5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【歴史】旧軍幹部らが吉田首相暗殺狙う=52年夏、クーデター企てていた−CIA解禁文書 辻政信元参院議員により説得

1 :無類のそれは私のお稲荷さんだφ ★:2007/02/26(月) 17:57:45 ID:???0 ?2BP(0)
旧軍幹部らが吉田首相暗殺狙う=52年夏、クーデター企て−CIA文書
2月26日16時0分配信 時事通信

【ワシントン26日時事】
 1952年7月、当時の吉田茂首相に不満を募らせた
旧日本軍幹部らのグループが一時、クーデターを計画していたことが、
25日までに解禁された米中央情報局(CIA)の文書で明らかになった。
吉田政権転覆を狙ったクーデター計画の存在が公文書で裏付けられたのは初めて。

52年10月31日付のCIA文書によると、クーデターを企てたのは
元参謀本部作戦課長の服部卓四郎氏(故人)ら。

自由党の吉田首相が公職から追放された者や
国粋主義者らに敵対的な姿勢を取っているとして、
同首相を暗殺し、民主党の鳩山一郎氏(同)を首相に据える計画を立てた。

しかし、服部氏の友人で元参謀の辻政信氏(同)が
「今はクーデターを起こす時ではない」と説得。
グループはクーデターは思いとどまったものの、
政府高官の暗殺を検討したという。 
最終更新:2月26日16時0分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000077-jij-int

辻政信:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E6%94%BF%E4%BF%A1


2 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 17:58:26 ID:E1MBHT+o0
嘘だ!

3 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 17:58:29 ID:bM6qYRhH0
2なら、あのことH

4 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 17:58:33 ID:Yebddswn0
以下バカヤロー禁止
   ↓

5 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 17:58:49 ID:r4Y5Dnek0
すごい企てですね

6 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 17:59:37 ID:5CfaJGoc0
クーデターなら進駐軍に対して起こせって。

7 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 17:59:52 ID:G4GGgNJk0
辻政信ってジパングにも出てきた悪役じゃないか
作戦の神様と崇められながら無駄に作戦を引き伸ばして兵を無駄死にさせたカス軍人

8 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 17:59:57 ID:SDDK3GHM0
やっぱ こいつらって井の中の蛙だったんだ

9 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:00:25 ID:qBkJu0vI0
ぽっぽ\(^o^)/オワタ

10 :ちく●@無類のそれは私のお稲荷さんだ:2007/02/26(月) 18:00:51 ID:P4hosy+G0
この一報を見たとき、「これ、なんてブラックジョーク?」と思ったのは自分だけじゃないはずだ。
この一報を見たとき、「おいおい、エイプリルフールには1ヶ月速いぞ」と思ったのも自分だけじゃないはずだ。

11 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:01:00 ID:Hxzv4M8b0
>>6
進駐軍に立ち向かう勇気は無かったわけだ

12 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:01:35 ID:3KNxApmh0
辻ーん大活躍だな

13 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:01:38 ID:V/nVkbHm0
虹色のトロツキーの辻の描写は面白い。

14 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:03:27 ID:avV4r7F50
>>10
旧軍のカスさ加減を知らんからそんな事が思えるのだ。

15 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:03:48 ID:OZmHVbw/0
辻ーんをちょっと見直した。

16 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:04:01 ID:ckYO6Dnb0
鳩山逃げてー

17 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:04:04 ID:5sXiDFKD0
>>7
カス軍人でも止めるほど、稚拙なクーデター計画だったんだろ
ま、どこまで現実性のある話だったのかも分からんが

18 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:04:05 ID:1DA0DRgi0
COUP D’ETAT


19 :ちく●@無類のそれは私のお稲荷さんだ:2007/02/26(月) 18:04:28 ID:P4hosy+G0
>>14
いいや、「辻ーんが止めた」というところがツッコミどころ。
それ以外は何の不思議も無い。

ただ、これが牟田口じゃなかったところは予想通り。

20 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:04:43 ID:KLCMUZIB0
>>14
詳しく

21 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:05:09 ID:nGMjF4jf0
まんこ

22 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:05:25 ID:ApF9XNtc0
クーデター成功して鳩山一郎が担がれてたらどうなってたんだろう
平行世界として見たいような見たくないようなw

23 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:05:47 ID:ViSjEmGmO
226?

24 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:06:41 ID:FHI7VgpP0
麻生のコメント聞き台湾



25 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:07:15 ID:qCLbdDGY0
起こしても起こさんくても大して変わんないだろうな

26 :ちく●@無類のそれは私のお稲荷さんだ:2007/02/26(月) 18:09:40 ID:P4hosy+G0
服部卓四郎参謀って辻参謀同様にノモンハン事件の首謀者か…

27 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:10:42 ID:K2iy+Axl0
>>1
一瞬辻元に見えた

28 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:10:42 ID:u+NFJelmO
真の意味での敗戦責任者どもだな。

29 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:11:06 ID:9AaimAqK0
陸軍中野学校の精鋭達が終戦と同時に地下に潜って行方しれに成ったって話もあったしな。

30 :ちく●:2007/02/26(月) 18:11:41 ID:P4hosy+G0
>>28
それを考えると、クーデター起してしくじった方が良かったかもしれんね。
戦犯が明確に裁かれたかも。

31 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:11:47 ID:t7T1KVr2O
戦中の山本五十六始め海軍幹部
戦後の東クニ首相、吉田首相、鳩山一郎首相

全てフリーメーソンだよ

32 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:12:10 ID:snp5cYn80
>>22
旧軍の軍人は占領が終わるのを待ってたわけですね。

ところで吉田茂暗殺後、米軍が介入して今のイラクみたいになりませんかね?
いくら占領が終わったとしても、今の在日米軍より当時の駐留米軍の人数は
ぜんぜん多いだろうし。

おそらく、旧軍将校は警察予備隊や保安隊の部隊動員するつもりだったのでは?
自分たちのかつての部下や同僚をいずれクーデターで動員するつもりで入隊させていたのでは?

だとしたら警察官僚を文民統制に使ったのは、戦後の政治家が旧軍将校から
身を守るためにアメリカから教えてもらって採用したのか?

33 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:12:16 ID:2jqlW6ba0
CIAの情報なんて8割がた嘘だろ

34 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:12:35 ID:QX74MdA70
>>元参謀本部作戦課長の服部卓四郎氏(故人)
売国奴瀬島龍三の上司だったな

35 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:12:54 ID:OlOuO05B0
売国奴吉田がいなければ日本は20年後に日本第二帝国として復活してた

36 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:14:29 ID:hXLtUU850
昔は政局も命かけてたんだなあ。

今は…。

37 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:14:41 ID:5SaG2WJ40
>>29
公安調査庁やら公安部、自衛隊調査部、内調の基礎になってるな
商社に入った人間もいればCIAに引き抜かれた人間もいる

38 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:14:48 ID:IbNds3IJO
当たり前だ。鳩山などという無力で暗愚な党人たちの代表格を宰相の座に据えようなど
つじーんが許すわけがない。折角300万同胞の犠牲のもと蒙昧な守旧派を放逐したのに、
米を打倒するためにもう一度奴らを太らすなど愚の極み。こういう輩が彼の
足を引っ張ったのかと思うと可哀想だよ。

39 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:15:28 ID:C4b3UMkK0
現代ならコミンテルンの手先と罵倒されるだろうな>辻と服部

実際、結果的に一番得したのはソビエトだったし>ノモンハン
吉田が殺されていれば、やっぱりソビエトが得したかもね。

吉田ドクトリン崩壊>高度成長ならず、安保体制もならず
>辻と服部によるシベリア出兵ww
>北海道逆上陸されて日本分割
アメ・シナ・ソビエトで日本分割ウマー!かもww

40 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:16:27 ID:ApF9XNtc0
>>32
暗殺、報復が続いたら介入してくるだろうね
どれくらい混乱するかは分からんけど民間人自爆テロまでは行かないんじゃないかと
あと朝鮮戦争にはかなり影響がありそうだよね

41 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:17:24 ID:0gwrh9a50
おまえ、辻がどんな男かよく知るまい。
人間のクズだぞ、あいつは。
勉強不足だな。

42 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:18:10 ID:+KZKgQN+0
クーデターといえばCIAですよ。


43 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:19:19 ID:J07L/VUG0
>>40
日本国内の問題とはいえ米ソ間は疑心暗鬼で緊張するんだろうねぇ。

44 :北海道愚民 ◆YJiFSBBjZ6 :2007/02/26(月) 18:23:02 ID:LZv5ZtxW0
もうこんなのどうでもいいから、下山事件とか鹿地亘事件とかの情報出せよヽ(`Д´)ノ
Zユニットの正体を教えてくれヽ(`Д´)ノ

45 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:25:13 ID:ELL6KWP/O
辻政信ってまだ行方不明のママだっけ?

46 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:25:36 ID:snp5cYn80
戦後の保守政界は、保守本流(吉田派・旧田中派・竹下派・宏池会)→軽武装・経済重視・親米路線
         保守反主流(鳩山派・旧福田派・小泉&あべちゃん)→憲法改正・再軍備・対米自立路線 

に割れていたわけですが・・・戦前の連中vs珍米ポチwwwの対決だったわけですね。   

47 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:28:02 ID:lFSxEQgm0
当時クーデターを成功させるには、ソ連の後ろ盾を得るしかなかったろうな。
まぁ、私怨でやっちゃうぐらいは出来たかもしれないけど、結局無理だったってことだ。

48 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:29:00 ID:20UUn8tg0
よく考えれば、今日は226事件記念日

49 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:30:39 ID:L0iX6XrN0
やれば良かったのに。

そして再度アメにぶち犯されて更に民主化が進んだろう。




或いは、逆に韓国のような軍事政権になったかもしれんが。

50 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:31:32 ID:aZw/No9o0
服部の本音は、親米反ソ派の吉田を引きずり降ろし、
鳩山に日ソ国交樹立をやらせたかったんじゃないの?

太平洋戦争は共産主義者の陰謀
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1121091165/

51 :ちく●:2007/02/26(月) 18:32:23 ID:P4hosy+G0
【国際】 「日本のスパイは役立たず」「児玉氏はペテン氏」「辻氏は第3次世界大戦起こしかねない男」…
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1172466983/

・CIAの文書は「彼らは自らの威信や利益のために情報を捏造することが多かった」
 「日本の戦後は、驚くべき数の、役立たずの情報提供者を生み出した」と指摘。工作資金を
 持ち逃げされたり、同じ情報が米国の複数の機関に売られたりしたケースもあったという。
 児玉氏の反共工作への関与の程度は不明だが、CIAは「情報要員としての価値は無きに
 等しい。彼はプロのうそつき、ギャング、ペテン師、大泥棒だ。もうけることにしか関心が
 なかった」と酷評。
 また、辻氏については、連合国軍総司令部(GHQ)の情報部門が対中工作を指揮させ
 ようとしたものの、逆に日本の再軍備のために米国を利用しようとしたと分析、「第3次
 世界大戦さえ起こしかねない男」と危険視していた。(抜粋)
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070225it16.htm?from=top


52 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:32:43 ID:snp5cYn80
>>40
>あと朝鮮戦争にはかなり影響がありそうだよね
      ↑
確かに米陸軍は半島の戦争でそれどころではなかったかもしれませんね。
それを考えると案外、反吉田クーデターは成功したかもしれませんね。

アメリカの事だから黙認したかも、特に中国の人民義勇軍が南下した後なら
手の施しようがないかも〜 旧軍将校もそれをわかって計画したのかも・・・



53 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:35:15 ID:C4b3UMkK0
>>46
まあ戦前の重臣リベラル層(昭和天皇、西園寺、牧野)から吉田茂〜角栄に至る、
欧米協調でリベラリズムを信奉する財閥ブルジョア&高等文官のラインと、
軍部とつるんだ満州ほかの新官僚層という、統制国家、統制経済信奉者のライン。
後者は社会主義の一種だww

小泉がいかに異端だったか分かるというもの。
あれは珍しいリバタリアンに近い個人主義の親米派。
「昭和天皇が何を言おうと靖国に行く」という発言は、
リバタリアンのバイブルであるランドの著書「水源」で表された、
己の実現こそ第一というリバタリアン的人格の真骨頂w
だからこそ、角栄によって社民主義化した本流には批判的だった訳でw

54 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:36:04 ID:g401q88PO
吉田かばん

55 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:38:14 ID:snp5cYn80
>>50
服部の本音は、親米反ソ派の吉田を引きずり降ろし、
鳩山に日ソ国交樹立をやらせたかったんじゃないの?
        ↑
それは無いでしょう!旧軍の将校が共産主義者?
ほとんどガチガチの軍国主義者・ウルトラ国家主義者ばかりでしょうね。

アメリカに復讐したいのと珍米ポチの吉田茂にアタマキテルんでしょうね。
だって暗殺後の首相候補は、鳩山一郎だぞ!左派なわけないだろ!
少しは頭使えよな馬鹿!


