5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【著作権】 「音楽4大レーベルは、コピー防止のDRMを捨てよ」 米アップル・ジョブズ氏が提言

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2007/02/07(水) 17:37:24 ID:???0
・Appleは自社の音楽サービス・デバイスにFairPlayを採用しており、iTunesStoreの曲を
 iPod以外のデバイスで聴いたり、ほかの音楽ストアで購入した曲をiPodで聴くことはできない
 ようになっている。欧州の一部国家では、FairPlayを開放して、他社製品との互換性を確保
 するようよう求める声が上がっている。

 ジョブズ氏はこうした動きに対し、「iPodはDRMのない楽曲、MP3やAACなど“オープンな”
 フォーマットでエンコードされた楽曲を再生できる」ことを思い出すよう呼びかけている。
 またジョブズ氏は、DRMを採用したのは、4大レーベル(UniversalMusicGroup、ソニーBMG、
 WarnerMusicGroup、EMIGroup)が契約に際して楽曲の保護を求めたためだと主張している。

 ジョブズ氏はこうした状況を説明し、今後の選択肢を3つ挙げた。
 1つ目は現行のシステムを続けること。現状では各社が独自のDRMシステムを採用した
 サービスとデバイスを提供している。これには顧客が囲い込まれるという批判がある。
 2つ目はFairPlayを他社にライセンスして、各社の音楽デバイスと音楽サービスの間で
 互換性の確立を図ること。ジョブズ氏は、これは表面上は良い考えに見えるが、情報を
 共有すれば秘密が漏れるのは避けられず、DRMのクラックにつながるという問題があると
 している。またAppleがすべてのコントロールするわけではなくなるので、漏えいのダメージを
 迅速に回復する上でも問題があると同氏は言う。

 3つ目はDRMを完全に廃止すること。どのデバイスでもあらゆる音楽ストアの曲を再生
 できるようになる。「明らかに消費者にとって最善の選択肢であり、Appleはこれをすぐにでも
 採用したい。4大レーベルがDRMの条件なしでAppleに楽曲をライセンスすれば、iTunesStoreは
 DRMなしのバージョンのみの販売に切り替える」とジョブズ氏は述べている。

 CDに収録された楽曲はDRMで保護されていないため、オンラインで販売する楽曲に
 DRMをかけても違法コピー防止の役には立たないと同氏は指摘、DRMの義務づけを
 やめれば、オンライン音楽サービスの新規参入が増えて音楽業界のメリットになるとしている。(一部略)
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/38259/

68 :名無しさん@七周年:2007/02/12(月) 02:01:43 ID:q5pnC4lo0
OS X はアクティベーションやってないぞ。

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)