5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医療】医師不足 東京・大阪でも公立病院の半数、診療縮小…毎日新聞調査

1 :依頼158,160@試されるだいちっちφ ★:2007/01/23(火) 12:56:16 ID:???0
★医師不足:公立病院の半数、診療縮小 毎日新聞調査

 医師不足などのため、東京都と大阪府内の計54の公立病院のうち、公立忠岡病院(大阪府
忠岡町、83床)が3月末に閉院するほか、半数近い26病院で計46診療科が診療の休止・縮小
に追い込まれていることが、毎日新聞の調査で分かった。常勤医で定員を満たせない病院は
45病院あり、不足する常勤医は計285人に上る。欠員を非常勤医で穴埋めできていない病院も
あり、医師不足によって病院の診療に支障が出る「医療崩壊」が、地方だけでなく2大都市にも
広がり始めている実情が浮かんだ。
 調査は都府立、公立、市立病院(大阪市立大病院を除く)と、都保健医療公社が運営する病院
を対象に実施。00年以降の診療休止・縮小の状況や、今月1日現在で常勤医が定員に満たない
科の数などを尋ねた。

 閉院を決めた忠岡病院は、03年に12人いた医師が05年には4分の1に激減。昨年4月に
皮膚科と泌尿器科、今月には脳神経外科を休止し、病院自体も存続できなくなった。

 診療科別に見ると、休止・縮小したのは、産科・産婦人科が計10病院で最も多い。次いで小児
科6、耳鼻咽喉(いんこう)科が5病院だった。
 不足している常勤医数は、内科が18病院で計47人と最も多く、麻酔科15病院29人、産科・
産婦人科が16病院27人、小児科が11病院22人と続いた。不足の理由は、▽04年度導入の
新医師臨床研修制度をきっかけに、大学病院が系列病院から医師を引き揚げた▽勤務がきつく、
リスクを伴うことが多い診療科が敬遠されている−−など。

 診療への影響は、「救急患者の受け入れ制限」(都立大塚病院)など、救急医療への影響を
挙げる病院が目立つ。住吉市民病院(大阪市)のように、産科医不足による分べん数の制限を
挙げる病院も多かった。(>>2以降に続きます)

毎日新聞 2007年1月23日 3時00分
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070123k0000m040130000c.html
関連記事:医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音/1 分べん台で1時間待ち
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070123ddm002100121000c.html

952 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 21:44:44 ID:3VwQkXSa0
>>943
医療政策については、今までまがりなりにも保険料も窓口負担もさほど大きくはなかった。
医療ミスも、何がミスで何がミスでないのかさっぱり分からなかった。育て直し教授も医者か何者か分からなかった。

だから選挙で得票数を左右するほどの主要論点には上がってこなかったんですね。
だから厚生労働省役人と医師会幹部と製薬会社に雇われた御用学者教授が密室会議してそれぞれ利益誘導してその結果が政策反映されてきたわけです。
それで「済んできた」わけですね。

一方で、例えば「タバコは病気」なんてどこかの学会が言い出しても、さすがにそれは財務省や一般世間30%医療関係者5%の喫煙者の反発で引っ込めざるを得ませんでした。政策反映よりもっと以前にね。

つまり、保険料、窓口料金の上昇等、何らかの「実害」を実感・予想し出す人が増えれば、いつでも厚生労働省の役人の利益誘導政策についても、マスコミや選挙公約の一面トップに出てくる可能性はありますね。
しかしそれはまた、その保護下にある医療関係者自身にも、明暗分かれる作用を及ぼすことになりますが。役人含めた業界内の自浄がない限りは、同穴と見られますよ。

953 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 21:47:47 ID:goiyRNyV0
だいたい帝京ごときには医者にコンプを持つ資格すらないのだが。
あまりにもともとの次元が違い過ぎて、逆に滑稽ですらある。

954 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 21:53:25 ID:OfnSTOWI0
これからは軍医、衛生兵の時代だよ

955 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 22:07:01 ID:b+W8FXEz0
>954
軍医・衛生兵はともかく
助産師はやけに強気だ

