5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【名張毒ぶどう酒事件】「犯人は奥西死刑囚以外にいない」「生きたいために無実を訴えてるだけ」 再審取り消しに遺族ら地元関係者

1 :西独逸φ ★:2006/12/27(水) 12:23:04 ID:???0
名張市葛尾の公民館で昭和三十六年三月、ぶどう酒を飲んだ女性五人が死亡、十二人が中毒症状を起こした
「名張毒ぶどう酒事件」で、名古屋高裁が奥西勝死刑囚(80)の再審開始決定を取り消した二十六日、遺族ら地元
関係者は「犯人は奥西勝死刑囚以外にいない。正しい判断」と口をそろえた。

名張市中心部から北西に約五キロ。奈良県と県境の静かな集落、葛尾地区が事件の舞台だった。事件当時は十
八世帯約百人、現在十六世帯五十三人が暮らす小さな地区で、「犯人が別にいるわけがない」との意識は根強い。

ぶどう酒を飲んだ懇親会を開いた生活改善グループ「三奈の会」の会長で、妻フミ子さん=当時(30)=を亡くした奥
西楢雄さん(81)は、自宅のテレビで午前十時すぎ、速報で取り消し決定を知った。

楢雄さんは「日本の裁判所は正しい判断を下した。事件後、住民が徹底的に調べられ、勝しかいないと確定したから、
今回の取り消しは確信していた」と納得の表情。さらに「勝は生きたいために無実を訴えているだけ。何度やっても同じ
こと」と口調を強めた。

妹フミ子さんを亡くし、妻富子さん(75)も中毒症状を起こした坂峰敏一さん(79)は「予想通りの決定。取り消されるだろう
と思っていた」と安堵(あんど)。ただ、幼なじみだった勝死刑囚を「憎む気持ちにはなれない。どうして相談してくれずに
思い詰めたのか、会って気持ちを聞きたい」と複雑な胸中を語った。

ぶどう酒を口にしながら一命を取り留めた植田民子さん(75)は「もう思い出したくはないが、人が倒れていく様子を今でも
はっきり覚えている。なんでこんなことになったんやろ」と声を詰まらせた。別の女性は「事件にかかわった人も年を取っ
て少なくなった。犯人は決まってる。もう忘れたい」と話した。

一方、十歳で母ヤス子さん=同(36)=を亡くした鉄工所経営北浦幸彦さん(55)=同市桔梗が丘四番町=は「犯人がどう
とかは、くよくよ考えずに生きてきた。今日まで頑張ってこられたのは、母が早く亡くなったことが影響しているが、犯人が
誰かの関心はあまりない」と淡々と語った。

ソース 伊勢新聞 http://www.isenp.co.jp/news/20061227/news01.htm

2 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:24:54 ID:kEk9bZDE0
http://www.youtube.com/watch?v=YlW-GGhvzHY

3 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:25:32 ID:HZf1KsDh0
早く吊るせ

4 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:25:34 ID:/g6ZB0huO


5 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:25:42 ID:65Q4fQwU0
3 また自己催眠患者か

6 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:26:17 ID:ppTV8e/p0
支援者の工エエェェ(´д`)ェェエエ工 ってのはワロタ

7 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:26:44 ID:dUQsZXnu0
ぶどう酒っていうと何かヨーロッパの昔話の世界のイメージだな。
真犯人はたぶん白雪姫の継母かなんか。

8 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:26:53 ID:QMBPnsIy0
80歳かよ。
今さら死刑にしてもな。。

9 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:27:18 ID:oxX+BvNC0
45年間も刑務所で生きてますけど

10 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:27:53 ID:LeFEGcqs0
長勢の速攻を希望します

11 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:28:35 ID:L81u/LPf0
村社会の冤罪じゃね?
JNNの特番でやってた

12 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:28:44 ID:Hy+fyD2v0
地元の人々が正しそうな予感。

13 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:28:45 ID:zhaVtbWWO
死刑執行前にお迎えくるんじゃ…

14 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:29:37 ID:/xITXKbq0
こんな事件起きてるから、財政破綻起こすんですよ夕張市。
まさに北海道の恥。

15 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:30:26 ID:e78y5Q8h0
>>7
その理屈なら犯人はチェーザレ・ボルジアだな。

16 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:30:28 ID:dUQsZXnu0
陪審制はじまったら村の連中に再審させたら?
果たしてヘンリーフォンだが現れるかどうか知らんが

17 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:30:56 ID:cUS5JLFMO
また大西か

18 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:31:54 ID:/0cIfzumO
他に犯人いるとしたらこいつら地元の誰かだろ?
そりゃ必死で犯人だと決めつけるわなw

19 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:32:01 ID:YOii/niSP
実は死んだ人の中に犯人がいて、自爆テロだったって可能性は無いの?
犯人は生きてる人間の中に絶対いるって前提で捜査してないよね?

20 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:32:10 ID:37shZJZh0
>>14
(´∀`)b

21 :ドレミ男(ムーキン戦隊デジラジャーぶろぐ常連):2006/12/27(水) 12:33:56 ID:IOfp7vVAO
村の力か……。

22 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:34:01 ID:0xxGxrKJ0
密告ムラ社会こそが日本の本性なんだよな。
古きよき文化とかいってる奴はアホ

23 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:34:20 ID:gMo9LrQX0
35歳から80歳までずっと拘置されてたんだろ。
今更もういいじゃん。そのまま黙って獄死したら?

24 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:34:34 ID:amELezYd0
>>11
うちも村なんだが、村八分になったら簡単に犯罪者にされるシステムだと思う。
ただ、普通に付き合いしてればメリットの方がはるかに大きい。

25 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:36:10 ID:ni+Qdv2+0
で、なんでこの人が犯人にされたの?

26 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:36:25 ID:Oq9Jkvoy0
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~nabari/mokuji.htm

むむむ。
白ワインに赤い農薬入れたら
バレバレだよなぁ。

27 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:36:47 ID:PFMJ5eVV0
これってたしか教科書にも載ってるよな?
あと狭山事件、甲山事件とか
教科書に載ってる事例なのにリアルタイムで
再審請求だのしてるのは不思議な気分

どっちに転んでも真相は闇の中な気もするが

28 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:37:12 ID:0xxGxrKJ0
>>25
村の人間と不倫関係にあり、嫌われ者だったから。

29 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:37:16 ID:aluku5jt0
キットカットの夕張メロン味
キョーレツだった。。

で、メロンて打つとATOKで
メロン記念日が候補に出るんだけど
いみないんじゃ?…

30 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:37:55 ID:IBI18GUn0
まぁ 懲役45年はほとんど死刑と一緒だしな。50年になったら出してやれば?もうなんにもできなだろ。

31 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:38:23 ID:ni+Qdv2+0
>>28
じゃあ、その旦那さん怪しいな

32 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:38:47 ID:EOg+BDVh0
昭和36年って・・・何それ。トロいなぁw
巻き込まれた人は全員刑に服してるようなもんだね。

33 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:39:44 ID:U7J1oFZc0
三重県人です。
上野・名張というところは忍者の里で、
かなり陰湿な腹の探り合いをするような人が多いです。

34 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:39:49 ID:kwCqDq/Y0
あーこいつ等多分真犯人知ってるな
これだから田舎ってヤツは

35 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:39:51 ID:FHb0erJA0
獄中で30年以上生き抜いているのは
自分が無罪だって知ってるからかもしれない。
ホントにやってたらすぐ死んじゃうだろ
そんな気もする

36 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:40:28 ID:ROxCDNfZO
不倫相手の女性に旦那いたの??

37 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:40:46 ID:QMBPnsIy0
どんな事件やとざっとググってみたんだけど
確かに「動機」だけは十分すぎるほどなんだよなぁ。
「誰が一番得したか」って点でも。
ただ、無実だったらマジ恐いわ。

38 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:40:57 ID:Dq9knk2aO
冤罪だから死刑執行できないんだろ。
村の連中も早く執行しろって、なんで騒がないんだ?
祟りとか恐れてそうだ

39 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:41:21 ID:oVSiJX150
自分たちが証言を変えたことで死刑判決になったんだから
今さら無罪放免されたら立場ない支那。誰も毒を入れる現場見た
わけじゃないし、当初の目撃証言どおりなら毒を入れるチャンスは
他の人にもあったんだろ?そいつが地元の権力者だったとか?

40 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:41:54 ID:dUQsZXnu0
>>27
甲山って無罪確定してたんだな。気になって調べちゃったよ。

41 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:42:09 ID:nSxodknR0
45年前の事件か… 半世紀も前の出来事。
事件ってか、歴史に成りつつあるな。

何が動機だったんだろうか…


42 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:42:53 ID:nUiB2jmFO
真犯人知ってるがムカつくから犯人にした

真犯人知ってるがこいつが犯人じゃないと困るので犯人にした



住人一同



43 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:43:13 ID:n8EAKAov0
>>1-43
犯人はこの中にいる!

44 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:43:18 ID:0xxGxrKJ0
伊勢新聞だけが有罪説を必死に主張してるんだよなw

三重っていまだに未開の部族が住んでるんだろうかw

45 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:43:48 ID:069E/skcP
>>14

プギャーッ!

46 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:44:29 ID:guksEFS40
で、真犯人は誰なの?

47 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:44:45 ID:vRbAEu2E0
まさか80歳で「生き長らえるため」でもなかろうに

48 :業界者:2006/12/27(水) 12:44:53 ID:KhTsyciu0
ほとんど「八つ墓村」。
典型的な日本の「村」だな。


49 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:45:01 ID:nW/FX4P/0
>>46

>>43

50 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:45:16 ID:KfBsE+YZ0
>>43
じゃあお前だろw

51 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:46:00 ID:uBb1NuiOO
無実かもしれない

殺してたら霊に殺されてる

それか、守護霊がめちゃくちゃ強い



52 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:46:04 ID:dUQsZXnu0
>>47
無罪確定の面状持ってけば閻魔様の怒りも静まるんじゃまいか?

53 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:46:20 ID:Oq9Jkvoy0
このまま第2の帝銀事件になるのかね?
法務大臣が誰も死刑執行の署名をしないまま
寿命を待つ、ってやつ。

54 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:47:07 ID:D4scU1Tq0
えー、たしか証拠の薬品入れた時の色が変わるとかなんとかで
証拠崩れたはずじゃないの。
いまさら再審許可したら立場くずれる人が多いから?
なんかおかしい、これ。

55 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:48:37 ID:dUQsZXnu0
伊賀者の癖に南蛮かぶれの酒なんか呑むからだよ。素直にニワトコ酒でも呑んでれば良かったのに

56 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:49:35 ID:AJTjX0eF0
>>19
いちばんしっくりくる
動機が十分なやつのせいになることがはっきりしてるから復讐かねてだろな

57 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:49:50 ID:ErfFEH5N0
だから早く執行すればよかったのに。
法務大臣は何やってるんだか・・・信条かなんかわからないが、
法令に書いてある期日を守ってくれないと。

58 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:50:24 ID:vUXoat6U0
当時の裁判記録が、沢山出ている事件で当時の関係者の遺族を実名で出す…
ちっと信じられない

59 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:50:25 ID:8pVMpfbn0
関係ないけど、こういう裁判の時に、
負けると「不当判決」とかもって出てくる人いるじゃん?
あれ何なの?意にそまぬからとて、
司法を貶める行動とるってのが理解できん。

普通に「敗訴」でいいやろ思うんだが。
勝った時は「正義が云々」言うくせに、
負けたら「不当」じゃ、エゴ丸出しできもい。

60 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:51:52 ID:qKVaKl1S0
遺族、被害者側からの記事って初めて読んだ気がする。
真実がどこにあるかはともかく、大手マスコミの「始めに無実ありき」の視点に立った報道は偏り過ぎじゃないか?
ま、マスゴミ内の死刑反対を主張するサヨク系の人達が事件を利用してるんだろうな。

61 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:51:56 ID:D31zFhZ30
農薬入れてみんな殺すってのは、
犯人は女くさいんだが。
俺の直感。

62 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:52:44 ID:hzZeso4X0
今回の決定は不当以外の何者でもない
第1審では無罪。さきの再審請求では、「無実である明らかな証拠」を
認められて再審決定がなされた。疑わしきは罰せずの原則を守れば
当然無罪判決がでてしかるべき

63 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:52:54 ID:LrfMSktp0
>>19
奥西妻か?

64 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:53:16 ID:0xxGxrKJ0
>>56
死んだ奴の中に犯人がいた可能性は高いって言われてるね。


65 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:54:39 ID:dUQsZXnu0
そういえばお隣の県では毒カレーってのがあったな。洋風の飲食は気を付けた方がよさそうだ

66 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:54:43 ID:0+MFQ5e/0
白ワインに赤い農薬をいれたら色が変わる、という主張は
当時と同じ成分のぶどう酒(正確に言うならワインではない…)がない以上、
いささか苦しいと思われる。

67 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:54:51 ID:QMBPnsIy0
じゃ、犯人は嫁か不倫相手じゃん。

68 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:56:37 ID:yDpLPy2d0
死刑囚自身やったのかどうか解らんようになってるんじゃないの

69 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:56:50 ID:BcJCq2JX0
こうやってグダグダ死刑囚のまま閉じ込めているのは、
要するに法務省のほうで、死刑にしたあと真犯人ではないと認定される可能性があると考えてるケース。
帝銀の平沢なんかと同じだな。
獄中で死ぬのを待ってるんだよ。

70 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:57:31 ID:0UXgEWcU0
冤罪の典型だという話を聞いたが内容は良く知らん

71 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:58:03 ID:/xITXKbq0
こういう事件こそ、「TVのチカラ」で特番組んで超能力捜査官に霊視さればいいのに。

ど〜せ、とっくに迷宮入りの事件なんだからさ。(w

72 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:58:35 ID:vUXoat6U0
>>66
口で開けたの、開けてないの王冠は、再現実験のためにレプリカ作ったとか。
費用200万円オーバーらしい。

73 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:58:55 ID:hzZeso4X0
>66 その主張は今回はしていないはず(過去に棄却された)
今回は、残っていた葡萄酒を再鑑定し、使用したと「自供」している毒物に
本来含まれているはずの不純物が無いことを新証拠に挙げた。
鑑定人は神戸大と京大(九大だったかも)の教授2名。
しかし,裁判官は「不純物が入っていないこともありえなくはないかもしれない」
というワケの分からない理由で,弁護側の主張を却下した。

専門家が言っていることを、文系のド素人がなぜ否定できるのか?
もはや笑うしかない



74 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:00:52 ID:toXqjZkQ0
もはや執念だな
冤罪のまま死んでったら死んでも死に切れないだろう

75 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:01:43 ID:aZP2nGZZO
>>62
高裁になるほど学閥の縛りがキツいって事かもね

>>66
検出成分の差もある
加水分解された結果だ(検察側)と
成分が違うじゃないか(弁護側)がある
化学分析なんて千差万別って話もあるが、検察側は化学分析をして無いはず。
弁護士が必死に探してやっとで化学分析にありつけた代物だからな。

76 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:02:11 ID:Np80jtLE0
出られたら復讐してほしいけど80じゃそんな気力も無いか・・

77 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:03:14 ID:BcJCq2JX0
現行犯逮捕されたようなケースは早ければ数年で執行される。
とにかく冤罪者を死刑執行してしまうことを法務省は恐れてる。

78 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:05:28 ID:DIYWzgJM0
>専門家が言っていることを、文系のド素人がなぜ否定できるのか?
検察官と判事には科学的思考法のイロハについての研修を義務付けるくらいしてほしいよほんと。

79 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:06:38 ID:Oq9Jkvoy0
>>73
被害者からAB型の犯人の遺留品が検出されたのに、
被告人はA型とB型のやつで、
裁判官は「A型とB型が混ざったと思われる」などというとんでも判決で
有罪にされた事件もあったよ。

この事件の担当検事の1人は、
今弁護士としてテレビに出ているわけだが。

80 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:09:48 ID:v6T7hvvN0
八つ墓村か杉沢村かって感じだな
村人が鍬と鎌もって襲って来そうw

81 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:10:24 ID:L5KdcTca0
>>79
狭山事件だな。

82 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:12:39 ID:kUH0DwPHO
こらえてつかあさい

83 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:13:34 ID:Oq9Jkvoy0
>>81
いや、草加事件。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E5%8A%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6
調べたら、被害者がA型で容疑者がO型とB型だったのか。

民事訴訟では、被告人の無罪を認められたので、
事実上の冤罪事件と認められているとか。

84 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:15:07 ID:HzapK9yO0
こいつらTVで見たら
スゲー感じ悪かったYo

85 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:15:40 ID:gLU0ueK20
実は日華事変の発端は僕のオナラです

86 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:15:54 ID:lFEx81+K0
有罪でも無罪でも、80歳なんだから釈放してあげればいいのに。

87 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:17:47 ID:X2jpit7I0
奥西勝は,報道陣の前で自白をしてる。
支援者連中は,この自白も警察の書いた文章を読んだだけと言って
ゴネテルのである。


88 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:18:51 ID:/xITXKbq0
刑事訴訟法は、複雑怪奇だな。

89 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:19:45 ID:w9f22e2M0
再審開始までの経過がすごいね。

1964年 一審(津地方裁判所) →無罪
1969年 二審(名古屋高裁)   →死刑
1972年 最高裁          →上告棄却(死刑確定)
1974年 第1次再審請求     →棄却
1975年 第2次再審請求     →棄却
1976年 第3次再審請求     →棄却
1977年 第4次再審請求     →棄却
1988年 第5次再審請求     →棄却
1993年 異議申立        →棄却
1997年 特別抗告        →棄却
      第6次再審請求    →棄却
1999年 異議申立        →棄却
2002年 特別抗告        →棄却
      第7次再審請求     →再審開始決定

90 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:20:30 ID:GuHhNs9xO
死刑死刑と言われながら長いな

91 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:21:25 ID:aZP2nGZZO
>>87
村人の前じゃなかった?
報道陣なのか?

92 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:23:21 ID:kh03tKqf0
再審認めること自体
裁判所の判決が間違ってたと認めるに等しいんだから
何かにつけて再審を認めたがらないのは当然っちゃ当然

官僚は間違いを認めたがらないからな

93 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:25:55 ID:4CUAODr/0
裁判官がこれじゃ
裁判員制度とか導入されたら、冤罪続出だろうな



94 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:26:53 ID:EMsZEJ470
53人しかいない村で、ドロドロの三角関係なんて息が詰まる。

95 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:29:07 ID:R56yZhnuO
大体死刑判決でてなんで何十年も執行されないんだ?判決出てから何日以内に執行とかなってなかった?

96 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:30:01 ID:mUjuhusZ0
田舎だから集団隠蔽なんて容易にできる。
雛見沢

97 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:32:39 ID:sE6qkDOI0
>>90
たぶん、執行はされないっしょ
帝銀事件の平沢某みたいに

98 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:33:14 ID:xPYBUB4l0
>ぶどう酒を口にしながら一命を取り留めた植田民子さん(75)
ドラマだとこいつが犯人

99 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:33:52 ID:aTSxodfi0
>>79
A,B二種類の血液型と、時間の経過で、AB型と判別が困難になることは普通にある筈だが・・・。

あと、今回、事件に使われたワインや農薬の品質はそれ程高かったんだろうか?
開封、放置されていて、不純物が混ざり合ってもおかしくない。
とくに、一季で農薬は使い切らない場合がかなりある。

100 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:35:12 ID:lUMyi+9H0
>>97
じゃ冤罪の可能性がかもと当局は思っているわけだ。

101 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:37:31 ID:Q0qWQ+2P0
再審の申し立てが繰り返されると、事実上執行はできなくなる。
帝銀事件もこれが理由で執行がされなかった。
「支援者」なる人たちのやり方の問題。
法律上は確定から6ヶ月以内に執行なのだが。

102 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:38:09 ID:yBg3ckQK0
>>95
法務大臣が執行命令出さなければいつまでものばせる。

103 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:39:02 ID:fayauoUz0
真犯人探した方がはやくね?
容疑者は3人しか居なかったんだから。

104 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:44:43 ID:kQurdXbg0
>>54
それはありえる
村中で一番やっかいものを差し出したような感じじゃないか?

105 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:46:41 ID:U0nGw+ME0
事実上の終身刑というわけだな。
帝銀事件の犯人も獄死だったし。
さっさと終身刑を導入するか、懲役の上限を撤廃するべきだろうな、
死刑を執行したくないんだったら。

106 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:46:48 ID:TSF/QAM60
>>103
警察・検察・裁判所にとって最悪の事態が
「真犯人の発見」

自分達の間違いを認めることになるから。

107 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:50:56 ID:oYM0k0yU0
最初の死刑確定の段階で執行していれば尾を引かなかったのにな。
まあ、この件についてはこの死刑囚が犯人かは極めてアヤシイけど。

108 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:52:44 ID:XyEXPI2z0
客観的に見て、この事件が冤罪である可能性は極端に低いね。

さっさと死刑にすべきであった。今からでも遅くはない。

109 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:55:13 ID:GvXVDF2U0
>>101
一昨日、死刑執行された4人の中には、再審請求中の人がいましたが?
再審請求でも事実関係に争いがなく、単に引き延ばしのために
繰り返していると判断されたケースかと。

帝銀事件は冤罪の可能性が高かったからで、そんな状況で執行して、
あとで冤罪だと分かったりしたら大変だから執行できなかった。



110 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:55:41 ID:Oq9Jkvoy0
>>99
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E5%8A%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6
被害者が死亡時に着用していたスカート後ろ側の裏部分6か所に付着していた
(犯人のものと推定される)体液の血液型がAB型である一方、少年らの血液型はいずれも
O型またはB型であり一致しない。しかしながら「被害者の血液型(A型)と加害少年の
血液型(B型)が合わさってAB型の血液型になった」との科学的根拠が全く無い
オカルト的主張を検察側が展開した


…この場合でも、あり得るのか?

111 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:56:43 ID:FUMBwdPW0
巌窟王は何年檻の中だったっけ?

112 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:57:47 ID:W4noV11G0
早く死刑にすればいいのに

113 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:58:18 ID:aZP2nGZZO
>>99

農薬に有った不純物(ニッカリンTに使われた着色料)がぶどう酒で消えている。
検察側の主張「加水分解された」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/32863/
実際に加水分解されるかは知らない。
次までに加水分解反応のデータを弁護側は揃えるんかな?


114 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:58:40 ID:amS54SeZ0
韓国ですら取り調べ中のビデオ録画をしてるというのに
日本の法曹界ときたら未だに音声のみ。

検察はキチガイ主張が多いし。
やってらんね。

115 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:59:14 ID:LrfMSktp0
>>91
報道陣の前。襲われた元御嵩町長(当時記者)もこいつで間違いないと思ったとか。

116 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:59:38 ID:IAWRiWrS0
これは外野がとやかくいう問題じゃないな。
閉じた空間の中で、関係者が物理的に最大限100人しか
いないのなら、ミステリー小説じゃあるまいし、
疑わしい人間はしぼれるだろ。
その地元の人間が総じて犯人だと指摘するなら
それはなんらかの根拠があるんだよ。
下手に人権屋が口をだすことじゃない。

117 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:00:45 ID:/cuVDu8uO
だけど自分を、この死刑囚に置き換えたら、やってないのに死刑にされたら死んでも死にきれないな。

やっぱ、いざとなったら人権派弁護士は必要だ、それともオマエラは黙って死んでくか?。

118 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:03:31 ID:BWsX3MEk0
もし冤罪だとしても日ごろの行いが悪かったんだろ。

自業自得で死刑。

119 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:04:33 ID:sQm5nmGs0
>>116
ヒント:みな兄弟

120 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:05:22 ID:fayauoUz0
>>116
犯人はわかってるよ。
でも今更出てきてもらっても困る。
あいつが罪をかぶってくれれば一番良い。
@村人一同

121 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:05:35 ID:aZP2nGZZO
>>115
サンクス
報道陣の前なのかよ…
短気な人間だったのだな

122 :反核平和 ◆wxZGOZtBPM :2006/12/27(水) 14:06:42 ID:o3LZUZ5g0
地域犯罪は地域で生贄出した後はその責任して地域全体でかばうからねえ。
某マット殺人事件とか。

123 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:07:17 ID:jbIwGc+a0
大臣が判子押しにくくなるのは確かだな。
年も年だし。

124 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:07:29 ID:4CUAODr/0
>99は典型的な文系脳

125 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:08:16 ID:NLWxRSEP0
検察の言う通りに証言の口裏合わせてるからな
もし無罪ならこいつら加害者だもん
母親を襲撃して土下座さしたり、残された一家を村八にして追い出したりしてる
それに被告の一生はもう戻らないんだ
どっちにしてもあの世で裁きを受けろよ

126 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:09:47 ID:XyEXPI2z0
>>110
A型とB型がまざっているとAB型と間違って鑑定される
可能性があるという主張なんだろうから、血液型鑑定の
やり方次第なのでは?
その先は知らん。

127 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:11:01 ID:RxOh5/W80
>>116
だから怪しいんだろ

128 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:11:24 ID:EoTYeSbF0
毒で人が複数死んだといえば、和歌山のカレー事件だな。
名張のこの事件が再審となれば、カレー事件はどうなるのだろう?

129 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:11:47 ID:NDeqKBXt0
とにかく決定的証拠がなけりゃ無罪放免、あれば死刑でいいじゃないの?
何を揉めてるのかさっぱりわからん。自白は証拠じゃないし

130 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:12:22 ID:/tndW2YF0
奥西氏、妻、愛人この中にいるんじゃないの。女だけを狙うなんて他の村人には動機がないらしいじゃん。
三角関係のもつれで起こった事件でしょう。

131 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:13:23 ID:iMF7hqzx0
>>130
もてない男の嫉妬という可能性も・・・

132 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:14:36 ID:CxIjjuwf0
これ三角関係で殺したっていうんだろ
なんかなー。他人の嫉妬ってこともあるからね

133 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:14:43 ID:XyEXPI2z0
>>129
なにをもって決定的証拠というかどうか、曖昧。
すべてはグレーだよ。
本人自白にも、それなりに証拠能力はある。


あとは人間の判断。

134 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:14:42 ID:eyVHjjbb0
ニッカリンTが赤いといっても、
青酸カリ以上の殺傷力の毒物の致死量程度の量で
一升瓶のぶどう酒が真っ赤になるほど
なんでも赤くしてしまうようなものなのか?