56 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:41:02 ID:lFSxEQgm0
>また、辻氏については、連合国軍総司令部(GHQ)の情報部門が対中工作を指揮させ
>ようとしたものの、逆に日本の再軍備のために米国を利用しようとしたと分析、「第3次
>世界大戦さえ起こしかねない男」と危険視していた

辻を買い被り過ぎだろw

57 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:45:52 ID:snp5cYn80

旧軍将校に動員された首都近郊の警察予備隊や保安隊が、
朝鮮戦争の真っ最中に首相官邸・国会議事堂・警視庁・警察庁を
攻撃するのは見ものですね。

だれがクーデター部隊に防戦するのでしょうか?警官?SP?駐留米軍?

三無事件もこの流れで起きたのでしょうね。


58 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:47:00 ID:Z0DIt8/r0
まぁ、この手の情報管理をしていたのはGHQじゃなくてCICなわけだが。
CICは、違法行為でも非人道行為でも何でもする諜報機関だからね。

59 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:47:33 ID:yeq6KGwxO
スポンサーはソ連か

60 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:47:41 ID:C4b3UMkK0
>>55
政治・経済・教育等の政策の具体的な内容は共産主義といっしょw
憲法の構造も人民から権力への命令という自由主義・立憲主義ではなく、
上からの人民教化・束縛の道具。
一夕会とか木曜会とかの議事録読めば、
当時の軍部がアダムスミスよりはむしろマルクスに染まっていたのが分かる。
岸信介もいちばん信奉していた人物として、北一輝を挙げている。

シャッポが天皇か将軍様かの違いぐらいしかないw
反共主義ってのは、左翼お得意の教義と権力をめぐっての
内ゲバぐらいに見ておくべきかも

61 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:48:42 ID:On+hq4hT0
>>41
でも高学歴じゃん。士官学校主席卒業だってさ。羨ましいね。

62 :ちく●:2007/02/26(月) 18:49:11 ID:P4hosy+G0
>>53
というか、小泉は明治時代の祖父又次郎の「又さん大臣」「刺青大臣」「自由民権運動の闘士」「野人小泉」の
正統後継者だしねえ。

63 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:49:12 ID:snp5cYn80
三無事件↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%84%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6

64 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:49:16 ID:LKVLIJ7jO
またブーメランか。。。

65 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:49:54 ID:yeq6KGwxO
岸信介も暗殺出来ないのに吉田をやれるわけが無い

66 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:52:33 ID:yeq6KGwxO
岸信介が東条内閣を潰した時はなんで暗殺されなかったんだろ

67 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:52:42 ID:2VBVLGVY0
CIAの文書に書いてあることはすべて真実なんだな。

68 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:53:40 ID:8s8p7ayI0

なんで辻が・・・。これはミステリーだな。


69 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:53:58 ID:5eSc8qDB0
226に合わせて記事出してるの?

70 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:54:05 ID:snp5cYn80
>>65
岸信介は、旧軍から見ると仲間なんじゃない?
殺さないでむしろ応援してたんでしょうね。

71 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:59:00 ID:XZNEfW1G0
当時の背景や力関係を見ても、現実的な計画とは思えない。
その辺の負け犬が、「安倍ぬっころす」と落書きするのと大差ない話でしょう。

72 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 18:59:34 ID:Z0DIt8/r0
CIC(米陸軍諜報部隊)

73 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:01:35 ID:rcnHRgrK0
>>70
統制派からみれば仲間だけど

74 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:01:44 ID:O94Nqc6h0
そういえば、マッカーサー暗殺計画なんて噂もあったっけ・・・・

75 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:01:55 ID:yeq6KGwxO
辻政信が指揮官で吉田が部下なら暗殺しなくても殺せたのに

76 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:02:24 ID:aZw/No9o0
>>55
>ほとんどガチガチの軍国主義者・ウルトラ国家主義者ばかりでしょうね。

共産主義者はゴロゴロいたよ。
まだ完全に解明されてないけど。

77 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:04:36 ID:nuSJ8ol8O
まあA級戦犯と呼ばれた人が首相になったわけだが
安倍さんはその人の孫とは思えん軟弱ぶりだ
信介も栄作も情けなく思うだろうな

風見鶏 中曽根のほうが遥かに首相としての器が上だったか
まあ再登板する10年後に期待だな

78 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:04:42 ID:Z0DIt8/r0
GHQは共産主義者を利用したんだよ。
だから、CICが嫌う共産主義的な農地改革をやった。

79 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:04:53 ID:O17h+0Tq0
確かにY項パージはひどかったらしいからね。w

80 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:05:04 ID:yeq6KGwxO
大陸アジア主義者なのは間違いない
毛沢東や江沢民と同じ輩

81 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:05:54 ID:snp5cYn80
保安隊を動員するつもりで仲間を入隊させたんじゃね?
保安隊の指揮官クラスでこの計画に参加していた人も多いのでは?

今のイラク人部隊はほとんどゲリラの内通者ばかりでしょう。
マリキ首相も、スンニ派に狙われてるからシーラ派の武装勢力を
味方につけますね。

ウィキペディアより三無事件の抜粋 ↓

>また、自衛隊の一部部隊にも参画するよう工作されていた事が判明しているが、
>自衛官の関与者については処分された様子がなく(但し一線からは外され、
>閑職に追いやられた模様)、この件について防衛省は現在に至るまで沈黙を
>保ったままである。



82 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:06:51 ID:8vwIWVuQ0

今日は辻ーんが大人気だな


83 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:08:19 ID:snp5cYn80
この事件ををマンガにして欲しいな〜

カワグチカイジあたりが

84 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:08:42 ID:Hq4t3zuI0

脱亜論者=吉田茂、佐藤栄作、白州次郎、山本五十六など
(福沢諭吉路線)

アジア主義者=鳩山一郎、岸信介、石橋湛山、大川周明など
(勝海舟路線)


85 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:09:32 ID:VVPTUpSn0
おおお、あの服部卓四郎がクーデターwwwwwwww
これはすげえええええ

86 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:10:06 ID:/5RyfZNJ0
【国際】 「日本のスパイは役立たず」「児玉氏はペテン氏」「辻氏は第3次世界大戦起こしかねない男」…
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1172466983/


87 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:10:31 ID:5aGiN8hk0
クーデターではなくて、吉田首相暗殺計画だったのではないか?
それもどこまで本気だったのやら?ペーパープランではないか?
そもそも計画があったのかどうか。
辻がCIAに手柄としてご注進したんだろう。

それにしても辻の真意はなにか?独立回復後、
警察予備隊(旧軍人たちか多数入り込んでいた)がどうなるか。当時はあやふな状況だった。
現状維持というところだったが、強化されて保安隊になっていく。
しかし朝鮮戦争に終結のきざしがみえていたから、縮小や解散もありえた。
旧軍人たちの不満が強いとアメリカから圧力をかけられた吉田は妥協の道を選んだのではないか?辻の狙いどおり?
これが「日本の再軍備のために米国を利用しようとした」
ということじゃないのか?

吉田が死ねば、後は鳩山になるだろう。
鳩山は1954年に首相になるが再軍備、改憲を唱えた。
鳩のほうが吉田よりタカ派。


88 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:11:57 ID:OGJ1YdqK0
今日は2・26事件ジャマイカ!

89 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:18:09 ID:TdYs5sJi0
>>81
シーア派をシーラ派と間違いたせいで説得力0w

90 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:18:36 ID:yeq6KGwxO
岸信介は巣鴨プリズンで海洋派に転向しました

スターリンの日ソ中立条約破りと満州のソ連を見て

91 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:20:00 ID:2GwYoWCk0
さすが、辻ーん
>「今はクーデターを起こす時ではない」
いずれ自分でやらかすから、先にクーデター起こされるのを牽制したわけですねw

92 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:22:54 ID:yeq6KGwxO
森田実に続く逆神の元祖か>辻

93 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:22:58 ID:xVChAOBr0
服部と辻ーんの揃い踏みかw
ある意味壮観だ。

94 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:26:11 ID:nl6BJzXG0
じゃいつクーデター起こすんだよ。
その時クーデターが起きてれば日本の誇りは守られたかもしれないのに。
旧軍の連中はどこまでいっても無能だらけだな

95 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:26:58 ID:ryzP31q10
■時の首相・吉田茂氏がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年8月末から9月初旬ころのもの)

朝鮮人居住者の問題に関しては、早急に解決をはからなければなりません。
彼らは総数100万にちかく、その大半は不法入国であります。
私としては、これらすべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待するものであります。
その理由は次の通りであります。
★現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。
米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を養うために使用しております。
このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。
朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは不公平であると思われます。

★大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません。
★さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな割合を占めております。
彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。彼らの多くは共産主義者ならびにそのシンパで、
最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、常時7000名以上が獄中にいるという状態であります。

朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。
★原則として、すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還すべきである。
★日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなければならない。
★許可は日本の経済復興の貢献する能力を有すると思われる朝鮮人に与えられる。 

上述のような見解を、原則的に閣下がご承認くださるならば、
私は、朝鮮人の本国帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出するものであります。 


96 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:27:06 ID:Z3xQVm8K0
関係ないが、今日は2・26事件の71周年だな


97 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:29:52 ID:2GwYoWCk0
>>94
アホか
あんな人外魔境のクズ共がクーデター起こしてたら、
よくて精々東ドイツ、下手すりゃ北朝鮮並みのウンコ国家に成り下がってる

98 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:30:32 ID:mSL5jOcj0
>>55
http://government.log.thebbs.jp/1130761796.html

99 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:31:07 ID:m8ZQqSKA0
クーデターはCIAの嘘っぱち
親父と旧軍中将とつるんで政府を脅したのは事実。

100 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:31:40 ID:juOKbswp0
>>95
勝手なもんだな。労働力として徴収しておいて。

101 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:32:09 ID:Zqy7Owb/0
辻ーんwww今はってことはいつかやる気だったのかよwww
ていうか暗殺はやる気満々だったのかwwwさすがは作戦の神!

102 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:32:52 ID:J08RCCEx0
辻が役に立った稀有な例、なのか?

103 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:33:09 ID:aw6IVX+90
>>100
釣りはいらんよ。

104 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:39:04 ID:yeq6KGwxO
辻は敵に回すと心強いが味方に付けると恐ろしい

105 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:40:00 ID:SdvgUMTaO
で、今の鳩ポッポもテロを企ててるの?

106 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:40:02 ID:Oox+ry6p0
吉田殺して鳩山立てて何をしたかったんだろう?
つ-か、バックはドコ?
まさか、バックも無しで成功するとは思ってないだろうし・・・・・

再軍備に反対してた吉田にムカついてたアメリカ?
それとも親米反ソの吉田を排除して日ソ国交樹立を狙ったソ連?

