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:58:43 ID:YQn1tpQg0
>>166
子供すら武器にすると言う精神的な圧力を与えるという点で神風に似た効果期待したのかもしれません。
もしくはただ気が狂っていただけかもしれません。後者の可能性が高いと思います。

177 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 17:59:11 ID:Yy0oNrhK0
面倒くさいから沖縄は日本から独立でいいよ

178 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:00:14 ID:ILzsDRz40
>>176
単なるベトナム戦を元にした作り話という仮説はそれよりもっと可能性が高いわけだが?

179 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:00:25 ID:O1NqaKcr0
沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった!
曾野綾子

とりあえずこれ読め

180 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:00:32 ID:x29y6gZVO
ID:YQn1tpQg0へ
>>158にあるデゴイとやらの戦場における戦術的価値を早く教えろ


181 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:01:39 ID:G8/OALom0
自称サヨクが数字の証明から逃げて
残虐性を感情的に批判する意図を持った主観記述に逃げるのはなぜだぜ

182 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:01:49 ID:VJ5Q0je60
どうしてこういう話になるとメディアはみんな思考停止になるの?
慰安婦の件もそうだが、「被害者」の言うことを全て鵜呑みにするなら
裁判なんて必要ないじゃん。
被害者の証言だけで全て有罪に出来る世界を望んでんのか?


183 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:02:46 ID:lMpTBy6y0
ざわわ

184 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:02:48 ID:a9WHHZQr0
>>172
軍人が志願してやる特攻と、
民間人の子供を爆弾に仕立て上げるんじゃ全く意味合いが違う訳よ。

>>176
お前の妄想じゃねーかw

185 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:02:54 ID:VvdppGx80
>>176
まぁ、推論としては有り得るね。
実際には昭和19年7月7日に琉球群島における老幼婦女子疎開命令を出してるから、
日本軍だって、女子供を守りたかったのは事実。

186 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:02:55 ID:ILzsDRz40
>>176
だいたい作り話はサヨクの常套手段じゃん?

AVを元に「日本兵は中国娘に顔射した」とかツルゲーネフの小説を元に「日本兵は子供を放り投げて
銃剣でくし刺しにした」とか「日本兵は子供を人間爆弾にした」とかw

187 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:02:56 ID:lTQNkss60
そもそも戦争そのものは反省するようなもんじゃない。
反省は判断の誤りに対して行うこと。

188 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:03:23 ID:7bkyNd8v0
戦艦大和を失ってまで沖縄を守ろうとして、敗れたのにな・・・。

一生懸命沖縄を守ろうとしたことを嘘で塗り固めて歴史を変えようとする行為になんの意味があるんだ。


189 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:04:27 ID:Lo5STdvw0
沖縄戦で軍隊が守ったという記録もない。
今は、政治家も官僚も国民を守らない。
いまさら取り繕っても無理だろ

190 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:04:39 ID:89sVO1WM0
おもしれぇー

191 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:04:41 ID:tbZ2rOll0
>>175
都合の悪いことは議論の俎上にすら乗せず、触れようものなら社会的に抹殺しようとする
どっかの国に比べれば遥かに誠実だな

192 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:04:59 ID:4hcXX9sE0
3万件の強姦事件を起こした奴等が
「強姦をするデマを流された」
だと????????



バカジャネーノ

193 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:05:06 ID:VvdppGx80
>>186
>>だいたい作り話はサヨクの常套手段じゃん?

ウヨサヨ両方ともね・・・・

194 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:05:14 ID:nE/8JvP+0
我々は左翼の皆さんの教育のおかげで、大義のためなら嘘をつき金や女で釣ることが正しいと学びました。
そんな人間が、もしもの時に国の言うことを真面目に聞くとお思いですかな。
そう、もう案ずるには及びません。あの過去が繰り返されることは二度とないのです。
親兄弟すら信じず、自分勝手にやって自分の利益だけを追求する、平和大好き!立派な日本人になりましたよ。

195 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:05:26 ID:hysPePSU0
>>188
>一生懸命沖縄を守ろうと

なら、自決のために手榴弾を手渡すなよバカ
住民を保護すべき立場の軍隊がなにやってたんだか

196 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:05:36 ID:3v+PmFow0
・「あそこに日本軍が隠れてるよ」 米軍にチクってスパイ容疑で殺された沖縄県民
・勝手に降伏しようと邪魔な警護員をフクロにして、逆にスパイ容疑で殺された沖縄県民
・米軍から食料仕入れてきてスパイ容疑で殺された沖縄県民

日本軍に殺された!殺された!殺された!殺された!殺された!
謝罪しろ!賠償しろ!謝罪しろ!賠償しろ!

これが沖縄クオリティ

まるで朝鮮人みたいwww

197 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:05:39 ID:0VPPp7NQO
「軍隊は住民を守らない歴史が証明してる」これ自体嘘だしw過去に守った事例はあるよ。
それに軍隊は国家と国益を守り、国益を得る為に存在する物だからなぁ。
できる限り守るけど、国家を滅ぼしてまで守れってのは軍隊の仕事じゃない。


198 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:05:39 ID:x29y6gZVO
>>176
> 子供すら武器にすると言う精神的な圧力を与えるという点で神風に似た効果期待したのかもしれません。

はぁ?精神的な圧力を期待する?
特攻とは違ってそんな効果は期待できない
むしろアメリカ兵に白人特有の嫌悪感を抱かせるだけだが…
> もしくはただ気が狂っていただけかもしれません。後者の可能性が高いと思います。

狂ってたら子供の背中に爆弾をくくりつけるなんて考えは浮かばない
むしろ虐殺に走るがな

199 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:06:17 ID:eiP1IoSFO
そもそも民間人は捕虜にはなれないし、拘束してはならない。捕虜になれるのは正規軍人だけだ。士官学校で教育を受けた士官なら民間人に「捕虜になるな」とは言わない。

200 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:07:07 ID:Z3nwJGwY0
集団自決を強要はしていないが、選択肢の一つとしてお膳立てはしたんじゃまいか。

201 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 18:07:20 ID:fTcpR0Wm0


( T▽T)
    つ http://www.youtube.com/watch?v=ETlGQ3RB5D8
      http://www.youtube.com/watch?v=Cs4cHeOlDpE
      http://www.youtube.com/watch?v=JrUreZkEHD4
      http://www.youtube.com/watch?v=psUd9v9pJb0
      http://www.youtube.com/watch?v=NetQkWRGwcA

      http://www.youtube.com/watch?v=_imvALSmzKQ
      http://www.youtube.com/watch?v=rOGU9DK6OU8  ← 硫黄島
      http://www.youtube.com/watch?v=-fm9l6vxY80   ← 空襲・・・
      http://www.youtube.com/watch?v=2M4wCffOnBk  ← 回天 大和 沖縄戦
      http://www.youtube.com/watch?v=HmbrtukzPmg

202 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:08:09 ID:Fr1anAAn0
どうせまともな食い物も無かった最期の手段だろ
男は突入 女子供は自決・・仕方ないな

203 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 18:08:30 ID:fTcpR0Wm0


  ∧∧
 ( =゚-゚)<硫黄島の悲惨な死闘を住民を巻き込む形で行われた 「沖縄戦 」

      日本人犠牲者の総数は約18万8000人
      戦死者・・・日本軍6万4000人  米軍は1万2500人負傷者7万2000・・・

      正直 最近の戦争なんて・・・・



( ^▽^)<第二次大戦以前の戦争では、
      軍に属さない民間人が大量に死ぬことなんて考えられなかったし・・・第二次大戦が異常・・・

204 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:10:19 ID:hysPePSU0
>>197
>できる限り守るけど、国家を滅ぼしてまで守れってのは軍隊の仕事じゃない。

言葉としておかしいね
なんだ、国家を滅ぼしてまで「守れ」ってw

めちゃくちゃだな

205 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:10:40 ID:zgxSeoC60
戦前の北朝鮮時代のことだからなあ
なんでもありだったんじゃね?
インチキ軍人ばかりだったろうし


206 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:11:06 ID:89sVO1WM0
プゲラw
他の国と比べるなんてナンセンスw

お前らの国の事だろーがw
日本人は何でも比べたがるんだなw

207 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:11:22 ID:VvdppGx80
>>195
>>なら、自決のために手榴弾を手渡すなよバカ
「自決せよ」と兵隊が能動的に渡したのか、「いざという時に下さい」と請われて渡したのかでは、
全然話が違う。
当時大人だった人達の証言は、後者の方で、父親等の家長が鉄血勤王隊から分けて貰ったと言っている。
今は、当時子供だった人の証言が多く、「自決のために手榴弾を貰った」と言っている。

208 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:11:44 ID:fOuOeb7L0
沖縄で子供を爆弾に仕立て上げることが常態となっていたとしたらもっと大騒ぎになってると思うね。
悪質な作り話だと思う。


209 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:11:56 ID:QJzMK57W0
>>206
何人?

210 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:12:40 ID:zgxSeoC60
戦前の軍国主義時代がいかに狂っていたかなんてみんな知ってるだろうに
竹やりもたせてB−29と戦えって言ってたんだぞwwwwwwwwwwwwwww

鉄が足りねえからナベ釜供出とかよ恥を知れっての


211 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:12:46 ID:bAzO/HiX0
>>204
いつも思うんだが
おまえら国民国家てなんだか理解ってんのかね

212 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:12:48 ID:hysPePSU0
>>207
つまり親心で手榴弾を手渡したということですね

守らなかったと認めるなら一向に構わん

213 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:13:06 ID:9Y+0yeRL0
>>41
>軍属のおじさん

どういう立場の人?

214 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:13:12 ID:fJInfO7L0
亡国の徒と化した、当時の政治家や軍部官僚の遺族、関係者が
責任逃れをしたい気持ちは分からないでもない。
だが、300万もの日本人を死なせた大罪は未来永劫、消え去ることはない。
日本人としての誇りが微塵でもあるのなら、
見苦しく、卑しい責任回避工作は止め、潔く責任を認めるべき。

215 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:14:33 ID:2fGDY30w0
よく愛する人を守るため、っていうけど、
もし目の前にその愛する人がいたらどうするのかな?
沖縄戦で沖縄出身の兵士が「愛する人を守るため」に戦場に出向いた。
そこで逃げ惑って壕に非難していた愛する人と再会。
目の前には敵・・・・・どうしたらいいのか

216 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:14:53 ID:rZqdpPk70
JAPはcrazyだったんだからしかたない。

217 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:15:00 ID:x29y6gZVO
>>210
>wwwwwwwwwwwwwww

今日の夕食はほうれん草のおひたしで決まりだな


218 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:15:09 ID:hysPePSU0
>>211
机上の空論はいいんだよ
本来、民間人を守る立場に会った軍隊がそれをしなかった

この事実は重いと自覚したまえ

219 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:15:40 ID:ILzsDRz40
>>206
朝鮮人も日本と自分の国を比べるのをやめた方がいいと思うよ。
とうてい追いつけないという事実に鬱になるだけだからw

220 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 18:15:45 ID:fTcpR0Wm0

  ∧∧
 ( =゚-゚)<B−29のトータルの墜落機数は400機くらいだっけかな

       戦闘機でも130機ぐらい撃墜してたはず



( ^▽^)  戦闘機「飛燕」
    つ http://www.youtube.com/watch?v=R79W6rCbCZU


( T▽T)
    つ http://www.youtube.com/watch?v=tnwbSf6ylj4
      


      http://www.youtube.com/watch?v=a_uKIWne4y8   4式戦

221 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 18:16:08 ID:fTcpR0Wm0

( ^▽^)< 紫電 → 紫電改


       ・部品点数を紫電の2/3に削減
       ・自動空戦フラップの改良 (高い機動性)
       ・防弾タンク、自動消火装置
       ・機銃ガンポットから翼内装備化


  ∧∧
 ( =゚-゚)<紫電、紫電改あわせて1400機作られた
      250kg爆弾2発の爆装も出来て、装甲空母信濃で着艦実験も行われた♪

      http://www.youtube.com/watch?v=0vRAS4n0spg
      http://www.youtube.com/watch?v=kJPBBQQbXzM



( ^▽^)<紫電改強し

      昭和20年(1945年)3月19日、
      350機以上の米海軍機動部隊の大編隊を
      紫電改56機、紫電7機の計63機で迎撃、

      戦闘機48機・爆撃機4機の合計52機を撃墜♪

222 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:16:41 ID:VvdppGx80
>>210
>>竹やりもたせてB−29と戦えって言ってたんだぞ
都市伝説です。

>>鉄が足りねえからナベ釜供出とかよ恥を知れっての
日本だけでなく、世界中やってました。
米国では、南方からのゴムが不足し、ゴム製品供出をやってましたが・・・

223 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:17:07 ID:+qajb/Ob0
>>212
守りきれなかった場合、惨い目にあわないように手渡したんだろ?

ID:hysPePSU0 ←根性が捻じ曲がってんな。自虐教育はこういうバカをつくりだしたんだな。

224 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:17:15 ID:lD3558Dq0
警察は住民を守らない
他人は自分を守らない
それといっしょだよ

225 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:18:09 ID:hysPePSU0
>>215
>目の前には敵・・・・・どうしたらいいのか
愛する人の命を助けたいなら戦地から逃れるように言うべき
戦局が不利だと思えば、有利な側の軍に投降するようにすべき

少なくともジュネーブ条約からみればそういうことになるが

226 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:18:39 ID:jDyIYGA70
俺が怖いのは、2chで通名を使ってる在日韓国人が実際に工作してること。



227 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:18:53 ID:mpe39upq0
自由主義史観研究会が悪の組織の
ような書かれ方してて笑った。
「教科書が教えない歴史」のパロディ本である
「教科書が教えかねない自虐」に
ガキのころ授業で使った教材がいっぱい掲載されてて
爆笑したのおもいだした。

228 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:18:53 ID:fOuOeb7L0
今でも沖縄人は文句は言うくせに沖縄の外には出たがらないからな。
だから当時用意された疎開船に乗り込まなかったのがいけなかったんじゃないのか?

229 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:19:02 ID:Ky67aHVr0
どうも今日は牛だらけだな。

230 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 18:19:18 ID:fTcpR0Wm0

( ^▽^)
    つ http://www.youtube.com/watch?v=CTfOflH-30c  三八式歩兵銃など
       http://www.youtube.com/watch?v=3-tEpdFIfxc  ドイツ MG42
       http://www.youtube.com/watch?v=cS6wIPGusKk

       http://www.youtube.com/watch?v=ytlxxGSmdxw キャリバー50
       http://www.youtube.com/watch?v=Eptls0TlML0  ミニミ軽機関銃

       http://www.youtube.com/watch?v=8R8EHdw6nSA 陸自




.       //
     / /
.     /   /    チャ
    / ∧∧            タタタタ! スタタタタ!
.   / .( =゚-゚) V          ,从,,
  // | つ二∩ニ〓━━━冖   ≫      
  " ̄ ̄ ̄"      /ヽ_     "Y''Y

231 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:19:42 ID:x29y6gZVO
>>220
陸海軍で戦闘機の後続機が後々まで決まらなかったとか
別々の企業に発注してたとか
陸海軍で異常に仲が悪いとか
日本軍は組織としてはダメダメだったな

232 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:19:44 ID:kPnHdps/0
>>222
規模がちがうっての。
太平洋戦争中の日本は はっきりいってカルト国家。



233 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:19:57 ID:+qajb/Ob0
>>218
君、日本人かね?

>>利な側の軍に投降するようにすべき

米軍だって投降しようとした軍人や傷病兵、女子供をなぶり殺しにしてるだろ。

お前バカか?

234 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:20:33 ID:VvdppGx80
>>228
>>だから当時用意された疎開船に乗り込まなかったのがいけなかったんじゃないのか?

ヒント<対馬丸


235 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:20:38 ID:hysPePSU0
>>223
>>233
>惨い目にあわないように手渡したんだろ?

少なくともジュネーブ条約を知っとけ
軍隊は非戦闘員を保護しなければならない義務がある

従って有利な戦況に立つ軍側に投降すればいいだけのこと

236 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:21:13 ID:zgxSeoC60
>>222
( ゚Д゚)ポカーン
すすめ一億火の玉とかもなかったんですねwwwwwwww


237 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:21:29 ID:IxXAslsP0
>>232
どういったところがカルトに見えるんだ?

238 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:21:55 ID:o54Qn2Is0
純粋に、沖タイの発行部数を知りたい。
沖縄人がそこまでの池沼じゃないと信じたい。

239 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:21:58 ID:8vTYyTOJ0
米軍は捕虜をとらない方針をとる場合があり、
投降を呼びかけないどころか、明確に投降の意思を示したものさえ殺害した場合もある。

「投降しても何をされるかわからない。」というその当時の認識は、根拠がある。

240 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:22:43 ID:+qajb/Ob0
>>232
>カルト国家

とアカ教師から教わりました、だろ。
お前が日本人なら自分の爺さん・祖母さんから当時の話を聞いてみろ。

>235
米国がジュネーブ条約をちゃんと守るような国か?

あの国は国際法違反の無差別大量虐殺をやらかしましたなw

241 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:22:49 ID:x29y6gZVO
>>228
> だから当時用意された疎開船に乗り込まなかったのがいけなかったんじゃないのか?
それもあるけど輸送船の数も足りてなかったって事もあると思う

242 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:23:31 ID:XbPISHYDO
>>228
大正区には一杯いるよ

243 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 18:23:35 ID:fTcpR0Wm0

     http://www.youtube.com/watch?v=jBJ2eiUvkrU
     http://www.youtube.com/watch?v=UTwWuBKxxks
     http://www.youtube.com/watch?v=fEVMYVCAmpc
     http://www.youtube.com/watch?v=MlD4PWb4TCU

     http://www.youtube.com/watch?v=x5rgrRpd23I     
     http://www.youtube.com/watch?v=5VdaQw68U3o


  ヽ   ∧∧
   (゚ ⌒(゚-゚ =)  中国軍♪
   し⌒ しーJ

244 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:23:37 ID:VvdppGx80
>>236
「竹槍でB-29を撃墜せよ」と云う、命令書を出してみてwww

245 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:23:54 ID:ILzsDRz40
>>235
だからさあ、連合軍は占領地の日本人を皆殺しにするのが普通だったんだってば。
ひどいやり方で皆殺しになると判ってて投降する馬鹿いるか?w

246 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:24:02 ID:hysPePSU0
>>239
>投降を呼びかけないどころか、明確に投降の意思を示したものさえ殺害した場合もある。

殺害されるのを避けるために自決という殺害の手助けをするわけか
米軍への投降で死ぬ確率が50%というところをあえて100%殺害することに意味があるのかね?

247 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:24:02 ID:fOuOeb7L0
軍の命令に従って避難した硫黄島の住人は死なずに済んだのに
島に引きこもるのが好きな沖縄人は避難をためらったんだ。
満州と違って、避難のための手段は用意されていたわけだよ。
結局死ねば諸共を選んだのは沖縄の奴ら自身じゃね?

248 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:24:41 ID:89sVO1WM0
安部ちゃんの美しい国っていう愚かしい思想は滑稽だねw
見た目だけで叩けばここに居る様な薄汚い日本人がわんさと出てくるのにw

249 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:24:43 ID:dMcgEUSUO
教科書から消えようがどうでもいいよ、興味ないし
知ってると何かメリットあるの?

250 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:25:02 ID:1UU8s+Bf0
>>238
他に新聞が無いんだけど


でも、これは事実だから仕方ない
先の大戦で相当が日本軍に殺されたから
戦後の沖縄では米軍のほうが日本軍よりマシって考えが根付いてるし

251 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:25:02 ID:x29y6gZVO
>>235
>>223
>>233
> >惨い目にあわないように手渡したんだろ?

> 少なくともジュネーブ条約を知っとけ
> 軍隊は非戦闘員を保護しなければならない義務がある

そうだが米軍も投降兵に対する無差別発砲があったのも事実

252 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:25:33 ID:2fGDY30w0
>>225
そうだよね。
だめもとでいいから、白旗を揚げていけ、君だけでも助かれ、って。
壕にいた全ての人が誰かにとっての愛する人だ、とそのとき思えたら、
きっと違っていたね。

253 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:25:39 ID:IxXAslsP0
>>236
よく北朝鮮を昔の日本を同じと思ってる馬鹿がいるけど日本史が0点だったんだろうな。
お前もそう思うだろ?

254 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:26:03 ID:ILzsDRz40
>>239
投降を呼びかけて、投降に応じた日本兵を武装解除した後皆殺しにしたんだよ。

>>246
手榴弾で吹き飛べば一瞬で死ねる。虐殺されるよりは楽だよな?

255 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:26:07 ID:jDyIYGA70
やっぱり、日本の考えを持った日本人がたくさん死んで

変わりに洗脳カルトだけがたくさん生き残った・・



256 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:26:19 ID:ydRR1ljf0
>女性は強姦され、男は戦車でひき殺される」 というデマを流し、捕虜になる恐怖をたたき込み
当時はデマかどうかを知る情報源(新聞ぐらいかな)が乏しかったと思うんだけどな
現在でも強姦や捕虜に対しての虐待があるのに当時はどうだったか考えたらねー


257 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:26:21 ID:+qajb/Ob0
>>235
ID:hysPePSU0

おまえまさか・・・米軍が正義の軍隊だとおもってるんじゃないだろうな?w

>米軍への投降で死ぬ確率が50%というところをあえて100%殺害することに意味があるのかね

死ぬ確立が50lというソース。

ただ殺されるのではなく、
拷問されてなぶり殺しされるんだったら手りゅう弾で一思いに死んだほうがマシかな。
当時の人もそう考えたんだろ。

258 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:26:24 ID:VvdppGx80
>>251

つーか、当時の日本人大衆が「ジュネーブ条約」なんて知ってるかよ・・・

259 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:26:25 ID:xCeKcc7w0
沖縄戦はとにかく悲惨なんだよ。
八方塞の島で「アメ公に捕まればレイプされて虐殺される」=「それなら逃げるだけ逃げていよいよとなれば死んだほうがいい」
と思うのは、ごくふつうの思考でしょう。
それを島民も日本軍の軍人も共有していたわけで。
とすれば、やさしい軍人は大事な手榴弾を子どもに手渡すことだってある。
同じ日本人をレイプされたくないという、今に思えば「身勝手な」見方で
いきなり同胞を殺すこともある。
集団自決を単純化しすぎるのは、左右どちらにとっても不都合でしょう。



260 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:27:21 ID:mWNIV7IAO
>>235
ジュネーブ条約に強制性は無い
つか、違反しても罰則は無いんだよ
言いたい事はわかるな?

261 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:27:46 ID:2fGDY30w0
>>252
>>235のアンカーミス。
>>225じゃ自己レスだ・・・・・orz

262 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:27:59 ID:3xiu523f0
まあ、軍隊は国民のためじゃなく、国の存続のために動くわけで。
民主主義国家において、本来、国と国民は一致するはずなんだけどね。

263 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 18:28:07 ID:fTcpR0Wm0

( ^▽^)<空母があれば 沖縄の悲劇はなかった

264 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:28:12 ID:89sVO1WM0
歪曲された日本史なんて0点でもいいじゃないかw


265 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:28:39 ID:AenUuwqyO
>>246
もうちょっとさ、当時の「空気」読めよ
軍隊から逃亡すれば残された家族は非国民と罵られた時代なんだぜ?

簡単に降服できない状況があるわけ

266 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:28:39 ID:x29y6gZVO
>>249
> 知ってると何かメリットあるの?

別に消えようと残ろうと高校や中学の日本史の教師は江戸時代まで授業でやって
後はご自由って場合と
江戸時代までは熱を入れてやるけど明治以降はほぼ素通りするかのどっちかだからな
俺の場合明治以降はプリントだったな

267 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:28:48 ID:+qajb/Ob0
>>256
サイパン玉砕の時の米兵は、逃げ遅れた少女らを強姦して殺し
素裸の死体を気にくくりつけてあったそうだよ。

捕虜になった日本兵の目の前で、住人を虐殺した例もあったそうだ。

デマとは言い切れまい。

268 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:29:02 ID:hysPePSU0
>>251
>>246

>>254
>>257
>手榴弾で吹き飛べば一瞬で死ねる。虐殺されるよりは楽だよな?
それで確率50%より確実な死を選択させるのかw
お前アホと違うか?



269 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:29:07 ID:TwoS89GB0
>>258
教えとけよ。

そもそも日露戦争の後から調子乗りすぎなんだよ。


270 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:29:08 ID:IxXAslsP0
>>264
どういったところが歪曲されているんだ?

271 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:29:25 ID:Ws/YDIoB0
軍が住民にやった過去を反省して教訓にするならまだしも
みにくい部分を今さらねじまげ隠そうとする姿は見苦しい以外の何ものでもない。
相変わらず日本はバカな国。
平和ボケしたネトウヨが便乗してるのも相変わらずだな。

272 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:29:39 ID:1UU8s+Bf0
>>259
一緒に死んだならいいさ
子供が泣くとばれるからと子供殺させたり
ここは日本軍が使うっていって、逃げてきた兵隊が沖縄の人押しのけて豪に隠れる
こんな状況なら沖縄の人が日本軍を怨むのも当然だろ

273 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:29:49 ID:2fGDY30w0
でも白旗だして思い切って出て行って助かった集団もいた。
そうしなかった集団は・・・・・多分もっと死んでいたよね。

274 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:30:02 ID:rZqdpPk70
>247
沖縄人を皆、本土に輸送できる環境が
当時あったとWお前馬鹿だろ?

275 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:30:13 ID:VvdppGx80
>>267

+qajb/Ob0 先ずお前がデマwww

276 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:30:14 ID:+g72kceh0
 
米軍の捕虜に対する残忍さはイラク兵捕虜に何をしたかを見ればわかるだろ。

素っ裸にして犬にかませたり小学生がカエルを虐めるように扱う。自決した方がマシ。

「ジュネーブ条約」なんて言葉を出す半可通の馬鹿は死んで下さい。

277 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:30:21 ID:zgxSeoC60
>>270
というか日本史の特に昭和史なんて黒歴史扱いでほとんどやらねえだろ


278 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:30:55 ID:ILzsDRz40
>>268
確率50パーセントは単にお前の根拠のない妄想。
当時の日本人がお前と妄想を共有していないということぐらいはいくら馬鹿でも判りそうなもんだが???

本物のキチガイにはそれすら判らないのか???
自分の無根拠な妄想をすべての人類が共有していると思ってるのか????

279 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:30:58 ID:VRgmFvxL0
>>239
こういう一面を見ず、日本軍を一方的にコキ下ろす奴に限って、
イラクでの米兵の残虐行為はギャーギャー騒ぐ。

280 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2007/03/31(土) 18:31:26 ID:rYysQC270
>>1
>沖縄戦の記憶=「軍隊は住民を守らない」という教訓は

そりゃ当たり前の話、およそ軍隊は人を殺すためのもんだし
銃後にいればこそ護ってもらえる

戦場になったら、よくて見殺し、人民の盾になるだけ

281 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:32:06 ID:BaJI+9lt0
アメリカ兵は邪悪で恐ろしい殺され方をすると民間人も軍人も心の底から思っていて、そんな事になったら可哀そうでならないという優しい心から手榴弾を配ったっていう解釈はだめか。

282 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:32:06 ID:jDyIYGA70
もし、今中国軍が日本に侵略してくる。

日本人はネットで中国がどんなに虐殺で拷問やろうか知っている。
今の工作洗脳教育とかも知っている。

で、戦争に負けそうになったとする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして負けたとする。


で中国に洗脳され。
「中国軍はやさしかった。やさしくせっした。」って教育されるだろうなwwwwwwwwwwww

まあ、防衛は本当にちゃんとしとかないと。韓国中国から!!


283 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:32:13 ID:hysPePSU0
>>257
>死ぬ確立が50オというソース。

ほぉ、100%殺されるなら米軍に保護された民間人はゼロということになるが
よろしいか?
1人でもいたら、100%ではない。

結論は出たね
あえて愛する人を100%死に追い込むことに意味はないとな

つまり沖縄県民などなんとも思ってなかったんだよ日本軍は

だから批判される

当たり前の結論だ。わかったかな

284 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:32:14 ID:0VPPp7NQO
>>230
私的な事ですが旧軍の兵器ではニーモーター(八九式重擲弾筒)なんかオススメです。
本来の使用方法はもちろん、敵に鹵獲されてからも損害を与えた優秀な兵器です。


285 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:32:27 ID:XbPISHYDO
紳士的な殺しあいなんて無い

286 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:32:56 ID:+qajb/Ob0
>>268
50lのソースは?

それにあらかじめ助かるかどうかわからないだろ。
残酷な拷問の末に殺されるのなら、手榴弾で一思いに死ぬよ。

ちなみに通州事件の概要

旭軒では四十から十七・八歳までの女七、八名が皆強姦され、裸体で陰部を露出したまま射殺されて居り、
その中四、五名は陰部を銃剣で突刺されていた。商館や役所に残された日本人男子の屍体は殆どすぺてが
首に縄をつけて引き回した跡があり、血潮は壁に散布し言語に絶したものだった」

「近水楼入口で女将らしき人の屍体を見た。足を入口に向け、顔だけに新聞紙がかけてあった。
本人は相当に抵抗したらしく、着物は寝た上で剥がされたらしく、上半身も下半身も暴露し、四つ五つ銃剣で
突き刺した跡があったと記憶する。 陰部は刃物ででえぐられたらしく血痕が散乱していた




287 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:33:00 ID:NLLIWdIa0
国民を守る軍隊こそが必要だ。憲法9条は間違っている。海外在住の日本人の命も守れないなんてとんでもない欠陥。


288 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:33:05 ID:VvdppGx80
>>284
>>敵に鹵獲されてからも損害を与えた優秀な兵器です。

ワロタ。


289 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:33:59 ID:ILzsDRz40
>>283
非常に高い確率で虐殺されるなら、虐殺されるより自決を選ぶというのはごく当然の選択だね。

それこそ50パーセントを超えるほど確率が高いならそういう賭博に出てもいいかも知れんが、
肝心の50パーセントがお前の妄想では話にならないねwwwwwww

290 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:34:09 ID:vONK27oD0
近代・現代史に関しては当事者やその子孫が生き残っているから公平な判断は下せないよ
数百年後の歴史家が神の視点から過去の真実を暴いてくれるはずだ

291 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:34:39 ID:x29y6gZVO
>>247
あのぅ、輸送船の絶対数が足りてなかったんだが
当時日本にはマクロスでもいたのか?

