5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】安倍首相「いい映画だね」「手紙に家族への思いが込められていた」 家族で「硫黄島からの手紙」鑑賞

1 :春デブリφ ★:2006/12/31(日) 22:21:23 ID:???0
 安倍首相は31日、東京・六本木の映画館で、クリント・イーストウッド監督の
映画「硫黄島からの手紙」を昭恵夫人らと鑑賞した。
 作品は、昭和戦争末期の硫黄島戦を題材に、米軍と死闘を繰り広げた日本の将兵
の姿を通じて、戦争のむごさを描いたもの。部隊の上官が「靖国(神社)で会おう」
と自決する場面もある。

 首相は、一般客に交じって映画を見た後、記者団に「いい映画だね」と語った。
多くの兵士が家族へ手紙をしたためたものの、届かないまま戦死したことについて
「手紙に家族への思いが込められていた」と述べるなど、胸を打たれた様子だった。
 夫人のほか、母の洋子さんや弟の岸信夫参院議員夫妻らも同席した。

■ソース(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061231i311.htm

546 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 10:50:59 ID:F+krPCNT0
作戦立案に天才的と言われた、石原莞爾は戦後、殆ど戦争の事は語らなかったが、サイパン島玉砕にあたり、近くにいた者にこう語っている。

「私が、南雲であるなら、敵が上陸する前に、部隊を二つに分ける、一つはその人員の9割からなる降伏 する部隊ともう一つは、
降伏せずに徹底抗戦する一割の精鋭部隊である。敵が島を囲んだ時つまり撤退で きなくなった時点で、司令官として敵に対
して降伏を申し出る。武装解除して粛々と敵上陸を待つ、敵は 、その捕虜を収容する必要とそれに伴う物資の調達が必要に
なり、かなりの物資を吐き出さざるを得ない 。この上陸の前に、自分達の基地や物資は廃棄、破壊しておくからだ。

上陸して彼らは、当然、滑走路や 基地を設置する事になるが、その一部は捕虜である日本兵が請け負う事になる。ここで隠
れていた精鋭部隊が、米軍を攻撃するのではなく、捕虜になった日本兵を攻撃する。こうなると米兵が日本兵を守る必用が
あり、その建設は遅々として進まない。地下に潜った精鋭部隊は、十名くらいの小隊ごとに分かれてその攻撃を執拗に
続ける。これで米国は、中々、作戦を実行に移せない。」 つまり玉砕は、利敵行為であると断じている。

547 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 10:58:28 ID:EpcLsZpw0
味方だった日本兵に攻撃て・・・
どうせアメは捕虜護衛のために人員割かないだろうし
戦後、日本が悪であると宣伝するためにGHQがいいように利用するだけだよ

548 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 11:50:36 ID:Z2VqRg9i0
>>546
やっぱり前線から離れて予備役生活してると情報が入らなくなるんだな。
降伏部隊が虐殺されずにそのまま収容されるとは限らないわけだし。

549 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 12:02:43 ID:bJxxnHY80
>>546
南雲も石原も愚将なので、どんな空論を言いあったところで
何も生まれず虚しいだけだろ。

550 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 12:05:28 ID:J14MEDSz0
あなたの身内はどなたか出征されたんですか?>>総理

551 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 12:07:32 ID:UzOpw5XlO
仕事しろよ(´・ω・`)

552 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 12:13:32 ID:fsbAm30NO
>>551
安倍が真面目に働くと庶民はどんどん苦しくなるぞ
それでもいいのか?