107 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:42:09 ID:GZB4JsOH0
クーデターって、当時ならアメリカに潰されて終わりじゃん。
今起こすなら、右傾化阻止!安倍麻生石原、ついでにひろゆきも暗殺。
そしてアジアの同胞の力により、首相の座に就くのはこのお方です。
            ,-― ー  、
         /ヽ     ヾヽ
        /    人( ヽ\、ヽゝ
          .|   ノ ⌒,,  ⌒,,`l    
         |   /   (o)  (o) |   
        /ヽ |   ー   ー |  
          | 6`l `    ,   、 |   ズビシッ
          ヽ_ヽ   、_(、 _,)_/     
          \   ヽJJJJJJ
            )\_  `―'/
          ノ二ニ.'ー、`ゞ
         Y´⌒` r‐-‐-‐/`ヽ
         |; ⌒ :; |_,|_,|_,hに丿ヽ
         .|: ; : : : .| `~`".`´ ´“⌒⌒)
         |; ; ; ; 人  入_ノ´~ ̄
          l ; ;/   // /''




108 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:43:09 ID:Mp7qx4dK0
何がいまさら暗殺なものか。w
アメリカなんて政治家が何人も狙撃されて暗殺されていますよ。
アメリカではクーデターなんて日常茶飯事だしね。w
その証拠に軍部が産業を支配している。

109 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:45:57 ID:tx4GA15N0
アジアに散って色々尽力したらしいな
韓国情報機関も中野学校の教えが入ってるの言われているね

29 名無しさん@七周年 New! 2007/02/26(月) 18:11:06 ID:9AaimAqK0
陸軍中野学校の精鋭達が終戦と同時に地下に潜って行方しれに成ったって話もあったしな。



110 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:46:45 ID:fjLWUnmG0
CIAの情報公開をみると、CIAは戦前に中国で麻薬とか売っている連中や旧軍参謀の掌に踊らされていたんだなwwwwwww

111 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:47:01 ID:GZB4JsOH0
>>108
意外なことに、暗殺されたアメリカ大統領と暗殺された日本国首相はほとんど同じだったりする。
ロシアや中国は、トップになるとなかなか殺されない。たぶん殺されてない。
トップになるまでが、大変そうだが。

112 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:49:10 ID:FFweCfGg0
殺した後どうするの?って話だわな。
この手の馬鹿が戦中大手を振って歩いていたならそりゃ負けるわw

113 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 19:57:02 ID:vULhb8bQ0
ある人物の葬式が終わった後…
鳩山一郎「どうしてずっと座っているんだ?葬式は終わったからもう帰っても良いんだろう?」
吉田茂「君と並んで歩くのが嫌だから君がはやく帰るのを待っているんだよ。」
鳩山一郎「死ぬまでそこにいろ!!」

河野一郎の家が放火されて
吉田茂「三木君、今日は愉快だ。河野邸、焼き討ちだ!」


暗殺もされる

114 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:01:54 ID:3l8fF1s10
太平洋の翼おーいえええええ」

115 :ちく●:2007/02/26(月) 20:06:07 ID:P4hosy+G0
というか、宮城事件といって、昭和20年8月15日未明のクーデター未遂事件があったわけだが。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLG,GGLG:2006-11,GGLG:ja&q=%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E4%BA%8B%E4%BB%B6
宮城事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E4%BA%8B%E4%BB%B6

宮城事件(きゅうじょうじけん)とは1945年(昭和20年)8月14日深夜から15日にかけて、
一部の陸軍省幕僚と近衛師団参謀が中心となり起こしたクーデター未遂事件。
日本の降伏を阻止しようと目論んだ将校達は近衛第一師団長森赳中将を殺害、
師団長命令を偽造し近衛歩兵第二連隊を用いて宮城を占拠、更に当時昭和天皇の居住していた御文庫を包囲した。
しかし陸軍首脳部及び東部軍の説得に失敗した将校達は自決あるいは降伏し、
日本の降伏表明は当初の計画通り行われた。

(以下略)

これだけ陸軍の威信を失墜させたクーデターを再び起そうとしたから、辻ーんは止めようとしたのかな?

116 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:08:29 ID:08LODNMY0
>>115
自分が美味い汁吸えるのはどっちかって言う計算の結果じゃね

117 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:09:49 ID:bcSCdowC0
>旧日本軍幹部らのグループ

だからコイツら真の戦犯だろうが!

コイツら全員晒して子孫も追及しろ!



118 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:11:06 ID:aw6IVX+90
服部は警察予備隊を朝鮮戦争に投入して、
陸軍復活させようとしていたんじゃなかったっけ?

それの兼ね合いじゃないのかね。

おもしろ内務官僚に嗅ぎ付けられていたらしいし

119 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:12:50 ID:ORdILmof0
すっかり”辻ーん”が定着してるところにワロタw

120 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:14:31 ID:vULhb8bQ0
当初、服部は警察予備隊の総隊総監になる予定だった。
それが失敗したための逆恨みだろう。

121 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:15:20 ID:LyQEx205O
辻ーん……。やるな。

122 :ちく●:2007/02/26(月) 20:20:13 ID:P4hosy+G0
>>116
どっちにしろ、真の戦犯が誰かってことかな。

↓のニュースは超自爆だし。
【韓国】元BC級戦犯、韓国で初の遺族会発足 監視員として捕虜を虐待したなどとして有罪判決を受けた軍
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172398020/
【日韓】捕虜虐待などで有罪となった韓国人B・C級戦犯の遺族らが遺族会結成。日本に謝罪と補償を要求★2[
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172259175/

123 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:25:21 ID:lemwJvpJ0
昔の人は元気ですね。敗戦の責任のほとんどを負うべき海軍の人脈が米にとりいって
生き残っているのに、陸軍ときたら・・・・・・。くそっやってやる。ってとこですか。

124 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:26:04 ID:6lqYbpIi0
こういう戦後ものうのうと何の責任を取らずに暮らした奴に限って
靖国参拝は正しいだの憲法改正して国軍を作れだのふざけたことをほざいているわけだが

125 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:26:13 ID:fs7RVUo80
福田和也は5,6年前計画をしていたよ

126 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:29:50 ID:my97KRqs0
クズ野郎という言葉がふさわしいな服部は。

127 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:37:04 ID:5EavPbKB0
こういうクーデターを事前察知して、
動きを封じていたのが後藤田さんだろ。

128 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:38:01 ID:zskevS5C0
>>118
そう。
服部、有末ら元大本営参謀は旧陸軍参謀主導で軍隊復活を目指してた。
その一環としての反中、反共を日本政府を飛び越して直接GHQに働きかけてた。
吉田は陸軍参謀主導の軍隊復活を危険視してそれを潰した。

三木武吉や河野一郎のような戦前に陸軍に対抗した政治家が支えてた
鳩山がこんなのに乗るとは思えんw

129 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:39:33 ID:5czDOcWZ0
>>110 日本だけじゃないよ。「冷戦に憑かれた亡者たち」って本読んでみな。

>>115 それの首謀者格の竹下正彦が、戦後陸自の幹部学校長やってるんだな。一体何を教えてたやら。

130 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:41:23 ID:aM+mJidC0
つまり鳩山を元首にするという事はクーデターの完遂を意味するって事?

131 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:43:01 ID:tx4GA15N0
>>98
良くこんなお花畑な説が出てくるな
大体共産主義自体は悪くないだろ、修正資本主義で既に考慮されている

共産主義は経済制度なのに何故目の敵にするのか判らんw

132 :ちく●:2007/02/26(月) 20:44:51 ID:P4hosy+G0
>>131
スターリニズムや毛沢東主義は共産主義と社会主義を混同させたからじゃね?

実際問題、社会主義のままで共産主義路線ではないキューバは多少アレでもまともなわけで。

133 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:45:07 ID:vULhb8bQ0
服部はG2のウィロビー少将に取り入って予備隊の総隊総監になり
幹部も自分で選ぼうとしたが、吉田の側近、岡崎勝男がより良識的な陸軍軍人から意見をきき、
GHQに服部起用反対の意志を伝えた。
結局マッカーサーにより服部の起用はやめになり、
吉田の推薦する元内務官僚、林敬三が予備隊のトップになった。

134 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:47:30 ID:ecSYeovz0
辻ちゃん大活躍じゃないか

135 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 20:48:09 ID:8b0MbaZM0
CIA文書には、日本人の情報提供者について
>情報を捏造する >役立たずの情報提供者
とあるそうだが、
このクーデター情報は誰が提供したのか?
CIAは日本人を信用していなかった訳でしょう。
この情報は確かだと、どんな根拠でCIAは言えるのか?
クーデターにCIAが一枚噛んでいた可能性大。
もしかしたら、イタリアの極右勢力によるクーデター計画同様
CIAが首謀者だった。

136 :品管の検便中尾(ヒンシツチェッカー)(ボクナカエモン):2007/02/26(月) 20:57:03 ID:ROLe2KFi0
オッス!オラ品管の検便中尾。
オラは他人の不幸が大好きだ。
他人が不幸だって聞くとワクワクしねえか? 
他人が苦しんだり悲しんだり泣いたりしているのを見るとワクワクするよな!
それも知り合いが不幸だったりするともうワクワクするぞ!
これからも他人はオラをワクワクさせておくれ。
すべてオラの為、この地球の為だ。
んじゃ。オラの為、この地球の為に他人よ。不幸になれよ。
オラをもっとワクワクさせておくれ。

137 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 21:16:12 ID:tx4GA15N0
>>135
冷戦時代のCIAは何でありだからな・・・

138 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 21:21:05 ID:9ko/wJe30
どう考えても、当時の昭和天皇と国会が、クーデタ政権を承認する訳ないわな。

所詮、視野の狭い軍人連中のオナーニに過ぎなかったと言わざるを得ない。

139 :ちく●:2007/02/26(月) 21:29:08 ID:P4hosy+G0
>>138
ところがね、>>1の勢力だと「国会開会式」を襲うと内閣・天皇陛下・両院議員全員
を同時に制圧可能だった。

…ん?辻ーんは当時、参院議員で自分が命の危険に晒されてたわけだ。
それが反対した原因か。

140 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 21:42:35 ID:GvoCkM150

マスコミが反米を煽らなくなってたからってのもありそう。
国民に戦犯が誰だったかはっきり知らせることになるのを恐れてたり。
元祖アジア主義北一輝の考えと瓜二つの憲法が採用されて一部目的達成してたとか。


141 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 21:52:58 ID:zkHJqNMqO
辻って無能だったらしいな。
陸軍士官学校って何教えてたんだろう

142 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 21:55:02 ID:Wqw8C4ay0
>>138
>どう考えても、当時の昭和天皇と国会が、クーデタ政権を承認する訳ないわな。
      ↑
クーデターで保安隊の部隊を動かすのに承認!?国会も閉鎖される。

143 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 21:55:07 ID:yWtzkNiv0
>>1もうちょっと内容書けよ

という永田町に詳しい関係者の話を耳にしたって文書だったらどうすんだよ

144 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:00:32 ID:HBPLRoEZ0
旧軍の罪は負けたこと。負ける戦争をするようなバカさ加減が罪。

145 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:05:44 ID:T+599xC50
私は辻政信氏の通訳だった
http://www.mekong.ne.jp/database/person/tsujimasanobu/19700413.htm

146 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:07:57 ID:NgzkqczP0
ま た 辻 ー ん か !

147 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:08:56 ID:X/6RPxTX0
麻生が親父さんから「お前が誘拐されてもうちはお前を見捨てるぞ」と言われていたらしいが・・・。
こりゃ冗談じゃなかったんだな。



148 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:23:24 ID:tx4GA15N0
>>147
スゲエな・・・

149 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:32:43 ID:lSwVY8ax0
>>147
それを食い止めていたのが後藤田正晴等の
旧内務官僚だわな。

左翼とか売国奴という人がいれば、カミソリと呼ばれたりするのにも
わけがある。

150 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:35:02 ID:IaOEqFuN0
服部卓四郎と辻正信は本来なら東京裁判で死刑なってもおかしくない連中だ。

151 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:35:44 ID:zskevS5C0
>>149
後藤田、宮沢ら元帝国官僚達の軍隊への警戒感はそういう経験から来てるんだな。

152 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:35:53 ID:CWkIrq2i0
吉田茂なんて、降伏文書に調印した単なる国賊だろ。

153 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:38:07 ID:LXc9h5MU0
皇帝のいない八月か

154 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:39:20 ID:v2zXEUEc0
>>150
本当に裁いとかないといけないDQNが裁かれずに
戦後ものうのうと生き残ってるのがねえ・・・。

155 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:40:00 ID:OlOuO05B0
吉田さえいなければ世界同時革命は成功していたな

156 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:45:02 ID:/2eq99K70
三無事件も関係あるのかな。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%84%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6

157 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:45:14 ID:JT6QJCn7P
おもろいネタがガンガン解禁になってきたな

158 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:46:02 ID:LXc9h5MU0
>>152
ミズーリで調印したのは重光葵ですがなにか?