白ぶどう酒といっても、真っ白でもなければ無色でもない。
一般的に金色というか、黄色みがかった色だろ。
黄色という色は赤+緑。
多少赤みが増しても気づかないと思われ。

飲むときに使った容器の色や照明(おそらく電球)で
もうほとんど判別つかないだろう。

135 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:15:25 ID:6BGQQPmB0
ワインじゃなくてぶどう酒ってのが時代を感じさせるな

136 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:15:28 ID:8sAXiPrbO
アリプロの「薔薇獄乙女」や「亡国覚醒(ry)」
聞きながら、事件資料読むと、臨場感が出てくるな。

137 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:16:34 ID:wSMwFqiYO
まるで横溝正史の小説に出てくるような村だ。
村の人たちのインタビューを前にテレビで見たけど、
どうしたらそんなに感じ悪くなれるんだってくらい感じ悪かったし、
下品だった。


138 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:18:43 ID:8sAXiPrbO
村人やビックルがたくさんきてるな。

139 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:19:53 ID:vIAYbW/xO
ランダエタ

140 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:21:07 ID:dYSFzgw9O
いつ死ぬか分からん80のじいさんが未だ無実訴えるとこ見ると
冤罪か?と思えなくもないような

141 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:22:24 ID:eyVHjjbb0
結局、動機と手段と機会を持った人間が他にいるかどうかだろ。
そこに毒物による被害者が多数転がっていた以上、どこかに加害者がいるわけだし。
で、このケースは他にその3つを兼ね備えた人間がいたのかどうか。

142 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:22:29 ID:eRuHG9al0
>>140
周囲にはびこる人権屋に盛り上げられちゃって
いまさらやっぱやってましたとかいえない雰囲気ってのもあるかも。

143 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:23:32 ID:tr6ACg9E0
司法の後退。これは法学関係者がわかってること。

144 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:23:57 ID:s+FmVndR0
死刑執行停止になるには痴呆とか統合失調症になるしかないわけでしょうか。
専門家の方レスお願いします。

145 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:24:00 ID:kQurdXbg0
事件の概要を読んでみたが一番事件を起こす理由がありそうなのが犯人の奥さんだな

146 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:24:17 ID:7drn4kCF0
映画化希望

147 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:26:07 ID:dUQsZXnu0
名張出身の忍者ってロクなのがいない印象

148 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:26:08 ID:rsokBH8M0
動機〜ナントカ症候群による疑心暗鬼
手段〜ナントカ症候群治療の過程で発見された謎の毒物
機会〜国家的秘密組織による工作

149 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:26:43 ID:guhIoyL5P
FBIの超能力捜査キボンw

150 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:27:09 ID:dBP+am+8O
現実的に考えてもう死刑執行は無いよな。
これは確信出来る。
平沢と同様飼い殺しだ。

151 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:27:15 ID:f1Kc/ww/0
毒を入れるチャンスがあったのがこの死刑囚しか居ないなら間違いなくこいつが犯人じゃん。
なんで45年も長引いてんだよ。さっさと吊るせ。あ、俺が何かの罪で死刑判決でたら
同じように再審請求で老衰まで生きてやるぜw

152 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:27:35 ID:h4gTvG8k0
だいたい無罪と証明できる新しい証拠なんてでるわけないし。
一体何年たってると思うんだ(-人-)

153 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:29:13 ID:I1uozVFeO
犯人でなければ自白なんてするわけねえし、犯人はこいつで間違いないだろ
殺人鬼は早く死刑にしろや

154 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:30:08 ID:SU/ClBB80
>>30
この人は死刑囚だから
ただ45年間拘置されてるだけで
懲役にはついてない

155 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:31:35 ID:zgEEmFGqO
自白は信用できない。なぜなら昔の刑事は

156 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:32:27 ID:kQurdXbg0
まあ村人も真犯人は奥西妻だと察しているんだろうな
しかし本人は死んでしまった
だったら怒りの矛先として奥西本人を犯人と言い張ったかもな


157 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:32:37 ID:DWb/j2xq0
足立区かなんかの事件で再審で無罪?になったやつが、釈放後また凶悪事件をおかしてから、こいうのは信じられなくなった。
またあいつの顔が、凄い犯人顔で、よくあんなのを弁護しようと思ったなって顔だった。

158 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:34:45 ID:I1uozVFeO
こいつは自白しただけでなく犯行の手口や入れた毒物とか詳しく供述してる

159 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:34:57 ID:FUMBwdPW0
>>154
45年も拘置って気が狂いそうだな

160 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:36:21 ID:+RrbaaBj0
どっちが正しいかしらんが
毎日新聞が社説まで使って感情的に無罪を訴えてるのがキモイ

161 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:37:47 ID:hmYshvCQ0
>>151
1審判決が指摘してるが、奥西にしか犯行機会がないように、
検察官が関係者の調書を作文した可能性が高い。

奥西にしか犯行機会がないというためには、午後5時10分ころにぶどう酒が公民館に
運ばれたとするしかない。それより早い時間だと、奥西以外にも機会ができてしまう。
ところが、奥西に犯人を絞り込む以前にとっていた多数の村人の供述調書では、
もっと早い時間に公民館にぶどう酒が届けられていることを裏付けるものが多数あった。
で、奥西に犯人を絞り込んだ直後に、検察官が片っ端から村人を再度取り調べて調書を作り直し、
5時10分にぶどう酒が公民館に届け出られたように調書の内容を変更した。
つまり、検察官は奥西にしか犯行機会がないように、調書を作り直してる。


162 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:38:25 ID:0xxGxrKJ0
男は普通毒殺なんて手段使わないよな。

歴史上の毒殺事件見てもほぼ女だし。

163 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:38:51 ID:kQurdXbg0
>>161
こわい話だな・・・

164 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:39:30 ID:M+OPse4y0
>>31
不倫相手(事件により死亡)は夫と死別しているから、それはない。

>>53
下手するとそうなる。

>>73
>専門家が言っていることを、文系のド素人がなぜ否定できるのか?
>もはや笑うしかない

まったく同意。

>>75
TEPP製剤におけるいわゆる不純物に該るトリエチルピロホスフェートの加水分解速度は
TEPPと比較して十分遅いと立証されているはず。
検察側は実験もせずに適当なことを言うべきではない。

165 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:43:08 ID:oMkLJ/u5O
推定無罪っちゅう原則はこの国にはないのかなぁ?

166 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:43:42 ID:0649u03E0
名張毒ぶどう酒の弁護団のひとりが、ネットの掲示板で農薬について聞きまわってた。
http://nouyaku.net/kakolog/hurui.htm

これ間違いなく検察にも筒抜けだったな。

27 名前:投稿日:2003/05/30(金) 02:58
その後,ご報告が遅れてしまっておりました。
この掲示板で教えていただいた情報を参考にして関係各機関へ問合せや
協力のお願いをしまくっていたところ,昨年,ようやく未開封の三共テップ
数本を入手することができました。
ただ残念ながら,LC-MSで分析してみたところ主成分のTEPPはほとんど分解
消失してしまっていました。
この間,事件の方は,第6次再審請求の特別抗告が最高裁で棄却され,現在は,
第7次の再審請求を申し立てているところです。弁護団は,農薬以外にも,
様々な分野の学者・専門家のご協力を仰ぎながら,無罪立証の証拠を準備して
きており,総力戦に入ってきているところです。農薬についても,専門家の先生
のご協力によって,無罪立証実現の可能性があり,更に追究しているところです。

たてきさんをはじめ貴重な情報をお寄せ下さったみなさん,本当にありがとう
ございました。これを機に,少しでもこの事件にご関心を持っていただけたなら,
今後もどうか事件の推移をお見守りください。
何としてでも再審開始決定〜無罪判決を勝ち取りたいと思います。


167 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:45:20 ID:PeAX3QG30
ヤリマンにヤリチンの開放的な集落(無理に良い表現をすると)だったらしいじゃん
わずか十八世帯の葛尾集落に三角関係が7組もいたらしいぞ

168 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:45:20 ID:FRb4PSxP0
犯人は不倫相手じゃないかな

169 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:46:38 ID:0649u03E0
>>167
津山30人殺しのところと同じく夜這いやってたん?

170 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:46:39 ID:1ZR2D9HS0
真犯人はさめ

171 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:46:57 ID:PjUwoYtE0
きょうび毒入りぶどう酒って

それなんて本当は残酷なグリム童話?

172 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:47:29 ID:J31QG0uO0
>>162
毒の歴史って本嫁

173 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:50:06 ID:dZ7HZA4ZO
だけど、今回の裁判とか見るとどうしても河野義行さんが頭に思い浮かぶ。
河野さんのケースも自宅に農薬があり、マスコミもインタビューこそないけど、
あたかも河野さんが犯人であるかのような報道を繰り広げたからね。
オウムの犯罪が明らかになったから良かったけど、
もし、そうでなかったら河野さんも死刑になっていたかもしれん。動機なんてのは、どんなつまらんことでも、枕詞に「突発的に」とか「衝動的に」をつければ、
立派な犯罪の動機の完成だからな。「生活費のことで口論の末、衝動的に殺害を思い至り」とかね。

174 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:50:16 ID:8yxa7IOl0
逮捕された直後、不倫してたので、嫁が邪魔になって殺したと
自白したし、嫁に犯行をなすりつけるような出鱈目な供述してたと昨日の
判決要旨に書いてあったな。はっきりとした証拠もあるし。
これで犯人じゃないなんてとても思えない。

175 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:50:40 ID:Mbv1Vgcy0
>>73
>「不純物が入っていないこともありえなくはないかもしれない」
それを再審で争うんだろ
アホ裁判官

不純物が入っているという合理的な疑いの余地がないのが明確なら
棄却しろ


176 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:52:52 ID:8yxa7IOl0
>>173
河野氏には、サリン撒く動機なんて何もなかったよ。
一方この事件は「不倫」というはっきりした動機がある。
>生活費のことで口論の末、衝動的に殺害を思い至り
そんなの、調べたらすぐ分かる。
つーか、河野氏はサリンすら持ってなかった。

177 :名無し募集中。。。:2006/12/27(水) 14:52:53 ID:jfzrb7u10
>>115
でも今では疑問というか
疑わしきは罰せずって考えなんだろ

178 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:52:55 ID:SU/ClBB80
逆に考えるんだ
もし無罪になったとして、こんなせまい村で当たり前の生活が送れたはずがない
むしろ釈放されてたらそれこそ村で「不慮の事故」かなんかで死んでたかもしれない
死刑囚として拘置されていたからこそ80歳まで長生きできたんだよ!

179 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:55:31 ID:Mbv1Vgcy0
犯人は当時子供だった人物だ
とっとと調べろ



180 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:57:24 ID:jfzrb7u10
>>164
というか検察も適当だが
その適当を鵜呑みにする裁判官って何なんだろうな

理系の裁判官というか専門員も新設すれば
こんなお惚けなこと恥ずかしくて言えないはずだ

181 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:58:12 ID:kfAiWHUn0
>>176
しかし、なぜ他も巻き込んだかは「衝動的」としか説明しようがない。

和歌山砒素カレーと共通する心性としては「噂」にたいする怨恨ではないか。
狭い村の人間関係、コミュニティで村八分を恐れる感情?

死んだ妻が女全員道連れにアタックかけた ⇒ 村民、根本原因つくった勝に責任とらそう

が、私見だがありそうな可能性。

182 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:00:27 ID:h4gTvG8k0
再審を認める「無罪を言い渡すべき明らかな証拠を新たに発見」なんて
天地がひっくり返っても無理です。刑が確定したら諦めるしかないずらね。

183 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:03:21 ID:kfAiWHUn0
>>182
再審じゃないけど友人が自力で真犯人つきとめて公訴中に棄却という検察にとっては恥ずかしい事件
があったねえw

184 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:03:34 ID:M+OPse4y0
第一審の津地裁判決(無罪)
↓pdf版
http://www5a.biglobe.ne.jp/~nabari/img/nabari-muzai-hanketu.pdf
↓HTML版
http://www5a.biglobe.ne.jp/~nabari/nabari-muzai-hanketu-zenbun.htm

これは見ることができるが、第二審の名古屋高裁判決(死刑)はサイトにも
アップされておらず、対比ができない。
検索しても、通常の判例検索では見つからない。
どなたか所在を知っている人はいないだろうか?

185 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:04:00 ID:UpNJRuoKO
逮捕されてからの自白じゃなくて、任意で聴取された時の自白だからねぇ…。
任意の聴取で自白強要はありえないと。

186 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:05:49 ID:1ivcG7NJ0
>>185
警察を甘く見すぎ

187 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:06:25 ID:jfzrb7u10
>>182
つ 白鳥決定

188 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:08:27 ID:YHqOEI0mO
代用監獄の廃止
取調べ風景のビデオ撮影義務づけ
これをやったうえで自白の信用性とかいうならわかるけどさ
24時間警察の監視下で何週も警察の好き勝手にできるんだぜ
気が滅入って嘘の自白するやつだってでてくるだろ
眠らせない、とかばれにくい「拷問」だってし放題なわけよ、24時間警察の監視下にいて
その間被疑者がどんな扱い受けてるかの客観的証拠が何も残らない
いわんや数十年前をや

189 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:09:04 ID:zMuk+vrP0
もう真犯人見つけ出すしかないね。

190 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:09:12 ID:S+wd5qH40
>>183
あった、あった。
あの友達すごいな。放置されてた車とか見つけたんだよな。

191 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:10:16 ID:UpNJRuoKO
>>186
任意の聴取は優しいよ。
その代わり逮捕されてからの聴取は鬼。高校の時原付盗んだ時そうだったから…
でも事件の大きさで変わってくるのかなぁ。

192 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:10:49 ID:eyVHjjbb0
>>162
オウム

193 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:11:23 ID:S+wd5qH40
>>191
時代を考えないのかね

194 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:11:28 ID:Go2kgWBqO
どうみてもクソ村による冤罪です。

195 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:12:28 ID:4CUAODr/0
2chニートなら3日オナニー禁止で警察のいいなりだろうな

196 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:13:25 ID:8yxa7IOl0
>>188
それやったら、本当に犯人で、コイツしかいねーだろという
事件すら、解決できなくなる。それでいいの?
>>162
ロシア・KGB

197 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:13:26 ID:+K60dI7A0
>>185
いったん任意同行されてみ

198 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:13:37 ID:PDXHBfBE0
で、この人やってるの?

199 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:14:19 ID:bsQrGSAdO
警察ってそういう組織でしょ

200 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:14:20 ID:82BbePSO0
>>191
おまいの時代と、この人の時代は違うから。昔のサツなんて鬼そのものだべ。

201 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:14:57 ID:hMB2CGHE0
他に犯人が考えられないから真犯人って・・・・
ここは、法治国家ですよ。

202 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:15:50 ID:zMuk+vrP0
みんな詳しいな。やっぱりカツ丼でるの?

203 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:16:21 ID:7N4e8+J7O
自白?
誘導だろう…拷問付きで

204 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:17:01 ID:Mbv1Vgcy0
>>196
状況証拠の積み重ねでも有罪にすることは可能だし
むしろ、自白の証拠能力に疑義を持たれないためにも必要じゃないか

205 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:17:13 ID:hMB2CGHE0
>>202
カツ丼は容疑者の自腹、らしい。

206 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:17:16 ID:WJ88AZwa0
名張ぶどう酒殺人事件(概要)

 昭和36年3月28日夜、三重県名張市内のある集落の公民館で、「三奈の会」という
懇親会が行われた。その会合で出されたぶどう酒の中に有機リン系の農薬が混入されて
いた。そして、それを飲んだ女性5人が死亡、12人が重傷を負ったという事件である。
 この事件は、O(被告人)という男性が4月2日(この時点では被告人は身柄を拘束され
ていない〔逮捕は翌3日〕)に犯行を自白した。その自白によると、動機は、妻及び愛人
(いずれも本件で死亡)との三角関係を清算するために行ったとされる。(被告人は、
当時妻と愛人との三角関係にあり、そのことで妻と喧嘩をしていた。また、この関係は
集落内の噂になっていた。)
 被告人は捜査の最終段階で、真犯人は妻であるとして犯行を否認し、公判廷でも否認
を維持した。

一審(津地判昭和39年12月23日判時401号6頁)は、「無罪」。
控訴審(名古屋高判昭和44年9月10日判時576号22頁)は、原判決を破棄し「死刑」。
上告審(最高裁決定昭和47年6月15日判時669号101頁)は、上告棄却。「死刑」確定。

207 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:17:17 ID:S+wd5qH40
>>202
利益誘導と言われるから今は出ない。というか 出したらいけない。

208 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:18:14 ID:Gi5IODPx0
>>195
夢精するだけだろ。

209 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:18:24 ID:ejtExl8o0
昔の血液型の同定って抗原抗体の凝集反応だけでやってたんじゃないの?
だとしたら簡単な検査だとA型とB型が混じったらABと区別できない可能性はある

210 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:18:26 ID:zMuk+vrP0
>>205
そうなのか。じゃみんな自腹でカツ丼頼んだのか?

211 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:18:29 ID:CnoPHZyqO
税金の無駄遣いは止めましょう。早く執行してください。

212 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:18:35 ID:jfzrb7u10
自白偏重から法律が改正されてからの数年間で
起訴後に真犯人が発見された事件数十件
61年とはいえド田舎で自白至上主義がなかったのかどうか

213 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:19:00 ID:arOcYFqA0
結局、この村民たちに被疑者はハメられた、ってことだよな

214 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:19:31 ID:NLWxRSEP0
母親が死に子供の面倒を見なければ、特にその時は入学準備があった
そこに付け込み「自白したら家に帰してやるよ」←警察の甘言
「それならあとでどうせ否定するから一旦認めるか」←これが命取り、その後数十年否定を続けても覆らない
検察の調書に沿い犯人に仕立てる証言も作られる←村人が協力

怖いな〜
みんなももしも冤罪危機の時は絶対自白スンナよ

215 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:19:35 ID:8yxa7IOl0
>>204
状況証拠だけじゃあ何ともならない事件もあるじゃん。

216 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:19:38 ID:trbvxnyyO
自白しないと、殴られたり 電球の光を顔に当てて寝られないようにしたりとかあるの?

217 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:19:58 ID:WJ88AZwa0
一審(無罪)と控訴審(死刑)の判断

@被告人以外に毒物を混入できたかどうか
一審(津地判昭和39年12月23日判時401号6頁)は、ぶどう酒がA方に届けられたの
は午後4時前であり、被告人がA方に来るまでの間にも何者かが毒物をぶどう酒に入れた
可能性も否定できない。
控訴審(名古屋高判昭和44年9月10日判時576号22頁)は、ぶどう酒がA方に届けら
れたのは午後5時10分ころである。これを被告人が公民館に運んだ後公民館には多数の
人が来たのであるから、毒物を混入できる機会は、公民館にぶどう酒を運び込んで10分
ほど一人でいた被告人以外には考えられない。また、耳付冠頭・封緘紙・四つ足替栓が揃
って囲炉裏の間及びその周辺で見つかっていると言うことは、被告人の自白を待つまでも
なく、囲炉裏の間で毒物が混入されたことを示すものである。
A動機について
一審は、被告人と妻および愛人との関係は、殺害を決意するほど追い詰められたものでは
なく、本件犯行を敢行するに足りる動機があったとは考えられない。
控訴審は、被告人と妻および愛人との関係は、殺害を決意するほどに追い詰められたもので
あり、本件犯行を敢行するに足りる動機があった。
B自白について
一審は、被告人の自白は主要部分で信用性に乏しく、客観的証拠による裏付けがなく、ま
た、矛盾がある。
控訴審は、被告人の自白には信用性に疑いを差し入れる余地はない。
C4本足替栓について
一審は、被告人はぶどう酒の栓を歯で開けて農薬を入れたと自白している。そこで、発見
された栓について鑑定がなされているが、鑑定の結果を見ても、被告人の歯痕によるもの
とは断定できない。
控訴審は、ぶどう酒の栓の歯痕については、被告人の歯痕であるとの鑑定結果が十分に信用
でき、これに反する鑑定は採用できない。
なお、第5次再審請求で、歯痕鑑定については大幅に証明力が減殺され「被告人の歯牙に
よって印象されても矛盾はない」という程度の証明力しかないことが認められたが、これ
を除く証拠を総合的に判断すると有罪判決に合理的な疑いを生じる余地はないとされた。

218 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:20:09 ID:V5kJNPryO
死刑執行はいつですか

219 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:20:25 ID:S+wd5qH40
>>205見て思い出した。
昔タケシが軍団つれてフライデーを襲撃した時、
軍団が警察で刑事に「何か食うか?」と聞かれて「こういう時はカツ丼だよなー」
で、みんなカツ丼を頼んだ。当然、刑事は各人に代金を請求。
が、軍団は「なんでだよ、太陽に吠えろの山さんはおごってくれてたじゃねーか」と拒否。
刑事が困ってタケシに「タケちゃん、あいつら何とかしてくれよー」と泣きついた。

220 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:21:36 ID:OuEJnxRc0
探偵ごっこするスレか

221 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:22:40 ID:M+OPse4y0
>>180
一旦は名古屋高裁刑事第1部で再審開始決定をしたのに、
今回は同刑事2部で検察の異議申し立てを認め、再審開始取り消しだからなあ。

第一審の津地裁判決を読んでいるとわかるのだが、被告人に唯一の犯行機会が
あったとすべく、検察主導で関係者の供述ががらりと変わる。
だいたい、日常生活において定時に行うこと以外、つまり、本件のように
懇親会の準備で何かを取りに行ったとかいう場合に、いちいち分単位で時刻など
正確に覚えているわけがない。
ましてや腕時計など所持していないほとんどの住民においておや。

222 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:22:42 ID:buksJUGI0
>>185
犬の散歩中に溺死体を発見した友人はあやうく犯人に仕立て上げられるところだった。
出勤前に40代の男性が早朝から犬の散歩は不自然なんだそうだ。
普通は家族にさせるだろうとか・・・。

223 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:24:36 ID:trbvxnyyO
>>211
そこで恩赦で減刑&刑期一杯まで拘置所だったから釈放ですよ!

224 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:24:46 ID:jfzrb7u10
>>221
俺なんて昨日何食ったかも覚えてないのに

225 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:24:49 ID:WJ88AZwa0
検察側の異議を認め再審開始を取り消した決定の要旨(名古屋高決平成18年12月26日)

【判断の理由】
 元被告以外にはぶどう酒に農薬を混入する機会がなく、その実行は不可能。
 元被告は、犯行を行うことが実際に可能だった。
 以上の事実が認められ、そのほかにも、元被告には、妻と愛人を殺害する動機となりう
る状況が存したことが認められ、さらに犯行を自白する前には、明らかに虚偽にわたる供
述を行い、亡くなった自分の妻を犯人に仕立て上げようとしていることが認められる。
 これらの状況事実を総合すると、元被告が犯行を行ったことは明らかで、状況証拠によ
って、元被告が犯人であると認定できるとした確定判決の判断は正当である。

 使用毒物は、有機燐テップ製剤であることが判明しており、同じ有機燐テップ製剤であ
るニッカリンTが使用された可能性は十分に存する。
 証拠物の状況からは、公民館での開栓が間違いなく最初の開栓であったことが認めら
れ、偽装的な開栓があったとは認められない。
 自白は事件直後の任意取り調べの過程において行われたもので、自白を始めた当初から、
詳細でかつ具体性に富むものであった。元被告が勝手に創作したような内容とは到底思わ
れない。
 そしてその内容は、事件現場から発見された証拠物や客観的事実に裏打ちされているも
ので、信用性が高いということができる。この判断は、新証拠を併せて検討しても変わら
ない。
【結論】
 新旧証拠を検討しても、確定判決の事実認定に合理的な疑いがあるとはいえない。新証
拠に証拠の明白性を認めた原決定の判断は誤っている。無罪を言い渡すべきことが明らか
な新証拠があるとして再審を開始し、刑の執行を停止した原決定は失当である。また、そ
の他の提出証拠を検討しても、再審を開始する事由は認められない。
 異議申し立ては理由がある。原決定を取り消し、再審請求を棄却する。
(福井新聞 12月26日午前11時41分より要約)
http://www.fukuishimbun.co.jp/nationaltopics.php?genre=detail&newsitemid=2006122601000171&pack=CN

226 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:25:40 ID:VHl5oOXTO
やたら「疑わしきは罰せず」を強調する弁護側。



疑わしいんだ、結局。

227 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:26:02 ID:dRYvwmCHO
昭和58〜59年の間に3件も再審無罪が出てるって、よく考えれば寒気がするな

228 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:26:10 ID:GvXVDF2U0
>>210
ドラマに出てくるような、取調室でカツ丼というのはない。
食器(丼)や、熱いカツ丼の中身を捜査員に投げつけられたりして
凶器になりかねない。

自腹なのも、もし捜査員のポケットマネーで食費を出すと、
「罪を認めたら、カツ丼食わせてやるぞ」と利益誘導したと
誤解されないから。



229 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:27:35 ID:YHqOEI0mO
>>196
取調べは一日八時間まで
その間はビデオ撮影
取調べが終わったら留置所でなく拘置所に帰ってもらう
それだけでいいんだよ。逆に言えばそれをしなかったら一日20時間取調べとかし放題。証拠なにも残らないし

230 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:27:47 ID:oBvH6iMO0
>>227
無罪=冤罪ではない

疑わしきは罰せず

231 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:28:58 ID:zMuk+vrP0
この場合疑わしきは再審せずだろ。

232 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:29:17 ID:8yxa7IOl0
>>224
DSトレーニングやれ。

233 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:30:00 ID:wzdWS9tY0
「白ワインに赤い農薬入れたら分かる」ってそんなん致死量次第じゃんw

234 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:30:39 ID:aTSxodfi0
>>229
一応、留置場にも被留置人出入簿があるけれど・・・。

235 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:31:55 ID:DWb/j2xq0
粉末の色と溶液の色が違うこともあるよな、確か。

236 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:32:42 ID:YV7dP+5d0
再審請求が一度でも通る時って、事件当時に発見されたら
明らかに無罪になっちゃうような物的証拠が出てきた時しかないんだよ。

それをお前らときたら……

検察が面子をかけて取り消し、もみ消しただけだろ。
普通40年も無罪主張なんて、マジでなにか判決に問題あったんだろ。
刑務所でお上に逆らうなんて、よっぽどじゃないと無理じゃないか。


地元の人たちの態度も異常だし。明らかになんか隠してるな。

237 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:33:50 ID:XyEXPI2z0
>>180
肝心の証拠品が残ってないんだから、鑑定を覆すのは無理だろう。
決定的に証拠能力を疑えるほどの話にはなってなさそう。それ以外
の状況証拠と引き比べれば妥当な判決だ。99.99%間違いないだろう。

万に一つ、無実ということもあるだろうが、それは我が身の素行が悪
かったんだからしょうがないと諦められる程度の確率。

238 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:34:53 ID:8yxa7IOl0
>>236
被告が死刑が怖いから、単に必死に無罪を訴えてるだけとは
思わないの?
>検察が面子をかけて取り消し、もみ消しただけだろ。
何をもみ消し、取り消したの?

239 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:35:22 ID:EDJegDxu0
>>222
>出勤前に40代の男性が早朝から犬の散歩は不自然なんだそうだ

うちの親父は、10年以上犬の早朝散歩しているぞw
毎朝会う散歩仲間も何人もいるらしいが、警察的には全員不自然なのか…

240 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:36:40 ID:S+wd5qH40
>>180
適当を鵜呑みっつーか、無罪判決自体がかなりレアで
無罪判決を多く出す=出世の道を絶たれる
これは明文になっているわけではないが、法曹界にいれば何となくわかってくる。

裁判官も自分が可愛いんだな。


241 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:38:56 ID:S+wd5qH40
>>238
>被告が死刑が怖いから、単に必死に無罪を訴えてるだけとは
>思わないの?
必死で再審請求しても、法務大臣がハンコ押せば死刑は執行される。
法務大臣が何十年もハンコを押さないというのはかなりの異常事態。
それはなぜか、という点を考えてみ。


242 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:39:09 ID:eyVHjjbb0
死んだ妻が巻き添え狙った、って方がよほど無理があると思うが。
自分が死んでその巻き添えを狙うほどなのに、男が飲むもののほうにも毒物を混入しなかった理由がない。
また、おそらく使われたであろう毒物を入れた容器や毒物そのものを隠滅する理由もない。

男を殺さない・殺せないなんらかの理由があると考えるのが自然だと思うけど。
乾杯のときに、普段飲む人間が口を付けなければ怪しまれる、とか。

>>214
母親が死んだことで子供の入学準備を心配するような男が、
不倫して妻と喧嘩なんかするかねぇ…。

243 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:39:27 ID:oKYM+fCi0
被害者が5人いたってことは
奥西との関係の女がたまたま道連れにされただけで
他の三人の女の人間関係が問題で
事件が起こったということは考えられないのか?

244 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:39:59 ID:3eyQ+s1C0
真犯人は亡くなった奥さん。
愛人を殺害し自殺し、夫に罪をなすりつけた。




小説だったらこうなんだけど、事実はもっと単純だろうな。
やっぱりやっていると思う。>奥西

245 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:40:10 ID:sE6qkDOI0
>>226
「疑わしい」ってのは、無実の疑いがあるってことなw

246 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:40:31 ID:nAs2UhgB0
もし本当に妻が真犯人だったとしたら旦那の浮気に自分の命をもって、
数十年がかりの復讐をした事になるなあ
こんな怖い奥さん欲しくないよおおおおお

247 :ДРАКОН:2006/12/27(水) 15:41:08 ID:M80sypSLO
農薬、除草剤、バルサン、キンチョール、染色劑の様な薬品は犯人扱いされた時、テレビ等は多数を殺せる薬物所有と報道し決してバルサンとは言わない狡さがある。松本サリン事件の時も同様だった。

248 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:41:23 ID:wzdWS9tY0
>法務大臣が何十年もハンコを押さないというのはかなりの異常事態。
>それはなぜか、という点を考えてみ。



249 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:41:48 ID:M+OPse4y0
>>224
俺も昨日の晩飯は覚えているが、朝食と昼食を直ちに思い出せといわれると困るよ。
だいたいそんなもんでしょ。

>>225
>使用毒物は、有機燐テップ製剤であることが判明しており、同じ有機燐テップ製剤であ
>るニッカリンTが使用された可能性は十分に存する。

この部分についてだが、弁護側の実験結果によって、むしろニッカリンT以外の
TEPP製剤が使われた可能性が高いと判断するのが妥当。
また、TEPP製剤は製法の違いによって有効成分であるTEPP以外のいわゆる
不純物の種類、含有量は異なる。

したがって、これを毒物ではないがアルコール飲料に例えて書き直すと、
「使用毒物はアルコール飲料であることが判明しており、同じアルコール飲料である
ブランデーが使用された可能性は十分に存する」と言っているに過ぎないものであり、
それならアルコール飲料全般に妥当するので、ほとんど無意味である。
ブランデーをウォッカやウイスキーに変えてもよく、要するになんでもありなのである。

250 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:42:36 ID:NLWxRSEP0
村人に何でころころ証言変えたんですか?ねぇ、なんでですか?
と聞いてくれ中京テレビ!
これだけぼろ糞罵るんだからきちんと答えてくれるよw

251 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:43:50 ID:nAs2UhgB0
ちなみに占いをしてみたらこの人が犯人じゃないって言う結果が出てた。


252 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:44:53 ID:aTSxodfi0
日テレの日曜深夜のドキュメンタリーを見たときは、これは冤罪かもと思ったけど、裁判官達は中立の立場で一応の決定を下したのだろう。

ドキュメンタリー自体は、かなりの先入観を持って編集されることが屡だから。
裁判官がマスコミ報道に左右されるようでは困るから、これはこれでいい姿勢。

しかし、新しく農協で保管されていた農薬って何だったんだ?
ドキュメンタリーでは横向きにされて名前が隠されていた。


253 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:45:54 ID:qDtFaDTb0
以前特集見た限りでは限りなく白っぽい番組だったわ
村にも取材行ってたけどその村の老人連中が
「奴がやったに決まってる」とか言って悪役っぽく編集されてたな

254 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:46:36 ID:hn1TLLnD0
まぁ疑わしきは罰せずってな

255 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:47:30 ID:3dYv4eAZ0
自白したんだからこいつ(奥西勝)が犯人に決まってるだろうが。

「潔白だ」と主張してる犯人
奥西勝、麻原、林真須美、ホリエモン、村上ファンドの村上世彰

256 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:47:44 ID:sE6qkDOI0
弁護側の蓋の開け方はちょっと無理があるよなw

257 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:48:21 ID:Mr4OD8DW0
おまんこなめー

258 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:49:36 ID:8yxa7IOl0
>>241
再審請求してる最中に押せるわけないじゃんw

259 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:49:36 ID:FsQQiPLx0
>>252
>日テレの日曜深夜のドキュメンタリーを見たときは、これは冤罪かもと思ったけど、
>裁判官達は中立の立場で一応の決定を下したのだろう。
裁判官達はもともと検察寄りだし、今回は再審だから先輩裁判官寄りの立場ですが、何か?