956 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 22:09:57 ID:1D4FrY9MO
面倒だから産婦人科医並に助産師も医療行為やっていいよ。
ただし何かあっても最後まで自分でなんとかしてくれ。

957 :低恐王国:2007/01/25(木) 22:10:20 ID:iusq0FMU0
軍医て言うけど共産主義の国では軍医とかいないんだよ。
知ってるかな?
病気になる、怪我する、使えない国民は殺す。
これが今までの世界的スタンダードな考え。

日本の政府が激怒しているのは、使えない用無しの人間を適当にいじって国から診療報酬をくすねてだまし取るから、政府は介護、薬剤師、看護師、その他利権を医者から奪った。
今後もがんがん政府はやるぞ。

958 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 22:12:18 ID:8sEON8Fl0
誰だよ>>957みたいな用なしの人間に予防接種打った医者は?
ちゃんとKCl打っとけ、みたいな?

959 :低恐王国:2007/01/25(木) 22:14:08 ID:iusq0FMU0
そういえば看護師に助産師業務させて捕まったところあったな。

960 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 22:14:59 ID:H9O+nghZ0
まぁ、厚生労働省は「貧乏高齢者は治療など受けずにさっさと氏ね。
医療費と年金が浮くから一石二鳥だ」くらいに思ってるでしょうね。



わたしは大賛成ですw

961 :厚生労働省関係者:2007/01/25(木) 22:20:23 ID:7LqUX0Wl0
>>960
「貧乏高齢者は」じゃなくて「貧乏人は」ですぅ。
そこのところ、間違えないでくださいね!

962 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 22:22:19 ID:LTH+Zvj30
>>941
>「ちゃんと社会主義できないのなら自由市場経済にしろ」
なるほど。わたしはこと医療に限って言えばちゃんと社会主義にできると思っています。
例として挙げられた不正請求も今までは、政官業の癒着により発覚しても
社会社会保険事務局は「すでに当該医師は社会的制裁を受けているので
刑事告発はしない」などという談話が報道されることがありますが、最近の
土木業界の談合摘発のように行政が本来の役割を果たせば、根絶とは言えない
までも抑止することは可能だと思いますが。しかし、これもしがらみの無い
政治体制が出来る事が欠かせないかも知れませんが。
私も国全体が社会主義も目指すべきなど到底考えもつきませんが、やはり
医療、福祉、教育については国が責任を持ち、市民オンブズマン、野党、
(本来はマスコミ)、国民がチェックすべきだと思います。
田中康夫氏は、薬害エイズも記者クラブを廃止して海外も含め多数の
ジャーナリストが厚生省に質問が出来ていれば防ぐことが出来たという
趣旨の発言を聞いたことがあります。

963 :低恐王国:2007/01/25(木) 22:31:23 ID:iusq0FMU0
馬鹿医者が痛いのは社会主義は平等だと思っていること。

社会主義は北朝鮮を見れば解るが平等でない。

階級社会だ。

一応民主主義の日本で卓上の空論である社会主義的平等な医療を導入すれば崩壊するに決まっている。

言ったら悪いが麻原とか詫間にも東大出身の総理大臣と同じ医療を提供しろと言うのか?

死刑になるんだから適当にあしらえばいいだろ。

と言うので日本の医療は自ずと崩壊する。

ちゃんちゃん。

964 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 22:35:20 ID:+mkeOCv70
「いやな患者は診療拒否していい」
官僚のこの一言でだいぶ医療費が削減できると思うぞ。

医者に嫌われたらいくら金があっても病院で診てもらえないって自由も必要だろ。

965 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 22:43:04 ID:OhiUQOBl0



医師不足が深刻な地域で
身を削って地域医療に貢献することを希望する
意欲ある努力家が医師になることを祈る

年齢制限のない大学も確実にあるから
死なない程度に是非がんばってくれ






966 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 22:56:49 ID:r7YjnN2h0
>>965
ならおまいがやれ
他力本願もはなはだしい

967 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 23:07:21 ID:ZkIq7XYA0
>>965
昨日、軍事のことをつらつら書いた医学生だけどさ、

>医師不足が深刻な地域で
>身を削って地域医療に貢献することを希望する
>意欲ある努力家が医師になることを祈る
こういうのって、おこがましいんだよね。

じゃあ、今の医学生は意欲のない放蕩息子なのか?
国立医大だけど、そんなこと無いぞ。むしろ、いい人が多いぞ?
純粋に人を救いたいって人が多いぞ?