159 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:47:09 ID:RrvGEdkR0
>>152
重光葵と勘違いしてない?
それともサンフランシスコ講和条約と勘違いしているとか

160 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:47:15 ID:SErd3EWrO
服部と辻は自決すべきだったんだろ?
デタラメな作戦で日本兵がかなり死んだんだから。
本当に薄汚いよな。

161 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:47:46 ID:vIP3ZyRH0
>>157
戦後史研究している人達は堪らんだろうねぇ

162 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:49:20 ID:zskevS5C0
>>160
>服部と辻は自決すべきだったんだろ

2人とも、他人は自決に追い込んでも、自分は間違っても自決しない男

163 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:51:31 ID:7MjWdhMR0
そういえば今日は二二六だな。

164 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:54:07 ID:zskevS5C0
ちなみに、服部はGHQに取り入って、戦史編纂の名目で金をもらっていた。
そして、自身の名で、「大東亜戦争史」を出版。
その内容は、いかにアメリカ軍が卓越していたか、それに対抗した、
大本営も知力を尽くしたが、現場の作戦指導の失敗により敢闘むなしく敗北したか、
というもの。

165 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:57:18 ID:ckehGZgP0
>>152
吉田茂は降伏時、閣僚はおろか代議士ですらない。

166 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:57:24 ID:5eSc8qDB0
>>153
それだよなあ。なんか最後ロボトミーで廃人になっちゃってたけど。

167 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:57:40 ID:RrvGEdkR0
>>164
まるで敗戦の責任が現場にあるとでもいいたげだな。
さすが服部クオリティ。

168 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:58:31 ID:cIiBBVdp0
辻は判断をことごとく間違えている気がする。

169 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 22:59:51 ID:P+aVcJbQO
いいなあこういう研究が出来るの
俺も仕事辞めて大学院で勉強したいよ(´・ω・`)

170 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:00:27 ID:LXc9h5MU0
つーか、ウィキペディアの辻のところに早速書かれてるし

171 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:03:49 ID:pSnz2wuN0
なんか最近必死じゃね?マスゴミは。
今更、って感じだろ。過去の日本、とくに軍部がらみに負のイメージを
押し付けようとしている感が。

172 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:03:51 ID:iMwlEYHi0
>>151
後継者居ないよね・・・もっともこんな社会環境やマスコミじゃ育つもの育たないだろうな

173 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:05:10 ID:+fp7xAI90
この報道で俺の中で辻ーんの評価が良い方に変わったw
服部は相変らずだがw

174 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:06:35 ID:GvoCkM150
つーか、米国は新聞社の内部資料は持って帰らなかったのかな。
あったら是非是非、読みたいんだが。

175 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:07:59 ID:Zu1j2eZr0
>同首相を暗殺し、民主党の鳩山一郎氏(同)を首相に据える計画を立てた。


戦争負けてもDQNは直らないんだねw

 

176 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:08:59 ID:zxC88Prh0
>>164
つうかあの本、日本が負けたような書き方を可能な限り避けてるんで驚くよw
どこの仮想戦記かとオモタw

177 :ちく●:2007/02/26(月) 23:10:19 ID:P4hosy+G0
>>152
それは講和条約じゃなかったかなあ。
宮澤喜一と一緒に。

178 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:12:23 ID:FYYjYQTu0
>>176
あれを読むとは物好きだな。

どっちが勝ったの?と思う奇書だよなw

179 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:13:42 ID:48ZyoyrT0
>>152
>吉田茂なんて、降伏文書に調印した単なる国賊だろ。

降伏文書に調印したら国賊なのか? 吉田茂じゃないぞ。

180 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:14:41 ID:5eSc8qDB0
辻かあ。虹色のトロツキーで知ったが、学校の成績はいいけど実社会では駄目の典型だな。

181 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:16:31 ID:5Rt5b2dC0
誰か辻政信の善玉伝記を書く準備をしてる奴がいて、
そいつが色々ほじくってるんだろうな。
騙されるなよw

182 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:19:40 ID:zskevS5C0
>>176
>>178

あの本は、服部自身が関わった、ノモンハンの記述を避けてんだよな。
それ以前の時期の記述はあるのにw

このクーデター計画が52年ってことは、51年まで服部はウィロビーに取り入って、
自分の派閥の軍人を東京に呼び寄せて警察予備隊の幹部に押し込もうとしてたのが
頓挫してすぐの時期だな。やはり吉田憎しの陰謀と見て間違いない。

183 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:23:52 ID:2pNLRYyI0

結局、鮫島事件とどの辺から絡むの?



184 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:28:23 ID:xj8mQaZM0
ほんとサイテーだな、旧軍のバカ連中どもは。

ボッコンボッコンにアメリカに潰されといたあとに、いまさらそんなことやってどうなると思ってたんだ?

185 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:28:55 ID:qCVQdg+kO
>>179
9条をごり押ししたから国賊

社会党、共産党ら
左翼でさえ反対していたのに
吉田が暴走し9条を掲げた

186 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:31:02 ID:5eSc8qDB0
>>183
このまま闇に…

187 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:33:30 ID:GvoCkM150
>>185
北一輝の私案と唯一違うのが、九条の存在。

ははははw
アジア主義はこの際、完全に氏ねば良いよ。

188 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:35:23 ID:KfhmNM9P0
>>182
でクーデターがぽしゃって、次は台湾に目が向くわけだな

189 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:36:50 ID:WktyXkY70
>>131
そりゃ共産国家ってDQN国家しかないからだよ。共産主義と言いながら、軍事独裁主義
だったり、民主主義破壊して殺戮しまくったり。そんな人を狂わせる経済主義はイラネ。w

190 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:37:30 ID:l/DAFTlJ0

 〃おまえのタマは
 アメリカは今でも握ってるぞ〃。
 という、海のムコウからのアベへの恫喝でしょう。
 都合の良い真実が、都合の良い御用通信社によりキャリーされる。

 アベはチェイニーが来る前日にアルゴアの映画を夫婦で見に行ったり、
 実は祖父譲りの反米ではないか、とアメリカ政府は思うに至ったんだろう。
 アベは確信犯かよほどオツムが弱いか側近が無能かのどれか。
 これが結論。

191 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:40:05 ID:FYYjYQTu0
>>185
当時の日本を守るためにアメリカを
泥沼に引き込んだ人としか思わんが?

こう長く、9条が続くと思っていたかは謎w

192 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:42:01 ID:oN4lYYz+0
CIAだからなぁ・・・

193 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:48:02 ID:iMwlEYHi0
>>189
>軍事独裁主義 だったり、民主主義破壊して殺戮しまくったり。そんな人を狂わせる経済主義はイラネ。w
今のアメリカの行動と被るなw
知識はなく空気でや感じで判断してるンだろうけどな

194 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:50:47 ID:eHqIBNW90
今、警察が田中康夫に対してやっているのも、県知事時代に
予算で苛められた腹いせ、官僚ってのは今昔物語時代から
何も変わってない。自分達が一番偉いと思っている。

195 :名無しさん@七周年:2007/02/26(月) 23:51:21 ID:NwDYWtrQ0
辻政信って最後は将官?佐官?
何だったの?

196 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 00:00:52 ID:NvncOfJp0
源田実あたりも絡んでるだろうな

197 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 00:01:46 ID:FGBqddO90
>>184
どうもならんよ。
むしろアメリカも吉田があんまりにも再軍備に興味もたないから
クーデター政権が朝鮮戦争に全面協力して派兵もするよ、
とか言ってくれたら大喜びだったかもな。
そして台湾の大陸反抗にも協力してたかも。

198 :ちく●:2007/02/27(火) 00:07:38 ID:KMaf/G8x0
>>195
1943(昭和18)年2月 陸軍大学校教官として内地勤務
 8月 陸軍大佐


199 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 00:34:17 ID:Dqi00OJY0
大佐か
サンクス!

200 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 00:39:34 ID:yH2UNXngO
>>1
辻がクーデターを説得って何かの冗談か
むしろ積極的にクーデターを推進した方がしっくりくるw


201 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 00:41:00 ID:71UrWOu50
めしクータデー

202 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 00:42:37 ID:kpxE8VJwO
カミソリ辻が主犯だろ

203 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 00:48:58 ID:hbeKVvqt0
ウィキに〃現場を見ることを厭わなかった〃〃評価はわかれる〃とあるが、
手前の無責任のせいでそうなったヒロシマナガサキの〃現場〃も
視察させた後に銃殺させたいよ。
もしくはムソリーニのように逆さづりで。

204 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 00:52:20 ID:Fd3wQMWr0
辻〜んが説得だなんて・・。

205 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 00:56:27 ID:2dPOKF6SO
>185
日米安保の署名は吉田一人。
吉田は経済復興と国民感情を優先させた。アメリカとの交渉で必要最小限の再軍備を約束したし必ずしも9条をごり押ししたとは言えない。

206 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 00:56:47 ID:4J8ZrRDA0
おいおい服部って、戦後はウィロビーの下で
秘密情報機関を操ってた奴だろう。
クーデターの背後に、G2がいたと考えても不思議じゃねえぞ。

もしもアメリカが、サンフランシスコ講和直前の吉田首相を暗殺未遂・・・したとすれば。

おそろしい・・・。現代史はおそろしい・・・。

207 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 01:11:05 ID:zs9fmEWg0
GHQ、現代アメリカ史の闇は深そうだ・・・

208 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 01:12:14 ID:j6xhtEZY0
軍オタホイホイなスレはここですか?

209 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 02:02:38 ID:QxkiCCvF0
>>206
後にはジェム暗殺とか朴暗殺とかもあったからなあ。

210 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 02:30:38 ID:p72ko7um0
ケネディ大統領もCIAに殺されたんだね、コリャー

211 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 02:39:58 ID:p72ko7um0
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1172291784/l50

マッカーシズムとヴェノナ作戦

現在のNSAの前身のアメリカ陸軍保安局がルーズベルト大統領にも
秘密に開始した電報解読作戦。おかげでルーズベルト政権は共産主義者
だらけであることがバレバレに。当然そいつらはソ連のスパイwww
官庁や知識人・作家・芸能人など広範囲にソ連のスパイが存在し
連邦政府内には300人以上のソ連のスパイ・工作員が潜入している事が
ヴェナノ文書で確認がとれた。
この事態に利用されたのがマッカーシー上院議員、彼に議会やマスコミで
この事を追求させこのスパイ網を断ち切り、なおかつ陸軍の暗号解読の事実を
覆い隠そうとした。


212 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 02:40:41 ID:vB4hJg7J0
辻は石原の劣化コピー

213 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 02:45:57 ID:7vbETIIL0
なんか戦後期のCIA機密資料がバンバン公開されとる一環なのか?
GHQ内部や日本政府や議会にはびこった共産スパイとかの情報も公開して
ないのかね?
モノによっては歴史観の変わるような発見もあるかもわからん。

214 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 02:48:39 ID:7vbETIIL0
日本国憲法が共産左翼の手で作られたものだとはっきり出てくれば
改憲論にも追い風になるかも知れん。

215 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 02:52:08 ID:e7bSf7KZ0
>>1
辻先生、最初で最後の活躍!!
人気作家に戦争はいらん

216 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 03:04:31 ID:TFrk+l9GO
>>183鮫島事件て何すか?

217 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 03:11:11 ID:aUtlM6BA0
一方、海軍の人たちは
アメリカ海軍と仲良しになって(Y委員会)
日本海軍復活へ着々と進めていたわけだが。

218 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 03:16:16 ID:ctaTQpf00
>>216
知らないのはお前だけだぞ!