260 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:50:19 ID:aTSxodfi0
>>259
それこそ予断というものだ。

261 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:50:30 ID:vDKDs0fT0
100人しかいない中でみんなが犯人だって言ってたなら
犯人に決まってる

262 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:50:50 ID:jfzrb7u10
>>258
25日って何があったっけ?
まぁ知らないだろうけどw

263 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:51:24 ID:/pil19AO0
判検交流制度が残る以上裁判官が検事寄りなのは当然かもな

264 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:51:40 ID:sE6qkDOI0
>>255
吉田岩窟王は?

>>258
押すよ

265 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:53:20 ID:S+wd5qH40
>>258
それができるんだな。



266 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:53:35 ID:0x4mu1hv0
やたら「疑わしきは罰せず」を強調する弁護側。
結局疑わしいわけでこいつが逮捕されても死刑になっても当然だと思う。
私は今は少ない司法浪人です。

267 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:54:28 ID:1ivcG7NJ0
そんなんだからいつまでたっても受からないんだよ糞ヴェテw

268 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:54:56 ID:F/8WHO8q0
つーかもう80歳だし、そろそろ殺してやれよ
生かしとく方が非人道的だろ

269 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:55:06 ID:SU/ClBB80
>>241
ハンコじゃねーし
役人が大臣のところまで書類を上げないから執行できないだけだろ

270 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:55:18 ID:8yxa7IOl0
>>262
4人が死刑執行されたな。だから?

271 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:55:33 ID:S+wd5qH40
>>266
是非弁護士になって、人質司法の実態を弁護側から目の当たりにしてくださいよ。

272 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:57:57 ID:8YMZeI7Z0
ニッカリンTは当時のニッカウイスキー精製時に発生する廃棄物から作られた。
サントリーと違い、コスト優先で化学化合物を材料としていたために毒性の強い廃棄物が出るため
それを農業用殺虫剤に転用したのがはじまり。
現在ではニッカも天然素材醸造方式を用いているため、ニッカリン精製には別の工程が用いられる。

273 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:58:04 ID:M+OPse4y0
>>243
その可能性はある。
もっとも、その場合はやはり被疑者死亡ということになる。
ぶどう酒が運ばれて保管されたのは奥西楢雄方だが、
その妻フミ子が死亡している。

274 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:58:17 ID:S+wd5qH40
>>270
ttp://www.mizuhoto.org/seisaku/07back/0314.html

ここでも読んでおけ。


275 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:59:01 ID:0x4mu1hv0
>>266
いやいや、論文試験では建前を書くけどさ、現実問題として述べてみただけです。
思うに、上記レスの客観的状況証拠が彼を犯人であると示唆していること、
および捜査の初期段階で自白したことを鑑みれば、彼が犯人であることは、
限りなく黒に近い疑いだと考えることができる。
判例でも検前調書を唯一の証拠としても、そこに記載された内容が真意からの自白であれば、
有罪と判断してもそれは憲法に反しない、とされている。

276 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:59:53 ID:eyVHjjbb0
>>249
実際、他の住人はTEPP剤を所有ないし利用していたの?

277 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:00:01 ID:IKqDd4C5O
にしこりン

278 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:02:45 ID:wn3MuSYe0
閉鎖的な村って気持ち悪いよな・・
つーか、この村人達誰かを庇ってるんだろ?どうせ

279 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:03:33 ID:sE6qkDOI0
>>275
検前調書って変なのw

280 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:03:52 ID:8yxa7IOl0
>>274
つまり再審請求中の死刑執行はおかしいわけだな。
だとすれば、毒ぶどう酒事件で、死刑を執行しないのは
筋が通った話だ。そんな非合法なこと再び出来るわけがない。
この事件で、死刑執行しないことに裏も表もなく、単に
再審請求中だからだな。

281 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:04:02 ID:GunIC2Y90
とりあえず、当時一番最初に奥西容疑者を告発した村人が真犯人で間違いない。
ああいう集落は閉鎖的だから集団催眠に陥りやすい。

282 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:04:16 ID:S+wd5qH40
>>275みたいな奴が判事に多いんだよ。世間を全く知らない。机上でしか物を考えない。
例えば痴漢として捕まった男が、「私がやりました」と自白したとする。
男は中小企業の社長で、自分が拘留されていたら会社は潰れる。
何十人の従業員と家族が路頭に迷ってしまう。取引先も潰れる。
で、「否認していたら拘留は解かれない→自白して会社を守る」
という苦渋の選択を>>275は考えられない。そういう発想が無い。
あるのは「無罪なのに自白するわけがない」  これだけ。


283 :ДРАКОН:2006/12/27(水) 16:06:08 ID:M80sypSLO
松本サリン事件の犯人に疑われた河野義行は変人なので自然に周囲も納得してしまう。※変人扱いは私が二人で話した時の印象である。

284 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:07:00 ID:eyVHjjbb0
>>253
いや、あくまで奥西死刑囚が犯人だったと仮定しての話だが、
住民に多数の死者・重軽傷者が出ているんだから、
その家族と思しき原住民が憎んでたって、それはなんら不思議じゃないぞ。

むしろ、仮に他に犯人がいたとしても、被害者の身内なら
今現在犯人として名前の挙がっている人物を悪く言ったって別におかしくない。
住民ぐるみで奥西死刑囚を犯人に仕立てている、って言うのはあくまで仮定の話に過ぎないから。

285 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:07:28 ID:rG+GprXH0
>>279
検察官面前供述録取書

286 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:08:24 ID:rsfcn7zw0
陰謀論好きなんだね

287 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:09:13 ID:cKfLqU6w0
ムラ社会ってこえーな

288 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:09:38 ID:ADFmLA320
日本の古い自白中心の捜査が問題

昔の日本では、地域社会がしっかりしていたので、自白中心の捜査でも問題なかったし、むしろ効率的だった。
「ムラ」の中で誰が犯人の可能性が高いか一発で分かった。
あとは自白させればいいだけ。
万一冤罪でも、もともと「ムラ」の問題児だったから、構わなかった。

しかし、高速道路が張り巡らされ、外国人が大量に出入りしている現在では、欧米のような物証中心の科学捜査に改革しないと駄目。

289 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:09:55 ID:JQz4zXMk0

なんであんなに必死の支援者が大勢ついてんだろ?


290 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:10:12 ID:Mbv1Vgcy0
>>240
伊藤喜八 陣中日記
歩兵第65連隊第1中隊・編成 上等兵
拾二月拾七日
その夜は敵のほりょ二万人ばかり揚子江にて銃殺した

291 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:10:18 ID:aZP2nGZZO
>>258
>>269
及び再審請求すれば死刑されないと思ってる方へ
http://www.moj.go.jp/KEIJI/keiji17.html
第2章、第13条と第14条をお読みください。
第13条は司法への、第14条は行政への
それぞれ再審請求が有った場合の対応です。
第14でわかるよに再審が開始された場合は死刑できないです。

実際、再審請求中に死刑になった人は居ます。
但し、大臣が嫌がります。再審請求中か否かの情報は大臣にも行きますから(第14条参照)

法務省HPより持ってきたが…
ここってリンクフリー?

292 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:10:19 ID:JaYuo+SK0
何でこの村は,一つの集落が奈良と三重に分かれているの?
また,三重の方の集落は,奈良に不自然な形ではみ出しているけど,それは何故?

293 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:11:11 ID:jfzrb7u10
>>280
お前文盲だろ

294 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:11:19 ID:M+OPse4y0
>>276
それはかなり重要な点だな。
第一審の津地裁判決文ではそれは詳らかでない。
奥西氏は売り主と対質してニッカリンT購入を認めた。
犯行に用いられたのはニッカリンT以外の、不純物として
トリエチルピロホスフェートを生成しないTEPP製剤と考えるのが
妥当だから、そのようなものを所持していた者を徹底的に洗うのは
捜査の常道だろう。
TEPP製剤そのものは当時の農家として所持することは珍しいことじゃない。

295 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:11:48 ID:4HUefjKa0
80才になるまで檻に入れといて
いまさらひっくり返せないわな

296 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:13:29 ID:C/MMvBpL0
高裁の判決読むと、ぞっとする。

多数の村人が4月16日までに何通も調書をとられてるのだが、それらの調書では
ほぼ全ての調書がぶどう酒が公民館に届けられたのは5時よりはるかに前の時刻
(2時半とか3時半とか)をしている。
ところが、4月16日を境に、突然村人達の調書が一変し、5時10分に届けられた
ことと矛盾しない内容に変わる。
しかも5時10分に届けられたと供述した証人の中には、裁判所の証言で「サイレンを聞く前
に届けられた。」と証言してるものがいる(サイレンは5時に鳴る)。

にもかかわらず、高裁は「4月16日以前の調書の時刻は記憶違い。それ以降の調書は
信用できる。」と言った。
多数の村人が4月16日以前はいっせいに記憶違いしてて、その日を境にいっせいに
記憶を取り戻したんだそうだ。

そんなわけあるかよ。

297 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:14:12 ID:sE6qkDOI0
>>285
いや、それくらいは知ってるけど、普通「検面調書」だろ?
「検前」ってのもアリなのか?

298 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:15:12 ID:S+wd5qH40
>>297
検前は聞いた事ねーな。

不利益陳述をフリチンと言ってた司法研修所教官を思い出したぜ。

299 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:16:04 ID:FsQQiPLx0
>>260
立場が先輩裁判官寄りなのは、客観的事実だが?

その立場に判断が影響を受けたかどうかはまた別の問題だが、252が出鱈目である
根拠としては十分。

300 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:18:03 ID:M+OPse4y0
>>296
高裁の判決って、第二審の名古屋高裁判決かな?
それ、ネットで入手する方法があれば教えていただきたい。

301 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:18:41 ID:GvXVDF2U0
>>258
一昨日に死刑執行された4人の中に、再審請求中の人が2人いましたよ。

302 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:19:10 ID:ROp0Oz430
名張市の老人の中には、今も真犯人がのうのうと生き残っているんだろ?


303 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:19:11 ID:GPg5D2+tO
「罵詈雑言」とか見てみ。
あれがほぼ旧来の村の姿だから。
俺は冤罪だと思うね。

304 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:20:05 ID:M80sypSLO
第一発見者で事情聴取されれば二度と警察に協力する気にならない。※是常識

305 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:20:07 ID:C/MMvBpL0
>>300
ネットでは入手してない。
判例検索ソフトで検索して読んだ。
判例時報の401号6ページに載ってるから、
図書館行けば読めるはず。

306 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:20:08 ID:xuyP7EUJ0
>>294
逆じゃなかったっけ。
売主の方が認めたんじゃないの?

307 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:20:20 ID:rG+GprXH0
>>282
>否認していたら拘留は解かれない→自白して会社を守る」
>という苦渋の選択を>>275は考えられない。そういう発想が無い。
上記のような事情があり仕方なく自白をした!ということを
立証するのは被告人側です。その立証が裁判官を納得させるに十分のものであれば、
自白の証拠能力は否定され、そうでなれば肯定される。。
それだけのことです。したがって、裁判官が世間を全く知らないとか
机上の空論とかは、まったくもって関係ない話。

308 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:20:20 ID:g7iobOhCO
時間かかりすぎw

309 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:20:31 ID:OAwc1bDa0
この事件の概要はココ
tp://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/mystatus?select=selling


310 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:22:00 ID:exxQoFVC0
以前、「アンビリバボー」で見た冤罪事件だけど
目撃者が10人ぐらいそろって「この顔だった」と写真をみて言ったから
犯人にされたけど、実は真犯人は別にいて(のちに自首してきて発覚)
顔も全然似てなかったらしい。
目撃者は、周りの人間が言うんだからそうなんだろうと
言う考えで全員が供述していたらしく
集団心理の怖さを見たきがした。
この事件も同じだとしたら怖いね。

結局、日頃からの行いが悪いと冤罪事件で誰も助けてくれないってことか。

311 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:22:09 ID:FsQQiPLx0
>>305
判決には著作権ないんだから、どっかにウプしてくれよ。

312 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:23:03 ID:OAwc1bDa0
すまソ 間違えたココ
tp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/nabari.htm

313 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:23:28 ID:M+OPse4y0
>>305
ありがとう。
探してみるよ。
やはり楽して手に入れようと考えるのはだめだなw

>>306
あれ、そうだったか?
まちがっていたらすまん。

314 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:23:34 ID:S+wd5qH40
>>307
その「(裁判官を)納得」できる能力の話をしてるんだよ。
その能力が無い。
キミみたいに、「私が納得できないのは被告人の立証に問題があるため」。
この一点張り。


315 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:24:03 ID:aZP2nGZZO
>>307
弁護士が立証した。自白による凶器と実際の凶器は違う。
一審は認めたぞ?自白が強制だったと

316 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:24:27 ID:C/MMvBpL0
>>313
すまん。間違えた。判例時報406号は一審のほう。
高裁は、判例時報576号22ページだな。

317 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:24:50 ID:/7gKqMdd0
>>296
そうそれがあるからおかしいんだよ
客観的にみてその集落になにかあるとしか思えないんだよね

ところで奥西家の墓まで掘り起こしたって聞いたことあるけどほんとなの?

318 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:26:21 ID:f8OVXI3r0
>>167
昔の農村はそういうのが当たり前にあったわけで、夜這い文化のなごりが
この時期になっても残ってたということだろう。

319 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:26:45 ID:rG+GprXH0
>>314
じゃあ、あなたが裁判官になってがんばって。
仮に能力がないとして、あなたはその能力がない裁判官にすらなれないと思いますが。

320 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:27:32 ID:xuyP7EUJ0
閉鎖的な村に「三奈の会」ってのがポイントかな?
つまり、平然と男を漁る不道徳な女が加入している集団と保守派にはイメージされていたとしたら。

ガクガクブルブル

321 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:28:33 ID:MycBb/jf0
判事だった江田五月が、朝まで生テレビに出演し、
福島瑞穂弁護士から
「裁判所は国より行政(検察)より判決ばかりだす」と
指摘され、「あたりまえじゃないか、国から給料もらっているんだから」と
明快に答えていました。

322 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:28:54 ID:4HUefjKa0
ま、犯人がいないままじゃ遺族も怒りのぶつけどころがないから
そのあおりをくった形かな

323 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:29:11 ID:jfzrb7u10
>>321
素敵だな

324 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:30:16 ID:mDZkV804O
>>317村人が墓をあばいて骨、死体を掘り起こして村の外れに勝手に移動した。

325 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:30:22 ID:rG+GprXH0
>>315
一審で認められても、控訴審で認められなきゃ意味ないじゃん。


326 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:31:04 ID:M+OPse4y0
>>309
ヤフオクかYO!

>>316
度々どうも。

>>319
>>298
>不利益陳述をフリチンと言ってた司法研修所教官を思い出したぜ。

より、ID:S+wd5qH40氏は既に法曹である可能性があるんじゃないの?





327 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:31:53 ID:zYE6SGu10
>>303
それ何?ネットで読めるの?

328 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:32:15 ID:S+wd5qH40
>>319
俺一人が裁判官になったところで、
「裁判官の多くは、現実社会の複雑な事案を客観的に分析・判断できるほどの
 常識を兼ね備えていない」、
という事実及びそれからくる弊害の深刻さは、改善される事はないよ。


329 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:32:44 ID:xuyP7EUJ0
>>317
4/16直前に意思疎通があったんだろ。裁判で5時のサイレン前って言った人は精一杯の抵抗か皮肉か。
それを後で本人が聞いたら明らかな嘘の場合、逆にあきらめない意志の形成に行ったのかもね。

330 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:34:44 ID:jfzrb7u10
最高裁への特別抗告って判例違反とか憲法違反じゃないと無理じゃなかったっけ?
今回の件ではどういう風にしようと思ってんだろう

331 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:34:45 ID:zYE6SGu10
>>324
村社会ってのは怖いなーガクブル
誰もが村を恐れて、誰も本当のことは言えないって感じになってるのかな。

332 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:35:21 ID:oKYM+fCi0
>>321
裁判て原則、公正なものじゃなかったっけ?

333 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:35:25 ID:aZP2nGZZO
>>325
だから不満に思ってるんだよ
裁判所は上に行くほど完璧か?そりゃ盲信ってものだ
判決理由も胡散臭いとなれば(主観によるが)、
先輩判事を庇ってるとか、国体優先と言われるのは仕方ない。


334 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:35:39 ID:gTKqfsjo0
集団自殺の生き残りが売られた

335 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:36:27 ID:4WDN0nbz0
畑○一が、真犯人なんだが。すでに世を去り罪を問うことができない
息子は多治見に住んでいる。  

336 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:37:07 ID:M+OPse4y0
>>324
それって墳墓発掘死体損壊罪に該る行為だよな。

337 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:37:22 ID:jfzrb7u10
つーか閉鎖社会である人物を犯人に仕立て上げようと思ったら
結構簡単じゃないか?裏切り者が出る可能性はあるが

338 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:38:06 ID:/J6Z5KP3O
リアル雛見沢村か

339 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:38:58 ID:/7gKqMdd0
>>324
やっぱりやったんだ
その行為自体罪なのに誰も罰をうけてないんだよね


340 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:39:04 ID:C/MMvBpL0
>>329
一審判決は、調書の変遷を「検察官の並々ならぬ努力」と皮肉ってる。



341 :319:2006/12/27(水) 16:39:16 ID:rG+GprXH0
>>328
まず、あおるようなこと書いてごめんね。

次に、裁判官だって普通の人間です。ゴルフもすれば麻雀もする。
年末には忘年会でベロンベロンによって、家族にあきれられる。
そこらの人と変わらないんです。
したがって、『現実社会の複雑な事案を客観的に分析・判断できるほどの
 常識を兼ね備える』ことを完璧に求めることは、少し過酷ではないかと。
というか、無理なお話です。それが嫌なら、ほかの制度をつくればいいだろうけど
まあ代替案はないよね。。

342 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:40:33 ID:ROp0Oz430
何かどうも真犯人が事件で死んでたのかもな。
検察は、
「冗談じゃない。犯人は生きたまま捕まえてやる」
って色んな事件で世間様にご迷惑かけてますわ

今、収監されている死刑囚の奥さんか愛人のどちらかって線を警察は考えなかったの?


343 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:41:16 ID:HfdNjIK1O
ぶどう酒はどっから来たんだ?

344 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:41:31 ID:DN8UnJMI0
このノートを誰かが読むことがあるだろうか。
読むことがあったならどうか、
私の愚かしさから何かの教訓を。

名張毒ぶどう酒事件。
通称、オヤシロさまの祟り。
これを読んでいる私以外のあなた。
どうか真相を。
それだけが、私の望みです。
                  奥西勝

345 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:41:53 ID:rG+GprXH0
>>333
日本は、三審制だから仕方がない。
それが嫌なら、法律を変えるしか。法律を変えるのは国会だから
文句なら国会議員にいって。

346 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:41:57 ID:eyVHjjbb0
>>296
4月16日以前の調書においてはみな印象でまちまちに答えていた。
時計なんか柱時計だけで、腕時計やラジオ、テレビのような時間のわかるものが普及していたとは思えない、
かなり時間にアバウトに生きてたと思われる時代だ。
そこで調書をとる人間が「届けられたのは5時のサイレンの前か後か」と目安を示して時間を聞くようにした。
これが4月16日であれば、その日に住民揃ってがらっと供述が変わることはありえる。
かなーり誘導くさくなるけど。

またこれもかなり苦しいけど、4月16日前後の日に住民の一人が5時のサイレンを聞いてはっとしたってことはありえなくもない。

347 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:42:14 ID:aZP2nGZZO
>>330
特別抗告は前に棄却されたはず。
2003年に「ヘップ三共」だかが手に入って、
それの分析結果を新証拠として再審請求。

348 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:42:22 ID:4WDN0nbz0
この事件は、ロータリークラブが熱心に活動してるね。
瞬治も酒で人を殺したことだし。。。。。

349 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:42:53 ID:xuyP7EUJ0
>>331
検察から警察→駐在を通じて村の顔役に5時10分でないとまずい、って伝えるだけじゃないか。
それで村は一致してそのサジェスチョンに従って紛争を処理するんだろ。
この被告は「三奈の会」の運営でかなりの役割?
たとえば陰口としては「アカの手先」とか「アプレ」とかじゃないか。
村は元々異質な外部を排除しがちだし、農村分解が起こりはじめている初期だとすると、中にいる
確信的に外とつながろうとする人間は異端視しがち。
墓荒らしは事件をおこした首謀者の係属は「穢れ」として排除する必要があるからだな。

この人は「死んだら負け」って考えてここまで生きのびたようだな。

350 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:43:34 ID:D9Yy/C6/0
村で一番臭い人物におっかぶせた雰囲気があるよね。
生存村人も真実追求はそっちのけで、あいつが犯人に違いないからほっといてくれって
コメントしてたらしいし。

351 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:45:08 ID:FsQQiPLx0
>>341
>したがって、『現実社会の複雑な事案を客観的に分析・判断できるほどの
>常識を兼ね備える』ことを完璧に求めることは、少し過酷ではないかと。
誰が「完璧に求め」てるんだ?

公務員や公益団体以外での5年以上の労働経験を任官資格にするとかすれば、
今よりはるかに社会常識が身に付くと思うぞ。

352 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:45:32 ID:sE6qkDOI0
>>330
再審にも利益原則の適用を認めた白鳥事件判決違反を理由にするって、
新聞には書いてあった

353 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:45:34 ID:gTKqfsjo0
今回のは事件の真相や犯人捜しよりも
裁判所の完璧な逆証なくしてまともな審理なし、ってことに主眼を置くべきだわな。

354 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:47:15 ID:C/MMvBpL0
>>346
サイレンが基準になって調書の中身が変わったわけじゃないよ。
一審判決はネットで読めるから、それを参照。



355 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:47:32 ID:0XIXkcOF0
喧嘩両成敗ってことで地元民ともども死刑ってのがいいよね

356 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:47:37 ID:4WDN0nbz0
犯人家族が問題だ、地方自治が崩壊の危機。

357 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:47:39 ID:M+OPse4y0
>>350
ああいった閉鎖的な村落においては、誰かが犯人として捕まらなかったら
おっかなくて仕方がなかったというのはあるだろうね。
別に奥西氏に怨みはなくても、奥西氏が真犯人だとすることで心の平安を
保とうとしたのではないかな。

358 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:48:58 ID:4CUAODr/0
裁判所がここまで必死なのは
政治家か裁判官が事件にかかわってるのでは

359 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:49:11 ID:v3ooCkEv0
死刑囚がどれだけ良い生活してるのか皆知らないんだろうな

360 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:49:40 ID:S+wd5qH40
>>341
スレ違いなのでこれで最後にするが、
完璧じゃなくてもいいから人並みの社会常識を身につけてから判事になって欲しいんだよね。

「会社の規模に比較して借り入れが多過ぎませんか?」とか
自転車操業で営業している中小企業が観念できない判事とかおかしいだろ。


361 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:49:45 ID:jfzrb7u10
>>347
今回高裁で取り消されたら
最高裁へ特別抗告出すってことじゃなかったっけ

>>352
なるへそ

362 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:49:50 ID:M99nUl+70
>>355
> 喧嘩両成敗ってことで地元民ともども死刑ってのがいいよね

これいいかも

363 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:50:00 ID:4WDN0nbz0
真犯人の家族は多治見に住んでいる。

364 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:50:18 ID:zYE6SGu10
>>359
ちょっと前の俺よりも
食費が高いってのは知ってる

365 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:50:43 ID:M80sypSLO
財田川事件も一番素行の悪かった強盗犯が殺人犯にされた。無罪放免後も素行は善くならなかった。

366 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:51:29 ID:007FRDbMO
いずれにしても、もう死刑の執行はないだろうな
いまさら無罪だったとは言えないし、このまま10年くらい
自然に病死か寿命を待つだろうな

367 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:51:48 ID:C/MMvBpL0
>>358
政治家も裁判官も関わってないよ。
あの事件は閉鎖された小さな村の中の事件。村人以外の犯行はありえない。

だからこそ、村人は奥西を犯人とする形で事件を処理した後は、蒸し返しを拒む。
再審の弁護団とかが村人達と接触したとき、当初は村人達も拒絶してなかったのが、
再審請求をした以降は態度がガラリと変わって、拒絶されるようになったそうだ。

368 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:52:04 ID:KtyPMdP30
>>292
名張川を境に北と南に2つの塊で分かれていた村落が何の因果か別な県に。
形がああなのは地形(あのあたりは谷)の問題らしい。

369 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:52:07 ID:TmUyx3ay0
検察のメンツが冤罪を生むケースは多い。
この事件もそれ。


370 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:52:13 ID:jfzrb7u10
裁判員制度って陪審員制度と違って全員一致じゃなくて多数決なんだよな
何で多数決にしたんだろ?
時間がかかるからかな

371 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:52:23 ID:rG+GprXH0
>>351
>公務員や公益団体以外での5年以上の労働経験を任官資格にするとかすれば
こんなことしてたら、法律の勉強がないがしろになるだろうに。

だいたい、何を根拠に社会常識がないと?

372 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:53:20 ID:aZP2nGZZO
>>345
そんな事はわかってますとも(ToT)


373 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:53:37 ID:4WDN0nbz0
畑末一商店だろうね。

374 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:53:42 ID:tQdn8WkD0
>>359
ある意味いい暮らしかもしれないが女作れないじゃん。
元々そういうの無縁でろくにメシにありつけない生活してんならともかく
そうじゃなきゃいい生活とはいえないだろ。

375 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:54:10 ID:f1Kc/ww/0
さっさと吊るさないからこんなことになるんだ

376 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:54:49 ID:B8S4QqAk0
恐い話だな。
いろいろと裏があるんだろか。
田舎モンっていざとなるとこの上なくタチが悪いからな。。

377 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:55:49 ID:gTKqfsjo0
>>375
そらそうだ。
仮にやっていたとしても45年同じ環境で自己暗示かけていたら
記憶なんて簡単に変わるわな。
村人たちしかり。

378 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:56:05 ID:sE6qkDOI0
>>370
陪審制も多数決だろ?
常識的に考えて

379 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:56:15 ID:xuyP7EUJ0
>>370
つ人数 プロが主導権を握れるからとなりまつた。

>>357
村内部の主導権争いと人間関係が絡んでんだろう。閉鎖的な村では落としどころが裁定されれば
全村一致でそれに従う。ある意味逆説的な完全民主主義形態w

380 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:56:44 ID:liH6FNXX0
こんなんじゃ法務大臣も死刑執行の判子押せないだろ。
獄中で死ぬの待ってるんじゃねーの?

381 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:56:51 ID:H3Ln5naZ0
成歩堂の出番だ!

382 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:58:47 ID:j4BT4qMH0
テレビで見たが証拠の信憑性等考えると
確かにこいつが犯人と断定できない気がする
だが鳥越が冤罪ではないかと言ってるのを見て
根拠はないが冤罪ではないと思った

383 : ◆YMO/TMcupE :2006/12/27(水) 16:59:23 ID:OJ577Uuu0
>>28
津山30人殺しってのもあったね。

384 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:59:53 ID:dnCHACh+0
>>378
全員一致だろ、陪審員制度は。

385 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:59:58 ID:jfzrb7u10
>>378
アメリカの刑事裁判は人員一致だった気がしたが
いやドラマで見たのと何かで見ただけだが

386 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 16:59:59 ID:xuyP7EUJ0
ああ、そうか日本では日銀とこの事件と青酸コーラぐらいか。毒物による大量殺人は。
青酸コーラって灰色決着だよね。
そうか、必ず犯人を「挙げる」必要があるんだー

387 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:00:05 ID:4WDN0nbz0
この名張毒ぶどう酒事件の犯人は、すでに死んでいる、息子がいるだけで
警察も捜査が甘かった。。養子の娘もすでに結婚して子供がいる。
いまさらどうするんだろう???多治見の美坂に住んでるよ

388 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:00:26 ID:TmUyx3ay0
>>367
フリーパスだった警察の身内がいるかもしれんな。
栃木県警の例もあるしな。


389 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:01:32 ID:rpNpOmjrO
>>376
田舎者とか村社会を解消する方法ってないのか?
変な集落があればそこの住民を強制的にそれこそ都会のど真ん中に移住させるとか…

そこでいかに自分達の考え方や行動が間違ってるか思い知れ言いたい。

390 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:01:39 ID:xuyP7EUJ0
>>387
動機は?手段は?