俺は、故郷の医療を救う一助となるために志願したが、あくまでも志願だ。
なぜならば故郷を愛しているから。お世話になった人、友人、を救いたいから。
同じ僻地でも何もしらないところに強制的に配置されたら、俺の心は恐らく今より熱くなることはないだろう。

968 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 23:09:01 ID:/fv97BeT0
>>939
外国人医師の受け入れは東北のほうでそんな構想があっただろ
てかもうすぐそうなるんだろ?


>お前みたいなバカに奉仕するために、外国人様が来てくれるわけないだろ
製造業はもうすでにそうなってんじゃん


969 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 23:15:42 ID:5zOQhikbO
来てくれないと思いますよ、外国人医師。
本国と同等以上の待遇を保証しますって言えばひょっとすると来てくれるかもしれませんけど。

970 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 23:17:40 ID:iKID2PQL0
自治医に入局して夕張に赴任した
薬剤師の免許も持ってる医者頑張れ

971 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 23:22:04 ID:iKID2PQL0
これも貼っておこう
http://www.izai.net/yubari3.html

972 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 23:41:05 ID:ZkIq7XYA0
>>971
うまく最後まとめてあるね。その通り。

973 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 23:53:47 ID:3VwQkXSa0
>>962
で、そこにはまた「ちゃんと社会主義をするためのコスト」が上乗せされてくる、という問題が出てきます。
わざわざ配給監視システムを構築・運用するコストです。田中康夫の講演会に出かけてコブシを突き上げるのもコストです。

社会主義するにしても、そもそも自由市場経済がなければ相場が決まらないわけですよ。
原価計算を詳細に積み上げるのも、それはそれで専門会計士料が上乗せされてくるんですね。(次はこの専門職が「共産党員」化するかもしれません。)
アメリカは日本よりは自由市場的医療と言えますが、あくまで「的」でしかなく、医科大学がポコポコ自由に誕生しているわけではありません。
(欧米医療のスタートは知識技術秘密主義の同業サークルというのも一因ですが、今は公開主義(パテント主義?)で、参入規制は日本と同様、免許制によるものです)



974 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 23:55:54 ID:3VwQkXSa0
>>973 つづき

そして「不正請求」の基準ですね。これ、目前の患者を学会ガイドラインに沿って診断・治療して保険点数表に忠実に請求したかどうか、そこまではある程度可能でしょう。
(ここにもしかし患者のプライバシーが大きな壁になるはずですが。自分の手術中継する水道談合タレントのようなことを一般人がどこまでできるかということです。)

さらに学会ガイドラインや保険点数表の、何よりその疾患名と治療法自体、
つまり大もとの「医学」に、既にそれを作成する側の様々な思惑(各専門医自身、製薬その他医療系企業、官僚私益、他医療系資格団体)が多少(かなり)、入り込んでいるものが、現状の医学医療であることは、
薬害事件や薬の治験に噂される不正、そこにいつも出てくる学会重鎮学者、
通り一遍の薬剤アレルギー問診程度しかせず(変に張り切られて無駄な仕事をされても困るが)薬の値引きなんて一切しない処方箋薬局、よく分からない肩書き資格の名札で病院内をうろうろしている人々の増加、・・・
いくらでも状況証拠は見つかると思います。

つまり社会主義するにしても、「何を配給すべきか」は、直近の過去あるいは他国の自由市場の存在なくしては、適切に定められない、供給者利益で決まってしまう、ということです。
合法的腐敗です。これ、止められますか?

自由市場にしても、あらゆる企業は「寡占・独占」を夢見るでしょう。これが最も供給者側に都合がいいわけですよ。価格も品質も勝手です。
マイクロソフトがアメリカで議会の呼び出しを喰らったのも、そういうわけですよ。裏でどう手打ちしたのかは知りませんが。

まあ、マイクロソフト日本法人程度の総売り上げなら、独占でも腐敗社会主義でもエリートごっこでも勝手にやってて頂戴、で終わりますがね。

975 :里見:2007/01/25(木) 23:57:48 ID:gHkbjrD/0
なあ、財前...
いや、...おい財前...