553 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 14:12:12 ID:/r+qP7Is0
___|\/|_  \\ヽ 、 ,- ー-、, / // _∧∧__
\  暴  /_        !___i      _\   /_
  .> れ   /.       (ト-ヽ-イ)      \  止  ,/
/  さ   .<     ★ ___∧_安∧!__       <   め   >
\   せ     >    | (__ ( #ひ` )_)    <   ろ   >
<  る    > (( O⌒.| .|    | .|⌒O )) /_ !  \
/  な  _\  (⌒)~,''''    '''''~(⌒)   ̄/ _  \ ̄
 ̄/ !  \ ̄  ヾ(⌒)/ /∧ ヾ(⌒)彡     ̄/VV ̄
 //VV ̄ ̄/ / ε= ミ(⌒)≡(⌒)  =3 ヽ \


554 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 14:51:46 ID:GosgOETt0
毎年さんざん見せられてきたモノ。今更見方を変えなさいと言っても無理
>>548
後で何と言われるか考えたら虐殺など出来ようハズも無い
さすがに天才と言われただけのことはあると思うよ


555 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 17:24:07 ID:ILxZSdxB0
>>548
おいおい、それこそプロパガンダだろw

どんなに悪待遇でも、”多少”は捕虜の為に物資や人員を供給せざるをえない。
でないと兵士が素手で反乱を起すからな。

いくら銃を掲げてても、100人が1人に向かってきたら俺だって逃げ出すわw

556 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 17:34:26 ID:6OeMfbHD0
>>555
> いくら銃を掲げてても、100人が1人に向かってきたら俺だって逃げ出すわw

戦国自衛隊によくある話だなw

557 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 18:53:27 ID:9eA06WNp0
どっちにしろ机上の計だろ。
二つの心理的抑圧は容易に取り除けない。
すんなり降伏することと味方を攻撃すること。
それにその頃は計画がダダ漏れしてたことも考えると見破られる可能性が大きい。

558 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 21:41:03 ID:rhGaiywi0
>>546
>れていた精鋭部隊が、米軍を攻撃するのではなく、捕虜になった日本兵を攻撃する。こうなると米兵が日本兵を守る必用が
あり、その建設は遅々として進まない。

どこにそんな必要があるんだ?
ジュネーブ条約にそんなことが書かれているのか?

559 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 21:56:24 ID:bR/3GNKB0
弟いたんかい!

560 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 23:10:49 ID:hAOaoq300
>>558
ゲリラ化した日本兵が工事担当者を集中的に狙って攻撃するなら、
わざわざ危険な場所に米兵を配置する事は無い。
また、米軍としては日本兵捕虜に自衛の為の武器を持たせるわけにはいかないので、
工事を進めようと思えば、武器を持った米兵が建設作業に従事する日本兵捕虜を護衛する必要がある。
で、日本兵捕虜はサボる事で、作業を遅延させる事が出来る。

561 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 23:15:07 ID:g2S3JrzR0


韓国にこびまくりの安倍さん。



562 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 23:36:39 ID:BZnf9Wz+0
>>375
>ぼっちゃん安倍とセレブバカ妻に

って、そういう風に書くから馬鹿ップルが
間違っていいイメージとして刷り込まれるんだよ。
正しくは[とっちゃん小僧安倍とセフレバカ妻]では無いのか?

563 :名無しさん@七周年:2007/01/03(水) 23:59:42 ID:BZnf9Wz+0
>>382
おのれの身分を勘違いした自分(382)は隠れて、
ハンディあるもの、下のものが戦に行けばよい
徴兵するがよいって思考は、とても美しい日本人、
サムライの考えであるはずが無い。
虐げられて鬱屈し、戦後やっと解放され、
ガツガツ働き、成金となって、品格を学ばぬまま育ってしまった、
一部の卑しき者共通の思考だな?
とても、率先して陣頭指揮とる様な品格の人間とは思えない。
卑怯の一言。


564 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 00:03:00 ID:TKa6Nr6m0
それはそうと、肝心なハッシュ貼ってくれよ!
全然引っ掛からないぜ?