391 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:01:52 ID:A1ZscX0p0
実はジョンベネを殺したのはジョンベネの兄ちゃん

392 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:01:59 ID:xuyP7EUJO
テレビ朝日の鳥越の番組で農薬のラベルがスポーツドリンクみたいで時代を感じさせてワラタ

393 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:04:05 ID:Q+YCtQWL0
>>382
それはお前が鳥越が嫌いなだけだろw

裁判官に社会的常識を身に付けて欲しいけど、その分社会で強い金持ちとかと
癒着してしまうことがあるからなー
やっぱ義務教育で法律の重要性とかを授業に入れろ
今のような裁判は偉い人がやるイメージはダメ。みんなが考えないとよくならないよ
社会は

394 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:04:47 ID:4WDN0nbz0
”なたのお父さんがやったんでしょ”って言ったら、ビビッテた

395 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:04:53 ID:8n7tl1VOO
こんな古い事件の無罪を証明するのってかなり難しいんじゃないの?
もし無罪だったら運が悪かったねと言うしかない。

396 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:05:09 ID:M+OPse4y0
>>387
差し支えない範囲で、根拠と詳細を書いてくれるとありがたい。
真犯人が別にいたという説はたまに聞くのだが。

397 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:05:25 ID:gN0HxqFTO
三浦和義さんが無罪ならこの人は違うのか?

398 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:05:30 ID:arOcYFqA0
>>329
精一杯の抵抗。そうだろうな。俺もそう思う。
>>335
KWSK

399 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:05:40 ID:aZP2nGZZO
>>351
公務員に社会常識とか笑われないか?
オレは最近公務員が嫌になったが…

400 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:06:25 ID:8KXmUHfW0
>>318
俺の親の実家のある場所だと30年くらい前まで残っていたらしい
廃れる順が待つ側(♀)→行く側(♂)だったため
最後のあたりは不法侵入やらなんやらでつかまりまくったそうだw
(正当な夜這いのつもりで忍び込んで警察呼ばれて御用)

401 : ◆YMO/TMcupE :2006/12/27(水) 17:07:55 ID:OJ577Uuu0
>>296
事実関係に合致するように、警察が後から、村民に口裏あわせをさせた疑い…か。

402 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:09:52 ID:J/n7ASPOO
夜這いがあった時代の事件?
津山の事件より新しい?

403 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:10:35 ID:F3b8/uA50
>>389
中国とか北朝鮮みたいになればできるんじゃね

田舎が怖いって、都会の方がよっぽど怖いよ


404 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:11:04 ID:2sZBgIef0
>>14
>>14
>>14
>>14
>>14

405 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:11:36 ID:xuyP7EUJO
エスニックグループの闇の祭礼みたいだな。横溝先生が御健在で弁護側証人だったらなあ。ほんとそう思うよ。

406 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:11:44 ID:4CUAODr/0
ジョンベネ事件も日本だったらとっくに捕まってるだろうな
それが真犯人かどうかは別として

407 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:13:23 ID:HKlNUcN60
今無罪になって釈放されたら、国からいくらぐらい貰えるの?

408 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:13:24 ID:sE6qkDOI0
>>384>>385
陪審員全員が有罪で一致しないと有罪判決を下せないってこと?
ありえないだろw


409 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:13:44 ID:ph1LsHwB0
さすが良心の“伊勢新聞”のことだけはあるな・・・。GJ!!!


410 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:13:46 ID:c+rklLKu0
死んだ嫁と愛人のどちらかが三角関係の清算でやったとすれば、もともとの原因は奥西本人も絡んでいるんだから、刑務所で余生を送るのも責任の取り方だろう。冤罪うんぬんもあるけれど責任はまぬがれないから。

411 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:14:34 ID:M99nUl+70
>>408
> >>384>>385
> 陪審員全員が有罪で一致しないと有罪判決を下せないってこと?
> ありえないだろw

そうだよ。


412 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:14:35 ID:zYE6SGu10
人が、人を裁くってのは
いろいろ怖いものだということを、このスレで学んだよ・・・

いっそ機械が裁くほうが諦めもつく。のか?




413 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:15:24 ID:M80sypSLO
三浦和義の様に最終的に無罪だろうが長期拘留出来れば成功、だから痴漢等は損得で認めてしまう。

414 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:16:38 ID:4WDN0nbz0
朝鮮人だから相手にできない。>瞬治

415 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:16:47 ID:6CQAo/8t0
まず>>389を田舎に強制移住させたい

416 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:16:59 ID:8KXmUHfW0
>>408
国によっても違うけどアメリカでは全員一致。
陪審員同士で話し合って(外からの情報は断たれた状態で)
全員の意見を一致させるのでゴレンジャイの衣装合わせみたいなことになるわけではない

417 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:17:54 ID:FsQQiPLx0
>>371
>こんなことしてたら、法律の勉強がないがしろになるだろうに。
司法試験合格後でいいよ。

>だいたい、何を根拠に社会常識がないと?
社会経験の欠如。

418 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:18:12 ID:NgiEwaBfO
疑惑が残る無罪事件
甲山事件…山田悦子ロス事件…三浦和義
死刑囚が無罪になった事件…無罪ののち殺人を犯したおっさん

名張ぶどう酒事件もこいつ以外は考えられないよ

419 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:18:12 ID:sE6qkDOI0
>>411
ググってみた
ほんとに全員一致なんだなorz

それなら、シンプソン事件、弁護人あんなに頑張らなくてもよかったんだ


420 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:18:22 ID:rblpaYoO0
ここで無罪にしたら税金を浪費上に高額な賠償金だからな
しかも限りなく黒だし

421 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:19:09 ID:F3b8/uA50
>>411
WIKIでは全員一致でないといけないとは書いてないけど?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%93%A1%E5%88%B6%E5%BA%A6

422 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:19:59 ID:FsQQiPLx0
>>399
だから「公務員や公益団体以外」なんだよ。

423 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:20:45 ID:61TE1M2+0
>>382
鳥越は頑張ってるほうだと思うぞ
他のジャーナリストが腰抜け

424 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:22:17 ID:sE6qkDOI0
>>421
ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4117/lawA-1.html

ここには、原則「全員一致」って書いてある

425 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:22:19 ID:8KXmUHfW0
>>421
http://www.saibanin.courts.go.jp/shiryo/pdf/12.pdf
書いてあるように、例外もあるが基本的に全員一致
全員一致というか、「全員の総意」と言ったほうが適当かも

426 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:22:50 ID:K31WHlLY0
ずさんな刑事手続で裁かれて、死刑にされたんじゃたまんない。
しかも、裁判員制度導入で、さらにずさんさに拍車がかかるんだよな。
暗黒国家だね。

427 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:23:51 ID:gTKqfsjo0
アメリカの場合は陪審員の意思の一致は必要。
一致しなきゃ普通の生活に戻れないんで、結構簡単に一致する。

428 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:24:02 ID:Fd0+tnu3O
無期懲役にするなら認めるかどうか聞けばいいのに

429 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:24:28 ID:aZP2nGZZO
>>422
すまん見落としてた
十分納得する意見です…はい
失礼いたしましたm(_ _)m

430 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:25:31 ID:8sAXiPrbO
>>387
真犯人の名前や情報を書いてくれ。
もしくは、国民救援会
http://www.kyuuenkai.gr.jp/に知らせてあげて。

431 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:25:50 ID:zYE6SGu10
>>416
唐突にナツカシスw

432 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:27:01 ID:4WDN0nbz0
真犯人家族がわかってるのに、馬鹿馬鹿しい。。

433 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:27:18 ID:xuyP7EUJ0
妻には動機があるな。他の女性の供述調書やら母の証言からするとかなり離縁
の可能性が高かったんじゃないか。
味方以外は全て敵とみなしたんだったら周りを巻き込んで壮大な自爆を企てた可能性も。
周りは全員顔見知りで三角関係のもつれを噂しあっていて、それに逆上したかも(密会場所にあらわれて現場おさえるとか誰かがチクったんだろう)
周囲に相談しても味方をしてくれる人がいなかったのかな。
供述書では妻は「殴るけるの暴行を受けた」と友人に言ったようだが、友人の方は被告と話して「そんな事はなかったようだ」と書いてある。
母との供述書も興味深いね ← 孤立無援感が漂っている

村社会では強硬派が「妻は気触れ」「犯罪は勝の不行跡の責任」とおしきったんじゃないか。

434 :名無しさん@6周年:2006/12/27(水) 17:29:02 ID:cUQ6daPi0
「やっていない」をお経のように唱え続けると
仕舞いにはホントにやってないと思うようになり
周りの支援者も「この人間はやってない」と信じこみ
力の限り支援するようになるらしい。

435 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:29:36 ID:F3b8/uA50
陪審員制度、全員一致が原則にあるみたいだね
しかし、帰れないから一致するって、こりゃまたとんでもない判決がでそうだな
弁護士が口上手くてそれっぽから、 (σ;*Д*)σ死刑!とか言われそうで怖いね

436 :ДРАКОН:2006/12/27(水) 17:30:41 ID:M80sypSLO
松本サリン事件の河野義行も99%犯人と思われていた事を忘れないで欲しい。

437 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:30:47 ID:sE6qkDOI0
>>434
それって、「やった」にも当てはまるな

438 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:30:59 ID:nDjyTe4V0
無罪だろうが有罪だろうが全員一致ってことだろ?

439 :貴乃花光司:2006/12/27(水) 17:31:49 ID:m+nHxDckO
やはり勝さんでしたか…

440 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:32:24 ID:nY5yOwo30
消去法で犯人は○○しか居ないというのは、和歌山カレー事件と同様だな

441 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:32:27 ID:ID9rh83n0
>>438
有罪にならなければ無罪だ

442 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:32:33 ID:61TE1M2+0
河上和雄は大局的見地からみれば当然と言っているぞw
矛盾が無いほうがおかしいと

大局的見地って・・・

443 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:33:03 ID:8KXmUHfW0
>>433
冤罪やリンチが良いとはイワンが、妻が犯人であることを村の全員が知っていて
そこまで追い込んだ夫に対する復讐をみんなで何年もかかって…だとすると
俺的には映画化決定

444 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:33:32 ID:4WDN0nbz0
>>430
養子の娘、大学の法学部行かせてる様で、卒業後不動産業に就職したようです

445 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:36:27 ID:JKUr1Lzb0
>>442
そいつ、この前テレビで人形相手にぶつぶつ独り言言って奴かw

446 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:37:01 ID:FsQQiPLx0
>>434
へー、麻原、そんなことになってたんだ。

447 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:37:58 ID:8sAXiPrbO
>>444
ありがとう。
匿名でいいから、裁判所や検察、救援会に、
情報提供してくれ。
命に関わる問題だ。ここに書くなら、削除対策のため、
番号とメルアドは書かないように。

448 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:38:06 ID:4WDN0nbz0
名張毒ぶどう酒事件も、朝鮮がらみだし。

449 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:38:05 ID:eyVHjjbb0
一審判決を見て思ったが、
殺すほどの不仲の夫婦と、不倫相手の妻に散々責められ住民からも厳しく避難された情婦が
ひとところに集まって仲良く酒盛りするかな?と思った。

お互い会員であることは知っていたろうし、そこまで険悪なら、
誰かは「あいつが来るなら行かん」ってことになりそうな気がする。
なんぼ娯楽のない時代とはいえ、不愉快な思いをしてまで出席する場ではないかと。

450 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:38:56 ID:KUzYNQOh0
>444

そんな情報どうでもいいから動機を書いてくれ

451 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:40:30 ID:xuyP7EUJ0
>>449
仮説としてはそれ以外の「三奈の会」に憎しみを抱いている人間はありうる。

452 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:41:21 ID:Rvs5KJTqO
おらこんな村嫌だぁ
おらこんな村嫌だぁ

453 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:42:10 ID:4WDN0nbz0
>>447
問題が取りざたされてた時、創価学会に入会してます。
奪回処分はされていますが、現在は私の周知するところではありません

454 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:42:19 ID:JKUr1Lzb0
>>449
それが「むら社会」ってやつじゃないかな。

455 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:42:24 ID:8KXmUHfW0
>>449
村社会だと、「みんなの集まり」系のバックレは許されない気がする
特に女性はオサンドン役も期待されるだろうからまず逃げられないんじゃないかと

456 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:43:20 ID:CEOWLlYA0
>>436
同時に、冤罪を主張して国から慰謝料までもらってシャバに出た小野悦男は
すぐさま新たに殺人を犯して死体を焼却した事も忘れないで欲しい。

457 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:43:59 ID:I1uozVFeO
もう45年も嘘付き続けてるし頭ももうろくしてきてるから、本人もどっちが真実か分からなくなってきてるかもな
供述や証拠からこいつが真犯人であることは間違いないと思うぜ

458 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:45:07 ID:4WDN0nbz0
名張毒ぶどう酒事件

459 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:45:21 ID:eyVHjjbb0
>>421
12人の怒れる男たち でも見てみたら?

460 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:45:48 ID:0649u03E0
>>417
あんた鋭いな。
>>371
机上の空論に酔いすぎて自分のカキコ矛盾に気づかないのが痛々しいw



461 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:45:50 ID:4CUAODr/0
>>442
大局的見地に立てば人間みな怪しい
推定有罪

462 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:46:04 ID:8sAXiPrbO
>>456
それは釈放されたあとの殺人はやったが、
前の冤罪とは関係ない。

463 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:47:53 ID:viHFDdTG0
犯人は死んだ人、ってのも動機として十分ありそうだが。

464 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:48:15 ID:I1uozVFeO
毒ワインって言えばいいのにな

465 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:49:51 ID:JKUr1Lzb0
>>461
だよな。河上みたいな奴が検事やってたのかと思うと、空恐ろしいわ。

466 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:50:26 ID:bIDJdLY90
>>456
次の犯罪が、前の犯罪の証明になるとでも思ってるのか?

467 :ДРАКОН:2006/12/27(水) 17:50:30 ID:M80sypSLO
余談だが河野義行自宅、家宅捜索時に陶芸用ろくろを見て、これは怪しい!!!河野義行談。

468 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:51:01 ID:61TE1M2+0
ま、これからの裁判は大局的見地から見るだけでいいようで

つか、法曹が大局的見地なんて言葉使うのか?

469 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:51:04 ID:dkZSXesN0
>>110
これはあり得るよ
血液型が何で決められているか知ってれば分かるはず

470 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:51:26 ID:eyVHjjbb0
>>386
オウム

471 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:52:57 ID:8KXmUHfW0
>>386
いまさらだが帝銀じゃね?
今のみずほ銀行の

472 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:53:10 ID:8sAXiPrbO
>>456の言動をみて、「ここはやっぱりニュー速だな」
と思った。

473 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:54:08 ID:CEOWLlYA0
>>389
夕張市やそれ以外の地方交付金にたかって成り立っている様な過疎集落の住民を
都市部(例えば、空きが増えてきた多摩ニュータウン等)に移住させたら良いのにね。
「病院へ通うためバスが少ない。」「雪かきしないと家がつぶれてしまう!」と
文句ばっかり言っている田舎者も、本心では街に住みたいんじゃないの?

474 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:55:57 ID:FsQQiPLx0
これ、ひでーな。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/nabari.htm
検察調書や2審の有罪判決文などによると、奥西の犯行は次のようになる。
愛人のヤス子は妻の千恵子に責められ、周囲の人たちからも厭味を言われる
ようになった。そこで、翌1961年(昭和36年)2月20日ごろ、愛人のヤス子が
奥西と逢い引きしたとき、別れたいと切り出した。奥西は妻への不満と憎しみ、
それに愛人の心変わりへの怒りが重なり、三角関係を清算してしまおうと考えた。
2人を殺すと自分に疑いがかかる。

愛人に別れようといわれたなら、そのまま別れれば清算終了じゃん。

http://jisyo.search.biglobe.ne.jp/cgi-bin/search_wd?q=%C0%B6%BB%BB&mode=0&type=0&dic=0&id=11048800&s=1&e=5&ej=1&je=1&jj=1&ns=1&ct=0
過去に関係していた事柄にはっきりした結末をつけること。「三角関係を―する」

なのに、言葉の使い方まで検察のいいなりかよ。

475 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:56:30 ID:M+OPse4y0
>>468
大局的見地、略して太極拳だな!

476 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:58:52 ID:4zFTaIlz0
名張(なばり)と夕張(ゆうばり)を間違えてる奴多すぎ

477 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:00:04 ID:4WDN0nbz0
>>471
名張毒ぶどう酒事件の真犯人家族見てるだが、問題は多いよ。
地元の人間も(多治見も含めて)世代交代で、何も言わなくなってる。

俺のIDで繋げて見てくれ。

478 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:01:34 ID:aZP2nGZZO
>>469
当人じゃないが、さんきゅ
気になってたんだ

そういや汗からも血液型わかるんだよね?違ってたらm(_ _)m
汗と血でもうまく判別できない可能性ある?

479 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:03:16 ID:eGCCkjNO0
こういう声も報道しないと、不公平だよな。


480 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:04:07 ID:WJ88AZwa0
平成9年01月28日 最高裁判所 第三小法廷 決定
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/26102D0207E1CBCF49256A850030A93D.pdf(全文)
【裁判要旨】
一 再審請求段階で新たに提出された証拠により確定判決の有罪認定の根拠となった証拠
の一部について証明力が大幅に減殺された場合に刑訴法四三五条六号にいう「無罪を言い
渡すべき明らかな証拠」に当たるか否かは、再審請求後に提出された新証拠と確定判決を
言い渡した裁判所で取り調べられた全証拠とを総合的に評価した結果として、確定判決の
有罪認定につき合理的な疑いを生じさせ得るか否かにより判断すべきである。
二 再審請求段階で新たに提出された証拠により確定判決の有罪認定の根拠となった証拠
の一部について証明力が大幅に減殺されても、これのみにより直ちに確定判決における有
罪認定につき合理的な疑いが生じたり、確定判決の有罪認定の根拠となった他の証拠の証
明力が否定される関係になく、新旧全証拠を総合して検討しても、情況証拠及び申立人の
自白を総合すれば、確定判決の有罪認定に合理的な疑いを生ずる余地がないという判示の
事情の下においては、当該新証拠は刑訴法四三五条六号にいう「無罪を言い渡すべき明ら
かな証拠」には当たらない。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=25533&hanreiKbn=01

481 :471:2006/12/27(水) 18:04:51 ID:8KXmUHfW0
>>477
>>俺のIDで繋げて見てくれ。

IDで繋げてみたがどうやったら>>471へのレスがそうなるのかさっぱりだ
つか何か知ってるならさっさと当局に状況すればヨロシ
匿名掲示板で何書いてもタダの妄想

482 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:05:00 ID:4WDN0nbz0
法律では息子は罪に問えないの? 馬鹿だから教えて?

483 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:05:37 ID:FsQQiPLx0
>>469
ありえん。
1985年なんて最近の事件だから、抗原と抗体を両方調べたら混ざったかどうか判断できる。
検察が混ざったと主張する以上、それを怠ることなどあってはならない。

484 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:06:31 ID:q6y37TON0
45年前の事件でまだ高裁ってどうよ?

485 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:08:52 ID:a8Vj71vc0
朝日の天声人語では疑わしきを罰するのかとかいう論調だったな
しょーもない新聞はよつぶれろ

486 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:09:18 ID:aTSxodfi0
新潟県警が日当原則廃止へ
http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_06122014.cfm
新潟県警は、片道40キロを超える出張に支給されている「日当」を原則廃止する方針を固めた。来年1月から実施する。
年間約6000万円の支出削減が見込まれ、県警会計課は「県財政が厳しい折、不必要な支出は削減し、本当に必要な分野に配分したい」としている。
同様に日当を支給する県や市町村にも波紋を広げそうだ。
同課によると、日当は旅費の一部で、交通費や宿泊費などと共に40キロを超える場所に出張した職員に支給される。
地下鉄やバスなどの現地交通費や昼食代、諸雑費に充てる費用だ。
額は県条例で定められており、県庁職員と同じ。県内は一律1日1100円で、県外は公用車利用であれば1日1100円、公共交通機関利用の場合は1日2200円。
しかし、同課は経費全体を見直した結果、昼食代などを含めて算出される日当の目的そのものを疑問視。
条例では出張距離を計算する基準点が目的地と出発地の市町村役場とされているが、市町村合併が相次いだことで、例えば旧巻町から見附市への出張でも日当が支給されるなど実情に合わない例も出てきた。
このため、県内と公用車利用の県外出張の日当は全廃。新幹線など公共交通機関を利用した県外出張については現地交通費の必要性を考慮し、従来の半額(1100円)を支給する方針だ。
今年6月分の日当をベースに算出した調査では、月約500万円の節減が見込めるという。
県警の今年度当初予算は約523億円で前年度比0・4%減で、4年連続のマイナス。
うち8割を超える約434億円が固定的な人件費で占められ、捜査などの活動に充てる警察活動費(46億円)や事故対策などの交通安全施設費(24億)はいずれも前年度比8%以上の大幅な減額を強いられている。
2007年度はさらに、一般行政経費の10%削減(3億5000万円)を求められており、県警にとって日当廃止は苦肉の策だが、犯罪の広域化などで捜査員らは長期出張を強いられるケースが多く、捜査部門からは反発も予想される。
同課によると、今年7月までに全国の9警察本部が県外を含む日当の見直しに踏み切っている。同課は「税金の使途はより厳密に考えられるべき。市民生活に直結する予算を減額させないためには必要な措置」としている。


487 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:11:24 ID:yGxG1wwA0
>>477
真犯人の動機は?

488 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:12:22 ID:M+OPse4y0
>>482
父親が殺人罪の正犯であるなら、共犯(共同正犯も含む)でなければ罪は問えないよ。
あと、犯罪が成立するとしたら犯人蔵匿、証拠隠滅などだね。
これらについては親族の場合の特則あり。
いずれにしてもとっくに公訴時効を過ぎてるし、真実であっても検察は
無視するだろうな。
ただ、死亡した者とはいえ、真犯人がいたと立証できれば再審になるだろう。

489 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:13:27 ID:FsQQiPLx0
>>481
ここにこんなの出てくるね。
http://tokai.machi.to/bbs/read.pl?BBS=toukai&KEY=1088928848&LAST=50
276 名前: 東海子 投稿日: 2004/07/26(月) 01:53:06 ID:MGPCkPeE [ global221-192-153.aitai.ne.jp ]
美坂町の畑瞬時と大正町の増田良三は、殺人と犯人隠避で有罪だろ
277 名前: 東海子 投稿日: 2004/07/26(月) 02:02:53 ID:MGPCkPeE [ global221-192-153.aitai.ne.jp ]
畑瞬時 → 畑瞬治

兄が瞬一ってこと?
だからなんなのか、よくわからんが。

490 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:14:49 ID:4WDN0nbz0
>>481
10年ほど前に多治見の人間にピストルで撃たれたんです。
部落というものをあまりにもしらなすぎ、名古屋で打たれて、
愛知第二赤十字に搬送だよ、世間知らずもほどがある、俺怖いんです。
岐阜県警、、多治見警察署について調べてみなさいよ!
名張毒ぶどう酒事件とは、関係ある街だから。

491 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:17:18 ID:ofK9p6KB0
>>483
そう、抗体まで調べれば理論的には区別できるよ
でも裁判でその点を突くのは弁護側の仕事
裁判なんてゲームみたいなもんなんだから

492 :名無し:2006/12/27(水) 18:18:20 ID:jW9wq7s3O
真犯人は今も名張市に住んでいる

493 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:19:15 ID:YAOo6qJLO
奥西がやった証拠ないんだろ?
村民は、奥西にする事で事件を終わらそうとしてる。

494 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:20:32 ID:FsQQiPLx0
>>491
>でも裁判でその点を突くのは弁護側の仕事
証拠の真贋を見極めるのは裁判官の仕事。
その能力に欠けるやつが人を裁いてるのが現実。

495 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:22:13 ID:8KXmUHfW0
>>489>>490
だからそれがどうやったら俺の

>>>386
>いまさらだが帝銀じゃね?
>今のみずほ銀行の

っていう書き込みにつながるんだ?
俺の専ブラのレス番がずれてるのか
アンドロメダ瞬に恨みのある奴がPC2台使ってるのかどっちなんだ

496 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:29:11 ID:fHKNad0B0
死刑を支持するクズ野郎ども、おまえら、正義漢ぶってんなよ。おまえらの根底にあるのは、
憎しみ、憎悪、復讐だ。こういうものは、人間の中で最も忌み嫌われる感情だ。
こういう感情を持ったまま大人になったやつは、精神的に幼稚であり、脳が足りない。
極刑を求めて訴え続ける被害者の遺族どもの有様は、無様を通り越えて、哀れみすら感じる。
こいつら、復讐に注ぐそのエネルギーをもっと有効な分野に向けられないのかと。
それから、某ワイドショーに出てきた大学教授、こいつとんでもないキチガイだな。
元最高検察庁検事だかなんだか知らんが、応報刑を正当化しようとしている究極の馬鹿。
江戸時代からタイムスリップしてきた方ですか。とっとと元の時代へ返ってくださいw
応報刑などというものは、理不尽な馬鹿げた方法だ。「人の命を奪ったら自分の命で償え」などという。
そもそも「命で償う」って何なんだ?自分が死ぬだけだろ?死ぬことが償いになるなどという
思想は、無意味であり、理解不能な考え方だ。おまけに「被害者一人と加害者一人で命のバランスが
均衡」などと言っている。命の重さを天秤にかける考え方を持っていることに何の恥じらいもないのかね?
復讐心にとらわれている被害者遺族は、立派なメンヘルだから、精神科の診療を受けることをお勧めする。


497 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:30:33 ID:ziOi6oC+0
>生きたいために無実を訴えてるだけ

45年も放ったらかされてもう80歳だろ?
さすがにそりゃ無いんじゃないの?

498 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:31:44 ID:IgDQeWsA0
帝銀事件の平沢氏について担当だった元看守が週刊誌に記事として載せていたのを
読んだことがあるが、ある時、看守仲間同士で「平沢は有罪か? 無罪か?」の議論を
行ったところ、(自分を含めて)全員が「無罪だろうな」という意見で一致したそうな。

499 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:32:54 ID:ZTLCTtnN0
>>471
帝銀だね

500 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:34:00 ID:zocBp1ia0
マスコミの一方的な報道で「村の作った冤罪」とか言ってるヤツ
お前ら普段は「マスゴミ」とか言ってるくせにアホかよ
あんなもの完全な偏向報道だろが

小 野 悦 男 事 件 を 忘 れ る な

501 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:35:56 ID:wgIkGjX5O
誤認臭い。昔は自白と適当な証拠で逮捕してたらしいし…この年まで無罪主張してんだしなぁ。

502 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:36:15 ID:iUZGDs9c0
夜中にやってるドキュメンタリーを見たけど
確かに冤罪を前提にした番組作りだったな。
村人は最初から悪人扱いで、なぜ彼らが奥西を犯人だと思ったか等の
掘り下げはなかった。

503 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:36:36 ID:CjZWJGbJ0
毒カレー事件もそうだけど、町内会とか地域の寄り合いって怖いね
怨念こもっていそうだ

504 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:37:17 ID:RmOEo7tW0
つーか、この事件後の村人の態度と発言を見ると
奥西がやったかどうか、真犯人かどうかが問題ではなく、
この事件に至る奥西の行為、すなわち

「50人あまりしかいない村の中で不倫、あげく村内の人間関係悪くし、犯人は本人か関係者か知らんが
このような事件を起こさせる背景を作った張本人=奥西勝」

ということで責任取れと言うことだろう。

当時の極めて日本的な村の論理だがそういう意味では納得できる、村の和をくずした張本人に責任を求めるのは理に叶っている







もちろん現代の法に当てはまらないけどな





505 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:37:46 ID:uKe9S4Gr0
>>485
正論じゃないか。

506 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:37:52 ID:xT03PBN20
この事件って差別とか絡んでるの?