292 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:34:52 ID:TwoS89GB0
>>282
もし、今中国軍が日本に侵略してくるかもしれないと国が言う。

日本人はネットで中国がどんなに虐殺で拷問やろうかという嘘をばら撒く。
今の工作洗脳教育という嘘をでっち上げる。

で、侵略されるかもとかいって先制攻撃する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして負けたとする。


で右翼に洗脳され。
「中国軍は非道蛮行をした。」って教育されるだろうなwwwwwwwwwwww


293 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:35:01 ID:IxXAslsP0
>>277
じゃあ、お前が知っている正しい日本史を教えてくれ。
竹やりでB-29はガセだからな。あと大日本帝国時代は議員内閣制で東条内閣は戦時中に解散している。
報道も皇室批判と共産主義はタブーだったがあとは自由だったんだけどな。

294 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:35:25 ID:js9Fywd0O
当時の感覚では、本気でアメリカ軍が残虐な鬼って信じてたと思う。なぶられながら殺されるなら自決の方がマシって感じだろ。
人道的に考えても悪い事をしてるようには思えない。むしろ優しさからの行動と思える

295 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:35:42 ID:hysPePSU0
>>289
指摘したいのは50%という点しかないのかね?

無能は罪だな

296 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:35:50 ID:89sVO1WM0
怖いね日本人はw
追い詰められると何するか分からないよw

297 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:36:06 ID:+qajb/Ob0
>>275
何故デマだと?
そう証言している元住民がいるんだけど?

>>283
>あえて愛する人を100%死に追い込むことに意味はないとな

バカ?

家族を殺す決断をくだしたのも、直接殺したのも軍人じゃないだろ?
軍に責任転嫁するなよ、見苦しい。

298 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:36:37 ID:jDyIYGA70
>>292
おまえ在日韓国人か?しね!!ウヨクレッテルかよwwwwww在日韓国人しね!!!!




299 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:36:48 ID:0OePi3MMO
米国がフィリピン人をどう扱ったかが、沖縄辺りまで漏れ伝わってたんだろうな。
それでみんな死んだ方がましだと思ったんだろ

300 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:36:49 ID:AenUuwqyO
>>294
物事の善悪と善意悪意は区別すべきじゃねえの

301 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:37:08 ID:ILzsDRz40
>>292
なんか支離滅裂だな。2度読んでもなにを言いたいのかさっぱり判らない。
最後の2行がそれ以外と全然辻褄が合ってない。お前、馬鹿?

302 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:37:13 ID:VvdppGx80
>>294

中には、「魚を捕りたいから手榴弾を分けてくれ」と云う人にも、分けたしな・・・

303 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:37:43 ID:hysPePSU0
>>297
普段から手榴弾を携帯しているお前のような民間人は
危険だな



304 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:37:50 ID:0WCAbwLd0
>>289
とにかく「米軍に降伏した人は幸せで自害した人は気の毒だ」という
史観以外一切うけつけない人ですから放っておきましょう。

305 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:37:53 ID:zgxSeoC60
>>293
当時のアカヒでも読んでろw


306 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:38:15 ID:89sVO1WM0
在日韓国人だからどうなんだいw
何を言っても状況は変わらないのにw


307 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:38:55 ID:TwoS89GB0
>>298
ネトウヨの在日認定キメェwwwwwwwwwwww

308 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 18:39:00 ID:wQK4yhNl0
>>291
昭和19年頃なら内地との交通手段はあった。
ちなみに津島丸事件は19年の話だな。
昭和20年からは本島北部に疎開開始。
南方ボケの住人のため、疎開を遅々として進まなかった。


309 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:39:02 ID:v588IofA0
>>294
それが、それほどでもなかったから戦後の日米関係は好転した。
沖縄だけが地上戦の戦禍に巻き込まれ悲惨だったことも
日本人として共有してあげなければならない感情だと思う。

310 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:39:08 ID:2fGDY30w0
連合国に限らずイタリアやドイツの兵士や民間人も、
いざとなったr降伏というやり方を知っていたし、
それが悪いこと(残念なことだとは思っていたと思うが)ではない、として
実際降伏していたと思う。
その結果違法に虐殺されてしまったこともあったとは思うが。
なぜ日本人だけ、降伏をよしとしなかったのか、
降伏というやり方を「美しくない」と思わせられていたのか、
そう思わせたのはなにだったのか、考えていみる必要はありそうだね。

311 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:39:09 ID:IxXAslsP0
>>305
つか、お前、どこの国の人間だよ?

312 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:39:11 ID:ILzsDRz40
>>295
根拠のない50パーセントという数字を元に砂上の楼閣を打ち立てたお前が一番馬鹿なんだが?

要するに>>289はそれをあてこすってるわけw
イヤミを言ってるわけw

本物の馬鹿はイヤミを言われても判らないんだなw
そもそも理解する脳がないからwwwwwww

これじゃせっかくイヤミを言っても張り合いがないw

313 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:39:17 ID:x29y6gZVO
>>292
はぁ、でそれが起こる「確率」は?

314 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:39:24 ID:+qajb/Ob0
軍は住民を守らない、
では軍がいなければどうなったか。こうなる・・。

満州から引き上げてくる無防備な日本開拓団の人々に対し、ロシア兵も八路軍(中国共産党軍)も朝鮮八路軍も
暴虐の限りを尽くしている。後からやって来た国民党の正規軍も格好は良かったが、賄賂や婦女暴行は日常茶飯事だったという。

筆者の親戚に何度か捕らえられたが脱走し、最後には親切な中国人にかくまわれて奇跡的に一命を取り留めた人がおり、
詳しい手記を残している。

 日本女性を連れ去って強姦する、それから中国残留孤児には「父親とはぐれ」と言うのが良くあるが、これははぐれたのではない。
父親は連行されて虐殺されたのである。

 この親戚は、中国共産党軍が、開拓団の団長や日本の官吏であった人々を、川原に引き出して銃で撃った上、
銃剣で蜂の巣のように突き刺したり、首だけ出して生き埋めにしておいて、死ぬまで軍靴で顔面を蹴り、
なぶり殺しにする所をその目で見たと書いている(原文には犠牲者の名前も書いてある)。






315 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:39:46 ID:eCBTMGntO
だから
結局…日本陸軍が糞なヤツが多かった訳だ

海軍は国家防衛の使命感があった感じだ

陸軍も同じなんだろうが
キチガイが多かったのは陸軍のアホ

316 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:40:12 ID:jDyIYGA70
もし、アメリカが今、戦争に負けたら、

普通のことも全部、悪の行動として全部否定されるんだろうな。

リーダーシップという言葉とか。

戦争に負けて、隣に韓国、中国のような侵略者がいると、怖いな。

まあ、アメリカが負けることはないとおもうけど。

317 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:40:26 ID:eXmh2OJ90
というか、いざとなったら末端の住民守らないのは当然だろ?
一般倫理にとらわれて軍が負ける事態になったら、助かる別の住民も死んだり強姦されたりするんだから。
戦争している現場において一般倫理持ち出して綺麗事並べてもなんの解決にもならないだろ

318 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:41:02 ID:VvdppGx80

まぁ、いつもの如く、ウヨサヨの誹り合いスレになったなw

319 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:41:08 ID:vCMLcll90
>>262
>民主主義国家において、本来、国と国民は一致するはずなんだけどね。
民主主義国の政府が国内においても
国民から排除された集団、人種に暴力的であった史実があるわけだが。
先住民、黒人、ets

320 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:41:18 ID:gQuJ3ooE0
勝手に死んだんだから別に政府や軍のせいではないと思うけど。

321 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:41:27 ID:+qajb/Ob0
無防備都市宣言などするバカに読ませたい。


>ソ連軍は強姦部隊(満州編)】

ソ連共産党軍は強姦して裸にした日本女性を機関車の先頭に縛り付けて満州に
侵攻して来た。
http://members.tripod.co.jp/dotabatanikki/dom010809x.html

ソ連共産党軍がベルリンを制圧した時のスターリンの兵士への呼びかけ。
「ドイツ人の夫達が東部戦線にいる今、おまえたちは人種的優越性にひたる
ドイツ女に充分陵辱を加えよ。焼き、殺し、犯すのだ!」
さすが、強姦・虐殺・リンチ・殺人集団 = 共産党 。

ソ連軍は満州で日本の女を見つけると、白昼でもレイプしていて、現場を宝田明
も目撃している。日本女性は男に変装し髪を切り逃走をしようとしたが、列車でも
止まるたびにソ連兵が日本女性を捜しに現れ、男女見分けがつかない場合、胸を
つかみ、女とわかるとひきずり降ろし、数名の兵士が輪姦した。
樺太では夜間になるとソ連兵が家に押し込み、銃でおどしながら、夫、兄弟の
目の前で強姦が多発した。

そのため外地からの引揚者は博多港から上陸する例が多く、九州大学の医師が
中心となった 医師団が希望する女性を診察し妊娠していたら中絶手術を行っていた。




322 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:41:35 ID:x29y6gZVO
>>302
その方法だと魚がけっこう捕れるらしいな
ドニエプル川でも似たような事をドイツ軍がやってたし

323 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:41:45 ID:nE/8JvP+0
沖縄の基地指令が最後に本国へと送った「沖縄県民斯ク戦ヘリ」なんかを見て思うことは、
少なくとも住民悉くを殺そうという軍の意志はなかったのではということ。

もう十分過ぎるくらい尽くしてくれて、今は衣食に事欠きながら軍の邪魔にならない防空壕でじっとしている、と。
そして、流布していた情報として米軍の残虐さが強調されていて自決する人が多かったということ。

この米軍に関する情報を流したのが軍だという主張に対し、それが真実であるかどうか調べることが、
この問題の根本にある暗い部分に光を当てることになると感じた。デマというのは自然発生的に広がる。
口裂け女は、誰かが意図して広めたものではない。
鬼畜米軍関係の情報は、軍の情報担当が広めたことなのか気になるね。

日露戦争の講和の時、その処理に不満のある国民やマスコミが騒いだ。もっとやれ。もっと分捕れ。腰抜けめ。
当時の日本帝国の国民というのは、今の物差しでははかれない。
過去の事件について、今の物差しを使うのか、当時の物差しを使うのか。
物差しを当てる対象は軍だけか、国民も含めるのか。

左右関係なく、物事を見る視野というのは、何事も広い方がいい。

324 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 18:41:59 ID:wQK4yhNl0
>>315
陸軍は勝つところは勝ってる。
海軍は勝つところでボロ負けしている。

325 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:42:28 ID:jDyIYGA70
>>307

うわwww在日韓国人のネットウヨレッテルきめええwwwwwwwwしね

326 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:42:37 ID:lTQNkss60
戦争に勝った方は反省なんかしない

327 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:43:21 ID:mI0/botiO
>>309
地上戦は沖縄だけじゃないけどな〜

328 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:43:34 ID:+qajb/Ob0
日本軍がいないと、住民はこういう目にあうんだよ。

>ソ連軍は強姦部隊(北鮮引き揚げ編)】

日本の連合軍への降伏により、日本軍は38度線を境に、南鮮はアメリカ軍、北鮮は
ソ連軍へ降伏するように指令された。南鮮の日本人は終戦の年の暮れまでにほとんど
すべて引き揚げたが、北鮮では約31〜2万の日本人がそのまま残っていた。

もともと北鮮に住んでいた27〜8万と、満州から戦火をさけて逃げてきた4万人で
ある。北鮮にはいってきたソ連共産党軍は、満州におけると同様、略奪、放火、殺人、暴行、
強姦をほしいままにし、在留日本人は一瞬にして奈落の底に投じられることになった。

白昼、妻は夫の前で犯され、泣き叫ぶセーラー服の女学生はソ連軍のトラックで集団的
にら致された。反抗したもの、暴行を阻止しようとしたものは容赦なく射殺された。

「韓国・朝鮮と日本人」若槻泰雄(原書房)
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/rekisi1.htm#hikiage


329 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:43:35 ID:hysPePSU0
>>304
で、ジュネーブ条約は無視かね?w

>>312
無能といわれてカチンときたようですね
それなら謝ります

一言いいかな?
米軍に殺害された民間人がいたという事実だけで
全てを語るのは、1部の状況で南京大虐殺説を唱える
学者と同レベルと自覚したまえw

>>317
それはジュネーブ条約違反だな

330 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:43:50 ID:cAlABHZB0
つうか、沖縄に配属された日本軍の兵士の死亡率とかってどっかで見れる?

住民を守らないと言うなら、死亡率は軍人<民間人となると思うんだが

331 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:43:54 ID:0WCAbwLd0
>>318
しょうがねぇわ。こういうの大昔からあるが、近代史は
脳内理想現実無視の幸せ理論と現実みろの罵り合い。

何年経ってもかわりません。特に今は春休みだしw

332 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:43:54 ID:xdQH4Mu70
負け戦じゃ守りようにも守れないわな

要は「負けない戦争」をするこった

333 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:44:28 ID:6l35LGCV0
後からなら何とでも言える
親切で行った事がこんな形で非難されるとは悲しいな

334 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:44:50 ID:gfpKQ+sl0
>>16
積極に守ったというわけではないが、戦闘に巻き込まない様にという
配慮が、南京攻略時に行われましたね。

335 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:45:29 ID:x29y6gZVO
>>308
19年頃には船が足りてないと思ってた

ちょっと逝ってきます

336 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:45:35 ID:XbPISHYDO
戦争に勝った方も、敗けた方も反省なんかしない

337 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:45:35 ID:+qajb/Ob0
>>329
東京大空襲、大阪大空襲、広島・長崎への原爆投下は、

61年前でも、国際法違反の、軍が計画し実行した、無差別大量虐殺だ。

ID:hysPePSU0

ジュネーブ条約?

バカかw



338 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:45:47 ID:hysPePSU0
>>333
>親切で行った事
米軍に投降したら死ぬ確率は100%未満というのに、
自決を手助けにより死ぬ確率を100%にする意味を教えて下さい

339 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:45:50 ID:TwoS89GB0
>>333
触らぬ仏に祟り無し。
ありがた迷惑だよ。

340 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:46:05 ID:v588IofA0
戦前と今の価値観とぜんぜん違うからな。
今は人権だの人命だのが何より最優先だが、当時は名誉でしょ。
国のために死ぬことは名誉だし
生き恥を晒して敵になぶりものにされるなら自決する潔さもまた名誉。
現在の価値観で過去を断じてはならない。

341 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:46:34 ID:VRgmFvxL0
>>331
全く同感。この辺で一度落ちるか。

「そんな風にして世界は今日も回り続けてる〜」

342 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:46:44 ID:ILzsDRz40
>>329
> 一言いいかな?
> 米軍に殺害された民間人がいたという事実だけで
> 全てを語るのは、1部の状況で南京大虐殺説を唱える
> 学者と同レベルと自覚したまえw

そうじゃなくて、連合軍は占領地の日本人を皆殺しにするのが普通だったんだよ。
それが普通の対応だったの。
「一部の例外」とか「稀な行為」じゃない。
傷病兵も民間人も全部殺すのが普通だったの。

ジュネーブ条約なんか連合軍は守らなかったし。
それが何かの規範になると思ってるお前の馬鹿さが信じらんないw

343 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:47:06 ID:fOuOeb7L0

今の沖縄人は基地が嫌だと喚くくせにそこからは離れようともしない。
奴らの行動パターンは恐らく昔から変わっていないと思うね。

344 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:47:24 ID:C4SCcfioO
>>41
逆の結果になった話は本か何かできいたことある。
住民と日本兵が豪に潜んでて米兵が近くまで迫ってきた時
豪の中にいた乳児が泣き出した。
日本兵に黙らせろと言われた母親は乳児の顔を胸に押し付けて声を出させないようにしたら乳児は窒息死してしまう。
子供を死なせてしまったことで母親は発狂して乳児を抱いて豪の外へ出て行った―

そのあと米兵に撃たれて死んだか何処かへ行ってしまったかどっちかだったとは思うんだけどよく覚えてない

345 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:47:34 ID:yzQzFKTW0
>>1
>米軍上陸前から、日本軍は、住民に対して「女性は強姦され、男は戦車でひき殺される」
というデマを流し、捕虜になる恐怖をたたき込み、厳重に保管していた手りゅう弾を
「いざとなったら死ぬように」と配った。


以前、本で読んだけど、アメリカは捕まえた日本人にいろいろ酷い事をしてたらしいぞ。
ある米兵は、重症で倒れてる日本兵たちの頬を、ナイフで切り裂いて、金歯を探して歩いたとかさ。
で、金歯が見つかると、まだ息のある日本兵の口から、ほじくり出すんだって。

あと捕まえた日本兵を並ばせて、英語で話しかけて、話せるやつだけ生かして、あとは殺しちゃうとかいろいろ。

「人種偏見」という外人が書いた本とか、リンドバーグの本とか、いろいろ書いてある。
でも、シナの方面ではもっとすごかったらしいな。

346 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:47:48 ID:vCMLcll90
地上戦が展開された地

日本領>硫黄島
当時の日本領>樺太、千島
準日本領>サイパン


347 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:47:52 ID:hysPePSU0
>>337
>61年前でも、国際法違反の、軍が計画し実行した、無差別大量虐殺だ。

確かにそうだな

で、それがどうかしたのかね ?


>>340
>今は人権だの人命だのが何より最優先だが、当時は名誉でしょ。
ジュネーブ条約は当時からあったわけだがね

>>342
だからそれだと米軍に保護された民間人はゼロじゃないといけない
ことになるんだがいいのかね?

348 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:47:54 ID:+qajb/Ob0
>>338
>手榴弾を渡した=死ぬ確立が100パーセントになったw

はあああああああ???

その手榴弾を使うか使わないかの決断を下したのは軍か?
違うだろw

349 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:48:19 ID:0VPPp7NQO
>>283
50%の証明になってないよ。

>つまり沖縄県民などなんとも思ってなかったんだよ日本軍は
ふーんソースは?
何とも思って無いなら貴重な燃料を使って疎開用の船を用意するはずないし
もっと非道な作戦もとれるよ。


350 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:48:28 ID:TwoS89GB0
>>340
その価値観を吹き込んだ国の責任は大きいよな。

351 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:48:41 ID:jDyIYGA70
>>343

それって、在日韓国工作新聞が言ってるんじゃね?

ちゃんと中国や韓国がどういう国かって情報をしれば、情報にうとい人でも
わかるでしょ。
情報がないんだよ。・・・・2chで広がってると思うけど。

352 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:48:47 ID:ILzsDRz40
>>338
はぁ?何べん同じことを言われたら判るんだよ?馬鹿???

ひどいやり方で虐殺されるより一瞬で死んだ方が楽だからだって何度も何度も言われただろ?

たったこれだけのことも理解できないほど馬鹿なのか???
信じらんないwwwwwww

もはや知的障害者のレベルに突入してるなwwww

353 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:49:07 ID:a9WHHZQr0
>>295
50%生き残るならそっち選択すべきだって言い出したのはお前だろ。

>>329
>で、ジュネーブ条約は無視かね?w
米軍も無視してただろ。

>米軍に殺害された民間人がいたという事実だけで (略
生き残った民間人が幾らか居たという事実だけで(略

354 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:49:14 ID:AenUuwqyO
>>333
大本営発表だって「嘘も方便」といったつもりだったのかもしれない
善意だったとか、親切でやったとかは、ことの善悪と別けて考えるべきだよ

355 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:49:26 ID:85TQSUll0
実際問題、韓国には戦後に侵略されて竹島奪われた挙句国民拉致+虐殺されてるしねぇ。
んでさらに莫大な身代金支払わされてるわけだし。
日本は我慢しすぎ。

356 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:49:29 ID:XbPISHYDO
さっさと降伏してりゃよかったんじゃねえの?
沖縄戦の前にもう負けるってわかってんだし

357 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:49:47 ID:DZwSQ5fy0
>>342
それロシアだろ。
アメリカはそこまで極端じゃなかったと思うが。

358 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:49:50 ID:2fGDY30w0
>>340
>>340
でもそれはわりと当時の日本独特なのでは?
当時でも、他の国ではもちろん捕虜は不名誉ではあるけど、
命と引き換えにした場合、命の方を優先した。
なぜ日本だけそんな特殊な美学が一般市民まで浸透していたのか、
浸透させたのは何だったか、考えるのもいいね。

359 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:50:13 ID:7QDHKf5f0
>>356
中途半端な降伏が何を意味するか分からない現代日本人。

360 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:50:26 ID:+qajb/Ob0
>>347
そんなことをする国の兵士が、

沖縄の住人に関しては、
ジュネーブ条約をきっちりと守ると信じている根拠って何?

361 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:50:34 ID:xdQH4Mu70
実際、米軍は日本軍の捕虜を生きたまま戦車で轢き潰したり、輸送機から落として
楽しんでいた

米軍に捕まったら殺される、と思うのも無理はない

後世の目で過去を振り返るとき、当時の状況を忘れてはならない


362 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 18:50:43 ID:wQK4yhNl0
>>330
沖縄守備隊が12万で戦死者が約9万。
沖縄戦では沖縄県民の30%が死んだと言うから、死亡率なら日本軍が上。

363 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:51:15 ID:hysPePSU0
>>352
>>329に答えてからにしていただけますか?

>>349
>疎開用の船を用意するはずない

民間人は戦闘の邪魔だと認めておられるようですね

君は自爆したなw

364 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:51:15 ID:cqeELb470
この件では住民の証言という何より重い証拠があるのに否定する神経が分からない
アベの差し金か

365 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:52:04 ID:VFDX5yik0
>342
皆殺しと言い切るのはどうかと思うが、沖縄では投降呼びかけて返事したら火炎放射器で焼いたなんて事もあった。
その状態で投降すれば身の安全は保障されるとか思うのは厳しいと思うぞ。

366 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:52:10 ID:ILzsDRz40
>>347
> >>342
> だからそれだと米軍に保護された民間人はゼロじゃないといけない
> ことになるんだがいいのかね?

そりゃごく一部には保護された奴もいるだろうよ。
そんな例外的な幸運を当てにしろってのか?

「普通は虐殺される」となれば「米軍は民間人を全て殺す」という認識にしか至らないだろ、普通w

367 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:52:41 ID:vCMLcll90
当時のアメリカ軍がイラクのアメリカ軍より紳士的で規律が高いとは絶対思えない。

368 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:52:42 ID:80DRnkYK0
・・・・・・・・・・・・・リンドバーグ日記の抜粋・・・・・・・・・・

*各地の太平洋戦線で日本人捕虜の数が欧州戦線に比し異常に少ないのは捕虜にしたければいくらでも捕虜に
出来るが、米兵が捕虜を取りたがらないから。手を上げて投降してきても皆殺しにするから。

*あるところでは2000人ほど捕虜にしたが本部に引きたてられたのはたった100か200だった。残り
の連中にはちょっとした出来事があった。それを知った戦友は投降したがらないだろう。

*捕虜を取らないことを自慢する部隊がいる。

*将校連は尋問の為捕虜を欲しがる。捕虜1名に付きシドニーへの2週間の休暇を出すとお触れが出た途端に
持て余すほどの捕虜が手に入る。懸賞を取り消すと一人も手に入らなくなり、つかまらなかったと嘯くだけ。

*一旦捕虜にしても英語が分かる者は尋問のため連行され、出来ない者は捕虜にされなかった、即ち殺された。

*捕虜を飛行機で運ぶ途中機上から山中に突き落とし、ジャップは途中でハラキリをやっちまったと報告。あ
る日本軍の野戦病院をある部隊が通過したら生存者は一人もいなかった。

*2年以上実戦に参加した経験がない兵が帰国前にせめて一人くらい日本兵を殺したいと希望し、偵察任務に
誘われたが撃つべき日本兵を見つけられず捕虜一人だけ得た。
捕虜は殺せないと嫌がるくだんの兵の面前で軍曹がナイフで首を切り裂く手本を示した。

*爆弾で出来た穴の中に皆四肢バラバラの状態の日本兵の死体を投げ込みその後でトラック1台分の残飯や廃
物を投げ込む。

*捕虜にしたがらない理由は殺す楽しみもさる事ながらお土産を取る目的。

米軍の残虐行為:リンドバーグの衝撃証言
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~ttakayam/beigunzangyaku.htm


369 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 18:52:48 ID:wQK4yhNl0
>>335
19年頃から輸送船の被害が激増してきた。
沖縄は南方戦線の補給線上にあったから、内地に向かう分には
船腹に余裕はあった。

370 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:52:53 ID:4BLPmYv60
>>283
そうやって沖縄人に憎悪を植え付けて行ったワケだ。
やっぱサヨクって最低だな。


371 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:53:11 ID:mSnT6ofOO
>>314
そもそも開拓軍が大陸に渡ってないだろw

372 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:53:21 ID:a9WHHZQr0
>>363
民間人なんかどう考えても戦闘の邪魔だろ。
何を訳の判らん事言ってるんだ?

373 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:53:23 ID:mI0/botiO
大切なのは当事者がどう感じたかだろう。
・本土焼け野原
・女子供も殺害されてる・なんか炎射機撃ってくる
・仲間も大量に殺害されてる。
・そういうえば、日中戦争で日本軍はひどい目にあったらしい

これで、躊躇せず投降しろって方が無理だな。
投降は一種の賭け。

374 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:53:29 ID:zq9BcJ7b0
>309
ソ連の脅威のおかげだなw
>310
日本は有色人種の国で、当時は有色人差別は普通だった。


375 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:53:32 ID:ZKdl88tU0
捕虜がどう扱われるかなんて占領されてみなけりゃわからないだろ。
大陸にいた日本人民間人はこれ以上ないというほど酷い残酷な方法で虐殺されたわけで
アメリカが同じような虐殺をしないという根拠などない。
どころか、今から振り返っても、アメリカは人類史上まれに見るほどの残虐性を
発揮して日本人民間人を虐殺しまくったわけで、どんな理屈をこねれば
戦わず占領された方が住民にとって安全などという考えに行き着くのか理解できない。

376 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:53:40 ID:+qajb/Ob0
>>363
アメリカ兵がジュネーブ条約を100パーセント守ったというソースでもあるわけ?

戦後でもいいが、
民間人をなぶり殺しにした・強姦した米兵が罪に問われた例があるか?

ましてや戦闘下においておや。



377 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:53:44 ID:boXf0UeoO
ぶっちゃけ遺族が死ぬまで適当にやっとけ

378 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:53:58 ID:TwoS89GB0
日本人って当時降伏するように見せかけて
手榴弾投げてきたりとかしたんでしょ?
教育がなって無さ杉だよ。
宣戦布告もしてないし戦争のルールぐらい分かれよぉ。

379 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:54:03 ID:Aah1+JnI0

4月1日と間違えて「殺人予告」をしてしまった馬鹿が・・・

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1174520479/

ID:Fi7U4zcc



380 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:54:03 ID:imImxKW70
>>350
国により壮大なマインドコントロールの責任は誰が取る?


381 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:54:13 ID:ILzsDRz40
>>363
>>329の何に答えろってんだよ?


382 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:54:22 ID:dpXJPRH80
軍隊は民間人を守らないっていうなら、
自分が軍隊に入ればいいんじゃ?

383 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:55:09 ID:IxXAslsP0
>>358
戦争当時にアメリカに移民していた日本人とドイツ人では待遇が全然違うんだよな。
それにアメリカ軍は民間人しかいない都市も爆撃してたし捕虜になった日本兵の待遇も悪かった。
酷い部隊になると捕虜を全く取らかった。有色人種と白人は同等ではなかったんだよ。

384 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:55:14 ID:kAa74v7q0
>>364
証言=証拠と言うのなら、↓も認めろよw

渡嘉敷島集団自決、軍命令を否定する証言 元琉球政府の照屋昇雄さん
ttp://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0608/web-news0827-1.html

この記事の内容、個人的には信じたいが、証明されない限りは「そう言う事もあるったのかもしれない」って認識止まりだな。
証言は証拠じゃないからな。

385 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:55:18 ID:zgxSeoC60
>>382
その発想はなかったわ


386 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:55:36 ID:PSYhrxSl0
オレが、手榴弾を持ち、北朝鮮軍に囲まれたら・・・想像しただけで吐きそう
幼子を連れた母親なら・・・

387 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:55:44 ID:gQuJ3ooE0
守りたいけど守れなかったんだろう。
日本海軍の最後の砦だった大和を差し向けたけど
撃沈されたからな。

388 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:55:45 ID:+qajb/Ob0
>>378
助けると見せかけて火炎放射器で焼き殺した米兵もたくさんいるねw


389 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:56:15 ID:fOuOeb7L0
>>363
戦闘地域の民間人はその場所の国が責任をもって退避させるのがルールだ。

390 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:56:32 ID:JewVLq9y0
証言は嘘でしたってカミングアウトしたじいさんがでてきたよな?

391 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:56:42 ID:hysPePSU0
そろそろ、エグザスにでかける時間になったので落ちますね

ちなみに本日のメニューはこれです

柔軟 15分
ランニング時速8.5km/h 25分
ジムトレーニング 30分
スイミング 2ビートで60分
風呂   半身浴を中心に20分
(以前はサウナ8分+冷水浴2分を3セットやってましたが、この掲示板で
それじゃ心臓に負担をかけるぞという親切なアドバイスがあったので
それに従い変更しました)

では皆さんも有意義な週末をお過ごしください

392 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:57:07 ID:DZwSQ5fy0
ちなみに自決自決っても当時は様々な状況や思惑が錯綜していた。
表層から短絡的に判断するのはチョンや半島のすることだぞ。

http://blog.zaq.ne.jp/osjes/
長文読むのがメドイなら↓
http://www.nomusan.com/~essay/essay_31_tokasikijima.html

>>「軍命令による自決なら遺族が遺族年金を受け取れると島の長老に説得され、偽証をした」


393 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:57:25 ID:IxXAslsP0
>>385
お前、祖国の徴兵はスルーか?