219 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 03:17:38 ID:d1DSKaENO
辻はリアルにバカだろ。

220 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 03:25:26 ID:Dqi00OJY0
>>216
鮫島事件には触れるな!!
命が惜しいだろ?

221 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 03:25:59 ID:aUtlM6BA0
>>219
単なる殺人快楽者だと思う>辻

222 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 03:30:12 ID:sM9WNTSi0
服部とツーカーの「GHQ内のファシスト」ウィロビー少将はじめGHQ右派が間違いなく絡んでるな。

223 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 03:39:57 ID:x912254A0
卓四郎そんなこと考えてたのかよ。
日本を滅ぼした極悪コンビの片割れ辻に
思いとどまるように言われていたとは・・・

とりあえず、ワロタ。つーか苦笑。

本当に旧軍幹部は頭逝かれてる。

224 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 04:18:00 ID:jEO5cI1GO
辻が自分の手柄話をでっち上げたんじゃないの?

225 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 04:45:08 ID:1kZkNtpj0
中川八洋が「吉田茂が改憲をせずに自衛隊を軍隊にしなかったのは、
旧軍関係者がクーデターを起こすのを恐れたためである」と書いていたが、
いつものトバシじゃなくって、根拠のあることだったんだな

226 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 04:49:34 ID:GInZmR4f0
米CIAという組織は第一次世界大戦後、雲南を拠点として麻薬取引
をしていた一種のマフィア団体で、その時「手下」として育てた
傀儡組織が「中国共産党」ですよ!

「援蒋ルート」は、米CIAの前身組織が支配していた麻薬物流ルート
と大体同じw

また、中国共産党と国民党はクリスチャンの在米華僑チャーリー宋が
利権的な「二股」を掛けるために「作った」組織だから、在米華僑の
大陸利権を軸に見ると‥
実は、姉妹政党なんだよ!

米CIAの組織構造と華僑のアジア利権が解明されれば、GHQの組織構造
と活動実態が明らかになって来るだろう。今や「その時」は刻々と
近づき、多分その時、現在のYP体制は「本格的に」終わるだろう‥

227 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 05:05:11 ID:C3BnCkpJ0
>>225
防衛大学校は吉田茂が作ったからな。

帝国陸軍の人事をリセットするために。


228 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 05:07:53 ID:y1cF/De60
え? 別スレで辻政信はCIAの役に立たなかったってあったけど、ふつーに役に立ってるじゃん。

なんじゃそりゃ……。

229 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 05:16:40 ID:vTU5ijKc0
大量破壊兵器でおなじみのCIAだからな

230 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 05:23:06 ID:+pdyptXu0
結局あれだ、戦後に胡散臭い旧海軍派の馬鹿が流布した旧陸軍無能説がトンデモ説だった
ってことだな。
今後、文書が解禁されていけば、CIAにとって非常に役に立った・有意義だった=日本人に
とっては売国奴だった奴が炙り出されてくるだろうなw
米内光政や井上成美あたりかな、あれは阿川佐和子の父親がインチキ神話を相当流して
るからなあww

231 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 05:23:09 ID:y1cF/De60
戦後史の研究が進まないとか聞いてたが、こりゃ進むわけねーわ。

232 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 05:29:02 ID:hJE5L2n1O
>>1
アメリカ政府発の、自衛隊によるクーデターを許可し嫌戦憲法破棄と日本帝国再
建と日本軍の復活を、アメリカ政府が許可する、か。い、いゃっほう!!。  

さあ、自衛隊は直ちに日米安保を維持しつつ軍事クーデターを起こすんだ!。

233 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 05:54:19 ID:GInZmR4f0
この時間にココらにいるヒトはある程度まともな「知識」を持ってる
と思うから、書くけど、CIAとかGHQを統一されたまとまりの組織だと
いう前提で捉えない方がいいよ。

おそらく、CIAもGHQも商人の集まり(貿易商)だと思われる。

また、太平洋戦争あるいは大東亜戦争を理解するには、石油という
「工業資源性」と石油という資源の持つ「局在性」を常に意識する
必要がある。この点は絶対的な着眼点となる。

234 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 05:54:54 ID:aXqYdeHP0
辻w

235 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 05:57:10 ID:vEPno6cB0
海上自衛隊を悪く言う人は
中国人民解放軍の工作員。


236 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 06:13:56 ID:verZHVOL0


   皇帝のいない八月?





237 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 07:00:49 ID:1kZkNtpj0
>>233
派閥争い、縦割り行政の弊害が民主主義が未成熟な日本にしかないものというのはウソ
アメリカも国務省や国防総省、上院下院で揉めに揉めている、
って片岡鉄哉が「日本永久占領」に書いてたな

238 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 07:06:38 ID:BObbl8/g0
>190
ああ、それで岸首相が反米で核配備をするおそれがある、とCIAが疑っていたアレと繋がるのか。

239 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 07:32:21 ID:nW1bSiPB0
辻の娘って堀内光雄の奥さんだよな

240 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 07:39:56 ID:ZhwX4RvG0
>>53
亀レスだけど
残念ながら小泉はリバタリアンに近いとさえ言えないよ
多分53はリバタリアンを誤解してると思う

↓本来のリバタリアンってのは穏健派でさえこんな主張がデフォ

241 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 07:43:33 ID:ZhwX4RvG0
1. 税金は高すぎる
2. 政府は金を使いすぎる
3. 政府は規制をしすぎである
4. 自由貿易を尊重する
5. 最低賃金は廃止すべき
6. 家賃統制は廃止すべき
7. 都市計画法は厳しすぎる
8. 高齢者向け医療保険は手厚すぎる
9. 社会保障の給付金は多すぎる
10. 郵政は民営化されるべきである
11. 学校バウチャー制度は公立学校を改善する
12. 移民法は緩和すべきだ
13. 住宅バウチャー制度は公営住宅を改善する
14. 政府はもっと公有地を売却すべきだ
15. 労働安全法は厳しすぎる
16. 医薬品認可には時間がかかりすぎる
17. 政府は貧困対策プログラムに支出しすぎている
18. (医師や配管工、その他の職業の)免許制度は厳しすぎる
19. 政府は大学教育に金を使いすぎている
20. 連邦準備制度理事会は自由裁量権を持ちすぎている
21. マリファナは合法化されるべきである
22. 大人の合意の下でのセックスはすべて合法であるべきである。たとえ金のためであっても
23. 本・新聞・ラジオ・テレビ・インターネットなどはすべて表現の自由をもつ。たとえその意見やテーマが攻撃的で人を不快にさせるようなものであっても
24. 私的なクラブはそのメンバーを選ぶにあたり独占的な権限をもつべきである。たとえそれが差別的であろうとも
25. 国に対する奉仕活動にはすべて反対である
26. 徴兵制に反対である
27. アメリカは他国に干渉しすぎである
28. 軍事予算を減らすべきである
29. アメリカは裕福な同盟国の国防に援助するべきでない
30. アメリカは有事の際、できるだけ民間の標的を避けるべきである
http://anacap.fc2web.com/LibertarianPurity.html

242 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 07:52:32 ID:ZhwX4RvG0
そして、多分主流派の最小国家主義者になるとこんな感じで

31. どの税金も50%以上減税されるべきである
32. 政府支出は50%以上カットされるべきである
33. 連邦規制機関の少なくとも半分は廃止されるべきである
34. 独占禁止法は廃止すべきである
35. 公立学校と公立大学は廃止すべきである
36. 福祉制度は廃止すべきである
37. 社会保障制度は廃止すべきである
38. 高齢者向け医療保険制度は廃止すべきである
39. 公有地はすべて私有化されるべきだ
40. ごみ処理・消防など自治体によるサービスはすべて民営化されるべきだ
41. 移民法は廃止すべきである
42. 食品医薬品局と医師免許制度は廃止すべきである
43. 連邦準備制度理事会の独占的な権限を一切なくすべきである。またマネタリーベースは凍結されるべきである
44. 労働安全法は廃止すべきである
45. 最高裁判所はすべての経済規制を違憲だとして取り消すべきである
46. 大人の麻薬使用はすべて合法にすべきである
47. 差別禁止法はすべて廃止すべきである
48. 軍事予算は少なくとも75%以上カットするべきである
49. アメリカはヨーロッパ・アジア・その他の外国基地から完全に撤退すべきである
50. 敵国であっても民間人を爆撃対象にすることは道徳的に殺人に等しい
http://anacap.fc2web.com/LibertarianPurity.html

243 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 07:55:42 ID:ZhwX4RvG0
急進派の無政府資本主義者ともなるとこんなことになる

51. すべての税金は廃止されるべきである
52. 高速道路も普通の道路もすべて民営化するべきである
53. 連邦準備制度は廃止し、自由銀行制と民間発行貨幣で置き換えるべきである
54. 法律に関することはすべて判例法・仲裁・私的法機関で置き換えるべきである
55. すべての政府は生来的に悪である
56. 政府は不必要悪である
57. 警察は民営化するべきだ
58. 裁判所は民営化するべきだ
59. 法律そのものが民営化されるべきである
60. 国家は武装解除され、その軍隊は解体されるべきだ
61. 「私的制裁(vigilante justice)」は道徳的に許容される。たとえそれが政府の指導者に対するものであっても
62. 寄生者的支配エリートの利益のために生産的な構成員から搾取すること、これがすべての政府の本質である
63. 国家はなくなるべきである
64. 私はアナルコ・キャピタリストである
http://anacap.fc2web.com/LibertarianPurity.html

要するに、経済的自由は重視しても個人的自由は軽視した
政策を進めていた小泉は新自由主義者であっても
決してリバタリアンとは言えない

244 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 07:58:30 ID:ZhwX4RvG0
後、>>240-243だけだと誤解を招きかねないから
参考にこれも貼っとく

10月17日(火)の朝
 昨夜はリバータリアン党の演説会に行ってきました。来月の選挙での連邦下院議員候補
のBadnarikと、テキサス州知事候補のWernerがスピーカーでした。Badnarikは2年前の大
統領選挙でリバータリアン党公認候補者として大統領選挙に出馬した人で、ブッシュとケリ
ーの大統領候補者による公開討論会への参加を求めてグリーンパーティの候補者と共に
セントルイスの会場に無理やり押し入ろうとし、逮捕されたことがあります(アメリカでは制
度化された民主党、共和党以外の第三政党にとって不利な規則がたくさんあり、リバータリ
アン党にとってどのレベルの選挙の活動でもまず最初に挙がるのは公開討論会への参加
と、投票用紙への名前の記載を求めることです)。
 Badnarikはさすがに演説が上手く、結構引きつけられます。内容もとてもシンプルで分か
りやすいです。例えば「両親に自分の決定を委ねるのは子どもの間だけだ。なのになぜ政
府には自分の決定を委ねようとするのか。政府は自分のことを自分よりも良く知っていると
いうのか。自分のことは自分が一番良く知っているはずだ」など。要するにリバータリアン
党は「自分のことは自分で決める」、「政府は国民を信頼すべきだ」という至極真っ当なこと
を主張しているのです。彼が言うにはリバータリアンのイメージとして、ほぼ意図的にメディ
アによって誤解がばら撒かれていると言います。それは「リバータリアンは、ゲイで無政府
主義者で無神論者でドラッグ中毒の連中だ」ということです。しかし実際リバータリアンは、
他人の選択に対して寛容なだけで、ゲイを「容認」、無神論を「容認」、ドラッグの使用を「容
認」であって、決してゲイ「推進」、無神論「推進」、ドラッグ「推進」では無いのです。現に彼
はゲイでは無いし、個人的には妊娠中絶には反対だし、ドラッグはしたことがなく、自分の
子どもにもしてほしくないそうです。要するに、単にそういう個人的な領域には政府は介入
するな、と言うことです。政府は憲法によって認められた仕事だけをやっていれば良いので
す。