565 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 05:50:08 ID:q6EAbs4q0
>>511
是非、総理になってください。

566 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 06:49:34 ID:wHJQ3grG0
>>511
上手なコメントだね。

567 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 08:11:05 ID:wHJQ3grG0
>>368
戦争の勝敗は精神論とはあまり関係が無い。なぜなら戦う前から概ね勝敗は決まっているから。
弱い国と戦えば勝ち、強い国と戦えば負ける。強い国と戦うことを選んだのなら精神論が重要になる。
なぜなら理屈の上では勝てっこないからだ。
弱い国が強い国に勝つことも稀にある。ただし戦争を継続していた場合にのみ。
よって精神論を唱えてダラダラ戦いを長引かせ、奇跡に期待する格好になるわけだ。

太平洋戦争に関してはドイツ軍におんぶに抱っこ、というのが実情ではなかろうか。
フランス降伏の直後に三国同盟を結んだ。勝ち馬に乗ったわけだ。
そしてモスクワまであとわずかという場面で真珠湾攻撃。ドイツが勝ったと思っていたんだろうね。
当てが外れたけど。
ドイツがソ連を倒せば、米英が全力で攻撃してもドイツを屈服させることはできなくなるだろうから。
日本など相手にしている場合ではなくなる。

568 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 11:43:02 ID:wHJQ3grG0
>>505
お前の書き込みがスルーされているところが、いかにも戦後日本だね。
戦時中の日本は、勇敢であることが何より尊ばれた社会だったのにね。
まあ戦後の日本人は戦時中の日本人とは別の生き物だから、勝手にすればいいけどね。

569 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 11:55:24 ID:wHJQ3grG0
>>52
日本にアメリカ並みの資源と工業力と科学技術と軍事力を寄越せ。
そしてアメリカは史実の日本並みに貧しくしろ。
それでもアメリカが末端の兵士を守れたら、お前の話を信じてやる。
水も食料も燃料も弾薬も援軍も情報も何にも無いアメリカ兵がどう戦うか大変興味がある。

570 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 12:10:48 ID:wHJQ3grG0
>>166
日本海軍は艦隊決戦思想なんだから1回の戦争で1回ぐらいしか戦わないはずだった。
敵艦隊を全滅させれば味方戦闘機なんか全滅してもいい。そういう発想が根底にあったのかもしれん。

そもそも第2時世界大戦が始まった当時は戦闘機どころか爆撃機にも防御は無かった。
空の要塞B17ですら防弾装備は無かったくらい。
日本の陸軍も海軍も開戦に前後して慌てて防弾装備を搭載している。
一番後回しにされたのがゼロ戦。徹底的な軽量化が売りの戦闘機を重くしてどうするのか。
というかそもそもゼロ戦はさっさと引退する筈だった。
ちなみに防弾装備を積んで重くなった日本の戦闘機は、改良されるたびに動きが鈍くなることもあった。

571 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 16:17:03 ID:0KrV3Xpq0
安倍首相は「早咲きの花」も見たよ
TBS 動画6.1チャンネル http://www.tbs.co.jp/6.1ch/
YAHOOニュース http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20061227-00000038-sph-ent
IZA/産経新聞 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/24978
読売新聞 http://moviewalker.yomiuri.co.jp/schedule/0000/mo4342.htm
毎日新聞 http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kanagawa/news/20061227ddlk14040280000c.html
産経新聞 http://www.sankei.co.jp/enak/2006/glace/dec/kiji/25cinemahayazaki.html
デイリースポーツ http://www.www.daily.co.jp/gossip/2006/12/27/0000201965.shtml
日刊スポーツ http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20061227-135471.html
東京中日スポーツ http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/tkhou/20061227/ftu_____tkhou___004.shtml
スポーツ報知 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061227-OHT1T00038.htm


572 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 17:24:37 ID:wHJQ3grG0
>>52
国民が国家に対して米国並みの待遇を求めるのなら、国民は国家に米国並みの国力を与えるべきだ。
豊富な資源、優れた技術力、巨大な工業力、世界一の経済力、そういったものを日本政府に与えて欲しい。
それさえあれば待遇は改善可能なはずだ。

573 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 17:52:39 ID:QYifOkeM0
小泉2号どころか脳無ヒョン2号になりかけてる

574 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 17:54:51 ID:LnQD26OK0
本当はポケモンかドラえもんが見たかった安倍総理