507 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:37:58 ID:v3GPZMEI0
お前らの論法だと林真寿美も無罪だよな
スプリング8のある時代で良かったわw

508 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:38:25 ID:ZHcyWJyR0
昭和の時代にもなって、夜這いを盛んにやっていたこの地域自体がおかしい

509 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:40:35 ID:iUZGDs9c0
いくら田舎でも昭和36年だと夜這いなんて表向きは廃れてるだろ。

510 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:44:19 ID:8KXmUHfW0
>>485
近代の刑事法だと「有罪と証明されるまでは無罪」と「疑わしい場合は被告の有利に」が
一応鉄則
多数決制陪審員の仕組みの所は、被告無罪の場合のみ多数決化とかある
(被告有罪の場合は全会一致必須とか)
無実の人が罪を被るよりは真犯人を逃す方がまだマシってことなんだろうね
日本の場合は「身の潔白を証明するまではアヤシイ」という風潮がどうしてもあるが
全部で1つの村社会みたいな国とも言えるのでそれもしょうがないというか…
(一度逮捕されると無罪釈放でも社会的に抹殺されたりする)

511 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:44:20 ID:tp0u3cLR0
>生きたいために無実を訴えてるだけ

それを言うなら村民が自分たちが犯人扱いされたくないから、
こいつを犯人扱いしてるだけ、とも取れるわな。
世の中、食うか食われるかなんだよ。
必死になって村民たちが自分を保身するのは人間の本能。
こいつが無罪だったら自分達が疑われるもんな。
確定的な証拠が無い限り1人の人間を犯人と断定してはいけない。


512 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:44:30 ID:nUqOz2EQ0
>>505
お前、犯罪者の臭いがするから死刑。

513 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:45:41 ID:5XxJ0GV50
もう無理だろ。
信実は風化してしまったというか。
人間の記憶は薄れるというか、心の防衛本能で変質してしまうこともある。

村人が奥西を真犯人だと思い続ける。
奥西が自分を無罪だと思い続ける。

45年も経てば両方とも確信してしまうだろ。

寿命を真っ当するまでそっとしとけ。

514 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:46:00 ID:DqEHSVte0
再審無罪になって地元関係者の引きつった顔を見てみたかった

515 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:46:57 ID:8sAXiPrbO
>>504
ここの村人って、北朝鮮やソ連でも、
十分なじめそうだな。

516 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:47:05 ID:gTKqfsjo0
しかし、最近のトレンドは
判決理由の前半と後半の矛盾を抱えたまま
有罪に。
こんでいいのかよ。

517 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:47:21 ID:rZfKI0UEO
ぶどうジュースー!

518 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:49:21 ID:tp0u3cLR0
>>513
検察も裁判官も心の中では
「頼むから、とっとと(さっさと)獄中で死んでくれ」
と思っているだろうな。

519 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:49:45 ID:nUqOz2EQ0
>>516
とりあえず有罪にしとこうってのがありありだよな。
とりあえずで人生変えられてたまるかっての。

520 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:53:27 ID:kM55RnwD0
興味を持ってちょこっと詳細を調べてみるとどろどろしすぎていて田舎ってやだわあと思った

521 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:55:00 ID:8sAXiPrbO
>>518
担当の検事や判事は、既婚者で扶養家族がいる奴が、
選ばれてるはず。喪や定年間近な人は、
外されるか、検察官なら事務引取権で、
仕事をとられていただろう。

522 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:56:00 ID:rjOG/7ip0
なんだか知らないが「あいつしかいない」で死刑にされちゃかなわんな
田舎のジジババは怖い

523 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:59:17 ID:2cd1wNh9O
この村コエー
他に真犯人いても村ぐるみで隠蔽してそう

524 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:59:40 ID:zhaVtbWW0
>>507
逆にこの事件時にスプリング8がなかったのが不幸

525 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:00:07 ID:8sAXiPrbO
>>522
喪男やオタも、迫害されるしな。
この事件を知れば知るほど、都会暮らしの喪で、
良かったと思う。

526 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:00:56 ID:8KXmUHfW0
>>520
色々とめんどくさいこととか怖いこととかありそうだよな
ただ、俺の婆ちゃんのケースだが、近所のババア友達が訊ねてきて
→ドア開けて呼んでも出てこない(田舎はピンポンせずに勝手に開ける)
→勝手に上がり込む(w)→奥の階段の下で転落して倒れてる婆ちゃん発見
→救急車呼んで、勝手に箪笥あけて入院支度まで済ませる
という事もあった。外れ者が徹底的に嫌われるのは団結が強い裏返しという面もあると思う。
先代、先々代が〜、とか平気でやってるしw
(俺の曾爺ちゃんにお世話になったという理由で定期的に野菜をくれる人がいたりする)

527 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:01:08 ID:krn/etn40
26年前の古い資料になるが、日本の裁判所の有罪判決率は99.8%だ。
いったん起訴されたらまず有罪は免れられない。
アメリカやイギリスで60%だから恐るべき高率だ。

いまでも裁判官は検察寄りなんだから、
昭和30年代ならなおさら検察や警察の言い分を鵜呑みにしてたろう。
一審で無罪だったのを見るといかにあやふやな証拠か判る。
真犯人かどうかは別にしても、確たる証拠が一つもないこの事件では、
無罪判決が当然だろう。

528 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:03:37 ID:8KXmUHfW0
>>527
それはアメリカやイギリスでは「とりあえず逮捕」するからだと思うw

529 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:05:46 ID:HHEGoJIO0
検察も裁判所も、真犯人かどうかはどうでもいい
とにかく自分の間違えを認めたくないだけって感じだな

530 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:06:01 ID:8sAXiPrbO
>>524
でかい遠心分離機だっけ?
文系脳より

531 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:07:04 ID:gB7WkyBE0
>>ぶどう酒を飲んだ女性五人が死亡
ここだけ読むと犯人は女のような気がするな
男ならこんな小さな村できちょまんを5つも奪うようなマネはしない
不倫してたらしいからなんか男女関係のもつれで女が毒持ったと推測

532 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:08:36 ID:4WDN0nbz0
畑末一

533 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:10:36 ID:4WDN0nbz0
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一



534 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:15:15 ID:qdu2OMu00
死刑囚として収監されてたから、過不足無い食事と規則正しい生活のお蔭で長生きできました。

535 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:16:09 ID:azypOrCQ0
地元の人間にとっては今更蒸し返されたくないし、
司法・検察側にとっても1度決まった事を取り消すという
選択はありえないという事かね 

536 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:17:55 ID:4WDN0nbz0
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一
畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一 畑末一


537 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:19:24 ID:nUqOz2EQ0
>>528
テレビドラマで刑事が「別件で引っ張れ!」と叫んでいたのは、遠い昔では無い。

538 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:23:33 ID:8sAXiPrbO
村人かビックルが、埋めにきてるぞ。

539 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:23:40 ID:Ryi1eC8U0
自分に対してでもウソを何百回、何千回、何万回と繰り返すとそれが真実と心の底から信じるらしい
死刑が怖くなりつき始めたウソでも何十年も言ってればその人にとってはそのウソこそが
真実という事になるでしょう 


540 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:24:01 ID:ZBrOMMeFO
>ID:4WDN0nbz0
いい加減にしろ阿呆

541 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:26:27 ID:5XxJ0GV50
>>537
というか、今は「銃刀法違反」が別件逮捕のオールマイティーカード。


542 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:27:26 ID:4WDN0nbz0
>540 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:24:01 ID:ZBrOMMeFO
>>ID:4WDN0nbz0
>いい加減にしろ阿呆

対象者がひっかって着てるようです。

543 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:29:06 ID:ZRB/ooD50
小 野 悦 男 は冤罪無罪獲得後、凶悪犯行を行い逮捕されました

当然、以前の犯罪も冤罪ではなく有罪と考えられましたがこれを再審する仕掛けはありません

小 野 悦 男 の弁護士は頭丸めて人権弁護士をやめました

小 野 悦 男 は再犯では結局、死刑にならず今も生きています




544 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:30:01 ID:OjPAX/SB0
 死刑執行後に「真犯人」が名乗り出てきたら…
裁判所や検察官らは間接的・直接的に責められそうだ。
法律上は問題が無かったとしても…

545 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:31:43 ID:MDDx2lbu0
監獄の中での人生の方が長いんだから、
今更シャバに出されても困るだけだろうなぁ

546 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:35:22 ID:5XxJ0GV50
>>544
奥西の死刑執行は絶対にしないのだけは1000%ガチ。

死ぬまで死刑にされないんだよ。



547 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:40:29 ID:nkADxj270
小 野 悦 男

1974年7月から8月にかけて、千葉、東京、埼玉で女性が強姦されたうえ殺害される事件が相次いだ。
「首都圏女性連続殺人事件」と報じられたこの事件では、
足立区の清掃職員・小野悦男(当時38歳)が別件逮捕されたが、やがて犯行を自白。

 91年4月、東京高裁は小野の殺人罪については「無罪」とした。
小野は16年ぶりに釈放され、「冤罪のヒーロー」として人々の涙を誘った。そんな小野だったが・・・・・。





都内の公園で遊んでいた女児(当時5つ)が男に首を絞められ失神するという事件があった。
男は「もっといい公園に連れていってあげるから自転車に乗りなさい」と別の公園に連れて行った後、いたずらしたという。
目撃証言から、少女殺人未遂の容疑で小野が逮捕される。小野は犯行を否定していたが、
同じ頃、小野の首なし焼死体に付着していた体液と小野のDNAが一致していた。

足立区一ツ家の都営東栗原住宅の小野の部屋の裏庭から腐敗した頭部と切断につかったと見られるノコギリが発見される。
切り取られていた陰部は冷蔵庫の冷凍室に入れられていた。
もはや小野に言い訳はできなかった。支援者たちは裏切られた結果となり、彼の元を離れていった。
http://yabusaka.moo.jp/onoetuo.htm



548 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:40:48 ID:azypOrCQ0
真相がどうあれ、奥西氏が無罪になっても、地元には居れない
だろうし、昔を知る地元の人間も納得しないだろう
真犯人が彼であれ別の人間であれ、とっくに老人だし
しかし何とかならんのかねぇ

549 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:44:01 ID:NLWxRSEP0
ここまで来たらもうただ己の名誉の為のみだ
覆れば司法・検察の名誉失墜、検察に口裏を合わせた人がバッシングを受ける
難しいね

この事件を扱った江川紹子の「六人目の犠牲者」は考えさせる本
暇な人は読んで

550 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:46:27 ID:UoSXaQYE0
>>462
>>466
>>472
浅野健一乙
お前らのせいで、5歳の幼女含む次の犠牲者が出たんだよ

551 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:47:03 ID:za5RHQFM0

検察・警察が信用できないのは歴史が証明している。
組織にいたことがある人なら分かるだろうが、一般的に見て奇想天外な事が
組織内では常識的な事になってる場合が多々ある。

552 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:47:27 ID:X2jpit7I0
奥西勝が報道陣の前でふともらした決定的な犯人しか言えない自白

「ちょっとした気持ちでした事がこんな大事件になってしまって」

この会見事実を弁護団はなぜか避けている。

553 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:47:32 ID:fK4kfQUJ0
>>548
地元からなんてとっくに追い出されてるよ
墓までぶっ壊されてるんだから
うっかり戻ったら鎌で殺されかねんw


554 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:48:53 ID:8TSYFKdY0
>>552
それは浮気って意味じゃないの?

555 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:49:02 ID:8KXmUHfW0
>>544
真犯人がいたとしても年齢的に自然死しててもおかしくないな
シャバに居たがために事故死してたりしてw

556 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:49:44 ID:jfzrb7u10
ワンギリじゃなくてワンレスの阿呆が沸いてるな

557 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:51:00 ID:iUZGDs9c0
支援者や支援マスコミも都合のいい事しか報道しないだろうし
当時どういう状況だったのか、客観的な視点の話が聞きたいもんだな。

558 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:54:36 ID:X2jpit7I0
>>554
ちょっとブドウ酒にでも農薬を入れてみるか,

559 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:54:50 ID:fK4kfQUJ0
あのあたり、いまだに土葬の風習が残ってるんだよな
近隣の村に嫁いだ人がマジで嫌がってた
山村の狭い土地だから前に埋めた人のところを掘って、また新しい人を埋めるんだとさ

560 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:54:57 ID:4WDN0nbz0
養子の娘、大学の法学部行かせてる様で、卒業後不動産業に就職したようです


561 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:55:45 ID:eBXK8B400
>>552
そうなんだよね。
自白の信用性と言うのがこの発言に元づいて判断されているから
ココを覆さないと通常は再審の道は開かれない。
検察や事件証拠つついたって何も解決しないんだが。

だからこの事件は他の免罪事件と違うんだよな。


562 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:56:19 ID:aTSxodfi0
県警本部教養課長の警視が車の出入り口のバーを壊す、本部長注意処分に 【富山】
http://www2.knb.ne.jp/news/20061227_9747.htm
http://www2.knb.ne.jp/news/asp/../video/20061227_9747_h.asx 【ニュース映像】

県警察本部の54歳の警視が今月20日の夜、酒に酔って富山市内の駐車場で出入り口のバーを壊し、そのまま立ち去っていたことがわかりました。
県警は、信用を失墜させる行為をしたとしてこの警視を本部長注意処分にしました。
本部長注意処分を受けたのは県警察本部の54歳の男性警視で教養課長を務めています。
目撃者の証言や県警の調べによりますと、この警視は今月20日の午後10時半ごろ酒に酔った状態で富山市の県民会館駐車場の業務用出入り口に設けられたバーにぶつかった後、両手でそのバーをつかみ地面に打ちつけて壊しました。
この警視はそのまま現場を立ち去り、目撃していた男性がパトロールをしていた富山中央警察署の警察官に知らせました。
事情を説明している最中にこの警視が再び通りかかりましたが、パトロールの警察官は県警本部の幹部だということが分かり、後から事情を聞けると判断したため、呼び止めなかったということです。
警視はそのまま家に向かいましたが、上司が迎えに行き、富山中央警察署へ送りました。
警視はバーを壊した翌朝、県民会館に謝罪し壊したバーの取り替え費用6万6000円余りを支払ったということです。
県警は、信用を失墜させる行為をしたとして、この警視を本部長注意処分にしました。
警視は「バーを壊した記憶がないが、目撃者もいるので自分がやったのは間違いなく、職員を指導する立場にありながら申し訳ない」と話しているということです。 
警察本部の岸田憲夫警務部長は「部下を指導すべき立場にある幹部が、このような事案を起こし誠に残念で再発防止に努めたい」というコメントを出しました。


563 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:57:10 ID:h2YCmUJ60
人殺しがゴネれば罪が消えるの?

564 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:57:55 ID:8sAXiPrbO
>>543
あとで別の事件が有罪になると、
前の無罪も、無条件で有罪にされるの?
いつから仕組みがかわったんだ?

565 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:58:46 ID:fK4kfQUJ0
そろそろ村人&ぴっくるの時間ですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ww

566 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:00:12 ID:eBXK8B400
>>564
何を言いたいのかよく解らないのでもうちょっとkwsk

567 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:01:12 ID:ywvWnfvj0
ここで第一村人発見
↓↓↓

568 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:01:57 ID:9agAKtLC0
>>552
ニッカリンは、水で薄めると猛毒性がなくなるらしいので
いたづらとして行ったら、大量殺人になったのか。

単にコーヒーに塩を入れるような感覚だったのか。



569 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:04:12 ID:NLWxRSEP0
裁判長:あなた、事件の日に○酒店で酒二升とぶどう酒を買いましたね
○○:はい
裁判長:それは何時ごろですか?
○○:四時半ごろと違いますか。その前後やと思いますわ
裁判長:そうしてそれを○○さんのところに届けましたね
○○:はい
裁判長:そうしてそれを○○さんの所に届けましたね
○○:はい
裁判長:あの時間は何時ごろです?
○○:○酒店を四時半としたら、四時四十分ぐらいになるし・・・
裁判長:あなた、四月十日に浅生事務官が立ち会われた検事の調べの際には
     二時から三時くらいの間に酒を買い、○○さんの所に届けたと答えられています
     記憶がありますか?
○○;記憶あります、それは勘違いです
裁判長:どういう勘違いをしていたのですか?
○○:絶句、答えられず

570 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:06:45 ID:4WDN0nbz0
>>563
そのとうり、有力者をどう抑えるかが、ポイント!
多治見市でも事例がある、時効を利用すればなんでもないようだ!
利口に生きよう!

571 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:10:27 ID:kw6sCQsC0
第二の平沢さんですか?

572 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:11:17 ID:eBXK8B400
>>571
そこまで無罪色が濃いわけではない。

573 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:12:28 ID:NLWxRSEP0
2週間同じ証言をしていた○○は突然四時半説を主張しだした
証言はボロボロであるが四時半説にしがみつく
何故ならそこが破綻すると全てが破綻するからだ

574 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:20:29 ID:X2jpit7I0
この事件の支援者連中,弁護士達へ。
いくらこねくり返しても,真実は一つ

奥西勝が犯人,検察は間違っていない。

575 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:21:28 ID:qdu2OMu00
林真須美さんも救おう。

576 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:23:06 ID:qH6140Xh0
犯人は情婦だと思ったけど。

勝さんに別れを告げられて、かっとなって自殺する事を思いつく。
憎い奥さんを道ずれにして心中成功。
私を捨てようとした勝さんにも復讐成功。

くふふ。

577 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:23:42 ID:iLMDrRfA0


  「羊たちの沈黙」を見ただろ。  

  犯罪者の心理は犯罪者が一番良く分かっている。

  真須美に聞けばはっきりするさ。



  

578 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:25:37 ID:tp0u3cLR0
>>574
決定的な証拠を書いてくれ、事実が知りたいんだ。教えてくれ。

579 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:26:00 ID:NLWxRSEP0
弁護人:あなたはそれから調書の中で、三月二十九、三十、三十一日、四月一、三、八、十二日
     までの間で、ぶどう酒の王冠を歯で抜いたと言っていますね?
○○:はぁ・・・
弁護人:そういう事を言った記憶はありますか?
○○:いつまでかは判りませんが、言うたことはあります
弁護人:口金を前歯で抜いて、なかなか抜きにくくて痛かったと言うてられるけれど、
     勘違いにしてはずいぶん念が入った勘違いと思ってな
○○:絶句、答えられず


580 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:29:36 ID:fTikPIvQ0
これ映画化するだろう。

581 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:34:59 ID:NLWxRSEP0
弁護人:勘違いということが分かるについて、他の人がこう言ってるから、そうするとわしが勘違いといえる状況だったのか?
     それとも自分で勘違いということを悟ったのか、その点どうですか?
○○:考えたら勘違いやったなと思いました
弁護人:自分でそういう風になったの?
○○:それは人から聞いたかも知れないが自分でそう思いました
弁護人:人から聞いたかも知れないって、人からどういうことを聞いた?
○○:調書に書いてあると思います、わかりません
弁護人:人から聞いたという事を調書に書いてあるの?
○○:答えられず

582 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:35:18 ID:nBPzfUGCO
愛人は死んだの?

583 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:46:57 ID:ZoDj7nku0
典型的な冤罪だろ
常識的に考えて・・・

584 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:53:45 ID:NLWxRSEP0
自供に拠れば、風呂場の焚き口で竹筒にニッカリンを入れたという。精米機の所に40ワットくらいの電灯がつけてあり、その明かりを頼りに準備を行った
裁判所は、この自白の信憑性を確かめる為、三十七年七月五日夜、自白の行動を再現する実験を行った

ところが、精米機の灯りは風呂場焚き口には届かず、手元が良く見えない。手探りで入れてみたものの、すぐに溢れてしまう
何度試みても、自白の様に全然こぼさず、竹筒の三分の二程度で止めておくよう加減することはできなかった

585 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:57:54 ID:J03f6ANE0
ヒント:おj

586 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:58:55 ID:jA+sYgQKO
>犯人は奥田死刑囚
まで読んだ

奥田氏ね

587 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:00:06 ID:NLWxRSEP0
この年の三奈の会にぶどう酒が出ることを勝は知らなかった
出ると分かったのは当日夕方、ぶどう酒を運ぶように言われた時である

588 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:05:00 ID:aZP2nGZZO
>>579
一応説得力はあるな。
>>581
って…弁護人は弁護する気があるのか?

検察側は誘導、弁護側はやる気がなく見えるのが何とも迷う…
何も答える気が無く見えるな…
実際やって反省してないか、
取り調べで検察に怯えたかか?

>>582
妻愛人+三名、お亡くなりになってます


589 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:07:14 ID:4kUPt/Qr0
奥西さんが無罪になったら、じゃあ誰が真犯人なんだ?ってことで
住民同士が疑心暗鬼になって村八分みたいな状態が再現されるから
やめてくれよ、ってだけでしょ。

590 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:08:33 ID:NLWxRSEP0
>>588
>>579の○○は実は被告じゃないのだよ

591 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:10:42 ID:NLWxRSEP0
>>581も被告ではない>>579と同一の人物村人の証言

592 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:11:20 ID:4WDN0nbz0
人殺しがゴネれば罪が消えるの?


そのとうり、有力者をどう抑えるかが、ポイント!
多治見市でも事例がある、時効を利用すればなんでもないようだ!
利口に生きよう!


593 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:19:04 ID:h2YCmUJ60
こいつが死刑にならなかったら犯罪者はみんなマネする

594 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:23:46 ID:jfzrb7u10
ID:h2YCmUJ60とID:4WDN0nbz0で仲良く語らっててくれ

595 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:27:15 ID:yGuEjfcD0
ここまで執行がないってことは、呆務官僚も冤罪を確信しているからだろうよ。
しかしそのことを口に出してしまうと、いろいろと司法の世界で問題が生じるんだろうな。
「誰々は確定判決を下した判事の後輩なのに・・・」みたいな感じで。
日本の司法が腐りきっていることの証明だな。

596 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:27:19 ID:DtzAC1UJ0
>>547
>同じ頃、小野の首なし焼死体に付着していた体液と小野のDNAが一致していた。
最近の司法は首なし焼死体まで犯人に仕立て上げるのかよ。www

マジレスすると、最初の裁判での自白偏重が間違い。

597 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:28:59 ID:xoy11V4r0
小 野 悦 男

1974年7月から8月にかけて、千葉、東京、埼玉で女性が強姦されたうえ殺害される事件が相次いだ。
「首都圏女性連続殺人事件」と報じられたこの事件では、
足立区の清掃職員・小野悦男(当時38歳)が別件逮捕されたが、やがて犯行を自白。

 91年4月、東京高裁は小野の殺人罪については「無罪」とした。
小野は16年ぶりに釈放され、「冤罪のヒーロー」として人々の涙を誘った。そんな小野だったが・・・・・。





都内の公園で遊んでいた女児(当時5つ)が男に首を絞められ失神するという事件があった。
男は「もっといい公園に連れていってあげるから自転車に乗りなさい」と別の公園に連れて行った後、いたずらしたという。
目撃証言から、少女殺人未遂の容疑で小野が逮捕される。小野は犯行を否定していたが、
同じ頃、小野の首なし焼死体に付着していた体液と小野のDNAが一致していた。

足立区一ツ家の都営東栗原住宅の小野の部屋の裏庭から腐敗した頭部と切断につかったと見られるノコギリが発見される。
切り取られていた陰部は冷蔵庫の冷凍室に入れられていた。
もはや小野に言い訳はできなかった。支援者たちは裏切られた結果となり、彼の元を離れていった。
http://yabusaka.moo.jp/onoetuo.htm



598 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:32:48 ID:Thpm798V0
>>183の事件ってなに?どんなんなん?

599 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:34:31 ID:4WDN0nbz0
人殺しがゴネれば罪が消えるの?


そのとうり、有力者をどう抑えるかが、ポイント!
多治見市でも事例がある、時効を利用すればなんでもないようだ!
利口に生きよう!


600 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:34:34 ID:GdOqjDjJ0
どう考えても冤罪だろう。
警察、検察、裁判所は取り返しのつかないことをした。


601 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:38:03 ID:R2HG+K9T0
俺、冤罪が晴れたら彼女と結婚するんだ

602 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:38:43 ID:aZP2nGZZO
>>591
あたまいた…
訳の分からない事件だな…
全部を見てないから仕方がないんだろうな

603 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:39:45 ID:Z0pn/Tv00
>>593
再審請求中でも冤罪の可能性がないと判断されれば死刑執行されるよ
あくまでこの件は冤罪の可能性が無視できないほどあると思われているんだろ

ttp://www.mizuhoto.org/seisaku/07back/0314.html

604 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:45:57 ID:4WDN0nbz0
Q 人殺しがゴネれば罪が消えるの?


A そのとうり、有力者をどう抑えるかが、ポイント!
多治見市でも事例がある、時効を利用すればなんでもないようだ!
利口に生きよう!


605 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:51:00 ID:TSuBS1jJ0
小さな集落の事件ってのは裏がありそうでこわい

606 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:53:46 ID:72QpjTK90
実際にやってなかったらどうすんだよ

607 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:55:49 ID:4WDN0nbz0
>>606
やった人間死んでます。

608 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:57:57 ID:cjVW6T820
名張のと無関係のコピペしてる奴なんなの?

609 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:58:37 ID:jfzrb7u10
構ってチャン

610 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:03:36 ID:4WDN0nbz0
昔、大量に捜査員来ました。オウム関係でまた捜査員、
>>608
君は幸せだよ。

611 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:03:49 ID:auxrKLVb0
一方、十歳で母ヤス子さん=同(36)=を亡くした鉄工所経営北浦幸彦さん(55)=同市桔梗が丘四番町=は「犯人がどう
とかは、くよくよ考えずに生きてきた。今日まで頑張ってこられたのは、母が早く亡くなったことが影響しているが、犯人が
誰かの関心はあまりない」と淡々と語った。


犯人はどうでもいいってなんか怪しくね?

612 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:04:16 ID:8TSYFKdY0
奥西本人がやってなくても嫁か愛人のどちらかの仕業だもんな。
巻き添え食って嫁さん失った人が3人もいるんだから村人は擁護するわけないよな。

613 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:04:19 ID:fD8x+EbC0
冤罪臭えな

614 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:05:54 ID:NLWxRSEP0
事件発生当初は、「村には犯人はいない」「村を騒がす新聞記者など出て行ってくれ」と語っていた
しかし村人はだんだん変わった
「奥西さんが犯人でないと困る」という空気が村落に広がった
そしてなんと、法廷での証言をすりあわせるために、警察も同席した会合に村びとたちが集まった形跡が伺われる

村を守ろうとしたスケープゴートになったんだよ

>>602
江川さんの本読んでみて
俺は日テレのドキュメントも見たがとにかく可哀想の一言だよ
思うに今更無罪出ても遅すぎる、もしもあの世があるのならばそこで無念を晴らしてほしい

615 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:07:03 ID:4WDN0nbz0
Q, 人殺しがゴネれば罪が消えるの?


A, そのとうり、有力者をどう抑えるかが、ポイント!
多治見市でも事例がある、時効を利用すればなんでもないようだ!
利口に生きよう!


616 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:09:09 ID:9aIZqXsL0
小 野 悦 男

1974年7月から8月にかけて、千葉、東京、埼玉で女性が強姦されたうえ殺害される事件が相次いだ。
「首都圏女性連続殺人事件」と報じられたこの事件では、
足立区の清掃職員・小野悦男(当時38歳)が別件逮捕されたが、やがて犯行を自白。

 91年4月、東京高裁は小野の殺人罪については「無罪」とした。
小野は16年ぶりに釈放され、「冤罪のヒーロー」として人々の涙を誘った。そんな小野だったが・・・・・。





都内の公園で遊んでいた女児(当時5つ)が男に首を絞められ失神するという事件があった。
男は「もっといい公園に連れていってあげるから自転車に乗りなさい」と別の公園に連れて行った後、いたずらしたという。
目撃証言から、少女殺人未遂の容疑で小野が逮捕される。小野は犯行を否定していたが、
同じ頃、小野の首なし焼死体に付着していた体液と小野のDNAが一致していた。

足立区一ツ家の都営東栗原住宅の小野の部屋の裏庭から腐敗した頭部と切断につかったと見られるノコギリが発見される。
切り取られていた陰部は冷蔵庫の冷凍室に入れられていた。
もはや小野に言い訳はできなかった。支援者たちは裏切られた結果となり、彼の元を離れていった。
http://yabusaka.moo.jp/onoetuo.htm


617 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:10:18 ID:4WDN0nbz0
Q, 人殺しがゴネれば罪が消えるの?


A, そのとうり、有力者をどう抑えるかが、ポイント!
多治見市でも事例がある、時効を利用すればなんでもないようだ!
利口に生きよう!


618 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:13:56 ID:jfzrb7u10
人稲になってから発狂か

619 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:14:32 ID:+INr8RZ00
真相は闇の中か
実際には無実なのに刑務所にいる奴はたくさんいるんだし
マスゴミの偏った報道だから分からないな

620 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:15:51 ID:4WDN0nbz0
真実一郎???????

621 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:18:35 ID:yR2tjTti0
80歳か、高齢だな
無実を勝ちとることだけが、生への執着なんだろう

622 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:19:00 ID:8KXmUHfW0
>>598
なんか漠然と俺も記憶したので探してみた
http://ameblo.jp/kakomonogatari/entry-10014242841.html
多分これのことかな

623 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:19:10 ID:4WDN0nbz0
>>619
その逆も居るんだよ、濡れ衣着せられた人が。

624 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:19:35 ID:ZHcyWJyR0
>>509
この地域は夜這いで夜中に人の出入りが激しかったから犯人特定が難しいと、
少なくとも昭和40年代までの全国紙は書いていた

625 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:19:58 ID:1J2rLxyb0
そのとうりが気になってしょうがないんだがw

626 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:22:13 ID:ttsWg9C40
>>625 同意
×そのとうり
○そのとおり

627 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:22:18 ID:DtzAC1UJ0
>>616
その件は、再審無罪は正当で、責められるべきは原審で自白に頼りきってろくに証拠を
揃えなかった警察や検察と、その言い分に盲従した裁判所だろ。

たとえ再審にならずにすむほど証拠が揃えきれなかったとしても、数ある迷宮入り事件
の数が一つ増えただけ。

628 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:23:26 ID:cjVW6T820
うーむ、他国の司法もこんな感じにメチャクチャなんだろうかねぇ

629 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:24:20 ID:4WDN0nbz0
Q, 人殺しがゴネれば罪が消えるの?