245 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 08:00:48 ID:ZhwX4RvG0
 外交政策に関しても異彩を放っています。彼は「アメリカ軍は世界の事柄に関わるべきで
はなく、自分たちの国土だけを守っていれば良い」と言います。だから当然北朝鮮問題にし
ても、関与すべきでは無いとのことです。アメリカは世界中から即時撤退せよ、安全保障
は自由貿易による経済的相互依存によってなされるべきだ、と。こう言うと単なるリベラル
派のようですが、リバータリアンはリベラル派のように戦争そのものに反対はしません。む
しろ、必要とあらば戦争は辞さないという立場です。それにリベラル派は保護貿易主義の
傾向があります。リバータリアンは銃規制にも反対しています。これはどういうことかという
と「自分の身は自分で守る権利がある」ということです。暴力を政府だけに独占させるわけ
にはいかないのです。これを国レベルまで突き詰めれば、スイスのような「国民皆兵制」、
民間防衛思想ということになります。すなわち、「自分たちの国は自分たちで守る」。アメリ
カにも建国当時は民兵(ミリシア)がいましたが(ていうか今でもいますが)、これを全面に
打ち出すのがリバータリアンの防衛思想です。これは左翼の反戦主義とは違い、「きれい
ごと」抜きのある意味普遍的で最強の反戦思想だと思います。
 またリバータリアンは憲法原理主義者です。昨夜の演説会でもさかんに「現在の政府が
やっていることのほとんどは違憲である」という主張がなされました。例えば金融政策を行
う連邦準備理事会(FRB)の権限は、本来は議会に与えられており、違憲である、と。流通
する貨幣量はあくまで生産された価値に応じて自然に決められるべきで、FRBがジャブジ
ャブ勝手にドル札を刷るのは、国民の資産を勝手に減らしているようなものだそうです。ち
なみに「憲法原理主義」というと、別の第三政党に憲法党(Constitution Party)というのがあ
りますが、リバータリアンとの違いとしては、憲法党は宗教をキリスト教に限っているという
ことがあります。リバータリアンはアメリカが立ち戻るべき「本来の姿」をいかなる宗教にも
特権を与えない世俗国家として見ますが、憲法党は「キリスト教共和国」と見るわけです。

246 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 08:02:52 ID:ZhwX4RvG0
 演説会では他にも環境政策、教育政策、福祉政策など多岐にわたって議論が展開され
ましたが、どれも要するに「国民を信頼して、国民に任せよ」ということです。ただここでもあ
る種の誤解があると思うのですが、リバータリアンは大企業に絶対の信頼を置いているわ
けではないということです。例えば環境政策において、リバータリアンは企業に任せていて
環境問題が解決するとは思っていません。では、どういう解決法かと言うと、「国民に企業
をもっと自由に訴えさせろ」ということです。つまり国民一人一人が企業の監視員となって、
必要とあらば裁判所に訴え出ることで、企業が環境汚染をするのを防ごうというのです。リ
バータリアンにとって大企業は往々にして政府と結託しており、「国民の敵」となります。リ
バータリアンが擁護する資本主義とは案外、素朴で理想的なもので、現存する企業資本
主義を必ずしも擁護するものでは無いのです。「政府を人民の手に取り戻せ!」と主張す
る「人民主義」(Populism)といえば、左からというのが相場ですが、リバータリアニズムの
場合、例外的に右からということになります。「右からのポピュリズム」というのは案外アメリ
カのリバータリアニズムの他に例が無いのではないかと思います。ちなみにリバータリアン
はテキサス大学も民営化されるべきと考えているようです。

 下の写真はテキサス州知事候補であるWernerのバンパースティッカー。"fiscally
conservative, socially tolerant"(「財政的に保守的、社会的に寛容」)とあります。彼の政
治コンサルタントによるとこのバンパースティッカーを貼った車が一台増えるごとに得票が
100票増えるそうです。
http://txpolisci.sakura.ne.jp/0610.html

247 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 08:24:32 ID:OultDn6i0
辻政信大佐
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1148824438/


248 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 08:36:33 ID:q/Gm6EdnO
服部と辻は同腹だろ?

249 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 08:37:44 ID:s9LGgJcH0
程度の差こそあれ当時って保守系は
基本的には再軍備にたどり着くことを考えてたと思うんだよね
鳩山等と比べたら吉田は穏健派だっただけで・・・
もはや国力は十分なのに9条を改正していないっていう現状を
吉田自身想定していたのかってのが気になる

250 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 08:48:19 ID:VdK8kBnD0
>>「今はクーデターを起こす時ではない」と説得。

今は、か
辻ーんらしくないようでやっぱり辻ーんか。

251 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 08:51:11 ID:dJy/s8Rx0
>>249
1963年の吉田茂の本で、あの時は、時代としては軍備を持たず、
経済復興に力を注ぐべきで、今(63年)となっては、援助もできるように
なったんだから、防衛面でも他国に依存する状況はよくないとか言ってる。

吉田茂があの時点で、米国を選択したことは正しいんじゃねえかな。
そもそも55年体制は憲法改正のためだったわけで、
問題は、吉田以降の政治家が、その任を果たさず、
新世紀を迎えるまでこんな状況に放置してしまったことには、
あの世で失望しちゃってんじゃねえかな。

この本がそのあたりの戦後の占領時代の歴史を詳しく書いてるわさ、(´・ω・`) 読んでみ
さらば吉田茂 (文芸春秋)、日本永久占領 (講談社学術文庫で加筆改題)片岡鉄哉著


252 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 10:53:27 ID:YlQ+dlZ70
そもそもさ、戦後すぐに
米民主党系のGHQ民政局(GS)が日本のリベラル系勢力を支援して
米共和党系のGHQ参謀第2部(G-2)が日本の保守系勢力を支援してたわけだ
その両者間の対立は戦後いろいろな謀略事件や政権交代となって表れた
その系譜の政治家たちが後にどの政党に納まったかと言えば
保守系とリベラル系の一部が自民党と、残りのリベラル系が社会党右派
自民党と社会党右派(後の民社党)の共通点ってなんだろうね?
最早常識だよね、両者とも戦後しばらくCIAから資金援助を受けていた
これらに該当する政党や、該当しない政党内にはもちろん
CIA以外から資金援助を受けていた議員も存在したんだろうけど
どっちにしろ、こういう視点から現在の政治を眺めると・・・

米共和党─G-2─日本の保守系勢力
米民主党─GS─日本のリベラル系勢力

そしてこの範囲内での対立のみが日本に許された政治

このシステムは現在にまで見えにくい形で厳然と
残っているんじゃないかとさえ思えてくる・・・

まあね、個人的には親米的なのが何やかや言っても現実的だし
得るものもそれが一番大きいだろうとは思うし
これはただ単に面白いから勝手に想像してみただけなんだけど

253 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 10:57:52 ID:S9KnED+p0
>>251
コミンテルンの策謀が全盛期だったころだしね。
岸や池田あたりまではそういうのよくわかってやってたし。
三角大福あたりで大間違いしたっぽい。



254 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 11:00:33 ID:8ODIPN300
クーデターで血ー出たー

255 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 11:27:10 ID:N2grXxq20
当時12歳のローゼンがとばっちりで死んでたかもしれないのか。

256 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 11:28:08 ID:dJy/s8Rx0
>>253
景気がよくなっちまって、そういうことが飛んじゃったからねぇ。
絶対多数の与党内での派閥抗争に疲弊しちゃって、結局社会党政権につながっちゃうんたね。
何のための保守合同だったのかと。

>>252
米国のことはよく知らんけど、二大政党のカラーよりも、
大きな流れとして、1945年から1955年の10年間は、
思想としての社会主義・共産主義が、中ソの覇権主義に同一化されちゃう過程で、
東西対立冷戦構造のベースが構築されちゃったわけで、
米国の中ソに対する姿勢の変化に翻弄されたところがありますね。

占領政策のベースには、西洋人の傲慢さつーか、日本や黄色人種への蔑視からくる部分もありますしね。
占領直後は、日本の軍国主義は民主主義が未成熟で、労働運動がなかったからと決め付けて、
わざわざ、GHQは援助しちゃって、今のくそサヨや売国マスコミの種をつくちゃったんだからね。
そして、朝鮮戦争で東西対立が顕在化し、レッドパージで労働運動の弾圧が始まった。
でも、それが不十分なままで講和になっちゃったもんで、
日本には世界に類のないサヨ=売国奴っておかしなものが残っちゃった。
ちゃんと、マスゴミや売国くそサヨの根絶やしにしてから、GHQには撤退してほしかったよ。(´・ω・`)

257 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 11:43:48 ID:TIljsONV0
>>256
現状政府与党内で共和G2容認、民主GS否定的な風潮が主流になってるのも
結局戦後アメリカ国内の対立構図がそのままGHQという形で日本国内に
持ち込まれ、G2とGSが対立し、最終的にG2が勝った事から来てる
これはそんな単純なウヨサヨの問題じゃない事は容易に分かるはずだが

258 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 11:45:30 ID:GeOkDdPP0
鳩山w

259 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 11:51:50 ID:k2shcN3O0
>>257
なんか、GHQは一枚岩と勘違いしてるやつはなぜか多いな
GSのケーディスなんかG2の謀略で失脚しているのに

260 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 11:58:04 ID:KWcJoCbi0
要は、その時もしGSが勝ってれば、民主容認共和否定な政府与党になってただろうし、
その時の状態が均衡して続いてれば、G2政党とGS政党の二大政党制なんて世界もありえた訳か。。。
ところで、現在もGS人脈って機能してるのかな?

261 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 12:02:00 ID:y4ex8K1o0
>>260
冷戦がある以上それはない。

むしろGSは、マッカーサーのメンツやプライドをくすぐることで、
アメリカ本国の意向に反して、懲罰的な占領方針を引き伸ばしてよく粘った方。

262 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 12:11:34 ID:k2shcN3O0
GSの精神が生きているのは、人脈よりも法やシステムかな
憲法もそうだけど、少年法なんか当時のアメリカよりも
「先進的」だったわけだし

263 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 12:13:52 ID:8qI+MyPV0
>>251
メモった。読んでみる。

264 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 12:17:31 ID:lDHDXVc00
ともかく映画化決定

265 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 12:33:27 ID:y4ex8K1o0
>>263

× 講談社学術文庫

○ 講談社+α文庫

266 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 12:35:27 ID:zroBmcF70
KNBふるさとスペシャル
空白の占領期 〜日系二世たちが語る占領下の富山〜

この番組で、アメリカ占領軍がどんな諜報活動をしていたのか、
赤裸々に語られている。
日本共産党の電話通信傍受や、砂浜でライトを合図にして朝鮮工作員と
接触していたり、まぁ、何でもありの諜報活動をやっていたようだ。


267 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 12:43:06 ID:TUqP8lqj0
自分の名前が日本で取上げられてると知ったら、ラオスからひょっこり戻ってきたりしないかな?しないねw。

268 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 12:53:07 ID:qXgxkxeXO
天皇の名のもとに好き勝手し放題だった辻には
【日本国民のための軍隊】が耐えられなかった。

269 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 12:54:31 ID:O98n8W4r0
日本の戦後史ってのは国内の流れだけ追ってても全然分からないんだなと実感

270 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 12:58:00 ID:Rp2dFFNT0
>>261
必ずしもそうは言い切れないんじゃまいか
何やかや言っても出先である以上
米民主党の冷戦シフトに忠実に連動した可能性も大
どっちも勝たないにしても日本の二大政党制が
本国のそれと連動なんて時点でアメリカにとっても
極めて好都合なシナリオ

271 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 12:59:07 ID:klyLpcdE0
・歴 史 の 皮 肉(その1)
【日本共産党】が国家正当防衛権を主張したのに対し、
【首相・吉田茂】は、それを「有害無益の議論」と否定した。
  【帝国議会会議録 検索システムより転載】
    http://teikokugikai-i.ndl.go.jp/
憲 法 制 定 議 会
昭和21年06月28日
衆議院  本会議場
―――
○野坂參三君(續) 一體此の憲法草案に戰爭一般抛棄と云ふ形でなしに、
我々は之を侵略戰爭の抛棄、斯うするのがもつと的確ではないか、 (中略)
戰爭には我々の考へでは二つの種類の戰爭がある、二つの性質の戰爭がある、
一つは正しくない不正の戰爭である、是は日本の帝國主義者が滿洲事變以後
起したあの戰爭、他國征服、侵略の戰爭である、是は正しくない、同時に侵略
された國が自國を護る爲めの戰爭は、我々は正しい戰爭と言つて差支へないと思ふ、
(中略)  日本國は總ての平和愛好諸國と緊密に協力し、民主主義的國際
平和機構に參加し、如何なる侵略戰爭をも支持せず、又之に參加しない、私は
斯う云ふ風な條項がもつと的確ではないかと思ふ、

○國務大臣(吉田茂君) 御質問に御答へ致します、 (中略)
 又戰爭抛棄に關する憲法草案の條項に於きまして、國家正當防衞權に依る
戰爭は正當なりとせらるるやうであるが、私は斯くの如きことを認むることが有害で
あると思ふのであります(拍手)
 近年の戰爭は多くは國家防衞權の名に於て行はれたることは顯著なる事實で
あります、故に正當防衞權を認むることが偶偶戰爭を誘發する所以であると思ふ
のであります、(中略)故に正當防衞、國家の防衞權に依る戰爭を認むると云ふ
ことは、偶々戰爭を誘發する有害な考へであるのみならず、若し平和團體が、
國際團體が樹立された場合に於きましては、正當防衞權を認むると云ふことそれ
自身が有害であると思ふのであります、
御意見の如きは有害無益の議論と私は考へます(拍手)
 (引用・転載 了)


272 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:04:46 ID:6P9/DI4W0
公開されたCIA文書の原文てどこかで読めるんか?