394 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:57:34 ID:2/RZOIr10
軍隊に頼らず外国の軍隊に対して自分の身は自分で守れというわけか

395 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:57:54 ID:XbPISHYDO
>>359
沖縄戦までにもう敗戦フラグ立ってるじゃん

396 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:58:12 ID:vc8XbtXL0
軍による強制はなかったが
天皇の名による強要はあった。

たぶん安部首相の意図はこれ。


397 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:58:19 ID:pedhLDw+0
また沖縄か

398 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:58:28 ID:ZKdl88tU0
>>378
朝鮮人がレイプ大好き民族なのは知ってる

399 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:58:32 ID:+qajb/Ob0
>>391
変わった“勝利宣言”だな。

ピザデブw


400 :363<309,,,335:2007/03/31(土) 18:58:36 ID:tOCYiwOT0
西山陣地に潜った日本皇軍大尉は、住民の所有する食料の五〇パーセントを強制供出を命じ、違反者は厳罰に処した。
そして、伊江島出身の女性五名と男子一名が、米軍の命令によって降伏勧告状を届けに赴いたところ、
売国奴と罵られて一人一人自らの穴を掘らされ、後手に縛されて斬首された。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/nankin01.htm
沖縄における日本皇軍の横暴は末端の兵隊だけのものではなかった。
 将校の中には「中国大陸や南方の占領地とでも錯覚したのか、軍政をしくなどと、
とんでもない放言をする」者もいた(浦崎純『消えた沖縄県』四五頁)。
 
また皇軍将校たちが那覇の「辻遊郭で日夜飲み騒ぐのを見せつけられた住民は……
この郷土沖縄がまるで外地同様植民地であって、あたかも外国軍隊が駐留しているのではないかと
の錯覚さえ感じ」た者もいた(『沖縄作戦における沖縄島民の行動に関する史実資料』24頁)。
 また日本軍の将校は、監督した沖縄地域の有力者に対して、女学生などの若い女性を
自分の愛人にするために差し出すよう要求し、実際に多くの女性が皇軍将校専属の
慰安婦にされた(藤原編著前掲書、二二頁、川名紀美『女も戦争を担った』二一三頁)。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html

401 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:58:55 ID:tN8GoKG50
>>1
>「軍隊は住民を守らない」という教訓

守らない以前に兵力不足だったの。

402 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:59:07 ID:qumX/a4y0
>>363
対馬丸のことを知らないのか・・・?

403 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:59:36 ID:QS2YxT/q0
おーい、こら。オキナワ人こら。なんか書けや。糞こら。
死ーね。なー?

404 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:59:46 ID:VFDX5yik0
>395
その降伏の条件で戦争してたんだよ。

405 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 18:59:56 ID:mJpO85g1O
>382
自分が軍隊にはいったら自分の家族が見殺し確定(・∀・)b プラス確変

406 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:00:15 ID:DZwSQ5fy0
>>1
守ったがゆえの集団自決もあった。
それが>>392


407 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:00:35 ID:9m1HqGDc0
集団自決が国の命令じゃなかったと、
ついこの前、元証言者が懺悔と共に暴露したばかりなのに、
なんでまた捏造記事を書くんだ?

集団自決をした事実は変わらないのだから、何の問題もないだろうに。

408 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:01:28 ID:0VPPp7NQO
>>363
>50%の証明になってないよ。
>ふーんソースは?
>もっと非道な作戦もとれるよ。
なんでこれには触れないの?
俺が旧軍の偉いさんで沖縄県民の事何とも思って無かったら
女子供に爆弾持たせて投降させ自爆させたりするぞ。


409 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:01:29 ID:6l35LGCV0
とりあえず国内の話を
朝鮮人にとやかく言われたくない

410 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:01:33 ID:l4XCapm+0
TVは見てないんだけど、
フジテレビも日テレもNHKも
この事は批判的に伝えてたの??



411 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:01:53 ID:9wFmUBpU0
本気で聞きたいんだけど日本を沖縄を分断しようとしている工作員って本当に存在するの?
単なる妄想?

412 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:01:53 ID:+qajb/Ob0
>>400
悪魔の飽食がソースになってるよww

あっw 

このサイト、共産党だwwwwwwwwww


無差別大量虐殺を繰り返したのは共産主義者だろw

レーニンしかり、毛沢東しかり、ポルポトしかり。




413 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:01:53 ID:ag+f9RsS0
民間人がキレてたら、軍人が渡した手榴弾を投げつけられてた惧れもあるんだろ?
信頼関係はあったんじゃないか?

414 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:02:03 ID:U2isGido0
優しいアメリカ兵が日本に投降するよう求めてる映像は昔よくみたな。
本当は残虐極まりないくせに。
戦後の事まで考えてこういう映像をつくっていたのかもな。

415 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:02:05 ID:vCMLcll90
>>395
講和を誘えば応じたであろう日本に対して無条件降伏まで迫ったアメリカ
の責任は?
日本も支那やフィンランドと同じだったというだけ。愚かというにはあたらない。

416 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:02:11 ID:TwoS89GB0
>>410
はマルチ

417 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:02:14 ID:7QDHKf5f0
>>403
と、在日が騒いでおります。

418 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:02:14 ID:K6/tU9VT0
■渡嘉敷島の集団自決「自決用に手榴弾を住民に渡したというのもウソ」
元琉球政府の照屋昇雄さん
http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0608/web-news0827-2.html

「民間人から召集して作った防衛隊の隊員には手榴(しゅりゅう)弾が渡されており、隊員が家族のところに逃げ、そこで爆発させた。
隊長が(自決用の手榴弾を住民に)渡したというのもうそ。座間味島で先に集団自決があったが、それを聞いた島民は混乱していた。沖縄
には、一門で同じ墓に入ろう、どうせ死ぬのなら、家族みんなで死のうという考えがあった。さらに、軍国主義のうちてしやまん、1人殺
して死のう、という雰囲気があるなか、隣の島で住民全員が自決したといううわさが流れ、どうしようかというとき、自決しようという声
が上がり、みんなが自決していった」

■渡嘉敷島集団自決、軍命令を否定する証言 元琉球政府の照屋昇雄さん
http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0608/web-news0827-1.html

419 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 19:03:00 ID:wQK4yhNl0
コピペにレスするのは嫌だが。

>>400
弾薬の備蓄は少ないくらいで、食料は普通に有りましたよ。
沖縄戦に向けて軍が物資を備蓄していたし、沖縄でも食料が生産できるに
なんで軍が民間から徴発するの?
てか、軍が平気で軍紀違反するのが当然なわけ?

420 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:03:48 ID:bJb9JqZc0
沖縄戦が
米軍による大虐殺よりも
日本軍による虐殺の話になるから
凄い

普通に考えれば
誰がやらせてるのか一目瞭然だろ

421 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:03:57 ID:80DRnkYK0
>>400
後半がスゲエな。

つーか、そのURL見ただけでお里が知れるんだがww

422 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:04:00 ID:qumX/a4y0
学童の為の疎開船を出しても、米軍に魚雷で撃たれて沈められちゃった。
そこに乗ってた子供たちは、靖国神社に祀られてます・・・。

423 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:04:01 ID:hdSOlKVF0
当時は民主国家を名乗る連合軍の一員ですらこういうのがデフォだった国もある
日本人が捕虜になったらどんな目にあわされるかわかるだろう?

・捕虜を取らないことを自慢する部隊がいる。
・将校連は尋問の為捕虜を欲しがる。捕虜1名に付きシドニーへの2週間の休暇を出す
とお触れが出た途端に持て余すほどの捕虜が手に入る。懸賞を取り消すと一人も手に入ら
なくなり、つかまらなかったと嘯くだけ。
・一旦捕虜にしても英語が分かる者は尋問のため連行され、出来ない者は捕虜にされなかった、
即ち殺された。
・捕虜を飛行機で運ぶ途中機上から山中に突き落とし、ジャップは途中でハラキリをやっち
まったと報告。ある日本軍の野戦病院をある部隊が通過したら生存者は一人もいなかった。
・2年以上実戦に参加した経験がない兵が帰国前にせめて一人くらい日本兵を殺したいと
希望し、偵察任務に誘われたが撃つべき日本兵を見つけられず捕虜一人だけ得た。
捕虜は殺せないと嫌がるくだんの兵の面前で軍曹がナイフで首を切り裂く手本を示した。
・爆弾で出来た穴の中に皆四肢バラバラの状態の日本兵の死体を投げ込みその後でトラック
1台分の残飯や廃物を投げ込む。
・捕虜にしたがらない理由は殺す楽しみもさる事ながらお土産を取る目的。
金歯、軍刀はもとより、大腿骨を持ち帰りそれでペン・ホルダーとかペーパーナイフを造る、
耳や鼻を切り取り面白半分に見せびらかすか乾燥させて持ちかえる、中には頭蓋骨まで持ち
かえる者もいる。
・日本人を動物以下に取扱いそれが大目に見られている。我々は文明のために戦っている
のだと主張しているが、太平洋戦線を見れば見るほど、文明人を主張せねばならない理由が
なくなるように思える。事実この点に関する成績が日本人のそれより遥かに高いという確信は
持てないのだ。
http://blg.asunonippon.net/?eid=233679#comments
Posted by リンドバーグの衝撃証言 at 2007年01月10日 13:39

424 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:04:46 ID:ZKdl88tU0
支那共産党の工作は熾烈だから、日本軍が悪いという宣伝をし続けていて、それに騙されている日本人が多いこと多いこと

425 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:04:54 ID:zgxSeoC60
>>393
一生懸命だなw

おまえは竹やり訓練など無かったといってるんだからw
ttp://www.memory-of-showa.jp/result/shisei/item/00066/

多分このおばあさんもぼけておかしくなってるとかいうんだろw


426 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:04:58 ID:mI0/botiO
>>391
ちょ…
エグザスだったのかよw
懐かしいんだけど ww
まだいきてたのか?祖国に帰ったのかと思ってたw

427 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:05:44 ID:7QDHKf5f0
>>395
そもそもカイロ宣言の時点で、日清戦争以降日本人が自らの血で勝ち取った権益の
全てを放棄しろなんて言ってる時点で、アメリカが日本と戦争したがっていたのは明白。
こんな要求は当事の近代国間ではまず有り得ない。

428 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:05:58 ID:jDyIYGA70
敵は在日韓国人と中国人だよな。

429 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:06:01 ID:XbPISHYDO
>>404
降伏条件も何も、実質無条件降伏したじゃん

430 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:06:02 ID:wBTeLfhd0
保護が適わない民間人に投降を呼びかけず軍が自決へ誘導してるのは
間違いないわけで当時の時代背景と共にその表記はいるだろ。
それからマスコミはこの問題に触れるなら己の責任についても語れ。
何でも軍の責任にすれば免罪されると思ったら大間違いだ。

431 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:06:04 ID:vCMLcll90
アメリカによる地上戦展開、無条件降伏の要求に対して疑問を持つ人はあまり居ない。

432 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:06:24 ID:V7oiWeGO0
>>423
繰り返しコピペされるその証言の信憑性の裏づけとなるソースはあるのかい?


433 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:06:51 ID:+qajb/Ob0
>>432
リンドバーグに聞いてみれば?

434 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:07:14 ID:TwoS89GB0
始める前に死亡フラグたってたじゃん。
始めたやつが馬鹿なんだよ。

435 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:07:14 ID:2EfpYYGC0
塹壕見つけるたびに手榴弾放り込んで
出てきたところで火炎放射器で焼き殺してる映像
ドイツ版映像の世紀みたいなので見た気がする。


436 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:07:42 ID:9Y+0yeRL0
なんか攻防戦が展開されてるなw

437 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:07:53 ID:bJb9JqZc0
広島・長崎と立て続けに2発も市街地の中心部に原爆投下したのが米軍だぞ
その米軍が沖縄住民に優しかったはずがねーだろ
皆殺しバリバリの虐殺ショーだろーが

その米軍虐殺ショーを隠すための話が日本軍による住民殺害事件

普通に考えれば分かるだろうが
新聞もいつまで下らないことやるつもりだ?

438 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:08:14 ID:hysPePSU0
>>426
覚えていてくれたとはうれしいね

では失礼しますw

439 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:08:31 ID:V7oiWeGO0
>>433
本人以外の裏付けがないのなら、信憑性はゼロだな。


440 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:08:39 ID:VReY565c0
>>425
最後まで読んじゃったよ。
どこに竹やりでB29と戦うように言われたって書いてあるんだ?

441 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:08:58 ID:4BLPmYv60
>>410
ウェイクアップでは文科省が根拠を示さず削除と言ってた。
そりゃ役所が根拠を出さないと擁護の仕様がないし叩かれる罠。
安倍内閣はアホ馬鹿まぬけだな。
何がしたいのやらさっぱり分からん。

442 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:09:08 ID:VFDX5yik0
>429
軍の無条件降伏と国の無条件降伏は違う。
少し勉強したら?

443 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:09:10 ID:qumX/a4y0
>>427
国連で席を立って帰ってくるのもアリエナス。
議会方針の外交交渉ぐらいちゃんとヤレよ、松岡のバカ。
権益の危機よりも軍事的危機のほうがヤバスにきまっとるがな。
輸入に頼ってる国だってことわすれて、海洋国家であることも忘れて
ドイツにいいように吸い寄せられやがって。

444 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:09:10 ID:IxXAslsP0
>>425
だからどこがB-29撃墜の竹やり訓練なんだよ。
お前はバケツリレーも戦車攻撃訓練にしそうだな。

445 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:09:15 ID:jDyIYGA70
現在の敵は在日韓国人と中国人なのはわかりきってるが。

誰かが言わないといけないので、私が言っておく。

446 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:09:26 ID:ILzsDRz40
>>432
つーか二次大戦当時の米軍が有色人種をまともに取り扱うはずがないじゃんw
それよりはるかに時代が下って文明化されたはずのベトナム戦当時ですらあれほど野蛮だったのにw

ちょっと考えれば判りそうなもんだが???

447 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:09:32 ID:ZKdl88tU0
日本軍が悪いということで得をするのは誰かということ
支那やアメリカ、連合国は日本での軍隊の立場が弱まることは支配するのに好都合

448 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 19:09:51 ID:wQK4yhNl0
>>432
日本軍と激戦を繰り広げた海兵隊は、捕虜をあまり取らなかったというのは
よく聞いた話だけどな。
海兵隊から交代した陸軍が展開しだしてから、捕虜が増えだすらしい。

449 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:09:54 ID:0VPPp7NQO
結局ID:hysPePSU0は俺の質問に答えずか…。


450 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:10:27 ID:mVxSnxpD0
>>1
>米軍上陸前から、日本軍は、住民に対して「女性は強姦され、男は戦車でひき殺される」
東京を焼夷弾で焼き払い
広島と長崎を化学反応で消滅させた米軍

あながち間違いじゃないだろw

451 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:10:46 ID:0WCAbwLd0
>>414
沖縄戦で格好良くやさしい米軍なんて近代史のイメージ映像は最近の流れで
崩れつつはあるわな。近代史の今までの左翼の史観払拭した人は

ターゲットは近代、軍、近代でも専門的史料をより詳しく、古代など多岐に
分散して活動中。俺は中世に以降しますた。おかげさまでゲームでも竹中半兵衛君も重治
という名前になりましたし、やっとこさ真田幸村は江戸時代の講談などでついたもので
本当は真田信繁であるというのが広まってキマスタ。

452 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:10:58 ID:TwoS89GB0
>>447
日本軍が悪くなかったで得をするのは世襲議員とその仲間たちです。

453 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:10:58 ID:hysPePSU0
>>449
エグザスに行くなということかね?

454 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:11:33 ID:V7oiWeGO0
>>446,448
だからソースを出せって。ここは2ちゃんねるだぞ?


455 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:11:37 ID:7dYI8yPS0
また戦争体験も無いくせに偉そうに地獄の戦場を体験した人を冒涜する若造のお前らかよ。

お前らはただの貧乏人で捨て駒に過ぎないのだから少しはそれを自覚しろ。

456 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:11:56 ID:zgxSeoC60
>>440
>>444
ああそういうことかww
竹やり訓練でB−29と戦えってところにかみついてるのねwwwwww
竹やり訓練はしてたけどB−29と戦えとは言ってないってことでしょwwwwwwwwwwwwww
そういうのに突っ込んでばかりなのねwwwwwwwwwwwwwwww
しょぼいwwwwwwwwwwwwwwwwwww


457 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:11:57 ID:+qajb/Ob0
>>453
負けたなら負けたと一言言っていけよ。

くずw

458 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:12:06 ID:ZKdl88tU0
>>449
しねーよ。民間人を守るために戦ってるのに。頭おかしいだろおまえは

459 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:12:25 ID:qumX/a4y0
>>441
根拠がないのはこれまでの教科書の記述の方だったので。
ハッキリしていないところは、「ハッキリしていない」というように記述させたっつーことでそ。

報道があーたの言うとおりだったなら、ウェイクアップの方がアホです。

460 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:12:31 ID:QwC3n2Pt0
>>1

>  米軍上陸前から、日本軍は、住民に対して「女性は強姦され、男は戦車でひき殺される」
> というデマを流し、捕虜になる恐怖をたたき込み、

あれ?
沖縄タイムズの報道によると、現在の在日米軍ですら強姦魔でひき逃げ犯なんじゃなかったのか?
これもデマ?

461 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:12:44 ID:hdSOlKVF0
>>432
ほれっ
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/reply.php?forum=1&post_id=48160&topic_id=761&viewmode=flat&order=
http://home.a07.itscom.net/tachi/beikoku/beitex.html

462 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:12:54 ID:mVxSnxpD0
>>455
釣れそう?

463 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:13:02 ID:kAY9YFDHO
竹ヤリでB29が落とせるわけねーだろw
サヨクはバカか?w


464 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:13:10 ID:ILzsDRz40
>>454
とっくに出てるだろ?リンドバーグの手記が。
これって何十年も前からある有名な史料だぞ。

465 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:13:14 ID:77ps32xY0
どこのサイトで読んだか、当時の住民の話では。
沖縄戦では、米艦隊からの艦砲射撃による砲弾の嵐だったけど。
その嵐が一瞬止む時があって、その間に住民たちは壕から出て水を汲みに行けたんだと。

その時、米艦隊には神風特攻機が突入していたそうだ。

466 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:13:27 ID:ZyTxHZNf0
>>420
米軍がなんで市民巻き込んでの大虐殺をやったかと言えば
日本軍が便衣兵を作戦に組み込むというのを事前に知っていたから。
なぜその辺の日本軍の非道を突っ込めないかと言えば突っ込めば同じ市街戦である
南京事件での悪者が便衣兵を使った国民党軍になってしまうからという皮肉。

467 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:13:31 ID:8BfJMzlv0

(´Д`)-y~~~ マスゴミ&志那やチョンが、自ら窮地に赴く様には笑えるねw

こんな馬鹿記事を出したり支持すればするほどに、
連中の日本人からの色眼鏡はきつくなるばかり。

まぁ良いことだ、もっと電波をふりまけ。w

468 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:13:48 ID:XbPISHYDO
>>442
降伏後の国家主権なんてあったの?
憲法を作り替えられる国に

469 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 19:14:30 ID:wQK4yhNl0
>>454
戦場での残虐行為なんて、日米問わず世界中にありふれたものだろ。
米軍だけが残酷な訳じゃないけど、米軍が手を汚しないわけもない。

470 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:14:36 ID:0R2GjMUt0
日本は高射砲をあまり持っていなかったから、
B29撃墜のためには竹ヤリに頼るしかなかった。

471 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:14:46 ID:V7oiWeGO0
>>461
掲示板や個人サイトが2ちゃんねるでソース扱いされるとは初耳だ。



472 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:14:57 ID:7QDHKf5f0
>>455
そういうお前の父親は祖国が朝鮮戦争やってる時に日本で売春婦と遊んでたんだろ。
救いようの無い馬鹿だな。

473 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:15:00 ID:+qajb/Ob0
>>466
>日本軍が便衣兵を作戦に組み込むというのを事前に知っていたから

意味不明。解説してくれない?

474 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:15:00 ID:ZKdl88tU0
>>454
アメリカが核兵器を使ったのは日本だよ。そんなことも知らないの?

475 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:15:04 ID:IxXAslsP0
>>456
竹やりでB-29と戦えと言ってたのはお前だろうが。

476 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:15:20 ID:jDyIYGA70
竹やりとB29の話の本当の意味は、


「日本軍はとても馬鹿だった、おかしかった。基地外だった。カルトだった」というのを植えつけることだよ。

するとだねwwwwwwwwwwみなさん。

残虐だった。民間人を殺したって話が、スウーっと頭に気持ちよく入らないかいwww?

これが目的なんだよ!!!!!

477 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:15:23 ID:TwoS89GB0
>>451
映像の20世紀でも見て来いよ。
映像がすべてを物語る。

478 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:15:31 ID:vCMLcll90
>>452
松本龍(民主)も?(^▽^)

479 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:16:37 ID:qumX/a4y0
>>452
ポッポも?(^▽^)


480 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:16:41 ID:9+HfxLlc0
じゃあ今は心優しい米軍と一緒に暮らせて本望じゃん

481 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:16:43 ID:ILzsDRz40
>>466
> 米軍がなんで市民巻き込んでの大虐殺をやったかと言えば
> 日本軍が便衣兵を作戦に組み込むというのを事前に知っていたから。

ソースはー?w
ねー、ソースはー?w


482 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:16:46 ID:js9Fywd0O
>>283
釣りかなあ。
なぶられながら殺されると噂のところに投降させるのと、いざとなったら自分で死ぬのを選べと手榴弾を渡すのとどちらが優しいかな。当時の感覚ではどちらも100%死だと思う

483 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:16:56 ID:XbPISHYDO
>>470
竹槍に火薬を詰め込んで、ロケットとして使用すれば撃墜可能



たぶん

484 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:17:46 ID:mVxSnxpD0
>>466
資料よろしく

485 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:17:48 ID:i6nsmoJE0
>>7
だね。
違いは、独裁的な権力が現実にあったかどうかと、本人がそれを
望んでいたかどうか。といったところでしょうか?



大違いじゃん><

486 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:17:59 ID:0VPPp7NQO
>>453
答えられないなら答えなければ良んじゃね。


487 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:18:02 ID:ZKdl88tU0
だから日本の軍隊は神の軍であり、世界でもっとも秩序正しい軍隊だった。
そういう日本軍が完全に正しかったというところから出発すればすべては
連合国側の捏造であり貶めるための陰謀だということがわかる

488 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:18:17 ID:KLbU7455O
貧乏人の集まりか?

489 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:18:47 ID:uJGdJENY0
>>376
ちなみに旧ドイツでは、連合国はロシアの侵攻から逃げてきた一般
ドイツ人難民を一切受け入れなかった
全部追い返した

490 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:18:49 ID:ILzsDRz40
>>471
> >>461
> 掲示板や個人サイトが2ちゃんねるでソース扱いされるとは初耳だ。

見たけど、全部ちゃんと引用元が付記してあるじゃん?
お前本物の馬鹿か????

さすがにちょっと呆れたぞ俺はw

491 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:18:52 ID:7QDHKf5f0
>>452
紅之傭兵も?(^▽^)

492 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:19:05 ID:IxXAslsP0
>>483
おおー、なるほど。これなら撃墜できるな。

493 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:19:32 ID:VReY565c0
>>454
エドガー・ジョーンズやリチャード・トレガスキス等の従軍記者が
米兵の残虐振りを記事にしてる。

リンドバーグの日記なら>>136






494 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:19:35 ID:qumX/a4y0
>>480が沖縄タイムスにとってイタイところをついた!

495 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:19:51 ID:vCMLcll90
>>485
司法の独立も機能していたし。北朝鮮はそうなの?

496 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:21:08 ID:hdSOlKVF0
ルーズベルトが日本兵の骨で作ったペーパーナイフを使っていて咎められて
止めたのは有名な話だ。国のトップからしてこんなんだからなこれが普通さ

497 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:21:26 ID:TwoS89GB0
>>495
してなかたじゃん。
第五十七条

 司法権ハ天皇ノ名ニ於テ法律ニ依リ裁判所之ヲ行フ

498 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:21:30 ID:FdJEuTTp0

当時は、艦がいっぱい沈んでるから、手榴弾なんて全国的に砂浜に行けば手に入ったんだよ。
付近の住民はそれで、魚獲ったりしてたから、腕を吹っ飛ばした人もいる。



499 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:21:50 ID:ILzsDRz40
>>495
つーか二次大戦当時の日本は列強の一員だったんだぞ。
一等国だ。世界最低辺の北朝鮮なんかと比較するところなんか一つもないわなw

500 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:22:02 ID:VFDX5yik0
>468
あったよ。
GHQ は一時的な措置で日本は国として存続していた。

501 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:22:46 ID:jgMV5PJ80
あーあ
なんだか日本も北朝鮮みたくなって来たなぁ


502 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:22:53 ID:4BLPmYv60
>>477
一般人を戦闘機から機銃掃射する画像?

503 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 19:22:58 ID:wQK4yhNl0
>>497
天皇陛下が司法の独立を認めていたんだが?

504 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:23:24 ID:aPblpR8g0
もうすぐ3000万人の中国人が沖縄に移住してくる

505 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:23:41 ID:TwoS89GB0
>>503
法律ニ依リって書いてあるじゃんwwww

506 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:23:43 ID:neSBZ7b3O
沖縄戦で真っ先に戦い全滅したのは日本軍です。
サヨは日本軍は住民を盾にして逃げ回ったとデマを流しました。

507 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:23:44 ID:hdSOlKVF0
これも有名な話だ。
あの文豪ヘミングウェイも人間狩りがしたくって軍隊に志願したということだそうだ
ただし狩ったのはドイツ兵だがなww
http://anarchist.seesaa.net/article/25882670.html

508 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:24:00 ID:a9WHHZQr0
>>497
司法が何から独立してたのか判ってる?

509 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:24:12 ID:IxXAslsP0
>>497
天皇陛下が裁判に係わった判例とかあるか?聞いた事もないのだが。

510 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:24:37 ID:vCMLcll90
>>497
「天皇の名」は「国民の名」に置き換えてもでも変わらない程度のものかと。
帝人事件で検察の捜査を批判した判決、翼賛選挙無効判決みたいなのは、
北朝鮮にもある訳?

511 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:24:50 ID:0R2GjMUt0
資料:E・スレッジ、生物学者 1981年に出版の回想録
太平洋の激戦地ペリリュー島および沖縄で、
日本兵の死体から手を切り取って戦果のトロフィーとする、金歯をあさる、
死体の空いた口を目がけて小便をする、恐れおののく沖縄の老女を撃ち殺し、
「みじめな生活から、解放してやっただけだ」と気にも留めない海兵隊員の様子を目撃した。

資料:アメリカの雑誌タイム(太平洋戦争当時の記事)
「普通の日本人は知性が低く、無知である。たぶん人間なのだろうが、人間であることを
示すような点はどこにもない」

資料:ジョセフ・ハリントン著 「ヤンキー・サムライ」より
「ルーズベルト大統領の息子で海兵隊大尉の
ジェームズ・ルーズベルトも加わっていたカールソン襲撃隊は、戦死した
日本兵の死体を切り刻み、男根と睾丸とを日本兵の口中に詰め込んだ。
太平洋戦争について熱心な研究者で著書もあり、またテレビの連続番組
のプロデューサーであるシャーマン・グリンバーグが、二十年後にカールソン
隊員の一人にその時の模様を(テレビで)詳細に語らせている。その隊員は
戦友たちのやった蛮行を写真に撮っていた」

でもアメリカ兵が野蛮だと言うより、日本人を人間としてみていなかった。
ドイツ人は人間としてみていたが、日本人はサルの一種だと思っていた。



512 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:25:16 ID:mVxSnxpD0
>>500
白州三百人力とか?

513 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:25:54 ID:4BLPmYv60
>>497
今の首相の任命権は誰でしょうw
それと大津事件も調べてみ


514 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 19:26:04 ID:wQK4yhNl0
>>505
天皇の名において法律により裁判を行うんだろ?
お前の脳内じゃ、天皇自ら判決を下すのか?

515 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:26:24 ID:zgxSeoC60
>>511
戦場での扱いはそんなもんかもね

戦後のギブミーチョコレートで一変したわけだけど

もしかして海兵隊員が特に残虐だった?


516 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:26:51 ID:V7oiWeGO0
>>490
残虐行為の引用元が書いてあるものも全部個人の著作だな。公的な史料はゼロか。
一部の人間の行為ではなく、連合国やアメリカ軍のうちの
大きな割合が残虐行為を行ったという証拠を求めているわけだが。

一部の日本兵が「従軍慰安婦はいた」「南京大虐殺はあった」と著作に残せば
それは史実として認定するのか?

どれだけ自分に甘いダブルスタンダードなんだよ。

517 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:26:53 ID:imImxKW70
今までずっと訂正されなかったのに、どうしてこの時期にこんなに問題になるの?


518 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:27:16 ID:ZyTxHZNf0
>>484
当時の米軍の資料に日本軍の暗号文解読によって便衣兵の使用とか記録に残ってるし
実際に地元の沖縄の人の証言でも衣類を徴収されたとか
沖縄戦では地元でじいさんや子どもが徴兵されそのまま市民装って手榴弾を
投げ込んだりしてたらしい。

519 :縄文人:2007/03/31(土) 19:27:23 ID:v+BwEdta0
軍人とは言い換えれば「軍官僚」だよな。
現在ただ今の「官僚」が、身を捨てて国民を守っているのか、
自己の出世や権力を謳歌したがっているのかを考えれば、
戦前の軍人の精神構造や行動がある程度想像つくだろう。

520 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:27:27 ID:TwoS89GB0
お前等天皇関係ねぇwwww
法律で規制できる司法など独立しているとは言えないんだよ。

521 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 19:28:31 ID:wQK4yhNl0
>>516
アメリカ軍の蛮行がなかったと言いたいわけ?