A, そのとうり、有力者をどう抑えるかが、ポイント!
多治見市でも事例がある、時効を利用すればなんでもないようだ!
利口に生きよう!

630 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:24:55 ID:8s1Cgh5C0
判決確定後なぜ34年も執行されなかったのか?

この事件はこの一文に尽きる。
答え 法務省自身冤罪くさいと思ってるから。でも過ちを認めちゃうと人一人の人生を台無し
    にした責任を誰かが取らなきゃいけなくなるから

631 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:25:02 ID:wEj48yaZ0
まあ、これだけ無実を訴え続けると、本人にも真実が分からなくなると思うよ。
無実だ無実だと叫び続けると、記憶がかってに変わってしまう。


632 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:25:39 ID:4HYIgTKFO
>>629
おばかさん(^_^)

633 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:25:50 ID:yR2tjTti0
再審を認めることは、最高裁裁判官の死刑判決に異議を唱えること
格下の高裁が、上に逆らうことになる
再審を認め、その後出世した裁判官はいない

なぜ誰も指摘しないのか

634 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:26:13 ID:za5RHQFM0
この事件詳しくはないが、一審無罪の論拠は?

状況証拠以外の決め手の物証はあるのかい?

635 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:30:11 ID:4WDN0nbz0
真犯人はもうすでに、死んでいる。

636 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:30:26 ID:DtzAC1UJ0
>>633
でも、特別抗告までいって再審が認定された場合は、上も認めたってことじゃ?

637 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:30:51 ID:za5RHQFM0
まぁ今でいうなら東電OL事件みたいな感じか

638 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:35:28 ID:ZoDj7nku0
>>634
誰がどう見ても無罪なんだよ
真犯人が誰かというのはともかく奥西勝さんが犯人だという証拠がない
高裁の判決が異常なだけ

639 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:35:57 ID:za5RHQFM0
>>630
1毛でも冤罪の可能性がある限りね。
執行した後で真犯人が判明したりしたら上を下への大騒ぎ阿鼻叫喚だからねw

640 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:35:58 ID:4WDN0nbz0
この事件ロータリー関係の人が調べてるね。2630地区ではシビヤです

641 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:36:18 ID:OZouVmek0
津山三十人殺しもこの事件もそうなんだが田舎者の思慮の浅さ
と閉鎖的な思考回路が齎した悲劇って結構多いよなー
あの伝説のマット殺人事件も村八分が原因

642 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:38:05 ID:CK5Xy72q0
>>64
奥西の嫁か不倫相手しかおらんやないか


643 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:42:34 ID:memisSMX0
80じゃもう死刑で死んでも十分に大往生な気がするw

644 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:46:51 ID:4WDN0nbz0
Q, 人殺しがゴネれば罪が消えるの?


A, そのとうり、有力者をどう抑えるかが、ポイント!
多治見市でも事例がある、時効を利用すればなんでもないようだ!
利口に生きよう!

645 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:48:08 ID:xDeWNosu0
>>642
奥さんなら使った毒は家にあるものになってしまうので
被告も入手できるはずになってしまうので違うと思う

646 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:49:01 ID:5Xb8ZGKC0
平成だぞwぉぃw

647 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:50:15 ID:za5RHQFM0
帝銀事件平沢の執行書類をある大臣に出したところ、それまでポンポン判子押してた
大臣が「おっとこいつは無罪じゃないか」と言ったという。

誰だろうな後藤田辺りかw

法務省は裁判所の判決など少しも尊重してないのがよくわかるなw




648 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:52:01 ID:CK5Xy72q0
三重県警って、殺人とか成人の行方不明事件とか未解決事件多いのに、
60年代にまともな捜査能力あったのかと。
隣の岐阜県から見てて思うわけですよ。

649 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:52:32 ID:7neRdfPT0
地元民からすれば
揉めるから昔の話を蒸し返すなやー、ってところなんだろうな

650 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:54:50 ID:tWUJ5kgw0
もうすぐ生き別れの弟が同じ刑務所に入ってくるんだろ

651 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:55:32 ID:/0N/9jvx0
後藤田法相の頃は平沢はもう無くなった後では?

652 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:00:23 ID:za5RHQFM0
>>651
うむ。wikiで調べたところあなたのおっしゃるとおりでした。

653 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:01:15 ID:hTbzT32B0
弁護側が出してきた証拠の反証は出したのか?検察は

654 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:02:25 ID:scrHtXpoO
そもそも、この死刑囚は、なんで自白したの?

655 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:03:23 ID:Pa2WjtQg0
>>642
残りの3人については?

656 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:04:50 ID:CK5Xy72q0
>>644
私怨で描くなら伏字にしてないで、思いっきり書けばいいのに。
うっとおしいなぁ…

>>645
奥西被告が証言でニッカリンTを使ったと言った(言わされた)ので弁護士側が反証するために、
同時代に生産された違う農薬を探し回ったら農協から出てきて、成分検査したらしいが。
だったら、農協勤めであれば入手出来たんじゃないのかと思ってんだけど。
奥さん以外の犯人もあるとは思うけど、動機が「愛人と旦那困らせたかった」とかだったら
死ぬとは思ってなかったとかさ。

657 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:04:55 ID:9sZ0uT6w0
当時の警察の取調べといえば拷問に決まっておろう

658 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:04:58 ID:J4fbuW840


この裁判は日本共産党の存続をかけた裁判でもあるからなあ

659 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:08:15 ID:CK5Xy72q0
>>655
巻き込まれただけじゃないの?
嫁と愛人が同席する酒の席ってそうそうないから、どちらにとってもチャンスだと思うけど。

660 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:11:51 ID:qHqvyK1P0
赤い農薬を白ぶどう酒に混入して、誰も気づかず
17人が中毒し、そのうち5人死亡、か

661 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:23:05 ID:zhaVtbWW0
検察のおかしい点を検証番組やってたけど
・王冠を歯であけた>歯形が一致しない
・封緘紙が開けられていない>封緘紙を開けずに王冠を開けることが検証済み
・5時にぶどう酒が会長宅へ届けられた証言>4時以前に届けられた証言
・農薬ニッカリンを使用>検察のとは違う農薬だった。

こんなかんじだった。
冤罪かどうかはしらんが、検察が正しい検証を行ってないことは違いないな。

662 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:25:00 ID:4WDN0nbz0
この事件、白ブドウ酒だと、薬物からしてロゼになるだろう?
証言があいまいだ!      



私恨ではない。 馬鹿にするな!!!!!

663 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:26:13 ID:3w9NE8QK0
>>647
1960年代の法相で、田中伊三次。
1日に23人の執行書類に署名したことがあるとか。

664 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:29:16 ID:4zFTaIlz0
>>662
確実に馬鹿
一目でおかしいとわかるくらいの量を入れなくとも
致死量になる場合もあると考えられないの?
コピペいい加減にうざい

665 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:30:23 ID:jfzrb7u10
あぼーんすれ

666 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:31:47 ID:PFqafn5m0
http://www.alonetogether.jp/newpage14-jijii14.htm
「そして、現在では到底考えられない事であるが、奥西 勝は警察に自白して後、詰め掛けた
多くの「記者団と一門一答の面談」をしているのです。少なくとも全国紙であればその時の
記録は存在する筈であるが、何故にこれが表面に出てこないのかまことに不可思議である。
あの日、奥西 勝が記者団に、「ふと思い立ってやってしまったが、捕まるとは思っていた」
と言い、涙ぐみながら「罪の償いをしたい」と言ったのは一体何だったのか。」

?????
事実を確定するのは難しい。これを読んで私は頭が痛くなってしまいました。
これを書いた人の妄想?

667 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:32:59 ID:sQ1LkAn80
再審になったら何か都合悪いの?
本当に有罪なら再審しても有罪が確定するだけじゃないの?
ここまで時間かけて今さら再審になったら時間がかかるも無いでしょ。

668 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:33:34 ID:bojoFUI50
ニッカリンTの致死量  0.06〜0.15g
青酸カリの致死量    0.15〜0.3g


色が変わるほど入れてない?

669 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:35:21 ID:4WDN0nbz0
>>ID:4zFTaIlz0
>>ID:jfzrb7u10

俺の立ち上げたホームページに書き込みしなくてもいいよ今すぐ消えてくれ。。

笑い

670 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:43:35 ID:PFqafn5m0
ニッカリンTを被告が売ってもらったと自白したのに対して売主はこれを否定していたが、
後に被告との対質でこれを認めた。もちろん、被告が購入していなければ
混入はできないわけで、どうしても購入したといわせる必要が警察にあったとことは
間違いない。自白させられてしまった。

671 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:45:37 ID:ytCJi4uf0
45年も刑務所にいるくらいなら死んだほうがマシだわ俺は

672 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:47:48 ID:kfipBcEzO
事件を知る大半が冤罪だってわかってるのに・・・

673 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:50:38 ID:B5psEX8v0
>>672
「大半」って何人くらい?

674 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:51:09 ID:5M6GN1t50
再審再審でいつまでやるんだ。
裁判にも税金と時間がかかるんだよ。
三審制否定するのか?
諦めの悪いじいさんだぜ

675 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:52:04 ID:Uw5Rakk90
45年も前の事件なのか…。死刑囚といっても80歳じゃね…。

676 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:52:54 ID:gTKqfsjo0
どう考えても
ニッカネンはアホネンより格上。

677 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:55:23 ID:NLWxRSEP0
冤罪なんてそこらにころがっていますよ・・・
俺の幼馴染はやってない珍走行為で少年院に行ったからな三年間
アフォが自分の身を守る為に売ったんだが(仲間を白状すればお前は少年院入らなくてもいいぞ)
他にも、詐欺事件の共犯として新聞に名前が載り社会的に抹殺されたやつもいる
その後、無実が証明されたがそんなの報道もされないから社会的にあぼーん

まぁ己の身に災難降りかからない事を祈ろう


678 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:55:37 ID:8BbUUeOv0
そら犯人はやってないって言うわな。
こんなん信じてるやつは相当お人好しだな。

679 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:58:08 ID:xDeWNosu0
>>678
犯人じゃない人間もやってないって言うわなw

680 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:59:17 ID:NLWxRSEP0
>>678
犯人じゃないからこそやってないと言うわな
脳足りんに付ける薬はないわな

681 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:59:28 ID:za5RHQFM0
犯人じゃない人間もやりましたって言いますよw

682 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:01:35 ID:G7OMfoWhO
被害者の連れ合い数名が共謀でやったんじゃね?
それなら納得できる。

683 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:04:04 ID:8NnV5zeX0
>>26
白と赤を混ぜてロゼ!ロゼ!と言って勧めるも吉

684 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:04:59 ID:ZRzWC5P30
死刑判決が出たら即執行。時間をかけるから再審請求されるんだよ。
法務大臣はさっさと死刑執行書に署名しろ。

685 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:07:35 ID:0W1ae4Er0
被告の主張する「妻犯人説」についてはどうよ


686 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:07:52 ID:7hJXiDW50
>>678

犯人が死んでいる場合は、やっているともやっていないとも言わないな。

真犯人が死んでしまったのに、つまらんプライドで捜査を続けて冤罪続出なのが、1950〜1960年代の日本。

687 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:09:25 ID:9y2DCQlJ0
いじめが原因で中高生が死んだら、世間は(特に2ch)
「いじめられる側に原因がある。」って言うだろ。
同様に、この容疑者が村中から犯人呼ばわりされるのはこいつの自己責任。

688 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:10:40 ID:tNTK9ug+0
>>684
>>685
>>686

真犯人はそう言うだろうな。

689 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:15:16 ID:u1u3ppMm0
>>687
原因は様々ではないのか?

690 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:16:30 ID:qMKEAeuA0
甲山事件とかも酷い事件だったな

無罪判決が出ても池沼の子供の証言を正しいとして検察は上告
20代前半だった被告が無実になったのは50代になったときでした

691 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:18:17 ID:epuzmUVQ0
>>690
貴重なマンコが長年拘置所暮らしだったとは・・・

692 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:18:47 ID:mJHun4XT0
>>690
無実にはなってないから

693 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:21:43 ID:J7khx0fO0
奥さんがやったって言うのを被告が言ったというのは本当?
確かサリン冤罪の河野さんのときも
警察リークで 奥さんが何かやっていたかもしれない 
などと河野さんが言っていたという、報道があったけど
それと同じ感じがしてしまって。
マスコミは事件3日後の31日にもう被告が怪しいという報道を始めていたというから
もう、その時点で警察は決め付けていたんだろうな


694 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:22:26 ID:tNTK9ug+0
真犯人の子供や孫は、すくすくと育っています。

695 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:23:55 ID:mJHun4XT0
>>694
真犯人って誰よ?

696 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:24:06 ID:XSkhobue0
誰かの歯型のついた王冠

浄化槽の重い蓋は誰が開けたのか


永遠の謎として残るのか?

697 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:27:23 ID:e4IJ50gv0
>>623
去年、守谷駅痴漢冤罪事件というのあった。
女子高生の証言だけで捕まえ、冤罪。


698 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:31:52 ID:mJHun4XT0
>>697
痴漢冤罪で無罪になった奴が、隠し撮りかなんかで捕まったこともあったよな

699 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:32:06 ID:eI56PNQM0
甲山事件は最初の子はホントに事故だったかもしれないけど
次の子は学園関係者の誰かが落としたとしか思えないな。
この事件と同じく犯人は限られた人の中にいる。


700 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:33:06 ID:U7MQscp+0
とりあえずマスコミか共産党あたりが法務大臣に質問しろよ
「なぜ確定後35年も放置されているのですか?有罪だと思うならあなたが死刑執行
命令書にサインすればいいでしょう」って

701 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:35:13 ID:7sNZvY5OO
>>696
あれ
一人じゃムリだろ

工具もないし



702 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:35:29 ID:tNTK9ug+0
真犯人の子供も孫もすくすくと育っていますよ。

703 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:36:53 ID:e4IJ50gv0
>>698
ネットワークの奴だね。

守谷の場合は、痴漢されたあとすぐではなく、
数日たってから駅でこの人が犯人といわれ、連れて行かれた。
ホームページに詳細が書かれているな。


704 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:39:28 ID:ilVw21reO
遺族達は生きたいと願う人を殺すんだね。最低だよ。命は誰にも平等に与えられているのに

705 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:40:30 ID:E730AgnN0
いまだに自白に証拠価値などと。
ましてや、「犯人が別にいるわけがない」とはw

706 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:40:48 ID:d0COKNxP0
米国でDNA鑑定によって受刑者らが無実を証明されるケースが相次いでいる。
こうした受刑者の救出活動をしている非営利組織「イノセンス(無罪)プロジェクト」
(IP、本部・ニューヨーク)によると、89年以降、有罪判決が鑑定によって覆った
のは188人にのぼり、死刑囚も14人含まれる。(中略)
IPによると、あいまいな目撃証言、真実でない自白が冤罪の主な原因だという。
ttp://mytown.asahi.com/usa/news.php?k_id=49000000612140013

707 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:41:09 ID:ZUXYsdKW0
>>702
真犯人の子供や孫が育ったらいかんのか?

708 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:43:16 ID:tNTK9ug+0
>>707
当事者に言ってくれ!

709 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:44:31 ID:mJHun4XT0
つーか、だから真犯人って誰よ!?

710 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:45:27 ID:ZUXYsdKW0
>>708
逃げるなよ。書き込んでいるお前に聞いてるんだから。

711 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:47:01 ID:UuNl2PeK0
逮捕されてからどころか、関係者事情聴取の段階で自白してるんだからなぁ。

712 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:48:22 ID:W897p3gvO
>>709
おまえ おまえ

713 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:50:25 ID:d0COKNxP0
植草先生は当初は「私は女性が不快に思うことをやりました」と容疑を認めたにもかかわらず、
一転「天に誓ってやっていない」と無罪を全面主張されてますが、どうなんでしょうか?

714 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:51:43 ID:/XU84BrA0
>>700
ダメ!
それやっちゃうとホントに押しちゃうから。
で、生きてるときは支援してた支持者達もあれよあれよと言う間に離れ
この事件がジャーナリストのメシの種にしかならなくなる。
こういうのは死刑囚が死んだら負け。

715 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:52:32 ID:piRPbx980
>ID:tNTK9ug+0

おまいのレスは何が云いたいのかさっぱり分からん

716 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:53:20 ID:nQgL9Clf0
こういうのにイラついて信長は伊賀の焼き討ち行ったんだな

717 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:54:08 ID:UCngw7Wt0
事件はケースバイケース
あの事件はああだからこの事件もそうなんだよ!
馬鹿は震度家よ

718 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:55:09 ID:ZUXYsdKW0
>>715
ID:tNTK9ug+0=ID:4WDN0nbz0
とすると多少納得がいくぞ。
状況証拠だがね。

719 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:55:10 ID:tNTK9ug+0
昭和20〜30くらいいの三重県と岐阜では現代では想像しがたい
ヘイキチ。。国道をたどれば逃げ道がわかる。
と、ロータリーのおじさんは言っていた。

720 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:58:20 ID:1Cm/uLLl0
ヘイキチ? ・・・僻地のこと?

721 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:00:45 ID:d0COKNxP0
名張って百地砦のあった所なんだよね。

722 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:01:12 ID:E730AgnN0
被告も検察も主観的な主張に証拠価値はない。
万人が納得する物理的証拠のみ価値あり。

723 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:01:26 ID:UCngw7Wt0
>>718
そいつは所謂馬鹿なレス汁事を生業とする人、アレだから相手にしないようにしよう、うん

724 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:02:38 ID:p4z/NHSw0
>>722
じゃ、林真須美も無罪ということで

725 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:02:46 ID:H+6DL19b0
周りの人間が「奴に違いない」って言ったら証拠なんかなくても死刑か
すげーな

726 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:03:24 ID:6y246Cn70
そーいえば真須実はどーなったんだ?

727 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:03:32 ID:TmD9sUxk0
あいまいな目撃証言、真実でない自白が冤罪の主な原因だから
悪いのは地元住民。

728 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:05:17 ID:kzP12oAf0
どうでもいい話だけど。。
奥西容疑者てかなりイケメンだったんだね

729 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:05:43 ID:p4z/NHSw0
>>725
>>727
じゃ、林真須美も無罪ということで

730 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:05:45 ID:ZUXYsdKW0
>>723
そうだね。アレな人がいるからこういうモンが検討されるんだよなぁ。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167214094/

731 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:06:36 ID:YF2Tv2Mg0
何十年も前の事件で死刑確定しているのに、まだ生きているのかよ・・・。
これで老衰やらで亡くなると死刑判定の意味がなくなる。

732 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:07:36 ID:E730AgnN0
>>731
法務省に意見しろ

733 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:07:46 ID:p4z/NHSw0
>>726
我らが安田弁護士が主任で、最高裁を残すのみとなりました。

734 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:11:37 ID:6y246Cn70
>>733
d。
無罪になったらすげーな。

735 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:17:18 ID:UCngw7Wt0
何で他の事件と混同させようとするのかね・・・
事件は一件一件違うのにね
姑息だね

736 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:19:02 ID:y9AQGnsq0
>日本の裁判所は正しい判断を下した

なんで日本人なのにわざわざ日本のなんて言うんだ?

737 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:21:35 ID:d0COKNxP0
名張の上忍・百地三太夫配下の下忍だったのが石川五右衛門。
五右衛門は三太夫の妻と密通した上に妾を殺害して逃亡したとされている。
「忍びの者」では五右衛門は三太夫から濡れ衣を着せられ、利用される
というストーリーだった。

738 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:22:27 ID:qMKEAeuA0
冬休みの学生さんには昭和を知らないんだよ
いい加減なことが平気でまかり通っていたことを

739 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:28:39 ID:J7khx0fO0
>>711
とりあえず自白させてから逮捕だろ?

740 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:32:57 ID:kzP12oAf0
>>157
再犯は幼女へのいたずらと首絞め失神&同居女性殺しだっけ
同居女性殺しのやり口は、以前無罪になった事件ととても似ていたとのこと。
前のも自分でやってタンジャン。冤罪じゃないやん。orz

741 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:34:55 ID:p4z/NHSw0
真須美さんは自白もしてないのにねえ、死刑なんてひどいよ (ノД`)・゜・。

742 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:35:52 ID:2b2T9aAr0
もう冬休みなんだな。悪い奴→犯罪者ではないんだよ。御殿場事件とか知ってる?
刑事訴訟法の根本精神は、「無辜を罰せず、真実の究明」だよ。とうに単なるお題
目と化してるけどね。
昔、刑事に「俺たちは木の股からでも赤ん坊を生ませることができる」と真顔で言わ
れた時は血の気が引いたね。

743 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:37:14 ID:E730AgnN0
>>741
関係ない話いつまで続ける気だこの池沼がw

744 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:42:39 ID:p4z/NHSw0
そうかなあ、他の冤罪事件は関係ないと思うけど
名張事件とヒ素カレー事件は似通ってるし、大いに議論の余地があると思うけどなあ。

745 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:44:10 ID:p8NBo1vm0
NG推奨カレーピザ:ID:p4z/NHSw0

746 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:53:02 ID:E730AgnN0
>>744
ま、確かに一理あるがw
今の裁判所は状況証拠のみでも完璧と判断すれば有罪に取る。

747 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:55:16 ID:J7khx0fO0
>>744
カレー入れるのに使ったコップと真須美の家からでた亜ヒ酸が同一の物と
科学的に同定されてるから
今回の事件で言えば、ぶどう酒に使われた毒が自白した農薬だと同定されたようなもの
それなら、ここもさっさと死刑にしろって声が多くなったんだろうね

748 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:57:50 ID:mSzcZK7g0
結局は>>87の人が言ってるのが全てなんだろ?

そういえば恵庭の時もどこぞの団体が強硬に冤罪を主張してたよな
まあ社民の支持者と同じでホンの少人数だったけどね

749 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:01:24 ID:E730AgnN0
>>748
全然すべてじゃないだろ。自己顕示でそんな事言う奴もいるはず。

750 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:04:43 ID:mSzcZK7g0
>>749
じゃあ>>552は嘘ってコトか?

751 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:05:01 ID:p4z/NHSw0
わかったよ、もう何も言わないよ (ノД`)・゜・。
こういう感じで反対意見を封殺することによって、名張の村民達も安心感を得たんだね。
昔も今も変わらないよ (ノД`)・゜・。

何で事件から一ヶ月以上も経つのに、台所の流しの下からヒ素の付いた容器が見つかるの?
しかも、90人かけて四日目に見つかるなんて、どんだけ広いんだYO

752 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:07:21 ID:J7khx0fO0
>>750
事実なら、なぜ現在報道されてないの?


753 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:08:47 ID:E730AgnN0
>>750
そんなことは言ってない。「自白」はなんら客観的証拠にはならないってこと。



754 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:11:12 ID:/tDkLBFr0
群馬県警巡査が「新保田中独身寮」の寮費80万円着服
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/061227/jkn061227009.htm

群馬県警は27日、独身寮の寮費80万円を着服したとして、業務上横領の疑いで、高崎署地域課兼刑事2課の巡査、加辺健太郎容疑者(29)=群馬県高崎市=を逮捕した。
加辺容疑者は、消費者金融5社などから約500万円の借金があり、「衝動買いする癖があり、借金返済のためにやった」と容疑を認めている。
調べでは、加辺容疑者は8月下旬から11月下旬にかけて4回にわたり、入居していた「新保田中独身寮」(同市)の寮費として、同署会計課から預かった現金計80万円を横領した疑い。
独身寮では7月にも、同署男性巡査=当時(20)、懲戒免職=が、同僚2人の部屋から現金計約18万円などを盗み書類送検された。
倉木豊史警務部長は「連続発生したことを重く受け止め、再発防止に全力を挙げて取り組む」と謝罪した。
(2006/12/27 21:24)


755 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:14:59 ID:mSzcZK7g0
>>753
"言ってない"ってのは、この容疑者が当事者と取れる証言は言ってないってコトじゃなくて、
当事者と取れる証言をしたが、それは証拠にはならないってコトだよな?

756 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:17:00 ID:E730AgnN0
>>755
そうです。

757 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:19:30 ID:8rNC8/t00
田舎の農家なら農薬なんてどこでもあるだろう
今はどうか知らないけど、自分が小さい頃は(25年くらい前)、
実家の納屋にいっぱい置いてあった。
じーさんが農協とかで買ってたんだが、誰でも買えたし。
ラベル色がいろいろあってきれいだなと思って並べて遊んでた記憶がある。
ちなみに、名張じゃないけど同じ三重県。

758 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:21:03 ID:uZZHmvFK0
>>746-747
俺も和歌山事件には疑問持ってる
住民の目撃証言もあいまいだったし検察の立証責任を果たせた
とは言えないと思うんだよな
林真須美だけしか入れられないと合理的疑いの余地がないと
いい切れないと思う

まぁ、社会的に広く知られた案件はその影響も考えて罪が重くなること
多いし、俺が裁判官でも無罪にする勇気はないけどね


759 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:22:39 ID:4Bs8FOBrO
高齢者の〇〇知ってる?はマジでうざいな

何が言いたいんだ




760 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:22:51 ID:mSzcZK7g0
こういう議論は面白いんだけど、もう寝よっと

761 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:26:12 ID:VzHSXcAR0
ワインたって赤玉ポートワインだよ
ちょっとアルコールの入った清涼飲料水っぽいやつだ
まあ、それだけの人数しかいない村で
ほかに動機もなければってなればそういうことでないの
当時の捜査技術の限界ってもんがあるからなあ
80歳まで生きたら、死刑になっても逆にかまわんだろうに


762 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:30:15 ID:7oROjdTG0
>>740
それ、支援してた馬鹿どもはどうなったのだろうか?


763 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:30:17 ID:p4z/NHSw0
最後に

中井鑑定は、亜砒素酸に、他の微量元素が、どのように含まれるかを、明確な「数値」ではなく、「グラフ」によって
「似ているかどうか」を判断するというものであった。この判断は、そのグラフをどう見るかという主観によって結果が違ってしまう。
そこで、弁護団としては、数値の比較による再鑑定を請求し、01年11月5日に、「谷口・早川鑑定」が提出された。
そこには、カレーの中の砒素と林家のプラスチック容器の砒素は同一とはいえないという記載があった。
ところが、裁判所は、弁護人に内緒で、鑑定人に再鑑定を要請し、11月15日付(補充)、11月22日付(訂正)という、
ふたつの鑑定書が出された。すると、今度のものは、同一性を認めるという傾向の強い内容になっていた。

憲法違反だよ(ノД`)・゜・。

後は2chのヒーロー安田弁護士に頑張ってもらうしかないな(いつもたくさんレス付くし)

764 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:30:51 ID:a8dYEctHO
冤罪なのかホントに犯人なのかは俺にはわからんが、罪があってもなくても殺されてしまう人も沢山いる時代…人間というか生きてるモノ達のサガだよな 悲しい事だけど

765 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:31:04 ID:Utr/Tmnv0
今一番困っているのが当時の村の人達
オラたちに火の粉がかかって来ない様早いとこ口封じろって思ってるに違いない
鑑定技術が進んで証拠が次々と覆されているしな

766 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:33:51 ID:7f5K9LRL0
もういい加減尋問での自白剤の使用を許可したらどうだ?
国会の承認に基づく最高裁の許可が必要、とか制限設けてさ
実際には打てば何でもペラペラ喋りだすってわけじゃないみたいだけど、
訓練積んだ尋問官と専門医が使用すれば効果あるんだろ?

人権人権って、真実の方はどうなるんだっつーの
人の命が懸かってるんだから、非常手段を用いてでも白黒きっちりつけろよ

767 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:34:50 ID:YGjd/wMB0
現地は県境というか、民家の真ん中を県境が通っておる特殊な地区

768 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:39:24 ID:Dqo6+4bl0
>>766
残念だが、日本の警察は信用するに値する組織ではない

769 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:43:36 ID:SQbz5CG4O
>762
小野悦男ですな。ググればイパーイ出てくるでよ。

770 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:44:49 ID:AeuMTGJy0
>766
可能性は低いが、自白剤で人の命が奪われることもあるのよ。ショックとかで


771 :名無しさん@6周年:2006/12/28(木) 02:45:08 ID:bS06m5B/0
昔のK札わな・・ いい加減だからな
チョンの国でもあるだろ
殺人の追憶 あれと同じだろ

いい加減な捜査で勝手に犯人を決めつける
昔のK札だからな

真相はわからんよ


772 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:54:20 ID:JrnbOPqH0
あの被告の顔を見てみろ。後ろめたさが表れてる。
だから、犯人の可能性が極めて高いと思うよ

773 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:55:35 ID:21jb6T3U0
とっとと執行しろよ。

774 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:55:40 ID:EQxrrX9y0
どれが真実で何が嘘?