273 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:09:01 ID:8qI+MyPV0
>>265
訂正THX!

274 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:10:52 ID:9EZXR9s80
>>272
national archinesで読めないか?

275 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:11:41 ID:Q//Wupvr0
>>272
http://www.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=The+U.S.+National+Archives+and+Records+Administration+&sll=38.998608,-76.961868&sspn=0.003469,0.010536&ie=UTF8&z=16&ll=39.000159,-76.961868&spn=0.006937,0.014033&t=h&om=1&iwloc=A

276 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:13:43 ID:7QwFal+U0
デラーズフリートみたいなもんか

277 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:13:55 ID:wBRjFYwKO
259
そんなこと、常識だよ。歴史家のあいだではね。

278 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:17:29 ID:/dI2G7LkO
(´・ω・`)

279 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:20:54 ID:7QwFal+U0
しかしこの時期はほんとカオスの極みでオモチロイな
東京アンダーワールド買いなおそうかしらん

280 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:21:17 ID:zlurbMEI0
中国でこんなのバレたら墓まで暴かれて晒されるな

281 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:25:50 ID:MlHF1k3G0
泳がせといて一網打尽と言うか、皆殺しにしてしまえばよかったのに
むしろ未然に防いで、ふたをしてしまったところにCIAの意図があるな

282 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:32:05 ID:k1pMyJqa0
辻って、生きてたんだっけ??
どっかに行方不明になったと思ってた

283 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:42:34 ID:tkTBC0vN0
GHQ云々て、仮に日本の民主党が与党になったらGSのラインが復活するかもってことなのか

284 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 13:54:16 ID:/tGnZO8q0
辻ってノモンハンの首謀者?
ゴミは死刑にすれば良かったのに。

285 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 17:05:28 ID:GhojQ2Qp0
鳩山家って孫由紀夫の統一教会といい、こいつのフリーメーソンといい外国スパイ宗教がらみ多いな
統一教会の岸・安倍一家もそうだけど

286 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 17:21:50 ID:qByQIVNZ0
>>283
おいおい、50年前のGHQの話だけだろって。
>>252はミンス党支持者の妄想。その後50年すっ飛ばして、
今の民主党を正当化して、二大政党制だよーんって言いたいだけ。
すっかり特亜に傀儡に成り下がった現売国民主党のどこが、リベラル系だよ。
民主党が政権とったら、翌月から沖縄・尖閣は中国領土。一年後は日本省アルヨ。

287 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 17:38:28 ID:mRVA+4Hh0
服部卓四郎参謀?
補給を全く考えずにどんどん戦線伸ばしたやつか
こいつのせいでガダルカナルの将兵は無駄死にしたんだが


288 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 17:52:38 ID:y1cF/De60
>>271
>>1やソ連の動向を読むと、皮肉ではなく当然の帰結だと分かるのが面白いとこだね。

289 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2007/02/27(火) 18:49:52 ID:wNsDWKEw0
ロイター通信によりますと、この爆発で6人が死亡、当時建物の中にいた
アブドルマハディ副大統領やガリーブ自治相を含むおよそ30人が負傷しました。
 この他、イラク北部で武装勢力がタンクローリーの車列を攻撃し、運転手5人が
死亡するなど、合わせて少なくとも29人が死亡し、45人以上が負傷しました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    これからは米の代理人でも安全に楽して
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    カネ儲けは出来んという事なんだろう。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 安倍政権から与野党・自治体の
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 皆さんどうします? ギイン ヤメル ? m9(・∀・)

07.2.27 TBS「イラクで爆発29人死亡、副大統領けが」
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3503787.html
07.2.25 読売「児玉氏・辻氏は使えず…米反共工作でCIA分析」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070225it16.htm?from=top

290 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 20:05:53 ID:mN/voQZ80
辻氏ね

291 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 20:09:47 ID:0k7X66y+0
辻の売名行為だろう、これは。辻も服部も両方屑。

292 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 20:17:45 ID:O6DtoE3aO
このときの、政府高官暗殺未遂事件と、
同じ頃に起こった芹沢家殺人事件とは、
実は関連があるらしいね。


293 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 20:18:21 ID:1IuWu3ZC0
後の総理には鳩山がなる予定だったんだろ。
なら、鳩山が黒幕じゃん。
子孫が責任取らなくちゃ駄目だよね?
「俺達が納得するまで、延々と何世代にも渡って謝罪と賠償を汁ニダ」
なんだろ。

294 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 20:20:10 ID:adAq/FEE0
あー、みんすの誰かが「安倍首相はA級戦犯の子孫」とか言ってたら
巨大ブーメランだったのにwwww

295 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 20:30:49 ID:MlNL2G7b0
>>287
デタラメを言うな。
戦線を拡大したのは海軍だ。
海軍が勝手にガダルカナルに進出して、陸軍に尻ぬぐいさせたのが真実。
その後も補給軽視も、責任の大部分は海軍にある。
第一次ソロモン海戦くらい知っているよな?

296 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 20:46:51 ID:adAq/FEE0
>>295
辻・服部・牟田口

この3人がいただけで陸軍に責任がある、といえるかも。

297 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 20:54:48 ID:Z/krqzUn0
牟田口閣下は不世出の名将。
たった一人の鬼謀を持って、数十万の兵を壊滅させた。

298 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 20:58:33 ID:adAq/FEE0
>>297
もしも牟田口閣下が連合国にいたら…
日本は勝ってたかもな。

299 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 21:05:32 ID:MlNL2G7b0
>>296
俺が言っているのはガダルカナル戦だけ。
餓島になったのは辻や服部の責任じゃない。
むしろ辻は、補給に関して海軍に直談判に行ったほどだ。

>>295にあるように、ガダルカナルに進出したのは海軍が勝手にやったこと。
で、米軍が攻撃してきて、陸軍に泣きついてきた。
そして陸軍部隊を派遣したはいいが、補給はおざなり。
しかも、敵艦隊撃滅に満足し、肝心の敵輸送船団への攻撃は行わなかった(第一次ソロモン海戦)。
この海軍の怠慢のおかげで、ガダルカナル戦の勝敗は決したといっていい。

300 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 21:11:08 ID:adAq/FEE0
>>299
あー、確かに。
[戦力漸次投入」って最大の愚を犯したよなあ。

301 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 21:18:38 ID:SZp1N2J50
http://homepage2.nifty.com/ijn-2600/hattori.html

服部卓四郎

華麗な戦歴ですな

302 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 21:39:02 ID:zbG3Olf70
>>299
あんなラバウルからも遠く離れた島に中継点も置かず基地作った海軍・・・

303 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 21:54:31 ID:Cz6nxzl00
>>297
激同
連合国軍最強の参謀ですからね
立案する策は尽く日本兵殲滅させてるんだから

304 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 22:10:02 ID:AeXmgWlb0
アメ公に媚び諂って、日本人の独立と魂を売り渡した吉田など、
愛国者の手で殺されるべきだったな。

305 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 22:11:48 ID:qoK2MfFy0

ガダルカナルの攻防戦は、日本軍がまだ勝つ実力もチャンスもあった最後の戦闘であった。

まず、海軍は、日本海海戦以来の伝統的能力を存分に発揮した。
重巡五隻を擁する第八艦隊はただちに出撃して、八月八日に夜襲をかけて、わずか三十分の戦闘で、
敵の重巡四隻を撃沈し、軽巡二隻を炎上させる大勝利を挙げた。闇をついた奇襲でもあったし、
海軍の練度は日本の方がまだまだ上だったのであろう。そこで、のちのちまで批判されるのは、
こうして護送艦隊を撃滅しておきながら、泊地にいた三、四十隻の大型輸送艦に手をつけずに
引き返したことである。

航空機の援護のない艦隊行動の危険を、ミッドウェーで学んだためというが、少なくとも結果論からいって
―戦争は勝てば官軍、本質的に結果論の世界であるが―戦略的発想の欠如としかいいようがない。

戦略目的はガダルカナルの奪回であり、敵の上陸部隊撃滅である。護送艦隊の撃滅はその手段にすぎない。
護送艦隊を撃滅しても船団をそのまま上陸させては、海上戦闘に完敗したのと同じことである。

日清戦争の始まりである豊島沖海戦で、のちの東郷平八郎元帥の指揮する浪速艦が、
巡洋艦済遠の逃走を見逃しても、牙山への増援増兵を乗せた輸送艦を沈めた戦略的思考が
いつのまにか失われていたのである。

海軍の本領は敵の軍艦を艦隊決戦で葬ることにあるとか、商人を切るのは刀のけがれとかいう、
戦略と何の関係もないダンディズムがその心理の底にあったともいわれる。

岡崎久彦「重光・東郷とその時代」(PHP研究所) P.360-361

306 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 22:56:00 ID:mRVA+4Hh0
>>295
戦線を拡大したのが海軍だろうと、インパールやソロモン含め
南方戦線の戦略を組み立てていたのは大本営なのだから、
その総責任者たる参謀の指導方法に問題があったのは紛れもない事実だろ。
戦術でミスった原因は、イケイケドンドンの戦略に問題があったからだ。

数万の将兵が戦死じゃなく飢えと病気で絶えていったのに、それを止められなかったのは
海軍が勝手にやったからって、じゃあ山田君が死んだらお前も死ぬのかっつーのと
同じくらいナンセンスな話。

307 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 23:05:42 ID:Fjm7if6E0
これは辻がCIAによく思われたいが為の
偽報告という可能性はあるんじゃないの?