575 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 20:37:03 ID:hQPlW1k00
所詮勝てるはずのない戦いであった。山本五十六は誰よりもそれを知って
いた。山本が特別なのではない。米国を知る者は皆、口には出せないが
勝てるはずのないことを知っていた。永井荷風はひそかに日記に書いた
「野蛮な軍国は滅びよ」と。勝利に酔った国民の中に、戦利品の「”総天然
色映画”風と共に去りぬ」を見たカメラマンがいた。「ああ駄目だ。こんな
映画を作る連中に勝てるわけがない」と。当時我が国ではやっとカラー
フィルムを国産化できたところだったのだ。「敵を知り己を知る、百戦
危うからず」と古人はいう。今のバカウヨは「敵を侮り己に酔ふ」。ああ
危ういかな、危ういかな。

576 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 20:38:39 ID:oSI7cAlR0
ファイナル・カウントダウンと眼下の敵を見ろ。
余裕があったらキスカも。

577 :名無しさん@七周年:2007/01/04(木) 20:43:29 ID:P//HMf7g0
>>575
いいこというな、感心した

578 :名無しさん@七周年:2007/01/05(金) 02:08:13 ID:vcIbZLppO
阿部さんが考える
美しい国って
溢れる在日に外国人
、人殺しに増える低所得者を量産する国のことだったんだねwww

579 :名無しさん@七周年:2007/01/05(金) 09:49:24 ID:4pRwH1ez0
>>575
すると今度は土下座外交を始めるわけだw

危ういかな、危ういかな。

580 :名無しさん@七周年:2007/01/05(金) 09:59:53 ID:8jreia+H0
「負ける戦はしない」くらい言っとけよ、能無し総理w

581 :名無しさん@七周年:2007/01/05(金) 10:03:13 ID:Qpn86k8u0
映画は映画なのだからこのくらいの論評でいいだろ

582 :名無しさん@七周年:2007/01/05(金) 10:17:18 ID:Y9OJ8bBH0
>>579
小村寿太郎はポーツマス条約で焼き打ちに会った。
幣原喜重郎や吉田茂も、右翼や軍部から散々「軟弱
外交」と言われたものだ。そして松岡洋右の「強腰」
外交の結果は、言うまでもない。


583 :名無しさん@七周年:2007/01/05(金) 10:50:40 ID:4pRwH1ez0
>>582
ということは北朝鮮に経済制裁を加えている現在の強腰外交も危険と言いたわけだ?

584 :名無しさん@七周年:2007/01/05(金) 10:51:53 ID:JvJY5jSs0
>>575
ブサヨは今でも同じ事をやってんだが。
反米アジア主義とか言ってな

585 :名無しさん@七周年:2007/01/05(金) 12:34:48 ID:Ap3QShWE0
右翼も左翼も楽しめる映画

586 :名無しさん@七周年:2007/01/05(金) 13:12:05 ID:23UeWoOA0
現垢非新聞が国民感情を煽ってたからな
あれで政府も軍部も身動き取れなくなった

587 :ユダヤ朝鮮工作機関・ニダ靖国:2007/01/06(土) 10:58:48 ID:W1HHeWOW0
☆みなさ〜ん、ユダヤ朝鮮の下僕、売国神社がユダヤ工作員の命令にきちんと従いましたよ〜っ☆
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/korea/story/06mainichiF20061006p1500m040143/
<靖国神社遊就館>米が批判の記述修正 アジア関連は変えず (毎日新聞)
靖国神社の最高意思決定機関である崇敬者総代会が5日開かれ、「遊就館」の展示のうち、
米国から批判が出ていた第二次世界大戦の米国関係の記述を見直すことを決めた。
    凸┃┃ (/)     ┃┃凸
    Ш┃┃ (/)ィ'ミ,彡ミ .┃┃Ш 
    .|| ┃┃ (/)ミf 、 , ヾ;;┃┃.||
  ∧_∧   (/)ミ `L ´t彡 
  <ヽ`∀´>  (/) <ヽ一_>i  韓国は美しい神の国なんだな
  (つ  つミ (/)(⊃⊂ )  http://japan.arrow.jp/empire/log/eid300.html
  |_|_|_D(/)_|_|_|__
  /////ノ,,,,,,ヽ ////| 
////////////  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|  ニ ダ ヤ ス 国        |