いくら考えても私たちに答えは出ない

貴方の答えは嘘?真実?・・・いずれ貴方が知るでしょう

それでも今はただ名誉の為に戦いなさい




それだけが貴方に残されたもの

775 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:06:25 ID:hB1l7U2a0
>>157
それは確たる証拠を持って来れないほうが悪いんだろ
証拠が無かったら無罪となるのはおかしいことではない。

776 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:08:40 ID:J7khx0fO0
>>766
それ昨日も否定されてただろ
よっぱらっているようなもんだから
自白剤は誘導されやすいって

777 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:15:40 ID:TYbdrv2O0
>>761
>ワインたって赤玉ポートワインだよ
ちょっとアルコールの入った清涼飲料水っぽいやつだ

どうでもいいが、これ誰に対するレス?
または、そのあとの文章となんか関係あんの?意味わかんね

778 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:19:40 ID:CECSqAW/0
流れぶったぎりだが

もし、自分が、不倫or二股かけていて
そのせいで、周囲の人間関係もやばい
何処か引っ越そうにも、宛てもない。

どうする、そんなとき?


779 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:32:40 ID:ffshZOt90
>>762
第二東京弁護士会 会長 葉 山 水 樹
ttp://niben.jp/13data/1999data/seimei-onojiken.html

浅野健一
ttp://www1.doshisha.ac.jp/~kasano/FEATURES/OTHERS/oda.html


アホの見本市ですよ

780 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 05:26:01 ID:eM/JuEY70
>>778
直接的な返答じゃないけど
奥西の性格から考えると
二股ではなく三股をかけてたor次の女を探せばいいや
じゃない?
とにかく自分の性欲を満たしてくれる女はキープしておきたいんだから

781 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:26:18 ID:hh8gnrdg0
奥西が言うには真犯人は奥西の女で、この女をかばうために奥西が嘘の自白を
したそうだ。


782 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:55:51 ID:RL/YWQ/40
>>781
こんな言い訳信用するかよ
心証最悪だなw

783 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:11:59 ID:d0COKNxP0
事件後、容疑者として先ず疑われたのが奥西勝死刑囚と「三奈の会」の会長の
奥西楢雄氏。今回の再審取り消しにあたって、その楢雄氏の談話が
「日本の裁判所は正しい判断を下した。事件後、住民が徹底的に調べられ、勝しかいない
と確定したから、今回の取り消しは確信していた」と納得の表情。さらに「勝は生きたい
ために無実を訴えているだけ。何度やっても同じこと」と口調を強めた。

784 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:18:25 ID:jUIiI3F70
>>73

もうどういう裏があるのか
その経緯だけでだいたいわかるな・・・^^;

785 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:24:24 ID:ftFZ/LfU0
しかしこれ動機は何なんだ?
人間関係のもつれとはいえ、こんなに一気に何人も殺そうとしたりするものなの?
それからこんなに狭い地域ではすぐに誰かばれそうじゃないか。
こんな状況で犯行が行われるものなのだろうか。

786 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:24:54 ID:BSPYjnG90
日頃から正しい生活をしていれば、疑われることもない。


787 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:27:48 ID:AvDICscU0
>>763
そこまで酷かったのか。
彼女は無実ではないかもしれんが、どうみても無罪。

そもそも、不純物の鑑定なんかスプリング8なんて大げさな仕掛け持ち出さなくても、
古典的な質量分析器でやれるんだよ。

それをわざわざ最新鋭の機器を持ち出したのは、印象操作を狙ってるわけだが、予
算の無駄遣いでもある。

788 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:29:54 ID:RL/YWQ/40
>>783
なるほど、実はいらなくなった女房を殺そうと奥西が・・・


しかし同じ苗字の人間が居るとややこしいなw

789 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:30:32 ID:AvDICscU0
>>761
>ワインたって赤玉ポートワインだよ
嘘をつくな。
赤玉ポートワインは赤い。

被害者が飲んだのは白ぶどう酒。

790 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:32:44 ID:AvDICscU0
>>766
>実際には打てば何でもペラペラ喋りだすってわけじゃないみたいだけど、
いやいや、自白剤ってのは、打てば何でもペラペラ喋りだしたくなる薬なんだ。

文字どおり「何でも」なので、喋ってることが本当かどうかとは関係ない。

791 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:36:56 ID:uw9sXxY50
裁判官が犯人である事に合理的疑いがないと判断した場合有罪です。

792 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:38:50 ID:45QDjEP9O
そういえば江川しょう子氏がこの事件で本を出版していた気ガス?

793 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:45:27 ID:RL/YWQ/40
>>792
正解

確か言いたいことがあるけど言えないと村人が言っていたとあった

真犯人はまだ存命していて村でハバを効かしている?

794 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:47:53 ID:dbLy0KwO0
>>15
カンタレラ

795 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:49:21 ID:pae5kcGg0
早く死刑執行しようぜ

796 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:50:35 ID:Y8FZnaxd0
>>763


志ね! 人権バカの基地外

797 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:50:38 ID:COE5Pnie0
白いぶどう酒に裁判で推定されている農薬を入れると
真っ赤に変色するという実験もしていなかったっけ??

798 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:51:51 ID:uw9sXxY50
この事件は早期に死刑執行されていてもいいような事件だが、
何故執行されなかったのかに合理的疑いが残る。

799 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:55:53 ID:nNaz+2UzO
テレビで見たけど、あの村の人らおかしい。
部落民みたいな感じ。

800 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:03:18 ID:ndq5Xmbk0
実際、犯行機会のあった人間は限られるわけでしょ?
奥西死刑囚が冤罪だと、自動的に、他の人間になってしまう。
地元の人にとっちゃ、大変だな。

でも、誰かが、毒を入れたことは確かだし、
毒もってて、機会・動機があったっていう点で、奥西死刑囚しかいないんじゃないの??

801 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:08:33 ID:RL/YWQ/40
>>800
表に出てこない犯罪理由もある
本当の悪人はおいそれと尻尾をつかませないよ

802 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:13:06 ID:ndq5Xmbk0
>>801
機会の点で、非常に犯人が限定される。
奥西死刑囚が犯人じゃなかったら、
ワイン買いに行った人か、一旦、それを預かった人間か。
ほとんどどちらかでしょ。

酒屋でR氏が買って、N氏宅に届ける。
N氏宅から、奥西死刑囚が公民館に届ける。その後は機会無し。



803 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:16:41 ID:1JOpfAOX0
>>802 一気に沢山殺したほうが、誰を狙ったか分からずばれないと思ったの?

804 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:16:45 ID:OBymrcwt0
田舎って怖いわ。。。

805 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:19:49 ID:ndq5Xmbk0
>>803
和歌山砒素カレー事件とか。
わけわからないことする人、いるんでしょ。

806 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:20:07 ID:d0COKNxP0
「犯人は奥西勝死刑囚以外にいない。正しい判断」と強く言ってるのは
他のごくごく限られた犯行が可能な村の人達でして...

807 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:21:47 ID:7lHhE0vrO
昔の田舎では乱交や不倫は日常茶飯事的に行われてたのですか

808 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:24:42 ID:cllOtQrw0
あれしか犯人は考えられないってとこに落とし穴があるかも
知れないな。

809 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:24:42 ID:uw9sXxY50
検察は情報戦がヘタだね。反対勢力やマスコミの報道などに意を介することはないだろうが、
単純な大衆は情報操作されてしまう。

810 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:29:06 ID:d0COKNxP0
>>807
今も昔も不倫はよくある話だが表沙汰になるのはまずいというのも今も昔も
同じ。閉鎖的な村社会ではタブーやったやろね。

811 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:35:52 ID:RL/YWQ/40
村人の証言もあてにならん
つか口裏あわせしているだろうw

812 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:48:24 ID:WVpJNLxbO
無罪になったら近所に真犯人がいるかもしれないと疑心暗鬼になる
それを恐れて、一人の人間を生け贄に普通の生活を送るというわけか

俺は真犯人が身近にいるってことの方がよほど怖いが

813 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:51:16 ID:d7EbWOln0
>現在十六世帯五十三人が暮らす小さな地区で、「犯人が別にいるわけがない」との意識は根強い。
かつての穴兄弟も冷たいものだ。
しょせん欲望でつながった仲などこんなものだ。

814 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:52:12 ID:d0COKNxP0
ぶっちゃけ奥西勝死刑囚以外に犯行可能な容疑者は1人か2人しかおらんわけや。
後家さんと不倫関係にあり家庭がぎくしゃくしていて、村社会で浮いた存在の
奥西勝が犯人にされてしまってもしゃあないわなw

815 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:55:42 ID:t6r9nx4P0
>>766
胃カメラやったことあるか?
あのときに自白剤とされる薬をたっぷり盛られるんだが、
心臓病とか緑内障とか前立腺肥大とか、やっちゃいけない
病気があるわけで、そういう人にやったら当然ヤヴァイ。
ついでにジジババだとラリっちゃうから自白内容がデタラメ
になってヤヴァイ。

816 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:56:14 ID:BCJjGKj20
どうなんだろうなあ。

817 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:56:50 ID:onlDXvo+0
北浦幸彦さんの宗教が聞きたいところだな。
>>59
俺的にはひろゆき訴えを起こされてるヤシに出廷して
垂れ幕にaaを書いて出てきて欲しいんだけどね。絶対受けると思うけど。


818 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:59:07 ID:ajPo1+jA0
ボークいいお!!!

819 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:01:21 ID:BCJjGKj20
犯人になれる人物は限定されてるのか。
一体真犯人は誰なんだろうなあ。

820 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:05:04 ID:VKOJZy730
本当に、こういうことを言う連中こそ冤罪でくるしめばいいのに。
犯人はありえないって、証拠がないから冤罪を主張できるのに。
仮に犯人でも証拠がなければ無罪にすべきだ。
こういうことを言うクズどもならどうなってもいい気がする。
いつもいつも痴漢でもなんでも
こんな奴等がいるから冤罪がなくならないんだ。
日本って証拠無しで平気で有罪判決下すよね。
人道に対する罪で国際司法裁判所に訴えられないのかな。


821 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:06:22 ID:pI6ebSgw0
紙詮をあけなくても混入できるのを
難しいから無理だとかいっちゃった裁判官て
天才はいくらでも犯罪起こしても良いですよって言ってるようなもんだな

822 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:08:23 ID:CR03pfsE0
奥西死刑囚の母

 奥西死刑囚の母の死が伝えられた記事を目にした。
 そこには、彼女が受けた仕打ちが書いてあった。

 事件後、家のガラスを割られ、土足で家に上がられ、頭を蹴飛ばされ、庭で土下座をさせられたそうだ。
 こんな状態では住んでいられないので、事件の翌年には市内の別の場所に引っ越し、67年に落ち着くまで4回の引っ越しを余儀なくされたそうだ。
 そんな苦しい目に遭っても、毎日のように息子に面会に行ったそうだ。だが彼女は、当時の再審が大詰めを迎えつつあった88年、84歳の生涯を終えた。
 どんな気持ちで亡くなっていったのだろうか・

http://www.geocities.jp/waramoon2000/hitori39.html


823 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:09:32 ID:VKOJZy730
日本って証拠無しで平気で有罪判決下すよね。
人道に対する罪で国際司法裁判所に訴えられないのかな。

824 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:11:36 ID:BCJjGKj20
>>822
むごいな。

825 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:13:59 ID:eld3X2+f0
>>824
普通だろ
容疑者なのは間違いないんだし
死んだ人間の家族はもっと悲惨だよ


826 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:19:10 ID:RL/YWQ/40
>>825
本当の犯人だったらな
冤罪だったら目も当てられない

827 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:24:34 ID:81DMUz6a0
警察と検察のメンツに掛けても、有罪でなければならないって事だろうな。
検察の示す『自白』内容以外の客観的事実だけで判断すると、これで再審取消は普通じゃない。

一番憂慮すべきは、地裁レベルが検察の言いなりになるのは別段珍しい事ではないが、
最近は高裁まで検察の圧力が通じるようになったという事だ。
この国の三権分立制度は既に崩壊している。




828 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:33:01 ID:kZ/MgEXC0
>>822
抵抗できない母親蹴るとか
やったやつもマトモな人種じゃなさそうだな

謝らせられるとかは本当に犯人ならしゃーないが

829 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:33:25 ID:d0COKNxP0
この事件は奥西勝死刑囚が無実だという前提で犯人さがしをすると真犯人は
ほぼ1人に特定されてしまう。遺族の1人が「犯人がどうとかは、くよくよ
考えずに生きてきた。今日まで頑張ってこられたのは、母が早く亡くなった
ことが影響しているが、犯人が誰かの関心はあまりない」と語っているのは
理解できる。

830 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:36:32 ID:dZzbtZNv0
証拠も無いのに有罪にしちゃったの???
勘で犯人を決めんなよwww
江戸時代かよwwwwwwwwwwwwwww

831 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:36:53 ID:QC72OuPr0
愛人と正妻が同じ瓶の酒を飲んでるてだけでもシュールや・・・

832 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:39:38 ID:guFUdO5EO
どうもB絡みの臭いがプンプンする
林真須美事件を例にすれば、あいつがやったのには間違いないが
この事件は別人がやった可能性が高い
当時の世相もそういった差別・偏見などは今より多そうだし


833 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:40:13 ID:QC72OuPr0
>>829
ソイツの動機は何よ?

834 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:42:00 ID:aJo+Kz6yO
奥西か、死んだやつの誰かしかいないだろ犯人は。

835 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:44:59 ID:2p44wPeo0
>>810
昔の農村だと、夜這いは不倫でもなんでもなく、おおっぴらに行われてたよ。
閉鎖的な農村だと、最近まで残ってたか、ひょっとすると今も残ってる。

都市部の感覚で判断してはいけない。

836 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:45:34 ID:oNHjLKLR0
>>833
正妻が愛人を道連れに死のうとしたのでは

837 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:50:00 ID:d0COKNxP0
>>835
後家さんについてはOKだが旦那がいるとまずいではすまんだろう。
つまり人妻に手を出すのはタブー。

838 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:50:08 ID:QC72OuPr0
>>836
いかにもありそうな話だけど、
夫に毒の入手経路がないならまた妻にもないのではなかろうか?

839 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:52:23 ID:Cya9K3360
愛人と正妻が似た様な風貌でびっくりした

840 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:54:47 ID:NI0WgWrn0
この村って、小説や映画に出てきそうな村だよな。
国の法律や真実よりも、村の有力者や村のルールが絶対視される所。
最近だとトリックでよく使われるようなパターン。

私たちに真実はわからないけど、この村の異様さだけはガチだよね。

841 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:54:59 ID:QC72OuPr0
愛人もヒトヅマやったのけ?
どっちにしろこの不倫がなかったら事件は起きなかったかな?

842 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:55:21 ID:5+9MO4Cq0
疑わしきは罰せず!
法の原則を捻じ曲げるような国ですか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これじゃあ、南京事件の大捏造を抗議する資格が無いね、日本は!

843 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:57:00 ID:3nyIM3I9O
詳しい事は書けないが・・・
奥西以外に有り得ない(関係者談そうだ)

844 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:58:43 ID:QC72OuPr0
>>843
まぁ書け

845 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:59:19 ID:d0COKNxP0
>>841
愛人は後家さんだよ。この程度の不倫でこれだけの無差別殺人に繋がるとは思えん。
正妻が愛人を道連れにするなら普通は刺し違えると思うがな...

846 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:00:02 ID:2p44wPeo0
>>837
>後家さんについてはOKだが旦那がいるとまずいではすまんだろう。
>つまり人妻に手を出すのはタブー。
それも村によって違うが、この場合は未亡人だった。

847 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:06:00 ID:QC72OuPr0
>>845
そうだね。
で、オマイさんの言う「特定される一人」の動機はなんだ?

「まさか死ぬとは思ってなかった(自分も含め)」とかもありか?

848 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:09:01 ID:3nyIM3I9O
>>844
どこまで言っていいか、当事者に確認してから書かせて・・・

849 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:10:16 ID:2p44wPeo0
>>848
で、その当事者が真犯人って落ちかな。

850 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:11:54 ID:hQorV52M0
しかし地元住民のインタビューを見れば、
どこかおかしいと思うな

851 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:12:55 ID:ovNjuiVz0
newpage0-jijii0.htm

852 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:20:25 ID:d0COKNxP0
>>847
被害者となった女性達が加害者である可能性は除外されていいんじゃないか?
金目当てでないことは確かだろうから動機は人間関係のもつれ(おそらく情痴)
と見るべきではないかな? 奥西勝死刑囚には第3の女がいたって不思議じゃないし、
真犯人が自分の嫁が奥西勝と関係があると思い込んで犯行に及んだ可能性だってある。

853 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:20:40 ID:llgYYF5N0
無罪じゃないかも知れないので、取り合えず死刑にしてみた。

854 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:25:09 ID:cFzh9Sj70
45年か
不倫の代償としては高くついたな

855 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:34:48 ID:ktn+A8KD0
45年前だから「毒ぶどう酒事件」なんて名前が付けられたけど、
今だとイメージ悪化を恐れるワイン業界が電通を通して警視庁に
圧力をかけて「ニッカリンT混入事件」とか、使われた毒物を事件名
に使用させるんだろうな。




856 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:37:16 ID:QC72OuPr0
>>852
うーん それこそ無差別殺人への動機が低いような
第3の「女」が愛人正妻を一掃した て方が有り得そうかな。

857 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:44:30 ID:9LdZVKym0
てかこの葡萄酒って市販品なの?
ここらで自家製で作ってたどぶろくワインみたいなもの?


858 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:50:32 ID:QYVGNfXK0
基本的に「冤罪確定」かのような意見が圧倒的だな。

これもマスコミのお力なのかね。

ただ、疑わずは・・・の前提から、検察が主張する使用薬物では
ワインの色が変わる。
薬物を入れる時間的疑問など、はっきりさせるべき点も多いが・・・・

だからといって冤罪なのは間違いない!ってことでもないだろうに。

859 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:55:46 ID:hzcJpwwG0
>>858
「100%有罪!」ってことでなければ、死刑にしちゃだめだろ。

860 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:55:52 ID:9LdZVKym0
>>858 当時の科学分析で出なかったの?毒物特定。
5人も死者が出てるし、他も大勢の中毒者が病院で治療受けたのだろうから
特定できたと思うけど。
それで実際にその薬物を入れると、完全にぶどう酒の色が変わっちゃうわけ?
しかもそれがかなりの長期に渡って指摘されなかったってこと?

しかし葡萄酒以外での毒物混入は、状況からして
まず無理だった訳でしょう。

なんだかよく分からない恐ろしい事件だ。


861 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:56:30 ID:mntDxvsN0
80歳ならもうどうでもいいじゃん・・・

862 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:58:37 ID:p8NBo1vm0
>>855
20年前のパラコートのやつも、俺とか「栄養ドリンク剤事件」みたいに記憶してるけど
wikiなんかだと「パラコート連続毒殺事件」て書かれてるね
オ□ナ△ン○事件なんて命名したらさぞかしまずかったろうがw

863 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:02:00 ID:Y98acW250
 名張毒ぶどう酒事件の犯人はGHQ(フリーメイソン)
 昭和36年3月28日、名張市公民館で生活改善グループが懇親会を開き、
毒ぶどう酒で女性5人死亡、12人が中毒になった。参加した3人の男性の中
で奥西勝氏が容疑者に挙げられ、自供を証拠として死刑判決を受けた。しかし、
いくつかの矛盾点が出てきた。
 使用されたと思われる農薬ニッカリンTの特定成分が事件直後に行われた有
機化学の鑑定では残留していなかった。
 王冠の折れ曲がりは人の歯によって形成されたものでなく、奥西氏の歯型と
も食い違う。
 赤い農薬を白ぶどう酒に入れたのに変色に気付かなかったのはおかしい。
 女性全員を毒殺する目的で行った犯行で、妻と愛人との三角関係を清算する
と言う動機はおかしい。
 湯呑一杯分で致死量になるように計画されたもので専門家による犯行である。
農薬では臭いと味でばれてしまう。帝銀事件で使われた、遅効性の青酸化合物
が使われた疑いがある。
 以上のことから自供を証拠にするには事実と異なり無理がある。
 ぶどう酒の瓶の王冠を覆う封緘紙を傷つけずに開栓出来る事から、第三者が
毒を入れた可能性がある。
 王冠は栓抜きで開けられ、その後歯型の様なものが付けられたのである。と
いうことは、この王冠は証拠品として警察がねつ造したと考えられる。警察を
牛耳る事が出来るのはGHQ以外考えられない。
 昭和35年6月19日にアイゼンハワー米国大統領が訪日する予定であった
が、左翼学生による安保闘争で中止された。その報復と世相かく乱のために、
731部隊の研究員を使って工作させたのだ。
 帝銀事件はGHQが朝鮮戦争の前に共産勢力を一掃する手始めとして、73
1部隊の研究員に工作させて世相をかく乱し、松川事件等で国鉄等労働組織を
壊滅しようとしたのだ。
 鬼畜米英の悪魔と特高警察で象徴される日本の悪魔が、戦後紳士に化けてい
たが、時おり本性を現すのである。これから、国家権力の牙が国民を襲う。


864 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:02:59 ID:sUfmUlkt0
あれ??ごめんてs。

865 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:03:00 ID:p8NBo1vm0
>>863
GHQそんなに暇じゃないと思うw

866 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:03:33 ID:kZ/MgEXC0
>>861
名誉っつーもんがあるだろ
人によってはとても重いものだ

867 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:06:22 ID:jBMLz0ho0
夜這いの風習があったのどかな時代の田舎ですな

868 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:08:10 ID:sIWtMzmKO
殺そうと思った動機は何なの?

869 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:14:18 ID:CrCX41+O0
事件の概要
>>206

一審(無罪)と控訴審(死刑)の判断
>>217

検察側の異議を認め再審開始を取り消した決定の要旨
>>225

特別抗告に対する判断(第5次再審請求)
>>480

870 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:19:22 ID:+crjCAA90
状況証拠だけで死刑に出来るのはやばくね?

871 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:21:06 ID:2p44wPeo0
>>855
「ニッカリン」の「ニッカ」って、何を指すと思う?
「ニッカリンT混入事件」にならなかったのは、それこそ圧力のせいかもな。

872 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:23:51 ID:4fGuEJ2t0
正直、えらい昔のことでみんな忘れちゃったってヲチはないの?

873 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:26:20 ID:d0COKNxP0
>>856
真犯人の殺したかったのは奥西死刑囚の妻と愛人やなくて自分の嫁やったということや。
つまり真犯人は奥西勝に自分の嫁が寝取られとると思たわけや。それで嫁を問い詰めたけど
白状せんのでますます妄想を膨らませ殺意をつのらせていったわけや。真犯人が村の
リーダー的な存在やったら不倫間係そのものより自分の嫁を寝取られたことが公になって
しまうことでメンツがつぶれることを気にする。不倫妻の制裁と村社会での自分のメンツを
保つことは動機にならんか?

874 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:32:42 ID:RxfFD1On0
>>856
警察をなめちゃあいかんよ、、
 第三の女、なんてのがもしいたとしてもとっくに調べはすんでるはずだ
  

875 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:35:18 ID:RxfFD1On0
>>863 まったくニートの妄想ときたら、、、、、

876 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:36:45 ID:VKwZijp+O
全国生中継で奥西さんの話が聞いてみたい。
偏見のない中立インタビュアー遣って言いたいことを言わせろ。
再審を全国生中継しろ。


877 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:38:40 ID:d0COKNxP0
>>874
わしの推理では第3の女(真犯人の妄想の産物だった可能性もある)は死亡した被害者の
1人で調べはできんのです。

878 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:41:27 ID:VKwZijp+O
無罪を前提としないでも再審すべきなのでは


879 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:47:06 ID:PzCn1vyBO
グレーゾーンやな。

880 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:48:52 ID:ovNjuiVz0
三奈の会の会長って、被告もなったことがあるみたいだね。
選挙?持ち回り? 

881 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:52:38 ID:9LdZVKym0
この死刑囚は80歳で、しかも過酷な死刑執行待ちという状態を
続けてきていながら、一応まともに正気を保っているの?

元ボクサーだかで現在冤罪を訴えている死刑囚の人がいるそうだけれど
もう完全に自己以外の人格というか、上位の神となったような意識状態らしくて
おかしくなっているそうだね。

882 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:54:01 ID:CrCX41+O0
「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」(刑訴435条6号)があるとき再審開始決定がされる。

「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」は、再審請求後に提出された新証拠と確定判決を
言い渡した裁判所で取り調べられた全証拠とを総合的に評価した結果として、確定判決の
有罪認定につき合理的な疑いを生じさせ得るか否かにより判断(>>480

新旧証拠を検討しても、確定判決の事実認定に合理的な疑いがあるとはいえない。(>>225

したがって、再審を開始する事由は認められない。(>>225

883 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:57:58 ID:4iTzGLPr0
袴田事件ですね。あれも間違いなく冤罪。

検察側主張によると
(1)厚さ3cmもの木製ドアをグニャリと曲げて(折ったり、穴を開けたりせずに)
 そこから侵入
(2)事件当時,空だった味噌樽(警察が現場検証している)から、
 1年半後にみそ漬けになった犯人の服が出てきて、有力な物証になった
(3)しかも、その服は長期間みそ漬けになっていたにもかかわらず、
 血痕はまだ赤かった。

こんなことあり得ないだろ。やってもいないいない罪で死刑になるなんて
その心境は想像を絶する

884 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:02:16 ID:d0COKNxP0
「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」は真犯人を断定するか真犯人が名乗りでるしかないわけや。
警察が特定した重要容疑者は奥西死刑囚を含めて僅か3人しかおらん。残る2人も真犯人と断定する
だけの物証も今となってはないやろ。服役中の奥西死刑囚の獄死を待つしかないと言うのが現実
やろな。

885 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:07:13 ID:VKwZijp+O
無差別…で時効になる奴もいるのに…
逃げ得にさせていいのか?