>>520
なんだ基地外か。


522 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:28:34 ID:ILzsDRz40
>>516
> > >>461
> > 掲示板や個人サイトが2ちゃんねるでソース扱いされるとは初耳だ。

でも掲示板や個人サイトがソースではないという事は馬鹿な君にも理解できたんだね?w
少しだけ馬鹿が直ってよかったじゃんw

俺のおかげだぞ。土下座して感謝しろや?wwwww

523 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:28:38 ID:mVxSnxpD0
>>512
白洲だった


524 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:29:13 ID:9Y+0yeRL0
>>520
まてw

525 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:29:53 ID:a9WHHZQr0
>>520
法治国家を完全否定すんなよwwww

526 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:30:00 ID:vCMLcll90
>>520
究極的には今でもそうじゃん?
>国会は国権の最高機関

527 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:30:16 ID:XbPISHYDO
>>517
選挙が近いから

528 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:30:33 ID:QwC3n2Pt0
教訓も何も
軍にせよ自衛隊にせよ、国の安全や治安を守るもんで、住民を守るなんて誰も言ってないじゃん
住民保護は戦前も現在も自治体の仕事だろが

529 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:30:45 ID:ILzsDRz40
>>520
法律で規制されない司法ってすごい自己矛盾だなw

本物の馬鹿の妄言は時として芸術の域に突入する。
君、このレスは今後10年間誇っていいぞ?wwwww

530 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:30:50 ID:IxXAslsP0
>>520
・・・・・法に従い法を執行するのが司法なんだけどな。
お前、最高裁判所裁判官の任期とか任命とか指名とか誰がどうやって決めるか知ってるか?

531 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:31:24 ID:qumX/a4y0
>>519
軍官僚と兵士を混同するのは如何なものかと。
それにみんながみんな辻ーんだったわけでもなかろうし。

532 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:31:32 ID:+qajb/Ob0
>>516
原爆投下は残虐行為ではないと?

10万を超える人間を一晩のうちに生きたまま焼き殺した東京大空襲は?

あとは何があれば要る?

原爆投下を許可したアメリカの大統領は日本人を人間だと思ってなかったようだねw
書簡が残ってるよ。




533 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:32:17 ID:TwoS89GB0
今でも司法は独立してない。
第79条 最高裁判所は、その長たる裁判官及び法律の定める員数のその他の裁判官でこれを構成し、その長たる裁判官以外の裁判官は、内閣でこれを任命する。

534 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:32:37 ID:imImxKW70
>>519
同意。貧乏で水道水しか飲めない俺にとって五千円の水を飲んでいる官僚が許せない

535 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:32:51 ID:URv01R4c0
>>468
>憲法を作り替えられる国に

明らかな国際法違反だろう。



536 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:33:06 ID:mVxSnxpD0
>>532
あからさまな非戦闘員ねらいだもんな


537 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:33:28 ID:yIEOWxtx0
>>軍関与を否定する動きは、今後、沖縄戦全体を否定する動きにつながっている。
そんな大げさな、、、。
筑紫哲也といい、沖縄タイムスといい、どっか頭がおかしい。


538 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:33:42 ID:hdSOlKVF0
>>515
GHQのマッカーサーは日本を占領して赴任するときに太平洋戦線で戦った将兵を連れてこずに
わざわざ本国から新規に徴募した兵を日本に送りこんでいる。
摩擦を避けるためだったのは間違いない。


539 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:34:08 ID:a9WHHZQr0
>>533
その条文とお前の主張は全く関連性が無い。

540 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:35:00 ID:IWEz5PW40
金の奴隷として生きていくより、天皇家の家畜として生きていくほうがまだマシ

541 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:35:19 ID:vCMLcll90
>>537
論点ズラシ、拡散で打開を図る。おかしいのではなく、シタタカ。

542 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:35:57 ID:qumX/a4y0
神戸も大阪も大空襲にあった。
対馬丸は学童の疎開船なのに、拿捕ではなく撃沈されちゃった。
もしも米国が、その物量的余裕によって、軍事施設のみをターゲットにしていれば
投降に対する恐怖感もなかったんじゃないかと思う。

まあ戦だし、当時の価値観が今と違うのは米国の人間も同じなんだろうし
その後人権とやらんが唱えられるよーになったんだし
別に今更謝罪しろとかは思わないけども。

543 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:36:10 ID:ILzsDRz40
>>539
>>533は「北朝鮮の将軍様状態」以外の状態は独立しているとは認めないんだろ、多分w

544 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 19:36:10 ID:wQK4yhNl0
>>541
馬鹿の一つ覚えを繰り返すのは低脳の証だと思うけど。

545 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:37:16 ID:VZMxn2y20
東京大空襲=重慶大爆撃

どっちもどっち

546 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:37:59 ID:6BrwazzI0
軍隊は住民を守らないのは当たり前だ
平時の時ならいざ知らず有事の際には違う
作戦地域にいれば敵だろうと味方だろうと民間人だろうとなぎ倒すってのはどこの戦争でも同じ
そもそも最大の力を出しても敵を撃退できるか分からないのに
民間人を守って救護班や物資を回して移動するのにも目立ち時間を掛けてたら絶対負ける
沖縄戦の教訓として伝え実現しなければいけないのはまず作戦地域から民間人をどかすということだ

547 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:38:09 ID:vCMLcll90
>>544
孫子の兵法を見るような感想を抱くのですが。

548 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:38:11 ID:oz9vizrl0
×軍隊は住民を守らない
○弱い軍隊は住民を守れない

549 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:38:27 ID:2CjHf++xO
>>511
奴等は何を考えてたんだろうね
周りが植民地の中、アジア人なのに成功してる日本人を見て、
聞き分けのない奴隷を懲らしめようくらいに思ってたのかな

550 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:39:24 ID:y0iv0YZY0
日本人はリメンバーパールハーバーの志を忘れてはいけない

551 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:39:28 ID:8UwGxA1w0
>>41
そう、それぞれ辛い立場だったのは否定しないけど、
命令されて集団自決したわけじゃないよね。
生き残ろうとして、(それぞれ)ぎりぎりの選択をしたって話だよね。

軍属のおじさんにいわれたからって、全員が自殺するところだったんじゃないよね?

552 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:39:57 ID:ILzsDRz40
>>549
つーか率直に言って「害獣駆除」。

当時のアメリカじゃ日本人を根絶やしにして米国内の有色人種を日本に強制移住するとかってのが
本気で検討されてたんだってさ。

553 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:40:14 ID:hdSOlKVF0
>>516
従軍記者の証言はそれなりにかなり信憑性は高いよ。


554 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:40:38 ID:+qajb/Ob0
>>545
そう来ると思った。

どっちもどっちwww

全く違うだろw

555 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 19:41:41 ID:wQK4yhNl0
>>547
中国が孫子の兵法を使って居るのでは?
敵国の無能な使者ほど厚遇するってのに引っかかっているような。

556 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:42:48 ID:+qajb/Ob0
>>545

ID:VZMxn2y20


東京大空襲というと重慶大爆撃を引き合いに出す。

こいつ共産党か朝鮮人だな。

557 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:47:29 ID:YgEIRBM80
米軍上陸前から、日本軍は、住民に対して「女性は強姦され、男は戦車でひき殺される」
というデマを流し、

> デマでは無いと思うのだが。

沖縄では、米軍による強姦がなかったんだ。

満州引揚者のロシア人・朝鮮人から受けた苦難と比較すると、

どうなんだろうね。

558 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:47:44 ID:6BrwazzI0
>>554
多くの人が勘違いしてるけど
重慶爆撃は(途中から)無差別で東京大空襲は無差別じゃないよ
要するに結果としてどちらも民間人を殺戮したことには変わりないんだが
東京大空襲は標的を選定して軍需工場とその下請けを攻撃している
自国の被害を重視するのは当然だと思うけどね
結果として無差別になっちゃったってのとハナから無差別爆撃するつもりだったってのは結構違うよ

559 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:47:58 ID:F3wQDh/60
無差別爆撃に関してはどの国も同罪。

560 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:47:58 ID:ZyTxHZNf0
>>555
それ孫子の兵法じゃなく太公望の六韜だったかと。

561 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:48:07 ID:XbPISHYDO
>>552
黒人居ないと米国経済が成り立たないので、それは無いんじゃないかな

562 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:48:41 ID:4BLPmYv60
>>515
ギブミーチョコはマッカーサーは自称する程の日本通だったから、
戦中から戦後処理のことまで考えてたの。
三宅さん曰く統治下で米兵による1万件の強姦や暴行が発生したが、大きい人と
発表されるだけで報道統制で米人の犯罪は公表できなかったそうな。
それに終戦の年は大凶作と帰還兵による食料不足で配給無しに抵抗なんて出来なかったろうね。


563 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 19:49:13 ID:wQK4yhNl0
>>560
そっか・・・

564 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:50:08 ID:EtyHFl1o0
>>549
当時の日本人以外の有色人種は、皆征服して植民地化出来るくらいのレベルだった。
日本と開戦してみたら、思っていたより奮闘しやがる。なんて事だ、本気にならなきゃ被害が
でかいじゃないか。
って事で、アメリカでも学のない一般人を兵として使って攻めるんだから、手っ取り早い戦意高揚
の手段は相手への憎悪の増長や優越感の煽りだろう。
人を殺すという行為を正当化する為にも楽ちんだしな。

これを当時日本人はがんばってたんだと取るのか、もっとヘボで植民地になってた方が楽だった
んじゃねーのかってifもあるかもしれんがね。

565 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:50:55 ID:3U1LFmYF0
糞サヨが必死すぎる
日ごろ大好きな証言は日本の有利にする状況では信じないのかww

566 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:51:42 ID:qumX/a4y0
>>558
なんで焼夷弾を使ったのか、それじゃ説明付かないじゃん。

あと重慶って蒋介石が逃げ込んだところじゃなかったっけ。
まあ、無差別爆撃になったのは良くないと思うけどさ。

567 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:51:43 ID:ILzsDRz40
>>558
アメリカ軍は下町の家屋が燃えやすいように焼夷弾に工夫をしたんだってじゃん?
民間人殺す気アリアリじゃんw

568 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:52:44 ID:NZkoA8WD0
色々意見が出てるな。
みんな戦争が起こした地獄絵なんだ。戦争なんかするんじゃない。

集団自決が軍の命令だったとは思わない。ただ、「鬼畜米英」と教えられ
男は殺され、女は犯され、耳や鼻をそぎ落とすと、戦争中に教えられた。
だから、米兵に捕まるより「死を選んだ」。
軍の命令というより、当時の日本の軍国教育がそうさせたのだと思う。
若き女性や、13〜16才の少年達も現地招集され、日本のために命をささげました。

一部の歴史を知らない2ちゃんねらーは、沖縄を北朝鮮と同等に見ていますが、
沖縄は今でも命を張って日本国を守っています。日米安保は沖縄の存在なしには語れません。

569 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:52:49 ID:hdSOlKVF0
>>545
東京大空襲は労働力たる一般市民を殺戮することによって日本の生産力に打撃を与える戦略。
重慶大爆撃はいまはやりのピンポイント攻撃の類、目的は国民党の軍事拠点の排除だ
ゆえに拠点がどこにあるかの情報が入る度に出撃してチマチマと爆撃する。
だから1938年から1943年までの5年半もかかる効率の悪さだ。
一般住民の殺戮を意図的に狙った残虐な無差別爆撃であるという意見もあるがこういうザルみたいな
攻撃方法じゃ全く効果はないのが常識だろう。

570 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:52:59 ID:3U1LFmYF0
>>558
証拠だせよ。
結果無差別だったわけだけど。
最大限避けようとした証拠は?

571 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:53:32 ID:TwoS89GB0
>>567
一億総火の玉なんだから民間人なんていないじゃん。

572 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:54:04 ID:+qajb/Ob0
>>558
>東京大空襲は標的を選定して軍需工場とその下請けを攻撃している

全く違うな。嘘つくなよ!

米軍は空襲にあたり、
日本家屋の屋根をつきやぶり、中で寝ている人間を焼き殺すための爆弾を開発してる。
その後の占領の事も考えて、地下のインフラは破壊せず人間だけを殺すための爆弾だ。

その爆弾を用い、爆撃場所を設定し、その設定した範囲の中にいる人間を逃がさないよう、
周囲に炎の壁を作って爆撃した。

逃げられずに10万の人間が死んだんだよ!

重慶とどこが同じだ?


573 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:54:50 ID:qumX/a4y0
>>569
重慶の場合、五年で死者数が1万人ほどだっけか。
東京は・・・一日二日で10万人?

574 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:54:56 ID:ILzsDRz40
>>570
>>558は民間人を殺したのはついでで、本当の目標は軍需工場だったと言ってるんだよ。
別に米軍が民間人を殺すのを避けたなんて言ってない。

575 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 19:54:56 ID:wQK4yhNl0
>>558
夜間爆撃のカーペットボミングで焼夷弾を使うなんて、やる気マンマンなんだけど

>>569
B29の損害を減らして爆撃効果を上げる為だよ。
ルメイが就任前は、軍事目標だけを狙って爆撃していた。

576 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:55:07 ID:4k7n1NHL0
ゴーストップ事件なんて
もはや司法の独立とか言ってるレベルじゃねえよな

577 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:55:08 ID:xw6Jd2f50
水木しげるが一言↓

578 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:55:17 ID:XbPISHYDO
>>567
誤字につっこんで悪いが
したんだってじゃんは無い

579 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:55:38 ID:zgxSeoC60
>>572
いまもバンカーバスター作ってやるきマンマンだよなw
昔からかわんねえわ


580 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:55:39 ID:3U1LFmYF0
アメ公は日本人をジェノサイドしようとした。
それはルーズベルトの証言からも明らかだ。アメリカこそ悪だ。

581 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:55:40 ID:6BrwazzI0
>>567
でもそういう命令は出てないから
あくまで選定された目標は軍需工場とその下請けをやっている手工業を営む家
総力戦ともなれば結果としてそうなるってのは南京でも沖縄でもアトランタでも同じ
日本もどういう戦争になるかしって戦いに突入したはずだよ

582 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:55:55 ID:uJGdJENY0
>>558
その言い方に倣うなら東京大空襲だって(途中から)無差別だよ
当初は軍需工場だけを目標にしようとしてたのは確かだけど、低空爆撃じゃ
爆撃機の被害も増えたし、高空からは偏西風のせいでなかなか精密爆撃が
できなかったから結局焼夷弾での広範囲大規模絨毯爆撃にした
軍需工場周辺の下請けも目標ってのは無差別爆撃についての言い訳とする見方もある

583 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:55:56 ID:IxXAslsP0
>>533
それが三権分立なんだよ。
裁判官の給料は税金から支払われるんだよ。税金の徴収は行政。裁判所で扱う法律を決めるのは国会。
んで、法律違反を裁くのは司法なんだよ。
いいか、三権分立の意味を徹底的に勉強しろ。

584 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:56:01 ID:WjzBQmNp0
アメ公は木造家屋を燃やすためにこうもり爆弾とか研究してたくらいで最初から殺る気マンマンです

585 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:56:46 ID:gKqHXjV/0
疑わしいならやってもOK
でも日本人はダメ!

ってのがよくわからん

586 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:57:02 ID:ILzsDRz40
>>581
命令出てなきゃ下町や住宅街を目標にしないだろ?馬鹿かお前???

全部パイロットが勝手にやったと思ってるのか???
すごい馬鹿だなお前wwwww

587 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:57:08 ID:Rq6pDiu+0
逃げるが勝ちっていうのが真理

588 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:57:08 ID:cP0A8ZMs0
>>558
どこ立て読み?

589 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:57:08 ID:+qajb/Ob0
>>574
ついでじゃない。

民間人を殺す事こそが目的だったんだよ。

東京大空襲の米軍の爆撃計画が最近公表された。
ソレを読んでみ。

590 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:57:42 ID:2fGDY30w0
なんにしても、そこまでして戦争する意味があったのだろうか・・・・・・
そこまでしてだれか幸せになった?
もっと早くあきらめていれば・・・・・・


591 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:57:44 ID:ZyTxHZNf0
民間人殺す気満々でも日本軍の自国の兵士殺す気満々のアホ作戦では
アメの原爆・大空襲より何倍もの人数の日本国兵士が餓死もしくは病死してるけどねw
ある意味その方が凄いわけだがw

592 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:57:57 ID:3U1LFmYF0
>>574
避けないんじゃいっしょだろwwww
なにいってんだよww
結局原爆もしかりだな。アメ公は戦争の虐殺行為が全て
戦争を早期終結させるための大義名分でしかないそれを証明している。


593 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:58:09 ID:qumX/a4y0
>>581
反論になってないなあ。
焼夷弾を使ったことに対するさ。

594 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:59:02 ID:WjzBQmNp0
鬼畜米英が女は犯し男は殺し日本兵の遺骨で細工物と化している件

595 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:59:04 ID:ILzsDRz40
>>589 >>591
俺は>>558の主張を要約しただけで別に奴のシンパではない。

596 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:59:10 ID:+qajb/Ob0
>>581
そういう命令ってどういう命令?

ある区画からある区画までを区切って、その中にあるものを全て破壊するという
目的だろ。

もちろんその中にいる人間、女子供病人老人すべて含めて破壊しろと言う目的。

597 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 19:59:54 ID:XbPISHYDO
本土の制空権がとれない時点で負け

598 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:00:12 ID:xw6Jd2f50
戦争で乗り込んで来た敵国兵が女をレイプし男を虐殺するなんて大昔からの決まり事じゃね?

599 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:00:26 ID:4BLPmYv60
>>516
慰安婦はいたでしょ  軍が強制してないけど
南京で巻き沿いくった住民はいたでしょ  戦闘だもの
アメリカもやったのは末端の兵士でしょ  記録映画には残ってるけど戦勝国だから
調べる訳がない
逆に日本は戦犯処分で徹底的に洗われてる筈ですよ。 微罪でも死刑にされてますからね。

600 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:00:34 ID:F3wQDh/60
日本の戦略爆撃について誤解してるやつ多いな。

司令官のフンメルはあくまで高高度精密爆撃に固執した
その理由は「ここで焼夷弾による無差別爆撃に切り替えたら
アメリカ軍もナチやジャップと同じ鬼畜レベルに落ちてしまう」
しかし、上層部は欧州におけるルメイの無差別爆撃の成果を
フンメルに示し、精密爆撃で成果なきときは更迭すると迫る。
そして彼は更迭され傍流のやられ、ルメイが司令官となる
あとはご存知の通り。
フンメルは昇進の道を断たれて軍歴を終了する、

601 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:00:40 ID:IxXAslsP0
>>594
映画プラトーンでもベトコンの頭蓋骨をロウソク台にしてたしな。

602 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:00:48 ID:qumX/a4y0
>>590
松岡のアホウとか、アジア主義者のアホウとか
国家社会主義者のアホウとか、新聞屋のアホウとか
利権第一な官僚のアホウとか、政権奪取第一のアホ政党とか
財界の利益第一なアホウとかに言ってくれ。

603 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:01:07 ID:6BrwazzI0
>>582
結果的に無差別な
それを無差別爆撃とは言わないよ

>>586
当時の日本の工業がどういうものだったか知らないの?
それか総力戦ってものを知らないようだ
よく当時の行為を現在の価値観で断罪するのは間違いだとする声が聞かれるがその通りだ
米国が南北戦争で国内の敵相手にどういう戦い方したか見れば分かると思うが

604 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:01:24 ID:+qajb/Ob0
ID:6BrwazzI0


おまえ、何を根拠に東京大空襲を語ってるんだ?


605 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:01:28 ID:RweZzLWx0

旧日本軍の戦争はきれいな戦争。


606 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:02:06 ID:3U1LFmYF0
>>603
結果的に無差別は無差別だろw
わけわからん馬鹿。

607 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:02:29 ID:xw6Jd2f50
>>601
古くはインディアンの子供の頭蓋骨を灰皿にしたり

608 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:02:48 ID:hgD3adk/0
軍需工場だけ狙うんだったら、焼夷弾は使う必要ない。口じゃ標的なんて
よくアメは使うが今だって標的狙ったってあたらないのがアメ爆

609 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:02:49 ID:TwoS89GB0
一億総火の玉の日本に民間人はいないと何度言えば・・

610 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:02:53 ID:uJGdJENY0
>>591
もっと凄いのはさらに自国の兵士の命を地雷探知機&弾よけ程度にしか
思ってないソビエトがそのアホ作戦を徹底させて勝ったことだなw
だてにWW2総戦死者の7割を締めてないぜ!

611 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:03:02 ID:gKqHXjV/0
>>603
民間人を虐殺してそれが総力戦ってもんだ

で済むならどれだけ楽なことか

612 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:03:14 ID:ILzsDRz40
>>603
> >>586
> 当時の日本の工業がどういうものだったか知らないの?
> それか総力戦ってものを知らないようだ
> よく当時の行為を現在の価値観で断罪するのは間違いだとする声が聞かれるがその通りだ
> 米国が南北戦争で国内の敵相手にどういう戦い方したか見れば分かると思うが

要するに東京大空襲は無差別爆撃だったってことだよな?w
自分で自分の主張を否定してやんの、この馬鹿wwwww


613 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:03:18 ID:qumX/a4y0
>>603
話がどんどんずれていってるぞ。
焼夷弾の説明マダー?

614 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:03:29 ID:XbPISHYDO
そんだけ殺しあった日本とアメリカが同盟を結んじゃうんだから
国や政府や国民ってのもいい加減だね
始めから戦争しなきゃよかったのに

615 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:03:56 ID:+qajb/Ob0
>>603
軍需工場だけを破壊する目的なら、

どうして中にいる人間が逃げられないように、炎の壁を造ったんだ?

自分の家は東京大空襲の被害者だ。
おまえのように妄想で語ってるんじゃねーぞ。

616 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 20:03:58 ID:wQK4yhNl0
>>603
ま、非戦闘員の定義によって、夜間都市爆撃についての評価も変わってくるけど
ルメイのやったことは明白な戦争犯罪だぞ。

617 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:04:01 ID:WjzBQmNp0
「女性は強姦され、男は戦車でひき殺される」

平時でも起きていますが

618 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:04:18 ID:YgEIRBM80
>>558 >>600

日本への焼夷弾爆撃は、
スターリンのアメリカが対日戦争する為の工作活動の一環だよ。

日本の真珠湾攻撃の7ヶ月も前に、米軍が蒋介石軍に荷担して、
日本爆撃を計画し、陸軍長官、海軍長官、そしてルーズベルト大統領
自身が承認のサインを与えていた書類が明るみに出たことから判明した。

 この作戦には350機のカーチス戦闘機、150機のロッキー
ド・ハドソン爆撃機を使用するとし、また大阪、神戸、京都、東
京、横浜の爆撃には木造住宅の多い日本民家に効果のある焼夷
(しょうい)弾を使用すべきであるなどとする内容もあった。後
の本土空襲の原形がすでに考えられていたのである。

 実際には、欧州戦線への爆撃機投入を優先したため、この計画
は実施が遅れて、その前に真珠湾攻撃となった。


619 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:04:31 ID:I2l8SCML0
結果的に戦争になってしまって、
結果的に負けるはめになったが
あくまでも「結果的に」なので戦争はなかったことにする。

こう?

620 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:04:52 ID:fOuOeb7L0
骸骨をお土産にする件は一応、発覚後にアメリカでも非難が巻き起こったようだが
前線のアメリカ兵は依然として同様のことを続けていたらしい。
証拠があるから確かだ。

621 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:05:52 ID:qumX/a4y0
>>614
だって日本人て全員が全員国家社会主義者じゃなかったもん。
イカレポンチ思想ってほーんと迷惑以外のナニモノでもないよなー。

622 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:06:01 ID:G8/OALom0
イラク戦争での米軍による捕虜への暴行を見れば、
奴らに生きて捕まれない事くらいわかるだろうに

623 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:06:24 ID:YgEIRBM80
>>558 >>600

この空爆計画の推進者だったロークリン・カリー大統 領補佐官
(当時)は、実はソ連と極秘情報のやりとりをしていた ことが、
当時の米暗号解読機関によって確認されていた。

 この文書はVENONA資料と呼ばれ、1940年代後半、ニュー
ヨークとワシントンにあるソ連代表部とモスクワ間の交信記録を
米特殊機関(戦後の国家安全保障局=NSA)が暗号解読したも
のだ。

 カリー補佐官はカナダ生まれの経済学者で、39年から45年まで
大統領補佐官(経済担当)をつとめた。41年初頭には対日戦略を
調整するため米国の中国支援担当特使に任命され、ルーズベルト
大統領と中国国民党の蒋介石主席(当時)の橋渡し役をしていた。


624 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:07:11 ID:+qajb/Ob0
ID:6BrwazzI0


米軍は夜間、人口密集地域を狙い、
日本家屋の屋根をつきやぶり、中で寝ている人間を焼き殺すための爆弾を開発し、
そして逃げられないように、炎の壁をつくってその区域に焼夷弾を何十万トンも投下し、
10万の人間を焼き殺した。

これが無差別大量虐殺でなくてなんだんだ?

625 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:07:12 ID:a9WHHZQr0
>>603
最初っから民家焼くつもり無かったら焼夷弾なんぞ使わないだろ。
総力戦?
日本人は全員軍属みたいなもんだから全員殺していいってか?
それを無差別って言うんだよ。

626 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:07:14 ID:F3wQDh/60
ていうか、重慶爆撃が戦略爆撃というにはあまりにも小規模で不徹底だったのは
それを日本軍が意図したわけではなくて、飛行機の質と数が揃わなかったから
に過ぎないだろ。

日本軍の爆撃機が九六陸攻ではなくて、せめてB17だったらやはり東京と同じような
結果になっているだろう。

627 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 20:07:19 ID:wQK4yhNl0
>>620
パラオの沈没船ダイビングで、毛唐どもは中の頭蓋骨を土産に持って変えるんだと。


628 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:07:28 ID:3U1LFmYF0
がるるるるる
切れた許さん。

629 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:07:33 ID:xw6Jd2f50
米軍じゃなくてイタリア軍にだったら喜んで降伏したであろう

630 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:08:00 ID:uJGdJENY0
>>603
だったら重慶と東京大爆撃を区別する意味はないよな
重慶爆撃もかなり後期に至るまで目標は軍事施設に限られていた
霧その他の自然条件が重なったせいで「結果的に」無差別に近い形になった

ドレスデン・ハンブルクの例もあるしねえ

631 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:08:30 ID:imImxKW70
論文で語るならともかく、教科書を捏造するなんて北朝鮮レベルの支配だな

632 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:08:40 ID:TuhPzCNY0
そもそもアメリカは日本に民間人などはいないという認識だった。

「日本国民義勇戦隊編成により日本の全人口が第一義的軍事目標となった。
 いまや日本に非戦闘員は存在しない。(中略)
 我々は、その場所、男女を問わず、最短期間に最大多数の敵を求め、殲滅
 せんとするものである。」

  米軍情報主任 ハリー・カニンガム大佐 「第五航空軍週間情報」より

633 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:08:44 ID:YgEIRBM80
>>558 >>600

48年にソ連スパイだったことを告白した政府職員、エリザベ
ス・ベントレーによる「カリー氏もスパイだ」という訴えをきっ
かけに、カリーは米下院・非アメリカ委員会の追及を受けた。
しかし最後まで容疑を否定し、50年に米国市民権を放棄し、南米
コロンビアに移住、93年に死亡している。

 ソ連がスパイを送り込んで、日本と蒋介石軍との戦いをアメリ
カに支援させていた動機は容易に理解できる。両者が戦えば、毛
沢東軍が漁夫の利を占めることになり、中国共産革命が近づく。

 さらに日米戦争ともなれば、ソ連にとっても日本からの軍事的
脅威はなくなり、ドイツと日本から挟撃されるという最悪の事態
を避けられる。

まさに、ソ連にとって一石二鳥の見事な謀略。


634 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:09:28 ID:+qajb/Ob0
ID:6BrwazzI0

ID:6BrwazzI0

ID:6BrwazzI0

焼夷弾を何十万トンも投下しても、
逃げ道をつくっておけば、10万の人間は死なずにすんだ・・・。

退路を断って生きたまま焼き殺したのはなんでだ?

おまえ答えられるか?!

635 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:09:38 ID:xw6Jd2f50
>>632
今の北朝鮮みたいな認識だったのか

636 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:09:58 ID:7f8hRAL90
この話は沖縄タイムスが広めたんだよね。
読売に書いてた。
必死になるのも当然か。

637 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:10:00 ID:FYpMonQeO
田原総一郎のゲストさばきはいつみても素晴らしい。流石だ。おまいらもそう思うだろ。

638 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:10:25 ID:hTGVpnXd0
>>621 はいはいワロスワロス。 

   今は経済力つけてへこへこしてるから、こいいう生活が出来るが、当時は
    中国大陸・東南アジア・インド洋押さえられてたから、撃ってでるしかないんだよ。
   ちった感謝しろ。

639 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:10:29 ID:6BrwazzI0
ちなみに日本が重慶でやった爆撃の方法が>>596の言ったようなもの

>>606
目標として軍事施設を選定すれば無差別爆撃ではない
異論はあるだろうが米国の言い分がそれで通っている現状だから
戦争放棄に関する条約で戦争=侵略戦争ってするのに疑問を抱くか?
戦争に負けた日本が米国の爆撃は無差別だったって言っても仕方ない

640 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:10:33 ID:3U1LFmYF0
ご存知の方も多いと思いますが、イギリスの歴史学者であるクリストファー・ソーンの著書「米英にとっての太平洋戦争」によれば、ルーズベルトは日本人を日本に隔離して衰退させ、民族として滅亡させようとしていたのです。要するに、ジェノサイドが目的だったのです。

ところが、戦争中にルーズベルトは死んでしまい、トルーマンはそこまでは考えていなかったので、日本人は滅亡させられることはありませんでした。

641 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:10:41 ID:hLE99rp60
>>497
そうか、こういう手合いが「統帥権干犯」とか言い出したんだな

642 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:11:00 ID:S1cW+Uzj0
当事者自身が「年金もらうためにやむを得ずに言った嘘」って告白してるのに
新聞がこんなこと書いてどうすんだろw

643 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:11:18 ID:ZPnjR3Dg0
まあ「聖断」なんて美談?に誤魔化されているけど
本土もちょっと間違ってりゃ集団自決敢行だったんだしw

国体護持の為なら女子供の一千万や二千万どうって事無いっすよw by大西中将



644 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:11:27 ID:F3wQDh/60
>>618
当時の米国はありとあらゆる戦争を想定していたからな
対英戦争も想定してイギリスの攻撃作戦も立案していたし。

可能性の一つとして準備することが、シナリオだったと言うのは
大間違いで子供じみている、そういうのを結論回帰っていうのだ。

645 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:11:56 ID:xw6Jd2f50
>>637
しかし草野仁の前には霞む

646 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:11:58 ID:0R2GjMUt0
米兵の意識調査 1944年プリンストン大学調査

訓練中の米兵
日本兵・ドイツ兵を殺すことをどう考えますか   日本兵   ドイツ兵
心から殺したい                     44%     6%
やむを得ぬ義務だ                     32%     52%
義務だが嫌な気持ちだ                 18%    34%
敵兵でも殺したくない                      4%     6%

戦闘後の米兵
捕虜をみた後では、どう考えますか   日本兵   ドイツ兵
もっと殺したい                 42%     18%
別に何とも思わない             22%     16%
義務だが嫌な気持ちだ              20%     54%
戦ったのは不幸                16%     12%

そもそもドイツ人は人間、日本人はそれ以外のサルか何かだから、
憎しみの感情が爆発して沖縄での大虐殺に繋がったんだろう。

647 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:12:18 ID:h/ssdwSS0
>>593
実はアメリカ軍は焼夷弾の使用には消極的だった。
むしろ、イギリスのヨーロッパでのドイツ爆撃の効果を見ての提言。
イギリスは気化性オイルなんかも焼夷弾と一緒に撒いたらしく
燃えるものを全部捨てたはずのレンガのビルが炎上倒壊したのはこのためらしいが、
イギリス側は証拠がないとして今もドイツ側と論争してる。
なんか南京なんかと同じ論戦の匂いがするな。

んで、アメリカの日本に対する焼夷弾使用はむしろ現場の裁量が大きい。
記録なんか見ると結構、高高度精密爆撃にこだわってるからね。
まぁ、初期には日本の航空隊がそれなりにがんばってて低空が危ないってのもあった。
だから、焼夷弾を使わせる低高度まで進入させるようになったのは
日本の消耗が著しくって力のバランスが大きく崩れた結果に過ぎないと思う。
高高度精密爆撃は通常爆弾が有効だし、低空爆撃じゃ焼夷弾がいいに決まってる。
逆に言えば低空進入できるのになんで焼夷弾使わなかったんだって論争になるぞ。
それに、日本家屋が木で出来ているからといってあそこまで被害が拡大すると
アメリカ軍人が予想できたとは思えないしな。奴らの頭にはレンガの家があるわけで。

まぁ、結局最後はどうせ戦争だから、の一言で片付くと。

648 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:12:34 ID:+qajb/Ob0
>>639

で爆撃に焼夷弾を使ったのは何で?