        ∧_∧
      _<ヽ`∀´>__    <ヒント: A級戦犯の源田、岸、児玉、笹川は釈放後、在日朝鮮人を集めて 
      \ U ̄∪ /           勝共連合(統一教会)を造りました
       │   :::│
       │   :::│
  /⌒ヽ__// ‖\\__/⌒\   松岡のユダ鮮との裏取引は
  ( ◯ / /)  (\\ ○ )
  \ / ./● I  I ●\\/  それぞれの壷の中にある
   /  // │ │ \_ゝヽ    
   /     /│  │ヽ    :::ヽ  それが私の心だ
  /    ノ (___):::ヽ   :::|  


588 :名無しさん@七周年:2007/01/06(土) 14:17:35 ID:Z/wyBaf/0
この時期の話とか聞くと、ほんと、日本は一度滅亡しておいてよかったと思う。
当時の人たちには申し訳ない気持ちもあるが。
だいたい日露戦争でビギナーズラックの勝利を得たぐらいでなにうぬぼれていたんだ。
ヨーロッパと違い周囲にまともな近代工業国家がなかったからこそ帝国主義をやれたわけで、鳥無き里の蝙蝠もはなはだしい。
ネジの規格すらそろえられない分際で近代戦を行おうだなんて夜郎自大を絵に描いたような話だ。
おまけに「軍隊は国民を守るもの」という国民国家の大原則すら知らず、当時の戦争指導者は首吊りになって当然だ。
惜しむらくは日本国民の中からそういう声が上がらなかったことだ。

589 :名無しさん@七周年:2007/01/06(土) 15:18:47 ID:/GJisNu90

司馬史観そのまんま 

590 :名無しさん@七周年:2007/01/06(土) 15:38:40 ID:7JzNxc8G0
>「軍隊は国民を守るもの」

え?

591 :名無しさん@七周年:2007/01/06(土) 15:40:01 ID:gbhwirx10
ずっと前から、そして今も、人々は政治家のために殺されている。            
硫黄島で戦死した米兵は平均19歳。15歳もいた            
米国が今ほど分断されたことはない。私はイラクへの介入は優先課題ではなかったと考える側だ             

政治家たちは最前線にいる者の運命より、自らのちっぽけな権力を行使し、保持することに関心がある            

                                         
                               by クリント・イーストウッド   

592 :名無しさん@七周年:2007/01/06(土) 16:45:02 ID:L1S5G0B60
>>589
残念ながらその通りだろ。

陸軍戦闘機と海軍戦闘機で弾が違うんだからどうしようもない。
硬直した官僚組織、今でも当てはまるじゃないか。

593 :名無しさん@七周年:2007/01/06(土) 17:00:39 ID:1Zx94W800
 ついにフリーメーソンが金正日に朝鮮戦争の指令を出した。Xデーは200
8年4月8日。去年は洪水などの災害で食糧危機になっており、原油高騰で戦
時の燃料確保が難しくなっている。Xデーまでは中国などが支援を続けていく
ことになる。日本は憲法が改正され、同盟国の韓国が侵略されたら集団的自衛
権の行使の名目で自衛軍を海外派兵せざるを得ない。北朝鮮の後ろには中国、
ロシアがいて、日本は格好のカモになって攻撃を受ける。最後の頼みのアメリ
カは最後に日本を裏切って日本を攻撃する。その時になって朝鮮戦争の黒幕が
アメリカだと気付いても後の祭りである。


594 :名無しさん@七周年:2007/01/06(土) 17:54:47 ID:7JzNxc8G0
>>592
銃が違うんだから弾だって違うだろ。銃と弾はセットで機能するんだから。

595 :名無しさん@七周年:2007/01/06(土) 18:55:43 ID:n5HmidfFO
>>1
その家族を自殺に追いやっている安部お疲れ様です

183 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)