...いや、なんでもない。

976 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 00:03:22 ID:IShZ+rc60
君が割り切る事で医者であり続けるのならば、
俺は悩むという一点で医者でいられるのかもしれん



977 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 00:18:10 ID:xhiFUHf10
>>974
ぶっちゃけ学会が請求基準作ると保険側が嫌がる。あいつら、この人にはこの検査と
治療が有用って論文つけて送っても切ってくるんだぜ?

>>968
岩手かどっかで中国人連れてきてあっという間に逃げられたらしい。

978 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 00:38:39 ID:VlIK1Vvd0
>>977
「全てのコンタクトレンズ患者は初診です」というような論文体裁のビラでも殺到しているのかもしれませんねw

979 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 01:07:10 ID:sLO87l+IO
医学部の三年次編入枠を拡大すれば少しだけ早く医師数を増やせる。
一般枠を削らずに全国の国公立大学医学部が20人ぐらい受け入れればオケ。

980 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 01:20:15 ID:IJUUbPAf0
外国人って言うけど
すぐ逃げ出せる立場の人を呼んでも無理だろ。

同じ日本人だから、地元だから、知ってる人がいるから
そういった人間関係の縛りが現場を支えてるのも事実。

981 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 04:13:24 ID:O9g/vRY40
外国人医師を呼ぶなんてむりだろうね。

まず質が保てない。日本の医師は素人が思う以上に優秀だよ。こんな状況にもまれているから。
外国人医師(アメリカもそうだが)のレベルなんて......

それから言葉の問題。実際フィリピンから看護師を呼ぼうとしているけど最大の
問題点が言葉。製造業みたいに多少コミュニケーションが取れなくても問題ない
産業とは違うでしょ?日本同士だって「説明が足りない」なんていってくるくせに。

そして待遇。これだけ医療従事者への待遇が悪いのは日本・イギリス・ドイツぐらい。
それらの国では軒並み医師の海外流出やモチベーションの低下で問題になっている。
反対に、待遇のいい国はたくさんある。中国なんかも10年前までは悪かったらしいが、
昨今はほとんど自由診療となっており、同じ病気をしても日本の10倍の医療費がかかる。
当然収入も高い。(一般国民の収入なんか日本の30分の1なのに)。

アメリカなんかも医師の給与は非常に高く、普通5000万円以上はざら。外科医なんかは
億単位を稼いでいる。カナダやオーストラリアもいい。カナダに行った日本人の外科医の
話を知人からさっき聞いたが(この人の直接の知人)卒後数年で2億円貰ってたって。

インドの医者なんかも何十人と召使を雇えるほどだし、東南アジアの医者も
本国では本当の金持ち。

こんな状況を考えれば、社会からも疎まれて給料も安い
日本の奴隷医者になってくれるわけないでしょ。

982 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 04:25:26 ID:F0Zehnlr0
ま、貧困層のネラーが何を言ったところで、
高コストでも良いから、質の良い医療を受けたいってのが、
多くの人の意見
今の治療費で高すぎって、どんだけ貧乏なんだよ

983 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 04:31:06 ID:30/PxvZK0
>>981
アメリカの医者だが、さすがに5000万はなかなか行かない
普通の小児科医研修終了後3年で1500万円くらい
でも勤務は朝から5時まで、土日休みね。
もう日本には帰れんよ。

日本人医師は優秀だから、もし今後英語教育とかで医学生の英会話能力が進歩したら
物凄い率でこちらに流出するぞ。


984 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 08:30:21 ID:qKmoFeuY0
>977
原則として保険審査は病名が全てです。
適応となっている病名がついてなければ、どんなに頑張って詳記書いても、
権威ある雑誌の論文つけてもダメです。

985 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 08:32:05 ID:S9Hd9TAN0
>>982
200円の給食費が高いと言って払わない親が3割もいる時代だぞ。
殆どの日本国民が医療費は高すぎと思ってるよ。