あらかじめ中にいる人間が逃げられないように、
周囲をぐるりとあらかじめ爆撃し、炎で壁を作ったのはなんのため?

649 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:12:41 ID:ILzsDRz40
>>639
じゃあ要するに「無差別爆撃だった」とやった奴が言い張れば無差別爆撃だった無差別爆撃になるわけかw

お前は本物の馬鹿だなw

650 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:12:51 ID:3U1LFmYF0
>>639
言い分なんてとおってない!
日本人が主張しないだけだろ。俺は無差別だと思う。
だからアメは日本に謝罪しろ

651 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:12:59 ID:imImxKW70
教科書を捏造するのは最大の隠蔽工作だ


652 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:13:54 ID:n6qtSLeuO
なんか現代人の歪んだ心をこのスレに見た気がした。

何はともあれ、沖縄戦の被害者に哀悼の意を持ち
歴史の真実を後世に語り継いでいくべきなのは確かなんだ

653 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:14:03 ID:gKqHXjV/0
>>651
わかったからまともな調査結果を出せ
教科書に載るぐらいの信憑性のやつをな

654 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:14:07 ID:2fGDY30w0
>>643
原爆も国体様にまで「しかたなかった」って言われちゃったし。

655 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:14:18 ID:zsdxf5IF0
>>558
>重慶爆撃は(途中から)無差別で東京大空襲は無差別じゃないよ

重慶爆撃は国民党軍が重慶市街に対空砲設置して重慶の町自体を対空陣地にしたからだぞ。
これは重慶攻撃した爆撃機隊の隊長が証言している。

>東京大空襲は標的を選定して軍需工場とその下請けを攻撃している

最大の攻撃目標である中島飛行機武蔵野工場は45年7月まで通常営業。
選定してるなら町よりこちらを最優先で攻撃して、機能停止してるはずだが。

656 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:14:45 ID:+qajb/Ob0
>>647
>日本家屋が木で出来ているからといってあそこまで被害が拡大すると
アメリカ軍人が予想できたとは思えないしな。

ったく無知のだな!

彼らは日本家屋を焼くための爆弾をわざわざ開発し、ソレを使ったんだよ。
屋根を突き破り、中から燃やす目的を持った焼夷弾。

知らないのか?

657 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:15:48 ID:zgxSeoC60
>>648-650
ジェットストリームアタックだなww


658 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 20:15:49 ID:wQK4yhNl0
>>647
なんで低高度だと焼夷弾有利なの?
夜間と昼間、高々度と低高度は爆撃精度に関係有るんだけど。

659 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:15:53 ID:uJGdJENY0
>>656
開発中の実験やってた資料フィルムあったよな

660 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:15:55 ID:fOuOeb7L0
>>627
そういうのは、もはや白人の性癖みたいなものなのかな。
日本人からすれば、おぞましいの一言だが。

661 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:17:01 ID:gKqHXjV/0
>>656
日本家屋風の建物で実験してる映像が出回ってるよな

あれで延焼のことは考えてないなんて言えないレベルで燃えてたが

662 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:17:29 ID:6BrwazzI0
>>648
敵の生産能力に再起不能なほどダメージを与えるため
出来るだけ高い打撃力を目標に集中させるのは戦術の基本
南京でも中国に「日本は蒋介石追い出すだけでよかったのに軍隊を街に浸透させて占領し
攻撃したから民間人に多数死傷者がでた 戦争犯罪だ」って言われても困るだろ?
出来るだけ早く敵を殲滅し拠点としたかっただけです、としかいえない

663 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:18:11 ID:h/ssdwSS0
>>656
無知はあんただよ。
アメリカがわざわざ日本用に特別な焼夷弾を開発したのか?
低高度で進入するから目標点を広範囲で攻撃できる焼夷弾に積み替えただけ。
通常爆弾に比べて軽いから搭載量ががばっと上がる利点もある。
そりゃ日本家屋が木で出来ているの情報はあったから期待はしただろうけど、
あんたのその論調じゃまるで日本家屋用に焼夷弾作ったみたいだよ。
それは間違いってはっきり言うよ。

664 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:18:36 ID:ZyTxHZNf0
>>610
WW1とWW2の戦死者総数よか多い人数を戦争でなく粛清で殺してる
中国最強という事になるw
しかも古代から19世紀末の世界中の戦死者総数より多い人数が20世紀の大戦で
死んでるけどそれ以上だからなwその他共産国の粛清含めると戦争が可愛いくらいに酷いw

665 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:18:49 ID:ILzsDRz40
>>662
> >>648
> 敵の生産能力に再起不能なほどダメージを与えるため
> 出来るだけ高い打撃力を目標に集中させるのは戦術の基本

これと下町の家屋を専用の焼夷弾で人間ごと焼却するのと何の関係があるんだよ?

666 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:18:54 ID:F3wQDh/60
ゲルニカも重慶もドレスデンもロッテルダムも東京も大阪も

全部、無差別都市爆撃だろ。

667 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:18:59 ID:a9WHHZQr0
>>662
だから、敵を殲滅するために無差別爆撃をやったんだろ?

668 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:19:04 ID:vCMLcll90
>>647
ゲルマン人は何事にも用意周到な癖だからどうでしょうか。
日本家屋を建てて燃焼実験も行ったそうですし。

669 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:19:05 ID:+qajb/Ob0
>>662
ソレを無差別大量虐殺と言う。

わかったか?

670 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:19:34 ID:8m1KhT3d0
つーか、沖縄戦で民間人が犠牲になったという証拠は、そもそもない。

671 :しらす干し ◆I2WKh4T9OU :2007/03/31(土) 20:19:48 ID:dYIUvJIx0
>>663
わざわざ日本用に焼夷弾を開発したんだよ。

672 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:20:01 ID:hLE99rp60
>>663
や、木と紙で出来た日本の家屋用に焼夷弾をあつらえたんだよ

673 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:20:52 ID:3U1LFmYF0
>>663
だったら避けりゃいいだろ。
俺もこんないいかた言いたくないが、最近の日本たたきを見るにつけ、ようは言ったもん勝ちだとわかってきた。
推論できたにに避けなかった=過失だよ。

674 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:21:07 ID:ILzsDRz40
>>663
散々既出なんだが?少しはレスを読んでから投稿しろよ。

675 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:21:25 ID:+qajb/Ob0
>>663
>アメリカがわざわざ日本用に特別な焼夷弾を開発したのか?


そうだよ。
屋根をもやすだけではなく、
屋根をつきやぶりその家の中で人間を焼き殺すための焼夷弾だ。

本当に知らないのか?w



676 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:22:02 ID:fTWbkho40
ここって沖縄スレじゃなかったっけ?

677 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:22:10 ID:uJGdJENY0
>>670
唐突に本筋に戻ってフイタwww

678 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:22:10 ID:F3wQDh/60
日本の工場を支えているのは家屋でやっている零細工場だから、
民家への爆撃は生産拠点への攻撃でもあるわな。

679 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:22:26 ID:0R2GjMUt0
焼夷弾なんてガソリンみたいな燃えやすいものを
爆弾と称して投下しただけ。何の工夫も要らない。
家屋が木で出来ている日本以外には効果は無い。

680 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:22:44 ID:vY8426xf0
沖縄県人=うそつき=従軍慰安婦

というのは俺の中では定説になってるし。
正直、沖縄の人の証言は信頼できない。

681 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:22:57 ID:6BrwazzI0
>>667
結果として被害が無差別になった爆撃ね
それを無差別爆撃といわないと何度言ったら分かるのやら
さっきも言ったが、パリ不戦条約に「戦争」と書いてあるから、と自衛戦争やった相手を条約違反で非難するか?
目標の選定(と戦争に勝ったか)が重要
ttp://mltr.e-city.tv/faq08f02.html#07799

682 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:23:11 ID:SJPIaHiN0
焼きはらった帝都東京を拠点とする・・・・ねえ

683 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:23:55 ID:h/ssdwSS0
>>672
じゃあレンガで出来た都市では焼夷弾は使わないんだね?
低高度進入できたらどこでも焼夷弾を使うの基本だろ?

684 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:24:04 ID:iCYe8it50
>証言後は同じようにぐったりしていた母親が「生き残った者の使命だよ」
>という言葉があったからだ。

だったら何故金目当てに嘘を放置してきたんだ糞野郎。

685 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 20:24:17 ID:wQK4yhNl0
>>678
ま、物は言い様だよな。
やっぱり戦争は負けたら駄目だよ。

686 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:24:23 ID:+qajb/Ob0
>>678
生産拠点を破壊するのはわかる。

でもな、中にいる女子供までまとめて殺す事はないだろ。

米軍は逃げられないようにまわりを囲ってから、

その中にいる人間全てを生きたまま焼き殺した。

だから10万人も死んだんだ。




687 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:24:43 ID:ILzsDRz40
>>681
つまり、標的が民間人と民間人の住んでいる住宅でも、意図してそれを目標としたなら
無差別ではないと言いたいわけかw

君は本物のキチガイだ。今度こそ確信したよwwwwww

688 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:25:09 ID:5mSAMNFy0
フランスに住んでいますが、今の日本に歴史修正主義者という形の極右勢力が
社会的弱者の若者層に増えていると研究されていることは、
右翼も左翼も知っておいて損はないよ。

689 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:25:28 ID:IxXAslsP0
>>678
そりゃ当時の米大統領の言い訳だ。
脆弱なところから攻めただけだ。

690 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:26:47 ID:+qajb/Ob0
>>681
結果ではなく、意図したものだ。
何度言えば分かるんだ?

なぜ、退路を断った?なぜ、逃げられないようにした?

単なる爆撃なら、人口密集地の下町と言っても、もっともっと多くの人間が助かったよ。



691 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:26:47 ID:F3wQDh/60
総力戦ってのは、民家も軍事拠点とみなされるからな、

それこそオマンコだって、兵士を製造する穴だし。
継戦能力を断つには女性と子供を殺してしまうのが一番となるわな。

692 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:26:49 ID:G8/OALom0
>>688
「歴史修正」という表現が欧米連合国の絶対正義前提だという事もな

693 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:27:08 ID:ILzsDRz40
>>683
お前は人の話を全然聞いてないのか?

米軍は日本の住宅を焼き払うために、その用途のための焼夷弾を開発したんだと散々既出だろ?
馬鹿なのかお前は?

694 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:27:12 ID:2fGDY30w0
できるだけ残虐に敵を殺し、途方にくれさせ、
戦争をあきらめさせる=降伏させる、のが、
戦争中の全ての目的だからね、と被爆2世が行ってみる。

695 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:27:19 ID:mI0/botiO
>>683
よく分からないけど、普通の爆弾落とすんじゃないの?

696 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:27:24 ID:hysPePSU0
>>652
本当に軍側を擁護している連中をみていると反吐が出るね

なにしろ奴らと来たら、ジュネーヴ条約も知らずに
いたずらに「米軍に保護されたら確実に殺される」とほざいているからw

自決の方がよほど確実に「死」につながるのにね
本当にバカな連中だ

しかもそれが「優しさ」と勘違いしているようだから始末に負えないな

697 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:27:27 ID:hTGVpnXd0
>>654 何ですか?  国体様って。 
   国民が居て日本がある、日本があって国民が居る、だと思うんですが。
    共産党員の方ですか?

698 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:27:39 ID:a9WHHZQr0
>>681
民家を区別して目標にしたから無差別では無いって事ね。
頭おかしいんじゃね?

>>683
M69焼夷弾は対日本用に開発された焼夷弾だよ。
確か煉瓦家屋用のM50だったかってのもあったはずだが、構造が違う。

699 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:28:03 ID:Ac8mR3H/0
海を失つた「海国日本」
http://www.geocities.jp/kyo_oomiya/d43.jpg

700 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:28:35 ID:r++rsI42O
従軍慰安婦はデマだが。
沖縄の集団自決は軍の命令でしょ。皇民潔く玉砕しせりや国民をアメリカ兵へのテロ集団に画策したのは事実

701 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:28:35 ID:3U1LFmYF0
結局勝った奴正義っていう論拠から何も抜け出せてない。
日本人である俺はそのような論拠をとらないぞ。

702 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:29:42 ID:RiaqOMU4O
>>683

何つか、逆にお前が司令官になったつもりで考えれば?
じゃあベトナムでナパーム弾が採用された理由は?
素人でも分かるんじゃないの?

703 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:29:52 ID:F3wQDh/60
ヒトラーはイギリス爆撃で民間施設には爆撃しないように厳命していたが
ドイツのパイロットが誤爆してしまい、そこから報復的な都市爆撃が
始まるわけだ。

704 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:30:07 ID:dSFTVcPZ0
>>1

同日号に、↓なニュースも載っとるが、

沖縄タイムス:医官きょう引き揚げ/県立北部病院
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200703311300_06.html
 県立北部病院産婦人科に派遣されていた防衛医官が五月までの期間を繰り上げ三月末で引き
揚げることが三十日分かった。派遣元の防衛医科大学校(埼玉県)も深刻な産婦人科医師不足
に陥ったため。北部病院の産婦人科が休診状態になってから約二年。同病院は再び産婦人科医
不在の状態に陥ることになった。

 県病院事業局の知念清局長は「北部地区の住民に再度不安を与えることになり、大変申し訳
ない。県は引き続き産婦人科医獲得に全力を尽くしていく」と述べた。県は同日、島袋吉和名護
市長に派遣切り上げを伝えた。

 県立北部病院は二〇〇五年四月、産婦人科医の辞任で休診状態になったが、防衛医官の
派遣で、週一回診療を受け付けていた。

 県は「これまでの患者は、中部病院からの派遣などで診療継続できるよう配慮する」としている。
同大学校の産婦人科医師は七人。うち六人を一―二週間交代で派遣していた。

さて、↑から、「「軍隊は住民を守らない」という教訓」がどーやったら引き出せるのか説明してもらい
らいたいものだが。件の防衛医官は、とり上げた乳児を片っ端から“虐殺”しとったんかね?むろん、

乗員4人全員死亡/陸自急患ヘリ墜落
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200703311700_01.html

↑も、徳之島の住民虐殺に赴いっとったとでもゆーんだろーねえ。

705 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:30:15 ID:IxXAslsP0
>>696
お前のように中共人民解放軍は平和な軍隊と思ってるのは日本では少数派だからな。

706 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:30:16 ID:KJVaDndC0
>>688
フランスっていま何時?
つーか弱者で何が悪いんだよ、奥田や御手洗やホリエモンがなにしてくれたってんだ?

あれ? フランス語で釣りって何て言うの?

707 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:30:17 ID:5mSAMNFy0
>>692
勝てば官軍、負ければ賊軍。

日本とドイツはあいにく後者。
正義と歴史は常に勝者に与えられるのだから、
歴史修正主義というのは、いうならば事後クレームのたぐいなんだよ。

いやなら、もう一度戦争して、勝て。

708 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:30:27 ID:a9WHHZQr0
>>696
お前は運動サボってないでちゃんと動いてこいよ。

709 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 20:30:52 ID:wQK4yhNl0
>>696
勝利宣言はしたんじゃなかったのか?

>>701
勝った奴は正義なんだよ。


710 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:30:55 ID:+qajb/Ob0
東京大空襲は、現場k投下と並んで、

より効果的に日本人を大量虐殺するために米軍によって計画実行された

人類史上例を見ない、無差別大量虐殺だ。

女も赤ん坊も子供も老人も病人も、生きたまま焼き殺された。


男は戦争に行き、残っていた女子供を焼き殺すためにな。

711 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:31:10 ID:4BLPmYv60
>>688
日本のサヨクを知ったら更に驚くんじゃない?
研究対象に教えてあげなよ


712 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:31:13 ID:cQPskik60
戦争で亡くなった方々への責任は国にある
軍隊だけに押し付けるものでもないだろう
あの時代の狂気は誰にも止められなかった
2ちゃんがあれば開戦はしてなかったはずだけどね

713 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:31:14 ID:Rq6pDiu+0
戦争始まったら真っ先にするべきことは彼女に中出しこれで間違いないな

714 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:31:16 ID:6BrwazzI0
>>686
日本は南京で出来る限り住民を避難させたとも言われているな
米国も爆撃する都市を示して非難するようビラ撒いてたよ
戦争で、逃げない民間人がいるから攻撃できません、なんてのはない
日本も米国も同じ
避難は出来るだけ呼びかけるかもしれないが実際にしてもしなくても予定通り攻撃する
米国今でも同じ様なことやってるでしょ
指揮命令系統破壊しようと攻撃して外したら結果的に無差別に殺してしまうこともある
でも無差別爆撃とは呼ばれない 日本の新聞も誤爆と書くね

715 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:31:29 ID:mI0/botiO
>>696
条約があっても、戦時では確実にそれが守られる保証はないということをみんな分かってるからね。

716 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:32:02 ID:F3wQDh/60
>>710

> 女も赤ん坊も子供も老人も病人も、生きたまま焼き殺された。

死んだ人間は焼き殺せないわな。w

717 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:32:14 ID:gKqHXjV/0
>>707
何で上から、もしくは戦勝国の人間のようなものの言い様なの?

718 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:32:14 ID:GVjEDYIdO
自殺するなら首吊りより首筋切るのがいいかな…

719 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:32:25 ID:2fGDY30w0
>>697
>>641へのレスだし
>>641
>国体護持の為なら女子供の一千万や二千万どうって事無いっすよw by大西中将
をパロっただけです。


720 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:32:27 ID:Bg3vD+9H0
時は人の気持ちを変え、価値観は時に逆となる

あと何十年もすれば米軍の犠牲となった遺族が
イラク軍のせいだと武器を残し抵抗を強要したせいだと
国家を訴えるだろう
一部には民間を真っ先に犠牲にする過激な武装勢力もいるだろう

しかし一部を取り上げ、戦いすべてを否定し奴隷根性を学習させる
誰が得をするのか? 決して我々庶民ではない

721 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:34:00 ID:hysPePSU0
>>715
守られる保障はない=100%でない

だからといって助かる可能性がゼロになるわけでもないわけだ

それに比較して自決したら確実に「死」だろバカたれ

722 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:34:20 ID:efmNa1ud0
>>1
戦後世界中で無差別虐殺を繰り返し、罪のない女子供を大量に惨殺したのは、
おまいら左翼だよ。

723 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:34:47 ID:G8/OALom0
>>721
生き恥って言葉知ってるか?

724 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:35:34 ID:+qajb/Ob0
>>714
おまえ、日本人じゃないだろ。
学童疎開って知ってるか?

米軍は初めから日本人を殺すためだけに東京大空襲を計画した。

初めから逃がす気なら、どうしてあのような爆撃をしたんだ?

もう一度言う。

米軍はあらかじめ決められた区域の周りを爆撃、これで炎の壁をつくって、
中にいる人間を逃げられないようにしてから、何十万トンという焼夷弾を投下した。

いわば、家の中に閉じ込めてから火をつけたのと同じ

725 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 20:35:37 ID:fTcpR0Wm0

( ^▽^)<近代海戦史♪


 日清戦争♪    日本 vs 清国

1894年9月  黄海海戦→日本軍大勝     史上初の 近代装甲艦同士の海戦


 米西戦争♪    アメリカ vs スペイン

1898年5月  マニラ湾海戦→アメリカ軍大勝   スペインの植民地支配の崩壊


 日露戦争♪    日本 vs ロシア

1904年2月   旅順口奇襲→引き分け
1904年9月   仁川沖海戦→日本軍勝利
1904年8月   黄海海戦→引き分け
1904年8月   蔚山沖海戦→日本軍勝利
1905年5月  日本海海戦 →日本軍大勝    世界海戦史上、稀なる完全勝利

726 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 20:35:39 ID:fTcpR0Wm0

 第一次世界大戦♪  ドイツ・オーストリア・ハンガリー・トルコ・ブルガリア
                  vs イギリス・フランス・ロシア・イタリア・ベルギー・日本・アメリカ・中国

1914年11月  コロネル沖海戦→ドイツ軍勝利
1914年12月  フォークランド沖海戦→イギリス軍大勝
1916年5月   ジュットランド沖海戦→イギリス軍辛勝   同一海域で行われた史上最大規模の海戦


 第二次世界大戦♪   連合国 vs 枢軸国   人類史上最大の戦争

1939年12月   ラプラタ沖海戦→イギリス軍勝利
1940年10月   マタパン岬沖海戦→イギリス・オーストラリア軍大勝
1941年5月    ビスマルク迫撃戦→イギリス軍勝利
1943年12月   北岬沖海戦→イギリス軍勝利

727 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:35:48 ID:WzlvNZf90
>>722
だよな
それについての反省が左翼から聞かれないのは何でだろ?

728 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:36:09 ID:cuoIih1M0
井筒和幸氏「国母・閔妃を殺して焼いた、日本の役人の冷酷さに驚愕させられる」 [03/31]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1175327843/l50

井筒和幸氏「国母・閔妃を殺して焼いた、日本の役人の冷酷さに驚愕させられる」 [03/31]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1175327843/l50



729 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:36:18 ID:4BLPmYv60
>>714
広島や長崎でもビラ撒いたの?
初耳なんですが

730 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 20:36:21 ID:fTcpR0Wm0

 太平洋戦争♪  日本 vs アメリカ

1941年12月 ハワイ沖海戦→日本軍大勝
1941年12月 マレー沖海戦→日本軍大勝
1942年 2月 スラバヤ沖海戦・バタビヤ沖海戦→日本軍大勝
1942年 4月 セイロン沖海戦→日本軍大勝
1942年 5月 珊瑚海海戦→引き分け
1942年 6月 ミッドウェイ海戦→日本軍大敗
1942年 8月 第一次ソロモン海戦→日本軍大勝
1942年 8月 第二次ソロモン海戦→日本軍惜敗
1942年10月 サボ島沖海戦→日本軍惜敗
1942年10月 南太平洋海戦→日本軍辛勝
1942年11月 第三次ソロモン海戦→日本軍惜敗
1942年11月 ルンガ沖夜戦→日本軍大勝
1943年 1月 レンネル島沖海戦→日本軍勝利

731 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 20:36:23 ID:fTcpR0Wm0
1943年 3月 ビスマルク海海戦(ダンピールの悲劇)→日本軍大敗
1943年 3月 アッツ沖海戦→引き分け
1943年 7月 クラ湾夜戦→引き分け
1943年 7月 コロンバンガラ島沖夜戦→日本軍勝利
1943年 8月 ベラ湾沖夜戦→日本軍大敗
1943年10月 ベララベラ海戦→日本軍勝利
1943年11月 ブーゲンビル島沖海戦→日本軍敗北
1943年11月 セントジョージ岬沖海戦→日本軍敗北
1944年 6月 マリアナ沖海戦→日本軍大敗
1944年10月 レイテ沖海戦→日本軍大敗      史上最大の海戦
1945年 4月 戦艦大和沖縄特攻→日本軍大敗

大戦中に沈没した空母
連合軍:11隻
日本軍:19隻(着底した天城を含めると20隻)

沈没した戦艦
連合軍:7隻
日本軍:11隻


( ^▽^)<途中までいいせんいってたんだけどな〜

  ∧∧
 ( =゚-゚)<歴史に残るような海戦 毎月のようにやってたんだぜw

      日米ってバカだろwwwwwww

732 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:36:28 ID:TuhPzCNY0
爆撃にも一般的に戦術爆撃と戦略爆撃がある。
特定の敵艦船や地上目標を破壊したり橋や鉄道などの輸送施設を狙ったり、地上戦闘
の支援をしたり、交差点の上空を哨戒して移動妨害をしたりするのが戦術爆撃。
主に純粋に軍事的な目的で行われる。

これに対して戦略爆撃とは政治的な意図をもち、都市に対して大規模で無差別な爆撃を
実施し、敵国民に恐怖感を与えると共にその生活を破壊して戦意を喪失させ、敵国の
政治的転覆を図る目的で行われる。

これら二つの爆撃は、第二次世界大戦当時はかなり一般的な航空作戦と考えられており
戦略爆撃も各国で行われていたが、今日でも核兵器による攻撃は戦略爆撃と考えられる。

ただ、戦略爆撃は各種メディアの発達した今日では人道上の理解が得られにくく
特にベトナム戦争の北爆は世界から厳しい批判を受けた。
また、各種の研究により日本、ドイツ、北ベトナムなどの例を挙げるまでもなく
戦略爆撃によって国家を屈服に至らしめる効果はその被害や影響に照らし合わせて
乏しいのみならず、北ベトナムの例のように逆に政治的敗北を招く恐れがある事から
その効果は否定されているのが現状。


733 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:36:30 ID:a9WHHZQr0
>>721
馬鹿なのは今の自分の知識で当時の人間の行動を語るお前だよ。

734 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 20:36:50 ID:fTcpR0Wm0


( ^▽^)<正直 太平洋戦争の規模を超える海戦はこの先不可能だし

      「艦隊戦の歴史」で他の国が日本を越えるのは 無理♪


  ∧∧
 ( =゚-゚)<ニャハハ

735 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 20:37:19 ID:fTcpR0Wm0


( ^▽^)<対日宣戦布告国 一覧

   アメリカ・ イギリス・オーストラリア・ ニュージーランド・ カナダ ・南ア連邦
   コロンビア ・エル・サルバドル・コスタリカ・ ドミニカ ・ ニカラグア・ハイチ
   グァテマラ ・ホンジュラス・パナマ ・オランダ ・キューバ ・ベルギー

   メキシコ ・イラク ・ノルウェー・ボリビア・リベリア・フィンランド・ルーマニア
   ブルガリア ・エクアドル・ペルー・パラグアイ・ベネズエラ・ ウルグアイ
   トルコ・エジプト・シリア・レバノン・イラン・サウジアラビア・アルゼンチン
   スペイン ・チリ・ デンマーク ・ブラジル・ ギリシャ


   ソビエト連邦 ・ モンゴル・ 重慶政権 ・  ド・ゴール政権
   ユーゴスラビア・ ポーランド・ エチオピア・ チェコスロバキア
   イタリア・バドリオ政権


  ∧∧
 ( =゚-゚)<ギネスもんだなw  他の国がこれを抜くのも無理だろw


736 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:37:30 ID:IxXAslsP0
>>723
朝鮮人には恥という概念がないそうだ。

737 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:37:38 ID:srpyCC5k0
軍隊は住民を守らんでしょ
今日本が戦争になったら自衛隊が日本人を守ると思ってんの?
自分たちだけさっさと逃げそうw

738 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:38:10 ID:+qajb/Ob0
もうひとつ。

後からの占領も考えて、

米軍は下水などのインフラ、駅や鉄道そのものは破壊してない。

日本人だけを殺した。

大空襲の翌日も水道は使えたんだよ。

739 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:38:20 ID:9Y+0yeRL0
本筋。事の真偽は兎も角、

>>1

>慶良間諸島の各地で住民が、口にする事実はまぎれもなく日本軍の関与を示している。

こういう表現が嫌だ
−口にする真実-
裏の取れた証言って意味か?