886 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:24:04 ID:Toou6LGw0
なんだか、わけもわからずレスする奴いるね…

少しぐらい調べてから考えて書き込め

887 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:28:12 ID:VKwZijp+O
無関心よりまし

888 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:30:44 ID:B8HDLJTGO
土曜ワイド劇場
「疑惑の男・地方集落の乱れた秘密!夜這い、夫婦交換...."未亡人の白い肌が妖しく誘う..."憎悪と愛欲が赤く染める殺意の葡萄酒」



889 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:31:31 ID:1FD0wG4L0
冤罪説についていくつか否定しておくね

Q 川に捨てたビンが見つからないのはなぜ?
A 自白でビンは流れたといっています
  下流に流れたのであれば見つかりません

Q 犯行に使った竹筒を焼いた囲炉裏から
  農薬の残留物が検出されないのは変じゃない?
A 鑑定時に囲炉裏の灰は入れ替っていたため
  残留物を検出するのは困難な状況でした
  
Q 自白は強要されたものじゃないの?
A 逮捕前には長期拘束はなく逮捕されたのは自白後です
  取材記者らにも犯行を自白し謝罪しています

890 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:38:50 ID:hArb9PsR0
当時の警察のやり方は自白させてから逮捕。逮捕状の要件が物的証拠だからね。
つまり、任意でひっぱといて「自白」させて逮捕に持ち込む。
あとはそのまま検面調書。被疑者には任意と強制の区別なんて教えない。

891 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:40:07 ID:QC72OuPr0
>>873
なるほど〜
刃物で一撃かます方が確実だけど、それだと自分が被疑者だし・・・
そいつがリーダー格とすれば村人が奥西氏を犯人に仕立てようとするのもわかるかな。
ほいじゃ奥西氏は誰が犯人か察しはついてるのかな(自分でないとすれば)


892 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:42:41 ID:hArb9PsR0
889の最初の2つも被告が犯人だという証拠ではない。
自白に必要なのは犯人しか知りえない情報。

893 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:47:18 ID:2p44wPeo0
>>889
>A 逮捕前には長期拘束はなく逮捕されたのは自白後です
やっぱりな。
短期拘束はあったわけだ。

それで「自白しないと逮捕だよ」とかの強面警官の甘言にひっかかると、悲惨。

894 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:49:11 ID:hArb9PsR0
落ちないと「別件逮捕」

895 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:51:36 ID:OFcY7efb0
三崎、袴田、毒葡萄、都庁爆破の4被告とピアノのあれは獄死待ち
だろうな。

896 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:53:28 ID:hArb9PsR0
1 問題の所在
 被疑者を警察署などに任意同行し,取り調べたうえで逮捕するという運用が実務上しばしば行われている。
 捜査は任意捜査が原則であり(197条1項本文),逮捕が被疑者の名誉に重大な影響をあたえるものであり,逮捕には慎重を期すという趣旨か
ら,文字どおり任意で行われる限りこのような運用は認められてよい(川口政明「任意同行と逮捕」刑訴法の争点54頁)。しかし,実際上は,任意
同行が実質的には逮捕と同視すべき強制が加えられている場合や,警察における留置の時間的制限(203条1項)を免れるための機能を果たして
いる場合がある。
 このように具体的な事案においては,任意同行およびこれに引き続く取調べが任意捜査として許容されるか,また任意同行・取調べの後に逮捕さ
れた被疑者について勾留請求が許容されるかが問題となる。

897 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:54:24 ID:p8NBo1vm0
>>895
今さら出てきても状況が改善されんよなー
有罪でも無罪でも、年齢を理由に終身刑(死刑にされない保障を付ける)にして獄死させるのが
正直温情かもしれん

898 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:58:45 ID:iWoF+TBe0
>>895
えっ、ピアノの人まだ生きてたの、驚きだ。
なんか一歴史としてとらえてたもんで。

899 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:02:56 ID:hArb9PsR0
任意同行で帰ろうとして警察官と押し問答、で体が接触したとき、
公務執行妨害ってのがよくある別件逮捕のパターン。現行犯逮捕だから令状いらないし拘留できる。

900 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:04:43 ID:Y6DhSSOy0
>>899
そんなやり口が、たいした問題にもならず
いまだに通ってるってのが凄い。

北朝鮮なら納得できるんだが・・・

901 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:06:41 ID:xKN9TXVu0
>>900
北なら問答無用だろう

902 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:10:27 ID:hArb9PsR0
だから任意同行を求めるときは周りに証人となるような誰もいない時。
かつ警察官は一人でもすぐに応援をよんでそいつが証人になる状況でしかける。

903 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:16:37 ID:lV/y1+j5O
完璧に無罪。冤罪。残念な顔見たか?プロ市民の。

904 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:22:04 ID:hArb9PsR0
少なくとも一通りの法律知識を持っていないとまずいよ。
警察官は結構ヤヴァイ人種だからね。へそ曲げると何してくるか。

905 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:45:06 ID:oGP90A2c0
でもまあ、銃殺されてから冤罪だったとわかる国よりはマシだな。

906 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:48:09 ID:2P8sQO710
「再審取り消し」ってのがイヤなんだよなあ。
再審したけどやっぱ有罪です、って言うのとはわけが違う

907 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:56:28 ID:q0Y8tIj60
圧力受けるまでもなくスポンサーになりうる商品名を
それ自体に事件性があればともかく
わざわざ事件名につけないだろ


908 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:02:41 ID:hzcJpwwG0
[毒ぶどう酒事件]「裁判員裁判の課題が浮上した」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20061227ig91.htm

法曹のメンツに囚われない分、マシな判断が下ると言えなくもないのだが、
その点についての検討がまったくされていない、駄文だね。

909 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:08:00 ID:DmeDNRfn0
>>895
実質、終身刑ということか
名張の真犯人て奥さんなの?
おしえてー

910 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:27:47 ID:A5qTukpi0
>>217
どっちが本当なんだか…。謎な事件。

911 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:34:06 ID:tOjvegFhO
真犯人がわかってるんなら苦労はないぞ。
奥西が冤罪だとしたら、愛人か奥さんの無理心中と推理してるだけだよ

912 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:36:14 ID:UCngw7Wt0
この事件の住民の証言は笑えるよ
最初の頃の詳細な証言なら無実確実なのに
突然みんな揃って勘違いでしたでがらっと変わる、そして破綻しまくり
一審無罪の後、無罪の決定的な証言をしていた人物が証言を変える
変えた証言は無茶苦茶
他の人物は不利になると忘れただの、覚えていないだの証言
ぶどう酒が出るのを被告が知りえるわけないとの証言も二審で勘違いでしたで全く違う証言
そして被告に不利な証言を正しいとしてどんどん採用

まぁ無罪だね

913 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:41:10 ID:jP4yengO0
>>871
「ニッカリンT」は製造元の社名、日本化学工業を省略したものだ。
当時流通していたTEPP製剤は他にも多数あり、製造法も何種類かに
わかれる。

三重衛生研究所が行ったペーパークロマトグラフによれば、TEPP製剤に
製法によっては不純物として含まれるトリエチルピロホスフェートのスポット
が、飲み残しのぶどう酒においてはそれが認められない。
一方、対象実験として行ったニッカリンTのペーパークロマトグラフでは
トリエチルピロホスフェートのスポットが出ている。
上記の結果より単純に考えると、犯行に用いられたTEPP製剤はニッカリンT以外の
不純物としてトリエチルピロホスフェートを生成しないものであったと考えるのが
自然である。

そこで、検察は飲み残しのぶどう酒中のトリエチルピロホスフェートは加水分解に
よって消失した可能性があると主張する。
しかし、弁護側の依頼によって学者が行った実験によれば、トリエチルピロホスフェート
の加水分解速度はTEPPよりも遅いと判明している。
これによれば、TEPPのスポットが消失していないのに、トリエチルピロホスフェートだけ
消失しているということは考えられず、むしろ、検体には最初からトリエチルピロホスフェート
が含まれていなかったと考えるのが妥当である。

つまり、本件犯行において、ニッカリンT以外のトリエチルピロホスフェートを不純物として
含まないTEPP製剤が用いられた可能性が極めて高いのにもかかわらず、安易に、
曖昧で科学的根拠のない「可能性」という言葉でもってニッカリンT使用を排除しなかったのは
誤りである。


914 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:51:07 ID:JL2LoM+60
酷い話である。
奥西勝さんは無罪だと思うな。


915 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:52:22 ID:d0COKNxP0
>>912
奥西勝が無罪になると困る村側の事情とメンツにこだわる警察・検察の利害が
一致したということやろね。

916 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:03:18 ID:ItN/UzbHO
ブドウ酒とワインの違いを教えれ
エロイ人エロイ人

917 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:05:59 ID:3FTBIvfuO
ぶどう殺人じけんだろ
パイプをくわえて、名探偵が登場したら
闇の中から犯人登場〜
ふにゅふにふにゅふにふにふに
男と女のもつれだよ

918 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:16:14 ID:IKKqmkN30


「あいつが犯人だと認めているからいい。村中もそう思ってる。だから問題無い」



って発言が出た事件だよね?コレ。

919 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:17:11 ID:CR03pfsE0
疑わしきは被告人に利益にじゃないのか?
法務省、検察はなぜやっきになって再審を否定しようとするのか?
再審で権威が否定されることを恐れるならば、それは噴飯ものだ。
再審で白黒を付けることがどうして否定されるのだ?

920 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:20:15 ID:2uk5SScB0
もし奥さんか愛人が真犯人ならもう死んでるし
原因になった奥西が犯人でいいよ。

921 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:31:08 ID:p8NBo1vm0
>>917
ぶどうの妖怪が犯人みたいじゃないか

>>916
基本的には一緒だが、昔は(この事件当時)の「ぶどう酒」というのは
現在のぶどう酒=ワインとは別物が多かった
心持ちワインっぽいアルコール入り清涼飲料と言った方が近い

922 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:33:03 ID:Q2CILU190
>>921
子供用シャンメリーにアルコール入れたような物か

923 :名探偵:2006/12/28(木) 17:34:35 ID:9evZ8y8N0
奥西が二人を殺した動機には無理があると思うよ。
清算するために二人を殺すというのはおかしいよ。
それに殺したら犯人として捕まるでしょ。
真犯人は奥西の奥さんじゃないかな。
憎んでいた愛人を殺し、自分も自殺した。
このほうが自然だよ。
確かめるためには懇談会での二人の様子だな。
奥さんが愛人にブドウ酒をすすめてたかどうかだな。
奥西が奥さんがブドウ酒に何か入れるのを見たと言ったそうだが、
そうなると真犯人は奥さんで間違いないんじゃないの。

924 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:34:48 ID:p8NBo1vm0
>>922
あんなに美味くなかった気がするが多分近いw

925 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:35:13 ID:Y8FZnaxd0
弁護屋一緒に死刑にすれば、すっきり清々するんじゃないの?

926 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:39:17 ID:9yLuaI+h0
奥西の奥さんが臭いな
毒殺は女の常套手段だ

927 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:40:13 ID:J1sHUki40
>>925
     それだ!!


928 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:41:54 ID:tBxkUTSD0
死刑制度、賛成?反対?
http://amamiya.y32.net/cgi/sikei/yesno.cgi

929 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:53:47 ID:jP4yengO0
>>919
裁判所もそうだけど、結局、自白偏重と状況証拠の積み重ねで
無理な事実認定をし、本来第一審の津地裁判決が維持されるべき
ところを第二審の名古屋高裁で逆転死刑判決、最高裁でもそれを
支持する決定をしてしまい、収拾がつかなくなっているんだろうね。

取り調べにあたった当時の警察官、検察官だって同じことだな。
そして、村人も犯人を奥西氏とすることで済まそうとしている。

第一審の判決文を読むとわかるが、警察・検察は涙ぐましい努力で
奥西氏を有罪にすべく奔走している。村人もそれに協力する。
証言が一斉に変わり、しどろもどろになるところなど噴飯ものである。

ニッカリンTの人に対する致死量も知らない奥西氏が、暗闇で
竹筒にこぼさずにそれを注ぎ、囲炉裏に捨てて見事に消失させて
しまったのには驚いたよ。
奥西氏は毒殺の専門家かと、三重衛生研究所の当時の研究員も
実は感心しているくらいなんだ。

やっと名古屋高裁刑事第1部がまともな判断をしたと思ったら、
検察はまた面子に拘って異議を申し立て、刑事第2部はそれに加担した。
大体、再審開始決定に異議を申し立てられる制度からしておかしい。

もうね、みんなして先輩の並々ならぬ努力の所産を壊さないように、
先輩を悪者にしないように、自分は出世するようにと、刑事司法の
あるべき姿などそっちのけで自己保身に走っている姿は滑稽としか
言い様がない。


930 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:54:57 ID:OfsywNd50
>>925
有罪判決出したやつを40年間刑務所に送り込めば
清々するな。

931 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:58:38 ID:eBCo2ZWf0

奥西の妻や愛人が犯人ならまず奥西自身を道連れにと考えると思うけどねぇ。

932 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:59:56 ID:289xh8gpO
>>928
サイレントマジョリティーを考慮されて反対に決定されるに1票とほざいてみる

933 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:01:12 ID:K+DvckAQ0
八つ墓村みたいな話だね。

934 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:02:37 ID:eBCo2ZWf0
たぶん>>552が真実なんだろう。

935 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:05:40 ID:Q2q8QXe/O
>>931復讐ならある意味殺すよりも最高かも

もし奥西が犯人じゃないならいっそのこと当時ぶどう酒飲んで死んでた方がましだったんじゃないか

936 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:06:11 ID:VKwZijp+O
誰も逮捕されないで時効が成立した場合とのバランスはどうなんだ!

937 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:06:14 ID:kBybp8qI0
普通の刑事事件ではマスコミはいつも被害者・遺族のコメントばかり大々的にとりあげるのに、
この件では被害者側のコメントはとりあげず、死刑囚の支持者と弁護人の意見ばかり流すのはなぜ?

そもそも「疑わしきは被告人の利益に」って、通常の刑事事件報道で日本のマスコミは実践してるかね?
ライブドア堀江や、村上ファンド村上が逮捕された直後、日本のマスコミは「疑わしきは被告人・被疑者の利益に」
の理念を遵守していたといえるのかね?

938 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:06:23 ID:tOjvegFhO
〉931
浮気相手の方を憎むことはよくある
村人を犠牲にしてまでというのは疑問なんだけどね。
それを言うと動機のあるものがいなくなるね

939 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:08:44 ID:vQM69pcG0
村人がどう否定しようと、世間じゃ冤罪事件の典型として語りつがれていくことでしょう。


940 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:09:40 ID:eBCo2ZWf0
>>938
経緯を見ると相当チャランポランな男みたいな感じだから、
よく考えもせずやったんじゃないの?
一言で言うとバカw

941 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:10:43 ID:OqqT9v/r0
控訴審判決でつ
http://www.774.cc:8000/upload-micro/src/up1298.pdf.html
nabari

942 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:15:27 ID:MNkSCZ9l0
40年以上も刑務所にいるのか
長いなあ
有罪ならなぜ早く死刑執行しないのか
疑わしいのなら、もう一回裁判しないとな

943 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:16:45 ID:VKwZijp+O
シケイになったり、何十年ナマゴロシになる場合がある一方で、時効があるのって変過ぎる。

944 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:18:15 ID:cCpkh59/O
そういや狭山事件の犯人ってまだ生きてたっけ?

945 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:23:54 ID:jP4yengO0
ちなみに、俺は死刑制度には賛成だし、制度としてある以上は
きちんと執行すべきだと思っている。
また、賛成の立場だからこそ、こういった40年も執行せずにいる
ことの意味を考えざるを得ない。

再審請求中に死刑執行できないという法律上の規定はない。
しかし、死刑執行命令書の起案に際して、再審請求中であるかは
その内容とともに考慮される。

歴代法務大臣が奥西氏の死刑執行をできなかったのは、
これはアンタッチャブルであるという暗黙の了解があるからだ。
起案書すら上がってはいないだろう。
帝銀事件の平沢氏と同様の扱いである。

つまり、このまま奥西氏に獄死してもらうのが法務・検察、裁判所、
警察、村人にとって都合がよいのだ。

しかし、近代国家において、このような適当な処置が放置されるのは
極めて恥ずかしいことである。
曖昧なままにせずに、直ちに再審すべきであって、本件を除き、
過去6次にも渡る再審請求をことごとく却下してきたことを裁判所は
深く反省すべきだ。

そもそも、奥西氏が真犯人であろうとなかろうと、そんな神のみぞ知る
ことはもはや関係ない。犯罪の立証ができていないのに死刑判決を維持し、
なおかつ40年に渡って宙ぶらりんにしておくことこそ批判されるべきだ。
こういうことをやっていると、死刑制度を維持することそのものの根拠を失う。

946 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:24:01 ID:QJbR1oqF0
村人が真犯人を知っていて隠しているとして、
もしそうならこの死刑囚も真犯人を知っているのでは?
公にできなくても弁護人が調べればある程度の確証がとれるような?
それをしていないということはやっぱり犯人はこの人なのかも。

947 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:28:25 ID:tBxkUTSD0
死刑制度、賛成?反対?
http://amamiya.y32.net/cgi/sikei/yesno.cgi

948 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:30:37 ID:jP4yengO0
>>941
実にありがたい。
これはそのうち手に入れようと思っていたんだが、
関連サイトでもアップされていないので不自由していた。
これで、第一審の津地裁判決(無罪)と控訴審の名古屋高裁判決(死刑)
が対比できる。
どうもありがとう。

949 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:43:02 ID:aHslzXPK0
40年以上も自分は無罪だと思い込んでたら、本当に自分は無罪なんだと思うだろうよ

950 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:46:28 ID:OfsywNd50
>>949
村人にも同じことが言えるな。

951 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:50:20 ID:vXcZ/JZf0
冤罪確定のように報道するマスコミも相当問題あるな。
被害者の声はあえて報道せずに、
支援団体の声だけを取り上げる姿勢もどうかとおもうが、

952 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:51:12 ID:AvDICscU0
>>919
>疑わしきは被告人に利益にじゃないのか?
>法務省、検察はなぜやっきになって再審を否定しようとするのか?
>再審で権威が否定されることを恐れるならば、それは噴飯ものだ。
マスコミ相手だとそういう茶番も通用するんだが、ネット相手だと権威がますます低下する
だけだからなあ。
まあ、そういう意味でいい時代になった。

>>934
>たぶん>>552が真実なんだろう。
「ちょっとした気持ちでした不倫がこんな大事件になってしまって」、つまり真犯人は妻か不
倫相手って意味?

953 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:53:32 ID:eBCo2ZWf0
>>952
お前も知恵遅れだろ?w

954 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:56:40 ID:eM/JuEY70
>>913
TEPPとトリエチルピロホスフェート・・・と見て思ったんだけどね。
トリエチルピロホスフェートも略すとTEPPだよね。
んで、調べてみたのよ。
TEPP:テトラエチルピロホスフェート
非常に近い構造だよね。
製法によると思うけどTEPP剤の不純物としてトリエチル〜は
出来やすい物じゃないかなあ。
逆に市販品のTEPP剤でトリエチル〜を含まないものはあったのかと疑問。
それからTEPPってかなり臭いらしい。
そこから考えるとそもそもTEPP剤じゃないんじゃないか・・・?

955 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:10:47 ID:UCngw7Wt0
空白の10分間を崩す証言(酒屋での購入は2時半〜3時だった)をしていた人物の一審での証言は完璧
時計を見て他の人物との動向も踏まえての一分の隙も無い証言

それが二審では
うちの時計は狂ってますからあてになりません・・・
勘違いでした・・・
夕方でした・・・

それで死刑、もうアホかと馬鹿かと


956 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:13:51 ID:6xwmlAAe0
支援団体が、共産党の関連団体というのが
非常に胡散臭い。

957 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:15:13 ID:OfsywNd50
>>956
いやなら保守系の支援団体立ち上げろ。

958 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:41:06 ID:ovNjuiVz0
>>954
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~nabari/mokuji.htm

959 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:46:56 ID:jP4yengO0
>>954
TEPPはIUPACでtetraethyl pyrophosphateと表される化合物の
略称として用いられ、triethyl pyrophosphateの略称とはされていない。
TEPPの構造式は以下のごとし。
http://w-chemdb.nies.go.jp/noyaku/228.htm

TEPP製剤には少なくとも数種の製造法があり、その製造法によって
原料及び生成物がそれぞれ異なる。
Schrader法、同改良法、Woodstok法、Cavatier法Hall & Jacobson法等。

TEPP製剤における有効成分が上記TEPPであるため、副生成物等は
不純物という呼び方になる。
なお、製造法によってトリエチルピロホスフェートが生成する場合としない
場合がある。ニッカリンTの場合、トリエチルピロホスフェートが生成する
製造法によっている。

なお、実験結果より、犯行に用いられたのはTEPP製剤であることについて
疑いの余地はなく、これについては争いもない。
争いがあるのはニッカリンTであったかなかったか。



960 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:46:56 ID:CR03pfsE0
とある権力筋が拘置所の食事に毒を盛って獄死させるようなヨーカン。

961 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:54:58 ID:eRTEdTNe0
>>960ようやく無罪を勝ち取り釈放され支持者の前で挨拶をする奥西さん。
そこへ一人の老人が大きなナイフを振りかざし奥西さんの心臓あたりを一突き!
その老人は被害者遺族のひとりで「奥西がやったんだ!俺が妻の仇を討つ!」
彼はすぐに取り押さえられるが、奥西さんは即死!TV中継中、白昼の惨劇!

962 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:57:36 ID:ovNjuiVz0
>>961
そいつがくさいな

963 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:59:18 ID:eRTEdTNe0
それをTVで観ていた小泉純一郎前総理は「感動したッ!素晴らしい!
老いてもなお妻のことが忘れられないんだね。いい話だッ!」
漏れはこんな場面が予想される。(しかし通常国会は殺人を美化する
小泉発言を巡って空転、小泉氏の議員辞職を要求する野党、共産党の
質問責めで大荒れ!)

964 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:59:50 ID:Cb1hNfIfO
この田舎者連中も狂っているが、別のベクトルで神になっている輩も居るんだと驚いた。

>母ヤス子さん=同(36)=を亡くした鉄工所経営北浦幸彦さん(55)は
>「犯人がどうとかは、くよくよ考えずに生きてきた。今日まで頑張ってこられたのは、母が早く亡くなったことが影響しているが、犯人が誰かの関心はあまりない」と淡々と語った

965 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:01:36 ID:G/06nfxs0
奥西が下手人だとして、
こういうのはここまでくると、
自己暗示で自分が犯人じゃないと思いこんでるからな。
まあ、馬鹿相手にここまで生き延びられたんだから上々じゃないか?

966 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:06:01 ID:1Cm/uLLl0
>>863
>女性全員を毒殺する目的で行った犯行で、妻と愛人との三角関係を清算する
>と言う動機はおかしい。

まぁ、葉っぱを隠すのに一番いい場所は森の中、というからなぁ
おかしいと断定するのはいかがなものか

967 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:07:13 ID:eM/JuEY70
>>958
>>959
なるほど、わかりました。しかし、まだ疑問があります。
実際にトリエチルピロホスフェートを含まないTEPP製剤があるのか、
またあるとしてその入手ルートは?
それでないと>>958のリンク先にある実験結果も???になってしまいます。

968 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:09:20 ID:cLIyzXDB0
>>863
なにが悲しゅうて名張のど田舎で国家権力が牙を
向かねばならないのかっ

969 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:16:39 ID:o6z/+6Rh0
>>889
>下流に流れたのであれば見つかりません

弁護側は、実験の結果、中身の4分の3残った瓶は下流には流れずに
すぐ沈んでしまう、と主張しているぞ?

>逮捕前には長期拘束はなく逮捕されたのは自白後です

自宅に警官が上がり込んで、便所の中までついてこられたんじゃあ
精神的に参ってしまうよ

970 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:31:42 ID:jP4yengO0
>>967
ここも参考に見てくれ。
http://nouyaku.net/kakolog/hurui.htm

ちなみに、Triethyl pyrophosphate は Hexaethyl tetraphosphateが
第1段階加水分解したもので、Schrader改良法によって製造された
日本化学工業製のTEPP製剤「ニッカリンT」の場合、TEPPの他に
Hexaethyl tetraphosphateが30パーセント程度含まれている。
これに対して、例えば富山化学工業製のTEPP製剤の場合、TEPPの他に
Hexaethyl tetraphosphateがあまり含まれていない。

これはいろいろなTEPP製剤を調べた結果明らかになっていることで、
飲み残しのぶどう酒のペーパークロマトグラフにおいてRf値0.58付近に
スポットが出ていないのは、犯行に用いられたTEPP製剤が
富山化学工業製ないしは類似の製造方法によって作られた
ものであるとするのが妥当である。

971 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:32:36 ID:d0COKNxP0
>>964
北浦ヤス子は奥西勝死刑囚の愛人だった女性ね。


972 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:39:00 ID:+T+1ziSO0
>>970
「ニッカリンT」以外の農薬を持ってた奴が怪しいわけやね、簡単に言えば

973 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:49:02 ID:jP4yengO0
>>972
そういうことになりますね。
奥西氏はニッカリンTを購入し、所持していたことまでは
否定していません。
それでは当時この村落においてTEPP製剤を所持していたのが
果たして奥西氏だけだったかというと、決してそうではないわけです。

農業を営んでいれば、TEPP製剤を所持していることは珍しい
ことではなく、他の人も持っていたはずです。
しかし、まず奥西氏ありきで捜査したせいなのか、他の人の
TEPP製剤所持状況についての捜査が完璧だったとはとても思えませんね。

974 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:52:40 ID:d0COKNxP0
北浦ヤス子は奥西勝死刑囚だけでなく「三奈の会」会長の奥西楢雄とも不倫関係
にあったという話もあるんやな。それで妻のフミ子(事件の被害者)から別れる
ように迫られていたと。つまり奥西勝と奥西楢雄は全く同じ状況にあったらしい
んやな。

975 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:53:38 ID:2uk5SScB0
そういえば恵庭事件の支援者もよく実験してたな。
ブタを焼いてみたり。

976 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:08:07 ID:d0COKNxP0
一方、北浦ヤス子は勝と別れるから楢雄に妻のフミ子と別れるように頼んでいた
とも。一体この村はどうなってるのか何が何だか分からん。

977 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:11:06 ID:JL2LoM+60
奥西で電話番号検索すると15人の登録が出て来る。
「三奈の会」会長は、登録があるがまだ生存してるのかな?

怪しいのは・・・

978 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:11:09 ID:3OrhF39B0
>>973
むぅ、、、奥西に目星をつける前に農薬所持者のリストアップくらい
やってて当然のような気もするがなぁ・・・

979 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:15:24 ID:d0COKNxP0
>>977
「三奈の会」会長のコメントは>>1の記事にありまっせw
楢雄さんは「日本の裁判所は正しい判断を下した。事件後、住民が徹底的に調べられ、
勝しかいないと確定したから、今回の取り消しは確信していた」と納得の表情。
さらに「勝は生きたいために無実を訴えているだけ。何度やっても同じこと」と
口調を強めた。

980 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:22:47 ID:6xwmlAAe0
>>957
とっくに確定した判決に異議を唱える時点で
保守ではないと思うのだが。

981 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:57:32 ID:eBCo2ZWf0
こちら無罪
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/hokkaidou.htm

これは無期懲役(確定)
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/touden.htm

982 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:16:21 ID:2x7dr11b0
test

983 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:25:01 ID:kK39K3Gu0
状況証拠は十分だが、物証が乏しすぎる。
自白でOKっつーんなら、証拠の意味がない。
こいつが犯人だとしても、
確実な証拠を挙げられなかったら検察の手落ちだろ。
こいつが犯人の可能性が一番高いが、
立証はしきれてないんじゃないか?

984 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:26:12 ID:ndq5Xmbk0
>>973
ぶどう酒に毒を入れる機会のあった人間ってことで、
そもそも容疑者は、絞り込めたわけだから。
弁護側は、びんの封緘を巧妙に外して、またつけることも可能だったとか
いってるが、実際、そんな器用なことをできたかどうか。
消去法的に、奥西死刑囚しか、いないんじゃないの??
酒屋やワインメーカーが毒仕込んだとか、主張するならともかく。

985 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:28:58 ID:kK39K3Gu0
あと、何も考えずに「冤罪だ!冤罪だ!」と喚く支援団体には虫唾が走る。
お前は現場を見たのかと。

986 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:43:26 ID:jP4yengO0
>>984
酒屋やメーカーがTEPP製剤を入れたなどというのは
そもそも否定されているし、動機もないから問題外だろう。

>ぶどう酒に毒を入れる機会のあった人間ってことで、
>そもそも容疑者は、絞り込めたわけだから。

ここが誤り。
ある時から一斉に関係者の時刻に関する証言が変わった。
それまでは奥西氏以外でも毒を入れる機会のある人間は
あったことになるが、証言変更によって奥西氏以外は
ないということにされた。
元々の証言も曖昧であるし、何も絞り込めたとは言えない。


987 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:50:39 ID:huoxOLR00
一日ぐらい外の空気吸わせてやれば?どうせ老い先短いんだ。

988 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:53:58 ID:5zvUGaU50
横溝正史ぽいけれど、男女のごちゃごちゃはアガサ・クリスティーぽくもある。
被害者には悪いけど、映画にしたら面白くなるんじゃない?

989 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:57:03 ID:1QSn+7Oa0
>>963
いや、小泉信者は小泉の首相再登板を口にし出し、
奥西は死んで当然などと口にし出すだろう

990 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:58:45 ID:svfwApAw0
>>988
関係者まだ生きてるからなあ
早くて20年後ぐらいでしょうかね

991 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:00:55 ID:1QSn+7Oa0
>>945
>俺は死刑制度には賛成だし、制度としてある以上はきちんと執行すべきだと思っている

それなら、奥西も死刑にすべきだと?
死刑は取り返しがつかないからダメなんだよ
アメリカなんかは冤罪が執行後に判明した事例が多い


992 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:08:15 ID:jP4yengO0
>>991
そんなことは言っていないよw
1行だけ取り出して断定されては困る。
私の書き込みをIDで検索してみてくれ。

993 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:19:21 ID:CrCX41+O0
 4 以上の事実を総合すると、本件ぶどう酒瓶が開栓され農薬が混入されたのは、確定判決
の認定するとおり、公民館の囲炉裏の間であり、したがって、本件ぶどう酒瓶がいつd方に持
ち込まれたかについて検討するまでもなく、申立人以外の者は本件ぶどう酒に農薬を混入する
機会がなく、その実行が不可能であったものと認められる。(>>480の決定文より引用)


994 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:21:31 ID:Gdht3b8h0
どうでもいいんです

995 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:23:44 ID:CrCX41+O0
 6 以上のとおり、本件事件当日に、公民館の囲炉裏の間において、本件ぶどう酒に有機燐
テップ製剤の農薬が混入されたが、申立人以外の者は本件ぶどう酒に右農薬を混入する機会が
なく、その実行が不可能であったのに対し、申立人はその実行が可能であり、かつ、その機会
が十分にあったと認められるから、以上の情況証拠によって、申立人が本件犯行を犯したもの
と認めることができる。。(>>480の決定文より引用)


996 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:25:56 ID:CrCX41+O0
 四 自白の任意性及び信用性
 1 次いで、本件犯行の動機、準備行為、犯行態様、犯行の証拠隠滅工作等について詳細に
供述する申立人の自白について検討を進めるに、所論は、申立人の捜査段階における自白には
任意性に疑いがある旨主張するが、関係する新旧全証拠を総合的に評価しても申立人の自白の
任意性に疑いを生じさせる事由が認められないとした原決定の判断は、正当として是認するこ
とができる。(>>480の決定文より引用)


997 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:27:56 ID:OfsywNd50
>>985
ならばお前は現場を見た上で真犯人だと喚いてるんだろうな?

998 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:28:25 ID:CrCX41+O0
 2 また、関係証拠によれば、申立人は、身柄が拘束される前に、捜査機関が既に入手して
いた資料から創作できるとは考えられないような具体的な自白をしており、その内容も、客観
的状況―特に、本件ぶどう酒瓶に付着する封緘紙と囲炉裏の間付近で発見された大小封緘紙の
一体性、付け根の鋭く切れ込んだ耳付き冠頭の存在、申立人の自白後発見押収された火挟みの
存在、本件替栓に付けられた人歯痕とみられる傷痕―と矛盾なく符合していると認められるの
であって、本件替栓表面の傷痕に関する三鑑定の証明力が大幅に減殺されたことを前提に、所
論にかんがみ申立人の自白の信用性に関する新旧全証拠を慎重に検討しても、申立人の自白の
信用性に疑いを挟ませるような事実は認められないから、申立人の自白の信用性を認めた原決
定の判断も、正当として是認することができる。(>>480の決定文より引用)

999 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:29:34 ID:YZqmtCn6O
しぇん

1000 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:29:41 ID:onlDXvo+0
1000!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

257 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)