アメリカと比べればと言ったって、日本人の9割以上はアメリカで医療
受ける経験なんて死ぬまでない。よって比較の対象にならん。

986 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 08:41:48 ID:TbyEzmKZ0
981だが、

日本でも研修終了後3年で1500万なんてもらえない。夢のまた夢。
奴隷で24時間365日の診療が待っている。

本当にやってられないね。一般国民は世界的な医師の獲得作戦になっているのを
知らないんじゃないの?こんなことしていたら日本からまともな医者は
居なくなるよ。

987 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 09:20:53 ID:Ka3XztEs0
>>965
年齢制限のない大学もあるのか?
なら、お前がやったら良い。
死なない程度に是非がんばってくれ。
身を削って地域医療に貢献することを希望する。

988 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 09:54:11 ID:ithckRilO
俺もアメリカで医者やりたいなー。
なんかアメリカは臨床の分野では流入に制限かけ始めたって聞いてるんだけど…どうなの?

989 :低恐王国:2007/01/26(金) 10:48:30 ID:iCdHlmu/0
アメリカで医者が年収5000万って、そもそもアメリカでは会社の社長とか弁護士とか年収数億ある人なんかざらだけど。
リスク高いのにアメリカで5000万だとあほらしくて出来ない。
5000万ぐらいなら金融会社の社員だとボーナスで100億円くれたりするぞ。
そっちの方がいいじゃん。

990 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 10:52:38 ID:XaTneJcy0
今の日本、どこの企業だって労働環境は良くない
サービス残業150時間なんてのはよくある話
医師の世界でもそうなんだと思って納得してみよう

991 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 10:57:33 ID:ryG8HLCS0
>>990
完全週休二日で計算すると勤務医で一人医長の場合、サビ残150どころか300時間とか400時間な訳だが?
しかもミスがなくても患者が亡くなったり結果が悪ければ民事で訴えられたり逮捕されて手錠かけられてTVで全国に
凶悪犯のように流される


そんな職場からドンドン辞めて逃げ出したって普通は誰も責めないよね?
でも医師は責められるんだよw

992 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 10:58:55 ID:vCQlcF1s0
>>990
医者も他の商売もそうだろうけれど、
そういう状態で働いて判断能力が落ちている人間に働いてもらいたいか考えてみては?
スーパーの店員が寝不足で計算ミスとかはたいした問題にならないけれども。
医者が寝不足でミスなんかは起こして欲しくない。

993 :今春ドロッポ予定勤務医:2007/01/26(金) 11:10:27 ID:KvQ558hbO
どうしても荒れるね
仕方ないけど

内科まで崩壊し始めたからもう修復は無理だと思う

みんな体には気をつけろよ
それから運悪く脳卒中・寝たきりになった時に備えて
家族間でどこまで治療するか意志の確認しておいた方がいい
重い後遺症が残って意志の疎通ができなくなって、
本人は延命を望まないのに
残った家族に重い介護・金銭的負担がかかるほど不幸なことはないから

みんな強く生きろよ〜

994 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 11:12:14 ID:G+gB2G690
>>990
医者のヤミ時間外は時として週100時間にも達するのだが、何か?


995 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 11:13:21 ID:m5fcHfJd0
勤務医は、政治力が無さすぎるよ。

996 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 11:22:48 ID:Anr87iTa0
給料ばっかり高くても休みがなければお断り
沢山勉強が出来れば休みは少なくても良い

真面目だね

997 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 11:24:51 ID:AzinO1oZ0
>>996
ちょっと違う

×給料ばっかり高くても休みがなければお断り
○給料ばっかり高くても休日が休みだと保証されなければお断り

998 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 11:25:31 ID:XZK10J4t0
1000なら日本全国崩壊!

999 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 11:25:51 ID:vGx9qw7P0
>勤務医は、政治力が無さすぎるよ。
共産党を支持すればいいんだよ。
開業して経営者に回れば自民党支持すればいい。


1000 :名無しさん@七周年:2007/01/26(金) 11:26:43 ID:LArigblC0
1000なら来年度は年間50日休める!w

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

328 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)