740 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:38:32 ID:2fGDY30w0
>>729
まいてますよ。
少なくとも広島では。


741 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:38:43 ID:pqg5W1RA0
>>723
そんなのあるのは一部の軍人だけだろ

742 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 20:38:46 ID:fTcpR0Wm0

     連合艦隊

( ^▽^)
    つhttp://www.youtube.com/watch?v=Dwr07qEJu_k  
     http://www.youtube.com/watch?v=0e3phwa3Hys
     http://www.youtube.com/watch?v=L_B7LwmyABU


( T▽T)
    つ http://www.youtube.com/watch?v=SA1w_7qfI-A
      http://www.youtube.com/watch?v=yu_yWaK6UsU
      http://www.youtube.com/watch?v=Q_tPnkqWqUU

743 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:39:35 ID:IxXAslsP0
1942年 6月 ミッドウェイ海戦→日本軍大敗

こいつが痛かった。。。。。
貧乏国にとっては致命的なんだよな。。。。

744 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:39:42 ID:G8/OALom0
>>741
戦争しないのに年間3万人も自殺する国があるそうですよ

745 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:39:57 ID:l4rEwMuL0
軍隊が住民を守らないなら、サヨクはもっと住民を守らないな
てか敵に加担して住民を苦しめる

746 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:40:12 ID:+qajb/Ob0
それから米軍は燃えやすいように上からガソリンまいてますから。

747 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:40:23 ID:XAijiw6X0
>>736
「約束」という概念もないそうだぞ。ああ、「清潔」もだ。

748 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:40:35 ID:2fGDY30w0
>>736
「大脱走」でスティーブ・マクィーンは鉄条網に絡んでつかまって
ホールド・アップしてたけど、ヒーローだったよね。

749 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:40:53 ID:zgxSeoC60
うーんサヨクに結びつけるのは無理があるような
戦争失敗を言われてサヨクのせいとかいって逃げてる感じ


750 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:41:04 ID:nUI0b6+tO
>>738
そりゃ単に爆弾の効能による副作用だろ
焼夷弾では水道を破壊するだけの衝撃を地下に伝えられないからな

751 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:41:12 ID:6BrwazzI0
>>724
日本の工業の基盤となっていた手工業を壊滅させるために一番効果的な方法を採ったってことだろ
日本が上海事変でやった浸透作戦だって突撃部隊は敵とか民間人とか識別しないで遮った者は全て撃つ
そこで「なんで民間人を避けなかった」と言われても困るだろう
逆に言えば日本は中国や米国を焼き尽くせなかったから勝てなかった
総力戦ってのは相手の継戦能力を根こそぎ削ぐことが必要
だから総力戦の先駆者のシャーマン将軍の言うとおり「戦争は地獄」

752 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:41:19 ID:lTQNkss60
防衛で無力なのでしたら外敵を先制攻撃で壊滅させればいいですね


753 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:41:34 ID:TuhPzCNY0
>>731
そこに出てこない海防艦や無数の航空機、潜水艦による戦闘もあった。
太平洋戦争の海の主役は、実は戦艦でも空母でもなく、駆逐艦。


754 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:41:40 ID:rBKZdupQ0
>>49
沖縄戦で米軍に投降(捕虜)になる以外で助かる道ってあったの?
本土のように爆撃だけの戦争とは違うよ。


755 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:41:47 ID:a9WHHZQr0
>>743
その後は物量で押し切られた感じだな。

756 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:42:12 ID:dSFTVcPZ0
>>737

いいことじゃないか。
近世期みたいに、薩摩と支那に朝貢でもしてろよ。

757 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 20:42:59 ID:fTcpR0Wm0
>>743

( ^▽^)<

758 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:43:00 ID:hysPePSU0
>>723
>生き恥って言葉知ってるか?

民間人に求めるな阿呆

759 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:43:01 ID:YgEIRBM80
>>644
当時の米国はありとあらゆる戦争を想定していたからな
対英戦争も想定してイギリスの攻撃作戦も立案していたし。

>あはははは・・・イギリスの攻撃作戦だって。
どの大統領の時代の話だ(笑。

まったくパーフェクトに世界政治をわかってないな。


760 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:43:05 ID:+qajb/Ob0
>>750
本当に生産設備を破壊するなら、インフラもまとめて破壊するだろう。

>>751
>手工業を壊滅させるために

日本人を大量に殺したんだろ。

工場のような設備ではなくな。

761 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 20:43:20 ID:wQK4yhNl0
>>743
国力の差が絶望的にあるんで、空母4隻の差なんて関係ないよ。

762 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:43:42 ID:F3wQDh/60
住民を守るだけの戦力を保持したら、
どの国だって財政破綻してしまいますがな。

763 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:43:52 ID:vExTxFDd0
>>755
物量だけじゃない。

質も運にも見放された。

764 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:44:12 ID:pqg5W1RA0
>>744
恥ずかしくて自殺してるわけじゃないだろw

765 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:44:56 ID:1F6ev5qT0
>>754
広島長崎や東京の方は、投降すら出来なかったんだがな。

766 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:45:06 ID:2fGDY30w0
>>758
なぜ民間人にまでその美学をもとめたのか、
求めさせたのはなにだったのか、考えてみるといいね。

767 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:45:11 ID:+qajb/Ob0
>>758
犬は恥を知らんだろうな。

ID:hysPePSU0 いまさらのこのこ出てくるんじゃねえw

エグザスはどうした。この嘘つき。

768 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:45:31 ID:0R2GjMUt0
>>743
確かに。ディックのSF小説でミッドウエーで日本軍が勝って
アメリカの西半分を占領というのがあったけど、あの戦いが分かれ目だったな。


769 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:45:42 ID:vvm8cXJe0
軍に協力させられたとか集団自決に追い込まれたことにしないと、
国から保証金が受けられないから嘘をついたって自白してたじゃん。
あえて汚名を着た日本軍将校は死ぬまで一言も語らなかったとか。

770 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:46:28 ID:a9WHHZQr0
>>763
引き際を間違えたのか何なのか。
何とも痛ましい話だな。

771 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:48:15 ID:imImxKW70
論文で語るならともかく、教科書を捏造するなんて北朝鮮レベルの支配だな

子供が勉強する教科書を捏造するのは最大の隠蔽工作だ!!



772 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:48:46 ID:l4rEwMuL0
二度と自殺しないように最強の軍隊を整えよう
戦に負けなければ自殺することもない

773 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:48:56 ID:6BrwazzI0
>>743
ミッドウェーまでなら単純な戦力比では勝てたからな
大きな戦いではマリアナになるとどうしようもなくなってたが

>>760
一番の効果を得るために軍事施設を目標にした上で全てを焼き払ったってことだな
単純な話だ

>>769
軍についていったのは知事が軍隊が守ってくれるって言っちゃったことと勝手に住民が期待しただけだな
軍隊としては迷惑千万だし物資・医薬品や行軍速度、さらに隠れることにも影響するから
ついてこられるとなると協力してもらわないといけないのは当然の話だし

774 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:48:56 ID:1F6ev5qT0
>>770
アサヒの世論誘導で既に国内世論が暴走状態だったから、もはや引く事も出来なかったんだろうなぁ

775 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:49:29 ID:hysPePSU0
>>766
作戦遂行の邪魔ということだな
やっぱ日本軍はいかんな

776 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:49:29 ID:4BLPmYv60
>>740
勉強になりました

777 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:49:33 ID:6ezVe92IO
軍隊は国を守る為にある。



散々日本の女性をレイプしてきたアメリカに言われたくわないよなw

778 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:49:49 ID:mI0/botiO
>>770
和平交渉の仲介人にソ連を選んだのは間違ってると…俺は思う。

779 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:50:23 ID:rBKZdupQ0
>>765
…結局どこも自分のところが一番か。


780 :沖縄県民:2007/03/31(土) 20:50:31 ID:fnDQ1uGx0
>人口四分の一に当たる十二万人を失った沖縄戦の記憶、「軍隊は住民を守らない」という
>教訓は、今の日本には邪魔なだけだということを一連の動きは示している。

守らないではない。
守れないが正しい。

その上で軍備や法制度をどこまでちゃんとする覚悟があるのかを社会に問うのが
正しいサヨ機関紙だろ?

>>1の論説は皮肉を読者に読ませているだけの駄文だ。


781 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:50:38 ID:vExTxFDd0
戦国時代には。
一緒に篭城していた住人達の命と引き換えに
切腹した武将たちがいたのに・・・。60年前にはいなかったのな。。

782 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:50:53 ID:h67J1eJ8O
沖タイ発狂w

783 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:51:07 ID:+qajb/Ob0
>>773
軍事施設を目標にした←ソース

784 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:51:20 ID:roRdfRm/0
>>644
アメリカは今でもあらゆる国に対する戦略戦術は練ってるぞ。
軍隊の参謀本部ってのは平時はそういったものを研究している。
それが仕事だからなあ。
どっちかって言うとその部分の研究がタブーになっているのは日本ぐらいのものだ

785 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:51:57 ID:GOb2HyDa0
>>743
実際のところは、勝ってても敗戦濃厚になるまでの時間がほんのちょっとのびたぐらいの効果しかなかったんじゃない?
どーやっても資源がないという絶対的ハンデがある訳だし

786 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:52:05 ID:TuhPzCNY0
>>731
ちなみに世界史上もっとも有名な海戦はユトランド沖海戦だと思うけどな。

第二艦隊がレイテに突入していたら名実共に比島沖海戦だっただろう。


787 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:52:08 ID:hysPePSU0
>>780
>守れないが正しい。

守れないと殺す

すごいですね

788 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 20:52:39 ID:fTcpR0Wm0

  ∧∧
 ( =゚-゚)<ん? 日本とアメリカは国土が数千キロも離れてるから、
       地政学的な敵対関係はないよ♪

      大陸利権争いと、第三国の思惑でしょ?


  ∧∧
 ( =゚-゚)<ただアメリカにとって一応前から仮想敵国だったはず

      仮想敵国を、ドイツは黒、イギリスを赤、メキシコを緑、
      日本を橙というように「色」で表してた


( ^▽^)<オレンジプラン

789 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:53:05 ID:vvm8cXJe0
>>781
少数の例を引き合いに出すなよ。
部下を置き去りにして我先に逃げ出した武将の方が多いんだよ?

790 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:53:08 ID:EgNUu4SL0
戦後の自虐的な反日義務教育と、マスコミによる左翼思想的偏向報道に騙されてませんか?

「強制連行」という神話
1.そもそも「強制連行」という言葉も政策もなく、戦後に模造されたプロパガンダである
  ことを知ってますか?
2.在日コリアンは強制的に連行されたのではなく、職業の募集にあるいは教育を受け
  るなどの為に、自らの意志で日本に渡航又は密航したということを知っていますか?

3.日本内地では、戦前(昭和14年)〜終戦直前(昭和20年)までに約100万人の朝
  鮮人が増加したとされ、その100万人のうち70万人は自らの意思で日本に職を求
  めてきた者と、その間の出生によるもので、残りの30万人はほとんどが工鉱業、土
  木事業の募集に応じてきた者であるとされることを知ってますか?

4.日韓併合により日本は朝鮮半島への莫大な資金を投入し、朝鮮半島の農業の生産
  性を上げ、教育制度を充実させ、工業施設を建設し、道路・鉄道・港湾・電力などイン
  フラを整備し朝鮮半島の近代化の基礎を築いたことを知ってますか?

5.一部の左翼者が主張する「強制連行」とはいわゆる「徴用」のことであり、国民徴用
  令という法律適用に基づいた当時の「日本国民の義務」であり、当時の朝鮮人は日
  本の国民であったから当然の義務であることをしってますか?

6.また、「徴用」された数もごくごく少数であることを知ってますか?
 
7.仮に「徴用 」を「強制連行」とするならば、日本人徴用者も全て国に強制連行された
  ことになり全く馬鹿げた論理であることを知ってますか?

8.終戦直後日本にいた200万人の朝鮮人のうち終戦後、昭和20年8月から翌年3月
  まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万が帰還するなどして、終戦時
  までに在日していたもののうち約75%が帰還していることを知ってますか?

9.また後の昭和25年(1950年)からの朝鮮戦争を逃れるため日本に流入した難民は
  何十万人ともいわれることをしってますか?

791 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:53:11 ID:+qajb/Ob0
>>781
いましたけど?

「諸君(台湾人兵士)はよく国の為に戦ってきた。しかし、今ここで
軍の命令どおりに犬死にすることはない。祖国台湾には諸君らの生還を
心から願っている家族が待っているのだ。私は日本人だから責任はすべて
私がとる。全員、米軍の捕虜となろうとも生きて帰ってくれ」
そう言って、広枝音右衛門、海軍巡査隊長は、台湾人の命を
保証するよう米軍と交渉した後、フィリピンの地で自決した。
昭和五十八年、小隊長をつとめた劉維添はかつての隊長の自決の地を
訪れ、広枝隊長終焉の地の土を集め、茨城県に住むフミ未亡人の手に
わたした。
広枝隊長は獅頭山の権化堂に神様として祀られ、鬼籍の人となった夫
人も、広枝隊長の位牌とともに、かつての部下だった新竹警友会の人た
ちの手によって権化堂に祀られた。

「捏造された日本史」黄文雄

792 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:53:14 ID:nsjp4uJa0
朝鮮人>ニート



793 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:53:38 ID:rBKZdupQ0
>守らないではない。
>守れないが正しい。

>その上で軍備や法制度をどこまでちゃんとする覚悟があるのかを社会に問う


794 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:54:21 ID:vExTxFDd0
マスコミの世論誘導なんて言うが、
あの当時は政府に対して逆らうような事を書くのは禁じられていた。
それどころか政府に対する礼賛記事を書かないといけなかったんよ。


795 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:54:25 ID:YgEIRBM80

フランクリン・ルーズベルト

アメリカ国民が「歴代大統領で最も尊敬する指導者は?」と聞かれると
上位に位置する人物でもある。

アメリカ国民からの人気は高いが一方で、親中・親ソ派である反面、
日本人に対する人種差別的な感情の持ち主であり、

日系アメリカ人の強制隔離や交戦国である日本へ対する原爆投下の原因
となったマンハッタン計画を推し進めていた。


796 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 20:54:31 ID:fTcpR0Wm0
>>786

( ^▽^)<オンボロ戦艦部隊だけ なぜか突入しちゃったけどね・・・

797 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:54:34 ID:l4rEwMuL0
マスゴミが必死に潰そうとする新説は真実なんだろうな。

798 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:54:40 ID:x6LfJNFH0
厚生労働省(旧厚生省)も旧軍の伝統をひきついでるなぁ・・・・
国民を守らないという。

799 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:55:20 ID:h/ssdwSS0
>>698
資料当ってきました。
M69の母体であるM19自体は早くから使われてましたが
そのM19をクラスター上に集めて拡散するようにした日本家屋用新型がM69ですね。
円形状に広がって周囲を囲むのもM69の特徴です。
訂正してお詫びしておきます。

ただ、爆弾本体であるM19の特徴であるゼリー状の誘発剤や、後ろから火が吹き出る等は
とっくにドイツで落とされた焼夷弾と同じなので、
M69のクラスター状の拡散性以外はやたら強調するべきではないかと。

800 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:55:23 ID:+qajb/Ob0
他国から日本がどう思われていたかに関して:

 ジャーナリストの高木一臣さん。現在、アルゼンチンで邦字新聞『らぷらた報知』の
編集長をされている方ですが、昭和二十六年、大学を卒業して二十六歳でアルゼンチンに
渡ったときは、スペイン語がうまくしゃべれませんでした。
 当時、無一文だった高木さんは、無料の国立夜間小学校に通うことにしました。
その学校での歴史の授業のときでした。歴史の先生は「○○、前に出ろ」と生徒を指名して
教壇に呼び出して、復習してきたかどうかを確認します。
 高木さんも呼ばれました。ところが、高木さんのときには、こういいました。

「『日出づる国』の生徒よ! 前に出ろ」
 高木さんはいいました。
「先生、『日出づる国の生徒よ』という呼び方はやめてください」
「なぜだ?」


801 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:55:24 ID:roRdfRm/0
>>731
英国には楽勝だったんだよなあ。
アメリカの壁は厚かった・・・・・・・・・・・

802 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:56:11 ID:imImxKW70
教科書捏造はだめですよ

803 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:57:25 ID:4BLPmYv60
>>758 >>766
美学云々より恐怖心だろ
美学だけでは住民どころか大半の兵隊は死ねないよ 徴兵制のにわか兵士なんだしさ
白人が有色人種を人間扱いしてなかったのは事実だから
嬲り者にされるくらいならと自決や万歳突撃を慣行したんでしょ

804 :800続き:2007/03/31(土) 20:57:28 ID:+qajb/Ob0
先生、太陽は落ちたんです。日本はもう『日出づる国』でなくなったんです」
「君が『太陽は落ちた』というのは、日本が戦争に負けたからなのか」
「そうです」

「君は間違っている! 日本が『日出づる国』であるのは、戦争に強かったからではない。
 日本はアジアで最初に西洋文明を採り入れて、わがものとし、世界五大強国の仲間入りをした。
 『西洋文明』と『東洋文明』という全く異質の文明を統一して、一つの世界文明を
 創り上げる能力をもった唯一の国だ。この難事業をやり遂げたのは、日本をおいて他にない。
 日本がこの能力をもち続ける限り、日本は『日出づる国』であるのだ。
 戦争の勝ち負けなどという問題は『西洋文明』と『東洋文明』の統一という大事業の前には、
 取るに足りないことだ。君は日本が戦争に負けたからといって、卑屈になる必要はゴウもない。
 俺は『日出づる国』の人間なのだという誇りと精神を失わず、胸を張って歩きたまえ」

 異国の先生から、こんな言葉を聞こうとは――。
 高木さんは、このとき溢れる涙を抑えきれなかったそうです。


 以上、PHP研究所「愛国心の教科書」から


805 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:58:00 ID:vExTxFDd0
>>789
少数の例を引き合いに出すとは。
たとえばこんなのとか?
>>791

806 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:58:10 ID:YgEIRBM80

フランクリン・ルーズベルト

当時の駐米英国公使、ロナルド・キャンベルが英国外務省に宛てた手紙で、
この中でルーズベルト大統領は遅れたアジアに文明の灯をともすため(優秀な)
白人種とアジア人を交配させるアイデアを温めていたという。

「その交配によって新しいアジア系民族を産み出し、立派な文明と社会をアジアに
建設するのがルーズベルト大統領の考えだった」

 ただ「大統領は(白人より二千年も遅れた頭がい骨をもつ)日本人はこの対象から
除外し、もとの四つの島に隔離して次第に衰えさせようと考えていた」(同)。

 この人種交配構想はルーズベルトの後を継いだトルーマンによって廃棄されたが、
ただ日本の淘汰に関する部分はどうも生き残ったらしい。

 日本の敗戦後、海外にいた日本人のほとんどを引き揚げさせたことや、航空機の研究、
製造、運航をすべて禁止(連合国軍総司令部覚書301号)したのも日本人が勝手に
国外に出ていかないようにした隔離政策の一環とも思える。




807 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:58:56 ID:F3wQDh/60
>>759
ローズベルト時代、

各国をカラーで呼び、その国ごとの戦略計画を立案していた
オレンジ(日本)計画はそのひとつ、イギリス版もドイツ版も存在する。
政治的に滑稽でもありとあらゆる可能性に備えるのが軍がなすべきこと。

レインボープランさえ知らないのか・・・

808 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:59:34 ID:JzACvgfR0
>>801
鉄鋼生産量
要は作れる武器の量が10倍違ったわけだからな
長期戦の全面戦争やって勝てるわけがない
まじでどういうシナリオを描いてたんだろうな

809 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 20:59:40 ID:0R2GjMUt0
どんどんやれ、どんどん日本を追い込め、日本人をどん底に叩き込め
金を与えるな、持ってる金はむしりとれ、死ぬまで働かせろ、プライドを砕け
歴史を壊せ、家族を壊せ、伝統を壊せ、倫理観を奪え、モラルを壊せ
教育レベルを下げろ、奴隷同士憎しみ合わせろ、子供は未来を悲観して青年は病め
永久に立ち直れない程に民度を下げてやれ

810 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:00:03 ID:roRdfRm/0
日本の敗因はあれだな。
ルーズベルトが大統領の間に戦争をふっかけたことだな
小牧長久手の家康を見習えよ・・・・・・

811 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:00:06 ID:4cn4YIvk0
>慶良間諸島の「集団自決」では約六百人が亡くなった。死者の沈黙、家族を手にかけたゆえの沈黙、


あら!沖縄タイムスが集団自決は住民主導でやったって認めてるジャン!w

812 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:00:21 ID:TBeqjNja0
当時の日本の空軍力では
軍需工場に関係のある市民を含めて
一つの都市を焼き払う能力はない。
時速3百キロ程度で爆弾1トン弱中国軍の高射砲に苦戦を強いられているのと、
時速500キロオーバーで最大9トンの爆弾焼夷弾
日本の高射砲や迎撃機などほとんど問題にならないなんていう機材を比べたら
話にならん。
重慶大空襲なんてB29と比べたら単なる火遊びにしか見えない。

813 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:00:36 ID:+qajb/Ob0
>>805
まだいるけど?

有名なのはパラオの話だけどw

814 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:00:59 ID:8mgnjlzE0
「ゆきゆきて神軍」という映画に、被害者の沖縄県民が出てくるよ。
なんだ、あの元少佐とか言うジジイ。人をなめてるな。

815 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:01:07 ID:F3wQDh/60
つーか、戦争は終戦工作の仲介者まで用意してから始めるもので

816 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 21:01:25 ID:fTcpR0Wm0
>>804

( ^▽^)<いい話だな〜

817 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:02:05 ID:vExTxFDd0
>>801
ヒトラーのドイツはどんなことがあってもアメリカの商船などを
攻撃するな。と厳命してたのになぁ。

ドイツの勢いに呑まれてアメリカに喧嘩売った日本バカス。

818 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:02:12 ID:jn/HaGeb0
>>808
くず鉄輸入してた相手に戦争ふっかけても勝てんわな。(´・ω・`)

819 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:02:16 ID:ejErgLF60
とりあえず強姦はあったよなぁ現在に至るまで なかったのか?

820 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:02:46 ID:GOb2HyDa0
>>808
元々海軍はやっても負けまっせ
やれと言われりゃ3ヶ月は戦い抜いてはみせますが的な発言してたんだっけ?

どー考えても、精神論じゃないけど後は野となれ山となれな戦争ではあるよな

821 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:02:49 ID:+qajb/Ob0
新聞に載ったパラオの話。

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
「あそこでみんな死んでいったんだ・・・」
沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。
太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
老人は村の若者達と共にその作業に参加した。
日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。
やがて戦況は日本に不利となり、
いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。
仲間達と話し合った彼は代表数人と共に
日本の守備隊長のもとを訪れた。自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。

それを聞くなり隊長は激高し叫んだという
「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
日本人は仲間だと思っていたのに…みせかけだったのか
裏切られた想いで、みな悔し涙を流した…
船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。
村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。
しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。
そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。その瞬間、彼は悟ったという。
あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと・・・。



822 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:03:18 ID:F3wQDh/60
くず鉄だけでなくて石油もアメリカに依存してたんだよな。

石油を買ってる国を攻撃しちゃ、そりゃ負けるだろ。

823 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:03:47 ID:3gIIx8OU0
もっと強い軍隊が欲しいと、そういうわけですな。
違うの?

824 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:04:27 ID:a9WHHZQr0
>>799
ストリーマもね。
まあやたらと特殊性を強調するつもりはないよ。
対日本家屋用だって話が伝わればそれでいい。

825 :しらす干し ◆I2WKh4T9OU :2007/03/31(土) 21:04:32 ID:dYIUvJIx0
>>814
>ゆきゆきて神軍
ダウトwww

826 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:05:10 ID:ZPnjR3Dg0
「テキサスの油田とデトロイトの自動車工場を見れば
 かの国と戦争をするべきではない事が判る」
とかなんとかは56の台詞だったが

結局日中戦争も太平洋戦争も

「ヘタレのアメ(中)はガツンと一撃食らわせりゃ黙る(プ」

と言うおよそ能天気な希望的観測でおっぱじめた訳でw

安倍の慰安婦問題に対する対応を応援しているネットウヨと同じレベルwwwwwwwwww

827 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 21:05:28 ID:pSAhs7WC0
>>801
日本の戦費はイタリア以下ですぜ。
勝ちで勝負したらインドを抱える当時のイギリスには勝てないよ。

828 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:05:29 ID:F3wQDh/60
住民を守れるだけの軍隊を有してる国なんてないだろ。

それこそ住民が軍人になって自己防衛するしかない。

829 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:05:32 ID:Bg3vD+9H0
君主制から民主制に移行したが
システムに組みこまれた感が強く一員だという自覚は無いのだろう
沖縄は特に組みこまれた感が強いのかもしれない。総力戦だったので尚更

サヨ理想は究極の性善説を目指すところにある

人間には利己のために他者を犠牲にし虐げる。他の動物にも当然ある
現実で理想を貫くには多数の利己的他者を殲滅せねばならない
人を脳内花畑だけの光合成できる生命体にしなければならない

現実が実現されているのなら
ハルノートも無くイラク戦もなくミサイルの打ちこむ実験も無い
そもそも軍隊いや戦争、いやいや戦う概念も犯罪すらないわな

優しい花畑の人間を卑しい人間が利己のためコントロールする
今のサヨは宗教といっしょだよ

830 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:05:44 ID:b8fFXbrv0
昔の価値観を現代に当て嵌めて今の価値観を昔に当て嵌めるからおかしくなるんじゃにゃーの?

831 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:05:51 ID:mI0/botiO
>>794
俺の記憶が正しければ、朝日に関しては開戦前夜まで「東條の腰抜け!」と政府批判してましたが…
当時のマスコミはどちらかというと政府よりも軍隊寄りでしょ。

832 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:06:28 ID:dSFTVcPZ0
>>817

それなのに、アメリカから軍事物資を輸入していたソ連商船への攻撃・臨検は厳禁していた日
本はさらにバカス。

833 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:06:38 ID:jn/HaGeb0
>>817
その軍事同盟を締結したアホが、米国への最後通牒遅らせたアホ2人のうちのひとり。

「戦わざれば亡国必至、戦うもまた亡国を免れぬとすれば、
戦わずして亡国にゆだねるは身も心も民族永遠の亡国であるが、
戦って護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも祖国護持の精神が残り、
われらの子孫はかならず再起三起するであろう」

こんな威勢のいいこと言って、戦争始めるなら、ほんとうに総力戦の準備しろや。
ドイツは軍事工場の地下化をふくめ、あれだけ爆撃されても生産能力落ちなかった。
日本は、B29の存在しってながら、準備もしないし、マリアナ落ちて、内閣総辞職したのに、
終戦に向かう工作もなし。あげく、戦後はずっと朝鮮人ごときのくそ民族に国土を蹂躙されるありさま。


834 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:06:53 ID:xTR9fQb50
住民に対して「女性は強姦され、男は戦車でひき殺される」

中国軍なら確実にこれをやってた。
米軍以外で日本が市街戦で手こずったのは中国軍だけなんで、
あながち間違いとも言い切れない

835 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:07:09 ID:cQPskik60
何年か前にNHKで日米の戦争観があったが
自衛官「大義名分があっても間違った戦争はしたくない」
??自衛の為に戦うだけだろ??
米海兵隊「国に大義名分があればどこでも戦う」
こりゃ海外でも暴れるはずだなぁと思った

836 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:07:18 ID:+qajb/Ob0
青い海の名「オレンジ・ビーチ」
 パラオにはペリリュー島という20平方キロほどの珊瑚礁の島があります。
 太平洋戦争時、日本軍はフィリピン防衛のためペリリュー島に東洋最大規模の飛行場を作っていました。
フィリピン攻略を目指すアメリカ軍は戦況を有利に運ぶためにこの島に進軍し、1944年9月ついに島は戦場となります。
 敵の300艘の戦艦に対して日本軍は1万2千名の兵士があるばかり。もとより乏しい武器・弾薬・食料を補給する術すらない文字どおりの玉砕戦でした。
ところが日本軍はこれを持久戦に持ち込み、73日間この島を守ったのです。
 11月24日、生き残る日本兵は60人足らずになっていました。
いずれも負傷していて、もはや玉砕以外ありえない状況を悟り、中川大佐、村井少将、飯田中佐は切腹します。
これを見届けた兵士達は決死隊となって米軍へ最後の突撃をしかけました。満身創痍ながら激しく戦う日本兵でしたが、
劣勢がくつがえるはずもなく、27日までの間にほぼ全員が戦死したそうです。
24日16時に、パラオ本部に中川大佐から1本の電文が届いています。
 「サクラ・サクラ」
軍旗・機密書類をすべて焼き払ったことを伝えるものでした。

 後にアメリカの太平洋艦隊司令官ニミッツ提督はこの戦いについて
「ペリリューの複雑極まる防備に打ち克つには、米国の歴史における他のどんな上陸作戦にも見られなかった
最高の戦闘損害比率(約40%)を甘受しなければならなかった。既に制海権制空権を持っていた米軍が、
死傷者あわせて1万人を超える犠牲者を出して、この島を占領したことは、今もって疑問である」
と、その著書『太平洋海戦史』で語っています。
 日本軍が仕掛けた魚雷で米軍戦艦が爆破されるたび、青い海はアメリカ兵の血で真っ赤に染まったと言い伝えられています。
これを見ていたアメリカ兵が、誰からともなくこの浜を「オレンジ・ビーチ」と呼ぶようになり、現在では「オレンジ・ビーチ」は正式名称になっています。


837 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:07:32 ID:0R2GjMUt0
>>822
でも石油は南方の資源で賄えるはずだった。

838 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:07:41 ID:l4rEwMuL0
日本軍の次は朝鮮軍に媚びたマスコミ
あの頃と何も変わってません

839 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:07:46 ID:4BLPmYv60
>>808
アメリカの艦隊を奇襲で叩き、戦意が落ちた所で第三国を通して
和睦に持ち込む。タイムリミットは半年。
日露戦争と同じ手順を目論んでいたみたい。
それにしちゃ情報戦が劇的に劣化してるよね。
日露では共産党を支援して後方を突いてるのに、日米開戦では暗号駄々漏れだもん。

840 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:08:38 ID:vExTxFDd0
>>821
いい話だな。。しかし、当時の日本ではこのくらいの規模が
精一杯だったのか。。
当時の日本軍ではこういうことは、下っ端でないと出来なかったのか。。

841 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:09:07 ID:mI0/botiO
>>808
勝つつもりは無かったんだよ、マジで。
短期決戦で講和に持って行くのが当初の目標だったはず。

842 :836続き:2007/03/31(土) 21:09:26 ID:+qajb/Ob0
民たちはこの時、日本兵とともに戦う決心をしていたそうです。しかし日本軍がこれを押しとどめ、
宵闇に紛れて住民をパラオ本島へ避難させました。戦いが長引く中、島民は食料の不足にひどく苦しんだという報告も残っています。
 ようやく戦闘が終わったペリリューへ戻った島民たちは、恐るべき光景を目の当たりにすることになります。 
米軍の激しい絨毯爆撃により、珊瑚の島はその形を変えていました。