308 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 23:07:50 ID:mRVA+4Hh0
そもそも、補給は海路経由に頼るしかなかったのに、海軍だけの一存で
補給を軽視するなんてことは考えられない。
戦線を縮小させるのは恥とか訳のわからん根性論出して、遠出こそが勝利ありきな
考えを改めなかったのが、そもそもの問題だったと思うがな。

牟田口も辻も服部も、なまじ関東軍で満州に長くいたゆえの成功(?)体験が
足引っ張ったんじゃないかね。

309 :名無しさん@七周年:2007/02/27(火) 23:36:02 ID:r7DkX4Wq0
辻ーん曰く
「敵は保守の吉田ではなく、社会党だ」だそうだ。
ソースは読売の朝刊。

辻ーんの事だから「俺は自民でガンガル事にしたんだから、おまい等余計な事すんな」
…位の考えで喋ってるかもわからんが

310 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 00:12:47 ID:QxGRr4t60
>>302
陸のうすら馬鹿が戦争拡大なんてしてなきゃなあ。


311 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 00:16:49 ID:bXZy/EK30
>>309
これは辻(のちに宏池会所属)のまやかし。

吉田と社会党は表裏一体。護憲という点でも一致している。
自社さ連立政権で、社会党右派ではなく、よりによって社会党左派が
自民党との連立に乗り気だったのも、自民党の吉田派の系譜(旧橋本派と宏池会)
と彼らは、同じ戦後体制の利益の享受者、ポン友だから。

312 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 00:28:29 ID:22FmXJSW0
辻伝説に新たな1ページだな

313 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 00:44:11 ID:PZ5aVwSv0
辻生存を信じてる人も居るかもしれないけど、この人は生まれてから既に100年経っちゃってます。

314 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 00:46:07 ID:Z2r5tLpC0
>>306
その大本営は陸軍軍人だけじゃないんだが?
海軍の石川大先生とかが、適当なことを言って、海に無知な陸軍軍人を騙したのもあるんだよ。
正確な情報がなければ、判断を間違うのも当たり前。
それと、俺はガダルカナル戦だけを言っている。

>>308
考えられないだろ?
が、実際はそうだったんだよ。
海軍は独自に統帥権を持っていたから、陸軍は口出し出来なかった。
いくら護衛を要請しても完全無視。
しつこく言ったら『統帥権干犯だ!』で終わり。
おかげで陸軍は、自前で護衛空母や輸送用潜水艦を作るハメに。
あの戦争は陸軍と海軍で別々に戦っていたという意見も、かなり正しいんだ罠。

315 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 00:49:45 ID:PZ5aVwSv0
東条英機は辻政信のことを「日本の未来に欠かすことのできない最高の人材」と絶賛してました。
この一時を以ってしてみても東条は靖国に祀られるような人物ではないでしょう。
ちなみに山下奉文は「こずるい小人物、使用は細心の注意を持ってなすべし」とその本質を厳しく見定めています。

316 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 01:01:57 ID:Z2r5tLpC0
あと、服部は実戦部隊の指揮官としてはなかなか優秀。
戦争末期の支那戦線で、見事な殿戦を演じた。
まあ、参謀とかには向いてなかったのかも知れないな。

317 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 01:05:03 ID:BcsKsxxC0
>>311
アメリカは日本の番犬様と発言するオサンがそんなタマかよ。
戦後と言いながら、現在の体制で語れんのかよw

318 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 01:10:16 ID:bXZy/EK30
>>317
日本語でおk

「お番犬」様発言は椎名悦三郎のもの。

319 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 01:12:47 ID:/Tg7vMl40
>>311
吉田の系統が、売国奴の集まりであることが証明されたな。
売国奴は今からでも粛清せよ!

320 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 01:14:20 ID:2eVZlAkJ0 ?2BP(25)
【国賊】辻 政信【日本の恥】 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1172591859/

321 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 01:17:35 ID:/Tg7vMl40
武士道国家である日本を武装解除するということは、
日本精神の崩壊を意味するのだからな。
その状態を放置した吉田一派は、クーデターで皆殺しにされるべきだったな。
いや、今でも皆殺しにされるべきだな。

322 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 01:26:03 ID:FpunY2v40
辻と服部の役回りが逆じゃないんか?
と思うやつ多いんだろうな

323 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 01:26:43 ID:jlHR46oP0
吉田はアメリカを嵌め込んで、
経済復興した名宰相じゃないか?

当時は経済復興や賠償で忙しかったろうし、
9条がいまだにあるとは流石に思っていなかったんじゃね?

9条教徒みたいなGHQの教育の完成品がまさか
できると思わないだろw

324 :252:2007/02/28(水) 01:45:09 ID:opmsa2yo0
>>286
よく読んでくれ
それがわかってるからこそ、単純に「日本の民主党」とは
書かずに「日本のリベラル系勢力」って書いてるんだぜ?
「日本の保守系勢力」も同じ事なんだけど
これは単に国会に限らずその他の全ての業界も含んで言ってる

325 :252:2007/02/28(水) 01:53:43 ID:opmsa2yo0
後、昔の話なんだから当然G2、GSという形を取ってるはずはないけど
その流れを引き継いだシステムが現在まで残ってる可能性があるという話
その内のあくまでも一例として、今更な話だろうけど、統一教会・・・
これは無理にこじつけたらG2系って事になるんだろう

326 :252:2007/02/28(水) 01:58:23 ID:opmsa2yo0
一方のGS系と言うのは、寧ろ国会外の方に多く残ってる可能性がある

327 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 02:59:19 ID:hZ7PVbCy0
>>323
国民の防衛意識も吉田茂の「防衛大学校」創設で
立派に育ったからな。
「防衛大学校第一期卒業アルバム」に寄稿した吉田茂の言葉は
まさに今の中国に対する日本国民の防衛意識を目指した言葉として
重く受け止めるべきだ。
(この時、大磯で鳩山を延々待たせて、防衛大学校卒業生3人と面談した。
息子たちを愛でるように。)

辻や服部は自分勝手に「天皇様の軍」を使っていたから死刑。

328 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 03:06:35 ID:0RfTFNtN0
辻政信が実はまだ生きてたら面白い。

329 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 09:47:37 ID:LHARnkhe0
ヒトラー生存説も消えたな」

330 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 20:57:05 ID:FKpDWHel0
凄い

331 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 23:04:57 ID:Ya82FCY50
すべてが満州閥にいきつくわけやね
源田参謀の兄も官僚でいたとか

332 :名無しさん@七周年:2007/02/28(水) 23:07:57 ID:jZgUFCgu0
吉田は自衛隊を「新国軍の礎石たれ」と長官事取就任時に訓示している。
アメリカを方便としてうまく利用しただけのこと。
本来の吉田は皇室尊崇者で、バリバリの右だから。

333 :名無しさん@七周年:2007/03/01(木) 12:54:06 ID:47elFn+EO
>>332
「アジアに寄らない右」ってなかなかいなかったからな〜

左翼なんか未だにアジア主義者だけだしw

334 :名無しさん@七周年:2007/03/01(木) 16:36:49 ID:gwu5+rK50
みんな忘れたのか? 昭和天皇御崩御の後で公開された手記で、
敗戦の原因を、「名将を得ず」
と、お書きになられているではないか。

実際は、統帥権の問題で、陸軍と海軍のあいだを取り持つのが天皇陛下しか
いないという制度上の問題もあったわけで。

335 :名無しさん@七周年:2007/03/01(木) 16:44:57 ID:1hBXAi6L0

で、CIAが今その文書を出す意味は?

336 :名無しさん@七周年:2007/03/01(木) 16:56:15 ID:4uNwajWJ0
>>308
>戦線を縮小させるのは恥とか訳のわからん根性論出して、遠出こそが勝利ありきな
>考えを改めなかったのが、そもそもの問題だったと思うがな。

そこまで阿呆じゃねえよ。
なるべく遠くの島まで占領して哨戒網を広げることによって通商路を保全し、
なおかつ敵の初動を速やかに察知するという思惑だったの。

337 :名無しさん@七周年:2007/03/01(木) 18:35:13 ID:RXEOdo6u0
>>333
大久保利通

338 :名無しさん@七周年:2007/03/01(木) 19:34:57 ID:oK8ungMp0
ボルマンも氏んでる

339 :名無しさん@七周年:2007/03/01(木) 21:49:00 ID:smIG1ecI0
作戦の神様こと辻政信参上!辻はネ申なり!辻はネ申なり!辻はネ申なり!
      i ::: ,.-'"" ヽ, i  ,'",v,..-_ ヽ   ,.. i
   i'"`.::::: i     , i =, `- '   i =- ?"ヽ
    ヽ::::::::::. i    ソl  ヽ,_  ,.-"       i
    ヽ::::::::::::.."::::":::::i   ヽ          i
    ヽ ::::::::::::::::::::::::...ヽ -,.         ,/."
     ` i :::::::::::::::::::            i
       i :::::::::::::::::::: ,. -=−-      y
       ヽ ::::::::::::::::: ..::::       /,
        ヽ :::::::::::::. ...     ..::/ i,
        i" ::::::::::::....:::::.....:: ,..- '" ,.'"ヘ
        i ::::::::::::::::::::::   _,.. -='"  ヘ
       i :::::::::: ヽ,::: _,.-="      ヘ=-.,,__
   _,..-='",;;;; .,_   i^"   ,.-,     _,.",;;;;;;;;;;,,ヽ

340 :名無しさん@七周年:2007/03/01(木) 22:29:21 ID:HjeNII5N0
>>335
現在は非常に優秀な工作員がいるのだが、それをカモフラージュする必要がある
そこで過去に使った日本のスパイは役立たず、アメリカはもう日本人の工作員は懲り懲りだよ・・・
と、印象操作する為にどうでもいいカス二人を晒した

341 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 10:13:00 ID:Iks+8+b70
CIA,オレに貢げよ

342 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 14:44:06 ID:E2BUOuA10
反中・反朝雇え

343 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 14:54:26 ID:s9HM81zP0
やけに評判悪いが
辻は終戦時に敵だった国民党にかばわれてタイ脱出して中国では処刑される代わりに
客人だったし、日本に帰ってくれば国会議員にもなってるし人好きするタイプの男だったんだろ。
フィクションじゃ極悪人だが。




344 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 15:14:48 ID:bXe3w3YS0
アメリカ軍は最初の本土爆撃から民間に対して無差別攻撃している。
原爆とかは言うまでも無い非道。

一方日本軍は真珠湾では視界不良の中、軍施設に的確に攻撃している。
他の戦闘地でも民間を狙うなどなかった。

山下大将もマレーのイギリス軍を負かした時、敵将に
「我が軍は武士道精神を貴ぶので貴君が治安の心配をする事は無い」
と言い放っている。 

これが蛮国と日本国の違いだな。


150 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/03/01(木) 17:03:03 ID:WghT2oel0
清国の北京統治では、日本の管轄地のみ1件の強盗も強姦も起きなかった。
だから、中国人はこぞって、日本軍管轄地に入りたがった。
白人統治地区では、犯罪が横行した。

これが日本

345 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 15:17:04 ID:bXe3w3YS0
あの戦時体制で一件の犯罪も無し。
日本軍はすばらしかった。 他所では絶対にありえない話だから否定するのも分かる。

上海でも、中国軍の暴徒化に対して日本軍は一切反撃しなかった。
他の白人国家は報復攻撃しまくってたけど。

この時、日本の将校が大使館に所用で出かけたとき、中国兵に囲まれ拉致され
暴行を受けたが、この将校は釈放後、周りがくそー攻撃しようというのを制し、隠忍したのだ。
なぜなら、日本の攻撃命令は出ていないからだ。軍規徹底である。
その後、日本の軍人として耐えがたきことなり、 と割腹自決している。

日本の軍人はすばらしい。 武士道だ。


346 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 15:18:20 ID:L2swc/1f0
>>343
どうみてもスパイですなww

347 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 15:19:49 ID:bXe3w3YS0
アカとアメ工や虫国や朝鮮は日本軍人こそ後の脅威になる、日本を利用するには排除すべき
という共通意見から今日の偏見が生まれた。

日本人なら軍人を支持しようぜ!

348 ::2007/03/02(金) 15:20:50 ID:VOtyOrS20
>>343
つーか,その場しのぎの要領のよい男だったんぢゃないの?

349 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 18:10:32 ID:fxA31p+U0
>>345
>割腹自決
まあそういう発想の根底にあるものが、人材の払底に繋がり相手のリスクも
軽減してやるという利敵行為だったんだけどね。
およそ戦争をやるのにこういうのを美化するクソウヨがいると負ける、という話。

350 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 18:18:09 ID:zZ4XNamZO
憲法9条の文言はその場しのぎの非武装宣言としての機能を持ちながら
将来改正なしの再軍備の可能性を残すために計算尽くされた名文

あれを書いた奴はすごい

351 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 18:54:21 ID:aqveh/u50
>>343
人が良くて人気があるのと、それが日本に破滅的な影響を与えたのとは
分けて考えようぜ。

352 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 19:01:47 ID:v52c/TDA0
>>350
芦田改定だっけ、凄いの一言。

353 :名無しさん@七周年:2007/03/02(金) 20:57:20 ID:S8pEbWVm0
>>333 左翼のアジア=支那・朝鮮

絶対、東南アジア、南アジア、中央アジアには言及しない。

97 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)