そしてそこに転がる夥しい数の日本兵の遺体。 
島の人々はこれを見て涙を流し、この地に日本兵の墓地を作ったのです。戦争に巻き込まれ、食料難にあえぎながらも、
日本軍の誠意を理解してくれたパラオの人々には、感謝の思いを禁じ得ません。
現在でもこの墓地は島民の手によっていつでも綺麗に掃き清められ、
訪れる日本人は驚嘆とともに深い感動に襲われるそうです。
 憲法が発布された1981年、国旗と共にペリリュー兵士の歌も作られました。
 「ペ島の桜を讃える歌」です。
 兵士を桜になぞらえるなど、とても日本的なセンスの歌詞ですが、
作詞者はオキヤマ・トヨミ氏、ショージ・シゲオ氏の二人で、ともにパラオの方です。



843 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:10:33 ID:2fGDY30w0
>>841
短期で勝てなかったらどうするか、全然考えてなかったんだよね、たしか。

844 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:11:33 ID:4BLPmYv60
>>837
オランダがインドネシアの石油輸出を打診してなかったっけ?
蹴った方が大東亜共栄圏ぽくていいけどな

845 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2007/03/31(土) 21:12:13 ID:pSAhs7WC0
>>843
それなのに海軍は対米戦をしたかったんだよね。
素直に北進しておけば良かったのに。

846 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:12:24 ID:dWEWkzUUO
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1167295667/

847 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:12:33 ID:jn/HaGeb0
>>834
中国では、一般人が虐殺されたり、串刺しにされたり、家族が手の平に穴あけてつながれたり、
間単に殺さずに、残酷のかぎりを尽くした虐殺をやってた事実は、当時の日本人ならみんな知ってる。
売国マスコミは、その事実を隠蔽してるから、知らんひとが多いけどな。
だから、そんな殺され方するぐらいなら、みんなで死のうって思うのは当時の自然な発想。

で、実際、米軍も、ほかの島では毒ガス使って、殺しまくり、
捕虜もとらないように殺しまくり、女子供殺してるんだし、まんざらうそでもない話。

848 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 21:14:21 ID:fTcpR0Wm0
一、隣接する国は互いに敵対する。
二、敵の敵は戦術的な味方である。
三、敵対していても、平和な関係を作ることはできる。
四、国際関係は、善悪でなく損得で考える。
五、国際関係は利用できるか、利用されていないかで考える。
六、「優れた陸軍大国が、同時に海軍大国を兼ねることはできない(その逆も然り)
七、国際政治を損得で見る。善悪を持ちこまない。
八、外国を利用できるか考える。
九、日本が利用されているのではないか疑う。
十、目的は自国の生存と発展だけ
十一、手段は選ばない
十二、損得だけを考える。道義は擬装である。
十三、国際関係を2国間だけでなく,多国間的に考える。
十四、油断しない
十五、友好,理解を真に受けない
十六、徹底的に人が悪い考えに立つ
十七、科学技術の発達を考慮する

「英国には永遠の友も永遠の敵もいない。あるのは永遠の国益だけだ」 英国首相パーマストン 
「国家に真の友人はいない」               キッシンジャー
「隣国を援助する国は滅びる」              マキャべリ
「我が国以外は全て仮想敵国である」          チャーチル
「政権は銃口から生まれる」                毛沢東
「共産党が政権をとれたのは日本のおかげ」      毛沢東
「私の地図を見せよ、その国がどのような政策をとるか言い当てて見せる」  ナポレオン         
  ∧∧
 ( =゚-゚)<【地政学名言集】 参考までに

( ^▽^)<優れた陸軍大国が同時に海軍大国を兼ねることはできない(その逆も然り)
        これは陸にも、海にもと、両方に巨大な資金を投入できない事から、
        このように言われていましたが、1人勝ちする超大国が現れた場合、
        必ずしも、この限りとは言えません

849 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:14:47 ID:+qajb/Ob0
極東裁判における萱嶋元中将 当時支那駐屯歩兵連隊長 証言

「守備隊の東門を出ると、居留民男女の惨殺屍体が横たわっており一同悲憤の極に達した。・・・

日本人はいないかと各戸毎に調査して行くと、鼻に牛のように針金を通された子供、

片腕を切り落とされた老婆、腹部を銃剣で刺殺された妊婦などの屍体が続々と出てきた。

ある飲食店では一家全員首と両手を切り落とされていた。婦人という婦人はことごとく強姦され見るに忍びなかった。・・・

旭軒では7.8名の女が全部裸体にされ強姦刺殺され陰部に箒を差込み、腹を断ち割られるなど見るに耐えなかった。・・・」


850 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:15:01 ID:YgEIRBM80
>>807
レッド計画と対枢軸国計画に流用されたオレンジ計画を
同列に考えるところが、すばらしく低脳ですね(笑。

アメリカ陸軍はレッド計画を1920年代半ばから作成し
1930年に原案を完成させたが、

枢軸国の脅威が高まる1939年、大西洋・太平洋を越えて戦うための
五つの計画からなる「レインボー・プラン」が作成されたことで
色別計画は全て撤回され、レッド計画も日の目を見ないまま終わった。

極めて、低脳ですね(笑。



851 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:15:55 ID:0R2GjMUt0
>>841
まずミッドウエーで勝つのが大前提だな。
それからはアメリカの同盟国に成っているオーストラリアを叩きつつ、
ロサンゼルスあたりを占領して手を打つしかない。パナマ運河は封鎖しないと新しい軍艦がどんどん攻めて来る。
どう考えても東海岸まで攻め上る国力は無いから。

852 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:16:17 ID:ZPnjR3Dg0
まあ「集団自決」における日本軍の関与を消しても
「軍隊は住民を守らない」…これは何処かで教えた方が良いんじゃね?w

で、その材料として太平洋戦争をおいて他に何があるのかとwww


853 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:17:34 ID:JzACvgfR0
とりあえず
先の大戦の最大の教訓は「圧倒的に差がある相手を敵に回すな」ってことなわけで
反米やらかしてる人間が>>1程度のことを戦争の教訓を活かせとか何とかいってんのは滑稽だな

854 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:17:36 ID:dSFTVcPZ0
>>826

相撲で、舞の海が小錦を、水入り間際に土俵際でうちゃっりで放り投げることを以って
“勝利”とする以外には“勝利”とは呼べんっつーんなら、そーだろうね。
それに超大国に挑むことを、宜しく無謀だっつーんなら、日清日露日華すべて無謀だし、
カストロやチャベス・アフマディナジャド・金正日もすべて無謀だっつーことで、小国はグズグズ
言わず大国に屈しろってことで、いまの日本の経済政治前面における対米従属は全く
正しいってこったな。

855 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:17:37 ID:IxXAslsP0

対洗脳・情報操作に対する十箇条

1. 与えられる情報を鵜呑みにするな、まずは疑え。
2. 自分の頭で考えている気になるな、殆どの場合無意識に誘導されていると思え。
3. 数字に騙されるな、数字でも悪意があれば操作する事は可能だ。統計ってやつは算出方法次第で操作できたりするんだ。
4. 過去に目を向けろ、必ず今と繋がっている。
5. 皆が一様に同じ結論、意見に達したときは、情報操作もしくは悪質な誘導、最悪洗脳されていると考えろ。
6. 事象、問題点、結果を箇条書きで抜き出せ、そして関連付けろ。
7. 耳触りの良い言葉ばかり言う奴は信用するな。そいつは下心を隠している。
8. 強硬論をまくし立てる奴は単なるパフォーマンスでやってるだけだ。バックに居る誰か、もしくは何かから目を逸らす目的があると考えろ。
9. 正論ばかり述べる奴には気をつけろ、禅問答になる。
10. やばいと感じたら直ぐに逃げろ。それと逃げ道の確保を忘れるな。

856 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:18:52 ID:mI0/botiO
>>843
むしろ、そんな状態で四年もあの米国と戦い「二度と日本兵とは戦いたくない」と語る米兵も出したのは逆にすごいことなのかも?W

857 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:18:52 ID:Bg3vD+9H0
>>847
終結が見え余裕がでた米軍の捕虜扱い

これが凄まじく戦後統治の洗脳で役に立ったよな
サヨと売国奴がメチャ元気になるくらい。売れと言ってたのが正解だろと
降伏して幸福だろとwホント米国はやり口が上手いわ

未だに捕虜虐待なんてやってるつーの 隠蔽してるっつーの

858 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:19:50 ID:abVoOXyn0
え〜と、これは専守防衛の否定でもあるな。
先制攻撃能力を持たないと悲惨なことになりますよねw

859 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:20:56 ID:VY11XuH90
>>568
沖縄はというか、沖縄県民は日本の安保にとって最大の障害なんだけど…

860 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:21:23 ID:dSFTVcPZ0
>>844

オランダが日本の交渉使節団を追い出したことが、開戦の一因。

861 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:22:16 ID:+qajb/Ob0
>>852
日本軍は日本人を守らないと本気で思っているのか?下記の証言をよく読め!

>外務省情報部長の公式声明(八月二日)
事件が起きたのは七月二十九日の午前四時であった。
三千人ほどの通州保安隊が百十名ほどの日本軍守備隊兵営を包囲し、
日本人商店、旅館、民家を急襲した。通州の日本人三百八十名のうち、約二百名が虐殺された。
ようやく難を免れたのは、日本軍の兵営に逃げ込んだ百二十名だけであった。

外務省情報部長談話(八月四日)
「支那人は婦女、子供をも共に、全日本人を虐殺せむと企てた。婦人の多くは掻きさらはれて、
二十四時間虐待酷使された後、東門の外で穀されたが、其処まで連れて行かれるには手足を縛られ、
域は鼻や喉を針金で突き通されて、曳きずられたのであった。死骸は近くの池にぶち込まれ、
或る者は強力な毒物をぬりつけられて、顔がずたずたになっていた。」

これは、戦時国際法にたいする重大な違反行為であった。外務省情報部長は事件から四日を経て、
公式に支那兵の日本人虐殺・強姦・掠奪を批判したのである。
外務省の公式声明はこれを却下されたが、虐殺現場を目撃した証人の宣誓口述書は受埋された。
証人は30日通州に急行した支那駐屯歩兵第二連隊長などであった。

「旭軒では四十から十七・八歳までの女七、八名が皆強姦され、裸体で陰部を露出したまま射殺されて居り、
その中四、五名は陰部を銃剣で突刺されていた。
商館や役所に残された日本人男子の屍体は殆どすぺてが首に縄をつけて引き回した跡があり、
血潮は壁に散布し言語に絶したものだった」






862 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:22:32 ID:c94nBIcO0
守らないのでは無く守れなかったんだよ馬鹿

863 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:23:22 ID:JzACvgfR0
>>852
「軍隊は住民を守らない」

これは正確じゃないな

「敗北して指揮命令系統が崩れた軍隊は機能しない」
ってのが正しい
沖縄戦の教訓を活かすなら「上陸させない軍隊を作れ」としかいえんな

864 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:23:45 ID:yGRTH75IO
昔の教訓は分かるけどさ、国民の意識が戦前のままだとマジで思っているのかね。
こんだけ情報社会になり、多種多様な価値観が日本人にはあるのに
反日連中が黙っていないだろ

865 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:23:59 ID:FbME3EGO0
>>840
これも読め
http://kaz1910032-hp.hp.infoseek.co.jp/130323.html

866 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:24:19 ID:+qajb/Ob0
近水楼入口で女将らしき人の屍体を見た。足を入口に向け、顔だけに新聞紙がかけてあった。
本人は相当に抵抗したらしく、着物は寝た上で剥がされたらしく、上半身も下半身も暴露し、
四つ五つ銃剣で突き刺した跡があったと記憶する。陰部は刃物ででえぐられたらしく血痕が散乱していた。
帳場や配膳室は足の踏み場もない程散乱し、掠奪の跡をまざまざと示していた。
女中部屋に女中らしき日本婦人の四つの屍体があり、全部もがいて死んだようだった。
折り重なって死んでいたが、 一名だけは局部を露出し上向きになっていた。
帳場配膳室では男一人、女二人が横倒れ、或はうつ伏し或は上向いて死んで居り、闘った跡は明瞭で、
男は目玉をくりぬかれ上半身は蜂の巣のようだった。
女二人は何れも背部から銃剣を突き刺されていた。
階下座敷に女の屍体二つ、素っ裸で殺され、局部はじめ各部分に刺突の跡を見た。

867 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2007/03/31(土) 21:24:26 ID:fTcpR0Wm0
>>863

( ^▽^)<空母だね

868 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:25:21 ID:abVoOXyn0
>>867
違うだろw

869 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:25:38 ID:h6gxedAK0
沖縄人の集団自決なんて>>1を読めばウソっぱちに決まっているじゃん

でも、樺太の真岡の9人の乙女の集団自決はガチ

1945年9月、終戦から数週間後
ブサヨなソ連軍はブサヨらしく卑怯にも南樺太を侵略した
当時、9人の少女が電話交換業務を行っていた。
しかし、日本軍からの撤退命令が出たにもかかわらず
電話局に残って最後まで電話交換業務を行い
目の前に迫ったブサヨ性獣ソ連軍にレイープされるのを恐れて
青酸カリで自決したのです



870 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:25:53 ID:2fGDY30w0
民間人を守れなくなった段で降伏しろよ、と。
国体さえ守れればいいんならいいけど。
それじゃ「愛する人のため」にならないよ。

871 :通州事件・中国人の残虐:2007/03/31(土) 21:26:22 ID:+qajb/Ob0
一年前に行ったことのあるカフェーでは、縄で絞殺された素っ裸の女の屍体があった。
その裏の日本人の家では親子二人が惨殺されていた。子供は手の指を揃えて切断されていた。
南城門近くの日本人商店では、主人らしき人の屍体が路上に放置してあったが、胸腹の骨が露出し、内蔵が散乱していた」

「守備隊の東門を出ると、数間ごとに居留民男女の死体が横たわっていた。某飲食店では、一家ことごとく首と両手を切断され、
婦人は十四、五歳以上は全部強姦されていた。旭軒という飲食店に入ると、七、八名の女が全部裸体にされ、強姦射刺殺され、
陰部に箒を押しこんである者、ロ中に砂を入れてある者、腹部を縦に断ち割ってある者など見るに堪えなかった。
東門の近くの池では、首を電線で縛り、両手を合せて、それに八番線を通し、一家六名数珠つなぎにして引き廻した形跡歴然たる死体が浮かんで居り、
池の水は真っ赤になっていた。夜半まで生存者の収容に当たり、『日本人はいないか』と叫んで各戸ごとに調査すると、
鼻に牛の如く針金を通された子供、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦などが、そこそこの塵箱の中やら塀の陰から出て来た」



872 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:28:08 ID:Bg3vD+9H0
>>862
凄まじく同意
わざと守らないって論調にするんだよな
有事下の軍隊、ましてや劣勢側が戦術、戦闘レベルでいちいち守れるかよ
んで戦略レベルで国防圏設定や沖縄の住人守りにいっても負けると文句言われるしな

じゃーあの時どーしろと? はよ降伏して犬になれと。つか戦わず犬になれと。あーはいはい

873 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:28:31 ID:JzACvgfR0
>>870
日本には本物の名将がいなかたんだろうね
制海権を握られた時点で降伏しとけばよかったのに

874 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:30:52 ID:+qajb/Ob0
済南事件 昭和3年(1928)
中国兵による略奪陵辱暴行殺人事件。略奪被害戸数136、被害人員約400とある。
中国側も立ち会った、済南医院での日本人被害者の検死結果。

藤井小次郎
 頭および顔の皮をはがれ、眼球摘出。内臓露出。陰茎切除。
斎藤辰雄
 顔面に刺創。地上を引きずられたらしく全身に擦創。
東条弥太郎
 両手を縛られて地上を引きずられた形跡。頭骨破砕。小脳露出。眼球突出。
東条キン(女性24歳)
 全顔面及び腹部にかけ、皮膚及び軟部の全剥離。
 陰部に約2糎平方の木片深さ27糎突刺あり。
 両腕を帯で後手に縛られて顔面、胸部、乳房に刺創。助骨折損。
鍋田銀次郎
 左脇腹から右脇に貫通銃創。
井上国太郎
 顔面破砕。両眼を摘出して石をつめる。
宮本直八
 胸部貫通銃創、肩に刺創数カ所。頭部に鈍刀による 切創。陰茎切除。
多比良貞一
 頭部にトビ口様のものを打ち込まれたらしい突創。
 腹部を切り裂かれて小腸露出。
中里重太郎
 顔面壊滅。頭骨粉砕。身体に無数の刺創。右肺貫通銃創。
高熊うめ
 助骨折損、右眼球突出。全身火傷。左脚の膝から下が脱落。
 右脚の白足袋で婦人と判明した。

他の二体は顔面を切り刻まれたうえに肢体を寸断され、人定は不可能であった。

875 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:31:39 ID:d4pBBrjI0
>>872

死んじまうよりは犬になった方がましだろクズw

876 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:32:41 ID:ZPnjR3Dg0
>>861  ID:+qajb/Ob0

つってもなあ大西瀧治郎中将だっけ?
「本土決戦で日本人が2・3千万死んだらアメリカも諦めて引き上げるだろう」
とか言って国体護持に固執したのは?

ヒロヒト大元帥も主要都市に爆撃が開始された頃の近
衛の戦争終結の勧めにも首を縦に振らなかったし。

まあ軍隊と言うか為政者なんてそんなもんだろ?w





877 :サラたん ◆SALA/VWNDI :2007/03/31(土) 21:34:00 ID:ZVIiHyOy0
沖縄は日本から琉球として独立するのが一番だろ。

878 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:34:41 ID:+qajb/Ob0
>>876
軍がいないと民間人がどういう目にあうか、

まだわかんないの?

879 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:34:48 ID:2fGDY30w0
>>876
あとで原爆もしかたなかったって言われちゃうし。

880 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:36:14 ID:JzACvgfR0
>>877
本当の意味で独立できるならね
太平洋海域の要地なんだからどこの属国にもならないでいるのは至難だぞ?

881 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:36:48 ID:ZPnjR3Dg0
>>878
あのな俺は軍隊が要らないなんて
一言も言ってないぞ馬鹿w

ただそのそれを過信するのは危険だと言う事を言っているつもりだが?w



882 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:37:40 ID:+qajb/Ob0
>>881
どこが過信だ?

具体的にってみな、バカが。

883 :サラたん ◆SALA/VWNDI :2007/03/31(土) 21:37:57 ID:ZVIiHyOy0
>>880
米国から基地の借地料をふんだくる。
その上で、カジノなんかじゃなくて芸術の島として文化復興し、ホンモノの観光地としてやっていけば
十分に独立可能。

884 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:37:59 ID:qWKdufuK0
>>880
ま、どこかの国の基地は残るだろうな。

885 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:38:15 ID:TBeqjNja0
現在でもそうだが、制空権制海権を失ったら、
島の防御は不可能。敵が上陸を始めた時点で
勝ち目がなくなったとして降伏するわけだ。
シンガポールや香港では住民に危害が加わるので
といって英国軍は降伏したわけだ。

日本については中国北朝鮮の核攻撃で海空軍力を失った場合、
陸上自衛隊は完全に孤立して戦わないといけなくなる。
米軍の援軍が来るまでの時間を稼ぐために
隊員は自分の持ち場を守って玉砕することになる。
そうなった場合日本人はアメリカがと透けてくれるはずだと思って交戦するよりも
自分の命が大事だからということで降参するんだろうなあ。


886 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:38:17 ID:ohWLib550
>>875

闘って死ぬか、奴隷として命を長らえるかは、大昔から問題にされてるけど答えはでないよ。

887 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:39:24 ID:JzACvgfR0
>>883
もろにアメリカの属国じゃないか・・・

888 :サラたん ◆SALA/VWNDI :2007/03/31(土) 21:40:04 ID:ZVIiHyOy0
>>887
日本だって属国じゃないか。
何を今更。

889 :885:2007/03/31(土) 21:41:20 ID:TBeqjNja0
がと透けてくれるはずだと→が助けてくれるはずだと

890 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:41:47 ID:ZPnjR3Dg0
>>879
まああのエピソードウソかホントか知らんけど

個人的に良くも悪くも昭和天皇のリアリストぶりが
良く出ている話だとは思っているw



891 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:42:03 ID:aTWzzhx40
>>875
だから、朝鮮人は、半万年も生き残ったのか・・・

892 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:42:37 ID:Tktbm7fl0
軍を出さなかったら出さなかったで、沖縄を見捨てたっていうんだろ...。

893 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:43:53 ID:9zR4ZbTR0
戦争の教訓は「メディアを信用するな」だろ。

戦前の教訓であり、戦後の教訓でもあるが。

894 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:45:38 ID:qWKdufuK0
>>888
お前はまだ酷使様やってんのかw

895 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:45:49 ID:M6FwIz9H0
「戦争の教訓は大本営に都合の良い報道をする
御用メディアを信用するな」だな

896 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:46:16 ID:ZPnjR3Dg0
まあ究極の選択
中国の省になるかアメリカの州になるか
二択なら後者しかないだろうwwwwwwww

897 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:46:58 ID:JzACvgfR0
>>888
アメリカと中国(一昔前はソ連だな)と言う2つの軍事大国にはさまれてる日本が
本当の意味で独立するには「こいつがあっちに付いたら俺らは負ける」と両方に思わせるだけの力が要るからな

898 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:51:22 ID:Bg3vD+9H0
>>873
個別で模索の動きはあったよ。早期講和派が積極的に動けたのが1945だけど
和平の模索→有条件講和の模索→無条件降伏受け入れ
早期講和派すら1歩も譲らぬ相手に国意まとめるのは大変だった

歴史をみると
無条件でさっさと全国民の生命財産を優しい米国に差し出せよっつー話だが
あくまで結果論なんだよ
米国の議会でも報復的な占領策等、過激な意見は充分あった

899 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:51:49 ID:ZPnjR3Dg0
>>897
>両方に思わせるだけの力

大昔石原の書いた「脳と言える日本人」だとそれはハイテクだって事だったがwww

900 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:56:31 ID:ET5OxakR0
天皇のための軍隊だから、国民を守るはずがない

901 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:57:48 ID:2fGDY30w0
皇軍だものね。

902 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 21:59:48 ID:eiP1IoSFO
戦争とは、武力を用いて「政治目的」を達成すること。しかし日本には「政治目的」がなかった。政治に健けた満州の中国人大人は「日本軍はとても優秀な軍隊である。私が使いたい。」と言ったそうな。日本の根本的欠陥である。

903 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:01:04 ID:l4rEwMuL0
では軍隊をなくしてどのように住民を守るというのか
その答えを絶対に言わないし言えないサヨクはやはり敵の勢力だな
サヨクなんて何も考えてない子供大人が集まった乞食集団だよ
こいつら今がよければ後はどうでもいいって人種だからな
問題がない(と彼等が認識している)今すら危うくなった時に初めて焦りだすんだろうな
アリとキリギリスを読んでほしい、サヨクの末路がそこに詳しく書いてあるから
金品を巻き上げ反省を迫り虐待していたキリギリスがどうなったかまでは書いてないから
そこは想像で補間してほしい、たぶん虐待された5千万〜1億体のアリは
憎しみの炎で腸を煮え繰り返させて、いつか復讐することを願っているはずだ
まあその前に中国と朝鮮の核で日本が火の海になるかもしれないが
サヨクはまじで国を滅ぼす原因だな

904 :サラたん ◆SALA/VWNDI :2007/03/31(土) 22:01:32 ID:ZVIiHyOy0
>>897
とりあえず、日本国内から米軍基地を全て追い出して、
安保条約破棄して、
そのかわり沖縄の独立許可して、後は勝手にどうぞで、
憲法改正。

905 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:03:05 ID:Bg3vD+9H0
>>900
当時の主権者だからな。いまだって危うい
統治する手段として担ぎ上げたら神輿守るハメになる
ウヨにも一つだけ言いたいのは
生神とし尊皇で死ぬのも宗教だぞとは言いたい


906 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:05:33 ID:l4rEwMuL0
サヨは戦争を起こしたいのか?なあ?

907 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:06:14 ID:aJQGgIbM0
まあこのスレみればわかるが

ウヨはわめいてばかり
サヨはなげいてばかり

どっちも相手にしてはいけませんってことだな


908 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:07:24 ID:IoT9YdAN0
愚かな過去は過去として認めるべきだろう

全てを冷静に見つめる目があって始めてそこに何があったのか、
何がなかったのか、その可能性を客観的に判断できる

お互いの意見に耳を塞ぐだけでは、戦後60年を過ぎた今となっては
永遠に水掛け論にしかならず、過去の貴重な教訓から何も学ぶ事が
出来なくなる

909 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:08:24 ID:7ec3HeB0O
>>902
利益や結果を考えて行動するのは不純であるで突き進んだからな…


910 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:09:03 ID:eiP1IoSFO
中共と「日米安保」と同じ内容で「日中安保」を結ぶ。もちろん片務条約。米中が共同して日本を統治するかどうか?

911 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:09:16 ID:l4rEwMuL0
>>908
無理無理
そんなことできるなら苦労はない
敵に付くか、日本を守るか二者択一しかない

912 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:09:17 ID:hysPePSU0
>>803
>白人が有色人種を人間扱いしてなかったのは事実だから
ジュネーブ条約を知らんのかね?



913 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:09:40 ID:ZPnjR3Dg0
で、ウヨの総論として沖縄はどうぞ勝手に独立してくれでFA?w

沖縄が中国に獲られたら台湾どころじゃネエなwwwww



914 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:10:50 ID:hM1CZXnX0
>>912
米兵にとって条約なんぞ紙切れでしかなかったが何か?

915 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:12:12 ID:ZXD1J9v10
軍隊は住民を守らないなどというのは当たり前のことで、
軍隊は基本的に軍隊を守る。
装備品や基地を破壊されたら反撃すら出来なくなるからだ。

住民を守るために、武力を損壊させるのは、いわば飛んでくる
槍から腕を守るために心臓を差し出すような愚行なわけで、
国家の意思決定として妥当でないのはあたりまえすぎる。

戦略上重要な拠点地域か戦争遂行に必要な産業力を提供する
場所にすんでいれば守ってもらえるので、戦争の時に守ってもらう
ことだけを考えるのならそこに移住すればいい。

ただ、そんな見つかる見つからないかもわからぬツチノコのために
労力を費やすようなマネは、無駄だと思うが。

916 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:12:54 ID:IxXAslsP0
>>907
自作自演でサヨの悪口を言ってるようだが
自称左翼以外にウヨサヨとか恥ずかしくて言わないぞ。
そもそも右翼左翼の語源はフランス議会で保守派と改革派が議長から向かって右左に分かれた事にある。
欧米の右翼左翼は自国の防衛に対しては意見が一致するが日本のサヨは自称左翼だから適当に政府批判
だけなんだよな。
欧米の左翼はきちんと中共の軍拡を問題にするけど日本の左翼は中共の飼い犬だから決して批判しないもんな。


917 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:13:39 ID:61hZmIST0
>>907
そしてお前を相手にしているのは優しい俺独りと

918 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:13:45 ID:iKh1We9q0
もう戦後の糞教育のせいで頭がおかしくなったとしか思えんな
集団自決を引き起こした原因はなんだ? →太平洋戦争
太平洋戦争はなぜ起きた? →アメリカの日本への資源を全面禁輸
太平洋戦争は侵略戦争? →アメリカの禁輸が原因で資源が枯渇し南方に進出する以外方法が無かった

これから導き出される結論は誰が考えても「アメリカ」が悪い」だろ
沖縄県民よ、戦争反対するのは一向に構わんが矛先を間違えてる


919 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:13:53 ID:3Y+PH4ry0

■■「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん■■ その一

≪「真実はっきりさせようと思った≫

 照屋昇雄さんへの一問一答は次の通り。
 −−なぜ今になって当時のことを話すことにしたのか
 「今まで隠し通してきたが、もう私は年。いつ死ぬかわからない。真実をはっきりさせようと思った」
 −−当時の立場は
 「琉球政府社会局援護課で旧軍人軍属資格審査委員会委員の立場にあった。以前は新聞記者をしていたが、
政府関係者から『援護法ができて、軍人関係の調査を行うからこないか』と言われ審査委員になった。私は、
島民にアンケートを出したり、直接聞き取り調査を行うことで、援護法の適用を受ける資格があるかどうかを調べた」
 −−渡嘉敷ではどれぐらい聞き取り調査をしたのか
 「1週間ほど滞在し、100人以上から話を聞いた」
 −−その中に、集団自決が軍の命令だと証言した住民はいるのか
 「1人もいなかった。これは断言する。女も男も集めて調査した」
 −−ではなぜ集団自決をしたのか
 「民間人から召集して作った防衛隊の隊員には手榴(しゅりゅう)弾が渡されており、隊員が家族のところに逃げ、
そこで爆発させた。隊長が(自決用の手榴弾を住民に)渡したというのもうそ。座間味島で先に集団自決があったが、
それを聞いた島民は混乱していた。沖縄には、一門で同じ墓に入ろう、どうせ死ぬのなら、家族みんなで死のうという
考えがあった。さらに、軍国主義のうちてしやまん、1人殺して死のう、という雰囲気があるなか、隣の島で住民全員が
自決したといううわさが流れ、どうしようかというとき、自決しようという声が上がり、みんなが自決していった」



920 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:13:56 ID:3Y+PH4ry0

■■「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん■■ その二

 −−集団自決を軍命令とした経緯は
 「何とか援護金を取らせようと調査し、(厚生省の)援護課に社会局長もわれわれも『この島は貧困にあえいでいるから
出してくれないか』と頼んだ。南方連絡事務所の人は泣きながらお願いしていた。でも厚生省が『だめだ。日本にはたくさん
(自決した人が)いる』と突っぱねた。『軍隊の隊長の命令なら救うことはできるのか』と聞くと、厚生省も『いいですよ』と認めてくれた」
 −−赤松元大尉の反応は
 「厚生省の課長から『赤松さんが村を救うため、十字架を背負うと言ってくれた』と言われた。喜んだ(当時の)玉井喜八村長が
赤松さんに会いに行ったら『隊長命令とする命令書を作ってくれ。そしたら判を押してサインする』と言ってくれたそうだ。赤松隊長は、
重い十字架を背負ってくれた」
 「私が資料を読み、もう一人の担当が『住民に告ぐ』とする自決を命令した形にする文書を作った。『死して国のためにご奉公せよ』と
いったようなことを書いたと思う。しかし、金を取るためにこんなことをやったなんてことが出たら大変なことになってしまう。
私、もう一人の担当者、さらに玉井村長とともに『この話は墓場まで持っていこう』と誓った」
 −−住民は、このことを知っていたのか
 「住民は分かっていた。だから、どんな人が来ても(真相は)絶対言わなかった」
 −−あらためて、なぜ、今証言するのか
 「赤松隊長が余命3カ月となったとき、玉井村長に『私は3カ月しか命がない。だから、私が命令したという部分は訂正してくれないか』と
要請があったそうだ。でも、(明らかにして)消したら、お金を受け取っている人がどうなるか分からない。赤松隊長が新聞や本に『鬼だ』などと
書かれるのを見るたび『悪いことをしました』と手を合わせていた。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂ける思い、胸に短刀を刺される
思いだった。玉井村長も亡くなった。赤松隊長や玉井村長に安らかに眠ってもらうためには、私が言わなきゃいけない」


921 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:16:01 ID:ZPnjR3Dg0
>>915
>戦争の時に守ってもらうことだけを考えるのならそこに移住すればいい。

いやぶっちゃけ真っ先に敵からミサイル飛んでくんぞw

一番良いのは戦略的になーんの意味も無い土地にシェルターでも作った方が良いんじゃね?wwww

922 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:16:26 ID:7ec3HeB0O
>>916
日本の左翼趣味はヒッピーだから戦争を知らずに育ちたいんだよ

923 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:17:40 ID:2fGDY30w0
>>918
もう少しさかのぼりましょう。

924 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:18:51 ID:IxXAslsP0
>>907
日本の自称左翼と街宣右翼は決して中共の軍拡やチベット問題や天安門事件には批判したりしない。
理由は簡単。中共に飼われてる犬だからだ。
世界中にいる左翼とはかなり異質な存在だよな?

925 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:18:57 ID:T3i0ATb50
じゃあ、住民が住民をアメリカ軍から守ればいいじゃん。

926 :世界童貞(`皿´)ノ ◆gCzWcc5J8U :2007/03/31(土) 22:19:08 ID:JI9n2Sbo0
正直、軍隊は、沖縄戦の前に、住民を本土に疎開させようとしたわけだが、
当時の県知事がそれを妨害したんであって、
ちょっと、これはおかしいね。

927 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:19:14 ID:ZXD1J9v10
>>921
考えてみれば、それもそうだな。
世界大戦の頃ならともかく、
軍団が侵攻してくるはるか以前に戦争が始まるやいなやいきなり
ミサイルや航空機が飛んできて対象地域を徹底破壊するのが
セオリーの現代戦では、実のところ拠点防衛・都市防衛など
というのはどだい無理な話なのかもしれん。
マッハ何十で飛んでくる物体を見事全部撃墜して俺の住んでるところを
守ってくれと言うのも無茶な話だ。

軍隊に期待する暇があるならさっさと危険地域を引き払うことだ。

928 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:20:55 ID:l4rEwMuL0
戦争を起こさない唯一の方法はサヨクがサヨクをやめることだ。
日本が強くなれば相手も手出してしてこなくなる。

929 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:21:07 ID:+qajb/Ob0
>>912
おまえwwwwwwwww

このバカ。

930 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:22:40 ID:ZPnjR3Dg0
まあ沖縄分離独立をお薦めの馬鹿ウヨには

戦略的思考は絶対不可能と言う事でwwwwwwwww

931 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:23:38 ID:9dPZ4Afo0
なんかにちゃんでkoueiでも見たのかね。

932 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:25:12 ID:9dPZ4Afo0
命がけで(今日4人殉職)離島患者輸送年240回の自衛隊については絶対書かないんだろうな。

933 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:25:13 ID:M6FwIz9H0
>>924
自分の家族に悪いことしてる人がいたら止めさせるし謝罪させるけど、
隣の家の人が同じことしててもどうでもいい。
町中の人が当然のように同一の犯罪をしてても
自分の身内にしか止めなさいって言う気がないけど
そういう事なんじゃない?

934 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:25:21 ID:dSFTVcPZ0
>>915

サイパンも沖縄も、早々に戒厳令を布告して、住民は内地に強制疎開さしとけば
問題はなかったよ(硫黄島は島民が少なかったから容易だったけど)
栗林師団長が沖縄、牛島中将が硫黄島って任地が逆だったら、栗林師団長のほ
うがオニ悪魔呼ばわりされとったろうね。

935 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:26:02 ID:aJQGgIbM0
ウヨサヨってかくと頭おかしいやつのID抽出するのに便利だなwwwwwwwwww


936 :子供までスパイ容疑で殺害:2007/03/31(土) 22:27:16 ID:aFw4hGFc0
「昭和47年4/4朝、TBSテレビ「モーニングジャンボ」は復帰直前の沖縄の琉球放送との
タイアップで、異例の2元中継を行った。TBSスタジオに現れたのは背広姿の59歳の紳士然
とした男性、一方、琉球放送スタジオにスタンバイしていたのは沖縄本島から西へ100キロほど
いった久米島(55平方キロ)という小さな離れ島の住民らであった」
「27年の時を越えて、テレビ画面を通して久米島の住民らの前に現れた59歳の男性、「あっ、
あいつだ、あの野郎が家族を殺したんだ」、興奮する住民ら、まさしく当時の兵曹長その人が
そこにいたのである。元兵曹長は事実関係について「はい、間違いありません」「スパイ容疑
でやりました。軍人として当然の事だったと思います」と認めた。久米島に住む女性は「スパ
イ容疑なら大人だけが殺されるはずなのに何の関係もない子供まで殺すなんて…。いまでも
『助けてくれ』という声が残っています。あんたは本当に人間なのか。わたしもあと2日後に
殺されると聞いてぞっとしました」、続いて久米島の男性が「私は殺された者の兄だ。あんた
を八つ裂きにしたい。私も海軍で飯を食った人間だ。海軍にはお前のようなのはいなかったはずだ」
「2つになる子供まで殺すなんて人間のすることか。どうしてそんな事をしたんだ。貴様は…」

http://www.geocities.jp/showahistory/history6/47b.html

鹿山兵曹長インタビュー

 週刊ポスト 1972.4.2号

 琉球新報  1972.5.28

 http://agata.ciao.jp/blog/archives/000116.html




937 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:28:33 ID:l4rEwMuL0
>>933
そういう事じゃないよ、絶対に。
怖い対象には何も言えない雑魚がサヨクの正体。

938 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:30:02 ID:JzACvgfR0
>>933
やたらとアメリカに噛み付くのは?

939 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:30:37 ID:IxXAslsP0
>>933
お金貰ってたりするから「売国奴」とか言われてるんだけどね。
平和団体の代表とか仕事なんかしてないぞ。
米軍と自衛隊のストーカーばっか。
それでいて中国軍の軍事演習とか原子力潜水艦の沖縄横断とか全くスルー。
そこの国の平和団体なのか解らないぞ。

940 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:31:56 ID:aJQGgIbM0
>>916
自作自演とかもう頭がイカレきってるな

>>855
まず自分で書いたそれを良く読んでからにしろwwwwwwwwww


941 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:34:07 ID:l4rEwMuL0
>>938
アメリカは民主主義の国で怖いと思ってないからやたらと噛み付く。
本当は一番怖いんだけどな。
バカだからわからないんだね。

942 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:34:21 ID:PWfb7lF00
去年の8月の産経記事に、渡嘉敷島の集団自決は島民の
自演だった記事があったけど、あれはどうなったの?

”「大尉は、自ら十字架を背負ってくれた」。沖縄戦の渡嘉敷島で
起きた集団自決の「軍命令」を新証言で否定した元琉球政府職員、
照屋昇雄さん(82)。島民が年金や弔慰金を受け取れるようにするために
名前を使われた赤松嘉次元大尉は、一部マスコミなどから残虐な指揮官という
レッテルを張られてきた。照屋さんは、自分のついた「うそ」で、
赤松元大尉が長年非難され続けてきたことがつらかったという。”

そりゃあ住民の言葉ってか口は重くなるわな。

943 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:34:42 ID:dSFTVcPZ0
>>936

>あんたは本当に人間なのか。わたしもあと2日後に
>殺されると聞いてぞっとしました」、続いて久米島の男性が「私は殺された者の兄だ。あんた
>を八つ裂きにしたい。私も海軍で飯を食った人間だ。海軍にはお前のようなのはいなかったはずだ」
              ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
>「2つになる子供まで殺すなんて人間のすることか。どうしてそんな事をしたんだ。貴様は…」
                                                ^^^^^^^^^
件の兵曹長がキチクだっただけのハナシですがなにか?

944 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:36:40 ID:uRk11k9q0
>>937
>怖い対象には何も言えない雑魚

お前が言うなw

945 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:37:15 ID:RxRFCkpi0
>>1
天皇にも逆らってました。三長官会議とか、現役武官制とか、

946 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:37:53 ID:ZXD1J9v10
やっと思い出した。


「ああ…よくわかったとも 
いざという時 あんたら軍隊が守るのは軍隊だ
我々衆民じゃない…」このセリフだ。
マンガ、皇国の守護者第2巻そのものだ。
まぁ事実「戦術はいかなる無情をも肯定する」わけで。
殺し合いってのはそういうものだ。

このマンガは面白い。
人によっては戦争を賛美してるような内容に思えるかもしれないが
そう毛嫌いせずに読んでほしい。
俺は戦争賛美者じゃないし、どちらかというと左翼でありかつ
個人主義者を自認してるが、道徳観念を横においておいて読んで
ほしいスリリングさがある。
マンガに興味のない人でも読んでほしい。

947 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:39:02 ID:uRk11k9q0
>>946
なんて雑誌で連載してんの?

948 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:42:38 ID:FWEYLiy8O
結局自決の強制はあったのか無いのか?
DOCCHI?

949 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:42:49 ID:v588IofA0
大日本帝国は民主主義国家ではない、帝国主義国家だ。
主権は天皇にあり、国民は臣民にすぎない。
軍隊は住民を守るためにあるのではなく国家を守るためにある。
教科書にわざわざ記述しなくともその事実は歪曲のしようがないがな。

950 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:44:05 ID:ZXD1J9v10
>>947
ヤングジャンプコミックスウルトラらしい。
ただ、俺は単行本形式でしか呼んだ事が無い。

951 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:44:27 ID:Bg3vD+9H0
日本のブサヨは売国ベースだから
ファンタジスタしか必要ないのかもな
飛躍しすぎて実現しねーからどんどん人が離れる

「軍隊の酷かった面を改善しよう具体的にry」
これならギリギリ聞く人いるだろ
「昔の軍隊はこんなに酷いだろ。だから軍隊はいらない」
誰もついけない

952 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:44:40 ID:9dPZ4Afo0
民主国家である日本は怖くて
独裁国家である中国は怖くないんだろうね。

953 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:45:39 ID:uRk11k9q0
>>950
dクス
読んでみまつ

954 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:46:53 ID:wZ48zuKp0
>>953
ウルトラジャンプ
今月号の表紙になってるよ。



955 :軍人の常識に任せれば・・・:2007/03/31(土) 22:49:37 ID:aFw4hGFc0

清沢洌 『暗黒日記』


 昭和十九年九月十七日(日)
   サイパンが陥落する前、閣議で青木大東亜相が、「シビリアンは死なせないで、生命を全うさすべ
  きだ。この旨、司令官に政府から訓電するように」と強硬に主張した。東條も殺しても仕方がないとい
  うことで、打電することになった。ところで、さて打電するとなると、いかなる言葉でもってすべきやが
  問題になった。説明すればわかるが、あまり説明できぬ、誤解される恐れもある。そこで結局は軍司
  令官の常識に任せることになった。軍人の常識に任せれば、つまりあのような結果になろう。
   この話は石渡荘太郎が、「困ったものです」と石橋(湛山)君の説に同じての内輪話である。


956 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:51:39 ID:uRk11k9q0
>>954
ほう〜 月刊誌なのかぁ。

957 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:51:49 ID:ZPnjR3Dg0
>>942
さあ、ただ一方で米軍が上陸直後にまとめた聞き取り調査に
軍人が住民に自決しろと言っていたと言う記録があるらしいからねえ。

それが本当なら当然恩給とかの法律が整う以前の話だし。。


958 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:52:28 ID:JCajni3mO
軍隊は攻めなのか守りなのか知らんが、あれだろ、大震災とかの時にアチコチで火事が発生したら近くの小さな民家の火事は無視して遠くの病院や公民館とかを優先する。

959 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:53:19 ID:YgEIRBM80
過去の歴史を鑑みるとABCD包囲網・石油禁輸・真珠湾謀略・原爆下・東京裁判・占領憲法押しつけなど、これらは全て民主党政権下で行われている。

1932年の大統領選挙で共和党のハーバート・C・フーバー大統領が民主党侯補フランクリン・D・ルーズベルトに破れて以来、

1953年にアイゼンハワーが共和党大統領に当選するまでの実に二十年間に渡り、民主党が政権を握り続け共和党は野党となっていた。
そして開戦を目的とする日本への圧力も、日米戦争も日本占領政策も、全てこの二十年間の内に行われた。

共和党の下院議員であったハミルトン・フィッシュは自著の中で、
「ルーズベルトは民主主義者から民主主義左派・過激民主主義者を経て、
社会主義者、そして共産主義支持者へと変貌していった」と述べており、

真珠湾攻撃における米上下院議会の対日開戦支持について
「我々はその時の支持すべてを否定しなければならない。
なぜならば、
真珠湾攻撃の直前にルーズベルトが日本に対し戦争最後通牒(ハルノート)を送りつけていたことを、
当時の国会議員は誰一人知らなかったからである」とも述べている。(

http://plaza.rakuten.co.jp/tnozawa/diary/200509010000/



960 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:55:48 ID:dSFTVcPZ0
>>949

民主主義は“統治形式”、帝国主義は“領土形式”。
臣民は、明治憲法制定当時は制限選挙でかつ兵役は男子にしか課し得なかった
ため、それらの権利義務を持つものを指す国民という概念を用いることが出来なかっ
たために、苦肉の概念としてヒネり出されたもの(そもそも臣と民とは別概念)
イスラエルのよーな、入植者(住民)=国家という関係が成り立つ国なら、住民を守
ること=国家を守ることと言えるだろうが、そんな国が危なっかしいのは周知のこと。

961 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:57:40 ID:BPhE46wN0
>>951 はげあがるほど同意

962 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 22:58:19 ID:2fGDY30w0
これがアメリカで報道されると、
アメリカ兵の証言者が続々出てくる悪寒。
そのとき、どーする安倍ちゃん!

963 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 23:27:39 ID:aFw4hGFc0
「あの日 終戦60年企画 下」
NHK「あの日昭和20年の記憶」取材班編 日本放送出版協会

8月11日 なかにし礼 作家 当時6歳 中国東北部(満州)牡丹江を脱出 家は造り酒屋

 満州に侵攻してきたソビエト軍から逃げようと駅の前はもう人でいっぱいで、その上を
飛行機が旋回しているような、もうたいへんな緊迫した状態でした。怒号が飛び交って。
人びとは、避難列車を出せ、どうしてるんだって叫ぶような、そういう状況です。
 われわれもその避難民列車に順番を待って乗らなきゃいけなかったのかもしれないけれど、
うちの母親は、そういう時にやたら機転のきく女性で、日頃から関東軍にうちのお酒を
納めていたりしたもんですから、誼を通じていたということもあって、関東軍の人にうちの
お袋が掛け合って、軍用列車にこの八月十一日の夜、乗せてもらうことになったんですよ。
 牡丹江の駅から、かなり離れたところから。駅では何万人もの人が汽車を出せーて騒いでる。
その声を遠くで聞きながら、われわれは夜陰に紛れて汽車に乗り込み、汽車は
汽笛ももちろん鳴らさず、ゆっくりと静かに逃げるように牡丹江の駅からかなり離れたところ、
夜の闇の中を汽車は走り出して逃げたんです。
 そのときの後ろめたさっていうのは、僕たちも感じていたけれど、軍人たちだって感じて
いました。だから汽車の中は何とも言えない暗い沈痛な空気がどんよりと流れていて、
何かものを喋っても、「しっー」っというような感じでとにかく牡丹江の町を出たわけです。


964 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 23:28:43 ID:IxXAslsP0
>>940
だって、お前。自作自演は真実なんだからどうしようもないだろ。

965 :963続き:2007/03/31(土) 23:31:21 ID:aFw4hGFc0
 
中略(ソ連軍機に襲われる)

別の貨物列車に乗り換えたんですが、途中で開拓団民なんかが歩いて逃げてきてるわけです。
それでこの汽車に乗せてくれ、病人だけでもいいから乗せてくれと言うんです。
汽車がいっぱいだったわけじゃないんだけど、ひとり乗せるってことはもう全員乗せなきゃ
ならないわけで、それは不可能なことであり、もう一つは、これは軍用列車であって
民間の避難列車じゃないんだという建前のもとに、開拓団民たちを蹴散らして汽車は走る。
 でも、その汽車に開拓団民の人たちがすがりつく。それを刀で切って落としはしなかった
けれど、刀を振り上げて指を切るぞと言わんばかりに手を振りほどいて、空に向かって
拳銃を鳴らして、とにかく開拓団民たちを振り払って逃避行を続けた軍用列車です。
日本国の民を守るべき軍人が自分たちが逃げるのに忙しくて、追いすがる「同胞」を
蹴散らして逃げていくっていうこの風景はちょっと忘れがたいですね。その中に
自分もいたんです。


966 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 23:34:43 ID:+qajb/Ob0
なかにし礼の母親は自分が助かるためには
家の女中だってソ連兵に差し出すような女だよ。

日本軍のことをとやかく言えるかよw

出典 赤い月ねw

967 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 23:36:46 ID:+qajb/Ob0
論 2005年11月号
引揚民間人を襲った略奪・暴行・殺戮の嵐

(一部抜粋)
「満州や北朝鮮からの初期の脱出者は悲惨で、
 今も念頭を去らないいくつかのエピソードがある。
 北朝鮮で農業を営んでいた老夫婦は、年頃の娘二人を連れ、
 辛苦のすえやっと38度線近くの鉄原にたどりついた。
 そこで見たものは、日本人の娘達が次々にまずソ連兵に犯され、
 ついで朝鮮人の保安隊に引き渡されてさらに散々に辱められたうえ、
 虐殺されている光景であった。
         (中略)
「吉州や端川の海岸線にでた人たちに対する
 ソ連兵や朝鮮保安隊の略奪と暴行は、残酷をきわめた。
 夜中に雨戸を蹴破って侵入してきたソ連兵は、17になる娘を父親からひったくるように連行。
 娘は明け方になり無残な姿で、涙もかれはてて幽鬼のごとく帰ってきたという。
 みなソ連兵を朝鮮人が案内したのだった。
 部落ごとの保安隊の関所では、厳重な身体検査が行われ、金や着物や米などが取り上げられた。
 靴の底や、女の髪のなかから金を探し出すのはふつう。
 一糸まとわぬ姿にされ、取調べられた若い女性もあった。
 城津での惨状は言語に絶した。(中略)朝鮮人の男女が数十人の団体でおしかけ、
 干してある洗濯物から赤児の着物まで剥ぎ取って掠奪され、
 あげくは婦人の“提供”を要求されたという」
          (中略)


968 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 23:38:49 ID:+qajb/Ob0
博多港から車で40分ほどの二日市温泉郷につくられたのが、「二日市保養所」である。
強姦によって妊娠させられた女性たちには、堕胎手術が施された。
また、性病に感染した女性たちについても、匿って回復するまで治療が行われた。
昭和21年の春、堕胎のための専門病院設立のきっかけになる出来事があった。
医療救護に従事していた医師・田中正四は、港で引揚船から降りてきた教え子と再会した。
         (中略)
京城女子師範を卒業して朝鮮北部の田舎の学校に赴任していた彼女は、
進駐してきたソ連兵に暴行されたのだ。
しかも一度では済まず、相手も変わった。
兵隊同士が情報交換をしていて、部隊の移動のたびに新しい兵隊に襲われたのである。
救療部の関係者は悩んだあげく堕胎手術に踏み切った。
医療設備や技術の不備、そして何よりも、当時は堕胎を禁ずる法律があったからである。
しかし手術は失敗し、娘は命を落としたのである。
「二日市保養所」の産婦人科部長だった橋爪医師の証言が、『水子の譜』(*)に収録されている。
同医師が昭和21年6月10日付で救療部に提出した報告書によれば、
強姦の加害者は朝鮮人が最も多く、次いでソ連人、中国人、アメリカ人、
そして台湾人、フィリピン人も登場する。
         (中略)
中絶された胎児は、黄色人種もあれば、白人の子もいた。
         (後略)


969 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 23:41:05 ID:+qajb/Ob0
敗戦による朝鮮半島引揚げの惨事


共産主義国家の蛮行は左翼マスコミに無視されてきた。

「韓国・朝鮮と日本人」 若槻泰雄 89年 原書房
惨憺たる北鮮引揚げ
日本の連合国への降伏により、日本軍は38度線を境に、南鮮はアメリカ軍、北鮮はソ連軍へ降伏するように指令された。
南鮮の日本人は終戦の年の暮れまでにほとんどすべて引揚げたが、北鮮では約31〜2万の日本人がそのまま残っていた。
もともと北鮮に住んでいた27〜8万と、満州から戦火をさけて逃げてきた4万人である。北鮮にはいってきたソ連軍は、
満州におけると同様、略奪、放火、殺人、暴行、強姦をほしいままにし、在留日本人は一瞬にして奈落の底に
投じられることになった。白昼、妻は夫の前で犯され、泣き叫ぶセーラー服の女学生はソ連軍のトラックで集団的に
ら致された。反抗したもの、暴行を阻止しようとしたものは容赦なく射殺された。

「各地の凄惨な記録は読むにたえない」と、『朝鮮終戦の記録』の著者森田芳夫氏は書いている。
それらは主としてソ連軍兵士によって行なわれたことであり、また占領地の住民の保護にあたるべきソ連軍当局の
責任であることは明らかだが、ソ連兵に触発された朝鮮人の暴行も多かったし、ソ連軍を背景に行政権を掌握した北鮮の
人民委員会も、その責任はまぬかれない。たとえば3000名中、その半数が死亡した富坪の避難民の情況を調査するため
派遣された咸鏡南道人民委員会検察部、李相北情報課長自身、次のように報告している。

…かれら(在留日本人)の大部分は、途中において衣類、寝具等を剥奪され、零細なる金銭と着衣のみにて咸興市内に殺到したるも…
以下http://mirror.jijisama.org/rekisi2.htm#hikiageを参照



970 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 23:41:46 ID:0QvtEl4QO
諸君!私は諸君を軽蔑している!
この下らない国を!そのシステムを!
支えてきたのは諸君に他ならないからだ!
正確に言えば、諸君の中の多数派は、私の敵だ!
私は、諸君の中の少数派に呼びかけている!
少数派の諸君!今こそ団結し、立ち上がらなければならない!
奴ら多数派はやりたい放題だ!
我々少数派が、いよいよもって生きにくい
世の中が作られようとしている!



971 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 23:43:01 ID:ddnrMFoo0
>>344
それはだしのゲンの作者が書いた沖縄戦の漫画

972 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 23:44:43 ID:wZ48zuKp0
ま、上のコピペでも分かるように

戦争で負けたら悲惨ということだな。
でもその中で、最後まで民衆を守ろうとした人が多かったのも事実なんだよ。

973 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 23:47:51 ID:+HAYiBpG0
住民が軍隊を守らないって
疎開勧告を無視して、疎開船にも乗らない
どうせ死ぬなら住み慣れたここで死ぬなんて言って置きながら
いざ戦闘が始まると日本軍の陣地に逃げ込んで
見方の足を引っ張りまくった連中が何言ってるんだか。

974 :973:2007/03/31(土) 23:50:04 ID:+HAYiBpG0
訂正


軍隊が住民を守らないって
疎開勧告を無視して、疎開船にも乗らない
どうせ死ぬなら住み慣れたここで死ぬなんて言って置きながら
いざ戦闘が始まると日本軍の陣地に逃げ込んで
見方の足を引っ張りまくった連中が何言ってるんだか。

975 :名無しさん@七周年:2007/03/31(土) 23:53:19 ID:+HAYiBpG0
>蹴散らして逃げていくっていうこの風景はちょっと忘れがたいですね。その中に
>自分もいたんです。
注意事項、その中とは列車の中のことです、なかにし礼は避難民を蹴散らして逃げた連中の側ですw

976 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 00:02:26 ID:0QvtEl4QO
∀ <_☆_>
G\(〇m〇)
 \ ※:@*\

日本軍はやるべきことはやっていたゾ。

沖縄住民の疎開には最大の努力を注いだ。
危険な海域であるにもかかわらず可能な限り船舶を投入し、
喪失した疎開船が対馬丸一隻で済んだのはまさに奇跡だな。
パールハーバーに行けば、対馬丸を撃沈した潜水艦ボウフィンが
記念艦として堂々と展示されているが、
沖縄戦被害者がこれを非難しないのは
全くもって不可解だな。


977 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 00:05:45 ID:Ct+lvqFD0
6の処理系統。

978 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 00:10:49 ID:REWqUZXV0
戦後日本の教訓

「左翼は日本人を守らない。」

979 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 00:57:10 ID:t+wSGmTr0
沖縄県知事が逃亡したのが問題w

980 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 00:58:15 ID:FEPZdflYO
>>855

耳触りの良い言葉
〇耳触りの悪くない言葉

981 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 01:14:53 ID:jilDlrE00
こうやって語り継ぐことが金になるんじゃない?
人権や反戦を利用して稼いでいる奴を観察してみなよ。
マスゴミ、教授、弁護士、政治家の良い飯の種なんだなw


982 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 01:40:22 ID:cY0egQc5O
>>973-974
ヒント:大田実少将の海軍次官宛て電文

983 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 01:45:46 ID:/UQyKl680
その軍隊が壊滅したら守れるわけねえだろ
くだらね
バカじゃね

984 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 01:59:23 ID:Z7pJhwHE0
正直、集団自殺の有無とか興味ないから資料として残っているかどうかで削除の是非を判断しようぜ


985 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 02:06:22 ID:EJEWtime0
>>969
今度、なにかがあったら連中を同じ目にあわせてやろうな。

986 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 03:05:30 ID:Ncv7eoV20
米軍の事情聴取、報告等はあるの?
自殺強制が事実なら、
戦後においても一時は独立論があったが、間もなく日本帰属論が大勢を占めた理由はなぜ?
話のつじつまが合わないよ。

987 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 04:02:19 ID:Xl3PKh5m0
沖縄タイムス自体が あれだしな
こんなの読んでるようじゃ バカが増殖中ですな
中国潜水艦に着岸されてるのに・・ま死ねばいいんだよ

988 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 04:04:52 ID:DFZUh2OV0
二等国民が。。

989 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 04:11:16 ID:sPGOo/fZ0
>>7
>知れば知るほど、北朝鮮にそっくりだな。

そうだよ、だからなんとかしないと何をしでかすか分からないから危険なんだよ北チョソは。

990 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 07:48:15 ID:O0wWHbls0
>>1
根っこにあるのは 「軍隊が戦争を起こした」 という、致命的な間違い。
国が戦争を起こす場合、主権者の責任。
戦前の日本なら、国民の責任だわさ。

軍が正しい情報を広めなかった、マスコミが軍の手先となった・・・
ぜんぶ、「国民がしっかりチェックしなかったから」 という主権者の手落ち。

軍が戦争を起こすのではなく、軍は戦争を 「引き受ける」 だけ。

軍さえ無ければ、戦争の悲劇は防げる、という妄想は、
警察さえ無ければ、犯罪の被害は防げる、というぐらいにナンセンス。

991 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 08:39:43 ID:cY0egQc5O
>>990はマスコミ関係者?
「国民がしっかりチェックしなかったから」という主権者の手落ち

なんかものすごい押しつけな教訓に聞こえるが・・
それでどうりで終戦から現在までサヨクがのさばるわけだ


「国民がしっかりチェックしなかったから」


992 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 09:00:46 ID:O0wWHbls0
>>991
いまのマスコミが、しっかりと運用されている…とでも?

政治であれマスコミであれ、チェックや監査は重要だろ。
警察だって、監査機構が警察外部にあれば、あれほど腐敗するまいさ。
内部監査で完了しちまうから、あれだけ腐る。

日本人は 「監査」 を信用しすぎる、というか、監査の概念が甘いんだよ。

993 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 09:26:11 ID:cY0egQc5O
>>992
当時は治安維持法による言論弾圧、表現の自由は制限されていた
現在のようにネットは存在していない、テレビすら日本にはない。

「国民がしっかりチェックしなかったから」

当時の一般国民が何をどうやって?

994 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 09:29:45 ID:G32N7phX0
つーか旧軍はたしか、天皇の軍隊だろ。兵器は全て下賜されたものだし。
非情な話だが、国民守る義務なんてのは無かったはず。

995 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 09:35:59 ID:M5756RP+0
>>990
5.15や2.26で気に食わないヤツをぶっ殺しておいてよくゆーよw

996 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 09:45:29 ID:kRoQ15T2O
>>993
>>992
> 当時は治安維持法による言論弾圧、表現の自由は制限されていた
> 現在のようにネットは存在していない、テレビすら日本にはない。

太平洋戦争始まるまでは検閲もそこまで酷くないぞ
日中戦争に反対する記事書いてた新聞もある。
ただ、新聞売上落ちて戦争賛美記事載せだしたが。
「戦前は自由に書けなかった」と言うのは、散々戦争煽った自分たち新聞の責任を、政府や軍に押しつけてるだけ。

997 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 09:59:36 ID:cY0egQc5O
とりあえず>>990には
>>949>>960と読んでもらって>>993に答えてくれ

998 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 10:09:04 ID:cY0egQc5O
>>996
治安維持法による逮捕者の中には拷問や虐待受けて死傷者もでている


999 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 10:12:22 ID:TVXN0cAj0
教育勅語を教典とし、天照大神信仰をしていた
ひとのみち教団も弾圧解散させられてる。

1000 :名無しさん@七周年:2007/04/01(日) 10:17:53 ID:kRoQ15T2O
>>998
>>996
> 治安維持法による逮捕者の中には拷問や虐待受けて死傷者もでている

共産党員や無政府主義者は世界中で弾圧対象

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

321 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)